スマホを長時間使用したり、充電したりすると本体が熱くなることがあります。そのまま放置すると、誤動作や故障の原因につながることも。

そんなときに便利なのが、発熱したスマホを効率よく冷却できる「スマホクーラー」です。今回は、おすすめのスマホクーラーをご紹介。選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホクーラーとは?

By: sanwa.co.jp

使用時や充電中にスマホが熱くなってしまった際に、熱を効率的に冷却し、誤動作やバッテリーの劣化を防ぐ効果が期待できるスマホクーラー。大切なスマホを熱から守るアイテムです。

最近では、さまざまなメーカーから販売されており、リーズナブルに購入できるモデルも多数ラインナップ。スマホを長く使用したい方は、チェックしてみてください。

スマホクーラーを使うメリット

By: sanwa.co.jp

冷蔵庫・冷凍庫・保冷剤などを使っても、スマホを冷やすことは可能。しかし、急激な温度変化はスマホ内に結露を発生させ、故障の原因になってしまいます。

スマホクーラーのメリットは、スマホ本体に負担をかけず効率よく放熱・冷却ができること。スマホをより安全に冷却するなら、スマホクーラーを使用するのがおすすめです。

スマホクーラーの選び方

用途に合わせてタイプを選ぶ

ファン付きスタンドタイプ

By: amazon.co.jp

ファン付きスタンドタイプは、スタンドに立てかけてスマホの背面に風を送って冷却するタイプのスマホクーラー。動画を視聴するときなど、画面操作をほとんど行わないシーンで役立ちます。

機能がシンプルで、比較的リーズナブルに購入できるのもメリット。一方で、シートタイプに比べて冷却力がやや弱い点には要注意。冷却力が弱くても、持続的に冷却できるタイプを探している方や、コスパを重視する方におすすめです。

ファン付きコントローラータイプ

By: amazon.co.jp

ファン付きコントローラータイプは、ゲームをプレイしながら、ファンでスマホを冷却できるタイプのスマホクーラー。冷却方式はファン付きスタンドタイプと同じですが、スマホへ手軽に取り付けやすいのが魅力です。

付加機能として、モバイルバッテリーを備えたモデルが多いのもポイント。また、ゲームをプレイするときに持ちやすくしたり、操作しやすくしたりなどの工夫がされているモデルもあり、スマホでゲームをプレイする機会が多い方におすすめです。

シートタイプ

By: sanwa.co.jp

シートタイプは、スマホの背面に直接貼り付けて冷却するタイプのスマホクーラー。さまざまな冷却装置に使われる「ペルチェ素子」を採用したモデルが一般的で、高い冷却力が魅力です。

スマホの電源を入れると同時に作動するモデルが多く、使い勝手がよいのもポイント。薄いモノが多いため、持ち運びにも適しています。一方、ファン付きタイプに比べて、冷却を持続できる時間の短さがデメリット。価格は高くなりますが、冷却力と持続時間を両立したい方は、シートタイプにファンが搭載されているハイブリッドモデルを検討してみてください。

スマホのサイズに合ったモデルを選ぶ

By: sanwa.co.jp

スマホクーラーを選ぶ際には、サイズも要チェック。特に、ファン付きスタンドタイプやファン付きコントローラータイプを購入する際は、自分のスマホに対応しているかを事前に確認しておきましょう。伸縮性を備えたモノや対応サイズの幅が広いモノなら、機種変更しても使えて便利です。

スマホクーラーのおすすめ|ファン付きスタンドタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スマホクーラー 400-CLN029

折りたたみ式スタンドで、縦持ちの状態で使用できる

ペルチェ素子シートとファンで冷却する仕組みの、スタンド付きスマホクーラーです。高い冷却機能が必要な方におすすめ。スマホを素早く冷やせるため、長時間待つ必要がありません。

スタンドは折りたたみ式なので、本体をスマホから取り外さなくても、縦持ちの状態で使用可能。スタンドは120°・136°・152°・168°と4段階の角度調節に対応しています。

クーラーの使用中は緑、充電中は赤色のインジケーターが点灯するため、現在の状態をひと目で判断できるのもポイントです。バッテリーはmicroUSBによる充電式を採用。約3時間の充電で約1.5時間の連続使用ができます。

tyokan スマートフォンクーラー

バッテリーを搭載しており、スマホを充電できる

スマホクーラー・スマホスタンド・モバイルバッテリーの3機能を搭載したモデルです。直径4cmの冷却ファン2基により、スマホを広範囲に冷却可能。静音性に優れているので、ゲーム・動画視聴・ボイスチャットなどを快適に行えます。ファンの回転数は、無段階に調節が可能です。

本体には大容量の5000mAhバッテリーを搭載しており、スマホを充電できるのもポイント。背面のツメを立てれば、スタンドとしても機能します。バッテリーはUSBによる充電式で、幅広い充電方法に対応。固定方式はホルダー式で、3.7~5.5インチのスマホを固定できます。

