外出先でスマホを充電するのに欠かせない「モバイルバッテリー」。シンプルなモデルやアウトドア向けのモデル、大容量モデルなど、さまざまなタイプがラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのモバイルバッテリーをタイプ別にご紹介。容量の目安や選び方、おすすめのメーカーなども併せて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

専門家のおすすめコメント
内田 悠斗
大手家電量販店 販売員経験者
内田 悠斗
複数のデバイスを持ち歩く方が多い今の時代は、モバイルバッテリーにも大容量が求められます。しかし、大容量のモデルはサイズが大きいことも多く、持ち歩くのには不便です。モバイルバッテリーを選ぶ際には持ち歩くデバイスの数やバッテリー容量を考慮して、自分に合ったモデルを探してみてください。
森岡 舞子
大手家電量販店 販売員経験者(フォトマスター検定 準1級資格保有)
森岡 舞子
モバイルバッテリーをカバンに入れっぱなしで充電を忘れてしまい、いざというときに使えなかった経験がある方もいるのではないでしょうか。急速パススルーに対応したモデルならば、時間がないときでもモバイルバッテリー本体の充電とスマホの急速充電が同時にできます。また、外出時に便利なコンセントを搭載した急速充電器として使用できるモデルや、キャンプ・災害時などでも使えるソーラーパネルを搭載したモデルもあるのでチェックしてみてください。

モバイルバッテリーのおすすめ|20000mAh以上(大容量)

アンカー(Anker) Prime Power Bank A1336

アンカー(Anker) Prime Power Bank A1336 2023

20000mAhの大容量ながら、手のひらサイズのコンパクト設計を実現したモバイルバッテリーです。iPhone 15を約3回以上、MacBook Airを約1回充電できるのが特徴。最大100Wの入力に対応しているので、バッテリー本体を約75分でフル充電できる急速充電も可能です。

大画面で細かい充電状況を確認できる「ディスプレイ機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。出力や本体への入力の強さ、バッテリー残量、充電にかかる時間などをリアルタイムで把握できます。

同時の最大出力は200Wと高出力で、3台のデバイスを同時に充電できるのもメリット。快適に持ち運びできる急速充電対応モデルを求めている方におすすめです。

アンカー(Anker) 737 Power Bank A1289

アンカー(Anker) 737 Power Bank A1289 2022

最大140Wのパワフルな出力を実現した、24000mAhの大容量モバイルバッテリーです。大容量ながら高さ約15.6cm、幅約4.9cmのスリム設計を実現。軽量設計なので、手軽に持ち運びできます。

USB PD 3.1による最大140Wの急速充電に対応しており、幅広いデバイスを素早く充電できるのも魅力のひとつ。3ポート搭載で、最大3台のデバイスを同時に急速充電できるのもおすすめポイントです。

本体のバッテリー残量や出力などをリアルタイムで手軽に把握できる「スマートディスプレイ機能」を備えているのもメリット。ノートパソコンも充電できる大容量モデルを求めている方はチェックしてみてください。

アンカー(Anker) 537 Power Bank A1379

アンカー(Anker) 537 Power Bank A1379 2022

急速充電できるUSB PD対応のUSB Type-Cポートを2つ備えた、24000mAhの大容量モバイルバッテリーです。最大65Wの高出力に対応しており、2台のデバイスを同時に充電できるのが特徴。スマホやタブレットはもちろん、ノートパソコンも1回以上充電できます。

バッテリー本体には30Wでの入力が可能で、本体を素早く充電できるのも魅力のひとつ。異物検知や温度管理などの安全機能も備えているので、安心して使用できます。

急速充電に対応した大容量モデルを探している方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) USB Power Delivery認証モバイルバッテリー DE-C33L-20000

エレコム(ELECOM) USB Power Delivery認証モバイルバッテリー DE-C33L-20000 2021

スティック形状でスリムなデザインの20100mAhモバイルバッテリー。USB PDの急速充電に対応しており、スマホはもちろん、ノートパソコンも充電できるのが特徴です。

モバイルバッテリー本体を充電しながらスマホも充電できる「まとめて充電」にも対応。本体の充電は約3時間30分で済むため、就寝前に充電すればフル充電で持ち出せます。

そのほか、ワイヤレスイヤホンなどの小型電子機器に適した電流で充電できる「低電流モード」を搭載しているのも魅力のひとつ。また、6つの保護機能を備えているので、安心して充電できます。ノートパソコンも充電できる大容量モデルを探している方におすすめです。

シリコンパワー(Silicone Power) Share C20QC SP20KMAPBKC20QCKJ5

シリコンパワー(Silicone Power) C20QC SP20KMAPBKC20QCKJ5

コンパクトながら20000mAhの大容量バッテリーを備えたモデル。Type-A USBポート2つとType-C USBポート1つを搭載しており、同時に3台のデバイスを充電できます。QC 3.0とUSB PDに対応し、スピーディーに充電を済ませられるのもおすすめポイントです。

