場所をとらず、どこにいても情報をチェックしたり作業がおこなえたりと、便利に使えるのが「ノートパソコン」です。タブレットのようにも使える2in1モデルやゲームプレイに特化したモノなど、さまざまなタイプの製品が販売されています。

そこで今回は用途別にノートパソコンのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方についても詳しく解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ノートパソコンの種類

Windowsノートパソコン

By: microsoft.com

世界中で最も普及しているWindows OSを搭載したノートパソコンです。多くのメーカーからさまざまなモデルが販売されています。また、対応するソフトの数が豊富なため、目的にあったアプリを選びやすいのも魅力です。

特にビジネスソフトのなかには、Windows OSにしか対応していないモノもあるので、ビジネス用途での購入を考えている方は留意しておきましょう。

所有している人が多い分、使い方を教えてもらいやすいのもWindowsノートパソコンの魅力のひとつ。初めてパソコンを購入する初心者の方にもおすすめです。

MacBook

米国のアップル社が販売するノートパソコンです。同社が独自に開発したmacOSを搭載しているのが特徴。直感的な操作が可能な、洗練されたユーザーインターフェースが魅力です。

モデル構成は非常にシンプルで、大別すると「MacBook Air」「MacBook Pro」の2シリーズになります。前者は、一般的なビジネス用途であれば十分対応可能なスペックと手頃な価格が特徴。MacBookのエントリーモデルとして初心者の方にもおすすめです。

後者は、より高いパフォーマンスを求める方に適しています。高性能なCPUを搭載し、「Touch Bar」と呼ばれるAirにはないインターフェースを備えているのが特徴。マルチタスクを多用する方や動画編集など負荷のかかる作業頻度が高い方におすすめのシリーズです。

13インチと16インチの2モデルがあるので、予算や用途に合わせて選んでみてください。

Chromebook

By: google.com

「Chromebook」とはGoogleが開発したChrome OSを搭載するノートパソコンをさします。OSが無償で提供されていることもあり、本体価格も比較的安価な製品が多くラインナップされているのが特徴。同じくGoogleが開発したAndroid OS搭載のスマホを使っている方なら、大きな違和感なく使用することが可能です。

スプレットシートやドキュメントなど、Googleが提供しているウェブ上で動作するサービスの利用がメインとなります。WindowsやMacパソコン用のソフトは使用できないので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

Chromebookについて詳しく知りたい方はこちら

ノートパソコンの選び方

各種スペックをチェック

CPU

CPUとは「Central Processing Unit」の略です。CPUの性能差がパソコンの処理能力を左右する、いわば頭脳に相当する重要なパーツ。市販されている多くの機種にはインテルの「Core iシリーズ」が採用されています。

基本的にはCore i3、5、7と末尾の数字が大きいほど高性能なので覚えておきましょう。また、安価な製品やエントリーモデルのなかには、同じくインテルの「Celeron」を採用しているモノもあります。

インテルに次いで人気のCPUメーカーがAMDです。「Ryzenシリーズ」などを販売しており、高性能な割に価格が安いコスパのよさが魅力。Core iシリーズ同様、Ryzen3、5、7と数字が大きくなるほど性能も高くなります。搭載されているCPUが使用用途にあっているかチェックしておきましょう。

メモリ

メモリはCPUが仕事をおこなう際に、作業机のような役割を果たすパーツです。作業机が大きいほど、すなわちメモリ容量が大きいほど一度に多くの作業がこなせるため、パソコンの処理スピードは高速に。

CPUと並んでパソコンの処理速度に大きな影響を与えるので、用途に応じて適切なメモリ容量を選ぶ必要があります。ウェブサイトの閲覧程度であれば4GBくらいでも問題ありませんが、ビジネスシーンでフル活用したいなら8GB以上のメモリ容量がおすすめです。

さらに、人気のFPSゲームをストレスなくプレイしたり、動画編集作業を頻繁におこなったりする方であれば、16GB以上の大容量メモリを搭載したモデルを選択しましょう。

ストレージ

ストレージはOSをはじめダウンロードしたソフトやコンテンツ、作成した書類などを保存しておくためのパーツです。ストレージの種類は主にSSD・HDD・eMMCの3タイプ。

