パソコンよりも手軽にネット閲覧ができる「タブレット」。スマホと同じアプリを大画面で操作できるなど使い勝手のよさもユーザーに浸透し、最近では子どもからシニア層まで幅広い世代が活用しています。

そこで今回は、タブレットに関する基礎知識と2018年のおすすめの製品をご紹介。サイズやOSの違いなどについても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

タブレットとは?

タブレットとは、キーボードが搭載されていない薄型の液晶付きコンピューターのこと。画面をタッチして操作するため、スマホに近い使用感なのが特徴です。

Appleが販売したiPadを皮切りに、Googleやマイクロソフトもタブレット用のOSをリリースしています。最近ではビジネスパーソンだけでなく、主婦や子ども、シニア層まで幅広い層から人気を集めているのが特徴です。

タブレットとパソコンの違い

タブレットの操作は画面タッチが基本。別途ペンやキーボードなどをBluetooth接続することによって使用できます。また、持ち運びに優れており、キッチンに持って行って料理のレシピを検索したり、寝室の枕元に設置して電子書籍を確認したりすることも可能。8インチ程度のタブレットであれば、カバンの中に入れて外出先でも気軽に使えます。

一方、ノートパソコンはキーボードとコンピューターが一体になっているのが特徴です。ノートパソコンに求められる用途はビジネスや動画編集、ゲーミングなどよりデータ容量の多い作業が大半。ただし、重量によっては持ち運びに適さないモデルもあります。

タブレットを選ぶ際には用途を明確にし、ノートパソコンとのスペックの違いを確認しておきましょう。

タブレットでできること

1. スマホで利用しているアプリが使える

スマホと同じOSを備えたタブレットであれば、普段スマホで利用しているのと同様のアプリを使用することが可能です。ただし、タブレットのOSの違いによって、利用できるアプリは異なる点には注意が必要です。

例えば、普段はiPhoneを利用しているのに、Androidタブレットを購入した場合、普段利用しているアプリが存在しないことがあります。また、スマホと同じようにCPUやメモリがアプリの動作基準を満たしていない場合、ゲームや画像処理ソフトは動作が重くなることがあるため留意してください。

2. 電子書籍を読む

By: pexels.com

タブレットは、電子書籍を読むのに最適なサイズ。また、画面を2本の指で拡大・縮小する「ピンチ操作」をして、文字のサイズを変えることができるため、スムーズに読めるのが特徴です。

3. お絵かきやメモ

By: apple.com

別途スタイラスペンと対応するアプリを用意すればお絵かきやメモ書きも可能。なお、従来のペンはあくまでも汎用性の高いものが多く、細かい文字や絵は書けませんでしたが、最近はタブレット機種専用のペンも登場しています。例えば、Appleが販売しているiPad Proであれば、「Apple Pencil」を活用することでイラストの制作をスムーズに行うことが可能です。

4. 写真や動画の撮影

By: sony.jp

タブレットには、スマホと同様にカメラが搭載されているモデルがほとんど。スマホでは画面が小さすぎて確認しづらい写真も、タブレットサイズなら撮影後すぐに映り具合を確認することが可能です。

5. ファイルの編集

ビジネスマンが頻繁に利用するExcelもアプリから編集できます。Bluetoothキーボードと接続すれば快適に文字入力を行えるので、パソコンを持たなくてもタブレット1台でまかなうことが可能。さらに、Windowsタブレットのように、あらかじめビジネスシーンで利用することを想定してパソコンと同じOSを搭載しているモデルもラインナップされています。

また、取り外し可能なキーボードを搭載した、いわゆる「2in1タイプ」のタブレットもリリースされているので、ビジネス用途でタブレットを使う方はチェックしてみてください。

タブレットの選び方

OSで選ぶ

デザイン性の高さとシンプル操作が魅力のiOS

iOSはAppleが提供しているOSで、iPhoneおよびiPadに搭載されています。iOSの特徴は、なんと言ってもデザイン性の高さとインターフェースの統一性。Appleのパソコンが長年デザイナーから愛用されていることからも分かるように、iOSでも高いデザイン性が継承されています。

AppleはGoogleと比較するとアプリの審査が厳しいため、ストアにあるアプリの品質が高い傾向にあるのもユーザーから支持されている理由のひとつです。ただし、Androidタブレットのように安価なタブレットがないため、iPadシリーズは全体的に高価な傾向にあります。