バッグにすっきりと収納できるシンプルなデザインを採用。バッテリー残量を一目で確認できるLEDインジケータ付きです。また、過充電防止機能を搭載しているので、安全性にも優れています。

シーアイオー(CIO) SMARTCOBY TRIO CIO-MB67W2C1A-20000

シーアイオー(CIO) SMARTCOBY TRIO CIO-MB67W2C1A-20000 2024

USB Type-Aポート1つとUSB Type-Cポート2つを搭載した、3ポート仕様のモバイルバッテリーです。ノートパソコン・スマホ・ワイヤレスイヤホンなど、最大3台のデバイスが同時に充電できるため、充電待ちの時間が少なく済みます。USB PDとQC規格に対応するなど、充電速度も高速です。

独自技術「NovaIntelligence」を搭載しているのが特徴。接続された機器に応じて出力を自動で調節するので、効率よくチャージできます。デジタル残量インジケーターを採用しており、本体充電のタイミングが正確に把握できるのも便利です。

シーアイオー(CIO) SMARTCOBY TRIO CIO-MB65W2C1A-20000

シーアイオー(CIO) SMARTCOBY TRIO CIO-MB65W2C1A-20000 2022

最大65W出力でノートパソコンも充電できる、20000mAhの大容量モバイルバッテリーです。小型設計を実現しており、バッグなどへコンパクトに収納できるのが特徴。スマホやタブレット、ノートパソコンを1回以上充電できます。

USB Type-Aポートを1つ、USB Type-Cポートを2つ搭載し、同時に3台のデバイスを充電可能。同時に2台のデバイスであれば、合計95Wの出力で急速充電できるのもポイントです。

「急速パススルー」に対応し、本体を充電しながらデバイスも急速充電が可能。おしゃれにバッテリー残量を表示する「LED表示」を搭載しているので、デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

UGREEN 145W Power Bank モバイルバッテリー 25000mAh PB205

UGREEN 145W Power Bank モバイルバッテリー 25000mAh PB205 2023

25000mAhの大容量バッテリーを内蔵した製品です。容量の大きなモバイルバッテリーが欲しい方におすすめのモデル。泊りがけの旅行や出張の際に重宝します。最大3台のデバイスの同時充電にも対応するなど、使い勝手は良好です。

USB Type-C単ポート使用なら最大140Wの高出力が可能なので、ノートパソコンもスピーディーに充電できます。多重保護システムを採用しているのもポイント。過電圧保護をはじめ、過電流保護や過充電保護などの機能を内蔵しているため、安心して使用できます。

大容量モバイルバッテリーの選び方やおすすめモデルを知りたい方はこちら

モバイルバッテリーのおすすめ|10000mAh以上

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 A1263

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 A1263 2015
コンパクトながら素早く充電できておすすめ

コンパクトながら10000mAhのバッテリー容量を実現した定番のモバイルバッテリーです。コンパクトなだけでなく、重量も約180gと軽量設計のため、手軽に持ち運ベるのが特徴。フルスピード充電できる独自技術「PowerIQ」と「VoltageBoost」により、さまざまなデバイスを最大2.4Aで素早く充電できます。

十分なバッテリー容量で、iPhone 15を約2回、iPad mini 5を約1.3回など、ほとんどのデバイスを複数回充電可能。国内外への飛行機に持ち込みできる容量なので、旅行などへ持ち運びたい方にもおすすめです。サージ保護機能やショート防止機能など安全機能も充実しているため、安心して使用できます。

アンカー(ANKER) PowerCore Slim 10000 A1229

アンカー(ANKER) PowerCore Slim 10000 A1229 2019

薄型デザインでバッグやポケットにすっきりと収納できるモバイルバッテリーです。独自技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」を搭載しており、さまざまなデバイスを素早く充電できるのが特徴。10000mAhと大容量なので、スマホだけでなく、タブレットも充電できます。

小型の電子機器などに適切な電流で充電できる「低電流モード」を搭載しているのも魅力のひとつ。また、本体表面に滑らかなマット素材を採用しているため、上質なデザインを実現しています。

独自の「多重保護システム」を備え、安心して充電できる点もメリット。本体への充電はUSB Type-Cとmicro USBの2種類に対応しています。

アンカー(Anker) PowerCore III 10000 Wireless A1617

アンカー(Anker) PowerCore III 10000 Wireless A1617 2020

Qi規格のワイヤレス充電に対応した10000mAhのモバイルバッテリーです。Qi対応のスマホやワイヤレスイヤホンを重ねるだけで手軽に充電できるのが特徴。厚さ5mmまでのスマホケースを装着したままでも充電でき、わざわざケースを外す必要がないのもポイントです。

ワイヤレス充電だけでなく、USB Type-CポートまたはUSB Type-Aポートからデバイスを有線で充電可能。USB Type-Cポートは最大18W出力に対応しているので、対応デバイスを急速充電できます。

