動画鑑賞やネットサーフィン、リモートワークなど幅広い用途で使える「ノートパソコン」。軽量で携帯性に優れたモデルも多く、外出先に持ち運んで使えるのが魅力です。

ただし、多種多様なモデルが発売されているため、購入する際はどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめのノートパソコンをご紹介します。選び方も解説しているので参考にしてみてください。

ノートパソコンのOSの種類と違い

Windows

By: amazon.co.jp

「Windows」は、マイクロソフトが開発および提供しているOS。世界中で高いシェアを占めており、多くのノートパソコンに採用されています。

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたモデルから、ゲームや動画編集に適したハイスペックなモデルまでラインナップが豊富な点も魅力。パソコン初心者から上級者まで、幅広い層から使用されています。

また、対応する周辺機器やソフトウェアが多い点もメリット。マイクロソフトの「Office」ソフトとも相性がよく、ビジネスシーンで使用する場合にもおすすめです。

Mac OS

By: apple.com

「macOS」は、iPhoneやiPad、Air Pods Proで有名なAppleが開発しているOSです。macOSは、Appleが製造しているパソコンにのみ搭載されています。

macOSは、直感的な操作ができるユーザーインターフェースが人気です。動画や画像の編集作業からイラスト制作、音楽制作など、クリエイティブな作業にも適しています。対応しているアプリも多く、さまざまな用途で使用できるのが魅力です。

また、macOSを搭載したノートパソコンはデザイン性に優れているのもポイント。機能性だけでなく、外観にもこだわりたい場合におすすめです。

Chrome OS

By: amazon.co.jp

「Chrome OS」は、検索エンジンで知られるグーグルが開発しているOSです。パソコンにかかる負荷が軽く、快適に動作しやすいのが特徴。データをクラウド上に保存する前提で設計されており、容量の大きなストレージを搭載する必要もありません。

Chrome OSでは、Androidスマホに対応しているアプリの多くが利用可能。Officeソフトの代わりに使えるアプリやデータ移行および整理に便利なアプリなど、グーグルが提供する多数のアプリが利用できます。

初めてノートパソコンを購入する方にはもちろん、デスクトップパソコンをメインで使用して外出先でのみノートパソコンを使う場合にもおすすめです。

Chromebookについて詳しく知りたい方はこちら

ノートパソコンのスペックの見方と役割

CPU

By: dell.com

ノートパソコンの頭脳にあたる「CPU」は、処理性能を大きく左右する重要なパーツです。CPUを製造している有名メーカーは、インテルやAMDなどがあります。

インテルのCPUI「Core i」シリーズは、安定性に優れているのが特徴。Core i3・5・7・9と数値が大きいほど性能が高くなります。また、「Celeron」シリーズは、スペックを抑えることで購入しやすい価格を実現しているのが魅力です。

AMDの「Ryzen」シリーズは、マルチスレッドの性能に優れているのが魅力。Core iシリーズと同じくRyzen 3・5・7と数値が大きいほど性能が高くなります。

動画鑑賞やネットサーフィン、Officeソフトの利用程度であれば、Celeron・Core i3・Ryzen 3などでも充分に対応可能。動画編集やゲームなど、負荷の高い作業を行う場合にはCore i5やRyzen 5以上のCPUを選択しましょう。

メモリ

By: microsoft.com/ja-jp

デスクの作業スペースにも例えられる「メモリ」は、作業中のデータを一時的に保管しておくパーツ。容量が大きければ大きいほどパソコンの動作が安定して快適に作業が行えます。メモリ容量が不足すると、複数のソフトを同時に起動した場合に動作が重くなる場合があるので注意しましょう。

デスクのスペースが広ければ作業しやすいように、複数の作業を同時に行う場合には、特に容量の大きいメモリを選択するのがおすすめです。

ネットサーフィンやOfficeソフトの利用程度であれば、コスパの優れた4GBのメモリ搭載モデルでも使用可能。ただし、動画鑑賞や負荷が軽めのゲームを楽しむなら8GB以上のモデルが便利です。

