高負荷なスマホゲームを快適にプレイできる「ゲーミングスマホ」。ゲームアプリを快適にプレイできるだけの性能を有したスマホが数多く販売されています。

今回は、おすすめのゲーミングスマホを選び方やおすすめメーカーとともにご紹介。ゲーミングスマホに加え、快適にゲームプレイできるハイスペックなスマホもあわせてピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

ゲーミングスマホとは?

By: amazon.co.jp

ゲーミングスマホとは、ゲームアプリのプレイに特化したハイスペックなスマホです。高性能なプロセッサーを搭載しており、3Dゲームやオンラインゲームも快適に遊べます。

また、多くのゲームアプリを保存できるように、一般的なスマホよりも大容量の内蔵ストレージを備えている製品が多いのも特徴。ゲームを快適にプレイするための特別なアクセサリー類が用意されている製品が多いのもポイントです。

ゲーミングスマホの選び方

CPUは最新の高性能モデルを

By: amazon.co.jp

ゲーミングスマホを選ぶ際には、中枢部分にあたる「CPU」の性能が重要です。ほかのパーツとの兼ね合いもありますが、基本的には搭載しているCPUがハイスペックになるほど、データの処理スピードが速くなり、快適にゲームを楽しめるようになります。

機種によって搭載しているCPUはさまざまですが、現在市販されているほとんどのゲーミングスマホはQualcomm社の「Snapdragon」シリーズを採用。Snapdragonの後ろに続く数字が大きいほうが高性能なモデルです。

パズルゲームや2DのRPGなどの描画負荷が小さいゲームを楽しむなら、ミドルクラスの「Snapdragon 600」シリーズでも十分。最新の3Dゲームを快適に楽しみたいならハイエンドモデルの「Snapdragon 800」シリーズを選んでおくと安心です。

コア数も重要

By: amazon.co.jp

CPUのコア数も、ゲーミングスマホ選びにおいて重要なポイントです。2つのコアを搭載する場合は「デュアルコア」、4つのコアを搭載する場合は「クアッドコア」などと表現されることが多く、一般的にはコア数が多いほど処理性能が高くなります。

「オクタコア」以上のコア数を持つCPUを搭載していると、ほとんどのゲームをストレスなく遊べるのでおすすめです。

メモリ(RAM)は最低でも6GB以上

メモリ(RAM)とは、スマホで作業中のデータを一時的に保存しておくパーツのこと。搭載しているメモリ容量が大きいと、同時に行える処理が増えてゲームがサクサク動くようになります。

最新の3Dゲームをノンストレスで楽しみたいならメモリ容量は最低でも「6~8GB」は欲しいところ。高画質でゲームを楽しんだり、ゲームをプレイしながら録画・配信したりするなら「12GB~」をひとつの目安に選びましょう。

ちなみに、メモリ(RAM)とストレージ(ROM)は、表記に「GB(ギガバイト)」という単位を使うことから、よく混同して間違えられることがあります。この2つのパーツは別モノなので、ゲーミングスマホを選ぶ際には留意しておきましょう。

高画質でプレイしたいならディスプレイ解像度をチェック

By: amazon.co.jp

お気に入りのゲームをきれいな映像で楽しみたいなら、ディスプレイの解像度も重要なポイントのひとつ。基本的には解像度が高いゲーミングスマホほど、きめ細やかな美しい映像が表示されます。

画質にあまりこだわりがなければ、一般的なスマホが採用している「フルハイビジョン(1920×1080)」と大きくですが、美しい映像でゲームを楽しみたいなら「フルHD+(2340×1080)」や「QHD+(3168×1440)」などに対応したモデルがおすすめです。

ちなみに、ゲーミングスマホの高解像度が高くなると、CPUやRAMにも高いスペックが求められます。これらパーツの処理性能が不足すると、ゲームプレイ時にコマ落ちやカクつきが発生する恐れがあるので、ディスプレイ解像度をチェックする際には、CPUやRAMのスペックもしっかりと確認しましょう。

高リフレッシュレートなら映像も滑らか

By: jp.sharp

リフレッシュレートとは、1秒間あたりに画面が切り替わる回数を示したモノ。パラパラする枚数が多いほど滑らかに見える「パラパラ漫画」と同じように、スマホのリフレッシュレートも高いほど映像が滑らかに表示されます。

