スマホ全盛期の現在でも、あると便利な「ノートパソコン」。特にマルチタスクが前提のビジネスシーンでは、高性能なノートパソコンを使えば作業効率が向上します。

ビジネス用途で使用するなら、コンピューターの頭脳に当たるCPUが「Core i5」以上のモノを選ぶのがおすすめ。そこで今回は、Core i5のメリットやCore i5搭載ノートパソコンのおすすめモデルをご紹介します。

Core i5とCore i7の違い

Core i5

By: amazon.co.jp

ExcelやWordなどのソフトを使用するだけでなく、ソフトをマルチタスクで実行する場合や動画編集などの重い処理を行いたいなら、Core i5がおすすめ。一般的に処理速度に直接的な影響を及ぼす「コア数」が多く、ソフトが軽快に作動します。

一方、上位モデルのCore i7と比べると、通常の使い方では1万円以上の価格差を埋めるほどのメリットを感じられないことも。CPUを低価格なCore i5にして、その分SSD容量を増やしたり、追加の周辺機器などを購入したりするほうが、利便性が高まる場合もあります。

コストを抑えた性能のよいモデルを探している方や、CPUよりもほかの機能を充実させたい方にはCore i5を搭載したノートパソコンがおすすめです。

Core i7

By: amazon.co.jp

頻繁に動画のエンコード作業をする方や、CPUをオーバークロックしてゲームをプレイしたい方には、Core i7がおすすめです。

コア数はCore i5と同等ですが、処理を複数に分けて同時に処理するスレッドを2倍にする「ハイパースレッディング・テクノロジー」に対応するなど、処理速度を高める機能が備わっています。予算よりも性能を重視する方は、Core i7を搭載したノートパソコンをチェックしておきましょう。

Core i7のノートパソコンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Core i5搭載ノートパソコンの選び方

スペックはCore i5/8GB/256GBを目安に

By: microsoft.com

ノートパソコンを選ぶ際、CPUは「Intel Core i5」、メモリは「8GB RAM」、ストレージは「256GB SSD」の組み合わせがひとつの基準となります。スペックを満たしたノートパソコンは「鉄板構成」とも呼ばれ、さまざまな用途で快適に動作することから、最近では多くのモデルで採用されている組み合わせです。

鉄板構成のノートパソコンは、全体的なスペックが高いため、インターネットや動画を見たり、WordやExcelを使って資料を作成したりする程度なら快適に使用可能。負荷の少ない画像・動画編集も行えます。

ゲーミングや動画編集ならGPUのスペックもチェック

By: asus.com

ノートパソコンをゲーミングや動画編集目的で使うなら、画像を処理する専門のパーツ「GPU」のスペックもチェックしておきたいポイント。ほかのパーツとの兼ね合いもありますが、基本的には高性能なGPUを搭載しているモデルほど、複雑な映像をスムーズに描画可能です。

選び方の目安としては、処理の重い動画編集や3Dゲームをサクサク快適に楽しみたいなら、NVIDIA社の「GeForce GTXシリーズ」などの高性能なGPUを搭載したモデルがおすすめ。

負荷の軽い動画編集やオンラインゲームを楽しむ程度なら、高性能なGPUは必要なく、オンボードグラフィックでも十分快適に使えるといわれています。

サイズをチェック

By: lavie.jp

ノートパソコンのサイズは後から変更できないので、購入前に確認しておくことが重要です。持ち運んで使用するなら、11~13インチのモデルがおすすめ。最近では、13インチで重量1kgを下回るモデルもラインナップされています。

室内での使用が前提の場合は、液晶画面が大きいモデルがぴったり。また、サイズの大きいノートパソコンは、USB端子や外部出力端子が充実しているのが一般的です。

最近では2in1モデルも人気

By: microsoft.com

ノートパソコンをタブレット端末のようにも使える、2つのモードを備えた製品は「2in1」モデルと呼ばれています。360°回転可能な液晶ディスプレイを搭載しているのが特徴です。

