プライベートからビジネスシーンまで、シチュエーションを問わず活躍する「ノートパソコン」。 最近ではテレワークや在宅学習など機会も増えて、ノートパソコンを新たに購入あるいは買い替えようと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はノートパソコンのおすすめモデルをご紹介。初心者におすすめのエントリーモデルから、ゲーム・動画編集がサクサク動くハイスペックモデルまでピックアップしているのでぜひチェックしてみてください。

OSによるノートパソコンの種類

Windows

By: rakuten.co.jp

Windowsは、Microsoft社が提供する世界で最も普及しているパソコン向けのオペレーティングシステムです。最新バージョンはWindows10で、一般向けのエディションは、個人・家庭用の「Home」、企業・ビジネス用の「Pro」の2種類。

多くのパソコンメーカーが採用しており、豊富なバリエーションから自分のピッタリのモデルを選択できるのが魅力です。ビジネス向けソフトやPCゲームなど、対応するソフトウェアが充実しているのも大きな特徴。プライベートからビジネスシーンまで幅広く使えます。

MacBook

By: apple.com

MacBookは、Appleが提供するオペレーティングシステム「Mac OS」を搭載したノートパソコンのこと。スタンダードモデルの「MacBook」、コンパクトで持ち運びがしやすい「MacBook Air」、ハイスペックな「MacBook Pro」の3シリーズがあります。

使いやすく洗練されたユーザーインターフェースが人気で、主にデザイナーをはじめとするクリエイターの方々が好んで愛用しています。Appleが販売するほかのデバイスと親和性が高いも特徴なので、iPhoneやiPadを使っている方にもおすすめです。

MacBookについて詳しく知りたい方はこちら

Chromebook

By: rakuten.co.jp

Chromebookは、Googleが提供するオペレーティングシステム「Chrome OS」を搭載したノートパソコンのこと。LinuxベースのOSで動作が非常に軽いため、スペックがそれほど高くないノートパソコンでもサクサク動きます。電源を入れてからすぐに使える立ち上がりの早さも魅力です。

ただし、Chrome OSはWindowsやMacとの互換性がないため、基本的に使えるのはGoogleが提供するサービスのみとなります。Microsoft Officeなどのソフトウェアも一切使えないため、メインPCというよりはモバイル用途も含めたサブ機として使うのにおすすめです。

Chromebookについて詳しく知りたい方はこちら

ノートパソコンの選び方

必ずチェックしておきたいスペック

CPUはCore i3・Ryzen 3以上がおすすめ

By: huawei.com

CPUは中央演算処理装置の略称で、ノートパソコン基本性能を決める重要なパーツです。基本的には搭載しているCPUのスペックが高いほど、データの処理速度が速くなりゲームやソフトウェアがサクサク快適に動くようになります。

現在販売されているノートパソコンのほとんどは、Intel社の「Core i シリーズ」を搭載していますが、最近ではコストパフォーマンスに優れたAMD社の「Ryzen シリーズ」を搭載するモデルも多くなりました。

どちらのCPUも後ろに続く数字が大きいほうが高性能になるので、CPUをチェックする際には覚えておきましょう。とりあえず何を選べばよいかわからない方は、Core i3・Ryzen 3以上を選ぶのがおすすめ。Webサイト・動画を見たり、Officeで作業したりする程度なら、ノンストレスで快適に利用できます。

メモリは8GBを基準に

By: razer.com

メモリは作業中の一時的なデータを保管しておくパーツです。メモリの容量が大きいと複数の作業を効率よく処理できるようになりますが、逆にメモリ容量が不足すると、ほかのパーツの性能がどんなに高くても動作が重くなってしまいます。

選び方の目安として、インターネット閲覧したり、高画質な動画を見たりするなら、メモリ容量は最低でも「8GB」は欲しいところ。PCゲームや動画編集などハードな使い方をするなら、より容量の大きな「16GB~」を選んでおくと安心です。

ストレージの種類と容量もチェック

By: lenovo.com

ストレージは、写真や動画などのプライベートなデータから、OSなどのシステムデータまで、パソコン内のさまざまなデータを保存しておく記憶領域のこと。ノートパソコンのストレージには、大きく分けて「HDD(ハードディスクドライブ)」と「SSD(ソリッドステートドライブ)」の2種類があります。

