高負荷なスマホゲームを快適にプレイできる「ゲーミングスマホ」。ゲーム用途に特化していなくても、ゲームアプリを快適にプレイできるだけの性能を有したスマホも数多く販売されています。

今回はおすすめのゲーミングスマホを、選び方やおすすめメーカーとともにご紹介します。ゲーミングスマホに加え、快適にゲームプレイできるハイスペックなスマホもあわせてピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

ゲーミングスマホとは?

By: amazon.co.jp

ゲーミングスマホとは、ゲームアプリのプレイに特化したハイスペックなスマホです。高性能なプロセッサーを搭載しており、3Dゲームやオンラインゲームも快適に遊べます。

また、多くのゲームアプリを保存できるように、一般的なスマホよりも大容量の内蔵ストレージを備えている製品が多いのも特徴。ゲームを快適にプレイするための特別なアクセサリー類が用意されている製品が多いのもポイントです。

ゲーミングスマホの選び方

CPUで選ぶ

By: mi.com

CPUとは、スマホの頭脳にあたるパーツ。高性能なCPUを搭載しているほどデータの処理速度が向上し、ゲームを快適にプレイすることが可能です。メーカーによってはSoCと表記されることもあります。

スマホのCPUを開発しているメーカーはいくつかありますが、なかでもQualcommの「Snapdragon」シリーズが有名。後ろについた数字が大きくなるほど性能が高くなるのが特徴で、「Snapdragon 800シリーズ」は特に高性能。多くのゲーミングスマホやハイエンドスマホで採用されています。

メモリ(RAM)で選ぶ

メモリ(RAM)は、スマホで処理するデータを一時的に記録するためのパーツ。サイズが大きいほど一度に複数のアプリを起動するなど、高負荷な作業を行えます。

一般的なスマホやタブレットに搭載されているメモリの容量は4GB程度。3Dグラフィックを駆使した高負荷なゲームを快適にプレイしたいのであれば、6GB以上のメモリを搭載したモデルを選びましょう。

バッテリー容量で選ぶ

By: galaxymobile.jp

長時間ゲームをプレイしたい方やバッテリー残量を気にせずプレイしたい方は、バッテリーの容量にも注目しておきましょう。特にゲームアプリはバッテリーの消費が大きいので、4000mAh以上の大容量バッテリーを搭載したモデルがおすすめ。

なかには、5000mAh以上の大容量バッテリーを搭載した製品も販売されていますが、容量が大きいほど本体が重くなる傾向にあります。日常使いも兼用している場合、携帯性とのバランスを考えることが大切です。

リフレッシュレートの数値をチェック

By: oppo.com

ゲーミングスマホを選ぶ際には、1秒間で何回画面を更新できるかを示す「リフレッシュレート」も重要なポイントです。リフレッシュレートの数値は「Hz(ヘルツ)」と呼ばれる単位で表記されており、基本的にはこの数値が高くなるほど、動きの速い映像も滑らかに表示することができます。

RPGのような動きの激しくないゲームなら、一般的なスマホが採用している60Hzでも十分快適にプレイできますが、FPSのようなスピード感のあるゲームをプレイするなら120Hz以上のモデルがおすすめ。プレイするゲームに合わせてリフレッシュレートをしっかりと選ぶことが大切です。

解像度で選ぶ

By: jp.sharp

ゲーミングスマホを選ぶ際には、画面のきめ細かさを表す「解像度」も重要なポイント。解像度が高ければ、より美しいグラフィックでゲームを楽しむことが可能です。普通にゲームを楽しむ程度なら「フルHD」もあれば十分ですが、きれいな映像でゲームを楽しみたいなら、より解像度の高い「フルHD+」や「4K」に対応したモデルがおすすめです。

なお、解像度が高くなると負荷がかかり、ゲーミングスマホの動作が重くなる原因になります。きれいなグラフィックで快適にゲーム楽しみたい場合は、解像度だけではなく、CPUやRAMなどのパーツもできるだけ高性能なモノを選びましょう。

サウンド性能で選ぶ

By: sonymobile.co.jp

ゲームをより快適に楽しみたいなら、ゲーミングスマホのサウンド性能もしっかりとチェックしましょう。リアルなサウンドが楽しめるハイレゾ音源や、没入感のある音声を実現する「Dolby Atmos」に対応していれば、お気に入りのゲームが高音質で楽しめます。デュアルスピーカーを搭載したモデルなら、イヤホンやヘッドホンを使わなくても迫力のサウンドが体験可能です。

