ノートパソコンを実際に購入しようと思った時「どのモデルが自分に合っているのかわからない」と悩んでしまう方も多いと思います。ラインナップが豊富で選び方もさまざまですが、選ぶ際に意識してほしいことは「何を軸にするか」です。

そこで今回は2017年におすすめするノートパソコンを「価格別」にご紹介。ぜひ参考にして、あなたにとってのベストバイを見つけてください。

5万円以下のおすすめノートパソコン

破格の安さが魅力のノートパソコン
エイスース(ASUS) R206SA

商品価格 ¥ 24,980

本製品は実勢価格が相場と比べてリーズナブルなので、ちょっと心配になる方もいるかも知れませんが、USBポートやSDカードリーダー、Webカメラなど基本的な部分がしっかりとカバーされているWindows10対応のノートパソコンです。

ハードディスクも500GBほどの容量があるため、ある程度のデータは保存が可能です。基本的なネットサーフィンや資料作成であれば、問題ありません。

持ち歩く際のスタイリッシュ性も最高のノートパソコンで、デザインを軸に選びたい方にもおすすめ。HDDも500GBほど用意されているため、すぐに容量いっぱいになってしまうこともありません。

コスパ高のノートパソコンを欲しい方はこちらがおすすめです。ちなみに、Amazonで不動の人気を誇っているモデルとしても知られています。

旅行におすすめの軽量ノートパソコン
エイスース(ASUS) T100HA

商品価格 ¥ 42,800

ノートパソコンとしてだけではなく、タブレットとしても使える2in1タイプ。新しく取り入れられたマグネットヒンジにより、本体との着脱がとても簡単です。前作のノートパソコンCPUもパワーアップしているため、サクサク作業ができます。

メーカー独自のASUS SonicMasterを採用しており、臨場感あふれるサウンドでエンタメコンテンツを楽しめます。CPUには、価格帯の安さが特徴のIntel Atomが採用されていますが、ネットを楽しむ程度であれば十分です。

本体重量は1.1kgと軽量のため、持ち歩きに便利。タブレット本体だけなら重さは約580gと超軽量。前面に搭載されているWebカメラを含め背面にもWebカメラが搭載されています。普通のタブレットとしても持ち運べるおすすめのノートパソコンです。

ChromeOS搭載のノートパソコン
エイサー(Acer) Chromebook 15

商品価格 ¥ 46,213

本製品の特長はChrome OS。Googleが開発しているOSなので、Googleのアプリケーションを多用している人にとっては互換性が高く、立ち上がりの速さやシャットダウンのスムーズさも秀逸。作業がしやすいおすすめのノートパソコンです。

Chrome OSは、Webに上がっているアプリケーションを使用するため、本体のスペックがそこまで高くなくても大丈夫。そのため、サクサクと快適に動くパソコンですが、搭載している機能に対して価格帯がリーズナブルな点もおすすめポイントです。

サイズはノートパソコンの中では大きい15.6インチ。画面も見やすく、作業がしやすいモデルです。持ち歩くというよりは家庭用のパソコンとしての使用をおすすめします。

限定販売されているSSD搭載ノートパソコン
マウスコンピューター(MouseComputer) MB-B502S

商品価格 ¥ 48,880

実勢価格が5万円以下ながら、SSDが搭載されているおすすめのノートパソコン。通常のHDDよりも処理速度が約4倍なので、待ち時間を大幅に短縮できます。

本体のデザインがリフトアップ構造になっているため、快適なタイピングが可能。自然的な傾斜が心地よいタイピング環境を作ってくれますよ。

夜になると光ってくれるバックライト対応のため、暗闇での作業も滞ることなくできます。5万円以下の価格帯でここまで機能が搭載されたノートパソコンはとても魅力的。コスパの高さが伺えますね。なお、販売台数が限定されているモデルのため、気になる方はお早めの購入をおすすめします。

10万円以下のおすすめノートパソコン

Officeが搭載されている5万円台のノートパソコン
デル(Dell) Inspiron 11

商品価格 ¥ 57,000

5万円台の価格帯ながらMicrosoft社が提供しているOfficeが使用できるノートパソコン。普通のノートパソコンはOfficeが搭載されていると高くなりがちですが、こちらはそれを5万円台で提供しているため、コスパ良好な点もおすすめです。