本体にスマホスタンドを搭載しており、スマホを立てかけて動画観賞やゲームなどを快適に楽しめる点もメリット。過電圧保護や電子回路のショート防止など独自の「多重保護システム」を備えているため、長期的に安心して使用できます。

エレコム(ELECOM) リン酸鉄モバイルバッテリー DE-C39-12000

エレコム(ELECOM) リン酸鉄モバイルバッテリー DE-C39-12000 2022

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、長寿命と高い安全性を両立したモバイルバッテリーです。12000mAhの大容量バッテリーを搭載。USB PDに対応しているため、20Wの高出力で対応デバイスを素早く充電できます。

USBポートに高性能ICを搭載しており、適した出力で充電できる「おまかせ充電」に対応しているのも魅力のひとつ。加えて、スマホとモバイルバッテリーを同時に充電できる「まとめて充電」にも対応しています。

過充電・過放電・過電圧・過電流防止機能など、6つの保護機能を備えている点もメリット。モバイルバッテリーの使用頻度が高い方におすすめのモデルです。

チーロ(cheero) Power Plus 5 15000mAh with Power Delivery 45W CHE-106

チーロ(cheero) Power Plus 5 15000mAh with Power Delivery 45W CHE-106 2019

日本メーカーならではの厳しい検査基準をクリアした、PSEマーク付きのモバイルバッテリーです。過充電時・過放電事・短絡化・発熱時自動停止機能を搭載しており、安全性の高さが特徴。15000mAhの大容量で、各種スマートフォンやタブレットに対応しています。

45Wまで対応したUSB PDで素早く充電できるのも魅力のひとつ。USB Type-AポートとUSB Type-Cポートを備え、2台の同時充電にも対応しています。

1%刻みでバッテリー残量を把握できるデジタルインジケーターを搭載。また、接続したデバイスを自動検知して適した電流で充電できる「AUTO-IC機能」を備えているのもメリットです。

シーアイオー(CIO) SMARTCOBY Pro CABLE C 10000mAh

シーアイオー(CIO) SMARTCOBY Pro CABLE C 10000mAh 2023

USB Type-Cケーブルを内蔵したモバイルバッテリーです。外出時の荷物を最小限に抑えたい方におすすめのモデル。最大35WのUSB PDに対応しているため、スマホやタブレットはもちろん、ノートパソコンの充電にも使えます。

表面に防傷シボ加工を施しているのもポイント。傷や汚れが付きにくいので、キレイな状態で使用できます。アルミのロゴプレートを採用した、高級感のある見た目も魅力です。

ベルキン(belkin) BoostCharge Pro BPD005btBK

ベルキン(belkin) BoostCharge Pro BPD005btBK 2023

Apple Watchシリーズの充電にも対応したモバイルバッテリーです。Apple Watchを45分で80%まで充電できる急速充電機能が特徴。パススルー充電にも対応しているため、Apple Watchを充電しながらモバイルバッテリー本体の充電も可能です。

最大20Wの出力で充電できるUSB Type-Cポートを備えているのも魅力のひとつ。iPhone 15シリーズなど、さまざまなデバイスを素早く充電できます。iPhone 14であれば、最大36分間のビデオ再生ができる程度まで充電可能。また、LEDライトを備えており、バッテリー残量をひと目で把握できるのもメリットです。

軽量かつコンパクトな設計で、手軽に持ち運べるのもおすすめポイント。iPhoneとApple Watchを使っている方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) NESTOUT モバイルバッテリー DE-NEST-15000 15000mAh

エレコム(ELECOM) NESTOUT モバイルバッテリー DE-NEST-15000 15000mAh 2022

IP67相当の高い防塵・防水性能を搭載したモバイルバッテリーです。キャンプや登山などのアウトドアユースにおすすめのモデル。耐衝撃構造を採用しているため、野外でのハードな使い方にもしっかりと対応できます。15000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、一般的なスマホなら複数回フル充電できるのも便利です。

USB Type-Cと2つのType-Aポートを搭載。合計32W出力に対応しているので、さまざまなデバイスの高速充電がおこなえます。別売りの専用ギアを装着すれば、LEDランタンとして利用することも可能です。

モッテル(MOTTERU) モバイルバッテリー MOT-MB10001Z

モッテル(MOTTERU) モバイルバッテリー MOT-MB10001Z

軽量かつコンパクトで、旅行などにも持ち運びしやすいモバイルバッテリーです。ワット時定格量は36Whと定格なので、飛行機への持ち込みが可能。丸みを帯びたフォルムや豊富なカラー展開など、デザイン性も魅力です。

USB PDに対応しており、20Wの出力でデバイスを急速充電できるのが特徴。USB Type-AポートとUSB Type-Cポートを備えているため、2台同時充電も行えます。シンプルな操作で簡単に使えるおすすめモデルです。