オフィスではノートパソコンモードで効率的に事務作業を行うことが可能。移動中や訪問先では、コンパクトなタブレットモードで情報を確認したり資料を閲覧したりと、状況に応じて使い分けができるので重宝します。タッチ機能を搭載しており、指や専用ペンを使用して直感的な操作ができるのも魅力です。

そのほか、ソファでくつろぎながらタブレットモードで動画を視聴するといった使い方も可能。ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍するため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Core i5搭載ノートパソコンのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: microsoft.com

世界中で普及している「Windows OS」を開発提供しているメーカー。ビジネスの定番ソフト「Office」を展開していることでも有名です。自社でも「Surface」ブランドでさまざまな種類のパソコンを展開しています。薄型でスタイリッシュなデザインを採用したモデルが多いのが特徴です。

携帯性に優れた高性能なモデルに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

1939年に設立された、パソコンやプリンター製品を手がけるアメリカのメーカー。ノートパソコンにおいては、手頃な価格のエントリーモデルから、ゲームも快適に楽しめる「Pavilion Gamingシリーズ」まで、幅広いラインナップが魅力です。

製品の特徴別にブランド分けがされているため、目的に合ったモデルが選びやすいのもポイント。最近人気の2in1モデルも取り扱っているので、ビジネスからプライペートまでフル活用したい方は要チェックです。

デル(Dell)

By: dell.com

コスパに優れたパソコンを販売していることで人気のメーカーです。初心者におすすめの手頃な価格の製品から、高性能なゲーミングモデルまで、幅広く取り扱っています。

また、ノートパソコンにおいては、多数のシリーズを展開。エントリーモデルとしてもおすすめの「Inspiron」や、動画編集に適した「Dell G」など、目的別に分けられているのが特徴です。さまざまな用途に応じた製品が見つけやすいので、ぜひチェックしてみてください。

Core i5搭載ノートパソコンのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go THH-00034

軽くて持ち運びがしやすいモデルを探している方におすすめ

軽量で持ち運びに便利なCore i5搭載ノートパソコンです。タッチスクリーンに対応した12.4インチのディスプレイを採用しており、278.18×205.67×15.69mmのスリムなサイズを実現。本体重量は1.11kgと軽いので、携帯時にかかる負担も軽めです。

また、コンパクトながらトラックパッドが大型で、フルサイズのキーボードを搭載しているのもポイント。入力作業を快適に行いたい場合にも適しています。本製品には「Office Home & Business 2019」も付属。ビジネスシーンで使用するだけでなく、学生のレポート作成にも便利です。バッテリーでの駆動時間は最大13時間。屋外で使用する頻度が高い場合にもおすすめです。

インターフェイスには、USB Type-A・Type-C・ヘッドホンジャックを搭載。幅広い機器との接続に対応できる点も魅力です。また、720pのHDフロントカメラやDolby Audioに対応したスピーカーも搭載。クリアな音声でオンラインチャットが楽しめるのも特徴です。

ヒューレット・パッカード(HP) HP 15s 206P5PA-AAAA

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を搭載したノートパソコンです。ホームユースに適した製品を探している方におすすめのモデル。第10世代のプロセッサと8GBのメモリを実装しているため、通常の用途であれば快適に使用できます。また、SSDを採用しているので、OSやアプリの起動も高速です。

USB Type-A・Type-C・HDMI・SDカードスロットを搭載するなど、インターフェースは充実。デジカメで撮影した写真を直接取り込んだり、外部モニターを接続したりと多様なシーンで活躍します。Windows Hello対応の指紋認証センサーを採用しているため、画面のロックを解除するたびにパスコードを入力する手間がかからないのも魅力です。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Spectre x360 13 2S9M6PA-AAAA

360°回転するヒンジを備えた、2in1タイプのノートパソコンです。レポートや長文のメールを作成するときはラップトップ、ソファでくつろぎながらネットサーフィンを楽しむ際はタブレットと、用途に応じて切り替えられるのが特徴。ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍するモデルです。

最大15時間駆動するロングライフバッテリーを搭載しているため、ACアダプターを持ち歩く面倒がなく、長時間外出先で使えます。

WPS Officeが付属しているのも本モデルの魅力。Microsoft Officeとの互換性も高いので、会社から持ち帰った資料を確認したり、修正したりする場面で重宝します。

