年々進化し続けるスマホのカメラ性能。機種によってはデジタルカメラのように鮮明でキレイな写真が撮れるモデルもリリースされおり、スマホを選ぶ上では重要なポイントとなっています。

そこで今回はカメラ性能に優れたスマホをピックアップ。注目すべきスペックについてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

カメラ性能が高いスマホの選び方

画素数をチェック

スマホカメラの画素数は基本的に数値が高ければ高いほど、キメの細かくキレイな写真が撮れます。一方で、画素数が高いほど画像1つあたりのデータ量も増すので、大容量の内蔵ストレージやmicroSDカードが必要になる点には注意が必要です。

なお、写真をプリントする場合であれば、900万画素もあればA4サイズでも高画質で印刷できるので、少し多めに見積もっても1200万画素からが購入の目安。より画質にこだわりたい方は2000万画素以上のカメラを搭載したスマホがおすすめです。

F値をチェック

By: apple.com

F値とはレンズの絞り具合のこと。その絞り具合を調整することで背景のボケ具合やシャッター速度をコントロールすることができます。F値は小さければ小さいほど、撮影の自由度が増すので、スマホのカメラで多彩な写真を撮りたい方はぜひチェックしておきましょう。

なお、F値が小さいとレンズの絞りがより大きくなり、背景はボケてシャッタースピードは速くなります。例えば、夜景の撮影であれば、より手ブレを抑えて明るく撮影することが可能。動きのある被写体でも確実に捉えることができます。

反対に、F値が大きいとレンズの絞りは小さくなり、背景はボケにくく、シャッタースピードは遅くなります。ぜひ覚えておきましょう。

レンズの枚数をチェック

スマホのカメラには通常28mm前後のレンズを搭載しています。周囲を見渡した時の人間の視野角とほぼ同等の画角が得られるため、風景や夜景の撮影に最適。一方で、少し距離のある場所からの背景をボカしつつ、ポートレート撮影するには限界があります。

なお、最近のスマホのハイエンドモデルには上記のレンズに加えて、望遠に対応したレンズやより広角撮影に対応したレンズを別途搭載している、いわゆるダブルレンズ仕様の機種もリリースされています。スマホ搭載のカメラでさまざまな写真表現を楽しみたい場合は、搭載されているレンズの数が多い機種を選ぶのがおすすめです。

ズーム性能をチェック

デジタルズーム

デジタルズームでは画像を部分的にフォーカスすることで擬似的にズーム効果を再現します。フォーカス部分の画素は画像から間引かれてしまうので、ズーム倍率を上げて拡大するほど画像が荒く、不鮮明になってしまうので注意しましょう。

ただし、カメラ内に物理的なズーム機構を必要としないため、その分スマホからレンズが出っ張らず、スマホのフォルムは総じてスマート。見た目に違いがあるので、ぜひチェックしておきましょう。

光学ズーム

光学ズームではレンズ内に搭載されたズーム機構を使用して物理的にフォーカスします。専用の機構が必要なため、その分レンズが大きくなってしまい、レンズ部分が突起してしまうのがデメリット。また、ズーム倍率がデジタルズームに比べて少ないのも懸念点です。

一方、ズームした場合でも画質の劣化が起こらないのはメリット。高画質をしっかりと保てるので、ズーム機能を頻繁に利用したい場合は光学ズームを搭載した機種がおすすめです。

便利機能をチェック

手ブレ補正機能

写真撮影でストレスのなるのが画像のブレ。その原因となるのが手ブレで、シャッターを切る際の手の震えがスマホに伝わることで、写真が不鮮明にボヤけてしまう現象のことを指します。

なお、スマホのカメラにはデジカルカメラのように手ブレ補正機能を搭載する機種もあり、手ブレが伝わる方向とは逆方向から補正処理を加えることでブレが補正され、高精細な写真撮影が可能となります。

