持ち運びに便利で、ビジネスからプライベートまで利用シーンを問わない「ノートパソコン」。3万円を切るような低価格モデルから、デスクトップパソコン並みのスペックをもつハイエンドモデルまで、さまざまな製品が展開されています。

そこで今回は、ノートパソコンのおすすめモデルをピックアップ。ノートパソコンを使い慣れていない方でも分かりやすいように、製品の選び方についても紹介しているので併せてチェックしてみてください。

まずは、ノートパソコンを購入する目的を決める

一般ユーザーや初心者向け

WEBサイトの閲覧をはじめ、メール、文書作成といった使い方がメインならば3万円を切る「格安ノートパソコン」でも十分です。機能をしぼることで価格を抑えたノートパソコンなので、簡単なPC作業であれば特に問題なく使えます。

ただし、WEBサイトを開きながら文章作成を行うなど、マルチタスクをする場合は動作がやや不安定になることもあるため注意してください。仕事や学校などで事務作業に使用する場合は、5万円以上のエントリーモデルがおすすめです。

ビジネス向け

ビジネス用途のうち、事務作業で使用する際は、そこまで高いスペックは必要ありません。文書作成やメール閲覧といった簡単な作業ならばエントリーモデルでも対応できますが、処理速度の速さなどを考慮すると、7万円以上のミドルレンジモデルがおすすめです。

また、オフィスだけではなく、カフェや新幹線の中など出先での使用を考えている方は「連続稼働時間」にも注目しておきましょう。使用状況によってはカタログスペックよりも早くバッテリーが減ってしまうこともあるので、想定している利用時間よりも余裕をもったモデルを選ぶと安心です。

ゲーム向け

以前はPCゲームで遊ぶならデスクトップパソコンが推奨されていましたが、最近はノートパソコンの高性能化にともなって、ゲーミング仕様のモデルも登場。場所を選ばずにPCゲームを楽しめるため、人気が高まっています。

3Dゲームを快適に遊ぶならば、Core i7以上のCPUを搭載したモデルがおすすめ。メモリは最低でも16GB、予算に余裕があれば32GB以上のモデルを選びましょう。

動画編集や画像編集向け

クリエイティブな作業に使用するならば、10万円以上のハイエンドノートパソコンがおすすめです。動画・画像編集といった作業はパソコンに大きな負荷がかかるので、スペックが低いとパソコンがフリーズしたり、処理が遅くなったりと業務に支障が出る恐れがあります。

動画・画像編集用ノートパソコンは、ゲーミング用と同様に「CPU」と「メモリ」が重要です。CPUはCore i7以上がおすすめ。メモリも8GB以上は欲しいところです。編集ソフトを使用している場合は、必要スペックを満たしているかどうかチェックしておきましょう。

ノートパソコンの選び方

速さの性能を求めるなら「CPU」をチェック

パソコンの頭脳にあたる「CPU」。インテル社のCoreシリーズが有名で、世代や型番によっても性能は異なりますが、基本的には数字が大きいほど処理能力が高いことを表します。ただし、スペックが高ければよいわけではありません。用途によっては、性能を持て余してしまうこともあるので要注意。ノートパソコンの使い道に適したCPUを選びましょう。

Core i5

「Core i5」は、インテルCoreシリーズのミドルクラスです。文書作成やメールといったPC作業をサクサク行いたい方、簡単な画像・動画編集作業を行いたい方に適しています。初心者から中級者まで、一般的な利用であれば十分な性能です。

Core i7

「Core i7」は、インテルCoreシリーズのハイエンドモデルです。本格的な画像・動画編集を行いたいクリエイター、3DのPCゲームをストレスなく楽しみたいゲーマーに適しています。Core i5のノートパソコンでは物足りなくなったときの2台目としておすすめです。

それ以外

上記以外にもライトユーザー向けのCore i3、低価格パソコンに搭載されているPentiumシリーズやCeleronシリーズなど、さまざまなモデルがあります。WEB閲覧など最低限の機能があればよいという方には、これらの廉価CPUもおすすめです。

また、AMD社のRyzenシリーズも有名。「Ryzen 3」「Ryzen 5」「Ryzen 7」などの種類を展開しており、それぞれCoreシリーズの「i3」「i5」「i7」クラスに相当する種類です。そのほかにも、「Ryzen Threadripper」「ATHLON」「Aシリーズ」なども展開されています。インテル社と比べるとシェアは落ちるものの、安価で高性能。コスパ重視の方におすすめです。