動きの少ないゲームをプレイするなら特に気にする必要はありませんが、スピード感が重要なゲームをプレイする際には要チェック。ジャンルにもよりますが、ノンストレスでゲームを楽しみたいなら、リフレッシュレートは最低でも90Hzは欲しいところです。

レスポンスが重要なFPSやレースゲームを楽しむなら、120Hz・240Hzの高速リフレッシュレートに対応したモデルを選んでみてください。

バッテリー容量をチェック

By: amazon.co.jp

スマホでゲームをしていると、CPUやグラフィックチップに大きな負荷がかかりバッテリーの消費が激しくなります。そこで重要なのがゲーミングスマホのバッテリー容量です。

バッテリー容量は「mAh(ミリアンペア)」という単位で表記されており、基本的にはその数字が大きくなるほどバッテリーの持ちがよくなります。プレイするゲームにもよりますが、3000~4000mAhほどのバッテリー容量があればノンストレスで快適にゲームが楽しめます。

時間を気にせずゲームを楽しみたいなら、5000~6000mAhの大容量バッテリーを搭載したモデルを選ぶのもおすすめです。

サウンド性能をチェック

By: amazon.co.jp

人気声優のボイスが楽しめるゲームや、リズムゲームなどの音が重要なゲームを楽しみたいなら、ゲーミングスマホのサウンド性能もしっかりとチェックしましょう。

具体的には、イコライザーを細かく設定できる「Dolby Atmos」、ワイヤレスでも原音をほぼ忠実に再現できる「aptX」に対応したモデルがおすすめ。スピーカーを両サイドに配置したモノや、ハイレゾ対応のイヤホンが付属しているモノを選べば、より高音質でお気に入りのゲームが楽しめます。

冷却性能をチェック

By: amazon.co.jp

ゲーム中はCPUやグラフィックチップなどのパーツに大きな負荷がかかり、スマホ内部に熱が蓄積していきます。発熱した状態でスマホを使っていると、CPUのパフォーマンスが落ちたり、バッテリー性能が低下したり、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。

そこでポイントになるのが冷却システムの有無です。専用の液体でスマホ内部を冷やす「水冷冷却システム」や、熱の移動効率を上げる「ヒートパイプ」を搭載したモデルなら、発熱を気にせず長時間快適にゲームが楽しめます。

気に入ったゲーミングスマホに冷却システムがついていない場合は、スマホに直接装着する「スマホクーラー」を使うのがおすすめ。ゲーム中でも発熱したスマホを効率よく冷却できます。

スマホクーラーについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ゲーミングスマホのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは台湾に本社を置くメーカーで、パソコンやスマホ本体および周辺機器を取り扱っています。自作市場では特にマザーボードが有名。世界中から高い支持を得ており、トップクラスのシェアを有しています。

スマホ分野では、SIMフリーで人気の「ZenFoneシリーズ」を展開しています。シンプルなデザインで高性能。ゲーミング用としてはもちろん、普段使いにもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi)

By: amazon.co.jp

シャオミは、2010年に設立した中国の総合家電メーカー。主力製品のスマートフォンから、ウェアラブル端末、スマート家電まで、さまざまな製品を取り扱っています。

ゲーミングスマホでは、ハイスペックな「Black Sharkシリーズ」が人気。また、価格の安いゲーミングスマホもラインナップしているので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめのメーカーです。

ゲーミングスマホのおすすめモデル

エイスース(ASUS) ROG Phone 5 ZS673KS-WH256R16

エイスースの人気シリーズ「ROG Phone」の5G対応ゲーミングスマホです。画面サイズは6.78インチと大きく、解像度が2448×1080ドットと高精細な「超高速AMOLEDディスプレイ」を搭載。リフレッシュレートは144Hz、タッチサンプリングレートは300Hzとスムーズなのが特徴です。

CPUにはハイエンドモデルの「Qualcomm Snapdragon 888 5G」を採用。メモリは16GBと大容量で、さまざまなゲームを快適に楽しめるのが魅力です。

バッテリーも6000mAhと大容量なので、長時間ゲームをプレイできます。また、充電ポートが本体下部だけでなく、側面にもあるのがポイント。充電しながら横画面でプレイするときも、操作の邪魔になりません。さまざまな面において優れた機能を備えている、おすすめのゲーミングスマホです。

エイスース(ASUS) ROG Phone 3 ZS661KS-BK512R12

エイスースの人気シリーズ「ROG Phone」の2020年モデル。3.1GHzで動作する「Qualcomm Snapdragon 865 Plus」と、大容量の「12GB LPDDR5」を組み合わせることで、さまざまなゲームを快適に楽しめる高いスペックを実現しています。