また、3Dグラフィックを使ったゲームや動画編集を行う場合は、16GB以上のメモリを搭載した高性能なノートパソコンを選択してみてください。

ストレージ

By: microsoft.com

「ストレージ」は、OS・ソフト・写真・動画などのデータを保存しておくためのパーツ。ストレージには、大きく分けてハードディスク(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)の2種類が存在します。

HDDは比較的リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、大容量を備えたモデルが多いのが特徴。SSDはデータ転送速度に優れており、衝撃に強いのが魅力です。

現在はSSDを搭載したノートパソコンが増えています。OSやソフトをスピーディに起動したい場合には、SSD搭載モデルから選択するのがおすすめです。

また、ノートパソコンには「eMMC」と呼ばれるストレージを採用したモデルも存在します。容量は少ないモデルが多いですが、SSDのようにスピーディなデータ転送が期待できます。

ノートパソコンの選び方

画面サイズをチェック

By: microsoft.com

ノートパソコンは製品ごとに画面のサイズが異なります。視認性を重視するなら大画面を搭載したモデル、携帯性に優れた製品を求める場合は比較的小さめのディスプレイを採用したコンパクトなモデルが便利です。

ノートパソコンのスタンダードなサイズは15インチ前後。視認性が高く据え置きで使用するのに適しています。また、視認性と携帯性のバランスを重視する場合は13インチ前後のモデルもおすすめです。

頻繁に携帯する場合は、13インチ以下のモデルが適しています。重量も軽く気軽に持ち運べるのが魅力です。また、ゲームや動画用に使用するのであれば、15インチ以上のモデルもおすすめ。17インチ前後のディスプレイを搭載したモデルであれば、迫力ある映像が楽しめます。

重量をチェック

By: hp.com

外出先にノートパソコンを持ち運ぶ頻度が高い場合には、重量もチェックしておきましょう。スタンダードなモデルは1.5~2kgほどですが、ゲームや動画編集用に製造されたハイスペックな製品は、より重量が増加します。携帯性を重視する場合には注意しましょう。

通勤通学時に携帯するなら1.3kg以下の軽量なモデルが便利。1kg前後のノートパソコンであれば、持ち運ぶ際に腕や肩にかかる負担を軽減できます。

バッテリー駆動時間をチェック

By: asus.com

外出先でノートパソコンを使用する頻度が高い場合には、バッテリーでの最大駆動時間も重要なポイント。外出先で電源が切れてしまうと、作業が中断してストレスを感じてしまう場合があります。

コンセントのない場所で使用する場合には、フル充電で8時間以上駆動する製品を選択するのがおすすめです。また、急速充電に対応したモデルであれば、作業の合間にスピーディな充電が可能。充電中の待ち時間を短縮したい場合に便利です。

Officeソフトが付属しているかチェック

By: microsoft.com

マイクロソフトが製造する「Office」は、文書作成ソフトの「Word」や表計算ソフト「Excel」プレゼン用ソフト「PowerPoint」など、ビジネス資料の作成に使用するソフトが複数入ったパッケージ製品。ビジネスシーンはもちろん、大学のレポート作成などにも利用できるのが特徴です。

ノートパソコンにOfficeソフトが付属しているモデルであれば、別途購入するよりもコストの削減が期待できます。購入後すぐにOfficeソフトを活用できる点もおすすめです。

用途に合ったノートパソコンの選び方

ネットサーフィンや動画視聴

By: hp.com

ネットサーフィンや動画視聴は比較的負荷が軽いので、リーズナブルな価格で販売されている、スペックが抑えめのノートパソコンでも対応できます。CPUにCeleronを採用し、4GBのメモリを搭載したモデルであれば比較的低価格で購入可能。購入時のコストを抑えたい場合にはもちろん、予算が限られている場合にもおすすめです。

ただし、より快適な動作を求める場合には、CPUにより高性能なCore i3やRyzen 3以上を採用し、8GB以上のメモリを搭載したモデルが便利です。

ビジネス用途や大学生向け

By: lg.com

ビジネスシーンで利用する場合や大学生向けのノートパソコンを探している場合には、10万円前後のモデルがおすすめ。CPUにはCore i3やRyzen 3以上、メモリ容量は8GB以上を備えた製品であれば、Officeソフトを利用してビジネス資料やレポートの作成が快適に行えます。