また、ワイヤレスタイプのイヤホンやヘッドホンを使ってゲームをする場合には、対応しているコーデックの種類も重要なポイント。リズムゲームやFPSなどの音が重要なゲームを楽しむなら、高音質かつ低遅延の「aptX」対応モデルを選んでおくと安心です。

冷却機能の有無で選ぶ

By: asus.com

ゲーミングスマホには、一般的なスマホにはないゲームに特化した機能が搭載されている場合があります。代表的なものが「冷却システム」。本体に熱が蓄積されるとCPUなどにより多くの負荷がかかり、パフォーマンスが低下してしまうので、多くのゲーミングスマホにはメーカーやモデル独自の熱対策が施されています。特に高負荷なゲームアプリを長時間プレイしたい方には嬉しい機能です。

キャリアモデルかSIMフリーのどちらかを選ぶ

ゲーミングスマホは大きく分けて、キャリアモデル・SIMフリーモデルの2種類があります。キャリアモデルとは、docomoやSoftbankなどの大手携帯会社から販売されているスマホのこと。ゲーミングスマホの種類に関してはそれほど多くはありませんが、サポート体制が充実しているのが魅力です。

一方、ゲーミングスマホの機能やデザインにこだわりたいなら、製品のバリエーションが充実しているSIMフリーモデルがおすすめ。ライフスタイルに合わせて通信事業者を自由に選べるのが魅力です。ただし、キャリアの購入サポートを受けづらいので、機種によっては割高になる可能性もあります。

ゲーミングスマホのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースは台湾に本社を置くメーカーで、パソコンやスマホ本体および周辺機器を取り扱っています。自作市場では特にマザーボードが有名。世界中から高い支持を得ており、トップクラスのシェアを有しています。

スマホ分野では、SIMフリーで人気の「ZenFoneシリーズ」を展開しています。シンプルなデザインで高性能。ゲーミング用としてはもちろん、普段使いにもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi)

By: amazon.co.jp

シャオミは、2010年に設立した中国の総合家電メーカー。主力製品のスマートフォンから、ウェアラブル端末、スマート家電まで、さまざまな製品を取り扱っています。

ゲーミングスマホでは、ハイスペックな「Black Sharkシリーズ」が人気。また、価格の安いゲーミングスマホもラインナップしているので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめのメーカーです。

ゲーミングスマホのおすすめモデル

エイスース(ASUS) Zenfone Max Pro M2 ZB631KL-BL64S6

5000mAhの大容量バッテリーを搭載したスマホ。バッテリー残量を気にせず長時間ゲームが楽しめます。8個のコアを搭載した「Qualcomm Snapdragon 660」と、大容量の6GB RAMによって、アプリやゲームがサクサク動くのも特徴です。

ほかにも、パワフルなサウンドが楽しめる5つのマグネットスピーカー、2枚のSIMカードとSDカードが同時に使えるトリプルスロットトレイ、カメラを見つめるだけでロック解除できる顔認証システムなど、便利な機能を多数搭載。

ディスプレイには、高さ1mからの落下テストにも耐える「Corning Gorilla Glass 6」を採用しているので、ゲーミングスマホの耐久性を重視する方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Black Shark 3

シャオミの人気シリーズ「Black Shark」の2020年モデル。アスペクト比9:20の約6.67インチ有機ELディスプレイを採用しており、お気に入りのゲームが迫力ある映像で楽しめます。

CPUには「Qualcomm Snapdragon 865」、メモリには8GBを搭載。フレッシュレートは90Hzに対応しており、FPSのような動きの速いゲームを楽しむにもピッタリです。

また、サンドイッチ構造の冷却システムによって効率的に熱を拡散できるのもポイント。高負荷時でも安定したゲームプレイが可能なゲーミングスマホです。

ヌビアテクノロジー(Nubia Technology) RedMagic 5 NX659J

6.65インチの有機ELディスプレイを搭載したゲーミングスマホ。144Hzの高速リフレッシュレートに対応しており、動きの速いゲームも滑らかな映像で楽しめます。

側面には、「LRトリガーボタン」が付いているため、ゲーム機のコントローラー感覚で快適にプレイが可能です。ゲーミングスマホの処理能力を大きく左右するSoCには「Snapdragon 865 5G」を搭載。処理の重い高解像度のゲームもサクサク楽しめます。

