スマホ全盛期の現在でもあると便利な「ノートパソコン」。特にマルチタスクが前提のビジネスシーンでは、高性能ノートパソコンがあると作業効率があがります。

これらの用途で使用するなら、コンピューターの頭脳に当たるCPUは「Core i5」以上のモノにするのがベスト。そこで今回は、Core i5のメリットとCore i5搭載ノートパソコンのおすすめモデルをご紹介します。

Core i5とCore i7の違い

Core i5

By: amazon.co.jp

ExcelやWordなどのソフトを使用するだけでなく、ソフトをマルチタスクで実行する場合や動画編集などの重い処理を行いたいならCore i5が必須。グレードが劣るCore i3と比べて、処理速度に直接的な影響を及ぼす「コア数」が多く、ソフトが軽快に作動します。

一方、上位モデルのCore i7と比べたとき、通常の使い方では1万円を超える価格差を埋めるほどのメリットを感じられないことも。CPUを低価格なCore i5にして、その分SSD容量を増やしたり追加の周辺機器などを購入したりしたほうが、利便性が高まる場合もあります。

コストを抑えた性能のよいモデルを探している方、CPUよりもほかの機能を充実させたい方はCore i5がおすすめです。

Core i7

By: amazon.co.jp

頻繁に動画のエンコードなどの作業をする方や、CPUをオーバークロックしてゲームをプレイしたいと考えている方にはCore i7がおすすめです。

コア数はCore i5と同等ですが、処理を複数に分けて同時に処理するスレッドを2倍にする「ハイパースレッディング・テクノロジー」に対応するなど、処理速度を高める機能があります。予算よりも性能を求める方はCore i7をチェックしておきましょう。

Core i7のノートパソコンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Core i5搭載ノートパソコンの選び方

スペックはCore i5/8GB/256GBを目安に

By: microsoft.com

ノートパソコンを選ぶ際には、CPUは「Intel Core i5」、メモリは「8GB RAM」、ストレージは「256GB SSD」の組み合わせがひとつの基準になってきます。これらスペックを満たしたノートパソコンは「鉄板構成」とも呼ばれ、あらゆる用途で快適に動作することから最近では多くのノートパソコンがこの組み合わせを採用しています。

鉄板構成のノートパソコンは、全体的なスペックが高いため、インターネットや動画を見たり、WordやExcelを使って資料を作成したりする程度なら快適に使用可能。負荷の少ないちょっとした画像や動画編集にもストレスなく使えます。

ゲーミングや動画編集ならGPUのスペックもチェック

By: asus.com

ノートパソコンをゲーミングや動画編集で使うなら、画像を処理する専門のパーツ「GPU」のスペックも重要なポイントです。ほかのパーツとの兼ね合いもありますが、基本的には高性能なGPUを搭載しているモデルほど、複雑な映像をスムーズに描画することが可能になります。

選び方の目安として、処理の重い動画編集や3Dゲームをサクサク快適に楽しみたいならNVIDIA社の「GeForce GTXシリーズ」や、AMD社の「Radeon RXシリーズ」など高性能なGPUを搭載したモデルがおすすめ。逆に負荷の軽い動画編集やオンラインゲームを楽しんだりする程度なら、高性能なGPUは必要なく、オンボードグラフィックでも十分快適に動きます。

サイズをチェック

By: lavie.jp

サイズは後から変更できないので、購入前の確認が重要。持ち運んで使用するなら、11~13インチがおすすめ。最近のノートパソコンは、13インチでも重量1kgを下回るモデルがラインナップされています。

一方、室内での使用を前提とするなら、液晶画面は大きいに越したことはありません。また、サイズの大きいノートパソコンになるとUSB端子や外部出力端子が充実しています。

最近では2in1モデルも人気

By: microsoft.com

ノートパソコンだけでなくタブレット端末のようにも使える、2つのモードを備えた製品は「2in1」モデルと呼ばれています。360°回転可能な液晶ディスプレイを搭載しているのが特徴。