SSDは容量あたりのコストが高い代わりに、アクセススピードの高速なのが特徴です。OSやソフトの起動が速いだけでなく、大容量データの読み書き時にもストレスを感じません。現在市販されているノートパソコンの多くに採用されています。

一方のHDDはコストが安く容量が大きいのが特徴。アクセススピードはSSDと比較して劣りますが、たくさんのゲームソフトや動画などを保存する用途に向いています。

また、eMMCは低消費電力のため、バッテリー容量が小さなモデルでも比較的長時間駆動できるのが特徴です。アクセス速度はSSDとHDDの中間ほど。ただし、32GBや64GBなど小容量のモデルが多いので留意しておきましょう。

画面サイズをチェック

By: microsoft.com

液晶画面のサイズも使い勝手を左右する大切なポイントです。あまり持ち運びをせず、自宅もしくはオフィスで使用するのであれば、15インチや17インチといった大型サイズがおすすめ。動画やゲームが大画面で楽しめるほか、スプレットシートの広い範囲も一覧しやすいので便利です。

通勤や通学など持ち運ぶ機会が多い方には、13インチ前後の製品をおすすめします。携帯性と視認性のバランスがよいので使い心地も良好。また、見やすさは多少犠牲にしても携帯性を重視する方の場合には、11インチ前後の小さな液晶を搭載したノートパソコンがおすすめです。

重量をチェック

ノートパソコンを主に自宅で使用する方の場合、重量はそれほど気にする必要はありません。ただし、通勤や外回りなど持ち運ぶ頻度が高い方は、本体重量もしっかりとチェックしましょう。

1.5kg以下のモデルなら、重さがそれほど苦にならず体への負担も少ないので快適です。なかには、1.0kgを切る非常に軽量な製品なども販売されているので、携帯性を重視する方はぜひチェックしてみてください。

用途に合わせたモデルを選ぼう

ネットサーフィンや動画視聴なら低価格なエントリーモデル

By: amazon.co.jp

ネットサーフィンや動画の視聴といった、ノートパソコンにとって比較的負荷の軽い用途に使用するのであれば、価格の安いエントリーモデルが適しています。CPUはCeleronやCore i3クラスのプロセッサーでも問題ありません。

また、メモリは4GBを搭載しているモデルであれば快適に使用できます。スペックを抑えれば価格の安いモデルが多くラインナップされているのでチェックしてみてください。

ビジネス用途ならOffice付きモデルがおすすめ

ノートパソコンをビジネスシーンで使いたいのであれば、Officeソフト付きのモデルがおすすめです。Officeソフトとはマイクロソフトが開発・販売をしている、ビジネスシーンには必須ともいえる便利なソフト。文書作成のためのWordや表計算のExcel、プレゼン資料が作れるPowerPointなどがセットになっています。

Officeソフトがプリインストールされていたりプロダクトキーが同梱されていたりするモデルであれば、購入したその日からすぐに使い始めることが可能です。

ゲーム・動画編集ならGPU搭載のハイスペックモデル

ゲームや動画編集といった使い方がメインの方は、GPUの有無や性能にも注目する必要があります。GPUとは「Graphics Processing Unit」の略で、CPUに代わりグラフィック処理や画面描画などを行うパーツです。

CPUに負荷のかかる作業の頻度が多い場合は、独立したGPU搭載モデルがおすすめ。3Dを駆使したリアルなゲーム映像もスムーズに描画できるので、快適にプレイできます。

ハイエンドマシンやゲーミングノートパソコンの多くがNVIDIAの「GeForceシリーズ」を採用。GeForce 「GTX 1650」や「RTX 2070」など数字が大きくなるほど、高性能なGPUといえるので覚えておきましょう。

その他あると便利な機能

タブレットとしても使える「2in1」

By: amazon.co.jp

タブレットとしても使える「2in1」モデルを選べば、シーンに応じて使い分けができるので便利です。オフィスでの事務作業はノートパソコンモードで効率的に、自宅ではタブレットモードでベッドに寝転びながらネットサーフィンを楽しむ、といった使い方も可能。

