スマホでゲームを本格的に楽しむために必要なスマホコントローラー。テレビゲームのようなスマホ用ゲームアプリが数多く配信されていますが、スマホのディスプレイだけでは操作が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなスマホゲームを本格的に楽しみたい方におすすめのスマホコントローラーと、選び方を紹介します。どの製品を購入するか迷っているという方は参考にしてみてください。

スマホ対応コントローラーの選び方

対応のスマホOSをチェック

By: amazon.co.jp

iPhoneとAndroidでは、それぞれ搭載しているOSが異なります。また、スマホコントローラーも製品によって対応しているOSが異なるので、まずは自分が使用しているスマホがどのOSを搭載しているのか確認しておきましょう。

製品によっては複数のOSに対応しているスマホコントローラーもありますが、自分の使用しているスマホのOSに対応しているスマホコントローラーかどうかを購入時に確認する必要があります。

iOS(iPhone)

Appleから販売されているiPhoneはすべてiOSと呼ばれるOSを搭載しています。iPhoneを使用している場合は、iOSに対応しているスマホコントローラーを選びましょう。

また、有線接続タイプはUSBやmicroUSBで接続するタイプの製品が多いため、iOS対応のスマホコントローラーは無線タイプのモノがほとんどです。

Android

By: amazon.co.jp

XperiaやGalaxyなどのAndroidスマホには、AndroidというOSが搭載されています。Android OSを搭載したスマホで使用する場合はAndroidに対応しているスマホコントローラーを選んでください。

Androidで利用できるスマホコントローラーの中には、USB Type-AからmicroUSBへの変換アダプタが別途必要になる場合があるので、接続の端子がmicroUSBタイプのスマホコントローラーを購入すると便利です。

接続の規格をチェック

スマホコントローラーの接続方法は「有線接続」とBluetoothで接続を行う「無線接続」があります。それぞれメリットとデメリットがありますので、自分の使用用途にあった接続方法のスマホコントローラーを選びましょう。

有線

By: amazon.co.jp

ケーブルで直接スマホと接続する有線接続は、レスポンスが早く安定しているのが特徴。アクションゲームや格闘ゲーム、シューティングゲームなどのスピード感が重要なゲームをする場合におすすめです。

ただし、プレイ中はケーブルがかさばり邪魔になる可能性があります。また、スマホ本体からケーブルを通じて給電するので、スマホ本体のバッテリーの消耗が激しくなるのが欠点です。

スマホの充電口にはスマホコントローラーのケーブルを接続しているため、充電しながらのプレイができないので長時間プレイをする場合には向きません。自宅でゆっくりゲームをプレイしたい方や、主にスピード感が重要なゲームをプレイする方は有線のスマホコントローラーがおすすめです。

Bluetooth

By: amazon.co.jp

Bluetoothを使った無線接続は、その名の通りケーブルがないため持ち運びに便利で、プレイ中のコードの煩わしさがないのが特徴です。バッテリーもスマホ本体からの給電ではなく、スマホコントローラー自体を充電して使用します。スマホ本体のバッテリー容量を気にする必要がないので、長時間のプレイでも安心です。

ただし、有線接続に比べるとBluetoothは操作に遅延が発生するため、格闘ゲームなどの早いレスポンスが必要なゲームには向きません。RPGやサウンドノベルなどをプレイしたい方や、外出先で使いたい方におすすめです。

また、VRゴーグルを着用してのゲームプレイにスマホコントローラーを使用する場合には、Bluetooth接続のスマホコントローラーの使用が推奨されています。

Bluetooth接続のスマホコントローラーは、iOS/Androidの両方に対応しているモデルもあるので、複数の端末で1つのスマホコントローラーを共有したい場合はBluetooth接続のスマホコントローラーを選びましょう。

