スマホの使い勝手が向上していく一方、ユーザーにとって悩ましいのがバッテリーの消費。特に外出先ではコンセントで充電できる機会が少ないので、コンパクトながら容量の大きい「モバイルバッテリー」を持っていると便利です。

そこで今回は、モバイルバッテリーのおすすめモデルをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

モバイルバッテリーとは?

モバイルバッテリーとは、外出先や移動中の車内などコンセントのない場所で、スマホやタブレットを充電するために使用するアイテム。繰り返し充電して使える二次電池を内蔵しているのが特徴です。バッテリーの容量や対応している充電規格などの違いにより、さまざまなモデルが発売されています。

本体の充電にはUSB充電器を利用する製品がほとんどですが、なかにはコンセントに直接挿して充電ができたり、ソーラーパネルを搭載していたりする製品もラインナップ。荷物を少しでも減らしたい方や、アウトドアでの使用頻度が多い方におすすめです。

日頃からデバイスの電池切れに悩んでいる方は、ぜひモバイルバッテリーの購入を検討してみてください。

モバイルバッテリーの選び方

サイズ・重量で選ぶ

By: aukey.com

モバイルバッテリーは容量によって、サイズや重量が異なります。例えば容量5000mAhのモバイルバッテリーは、スマホを1〜2回充電することが可能。サイズが小さいので持ち運びやすく、重さもおよそ100gとPCマウス程度の軽さです。

一方、容量10000mAhのモバイルバッテリーは、およそ170gとやや重くなるものの、スマホを2〜3回充電可能。サイズもクレジットカードほどと小型のモデルもあるので、普段使いから小旅行まで、幅広いシーンへの汎用性があります。

また、スマホ・タブレットなど複数のデバイスを使う方には、さらに容量の大きな20000mAh前後のアイテムがおすすめです。重量はおよそ350gと缶ジュース1本分ほどの重さになりますが、スマホを5〜6回充電できます。

容量の大きなモバイルバッテリーほど、複数のデバイスを何度も充電できますが、その分サイズや重量も増加。ライフスタイルに合わせて適切なサイズと重量のモノを選びましょう。

バッテリーの容量で選ぶ

複数台持ちやタブレットなら20000mAh以上

20000mAh以上のモバイルバッテリーは、スマホだけでなくタブレットやノートパソコン、電子タバコなど複数のガジェットを利用している方におすすめ。1台持っているだけで何度も充電できるため、長期間の旅行でも安心です。ただし、容量が大きいとサイズも大きくなる傾向にあるので注意しましょう。

頻繁に使用するなら10000~20000mAh程度がおすすめ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーを頻繁に利用する場合は、10000~20000mAh未満のモデルがおすすめ。サイズや容量、コスパなど、トータルバランスに優れているため、日常使用からビジネスシーンまで多くの用途に対応できます。一般的なスマホであれば、3~5回程度のフル充電が可能です。

緊急時の保険なら10000mAh未満で十分

By: sony.jp

10000mAh以下のモバイルバッテリーは、スマホを1~2回充電できる小型タイプです。カバンに忍ばせておけば、緊急事態にも対応できます。また、価格も安いモノなら1,000円前後から購入できるので、お手頃なのもポイントです。

出力電流2A以上が目安

By: aukey.com

モバイルバッテリーは、出力電流が大きいほど接続機器へ充電するスピードが速くなります。急速充電を行いたい場合は、この数値も目安にしてみましょう。

特にタブレット端末は、内蔵バッテリーがスマホより大きいため、電流をより必要とします。タブレットの充電に使う場合は、2A以上のモバイルバッテリーを選んでみてください。

ポート数や端子形状で選ぶ

スマホやタブレットなど、持ち歩くデバイスが多い方にはポート数を複数備えたモバイルバッテリーがおすすめです。小型のモノは1〜2個のポートを、大型のモノは2〜4個以上のポートを備えています。友人や家族などほかの方とシェアしたいときにもおすすめです。

また、モバイルバッテリーに接続できる端子もチェックしておきましょう。USB端子にはType-AやType-Cなどがあり、接続デバイスによって適した端子形状は異なります。特に複数の端末を併用している方は、端子形状に注目して選びましょう。

