スマホで楽しめるサービスがより一層充実していく一方、ユーザーを悩ませるのがバッテリーの問題。「外出先でコンテンツを思う存分楽しみたいけど、スマホの充電切れが怖くてセーブしている」という方は、ぜひモバイルバッテリーを活用しましょう。また、しばらく同じアイテムを使い続けているという方も劣化している恐れがあるので、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、モバイルバッテリーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選択肢として外せないメーカーや選び方のポイントも整理したので、ぜひ参考にしてみてください。

モバイルバッテリーのメリット

719pyf8h5al-_sl1200_

By: amazon.co.jp

事前に充電さえしておけば、どこでも充電ができる点こそがモバイルバッテリーのメリット。スマホのバッテリー容量には限界がありますが、モバイルバッテリーを持っていれば、その場ですぐ充電ができるため安心です。

また、停電時や災害時など電源確保が困難な時にも持っていると安心。緊急時用として1台あるだけでも、いざというときに重宝します。

モバイルバッテリーの選び方

バッテリー容量で選ぶ

41qikdvrbl

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーの容量は、2000mAh程度の小さめなモデルから、20000mAh以上の大容量モデルもあります。数日間の旅行や出張をする方は、10000mAh以上の大容量モバイルバッテリー、毎日持ち運ぶのなら5000mAh程度のモバイルバッテリーがおすすめです。

また、ユーザー自身が使用しているデバイスのバッテリー容量も確認しておきましょう。ここで注意しなくてはならないのが、モバイルバッテリーの容量が、充電できるデバイスのバッテリーの容量とは一致しない点。モバイルバッテリーからスマホなどに充電を行う際、電圧変換が生じることによって約30%の電力は充電に回らず消費されます。したがって、モバイルバッテリーの容量のうち70%までしかデバイスの充電はできないと言われています。

出入力電流値で選ぶ

5133vyxlql

By: amazon.co.jp

出力電流値が大きいほど、接続機器へ充電するスピードが速くなります。急速充電を行いたい場合は、この数値も目安にするとよいでしょう。特に、タブレット端末は内蔵バッテリーがスマホより大きい分、電流も大きく必要とします。タブレットの充電に使う場合は、2A以上のモバイルバッテリーを選ぶとよいでしょう。

また、入力電流値も注目すべきポイント。モバイルバッテリーへ充電する時間に影響する数値なので、モバイルバッテリーへの充電を素早く済ませたい方は、入力電流値の高い製品がおすすめです。

サイズ・重さで選ぶ

51udyjybhl

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーのサイズは、バッテリー容量に比例して大きく重くなる傾向にありますが、近年はバッテリーの容量が大きくてもコンパクトなサイズの製品も登場しています。特に10000mAh以上の製品は薄型・軽量化が進んでいるので、以前大容量タイプを購入して大きさや重さに不満をお持ちの方は、そろそろ買い替えを検討してみるとよいでしょう。

デザインで選ぶ

41fojuaj0ol

By: amazon.co.jp

カバンに入れて普段から持ち歩くアイテムだからこそ、デザインにもこだわりたいところ。近年のモバイルバッテリーはおしゃれなモノも多いので、お持ちのスマホやファッションに合わせてみるのもおすすめです。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: anker.com

「アンカー」は2009年にアメリカでGoogle出身のメンバーが創設したメーカー。日々進歩するデジタルライフをサポートする製品を開発しています。アンカーのモバイルバッテリーは、5000mAh程度のコンパクトサイズから大容量モデルまでラインナップも豊富。独自の技術を採用したり、パナソニック製のリチウム電池を使用したりと、品質向上に努めているおすすめメーカーです。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

ルーターをはじめ、パソコン周辺機器を取り扱う「バッファロー」。モバイルバッテリーのラインナップは、2500~7000mAh程度の小容量なコンパクトモデルが主力です。

オーキー(Aukey)

By: amazon.co.jp

スマホレンズやイヤホンなど幅広い製品を手掛けるメーカー「オーキー」。中でもモバイルバッテリーは10000mAh以上の大容量モデルが主力で、サイズも非常にコンパクトです。2年間の保証付きもポイント。価格は比較的リーズナブルなので、コスパが良好なのもおすすめポイントです。

モバイルバッテリーのおすすめランキングTOP1~10

第1位 ADATA P20000D パワーバンク AP20000D-DGT-5V

20000mAhの大容量、かつ実勢価格3000円台とリーズナブルなモバイルバッテリー。一般的なタブレットで約2回、スマートフォンなら約6回の満充電が可能です。

バッテリー残量をデジタル画面に表示してくれるので充電状況の管理もラクラク。デュアルUSBポート採用で、合計2.1Aの出力が可能です。重量は450g。LED懐中電灯の機能も付いているので、旅行先のキャンプ場などで大活躍します。

