年々進化し続けるスマホのカメラ性能。機種によってはデジタルカメラのように鮮明でキレイな写真が撮れるモデルもラインナップされており、スマホを選ぶうえで重要なポイントになっています。

そこで今回は、カメラ性能に優れたスマホをピックアップ。注目すべきスペックについてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

カメラ性能が高いスマホの選び方

画素数をチェック

スマホカメラの画素数は基本的に数値が高ければ高いほど、キメ細かくキレイな写真が撮れます。一方で、画素数が高いほど1画像あたりのデータ量は増大。大容量の内蔵ストレージや別途microSDカードが必要になる場合もあるので、注意が必要です。

なお、写真をプリントする場合は900万画素もあればA4サイズでも高画質で印刷できるので、少し多く見積もっても1200万画素以上のモデルを選びましょう。より画質にこだわりたい方は2000万画素以上のカメラを搭載したスマホがおすすめです。

F値をチェック

By: apple.com

F値とはレンズの絞り具合のこと。絞り具合を調節することで背景のボケ具合やシャッター速度をコントロールできます。F値が小さいほど多彩な撮影ができるので、ぜひチェックしておきましょう。

なお、F値が小さいとレンズの絞りが開放され、背景はボケてシャッタースピードは速くなります。例えば、夜景の撮影の場合は手ブレを抑えて明るく撮影できるほか、動きのある被写体でも確実に捉えることが可能です。

反対に、F値が大きいとレンズの絞りが狭くなり、背景はボケにくく、シャッタースピードは遅くなります。

レンズの枚数をチェック

スマホのカメラには通常28mm前後のレンズが搭載されています。周囲を見渡したときの人間の視野角とほぼ同等の画角が得られるため、風景や夜景の撮影に最適。一方で、少し距離のある場所からの背景をボカしつつ、ポートレート撮影をするには限界があります。

しかし、最近のハイエンドモデルには28mmレンズに加えて、望遠対応のレンズや、より広角撮影に対応したレンズを別途搭載している「ダブルレンズ仕様」や「トリプルレンズ仕様」の機種も発売されています。

スマホカメラでさまざまな写真表現を楽しみたい方は、搭載されているレンズの数が多い機種を選ぶのがおすすめです。

ズーム性能をチェック

デジタルズーム

デジタルズームとは、レンズを動かさず画像の倍率を部分的にあげて疑似的にズーム効果を再現すること。画像の一部を拡大するため、拡大するほど画像が荒く、不鮮明になってしまいます。

ただし、カメラ内に物理的なズーム機構が必要ないため、スマホからレンズが出っ張らずスマートです。見た目に違いがあるので、ぜひチェックしておきましょう。

光学ズーム

光学ズームは、レンズ内に搭載されたズーム機構を使用して物理的にフォーカスします。レンズを動かすことでズームするため、大きなレンズが必要です。そのため、レンズ部分が突起してしまうのがデメリット。また、ズーム倍率がデジタルズームに比べて少ないのも懸念点です。

メリットは、ズームした場合でも画質の劣化が起こらないこと。しっかりと高画質を保てるので、ズーム機能を頻繁に利用したい場合は光学ズームを搭載した機種がおすすめです。

便利機能をチェック

手ブレ補正機能

写真撮影でストレスになるのが手ブレ。シャッターを切る際に手の震えがスマホに伝わることで、ピントがズレてしまう現象です。

最近のスマホカメラには、デジカルカメラのように手ブレ補正機能を搭載する機種もあります。手ブレが伝わる方向とは逆の方向から補正処理を加えることで、ブレが補正されて高精細な写真撮影が可能です。

手ブレ補正機能は、デジタル処理で補正効果を加えるデジタル式と、レンズ内の補正ユニットを動かして補正する光学式の2種類があります。光学式の方が補正効果は高めなので、確実に手ブレを抑えたい場合は光学式の手ブレ補正機能を搭載した機種を選びましょう。

AIカメラ機能

スマホカメラにはさまざまな設定項目がありますが、手軽に撮影したい方はAIカメラ機能搭載のモデルがおすすめ。スマホに搭載されたAIチップが撮影時に作動して、被写体や場面を分析し、最適な撮影モードに自動で設定します。