音楽や動画をたくさん保存するなら「ストレージ(HDD・SSD)」をチェック

音楽や動画といったデータを多く保存したい方は、ストレージをチェックしてみてください。HDD(ハードディスクドライブ)は、円盤にデータを保存する方式で、価格が安く大容量なのが特徴。衝撃に弱いため、据え置きで使いたい方におすすめです。

一方、SSD(ソリッドステートドライブ)は半導体メモリにデータを保存する方式で、高速で読み書きできるのが特徴。以前は価格が高かったものの、最近は低価格化が進んでおり、大容量のSSDを積んだノートパソコンが増えてきました。HDDと比べて衝撃に強いので、持ち運びが多い方におすすめです。

また、HDDとSSDを両方搭載したデュアルストレージ方式を採用したノートパソコンもおすすめです。OSなど読み込みの速さが求められるデータはSSDに保存、写真や動画などの容量が多いデータはHDDに保存というように、両者のメリットを得られます。ストレージ容量と読み込み速度をどちらも重視したい方におすすめです。

持ち運ぶ方はサイズや重量もチェック

ノートパソコンは11インチ程度の小さなモノから、15インチを上回る大きなモノまで、さまざまなサイズが展開されています。仕事や出張、勉強などで持ち運びを想定している方は、11~13インチ程度がおすすめ。14インチ以上は画面が大きくて作業がしやすい一方、かさ張るため持ち運びにはあまり適していません。

また、ノートパソコンを選ぶ際には重量もポイントです。1.0kg以下は携帯性を重視した軽量モデル。軽くするためにバッテリー容量を抑えている場合があるので、屋外などの電源を確保しづらいところで作業する場合は充電切れに気をつけましょう。

頻繁にノートPCを持ち歩く方におすすめなのは1.5kg程度のモデル。重さ的には中量級で、カバンの中に入れてもあまり負担を感じません。スペックと価格のバランスもよく、コスパに優れているのも魅力です。2.0kg以上はノートパソコンとしては重量級となっています。オフィス内を移動するぐらいならば大丈夫ですが、外に持ち運ぶには不向きです。

メーカーのおすすめモデル

日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile

日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile

軽さはもちろん、耐久性やバッテリー駆動の長さにもこだわったノートパソコン。仕事とプライベートの双方でフル稼働できるほど、トータルバランスに優れているのが特徴です。

OSは「Windows 10 Home」をプリインストールしており、ディスプレイは13.3型ワイドのフルHD液晶。折りたたみ時の厚さは15.5mmとスリムな形状なので、ストレスなくカバンの中に収納できます。

また、ボディは軽くて耐久性の高いカーボン素材を採用。重さは約837gと1kgを下回っていながらも、バッテリー駆動は約20時間とスタミナも十分です。

同製品は「PM750/NA」と「PM550/NA」の2モデルをラインナップ。「PM750/NA」はCPUがCore i7-8565Uで、メモリは8GB、ストレージは512GBのSSDを搭載しています。

一方、「PM550/NA」はCPUがCore i5-8265Uで、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを搭載。どちらもモバイル用途に適したアイテムなので、現代のニーズに則したノートパソコンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ノートパソコンのおすすめモデル|一般・初心者向け

エイスース(ASUS) E203MA E203MA-4000G

エイスース(ASUS) E203MA E203MA-4000G

スリムデザインを採用した、エイスースのノートパソコン「E203MA」。薄さは16.9mmで、重さは約1.0kgと持ち運びに便利なサイズ感が魅力です。ディスプレイは11.6型のワイドタイプ。フチに丸みをおびたシンプルなフォルムを採用しており、利用シーンを選びません。

CPUはインテルCeleron、メモリは4GBを搭載。ストレージは64GBのeMMCを採用しているのがポイントです。eMMCは、HDDと比べると容量は少ないものの、SSD未満、HDD以上のスピードを備えているのが特徴。WEB閲覧や文書作成など、簡単なPC作業ならばスムーズに行えます。

駆動時間は、最長14.6時間と高スタミナ。電源が確保できない場所でも安心して作業できるのが魅力です。HDMIポート、USB Type-Cポート、USB3.0ポートなど、インターフェースも充実。コスパに優れたおすすめの格安ノートパソコンです。

エイサー(Acer) Swift 1 SF113-31-H14Q

エイサー(Acer) Swift 1 SF113-31-H14Q

メタルボディがスタイリッシュな格安ノートパソコンです。ディスプレイはスタンダードな13.3型。本体重量は約1.3kgと軽めで、カバンに収めやすいスリムデザインを採用しています。リビング・カフェ・図書館など、場所を選ばずに作業したい方におすすめです。

