手ブレを抑えて、スマホでなめらかな動画が撮影できるジンバル。Vlogなどを撮りたい方にもぴったりです。スタビライザーとも呼ばれており、さまざまなメーカーから発売されています。

今回は、スマホ用ジンバル・スタビライザーのおすすめ製品をピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ジンバル・スタビライザーとは?

By: amazon.co.jp

ジンバル・スタビライザーとは、カメラやスマホなどに装着して動画撮影時の手ブレを防止できるアイテムのことです。

ジンバルは軸を中心として回転させて、手ブレを抑えるタイプ。スタビライザーは、重りを使用して手ブレを抑えるタイプを指します。なお、ジンバルとスタビライザーには構造的な違いがありますが、同一に扱われることも多いのが特徴です。

スマホ用ジンバル・スタビライザーの選び方

タイプをチェック

機能性に優れた「電動式」

By: amazon.co.jp

電動式は、角速度が測定できるジャイロセンサーを搭載しています。揺れを感知してブレを補正でき、機能性に優れているのが特徴。スマホの動きを感知して一定の角度にキープ可能です。

初めてジンバルを使用する方でも操作しやすいのがメリット。ただし、補正用のモーターが内蔵されているため重量がある点や、バッテリー式で充電する必要がある点は留意しておきましょう。

価格が安い「機械式」

By: amazon.co.jp

機械式はスタビライザーの下部に重りが付いており、手ブレが発生した場合に振り子のように動いて振動を抑えるタイプ。シンプルな構造で電動式に比べて重量が軽く、価格的にも比較的リーズナブルなモノが多いのが魅力です。

ただし、電動式よりも手ブレ補正の精度が低い傾向にあるほか、重りのバランスを調節しながら操作するので、慣れるまで時間がかかることがあります。低価格である程度の手ブレを補正したい方にぴったりです。

回転軸の数をチェック

補正力重視なら「3軸タイプ」

By: amazon.co.jp

3軸タイプとは、チルト(垂直・上下)・ロール(回転)・パン(水平・左右)の3軸で手ブレを補正するジンバルのことです。あらゆる角度からバランスを取れるため、より高い補正力を実現します。

3軸タイプのジンバルを利用することで、動きのあるカメラワークでも綺麗に撮影できるのが魅力です。たとえば、走りながらの撮影や激しいスポーツの撮影などに適しています。

3軸タイプはそれぞれの軸に微調整が必要で、機能性が優れていることから比較的高価格なのが特徴。そのぶん、ジンバルのなかでも補正力が高いので、スマホで動きのあるシーンを綺麗に撮影したい方におすすめです。

設定が簡単な「1軸・2軸タイプ」

By: amazon.co.jp

1軸タイプは名前の通り、ひとつの軸で手ブレ補正するジンバル・スタビライザーです。2軸タイプは水平と垂直の2軸でバランスを取り、構造がシンプルながら高い手ブレ補正を実現できます。

3軸タイプに比べて補正する軸が限られており、扱いやすいのが魅力。 比較的安いので、価格を抑えたい方にもおすすめのタイプです。

対応するスマホの機種やサイズをチェック

By: amazon.co.jp

スマホ向けのジンバル・スタビライザーはスマホを挟んで使用するグリップ式が主流です。コンパクトサイズのジンバル・スタビライザーの場合は大型サイズに対応していない場合もあるので、自分のスマホを取り付けられるか事前に確認しましょう。

また、ジンバル・スタビライザーのなかには、スマホとBluetoothで連携し、ズームや明るさを設定できる専用アプリが用意されている製品もあります。アプリによってiPhoneかAndroidの一方だけしか対応していない場合があるため、対応OSもチェックするのがおすすめです。

本体サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

旅行など出先で撮影する機会が多い方は、軽量でサイズが小さな製品を選ぶのがおすすめ。なかには折りたたみタイプのジンバル・スタビライザーもあり、収納して持ち運べるのが魅力です。

一方、サイズが大きいモノは安定感がありますが、収納しにくく持ち運びにくいのがデメリット。また、大きさに比例して重量も重くなるため、長時間利用すると腕が疲れてしまうことがあります。ジンバル・スタビライザーを選ぶ際は、本体サイズと重量も併せてチェックしましょう。

バッテリー持続時間をチェック

By: amazon.co.jp

電動式のジンバル・スタビライザーはバッテリーで動くので、1回の充電で利用できる持続時間も確認したいポイント。旅行先などで長時間使用する場合は、バッテリーがしっかりと持つ製品を選ぶのがおすすめです。充電切れが不安な場合は、モバイルバッテリーなどを持ち運びましょう。

機能をチェック

By: dji.com

ジンバル・スタビライザーには手ブレ補正以外にも、製品によってさまざまな機能が搭載されています。機能によって利便性が変わるので、事前にチェックしておくことがおすすめです。

