スマホを使って写真や動画の撮影を行う場合に便利な「スマホ三脚」。日常の撮影だけでなく、SNSなどへ投稿したい場合にも活躍します。しかし、さまざまな種類のモノが展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのスマホ三脚をご紹介します。選び方のコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホ三脚とは?どんな時に必要?

By: amazon.co.jp

スマホ三脚は、スマホで写真や動画を撮影した際の手ブレを抑えたい場合に便利なアイテムです。手持ちで写真や動画を撮ると、ブレが発生してしまう可能性があります。しかし、スマホ三脚を利用してスマホを固定すれば、ブレを抑えてキレイな撮影が行えます。

また、タイムラプスや長時間露光の撮影を行う際にもおすすめ。長時間シャッターを開けたまま撮影を行う場合には、三脚を使ってスマホをしっかりと固定しておく必要があります。さらに、スマホ三脚は、離れた距離の被写体を撮影する場合にもぴったり。遠い距離の撮影や広い画角で撮りたい場合にも適しています。

スマホ三脚の選び方

利用シーンに合った種類をチェック

設置の自由度が高い「フレキシブルタイプ」

By: amazon.co.jp

脚の部分を自由に曲げて調節できるフレキシブルタイプのスマホ三脚は、さまざまな場所に設置しやすいのが魅力。手すりや木の枝などに脚部を巻き付け、スマホをしっかりと固定したい場合などにも便利です。

外出先での撮影頻度が高い場合や、アウトドアシーンで写真や動画を撮りたい場合にもおすすめ。スマホ三脚によっては、自転車のハンドルにスマホを取り付けて撮影する際にも利用できます。

使い勝手の良い「自撮り棒兼用タイプ」

By: ulanzi.com

固定した撮影だけでなく自撮りを行う際にも使用したい場合は、自撮り棒兼用タイプの製品がおすすめ。脚部を広げれば三脚として利用できるほか、折りたたんでグリップにすれば自撮り棒としても使えます。

自撮り棒兼用タイプのスマホ三脚を購入する際は、リモコンやシャッターボタンを搭載しているモデルが便利。三脚スタンドが取り外せる製品であれば、使い勝手にも優れています。

また、使用頻度が高い場合には、コンパクトかつ軽量なモデルがおすすめ。撮影時だけでなく、携帯する際にかかる負担も軽減できます。

高さと安定感を求めるならスタンダード(3本脚)タイプ

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプは、カメラ三脚のように3本の脚を開いて床や地面など、平らな場所に設置して使用するのが特徴。安定感が高く、タイムラプス撮影はもちろん、長時間の動画撮影にも適しています。また、高さ調節に対応したモデルが多いのもスタンダードタイプの魅力です。

一眼レフカメラ・デジカメ・タブレットなどの固定に対応しているモデルが存在するのもポイント。スマホだけでなく、幅広い機器で使用する場合にもおすすめのタイプです。

雲台部分の可動域をチェック

By: ulanzi.com

スマホ三脚を購入する際は、事前に雲台部分の可動について確認しておくのがおすすめです。雲台とは、スマホと三脚本体を接続してアングルを調節する際に使用するパーツのこと。多くのスマホ三脚には雲台が搭載されており、「自由雲台」と「3WAY雲台」の2種類に分類できます。

自由雲台は、ボール状のパーツが使われているタイプ。可動域が広く、細かくアングルを調節できるのが魅力です。一方で3WAY雲台は、水平・垂直・回転の3軸で角度調節できるタイプ。構図にあわせて角度を設定できるので、撮影時のブレを軽減したい場合に便利です。

持ち運びやすさを左右する軽量さとサイズをチェック

By: sanwa.co.jp

スマホ三脚を外出先で使用する頻度が高い場合は、軽量さとサイズにも注目しましょう。軽量かつコンパクトで携帯性に優れているモデルであれば、持ち運ぶ際にかかる負荷を軽減可能。スマホと一緒に鞄に入れて、気軽に移動できます。

また、サイズの大きな製品を使用する場合には、折りたたみできるかチェックしておくのもポイント。携帯する際だけでなく、収納する際にもコンパクトな形状にできます。

スマホホルダー部分の性能をチェック

By: sanwa.co.jp

スマホ三脚を購入する際は、搭載されているスマホホルダー部分の性能をチェックするのも重要です。近年では大型ディスプレイを採用したスマホが増加しており、搭載されているスマホホルダーによっては取り付けられない場合も。所有しているスマホに対応しているか事前にしっかりと確認しておきましょう。

