動画を鑑賞したりネットでニュースをチェックしたりと気軽に使用できる「タブレット」。スマホに比べて大きなディスプレイを採用しており、視認性に優れているのが魅力です。

しかし、Appleやマイクロソフト、レノボなどから多種多様な製品が発売されているので、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめのタブレットをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

タブレットの選び方

OSで選ぶ

iPad OS

By: amazon.co.jp

iPadOSは、MacやiPhoneなどを製造するAppleが設計するOS。基本的にiPadに搭載されています。

iPhoneに採用されているiOSと同じく、シンプルなユーザーインターフェイスが魅力。直感的に使用できるのがメリットです。また、iPadOSは対応アプリが多い点もメリット。タブレットのOSを選択する際は、使用予定のアプリに対応しているかも確認しておくのがおすすめです。

Android OS

By: amazon.co.jp

Googleが設計する「Android OS」は、さまざまなメーカーが製造するタブレットに採用されているのが特徴。タブレット初心者に適したモデルからハイスペックなモデルまでラインナップが豊富に展開されているので、好みにあわせて製品が選べます。

また、リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたモデルが多く存在するのも魅力。コスト面を重視してタブレットを選ぶ場合には、Android OS採用の製品がおすすめです。

Windows OS

By: microsoft.com

Windowsパソコンと呼ばれるモノに採用されているのが、マイクロソフトが設計する「Windows OS」。Windowsパソコンの操作に慣れている方であれば、扱いやすいOSです。

対応するアプリの数はiPadOSやAndroid OSが多いですが、Windows OSではビジネス資料やレポートの作成などに利用できるMicrosoft Officeが使えます。ビジネスシーンで使用するタブレットを求めている場合には、Windows OS採用モデルがおすすめです。

用途に合わせてサイズを選ぶ

持ち運んで使いたいなら「7~8インチ」がおすすめ

By: amazon.co.jp

タブレットは製品ごとに搭載しているディスプレイのサイズが異なります。7~8インチのディスプレイを採用しているモデルは、コンパクトなデザインが魅力。画面が小さい分見にくさを感じる場合がありますが、片手で持って使用しやすいのがメリットです。

また、軽量なモデルが多い点も長所。使用する際はもちろん携帯する際の負荷も小さく、通勤や通学時の移動中に使用するタブレットとしてもおすすめです。


携帯性とスペックを両立したいなら「10インチ前後」

By: irisohyama.co.jp

10インチ前後のディスプレイを備えているタブレットは、携帯性とスペックのバランスに優れているのが特徴。自宅だけでなく、外出先でもタブレットを使用する場合に便利です。

基本性能に優れたモデルが多いだけでなく、コンパクトな製品に比べて画面が見やすい点もメリット。動画や映画などを鑑賞する場合やゲームをプレイする場合にもおすすめです。

大画面で作業したい人は「11~12インチ」を

By: amazon.co.jp

11~12インチの大画面を採用しているタブレットは、高い処理性能を備えたモデルが多め。携帯性に関してはコンパクトな製品が優れていますが、負荷の高い作業を行う場合に便利です。

また、視認性が高く、画面に表示される情報量が多い点もメリット。キーボードを取り付けて、ノートパソコンのように利用できるモデルも存在します。

基本スペックをチェック

CPU

タブレットの基本的な性能を把握したい場合は、「CPU」のスペックを確認するのが重要なポイントです。CPUはタブレットの頭脳とも呼ばれるパーツ。高性能なCPUが搭載されているタブレットほど、高い処理性能が期待できます。

Web閲覧や動画の鑑賞程度であれば問題ありませんが、ゲームなどを楽しみたい場合には高性能なCPUが必要。使用用途に適したCPUを備えているタブレットを選びましょう。

メモリ(RAM)

By: microsoft.com

CPUとともにタブレットの性能に大きな影響を与えるのが「メモリ(RAM)」と呼ばれるパーツです。メモリは、CPUが処理を行う際にデータを一時的に保存しておく役割を担います。メモリの容量が大きいほど、快適な動作が期待できる点も把握しておきましょう。

