汎用性が高いタブレット。スマートフォンよりも画面サイズが大きいため、ネットサーフィンや動画視聴、ゲームなどさまざまな用途に便利です。また、キーボードやマウスを取り付けることで、ノートパソコンのような感覚で使用できるモデルもあります。

そこで今回は、幅広い目的で使えるタブレットの選び方とおすすめモデルをご紹介。OSごとの違いやディスプレイサイズが異なることによるメリットとデメリットに加え、通信規格やストレージについても詳しく解説します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

タブレットの種類

Androidタブレット

Googleが開発しているAndroid OSを搭載したタブレットです。無償提供されているオープンソースであるため、各メーカーからさまざまなモデルがラインナップされています。低価格ながら機能性に優れているモノが多く、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

Windowsタブレット

By: amazon.co.jp

Windows OSを搭載したタブレットです。WordやExcel、PowerPointといったオフィスソフトと互換性を有しているのがポイント。HDMIやUSBポートなどのインターフェースを搭載しているモデルであれば、ノートパソコンとしても使用できます。

Fireタブレット

By: amazon.co.jp

アマゾンが販売しているタブレットです。低価格で機能性に優れているのがポイント。ネットサーフィンはもちろん、Amazonプライムの動画視聴やKindleを利用した電子書籍の購読用途にもおすすめです。

また、microSDによるストレージ拡張に対応しているモデルが多く、デフォルトの容量で足りない方にも便利。年齢フィルター機能を搭載したキッズ向けのタブレットもラインナップされており、子供でも安心して使用できます。

iPad

iPhoneでお馴染みのAppleが製造しているタブレットです。片手で持ち運べる小型サイズから、ノートパソコンように使える大型ディスプレイを搭載したモデルまでラインナップしているのが特徴。アルミニウム素材を採用したスタイリッシュなボディはデザイン性にも優れています。

ハイスペックなCPUを搭載しているため、ネットサーフィンだけでなく動画視聴や負荷がかかりやすいゲームプレイにもおすすめ。また、Apple Pencilや専用スタンドなどアクセサリーが充実しており、作業効率を高めたい方にもおすすめです。

タブレットの選び方

サイズをチェック

7~8インチ

By: amazon.co.jp

7~8インチのタブレットは、携帯性に優れているのがメリットです。片手でも持ちやすいコンパクトなモデルが多く、スマートフォンの代わりとしても使用できます。旅行や出張にも持ち運びやすいため、ネットサーフィンや電子書籍を読みたい方におすすめです。

ただし、画面が狭いため文字入力を伴う文書作成や、デザインなどの作業には向いていません。メモリやストレージについても容量が少ないモノが多いため、スペックを重視する方は注意しましょう。

10インチ前後

By: amazon.co.jp

10インチ前後のタブレットは、動画視聴やゲームアプリにおすすめです。ディスプレイサイズが大きいため、迫力のある映像を楽しめるのがポイント。横になりながらでも操作しやすく、自宅でくつろぎながら使用したい方に便利です。

一方、小型サイズよりも重いため、持ち運ぶ機会が多い方は気をつけましょう。厚さによっては、カバンにいれた際にかさばってしまうため、携帯しにくいのがデメリット。手に持ちながらの長時間作業にも向いていないため、使用する場面をあらかじめ想定しておきましょう。

12インチ前後

12インチ前後のタブレットは、高度な作業を行いたい方に便利です。USBやHDMIポートを搭載しているモデルもあるほか、専用スタンドを付けることでノートパソコンの代わりとしても使用できるモデルもあります。画面が広いため、動画やゲームの臨場感を楽しめるのがポイントです。

ただし、10インチ前後のモデルと同じく持ち運びに不便なのがデメリット。自宅での使用がメインの方におすすめです。

通信規格をチェック

Wi-Fiモデル

Wi-FIモデルはLTEモデルよりも低価格のモデルが多く、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。また、月々の通信費用もかからないため、なるべく費用をかけずに使用したい方はチェックしておきましょう。

なお、限られた場所でしかインターネットに接続できないので注意が必要。動画やアプリをダウンロードするには、Wi-Fi環境が整備されているエリアに移動する必要があります。

LTE対応(SIMフリー)モデル

外出中でもインターネットを楽しめるのがLTEモデルです。SIMカードを差し込んでおけば、Wi-Fiが提供されていない場所でもネットサーフィン・オンラインゲーム・動画のダウンロードが可能。また、通話に対応しているモノであれば、スマートフォンの代わりにも使用できます。

