スマートフォンやタブレット端末などを外出先でも充電できる「モバイルバッテリー」。出張や旅行などの遠出に1台は持って行きたいアイテムです。近年では急速充電やワイヤレス充電など、さまざまな機能が備わったアイテムが次々とラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのモバイルバッテリーをご紹介。モバイルバッテリーの選び方やおすすめのメーカーも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

モバイルバッテリーとは?

By: cheero.net

「モバイルバッテリー」とは、名前の通り携行できる電源のことです。モバイルバッテリーの用途としてはiPhoneやAndroidといったスマートフォンの充電が挙げられますが、そのほかにタブレットやNintendo Switchなど幅広いデバイスの充電にも対応しています。

そのため、モバイルバッテリーは出張や旅行など、外出先でデバイスのバッテリーが切れたときに役立つアイテムのひとつです。また、近年では小型のモデルや軽量のモノも増えてきており、通勤や通学など泊まりがけでない普段の外出に携行する方も多くなっています。

モバイルバッテリーの選び方

容量をチェック

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表記されており、この数値が大きいほど繰り返しスマートフォンやタブレットに給電ができます。外出先でデバイスを使用する機会が多い方は、容量の大きなアイテムを選ぶのがおすすめです。

一方、モバイルバッテリーの容量が大きくなるにつれて、本体のサイズや重量も大きくなる傾向がある点には注意が必要。何度も充電しないのに容量の大きなモバイルバッテリーを持ち歩くと荷物になってしまうこともあるので、充電する回数に合わせて選ぶのが重要です。

サイズと重量をチェック

By: cheero.net

モバイルバッテリーを選ぶ際には、サイズと重量をチェックしておくことが重要です。とくに毎日持ち歩くことを想定している場合には、コンパクトサイズかつ軽量のモバイルバッテリーを選びましょう。

ただし、モバイルバッテリーは基本的に本体の大きさが容量の大きさに比例する製品なので、サイズや軽量さにこだわり過ぎないようにすることも大切。単純に小さなモデルを選ぶのではなく、必要な容量があり、持ち運びにくくないサイズや重量のアイテムを選ぶのがおすすめです。

出力をチェック

By: amazon.co.jp

出力は「A(アンペア)」で表記され、この数字が大きいほど充電時間が短縮されます。そのため、短い時間で手軽に充電を行いたい場合は、モバイルバッテリーの出力しっかりとチェックしておきましょう。目安としては2A以上の出力ができるモデルがおすすめです。

とくに、最新のiPhoneやAndroidスマートフォン、タブレットやノートパソコンなど、バッテリー容量の大きなデバイスを充電する場合は出力が小さいと充電ができないこともあるので注意が必要。また、さらに素早く充電を行いたい場合は急速充電に対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

ポート数と種類をチェック

By: cheero.net

モバイルバッテリーに搭載されているポート数が多いほど一度に充電できるデバイスの数が多くなります。スマートフォンやタブレットなどを複数台所有している方は、ポート数の多いアイテムを選ぶのがおすすめです。

また、ポートの数とあわせてポートの種類にも注目しましょう。「USB Type-A」や「USB Type-C」などの規格があり、各規格によって接続できるデバイスが異なります。モバイルバッテリーを選ぶ際には、自身が使用しているデバイスに対応したポートが搭載されているモデルを選ぶのが重要です。

急速充電規格をチェック

USB PD(Power Delivery)

By: cheero.net

「USB PD」とは、USB Type-Cケーブルを用いることで最大100Wまでの電力供給を可能にする電力拡張規格のことです。これまでのUSBケーブルの給電能力は最大でも7.5Wだったため、USB PD対応のモバイルバッテリーを使用することで、従来よりも素早く充電が行えます。

また、急速充電が行えるだけでなく、タブレットやノートパソコンなどのバッテリー容量の大きなデバイスも充電できるのがポイント。対応機器の幅が広いので、さまざまな種類のデバイス機器を持っている方はUSB PD対応のモデルを選ぶのがおすすめです。

Quick Charge

By: amazon.co.jp

「Quick Charge」とは、アメリカのQUALCOMM社が開発した、スマートフォンやタブレットを急速に充電できる規格のことです。通常の5Vよりも大きい電圧を使用しているため、充電時間が短縮できます。

とくに、Quick Charge 3.0は3.6~20Vまで200mV刻みで変動し、接続デバイスを自動判別して適した値に調節するのがポイントです。XperiaやGalaxyといったAndroidスマートフォンに対応しています。

VoltageBoost

By: amazon.co.jp

「VoltageBoost」とは、充電速度の低下原因となりうるケーブルの抵抗値を自動で和らげ、スムーズな電力の供給を実現するアンカー独自の急速充電規格です。充電速度の低下を最小限に抑えることで、急速な充電が行える仕様になっています。

