スマホの使い勝手が向上していく一方、ユーザーにとって悩ましいのがバッテリーの消費。特に外出先ではスマホへの依存度が高まるので、コンパクトながら容量の大きい「モバイルバッテリー」を持っていると便利です。

そこで今回は、モバイルバッテリーのおすすめモデルをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、そろそろ買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

モバイルバッテリーの選び方

出力電流2A以上が目安

By: aukey.com

モバイルバッテリーは、「出力電流」が大きいほど接続機器へ充電するスピードが速くなります。急速充電を行いたい場合は、この数値も目安にしてみましょう。

特にタブレット端末は、内蔵バッテリーがスマホより大きいため電流をより必要とします。タブレットの充電に使う場合は、2A以上のモバイルバッテリーを選んでみてください。

用途に応じてバッテリー容量を選ぶ

複数台持ちやタブレットなら20,000mAh以上

By: cheero.net

20,000mAh以上のモバイルバッテリーは、スマホだけでなくタブレット・ノートパソコン・電子タバコなど複数のガジェットを利用している方におすすめ。1台持っているだけで何度も充電できるため、長期間の旅行でも安心です。ただし、容量が大きいとサイズも大きくなる傾向にあるので注意しておきましょう。

頻繁に必要なら10,000~20,000mAh程度がおすすめ

By: ankerjapan.com

モバイルバッテリーを頻繁に利用したいなら、10,000~20,000mAh未満のモデルがおすすめ。サイズ・容量・コスパなどトータルバランスに優れているため、日常使用からビジネスシーンまで多くの用途に対応できます。一般的なスマホであれば、3~5回程度のフル充電が可能です。

緊急時の保険なら10,000mAh未満で十分

By: sony.jp

10,000mAh以下のモバイルバッテリーは、スマホを1~2回充電できる小型タイプです。もしものときのためにカバンに忍ばせておくことで、緊急事態にも対応できます。また、価格も安いモノなら1,000円前後から購入できるので、お手頃なのもポイントです。

その他機能で選ぶ

常に持ち運ぶなら200g以下が便利

By: amazon.co.jp

持ち運び重視でモバイルバッテリーを選びたい方は、本体重量200g以下のモデルがおすすめです。例えば、大画面を搭載した「iPhone XS Max」の重さは約208g。一般的には重量200g以下のスマホが多いので、この数字を目安としておきましょう。

ちなみに、スマホを複数回充電する方やタブレットなど容量の大きなデバイスを充電する方は、大容量モデルが必要。最近では、大容量モデルながらスリムで軽量なモバイルバッテリーが数多く販売されています。重さ・容量・サイズ感のトータルバランスを考慮して、選ぶようにしましょう。

ワイヤレス充電規格「Qi」

By: cheero.net

最近注目されているのがワイヤレス充電です。ワイヤレス充電器の仕組みとしてメジャーな充電方法は「電磁誘導方式」。共有する側のコイルとスマホに内蔵されている受電側のコイルの2つを用いて、充電器に内蔵されている電力を送ります。充電器側のコイルだけに電流を流し、スマホを近づけるとスマホ側のコイルにも電流が流れる仕組みです。

なかでも、代表的なワイヤレス充電規格は「Qi(チー)」。アメリカの「ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)」が、電磁誘導方式などを使ってスマホをワイヤレス充電するシステムの国際標準規格を目指して、2010年7月に策定したものです。最近では、さまざまなメーカーからQi規格に対応するワイヤレス充電器が展開されています。

なお、ワイヤレス充電器は製品によって内蔵されているコイル数が異なるので、選ぶ際は「コイル数」もチェックしてみてください。コイル数が多い方がスマホをしっかりと感知して充電することが可能な一方、コイル数が少ないとスマホを置く位置が少しズレただけで充電されない場合もあるので、その点は留意しておきましょう。

AC電源対応

By: rakuten.co.jp

AC電源対応モデルとは、モバイルバッテリー本体をコンセントに直接挿せるタイプ。一般的にはモバイルバッテリー自体を充電するケーブルとデバイスを給電するケーブルが必要ですが、AC電源対応のモバイルバッテリーであれば、後者のみで対応できます。

