手ブレを補正する「スマホ用スタビライザー」。スマホカメラで動画を撮るときに、手ブレを抑えた滑らかな映像が撮影可能です。最近はYoutubeやInstagram・TikTokなどSNSに動画を投稿する方も増えており、注目を集めています。

そこで、今回はおすすめのスマホ用スタビライザーをご紹介。スマホで動画を撮影する機会が多い方は、ぜひ参考にしてみてください。

スマホ用スタビライザーとは?

By: amazon.co.jp

スマホ用スタビライザーは動画撮影時に手ブレを補正する機器です。スマホ本体を取り付ければ、動きながらでもきれいな映像を撮れるのが魅力。スマホを手で持つよりもブレが少なく、見やすい動画を撮影できます。

スマホ用スタビライザーには電動・機械式の2種類あり、モーターや重りによって手ブレを防ぐのが特徴です。それぞれメリットや特徴が異なるので、利用シーンや用途に合わせて選んでみてください。

スマホ用スタビライザーの選び方

タイプをチェック

電動式

By: amazon.co.jp

電動式は内蔵されているモーターによって水平を保つのがポイント。自動で揺れを感知して補正するため、より安定した映像を撮影できます。

バッテリーは最低でも2時間程度持続するのが一般的。長時間撮影したい場合は、使いながら充電ができるモバイルバッテリー対応の機種が適しています。

スマホアプリと連動し、フィルターや編集機能が充実している製品が多いのも特徴です。技術がなくても簡単に本格的な映像を作れるのがメリット。初期設定や操作をするうえで知識が必要ですが、機能面を重視している方におすすめのタイプです。

機械式

By: amazon.co.jp

重りを使ってバランスを取るのが機械式です。自動調節ではないため慣れるまで少し時間がかかるものの、バッテリーを気にすることなく旅行や外出時に使えます。充電を気にせず使いたい方にぴったりです。

機械式は細かい調節をしやすいのがポイント。自分好みの角度で撮影したい方に適しています。また、機械式の方がリーズナブルな製品が多く、気軽に購入できるのも魅力。初めてスタビライザーを買う方にもおすすめです。

回転軸の数をチェック

By: rakuten.co.jp

スマホ用スタビライザーには回転軸が付いていますが、数によって補正する方向が異なります。1軸は水平方向のみに動くタイプで、シンプルな構造の製品が多いのがポイントです。2軸は水平と垂直方向どちらにも動きます。

1軸・2軸のスマホ用スタビライザーは、静止して撮影するときに活用するのがおすすめ。また、価格も比較的安いので、リーズナブルなスタビライザーを探している方にも適しています。

3軸のスタビライザーは、全方向に対してバランスを取りやすいのが特徴。特に動きがある撮影をするときに使うと、安定したブレの少ない動画に仕上がります。動きながらの撮影が多い方にぴったりです。

サイズと重量をチェック

By: zhiyun-tech.jp

使用シーンや用途によって、推奨されるサイズや重さは異なります。たとえば三脚を使用するより手持ちでの撮影が多い方は、軽量タイプがおすすめ。長時間持っていても疲れにくく、使いやすいのが魅力です。

なかには折りたためる製品もあり、カバンに入れてもかさばらずに持ち運べます。コンパクトになるモノは、旅先など荷物を減らしたいときにも便利。携帯したり旅行で使ったりする機会が多い方は、ぜひチェックしてみてください。

便利な機能をチェック

By: rakuten.co.jp

スタビライザーは手ブレ対策になるだけでなく、そのほかにも便利な機能付きの製品が多くあります。たとえば手元でズームやモードの切り替えができたり、被写体追跡機能が付いていたりとさまざまです。

また、専用アプリと連動して簡単に編集ができるモノもあります。多機能なスマホ用スタビライザーが欲しい方は、本体の性能だけでなく追加機能もチェックするのがおすすめです。