ラインナップの豊富さが特徴のAndroid OS

Android OSは、Googleが提供しているOSです。スマホと同様、複数のメーカーのタブレット端末にAndroid OSが搭載される仕組みを取っているため、複数の会社がしのぎを削ってタブレットを開発しています。

そのため、タブレットによって防水機能やスピーカーの音質を高めるなど、豊富なラインナップのなかからお気に入りの1台を選択することが可能です。

ただし、Android OSの場合はOSのバージョンやタブレットの機能によって、アプリが対応していないこともあります。利用したいアプリがある場合、OSへの対応の有無を購入前に調べておきましょう。

ビジネス利用に適したWindows OS

Windows OSはマイクロソフトが提供しているOSです。Android OSと同様、複数のメーカーのタブレットに搭載されているOSのため、iOSと比較してラインナップが豊富です。

現状Windowsタブレットとして販売されているものは、パソコンにインストールされているモノと同じOSが搭載されているため、ビジネスで利用しているソフトウェアをそのまま活用することができます。パソコンに近い用途を想定している方にはWindows OSがおすすめです。

なお、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える「2in1タブレット」と言われているモデルの多くがこのWindows OSを搭載したタイプです。代表的な機種である「Surface」シリーズなど、ノートパソコンとしても使えるスペックを備えています。

Amazonサービスを頻繁に利用する方におすすめのFire OS

By: amazon.co.jp

Fire OSはAmazonが提供しているOSです。アプリはすべてAmazonアプリストアからタブレットにインストール可能。TwitterやFacebookなどの一般的なアプリを始め、Amazonが提供する合計で約3000万の電子書籍、映画、音楽、ゲームが利用できます。

Google Play StoreやApp Storeを利用できませんが、普段から頻繁にAmazonのサービスを活用している方におすすめのタブレットです。

モニターサイズで選ぶ

持ち運びに適した7~8インチの小型モデル

By: sony.jp

7~8インチモデルは、携帯性に優れています。ネットサーフィンや電子書籍を読む場合には文字が小さめなので、拡大して調節することも可能。通勤・通学など移動中にタブレットを使用するのに最も適しているサイズです。

携帯性と機能性のバランスに優れた10インチのスタンダードモデル

10インチモデルは、携帯性と利便性を両立したスタンダードなサイズです。7~8インチモデルよりも性能が高い傾向にあり、プライベート活用のみではなく、高性能アプリを楽しみたい場合やビジネスシーンでの利用にも適しています。

ノートパソコンの代用として使える12インチ以上の大画面モデル

By: amazon.co.jp

前提として、ノートパソコンと同様の使い方を想定しているモデルです。ノートパソコンとしてはコンパクトなので、持ち運んで外出先で使用する場合にも適しています。なお、Androidタブレットには12インチ以上のモデルがほとんどありません。

通信方式で選ぶ

SIMカードを挿入することでどこでも通信可能なLTE(SIMフリー)モデル

LTE(SIMフリー)モデルとは、SIMカードを挿入することによってどこでもLTE通信を行えるモデルです。高速のLTE通信は魅力的ですが、月額料金を支払って通信事業者と契約する必要があるため、使用しなくても料金が発生してしまいます。

一方、移動中などWi-Fiが利用できない環境下においても通信を行うことが可能なため、Wi-Fiモデルより利便性が高いところは魅力です。ただし、タブレットの本体価格もLTEモデルの方がやや高くなります。

Wi-Fiに接続することで通信を行うWi-Fiモデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fiモデルは、SIMカードを挿入せずにWi-Fiに接続することによって通信を行うモデルです。月々の料金が発生しない一方、Wi-Fiが使えない環境下ではインターネットが使用できないというデメリットがあります。

ただし、SIMフリーモデルを利用せずともモバイルルーターやスマホのテザリング機能を活用することで、移動中などでもインターネットを活用することが可能。タブレット以外にも複数の端末で通信する機会があるなら、比較的価格の安いWi-Fiモデルも有力な選択肢です。