ただし、製品価格が高いことや毎月の通信費用が発生する点に注意しましょう。さらに、重量もわずかながらWi-Fiモデルよりも重いため、携帯性を重視する方は仕様を確認したうえで購入するのがおすすめです。

ストレージ容量をチェック

By: amazon.co.jp

ストレージとは、タブレット本体にデータを保存できる容量を意味します。画像保存やアプリをインストールする頻度が少なく、YouTubeなどストリーミング動画の視聴をメインとして使用する場合、16~32GBのモデルがおすすめ。

一方で、容量の大きいゲームアプリや高画質の動画を保存したい方は、64GB以上のモノを選ぶと安心です。また、本体ストレージのみでは不安に感じる場合は、microSDカードによる保存領域の拡張に対応したモデルもチェックしておきましょう。

タブレットのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

マイクロソフトは、アメリカに拠点を置くソフトウェアの開発を行っているメーカーです。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって設立され、パソコン用のオペレータシステム「Windows OS」は世界トップシェアを誇ります。

Windows OSを搭載したタブレット「Surface」は、スペックの高いモデルから価格を抑えたコスパの高いモデルまでを展開。シンプルなデザインで、ビジネスシーンにも合わせやすいのが特徴です。

日本電気(NEC)

NECは1899年に設立した総合エレクトロニクスメーカー。NECのタブレットは「LAVIEシリーズ」として展開しているタブレットが人気です。携帯性に優れている7~8インチモデルや、自宅での動画視聴に便利な10.1インチモデルをラインナップしており用途に合わせて選べるのがポイント。低価格のモデルが多く、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

アマゾン(Amazon)

アマゾンのタブレット「Fireシリーズ」は、電子書籍「Kindle」や動画配信「Prime Video」などのサービスを頻繁に利用する方におすすめです。

ストレージを拡張できるモデルが多いため、お気に入りのコンテンツを1台に集約できます。

アップル(Apple)

1976年にスティーブ・ジョブズが創業したアメリカのメーカーです。2007年に発売されたiPhoneシリーズをはじめ、ノートパソコンのMacBookシリーズなど革新的な製品が人気。タブレット分野にも力を入れており、iPad・iPad Air・iPad mini・iPad Proをラインナップしています。

「iPadシリーズ」は、LTE通信に対応した「Cellularタイプ」と非対応の「Wi-Fiタイプ」から予算や用途に応じて選べるのが特徴。また、上位モデルには性能が高いCPUを搭載しており、ネットサーフィンから動画編集まで幅広い作業を行えます。

Windowsタブレットのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7 VDV-00014

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7 VDV-00014

12.3インチの大型画面を搭載したWindowsタブレットです。周囲の光を感知することによって明るさが自動的に調節されるため、暗い場所でも画面を見やすいのが便利。さらに、2736×1824の高解像度ディスプレイが魅力で色彩豊かに映し出されるモデルです。

Office Home & Business 2019を標準装備しており、ビジネス用途にもおすすめ。また、別売りのタイプカバーを取り付けることでタブレットとしてだけでなく、ノートパソコンとしても使用できます。

ジャンパー(Jumper) EZpad Mini5タブレットPC Z8350

ジャンパー(Jumper) EZpad Mini5タブレットPC Z8350

保存領域を増やせるWindowsタブレットです。本体に内蔵している32GBのストレージに加え、microSDカードを差し込むことで最大128GBまで拡張可能。画像や動画撮影だけでなく、アプリを複数インストールしても容量不足になりにくいのがポイントです。

WUXGA解像度のディスプレイを搭載しており、動画本来の色彩を重視する方におすすめ。また、上下左右どの方向からでも見やすいIPS液晶は、長時間の視聴でも目の疲れを軽減できます。8インチの小型サイズで、旅行や出張先にも持ち運びやすいモデルです。

CHUWI UBook Pro 2-in-1 12.3インチタブレットPC

ツーウェイ(CHUWI) UBook Pro 2-in-1 12.3インチタブレットPC

性能に優れたWindowsタブレットです。8GBのメモリを内蔵しており、同時に複数の作業をしたい方におすすめ。また、Intel Gemini Lake N4100を搭載し、ページのロードやアプリケーションの起動がスムーズに行われるのも魅力です。

USB3.0やUSB Type-C、micro HDMIといった便利なインターフェースが揃っています。さらに、256GBのSSDに加えて、TFカードによる最大128GBまでの拡張も可能。2.4・5GHzのデュアルバンドにも対応しているため、安定してインターネットに接続できます。

