年々進化し続けるスマホのカメラ性能。モノによってはデジタルカメラよりも鮮明にきれいに撮れるスマホカメラもリリースされています。

そこで今回は、カメラの性能に優れたスマホを徹底比較し、カメラ性能が高いスマホカメラをご紹介します。暗闇での撮影に優れたアイテムからきれいに自撮りができるタイプまでいろいろな機種をピックアップしました。気になる方はぜひチェックしてみてください。

カメラ性能が高いスマホメーカーは?

ソニー(SONY)

ソニーのハイエンドモデルのスマホには、高性能のカメラが搭載されているモデルがあります。同社はデジカメのラインナップが豊富で、これまで培ってきた技術やノウハウがスマホにも反映されているのが魅力。例えば、1秒間で960コマを記録する「スーパースローモーションの撮影」や、シャッターを押す前に被写体の動きを一時保存しておくことによって、シャッターが遅れてもベストショットがとれる「先読み撮影」などは便利な機能です。

ファーウェイ(HUAWEI)

By: amazon.co.jp

中国メーカーのファーウェイ。特長は、ハイエンドモデルに有名高級カメラメーカーの「ライカ」製のカメラが搭載されているところです。例えば、「HUAWEI P10 Plus」はダブルカメラを採用し、モノクロセンサーとRGBセンサーのイメージを融合して鮮明な写真を撮影することができます。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

台湾メーカーのエイスース。日本ではノートパソコンを販売しているメーカーとして有名です。同社のスマホには、最大10倍のズーム機能や約0.03秒で被写体へフォーカスする機能が搭載されていて、クオリティの高い写真を撮ることができます。また、カメラの要所部分にはソニー製のセンサーを搭載するなど、他社の技術も取り入れているのもポイントです。

カメラ性能の見方

画素数をチェック

スマホのカメラ性能をチェックする上で、画素数はとても重要なポイント。スマホのスペック表示にも「○○万画素」と書かれています。画素数は基本的に高ければ高いほど、キメの細かなきれいな写真が撮れます。とくに写真の画質によりこだわりたい方は、2000万画素以上のカメラを搭載したスマホを購入候補とするのがおすすめです。

F値をチェック

By: apple.com

F値とはレンズの絞り具合のこと。その絞り具合を調整することで背景のボケ具合や、シャッター速度を自由にコントロールできます。F値が小さくなるとレンズの絞りが大きくなります。背景はボケて、シャッタースピードは早くなります。反対に、F値が大きくなるとレンズの絞りは小さくなります。背景はボケなくなり、シャッタースピードは遅くなります。

ISO感度をチェック

ISO感度とは光を捉える力を表します。暗い場所で撮影をする際に重要で、ISO感度が高ければ高いほど暗所でも明るい撮影が可能です。
花火大会や夜景など、暗い場所での写真を頻繁に撮りたい方はISO感度は高い機種を選んでください。

カメラ性能が最強のスマホおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) P10 Plus

従来の10倍の工数をかけたハイパーダイヤモンドカット仕上げのスマホ。指紋や傷がつきにくく持ちやすいのが魅力です。特長は、カメラメーカーのライカと協力して搭載されたダブルレンズカメラ。2000万画素のモノクロセンサー、3D顔面検出機能や光学手振れ補正など、多くの機能を搭載しています。

さらにインカメラも1200万画素というアウトカメラ並みの高画質。光を2倍取り込み、夜の暗い場所でも鮮明に自撮りを行うことができるスマホです。

ファーウェイ(HUAWEI) MATE9

ファーウェイのハイエンドモデルのスマホ。カメラの開発技術に定評のあるライカのカメラが搭載されています。また、同社のスーパーチャージ技術によって、20分の充電で約1日の使用、フル充電では2日間の連続使用ができます。

本体背面の指紋認証機能を使用すれば素早くロックが解除されるなど、セキュリティと利便性が両立されているのもポイントです。

ソニー(SONY) Xperia XZ Premium SO-04J

HDR対応の4Kディスプレイが搭載されたスマホ。カメラの画素数は920万です。イメージセンサーを使うことによって、1秒960コマを撮影するスーパースロー撮影も可能。さらに、被写体の動きを検知したときに一時メモリに保存することによって、シャッターが遅れても一時保存の画像も記録できるなど、デジカメと比べても遜色ない機能を搭載されているモデルです。

シャープ(SHARP) AQUOS R SH-03J

シャープのテレビ「AQUOS」シリーズで培った技術を搭載したスマホ。スクロールやフリックをする際に出る残像がほぼないため、滑らかな操作感を味わうことができます。

アウトカメラは2260万画素、インカメラは1630万画素とスペックの高さも魅力。他にも3日間電池が持続する「省エネディスプレイ」や、お風呂対応の「防水機能」などが採用されているため、汎用性の高いスマホを求めている方におすすめです。

アップル(Apple) iphone 7 plus

By: apple.com

カメラ性能に定評があるiphoneシリーズ。なかでも本製品はメインカメラとして1200万画素のデュアルカメラが載されています。広角と望遠の2つのカメラがあり、2倍の光学ズームと10倍のデジタルズームに対応。