なお、モバイルバッテリーに限ったことではありませんが、商業施設などで勝手にAC電源から給電すると電気窃盗(盗電)になるので注意しておきましょう。

ポート数

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーはモデルごとに備えているポート数が異なります。USBポートやmicro USBポート、Lightningポートなどが複数用意されているモデルであれば、デバイスの複数同時充電ができるので便利です。

ただし、ポート数とモバイルバッテリーの合計出力電流は反比例しており、出力数が落ちれば充電スピードも遅くなってしまうので留意しておく必要があります。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

「アンカー」はGoogle出身メンバーたちが2011年に創設したメーカー。日々進歩するデジタルライフをサポートする製品を開発しています。

アンカーのモバイルバッテリーは、5,000mAh程度のコンパクトサイズから大容量モデルまでラインナップも豊富。独自の技術を採用しているほか、ユーザーへのフィードバックにも注力し、品質向上に努めているのも特徴です。

オーキー(Aukey)

By: aukey.com

スマホレンズやイヤホンなど幅広い製品を手掛ける「オーキー」。モバイルバッテリーは10,000mAh以上の大容量モデルが主力で、サイズもコンパクトです。また、同容量の他のモデルに比べて価格がリーズナブルなのもポイント。コスパ優先でモバイルバッテリーを選びたい方はチェックしておくべきメーカーです。

チーロ(cheero)

By: cheero.net

高品質なモバイルバッテリーを展開している国内メーカー「チーロ」。約3,000mAhのコンパクトなモデルから約20,000mAhの大容量モデルまで、幅広い製品をラインナップしています。さらに、人気漫画の「よつばと!」の登場キャラ「ダンボー」をモチーフとしたポップなデザインのアイテムを取り揃えているのも特徴です。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

ルーターをはじめ、パソコン周辺機器を取り扱う「バッファロー」。200mAh程度のコンパクトモデルから10,000mAh程度の大容量モデルまで、モバイルバッテリーのラインナップも豊富です。

また、端末を自動で判別する「AUTO POWER SELECT」や、充電が完了したら自動でモバイルバッテリーの電源をオフにする「オートパワーオフ」など、機能面も充実しています。

メーカーのおすすめモデル

エレコム(elecom) EC-M01BK

エレコム(elecom) EC-M01BK
接続機器を自動で検知して、最適な出力でフルスピード充電を行う「おまかせ充電」対応のモバイルバッテリー。10,050mAhの大容量で、iPhone 8は約3.3回、galaxy S9は約2回充電できます。

最大3.6Aの高出力が可能なUSBポートを2つ搭載しており、モバイル機器を2台同時に充電できるのも魅力です。さらに、電池残量を4段階で表示するLEDランプ付き。バッテリー残量が一目でわかるため、適切なタイミングで充電できます。

本体サイズは、102×70×25mmの手のひらサイズで持ち運びにも便利。日常使いからビジネスシーンまで、幅広い場面で活躍するおすすめのモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーのおすすめ|20,000mAh以上

アンカー(ANKER) PowerCore 26800

アンカー(Anker) PowerCore 26800

26,800mAhの超大容量モバイルバッテリー。一般的なスマホであればフル充電約7~9回、タブレットの場合はフル充電約2~3回分の容量を備えており、スタミナは十分です。

USBポートは3基搭載しているので、複数デバイスの同時充電も可能。また、入力ポートが2基搭載されており、本体の充電を2倍速で行えるのも便利。大容量バッテリーながら、約6.5時間でフル充電できます。

さらに、過電流を防ぐサージプロテクターや電子回路のショート防止など、保護機能も充実。大容量でハイスペックなモバイルバッテリーを求めている方におすすめです。

ADATA モバイルバッテリー AP20000D-DGT-5V-CBK

ADATA モバイルバッテリー AP20000D-DGT-5V-CBK

ボディに液晶ディスプレイを備えたモバイルバッテリー。本体のバッテリー残量が1%単位の数値で表示されるので、目視で状況を確認できるのが特徴です。

出力用ポートは2基。合計2.1Aの出力で2台の端末を同時に充電できます。また、容量は20,000mAhと大容量。本体サイズは163×80.6×23.3mm、重量は約450gとやや大きいですが、非常用でスタミナ十分のモバイルバッテリーを探している方にはぴったりのアイテムです。