また、過電流保護や短絡ショート保護などの機能を含む多重保護システムを搭載。安全性が高く、長期間安心して使用できます。

モバイルバッテリーのおすすめ|薄型・コンパクト

アンカー(ANKER) 511 Power Bank A1633

アンカー(ANKER) 511 Power Bank A1633 2021

リップスティック型のコンパクト設計が魅力のモバイルバッテリーです。化粧ポーチやミニバッグなどにすっきりと収まるのが特徴。ストラップも付いているため、手軽に持ち運べます。

本体にコンセントを搭載しているのでモバイルバッテリーとしてだけでなく、急速充電器としても使用可能。コンセントに挿し込むだけで、モバイルバッテリー本体への充電もできます。

独自技術である「PowerIQ 3.0(Gen2)」に対応しており、幅広いデバイスを急速充電できる点もメリット。容量は5000mAhと控えめですが、比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方にもおすすめです。

アンカー(Anker) Nano Power Bank 30W Built-In USB-C Cable A1259

アンカー(Anker) Nano Power Bank 30W Built-In USB-C Cable A1259 2023

USB Type-Cケーブルが一体となったモバイルバッテリーです。ケーブルを持ち運ぶ必要がなく、外出先へ持ち運ぶ際の荷物を減らせるのが特徴。コンパクトなので、ズボンのポケットなどに入れて手軽に携帯できます。

入力・出力どちらも最大30Wに対応。有線でスマホを急速充電できるだけでなく、モバイルバッテリー本体も約1.5時間で急速充電できます。

充電状態をリアルタイムで確認できるディスプレイを搭載している点もメリット。ケーブルは10000回以上の折り曲げに耐えられる、優れた耐久性を備えています。

アンカー(Anker) Nano Power Bank 22.5W Built-In USB-C Connector A1653

アンカー(Anker) Nano Power Bank 22.5W Built-In USB-C Connector A1653

折りたたみ式のUSB Type-Cを搭載したモバイルバッテリー。ケーブル不要でスマートに充電できるうえ、充電しながらのスマホ操作も快適です。使わないときは端子部分を収納し、コンパクトに持ち運べます。

5000mAhの容量を備えており、最大で22.5Wの出力が可能。小型ながらパワフルに充電できるのでおすすめです。また、アンカー独自のPowerIQを搭載しているので、さまざまなデバイスを急速充電できます。

さらに、便利なパススルー充電にも対応。側面のポートにケーブルを接続すれば、バッテリー本体とスマホの充電を同時に行えます。

エレコム(ELECOM) 薄型コンパクトモバイルバッテリー DE-C37-5000

エレコム(ELECOM) 薄型コンパクトモバイルバッテリー DE-C37-5000 2022
必要最低限の充電ができ手軽に持ち運びできて便利

薄型設計で手軽に持ち運びができる、定番のモバイルバッテリーです。容量は5000mAhと控えめで、バッテリー容量約1800mAhのスマホを約1.6回充電可能。必要最低限の充電ができれば十分という方におすすめです。

コンパクトながら最大2.4Aの高出力が可能で、さまざまなデバイスを素早く充電できるのも魅力のひとつ。USBポートには高性能ICが内蔵されており、接続機器を見分けて適切な出力で充電できる「おまかせ充電」にも対応しています。

持ち運びやすい充電ケーブルが付属しているため、別途ケーブルを買い足す必要がないのもポイントです。

ベルキン(belkin) BOOST↑CHARGE BPB011bt

ベルキン(belkin) BOOST↑CHARGE BPB011bt 2022

超薄型のコンパクト設計ながら、10000mAhのバッテリー容量を実現したモバイルバッテリーです。USB Type-Aポートを2つ、USB Type-Cポートを1つ搭載しています。最大15Wの出力で3つのデバイスを同時充電できるのが特徴。iPhone 13・iPhone 14・iPhone 15などのデバイスに対応しています。

バッテリー残量を簡単に把握できる、LEDインジケーターライトを備えているのもポイント。また、USB-A to USB-Cケーブルを同梱しているため、ケーブルを用意しなくてもすぐに使い始められるのも魅力のひとつです。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、幅広いシーンで使いやすいモデルです。

シーアイオー(CIO) モバイルバッテリー SMARTCOBY SLIM 5000mAh

シーアイオー(CIO) モバイルバッテリー SMARTCOBY SLIM 5000mAh 2024

クレジットカードサイズのコンパクトな製品です。厚さ約12.11mmと薄型のうえ、重さも約108gと軽量。ポケットに入れて気軽に持ち歩けるおすすめのモバイルバッテリーです。USB Type-Cポートを2つ備えているため、最大2台のデバイスを同時に充電できます。

パススルー充電に対応しているのもポイント。接続した機器とモバイルバッテリー本体をまとめて充電できます。1%単位で電池残量が表示できるデジタルインジケーターを採用しているのも便利です。