タブレットに搭載されているメモリの容量は、2~8GBが一般的。ハイスペックなモデルでは、8GB以上のメモリを備えている製品も存在します。Web閲覧や動画の鑑賞程度であれば、4GBほどのモデルでも充分。画像編集やゲームのプレイに使用する場合には、8GB以上の製品がおすすめです。

ストレージ容量

タブレットを購入する際は、ストレージの容量もしっかりとチェックしておくのが重要。ストレージは、タブレットのデータを長期的に保存しておくために使用するパーツです。

容量の少ないモデルは、アプリやファイルを保存していくうちに容量が足りなくなってしまうので注意が必要。少なくとも32GB以上のストレージを搭載したタブレットを選択しましょう。動画や音楽を保存しておきたい場合には、64GB以上の製品を選ぶのがおすすめです。

また、SDカードスロットを備えているモデルであれば、簡単にストレージ容量の追加が可能。タブレットのデータをパソコンに移したい場合にも便利です。

Wi-FiモデルとSIMフリーモデルの違い

購入するタブレットを選択する際は、「Wi-Fiモデル」か「SIMフリーモデル」かを確認しておくのが重要なポイントです。Wi-Fiモデルのタブレットは、SIMフリーモデルに比べてリーズナブルな価格で購入できるのがメリット。コストを重視する場合にもおすすめです。

SIMフリーモデルのタブレットは、LTEや5G通信に対応しているのが特徴。通信会社と契約してSIMカードをタブレット本体に差しこめば、場所を選ばすインターネットに接続できます。


その他の機能をチェック

キッチンやお風呂で使用するなら「防水性能」をチェック

タブレットをキッチンやお風呂でも使用するのであれば、「防水性能」もチェックしておくのが重要です。タブレットの防水性能は、国際電気標準会議で定められた「IP規格」を確認することで把握が可能。「IPX◯」の「◯」部分に入る数値が大きいほど、高い防水性能が期待できます。

水回りで安心して使用したい場合には、IPX4以上の防水性能を備えたモデルがおすすめです。

子供が使う場合は「キッズモード」があると安心

子供用にタブレットを購入する場合には、「キッズモード」を搭載しているモデルが便利。キッズモードは、アプリのダウンロードやWebサイトの閲覧を制限できる機能のことです。

キッズモードを搭載したタブレットであれば、インターネット上のトラブルから子供を守れるのが魅力。子供の年齢に合わせて、閲覧制限などを設定することも可能です。

タブレットのおすすめメーカー

アップル(Apple)

iPhoneやMacなどで知られる「Apple」。タブレットでは、機能性やデザイン性に優れた「iPad」を展開しています。iPadは、MacやiPhoneなどAppleのデバイスと連携を取りやすいのが魅力。シンプルでスタイリッシュなデザインを採用しているのもポイントです。

日本電気(NEC)

1899年に創立された「日本電気」は、パソコンやディスプレイ、プロジェクターなどを製造する国内のメーカーです。日本電気のタブレットは、「LAVIE」と呼ばれるシリーズで展開されているのが特徴。品質に優れたタブレットとして人気を集めています。

LAVIEシリーズは、メモリーカードスロットを搭載しているモデルをラインナップ。タブレット本体に内蔵されているストレージの容量が足りなくなった場合に簡単に増設できるモノがおすすめです。

レノボ(Lenovo)

「レノボ」は、パソコンやスマホなどを取り扱う中国のメーカーです。レノボが製造するタブレットは、ラインナップが豊富。リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたモデルから、高機能のモデルなども展開されており、初めて購入するタブレットとしてもおすすめです。

また、臨場感あふれるサウンドを再生できるタブレットが存在するのもポイント。動画や映画の鑑賞に使用する場合にも便利です。

マイクロソフト(Microsoft)