液晶画面を360°回転させてタブレットモードに切り替えるタイプが一般的です。テントのように机に立てれば画面に集中できるため、動画や映画を視聴する際に重宝します。

なかには、液晶部分を本体から分離して、薄型・軽量のタブレット端末として使用可能な製品なども販売されているので、用途に応じて選んでみてください。

CD/DVDなどが再生できる「光学式ドライブ」

By: rakuten.co.jp

光学式ドライブを搭載したモデルは、CDやDVDに保存されたコンテンツを再生できるので重宝します。外付けのDVDドライブを別に持ち歩く必要はありません。

さらに、書き込みにも対応したマルチドライブなら、高解像度の画像やビデオ映像など大容量データの保存も簡単。メディアの価格も安いため作成したコンテンツをたくさんの人に配布したい、といったシーンでも活躍します。

ログインが簡単にできる「生体認証」

By: microsoft.com

セキュリティを確保しながら、手軽にアクセスしたい方には「生体認証」機能を搭載したモデルがおすすめです。自分の指紋や顔を記憶させておけば簡単にログインができるので便利。ロック画面の解除はもちろん、ソフトのダウンロードやネットショッピング時の決済など、さまざまな場面で利用できます。

パスワードを毎回入力したり、定期的に変更したりといった手間もかかりません。安全面に配慮しつつスマートにノートパソコンを使いこなしたい方は、ぜひ検討してみてください。

ノートパソコンのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: microsoft.com

Windows OSを開発・供給しているメーカーです。ビジネスシーンにはかかせないOfficeソフトを販売していることでも有名。自社ブランドのパソコンも展開しており「Surface」シリーズとして販売しています。

「Surface Book」といったオーソドックスなラップトップタイプのノートパソコンもありますが、ほとんどの製品はタブレットとしても使用可能な2in1モデルです。どのモデルもスリムでスタイリッシュなデザインが魅力。用途に合わせて最適な1台が選べます。

アップル(Apple)

iPhoneやiPadといった、革新的なデバイスを世に送り出したことでも有名なメーカーです。すべての自社パソコンに、独自開発したmacOSを搭載しているのが特徴。直感的な操作が可能な洗練されたユーザーインターフェースを有しているため、クリエイティブな業界の方にも人気です。

ノートパソコンは高性能がお手頃価格で購入できる「MacBook Air」と、よりパワフルな高性能モデル「MacBook Pro」の2シリーズを展開しています。どちらのシリーズも、アルミ素材を削り出して作ったシンプルで美しいデザインが特徴。

Windowsパソコンと比較して対応するソフトの数では劣りますが、最近ではブラウザ上で動作するアプリも増えてきているので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: microsoft.com

パソコンやプリンター関連の製品を販売するアメリカのメーカーです。低価格のエントリーモデル「HP」シリーズからハイエンドの「Spectre」シリーズまで、幅広いモデルをラインナップしています。

コンセプトが異なる複数のブランドシリーズを展開しているのが特徴。製品の特徴別にブランドが分けられているため、用途に合ったモデルを選びやすいのが魅力です。話題の2in1モデルや、ゲーム好きの方におすすめのゲーミングノートなども取り扱っています。

デル(Dell)

By: rakuten.co.jp

デルはコスパのよいパソコンを販売することで人気のメーカーです。パソコン以外にもモニターやPCアクセサリーなどを取り扱っています。ノートパソコン製品では、Inspiron・XPS・Dell G・ALIENWAREの4シリーズをラインナップ。

ホームユースにおすすめの「Inspiron」をはじめビジネスでも活躍する高性能な「XPS」、ゲームとグラフィックスに特化した「Dell G」、最高のゲーム体験が得られる「ALIENWARE」と用途が明確なため、選びやすいのが特徴です。InspironとXPSシリーズでは2in1モデルも選択できるので、使いやすい1台を見つけてみてください。

低価格なノートパソコンのおすすめモデル

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP 14s-cf0000

ストレージに1TBのHDDを採用したモデルです。アクセス速度はSSDに比べて劣るものの、たくさんの写真・動画・ソフトを本体へ保存しておきたい方におすすめのモデル。ストレージの容量不足を気にする必要はほとんどありません。