コンパクトなモバイルバッテリーの選び方やおすすめモデルを知りたい方はこちら

モバイルバッテリーのおすすめ|安い

グリーンハウス(GREEN HOUSE) モバイルバッテリー GH-BTN50

グリーンハウス(GREEN HOUSE) モバイルバッテリー GH-BTN50 2021

出力ポートにUSB Type-Aを採用した、価格の安いモバイルバッテリーです。購入時のコストをできるだけ抑えたい方におすすめのモデル。急速充電は非対応ながら、2ポート仕様なので最大2台のデバイスを同時に充電可能です。モバイルバッテリー本体の充電用の入力ポートはUSB Type-CとmicroUSBの2系統を備えています。

容量5000mAhのバッテリーを内蔵しており、普段使いにぴったり。4段階のLEDで電池残量が把握できるため便利です。過充電保護機能・過放電保護機能・短絡保護機能を搭載しているため、長く安心して使用し続けられます。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) モバイルバッテリー 20000mAh GH-BTR200

グリーンハウス(GREEN HOUSE) モバイルバッテリー 20000mAh GH-BTR200 2021

リーズナブルながら20000mAhの大容量を実現したモバイルバッテリーです。バッテリー容量が約1800mAhのスマホであれば6回充電可能。2台同時充電もできるため、複数のデバイスを持ち運んでいる方や、家族・友人と併用したい方にもおすすめです。LEDを搭載し、4段階でバッテリー残量を把握できます。

USB Type-A×2・USB Type-C×1・USB micro B×1のポートを搭載。また、PSEに適合しており、過充電保護・過放電保護・短絡保護機能を備えているのも魅力です。手のひらサイズのコンパクト設計で、手軽に持ち運べます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IPB-B2003P18

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IPB-B2003P18 2022

低価格ながら20000mAhの大容量を実現したモバイルバッテリーです。USB PDとQC3.0に準拠しており、幅広いデバイスを素早く充電できるのが特徴。USB Type-Aポートを2つ、USB Type-Cポートを1つ搭載し、3つのポートから同時充電も可能です。

手に馴染んで押しやすい、静電タッチ式の電源ボタンを備えているのも魅力のひとつ。側面にはバッテリー残量を表示するライトを搭載しているので、バッテリー残量をひと目で確認可能です。

PSE認証を取得しているため、安心して使用できる点もメリット。シンプルデザインで、幅広いシーンで使いやすいのもポイントです。

アンカー(ANKER) 335 Power Bank A1288

アンカー(ANKER) 335 Power Bank A1288 2022

大容量ながら比較的リーズナブルに購入できる、20000mAhの大容量モバイルバッテリーです。iPhone 14を約4回、Galaxy S22を約3回以上充電できると謳っているのが特徴。2つのUSB Type-Aポートと1つのUSB Type-Cポートを備えており、最大3台まで同時に充電できます。

急速充電に対応し、iPhone 14シリーズを素早く充電できるのも魅力のひとつ。USB Type-Cポートは最大20W、USB Type-Aポートは最大18W出力に対応しているため、スマホやタブレットなどさまざまなデバイスを急速充電できます。

独自の「多重保護システム」を搭載し、安全性に配慮されているのもポイント。コスパを重視している方はチェックしてみてください。

磁気研究所(HIDISC) ハイパワーモバイルバッテリー MBSCF8000FTBK

磁気研究所(HIDISC) ハイパワーモバイルバッテリー MBSCF8000FTBK 2019

ソーラーパネルを搭載しており、太陽光で充電ができるモバイルバッテリー。アウトドアシーンはもちろん、防災グッズとしても活躍します。バッテリー容量は8000mAhです。

LEDライトを搭載しているのもポイント。暗闇を照らすなどのシーンで重宝します。保護回路を採用しているため、過充電・過放電・短絡・過電流を防げるのがポイントです。

安いモバイルバッテリーの選び方やおすすめモデルを知りたい方はこちら

モバイルバッテリーのおすすめ|MagSafe対応

アンカー(ANKER) 622 Magnetic Battery A1614

アンカー(ANKER) 622 Magnetic Battery A1614 2022

iPhoneにピタッとくっつけられるMagSafe対応のモバイルバッテリーです。強力なマグネットでズレにくく、安定して充電できるのが特徴。約900gの軽量設計かつ薄型デザインで、iPhoneを操作しながら充電できます。iPhone 12・iPhone 13・iPhone 14シリーズ専用の、おすすめのモバイルバッテリーです。

豊富なカラーバリエーションをラインナップしているのも魅力のひとつ。折りたたみ式スタンドを搭載しているので、動画視聴しながらでもワイヤレス充電ができます。

過電圧保護や電子回路のショート防止など、独自の「多重保護システム」を搭載している点もメリット。長く安心して使用できます。

アンカー(ANKER) 321 MagGo Battery A1616

アンカー(ANKER) 321 MagGo Battery A1616 2023

片手に収まる薄型デザインが魅力のモバイルバッテリーです。強力なマグネットによるMagSafe充電に対応。7.5W出力が可能で、iPhone 12・iPhone 13・iPhone 14シリーズを素早く充電できます。

MagSafe対応ケースを装着したまま充電できるのも魅力のひとつ。また、豊富なカラーバリエーションをラインナップしているのもポイントです。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) マグネット付きワイヤレス充電対応モバイルバッテリー EC-C08

