書類や資料を作成するのに欠かせないのが「ビジネス向けノートパソコン」。会議で発表するなどのシーンでも活躍します。また、イラストや動画を制作するなど、クリエイティブ業にも役立つのが魅力です。

しかし、近年さまざまなモデルが登場しているため、どれを選べばよいか迷ってしまいがち。そこで本記事では、おすすめのビジネス向けノートパソコンをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーもご紹介します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ビジネス向けノートパソコンの選び方

スペックをチェック

CPUはCore i3以上

ビジネス向けのノートパソコンを選ぶ際、CPUを事前に確認しましょう。CPUとは、さまざまな作業を行うノートパソコンの頭脳のこと。Core i3の「3」のように、後ろに付く数字が大きいモノほど性能が高くなります。

文章や資料の作成など、ビジネスで最低限必要なスペックがあればよいという方は、CPUがCore i3のモデルを選びましょう。また、動画の作成や配信、コンテンツの制作などを仕事で行う方には、Core i7以上のハイエンドモデルがおすすめです。

GPUの有無は用途に合わせて

仕事で画像や映像を扱う機会が多い場合は、GPUが搭載されたビジネス向けノートパソコンを選びましょう。GPUは、画像を描写するために必要な計算を行う装置で、キレイな画像や映像を素早く表示するのに欠かせないパーツのひとつです。

一方で、GPU搭載モデルは発熱しやすかったり、稼働音が大きかったりするなどのデメリットがあります。仕事で画像や映像を扱うことがほとんどない場合は、GPUが搭載されていないモデルを選ぶのがおすすめです。

メモリは8~16GB以上

ビジネスで快適に使うには、メモリの容量にも注目しましょう。メモリとは、処理中のデータを一時的に保存する記録スペースのこと。メモリの容量が大きいほど、複数の作業が効率よく行えます。

書類を作成したり、資料としてWebサイトを表示したりする場合は、メモリが8GB以上のモデルを選ぶのがおすすめ。また、複数のソフトを立ち上げながら仕事をする機会が多い方は、メモリが16GB以上あるモデルを選ぶと快適に作業できます。

ストレージは500GB以上のSSD

データを多く保存したい方は、ストレージも事前に確認しておきましょう。ストレージには、HDDとSSDの2種類が存在します。HDDは容量が大きく安価である一方で、読み書きのスピードがやや遅いのがデメリットです。ビジネス用途で使いたい方は読み書きが速く、動作が軽いSSD搭載のモデルを選びましょう。

ストレージの容量がなくなると、データが保存できなくなったり動作が遅くなったりする場合があります。そのため、容量が500GB備えたモデルを選ぶと安心です。

OSはセキュリティ性を重視するならProを

By: amazon.co.jp

セキュリティ性を重視したい方は、OSに「Windows Pro」が採用されているビジネス向けのノートパソコンを選びましょう。Proでは、ユーザーアカウントが一括管理できるドメインログインなど、セキュリティ性を向上させる機能が備わっています。

また、情報漏えいのリスクが低減できるBitlockerや、離れた場所にあるノートパソコンを遠隔操作するリモートデスクトップが利用できるのもポイント。重要な資料やデータを取り扱う機会が多い方におすすめです。

ディスプレイのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

ビジネス向けのノートパソコンを選ぶ際、ディスプレイのサイズもあわせて確認しておきましょう。ディスプレイのサイズは対角線の長さを基準としたインチで表されます。また、ディスプレイのサイズによって、本体のサイズも左右されるのが特徴です。

出張先や取引先などへノートパソコンを持ち運ぶ機会が多い方には、ディスプレイサイズが13インチ以下のモデルがおすすめ。また、持ち運ぶ機会が少なく、快適に作業できるモデルを探している方は15インチ以上のモデルが適しています。

クリエイターなら画質や色域をチェック

By: biccamera.com

イラストを作成したり動画を制作したりするクリエイティブ系の用途で使いたい方は、画質の高さも重要なポイント。なかでも、有機ELモデルは画質やコントラストが高く、残像感も少ないのがおすすめです。

また、色域の広さも確認したい点。色域は、人間が視認できる範囲内でノートパソコンが再現できる色の範囲を指します。色域が広いモデルほど、より多くの色を表示可能です。

持ち運びたいなら軽量なモデルを

By: panasonic.jp

ノートパソコンを持ち運ぶ機会が多い方は、本体重量が軽いモデルを選びましょう。軽量なモノを選びたい場合は、本体重量が1.3kg程度のモデルを選ぶのがおすすめです。1.5kg以上のモデルは持ち運ぶ際に、負担になりやすいので注意しましょう。

また、近年では手軽に携行しやすい1kg程度の軽量なモデルも展開されています。一方で、耐久性や機能性など、スペックが低い傾向にあるので購入前に確認しておきましょう。

バッテリー連続駆動時間をチェック

By: amazon.co.jp

外出先などでノートパソコンを使う機会が多い方は、バッテリーの連続駆動時間も事前にチェックしておきましょう。電源が確保できない場所で使用する場合、使用時間の1.5〜1.7倍程のバッテリー駆動時間があると安心です。