オフィスではノートパソコンモードで効率的に事務作業をこなすことが可能です。また、移動中や訪問先ではコンパクトなタブレットモードで情報を確認したり資料を閲覧したりと、状況に応じて使い分けができるので重宝します。タッチ機能を搭載しており、指や専用ペンを使用して直感的な操作ができるのも魅力です。

ほかにも、ソファでくつろぎながらタブレットモードで動画を視聴するといった使い方も可能。ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍する人気の製品なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

i5搭載ノートパソコンのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: microsoft.com

現在、世界で最も普及している「Windows OS」を開発提供しているメーカー。ビジネスの定番ソフト「Office」を展開していることでも有名です。自社でも「Surface」ブランドでさまざまな種類のパソコンを展開しています。どのモデルも薄型でスタイリッシュなデザインが特徴。

ノートパソコンをはじめ2in1やディスプレイ分離型など、タブレットモードでの使用を前提に設計された製品を数多くラインナップしています。携帯性にも優れた高性能なモデルに興味がある方は、一度チェックしてみましょう。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

1939年に設立された、パソコンやプリンター製品の販売を手がけるアメリカのメーカーです。ノートパソコンは手頃な価格のエントリーモデルから、スタンダードの「Pavilionシリーズ」やゲームも快適に楽しめる「Pavilion Gamingシリーズ」など幅広いラインナップが魅力。

製品の特徴別にブランド分けがされているため、目的にあったモデルが選びやすくなっています。最近人気の2in1モデルも取り扱っているので、ビジネスからプライペートまでフル活用したい方も要注目です。

デル(Dell)

By: dell.com

コスパに優れたパソコンの販売で人気のメーカーです。初心者におすすめの手頃な価格の製品から高性能なゲーミングモデルまで、幅広いノートパソコンを取り扱っています。

Inspiron・XPS・Dell G・ALIENWAREと、4シリーズを展開。エントリーモデルとしてもおすすめのInspironや、動画編集に適したDell Gなど、目的別に分けられているのが特徴です。さまざまな要求に応じた製品が見つけやすいので、ぜひチェックしてみてください。

Core i5搭載ノートパソコンのおすすめモデル

デル(Dell) ノートパソコン Inspiron 15 3593

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を搭載したノートパソコンです。ホームユースにおすすめのモデル。「DELL CINEMAテクノロジー」を採用しており、映画や動画が綺麗な映像と迫力あるサウンドで楽しめます。価格が手頃なため初心者の方にもピッタリです。

512GBの大容量SSDを搭載しているのも特徴。多くのアプリやダウンロードしたコンテンツを保存できるため安心です。一般的な使い方であれば容量に不満を感じることはまずありません。

ただし、重量は約2.13kgと重いので、購入を考えている方はあらかじめ留意しておきましょう。頻繁に外へ持ち出すより、リビング・寝室・キッチンなど自宅の好きな場所で利用するのがおすすめです。

レノボ(Lenovo) ノートパソコン IdeaPad S145

プライベートはもちろんビジネスシーンでも活躍するモデルです。8GBのメモリを実装しているため多くのアプリが軽快に動作します。ノートパソコンながらテンキー付きのキーボードを採用しているのが特徴。スプレットシートや会計ソフトなど、数字入力の機会が多い方におすすめのモデルです。

フルHDタイプの15.6インチ液晶を搭載しており視認性は良好。ノングレア処理が施されているので、光の反射が気になりにくく画面に集中できます。ストレージは256GBのSSDと標準的な容量を実装。不足するようであれば外付けドライブを活用してみてください。USB 3.0規格対応のType-Aポートを備えているため、最大5Gbpsでの高速データ転送が可能です。

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP 14s-cf2000 3J148PA-AAAA

エントリーユーザーにおすすめのノートパソコンです。フルHD表示が可能な14インチワイド液晶を搭載。視野角の広いIPSパネルを採用しているため、斜め方向からでも鮮明な画像が見られます。家族や友人と一緒に、映画や動画を視聴するのにピッタリです。