夕景での撮影であれば、より印象的な写りになるよう赤みを調節したり、ポートレート撮影の場合は顔の明るさを調節したりできるのがポイント。カメラ初心者でも手軽にさまざまな写真を撮影できるので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

セルフィー機能

SNSの普及により、撮影スタイルとして確立された「自撮り」。スマホカメラでは自撮りの重要度は高く、セルフィー機能が充実しているかどうかは大事なポイントです。

代表的な機能としては、手のひらを見せるとその数秒後にシャッターを切る「ハンドシャッター」や、被写体の笑顔を感知するとシャッターを切る「スマイルシャッター」などがあります。これらは自撮り棒で撮影するときでも遠隔操作できるので便利です。

また、より顔をキレイに撮影したい場合は美肌効果に対応した機種がおすすめ。自動調節で肌のトーンを滑らかにするので、ニキビやシワが気になる場合でも目立たせず理想的な写りに近づけます。

カメラ性能が高いスマホのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

国産の高性能なAndoridスマホを開発しているのが「ソニー」。スマホブランドである「Xperia」には、液晶テレビやオーディオスピーカーなど、これまで同社が手掛けてきたデジタル機器のノウハウが盛り込まれているのが特徴で、上質なエンターテインメント体験を味わえます。

カメラ性能も極めて良好。人気のミラーレス一眼シリーズ「α」で培われたトップクラスの高画質と先進の撮影技法が手のひらサイズの端末で堪能できます。また、人物の瞳にピントを合わせ続ける「瞳AF」やシネマ品質の4K動画が撮影できる機能なども魅力です。

グーグル(Google)

By: amazon.co.jp

Android OSを開発している「グーグル」。ソニーやシャープなどの国内メーカーから、サムスンやファーウェイなどの海外メーカーまで幅広い端末に搭載されており、世界規模で展開しています。

自社の純正スマホは2016年よりラインナップしていたものの、日本初上陸は2018年の「Pixel 3」「Pixel 3 XL」から。おサイフケータイの「FeliCa」に対応するなど、日本のユーザーを意識した仕様になっています。

シングルカメラながら高画質撮影が可能な点や、物体を認識・検索できる「Googleレンズ」など使い勝手に配慮している点も特徴です。

アップル(Apple)

By: apple.com

スマホ事業においては高級路線が話題となっている「アップル」。クオリティの高さは折り紙付きで、スマホカメラに関してもハイスペックです。

スマホカメラはシングルカメラ、広角・望遠の双方に対応したダブルレンズ仕様に分かれているので、購入する際は違いを確認しておきましょう。

サムスン(Samsung)

By: galaxymobile.jp

世界のスマホ業界を牽引している「サムスン」。日本でも近年シェアを拡大しています。

同社を代表するスマホの「Galaxy」シリーズは、世界各地で次世代通信「5G」の商用サービスが順次スタートすることもあり、力を入れています。

また、タブレットの「Galaxy Tab」をはじめ、ワイヤレスイヤホンの「Galaxy Buds」、スマートウォッチの「Galaxy Watch Active」など、幅広いガジェット製品を揃えているのもポイント。今後、さらなる動向が注目されるブランドです。

カメラ性能が高いスマホのおすすめモデル

ソニー(SONY) Xperia 8

SNS映えするような写真が簡単に撮影できる、コスパに優れた6.0型Androidスマホです。縦横比21:9のフルHDディスプレイを搭載しており、大迫力の映像や2画面操作が快適に楽しめます。

背面には27mm F1.8の広角カメラ(1200万画素)と53mm F2.4の望遠カメラ(800万画素)の2つ、前面には24mm F2.0の広角カメラ(800万画素)を搭載。価格の安いスマホながら、光学2倍ズームと電子式手ブレ補正を搭載しています。

デュアルカメラによる背景ボケの再現もできるので、人物撮影にもおすすめ。美肌効果や目の大きさを加工する機能がカメラアプリ内で直接使えるため、自分好みのセルフィー撮影も手軽に楽しめます。

