パソコンよりも手軽に使える「タブレット」。スマホと同じアプリを大画面で操作できるため使い勝手がよく、最近では子どもからシニア層まで幅広い世代が活用しています。

そこで今回は、タブレットに関する基礎知識とおすすめの製品をご紹介。サイズやOSの違いなどについても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

タブレットの選び方

OSで選ぶ

iOS

iOSは、Appleが提供する基本ソフトウェア。タブレットの場合「iPad」シリーズに搭載されています。iOSのメリットは、画面上のデザインに優れており、操作性が高く使いやすい点です。シンプルながら高級感を感じる仕上がりで、世界中で根強い人気があります。

デメリットは、選択肢が「iPad」シリーズしかないことです。その分、品質は担保されており、OSのアップデートも長期間受けられます。独自のサービスである「App Store」にはAppleが認めたアプリしかないので、怪しいアプリをダウンロードしてしまうリスクが少ないのもメリットです。

Android

By: sony.jp

Android OSは、Googleが提供する基本ソフトウェア。他社が開発するタブレットにも採用されるため、豊富なラインナップからデバイスを選べるのが特徴です。Android搭載のタブレットは、多くのメーカーで開発されているため、独自の機能を搭載したモデルや低価格なモデルなど、ニーズにぴったりのモデルが見つけやすいという魅力があります。

注意点として、Android OSはバージョンによって受けられるサービスに違いがあるので、端末が対応しているOSを必ず確認しましょう。アプリは、Google Playストアを介してダウンロードします。アプリのラインナップも、便利な拡張機能から、面白いゲームまでバリエーションが豊富なので、さまざまなアプリを使いこなしたい方にもおすすめです。

Windows

By: microsoft.com

Windows OSはマイクロソフトが開発した基本ソフトウェアで、パソコンと同じような操作感でタブレットを操作できるのが特徴です。

代表的なタブレットは、マイクロソフトが提供する「Surface」シリーズ。そのほか、低価格なモノから数十万円のハイエンドクラスまで幅広い価格帯でラインナップされています。

画面サイズで選ぶ

持ち運びに適した7~8インチ

By: sony.jp

携帯するのにおすすめなのが「7~8インチモデル」。ネットサーフィンや電子書籍を読む場合にはやや文字が小さめですが、拡大して調節できます。通勤・通学など、移動中にタブレットを使用するのに最も適しているサイズです。

携帯性と機能性のバランスに優れた10インチ

10インチモデルは、携帯性と利便性を両立したスタンダードなサイズです。7~8インチモデルよりも性能が高い傾向にあり、プライベートでの利用だけでなく、高性能アプリを楽しみたい場合やビジネスシーンでの利用にも適しています。

ノートパソコンの代用として使える12インチ以上

By: amazon.co.jp

前提として、ノートパソコンと同様の使い方を想定しているモデルです。ノートパソコンとしてはコンパクトなので、持ち運んで外出先で使用する場合にも適しています。なお、Androidタブレットには12インチ以上のモデルがほとんどないので注意しておきましょう。

通信方式で選ぶ

どこでも通信可能なSIMフリーモデル

LTE(SIMフリー)モデルなら、SIMカードを挿入することによってどこでもLTE通信ができます。移動中などWi-Fiが利用できない環境下においても通信できるため、Wi-Fiモデルより利便性が高いところが魅力です。

高速である点は魅力的ですが、通信事業者と契約する必要があるため、使用しなくても月額料金が発生してしまいます。また。タブレットの本体価格もLTEモデルの方がやや高くなるので気をつける必要があります。

Wi-Fiに接続することで通信を行うWi-Fiモデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fiモデルは、SIMカードを挿入せずにWi-Fiに接続することで通信を行うモデルです。月々の料金が発生しない一方、Wi-Fiが使えない環境下ではインターネットが使用できないデメリットがあります。

ただし、SIMフリーモデルを利用せずともモバイルルーターやスマホのテザリング機能を活用することで、移動中などでもインターネットが利用可能。タブレット以外にも複数の端末で通信する機会があるなら、比較的価格の安いWi-Fiモデルを購入するのも選択肢のひとつです。

その他機能をチェック

動作の快適性を左右するメモリ容量

メモリ容量が多いと、その分処理効率が上がります。快適に操作するなら最低2GB以上は必須で、ワンランク上の3〜4GBは視野に入れたいところです。

なお、8GB以上はWindowsタブレットやゲーミングタブレットなどに搭載される容量。PCゲームや動画編集などの重たい作業をタブレットでカバーしたい方には最適ですが、それ以外の方はオーバースペックになりかねないのでしっかりと確認しておきましょう。

