年々進化し続けるスマホのカメラ性能。機種によってはデジタルカメラのように鮮明でキレイな写真が撮れるモデルもラインナップされており、スマホを選ぶうえで重要なポイントになっています。

そこで今回は、カメラ性能に優れたスマホをピックアップ。注目すべきスペックについてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

カメラ性能が高いスマホの選び方

画素数をチェック

スマホカメラの画素数は基本的に数値が高ければ高いほど、キメ細かくキレイな写真が撮れます。一方で、画素数が高いほど1画像あたりのデータ量は増大。大容量の内蔵ストレージや別途microSDカードが必要になる場合もあるので、注意が必要です。

なお、写真をプリントする場合は900万画素もあればA4サイズでも高画質で印刷できるので、少し多く見積もっても1200万画素以上のモデルを選びましょう。より画質にこだわりたい方は2000万画素以上のカメラを搭載したスマホがおすすめです。

F値をチェック

By: apple.com

F値とはレンズの絞り具合のこと。絞り具合を調節することで背景のボケ具合やシャッター速度をコントロールできます。F値が小さいほど多彩な撮影ができるので、ぜひチェックしておきましょう。

なお、F値が小さいとレンズの絞りが開放され、背景はボケてシャッタースピードは速くなります。例えば、夜景の撮影の場合は手ブレを抑えて明るく撮影することが可能なほか、動きのある被写体でも確実に捉えることが可能です。

反対に、F値が大きいとレンズの絞りが狭くなり、背景はボケにくく、シャッタースピードは遅くなります。

レンズの枚数をチェック

スマホのカメラには通常28mm前後のレンズが搭載されています。周囲を見渡したときの人間の視野角とほぼ同等の画角が得られるため、風景や夜景の撮影に最適。一方で、少し距離のある場所からの背景をボカしつつ、ポートレート撮影をするには限界があります。

しかし、最近のハイエンドモデルには28mmレンズに加えて、望遠対応のレンズや、より広角撮影に対応したレンズを別途搭載している、「ダブルレンズ仕様」の機種も発売されています。

スマホカメラでさまざまな写真表現を楽しみたい方は、搭載されているレンズの数が多い機種を選ぶのがおすすめです。

ズーム性能をチェック

デジタルズーム

デジタルズームとは、レンズを動かさず画像の倍率を部分的にあげて疑似的にズーム効果を再現すること。画像の一部を拡大するため、拡大するほど画像が荒く、不鮮明になってしまいます。

ただし、カメラ内に物理的なズーム機構が必要ないため、スマホからレンズが出っ張らずスマートです。見た目に違いがあるので、ぜひチェックしておきましょう。

光学ズーム

光学ズームは、レンズ内に搭載されたズーム機構を使用して物理的にフォーカスします。レンズを動かすことでズームするため、大きなレンズが必要です。そのため、レンズ部分が突起してしまうのがデメリット。また、ズーム倍率がデジタルズームに比べて少ないのも懸念点です。

メリットは、ズームした場合でも画質の劣化が起こらないこと。しっかりと高画質を保てるので、ズーム機能を頻繁に利用したい場合は光学ズームを搭載した機種がおすすめです。

便利機能をチェック

手ブレ補正機能

写真撮影でストレスになるのが手ブレ。シャッターを切る際に手の震えがスマホに伝わることで、ピントがズレてしまう現象です。

最近のスマホカメラには、デジカルカメラのように手ブレ補正機能を搭載する機種もあります。手ブレが伝わる方向とは逆の方向から補正処理を加えることで、ブレが補正されて高精細な写真撮影が可能です。

手ブレ補正機能は、デジタル処理で補正効果を加えるデジタル式と、レンズ内の補正ユニットを動かして補正する光学式の2種類があります。光学式の方が補正効果は高めなので、確実に手ブレを抑えたい場合は光学式の手ブレ補正機能を搭載した機種を選びましょう。

AIカメラ機能

スマホカメラにはさまざまな設定項目がありますが、手軽に撮影したい方はAIカメラ機能搭載のモデルがおすすめ。スマホに搭載されたAIチップが撮影時に作動して、被写体や場面を分析し、最適な撮影モードに自動で設定します。

夕景での撮影であれば、より印象的な写りになるよう赤みを調節したり、ポートレート撮影の場合は顔の明るさを調節したりできるのがポイント。カメラ初心者でも手軽にさまざまな写真を撮影できるので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