ちなみに手ブレ補正機能にはデジタル処理で電子的に補正効果を加えるデジタル式とレンズ内の補正ユニットを動かして物理的に補正する光学式の2種類があり、後者の方が補正効果は高め。確実に手ブレを抑えたい場合は光学式の手ブレ補正機能を搭載した機種を選ぶようにしましょう。

AIカメラ機能

カメラ機能にはさまざまな設定項目がありますが、より手軽に撮影したい方はAIカメラ機能が搭載されたモデルがおすすめ。スマホに搭載されたAIチップがカメラでの撮影時に作動して被写体や場面を分析し、シーンに最適な撮影モードに自動で設定してくれます。

例えば、夕景での撮影であれば、より印象的な写りになるよう赤みを調節することが可能。ポートレート撮影の場合は顔や瞳にピントを合わせつつ、顔の明るさを調節してくれるので便利です。カメラ初心者でも簡単に撮影することができるので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

セルフィー機能

SNSの普及により撮影スタイルとして確立された「自撮り」。スマホでもその重要度は大きく、セルフィー機能が充実しているかどうかは機種を選ぶ上で重要です。

代表的な機能としては、手のひらを見せるとその数秒後にシャッターが切れる「ハンドシャッター」や被写体の笑顔を感知するとシャッターが切れる「スマイルシャッター」など。これらは自撮り棒で手を伸ばして撮影する時でも遠隔操作で撮影できるので便利です。

また、より顔をキレイに撮影したい場合は美肌効果に対応した機種がおすすめ。自動調整で肌のトーンを滑らかにしてくれるので、ニキビやシワが気になる場合でも目立たせず理想的な写りに近づけてくれます。

カメラ性能が高いスマホのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

国内のスマホ市場ではやや存在感が薄れている「ソニー」。とはいえ、同社のハイエンドモデルのスマホには高性能なカメラを搭載しているモデルがリリースされており、これまでカメラ事業で培ってきた技術やノウハウが注ぎ込まれているのが魅力です。

1秒間で960コマを記録する「スーパースローモーション撮影」やシャッターを押す前に被写体の動きを一時保存しておくことによって、シャッターが遅れてもベストショットがとれる「先読み撮影」などは便利。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ファーウェイ(HUAWEI)

By: amazon.co.jp

最近のスマホ市場でシェアを伸ばしている中国メーカーの「ファーウェイ」。カメラ性能は秀逸で「とにかく明るく撮れる」のが特徴で、一眼レフに近い撮影が可能と好評です。

また、スマホでは初となるトリプルレンズを採用した機種もリリース。あらゆる撮影シチュエーションに対応できるスマホカメラを求めている方は要チェックです。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

「エイスース」は台湾のスマホメーカー。日本ではノートパソコンを販売しているメーカーとしても有名です。同社のスマホには、最大10倍のズーム機能や約0.03秒で被写体へフォーカスする機能が搭載されていて、クオリティの高い写真を撮れます。

また、カメラの要所部分にはソニー製のセンサーを搭載するなど、他社の技術も取り入れているのもポイントです。

アップル(Apple)

By: apple.com

高級路線が話題となっている「アップル」のiPhone。なかなか手が出しづらくなった一方、その価格に見合った高性能を要しているのが特徴です。

スマホカメラは総じてハイスペック。カメラアプリがオート撮影となるため、シャッタースピードは機種ごとに異なり、明るさに違いがありますが、それでも静止画に関してはそれほど差はなく、クオリティの違いはビデオ撮影に出ます。購入する際は留意しておきましょう。

カメラ性能が高いスマホのおすすめモデル

ソニー(SONY) Xperia XZ3

カメラ機能がさらに強化されたXperiaシリーズの6.0型Androidスマホ。同社はカメラの画質に関わるイメージセンサーや画像処理エンジン、レンズなどを開発しているため、トータルバランスの優れた高画質カメラを搭載しています。