解像度は、2340×1080ドットの「フルHD+」に対応しているので、ゲーミングスマホの画質にこだわりたい方にもおすすめです。「3Dベイパーチャンバー」と大型ヒートシンクを使用した独自の冷却システム「GameCool 3」で、発熱が抑えられるのもポイント。

長時間ゲームが楽しめる6000mAhの大容量バッテリーや、270Hzのタッチサンプリングレートに対応した超高速タッチパネルなど、ゲームを楽しむための性能が充実しているのも魅力です。

エイスース(ASUS) ZenFone 7 ZS670KS

大容量バッテリーを搭載したゲーム向けスマホ。5000mAhのバッテリーを内蔵しており、長時間充電なしでゲームをプレイ可能です。CPUにはSnapdragon 865を採用しているため、重たいゲームも快適に動作します。

5G通信に対応している点も魅力のひとつ。Wi-Fi 6も利用できるので、ワイヤレスながらオンラインゲームでも遅延の少ない操作が可能です。6.67インチの大型なAMOLEDディスプレイを搭載しているため、ゲームを大迫力で楽しめます。

ディスプレイはHDR10+に対応しており、鮮やかな表示が可能。リフレッシュレートは最大90Hzなので、動きの激しいシーンも滑らかに表現できます。長時間ゲームを楽しみたい方におすすめのスマホです。

シャオミ(Xiaomi) Black Shark 3

6.67型の有機ELディスプレイを搭載したゲーミングスマホです。周囲の環境に合わせて輝度・色温度を自動調節する「TrueView Display」を搭載。室内はもちろん、外出先でも色鮮やかな美しい映像でゲームが楽しめます。

ハイエンドスマートフォン向けSoC「Qualcomm Snapdragon 865」や、大容量の「12GB LPDDR4X」、たくさんのデータが保存できる「256GB UFS 3.0」など、全体的なスペックが高いのが大きなポイントです。

各種部品を2本の液冷パイプでボードに挟む「リキッドクーリングシステム」を採用することで、発熱を気にせず快適にゲームが楽しめるのも魅力。リフレッシュレートは90Hzと高速なので、スピード感が重要なゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

コストパフォーマンスに優れたゲーム向けスマホです。CPUにオクタコアのSnapdragon 730Gを採用しており、低価格ながらも快適にゲームをプレイできるパフォーマンスを実現。6GBのメモリと128GBのストレージを内蔵しています。

5260mAhの大容量バッテリーも魅力。バッテリーを気にせずにゲームを楽しめるのはもちろん、最大30Wの急速充電にも対応するので、万が一充電が切れてもすぐに回復できます。イヤホンジャックが搭載されているため、有線イヤホンも接続可能です。

ディスプレイには6.47インチの有機ELを採用。独自機能のGaming Toolbox 2.0に対応しているので、ゲーム中でもバックグラウンドでネットワークを切り替えたり、メッセージをブロックしたりできます。

価格と性能のバランスに優れた、おすすめのゲーム向けスマホです。

オッポ(OPPO) Reno A CPH1983

価格と性能のバランスに優れたゲーム向けスマホです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、CPUにはミドルクラスの「Qualcomm Snapdragon 710」を搭載。最新のゲームも快適に楽しめます。

さまざまなゲーミング機能を備えた「ゲームブースト2.0」を搭載。タップしてから反応するまでの時間を高速化させる「タッチーブースト」や、画面のカクツキを抑える「フレームブースト」などによって、ゲームを快適にプレイできます。

ディスプレイのサイズは6.4インチで、画面占有率は91%を実現。お気に入りのゲームや動画を大画面の迫力ある映像で楽しめます。

シャープ(SHARP) AQUOS zero2 SH-M13

シャープ独自の先進機能を搭載したゲーム向けスマホ。240Hzの高速リフレッシュレートに対応しており、わずかな遅延が命取りになるシビアなゲームも快適に楽しめます。

ディスプレイのサイズは6.4インチで、明るく鮮やかな映像を表示する高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」に対応。画質にこだわりたい方にもおすすめです。2つの充電ICで発熱源を分散させる「パラレル充電」を採用しています。

ハイエンドCPU「Qualcomm Snapdragon 855 mobile platform」や、大容量の「8GB LPDDR4X」を搭載していながら、重量わずか約141gの軽量ボディを実現しているのも大きなポイントです。