スマホ以外の機器も利用できるかチェック

By: amazon.co.jp

スタビライザーなかにはGoProやデジタルカメラ・一眼レフにも対応可能な製品もあります。スマホ以外でも撮影したい方は、対応機器の多いモノがおすすめです。

カメラなどの専用機器で撮ると、より高画質で躍動感のある映像に仕上がるのがメリット。また、ライトやマイクが取り付け可能なら、暗いところでの撮影や音声の品質を確保できます。さまざまな機器に対応している製品は、安定した本格的な映像を撮りたい方にぴったりです。

スマホ用スタビライザーのおすすめ

ディージェーアイ(DJI) OM 4 SE

ドローンやジンバルカメラで人気の「DJI」が展開しているスマホ用スタビライザー。3軸で安定しており、滑らかな映像が撮影できます。

また、使いやすさはもちろんのこと、機能面が充実しているのも魅力。ジェスチャー操作機能やタイムラプス・スピンショットモードなどさまざまな使い方が可能です。

マグネットでスマホ本体を着脱するため、スムーズに取り外しやすいのも特徴。折りたたんで携帯できるので、外出先での撮影にも活躍します。

また、専用アプリにはフィルターや音楽テンプレートが入っており、編集した動画のシェアも可能。動画をSNSにアップしたい方にもおすすめです。

ディージェーアイ(DJI) OM 5

手ブレ補正機能に優れている3軸のスマホ用スタビライザーです。3つの強力なモーターによって、激しい動きがあるときもスマホをコントロールできます。

また、自動トラッキングモードがついており、被写体に合わせて追従するのも特徴。動きながらの撮影が多い方にもおすすめです。

周辺環境を自動で認識し、自然や食べ物など撮影対象に合ったテンプレートを提案する機能付き。手元のボタンで写真と動画モードを切り替え可能で、シーンに合わせて使い分けたいときにも活用できます。

ゼシュビット(Zeshbit) スマホジンバル

リーズナブルな価格が魅力の電動式スマホ用スタビライザーです。ワイヤレスリモコン付きで、スマホと接続すれば約10m離れたところからでも操作できます。

ワンクリックでスマホの縦と横を切り替えたり360°回転させたりできるため、さまざまな角度で撮影しやすいのがポイント。難しい操作がなく、初めてスマホ用スタビライザーを買う方にもおすすめです。

ロッド部分は伸縮するので自撮り棒としても活用できます。三脚も付いており、固定したままの撮影や集合写真を撮るときも便利。Vlog撮影や旅先での映像を残したい方にも適しています。

ホヘム(Hohem) iSteady X スマホジンバル HH_iSteadyXWH

259gの軽量なスマホ用スタビライザー。片手で持ちながら撮影するときの安定感が魅力です。さらに、手のひらサイズまでコンパクトになるため、小さなバッグやポケットにも収納可能。バッテリー持続時間は最大8時間で、外出先に持って行く場合にも便利です。

スタビライザー本体を逆さにすると、ローアングル視点に自動で切り替わります。動物や子供など、低い位置で撮影したいときにも便利。さらに、美容モードや顔追跡モードなども充実しているため、多機能なスタビライザーを探している方にもおすすめです。

フェイユーテック(FeiyuTech) VLOG Pocket2 FYVLP2

安定性に優れた3軸タイプのスタビライザーです。250gと軽量のため、バッグに入れて持ち歩くときに重宝します。カラーはブラックとピンクの2色展開で、スタイリッシュなデザインが特徴です。

ロール軸を回転させて撮影するインセプションモードやパノラマモードなど、アプリの機能が充実しているのもポイント。また、ファストフォローモードを搭載しており、動きが速い被写体もしっかり追従します。

ホヘム(Hohem) iSteady Mobile+

機能面を重視している方におすすめのスマホ用スタビライザーです。スポーツモードでは、より速い動きに対応した撮影ができます。笑顔を記録しておける美容モードや、360°回転するインセプションモードも搭載。さまざまなシーンに対応可能です。

自動オフ機能付きで、電力を必要以上に消耗することなく長時間使えます。垂直モードでは8段階にシフトできるので、細かい調節が可能。いろいろな角度で撮影したいときに重宝する機能です。