By: microsoft.com

「マイクロソフト」は、「Surface」シリーズと呼ばれるタブレットを製造しているのが特徴。Surfaceは、高い処理性能だけでなくスタイリッシュなデザインでも人気です。

ビジネス資料やレポートの作成に便利なMicrosoft Officeを利用できるのがポイント。ビジネスシーンで使用するタブレットとしてもおすすめです。

タブレットのおすすめモデル|iPad

第1位 アップル(Apple) 11インチ iPad Pro MNXD3J/A

11インチの「Liquid Retinaディスプレイ」を搭載したタブレットです。高負荷な処理を素早く行えるM2チップを採用。高精細な動画を快適に楽しめるほか、クリエイティブな用途にも活躍します。最大10時間の大容量バッテリーを備えているため、外出先での作業が多い方におすすめです。

高性能なカメラを備えているのも魅力。被写体ごとに適した表現で撮影ができる「スマートHDR 4」機能で、きれいな写真が簡単に撮れます。また、Wi-Fi 6に対応しているため、複数の写真をSNSにアップロードしたいときにも便利です。

アクセサリが充実しているのもメリット。第2世代の「Apple Pencil」に対応しており、電磁信号によってディスプレイの最大12mm上まで検知できます。メモやイラスト制作をする際に細かい作業がしやすく便利です。「Magic Keyboard」を使用すれば、ノートパソコンのようなスタイルでじっくり書類作成も行えます。高性能で使い勝手のよいおすすめのタブレットです。

第2位 アップル(Apple) 12.9インチ iPad Pro MNXQ3J/A

高性能なM2チップを採用した12.9インチのタブレットです。前世代のM1チップよりも最大15%高速な8コアCPUと、最大35%速いグラフィックス性能を有する10コアGPUを搭載し、負荷のかかる処理も実現。動画編集や3Dデザインの制作、ハイフレームレートのゲームなどを快適に行えます。

高コントラストな「Liquid Retina XDRディスプレイ」を搭載しているのもポイント。鮮やかな映像で、映画の視聴を楽しめます。また、グラフィックデザインやイラスト制作にも適しており、クリエイティブな作業をする方にもおすすめです。

10MPの超広角で撮影ができ、カメラ機能が充実しているのもメリット。プロの現場でも使われる「ProResビデオ撮影」に対応しており、本格的な映像制作に使用可能です。また、被写体が画角に収まるように自動で拡大・縮小をして調節する「センターフレーム」機能によって、ビデオ会議にも活躍。ビジネス、プライベート問わず幅広く活躍するおすすめのモデルです。

第3位 アップル(Apple) iPad MPQ03J/A

Appleのエントリーモデルのタブレットです。ホームボタンを廃止し、「オールスクリーンデザイン」を採用。10.9インチの「Liquid Retinaディスプレイ」を搭載し、明るく見やすい画面なのが特徴です。「A14 Bionicチップ」を備えており、複数のアプリを立ち上げてマルチタスクもできるので、効率的に作業が行えます。

新しくカメラが横向きになっているのもメリット。12MP超広角のため、ビデオ会議の際はフレーム内にしっかりと収まることができます。また、4Kの動画撮影が可能で、作品づくりにも活躍。編集まで一貫して行えるので、利便性が高い製品です。

インターフェースはUSB-Cに変更。周辺機器との接続性が向上したのもポイントです。4色のポップなカラーが用意され、好みに合わせて選べるのも魅力。iPadのなかでは比較的リーズナブルで、幅広い場面で活躍するおすすめのタブレットです。

第4位 アップル(Apple) iPad Air MM9N3J/A

10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを採用しているタブレットです。高速なインターネット通信が可能なWi-Fi 6に対応しているのが特徴。動画の鑑賞やアプリのダウンロードを快適に行いたい場合にも便利です。

トップボタンにTouch IDを内蔵しているのもポイント。iPad Airのロックを解除する際だけでなく、アプリのサインインやApple Payを利用した会計などの際にも指紋認証が使えます。

