スマホの使い勝手が向上していく一方、ユーザーにとって悩ましいのがバッテリーの消費。特に外出先ではスマホへの依存度が高まるので、コンパクトながら容量の大きい「モバイルバッテリー」を持っていると便利です。

そこで今回はモバイルバッテリーのおすすめモデルをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、そろそろ買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

モバイルバッテリーの選び方

出力電流2A以上が目安

By: aukey.com

モバイルバッテリーは、「出力電流」が大きいほど接続機器へ充電するスピードが速くなります。急速充電を行いたい場合は、この数値も目安にするとよいでしょう。

特にタブレット端末は内蔵バッテリーがスマホより大きい分、より電流を必要とします。タブレットの充電に使う場合は、2A以上のモバイルバッテリーを選ぶとよいでしょう。

用途に応じてバッテリー容量を選ぶ

緊急時の保険なら10,000mAh未満で十分

By: sony.jp

10,000mAh以下のモバイルバッテリーは、スマホを1~2回充電できる小型タイプです。もしものときのためにカバンに忍ばせておくことで、緊急事態に対応できます。また、価格も安いモノなら1000円前後から購入できるので、お手頃なのもポイントです。

頻繁に必要なら10,000~20,000mAh程度がおすすめ

By: ankerjapan.com

モバイルバッテリーを頻繁に利用したいなら、10,000~20,000mAh未満のモデルがおすすめ。サイズ・容量・コスパなどトータルバランスに優れているため、日常使用からビジネスシーンまで多くの用途に対応できます。一般的なスマホであれば3~5回程度のフル充電が可能です。

複数台持ちやタブレットなら20,000mAh以上

By: cheero.net

20,000mAh以上のモバイルバッテリーは、スマホだけでなくタブレットやノートパソコン、電子タバコなど複数のガジェットを利用している方におすすめ。1台持っているだけで何度も充電できるため、長期間の旅行でも安心です。ただし、容量が大きい分サイズも大きくなる傾向にあるので、その点は注意してください。

その他機能で選ぶ

常に持ち運ぶなら200g以下が便利

By: amazon.co.jp

持ち運び重視でモバイルバッテリーを選びたい方は本体重量200g以下のモデルがおすすめです。例えば、大画面を搭載した「iPhone XS Max」の重さは約208g。スマホの重さ自体は総じて200g以下なので、この数字を目安としておきましょう。

スマホを複数回充電する方やタブレットなど容量の大きなデバイスを充電する方は、モバイルバッテリーも大容量モデルが必要。従来のモバイルバッテリーは、容量が大きければ大きいほど重たくなっていましたが、最近では大容量モデルながらスリムで軽量なモバイルバッテリーが数多く販売されています。ぜひ、重さ・容量・サイズ感のトータルバランスを考慮して、選ぶようにしましょう。

ワイヤレス充電規格「Qi」

By: cheero.net

最近注目されているワイヤレス充電。ワイヤレス充電器の仕組みとしてメジャーな充電方法は「電磁誘導方式」で、充電器に内蔵されている電力を共有する側のコイルとスマホに内蔵されている受電側のコイルの2つを用います。充電器側のコイルだけに電流を流し、スマホを近づけるとスマホ側のコイルにも電流が流れるという仕組みです。

代表的なのは「Qi(チー)」。アメリカの「ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)」が電磁誘導方式などを使ってスマホをワイヤレス充電するシステムの国際標準規格を目指し、2010年7月に策定してもので、さまざまなメーカーからQi規格に対応するワイヤレス充電器がリリースされています。

なお、選ぶ際には「コイル数」をチェック。ワイヤレス充電器は製品によって内蔵されているコイル数が異なります。コイル数が多い方がスマホをしっかりと感知して充電することが可能な一方、コイル数が少ないとスマホを置く位置が少しズレただけで充電されない場合もあるので、その点は留意しておきましょう。