Androidタブレットのおすすめモデル

レノボ(Lenovo) Tab4 8 Plus LTEモデル ZA2F0135JP

レノボ(Lenovo) Tab4 8 Plus LTEモデル ZA2F0135JP

耐久性に優れたAndroidタブレットです。本体の前面と背面には透明感のある強化ガラス素材を採用しており、日常的な使用による傷を軽減できます。持ち運びにも便利な8インチサイズで、自宅だけでなく外出先でも電子書籍やゲームを楽しめるのがポイント。

64GBのストレージに加え、microSDカードによる最大128GBまでの拡張に対応しています。アプリの保存だけでなく、画像や動画を頻繁に撮影する方にもおすすめ。さらに、LTEモデルなのでSIMカードを差し込むことで、Wi-Fi環境がない場所でもインターネットに接続できます。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE708/KAS PC-TE708KAS

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE708/KAS PC-TE708KAS

8コアの高性能プロセッサを搭載したAndroidタブレットです。高解像度の映像や負担がかかりやすいゲームも楽しめます。また、4GBのメモリを内蔵しているため、同時に複数のアプリを開いていも処理速度が落ちにくいのが魅力です。

本体寸法は122×198×8.2mmのコンパクトサイズがポイント。305gと持ち運びやすい軽さに加え、ネットサーフィンを最大13時間行えるバッテリーを採用し、外出先の使用にも便利です。さらに、最大256GBまでのmicroSDカード拡張に対応しており、容量の大きい画像や動画の保存の際も安心です。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE710/KAW PC-TE710KAW

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE710/KAW PC-TE710KAW

バッテリー持ちを重視する方におすすめのAndroidタブレットです。フル充電の状態から約12.7時間の動画再生が可能で、外出中でも電池切れを心配する必要がありません。また、アプリやお気に入りの動画を複数保存できる64GBの大容量ストレージも魅力です。

10.1インチの大型ディスプレイを搭載しています。視野角の広いIPS液晶を採用しており、友人や家族といった複数人での視聴にも便利。ハイビジョン映像に対応したフルセグチューナーが内蔵されているため、テレビとして使用するのもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7 W-Fiモデル BG02-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T3 7 W-Fiモデル BG02-W09

片手でも持ちやすい7インチのAndroidタブレットです。179×103×8.6mmのコンパクトサイズであるほか、重さも250gと軽量設計されており携帯性に優れています。アルミニウム合金素材を採用したボディには曲面加工を施しており、手にフィットしやすいのがポイントです。

小型モデルながら、ディスプレイを広く使える6.1mmの狭いベゼルが特徴。マルチタスク機能を搭載し、動画を見ながらネットサーフィンを行うなど同時に2つのアプリを開きたい方におすすめです。また、画面を見やすい明るさに調節できるため、長時間の使用でも目の疲労を抑えられます。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8 Wi-Fiモデル JDN2-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8 Wi-Fiモデル JDN2-W09

デュアルスピーカーを搭載したAndroidタブレットです。オーディオ機器ブランドの「Harman Kardon」が施したチューニングがポイント。低音で歪みの少ないサウンドが流れるため、動画やゲームの音声を楽しみたい方におすすめです。

CPUには処理性能に優れたKirin710を内蔵しており、ゲームや動画もスムーズに動作します。また、メーカー独自のオペレーティングシステム「EMUI 9.0」も魅力のひとつ。顔認証システムに対応しているため、必要なときに素早く使用できます。

湾曲した高級感のあるメタルボディは、重さ310gと軽量で片手でも持ちやすいのがポイント。8インチモデルながら、5100mAhの大容量バッテリーを採用しており、最大10.6時間のビデオ再生と最大62時間の音楽再生が可能です。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10 Wi-Fiモデル AGS2-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10 Wi-Fiモデル AGS2-W09

フルHD解像度のディスプレイを搭載したAndroidタブレットです。10.1インチの大型画面は16:10のアスペクト比で、動画視聴や電子書籍にもおすすめ。また、ブルーライトカット機能によって、長時間の使用でも目の疲れを軽減できます。

消費電力を抑えた高性能オクタコアプロセッサを採用しているのも魅力のひとつです。さらに、5100mAhの大容量バッテリーを内蔵しているほか、厚さ約7.6mmのスリムなボディは持ち運びにも便利。おしゃれなメタルボディはプライベートだけでなく、ビジネスシーンにも合わせやすいデザインです。

Fireタブレットのおすすめモデル

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

最大512GBまで拡張可能なFireタブレットです。16・32GBのストレージを内蔵したモデルがラインナップされているのに加え、microSDカードを差し込むことで保存領域を増やせます。アプリのインストールや電子書籍を多く保存する方におすすめです。

