スマホでゲームを本格的に楽しむために必要なスマホコントローラー。テレビゲームさながらのスマホ用ゲームアプリが数多く配信されていますが、スマホのディスプレイだけでは操作が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなスマホゲームを本格的に楽しみたい方におすすめのスマホコントローラーと、選び方を紹介します。どの製品を購入するか迷っているという方は参考にしてみてください。

スマホ対応コントローラーの選び方

対応のスマホOSをチェック

By: amazon.co.jp

スマホコントローラーは製品によって対応しているOSが異なるので、まずは自分が使用しているスマホのOSに対応したコントローラーかどうかを確認しておきましょう。製品によっては複数のOSに対応しているスマホコントローラーもあります。

iOS(iPhone)

Appleから販売されているiPhoneはすべてiOSと呼ばれるOSを搭載しています。iPhoneを使用している場合は、iOSに対応しているスマホコントローラーを選びましょう。

また、有線接続タイプはUSBやmicroUSBで接続するタイプの製品が多いため、iOS対応のスマホコントローラーは無線タイプのモノがほとんどです。

Android

By: amazon.co.jp

XperiaやGalaxyなどのAndroidスマホには、AndroidというOSが搭載されています。Android OSを搭載したスマホで使用する場合はAndroidに対応しているスマホコントローラーを選びましょう。

Androidで利用できるスマホコントローラーの中には、USB Type-AからmicroUSBやUSB-Cへの変換アダプタが別途必要になる場合があるので、使用しているスマホに対応した端子の付いたスマホコントローラーを購入すると便利です。

接続の規格をチェック

有線

By: amazon.co.jp

ケーブルで直接スマホと接続する有線接続は、レスポンスが早く安定しているのが特徴。アクションゲームや格闘ゲーム、シューティングゲームなどのスピード感が重要なゲームをする場合におすすめです。

ただし、プレイ中はケーブルがかさばり邪魔になる可能性があります。また、スマホ本体からケーブルを通じて給電するので、スマホ本体のバッテリーの消耗が激しくなるのが欠点です。

スマホの充電口にはスマホコントローラーのケーブルを接続しているため、充電しながらのプレイができないので長時間プレイをする場合には向きません。自宅でゆっくりゲームをプレイしたい方や、主にスピード感が重要なゲームをプレイする方は有線のスマホコントローラーがおすすめです。

Bluetooth

By: amazon.co.jp

Bluetoothを使った無線接続は、その名の通りケーブルがないため持ち運びに便利で、プレイ中でもコードの煩わしさがないのが特徴です。バッテリーもスマホ本体からの給電ではなく、スマホコントローラー自体を充電して使用します。スマホ本体のバッテリー容量を気にする必要がないので、長時間のプレイでも安心です。

ただし、有線接続に比べるとBluetoothは操作に遅延が発生するため、格闘ゲームなどの早いレスポンスが必要なゲームには向きません。RPGやサウンドノベルなどをプレイしたい方や、外出先で使いたい方におすすめです。

また、VRゴーグルを着用してのゲームプレイにスマホコントローラーを使用する場合には、Bluetooth接続のスマホコントローラーの使用が推奨されています。

Bluetooth接続のスマホコントローラーは、iOSとAndroidの両方に対応しているモデルもあるので、複数の端末で1つのスマホコントローラーを共有したい場合はBluetooth接続のスマホコントローラーを選びましょう。

スマホコントローラーの形状をチェック

By: amazon.co.jp

スマホコントローラーは、機種によってボタンの配置や数、機能が異なるので自分に合ったモノを探す必要があります。例えば、十字キーだけでなくジョイスティックを搭載していれば操作も快適です。

スマホコントローラーの形状は、ファミコンのように昔ながらのコントローラーを模したシンプルな形状のモノから、プレイステーションなどのテレビゲーム機に使われるような本格的な形状のモノまで幅広く販売されています。

シンプルな形状のモノの方が比較的価格は安いですが、機能を最低限しか搭載していないため、操作性は低いです。しっかりとした本格的な形状のスマホコントローラーであれば、操作がしやすく、またしっかりとスマホコントローラーを握れるので、疲れにくく長時間のプレイにも向いています。

価格が安く最低限の操作で十分な場合はシンプルな形状のモノでも問題ありませんが、本格的にプレイをしたい場合にはテレビゲーム用コントローラーのようなしっかりとした形状のスマホコントローラーを選びましょう。

スマホ対応コントローラーのおすすめ人気モデル|有線タイプ

ゲームサー(GameSir) G3w ゲームパッド

ゲームサー(GameSir) G3w

ジョイスティックがプラスチックでできたAndroidスマホコントローラーです。連射機能付きでシューティングがやりやすいほか、持ち手には振動機能が搭載されているため、臨場感あふれるゲームプレイを楽しめます。

Xinput、Direct inputの規格に対応しており、スマホのみならずPCやPS3でも使用可能。HomeやABXYボタンは、起動する際にLEDライトによって輝きを放つため、細かい演出も魅力です。

マインクラフトPEなどの人気ゲームにも対応するほか、取扱説明書に付いたQRコードからエミュレーター「Happy Chick」をダウンロードすれば、遊べるゲームの幅も広がります。有線なので遅延もなく、安い価格でコスパのよいモノが欲しい方におすすめです。