CPUはインテルCeleronプロセッサー、メモリは4GBと格安ノートパソコンのなかでは標準的なスペック。ストレージに128GBのSSDを搭載しているのがポイントで、OSやアプリの立ち上げをはじめ、データの読み書きを高速で行えます。

駆動時間は、最大10時間とロングバッテリー仕様。Windows Hello対応の「指紋認証リーダー」を搭載しているため、事前に設定しておけば、情報漏洩のリスクを抑えられます。安価なSSD搭載ノートパソコンを探している方におすすめです。

レノボ(Lenovo) ideapad 330S 81F8003JJP

レノボ(Lenovo) ideapad 330S 81F8003JJP

5.7mmの薄型ベゼルを採用したノートパソコンです。ディスプレイはやや大きめの14型を採用。高視野角のフルHD IPS液晶を搭載しているので、視点を変えても鮮やかな映像が楽しめます。WEBサイトの閲覧はもちろん、動画鑑賞にも適したモデルです。

CPUはAMD A4-9125 APU。メモリは4GBと同価格帯では標準的なスペックです。ストレージには128GBのSSDを採用しており、HDDと比べて読み書きのスピードが速いのが魅力。文書作成やメール作成といった作業もスムーズに行えます。

駆動時間は6.5時間とやや短め。しかし、1時間で80%の充電ができる「急速充電」に対応しているため、バッテリーが切れてしまってもすぐに復帰できます。大学生にもおすすめのノートパソコンです。

デル(Dell) Inspiron 15

デル(Dell) Inspiron 15

本製品はHDMI端子やUSB・SDカードスロットルなど、インターフェースが充実しているノートパソコン。DVDドライブも内蔵しており、デスクトップパソコンの代わりとしてもおすすめのモデルです。

ストレージには1TBのHDDを採用。ソフトの起動速度はSSDと比較して劣りますが、コストが安く大容量なのが魅力です。撮影した写真などの画像ファイルを、たくさん保存しておきたい方には最適。また、CPUにインテルCore i3プロセッサーを搭載し、4GBのメインメモリを実装しているため、マルチタスク処理も可能です。

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を採用しており、動画も迫力のある画面で楽しめます。基本機能が充実し、価格も手頃なエントリーモデルです。

ノートパソコンのおすすめモデル|ビジネス向け

パナソニック(Panasonic) Let’s note RZ シリーズ CF-RZ8CFMQR

パナソニック(Panasonic) Let's note RZ シリーズ CF-RZ8CFMQR

ディスプレイを360°回転させることで10.1型タブレットとしても使える、2in1ノートパソコンです。CPUにインテルCore i5プロセッサーを搭載。メモリは8GB、ストレージには256GBのSSDを搭載しているなど、コンパクトサイズながら高性能なスペックとなっています。

データ通信規格のLTE(4G)に対応しているのもポイント。別売りのSIMカードを挿入すれば、Wi-Fiが使えないところでもネットにつなげられます。大容量の本体バッテリーを使用するため、Wi-Fiルーターやスマホを経由して通信するときと比べて、長時間利用できるのも魅力。出先でも安心して作業に集中できます。

また、落下実験や加圧振動実験を行うなど、耐久性に力を入れているのも特徴。出張が多い方や仕事を持ち帰ることが多い方も、安心して持ち運べます。場所を問わずに作業したいビジネスパーソンにおすすめの高性能ノートパソコンです。

ヒューレットパッカード(HP) ENVY 13-ah0011TU-OHB 4JA37PA-AAAB

ヒューレットパッカード(HP) ENVY 13-ah0011TU-OHB 4JA37PA-AAAB

性能だけではなく、見た目にもこだわったヒューレットパッカードのENVYシリーズ。あらゆるビジネスシーンに対応できるシャープなフォルム、高級感のあるアルミニウムボディ、ワンポイントとしてダマスカス模様や幾何学模様をあしらうなど、おしゃれなノートパソコンです。

CPUは、マルチタスクもスムーズに行える第8世代のCore i5プロセッサーを搭載しています。メモリは8GB。ストレージは256GBのSSDで、OSを約10秒で立ち上げることが可能。すぐに作業を始められるのが魅力です。

ディスプレイは13.3型、重さは約1.27kgと持ち運びに便利なサイズ。Officeソフトの「Microsoft Office Home & Business 2016」がインストールされているので、WordやExcelを仕事で使う方におすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 2 LQN-00055

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 2 LQN-00055

マイクロソフトが展開している高性能なノートパソコン「Surface Laptop 2」。前モデルはOfficeソフトが「Office Home & Business 2016」だったのに対して、本モデルは最新の「Office Home & Business 2019」にバージョンアップしているのが特徴です。