インターフェースが充実しているのも本モデルの特徴。USB Type-AをはじめType-C・HDMI・SDカードスロットなどを搭載しています。さまざまな周辺機器が接続できるので便利です。フル充電で最大8時間30分動作するため、ACアダプターを持ち歩かなくてもネットサーフィンや動画がたっぷりと楽しめます。

エイスース(ASUS) ノートパソコン ZenBook Flip S UX371EA

フリップスタイルを採用した2in1モデルです。厚さが13.9mmで重さ約1.22kgと薄型・軽量設計が特徴。カバンやリュックの中でもかさばらず容易に持ち運ぶことが可能です。タブレットモードに切り替えれば、片手で持ちながら情報を確認したりタッチペンで書き込んだりできるので重宝します。

ディスプレイに4K有機ELを採用しているのも特徴。高精細かつ色再現性に優れた鮮やかな画面で、映画などのコンテンツが楽しめます。

エイスース(ASUS) ノートパソコン VivoBook S15 S531FA-BQ256TS

大容量ファイルをたくさん保存したい方におすすめのノートパソコンです。512GBのSSDに加え、1TBのHDDを搭載しているのが特徴。高解像度の写真やビデオを持ち運びたい方にもピッタリです。頻繁にアクセスするコンテンツは高速なSSD、利用頻度の少ないデータ類はHDDへ格納するなど使い分けができて重宝します。

microSDカードスロットを搭載しているので、デジカメやスマホで撮影した写真や動画を直接読み込めるのも魅力。シンプルかつスタイリッシュな見た目のため、デザインにこわだわりたい方にもおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop 3 13.5インチ V4C-00039

マイクロソフトが販売するラップトップタイプのノートパソコンです。10点マルチタッチスクリーンを搭載しているのが特徴。指や専用ペンによる直感的な操作ができるため、パソコンに不慣れな初心者の方でも安心です。8GBのメモリと256GBのSSDを搭載しているので、一般的な用途であれば快適に使用できます。

「Office Home and Business 2019」インストール用のプロダクトキーが同梱されているのも特徴。ビジネスシーンはもちろん、大学生のレボート作成などにも活躍します。また、Windows Helloの顔認証システムに対応しているなど、セキュリティ面でも安心して使えるモデルです。

日本電気(NEC) ノートパソコン LAVIE Direct PM YS-NG55-PX

外回りの機会が多いビジネス用途におすすめのノートパソコンです。nanoSIMカードスロットを搭載しており、LTE通信に対応しているのが特徴。Wi-Fi環境のない場所でもネットに接続することが可能です。移動中や訪問先でも、メールの送受信やウェブサイトでの情報収集が容易におこなえます。

Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cポートを備えているのも本モデルの特徴。モバイルデバイスへの急速充電や、外部モニターへの映像出力などができるので重宝します。Officeソフトが同梱されており、購入後すぐに使えるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) ノートパソコン Let”s note CF-QV9HDMQR

第10世代のCore i5プロセッサと、16GBの大容量メモリを組み合わせた高性能なノートパソコン。12インチ液晶を搭載した小型の2in1モデルです。マルチタスクを多用するビジネスシーンにも、しっかりと対応することが可能。また、タブレットモードでも使えるため、新幹線や飛行機での移動中に情報を確認するような場面で重宝します。

重さが約950gと軽量なのも特徴。毎日の通勤でも体への負担が少なく楽に持ち運べます。携帯性に優れたモデルを探している方にもピッタリです。

富士通(FUJITSU) ノートパソコン FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/D2

重さが約700gと非常に軽量なノートパソコンです。持ち歩く機会の多い大学生や社会人の方におすすめのモデル。約11.5時間駆動するロングライフバッテリーを搭載しているため、コンセントのない環境でも1日中安心して使用できます。