アンカー(ANKER) Anker Power Core 20100 Nintendo Switch Edition

アンカー(Anker) Anker Power Core 20100 Nintendo Switch Edition

任天堂の公式ライセンスを取得している大容量モバイルバッテリー。Power Deliveryに対応しており、ニンテンドースイッチや、USB-Cを搭載したMacBookの充電にも使えます。

容量は20,100mAhで、iPhone XSなら約5.3回、ニンテンドースイッチなら約2.5回のフル充電が可能。アンカーの独自技術であるPower IQテクノロジーにより、接続した機器を自動的に検知してフルスピードで充電できます。

さらに、約168×62×22mmという持ち歩きに便利なスリムボディも魅力。さまざまなデバイスに対応できるので、持ち歩く機器が多い方におすすめのモデルです。

オーキー(Aukey) モバイルバッテリー 20000mAh PB-N36

オーキー(Aukey) モバイルバッテリー 20000mAh PB-N36
入力・出力ポートがそれぞれ2種類あるモバイルバッテリーです。micro USBとLightningケーブルの両方に対応しているため、手持ちのコードで充電ができます。また、デバイスへの充電も2台同時にできるので、複数のデバイスを持ち歩いている方にもおすすめです。

各ポートは最大2.4Aまでの出力に対応しているため、充電もスピーディー。容量も20,000mAhと大容量なので、本体を1度充電すれば何度も繰り返し使えるのが魅力です。

さらに、4段階のLED電源インジケーターを搭載しており、電源ボタンを押すことで簡単にバッテリー残量が確認できるのもポイント。残量不足が一目でわかるため、モバイルバッテリーの充電を忘れがちな方でも使いやすいモデルです。

ソニー(SONY) モバイルバッテリー CP-S20A

ソニー(SONY) モバイルバッテリー CP-S20A
同時に使える出力ポートが4基備わったモバイルバッテリー。一般的なスマートフォンを約9回フル充電できる、20,000mAhの大容量が魅力です。

安全設計機能として「発熱制御システム」「充電スマート制御ICチップ」「液漏れ防止ゲルポリマー」の3つを搭載しており、発熱・発火・液漏れなどのリスクを軽減。繰り返し使っても電池が膨れにくい構造で、約1000回使える耐久性を持っています。

また、バッテリーの残量は電源ボタンを長押しすることで確認が可能。4段階のLEDライトで現在の充電状況を教えてくれます。ケーブルを2本用意すれば、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを充電しながら、モバイルバッテリー本体の充電が行えるのもポイントです。

リンクス(Links) enerpad AC-27K

リンクス(Links) enerpad AC-27K
ACポートを搭載した、約180×144×29mmとやや大きめのモバイルバッテリー。ACポートのほかにUSBポートを2つ備えており、スマートフォンやタブレット、小型の家電まで幅広く使えるのが魅力です。

また、USBポートは最大で2.4Aの急速充電に対応。ACポートとUSBポートは同時出力が可能で、最大3つのデバイスを1度に充電できます。

さらに、27,000mAhと容量が大きいのもポイント。約725gと気軽に持ち歩くにはやや重めですが、電源のない場所でノートPCを使うときなど、スマートフォンの充電以外にもモバイルバッテリーを使いたい方におすすめのモデルです。

モバイルバッテリーのおすすめ|10,000~20,000mAh未満

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 A1263011

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 A1263011

クレジットカードとほとんど同じ大きさのモバイルバッテリー。容量10,000mAhで、iPhone 8は4回、タブレットに1回以上充電できます。

また、「サージ保護機能」と「ショート防止機能」が搭載されており、安全に使用できるところもポイント。さらに、高品質のICチップとハードウェアのみが使用された品質の高さも魅力です。カラーはブラックのほか、ホワイトとレッドの3色展開。品質の高さ、安全性、デザインにもこだわりのあるおすすめモバイルバッテリーです。

チーロ(cheero) Power Plus 3 DANBOARD version CHE-067

チーロ(cheero) Power Plus 3  DANBOARD version CHE-067

人気のダンボーモデルのなかでも、13,400mAhと大容量のモバイルバッテリー。通常のスマホであれば6回程度充電でき、かわいらしいデザインだけでなく実用性も高い人気モデルです。