別売りのドックアダプター「Magic Adapter for RedMagic 5」や、コントロールパッド「E-Sports Handle」など、オプションのアタッチメントが充実しているのも特徴です。

シャープ(SHARP) AQUOS zero2 SH-M13

軽量ながら高性能なスマホです。8個のコアを搭載した「Qualcomm Snapdragon 855」と、大容量の8GBメモリを搭載。処理の重いアプリやゲームも快適に楽しめます。

リフレッシュレート240Hz対応の有機ELディスプレイで、動きの速い映像が滑らかに楽しめるのも大きな特徴です。立体音響技術「Dolby Atmos」とステレオスピーカーによって、大迫力のサウンドでゲームを楽しめます。

スマホ本体には、軽量で強度の高いマグネシウム合金フレームを採用。約141gの軽量ボディを実現しており、長時間スマホを持っていても疲れづらいのが魅力です。

オッポ(OPPO) Reno3 A CPH2013

価格と性能のバランスに優れたスマホです。オクタコアCPU「Qualcomm Snapdragon 665」をはじめ、6GBのメモリ、多くのデータが保存できる128GB ROMを搭載。

リフレッシュレートとタッチサンプルレートを最適化する独自の「ゲームブースト2.0」を使えば、動きの速いゲームも快適にプレイ可能です。大画面の6.44インチ有機ELディスプレイで、動画やゲームが迫力ある映像で楽しめるのも嬉しいポイント。

nanoSIMを2枚同時に挿して使えるデュアルSIMスロットや、水まわりでも安心して使える防塵防水(IP68)、かざすだけで手軽に支払いができる「おサイフケータイ」など、便利な機能が充実しているのも特徴です。

アップル(Apple) iPhone SE MXD12J/A

4.7インチのコンパクトなスマホ。サイズが小さく操作しやすいため、手の小さい方でも快適にゲームが楽しめます。

ワンタッチでロック解除ができる「Touch ID」や、水に濡れても壊れにくいIP67等級の耐水性能、わずか30分で最大50%まで充電できる高速充電など、基本性能が充実しているのも大きな特徴です。

カラーバリエーションは、レッド・ホワイト・ブラックの全3色から選択が可能。ボディカラーにこだわりたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) Xperia 1 802SO

ソニーの人気シリーズ「Xperia」のフラッグシップモデル。21:9のシネマワイドディスプレイを採用することで、迫力ある映像でゲームや動画が楽しめます。ハイエンドSoC「Qualcomm Snapdragon 855」や、大容量の6GBメモリを搭載したスペックの高さも魅力的。

家庭用ゲーム機「PS4」が家のどこにいても楽しめるPS4リモートプレイ、ゲーム環境を快適にするゲームエンハンサーなど、便利なゲーミング機能が充実しているのも特徴です。

音質面では、臨場感あるサウンドを実現する立体音響技術「Dolby Atmos」に対応。ゲームや動画を高音質で楽しめます。

ファーウェイ(HUAWEI) P40 Pro

次世代通信規格「5G」に対応したスマホ。CPUには「HUAWEI Kirin990 5G SoC」、メモリには8GB、ストレージは大容量の256GBを採用しています。ゲームがサクサク動くハイスペックなゲーミングスマホが欲しい方におすすめです。

1回の充電で長時間使える4200mAhの大容量バッテリーを搭載しているのもポイント。滑らかな曲線が美しい「クアッドカーブオーバーフローディスプレイ」を採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも大きな特徴です。

ユミディジ(UMIDIGI) S5 Pro

安価なゲーミングスマホを探している方におすすめのモデル。ミドルスペックのSoC「MediaTek Helio G90T」や6GBメモリを搭載していながら、気軽に購入できる価格を実現しています。

ストレージは256GBと大容量なので、アプリやゲームをたくさん保存できるのもポイント。また、安価なモデルでありながら高画質な有機ELディスプレイを採用しているのも大きな特徴です。

機能面では、本格的な撮影が楽しめるクアッドカメラ、タッチするだけでロック解除できる指紋センサー、急激な温度上昇を抑える液体冷却システムを搭載。ゲームはもちろん普段使いもできるハイコスパな1台です。