11.9インチの画面サイズですが、1.18kgなので持ち運びにも便利。ビジネスマンのセカンドパソコンとしても活躍が期待できます。

外部の端子も豊富に用意されており、データ転送速度が早いUSB3.0やフルサイズのHDMIが採用されています。モニター出力する際にも便利。リーズナブルな価格ながら万能なモデルです。

軽量×おしゃれ×高性能な大人気ノートパソコン
アップル(Apple) MacBook Air

商品価格 ¥ 99,000

ノートパソコンの中でも人気機種。本体重量が非常に軽く、持ち歩き用のパソコンに適しています。オフィスなどでも自分のパソコンを使っている方やプライベートの作業用PCとしてもおすすめのモデルですおそ。

8GBのメモリが搭載されており、ハードディスクのタイプはSSD。Intel Core i5のCPUが備えられているため、動作はサクサクです。ちょっとした重い作業をする際でも、余裕で耐えることができます。

バッテリー駆動は約12時間持つロングバッテリー設計。家の作業だけではなく、持ち歩きの作業をしたい方におすすめです。

10万円以上のおすすめノートパソコン

大学生におすすめ! バランスが取れたノートパソコン
Lenovo YOGA 710

商品価格 ¥ 107,698

大学生といえば、レポート作成やレジュメのダウンロード、ネットサーフィンなど、いろいろな用途があります。その用途をストレスなく全部こなしてくれる、おすすめのノートパソコンです。

Officeが標準で搭載されているため、レポート作成に欠かせないWordやPowerPointが購入当初から使うことができます。

重量は約1kgと持ち運びやすさも秀逸。CPUはCore i5のCPUが採用されているので、動作もサクサクで使いやすいです。パソコン初心者でも使いやすいモデルです。

軽量モデルのおすすめノートパソコン
デル(Dell) XPS 13

商品価格 ¥ 194,980

極限までのフレームレス化を図ることにより、本体がコンパクトでながらも13インチの画面サイズを採用しているノートパソコン。ディスプレイをギリギリまで画面として使用しているため、動画コンテンツを外出先で楽しむ際に便利なモデルです。

Core i7のCPUが搭載されており、世代は最新の第7世代。動作のサクサクさにこだわりぬきたい方におすすめです。

本体重量が約1.3kgという軽さによって持ち歩きやすさも良好。普段のオフィスワークからエンタメまで、幅広いシーンで活躍してくれるおすすめのノートパソコンです。

おしゃれ×高性能! スタイルフリーなノートパソコン
ヒューレットパッカード(HP) Spectre x360

商品価格 ¥ 194,173

ノートパソコンにおしゃれさも求めるのであれば、WindowsOSが搭載された「Spectre x360」がおすすめ。ディスプレイを最大限まで削ったベゼル仕様のスタイリッシュさは秀逸です。

アッシュブラックと呼ばれるノートパソコンでは珍しい色合いを採用することにより、スタイリッシュながらおしゃれさもプラス。外出中での使い勝手も考慮した軽量モデルです。

約30分のバッテリーチェージで7.5時間分をカバーする急速充電などの機能面も充実。Webカメラを通して顔パスする機能も付いており、毎回パスワードを入力する必要がありません。

本機は2in1タイプのノートパソコンなので、タブレットとしても使えます。最初からOfficeが搭載されているので、ExcelやPowerPointをすぐに使用可能。ビジネス用としてもおすすめしたいノートパソコンです。

Macbookの最新作! Touch bar付きノートパソコン
アップル(Apple) MacBook Pro

商品価格 ¥ 261,952

グラフィック性能が一段と向上し、新たにTouch barを搭載したノートパソコン。ファンクションキーを取り払うことにより、利便性が向上。Touch IDが使えるため、決済のときやログイン時もスピーディです。

グラフィック系のワークをしている方はもちろんのこと、映画などのコンテンツもこれまで以上に楽しむことが可能です。従来のMacbook Proよりも薄型&軽量なのが特徴。

