スマホでゲームを本格的に楽しむために必要な「スマホ対応コントローラー」。テレビゲームさながらのスマホ用ゲームアプリも数多く配信されていますが、スマホのディスプレイだけでは操作が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなスマホゲームを本格的に楽しみたい方におすすめのスマホコントローラーと、選び方をご紹介します。どの製品を購入するか迷っている方は参考にしてみてください。

スマホコントローラーとは?

By: amazon.co.jp

スマホコントローラーとは、一般的なゲーム機のコントローラーのように使用できるアイテムです。十字キー・360°回転スティック・L/Rボタンを搭載しているモノも多く、複雑な操作を必要とするシューティングゲームや格闘ゲームなどを有利に進められるのが特徴です。

ただし、モデルによってはボタンの有無や位置が異なっているため、普段プレイしているゲームコンテンツの操作に適しているかを確認する必要があります。また、長時間プレイをする方は、大容量のバッテリーを内蔵したモノやスマホ本体を冷却するためのファンが付いているモデルもおすすめです。

スマホコントローラーの種類

有線タイプ

By: amazon.co.jp

有線タイプは、スマホの充電口にUSBケーブルを挿し込みスマホコントローラーと接続します。メリットは、無線タイプよりもレスポンスの速さに優れている点。シューティングゲームやアクションゲームなど、キャラクターの動作に機敏性が求められるジャンルにおすすめです。

一方、有線タイプはケーブルが邪魔になってしまうのがデメリット。また、スマホからコントローラーに給電するモデルが多く、バッテリーの消耗に注意する必要があります。充電しながら操作できないため、長時間のプレイには気を付けましょう。

ワイヤレスタイプ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプは、Bluetoothによってスマホと本体を接続します。メリットは、USBケーブルが不要なので操作の自由度が高いところ。また、バッテリーを内蔵しており、充電しながらゲームプレイが可能なモデルもラインナップされています。

ただし、Bluetoothの接続状況によるタイムラグが気になる方は注意が必要。素早いレスポンスを必要としないRPGなどのジャンルにおすすめです。

ゲームパッドタイプ

By: amazon.co.jp

ゲームパッドタイプは、スマホを本体に直接取り付けて遊べます。携帯ゲーム機のように一体化させて使用できるため、操作性に優れているのがポイント。ゲームをしやすいように指の位置を構えることで、素早く画面をタッチできます。

また、モデルによっては伸縮性があり、小型から大型のスマホまで装着可能です。冷却ファンが取り付けられているモノもあり、長時間の使用によるバッテリーの消耗を防ぎたい方はチェックしておきましょう。

スマホコントローラーの選び方

対応OSをチェック

スマホコントローラーを購入する際には、使用しているデバイスのOSに対応したモノを選びましょう。スマホには大きく分けて「Android」「iOS」の2種類があり、片方のOSのみでしか動作保証をしていないモノもあります。

また、パソコンやゲーム機でも使用できるスマホコントローラーもラインナップされているため、どの機器で操作するかを確認し、適切なモデルを選んでみてください。

対応するゲームタイトルをチェック

By: amazon.co.jp

購入を検討しているスマホコントローラーが、遊びたいゲームに対応しているかのチェックも必要です。人気のゲームタイトルであれば、ほとんどのモデルに対応していますが、ボタンの位置がズレていることや形状が合っていないために、正常に操作できない場合があります。

特にシューティングゲームやアクションゲームなど素早い動きが必要なジャンルは、コントローラーとの相性が必須です。あらかじめ、対応しているゲームを確認し、ゲーム内で有利に進められるモノを選ぶようにしましょう。

使用しながらスマホが充電できるかチェック

By: amazon.co.jp

多くのゲームアプリはCPUに負担がかかってしまう状態が続くことによって、スマホのバッテリーの減りが早いのが難点。そこで、長時間プレイするには、コントローラーを使用しながらスマホの充電ができるモデルを選びましょう。