データを保存するのに重要なストレージ容量

動画や電子書籍をタブレットで持ち歩くなら、記憶容量の確認が必要です。多くの動画や音楽を保存すると16GBでは足りないことがあります。快適に使用するなら記憶容量が多いモデルがおすすめです。

容量が足りないときは、microSDカードを追加すれば拡張できます。記憶容量の大きさはタブレットの価格を左右するので、用途に合ったタイプを選びましょう。

キッチンや風呂場での使用に欠かせない防水機能

By: sony.jp

最近はキッチンで動画レシピを見ながら料理を作る方が増えています。水回りでタブレットを使うなら防水機能があると便利。濡れた手で操作をしても故障の心配がなく安心です。また、防水規格でIPX5以上を有していればお風呂でも動画や電子書籍を楽しめるので、併せてチェックしておきましょう。

タブレットのおすすめメーカー

アップル(Apple)

By: apple.com

Appleは、iPhoneやiPadなどを製造・販売しているメーカーです。人気のタブレット「iPadシリーズ」は、誰でも簡単に使える操作性、スタイリッシュなデザインなどが人気を集め、国内外問わず幅広いユーザーから支持されています。

他メーカーのタブレットと比べると価格は若干高めですが、製品のクオリティに優れているのが魅力。機能性を重視する方におすすめです。

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

マイクロソフトは、パソコン向けのOS「Windows」や、ビジネス用アプリケーションソフト「Microsoft Office」などのソフトウェアを開発・販売しているメーカーです。

マイクロソフトが販売するタブレット「Surface」はスペックが高く、処理の重いアプリやゲームをサクサク快適に楽しみたい方におすすめ。別途キーボードを用意するとノートパソコンとしても使えるので、プライベートはもちろんビジネスシーンでの利用にも最適です。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースは、台湾の総合エレクトロニクスメーカーです。スマホやタブレットなどのモバイル端末から、マザーボードやビデオカードといったパソコン部品まで、さまざまな製品を取り扱っています。

エイスースが販売するタブレット「ZenPadシリーズ」は、本体の重量が軽くデザイン性にも優れているので、外出先でタブレットを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

タブレットのおすすめモデル|iOS

アップル(Apple) iPad Pro

アップル(Apple) iPad Pro

本製品は「iPad Pro」は2018年11月に登場したモデル。同シリーズ初のオールスクリーンディスプレイを採用し、MacBookシリーズ以外で初めてUSB Type-Cを搭載したことが特徴です。

また、顔認証で支払いやロック解除できる「Face ID」に対応しているのもポイント。さらに、ダブルタップするだけでツールが切り替わったり、iPad本体にくっつけるだけで充電できたり、使い勝手が向上した「Apple Pencil 2」も使えます。日常的なシーンはもちろん、イラスト制作など、クリエイティブな作業でも十分活躍してくれる1台です。

サイズは11インチと12.9インチの2種類で、容量は64・256・512GBと1TBの4タイプ、カラーはシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色をラインナップ。ハイエンドクラスのタブレットを探している方におすすめです。

アップル(Apple) iPad Air

アップル(Apple) iPad Air

本製品は、2019年3月発売の第3世代モデル。同製品としては約5年ぶりのリニューアルで、ディスプレイは10.5インチながら、薄さは6.1mm、重さは約460gと、スリムに設計されているのが特徴です。

従来モデルよりもパフォーマンスが70%向上し、グラフィックス性能は2倍にアップ。容量は64・256GBの2タイプで、カラーはシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色をラインナップしています。気軽に運べるタブレットを探している方はぜひチェックしておきましょう。

アップル(Apple) iPad

アップル(Apple) iPad

本製品は、2018年3月にリリースされた第6世代のiPad。同シリーズのなかでもっともリーズナブルなモデルです。

スタンダードな仕様ながら、ユーザーのニーズにしっかり応えているのが魅力。カメラ機能で関連情報を取得できる「ARアプリケーション」が利用できるほか、4K動画編集で効果を発揮するパワフルな「A10 Fusionチップ」を採用するなど、使い勝手は良好です。

サイズは9.7インチで、容量は32・128GBの2タイプ。カラーはシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色をラインナップしています。コスパ重視でタブレットを選びたい方におすすめのモデルです。

アップル(Apple) iPad mini

アップル(Apple) iPad mini

「iPad mini」の現行機は、2019年3月にリリースされた第5世代モデルです。内蔵されたチップはiPhone Xと同様のNeural Engineを搭載した「A12 Bionic」を採用し、従来モデルよりも3倍の高速処理が可能。本体の大きさは134.8x203.2x6.1mmと、手のひらサイズにまとまっているのも魅力です。