現在主流となっているSSDは、読み書き速度の速さと消費電力の少なさが特徴。システムやソフトウェアの起動・作業時間を短縮できる利点がありますが、HDDと比べて価格が高く容量が少ないため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。

一方で、HDDはデータの読み書き速度ではSSDに劣るものの、容量が大きく価格が安いので、低予算でたくさんのデータを保存したい方におすすめです。それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分にあったストレージを選びましょう。

サイズをチェック

持ち運び前提なら13インチの軽量モデル

By: hp.com

ノートパソコンを外出先に持ち運んで使いたいなら、画面サイズは13インチ前後の軽量モデルがおすすめ。A4ノートとほぼ同じ大きさで重量は1kg前後と軽いため、ビジネスバッグやリュックに入れてどこでも気軽に持ち運べます。

携帯性に優れていながら、13インチ前後のノートパソコンは画面に表示される情報量が多く作業しやすいのも特徴。Officeソフトを使った書類・レポート作成なども快適に行えます。

据え置きで使うなら15~17インチの大型モデル

By: hp.com

ノートパソコンを据え置きで使うなら、15~17インチの大型モデルがおすすめ。画面サイズが大きく一度にたくさんの情報を表示できるため、あらゆる作業が効率よく進められます。映像に迫力があるのも魅力なので、動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめ。

ただし、画面サイズが大きいゆえに重量が重い・設置スペースが大きくなるなどの欠点もあります。普段から据え置きで使うなら問題ありませんが、外出先に持ち運んで使う方は注意が必要です。

ゲーム・動画編集がしたいならGPU搭載のハイスペックモデルを

By: razer.com

ノートパソコンでゲームや動画編集をするなら、グラフィックを処理するための専用チップ「GPU」の性能が重要なポイントです。

現在ノートパソコン向けのGPUは、NVIDIA社の「GeForceシリーズ」と、AMD社の「Radeonシリーズ」の2種類があり、基本的にはどちらも後ろに続く数字が大きいほどスペックが高くなります。

高解像度の動画編集や最新の3Dゲームをサクサク快適に楽しみたいなら、最低でもNVIDIA社の「GeForce RTX 2000シリーズ」や、AMD社の「Radeon RX 5000シリーズ」など、ハイエンドクラスのGPUが必要。

一方で、Webサイト・動画を見たり、Officeで作業したりする程度であれば、GPUの性能はそれほど必要ないので、CPU内蔵のオンボードグラフィックスでもストレスなく利用できます。

大学生やビジネス用ならOffice付きのモデルを

ノートパソコンで会議の資料やレポートを作成するなら、Word・Excel・PowerPointなどが統合されたOfficeソフトが必要になってきます。

Officeソフトは後から自分で購入してインストールすることも可能ですが、別でOfficeソフト購入すると価格が高くなったり、インストールに手間がかかったりと面倒なので、できれば最初のうちにOfficeソフト付のモデルを選んでおくのがおすすめ。

なるべく予算を抑えたい方は、 Microsoft Officeと高い互換性をもつKingsoft社の「WPS Office」が付いたモデルを選ぶのもひとつの方法です。

ノートパソコンのおすすめ|初心者向けエントリーモデル

エイスース(ASUS) ノートパソコン X545FA-BQ139T

15.6インチ/Core i3 10110U/8GB/512GB SSD/Intel UHD Graphics

基本性能が充実したエイスースのエントリーモデル。第10世代のインテル「Core i3 10110U」と、大容量の「8GB DDR4」、PCI Express 3.0に対応した「512GB SSD」を組み合わせることで、処理の重いソフトウェアやマルチタスクもサクサク快適に動きます。

広視野角の高精細ディスプレイにノングレア加工を施すことで、反射による映り込みを大幅に軽減できるのもポイント。Harman Kardon認証のオーディオシステムや、バッテリー残量を気にせず長時間使える「ロングライフバッテリー」なども魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI) MateBook D 15 BOHWAQHR8BNCNNUA