Officeソフトを所有していない場合には、ノートパソコンに付属しているモデルを選択するのがおすすめ。別途購入する場合に比べて、コストを削減できるのがメリットです。

また、通勤や通学で携帯する場合は、コンパクトで軽量なモデルが便利。携帯性もしっかりと確認しておくのが重要です。

動画編集や画像編集

By: lg.com

ノートパソコンを動画や画像の編集に利用する場合は、CPUだけでなくGPUを搭載したモデルを選択するのが重要。GPUは映像の処理を行うパソコンパーツです。高画質な映像を処理する際の快適性は、GPUの処理能力の高さに左右されます。

また、ノートパソコンに必要なスペックは、CPUはCore i5やRyzen 5以上、メモリは16GB以上搭載している製品であれば快適な動作が期待できます。

また、ディスプレイのサイズや解像度を確認しておくのもポイント。視認性を高めたい場合には15インチ以上のディスプレイを採用しているモデル、精細な画像や映像を表示するには解像度の高いモデルを選択するのがおすすめです。

ゲーム

By: dell.com

ゲームをストレスなくプレイしたい場合は、ハイスペックなモデルがおすすめ。CPUにはCore i5やRyzen 5以上、メモリは16GB以上搭載している製品を選択しましょう。また、映像の処理を担うGPUを搭載しているモデルを選ぶのも重要です。

滑らかなゲームグラフィックを楽しみたい場合には、ディスプレイのリフレッシュレートを確認しておくのもポイント。144Hzなどの高速リフレッシュレートに対応しているモデルであれば、映像をスムーズに映し出せます。

ノートパソコンのおすすめメーカー

ヒューレット・パッカード(HP)

By: amazon.co.jp

ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードによって設立されたアメリカのパソコンメーカー「ヒューレット・パッカード」。世界中で高いシェアを有しているメーカーで、さまざまな製品を取り揃えているのが特徴です。

「HP」や「Spectre」などのシリーズに加えて、Chrome OSを採用したノートパソコンも製造。初心者に適したエントリーモデルから、ゲームや動画編集に使えるハイスペックなモデルまで幅広い製品が選択できるのが魅力です。

デル(Dell)

By: dell.com

パソコンや周辺機器を展開するアメリカのメーカー「デル」。コスパの高いパソコンを製造していることで人気を集めているメーカーです。ノートパソコンは、「Inspiron」や「Dell G」などのシリーズのほか、Chrome OSを採用したモデルも製造。ゲーム用のノートパソコン「Alienware」も取り扱っています。

手頃な価格で購入できるInspiron、ゲームや動画編集に適したDell Gなど用途や目的ごとにシリーズ分けされており、選びやすい点もおすすめです。

レノボ(Lenovo)

By: lenovo.com

香港に本社を置くパソコンメーカー「レノボ」。タブレットやスマホを製造していることでも知られており、コスパの高いパソコンを多数取り扱っている点が人気です。

ノートパソコンは「ThinkPad」や「IdeaPad」などのシリーズを展開。コンパクトかつ軽量で携帯性に優れたモデルも多数発売しており、通勤や通学で携帯するノートパソコンを探している方にもおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft)

By: rakuten.co.jp

WindowsやOfficeソフトを開発していることで有名な「マイクロソフト」。ノートパソコンは、性能だけでなくデザイン性にも優れた「Surface」を展開しています。スリムかつスタイリッシュな外観の製品が多く、頻繁に外出先に携帯するノートパソコンとしてもおすすめです。

また、マウスやスタイラスペンなど、専用のアクセサリ類が充実している点も魅力。クリエイティブな作業を行う場合にも便利です。

アップル(Apple)

By: biccamera.com

iPhoneやiPad、Air Podsなどで有名なアメリカのメーカ―「Apple」。デザイン性に優れたパソコンを取り扱っており、OSにはAppleが開発したmacOSを採用しています。

ノートパソコンはコスパに優れた「MacBook Air」と、高性能な「MacBook Pro」の2シリーズを展開。直感的な操作が可能なユーザーインターフェースにより、クリエイターからも高い人気を集めています。