また、ケーブルの抵抗値を調節することで、スマートフォンのバッテリーやケーブルへの負荷を低減するのもポイント。所有しているケーブルやスマートフォンを長く使いたい方にはVoltageBoost対応のモバイルバッテリーがおすすめです。

PowerIQ

By: amazon.co.jp

「PowerIQ」とは、接続されたデバイス機器を自動で検知し、その機器に適した電流を供給することで急速充電を行うアンカー独自の急速充電規格です。PowerIQに対応したモバイルバッテリーを使用することで、使用中のデバイスやポートを意識することがなくなるのが魅力です。

PowerIQはiPhoneやAndroidスマートフォン、タブレットなど幅広い通信機器に対応しています。また、Nintendo Switchをはじめとする携帯ゲーム機にも対応しているのがポイントです。

ワイヤレス充電「Qi(チー)規格」に対応したモデルも

By: cheero.net

「Qi(チー)」とは、多くのワイヤレス充電に対応するスマートフォンやモバイルバッテリーに使用されている共通規格のことです。メーカーを問わないことが特徴で、Qiに対応しているモデルであればiPhoneでもAndroidスマートフォンでも使用できます。

Qi対応のモバイルバッテリーには、角度の調節が可能なスタンド型やスマートフォンを置くときの角度が変わらない平置きのパッド型など、さまざまな形状のモデルが存在。使用状況に応じてアイテムを選ぶのがおすすめです。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

「アンカー」とは、2011年に設立されたスマートフォン・タブレットの周辺機器製品の開発および販売を行うハードウェアブランドです。アメリカや日本、ヨーロッパ各国で高い支持を集めています。

アンカーのモバイルバッテリーは、大容量モデルから急速充電に対応しているモデルまで、幅広くラインナップされているのが特徴。また、VoltageBoostやPowerIQなど、独自の規格や技術を持っているのもポイントです。

チーロ(cheero)

By: amazon.co.jp

「チーロ」は、ティ・アール・エイ株式会社が展開しているブランドのひとつです。モバイルバッテリーに安全性を求めることを第一としており、安全規格のひとつであるPSEをクリアするだけでなく、独自の基準を設けるなどの取り組みを積極的に行っています。

チーロのモバイルバッテリーは、さまざまなカラー展開をしているシリーズや可愛らしいモノなど、見た目に優れたモデルが多いことが特徴です。デザイン性と機能性の両方が備わったモバイルバッテリーを探している方におすすめのブランドです。

ラブパワー(RAVPower)

By: amazon.co.jp

「ラブパワー」とは、2011年にアメリカで立ち上げられたスマートフォン・タブレットの周辺機器を展開するハードウェアブランド。アメリカを中心に多くのユーザーから支持を集めています。

ラブパワーのモバイルバッテリーは、小さくて持ち運びに便利なコンパクトモデルやデバイスを何度も充電できる大容量モデルなど、使用用途に応じたアイテムを多く扱っているのが特徴。また、「iSmart」という独自の充電規格を持っているのもポイントです。

モバイルバッテリーのおすすめ|大容量モデル

アンカー(ANKER) PowerCore 26800 A1277011

26800mAhの大容量で、iPhone XSを7回以上、Galaxy S9を約6.5回フル充電できるモバイルバッテリー。iPad Pro 9.7インチも2回以上フル充電できるなど、幅広いスマートフォンやタブレットに複数回充電できます。

3つのUSBポートが搭載されており、3台同時に充電が可能。最大で合計6Aまで出力できます。また、サージプロテクターやショート防止などの保護技術が備わっており、長期間安全に使い続けられるのも魅力です。

2つの入力ポートを搭載しており、最短6.5時間でモバイルバッテリー本体をフル充電できるのもポイント。寝る前にセットしておけば、翌朝から満充電の状態で使い始められます。スマートフォンやタブレットを複数台持っている方におすすめのアイテムです。

アンカー(ANKER) PowerCore 20100 A1271012

20100mAhの大容量を備え、iPhone XSを5回以上、Galaxy S9を約5回充電できるモバイルバッテリー。USBポートが2つ搭載されており、複数のデバイスを同時に充電できます。

製品サイズは約166×58×22mmとコンパクトで、大容量ながらも携行性に優れているのがポイント。カバンの中に入れて持ち運んでもかさばりません。また、ボディの表面が汚れや指紋の付きにくいマット仕上げで、高級感に溢れています。

PowerIQとVoltageBoostに対応しており、あらゆるUSB機器に素早く給電することが可能。すぐに充電したいシーンでも活躍します。また、多重保護システムにより、長期間愛用できるのも魅力です。