便利な機能で選ぶ

ワイヤレス充電規格「Qi」に対応しているかをチェック

最近注目されているのがワイヤレス充電です。ワイヤレス充電器の仕組みとしてメジャーな充電方法は「電磁誘導方式」。共有する側のコイルとスマホに内蔵されている受電側のコイルの2つを用いて、充電器に内蔵されている電力を送ります。充電器側のコイルだけに電流を流し、スマホを近づけるとスマホ側のコイルにも電流が流れる仕組みです。

なかでも、代表的なワイヤレス充電規格は「Qi(チー)」。アメリカの「ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)」が、電磁誘導方式などを使ってスマホをワイヤレス充電するシステムの国際標準規格を目指して、2010年7月に策定したものです。最近では、さまざまなメーカーからQi規格に対応するワイヤレス充電器が展開されています。

なお、ワイヤレス充電器は製品によって内蔵されているコイル数が異なるので、選ぶ際は「コイル数」もチェックしてみてください。コイル数が多い方がスマホをしっかりと感知して充電することが可能な一方、コイル数が少ないとスマホを置く位置が少しズレただけで充電されない場合もあるため、その点は留意しておきましょう。

急速充電に対応しているかをチェック

急速充電とは、デバイスの充電時間を短縮できる機能のことです。急速充電のタイプは複数あり、それぞれに特徴があります。

例えば急速充電規格のひとつ、「USB PD」のPDはPower Deliveryの略で、電圧と電流を大きくすることによって充電スピードを速める方法です。Type-Cのみに対応しており、iPhone8以降のモデル、GalaxyS8以降のモデルなどに適しています。

一方、「Quick Charge」は略してQCとも呼ばれ、電圧を高めることで急速充電を可能にした規格です。端末とACアダプタだけで充電できるのが特徴。Qualcommのチップを搭載した端末のみ対応なので、Androidユーザーの方におすすめです。

また、「Super Charge」や「VoltageBoost」は、それぞれファーウェイとアンカーが独自開発した充電規格です。それぞれファーウェイとアンカーの純正品の充電に適しています。

AC電源対応の有無をチェック

AC電源対応モデルとは、モバイルバッテリー本体をコンセントに直接挿せるタイプ。一般的にはモバイルバッテリー自体を充電するケーブルとデバイスを給電するケーブルが必要ですが、AC電源対応のモバイルバッテリーであれば、後者のみで対応できます。

なお、モバイルバッテリーに限ったことではありませんが、商業施設などで勝手にAC電源から給電すると電気窃盗(盗電)になるので注意しておきましょう。

Anker独自のPowerIQをチェック

By: amazon.co.jp

「PowerIQ」とは、「スマート充電チップ」が接続されたデバイスを自動認識し、機器に応じた最大のスピードで充電を行う、Anker独自の急速充電技術です。2014年に最大出力12Wの初代バージョンが発売され、2017年には最大出力を18Wにアップした「PowerIQ2.0」が発表されました。

さらに、2019年に発売された最新版の「PowerIQ3.0」では、「Power Delivery」や「QuickCharge」規格との互換性を確保。また、最大100Wの出力に対応しているため、ノートパソコンへの急速充電も可能になっています。スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスから、ノートパソコンまで幅広く対応できる注目の技術です。

用途で選ぶ

災害時には20000mAh以上で複数ポートに対応したモデルを

By: aukey.com

停電がいつまで続くかわからない場合は、長期の停電を想定してできるだけ大容量のモバイルバッテリーを選ぶのがおすすめです。最低でも20000mAh以上あるモノを選ぶと、デバイスを繰り返し充電できるので、3日程度使えます。

スマートフォンのほかに、タブレットなどUSB給電が必要なモノを持ち歩くなら、30000〜50000mAhのモバイルバッテリーがおすすめです。サイズも重量も大きくなりますが、大きくパワーがある分、家庭内の非常用電源としても使えます。

また、よりおすすめなのは、複数の出力ポートに対応したモデルです。家族や友人のもつスマートフォンのバッテリーが切れたときも、複数の出力ポートがあれば、2台以上を同時に充電できます。