電池切れによる中断やデータの損失を防げるため、安心してゲームに集中できます。また、ゲームプレイが終わったあとも、充電する手間を省けるのがメリットです。

スマホコントローラーの形状をチェック

By: amazon.co.jp

スマホコントローラーは、機種によってボタンの配置や数、機能が異なるので自分に合ったモノを探す必要があります。例えば、十字キーだけでなくジョイスティックを搭載していれば操作も快適です。

スマホコントローラーの形状は、ファミコンのような昔ながらのコントローラーを模したシンプルな形状のモノから、プレイステーションなどのテレビゲーム機に使われるような本格的な形状のモノまで、幅広くラインナップされています。

シンプルな形状のモノの方が比較的価格は安いですが、機能を最低限しか搭載していないので、注意が必要です。しっかりとした本格的な形状のスマホコントローラーであれば、操作がしやすいほか、しっかりとスマホコントローラーを握れるので、疲れにくく長時間のプレイにも向いています。

価格が安く最低限の操作で十分な場合はシンプルな形状のモノでも問題ありませんが、本格的にプレイをしたい場合にはテレビゲーム用コントローラーのような、しっかりとした形状のスマホコントローラーを選びましょう。

スマホコントローラーのおすすめモデル

EasySMX USBゲームパッド ESM67-0004JP

操作性に優れたスマホコントローラーです。手の形状に合わせて設計されたエルゴノミクスデザインによって、フィット感を得ながらゲームを楽しめます。また、360°自由に動かせるアナログスティックを搭載しており、斜め方向にも操作が可能。

ゲームのシチュエーションに合わせて本体が振動します。爆発や衝突などのシーンに対して、その場にいるかのような臨場感を味わえるのが魅力。Android搭載スマホだけでなく、Windows OS・PS3・Androidとの互換性を有しています。

OPOLAR ゲームコントローラー GC101

バイブレーション機能を搭載したスマホコントローラーです。ゲームのシチュエーションに合わせてリアルに振動するため、戦闘や爆発などのシーンで迫力感を味わえます。また、グリップ部分には手が滑りにくくなるテクスチャー加工を施しており、操作性に優れているのもポイント。

斜め方向の誤入力を防ぎやすい十字キーを採用しています。さらに、アナログスティックは倒し始めの荷重が軽く、細かい操作にも便利。人間工学に基づき設計されているため、長時間のゲームプレイでも手が疲れにくいモデルです。

IFYOO XONE Pro 有線USB接続ゲームパッド JP-IF-XONE-WBAG

有線タイプのスマホコントローラーです。USBケーブルを使用してスマホと接続するため、アクションゲームや格闘ゲームなどレスポンスの速さが必要なジャンルに適しています。ただし、USB Type-Cポートのスマホは変換アダプタが必要となるため注意しましょう。

自動連射が可能なTURBOボタンを採用しており、シューティングゲームなどで有利にプレイできるのが魅力。そのほかにも十字キーや360°回転するスティックなど、本格的にゲームを行いたい方に便利な機能を搭載しています。

PXN MFi ゲームコントローラー PXN-6603

iOSに対応したスマホコントローラーです。Apple社が互換性を保証している「MFi 認証」を取得しており、iPhoneだけでなくiPadでも使用できます。また、Bluetoothによる無線接続を採用し、ケーブルを気にすることなく遊べるのがポイント。

360°の回転が可能なジョイスティックも魅力のひとつです。キャラクターを自由に操作できるため、アクションゲームやレーシングゲームにぴったり。さらに、スマホホルダーが取り付けられており、携帯ゲーム機のように使用できます。

GameSir スマホコントローラー T4pro

自由な動きを生み出せるスマホコントローラーです。6軸ジャイロセンサーを搭載しており、直線的な動きに加え、回転やねじれのような複雑な動作も可能。また、5段階で調節できる振動機能によって、ゲーム内で発生する出来事に対して臨場感を楽しめます。

本体にはLEDバックライトを内蔵しているのが特徴。暗い場所でも操作しやすいほか、ゲームの雰囲気に合わせて自由にカスタマイズできます。さらに、600mAhのバッテリーを内蔵。最大18時間の連続使用に対応します。

