動画鑑賞はもちろん、書籍を読んだりゲームをプレイしたり幅広い用途に使える「タブレット」。キーボードを利用してノートパソコンのように使えるモデルやイラストを描くのに適したモデル、大画面を搭載したモデルなど多数の製品が存在します。

そこで今回は、タブレットのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方も解説するので、参考にしてみてください。

タブレットの種類

Androidタブレット

By: lenovo.com

Googleが提供するOS「Android」を採用しているのが「Androidタブレット」です。多数のメーカーからさまざまなモデルが販売されており、機能やサイズ、性能面での選択肢が多いのが特徴。用途や好みに合わせて選べるメリットがあります。

リーズナブルな価格のモデルも多いので、初めてタブレットを購入する場合にもおすすめです。

Androidタブレットについて詳しく知りたい方はこちら

Windowsタブレット

By: microsoft.com

マイクロソフトが提供するOS「Windows」を採用しているのが「Windowsタブレット」。Windowsのパソコンを利用している方にとって使いやすいタブレットです。Windowsのパソコン用ソフトとも互換性があるので、「Microsoft Office」を使用してビジネス資料を作成する際にも使用できます。

動画や映画の鑑賞に加えて、ビジネスシーンでの利用を想定している場合におすすめのタブレットです。

Windowsタブレットについて詳しく知りたい方はこちら

iPad

By: apple.com

Appleが製造する「iPad」は、OSに「iPadOS」を採用したタブレット。シンプルで直感的に使えるユーザーインターフェイスが人気です。対応するアプリも豊富で、iPhoneやMacとの互換性の高さも魅力。

キーボードを利用してノートパソコンとしても使える高性能なモデルや、7.9インチのコンパクトなディスプレイを採用したモデルも存在します。用途や好みに合わせて選択できる点もおすすめです。

iPadについて詳しく知りたい方はこちら

タブレットの選び方

用途に合わせてサイズを選ぶ

持ち運んで使いたいなら「7~8インチ」がおすすめ

By: amazon.co.jp

外出先や移動中に使いたい方には、「7~8インチ」のディスプレイを搭載したコンパクトなモデルがおすすめ。サイズが小さめで、片手でも扱いやすいメリットがあります。

また、本体の重量が軽く、携帯時の負担を軽減できるのも魅力。長時間手に持って使用する場合にも便利です。リーズナブルな価格で購入できる製品も多いので、コスパに優れたタブレットを求めている場合にも適しています。

携帯性とスペックを両立したいなら「10インチ前後」

By: microsoft.com

「7~8インチ」のタブレットよりも視認性が高く、動画や映画を鑑賞しやすいのが「10インチ前後」のディスプレイを搭載したモデル。ベゼル幅の狭い製品や、スリムなデザインを採用したモデルも増えており、大画面搭載モデルに比べて携帯性にも優れています。

自宅での使用がメインで、外出先にも持ち歩けるタブレットを求めている方におすすめのサイズです。

大画面で作業したい人は「11~12インチ」を

By: microsoft.com

「11~12インチ」の大画面ディスプレイを搭載したタブレットは、マウスやキーボードを利用してノートパソコンとしても使いたい方におすすめ。スペックの高い製品が多く、快適に使える処理性能を備えているメリットもあります。

また、解像度の高いモデルであれば、スタイラスペンを使ってイラスト制作を行いたい場合にも便利。画面が大きいので、効率よく作業が進められます。

基本スペックをチェック

CPU

By: microsoft.com

タブレットの頭脳ともいえる「CPU」は、タブレットの処理性能を左右するパーツです。Webサイトの閲覧や動画の鑑賞が主な目的であれば、高い性能はあまり必要有りません。しかし、負荷の高いゲームや高画質な動画を楽しみたい場合には、高性能CPUを搭載したタブレットが適しています。

CPUの性能は、製造メーカーやコア数によって判断可能です。高性能なCPUを求める場合は、4コアや6コア以上のCPUを備えたモデルが便利。価格は比較的高いものの、インテルが製造する「Core iシリーズ」や「Core mシリーズ」のCPUは高性能でおすすめです。

メモリ(RAM)