海外旅行時には、100Wh以下の機内持込できるモデルを

海外旅行などで飛行機に乗る方は、モバイルバッテリーの容量に注目して選ぶのがおすすめです。飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーの容量には制限があり、100Wh以下のモノ、27027mAh以下のモノが持ち込み可能です。

30000mAhなど、容量の大きなモバイルバッテリーは危険物扱いとなるので、機内への持ち込みも預け入れも断られます。海外旅行などで飛行機に乗る際は、27000mAh以下のモノを選ぶように注意しましょう。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

「アンカー」はGoogle出身メンバーが2011年に創設したメーカー。日々進歩するデジタルライフをサポートする製品を開発しています。

アンカーのモバイルバッテリーは、5000mAh程度のコンパクトサイズから大容量モデルまでラインナップも豊富。独自の技術を採用しているほか、ユーザーへのフィードバックにも注力し、品質向上に努めているのも特徴です。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

大阪に拠点を置き、パソコンの周辺機器をはじめ、スマホやタブレットのアクセサリなどを数多く取り扱っているメーカーです。手頃な価格で質のよいアイテムを販売していることでも知られています。

モバイルバッテリーは、カバンやポーチに常時入れて気軽に持ち歩けるコンパクトな製品から、ノートパソコンの充電も可能な大容量モデルまで豊富なラインナップが魅力。AC電源対応の製品なども発売されているため、目的に応じて最適なモデルを選べます。

チーロ(cheero)

高品質なモバイルバッテリーを展開している国内メーカー「チーロ」。約3000mAhのコンパクトなモデルから約20000mAhの大容量モデルまで、幅広い製品をラインナップしています。さらに、人気漫画の「よつばと!」の登場キャラ「ダンボー」をモチーフとしたポップなデザインのアイテムを取り揃えているのも特徴です。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本を代表する電気メーカーです。家電やゲーム機といったハード事業だけでなく、映画や音楽などのコンテンツ事業にも力を入れています。モバイルバッテリーは5000〜20000mAhまで、幅広いモデルをラインナップ。

デバイスと本体充電を順番に行う「チャージスルー機能」を搭載するなど、使い勝手のよさが特徴です。また、「発熱抑制システム」や「充電スマート制御ICチップ」などの安全技術を採用しているため、安心して使用できます。

メーカーのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) EC-M01BK

エレコム(elecom) EC-M01BK
接続機器を自動で検知して、最適な出力でフルスピード充電を行う「おまかせ充電」対応のモバイルバッテリー。10050mAhの大容量で、iPhone 8は約3.3回、Galaxy S9は約2回充電できます。

最大3.6Aの高出力が可能なUSBポートを2つ搭載しており、モバイル機器を2台同時に充電できるのも魅力です。さらに、電池残量を4段階で表示するLEDランプ付き。バッテリー残量がひと目でわかるため、適切なタイミングで充電できます。

本体サイズは、102×70×25mmの手のひらサイズで持ち運びにも便利。日常使いからビジネスシーンまで、幅広い場面で活躍するおすすめのモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーのおすすめ

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ mini

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ mini

3350mAhのバッテリーを内蔵した、ペンライトような形状のモバイルバッテリーです。小型で携帯性に優れた製品を探している方におすすめのモデル。ポケットやポーチに入れて気軽に出かけられます。

会社や学校からの帰宅途中など、スマホの充電が切そうなシーンでも活躍。アンカーの独自技術PowerIQを採用しているため、接続したデバイスに応じて最速で充電ができます。

スティック形状のコンパクトなモデルながら、LEDインジゲーターを搭載しているのも本モデルの特徴です。バッテリー残量をしっかり把握できるので、外出先で充電不足に気づき慌てる心配もありません。

アンカー(ANKER) PowerCore Fusion 5000

アンカー(ANKER) PowerCore Fusion 5000<

折りたたみ式のACプラグを搭載し、AC電源に対応した製品です。バッテリーの残量が残り少なくなっても、そのままコンセントに差し込んで充電可能。USB充電器を持ち歩く必要はありません。

旅行や出張などで、持っていく荷物を極力減らしたいときにもおすすめのモデルです。また、USB Type-A出力ポートを2つ搭載しているため、デバイスを2台持ちしている方にも適しています。