エレコム(ELECOM) マグネット付きワイヤレス充電対応モバイルバッテリー EC-C08 2023

比較的リーズナブルに購入できる、高コスパなMagSafe対応モバイルバッテリーです。約5000mAhのバッテリーを内蔵。入出力に対応したUSB Type-Cポートを備えており、10W入力でモバイルバッテリー本体を充電、12W出力でさまざまなデバイスを充電できます。

モバイルバッテリー本体は、約2時間50分で充電可能。5W出力のワイヤレス充電器としても活用できます。側面には4段階でバッテリー残量を表示できるLEDランプを搭載。充電時期をひと目で把握できます。

装着時に背面のカメラレンズに干渉しない設計のため、装着したまま動画や写真撮影がおこなえるのもポイント。手頃に導入できるMagSafe対応モバイルバッテリーを求めている方におすすめです。

MOFT Snap モバイルバッテリー MD015-1-DEBU-JP-NF

MOFT Snap モバイルバッテリー MD015-1-DEBU-JP-NF 2022

手のひらサイズでスタイリッシュにiPhoneへ取り付けられる、MagSafe対応モバイルバッテリーです。プレミアムヴィーガンレザーを採用しており、高級感がありつつ滑らかな手触りを実現しているのが特徴。見た目のデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

くっつけるだけで手軽に本体を充電できる「マグネット充電端子」を採用しているのも魅力のひとつ。「パススルー充電」に対応しているので、バッテリーにケーブルを挿しても、iPhoneの充電を優先しておこなえます。

薄型かつ軽量設計のおしゃれなモバイルバッテリーを求めている方におすすめです。

ベルキン(Belkin) BoostCharge MagSafe対応 磁気ワイヤレスモバイルバッテリー BPD002bt

ベルキン(Belkin) BoostCharge MagSafe対応 磁気ワイヤレスモバイルバッテリー BPD002bt 2021

2500mAhの容量を備えたMagSafe対応モバイルバッテリーです。スリムなデザインで、手軽に持ち運べるのが特徴。カメラを遮らずに装着できる設計なので、iPhoneを充電しながら動画や写真の撮影もこなせます。

パススルー技術を採用しており、モバイルバッテリー本体を充電しながらiPhoneも充電できるのが魅力。LEDライトインジケーターを備え、バッテリー残量を手軽に確認できる点もメリットです。

MagSafeに対応したケースと互換性があり、対応ケースを装着したまま取り付けられるのもポイント。シンプルデザインで、iPhoneの外観も損ないにくい仕様です。

MagSafe対応モバイルバッテリーの選び方やおすすめモデルを知りたい方はこちら

モバイルバッテリーのランキングをチェック

モバイルバッテリーの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

モバイルバッテリーとは?

By: elecom.co.jp

モバイルバッテリーとは、外出先でもスマホなどの電子機器を充電できる携帯充電器のことです。本体にリチウムイオン蓄電池を内蔵しており、大容量の電力を蓄積可能。屋外など電源がない環境でもスマホやワイヤレスイヤホンといったアクセサリーを充電できるため、外出する機会が多い方におすすめのアイテムです。

モバイルバッテリーは本体のバッテリー容量に応じて、デバイスを充電できる回数などが異なる点に注意が必要。また、バッテリー容量に比例してモバイルバッテリーのサイズも大きくなるので、携帯性を重視するか、充電回数を重視するかで選ぶべき容量も変わります。大容量のモバイルバッテリーを用意しておけば、停電などの非常事態の際にも便利です。

モバイルバッテリーの選び方

容量をチェック

By: cheero.shop

モバイルバッテリーで何回デバイスを充電できるかは、モバイルバッテリーのバッテリー容量とデバイスのバッテリー容量によって決まります。バッテリー容量は「mAh(ミリアンペア)」という単位で表記。モバイルバッテリーのバッテリー容量を選ぶ際は、mAhの数値を確認しましょう。

ただし、充電時には少なからず電気ロスが発生してしまうため、実際は表記されている数値の65〜70%程度の充電効率になります。つまり、10000mAhのモバイルバッテリーの場合、実際の充電効率は6500〜7000mAh程度。モバイルバッテリーを購入する際は、バッテリー容量に余裕を持って選ぶのがおすすめです。

充電スピードをチェック

出力は2A以上

By: amazon.co.jp

充電スピードを重視してモバイルバッテリーを選ぶ場合は、2A以上の出力に対応したモデルがおすすめ。出力電力が大きいほど、より早く充電可能です。

特に、急速充電をしたい場合は一定以上の出力電流に対応していないと、急速充電できない可能性があります。充電のスピードを重視する方は、購入前にチェックしてみてください。

USB PDやQuick Chargeなどの急速充電機能も重要

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーを選ぶときは、対応している急速充電規格にも注目。USB Type-Cポートを使うUSB PDに対応しているスマホを急速充電するには、USB PDに対応したモバイルバッテリーが必要です。