第2位 アンカー(Anker) PowerCore 20100 A1271011

アンカーの20100mAh大容量モバイルバッテリー。従来モデルと比較すると、約30%の軽量かつ小型化しており、重量は約350gです。

USBポートを2つ搭載しており、合計で4.8A出力が可能なのもメリット。大容量に加えて急速充電も可能なので、使い勝手も良好です。

表面は汚れや指紋などがつきにくいマット仕上げ。仕事・プライベートを問わずに頻繁にモバイルバッテリーを使用する方におすすめです。

第3位 バッファロー(BUFFALO) BSMPB6701P1BK

iPhoneとAndroidを瞬時に区別して最適な充電が行える「AUTO POWER SELECT機能」を搭載したモバイルバッテリー。充電容量は一般的なスマホの約2.5回分程度ですが、4段階の電力残量表示や電源の切り忘れによる電力消費を防ぐ「オートパワーオフ機能」もあるのでロスなく使えます。

持ち運びに便利なポーチも付属しているほか、カラバリも豊富でピンク・ブルー・ブラック・ホワイトの4色から選べるのもポイント。使い勝手のよさはもちろん、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

第4位 アンカー(Anker) PowerCore Speed 10000 QC A1266011

10000mAh以上のモバイルバッテリーとしては最軽量のモデル。高速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応する上、スピード充電をサポートするメーカー独自の技術も相まって、使い勝手は良好です。

充電中に高温を検知すると自動的に熱を下げる独自の「温度管理テクノロジー」も搭載。実勢価格は3000円程度とハイコスパなモデルです。

第5位 オーキー(AUKEY) ソーラーチャージャー PB-P17

ソーラーパネルを採用した20000mAhの大容量モバイルバッテリー。外出先で電源が確保できない場合でも太陽の光があれば充電できるため、緊急時にも対応できるのがメリットです。

USBポートをふたつ搭載し、最大出力3.1Aで充電可能。LED懐中電灯の機能もあり、緊急時のための防災アイテムとしてもおすすめです。

第6位 ブルードット(BLUEDOT) BMB-10

実勢価格2000円程度とリーズナブルなモバイルバッテリー。本体の厚みは14.5mmと薄いものの容量は10000mAhと十分な上、USBポートをふたつ搭載しており、複数のデバイスへの充電にも対応します。

最大出力は2.1Aで、カラバリは白とピンクの2色。残量表示ボタンも備えているので、デザインのみならず使い勝手も良好です。

第7位 ブルードット(BLUEDOT) BMB-101W

Lightning端子を搭載したモバイルバッテリー。実勢価格1000円台のリーズナブルなモデルです。iPhoneやiPadのユーザーは、ケーブルをそのまま使えるので便利。USBポートもふたつ搭載しており、最大2.1A出力で複数端末を同時に充電できます。カラバリはピンク・ホワイト・ブラックの3色です。

第8位 バッファロー(BUFFALO) BSMPB10001P2

10050mAhの大容量ながら、重さ約195gと軽量なモバイルバッテリー。従来モデルよりも約28%軽量化しています。USBポートをふたつ搭載しており、合計3.4Aで同時充電可能。1ポートあたりの最大出力は2.4Aです。

iPhoneとAndroidを自動で判別して急速充電できる「AUTO POWER SELECT機能」も搭載。持ち運びに便利なキャリングポーチも付属します。

第9位 リンクスインターナショナル enerpad AC-24K

ノートパソコンにも電源が供給できる24000mAhの大容量モバイルバッテリー。本製品の特長は、ACコンセントを搭載している点です。

実勢価格は1万円台後半と高価ですが、ノートパソコンを普段から持ち歩いている方には、緊急時の予備バッテリーとして活用できます。ACポートとUSBポートの同時出力も可能です。

第10位 アンカー(Anker) PowerCore+ 26800 PD B1375111

26800mAhの大容量に加えてUSB-Cポートを搭載した高性能モバイルバッテリー。実勢価格は1万円程度で、USB-Cポート搭載型のノートパソコンへの電源供給も可能です。USBポートも2つ搭載しているため複数デバイスへの充電にも対応します。