スマートな充電システムを採用しているのも本モデルの特徴。本体とデバイスを同時に充電するようなシーンでは、デバイスをフル充電した後でモバイルバッテリーの充電を開始します。スマホやタブレットが少しでも早く使えるようになるので便利です。

アンカー(ANKER) PowerCore 15000 Redux

アンカー(ANKER) PowerCore 15000 Redux

15000mAhのバッテリーを内蔵したモバイルバッテリーです。iPhone XSやGalaxy S9を約4回充電可能。また、11インチiPad Proも1回程度の充電ができるため、頻繁にタブレット端末を持ち歩く方にもおすすめのモデルです。

大容量モデルながら、本体サイズは約104×73×25mmとコンパクトな設計。カバンやリュックの中でかさばることがありません。

低電流モードに対応しているのもポイント。ワイヤレスイヤホンなど、小型の機器でも充電できるので重宝します。ウェアラブルデバイスを持って出かける機会が多い方は、ぜひチェックしてみてください。

アンカー(ANKER) PowerCore+ 26800 PD

アンカー(ANKER) PowerCore+ 26800 PD

アンカーのモバイルバッテリーのなかでは、容量が大きい製品です。コンセントのない環境でも、長時間安心して過ごせる大容量モデルが欲しい方におすすめ。26800mAhのバッテリーを内蔵しています。

Power Deliveryに対応した、USB Type-Cポートを搭載しているのが特徴です。最大45Wの出力が可能なため、スマホやタブレットはもちろん、ノートパソコンをフルスピードで充電可能。MacBookを愛用している方にも適しています。

また、USB-C急速充電器が付属しているのもポイント。大容量の内蔵バッテリーが4.5時間ほどでフル充電できるため、出かけるまでに長い時間待つ必要がありません。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 5000mAh EC-M03WF

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 5000mAh EC-M03WF

かわいいイラストが特徴的な小型モバイルバッテリーです。約145gと軽量なため、小さなポーチやポケットに入れて気軽に持ち歩けます。いざというときのために、携帯性に優れた製品を探している方におすすめのモデルです。

5000mAhのバッテリーを搭載しているうえ、「おまかせ充電」に対応しているのも特徴。接続したデバイスの種類を自動で判別し、最適な条件で充電する便利な機能です。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 5800mAh DE-AC01-N5824

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 5800mAh DE-AC01-N5824

AC充電器と一体になった2in1タイプの製品です。充電器を一緒に持ち運ぶ必要がないので便利。長期間の旅行や出張におすすめのモバイルバッテリーです。スイング式のACプラグを採用しているため、カバンの中でも邪魔になりません。

出力ポートを2つ搭載しているので、スマホを2台持ちしている方も重宝します。また、夫婦やカップルでスマホを一緒に充電したいときにも大活躍。5800mAhのバッテリーを内蔵しているため、約1800mAhのスマートフォン2台をほぼフル充電可能です。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 10050mAh DE-C14L-10050

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 10050mAh DE-C14L-10050

Qualcomm社の「QuickCharge 3.0」に対応したモバイルバッテリーです。接続された機器に合わせて最適な電圧・電流に自動調節することで、超高速充電が可能な技術。同じ充電規格に対応した、Androidスマホやタブレット端末を使用している方におすすめのモデルです。

もちろん、Lightningケーブルを準備すればiPhoneの充電も可能。10050mAhの大容量バッテリーを搭載しており、4段階表示のLEDランプを備えているので、本体を充電するタイミングもしっかりと把握できます。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー20000mAh DE-C19L-20000

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー20000mAh DE-C19L-20000

スマホやタブレットだけでなく、ノートパソコンでも使えるモバイルバッテリーを探している方におすすめのモデルです。「Power Delivery」規格に対応しているのが特徴。最大出力が45WのUSB Type-Cポートと12WのType-Aポートを搭載しているため、接続された機器を高速で充電できます。

低電力モードを備えているので、ワイヤレスイヤホンなど小型のデバイスも充電可能です。また、Type-Cポートが最大45Wの入力に対応しているのもポイント。45W以上のAC充電器を使えば、20000mAhの大容量バッテリーを搭載した本機を約3時間40分でフル充電できます。