画面は7.9インチで、重さは約300gと軽量。容量は64・257GBの2タイプ。カラーはシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色をラインナップしています。コンパクトなタブレットを探している方はぜひ購入候補として検討してみてください。

タブレットのおすすめモデル|Android

レノボ(Lenovo) YOGA Tab 3 10 ZA0H0048JP

レノボ(Lenovo) YOGA Tab 3 10 ZA0H0048JP

利用場面に応じて4通りの置き方ができる、10.1インチのAndroidタブレット。壁掛けができる「ハング」、映像が見やすい「スタンド」、角度をつける際に便利な「チルト」、さらには手持ちには「ホールド」など、あらゆる場面で快適に使えます。

バッテリーは18時間駆動でき、バッテリーを気にせず利用可能。180°回転するカメラもあり、撮影のしやすさもポイントです。

鉛筆や金属製ボールペンなどをそのままタッチで使える「AnyPen」機能があり、専用のペンが不要なのも魅力。用途に応じて持ったり置いたりして使い分けたい方や、ペンでの操作性を重視したい場合におすすめです。

エイスース(ASUS) ZenPad 8.0 Wi-Fiモデル Z380M-WH16

エイスース(ASUS) ZenPad 8.0 Wi-Fiモデル Z380M-WH16

シンプルでおしゃれな8インチのAndroidタブレット。コントラストや明るさを調整することで元の解像度以上に高画質を体験できる「Tru2Life」機能や、繊細なタッチ操作が可能な「TruVivid」を備えているのが魅力です。

7.1chのサラウンド音声が利用可能なシステムもあり、音質にこだわりがあるのもポイント。高い精度を持つ日本語入力「ATOK」が標準で入っているので、メールやSNSにも使えます。

ディスプレイの画面占有率が高く、同じインチ数でもコンパクトな形状なところも魅力。画質と音質の両方を重視している方や、映画・アニメなど映像コンテンツを楽しみたい場合におすすめのモデルです。

日本電気(NEC) LaVie Tab S TS508/FAM

日本電気(NEC) LaVie Tab S TS508/FAM

1920×1200の解像度を持つ、8インチのAndroidタブレット。8コアのCPUと3GBのメモリが内蔵されているため、複数のアプリを立ち上げたり、負荷のかかるゲームをプレイしたりする際でもサクサク動作するのが魅力です。立体感のある音響を楽しめる「Dolby Atmos」を搭載しているため、動画視聴の際に臨場感のあるサウンドが楽しめます。

また、水しぶき程度なら故障しない防水性能を持つため、キッチンや濡れやすい場所で安心して使用可能です。さらに、ニュースやお役立ち情報が得られる「インフォボード」、紛失や災害時に便利な「まもるゾウ+」、60日間無料で使えるセキュリティソフト「マカフィー」が標準で搭載されるなど、利便性の高さもポイント。家族でタブレットを共有したいという場合にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 lite 10 wp HDN-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 lite 10 wp HDN-W09

IP67相当の防水防塵性能を持つ、10.1インチのAndroidタブレット。水深1mに30分間沈める試験に合格しており、日常的な水周りで安心して使えるのが魅力です。地デジチューナーが搭載されているため、テレビ番組の視聴も可能。4つのスピーカーによる立体音響を聞けるのはもちろん、「Harman Kardon」と提携したチューニングにより、イヤホンを使っても高音質が得られます。

また、オクタコアCPUの「Kirin 659」と3GBのメモリを採用。SDカードは256GBまで対応するため、本体に多数のファイルを保存可能です。

6660mAhのバッテリーでゲームをしていても8時間利用できるほか、「キッズモード」を使えば制限をかけられるのもポイント。高スペックのモデルを探している方はもちろん、子どもとタブレットを共有したいという方にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10 AGS2-W09

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad T5 10 AGS2-W09

無駄のないシックなデザインが特徴の、10.1インチAndroidタブレット。約465gの軽量ボディを実現しており、持ち運びしやすいのが魅力です。

また、360°サラウンドに対応したファーウェイ独自の音響機能の「Histen」を搭載し、デュアルスピーカーも有しているので臨場感のある音が楽しめます。

さらに、ブルーライトカット機能があるので、目の疲労が気になる方も安心です。コスパを高いモデルを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

Teclast 8インチ タブレット P80 Pro

Teclast 8インチ タブレット P80 Pro

Androidを採用した、8インチのSIMフリータブレットです。フルHD対応のIPSディスプレイで美しい映像を楽しめるほか、5000mAhのバッテリーを備えており、外出先でも電池切れを気にせず使えます。