ソニー(SONY) Xperia 1

ミラーレス一眼「α」の技術とノウハウを惜しみなく投入した、ハイスペックな6.5型Androidスマホです。世界初となる4K HDR対応の有機ELディスプレイと高画質なトリプルカメラも搭載しており、エンターテインメントも写真撮影も極上の体験が味わえます。

背面には各1220万画素となる16mm F2.4の超広角カメラ、26mm F1.6の広角カメラ、52mm F2.4の望遠カメラの3つを、前面には23mm F2.0の広角カメラ(800万画素)を搭載。人物の瞳を検出してピントを合わせ続ける「瞳AF」や、最高10コマ/秒の超高速連写機能も搭載されています。

優れた光学技術と画像処理技術を組み合わせることで、ミラーレス一眼に匹敵する画質の美しい夜景が撮れるのも魅力。また、防水仕様なのでアウトドアシーンでも活用できます。

グーグル(Google) Pixel 4

Android OSを手掛けるグーグルが発売した、5.7型スマホの最新モデルです。Googleアシスタントによる音声操作に加えて、端末に触れなくても手の動きだけで音楽再生や着信のミュートなどが行える「クイックジェスチャー機能」も搭載されています。

背面には27mm F1.7の広角カメラ(1220万画素)と44mm F2.4の望遠カメラ(1600万画素)の2つ、前面には22mm F2.0の超広角カメラ(800万画素)を搭載。暗いシーンの撮影に強いのも特徴で、夜のスナップ撮影はもちろん、星空の撮影も高画質に楽しめます。

撮影頻度の多い人物を登録しておけば、瞬きしていない瞬間や笑顔を自動認識して捉えられるトップショットも撮影が可能。集合写真撮影の失敗を効果的に防げます。

サムスン(Samsung) Galaxy S10+

数々の先進機能を搭載するハイスペックな6.4型Androidスマホです。目に優しいダイナミックAMOLEDや画面に埋め込まれた指紋センサー、ほかの機器をワイヤレス充電できる機能など、次世代スマホの到来を思わせる魅力が盛り込まれています。

背面にはF2.2の超広角カメラ(1600万画素)、F1.5-2.4の広角カメラ(1200万画素)、F2.4の望遠カメラ(1200万画素)の3つ、前面にはF1.9の自撮り用カメラとF2.2の深度カメラの2つを搭載。風景や人物、花など30種類の設定から撮影シーンに最適なモノをAIが自動で選ぶので、カメラを向けるだけで魅力的な写真が撮れます。

広角カメラには「デュアルアパチャー(可変絞り)」が搭載されているのもポイント。撮影シーンの明るさに応じて絞りの開き具合を自動調節するので、日中でも夜間でも鮮明な写真が撮影できます。

ファーウェイ(HUAWEI) P30

高画質なトリプルカメラを搭載する、コスパに優れた6.1型Androidスマホです。トップクラスのカメラ性能を持つことで人気を博したP10シリーズの最新モデル。購入しやすい手頃な価格ながら、ミラーレス一眼に匹敵する画質の写真が気軽に楽しめます。

背面には17mm F2.2の超広角カメラ(1600万画素)、27mm F1.8の広角カメラ(4000万画素)、80mm F2.4の望遠カメラ(800万画素)の3つを搭載。さらに、前面には顔を立体的に認識できるF2.0の高解像カメラ(3200万画素)を搭載しているので、人物も背景も美しいセルフィーが撮影できます。

暗いシーンでも美麗な写真が撮れるのも魅力。イメージセンサーのカラー配列にイエローを採用することで取り込む光量を増やし、ISO 204800の超高感度を実現しているため、星明かりしかない場所でも印象的な夜景が撮影できます。

ファーウェイ(HUAWEI) P30 Pro

本格的な作品撮りにも対応できる、クアッドカメラ仕様の6.47型Androidスマホです。業界で高い権威のあるDxO社が実施するカメラ性能テスト「DxOMark」でも、116点というiPhone 11 Proに匹敵するハイスコアを叩き出しています。

背面には16mm F2.2の超広角カメラ(2000万画素)、27mm F1.6の広角カメラ(4000万画素)、125mm F3.4の望遠カメラ(800万画素)に加えて、ボケ描写に特化した「TOF(タイム・オブ・フライト)カメラ」の4つを搭載。被写体に当てた光の反射時間から距離を正確に測ることで、背景のボケ味をより印象的に演出できます。