また、Windows OSを採用しているため多彩なソフトが利用できるのも魅力です。インテルのCeleronプロセッサーと4GBのメモリを実装しており、ネットサーフィンや動画の視聴も快適。フルHD表示が可能な14インチのIPSディスプレイを搭載しているため、綺麗な画面で見ることが可能です。

最大8時間30分駆動するバッテリーを搭載しています。リビングや寝室、キッチンなど好きな場所で手軽に使えるうえ、ACアダプターを一緒に持ち歩く必要もありません。

デル(Dell) ノートパソコン Inspiron 15 3593

CPUにインテルのCore i3プロセッサーを採用したモデルです。価格が安くても軽快に動作するノートパソコンが欲しい方におすすめ。Webカメラを搭載しているため、テレワークに対応することも可能です。

Wi-Fi機能だけでなく有線LANポートも備えているので、自宅のネット環境に合わせて接続できます。256GBのSSDを搭載しているのも本モデルの特徴。一般的な書類データであれば、残容量を心配せずに保存することが可能です。アクセスも高速なのでファイルの読み書きにストレスは感じません。

レノボ(Lenovo) Chromebook 14.1インチ S330

Chrome OSを搭載したレノボのChromebook。ウェブサイトの閲覧やメールのチェックが、主な使用用途という方におすすめです。Androidスマホを使用している方なら、あまり違和感を感じることなく操作できます。また、スマホで利用しているアプリがそのまま使えるのも便利です。

ストレージには32GBのeMMCを採用。容量は大きくないので、不足するようなら外付けHDDを使用して補いましょう。USB Type-A・Type-C、2種類のインターフェースを搭載しているため、どちらの端子を備えたデバイスでも接続できます。

重量は約1.5kgと14インチモデルとしては軽量。カバンに入れて手軽に持ち運び可能です。

エイサー(Acer) ノートパソコン 11.6インチ A111-31-A14PA

小型の低価格ノートパソコンを探している方におすすめの製品です。11.6インチの液晶ディスプレイを搭載したコンパクトモデル。CPUにはインテルのCeleronプロセッサー、メモリは4GBを搭載しているため、ネットサーフィンや動画視聴なら不満なく使用することが可能です。

OSに「Windows 10 Home in S mode」を採用しているのも本モデルの特徴。信頼性の高いセキュリティを確保しながらも、高速起動などハイパフォーマンスを実現しているのが魅力です。

ただし、利用できるのは「Microsoft Store」からダウンロードしたソフトのみとなるため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

Jumper EZbook X1

価格の安い2in1モデルが欲しい方におすすめのノートパソコンです。液晶画面が360°回転することで、タブレットモードへの切り替えが可能。メールの作成や確認時はラップトップモードで、ソファでくつろぎながらネットサーフィンを楽しむ際にはタブレットモードにするなど、シーンに合わせて使い分けができるので便利です。

インテルのCeleronプロセッサーと4GBのメモリを搭載しています。フルHD表示が可能な11.6インチの液晶ディスプレイにはタッチスクリーンを採用。10点タッチをサポートしているため直感的な操作がおこなえます。

BMAX ノートパソコン S15

CPUにインテルのCeleron N4100を採用した低価格モデルです。安価な製品ながらストレージに128GBのSSDを搭載しているのが特徴。OSやソフトの起動が高速なため、電源を入れるたびに待ち時間でイライラすることはありません。

また、容量8GBのメモリを実装しているので、ウェブサイトの閲覧など一般的な用途であれば快適に使えます。安くても軽快に動作するノートパソコンを求める方におすすめのモデルです。

フルHDタイプの15.6インチ液晶ディスプレイを搭載。動画や映画を大きく綺麗な画面で楽しむことが可能です。

CHUWI ノートパソコン LapBook Pro 14インチ

写真や動画をたくさん保存しておきたい方におすすめのノートパソコンです。256GBと容量の大きなSSDを採用しているのが特徴。アクセス速度も速いので大容量ファイルの読み書きもスムーズにおこなえます。