TONG YUE 3段階風量調節 スマホクーラー

シーンに応じて風量を変えられるおすすめのモデル

3段階の風量調節が可能な、ファン付きスタンドタイプのスマホクーラーです。静音性を重視したいときなど、状況に応じて風量を変えられるのが特徴。また、シリコン製の吸盤を多数搭載しており、しっかりとスマホを固定できるのもポイントです。

本体には2000mAhのバッテリーを内蔵し、スマホの充電にも対応。背面のスマホリングは、スマホを持つときやスタンドとして使用する際に便利です。本体に内蔵されたLEDライトは、使用時に鮮やかに点灯します。

スマホクーラーのおすすめ|ファン付きコントローラータイプ

アンカー(ANKER) PowerCore Play 6700 A1254011

大容量の充電機能とスタンド機能を搭載した、コントローラータイプのスマホクーラー。本体には6700mAhものバッテリー容量を搭載し、電池残量を気にせずにゲームを楽しめます。充電機能を使用していない間は、内蔵されたファンによりスマホを冷却可能です。

本体背面のツメを立てれば、スマホスタンドとしても機能します。ゲームプレイに限らず、動画鑑賞も楽しむ方におすすめです。本体の幅は約14.5~16.1cmで調節可能で、幅広いサイズのスマホに対応しています。

本体には15WのUSB-Cポートと12W出力のUSB-Aポートを搭載。さまざまなUSB機器から充電が可能です。最大10W以上の充電機器を使用すれば、約3時間でフル充電できます。

Baseus モバイルフォン用ゲームハンドル

スタンド機能・充電機能・コントローラー機能を搭載したスマホクーラー。快適にゲームや動画視聴を楽しみたい方におすすめのモデルです。本製品は2つの冷却ファンを搭載。冷却性能が高く、スマホから発生した熱を効率よく冷却します。

グリップは人間工学に基づいたデザインで、握りやすい設計。ゲームのパフォーマンスを向上するのに役立ちます。本体にスタンド機能を搭載しているため、快適に動画を楽しめるのもポイントです。

2000mAhのバッテリーを搭載しているのも魅力。スマホの充電にも対応しています。充電は付属のケーブルを使って行い、約2時間でチャージが完了。ケーブルは1.5mと長いので、充電しながらのゲームプレイも可能です。

ホルダーとスマホの接触部分には、シリコンパッドを搭載。セットしてもスマホをキズ付けにくい仕様です。スマホのサイズは4~6.3インチに対応しています。

スマホクーラーのおすすめ|シートタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スマホクーラー 400-CLN027

短時間でスマホを冷やせるシートタイプのスマホクーラー。ペルチェ素子シートをスマホ本体に直接当てて冷やす仕組みで、長時間待つ必要がありません。

本体重量は約132g、サイズは幅53×奥行25×高さ115mm。本製品よりもスマホのサイズが大きければ、あらゆる機器に対応可能です。本体を取り付けた状態でスマホを傾けると、簡易スタンドとしても機能します。

付属のmicroUSBケーブルで約3時間充電すれば、約1.5時間使用可能。持ち運んで使用するのにもぴったりです。充電が終わると本体のLEDランプが消えるので、ひと目で状況を確認できます。

Gamear スマホ冷却ファン

冷却シートとファンを搭載したスマホクーラー。低騒音設計でゲームや動画視聴などを快適に行えます。音が小さいので、ボイスチャットをする際にもおすすめです。スマホへの固定は、伸縮式クリップによる固定方法を採用。ホルダー部分にはシリコンを搭載しており、スマホをキズ付けることなく固定できます。

電源はUSB給電式を採用している分、本体重量の軽量化を実現。本体がコンパクトなため、持ち運びに便利です。本体はUSB接続すると電源が自動でオンになり、短時間で冷却できます。給電式なので、使用時間を気にする必要もありません。

日本ブロアー スマホ用過熱防止保冷剤 PCM-C32-150G

スマホ専用の常温保冷剤。本製品は一般的な冷凍の保冷剤とは異なり、32℃で固まったり溶けたりします。そのため、使用後に保冷剤が溶けてやわらかくなっても、冷房が効いている部屋であれば保冷剤が固形化し、再びスマホを冷やすことが可能。また、流水で冷やしても、すぐに使えるようになります。

スマホへの取り付け方法は、保冷剤を付属の専用カバーで覆い、専用のバンドで固定する仕組みです。カバーのサイズは幅78×奥行15高さ135mm。カバーのサイズよりも小さいサイズだと、スマホへ固定できない点には注意が必要です。

保冷剤の材質には塩化化合物を採用。毒性を有していないのが特徴で、安心して使用できます。

zspowertech ヒートシンク

導入コストを抑えてスマホを冷却したい方におすすめのモデルです。本製品は、電源を必要としないヒートシンク。16枚のフィンにより放熱面積を広く確保しているので、スマホを効率よく冷却します。ファンを搭載していないため、騒音を気にする必要もありません。

ヒートシンクの両面テープは放熱性が高いほか、簡単に貼り付けが可能。幅60×高さ100mmよりも大きいスマホであれば、貼り付けられます。また、スマホ以外にも、ゲーム機や電源アダプタなどに活用できるのがポイントです。