チーロ(cheero) Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W CHE-109

20000mAhの大容量モデルで、iPhone 11が約4.5回充電できるモバイルバッテリー。本体寸法は約153×68×25mm、重量は約425gとコンパクトで携行性にも優れます。本体側面に残量が1%刻みで表示されるインジケーターが搭載されているのが特徴です。

2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートが備わっており、最大3台のスマートフォンが同時に充電可能。急速充電規格であるPower Deliveryや、接続されたデバイスを自動認識するAUTO-IC機能に対応しており、機種に応じた急速充電ができます。

発熱時やショート時に自動で停止する機能など、さまざまな保護機能が搭載されているのもポイント。PSEマークが付与されていることもあり、安心して使用できます。利便性と安全性を兼ね備えたモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

チーロ(cheero) Power Plus 5 15000mAh with Power Delivery 45W CHE-106

ボディの素材にはアルミを採用。シンプルかつクールなデザインで、プライベートシーンはもちろん、ビジネスの場でも活躍します。本体サイズが約110×68×25mmとコンパクトで、持ち運びに便利なのも魅力です。

15000mAhの大容量モデルで、iPhone 11を約3回充電可能。USB-CポートとUSB-Aポートが1つずつ搭載されており、2台同時に充電が行えます。また、USB-AポートにはAUTO-IC機能が備わっており、機器ごとに適した電流を供給するのが特徴です。

ボディサイドには1%刻みで表示されるインジケーターが備わっており、本機の電池残量が正確に把握できます。また、過充電時や過放電時に自動で停止する機能が備わっているなど安全性も良好。旅行や出張への携行におすすめのアイテムです。

ラブパワー(RAVPower) モバイルバッテリー RP-PB159

Power Delivery 3.0に対応したUSB-CポートとiSmart 2.0に対応したUBS-Aポートで、幅広いデバイスに急速給電が行えるモバイルバッテリー。iPhoneをはじめとするスマートフォンはもちろん、MacBookやNintendo Switchなども充電できます。

20100mAhの大容量モデルで、本機を1回フル充電することでスマートフォンなどのデバイスに複数回給電できるのもポイント。一度に2台まで同時に充電することも可能です。また、接続されたデバイスを自動的に検知する機能も備わっています。

本体への満充電も速く、わずか3.5時間ほどでフルチャージできるのもポイント。すぐに使い始められます。本体サイズは約160×78.5×23mm、重量約400gと持ち運びにも便利で、災害時などにもおすすめのアイテムです。

モバイルバッテリーのおすすめ|急速充電対応

アンカー(ANKER) PowerCore Essential 20000 A1268011

アンカー独自の技術であるPowerIQとVoltageBoostが備わっており、幅広いUSB機器を急速に充電できるモバイルバッテリー。急な充電切れにも対応できます。また、低電流モードもあり、ウェアラブル機器なども充電可能です。

20000mAhの大容量で、iPhone 11を約5回、Galaxy S10を4回以上充電できるのもポイント。USBポートが2つ搭載されており、2台同時に充電できます。また、アンカー独自の保護システムが備わっており、安全性も良好です。

ボディにはメッシュ加工が施されており、汚れや傷が付きにくいのが特徴。電池残量が視認できる青色のLEDライトが搭載されています。お手頃価格で購入できるコストパフォーマンスに優れたモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

アンカー(ANKER) PowerCore Speed 10000 QC A1266011

PowerIQとVoltageBoostに加えて、Quick Charge 3.0の充電規格にも対応しているモバイルバッテリー。あらゆるスマートフォンやタブレットを急速に充電できます。緊急時や突然電池が切れたときに活躍するアイテムです。

製品重量は約198gと軽量。製品寸法は約100×63×22mmとポケットに入れられるほどコンパクトながらも、iPhone XSを約2回半以上充電できる容量があります。また、Xperia XZ2も2回以上充電可能です。

温度管理テクノロジーを搭載しており、使用時に過度な発熱が起こりにくいのもポイント。安全に使い続けられます。価格が安く、コストパフォーマンスに優れたモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

チーロ(cheero) Flat 10000mAh with Power Delivery 18W CHE-112

本体の厚さが約14mmのスリムボディで、カバンの中に入れてもかさばらないのが嬉しいモバイルバッテリー。ボディの表面には高級感のあるマット仕上げが施されており、ブラック・ミント・ピーチ・ホワイトと4種類のカラーが用意されています。

Power Delivery 18Wに対応しており、約45分間でiPhoneⅩを0%から約75%まで給電可能。緊急時や突然電池が切れたときにも活躍します。また、USB-CポートとUSB-Aポートが1つずつ搭載されており、2台同時に充電できるのもポイントです。