その他機能をチェック

動作の快適性を左右するメモリ容量

メモリ容量が多いとその分処理効率が上がり、動作も快適です。メモリだけでなくCPUの性能も重要ですが、メモリ容量も欠かさずチェックしましょう。

快適に操作するなら最低2GB以上は必須で、ワンランク上の3〜4GBは視野に入れたいところです。なお、8GB以上はWindowsタブレットやゲーミングタブレットなどに搭載される容量。PCゲームや動画編集などの重たい作業をタブレットでカバーしたい方には最適ですが、それ以外の方はオーバースペックになりかねないのでしっかりと確認しておきましょう。

動画や音楽などを保存するのに重要な記憶容量

動画や電子書籍をタブレットで持ち歩くなら、記憶容量の確認が必要です。多くの動画や音楽を保存すると16GBでは足りないことがあります。快適に使用するなら記憶容量が多いモデルがおすすめです。

使用していて容量が足りなくなれば、microSDカードを追加すれば拡張できます。記憶容量の大きさはタブレットの価格を左右するので、用途に合ったタイプを選びましょう。

キッチンや風呂場での使用に欠かせない防水機能

By: sony.jp

最近はキッチンで動画レシピを見ながら料理を作る方が増えています。水回りでタブレットを使うなら防水機能があると便利。濡れた手で操作をしても故障の心配がなく安心です。また、お風呂でも動画や電子書籍を楽しめるので、必要としている方はしっかりとチェックしておきましょう。

タブレットのおすすめメーカー

アップル(Apple)

By: apple.com

Appleは、iPhoneやiPadなどを製造・販売しているメーカーです。人気のタブレット「iPadシリーズ」は、誰でも簡単に使える操作性、スタイリッシュなデザインなどが人気を集め、国内外問わず幅広いユーザーから支持されています。

他メーカーのタブレットと比べると価格は若干高めですが、製品のクオリティが非常に高いのが魅力。機能性を重視する方におすすめです。

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

マイクロソフトは、パソコン向けのOS「Windows」や、ビジネス用アプリケーションソフト「Microsoft Office」など、馴染みの深いソフトウェアを開発・販売しているお馴染みのメーカーです。

マイクロソフトが販売するタブレット「Surface」はスペックが高く、処理の重いアプリやゲームをサクサク快適に楽しみたい方におすすめ。別途キーボードを用意するとノートパソコンとしても使えるので、プライベートはもちろんビジネスシーンでの利用にも最適です。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースは、台湾の総合エレクトロニクスメーカーです。スマホやタブレットなどのモバイル端末から、マザーボードやビデオカードといったパソコン部品まで、さまざまな製品を取り扱っています。

エイスースが販売するタブレット「ZenPadシリーズ」は、本体の重量が軽く、デザイン性にも優れているので、外出先でタブレット楽しみたい方におすすめ。SIMフリーや通話機能など、便利な機能が充実しているのも大きな特徴です。

Androidタブレットのおすすめモデル

7~8インチモデル

エイスース(ASUS) ZenPad 3 Z581KL

2K解像度(2048×1536)に対応した7.9インチAndroidタブレット。SIMフリーモデルなので、SIMカードを挿入することで、いつでもネットにつなげられます。

「ASUSTru2Life+」テクノロジーと呼ばれる映像技術・デュアルフロントスピーカー搭載など、エンタメコンテンツを最大限楽しむために配慮された設計。さらに、4GBのメモリを搭載しているため、Android用ゲームなども快適に楽しめます。最大11時間稼働するロングバッテリーのため、外出先でもガッツリ使い倒せるタブレットです。

日本電気(NEC) LAVIE Tab E TE508/HAW

Android 7.1を搭載した8インチタブレット。マルチタスクに対応し、コンテンツを楽しみながらメールの返信をするなど、柔軟な使い方ができる1台です。

本製品は「Dolby Atmos」と呼ばれるサウンドシステムを採用。フロントにデュアルスピーカーを搭載しているため音質も良好です。

さらに、Microsoft Office Mobileも搭載しているのもポイント。資料の編集などのビジネス用途にも対応できるので、汎用性の高いタブレットを探している方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 8.4

2560×1600の高解像度ディスプレイ搭載をした8.4インチAndroidタブレット。独自の画像最適化技術「ClariVu」を搭載しており、鮮やかで高画質な画像と映像が楽しめるのが魅力です。