例えば、外出先で6時間使用する場合は、10時間以上のバッテリー連続駆動時間を有するモデルを選ぶのがおすすめです。一方、自宅やオフィスなどの電源を確保できる場所で使用する機会が多い場合は、駆動時間をそこまで気にせずに選べます。

USBポートなど搭載しているインターフェースをチェック

By: hp.com

USBポートなどのインターフェースを備えているかも確認しておきましょう。複数のUSBポート搭載したモデルは、さまざまな外部機器と接続が可能。外付けSSDなどで容量を増やしたい方などにもおすすめです。

また、HDMI端子を搭載したモデルは、プロジェクターや大画面ディスプレイなどと接続できます。資料やデータなどを大きく表示する会議やプレゼンなどでの使用にぴったりです。

デザインをチェック

By: nec-lavie.jp

ビジネス向けのノートパソコンを購入する際は、デザイン性も要チェック。スタイリッシュなデザインのモデルも多く展開されており、自宅やオフィスなど、さまざまな場所に馴染みやすいのが特徴です。

また、メーカーによってさまざまなデザインがラインナップされているのもポイント。カラーも豊富なので、自分の好みに合ったモデルを選びやすいのが魅力です。

ビジネス向けノートパソコンのおすすめメーカー

ヒューレット・パッカード(HP)

By: amazon.co.jp

「ヒューレット・パッカード」はパソコンや周辺機器の製造、ソリューション事業などを展開している企業です。事業だけでなく、温室効果ガス排出量の低減や人権が尊重される場所作りなどの活動にも力を入れています。

ヒューレット・パッカードのノートパソコンは、幅広いビジネスに対応できる「Pro」や、ハイエンドモデルの「Elite」など、シリーズ分けされているのが特徴。ニーズに合わせて選びやすいのが魅力です。

エムエスアイ(MSI)

By: msi.com

「エムエスアイ」は、ゲームやコンテンツの制作、パソコンや周辺機器の開発などを主に行っているメーカーです。世界中のゲーマーやビジネスパーソン、クリエイターに向けたモデルを展開しています。

ディスプレイが360°回転可能な「Summit」など、機能性に優れたモデルを多くラインナップ。働き方に合わせてモデルを選択できるので、自分に適したモノを選べるのがポイントです。

日本電気(NEC)

By: rakuten.co.jp

「日本電気(NEC)」は、1899年に創立された電機メーカーです。システムの構築や保守などを行うITサービス事業と、テレコムサービスや航空宇宙防衛などを行う社会インフラ事業を主に展開しています。

ビジネス向けノートパソコンは、企業向けに作られた「VersaPro」と、中小企業向けに作られた「VersaPro J」の2種類に分けられているのが特徴です。

ビジネス向けノートパソコンのおすすめ

ヒューレット・パッカード(HP) 13.3インチ HP EliteBook 630 G10

ヒューレット・パッカード(HP) 13.3インチ HP EliteBook 630 G10

ヒューレット・パッカードが展開する法人向けのノートパソコンです。コンパクトなうえ、重さも約1.22kgと軽量なため携帯性は良好。オフィス・倉庫・バックヤードなど、持ち運んで使う機会が多い方におすすめのモデルです。ミリタリーグレードの堅牢なボディを採用しているのも魅力です。

Core i5ながら第13世代のプロセッサを搭載。16GBメモリがセットアップされているため、マルチタスク作業にしっかりと対応できます。高いセキュリティ機能が組み込まれており、データやプライバシーを保護できるのもポイントです。

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Aero 13-be 7P6H0PA-AAAJ

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Aero 13-be 7P6H0PA-AAAJ

13.3インチのディスプレイを搭載したコンパクトな製品です。持ち運びに便利な、ビジネス向けのノートパソコンが欲しい方におすすめ。重さ約957gと非常に軽量なため、カバンやリュックに入れて気軽に持ち出せます。

最大12時間駆動するロングライフバッテリーを内蔵しており、電池残量を心配せずにほぼ1日中使えるのも便利です。

指紋認証センサーを搭載しているのもポイント。外出先で安全かつスマートに画面のロック解除を行うことが可能です。ディスプレイを開けるたびにパスコードを入力する煩わしさがありません。

エムエスアイ(MSI) Modern-15-H-C13M-1303JP

エムエスアイ(MSI) Modern-15-H-C13M-1303JP

第13世代のCore i7プロセッサと32GBの大容量メモリを実装したノートパソコンです。ハイスペックながら購入しやすい手頃な価格が特徴。リモートワークにおすすめのモデルです。処理性能が高いため、Web会議に参加しつつ資料確認や書類作成などのマルチタスクが快適にこなせます。

インターフェースが充実しているのも特徴。HDMIをはじめ、USB 3.2 Gen 2対応のType-CやType-Aポートを搭載しているので、さまざまな周辺機器が利用できます。1TBの大容量ストレージを内蔵しており、容量不足の心配がほとんどないのも嬉しいポイントです。