接続されたデバイスを自動認識して常に最適な充電を行うAUTO-IC機能を搭載しているので、iPhoneやAndroid、その他のガジェットを意識せずに充電できます。また、燃えにくい性質を持つ難燃性の素材を採用しているのも特徴です。

さらに、モバイルバッテリー自体への充電は別売り2Aアダプタ使用の場合で約8時間。カラバリはオリジナルカラーに加えて、ゴールド・スノーマンホワイト・スーパーカーレッドの4色をラインナップしています。

アンカー(ANKER) Anker Power Core Lite 10000

アンカー(Anker) Anker Power Core Lite 10000
薄型かつコンパクトで持ち歩きしやすいサイズ感のモバイルバッテリーです。1,0000mAhという大容量でありながらも、重量が211gで缶コーヒーとほぼ同じ軽さです。ほとんどのスマートフォンで約3回、タブレット端末なら約1回のフル充電が可能です。

バッテリー本体の充電は、USB-Cとmicro USBの2種類に対応。新しくケーブルを買わなくても、手持ちのケーブルで充電ができます。また、サージ保護機能とショート防止機能の多重保護システムを搭載し、発火や発熱などのリスクを軽減できる点が魅力です。

チーロ(cheero) cheero Twintail 10050mAh CHE-089

チーロ(cheero) cheero Twintail 10050mAh CHE-089
充電ケーブル内蔵のモバイルバッテリー。Lightningケーブルとmicro USBケーブルが一体になっているため、かさばるケーブルを持ち歩く必要がありません。また、USB-Aの出力口も備わっているので、同時に3台のデバイスを充電できます。

容量は10,050mAhで、iPhone 7・8なら約3.5回、Galaxy S7・S8なら約2回のフル充電が可能。さらに、モバイルバッテリーの本体にはLEDライトがついており、夜道や停電時の光源としても使えます。普段使いのモバイルバッテリーにも、緊急時用の光源・電源にも便利です。

バッファロー(BUFFALO) BSMPB13410P2BK

バッファロー(BUFFALO) BSMPB13410P2BK
13,400mAhの大容量が魅力のモバイルバッテリーです。タブレットなら約1.1回、スマートフォンなら約5回のフル充電が可能。出力ポートも2基あるため、2台のデバイスを同時に充電できます。

接続された機器がAndroidかiPhoneかを自動で判別し、適切な電力を流す「AUTO POWER SELECT機能」を搭載。また、デジカメや携帯ゲーム機など、USB充電が可能な機器にも対応しています。

さらに、モバイルバッテリーの充電を長持ちさせたいときに便利な「オートパワーオフ機能」が備わっているのもポイント。充電していないときには自動で電源が切れるため、電池の消費が抑えられます。

マクセル(maxell) USB Type-C対応 モバイル充電バッテリー MPC-CTY12400

マクセル(maxell) USB Type-C対応 モバイル充電バッテリー MPC-CTY12400
iPhone 7で約5回フル充電できる、12,400mAhの大容量モバイルバッテリー。USB-Aの出力端子2基とUSB-Cの入出力端子を1基備え、デバイスの3台同時充電を可能にした使い勝手のよさが魅力です。

また、バッテリー残量・充電状態を表示してくれる4段階のLEDライトを搭載。充電しなければならないタイミングや、あとどのくらい充電が必要なのか判断しやすいのも特徴です。

大きさは約61×114×26mmで、重さは約275g。少し大きめですが、その分容量が大きく1度の充電で長く使えるため、頻繁にモバイルバッテリーを使う方におすすめです。

モバイルバッテリーのおすすめ|10,000mAh未満

マクセル(maxell) Air Voltage WP-PDB50

マクセル(maxell) Air Voltage WP-PDB50
ワイヤレス充電規格「Qi」に基づいて、正規認証を受けたモバイルバッテリーです。6,200mAhのバッテリーを内蔵し、外出先でも手軽にワイヤレス充電ができます。