またカメラ以外の特長は、それまでのiPhoneのホームボタンとは違い、タッチセンサーのホームボタンで操作するところ。指紋認証システムは健在なので安心です。

またiPhone 7からはApple Payというサービス利用可能。これは、クレジットカードなどを登録して電子ウォレットのように使える機能なので、生活が便利になるおすすめのスマホです。

アップル(Apple) iPhone 8 plus

By: apple.com

2017年9月に発売された期待のスマホ。耐久性がありながらもスタイリッシュなガラスデザインを採用しているのが特長です。

iPhone 8のカメラの特長はポートレートモードが進化したところ。前景をより精彩に背景を自然にぼかすような処理が発生するので、よりクオリティの高い写真を撮影できます。

また、光学ズーム機能は写真で最大で10倍なので従来のスマホより高品質。また、カメラ機能以外では充電台に置くだけで充電ができるワイヤレス充電に対応しているのも注目すべき点です。

エイスース(ASUS) ZenFone 3

ダイヤモンドを削り出す特殊な技術で面取りされた、薄さ約7.69mmのスマホ。画面占有率77.3%の迫力の画面で、フルHD解像度(1920×1080)を楽しめます。

カメラは1600万画素と高画質。さらに、この画素数を高めて6400万画素相当で撮影できる「超解像度」モードを搭載しているので、スマホでも満足度の高い撮影が可能です。

また、距離や明るさを問わず約0.03秒の高速オートフォーカスを実現する「TriTechオートフォーカス」を搭載しているのもポイント。デシカメと遜色ないカメラ性能を備えたおすすめのスマホです。

エイスース(ASUS) ZenFone 4 Pro

カメラにソニー製センサーを搭載しているのスマホ。薄暗い場所でも、通常のスマホより8倍ほどの明るさで撮影できるのが特長です。

0.03秒でフォーカスするTriTechテクノロジーが採用されているほか、光学式・電子式手ぶれ補正も搭載しているので、使い勝手は良好。また、6GBのメモリ、大量のデータを保存できる128GBの保存容量もポイントです。

オンキヨー&パイオニアマーケティング CAT-S60

水深5mに60分間浸しても起動できる機能が搭載されたスマホ。他にも、1.8mの高さでコンクリートへの落下試験に合格しているなど耐久性にも優れているモデルです。

本製品の特長は熱を視覚化できるサーマル撮影ができるところ。専用アプリ「MyFLIR for Cat S60」を使用することで対応可能で、肉眼では確認不可の「足跡」などもスマホカメラで記録できます。

エイスース(ASUS) ZenFone AR

AR対応のスマホ。カメラは主に「2300万画素カメラ」「モーショントラッキングカメラ」「深度カメラ」の3つで構成されています。

ARを使用すると、例えば部屋の模様替えを具体的にイメージすることが可能。部屋のスケールを測定し、バーチャル上に家具を配置して、部屋の模様替えにマッチするかを確認ができます。

メモリは8GBを搭載。通常使用のカメラでも、超解像度モードを使用することによって9200万画素相当の画像が撮影できます。

ゼットティーイー(ZTE) AXON 7 A2017G

ドイツの自動車メーカー「BMW」のデザインチームが関わったスマホ。本体のアウトカメラは2000万画素、メインカメラは800万画素なので、大手通信会社などが契約するハイエンドスマホと変わらないカメラ性能があります。

USB Type-Cの急速充電に対応しているので、従来の4倍の速度で充電可能。また、CDを超えるほどの高音質な音源再生ができるので、スマホで動画を閲覧する際により楽しめるのもポイントです。

プラスワンマーケティング FREETEL SAMURAI KIWAMI 2

高品質なアルミ製のフルメタルボディが特徴のスマホ。スーパー有機ELディスプレイが搭載され、黒を正確に表現する映像に強い仕様です。

アウトカメラが1600万画素、インカメラが800万画素と快適に画像が撮影できる性能に加えて、「FREETEL カメラ」アプリを使用することによって、ビューティ撮影や暗がり撮影など、多くの撮影モードに対応。

スマホ操作は「FREETEL ボタン」となっていて、指紋認証、軽いタッチで1つ前の画面、1回押しでホームなど、多くの操作を行うことが可能な便利な機能付きです。

自撮り性能が最強のスマホおすすめモデル

エイスース(ASUS) ZenFone Zoom S

キレイに自撮りできるスマホ。メインカメラは1200万画素と高解像度なのも魅力です。F値1.7と大口径レンズや、高い光感度を可能にする1.4µmの画素ピッチが採用された大型センサーが搭載されているため、暗い場所でも色鮮やかな撮影をすることが可能。

また、5000mAhの大容量バッテリーを搭載していて、1回の充電で2日間使用可能。本製品から他の端末に対して充電を行えるモバイルバッテリーとしての機能も搭載しています。

エイスース(ASUS) ZenFone Selfie

リーズナブルな価格でありながら自撮りがきれいに撮れるスマホ。カメラ性能の高さが魅力で、アウトカメラとインカメラがともに1300万画素を備えているのがポイントです。

白写りを抑え、自然な肌色に調整するデュアルカラーLEDフラッシュ機能も搭載。他にも、17種類の撮影モードから自分にとって最適な自撮りを楽しめるのも特長です。

スマホの画面上でアルファベットの「S」「C」を描くだけでカメラが起動するモードや、片手で操作するモードがあり、操作が快適な1台としておすすめです。