レイザー(Razer) Junglecat モバイルゲームコントローラー RZ06-03090100-R3M1

キーマッピング機能を搭載した便利なAndroid用コントローラー。専用アプリを使えば、画面のタッチ操作を各ボタンやスティックに割り当てられます。スティックの感度を調節する機能も搭載しており、自分好みの感度に設定すれば、FPSなど正確かつ細かい動きが要求されるゲームでも快適にプレイ可能です。

遅延が少ないため、操作と実際の動きがズレてしまう心配が少ないのも魅力。省エネ設計を採用しているのもポイントで、フル充電の状態であれば約100時間以上プレイできます。

ipega Bluetoothワイヤレス コントローラー PG-9083

エルゴノミクスデザインを採用したスマホコントローラーです。人間工学に基づいて設計されているため、手にフィットしやすいのが特徴。また、本体には強度が高いABS素材を採用しており、耐久性に優れているのも魅力です。

Android・iOS両方のスマホに対応。さらに、Bluetooth 4.0規格に準拠し、USBケーブル不要で接続できるので便利です。伸縮可能なゲームパッドタイプで、スマホを挟み込み携帯ゲーム機のように楽しめます。

Becamo ゲームコントローラー 冷却ファン付き SB-08

冷却ファンを搭載したスマホコントローラーです。1分間に4000回転することで、熱くなりやすいスマホを効率的に冷やせます。また、静音設計によりファンの音が発生しにくいため、ゲームプレイに集中できるのがポイントです。

人間工学に基づいた握りやすいデザインが特徴。手に馴染みやすい形状で、長時間のプレイによる手の疲れを軽減します。スマホを本体に取り付けられるスタンドを搭載しているほか、画面を見やすいように4段階で角度を切り替えられるモデルです。

AksBlay ゲームコントローラー AKS-6-c4

同時に指を6本使って操作できるスマホコントローラーです。本体表面だけでなく背面にもボタンが取り付けられており、ゲームのジャンルに合わせてさまざまな操作が可能。シューティングの命中率や反応スピード精度を高められる全範囲導電シリカゲルを採用しているのが特徴です。

スマホの熱暴走やバッテリーの消耗を防ぐ、冷却ファンを搭載。静音設計でゲームに集中しやすいのも嬉しいポイントです。また、伸縮可能なスタンドを搭載しているため、4.7~6.5インチまでのスマホに取り付け可能です。

IceTek ゲームコントローラー G60

人気ゲームをプレイしたい方におすすめのスマホコントローラーです。荒野行動やPUBG Mobileといった幅広いアプリに対応しています。また、1000mAhの大容量リチウム電池を採用しており、最大8時間遊べるのも魅力です。

本体表面には滑り防止素材を採用し、手にフィットしやすく長時間のプレイでも疲れにくいのがポイント。さらに、過熱防止用の冷却ファンを備えているため、バッテリーの消耗も軽減できます。

AOSNTEK スマホ用コントローラー

シューティングゲームにおすすめのスマホコントローラーです。導電性と感度に優れた赤銅導電素材を採用しており、同時に4本の指を使って操作できます。移動、射撃、照準などのキャラクターの操作をまとめて行えることで、有利にゲームを進められるのが魅力。

4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、電池残量を気にせずに遊べます。また、本体下部にあるUSBポートにケーブルを差し込むことで、スマホへの充電も可能。モバイルバッテリーからも給電できるため、自宅だけでなく外出先でもスマホゲームをしたい方におすすめです。

人間工学に基づいたデザインも特徴のひとつ。手に馴染みやすいグリップを採用し、手の疲れを軽減できます。手が小さい方でも操作しやすいように設計されているので、気になる方はチェックしてみてください。

IUGGAN コントローラー

クリップのように挟むだけで使える軽量コンパクトなスマホコントローラー。導電性と感度を高めた素材が使われており、押したときの反応がよいのが魅力です。

また、固定した際のズレを防ぐ滑り止め素材も採用しているため、安定した状態でゲームをプレイできます。透明タイプのボディで視野の妨げになりにくいのもポイントです。