タブレットで行っている作業を、一時的に保管するパーツが「メモリ」。容量が少ないとタブレットの動作が遅くなり、行う作業によっては固まってしまう場合もあります。Webサイトの閲覧や動画の鑑賞程度であれば、2GB程度のメモリを搭載したタブレットでも十分。快適な処理性能を求める場合は、4GB以上のモデルがおすすめです。

メモリの容量が増えれば価格も高くなりますが、負荷の高いゲームを楽しみたい場合や高画質な動画を鑑賞する場合には、容量の大きいモデルが適してます。

ストレージ容量

By: lenovo.com

アプリや写真、文書ファイルなどさまざまなデータを保存しておくのに必要な「ストレージ」。Windows・Android・iPadOSなどのOSを保存しておくのにも使われます。Webサイトの閲覧や動画の鑑賞、メールの送受信程度であれば16~32GBのストレージを搭載したタブレットでも十分。写真やアプリなどを多数保存しておきたい場合には、64GB以上のモデルがおすすめです。

また、タブレットによっては、SDカードスロットを搭載したモデルも存在。別途SDカードを利用すれば、ストレージの容量を拡張できます。

キッチンやお風呂で動画を見るなら「防水性能」をチェック

タブレットのなかには「防水機能」を搭載した製品も存在します。防水性能の高さは、国際電気標準会議によって定められた「IPコード」と呼ばれる規格によって判断可能。水滴がかかる程度であれば、IPX3~4程度の生活防水機能搭載モデルがおすすめです。

キッチンで映画や動画を鑑賞したり、デジタル書籍を読みたい場合には、タブレットの防水性能もチェックしておきましょう。

Wi-FiモデルとSIMフリーモデルの違い

By: microsoft.com

Wi-Fi環境のない場所でもインターネットに接続したい場合には、「SIMフリーモデル」のタブレットが便利。通信キャリアのSIMカードを挿し込んでおけば、電波の届く範囲でインターネットが利用できます。

自宅やオフィスなどのWi-Fi環境が整った場所でのみ使う方には、「Wi-Fiモデル」のタブレットがおすすめ。SIMフリーモデルのように月々の通信料金を支払う必要がなく、ランニングコストを抑えられるメリットがあります。

タブレットのおすすめメーカー

レノボ(Lenovo)

デルやヒューレット・パッカードなどと並んで、高い人気を集めるパソコンを製造している香港のメーカー「レノボ」。AndroidやWindowsなどのOSが採用されたタブレットを製造しています。コスパに優れた初心者向けモデルや、ノートパソコンとしても使える2in1モデルなどが存在。

比較的リーズナブルな価格で購入できるタブレットが多い点も魅力です。また、マルチユーザーに対応したタブレットを製造しているのも特徴。家族で共有するタブレットを求めている方におすすめです。

日本電気(NEC)

By: nec-lavie.jp

パソコンやスマホを製造する国内メーカー「日本電気」。7~10インチ程度のディスプレイが搭載されたタブレットを製造しています。サポート体制が充実しているので、初めてタブレットを購入する場合にもおすすめのメーカーです。

また、フルセグチューナーを搭載したモデルも存在。タブレットでテレビ番組を鑑賞したい場合に便利です。

アマゾン(Amazon)

By: amazon.co.jp

ECサイトとして有名な「Amazon」ですが、比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたタブレットも製造しています。「Fire」シリーズでは、7インチや8インチのディスプレイを搭載したコンパクトなモデルが人気。携帯性に優れているだけでなく、長時間手に持って使用する場合にも適しています。

Androidをベースにした独自のOS「Fire OS」が採用されているのも特徴。アプリのダウンロードは、「Amazon アプリストア」から行うのが基本です。

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

パソコンやタブレットのOS「Windows」や「Microsoft Office」で有名な「マイクロソフト」。高性能なタブレット「Surface」シリーズを製造していることでも知られています。価格は比較的高めですが、負荷のかかる作業を快適に行いたい場合におすすめです。

キーボードやケース、スタイラスペンなど、専用の周辺機器が充実しているのも魅力。プライベート・ビジネスシーン・クリエイティブ用途など、幅広く使える点もおすすめです。