デル(Dell) Inspiron 13 5310 MI553A-BNFLBC

13.3インチの液晶を搭載した、コンパクトでスタイリッシュなモデルです。アスペクト比が16:10のパネルを採用しているのが特徴。ウェブサイトやスプレッドシートといった縦長の画面を見る際に、より広い範囲を見渡せるので重宝します。また、QHD+(2560×1600ピクセル)の解像度を備えるなど、視認性は良好です。

厚さ15.9mmの薄型設計がされているのも本モデルの魅力。重さは約1.28kgと軽量なため、容易に持ち運ぶことが可能です。USB Type-AやHDMIに加え、Thunderbolt 4に対応したポートを2つ搭載しています。

デル(Dell) XPS 13 9305

筐体にアルミ素材を採用したノートパソコンです。削り出しによるスタイリッシュなデザインが特徴。さらに、パームレスト部にはカーボンファイバー素材を使用するなど、軽量で強度の高いボディを実現しています。持ち運ぶ機会が多い方におすすめのモデルです。

13.3インチの液晶は3辺に狭額ベセルを採用。ベゼルの存在が気になりにくいため画面に集中できます。また、400ニットの高輝度パネルを搭載しているので、明るい屋外でも画面をしっかり見ることが可能です。Officeソフトが付属しているのも本モデルの魅力。ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍します。

エイスース(ASUS) ASUS ZenBook 13 UX325EA UX325EA-EG109TS

スリムで軽量な、携帯性に優れたCore i5搭載ノートパソコンです。本体の厚みは13.9mm。重量約1.15kgなので、カバンに入れて気軽に持ち運べます。バッテリーでの駆動時間は約13.9時間。急速充電に対応しているため、約49分でバッテリーを60%まで充電できます。

13.3インチのディスプレイ上部には、赤外線IRカメラを搭載。顔認証ログインが可能で、セキュリティ性にも優れています。本製品は、米国軍事規格であるMIL規格に準拠した堅牢なボディを採用しているのもポイント。安心して持ち運べるノートパソコンを求めている方におすすめです。

エイスース(ASUS) ExpertBook B9 B9450FA-BM0502T

14インチのフルHD液晶を搭載したノートパソコンです。重さが約0.995kgと非常に軽量なのが特徴。厚さも14.9mmと薄型設計のため、カバンやリュックの中でかさばりにくく、容易に携帯できます。毎日の通勤で、楽に持ち運べる製品を探している方におすすめのモデルです。

ロングライフバッテリーを内蔵しているのも本モデルの特徴。約31.6時間連続で駆動するので、1日中外回りをするようなシーンでも電池残量を心配する必要はありません。米国軍事規格「MIL-STD 810G」に適合しており、耐久性が高いのもポイントです。

日本電気(NEC) LAVIE Pro Mobile PM550/BA

安心して携帯できるCore i5搭載のノートパソコンです。天板と底面にカーボン素材を採用。軽さと堅牢性を両立しているのが特徴です。本体の重量は約0.889kgと軽量。携帯性に優れているにもかかわらず、面加圧試験や点加圧試験、落下試験などの耐久テストをクリアしており安心して持ち運べます。

第11世代のCore i5-1135G7は、処理性能だけでなく省電力性能も優れているのが特徴。バッテリーでの駆動時間は約24時間なので、外出先で長時間使用する場合にもおすすめです。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 550i 14型 第10世代インテル

スタイリッシュなデザインとパワフルな性能が魅力的な、Core i5搭載ノートパソコンです。14インチのディスプレイは、4辺狭額仕様。映像への没入感を高められるので、動画や映画の鑑賞にもおすすめです。

キーボード横に搭載されているスピーカーは、Dolby Audio対応。臨場感あふれる高音質なサウンドが再生できます。インターフェイスには、USB Type-Aを2基とType-Cを1基搭載。HDMIも備えているため、外部モニターに映像を出力したい場合にも適しています。