スマホホルダーに取り付けできるスマホのサイズをチェックする際は、カバーの厚みもあわせて検討するのがポイントです。スマホ本体のみであればホルダーに取り付けられても、カバーを含むと大きすぎて対応できない可能性があります。

機能をチェック

綺麗な角度で撮影したいなら「水平器付き」を

By: amazon.co.jp

スマホを使用した撮影のクオリティを高めたい場合は、水平器付きのスマホ三脚が便利です。水平器とは、スマホの角度が地面に対して水平か確認できるパーツのこと。角度がずれると、写真や動画がキレイに撮影できない場合もあります。

水平のチェックは、特に風景を撮影する場合に重要。旅行に行った際に写真を撮る場合はもちろん、撮影した写真や動画を編集するクリエイターの方は、水平器の搭載有無をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

遠隔操作できる「リモコン付き」

By: velbon.com

スマホで集合写真などを撮影したい場合は、リモコン付きのスマホ三脚がおすすめです。スマホを遠隔操作できるリモコンがあれば、離れた場所から遠隔操作でシャッターが押せます。

ただし、リモコンが三脚本体に搭載されている製品は自撮りに適していますが、離れて撮影できる距離は限られてしまうことも。人数の多い集合写真に対応したい場合は、三脚本体とは別にリモコンが付いているモデルを選択しましょう。

スマホ三脚のおすすめ|フレキシブルタイプ

エレコム(ELECOM) スマートフォン用フレキシブル三脚 P-STFL

くねくねと曲がる脚部を備えているフレキシブルタイプのスマホ三脚です。デスク上に立てて設置できるだけでなく、ポールなどに巻いて固定できるのが特徴。雲台は前後左右に可動するので、スマホの角度を自由に設定できます。

スマホホルダーは、6.5インチまでの大きさに対応。さらに、スマホの落下を予防する滑り止めが付いているのもポイントです。

雲台部分にはクイックシューが付いており、簡単に脱着が可能。1/4ネジが採用されているので、デジカメも取り付けて利用できます。

本体サイズは、約幅35×奥行35×高さ194mm。軽量かつコンパクトに設計されており、携帯性に優れている点もおすすめです。

JOBY グリップタイトONE GPスタンド JB01491-0WW

「ゴリラポッド」と呼ばれる脚部が搭載されているフレキシブルタイプのスマホ三脚です。脚部を木の枝やポールに巻き付けて固定できるほか、まっすぐに伸ばしてグリップとして利用できるのが特徴。また、手持ちでの撮影に対応できるのもポイントです。

コンパクトなデザインを採用しているのもメリット。鞄はもちろんポケットにも収まりやすく、気軽に持ち運んで使える点もおすすめです。

JOBY グリップタイトPRO2 ゴリラポッド JB01551-BWW

幅56〜91mmのスマホが保持できるフレキシブルタイプのスマホ三脚です。スマホの角度を調節できるのが特徴。横向きだけでなく、縦向きの撮影にも対応できます。

付属のコールドシューを利用できるのもメリット。外付けマイクやLEDライトを取り付けたい場合にも便利です。

脚部のホールド力が高く、木の枝やポールに巻き付けて固定できるのも魅力。通常の三脚のようにデスク上に立てて使用できる点もおすすめポイントです。

Fotopro フレキシブル三脚 uFOmini 817709

脚部に破れにくいゴム素材を採用しているフレキシブルタイプのスマホ三脚です。設置場所にあわせて脚部を曲げ伸ばしできるのが魅力。木の枝やポール、ネットに巻き付けて固定できるほか、手に持って撮影したい場合には脚部をまっすぐに伸せます。

本体にサビにくい素材を使っているのもポイント。水辺でも使いやすく、アウトドアシーンでも活躍する製品です。さらに、自由雲台が搭載されているのもメリット。スマホの角度が自由に調節できます。

SmallRig フレキシブルVlog三脚キット VK-19

12本のアルミニウム合金製ワイヤーを絡みあわせた脚部を備えているフレキシブルタイプのスマホ三脚です。設置場所にあわせて自由に曲げ伸ばしできる脚部が魅力。スマートなデザインが採用されているほか、使い勝手に優れているのがメリットです。

側面にコールドシューマウントが付いているのもポイント。外付けマイクやLEDライトなどのアクセサリー類も取り付けられます。さらに、360°回転する雲台が採用されているのも特徴。水平および垂直の撮影に対応できる点もおすすめです。