AC電源対応

By: rakuten.co.jp

AC電源対応モデルとはモバイルバッテリー本体をコンセントに直接挿すことができるタイプ。通常のモバイルバッテリーではモバイルバッテリー自体を充電するケーブルとデバイスを給電するケーブルの2本が必要となりますが、AC電源対応のモバイルバッテリーであれば、後者のみで対応できます。

なお、モバイルバッテリーに限ったことではないですが、商業施設などで勝手にAC電源から給電すると電気窃盗(盗電)になるので、注意しておきましょう。

ポート数

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーはモデルごとに備えているポート数が違います。USBポートやmicro USBポート、Lightningポートなどが複数用意されているモデルであれば、デバイスの複数同時充電が可能なので、便利です。

ただし、ポート数とモバイルバッテリーの合計出力電流は反比例する関係にあるので、使っているポートの数で合計出力電流を割った数値が実際に出力できる電流になります。出力数が落ちれば充電スピードも遅くなってしまうので、その点は留意しておきましょう。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

「アンカー」はGoogle出身メンバーたちが2011年に創設したメーカー。日々進歩するデジタルライフをサポートする製品を開発しています。

アンカーのモバイルバッテリーは、5,000mAh程度のコンパクトサイズから大容量モデルまでラインナップも豊富。独自の技術を採用しているほか、ユーザーへのフィードバックにも注力し、品質向上に努めているのも特徴です。

オーキー(Aukey)

By: aukey.com

スマホレンズやイヤホンなど幅広い製品を手掛ける「オーキー」。モバイルバッテリーは10,000mAh以上の大容量モデルが主力で、サイズも非常にコンパクトです。同容量の他のモデルに比べて価格がリーズナブルなのもポイント。コスパ優先でモバイルバッテリーを選びたい方はチェックしておくべきメーカーです。

チーロ(cheero)

By: cheero.net

品質に定評のあるモバイルバッテリーをリリースしている国内メーカーの「チーロ」。製品は約3,000mAhのコンパクトなモデルから約20,000mAhの大容量モデルまで幅広くラインナップしているほか、人気漫画の「よつばと!」の登場キャラ「ダンボー」をモチーフとしたポップなデザインのアイテムを取り揃えているのも特徴です。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

ルーターをはじめ、パソコン周辺機器を取り扱う「バッファロー」。モバイルバッテリーのラインナップは200mAh程度のコンパクトモデルから10,000mAh程度の大容量モデルまで幅広いラインナップを用意しています。

また、端末を自動で判別する「AUTO POWER SELECT」や充電が完了したら自動でモバイルバッテリーの電源をオフにする「オートパワーオフ」など機能面が充実しているのもポイントです。

メーカーのおすすめモデル

エレコム(elecom) EC-M01BK


接続機器を自動で検知して、最適な出力でフルスピード充電を行う「おまかせ充電」対応のモバイルバッテリー。10050mAhの大容量で、iPhone 8は約3.3回、galaxy S9は約2回充電できます。

最大3.6Aの高出力が可能なUSBポートを2つ搭載しており、モバイル機器を2台同時に充電できるのも魅力です。さらに、電池残量を4段階で表示するLEDランプ付き。バッテリー残量が一目でわかるため、適切なタイミングで充電できます。

本体サイズは、102×70×25×mmの手のひらサイズで持ち運びにも便利。日常使いからビジネスシーンまで、幅広い場面で活躍するおすすめのモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーのおすすめ|10,000mAh未満

アンカー(ANKER) PowerCore Fusion 5000

モバイルバッテリーとACアダプタが一緒になったモデル。本体に折りたたみプラグを搭載しており、そのままコンセントに差し込んでケーブルを繋げれば、スマホはもちろん、モバイルバッテリーとしても同時に充電することができます。