アップル(Apple)

By: biccamera.com

iPhoneやMacはもちろん、Air Pods ProやApple Watchなどの製品でも知られるApple。デザイン性の高い製品を数多く製造している、人気メーカーです。

Appleが製造するタブレット「iPad」シリーズも、シンプルながらスタイリッシュでおしゃれな外観が魅力。スリムで鞄に収まりやすいデザインも特徴です。7.9インチのコンパクトなモデルから、ノートパソコンとしても使えるハイスペックなモデルまで複数の製品をラインナップ。用途に合わせて選択できる点もおすすめです。

タブレットのおすすめモデル|7~8インチ

レノボ(Lenovo) Lenovo Tab M8 FHD ZA5F0026JP

スタイリッシュなデザインが人気のAndroidタブレットです。高級感のあるメタル素材を使用したボディが特徴。本体サイズは約幅198.2×奥行122.6×高さ8.15mm、重量は305gほどで携帯性にも優れています。ディスプレイには、1920×1200のフルHD解像度に対応した「8.0型ワイドIPSパネル」を採用。高精細な映像が楽しめるのもポイントです。

音質面では「Dolby Audio」に対応。クリアで力強い臨場感あふれるサウンドが再生できます。また、本製品には「キッズモード」が搭載されているので、子供用のタブレットとしてもおすすめ。キッズ向けのコンテンツが利用できるほか、使用制限機能も使えます。

明るさやブルーライトを低減する技術が採用されているのもメリット。長時間タブレットを使用する場合にも適しています。CPUにはオクタコアプロセッサーを採用。メモリも4GB搭載されており、快適な処理性能が期待できます。

日本電気(NEC) LAVIE 8型ワイドタブレット TE708/KAS

軽量コンパクトで携帯性に優れたAndroidタブレットです。本体サイズは122.6×198.2×8.2mm。重量は305gほどなので、携帯時の負担を軽減したい方にもおすすめです。ディスプレイの解像度は、1920×1200のフルHD対応。動画や映画を鑑賞するほか、デジタル書籍の文字を鮮明に表示したい場合にも便利です。

CPUには8コアの高性能モデルを採用。メモリも4GB搭載されており、Webサイトの閲覧や動画の鑑賞を快適に行えます。ストレージの容量は約64GB。microSDメモリーカードスロットも搭載されています。

また、使用頻度の低いアプリのバッテリー使用を自動で制限する機能も搭載。Web閲覧時で約13時間のバッテリー駆動が可能です。

アマゾン(Amazon) Fire 7 タブレット

リーズナブルな価格で購入できる、コスパに優れたタブレットです。7インチのコンパクトなディスプレイを採用。本体サイズは115×192×9.6mm、重量約286gで片手でも扱いやすいのが特徴です。

メモリ容量は1GBと控えめながら、CPUにはクアッドコアを採用。ストレージは16GBと32GBの2種類から選択できます。また、microSDカードスロットが搭載されており、最大512GBまでストレージの拡張が可能です。

そのほか、音声アシスタント機能「Alexa」を搭載。声をかけるだけで簡単にコントロールできる点が便利です。通学や通勤電車内で電子書籍を楽しみたい方にも適しています。

アップル(Apple) iPad mini

7.9インチのコンパクトなディスプレイを採用したタブレットです。本体サイズは134.8×203.2×6.1mmとスリム。重量は300.5gなので、頻繁に携帯する場合にもおすすめです。CPUに映像を処理するGPUを加えた、Neural Engine搭載の「A12 Bionicチップ」を採用しているのも特徴。小型ながらパワフルな処理性能が期待できます。

2048×1536の高解像度「Retinaディスプレイ」が採用されているのもポイント。高い輝度・広い色域・反射防止コーティングにより、鮮明な画像が楽しめます。また、使用する環境に合わせてホワイトバランスを調節できるのも魅力です。

フロントとリアには、高性能なカメラを搭載。写真や動画の撮影はもちろん、リモート会議での使用にも便利です。別売りの「Apple Pencil」を利用すれば、文書ファイルへのメモ書きやイラスト制作も捗ります。幅広い用途に使える点もおすすめです。