スマホコントローラーの形状をチェック

By: amazon.co.jp

スマホコントローラーは、機種によってボタンの配置や数、機能が異なるので自分に合ったモノを探す必要があります。例えば、十字キーだけでなくジョイスティックを搭載していれば操作も快適です。

スマホコントローラーの形状は、ファミコンなどの昔ながらのコントローラーを模したシンプルな形状のモノから、プレイステーションなどのテレビゲーム機に使われるような本格的な形状のモノまで幅広く販売されています。

シンプルな形状のモノの方が比較的価格は安いですが、機能を最低限しか搭載していないため、操作性は低いです。しっかりとした本格的な形状のスマホコントローラーであれば、操作がしやすく、またしっかりとスマホコントローラーを握れるので、疲れにくく長時間のプレイにも向いています。

価格が安く、最低限の操作で十分な場合はシンプルな形状のモノでも問題ありませんが、本格的にプレイをしたい場合には、テレビゲーム用のコントローラーのようなしっかりとした形状のスマホコントローラーを選びましょう。

スマホ対応コントローラーのおすすめ人気モデル|有線タイプ

ゲームサー(GameSir) コントローラー G3w

Androidに対応した有線接続のスマホコントローラー。有線接続でありながら、コントローラーの上部にスマホを取り付けられる簡易スタンドが付属しているため、4~6インチまでのスマホを装着でき、携帯用ゲーム機のようにプレイを楽しめます。

microUSBの端子を採用しているため、対応するポートを搭載したスマホであれば、そのままAndroidスマホにケーブルを差し込むだけで接続が可能です。

連射機能がついているため、シューティングゲームなどにも向いており、また、振動機能も搭載しているので本格的にゲームを楽しめます。PS4のゲームコントローラーに近いボタン配置で、LEDでボタンが光る機能も特徴です。

テレビゲーム機用のコントローラーのように手に馴染みやすい形状のスマホコントローラーなので、長時間の使用でも疲れにくくおすすめです。

エレコム(ELECOM) ゲームパット JC-FU2912FBK

振動機能と連射機能を搭載した12ボタンのスマホコントローラー。左右に1つずつトリガーボタンが配置されているため、シューティングゲームなどでより高い臨場感を体験できます。USB接続ですが、変換アダプタを使用することによってAndroidでも使用可能です。

プレイステーション系のコントローラーとボタン配置が似ており、快適な操作を楽しめます。手に馴染みやすいデザインで、メインボタンには300万回の耐久試験をクリアした高耐久ボタンを採用しているため、毎日プレイをするという方におすすめです。

バッファロー(iBUFFALO) USBゲームパッド BSGP815GY

懐かしいスーパーファミコン風のデザインを採用したスマホコントローラーで、シンプルなデザインや昔懐かしいデザインのモデルを探している方におすすめです。USB接続ですが、変換アダプタでAndroidにも対応します。

一度押すだけで連射を可能にした「TURBOボタン」をはじめとする8ボタンと十字キーを搭載。最低限の機能がついており、価格も比較的安いので入門機としておすすめです。

ゲームヴァイス(GAMEVICE) ゲームコントローラー for iPhone GV157

Appleの公式オンラインショップでも取り扱っているスマホコントローラーで、Plusを含むiPhone6以降の機種に対応しています。Lightningコネクタによる接続ですが、ケーブルがかさばらずコンパクトなのが魅力です。

左右のユニットはバンドで連結されていますが、折りたためるので持ち運びにも便利。iPhoneを2つのユニットで挟み込んでプレイするので、携帯ゲーム機のような操作感が特徴。持ち運びしやすいコンパクトさと、簡単な接続で手軽にスマホコントローラーを使いたい方におすすめです。

イージーエスエムエックス(EasySMX) USBゲームパット EG-C3071

手に馴染みやすいデザインで、操作しやすく使いやすいスマホコントローラーです。手に収まるサイズのスマホコントローラーながら、左右のトリガー・ジョイスティック・十字キー・ABXYの4ボタンなど多数のボタンを搭載しており、正確なプレイをするのに適しています。