スマホ三脚のおすすめ|自撮り棒兼用タイプ

エレコム(ELECOM) スマートフォン用 2way三脚 BTリモコン付 P-STSR02

コンパクトに折りたたみできる2WAYタイプのスマホ三脚です。着脱式のリモコンが付属しており、離れた位置からカメラを操作できるのが特徴。さらに、リモコン専用の収納スペースを備えているため、紛失しにくいのもメリットです。

三脚として使用する際は、約24.5cmから74cmまでの長さで調節できるのもポイント。また、落下防止の滑り止めを搭載しており、スマホの落下を軽減できます。

ベルボン(Velbon) Coleman セルフィーマルチスタンド 302649

「ベルボン」とアウトドアブランドとして知られる「コールマン」のコラボによって誕生した自撮り棒兼用タイプのスマホ三脚です。脚部にメタルステーが付いており、優れた剛性を備えているのが特徴。三脚として使用する際の安定感が高い点も魅力です。

横位置だけでなく縦位置での撮影に対応できるのもメリット。回すだけで簡単に構図が変更できる設計です。また、付属品としては、Bluetooth通信に対応したリモコンが同梱。離れた位置からシャッターを押せるので、集合写真の撮影にも利用できます。

スタイリッシュでデザイン性に優れているのも長所。さらに、コンパクトに設計されているので、鞄に入れて気軽に持ち運べる点もおすすめです。

Ulanzi Extendable スマホ三脚 Tripod With Ball Head MT-16

3通りの使用法に対応できる自撮り棒兼用タイプのスマホ三脚です。卓上で三脚として使用できるほか、一脚や自撮り棒としても使えるのが特徴。加えて、外付けマイクやLEDビデオライトが付けられる回転式のホットシューも搭載されており、Vlog用の動画撮影にもおすすめです。

高さは、22~44cmの間で調節が可能。小型かつ軽量なデザインが採用されており、旅行時に携帯する自撮り棒としても便利です。また、自由雲台を備えているのもポイント。スマホの角度が自由に変更でき、横向きだけでなく縦向きでの撮影にも対応できます。

グリップ部分は滑りにくい設計。撮影時にしっかりと握れるので、落下のトラブルを予防したい場合にもおすすめです。

スマホ三脚のおすすめ|スタンダードタイプ

エレコム(ELECOM) スマートフォン用コンパクト三脚 折りたたみタイプ P-STW

比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたスタンダードタイプのスマホ三脚です。前脚部先端のツメを起こせば、スマホスタンドとしても使用可能。写真や動画の撮影だけでなく、鑑賞時にも使えます。

スマホホルダーは、6.5インチまでの大きさに対応。落下のトラブルを予防する滑り止めも備えています。また、ホルダーと三脚の固定には1/4インチのネジを採用。ホルダーを取り外して、デジカメを取り付けられる点もメリットです。

雲台が前後に可動するのもポイント。撮影時に角度や位置が変更でき、アングルにこだわった撮影が行えます。さらに、折り畳んでコンパクトな形状にできるのも魅力。携帯性に優れている点もおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スマホ三脚 200-DGCAM018

コンパクトで携帯性に優れているスタンダードタイプのスマホ三脚です。本体重量は80gと軽く、携帯時にかかる負荷を軽減できるのが魅力。スマホと一緒に鞄に入れて持ち運びたい場合にも便利です。

幅5.6~8.5cm、厚さ約1.5cmまでのスマホに対応しているのもメリット。固定部分にはゴムが付いており、しっかりとスマホを挟み込めます。

スマホホルダーは360°回転する設計。横向きだけでなく、縦向きでの撮影にも対応できます。

スマホホルダーを取り外せば、360°カメラやアクションカメラも取り付けが可能。取り外したホルダーは、別の三脚に取り付けて使えます。

スリック(SLIK) メモアールミニ T2 245873

素材にアルミダイカストを採用しているスタンダードタイプのスマホ三脚です。コンパクトかつ軽量ながら、堅牢性に優れているのが特徴。折りたたんだ際の長さは17.5cmなので、持ち運びしやすいのもメリットです。

付属しているスマートフォンホルダーは、3.5~6インチまでのスマホが取り付け可能。3点でしっかりと固定する設計により、幅広いサイズのスマホに対応できます。また、取り付けたスマホの向きを縦横自由に切り替えられるのもポイントです。

三脚を折りたためば、グリップとしても使用できるのが魅力。スマホを手持ちで撮影したい場合にも便利です。さらに、スマートフォンホルダーを取り外せば、三脚部分を2kgまでの一眼カメラやビデオカメラでも使用できます。