また、スタイリッシュなデザインも本モデルの特徴です。本体サイズは324×209×13mmで最薄部はわずか7mmほど。重量も約1.5kgのため、カバンに入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。

USB Type-Aに加え、充電端子としても機能するType-Cポートを搭載しています。多様な周辺機器が利用できるので便利。ただし、Type-Cポートは映像出力とPD(Power Delivery)充電には対応していません。購入を検討している方は、あらかじめ留意しておきましょう。

エイスース(ASUS) Chromebook C523NA

15.6インチの液晶ディスプレイを搭載するエイスースのChromebook。厚さが15.6mmの、薄型でスタイリッシュなデザインが特徴です。重さも約1.43kgと軽量なため、カバンに入れて簡単に持ち運べます。

自宅や友人の家など、好きな場所で気軽に使いたい方におすすめのモデル。インテルのCeleronプロセッサーと8GBのメモリを搭載しています。メールのチェックやウェブサイトの閲覧といった使い方であれば、動作に不満を感じることはありません。

ただし、キーボードにはUS配列タイプを採用しているので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておいてください。

ビジネス向けノートパソコンのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 3 13.5インチ V4C-00018

13.5インチの液晶ディスプレイを搭載した、マイクロソフトのノートパソコンです。「Office Home and Business 2019」の初回インストール用プロダクトキーを付属しているのが特徴。購入後、すぐにOfficeソフトをインストールして使いはじめられます。即戦力として使える製品を探している方にもおすすめのモデルです。

生体認証システムを搭載しているのも本モデルの特徴。Windows Helloの顔認証に対応しているため、セキュリティを確保しつつ簡単にサインインすることが可能です。面倒なパスワードの設定や入力も必要ありません。

HDカメラとデュアルマイクを備えており、そのままリモートワークにも対応ができるので便利です。

アップル(Apple) 13インチ MacBook Air

2020年3月に発売された「MacBook Air」の最新モデルです。インテルのCore i5プロセッサーと8GBのメモリを搭載しているので、ビジネス用のソフトも軽快に動作します。また、Macノートのなかでは価格が手頃なため、初めて購入するMacBookとしてもおすすめのモデルです。

256GBと余裕のあるSSDを採用しており、一般的な用途であれば容量に不満を感じることはありません。2560×1600ピクセルの高解像度表示が可能なRetinaディスプレイを搭載。「True Toneテクノロジー」を採用しているため、周囲の光に関係なく自然な色合いで画像が見られます。

「Touch IDセンサー」を備えているのもポイントです。指1本でロック画面の解除ができるので便利。アプリのダウンロードやネットショッピングの決済もスマートにおこなえます。

アップル(Apple) 13インチMacBook Pro

MacBook Proの13インチモデルです。シザー式(パンタグラフ式)の「Magic Keyboard」を採用しているのが特徴。従来のバタフライ式に比べ薄型化には不利なものの、異物の混入に強いなど信頼性の高いのがメリットです。適度なストロークが確保できるため心地よい打感が得られます。

CPUにはMacBook Airと同じCore i5を搭載。ただし、MacBook Airの1.1GHzより高速な2.0GHzで駆動するプロセッサーを採用しています。また、16GBのメモリも搭載するなど、より高い処理能力を求める方におすすめのモデルです。

Thunderbolt 3規格に対応したUSB-Cポートを4つ搭載。充電や映像出力などさまざまな用途に使用できるので便利です。

デル(Dell) モバイルノートパソコン XPS 13 7390

携帯性に優れたデルの高性能ノートパソコンです。厚さがわずか11.6mmの薄型でスリムなデザインが特徴。重さも約1.23kgと軽量なため、ブリーフケースに入れて簡単に持ち運べます。外回りや出張の機会が多い方におすすめのモデルです。

Windows Helloの指紋認証システムに対応しているのも本モデルの特徴。安全かつスマートにアクセスすることが可能です。セキュリティレベルを維持するため、定期的にパスワードを変更するといった面倒な作業も発生しません。