セルフィー機能

SNSの普及により、撮影スタイルとして確立された「自撮り」。スマホカメラでは自撮りの重要度は高く、セルフィー機能が充実しているかどうかは重要なポイントです。

代表的な機能としては、手のひらを見せるとその数秒後にシャッターを切る「ハンドシャッター」や、被写体の笑顔を感知するとシャッターを切る「スマイルシャッター」などがあります。これらは自撮り棒で撮影するときでも遠隔操作できるので便利です。

また、より顔をキレイに撮影したい場合は美肌効果に対応した機種がおすすめ。自動調節で肌のトーンを滑らかにするので、ニキビやシワが気になる場合でも目立たせず理想的な写りに近づけてくれます。

カメラ性能が高いスマホのおすすめメーカー

グーグル(Google)

By: amazon.co.jp

Android OSを開発している「グーグル」。ソニーやシャープなどの国内メーカーから、サムスンやファーウェイなどの海外メーカーまで幅広い端末に搭載されており、世界規模で展開しています。

自社の純正スマホは2016年よりラインナップしていたものの、日本初上陸は2018年の「Pixel 3」「Pixel 3 XL」から。おサイフケータイの「FeliCa」に対応するなど、日本のユーザーを意識した仕様になっています。

シングルカメラながら高画質撮影が可能な点や、物体を認識・検索できる「Googleレンズ」など、使い勝手に配慮しているのも特徴です。

アップル(Apple)

By: apple.com

スマホ事業においては高級路線が話題となっている「アップル」。クオリティの高さは折り紙付きで、スマホカメラに関してもハイスペックです。

スマホカメラはシングルカメラ、広角・望遠の双方に対応したダブルレンズ仕様に分かれているので、購入する際は違いを確認しておきましょう。

サムスン(Samsung)

By: amazon.co.jp

世界のスマホシェア1位で、業界を牽引している「サムスン」。日本ではこれまでやや苦戦を強いられてきましたが、ここ最近は盛り返しを見せており、シェア拡大に努めています。

なお、同社を代表するスマホの「Galaxy」シリーズが初登場したのが2009年で、2019年は10年目という節目の年。さらに、今後世界各地で次世代通信「5G」の商用サービスが順次スタートすることもあり、力を入れています。

また、タブレットのGalaxy Tabをはじめ、ワイヤレスイヤホンのGalaxy Buds、スマートウォッチのGalaxy Watch Activeなど、幅広いガジェット製品を揃えているのもポイント。今後、さらなる動向が注目されるブランドです。

カメラ性能が高いスマホのおすすめモデル

グーグル(Google) Pixel 3

グーグル(Google) Pixel 3

以前より普及しているシングルカメラ仕様ながら、AIを活用することで高画質撮影が可能なスマホ。シャッターを押す前後の画像も取り込んで選択できる「トップショット」に対応しており、ベストな写真を保存できるのが特徴です。

背面カメラの画素数は12.2メガピクセルで約1220万画素。前面カメラはF値1.8で視野角75°の標準視野カメラと、F値2.2で視野角97°の広角カメラが搭載されています。なお、広角は画素数8メガピクセルで約800万画素です。

画面サイズは5.5インチ、重さ約148gで、ハイエンドモデルのなかでは比較的コンパクト。注目度の高いおすすめモデルです。

グーグル(Google) Pixel 3a XL

グーグル(Google) Pixel 3a XL

コスパ重視の方におすすめのスマホ。本製品はPixel 3 XLの廉価版で、画面サイズは6インチ、重さは約167g、バッテリー容量は3700mAhです。

フラッグシップモデルPixel 3との違いは、2基あった前面カメラがひとつになったこと、防水機能が省かれたこと、テザリングができなくなったことなどがあげられます。なお、背面カメラはシングル仕様ながら、AIを活用することで高画質撮影が可能です。

スペック十分でありながら、価格が控えめなのも魅力のひとつ。新規購入を検討している方はもちろん、乗り換えを考えている方にもおすすめのモデルです。

アップル(Apple) iPhone XS

アップル(Apple) iPhone XS

By: apple.com

広角・望遠に対応できるデュアルカメラ仕様のハイエンドスマホ。感度・色表現・ボケ表現に優れているほか、「スタジオ照明」や「ステージ照明」といったライティング効果も付加できるのが特徴です。