スリック(SLIK) 伸びる!マルチポッド スマホ8R

自由雲台を採用しているスタンダードタイプのスマホ三脚です。雲台組み込み式のスマホホルダーを備えているのが特徴。スマホの向きを自由に変更できるので、横位置だけでなく縦位置にも簡単に設定できます。

脚部の石突部を持って引き出せば、簡単に高さの調節も可能。295~1055mmの間で調節できる8段ダボ式が採用されており、少しひねるだけで好みの長さに固定できます。さらに、メッシュケースが付属しているのもポイント。携帯時だけでなく、収納する際にも便利です。

iOSやAndroidなどのOSに対応したワイヤレスリモコンも付属。Bluetooth通信を利用してスマホと接続すれば、離れた場所からシャッターが切れます。

ベルボン(Velbon) スマホ三脚 M45+スマートフォンホルダー 500960

デジカメ用としても使える、スタンダードタイプのスマホ三脚です。付属のスマートフォンホルダーを利用して、スマホを簡単に固定できるのが魅力。ホルダー部のみ使用すれば、スマホスタンドとしても使用できます。

小型3WAY雲台が採用されているのもメリット。水平・垂直・回転の3軸で角度が調節できます。さらに、クイックシュー機構によって、シュープレートを簡単に脱着できるのもポイントです。

三脚本体には水平器も搭載。視認性の高い丸型の水平器が採用されており、一目で簡単に三脚の水平がチェックできます。機能性に優れたスマホ三脚を探している方におすすめです。

Fotopro 小型8段三脚 FZ-158+

軽量かつコンパクトなスタンダードタイプのスマホ三脚です。脚部を縮めた際の長さは29cm。本体重量も360gと軽く、付属の簡易ケースに入れて気軽に携帯できます。

脚部は、最高で104cmまで伸ばすことが可能。集合写真を撮影したい場合にも便利です。また、2WAY雲台を搭載しているのもポイント。ワンタッチで簡単に縦位置に設定できます。

リモコンが付属しており、Bluetoothでスマホと接続すれば、遠隔操作にも対応。さらに、アクションカメラ対応のアクセサリーも付いているので、幅広い用途に使用できる点もおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) PIXI Smart PIXI+スマートフォンアダプター MKPIXICLAMP

デザイン性にも優れたおしゃれなスタンダードタイプのスマホ三脚です。1/4ネジ付きのスマホホルダーが付属。三脚部分を折りたためば、グリップとしても使用できます。

対応するスマホのサイズは、幅5.6~8.5cm、厚さ0.4~1cm。ユニバーサルデザインなので、幅広いスマホが取り付けられます。素材にアルミニウムを採用した本体は軽量。215gと鞄に入れて気軽に持ち運べる重量を実現している点もおすすめです。

Vastmoonful スマホ三脚 T3120

取り外し可能なリモコンが付属しているスタンダードタイプのスマホ三脚です。約10m離れた場所から遠隔操作できるのが魅力。家族や友人と気軽に集合写真を撮影できます。

スマホホルダーは、幅3.5~8.5cmのスマホを取り付け可能。横撮りだけでなく、縦撮りにも対応できる設計です。また、3WAY雲台を搭載しているのもポイント。360°自由に角度が調節でき、パノラマ撮影にも対応できます。

高さは、35~110cmの間で4段階の調節が可能。脚部には滑り止めも付いており、安定して設置できます。本体の素材にはステンレスを採用。1.5kgの耐荷重性能を備えているうえ、本体は420gと軽量化を実現しています。

JOBY グリップタイトONEマイクロスタンド JB01492

スマホをしっかりと固定できるスタンダードタイプのスマホ三脚です。取付け最大幅9.1cm、取付け最小幅5.6cmのスマホホルダー部分にラバーを搭載しているのが特徴。ラバーグリップによって滑りを抑え、使用時にスマホが落下してしまうトラブルを軽減できます。

ラバー製の脚先を採用しているのもメリット。設置時にスタンド本体が動きにくい設計です。さらに、スマホの角度を調節できるのもポイント。撮影時だけでなく、デスク上に設置してスマホで動画を鑑賞する際にも使えます。

本体サイズは1.8×3.4×8.5cm。重量も46gと軽く、鞄に入れて気軽に持ち運べます。また、携帯時や収納時には折りたたみが可能。ポケットにも収まりやすいコンパクトな形状になる点もおすすめです。

スマホ三脚の売れ筋ランキングをチェック

スマホ三脚のランキングをチェックしたい方はこちら。