さらに、ハイレゾオーディオ対応の高音質スピーカーを内蔵しており、迫力のある音質を実現。臨場感あふれる音と映像を体感できます。また、ブルーライトを軽減できる「視力保護モード」にも対応。アプリゲームを長時間楽しみたい方はもちろん、電子書籍用のタブレットとしてもおすすめです。

10インチモデル

エイスース(ASUS) ZenPad 10 Z301M-DB16

2万円程度で購入できるAndroid 7.0を搭載した10.1インチタブレット。アンチフィンガープリント加工と呼ばれる、指紋が残りにくい加工が施されているのが特徴です。

日本語入力システムのATOKや、キッズモードを搭載しているのもポイント。大人だけではなく、パソコンに親しんでいる高齢者や小さなお子さんでも安心して利用できます。

リーズナブルな価格から、持ち運びやすく、機能もひと通り揃っているので、初めてタブレットを購入しようとしている方におすすめのタブレットです。

レノボ(Lenovo) TAB4 10 Plus ZA2M0085JP

3万円程度で購入できる10.1インチAndroidタブレット。Android 7.1を搭載し、メモリ3GB・保存容量16GBと十分な性能を備えるため、仕事からプライベート利用まで幅広く使用できます。

充電端子はUSB Type-Cに対応。microSDカードスロットも搭載しているため、データ容量はさらに拡張できます。最大12時間稼働するバッテリーも魅力なハイコスパのタブレットです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite 10

10.1インチAndroidタブレット。LTEモデル・Wi-Fiモデルに加え、防水仕様やテレビチューナーを搭載したWi-Fiモデルのバリエーションも用意されています。

高性能スピーカーを4つ搭載しているため、クオリティの高いサウンドを楽しめるのがメリット。急速充電にも対応し、25分の充電で2時間の動画が楽しめる性能を有しているため、プライベート・ビジネス問わず活用できるタブレットです。

Androidタブレットについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Windowsタブレットのおすすめモデル

7~8インチモデル

オンキヨー(Onkyo) タブレット TW08A-87Z8

解像度1280×800のディスプレイを搭載した片手でも持ちやすい8インチサイズのタブレットです。CPUには従来のAtomよりもグラフィックス処理性能を強化した「Intel Atom x5-Z8350」を採用しており、快適な操作が可能。

無線LANは「IEEE802.11ac」に対応しており、安定した高速通信を行えます。また、ワイヤレスでタブレットの表示画面をテレビなどの外部ディスプレイに映せる「ミラキャスト送信機能」を装備。さまざまな用途で使えるおすすめのタブレットです。

10インチモデル

レノボ(Lenovo) Ideapad Miix 320

キーボードを接続することでノートパソコンとしても使える2in1タブレットです。ディスプレイには10.1インチのIPS液晶を採用。斜めからでも色鮮やかに見えるのが特徴で、快適にWEBページや動画を閲覧できます。

OSにはWindows 10 Home 64bitをプリインストール。CPUはインテルの「Atom x5-Z8350」、メモリは4GBを搭載しています。内部ストレージに64GBのeMMCを採用することで、起動はスピーディかつ振動に強いのが魅力です。

タブレット時の重量は550gで、キーボードを装着しても1.02kgと軽量。さらに、最大11時間のバッテリー駆動に対応するなど、外出先でも安心して使えます。プライベートでもビジネスでも活躍してくれるおすすめのタブレットです。

エイスース(ASUS) TransBook T101HA-G128

コスパに優れたWindowsタブレット。10.1インチ液晶に加えて、メモリ4GB・保存容量は128GBのため、よりパソコンとして利用する機会が多い方におすすめの1台です。

フルHD出力に対応したmicroHDMI出力端子・USB2.0・microUSB・microSDカードスロットなど、周辺機器を活用するための端子も豊富に搭載。タブレット利用なら、13時間も連続稼働できます。

サムスン(Samsung) Galaxy Book 10.6 SM-W623NZKAXJP

10.6インチのWindowsタブレット。書き心地がよく、充電が不要な「Sペン」とキーボードが付属しているのが特徴です。CPUはCore m3、メモリ4GB・保存容量128GBと高性能な上、OSにはWindows10 Proを採用。ノートパソコンと遜色ない用途をカバーできながら価格は10万円以下とコスパは良好です。