大容量ながらバッテリー本体への充電は約4.5時間。日常的にモバイルバッテリーを使用する方におすすめです。

モバイルバッテリーのおすすめランキングTOP11~20

第11位 パナソニック(Papasonic) QE-AL301

バッテリー容量7500mAhのモバイルバッテリー。一般的なスマホで3回分程度の充電が可能です。実勢価格は5000円程度。バッテリー残量は3段階で把握できます。USBポートも2つ搭載しているので、複数のデバイスを同時に充電可能です。

第12位 ソニー(SONY) CP-R10

容量10000mAhのモバイルバッテリー。一般的なスマートフォンなら4回程度、タブレットなら約1回ずつ充電可能です。急速充電機能Quick Charge 2.0搭載もポイント。バッテリー残量は5段階表示です。

アルミボディを採用した高級感のあるデザインが本製品の特長。傷がつきにくい表面加工も施してあります。また、経年劣化に強いバッテリーを採用しており、繰り返し使っても充電性能が落ちにくいため長く愛用できるにも魅力です。

第13位 チーロ(cheero) Power Plus 3 DANBOARD CHE-067

13400mAhの大容量モバイルバッテリー。人気マンガ「よつばと!」に登場し、Amazonをはじめさまざまな企業とコラボしてきた人気キャラクター「ダンボー」がモチーフとなっています。

デザインの親しみやすさだけでなく、USBポート2つ搭載など使い勝手は良好です。ダンボーが描かれたポーチも付属しており、持ち運びにも便利。カラバリは、オリジナルカラー・スーパーカーレッド・ゴールドインゴット・スノーマンホワイトの4色です。

第14位 アンカー(Anker) PowerCore ピカチュウ 5200

アンカーとポケモンがコラボしたピカチュウ仕様のモバイルバッテリーです。容量は5200mAhで、一般的なスマートフォンを2回程度充電できます。

ピカチュウ柄の持ち運び用ポーチも付属。同モデルのバリエーションとして、ヒトカゲ・レッドも用意されています。ポケモン好きは要チェックのモバイルバッテリーです。

第15位 ADATA PT100 パワーバンク APT100-10000M-5V

流線形のスタイリッシュなデザインのモバイルバッテリー。10000mAhの大容量ながら実勢価格2000円程度と手に取りやすいのが魅力です。

同時充電放電機能により、本体に充電しながら放電も可能な点も特長。搭載LEDライトは、通常・アクセント・早い点滅・遅い点滅の4種類から選択可能です。

第16位 エイスース(ASUS) ZenPower Max 90AC00U0-BBT005

実勢価格2万円程度のハイエンドクラスのモバイルバッテリー。26800mAhの大容量に加えて、USBポートを2つ、USB-Cポートを1つ搭載しています。USB-Cポート搭載のノートパソコンへの充電も可能。大容量ながら本体への充電は約5.5時間です。

第17位 バッファロー(BUFFALO) BSMPB10

2200mAhの小容量モバイルバッテリー。幅70×奥行32×高さ35mmの小型サイズに122gと軽量なモデルです。一般的なスマートフォンを約1回充電できます。カラバリはホワイト・ブラック・ピンクの3色。円柱タイプのモバイルバッテリー探している方は候補です。

第18位 リンクスインターナショナル enerpad AC-54K

53600mAhと超大容量かつハイスペックのモバイルバッテリー。一般的なスマートフォンであれば25回程度充電することが可能です。搭載ポートはAC2つ、USB2つ、USB-C1つと充実。また、本製品自体を充電しながら他のデバイスに充電できるのもメリットです。AC最大出力は250Wで、災害時のバックアップ電源としても活躍します。

第19位 オウルテック OWL-LIB7801-BKBL

キャンプ場や登山などで使用できる防水タイプのモバイルバッテリー。高い防水・防塵性能を示す「IP67」規格に適合し、水深1mの場所に30分浸しても耐えうるレベルの防水性能がポイントです。

接続された機器を自動的に検知して、最適な充電を施す「スマートIC」搭載も特長。また、非常灯として使えるLEDライトも搭載しています。

ベルトやカバンのフックなどに引っ掛けることができる「カラビナ」がついているので、外出先でなくす心配も少なく、使いたいときに即座に使用できるモバイルバッテリーです。

第20位 オーキー(AUKEY) PB-N28

12000mAhの大容量モバイルバッテリー。実勢価格2000円程度とリーズナブルな点が魅力です。容量に比して245gと軽さもポイント。赤・緑・白の3色のLEDライトでバッテリー残量を確認できます。

モバイルバッテリーのランキングをチェック

モバイルバッテリーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。