ヌビア(Nubia) RedMagic 5S

中国メーカー「ZTE」の傘下として知られる「ヌビア」のゲーミングスマホ。空冷効果が期待できる「ターボファン4.0」と水冷却システム「ICE 4.0」、さらには体内部の銅プレート拡張、背面は「ICE AG シルバープレート」搭載と、熱暴走対策をしっかりと講じているのが特徴です。

同ブランドの冷却アタッチメント「Ice Dock」を別途用意するとさらなるケアが可能。最大回転数8000rpmのターボファンを備えているほか、「ICE AG シルバープレート」を介すことで、本体熱の排出効果がより高まることが期待できます。

ディスプレイは6.65インチのアクティブマトリクス式有機ELパネルを採用。解像度はフルHD+(2340×1080ドット)、リフレッシュレートは144Hzです。

OSはAndroid 10ベースのRedMagic OS 3.5で、CPUは「Qualcomm Snapdragon 865」、GPUは「Adreno 650」。メモリ8GBで、ストレージは128GBです。満足度の高いアイテムなので、安心して使えるゲーミングスマホを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ソニー(SONY) Xperia 1 II 5G XQ-AT42

約6.5インチの「シネマワイドディスプレイ」を搭載したゲーム向けスマホ。映画とほぼ同じ比率、21:9のアスペクト比を採用しており、お気に入りのゲームが臨場感あふれる映像で楽しめます。

サウンド面では、包み込まれるような大迫力のサウンドが体感できる「フロントステレオスピーカー」や、立体サウンドを再生できる「Dolby Atmos」に対応。ゲームの音質にこだわりたい方にもおすすめです。

独自のゲーミング機能「ゲームエンハンサー」で、画面の誤タッチを防いだり、発熱によるパフォーマンス低下を抑制したりできるのも魅力。PlayStation 4のワイヤレスコントローラーを接続すれば、外出先でも快適にゲームを楽しめます。

アップル(Apple) iPhone 12 Pro MGMD3J/A

機能性とデザイン性のバランスに優れたゲーム向けスマホです。CPUパフォーマンスとグラフィックス性能が大幅に向上した「A14 Bionicチップ」を搭載。3Dグラフィックを駆使した高負荷なゲームも快適に楽しめます。

ガラスにナノセラミッククリスタルを組み込んだ「Ceramic Shield」や、水に濡れても壊れにくいIP68の防塵・防水性能など、耐久性も良好。お気に入りのゲームが高画質で楽しめる「Super Retina XDRディスプレイ」を搭載しているのも魅力です。

カラーバリエーションは、シルバー・グラファイト・ゴールド・パシフィックブルーの全4色から選択可能。スマホの色にこだわりたい方にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) P40 Pro 5G

次世代通信システム「5G」に対応したゲーム向けスマホ。ストリーミング配信のゲームが低遅延で楽しめたり、大容量のゲームが一瞬でダウンロードできたりと、より快適にゲームが楽しめます。ディスプレイのサイズは6.58インチで、リフレッシュレートは90Hzに対応。

ほかのゲーミングスマホとはひと味違ったスタイリッシュなデザインも魅力です。短時間で素早く充電できる「HUAWEI SuperCharge」や、雨や水しぶきから端末を保護するIP68等級の防塵・防水性能も魅力。

CPUにはハイエンドクラスの「HUAWEI Kirin990 5G」を搭載しているので、マルチタスクや最新の3Dゲームもサクサク動きます。

ファーウェイ(HUAWEI) nova 5T

鮮やかなカラーが目を引くゲーム向けスマホ。ディスプレイの中にインカメラを搭載した「パンチホールディスプレイ」を採用しており、画面占有率が高いのが特徴です。

メモリは8GBで、ストレージ容量は最大128GB。CPUには「HUAWEI Kirin 980」のオクタコアを採用しているので、ストレスなくゲームをプレイできます。また、CPUとGPUの性能を劇的に向上させる「GPU Turbo」を搭載しているため、没入感のあるゲーム体験も可能です。

バッテリーは3750mAhと十分な容量があります。また、「HUAWEI SuperCharge」システムにより、30分で約50%の充電が可能です。機能性をしっかり備えつつ、ゲーミングスマホのなかでも価格が安いのも魅力。コスパを重視する方におすすめのゲーミングスマホです。