Office各種ソフトが使えるのはもちろん、メモ書きも使い勝手も良好。外出先でのタブレットをフル活用したい方におすすめの1台です。

12インチ以上のモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro GWM-00009

マイクロソフトの12.3インチ高性能タブレット。 LTE 通信機能内蔵でSIMカードを挿入すれば、どこでも通信がおこなえて便利です。10点同時にタッチ操作ができる「10点マルチタッチ」に対応しており、複数人でも使用できます。

CPUは機能と価格のバランスに優れた「Intel Core i5」を採用。搭載されているOSは「Windows10 Pro」で「Office Home & Business 2016」がプリインストールされているため、ビジネス利用を目的とする方におすすめです。

Windowsタブレットについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

iOSタブレットのおすすめモデル

7~8インチモデル

アップル(Apple) iPad mini 4 MK9Q2J/A

薄さ6.1mm・300gを切る超軽量のiOS搭載タブレット。解像度は2048×1536に対応しているため、小型ながらApple OS特有のデザインとインターフェースを堪能できます。

バッテリーは10時間連続稼働。Touch IDテクノロジーを搭載しているため、指紋認証でロックを解除することが可能です。また、Apple Payのような料金支払いも指紋認証で対応できます。

10インチモデル

アップル(Apple) iPad MR7G2J/A

iOSを搭載した2018年モデルの9.7インチサイズタブレット。高い性能を備えるプロセッサ「A10 Fusionチップ」を採用しており、従来モデルと比較するとCPUが40%、グラフィックスは50%もアップしています。また、iPad Proでのみ使用可能だった専用のスタイライスペン「Apple Pencil」に対応しており、紙に文字を書くような感覚でメモとったり、絵を描いたりして楽しめます。

本体の薄さは7.5mm、重量はおよそ469gと軽量コンパクトで持ち運びに便利。スペックを強化しているにも関わらず手ごろな価格で購入できるため、エントリーモデルとしてもおすすめのタブレットです。

12インチ以上のモデル

アップル(Apple) iPad Pro MTEL2J/A

ホームボタンを排除したオールスクリーンデザインが特徴の12.9インチタブレット。顔認証システム「Face ID」を搭載しており、快適かつ安全に使用可能です。また、Appleが開発した最新プロセッサ「A12X Bionic」を採用しており、旧モデルよりもグラフィックス性能が約2倍速くなっています。

新たに発売された第2世代の「Apple Pencil」とiPad Pro用キーボード「Smart Keyboard Folio」に対応。Apple Pencilを使用すれば、簡単にイラストが描けます。また、「Smart Keyboard Folio」を接続すれば、快適にタイピングできて便利です。

さらに、本体重量631gと軽量化を実現しながらもバッテリーは最大10時間持続。ノートパソコン代わりにタブレットを使用したいという方におすすめのモデルです。

Fire OSタブレットのおすすめモデル

7~8インチモデル

アマゾン(Amazon) タブレット Fire 7 8GBモデル 7.0インチ

Fire OSタブレットで低価格の7インチ液晶モデルです。本体が約19.2×11.5cmとコンパクトで、重量も約295gと軽量。常に持ち歩きながら外出先で電子書籍を読むのに適しています。バッテリー駆動は8時間と、スタミナも十分です。

ストレージ容量は8GBと少なめですが、microSDカードを追加でスロットに挿入すれば最大で256GBまで拡張できます。旅行にタブレットを持っていき、ゆっくりと読書をしたい方におすすめです。

10インチモデル

アマゾン(Amazon) タブレット Fire HD 10 32GBモデル 10.0インチ

Amazonが販売するタブレット。わずか1万円台で購入できる低価格タブレットPCにも関わらず、迫力のある映像が楽しめる「10.1インチHDディスプレイ」や、1回の充電で最大10時間使える「大容量バッテリー」、クリアな高音質サウンドが楽しめる「デュアルステレオスピーカー」など便利な機能が充実しています。

価格がリーズナブルな分、メモリ容量は2GBと少なめですがミドルスペックの「クアッドコアCPU」を採用しているので、処理の重いゲームでなければストレスなく快適に楽しめます。なお、iPadやAndroidタブレットと比べて使用できるアプリが少ないことは留意しておきましょう。

タブレットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

タブレットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。