EasySMX ESM-9100

EasySMX ESM-9100

Xbox 360コントローラーのデザインをベースにしたAndroid対応の有線モデルです。手に合わせて作られた持ち手は快適なフィット感を実現し、操作感もXbox 360に似ているため、同ハードを持っている方におすすめ。

グリップ部分には振動モータが埋め込まれており、ゲームの臨場感をリアルに追体験できるほか、ターボボタンとほかのボタンを同時押しすれば簡単に連射機能を使えるので、シューティングゲームやFPSゲームに役立ちます。

今回紹介する有線スマホコントローラーの中でも最も安い部類なうえ、機能面でも問題なく使えるレベルなので、コスパを求めるという方にぴったりです。

Madgiga Bluetooth ゲームパッド SB-122

Madgiga Bluetooth ゲームパッド SB-122

有線やBluetooth、USBレシーバーを使った無線など、接続方法が多彩なAndroid対応スマホコントローラーです。有線接続なら遅延や電池切れの心配がなく、無線接続なら配線が邪魔にならないため、使い方に応じてメリットがあるのが魅力。

持ち手はエルゴノミクス形状で表面の質感がよいため、快適なフィット感が得られるほか、ボタンは300万回の耐久試験をクリアしているため、ボタン入力に力が入っても簡単には壊れない耐久性があります。

3.5から6.4インチまでの端末をスマホコントローラーに固定でき、本物のゲーム機を扱っているかのような操作が可能。コスパもよく、スマホでゲームを長時間するという方におすすめです。

スマホ対応コントローラーのおすすめ人気モデル|Bluetoothタイプ

スティールシリーズ(SteelSeries) Nimbus Wireless Controller 69070

スティールシリーズ(SteelSeries) Nimbus Wireless Controller 69070

ゲーム向けデバイスで有名なスティールシリーズが販売する本格派Bluetoothスマホコントローラーです。iOSデバイスとの互換性が高く、数百に及ぶゲームが遊べるほか、Apple TVの操作にも対応しています。

専用のアプリをダウンロードすれば対応するゲームを確認できるので、購入前に自分のプレイしたいゲームが対応しているか簡単に調べられるのも魅力。遊ぶゲームに迷った際も、アプリを通して人気タイトルが分かるのでおすすめです。充電式のバッテリーは、40時間以上の長時間の寿命を持つのも特徴。iOSユーザーに快適な環境を共有します。

8BitDo ZERO

8BitDo ZERO

iOSとAndroidの両方に対応した片手サイズの超小型Bluetoothスマホコントローラーです。本体は50gと軽量ながら、2時間程度の充電で18時間近く稼働するパワフルさが魅力。

ゲームを遊ぶのはもちろんPC上でよく使うキーの割り当てができるため、お絵かきやツールを使う際の左手デバイスとしても機能します。価格も安いので、シンプルなスマホコントローラーが欲しい方におすすめです。

8BitDo SFC30 GamePad CY-SFC30

8BitDo SFC30 GamePad CY-SFC30

形状やボタン配置を含め、懐かしのゲーム機「スーパーファミコン」を完全再現したiOSとAndroidの両方に対応するスマホコントローラーです。USB接続で遅延や電池切れの心配がなく、Bluetooth接続にも対応するため好みに応じた使い分けができます。

ジョイスティックを必要としないシンプルな操作感で遊べるゲームアプリで使えるほか、レトロなデザインのスマホ対応コントローラーが欲しいという方におすすめです。

ゲームサー(GameSir) GameSir T1s

ゲームサー(GameSir) GameSir T1s

4段階の明かりを調整できるボタンや振動、連射など、一通りの便利機能を持つAndroid対応Bluetoothスマホコントローラーです。端末を固定できるクリップが付いているのも魅力。

「マインクラフトPE」などの人気ゲームにも対応し、Bluetooth対応スマホコントローラーの中でも価格が安いので、コスパを求めるプレイヤーにおすすめです。

RegeMoudal Bluetooth コントローラー 018

RegeMoudal Bluetooth コントローラー 018

iOS7.1.2以上、Android4.4以上で大半の端末に対応したBluetoothスマホコントローラーです。振動機能や高耐久なボタンを持つほか、フル充電で最大15時間使えるため、電池切れの心配はなく、外出先でも1日持ちます。

「マインクラフトPE」や「崩壊3rd」などの人気アプリに対応し、公式によると2000種類のゲームで動作するなど幅広く使えるのも魅力のおすすめ製品です。

ゲームサー(GameSir) GameSir T6

ゲームサー(GameSir) GameSir T6

左手はボタン、右手はタッチスクリーンによる操作を可能にしたAndroid対応Bluetoothスマホコントローラーです。伸縮する本体は使わない時にコンパクトサイズで持ち運べるほか、4.5から6.7インチの端末まで使えるので、大半のスマートフォンで使えます。

ジョイスティックで移動、ボタンで選択など、物理ボタンでの片手操作をしながら、タッチ操作も使用したゲームプレイがしたいという方におすすめの製品です。

ゲームサー(GameSir) GameSir G5

ゲームサー(GameSir) GameSir G5

iOSとAndroidの両方に対応し、タッチパッドとジョイスティックが付いた珍しいBluetoothスマホコントローラーです。全部で33個のボタンがあり、それぞれにキーの割り振りをしたりマクロを組んだりできます。

「崩壊3rd」や「荒野行動」などの知名度のあるスマホゲームに対応するほか、FPS系ゲームで有利に使えるのが魅力。操作の癖も強いですが、変わったスマホコントローラーが欲しいという方におすすめです。