画素数に関しては、アウトカメラは前機種「Xperia XZ2」と同じ約1920万ですが、インカメラは約500万から約1320万に高解像化。F値も1.9と明るいので、暗所でのセルフィーもきれいに撮影できます。

AIカメラ機能である「プレミアムおまかせオート」も搭載。13種類のシーンと4つのコンディションを組み合わせた52モードのなかから最適な撮影設定をカメラが自動で選択してくれます。また、スマホを横向きに構えると自動的にカメラが起動するので、急なシャッターチャンスにもスムーズに対応することが可能です。

ファーウェイ(Huawei) P20

豊かな階調の写真が撮れるSIMフリーの5.8型Androidスマホ。本製品のカメラ性能は高く評価されており、デジタルカメラレベルの撮影が可能です。

背面にはカラー(1200万画素/F1.8)とモノクロ(2000万画素/F1.6)、2つのレンズを搭載したデュアルカメラを搭載。カラーとモノクロ両方の色情報を取り込んで合成できるので、目で見たままの階調に近い豊かな明暗表現で写真が撮れます。

AIがさまざまな機能に活用されているのも特徴。19のシーンに対応できる自動認識機能や、手ブレ補正の制御機能、構図アドバイス機能のほか、スタジオで撮影したかのような高いライティング効果の人物撮影ができる「3Dポートレートライティング」など、多彩な撮影サポートの機能が搭載されているのもポイントです。

ファーウェイ(Huawei) P20 Pro

カメラ機能が優秀な「P20」の上位機種となる6.1型のAndroidスマホ。P20同様、ドイツの名門カメラメーカーである「ライカ」のレンズを搭載しており、クオリティは良好です。

背面にトリプルカメラを搭載しているのが特徴。特にカラーレンズのカメラ(F1.8)は4000万画素という超高画素センサーを搭載しており、撮影シーンによってはデジタルカメラを上回る解像感が得られます。

さらに、最大5倍のハイブリッドズームに対応するカメラも搭載。画素数が800万になるものの、光学式とデジタル式の両方を併用することで画像の荒れを抑えた、より高画質なズーム撮影が楽しめます。AIカメラ機能も充実。スマホで本格的な写真撮影を楽しみたい方におすすめです。

ファーウェイ(Huawei) Mate20 Pro

超広角から望遠まで幅広く対応できる6.4型のSIMフリースマホ。P20 Pro同様、背面にトリプルカメラを搭載していますが、本機は3つのカメラそれぞれが異なる焦点距離のレンズを持っているのが特徴です。

27mm F1.8の広角カメラ(4000万画素)と、3倍の光学ズームが可能な27〜80mm F2.4の望遠カメラ(800万画素)は同じ。しかし、3つめのカメラ(2000万画素)は16mm F2.2の超広角レンズを搭載しているため、風景や夜景などをより広い画角でダイナミックに撮影できます。

また、マクロ撮影が得意なのも特徴。最短2.5cmまで近づいての接写が可能なので、細部までしっかり撮影することができます。AIによる画像安定化機能も搭載しているので、手軽に写真撮影が楽しめるのも魅力です。

エイスース(ASUS) Zenfone 5

リーズナブルな価格ながら高性能なカメラ機能が搭載されているSIMフリーの6.2型Androidスマホ。背面にデュアルカメラを搭載しているので、コスパ重視で高機能なスマホカメラを手に入れたい方におすすめです。

背面カメラには24mmの広角カメラ(1200万画素)に加えて、12mmの超広角カメラ(800万画素)を搭載。カメラのF値も1.8あるので、暗い室内や夜景も明るくきれいに撮影が可能です。

2つのカメラにはAIカメラ機能が搭載されているのも特徴。瞬時に被写体やシーンを分析して16の撮影モードから最適なものを自動で選択できます。また、撮影するほどAIがユーザーの好みを学習し、好みの色合いで撮影してくれるのもポイント。画像加工もスムーズできるので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