本体サイズは72×70×31mmで、重量は189gと軽量。本体にはUSBポートが2つ搭載されているので、複数のモバイル機器を同時に充電することもできます。

バッテリー容量は5,000mAh。接続されたデバイスに最適なスピードで充電できるメーカー独自の技術「PowerIQ」に加え、電力供給を無駄なく行うためにケーブル抵抗値を調整する「VoltageBoost」技術にも対応。利便性が高く、コスパにも優れたおすすめのモバイルバッテリーです。

アンカー(ANKER) モバイルバッテリー Astro E1

アンカー(ANKER) モバイルバッテリー Astro E1

43×96×22mmのスリムボディを採用したモバイルバッテリー。重さは約125gと持ち運びにストレスを感じないのが特徴です。

バッテリー容量は5,200mAhとやや物足りなさを感じますが、2Aの急速充電にも対応しているので、スムーズに充電することができます

専用のトラベルポーチが付属するのもポイント。カラーはブラック・レッド・ホワイトの3色をラインナップしています。価格は1000円台とリーズナブルなので、「とりあえずモバイルバッテリーがほしい」という方におすすめです。

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 stick CHE-063

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 stick CHE-063

デザインが特徴的なモバイルバッテリー。直径24mm、長さは101mmのスティックタイプで、重さは70gとかなり軽量なモデルです。容量は3,350mAhと少なめですが、過充電などのトラブルが起きたら自動で充電を停止する機能があるので安心して使えます。

本体の底面にUSBポートを1基搭載。接続された端末をAUTO-IC機能によって自動検知し、最適な電流を出力することができます。胸ポケットに収納できるサイズ感のモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 mini CHE-068

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 3 mini CHE-068-WH

スマホと重ねて持ち運べるサイズ感にまとまっているモバイルバッテリー。本体サイズは43×92×23mm、重量は約130gと小型かつ軽量なモデルです。

バッテリー容量は6,700mAhで、iPhone Xであれば2回フル充電できる程度。バッテリー自体の充電時間は約3時間30分です。

ボディの表面は手になじむマット仕上げ。発売から数年経過しているモデルですが、容量と本体サイズのバランスが良好なので、お手頃なモバイルバッテリーを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

チーロ(cheero) Powermix 6,000mAh CHE-098

ワイヤレス充電「Qi」対応のモバイルバッテリー。「Qi」に対応したスマホであれば、本体の上に置くだけで充電ができます。なお、USBポートを搭載しているので、有線充電も可能です。

搭載するコイルを本体中央部の1基のみとし、価格はリーズナブル。わずか180gほどの本体は、高級感のあるマットな質感で、持ちやすく滑りにくいデザインになっています。

搭載されたバッテリー容量は6,000mAh。一般的なスマホ2~3回のフル充電が可能です。「とりあえずワイヤレス充電を試してみたい」という方はぜひチェックしておきましょう。

ジェイフォース(J-Force) MONALISA JF-PEACE9

厚さ約5mmの薄型モバイルバッテリー。USBポートを開閉式にしているモデルで、持ち運びに便利なほか、ホコリの侵入防止にも配慮しています。

スリムなボディは高い強度を兼ね備えたアルミニウム製で、耐久性も良好。バッテリー容量は3,400mAhながら、最大出力電流は2.1Aで急速充電にも対応しています。

バッテリーの残量は、4つのLEDで表示。本体の充電中やスマホへの給電中に電池残量をひと目で確認できるのも便利です。過充電や過電流防止機能、ショート防止機能、過温度防止機能など、保護機能が充実しているのもポイント。リーズナブルな価格帯も魅力です。

ソニー(SONY) モバイルバッテリー CP-V5BA

約1000回繰り返し使用できる信頼性の高いモバイルバッテリー。回路レイアウトや筐体デザインを最適化して過剰な発熱を抑制し、ICチップで充放電中の安全を確保。バッテリー自体は、発火しにくく膨れにくい液漏れ防止ゲルポリマーが使用されています。

バッテリー容量は5,000mAhで、一般的なスマホであれば2回程度のフル充電が可能。価格帯としても安価なので、コスパ良好のモバイルバッテリーを求めている方は要チェックです。