CPUには、Appleが製造するM1チップを採用。モバイルゲームを楽しむ際も快適に処理できる高い性能を備えています。高精細な写真や4K映像が撮影可能なカメラも搭載している、おすすめのタブレットです。

第5位 アップル(Apple) iPad mini MK2L3J/A

コンパクトなデザインながら、パワフルな処理性能が期待できるタブレットです。8.3インチのディスプレイを採用しています。本体サイズは、195.4×134.8×6.3mmとスリムな設計。重量も293gと軽く、鞄に入れて気軽に持ち運べるのに加え、片手で扱いやすいのも魅力です。

また、Liquid Retinaディスプレイを搭載しているのもポイント。美しい映像や鮮明な文字を表示できるのがメリットです。「Apple Pencil」が利用できます。使用しない際は本体側面に取り付けておけるので、Apple Pencilを紛失するトラブルも予防できます。

トップボタンにはTouch IDを内蔵。指紋認証機能で、簡単にiPad miniのロックを解除できる点もおすすめです。

タブレットのおすすめモデル|Android

第1位 日本電気(NEC) LAVIE Tab E YZ-TAB10F01

10.3インチのワイド液晶を搭載している、おすすめのAndroidタブレットです。IPSパネルを採用しており、見る角度を変えても美しい映像を楽しめます。動画鑑賞時に姿勢を変更する場合や複数人でタブレットの画面を観る場合にも便利です。

OSにはAndroid 9.0を採用。ストレージの容量は64GBながら、microSDまたはmicroSDHCメモリーカードを利用可能。ストレージの容量を増設できるだけでなく、パソコンなどに簡単にデータを移せる点もメリットです。

第2位 レノボ(Lenovo) Tab B10 HD 2nd Gen

外出先にも持ち運びやすいAndroidタブレットです。10.1インチのディスプレイを搭載。本製品は薄さ8.25mm、重量約420gと、スリムかつ軽量にデザインされているのが特徴です。

CPUにはMediaTek P22Tプロセッサーを採用。4GBのメモリと64GBのストレージも備えています。また、目にやさしいアイプロテクション技術を搭載しているのもポイント。ブルーライトやまぶしさが低減され、長時間使用時でも目の疲労を軽減できます。

価格は比較的リーズナブルで、コスパに優れている点もおすすめのモデルです。

第3位 レノボ(Lenovo) Lenovo Yoga Tab 11 ZA8W0057JP

ドルビー・ビジョン対応の11インチのディスプレイを搭載したAndroidタブレットです。2000×1200解像度の精細な映像を表示できるのが特徴。映画館のような臨場感あふれる映像を楽しめるのが魅力です。

また、ドルビーアトモスに対応した4基のスピーカーを備えているのもポイント。オーディオメーカーとして知られるJBLのスピーカーが採用されており、迫力のある低音や原音に忠実なサウンドが再生できます。

CPUには、MTK G90Tプロセッサーを搭載。8GBのメモリも備えており、快適な処理性能が期待できます。本製品は、約15時間の動画視聴が可能なバッテリーを採用。急速充電に対応している点もおすすめです。

比較的手頃な価格で購入できるのもメリット。コスパに優れたタブレットを求めている方はチェックしてみてください。

第4位 サムスン(Samsung) Galaxy Tab S8+

12.4インチのSuper AMOLEDディスプレイを採用しているAndroidタブレットです。有機ELディスプレイの美しい映像を楽しめるのが特徴。120Hzのリフレッシュレートに対応しており、滑らかな映像を表示できるのが魅力です。

また、スタイラスペン「S Pen」が付属しているのもポイント。本物のペンのような書き心地でメモやノートを取ることができるほか、イラストの制作にも利用可能です。

さらに、耐久性に優れているのもメリット。アーマーアルミフレームで保護されており、衝撃からしっかりとタブレットを保護できます。ビデオ通話を行う際には、3マイクノイズリダクション機能が便利。ノイズを気にせず通話ができます。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) LUCA Tablet TM101N1-B