接続端子がmicroUSB端子ですが、microUSBからUSBに変換する2mの延長コードが付属しているため、スマホだけでなくPCやテレビゲームでも使用可能です。

ほかにも、2種類のバイブレーションによってより一層ゲームを楽しめる機能も搭載。本格的なゲームプレイを楽しみたい方におすすめです。

スマホ対応コントローラーのおすすめ人気モデル|Bluetoothタイプ

サテチ(Satechi) ワイヤレスゲームコントローラー ST-UBGC

Androidにのみ対応したBluetooth接続のスマホコントローラーです。コントローラー上部にスマホを固定するためのバネ式ホルダー搭載。スマホの画面がスマホコントローラーのすぐ上に固定できるので、携帯ゲーム機のような感覚でゲームを楽しめます。

14個のボタンと2つのジョイスティック、十字キーがXboxのコントローラーのようなボタン配置であり、持ち手の部分も丸みと厚みがあるので手に馴染みやすく持ちやすいデザインです。

スティールシリーズ(SteelSeries) iOS用Bluetoothゲーミングコントローラー 69016

Appleから認証を受けており、iOSゲーム約200種類に対応しているiOS専用のスマホコントローラー。コンパクトサイズながら、満充電から約10時間のプレイが可能で持ち運びにも便利です。

スマホコントローラーの形状としては、ファミコンのようなレトロなゲーム機のコントローラーに近く、握りはあまりありません。しかし、付属の保護カバーをスマホコントローラーの背面に取り付けるとより握りやすくなります。

また、スマホコントローラーを使用しない際には保護カバーを前面につけておけばボタンやスティックの保護も可能です。

アイペガ(ipega) ゲームコントローラー 749677

本製品は、Bluetooth接続でiOSにもAndroidにも対応しています。スマホコントローラーの中央部にスマホを挟んで使用でき、任天堂switchのような操作が可能です。5~10インチまでのサイズに対応しているため、スマホだけでなくタブレットも使用できます。大きな画面でゲームをプレイをしたい方におすすめです。

右グリップには音量+/-ボタン・前後の曲の頭出し・再生/一時停止の多機能ボタンを搭載しており、音量調整や音楽の再生がボタン1つで操作できます。3380mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、充電後約20時間プレイが可能。長い時間連続してプレイをする方や、外出先でプレイをする方におすすめです。

シンテック(SHINTEC) Bluetoothゲームコントローラー SMACON

Androidのみに対応したBluetooth接続のスマホコントローラー。リーズナブルな価格も魅力の製品です。ファミコンのようにシンプルな形状のスマホコントローラーで、十字キー・スティック・4ボタンなど、最低限のボタンを搭載しています。ただし、スティックは高さがなく少し動かしにくいので、移動の激しいゲームには向きません。

スマホコントローラーの上部にスマホ固定用の専用クリップを取り付ければ、携帯ゲームをプレイしているような感覚で操作が可能です。また、専用クリップはスマホスタンドとしても利用できるので、スマホを置いてじっくりとプレイできます。

最低限の機能を搭載した、コスパのいいBluetooth接続のスマホコントローラーが欲しいという方におすすめです。

パワーリード(PowerLead) Bluetooth携帯電話ゲームコントローラー P009

AndroidとiOSの両OSに対応したスマホコントローラー。2時間の充電で、約20時間プレイが可能なので、長時間のプレイをする方におすすめのスマホコントローラーです。

スマホコントローラーの上部には伸縮式ホルダーが付属しており、5.5インチまでのスマホを固定できます。グリップが長めの設計なので、しっかりとスマホコントローラーを握ってプレイをしたい方におすすめです。

しっかりとしたグリップを採用した形状ながら、重量約290gと軽量コンパクトな設計なので持ち運びにも便利。外出先でも本格的にプレイを楽しみたい方におすすめです。