本体の表面にはシリコンゴムシートが採用されており、スマートフォンが滑りにくいのもポイント。充電中にスマートフォンが滑り落ちてしまうリスクも軽減できます。

自宅ではケーブルを電源に繋いだ据え置きタイプの充電器として、外出先では充電ケーブルを使わないワイヤレス充電器としての使用が可能。シチュエーションごとに使い分けられるワイヤレス充電器を探している方におすすめのモデルです。

アンカー(ANKER) PowerCore Fusion 5000

アンカー(ANKER) PowerCore Fusion 5000

モバイルバッテリーとACアダプタが一緒になったモデル。本体に折りたたみプラグを搭載しており、そのままコンセントに差し込んでケーブルを繋げることで、スマホとモバイルバッテリーどちらも充電できます。

本体サイズは72×70×31mmで、重量は189gと軽量。本体にはUSBポートが2つ搭載されているので、複数のモバイル機器を同時に充電できるのも特徴です。

バッテリー容量は5,000mAh。接続されたデバイスに最適なスピードで充電できるメーカー独自の技術「PowerIQ」に加え、電力供給を無駄なく行うためにケーブル抵抗値を調整する「VoltageBoost」技術にも対応しています。利便性が高く、コスパにも優れたおすすめのモバイルバッテリーです。

アンカー(ANKER) モバイルバッテリー Astro E1

アンカー(ANKER) モバイルバッテリー Astro E1

43×96×22mmのスリムボディのモバイルバッテリー。重さは約125gと、持ち運びにストレスを感じないのが特徴です。

バッテリー容量は5,200mAhとやや物足りなさを感じますが、2Aの急速充電にも対応しているので、スムーズに充電できます。

また、専用のトラベルポーチが付属しているのもポイント。カラーはブラック・レッド・ホワイトの3色をラインナップしています。リーズナブルなので、「とりあえずモバイルバッテリーがほしい」という方におすすめです。

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 stick CHE-063

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 stick CHE-063

直径24mm、長さは101mmのスティックタイプで、重さは70gとかなり軽量なモデルです。容量は3,350mAhと少なめですが、過充電などのトラブルが起きたときに自動で充電を停止する機能があるので、安心して使えます。

本体の底面にUSBポートを1基搭載。接続された端末をAUTO-IC機能によって自動検知し、最適な電流を出力します。胸ポケットに収納できるサイズ感のモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 mini CHE-068

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 mini CHE-068-WH

スマホと重ねて持ち運べるサイズのモバイルバッテリー。本体サイズは43×92×23mm、重量は約130gと小型かつ軽量なモデルです。バッテリー容量は6,700mAhで、iPhone Xであれば2回フル充電できます。

また、ボディの表面は手になじむマット仕上げ。発売から数年経過しているモデルですが、容量と本体サイズのバランスが良好なので、お手頃なモバイルバッテリーを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ジェイフォース(J-Force) MONALISA JF-PEACE9

ジェイフォース(J-Force) MONALISA JF-PEACE9

厚さ約5mmの薄型モバイルバッテリー。USBポートを開閉式にしているモデルで、持ち運びに便利なほか、ホコリの侵入防止にも配慮しています。

高い強度を兼ね備えたアルミニウム製のスリムボディで、耐久性も良好。バッテリー容量は3,400mAhながら、最大出力電流は2.1Aで急速充電にも対応しています。

バッテリーの残量は、4つのLEDで表示。本体の充電中やスマホへの給電中に、電池残量がすぐに確認できるので便利です。そのほか、過充電・過電流防止機能・ショート防止機能・過温度防止機能など、保護機能が充実しているのもポイント。リーズナブルな価格帯も魅力です。

ソニー(SONY) モバイルバッテリー CP-V5BA

ソニー(SONY) モバイルバッテリー CP-V5BA

約1000回繰り返し使用できる、信頼性の高いモバイルバッテリー。回路レイアウトや筐体デザインを最適化することで過剰な発熱を抑制し、ICチップで充電・放電時の安全を確保。バッテリー自体は、発火しにくく膨れにくい液漏れ防止ゲルポリマーが使用されています。

バッテリー容量は5,000mAhで、一般的なスマホであれば2回程度のフル充電が可能。価格帯としても安価なので、コスパ良好のモバイルバッテリーを求めている方は要チェックです。

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。