ディスプレイは13.5型とスタンダードなサイズ。マルチタッチに対応しており、画面をタッチすることでスマートフォンやタブレットのように直感的に操作することが可能です。また、別売りのSurfaceペンを使えば手書き感覚でメモを取ったり、イラストを描いたりすることもできます。

CPUは第8世代のインテルCore i5プロセッサーを搭載。メモリは8GBで、ストレージは256GBのSSDを採用しています。バッテリーは最大14.5時間の高スタミナ仕様。出先でPC作業に集中できるのはもちろん、息抜きに動画コンテンツを楽しむこともできます。プライベートシーンでも大活躍するおすすめの高性能ノートパソコンです。

アップル(Apple) MacBook Air MRE92J/A

アップル(Apple) MacBook Air MRE92J/A

リニューアルしたAppleの軽量ノートパソコン「MacBook Air」。クリエイティブな職場で選ばれているMacBookシリーズのうち、価格を抑えたモデルです。13.3インチのRetinaディスプレイを搭載しているのが特徴で、小型ながら2560×1600の解像度のRetinaディスプレイを実現。高画質な動画や画像を楽しめるのはもちろん、文字もシャープに表示できます。

CPUには、第8世代のインテルCore i5プロセッサーを搭載。メモリは8GBで、ストレージも256GBのSSDを積んでいるなど、Windowsパソコンと比べるとミドルスペック程度の性能です。WEBサイトの閲覧はもちろん、文書作成、プレゼン資料の編集なども快適に行えます。

また、指紋センサーの「Touch ID」を搭載しているのもポイント。指でセンサーに触れるだけでパスワードを入力せずにロックの解除ができます。独自開発のセキュリティチップ「T2」と相まって、高いセキュリティ性能を実現。Macデビューする方にもおすすめのノートパソコンです。

エイサー(Acer) Swift3 SF314-56-H58U/R

エイサー(Acer) Swift3 SF314-56-H58U/R

フルHD表示が可能な、14型IPS液晶を搭載したノートパソコンです。幅6.3mmの薄型ベゼルを採用しており、仕事でも動画鑑賞でも大画面に集中できます。大きな液晶を搭載していますが、厚さ17.95mmと薄型ボディーのため、カバンの中でもかさ張らず持ち運びしやすいのが魅力です。

最長12時間も稼働する、ロングライフバッテリーを内蔵。コンセントがない場所でも1日中安心して使えるので、外回りの多いビジネスマンにおすすめです。また、Windows Hello対応の指紋認証システムを搭載しており、仕事上の重要なデータを安心して持ち歩けます。

また、インテルCore i5プロセッサーと、8GBのメインメモリを搭載。メールの確認からプレゼン資料や書類の作成まで、一般的なビジネス用途に幅広く対応できるモデルです。

ノートパソコンのおすすめモデル|ゲーム向け

エイスース(ASUS) FX505GD-I5G1050

エイスース(ASUS) FX505GD-I5G1050

GPUにNVIDIAの「GeForce GTX 1050」を搭載したゲーミングノートパソコン。液晶は15.6インチのフルHDディスプレイを採用し、大きさは360×25.8×262mm、重さは約2.2Kgと、ゲーミングノートパソコンとしては持ち運びやすいサイズ感にまとまっているのが特徴です。

OSは「Windows 10 Home」をプリインストール。CPUはCore i5 8300H、メモリは8GB、ストレージは1TBのHDDと16GBのOptaneメモリを備えています。

また、冷却システムが優秀なのもポイント。専用のダストホールによってホコリを排出する仕組みを採用しているので、使用シーンが高温多湿であっても安心して作業できます。耐衝撃性に優れ、耐久性も良好。外出先でもタフに使えるゲーミングノートパソコンを探している方におすすめの1台です。

エムエスアイ(MSI) GTシリーズ GT75 8RG-009JP

エムエスアイ(MSI) GTシリーズ GT75 8RG-009JP

MSIのゲーミングノートパソコンで最上位クラスの「GTシリーズ」。本モデルはCPUに第8世代のインテルCore i9プロセッサーを搭載しているのが特徴です。NVIDIA GeForce GTX 1080と相まって、3Dゲームはもちろん、VRゲームに至るまでストレスフリーに遊べます。

ディスプレイは、17.3インチのフルHD液晶パネルを搭載。リフレッシュレートは120Hzとゲーミングディスプレイ並みの性能で、FPSやレースゲームのようにスピーディーな映像も滑らかに映し出せます。