エムエスアイ(MSI) Summit-E14FlipEvo-A13MT-2303JP

エムエスアイ(MSI) Summit-E14FlipEvo-A13MT-2303JP

Windows 11 Proを搭載したビジネス向けの2in1ノートパソコンです。タッチパネルを採用しているのが特徴。指先でのタッチ操作はもちろん、付属のMSI Penによる手書き入力にも対応しています。思いついたアイデアをメモしたりイラストに書き残したりと、素早く記録できるおすすめのモデルです。

ロングライフバッテリーを内蔵しているのもポイント。フル充電で最大20時間54分駆動するため、コンセントのない環境でも電池残量をほとんど心配せずに1日中使用できます。

日本電気(NEC) VersaPro J タイプVF VJT44/F-F

日本電気(NEC) VersaPro J タイプVF VJT44/F-F

15.6インチの液晶を搭載した、オフィスユースにおすすめのノートパソコンです。第12世代Core i5プロセッサと16GBメモリを実装するなど基本スペックは充実。付属のOfficeアプリをはじめ、多くのビジネスソフトが快適に操作できます。

テンキー付きのキーボードを採用しており、数字入力がしやすいのも便利なポイントです。

電源ボタンに指紋認証センサーを内蔵しているのが特徴。OSへのログインが指先ひとつでスマートに行えます。パスワードを都度入力したり定期的に変更したりする煩わしさもありません。

日本電気(NEC) プレミアム モバイルノートパソコン LAVIE NEXTREME Carbon XC750/HA

日本電気(NEC) プレミアム モバイルノートパソコン LAVIE NEXTREME Carbon XC750/HA

本体素材にカーボンを採用した軽量なノートパソコンです。軽さを求める方におすすめのモデル。重さが約887gしかないため、通勤や外回りで毎日持ち歩いても体にかかる負担が少なく済みます。MIL規格準拠の試験をクリアしたと謳われているなど、高い耐久性を備えているのもポイントです。

「ミーティング機能」を搭載しているのが特徴。人の声を強調したり周囲の雑音を除去したりすることで、コミュニケーションをしやすくする便利な機能です。取引先などとのオンライン会議がスムーズに行えます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 9 QEZ-00011

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 9 QEZ-00011

スタイリッシュなノートパソコンで人気のメーカー「マイクロソフト」が展開する、2in1仕様のSurfaceです。携帯性を重視するビジネスユーザーにおすすめのモデル。重さが879gと軽量なうえ、厚さも9.3mmと薄型なので、カバンの中でかさばらず容易に持ち運べます。

コンパクトながら13インチのPixelSenseディスプレイを搭載しており、2880×1920ピクセルの高精細表示ができるのもポイントです。

タッチスクリーンを採用しているのが特徴。10点マルチタッチに対応しているため、指先でさまざまな操作が行えます。別売の「Surface Pro Signatureキーボード」を装着すれば長文の書類やメール作成が快適におこなえるので、気になる方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) レッツノート QRシリーズ CF-QR4ADTCR

パナソニック(Panasonic) レッツノート QRシリーズ CF-QR4ADTCR

フルHD+解像度の12.4インチ液晶を採用したコンパクトなノートパソコンです。外回りの多いビジネスユーザーにおすすめのモデル。重さも約1.029kgと軽量なため、カバンの中で邪魔にならず容易に持ち運べます。回転式のディスプレイを採用しており、訪問先でプレゼンがしやすいのも便利です。

AIセンサーを内蔵しているのがポイント。パソコンの前にいる人物を認識しモニタリング可能です。

覗き見のリスクがある場合には注意を促すポップアップアイコンを表示するほか、離席した際の自動ロックや着席時のスリープ解除に対応するなど、使いやすさとセキュリティ性に配慮された設計が採用されています。

エイスース(ASUS) ProArt Studiobook 16 OLED H7604JI

エイスース(ASUS) ProArt Studiobook 16 OLED H7604JI

16インチの有機ELディスプレイを搭載したノートパソコンです。画質にこだわるプロのクリエイターにおすすめのモデル。作品の出来栄えを鮮明な画像で確認できるのはもちろん、DCI-P3色域100%に対応するなど、色の再現性も良好です。

NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX 4070 Laptop」を搭載しているため、3D映像をスムーズに表示できます。

物理コントローラー「ASUS Dial」を採用しているのがポイント。音量調節やブラシサイズ変更などの操作が、指先で直感的に行えます。生産性を高めたい方におすすめです。

アップル(Apple) MacBook Pro 14インチ MRX33J/A

アップル(Apple) MacBook Pro 14インチ MRX33J/A

M3 Proチップを搭載したMacBook Proです。11コアのCPUと14コアのGPUを内蔵するなど、処理性能・グラフィック性能ともに良好。動画編集や音楽制作といった負荷のかかる処理を快適にこなせます。クリエイティブな業務を行うプロの作業現場におすすめのノートパソコンです。

SDXCカードスロットを搭載しているのがポイント。変換アダプターを使う面倒がなく、撮影した動画や写真のデータをダイレクトに読み込めます。HDMIポートを備えており、Type-Cポートを塞がずに外部モニターが利用できるのも便利です。

ノートパソコンの売れ筋ランキングをチェック

ノートパソコンのランキングをチェックしたい方はこちら。