5倍の光学ズームに加えて、最大50倍のデジタルズームも搭載しているため、大迫力な月の写真も撮影が可能。また、強力な「AI手振れ補正」によって手持ちでも長時間露光撮影が可能なので、流れる川などの動感表現も手軽に楽しめます。

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom

高画質な望遠撮影が手軽に楽しめる6.65型Androidスマホです。イメージセンサーに入る光を垂直に曲げて全面に行き渡らせる「ペリスコープレンズ」とデュアル光学式手ブレ補正を搭載。5倍の光学ズームに加えて、高画質を維持したまま10倍のハイブリッドズームが使用できるので、旅行先の撮影などでも重宝します。

背面には16mm F2.2の超広角カメラ(800万画素)、F1.7の広角カメラ(4800万画素)、80mm F3.0の望遠カメラ(1300万画素)を搭載。また、前面には不使用時は内部に収納できるF2.0のセルフィー用カメラ(1600万画素)も装備しています。

「ウルトラナイトモード2.0」機能で暗いシーンも高画質。AIがシーンを自動認識して自然な明るさと色彩に設定する「ダズルカラーモード」の搭載も魅力です。

オッポ(OPPO) A5 2020

クアッドカメラを搭載する、コスパに優れた6.5型Androidスマホです。気軽に購入できる安い価格ながら、超広角レンズを含む4眼カメラと5000mAhの大容量バッテリーを搭載。11時間以上連続で動画視聴できるほか、モバイルバッテリーとしても使えるリバース充電機能も搭載しています。

背面には13mm F2.25の超広角カメラ(800万画素)とF1.8のメインカメラ(1200万画素)をはじめ、印象的なボケ味の人物撮影ができる2基のポートレート用カメラ(200万画素)の計4つを装備。「ウルトラナイトモード2.0」と組み合わせれば、美しい夜景パノラマも撮影できます。

前面には「A.I.ビューティー」機能を備えたカメラ(1600万画素)を搭載。被写体の年齢を自動的に識別して肌質を滑らかにできるので、魅力的なセルフィー写真が記録できます。

アップル(Apple) iPhone 11

最新のiOSとデュアルカメラを搭載したスタンダードモデルの6.1型iPhoneです。機能のバランスが高次元で取れているのが特徴。人気のカメラも使いやすさはそのままに機能がさらに進化しているので、目を引く写真が誰でもより気軽に撮影できます。

背面にはF1.8の広角カメラ(1200万画素)に加えて、F2.4の超広角カメラ(1200万画素)も搭載。従来と比べて4倍も広い範囲を写真に切り取れるため、旅行先で出会った絶景も目に映る全てを残せます。「ナイトモード」を使えば暗い場所でも鮮明な写真が撮影可能です。

前面にはF2.2のセルフィーカメラ(1200万画素)を搭載。スローモーション効果を使用すれば、背景をゆっくり流しながら撮影できる新感覚の自撮り動画「スローフィー」も楽しめます。水深2mで最大30分の使用ができる防水機能もポイントです。

アップル(Apple) iPhone 11 Pro

より充実した撮影体験が味わえるトリプルカメラを搭載したハイエンドモデルの5.8型iPhoneです。iPhone 11の上位モデルで、美しい黒色の締まりと豊かな色彩美が堪能できる有機ELディスプレイを採用。カメラ性能もよりブラッシュアップされています。

背面には超広角カメラと広角カメラにF2.0の望遠カメラ(1200万画素)を加えたトリプルカメラを搭載。被写体の人物と会話しながら撮影するのに程よい画角が得られ、背景もより効果的にぼかせます。また、スタジオで撮影したような印象的なライティング効果も再現できるので、ポートレート撮影を積極的に楽しみたい方におすすめです。

「デュアル光学式手ぶれ補正」の搭載もポイント。iPhone 11と違って、広角カメラだけではなく望遠カメラにも手ブレ補正機構が内蔵されているため、夜景を背景にしたポートレート撮影も安定した画像で撮影できます。