従来のモデルよりも約17%程度サイズを薄くすることにより、持ちやすさを向上。Macユーザーはもちろん、Windowsユーザーも要チェックのノートパソコンです。

最強の携帯性! ビジネス用ノートパソコン
バイオ(VAIO) VAIO Z

By: vaio.com

バッテリー駆動時間が最大約27時間のタフネスモデル。重量約1.17kgという軽さによって持ち歩きやすさも秀逸で、外回りをしているビジネスマンにおすすめしたいモデルです。

また、このノートパソコンはキーボードの打鍵音にこだわって作られています。仕事をする上で音は集中力に関係する部分。このモデルはタイピング音が静かなので、よりビジネスマンが作業しやすい環境を整えてくれます。

CPUには、Core i5のCPUが採用されているため、ビジネス利用であれば問題なく動作処理してくれます。

また、VAIO Phone BizとオリジナルSIMがセットで付いてくるため、モバイルルーターいらずで、どこでもデザリングできます。外に出て仕事をしているビジネスマンにおすすめしたいノートパソコンです。

ハイエンドクラスのノートパソコン
デル(Dell) ALIENWARE 17

商品価格 ¥ 389,980

既存のノートパソコン市場の中でハイスペックを誇るモデル。搭載されているメモリはDDR 4。容量は32GBです。ストレスなくノートパソコンが動く容量の基準は8GBくらいですが、本製品はその4倍です。

最高クラスのCPU Core i7-7820HKとグラフィックボードの中でもハイエンドなGeForce GTX1080が搭載されており、重い動画処理も難なく対応できる点が特長。VRゲームにも対応します。

ディスプレイは4Kにも対応しているので、4Kコンテンツを思う存分楽しむことも可能。ハイエンドなノートパソコンを探している方におすすめです。

ノートパソコンを選ぶ前に


ノートパソコンを購入する際、なんとなく見た目で選んでいる方はいませんか? 「とりあえずスペックがいいからこれにしよう!」という方もいるかと思います。しかし、ノートパソコンのスペックとユーザーの用途が見合わなければ、適切ではありません。

例えば基本的な書類制作とネットサーフィンを目的とする場合に、CPUやグラフィックボードが搭載されているゲーミング用のノートパソコンを購入してしまうと、オーバースペックになります。そういった場合は、Officeの搭載やOSなどから判断すべきです。

つまり、自分の用途に合わせたノートパソコン選びをしないと、使いこなせないばかりか損をする可能性もあります。しっかりと自分の用途を明確にし、スペックと照らし合わせながら選びましょう。

ノートパソコンの選び方①|CPU

By: amazon.co.jp

CPUはノートパソコンの速さを担う部分です。このCPUの良し悪しによって処理速度が違うため、CPUのスペックが高い方がより快適に軽いノートパソコンを買うことができます。

CPUのスペック

CPUの大部分には「インテル(intel)」の製品が多いです。インテルのCPUは、基本的に「i5」や「i7」などの表記がされているため、ここでCPUのスペックを大まかに判断します。

・Core i7
一般向けのCPUでは高性能です。重い作業をする場合には、i7のCPUが搭載されているものがおすすめです。ゲーミング系のノートパソコンにはほとんど搭載されているCPUですよ。

・Core i5
ミドルクラスのノートパソコンに搭載されているCPUです。Core i5のCPUは基本的にi7にスペックとしては劣るものの、基本的な作業では特に重くなることなく使用することができます。オフィスワーク用であれば、この程度のスペックは欲しいところです。

・Core i3
家庭で調べ物をしたり年賀状を作ったりなどをする場合であれば、このくらいのCPUで全然大丈夫。ここらへんになってくると値段も10万円以下のノートパソコンが多くなるため、手も出しやすいです。

・Pentium、Celeron、Atom
格安のノートパソコンにはここら辺のCPUが搭載されていることが多いです。Atomが1番スペック的には下ですが、書類を作るレベルであれば問題なく動作します。