15.6インチ/Ryzen 5 3500U/8GB/256GB SSD/AMD Radeon Vega 8 Graphics

実用性とスタイリッシュなデザインを兼ね備えたノートパソコンです。色鮮やかな美しい映像が楽しめる15.6インチの「IPSフルビューディスプレイ」を搭載していながら厚さ約16.9mm、重量約1.53kgのコンパクトなボディを実現。

室内はもちろん外出先にも気軽に持ち運んで使えます。機能面では、目に有害なブルーライトを軽減させる「ブルーライトカット機能」や、ワンタッチでロック解除できる「指紋認証センサー」、必要な時にワンプッシュで出現する「ポップアップカメラ」に対応。

高級感のあるスタイリッシュなメタルボディを採用しているのも魅力のひとつです。機能性だけでなく、見た目も重視した方はチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP) 15-db0000 8LX89PA-AAAB

15.6インチ/Ryzen 5 3500U/8GB/256GB SSD/AMD Radeon Vega 8 Graphics

15.6インチの大画面ディスプレイを搭載したノートパソコン。解像度は1920×1080のフルHDに対応しており、お気に入りの動画やゲームが迫力のあるきれいな映像で楽しめます。

価格の安いエントリーモデルながら、パワフルなグラフィックス性能を実現する「Radeon Vega グラフィックス」や、最大3.7GHzのブーストクロック対応の「AMD Ryzen 5 3500U」など、全体的なスペックが高いのも魅力です。

清潔感のあるホワイトベースの筐体と、ヘアライン加工を模したパームレスト、手触りのよい織物調の質感を組み合わせることで、デザイン性も良好。おしゃれなノートパソコンが欲しい方にもおすすめです。

エイスース(ASUS) Chromebook C223NA-ENG

11.6インチ/Celeron N3350/4GB/32GB eMMC/Intel HD Graphics 500

扱いやすいコンパクトなボディが魅力のChromebook。ボディサイズは横幅286×高さ17.25×奥行き199mmとA4ノートよりも小さく、重量はわずか999gと軽量なので、場所を問わずどこにでも持ち運んで使えます。

本体の素材にABS樹脂とポリカーボネートを採用することで、堅牢性に優れているのも大きなポイント。1回の充電で最大11.3時間使える駆動時間の長さも魅力です。

高速でデータのやり取りができる「USB 3.1ポート」や、水に濡れても壊れにくい防滴仕様のキーボードなど、基本性能も充実。仕事でパソコンを持ち出す機会が多い方におすすめです。

マウスコンピューター(mouse computer) ノートパソコン MB-JC08SHZI

15.6インチ/Celeron 4205U/8GB/240GB SSD/Intel UHD Graphics 620

価格と性能のバランスに優れたノートパソコン。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、高い視認性を実現する「ノングレア液晶」や、お気に入りのCD・DVDが楽しめる「DVDスーパーマルチドライブ」など、便利な機能が充実しています。

インターフェイスには、HDMI端子・D-sub端子を備えており、テレビやモニターと接続すれば大画面で作業が可能です。キーピッチの幅は約19mmと余裕をもって作られているので、タイプミスを軽減して快適な文字入力が行えます。

ノートパソコンのおすすめ|Office付きビジネスモデル

日本電気(NEC) LAVIE Home Mobile HM750 PC-HM750PA

14インチ/Core i7 8565U/8GB/512GB SSD/Intel UHD Graphics 620

コンパクトなボディに便利な機能を詰め込んだ人気モデルです。14インチワイドの狭額縁液晶を採用することで、横幅326.8x高さ19.4x奥行き226mmの扱いやすいサイズを実現。1回の充電で約9時間使えるため、コンセントのない場所でも長時間快適に作業ができます。

適度な傾斜がつく「リフトアップヒンジ」を採用することで、キーボードの打ちやすさが向上しているのも特徴。最大4.60GHzで駆動する「Core i7 8565U」や、大容量の「8GB DDR4」など、全体的なスペックの高さも魅力です。