たとえば、特定のモーションでシャッター操作を行う「ジェスチャー撮影機能」や被写体を自動で追尾できる「自動追尾機能」、早送りの動画を撮影できる「ハイパーラプス機能」などが挙げられます。どのような動画を撮影したいか考慮して選んでみてください。

スマホ以外の機器も利用できるか

By: amazon.co.jp

スマホ以外の機器も使用している方は、ジンバル・スタビライザーが複数の機器に対応しているのかを事前にチェックするのがおすすめ。デジカメやアクションカメラなどの取り付けに対応しているモデルもあり、さまざまな機器で手ブレの少ない撮影が楽しめます。

撮影する被写体やシチュエーションに応じて、使用する機器を使い分けられるため便利です。

スマホ用スタビライザーのおすすめメーカー

ディー・ジェイ・アイ(DJI)

By: amazon.co.jp

「DJI」は、主にドローン市場で高いシェアを誇っている大手企業です。中国のシリコンバレーとも呼ばれる広東省の深センに本社を置き、中国だけでなくアメリカやドイツ、日本などにも拠点があります。

ドローン関連のアイテムをはじめ、カメラ用やスマホ用のジンバルも多く揃えているのが特徴。高度な手ブレ補正機能により、綺麗な動画撮影を実現できます。

ジーウン(ZHIYUN)

By: amazon.co.jp

「ZHIYUN」は高品質なジンバル・スタビライザーを取り扱っているメーカー。プロフォトグラファーやクリエイターの間でも愛用されており、映画やドラマの撮影でも使われています。

スマホ用ジンバル・スタビライザーは、コンパクトながら高機能なモノをラインナップ。小型で扱いやすいモノを探している方は、ぜひZHIYUNのスマホ用ジンバル・スタビライザーをチェックしてみてください。

スマホ用スタビライザーのおすすめ

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OM 5

スマホ用に特化した3軸タイプの電動式ジンバル・スタビライザー。折りたたみができるため、携帯性に優れているのが魅力です。

内蔵延長ロッドにより、ハンドルとスマホ取り付け部分を伸縮して長さを調節可能。3つの強力なモーターを搭載した3軸タイプで安定性が高く、撮影中に激しく動き回るシーンでもしっかり手ブレを補正します。

周辺環境を自動認識して、場面に合った撮影方法やテンプレートを提案してくれるShotGuides機能を搭載。チュートリアルを見ながら使い方を把握できるので、初心者でも綺麗に撮影できるのがおすすめポイントです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OM 4


マグネット着脱式で素早く装着できるスマホ用スタビライザー。スマホの背面に装着してすぐ使用できるので、撮影のタイミングを逃しません。

390gと軽量で、初めてスタビライザーを使用する方でも扱いやすいのが特徴。バッテリー容量は2450mAhと大容量のため、駆動時間は最大15時間と長時間利用できます。

本製品は機能性にも優れているのもおすすめポイント。たとえば、被写体を追尾するActiveTrack 3.0や、複数の写真を1枚のパノラマ写真として作成する分身パノラマ機能が利用できます。

折りたたんでコンパクトに収納できるため持ち運びにも便利。利便性が高いハイスペックな製品です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Osmo Mobile 3


長時間屋外で使用するのを想定して開発された3軸タイプのスマホ用スタビライザー。手に握りやすいグリップ形状で、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。「DJI Mimo」という専用アプリに対応しており、カメラパラメーターの設定などができます。

本体側面にあるUSB Type-C充電ポートから給電可能。また、DJI Osmo Mobile 3からスマホを充電するなど、モバイルバッテリーのような使い方もできます。

バッテリー容量は2450mAhで、駆動時間は最大15時間です。高品質な動画を長時間撮影する方に適しています。

ジーウン(ZHIYUN) SMOOTH Q3


180°回転できるLEDライトが内蔵され、薄暗い場所でも明るく撮影できるスマホ用スタビライザー。高い補正力を実現する3軸タイプを採用しており、動きのあるシーンでも安定して綺麗な映像を撮影できます。最大280gまで、厚み7~10mmまでのスマホを装着可能です。

折りたたみ可能で持ち運びに便利なのも魅力。また、専用アプリを使うことで、トラッキングやジェスチャーコントロール、ズームなど複数の機能を使用できます。

ジーウン(ZHIYUN) SMOOTH 5


ホイール部分にフォーカス機能とズーム機能が搭載されている、3軸タイプのスマホ用スタビライザー。水平軸を起点に360°回転できます。

専用アプリを使うことで、ビデオフィルターや字幕を付けられるほか、アスペクト比の変更などができるのも魅力。撮影したデータを手軽に編集してSNSにアップしたい方にぴったりです。