エイサー(Acer) Aspire 3 A315-56-H54U/KA

第10世代のCore i5プロセッサと4GBメモリを組み合わせた、手頃な価格が特徴のノートパソコン。気軽に購入できる、ホームユース向けの製品を求める方におすすめのモデルです。

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を搭載しているため、大きな画面でネットサーフィンや動画の視聴が楽しめます。また、表面にノングレア処理が施されているなど視認性は良好です。

テンキー付きのキーボードを採用しているのも本モデルの特徴。数字の入力がしやすいので、家計簿などをつける際に重宝します。大画面モデルにもかかわらず約1.69kgと比較的軽量なため、リビング・キッチン・寝室など好きな場所へ持ち運んで使用することが可能です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LG gram 16Z90P-KA54J1

大容量バッテリーを搭載したCore i5搭載のノートパソコンです。バッテリーでの駆動時間は最大30時間。屋外で使う頻度が高い場合にはもちろん、出張や旅行に携帯するノートパソコンとしてもおすすめです。

16インチのディスプレイを採用しながら、本体重量は1.19kgと軽量なのも魅力。携帯時の負荷も軽めです。解像度は2560×1600のWQXGA相当。精細な映像を楽しめるだけでなく、小さな文字もしっかりと表示できます。

インターフェイスには、HDMI・Thunderbolt 4・USB Type-A・ステレオミニジャックなどを搭載。データの保存や読み込みに便利なmicroSDカードスロットを備えている点もおすすめです。

Core i5搭載ノートパソコンのおすすめ|ゲーム・動画編集向け

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Gaming 15 インテル

パワフルな映像処理性能を備えた、Core i5搭載のゲーミングノートパソコンです。CPUには第10世代のCore i5-10300H、GPUにはNVIDIAのGeForce GTX 1650を採用。ゲームプレイだけでなく、動画編集も快適に行いたい方に適しています。

15.6インチのフルHDディスプレイは、144Hzのリフレッシュレートに対応。滑らかなゲームグラフィックが楽しめる点もおすすめです。

デル(Dell) Dell G15 5511 NG55A-BNL

フルHD解像度の15.6インチ液晶を搭載したゲーミングノートパソコンです。NVIDIAのGPU「GeForce RTX 3050」を実装しているのが特徴。ゲームの美しいグラフィックを楽しめます。

さらに、高性能な冷却システムを搭載しており、長時間のゲームプレイにもおすすめ。ゲームが白熱するシーンで活躍する「Game Shiftテクノロジー」を採用しています。ターボブーストモードを起動させることで、ファンの速度を最大化し、プロセッサーの動作を高めることが可能です。

エイスース(ASUS) ROG Strix G15 G512LI G512LI-I5G1650TF

144Hzのリフレッシュレートに対応したCore i5搭載のゲーミングノートパソコンです。フルHD解像度の高速駆動液晶を採用。滑らかなゲームグラフィックを表示できるのが魅力です。USB Type-C端子を利用した映像出力のほか、HDMIやDisplayPortも使用可能。外部モニターに高画質で画面出力できる点もメリットです。

本体内部には、複数のヒートパイプと0.1mmのスリムなフィンを189枚採用した冷却システムを搭載。高性能なファンも2基付いており、CPUやGPUが発する熱を効率よく冷却できます。第10世代のCore i5は4コア8スレッド。GPUには、NVIDIAのGeForce GTX 1650 Tiが採用されています。

メモリは16GB搭載されているので、マルチタスク作業にもぴったり。ストレージにはデータ転送速度に優れたSSDが使われており、512GBの容量を備えています。

レノボ(Lenovo) Legion Y7000

NVIDIAのGPU「GeForce GTX 1650」を搭載したゲーミングノートパソコンです。最大144Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しており、滑らかな映像を楽しめます。8GBのメモリや512GBのSSDを実装するなど、基本性能が充実しているのも特徴です。

また、「デュアルチャネルサーマルシステム」を採用しているのも魅力。2基のファンを搭載しており、CPUとGPUを個別に冷却します。熱によるパフォーマンスの低下を軽減したい方におすすめです。