アップル(Apple) iPhone 8

By: apple.com

シンプルな撮影機能と定評のある高画質が魅力の4.7型iPhoneのSIMフリー版です。2017年に発売された機種ですが、価格が安くなったことで人気が再燃。操作系が簡潔に整理されているので、撮影に不慣れでも簡単操作で高画質な写真が楽しめます。

背面には27mm F1.8の広角カメラ(1200万画素)を搭載。デュアルカメラではありませんが、光学式の手ブレ補正機能を備えているので、暗い室内や夜景も安定した画質で撮影できます。

スローシンクロフラッシュが搭載されたのもポイント。本機では周囲の光量に応じて発光時間を自動調整することが可能なので、被写体も背景もバランスの取れた明るさで撮影することができます。

アップル(Apple) iPhone XR

By: apple.com

多彩な撮影機能が楽しめる6.1型iPhoneのSIMフリー版。背面には26mm F1.8の広角カメラ(1200万画素)を搭載とレンズはひとつだけですが、光学式の手ブレ補正機能はしっかりと備わっています。

また、スタジオで撮影したようなライティング効果を適用できるポートレートライティングや撮影後にもボケ具合を調整できる深度コントロールも搭載。魅力的な人物撮影が楽しめます。

スマートHDR機能が搭載されたのもポイント。背景が明るく被写体が木陰にあるような明暗差の激しいシーンでも、従来機よりもさらに見た目に近い明るさで撮影できます。

アップル(Apple) iPhone XS

By: apple.com

ハイエンドクラスのSIMフリー版5.8型iPhone。同年発売のiPhone XRの上位機ですが、違いはデュアルカメラの有無です。

本機は背面に26mm F1.8の広角カメラ(1200万画素)と52mm F2.4の望遠カメラ(1200万画素)を搭載。少し離れた場所にある被写体を引き寄せて撮影するとき、iPhone XRでは画質劣化覚悟の上でデジタルズームを使用しなければいけませんが、iPhone XSでは高画質を維持したまま望遠撮影が楽しめます。

光学式の手ブレ補正やポートレートライティング、スマートHDRなど便利な撮影機能も網羅。とにかく高性能なスマホを求めている方におすすめです。

サムスン(Samsung) Galaxy S9+

デジタルカメラレベルの開放F値1.5の6.2型Androidスマホ。背面には27mmの広角カメラ(1200万画素)と53mmの望遠カメラ(1200万画素)を搭載しています。

広角カメラにはデュアルアパチャー機能を搭載しており、周囲の明るさに応じて2種類のF値を自動で使い分けてくれるのが特徴。光量の少ない室内や夜の撮影ではF1.5で光を多く取り込み明るく鮮明に、昼間の明るい状況での撮影ではF2.4で明るさを抑えつつシャープで鮮明な写真を撮影できます。

また、960fpsのスーパースローモーション撮影が可能なのも魅力。HD解像度にはなるものの、さまざまな演出が楽しめます。光学式の手ブレ補正機能と2倍の光学ズームを搭載しているのも注目ポイントです。

グーグル(Google) Pixel 3

グーグルが発売した5.5型スマホ。前機種Pixel 2は日本未発売で、iPhone Xよりも高性能なカメラを搭載していたと話題になりましたが、本機はその後継機としてカメラ機能がさらにブラッシュアップされています。

背面カメラ(1220万画素)は28mm F1.8の広角レンズを搭載。光学式の手ブレ補正機能を備えているので、安心して撮影することができます。オートフォーカスには像面位相差検出方式が採用されているので、子どもやペットなどの撮影でも瞬時にピントを合わせることが可能です。

夜景を明るく撮影できる「夜景モード」や、連写した中から誰も目を瞑っていない画像を自動提案してくれる「トップショット機能」も搭載。加えて、前面にはデュアルカメラが搭載されており、セルフィー時の集合写真もスムーズに対応できます。