3GBのメモリクアッドコアのCPUを備え、やや負荷のかかる作業にも対応可能。SDカードは128GBまで使えるため、動画や写真などのデータを多く保存できます。

サイズは212×124×9.9mmで、重さは345gと持ち運びやすいのもポイント。1万円台で購入できる低価格なところも魅力で、費用を抑えたいという方におすすめです。

ALLDOCUBE iwork10 i1002

ALLDOCUBE iwork10 i1002

Android5.1とWindows10を搭載したデュアルOSの10.1インチタブレット。Microsoft Officeを使う際にWindowsを使い、ゲームや動画視聴にはAndroidを使うなど、用途に応じてOSを切り替えられるのが魅力です。

ディスプレイは1920×1200の解像度を有しているほか、HDMIケーブルを通して別画面に映像を出力可能。4GBのメモリとIntelのクアッドコアを備えるため、マルチタスクで負荷がかかってもサクサク動作します。

USB変換ケーブルを用いることでキーボードやマウスの直接接続もできるため、オフィスワークを快適にこなせるのもポイント。あらかじめキーボードが付属する2in1タイプを採用しており、パソコンのような感覚で使用できます。

価格は2万円台とリーズナブルなので、用途に応じてOSを使い分けしたい方におすすめです。

ND 10.1インチ タブレット MTK

ND 10.1インチ タブレット MTK

解像度1280×800のディスプレイを持つ、10.1インチのAndroidタブレット。2GBのメモリを搭載しているため、Webページの閲覧や簡単なアプリを使用する用途に適しています。

5500mAhのバッテリーにより6時間動作するほか、軽いので持ち運びも簡単。32GBのストレージを搭載し、SDカードは64GBまで対応しているので、容量を気にせずたくさんのコンテンツを入れられます。

価格は1万円台でリーズナブル。3Dゲームなど高い負荷をかける場合は向かないものの、ブラウジングやSNS閲覧の用途が目的の方にはおすすめのモデルです。

BENEVE 10.1インチ タブレット M1031

BENEVE 10.1インチ タブレット M1031

1920×1200の解像度を持つディスプレイと、2GBのメモリを備える10.1インチタブレット。目に優しい「Eye Pleasing Display」が使われているため、長時間にわたって電子書籍を読んだり、動画を見たりしても目が疲れにくいのが魅力です。

また、720pの動画撮影ができるインカメラを使用すれば、高画質なビデオチャットも可能。5000mAhのバッテリーを持つほか、BluetoothやWi-Fiなど一通りの機能を備えます。

ブルードット(BLUEDOT) 8インチ タブレット BNT-801W

ブルードット(BLUEDOT) 8インチ タブレット BNT-801W

2GBのメモリとクアッドコアCPUを備えている、8インチのAndroidタブレット。サイズは124.5×208.5×9.2mm、重さは320gで、持ち運びやすいコンパクトさが魅力です。

また、高温や低温、負荷や耐久などのテストを施しているため、さまざまな環境に対応できるのも特徴。1万円台の低価格で購入できるので、コスパを求める方にぴったりです。ほかにも、アプリ操作に支障のないスペックと信頼性を備えたタブレットが欲しい方にもおすすめします。

タブレットのおすすめモデル|Windows

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go LTE Advanced KAZ-00032

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go LTE Advanced KAZ-00032

Windows10を採用した、解像度1800×1200の10インチSIMフリータブレットです。8GBのメモリ、128GBのSSDストレージ、Intelの第7世代デュアルコアCPUを備えています。

セキュリティには顔認証を必要とする「Windows Hello」機能があり、セキュリティ対策も可能。「Office 2019」が標準でついてくるため、文書や計算など仕事のファイル作成に使えるのが魅力です。

サイズは245×175×8.3mm、重さは532gほどと、2019年以前の「Surface」のどの製品よりも軽量かつコンパクト。ハイスペックと低価格を両立したタブレットが欲しい方におすすめのモデルです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 6

「Surface Pro 6」は同シリーズにおけるフラッグシップモデル。CPUには第8世代のインテルCoreプロセッサを搭載しており、従来モデルと比べて約67%のパフォーマンス向上を果たしているのが特徴です。

サイズは12.3インチで、OSは「Windows 10 Home」。なお、付属するオフィスソフトは2016年版と2019年版とに分かれているので、購入する際は注意しておきましょう。

カラーはブラックとプラチナの2色をラインナップ。スペックの仕様は製品によって異なり、ストレージ4種類、メモリ2種類、プロセッサ2種類のなかから組み合わせて選択します。なお、本体の重さはプロセッサによって変わり、Core i5で770g、 i7で784g。どのスペックを選んでも軽量かつ高性能なタブレットなので、外出先でも快適に作業したい方はぜひチェックしておきましょう。