価格が安いノートパソコンのおすすめモデル

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 350 81W3004BJP

迫力あるサウンドで映像や音楽を楽しみたい方にぴったり

マルチタスクの性能に優れたAMDのRyzen 3 4300UをCPUに採用したノートパソコンです。14インチのディスプレイはサイドベゼルが狭く、映像への没入感が得られる仕様。Dolby Audio対応のオーディオ機能やステレオスピーカーも備えており、映像や音楽コンテンツを迫力あるサウンドで楽しめます。

画面上部にはWebカメラを搭載。リモートワークやオンライン会議に使用する場合にも便利です。インターフェースにはUSBポート×3基を搭載。HDMIポートも備えており、外部の大型ディスプレイに映像を出力できる点もおすすめです。

エイスース(ASUS) ASUS X545 X545FA-BQ138T

音楽鑑賞におすすめのオーディオシステムを搭載

基本的な性能を備えた使いやすいWindowsノートパソコンです。CPUにはインテルの第10世代Coreプロセッサーを採用。メモリも8GB搭載されており、ネットサーフィンや動画鑑賞を快適に行えます。

ストレージには512GBのSSDを採用。データ転送速度に優れており、OSやソフトを素早く起動できます。また、15.6インチのディスプレイはベゼル幅が狭く、映像への没入感を得やすい点も魅力。視野角も広く、角度を変えても美しい映像が楽しめます。

また、オーディオメーカー「Harman Kardon」認証のオーディオシステムを搭載しているのもメリット。ノートパソコンで音楽を鑑賞する場合にもおすすめです。

ダイナブック(dynabook) dynabook K1 P1K1PPTG

携帯性に優れ長時間使えるノートパソコン

10.1インチのコンパクトなディスプレイを採用したノートパソコンです。ディスプレイとキーボード部分は脱着が可能。タブレットとして利用できるのもポイントです。重量はキーボード接続時で約1.18kg、ディスプレイ部のみでは約0.61kgと軽量。バッテリーでの駆動時間も約16時間と長く、携帯性に優れている点も魅力です。

また、コンパクトなサイズながら、17mmのキーピッチと1.2mmのキーストロークを備えておりタイピングしやすいのもメリット。入力作業が多い場合にも便利です。「Microsoft Office Home & Business 2019」が付属しているので便利に使えます。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Chromebook x2 12-f005TU

Chrome OSを採用したコンパクトなノートパソコンです。12.3インチのディスプレイは取り外しが可能。ノートパソコンとしてだけでなく、タブレットとして利用できる点も魅力です。また、2400×1600の高解像度ディスプレイが採用されているので、精細な映像が楽しめます。

付属のスタイラスペンを使用すれば、メモ書きやイラスト制作にも使用可能。2048段階の筆圧感知に対応しており、力の入れ具合で線の強弱が調節できる仕様です。

バッテリーでの駆動時間は12.5時間と長く、外出先での使用頻度が高い場合にも便利。軽量設計で、持ち運ぶ際にかかる負担を軽減できる点もメリットです。CPUにはインテルのCore i5-7Y54を採用。メモリは8GB搭載しており、ストレージに64GBのeMMCが採用されています。

デル(Dell) Dell Chromebook 3100

Chrome OSを採用した2in1タイプのノートパソコンです。本体のエッジ部分がラバー素材で保護されており、耐衝撃性に優れているのが特徴。防滴性能を備えたキーボードや強化ブラケットで保護されたポートが採用されているなど、耐久性が高い点も魅力です。

CPUにはインテルのCeleron N4000を採用。メモリは4GB、ストレージは32GBのeMMCを搭載しています。バッテリーでの駆動時間は最長14時間。外出先での使用頻度が高い場合にも便利です。

ビジネス・大学生向けノートパソコンのおすすめモデル

アップル(Apple) MacBook Air

スリムかつスタイリッシュなデザインが魅力的なノートパソコンです。CPUやGPUに加えて、機械学習用のNeural Engineなども組み込んだ「Apple M1システムオンチップ(SoC)」を搭載しているのが特徴。パワフルな処理性能を備えており、動画編集やゲームプレイに利用できる点もメリットです。