少し重たく感じることもあるかとは思いますが、価格帯も安くなってくるため、普段あまりノートパソコンを使わないという方であればこのレベルのCPUがちょうどいいです。

・XEON
これは業務用のパソコンに搭載されるCPUです。一般的なノートパソコンにはあまり搭載されていませんが、i7よりもいいスペックを持っているCPUです。

ゲームの開発やCGグラフィックを作るなどといった作業、それ以外のとてつもない処理を毎日こなさなければいけないような方は、XEONが搭載されているパソコンがおすすめです。

CPUの世代

CPUには世代というものがあり、現在の最新世代は第7世代。見方として、i7、i5、i3に関しては、i7などの後に続く最初の番号で世代を見ることができます。

例えば、「Core i7 7700K」などの場合は、最初の番号が7のため、第7世代。世代が最新になるにつれ、スペックもどんどん上がってきます。

ノートパソコンの選び方②|ストレージ

By: amazon.co.jp

ストレージとは、OSやシステムファイルなどの重要なデータから、写真や音楽など、いろいろなデータを保存しておくスペースのことです。ストレージの容量が多いほど、たくさんのデータを保存することができます。

ですが、最近ではクラウド上でファイルを保存できるサービスが普及しているため、ノートパソコン自体に容量がなくてもクラウド上で大量の画像などを管理している方も多く見られます。

ノートパソコン本体の容量が上がれば上がるほど値段も高くなるため、初期投資したくない方はあまり容量がないノートパソコンを選ぶのも1つ。USBなどで接続できるポータブルHDDもあるため、本体に容量がなくても後から対応できますよ。

ストレージは、HDD(ハードディスクドライブ)、SSHD(ソリッドステートハイブリッドドライブ)、SSD(ソリッドステートドライブ)の3タイプがあります。

コストパフォーマンスで選ぶなら価格の安いHDD、スペックで選ぶなら読み込み速度が速いSSD、価格と性能のバランスを重視するなら、3つのタイプの中間になるSSHDがおすすめです。

ノートパソコンの選び方③|OS

ノートパソコンのOSにはWindows、Mac、Chrome OSなどの種類があります。

Windows OS

Windowsは、ソフトウェアの種類が充実しているのが特徴。プライベートからビジネスユースまで、幅広く使うことができます。コストパフォーマンスにも優れているので、安いノートパソコンが欲しい方にもおすすめです。

iOS

Macは、価格が少し高めですが、映像やデザイン、音楽関係のソフトウェアが充実。それらを扱うクリエイターの方におすすめ。また、スタイリッシュでおしゃれなデザインなので、ノートパソコンの見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

Chrome OS

Chrome OSは、起動速度に優れているため、使いたい時にすぐ作業できるのが特徴。また、Chrome OSは、低スペックのパソコンでも快適に動作するように作られているので、パソコン本体の価格帯がリーズナブルな点も魅力です。

このように、それぞれのOSごとにメリットやデメリットがあるので、ノートパソコンを選ぶ際には、OSの種類も考えてみるのもおすすめです。

ノートパソコンのおすすめメーカー

エイスース

By: amazon.co.jp

エイスースはもともと台湾のメーカーで、現在は、タブレットやノートパソコンなどの電子機器を販売しているメーカーです。エイスースの特徴は、価格帯でみる製品ラインナップが広く、初心者ユーザーからハイエンドユーザーまで満足できるノートパソコンを用意していること。

ユーザー層も、ゲーミングユーザーやビジネスマン、一般のユーザーに向けてのノートパソコンなど広いです。コスパが高くだんだん人気が高まっているメーカーです。

デル

デルはアメリカのメーカーで、ビジネス層からゲーマー層まで、幅広いノートパソコンを展開しているメーカーです。日本ではあまり有名なメーカーではありませんが、世界的に見れば、販売台数はトップクラスのメーカーです。

ゲーミングパソコンのメーカーなどを買収しており、テクノロジー系会社を何社も持っているので、技術力も高いです。

アップル

アップルのノートパソコンといえば「Macbook」シリーズ。アップルはOS的にも独自性を持っているメーカーですが、ノートパソコンの性能自体も非常に優秀です。

Macbookの特徴は、おしゃれ、軽量、高性能という3拍子がそろっています。値段は少しお高いですが、その分、買った後の満足度が高いのも事実です。