インターフェースが充実しているのも本モデルの特徴です。USB Type-A・Type-C・HDMI・SDカードスロットなどを搭載。Type-CポートはPower Delivery対応の充電端子として利用できるほか、外部モニターへの映像出力用途にも使えるので便利です。

有線LANポートを備えているため、Wi-Fi環境が整っていないオフィスでもネットワークへの接続が簡単におこなえます。

アップル(Apple) MacBook Air 13インチ

スリムでスタイリッシュなデザインが人気のノートパソコンです。厚さは16mm、重さは1.3kgと薄型で軽量。カバンやリュックの中でもかさばらす、簡単に持ち運ぶことが可能です。8GBのメモリを搭載しており、さまざまなアプリが軽快に動作します。

インターフェースは、3.5mmヘッドホンジャックとUSB Type-C×2のシンプルな構成。Type-CポートはThunderbolt 3規格に対応しているため、40Gbpsの高速データ転送が可能です。外付けドライブへのバックアップ作業がストレスなく実行できるので重宝します。

512GBの大容量SSDを搭載しているのもポイント。一般的な用途なら容量不足に悩みにくく、安心して使用できます。

Core i5搭載ノートパソコンのおすすめ|ゲーム動画編集向け

エイスース(ASUS) ZenBook 15 UX534FTC-A9060T

「ScreenPad 2.0」を搭載したノートパソコンです。頻繁に利用するアプリやショートカットなどを登録できる、多機能なタッチパッドを搭載。セカンドディスプレイとしても機能するなど、作業の効率化を図りたい方におすすめです。

16GBの大容量メモリとNVIDIAの「GeForce GTX 1650 Max-Q」を採用しており、負荷のかかる作業もしっかりとこなせます。15.6インチのフルHD液晶を搭載。4mm幅の狭額ベゼルを採用しているため、画面への高い没入感が得られます。

エイスース(ASUS) ROG Strix G15 G531GT-I5G1650N144

CPUにCore i5を採用したゲーミングノートパソコンです。ゲーミングノートパソコンのなかではリーズナブルなので、これからPCゲームを始めようと考えている方におすすめです。16GBのメモリと独立したGPU「GeForce GTX 1650」を搭載しており、多くのゲームがプレイできます。

144Hzの高リフレッシュレート液晶パネルを採用しているのもポイント。FPSなど動きの激しいタイトルでも滑らかに表示します。ゲーム映像に集中しやすいので便利です。

ヒューレット・パッカード(HP) OMEN by HP 15-dh0000 7LG91PA-AAAC

HPのゲーミングライン「OMEN」の15インチモデルです。256GBのSSDに加え1TBのHDDを採用しているので、多くのゲームを保存できます。頻繁にプレイするゲームはアクセスの速いSSDへ、過去にダウンロードしたタイトルはHDDへ保存するなど、用途に応じて使い分けられるので便利です。

GPUには「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti」を、メモリは16GB搭載しているので、快適にゲームをプレイできます。NVIDIAの「G-Sync」に対応しているのもポイント。ティアリングを抑えた見やすい映像でプレイできます。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-TUNE BC-15GNI84M2H1R26-184

NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX 2060」を搭載したノートパソコンです。「リアルタイムレイトレーシング」に対応しているのが特徴。光の反射や影の状況など、細かな情景を精密に描画できます。ゲーム映像の美しさを重視する方におすすめのモデルです。

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶には、144Hzの高リフレッシュレートパネルを採用。動きの激しいシーンも滑らかに表示することが可能です。

レノボ(Lenovo) ideapad L340

視認性に優れた15.6インチ液晶搭載のゲーミングノートパソコンです。GPUは「GeForce GTX 1650」、メモリは8GBを採用しているので、負荷の軽いゲームをプレイするのに適しています。

Officeソフトが同梱されているのも特徴です。書類やプレゼン資料を作成することが可能。購入後、すぐに使い始められるので重宝します。ゲームはもちろんビジネス用途で使える製品が欲しい方にもピッタリです。