バッテリーでの駆動時間は最大18時間。外出先での使用頻度が高い場合はもちろん、出張や旅行に携帯するノートパソコンとしてもおすすめです。また、2560×1600の高解像度Retinaディスプレイを搭載しているのもポイント。13.3インチの画面に臨場感あふれる映像が表示できます。

ヒューレット・パッカード(HP) HP 14s-dk 14s-dk1000

シンプルな設計で使い勝手に優れたノートパソコンです。本体サイズは幅324×奥行226×高さ19.5mm。重量は約1.5kgとスタンダードな15インチのノートパソコンよりも軽く、持ち運ぶ際の負担を軽減できるのもメリットです。

CPUにはAMDのRyzen 3 3250Uを採用。比較的購入しやすい価格ながら、8GBのメモリや128GBのSSDなどを搭載しておりコスパに優れている点もおすすめです。また、1TBのHDDも備えているので、高画質な写真や動画ファイルも複数保存できます。

ディスプレイの解像度は1920×1080のフルHD相当。精細な映像が表示できる仕様です。

デル(Dell) Inspiron 14 5415

コスパに優れたAMDプロセッサーを搭載したノートパソコンです。CPUにはRyzen 5-5500Uを採用。8GBのメモリや256GBのSSDを備えており、ビジネスシーンや大学生活で使用するノートパソコンとしても便利。ビジネス資料の作成に便利な「Office Home & Business 2019」も付属しています。

14インチのディスプレイ解像度は1920×1080のフルHD相当。視野角も広く、角度を変えても鮮明な映像が楽しめます。トップカバーやパームレストにはアルミ素材を使用。耐久性が高いだけでなく、デザイン性にも優れています。

「ExpressCharge」を利用して高速充電に対応している点もメリット。充電中の待ち時間を短縮したい場合にもおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go THJ-00020

軽量かつスリムなデザインを採用しているノートパソコンです。重量は1.11kgと軽く、鞄に入れて持ち運ぶ際に腕や肩にかかる負担を軽減できるのが魅力。バッテリーでの駆動時間も最長13時間と長く、外出先で使用するノートパソコンとしてもおすすめです。

CPUにはインテルのCore i5-1035G1を採用。メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを搭載しています。12.4インチのディスプレイは、10点のマルチタッチに対応。直感的な操作ができるのもポイントです。

また、「Office Home & Business 2019」が付属しているのもメリット。ビジネス資料や大学のレポート作成にも利用できます。

ハイスペックなノートパソコンのおすすめモデル

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ

16インチの大型ディスプレイを採用したノートパソコンです。解像度は3072×1920と精細な映像が表示できる仕様。映画や動画の鑑賞を臨場感あふれるグラフィックで楽しめるだけでなく、動画や画像の編集に使用する場合にも便利です。

CPUにはインテルの8コアプロセッサ―Core i9を採用。GPUにはAMDのRadeon Pro 5500M、メモリは16GB搭載しており、パワフルな映像処理能力が期待できます。

さらに、キーボードの上部には「Touch Bar」を搭載。輝度や音量の調節、アプリケーションのコントロールなどを直感的に操作できる点もおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Spectre x360 15-EB0053DX

高級感ただようデザインとパワフルな処理性能を備えたノートパソコンです。CPUにはインテルのCore i7プロセッサーを採用。GPUにはNVIDIAのGeForce GTX 1650、16GBのメモリも搭載されています。

15.6インチの液晶画面には、4K OLEDディスプレイを採用。美しく臨場感あふれる映像が表示できるのも魅力です。また、ディスプレイは360°回転が可能。ノートパソコンとしてだけでなく、タブレットのように使用できる点もおすすめです。

デル(Dell) G15 Ryzen Edition ゲーミングノートパソコン NG8E5A-BNLC

ゲームプレイや動画編集にも対応できるスペックを備えたノートパソコンです。CPUにはAMDのRyzen 7 5800Hを採用。GPUにはNVIDIAのGeForce RTX 3050Ti、16GBのメモリも搭載されています。