バッテリーの駆動時間は最大10時間。屋外での使用頻度が高い方にもぴったりです。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M5 lite 8

臨場感あふれるサウンドが再生可能なタブレットです。音響機器メーカー「Harman Kardon」がチューニングを担当。デュアルスピーカーやデュアルパワーアンプが搭載されているだけでなく、「HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジー」も採用されており、歪みの少ない迫力ある低音が楽しめます。

ディスプレイは8インチで、解像度は1920×1200のフルHD対応。ベゼル幅が狭くデザインされており、精細な映像への没入感が高められる点も魅力です。本体サイズは約幅122.2×奥行204.2×高さ8.2mm。また、高級感のあるメタルボディもポイントです。

CPUには、「HUAWEI Kirin 710 オクタコアCPU」を採用。メモリは4GB、ストレージは64GB搭載されています。本製品はWi-Fi通信に加えて、LTE通信にも対応。Wi-Fi環境の整っていない場所でもインターネット接続ができます。

タブレットのおすすめモデル|10インチ前後

レノボ(Lenovo) Tab M10 HD 2nd Gen

家族で使いやすい10.1型のAndroidタブレットです。本体の薄さは8.25mmのスリム設計。画面占有率約85%の狭額縁デザインにより、使いやすさに加えて映像への没入感アップが期待できます。

ディスプレイの視野角が広いので、家族や友人と一緒に画面を閲覧したい場合にも便利。鮮やかで美しい映像を複数人で楽しめます。目に優しい「アイプロテクション技術」も採用。まぶしさやブルーライトの低減に期待できるため、長時間タブレットを使用する場合にもおすすめです。

音質面では「Dolby Atmos」に対応。音楽はもちろん、映画や動画を鑑賞する際に、臨場感あふれる上質なサウンドが楽しめます。

日本電気(NEC) LAVIE 10.1型ワイド大画面タブレット TE710/KA

防塵防水機能に対応したAndroidタブレット。IP5X/IPX3の防水防塵性能を備えているので、キッチンで使用するタブレットとしてもおすすめです。本体サイズは167×242.1×8.1mmで、10.1インチのディスプレイを搭載。解像度は1920×1200のフルHDに対応しています。

バッテリーでの駆動時間は、Web閲覧時で約13時間。屋外での利用頻度が高い方にも適しています。CPUは8コアの高性能プロセッサーを採用。4GBのメモリや64GBのストレージも搭載されています。また、「フルセグチューナー」が内蔵されているため、タブレットでテレビ番組を鑑賞したい場合にもおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Go 2

10.5インチサイズのディスプレイを搭載しながら、軽量でコンパクトなWindowsタブレットです。本体サイズは175×245×8.3mm。重量は544gほどで、鞄に入れて快適に持ち運べます。「10.5インチ PixelSense ディスプレイ」は、1920×1280のフルHD解像度対応。また、「Dolby Audio」に対応しており、Web閲覧だけでなく映画や動画の鑑賞にもおすすすめです。

CPUにはインテルのCore m3を採用。メモリも8GB搭載されているので、快適な処理性能に期待できます。また、ストレージは128GBの容量を備えているため、アプリや写真、動画を複数保存したい方にもぴったりです。

通信は、Wi-Fiに加えてLTEにも対応。場所を問わずインターネットを利用したい場合に便利です。

アップル(Apple) iPad 10.2インチ

比較的リーズナブルな価格で購入できる、コスパの高いタブレットです。Appleが製造するタブレット「iPad」シリーズのなかでも低価格なモデル。初めてタブレットを購入する方にもおすすめです。専用アクセサリ「Smart Keyboard」を取り付ければ、ノートパソコンのように使用可能。文字入力の多い作業を行う場合に便利です。

CPUに加えて、映像を処理するGPUが搭載されている「A12 Bionicチップ」を採用しているのもポイント。パワフルな処理性能を備えています。ステレオスピーカーも搭載されているので、臨場感あふれるサウンドを体感可能。また、2160×1620の高解像度10.2インチディスプレイの採用により、動画や映画も美しい映像で鑑賞できます。