また、Wi-Fi 6に対応しているのもポイント。対応するルーターが設置されている環境であれば、より高速にインターネットが利用できるので便利です。

エイスース(ASUS) ノートパソコン ZenBook UX334FAC

さまざまな作業を効率的にこなせるノートパソコンです。「SCREENPAD2.0」を搭載しているのが特徴。SCREENPADとはショートカットキーをはじめ、手書きや数字の入力、映像の表示などができるインテリジェンスなタッチパッドのことです。

作業に応じて使用頻度の高い機能を表示したり、直感的なタッチ操作ができたりするので生産性の向上が図れます。13.3インチの液晶ディスプレイには、幅4.5mmの狭額ベゼルを採用。視認性を確保しながらも、従来モデルと比較して14%程度小型化しています。

重さも約1.27kgと軽量なため、外回りが多い方におすすめのモデルです。今までにない優れた使い心地を体験したい方は、ぜひ検討してみてください。

パナソニック(Panasonic) Let’s Note CF-SZ6RD6VS

筐体にマグネシウム合金素材を採用したノートパソコンです。アルミニウムよりも軽くて丈夫なため、重さは約929gと非常に軽量。出張や外回りで持ち運ぶ機会が多い方におすすめのモデルです。約15時間も連続動作するバッテリーを搭載しているので、1日中コンセントのない環境でも心配いりません。

また、光学式スーパーマルチドライブを搭載しているのも本モデルの特徴。読み込みだけでなく書き込みにも対応しているため、販促用のオリジナルCDやDVDの制作にも便利です。

優れた耐衝撃性能を備えているのもポイント。高さ76cmからの落下試験にもパスしたと謳われているなど、安心して持ち歩ける製品です。

日本電気(NEC) ノートパソコン LAVIE Note Mobile PC-NM550RAL

Windows OSを搭載したビジネスにおすすめのモデルです。「Office Home and Business 2019」を付属しているのが特徴。購入したその日からオフィスや外出先でバリバリと仕事がこなせます。また、Webカメラを搭載しているのでリモートワークに対応することも可能です。

インテルのCore i5プロセッサーと8GBのメモリを実装。さまざまな作業がスピーディに処理できるため、ビジネスを停滞させません。顔認証システムを採用しているのもポイントです。毎回パスワードを入力する手間がかからずスマートにアクセスが可能。外回りの機会が多い方でも安心して持ち出せます。

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP Spectre x360 13

タブレットとしても使用できる2in1タイプのノートパソコンです。360°回転する13インチ液晶ディスプレイを搭載。タッチパネルを備えているため指やペンで直感的な操作がおこなえます。

必要な時に素早く手書きでメモをとったり、情報を確認したりしたい方におすすめのモデルです。タブレットモードなら立ったままでも使いやすいので便利。256GBのSSDを搭載しているので、多くの書類やデータが保存できます。

さらに、SSDに対応したインテル「Optaneメモリ」を採用しているのも本モデルの特徴です。通常でも速いSSDのアクセススピードをさらに高速化。容量の大きなソフトやデータでも、高速で起動や読み出しができるので快適です。

ゲーム・動画編集向けノートパソコンのおすすめモデル

エムエスアイ(MSI) ゲーミングノートパソコン GS66 Stealth

高性能なゲーミングノートパソコンを探している方におすすめのモデルです。CPUにインテルの第10世代Core i9プロセッサーを採用し、16GBのメモリを搭載。美しいグラフィックが人気の最新ゲームタイトルも、ストレスなくプレイすることが可能です。

さらに、NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX2070 SUPER」を搭載しています。激しく動き回るFPSゲームでも映像が滑らかに表示できるため、より的確な索敵が可能。また、1TBの大容量SSDを備えているので、お気に入りのタイトルをたくさん保存しておけます。

マウスコンピューター(MouseComputer) ゲーミングノートパソコン G-Tune NG-N-6S71SHZH

大画面でゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。フルHD表示が可能な17.3インチ液晶ディスプレイを搭載。リフレッシュレートが144Hzのパネルを採用しているため、画面の描画も滑らかです。また、周囲の光を反射しにくいようノングレア加工が施されています。