デバイスだけでなく、本体充電が速い製品を探している方は、一度チェックしてみてください。

チーロ(cheero) Energy Plus mini Wireless 4400mAh CHE-105

チーロ(cheero) Energy Plus mini Wireless 4400mAh CHE-105

ワイヤレス充電規格「Qi」に対応したモバイルバッテリーです。ケーブルを持ち歩かずスマートに充電したい方にもおすすめのモデル。USB Type-CとType-A出力ポートを1基ずつ搭載しているため、ワイヤレス充電に対応していないデバイスも含め、合計3台の機器を同時に充電可能です。

また、Type-Cポートは入出力共用なので、本体充電用にも使えます。厚さ約15mmの薄型でスタイリッシュなデザインが特徴。スマホと重ねて持つことで、通話しながら充電もできる便利なモデルです。

チーロ(cheero) Bloom 10000mAh CHE-107

チーロ(cheero) Bloom 10000mAh CHE-107

容量が大きくて価格の安い製品を探している方におすすめのモデルです。10000mAhのバッテリーを内蔵したモバイルバッテリー。厚さが約15mmと薄型設計のため、カバンやリュックに入れて気軽に持ち運べます。

USB Type-A×2、Type-C×1の3ポートを搭載。複数のスマホを持ち歩いている方や、Type-Cポートが搭載されたデバイスを使っている方に適しています。ただし、3ポートの合計最大出力は3.4Aなので、あらかじめ留意しておきましょう。

チーロ(cheero) Power Plus 3 DANBOARD 13400mAh CHE-067

チーロ(cheero) Power Plus 3 DANBOARD 13400mAh CHE-067

13400mAhの大容量バッテリーを搭載したモバイルバッテリーです。かわいいデザインで人気の「ダンボー」シリーズモデル。出力ポートを2つ備えているため、2台のデバイスを同時に充電できます。

また、「AUTO-IC機能」を搭載しているのも本モデルの特徴。接続したデバイスを自動認識して、最適な条件で充電できます。合計で最大3.4Aの出力に対応。本体への給電も2Aの急速充電に対応しており、少ない待ち時間で出かけられるので便利です。

チーロ(cheero) Power Mountain mini 30000mAh CHE-111

チーロ(cheero) Power Mountain mini 30000mAh CHE-111

携帯性よりも、容量の大きさを優先したい方におすすめのモデルです。モバイルバッテリーではめずらしい、30000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのが特徴。60Wまで出力できる「Power Delivery」規格に対応しているため、MacBookなどノートパソコンの急速充電も可能です。

出力ポートはUSB Type-A×2とType-Cに加えて「Qi」規格対応のワイヤレス充電機能も搭載。合計4台まで、さまざまなデバイスの同時充電が行えます。また、デジタルインジケータを採用しているのもポイント。電池残量が正確に把握できるので、本体を充電し忘れるといったミスも予防できます。

ソニー(SONY) USBポータブル電源 5000mAh CP-V5BA

ソニー(SONY) USBポータブル電源  5000mAh CP-V5BA

厚さ10.3mm、重さが約133gの薄型で軽量なモバイルバッテリーです。携帯性に優れた製品を探している方におすすめ。スリムでスタイリッシュなデザインのため、カバンの中でもかさばりません。5000mAhのバッテリーを内蔵しています。

出力ポートはUSB Type-A×1のシンプルな構成です。「チャージスルー機能」を搭載しているのが特徴。本体とデバイスの充電を同時に行う場合、デバイスをフル充電してから本体充電を開始できる便利な機能です。スマホやタブレットが、少しでも早く使えるようになるので重宝します。

Soxono ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 26800mAh

Soxono ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 26800mAh

ソーラーパネルを搭載したモバイルバッテリーです。コンセントのない屋外でも、太陽光で本体の充電ができるので便利。キャンプなどアウトドアシーンにおすすめのモデルです。また、LEDライトを搭載しているので、夜間に探し物をする際などにも重宝します。

IPX6等級の防水性能を備えているため、多少の雨でも安心です。26800mAhの大容量バッテリーを搭載しており、災害発生時の防災アイテムとしても活躍するモデルです。

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。