Officeソフトは、最新バージョンの「Microsoft Office 2019」が付属。プライベートからビジネスユースまで幅広く使える1台です。

ダイナブック(dynabook) Z8 P1Z8LPB

15.6インチ/Core i7 8565U/16GB/512GB SSD/32GB Optaneメモリ/Intel UHD Graphics 620

約1.3kgの軽量ボディを実現した大画面ノートパソコンです。画面サイズは15.6インチで、ディスプレイにはシャープの「フルHD ノングレア IGZO液晶」を採用。動画視聴や文書作成を、美しい大きな画面で快適に楽しめます。

機能面では、パワフルな低音域から繊細な高音域まで幅広く再生する「バスレフ型ステレオスピーカー」、外出前にサッと充電できる「お急ぎ30分チャージ」、カメラを見つめるだけでロック解除できる「赤外線顔認証」に対応。

スリープ解除後すぐにやりたい作業を再開できる「モダンスタンバイ」を使えば、忙しいビジネスシーンでもストレスなく作業にとりかかれます。

レノボ(Lenovo) YOGA S940 81Q8001LJP

14インチ/Core i7 1065G7/16GB/1TB SSD/Intel Iris Plus Graphics

レノボの人気シリーズ「YOGA」のハイエンドモデルです。上質なアルミニウムをサンドブラスト加工することで、高級感のある上質な質感を実現しています。CPUには第10世代のインテル「Core i7 1065G7」、メモリには大容量の「16GB LPDDR4X」を搭載。

処理の重いソフトウェアがサクサク動くスペックの高さも魅力です。人工知能を用いてニーズを予測する「Lenovo Smart Assist」や、臨場感あふれるパワフルなサウンドが体験できる「Dolby Atmos対応スピーカーシステム」など、先進機能も充実。

4K解像度に対応した「HDR VESA400 ディスプレイ」を搭載することで、色鮮やかな美しい映像が楽しめるのも大きな特徴です。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go THJ-00020

12.4インチ/Core i5 1035G1/8GB/256GB SSD/Intel UHD Graphics

スタイリッシュで扱いやすいマイクロソフトの人気モデル。重量わずか1.11kgのコンパクトなボディを実現していながら、直感的に使える「PixelSense HD タッチスクリーン」や、ワンタッチでロック解除できる「指紋認証サインイン」など、魅力的な機能が充実しています。

バッテリー駆動時間は最大13時間で、わずか1時間で最高80%まで充電できる「高速充電機能」に対応。カラーバリエーションは、プラチナ・アイスブルー・サンドストーンの全3色から選択できるため、ファッション感覚で自分の好きな色を選びたい方にもおすすめです。

バイオ(VAIO) SX12 VJS12390111B

12.5インチ/Core i7 1065G7/8GB/256GB SSD/Intel Iris Plus Graphics

4G・LTEに対応したモバイルノートパソコン。別途用意したSIMカードを本体スロットに挿入すれば、Wi-Fi環境がない外出先でも高速インターネットが快適に楽しめます。独自の高弾性UDカーボンを使用した「カーボンウォール天板」を採用することで、耐久性に優れているのも大きなポイントです。

最大4コア・8スレッドのパワフルな「Core i7 1065G7」や、読み書き速度の速い「第三世代ハイスピードSSD 256GB」など、ワンランク上のスペックを備えていながら、本体重量はわずか906gを実現。ノートパソコンの携帯性を重視する方にもおすすめのモデルです。

ノートパソコンのおすすめ|ゲーム・動画編集向けハイスペックモデル

アップル(Apple) MacBook Pro MWP72J/A

13.3インチ/Core i5/16GB/512GB SSD/Intel Iris Plus Graphics

アップル独自の先進機能を搭載したノートパソコンです。最大3.8GHzで駆動するクアッドコアCPU「Core i5」をはじめ、大容量の「16GB LPDDR4X」や、読み書き速度の速い「512GB SSD」を搭載。あらゆる作業をサクサク快適にこなします。

キーボード上部には、画面の明るさや音量を変えられるタッチインターフェイス「Touch Bar」を搭載。安定感のある打鍵感を持つ「Magic Keyboard」で、スムーズに文字入力ができるのも嬉しいポイントです。