また、「GT75シリーズ」には薄型メカニカルキーボードが搭載されているのも魅力。キー入力を反映するアクチュエーションポイントを浅くすることで、高速入力に対応しています。高性能なゲーミングノートパソコンのなかでも、特にスペックの高いおすすめのノートパソコンです。

デル(Dell) ALIENWARE m17

デル(Dell) ALIENWARE m17

さまざまなゲームを楽しめるノートパソコンです。インテルCore i9プロセッサーとNVIDIA GeForce RTX 2080の組み合わせにより、3DやVRゲームも快適にプレイ可能。また、メインメモリも16GBと、余裕のある容量を搭載しています。

4K表示が可能な17.3インチIPS液晶を採用。薄型ベゼルで画面に集中しやすく、ゲーム映像への没入感を得られやすいのが魅力です。熱伝導のよい銅素材を採用したヒートパイプや、90枚以上の羽をもつファンなど、高性能な部品から発生する熱を効率的に逃す工夫が施されています。

部品の過度な温度上昇を抑え、安定して高い性能を引き出せるため、長時間プレイすることが多いゲーマーにもおすすめのモデルです。

ギガバイト(GIGABYTE) AORUS AI

ギガバイト(GIGABYTE) AORUS AI

本製品はインテルCore i7プロセッサーと、NVIDIA GeForce GTX 2060を搭載したノートパソコンです。ゲーミングノートとしては比較的購入しやすい価格が魅力。さまざまなゲームが快適に楽しめる、お手頃価格の製品を探している方におすすめです。

15.6インチの液晶には、リフレッシュレート144Hzのパネルを採用。動きの激しい3Dゲームでも、ちらつきが少なく滑らかな映像を表示できます。

2基の大型ファンに6本のヒートパイプ、さらにCPU・GPUそれぞれ独立した冷却専用パイプを備えるなど冷却システムも強力。長時間の使用でもプロセッサーの性能を維持できるため、快適にゲームを続けられます。

ノートパソコンのおすすめモデル|動画編集・画像編集向け

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 2 HNR-00010

マイクロソフト(Microsoft) Surface Book 2 HNR-00010

高性能デスクトップパソコン並みのパフォーマンスを実現した、マイクロソフトのハイスペックノートパソコン「Surface Book 2」。ボタンひとつでディスプレイを簡単に取り外すことができ、タブレットとしても使える2in1タイプです。

15型の大型ディスプレイなので視認性も抜群。タッチ機能を搭載しており、スタイラスペンの「Surfaceペン」や、ホイール型デバイスの「Surface Dial」と組み合わせることで、本格的な液晶タブレットとしても使えます。

第8世代のインテルCore i7と、NVIDIA GeForce GTX 1060を搭載。WEBサイトの閲覧をはじめ、画像編集や動画編集といった負荷のかかる作業もサクサクと行えます。デザイナーやアーティストの方にもおすすめのノートパソコンです。

アップル(Apple) MacBook Pro MR942J/A

アップル(Apple) MacBook Pro MR942J/A

MacBookシリーズのなかで最もハイスペックなノートパソコンです。CPUはインテルCore i7。メモリは16GBで、複数のソフトウェアを開きながらスムーズに作業できます。メモリは最大32GBに増設可能。プロの開発環境でも使える高性能モデルです。

MacBook Proには、高画質な「Retinaディスプレイ」が搭載されているのがポイント。MacBookシリーズのなかで最もグレードの高いディスプレイであり、従来のモデルと比べて色がより鮮やかに表示されるほか、高いコントラスト比によって明暗をしっかりと描くことが可能です。

キーボード上部には、ファンクションキーの上位互換である「Touch Bar」を搭載。タップして明るさを変更したり、スライドしてタブを切り替えたりと、直感的に操作できます。プロのクリエイターはもちろん、作業効率を向上させたいMacユーザーにもおすすめです。

デル(Dell) XPS 9575

デル(Dell) XPS 9575

液晶画面を360°反転させることで、タブレットのようにも使えるノートパソコンです。デルのハイエンドシリーズにあたり、Core i7プロセッサーと16GBのメインメモリを搭載。動画・画像編集など、高い負荷のかかる処理を高速でこなします。

ストレージも512GBのSSDを搭載していますが、さらに容量が必要な場合は、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cポートに外付けドライブを接続しましょう。40Gb/sの高速データ転送が可能なため、大容量の動画ファイルでも、ストレスなくやり取りできます。

また、本体の位置がデスク上なのか膝の上なのかを判別し、内部温度の調整を行うのもポイント。膝の上では熱くなり過ぎず快適に、デスク上ではパフォーマンス優先で動作するなど、状況に応じた最適管理ができるので便利です。