画素数は1200万画素で、広角のF値は1.8、望遠のF値は2.4。前面カメラの画素数も700万画素、F値2.2と高スペックを備えています。

iPhone XSは画面サイズが5.8インチで、重さ約177g。なお、同スペックの「iPhone XS Max」は画面サイズが6.5インチで、重さは約208gと、ひと回り大きくなっています。シンプルな仕様なので、カメラまかせでスマホ撮影をしたい方はぜひチェックしておきましょう。

アップル(Apple) iPhone XR

アップル(Apple) iPhone XR

By: apple.com

背面カメラの画素数が約1220万画素とシングル仕様のスマホ。F値1.8の広角カメラを搭載しており、4K/60fpsの動画撮影や光学式手ブレ補正に対応しているのが特徴です。

前面カメラはF値2.2の700万画素。本体サイズは上位機種の「iPhone XS」シリーズと比較すると中間に位置するサイズ感で、画面ディスプレイは6.1インチ、重さは約194gです。

色再現に関しては適度なバランスを保持し、明るい場面で白飛びが少ないのも魅力のひとつ。顔認識や深度マッピングなども自動で対応できるほか、ボケをいかした撮影も可能です。

サムスン(Samsung) Galaxy S10+

サムスン(Samsung) Galaxy S10+

前モデル同様、カメラ性能が高いと評判のスマホ。撮影環境に合わせて自動的に最適なモードに切り替えてくれるのが特徴です。

本製品は同シリーズのなかでひと回り大きいサイズ。インカメラが1基の「S10」とは異なり、「デュアルピクセルインカメラ」と「RGB深度カメラ」の2基仕様です。背面カメラは望遠・広角・超広角の3基で、広角カメラに至っては状況に合わせてF値を1.5と2.4とで切り替えることも可能。

シーン認識をオンにすると被写体の細部までしっかりと捉え、特に風景では立体的に撮影できます。また、ナイトモードを活用すれば、夜景もキレイに撮影できるのも魅力。カメラ性能には妥協しないスマホの購入を考えている方は、ぜひチェックしておきましょう。

サムスン(Samsung) Galaxy S9+

サムスン(Samsung) Galaxy S9+

背面カメラがデュアル仕様のスマホ。広角・望遠レンズともに約1220万画素で、前面カメラは800万画素と十分なスペックを備えています。なお、広角撮影の場合はF値1.5とF値2.4とを自動で切り替えることが可能です。周囲の明るさに合わせてスムーズに撮影できます。

全体的にメリハリのある写真に仕上がるのも注目すべき点。光学ズームとデュアル光学手ブレ補正により、望遠撮影もクリアに撮影できます。トータルバランスに優れたカメラ性能を搭載しているおすすめモデルです。

サムスン(Samsung) Galaxy Note9

サムスン(Samsung) Galaxy Note9

背面カメラに広角レンズと望遠レンズを搭載したデュアルカメラ仕様のスマホ。画素数はどちらも約1220万画素で、さまざまなシーンで高画質撮影に対応できるのが特徴です。

広角レンズで撮影する際はF値を1.5と2.4とで自動的に使い分けてくれるのもポイント。夜景や暗部での撮影ではしっかりと光を取り込める1.5を、昼間や明るさを十分確保できる場所でシャープに撮影したい際は2.4に切り替わるので、簡単に鮮明な写真を撮影できます。

画面は6.4インチで、有機ELディスプレイを採用しているのも魅力。前面カメラ画素数は約800万画素で、自撮りもキレイに仕上がります。サイズは76×162×9.3mm、重さは約201gと比較的大型なので、大画面のスマホを検討している方にもおすすめです。

オッポ(OPPO) OPPO Reno 10x Zoom

オッポ(OPPO) OPPO Reno 10x Zoom

高倍率ズームによる撮影が可能なスマホ。背面のカメラは3基あり、画角26mmのメインカメラは4800万画素、画角130mmの望遠カメラは1300万画素、画角16mmの超広角カメラが800万画素です。

望遠カメラについては光学手ブレ補正が付いているのもポイント。焦点距離は130mmとなっており、メインカメラに対して5倍、超広角カメラに対しては約8.1倍のズーム撮影が可能です。ハイブリッドズームを利用すれば10倍ズームまで、デジタルズームなら最大60倍まで対応できます。

また、クオリティの高い夜景撮影ができる「ウルトラナイトモード2.0」も魅力。 AIによるシーン識別によって切り替わり、簡単にキレイな写真が撮れます。

なお、本製品は約6.65インチの有機ELディスプレイを搭載しており、重さは約215g。最近のスマホは大型化している傾向にありますが、なかでも特出しています。コンデジ並みの撮影をスマホで行いたい方はぜひ候補として検討してみてください。