モバイルバッテリーのおすすめ|10,000~20,000mAh未満

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 A1263011

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 A1263011

クレジットカードとほぼ同じくらいの大きさのモバイルバッテリー。容量10,000mAh、重さは約180gという軽量さも魅力です。iPhone 8は4回、タブレットに1回以上充電できます。

また「サージ保護機能」と「ショート防止機能」が搭載されており、安全に使用できるところもポイント。さらに、高品質のICチップとハードウェアのみが使用された品質の高さも魅力です。カラーはブラックのほか、ホワイトとレッドの3色展開。品質の高さ、安全性、デザインにもこだわりのあるおすすめのモバイルバッテリーです。

チーロ(cheero) Power Plus 3 DANBOARD version CHE-067

人気のダンボーモデルのなかでも、13,400mAhと大容量のモバイルバッテリー。通常のスマホであれば6回程度充電でき、デザインはもちろん実用性も高い人気モデルです。

接続されたデバイスを自動認識して常に最適な充電を行うAUTO-IC機能を搭載しているので、iPhoneやAndroid、その他のガジェットを意識せずに充電できます。また、難燃性の素材を採用しているのも特徴です。

モバイルバッテリー自体への充電は別売り2Aアダプタ使用の場合で約8時間。カラバリはオリジナルカラーに加えて、ゴールド・スノーマンホワイト・スーパーカーレッドの4色をラインナップしています。

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 4 CHE-095

チーロ(cheero) モバイルバッテリー Power Plus 4 CHE-095-WH

13,400mAhの大容量を備えたモバイルバッテリー、iPhone Xであれば、約3回フル充電できるスペックを要しています。また、急速充電規格「Power Delivery 3.0」に対応するので、しばらく充電ゼロだったスマホも素早くリカバリーすることが可能です。

出力端子はUSB Type-AとType-Cをひとつずつ搭載し、最大出力は2.4A。本体サイズは92×80×23mmで、重量は約250gです。軽量コンパクトで大容量なので、旅行などで使いやすいモバイルバッテリーを探している方はぜひチェックしておきましょう。

モバイルバッテリーのおすすめ|20,000mAh以上

アンカー(Anker) PowerCore 26800

26,800mAhの超大容量モバイルバッテリー。一般的なスマホであれば、フル充電約7~9回、タブレットの場合はフル充電約2~3回分の容量を備えており、スタミナは十分です。

USBポートは3基搭載しており、複数デバイスの同時充電も可能。自動で最適な電力供給を行ってくれる「PowerIQ」に対応しているのも注目ポイントです。入力ポートが2基搭載されており、本体の充電を2倍速で行えるのも便利。大容量バッテリーながら約6.5時間でフル充電できます。

過電流を防ぐサージプロテクターや電子回路のショート防止など保護機能も充実。大容量でハイスペックなモバイルバッテリーを求めている方におすすめです。

ADATA モバイルバッテリー AP20000D-DGT-5V-CBK

ADATA モバイルバッテリー AP20000D-DGT-5V-CBK

ボディに液晶ディスプレイを備えたモバイルバッテリー。本体のバッテリー残量が1%単位の数値で表示されるので、目視で状況を確認できるのが特徴です。

出力用ポートは2基。合計2.1Aの出力で2台の端末を同時に充電することが可能です。容量は20,000mAhと大容量。本体サイズは163×80.6×23.3mm、重量は約450gとやや大きさは気になりますが、非常用でスタミナ十分のモバイルバッテリーを探している方にとっては候補となるアイテムです。

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ライターからヒトコト

コンパクトかつ大容量化が進むモバイルバッテリー。ほんの数年前に購入したアイテムがすでに低スペックモデルに分類されている可能性も大いに考えられます。買い替えを検討している方は、現在所有のモバイルバッテリーを見直し、どこに不満があるか把握してから購入を検討してください。

Top photo by: cheero.net
記事内容について連絡