別売りの「Apple Pencil」を導入すれば、PDFファイルやスクリーンショットへ簡単に注釈を書き込み可能。鉛筆のような自然な書き心地で、アイデアのスケッチやイラスト制作にも適しています。

アップル(Apple) iPad Air 10.9インチ

10.9インチの「Liquid Retinaディスプレイ」が採用されたタブレットです。2360×1640の高解像度に対応。精細で美しい映像を表示可能です。また、6コアのCPUに加えて、4コアのGPUが搭載された「A14 Bionicチップ」を採用。パワフルな処理能力を備えており、負荷の高い動画編集作業なども快適に行えます。

別売りの「Apple Pencil」を購入すれば、スクリーンショットやEメールへ注釈を加える作業も簡単。繊細なグラデーションイラストの制作も行えます。さらに、「Smart Keyboard Folio」や「Magic Keyboard」を取り付ければ、ノートパソコンのようにも使用可能。文字入力も快適です。

なお、本製品はWi-Fiモデルですが、LTEモデルもラインナップ。高速通信が可能なWi-Fi6に対応しているのもポイントです。サイドに搭載されたトップボタンは、「Touch ID」に対応。指紋による認証機能が使える点もおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad Pro

約4.9mmのスリムベゼルを採用したタブレットです。約90%の画面占有率により、映像への没入感を高められるのが特徴。約10.8インチのディスプレイは2560×1600の高解像度に対応しており、美しい映像が表示できます。「ブルーライトカット機能」も搭載されているため、目への負担が気になる方にもおすすめです。

本体重量は約460g。10.8インチのディスプレイを搭載しながら、比較的軽量なので外出先に携帯するタブレットとしても適しています。CPUには「HUAWEI Kirin 990オクタコア」を採用。別途GPUも搭載されているため、映像処理能力にも優れています。

タブレットのおすすめモデル|11~12インチ

レノボ(Lenovo) Tab P11 Pro

「11.5型ワイドOLEDパネル」を搭載したAndroidタブレットです。2560×1600の高解像度に対応しているので、鮮明でリアルな映像表示が可能。4面6.9mmの狭額ベゼルデザインにより、映像への没入感が高められる点もおすすめです。

CPUには、8コアの「Qualcomm Snapdragon 730Gプロセッサー」を採用。処理性能に優れており、負荷の高いゲームを楽しみたい場合はもちろん、マルチタスク作業にも適しています。

そのほか、最大約15時間のバッテリー駆動が可能。長時間連続して使う場合にも便利なタブレットです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 7

ノートパソコンとしても使える性能を備えた、ハイスペックなWindowsタブレットです。CPUには、インテルのCore i5を採用。8GBのメモリも搭載されているので、快適な処理性能が期待できます。

ストレージには、256GBのSSDを採用。OSやアプリに加えて、写真や動画、文書ファイルを複数保存したい場合に便利です。また、12.3インチのディスプレイを搭載しており、2736×1824の高解像度に対応しています。

アップル(Apple) iPad Pro 11インチ

高い処理性能を備えたタブレットです。2388×1668の高解像度に対応した「Liquid Retinaディスプレイ」を搭載。美しく精細な映像が表示できます。また、高性能なカメラやスタジオ品質マイクと4つのスピーカーが搭載されており、映像撮影への利用にもおすすめ。さらに、安全性の高い顔認証にも対応しています。

8コアのCPUと7コアのGPUが搭載された「A12Z Bionicチップ」を採用しているのもポイント。負荷の高い作業も、快適に処理できます。4K動画の編集や、3Dグラフィックデザイン制作にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) QVseries CF-QV9HDGQR

ノートパソコンとしても使える、2in1タイプのタブレットPCです。12インチのディスプレイを搭載しており、2880×1920の高解像度に対応。美しく精細な映像を表示可能です。CPUには、インテルのCore i5を採用。8GBのメモリと256GBのSSDも搭載されています。

キーボードが付属しているので、文字入力作業にもぴったり。USB Type-CポートやUSB Type-Aポートなど、インターフェイスが充実している点もおすすめです。