取り外しが可能なLEDライトが付属しているので、薄暗い場所でも撮影可能。ライトの色は、レッド・ブルー・オレンジ・イエローのカラーフィルターを付け替えて調節できます。

重量は280gと軽量。また、最長約12時間使用できるのも魅力のひとつです。多機能で多様な撮影を楽しみたい方に適しています。

ジーウン(ZHIYUN) SMOOTH X


折りたたむことで手のひらサイズになる、シンプルな1軸タイプのスマホ用スタビライザー。重量も246gと軽量なので、カバンやポケットに入れて持ち運びやすいのが魅力です。

ハンドル部分に搭載されているMボタンを押すことで、横画面から縦画面に変更可能。InstagramのストーリーやTikTokなど、投稿したいSNSや動画サービスに合わせられるため便利です。

専用アプリ「ZY Cami」にはさまざまな動画テンプレートが用意されており、おしゃれな動画を作成できるのも特徴。また、電動式ジンバルのなかでも比較的リーズナブルな価格で購入できるのもおすすめポイントです。

モザ(MOZA) Mini-MX MSG02


機能性と使いやすさに優れているスマホ用スタビライザー。Deep Redと呼ばれるアルゴリズムにより、高い補正力を実現しています。滑らかに動画を撮影できるのが特徴です。走りながら撮影をしてもしっかりと手ブレが補正できるので、動きの多い撮影に適しています。

シンプルなレイアウトのボタンをハンドルに搭載しているのもポイント。ジンバルやスタビライザーを初めて使う方でも直感的に操作できます。

モザ(MOZA) Mini MX 2 MFG01


連続動作時間が最大20時間のスマホ用スタビライザーです。スマートセンサーを搭載。ホルダーがスマホを検知すると、自動的に開いてスマホを固定できます。

ハンドル部分に搭載されているボタンの種類は、電源ボタン・撮影ボタン・ズームボタン・トリガーのみ。シンプルな設計なので直感的に使えます。

横幅60〜88mm、重量143〜280gのスマホに対応。バッテリー容量が2000mAhと大きいので、長時間撮影したい方にもおすすめです。

Hohem iSteady Multi 3in1


スマホだけでなく、デジカメやアクションカメラなどさまざまな機器で利用できるスタビライザー。3軸タイプを採用しており、高い補正力を実現しています。

3軸タイプを採用しているので高い補正力も魅力。 ハンドルは人間工学に基づいて作られており、握りやすいのもおすすめポイントです。また、ハンドル部分にあるズームイン・アウト機能を使うことで、直感的に画角を調節できます。

バッテリーは3600mAhと大容量。本製品からほかの機器に充電ができるので、モバイルバッテリーとしても活用できます。

QIMIC スマホジンバル 自撮り棒 スマホ三脚

スマホの装着部分とハンドル部分を5段階に伸縮できる、1軸タイプのスマホ用スタビライザー。折りたたんだ際の長さが16.5cm、重量が約215gと軽量コンパクトなので、カバンやポケットに入れて手軽に持ち運べます。

ハンドル部分に搭載されているMボタンを押すことで、横画面と縦画面を切り替え可能。また、ハンドルを3方向に展開することで三脚としても使えるのが特徴です。

Hohem iSteady Mobile Plus

操作しやすい電動式を採用している、3軸タイプのスマホ用スタビライザー。自動美顔機能が搭載されており、ビデオや写真の撮影をより美しく撮影できるのがおすすめポイントです。

スピードの速いシーンを綺麗に撮影できるスポーツモードを搭載。また、本製品の側面と底部にネジ穴が付いているので、三脚を装着した撮影も可能です。

厚みが58〜89mm、重さが280gまでのスマホに対応しています。

FeiyuTech VLOG Pocket2


ブラシレスモーターを採用することで、効果的に手ブレ補正ができるスマホ用スタビライザー。ハンドル部分には7つのボタンを搭載しており、片手で簡単に操作できます。

本体サイズは111×57.9×146.6mm、重量は272g。折りたたんでカバンやポケットにラクに入れられます。また、専用アプリ「FeiyuON」を使うと、スマホにタッチせずジンバル操作でモード変更が可能です。iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

QYJP スタビライザー

別途アダプタを購入することで、スマホの取り付けにも対応する機械式のスタビライザー。4段階の高さ調節と5段階の前後水平調節が可能です。握りやすく手にフィットするラバーグリップを採用しており、手が滑って落としてしまうリスクを軽減できます。

デジタル一眼レフカメラやアクションカメラにも対応しているので、さまざまな機器に使える機械式スタビライザーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スマホ用スタビライザーの売れ筋ランキングをチェック

スマホ用スタビライザーのランキングをチェックしたい方はこちら。

関連リンク
・ジンバルのおすすめ(ビックカメラ)