オッポ(OPPO) OPPO R17 Neo

オッポ(OPPO) OPPO R17 Neo

背面カメラの画素数が約1600万画素+約200万画素とデュアル仕様のスマホ。前面カメラの画素数も高く、約2500万画素と高精細に自撮りできるのが特徴です。

画面サイズは6.4インチで有機ELディスプレイを搭載しているのもポイント。画面に指が触れるだけでロックを解除できる「ディスプレイ指紋認証」に対応しているのも魅力のひとつです。

なお、本機種はUQ mobileによる独占販売モデルで、本体価格は同スペックの他機種と比べるとかなり格安。コスパ重視ながらカメラ性能に優れたスマホを求めている方はぜひ候補として検討してみてください。

ソニー(SONY) Xperia 1

ソニー(SONY) Xperia 1

同シリーズで初めて背面カメラを3基搭載したスマホ。標準・望遠・超広角用にそれぞれレンズが用意され、あらゆる撮影シーンに対応できるのが特徴です。

被写体の瞳にピントを合わせる「瞳AF(オートフォーカス)」を搭載しているのもポイント。ソニーがカメラ事業で培った技術とノウハウを盛り込んでおり、あらゆるシーンや被写体に対応できるのも魅力です。

また、映画とほぼ同じ比率のシネマワイドディスプレイの採用に加え、世界初の4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載しているのも魅力のひとつ。同社テレビ「BRAVIA(ブラビア)」シリーズの技術から生まれた高画質化エンジンによる色鮮やかな映像を体感できます。満足度の高いスマホを探している方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) Xperia XZ3

ソニー(SONY) Xperia XZ3

背面カメラの画素数が約1920万画素、前面カメラの画素数が約1320万画素とハイスペックなモデル。画面は有機ELディスプレイを採用した6インチで、本体サイズは73×158×9.9mm、重さは193gです。

デジタルズーム対応のシングルカメラながら、F値は1.9と明るいので、暗部での撮影もスムーズに対応。また、13種類のシーンと4つのコンディションを組み合わせた52パターンのなかから最適な撮影設定を自動選択できる「プレミアムおまかせオート」も便利です。

色表現・感度・ボケ表現などカメラとしての基本性能が優れているのもポイント。ハイクオリティな撮影ができるおすすめの1台です。

エイスース(ASUS) ZenFone 5

エイスース(ASUS) ZenFone 5

ミドルレンジの価格帯ながら高性能なカメラが搭載されているスマホです。背面カメラの画素数はメインが約1200万画素、広角が約800万画素のデュアル仕様で、幅広い撮影シーンに対応できるのがポイント。

F値は1.8と高スペックで、暗い室内や夜景も明るくキレイに撮影できます。また、2基のカメラにはそれぞれAI機能が搭載されており、被写体やシーンを分析して16の撮影モードから選択が可能です。

また、ユーザーの好みを学習し、好みの色合いで撮影できるのも魅力のひとつ。露出はやや暗めですが、色表現は豊かで、階調も充実しています。操作画面もシンプルで使い勝手のよい、おすすめモデルです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense 2

シャープ(SHARP) AQUOS sense 2

画面サイズが5.5インチで、重さが約155gと最近のスマホでは比較的コンパクトなモデル。フルHD+のIGZOディスプレイを採用しており、高精細なのが特徴です。

背面カメラの画素数はシングル仕様で、画素数は約1200万画素。なお、本モデルはポートレート機能がないため、シーンモードの「ふんわり」で代用することになります。

撮影モードはAIオートのほか、計9種類を用意。UIの使いさすさも魅力で、操作画面はシンプルな仕様。ハイエンドモデルのスマホと比べるとスペックはやや劣りますが、使いやすいおすすめのスマホです。

エイチティーシー(HTC) U12+

エイチティーシー(HTC) U12+

背面カメラだけでなく、前面カメラもデュアル仕様で、計4台のカメラ機能を搭載したスマホ。背面カメラは広角がF値1.75で画素数は1200万画素、望遠がF値2.6で画素数が1600万画素と、充実したスペックを備えています。前面カメラでセルフィーでもボケ感のある写真が撮影できるのも魅力です。

また、4K/60fpsの動画撮影にも対応しているほか、本体を片手で握ることでスムーズに操作できる「エッジセンス2」を備えているのもポイント。個性的なカメラ性能を備えたスマホを求めている方におすすめです。