同様に、Quick Chargeに対応したスマホを急速充電するには、Quick Charge対応のモバイルバッテリーが必須。利用しているスマホの急速充電規格に合わせたモバイルバッテリーを選びましょう。

Type-CやType-Aなどポートの種類をチェック

By: rakuten.co.jp

モバイルバッテリーを選ぶ際は、ポートの種類の確認も重要。ポートには大きく分けてUSB Type-AとUSB Type-Cの2種類が存在し、それぞれ対応した充電ケーブルを使用する必要があります。

一般的なモバイルバッテリーに採用されているのはUSB Type-Aポート。スマホはもちろん、ワイヤレスイヤホンなどさまざまなデバイスに採用されています。近年普及しつつあるUSB Type-Cポートは、入力と出力の両方に対応しているのが魅力。充電速度もUSB Type-Aより優れており、デバイスを早く充電したい方におすすめです。

充電方式をチェック

ワイヤレス充電規格「Qi」タイプ

By: amazon.co.jp

Qiと呼ばれる規格に対応したスマホやワイヤレスイヤホンを持っている場合は、Qiタイプのモバイルバッテリーがおすすめ。コードなどを挿さずに充電でき、充電用のケーブルを持ち歩く必要がないのがメリットです。

モバイルバッテリーとスマホを同時に充電できるパススルー充電に対応していれば、モバイルバッテリーのほか、自宅ではワイヤレスの卓上充電器としても活用できます。

コンセント一体型タイプ

By: amazon.co.jp

コンセント一体型タイプのモバイルバッテリーも人気。モバイルバッテリーとして使えるのはもちろん、充電器としても使えます。自宅では充電器、外出時にはコンセントから取り外してモバイルバッテリーとして使用するなど、汎用性の高さが特徴です。

コンセントに差し込むだけで本体をチャージできるのも魅力。本体のチャージに必要な充電器やケーブルを用意する手間を省けます。

ケーブル内蔵タイプ

By: amazon.co.jp

本体とケーブルが一体化したケーブル内蔵タイプのモバイルバッテリー。ケーブルを別途用意する必要がないので、コストパフォーマンスに優れています。また、ケーブルを持ち歩く手間を省けるのがメリットです。

ただし、充電したいデバイスとケーブルのコネクタが一致している必要がある点に注意。例えば、iPhone 14シリーズまでのiPhoneを充電したい場合は、Lightningケーブルが内蔵されているモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。

なるべく軽量コンパクトなモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーを持ち運ぶ機会が多い方には、なるべく軽量かつコンパクトなモデルがおすすめ。基本的にモバイルバッテリーは、バッテリー容量が大きくなるほど、重量が重くなる傾向にあります。そのため、軽量・コンパクトさを求める場合は、バッテリー容量は控えめになる点は留意しておきましょう。

一方で、最近販売されているモデルのなかには、10000mAh以上でも軽量・コンパクトなモデルが存在します。軽量・コンパクトかつある程度バッテリー容量が欲しい方は、10000mAh程度を目安に選んでみてください。

コンパクトさを求める場合は、本体の形状にも注目。スティック形状のモノや、超薄型のモノなどがあります。収納する場所などを考慮して、適した形状のモデルを選んでみてください。

便利な機能をチェック

iPhoneにくっつくマグネット「MagSafe」

By: amazon.co.jp

MagSafeとは、iPhone 12シリーズ以降のモデルに搭載されているマグネットを利用した磁気技術のこと。MagSafeを搭載しているiPhoneであれば、背面に充電器を固定した状態で充電できます。また、強力な磁力で固定するため、ズレにくいのもポイントです。

モバイルバッテリーのなかにはMagSafeに対応したモデルもラインナップ。MagSafeを搭載したiPhoneを使用している方は、チェックしてみてください。

災害時に役立つLEDライト

By: cheero.shop

モバイルバッテリーに搭載されていると便利な機能のひとつがLEDライト。モデルによっては明るさの調節機能やフラッシュモードを搭載したモノも存在します。万が一の災害時でも使用可能です。

災害時だけではなく、アウトドアシーンで活用できるのもメリット。キャンプや登山などで使うモバイルバッテリーを選ぶ際は、LEDライト搭載モデルも検討してみてください。

残量表示機能

By: amazon.co.jp

残量表示機能の有無も、モバイルバッテリーを選ぶときにチェックしておきたいポイント。モバイルバッテリーの残量をインジケーターで確認できると、本体の充電忘れを未然に防止できます。

残量表示機能の種類は、モデルによってさまざま。インジケーターだけではなく、ライトの色で判別したりディスプレイにデジタル表示されたりするモデルもあるので、使いやすいタイプを選んでみてください。

防水機能

By: cheero.shop

数は多くないものの、防水機能を搭載したモバイルバッテリーもあります。防水に対応していると水濡れを気にせずに使いやすく、屋外に安心して持ち出せる点が魅力。キャンプや登山などでモバイルバッテリーを使いたい場合にもおすすめです。