また、キーボードの上部と本体底面の2カ所に吸気口を配置しているのもポイント。内部に取り込んだ空気を側面と背面の通気口から排出し、効率よくCPUやGPUを冷却できます。動画編集やゲームプレイなど、負荷の高い作業も快適に行いたい方にもおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 3 SLK-00018

高いスペックを備えた2in1タイプのノートパソコンです。CPUにはインテルのCore i7プロセッサ―を採用。GPUにNVIDIAのGeForce GTX 1660Ti、メモリは32GB搭載しており、動画ファイルの編集や書き出し、ゲームプレイなど負荷の高い処理も快適に行えます。

13.5インチの液晶画面には、3000×2000解像度の「PixelSense」ディスプレイを採用。精細で臨場感あふれる映像を表示できる点も魅力です。また、「Office Home & Business 2019」が付属しているのもメリット。ビジネス資料やレポートの作成にも対応できる点もおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LG gram 17Z90P-KA79J1

軽量かつ堅牢性に優れたノートパソコンです。17インチの大型ディスプレイを搭載しているにもかかわらず、重量約1.35kgと軽いのが特徴。気軽に持ち運べるので、部屋を移動して使用する場合にも便利です。

ボディはMIL-STD-810G準拠のテストを7項目クリアしており、耐久性が高く安心して携帯できる仕様。CPUにはインテルのCore i7-1165G7を採用しているのも魅力です。16GBのメモリも搭載しており、パワフルな処理性能が期待できます。

ストレージには1TBのSSDを採用。大容量かつデータ転送速度に優れたストレージを備えており、動画や高画質な画像ファイルもスピーディに読み込める点もおすすめです。

ゲーミングノートパソコンのおすすめモデル

エムエスアイ(MSI) GE76 STEALTH GS76-11UH-192JP

17.3インチのディスプレイを採用した高性能なゲーミングノートパソコンです。解像度は2560×1440のWQHD相当。リフレッシュレートは165Hzに対応しており、ゲームグラフィックを滑らかに表示できます。

CPUにはCore i9 11900Hを採用、GPUにはNVIDIAのGeForce RTX3080が搭載されており、パワフルな映像処理性能が期待できます。

エムエスアイ(MSI) Bravo 15 B15 Bravo-15-B5DD-029JP

エムエスアイ独自の強力な冷却システムを採用したゲーミングノートパソコンです。「Cooler Boost 5」と呼ばれる冷却システムにより、CPUやGPUを効率よく冷やせるのが魅力。AMDのRyzen 7 5800HやRadeon RX 5500Mなどの性能をしっかりと引き出します。

また、ゲーミング向けのキーボードが採用されているのもポイント。赤色のバックライトが搭載されており、ゲームへの没入感を高めます。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL7R-R36 10476-3100

低価格と性能を両立した、コスパの高いゲーミングノートパソコンです。処理能力に優れるRyzen 7 4800Hと、リアルタイムレイトレーシングに対応したRTX3060を搭載。安価ながらミドルクラス並みのスペックです。

ディスプレイは15.6インチサイズのフルHD。狭額ベゼルを採用しているため、ノートパソコンの画面としてはやや大きめながらコンパクトなサイズを実現しています。リフレッシュレートは144Hz。FPSのような動きの早いゲームも滑らかに映し出すことが可能です。

重さは約2kgとゲーミングノートパソコンとしては軽量クラス。最薄部は約23mmと薄いのでバッグにも入れられます。屋内でPCゲームを遊びたい方はもちろん、外出先で使えるハイスペックノートパソコンを探している方にもおすすめです。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune ゲーミングノートパソコン G-N-DE58SHG5TZM

ゲーミングノートパソコンとして最低限のスペックを有したモデルです。CPUには第10世代インテルCore i5-10300Hプロセッサー、GPUにはエントリーモデルのGeForce GTX 1650 Tiを搭載。負荷の軽いPCゲームならば快適にプレイできます。

バッテリーは、約10時間の連続駆動に対応。重量も約2.01kgと軽いので、部屋間の移動もスムーズに行えます。自室やリビングなど、場所を選ばずにゲームを遊びたい場合に便利です。安価なゲーミングノートパソコンを探している方はチェックしてみてください。

ノートパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ノートパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。