三脚とUSBケーブル・専用ポーチが付いているので、そのままバッグに入れて持ち運ぶときも便利。また、対象のスマホサイズは58〜98mmで最大積載重量280gと、幅広い機種に対応しています。

ジウン(ZHIYUN) SMOOTH X

2軸でコンパクトさが魅力のスマホ用スタビライザー。カメラやスマホ用スタビライザーの製造・販売を手がける中国メーカー、ジウンの製品です。

比較的リーズナブルな価格ながら、専用アプリの機能も充実しています。SMARTモードを使えばテンプレートによって簡単に編集できるので、動画のクオリティにこだわりたい方にもおすすめです。

モバイルバッテリーに対応しており、撮影しながら充電できるのもポイント。外出先でバッテリーが切れる心配をすることなく、安心して使えます。

また、ボタン操作でSNSに適した縦構図のポートレートモードに切り替えも可能。SNS用の写真や動画を撮影したい方にもぴったりです。

モザ(MOZA) スマホ用ジンバル NANO SE MST01

1軸タイプのスマホ用スタビライザーです。1軸モーターによって動きながらでもブレが少なく、見やすい動画を撮影できます。

操作用Bluetoothリモコンは本体から着脱でき、遠隔操作できるのもポイント。離れたところから撮影したいときにも役立ちます。ロッドは660mmまで伸ばせるため、自撮りや広い画角での撮影も簡単です。

また、ハンドル部分は三脚にもなるので、固定して撮りたいときにも便利。カラーはブラックとグリーンの2種類で、おしゃれなスマホ用スタビライザーが欲しい方にもぴったりです。

ジウン(ZHIYUN) Smooth 5

大型スマホにも対応している電動式のスタビライザー。最大搭載重量が280gなので、さまざまなスマホで撮影できます。また、約2時間の充電で最大8時間使用でき、充電しながらの操作も可能です。

モードの切り替えや、ジョイスティック操作がすべて手元でできるのもポイント。スマホの画面で操作することなく、スムーズに撮影できます。

スムービー(Smoovie) PLUS スマホ・GoPro用スタビライザー

スマホ・GoPro・デジタルカメラに対応するスタビライザーです。付属のアタッチメントを付け替えれば、さまざまな機器で撮影可能。本体とアタッチメントを合わせても133gと軽量のため、外出先でいろいろ機器を使って撮影したい方に適しています。

ロッド部分は約140〜255mmまで伸縮し、装着した機器の重さに合わせた調節も簡単。最大まで伸ばした場合も、2つの強力なマグネットを使用した設計により、細かな振動を軽減します。

また、取っ手の先端には三脚や自撮り棒が取り付けが可能で、幅広いシーンに活用できる製品です。

ニューワー(Neewer) スマートフォンカメラスタビライザー ビデオリグ

機械式のスマホ用スタビライザーです。リーズナブルながらも、設計や性能に工夫が凝らされているのがポイント。片手や両手持ち・三脚のどれでも操作しやすい設計で作られています。

また、ハンドル部分も握りやすくなっているため、長時間持つ場合にもぴったり。価格が安く初心者も扱いやすいので、初めて機械式のスタビライザーを買いたい方にもおすすめです。

素材がプラスチックで軽量なのもメリットで、手持ちで撮影するときにもラクに扱えます。ライトやカメラも取り付け可能な設計で、本格的な撮影をしたい方にもぴったりな製品です。

ユートビット(UTEBIT) カメラ スタビライザー UTEBIT_HDSTB

撮影機材専門店が展開する、さまざまな機器に対応したスタビライザー。スマホ・GoPro・一眼レフ・ビデオカメラ・デジタルカメラを取り付け可能です。カメラにLEDとマイクを付けたり、スマホとGoProを取り付けたりと互換性があります。

C型スタビライザーで上部を持つタイプになっており、グリップ部分は滑り止め付き。特にローアングルの撮影を得意とします。本体は赤のラインがポイントになっており、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

スマホ用スタビライザーの売れ筋ランキングをチェック

スマホ用スタビライザーのAmazon・楽天市場のランキングをチェックしたい方はこちら。