P3の広色域に対応する色鮮やかな「Retinaディスプレイ」と、色温度を自動調節する「True Tone」を組み合わせることで、お気に入りの映画やドラマがきれいな映像で楽しめるのも魅力。ノートパソコンの画質にこだわりたい方にもおすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) ノートパソコン X571LH-AL084T

15.6インチ/Core i7 10750H/16GB/512GB SSD/32GB Optaneメモリ/GeForce GTX 1650 + Intel UHD Graphics

最高120Hzの高速リフレッシュレートに対応したノートパソコン。FPSのようなシビアなプレイが要求されるゲームもノンストレスで楽しめます。CPUには最大5.0GHzで駆動する「Core i7-10750H」、GPUにはミドルレンジの「GeForce GTX 1650」を搭載。

最新の3Dゲームはもちろん、イラスト制作から処理の重い動画編集まで、これ1台あればさまざまな用途で使えます。機能面では、ネットワークゲームが快適に楽しめる「Wi-Fi 6」、ワンタッチでロック解除できる「指紋認証センサー」に対応。

テレビやモニターと繋いで大画面でゲームが楽しめる、外部ディスプレイ出力「HDMI」に対応しています。汎用性に優れたモデルを探している方におすすめです。

エムエスアイ(MSI) ゲーミングノートPC Bravo-17-A4DDR-010JP

17.3 インチ/Ryzen 7 4800H/16GB/HDD 1TB + SSD 256GB/AMD Radeon RX 5500M

コストパフォーマンスに優れたゲーミングノートPC。複数のヒートパイプとファンでパソコン内部の熱を外部へ排出する「Cooler Boost 5」を搭載しており、高負荷なゲームを長時間プレイしても発熱によるパフォーマンスの低下を抑えることが可能です。

CPUにはハイエンドクラスの「Ryzen 7 4800H」、GPUには7nm RDNAアーキテクチャーに対応した「Radeon RX 5500M」を搭載。ゲーミングデスクトップPCに匹敵する高いパフォーマンスでどんなゲームもサクサク快適にプレイできます。

臨場感あふれる映像でゲームが楽しめる、17.3インチの大画面ディスプレイを搭載しているのも魅力のひとつです。

デル(DELL) ALIENWARE m15 NAM95VR-9HL

15.6インチ/Core i7 8750H/16GB/1TB SSHD + SSD 256GB/GeForce RTX 2070 Max-Q Design

デルの人気シリーズ「ALIENWARE」のハイスペックモデル。1TB SSHDと256GB SDDを組み合わせたデュアルストレージを採用しており、容量を気にせず思う存分ゲームが楽しめます。

グラフィック性能を左右するGPUには、NVIDIA Turing アーキテクチャ対応の「GeForce RTX 2070 Max-Q Design」を搭載。効率的に熱を放散する「ベイパー チャンバー テクノロジー」と、空気をより効率的に循環させる「高電圧駆動ファン」で、パソコン内部強力に冷却できるのも大きな特徴です。

視線・視点をより精確に追跡できる「Tobii視線追跡機能」や、さまざまな設定にアクセスできる「ALIENWARE COMMAND CENTER」などの便利な機能を使えば、より快適にゲームがプレイできます。

レイザー(Razer) Blade Stealth 13 RZ09-03102J52-R3J1

13.3インチ/Core i7 1065G7/16GB/SSD 512GB/GeForce GTX 1650Ti Max-Q Design

携帯性に優れたレイザーのコンパクトゲーミングPC。横幅304.6×高さ15.3×奥行き210mmの扱いやすいサイズを実現しながら、最大3.90GHzで駆動する第10世代のインテル「Core i7 1065G7」や、ミドルクラス「GeForce GTX 1650Ti Max-Q Design」を搭載。

最新の3DゲームやVRコンテンツもノンストレスで楽しめる必要十分な処理性能を備えています。ディスプレイの解像度は4K(3840×2160)で、リフレッシュレートは120Hzに対応。動きの速いゲームもサクサク快適にプレイが可能です。

ノートパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ノートパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。