本体が防水に対応していない場合でも、防滴を目的としたポートを保護するカバーが付属しているモデルも存在します。

ソーラー充電機能

By: cheero.shop

モバイルバッテリーのなかには、ソーラー充電機能を搭載したモデルもあります。太陽光などの光に当てるだけで充電ができるので、コンセントがない場所でも本体をチャージ可能です。

ただし、USBケーブルを使用した充電よりも充電速度が遅い点には注意が必要。アウトドアや災害時の備えとして補助的に使うのがおすすめです。

PSEマークがあるかチェック

By: cheero.shop

モバイルバッテリーを選ぶときは、PSEマークの有無をチェックしておきましょう。PSEマークとは、電気用品安全法の基準をクリアしたアイテムに表示できるマーク。2019年2月1日以降、PSEマークの表示がないモバイルバッテリーは、販売できないルールになっているので注意が必要です。

PSEマークが表示されていると、一定のテストをパスしている証明になるため安心して使用できます。

モバイルバッテリーのおすすめ人気メーカー

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

「アンカー」は、スマホのアクセサリーなどを中心に展開しているメーカー。モバイルバッテリーや急速充電器などのほか、オーディオ機器がメインの「Soundcore」やスマートホームブランド「Eufy」なども展開しています。

アンカーのモバイルバッテリーは種類が豊富。大容量モデルやワイヤレス充電に対応したモデル、コンセント一体型タイプなど、さまざまなモバイルバッテリーが販売されています。

ANKERのモバイルバッテリーのおすすめモデルはこちら

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

「エレコム」は、パソコンの周辺機器を取り扱うメーカーです。キーボードやマウス、トラックボールなどの定番アイテムのほか、Wi-Fiルーターやイヤホン、電源タップなども販売。スマホやタブレットのアクセサリーも充実しています。

エレコムは、おしゃれなモバイルバッテリーを多数展開しているのが特徴。防水・防塵に対応した、アウトドア向けのモバイルバッテリーを探している方にもおすすめのメーカーです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE)

By: amazon.co.jp

「グリーンハウス」は、パソコン周辺機器やAV機器、生活家電などを取り扱うメーカーです。液晶ディスプレイやモニターアーム、ディスプレイ用アクセサリー、メモリなどさまざまな製品をラインナップ。いずれも低価格で購入できるモデルが多いので、コスパを重視している方にもおすすめです。

モバイルバッテリーに関しても、手頃な価格で導入できるモデルを多く販売。低価格ながらPSEマークがある製品も展開されており、安心して使用できるのも魅力です。

モバイルバッテリーの飛行機持ち込みについて

モバイルバッテリーに採用されているリチウムイオン電池は、強い衝撃などによって発火する可能性があるので、機内への持ち込みは制限されています。

機内へ持ち込めるモバイルバッテリーの基準は航空会社によって異なる場合があるものの、基本的にワット時定格量が161Wh以上のモデルは機内への持ち込みも預け入れもできません。容量が160Wh以下であれば、手荷物としてのみ機内に持ち込み可能です。

また、100~160Whのモバイルバッテリーの場合、機内に持ち込めるのは1人2個までという個数制限もあるため注意しましょう。

機内持ち込み可能なモバイルバッテリーの選び方やおすすめモデルを知りたい方はこちら

モバイルバッテリーの捨て方・処分方法は?

モバイルバッテリーはリチウムイオン電池を内蔵しているため、そのままゴミ箱に捨てることができません。なかには、ニッケル水素電池などほかの電池が採用されていることもあります。電池の種類によって処分方法が異なる場合があるので、注意しましょう。

リチウムイオン電池は小型二次電池に分類されており、リサイクルが推奨されています。リサイクル方法は多岐にわたり、家電量販店やホームセンター、大型スーパーなどに設置されているリサイクルBOXに出すのがおすすめです。

使用されているバッテリーの種類は、取扱説明書に記載されていることがあります。また、電池に書かれているリサイクルマークの有無の確認も必須です。処分予定のモバイルバッテリーに内蔵されている電池は必ずチェックし、適切に処分しましょう。

内田 悠斗
監修者
大手家電量販店 販売員経験者
大手家電量販店に6年間勤務。冷蔵庫や洗濯機など、新生活時に必要な家電をまとめて購入される方への案内を中心に、生活家電を提案してきた。「長く使う家電だからこそ、悔いのないお買い物をしてほしい」と、お客様のニーズに合わせた提案を行っている。
森岡 舞子
監修者
大手家電量販店 販売員経験者(フォトマスター検定 準1級資格保有)
大手家電量販店にて7年半の販売員経験あり。量販店では生活家電や健康家電、カメラなど幅広い商品を担当。カメラコーナーでは大学で写真を専攻した経験やフォトマスター検定の資格を活かし、被写体に合わせた商品の選び方などを提案してきた。ジャンルを問わず初心者の方にもわかりやすい説明を心がけている。