メカニカルキーボードを採用しているのも本モデルの特徴。全キー同時押しに対応しているため、素早いキー操作が可能です。インテルのCore i7、NVIDIAの「GeForce RTX2060」など高性能パーツが組み込まれています。

エイスース(ASUS) ゲーミングノートパソコン ROG Zephyrus G15 GA502IV

最新の人気ゲームタイトルをストレスなく楽しみたい方におすすめのモデルです。CPUにAMDのRyzen7を採用したゲーミングノートパソコン。16GBの大容量メモリを搭載しています。NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX2060 Max-Q」を実装しているのが特徴です。

3D映像を駆使したリアルなグラフィックもスムーズに描画。さらに、リフレッシュレートが240Hzの液晶パネルを採用しており、動きの激しい映像も滑らかにみられるためプレイに集中できます。

また、Nキーロールオーバーに対応しているのも本モデルの特徴です。複数のキーを同時に押し込むようなシーンでも、押された順にすべて認識する便利な機能。緊迫した場面でも確実なキー操作がおこなえるので便利です。

デル(Dell) ゲーミングノートパソコン ALIENWARE m17

4K表示が可能な、17.3インチ液晶パネルを搭載したノートパソコンです。美しい大画面で思う存分ゲームを楽しみたい方におすすめのモデル。NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX2080」を搭載しているため、画面の描画もスムーズです。

インテルのCore i9プロセッサーと16GBのメモリを搭載しており、さまざまなゲームがストレスなくプレイできます。ストレージに256GBのSSDに加え、1TBのSSHD(Solid state Hybrid Drive)を採用しているのが特徴。大容量ながらアクセス速度も速い便利なドライブです。

お気に入りのタイトルをすべて保存できるうえ、遊びたいときには素早く起動できるので重宝します。

ヒューレット・パッカード(HP) ゲーミングノートパソコン HP Pavilion Gaming 15

ゲーミングノートパソコンのエントリーモデルとしておすすめの製品です。高性能パーツを搭載しつつも、比較的購入しやすい手頃な価格が魅力。Core i7プロセッサーに16GBの大容量メモリを組み合わせています。

NVIDIAの「GeForce GTX1650」を搭載しているため、リアルな3Dグラフィックでも画面がカクつくことはありません。また、144Hzのハイリフレッシュレート液晶パネルを採用しているのもポイント。動きの激しい映像も滑らかに表示できるので、操作に集中することが可能です。

初めてのゲーミングノートを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

アップル(Apple) 16インチ MacBook Pro

MacBook史上、最大の画面サイズを採用したモデルです。16インチのRetinaディスプレイを搭載したアップルのノートパソコン。MacBookシリーズのフラッグシップモデルにもあたり、Core i9プロセッサーと16GBのメモリを搭載しています。

動画の編集や音楽制作など、負荷のかかる作業にも余裕で対応することが可能です。クリエイティブな作業をおこなうプロの現場におすすめのモデル。GPUにはAMDの「Radeon Pro 5500M」を搭載しておりグラフィックの描画も高速です。

デル(Dell) ゲーミングノートパソコン G7 17 7790

動画の編集などクリエイティブな用途におすすめのノートパソコンです。フルHD表示が可能な17.3インチの液晶ディスプレイを搭載。大きく見やすい画面で作業を進めることが可能です。また、視野角の広いIPSパネルを採用しているため、複数人で画面を確認するようなシーンでも重宝します。

心臓部にはCore i7プロセッサーや「GeForce RTX2060」など、高性能パーツを搭載。気軽にゲームを楽しみたい方にも適したモデルです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 3 13.5インチ

2in1タイプのノートパソコンです。液晶ディスプレイと本体を分離できるのが特徴。非常に薄型で軽量のタブレット端末として使用できるので便利です。10点マルチタッチに対応しているため、ペンを使った手書き入力をはじめ直感的な操作がおこなえます。

最大15.5時間も駆動する、ロングライフバッテリーを搭載しているのも本モデルの特徴。1日中コンセントのない環境で作業をするシーンでも、電池残量を気にすることはありません。必要なときに素早く起動して使い始められます。