最大1.3GHzの高速クアッドコアプロセッサを搭載しています。ゲームの起動やビデオ再生がスムーズに行われるため、ストレスなく使用できるのが魅力。また、片手でも持ちやすい7インチモデルで、携帯性に優れています。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

アマゾン(Amazon) Fire HD 8 タブレット

動画視聴におすすめのFireタブレットです。8インチのHDディスプレイを搭載し、ゲームやビデオコンテンツが色鮮やかに映し出されます。最大12時間使用可能なバッテリーによって、充電頻度を抑えられるのも魅力のひとつです。

ストレージは32GBと64GBから用途に合わせて選べます。また、microSDカードによる最大1TBまでの拡張に対応しており、容量不足を心配する必要がありません。本体は、ブラック・ホワイト・ブルーの3色がラインナップされているので、デザイン性を重視する方にもおすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット

アマゾン(Amazon) Fire HD 10 タブレット

映像だけでなく音声も優れたFireタブレットです。Dolby Atmosに対応したオーディオステレオスピーカーを搭載しており、映画やゲームの迫力あるサウンドを楽しめます。また、複数人での動画視聴にも便利な10.1インチの大型ディスプレイもポイントです。

2.4Ghzと5GHzのデュアルバンドに対応しているため、安定してインターネットに接続できるのが特徴。さらに、2.0GHzのオクタコアプロセッサや2GBのメモリを内蔵し、複数のアプリを開いていスムーズに動作します。高機能ながら、価格も安くコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット キッズモデル

機能を制限できる子供向けのFireタブレットです。年齢フィルター機能が搭載されており、適切なコンテンツのみが自動的に表示します。また、子供が遊びすぎないようにするために、1日あたりの使用時間を15分単位で設定可能なのもポイント。

そのほか、パソコンやスマートフォンから遠隔で利用状況をチェックできます。子供が最近使ったカテゴリとコンテンツを調べることで、学習状況の把握にも便利。大人用のプロフィールに切り替え、通常のFireタブレットとして動画や電子書籍を楽しめる1台2役のモデルです。

iPadのおすすめモデル

アップル(Apple) iPad mini

アップル(Apple) iPad mini

電子書籍に便利なAppleのタブレットです。環境に合わせてホワイトバランスが調節される「True Tone」を採用しており、明るさが不安定な場所でも自然な色が再現されます。また、7.9インチのコンパクトサイズで、外出先にも持ち運びやすいのも魅力のひとつです。

小型タイプながら、スペックが高いのもポイント。高性能なA12 Bionicチップによって、アプリや動画視聴も快適に楽しめます。最大10時間持続するバッテリーを搭載し、長時間の使用にも便利なモデルです。

アップル(Apple) iPad

アップル(Apple) iPad

コストパフォーマンスを重視する方におすすめのタブレットです。低価格ながら、CPUにはハイスペックのA10 Fusionチップを搭載しています。負担がかかりやすいゲームアプリも滑らかに動き、臨場感を楽しめるのがポイントです。

別売りのApple Pencilに対応しています。10.2インチの大型ディスプレイを使用して、デザイン作業にもおすすめです。LTEとWi-Fi両モデルがラインナップされており、用途に応じて選択できます。

アップル(Apple) iPad Air

アップル(Apple) iPad Air

スタイリッシュなデザインが特徴のタブレットです。厚さ6.1mmの薄型設計で、カバンに入れてもかさばりにくいのが魅力。別売りの「Smart Keyboard」を取り付けることで、ノートパソコンのような感覚で使えます。

高解像度でハイコントラストな色彩表現を可能としたRetinaディスプレイがポイント。10.5インチの大型画面を採用しているため、動画やゲームも美しく映し出されます。最大10時間使用できるバッテリーを搭載していながら、Wi-Fiモデルは456gと軽量設計で持ち運びにも便利です。

アップル(Apple) iPad Pro

アップル(Apple) iPad Pro

デュアルカメラが魅力のタブレットです。1200万画素の広角カメラに加え、1000万画素の超広角カメラを搭載しています。被写体を画角内におさめやすいため、景色・建物・複数人での撮影におすすめです。

CPUには高いパフォーマンスを実現する「A12Z Bionic」を内蔵しており、ゲームも動画視聴も快適に楽しめます。また、複数のアプリを同時に開いても動きが鈍くなりにくいマルチタスキング機能も便利です。ノートパソコンのように使用したい場合には、別売りの「Magic Keyboard」もチェックしてみてください。