高画質な10.1インチのディスプレイを搭載しているAndroidタブレットです。1920×1200の解像度に対応しているのが特徴。角度を変えても色味が変わりにくく、精細な映像が楽しめます。

CPUには、8コアのMediaTek MT8768Eを採用。3GBのメモリを備えており、Web閲覧や動画鑑賞を快適に行えます。ストレージの容量は32GB搭載しているのに加え、microSDカードの使用が可能。多くのデータを保存できます。

また、8000mAhのバッテリーを内蔵しているのもポイント。USB Type-Cポートを搭載しています。メインカメラは800万画素、インカメラは500万画素と高解像度に対応。気軽にきれいな写真を撮影できる点もおすすめです。

タブレットのおすすめモデル|Windows

第1位 マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 8

OSにWindows 11を採用しているおすすめのタブレットです。背面にキックスタンドを搭載しているのが特徴。動画を観る際やイラストを制作する際など、ディスプレイの角度を好みにあわせて調節できる点が魅力です。

13インチのPixelSense Flow タッチ ディスプレイは、120Hzのリフレッシュレートに対応。滑らかな映像が表示できるので、ゲームをプレイする際にも便利です。

CPUにはインテルのCore i5を採用。メモリは8GB搭載しており、快適な処理性能が期待できます。また、バッテリーは最大16時間駆動するため。外出先で使用する頻度が高い場合にもおすすめです。

さらに、Microsoft Office Home & Business 2021が付属しているのもメリット。ビジネス資料を作成するタブレットを探している場合にも便利です。

第2位 マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 3

10.5インチのディスプレイを搭載している2in1タイプのタブレットです。本体背面にキックスタンドを備えており、ディスプレイの角度を自由に調節できるのが特徴。タッチ操作で利用できるほか、別売りのキーボードを取り付けてノートパソコンのようにも使えます。

バッテリーの駆動時間は最大約11時間。急速充電にも対応しており、屋外で使用する時間が長い場合にも便利です。CPUにはインテルのPentium Gold 6500Yを採用。メモリは8GB、ストレージは128GB搭載されています。

また、MicroSDXC カードリーダーを備えているのもポイント。内蔵ストレージの容量が足りなくなった際に便利です。

第3位 ALLDOCUBE iWORK GT

高速なインターネット通信が可能なWi-Fi 6に対応しているWindowsタブレットです。アプリのダウンロードを快適に行いたい場合にぴったり。高精細な動画を快適に鑑賞できます。

CPUには高性能なインテルのCore i5-1135G7を採用。メモリも16GB搭載されており、パワフルな処理性能が期待できます。また、ストレージは512GBと大容量なのもポイント。写真や動画を保存しておきたい場合にもおすすめです。

第4位 CHUWI Hi10 Go

堅牢性に優れているタブレットです。本体の素材にはアルミニウム合金を使用。重量が0.7kgと軽く、軽量でスリムな設計を採用しています。気軽に持ち運べるのが魅力です。

10.1インチのIPSディスプレイは、1920×1200の高解像度に対応。精細な映像を表示できるのがメリットです。CPUにはインテルのCeleron N5100を採用。6GBのメモリも搭載されており、快適な処理が可能です。

また、HDMIポートを搭載しているのもポイント。タブレットの映像を外部ディスプレイに出力したい場合にもおすすめです。

第5位 富士通(FUJITSU) arrows Tab WQ2/F3 AZ_WQ2F3_Z015

防水防塵性能を備えているWindowsタブレットです。キッチンでの使用だけでなく、アウトドアシーンで使う場合にもおすすめ。持ちやすく滑りにくいデザインを採用。堅牢性にも優れており、万が一落下した際にタブレットを保護できるのもメリットです。

また、スタイラスペンが標準で付属しているのもポイント。メモ書きやイラスト制作などにも使用できるおすすめのタブレットです。

タブレットの売れ筋ランキングをチェック

タブレットのランキングをチェックしたい方はこちら。