PSEマークが付与されており、安心かつ安全に使用できるのが魅力。ショート時や発熱時に充電を停止する機能など、複数の保護機能が備わっています。取り回しがよく、持ち運びに便利なモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) QC3.0対応モバイルバッテリー DE-C14L-10050

Quick Charge 3.0規格に対応したUSB-Cケーブルが付いており、スマートフォンを素早く充電できるのが魅力のモバイルバッテリー。接続機器を自動で見分ける「おまかせ充電」に対応しており、機種ごとに適した電力を供給します。

容量は10050mAhあり、バッテリー容量が約1800mAhのスマートフォンを約3.3回充電可能。また、Lightningケーブルを利用することで、iPhoneにも充電ができます。

「まとめて充電」に対応しており、モバイルバッテリーを充電しながらスマートフォンも同時に充電可能。本製品への充電時間もフル充電まで約3時間30分と短く、すぐに使い始められます。

約500回繰り返し使える充電式のリチウムイオン電池を搭載しており、長く愛用できるのもポイント。過電流防止機能や短絡保護機能が備わった回路設計で、安心かつ安全に使用できます。価格が安く設定されており、コストパフォーマンスに優れたモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) モバイルバッテリー BSMPB13410P2BK

「AUTO POWER SELECT機能」が搭載されており、iPhoneとAndroidを自動で判別して急速充電を行うモバイルバッテリー。USBポートが2つ備わっているため、2台同時に充電が可能です。1ポートあたりの最大出力2.4Aで、2ポート最大4.8Aの出力を誇ります。

オートパワーオフ機能が備わっており、充電していないときは自動で製品の電源が切れるのが特徴。切り忘れによる無駄な電力消費を防ぎます。また、ボディにはLEDランプを搭載しており、電池残量をひと目で確認できるのも魅力です。

PSEに適合したモデルで安心して使用できるのもポイント。ショートや過電圧などの異常がある際に動作を停止する保護機能も備わっています。複数のスマートフォンを持っている方におすすめのアイテムです。

モバイルバッテリーのおすすめ|ワイヤレス充電Qi対応モデル

チーロ(cheero) Energy Plus mini Wireless 4400mAh CHE-105

本体サイズは約105×64×15mmと手のひらほどの大きさで、スマートフォンと重ねて持ちもできるモバイルバッテリー。メールチェックや通話をしながら充電ができる優れモノです。本体重量はわずか115gと軽く、カバンの中に入れてもかさばりません。

USB-AポートとUSB-Cポートが1つずつ搭載されており、ワイヤレス充電と併用することで最大3台まで同時に充電可能です。また、接続したデバイスを自動検知するAUTO-IC機能が備わっており、機種ごとに適した電流を供給します。

チーロ独自の厳しい検査基準をクリアしており、安全に使用できるのもポイント。さらに、ショート保護機能や過充電防止機能など複数の保護機能が備わっています。幅広い方法で使えるモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

Omnicharge Omni 20+ 100W DC

20400mAhの大容量で、スマートフォンやタブレットを複数回充電できるモバイルバッテリー。AC電源の差し口やDC出力ポートが搭載されているため、ノートパソコンにも給電が可能です。

ワイヤレス充電に対応しており、ケーブルがなくてもスマートフォンの充電が行えるのもポイント。ボディサイドにはUSB-AポートやUSB-Cポートが配置されており、複数台同時に充電できるのも魅力です。

パススルーに対応しており、本体を充電しながら同時に接続機器へ給電できます。また、本体側面にはOLED Screenが備わっており、一目でバッテリーの残量が視認可能。さまざまな機器を持ち運ぶ方におすすめのアイテムです。

Omnicharge Mobile 12800 Pro

本体寸法が110×83.6×25.4mmとポケットサイズながらも、容量が12800mAhあるモバイルバッテリー。USB-Cポートは最大60Wの出力に対応しており、MacbookやChromebookなどのパソコンに給電できるのが魅力です。

USB-Aポートは最大18W出力の急速充電に対応。スマートフォンなどのモバイル機器を素早く充電できます。また、自動電源オフの設定を行うことで、Bluetoothイヤホンなどの小型デバイスにも給電可能です。

ワイヤレス充電に対応しており、最大10Wで給電できるのも魅力。ケーブルを持ち運ぶ必要がありません。携行性と機能性の両方を併せ持つモバイルバッテリーを探している方におすすめのアイテムです。

BLUEDOT BMB-Qi10

ワイヤレス充電に対応しており、Qi対応のスマートフォンを置くだけで充電できるモバイルバッテリー。ケーブルを持ち運ぶ必要がありません。本体の表面にはラバー塗装が施されており、ワイヤレス充電時にスマートフォンが滑りにくくなっています。

USB-AポートとUSB-Cポートを1つずつ搭載しており、有線による充電も可能。ワイヤレス充電と組み合わせることで複数の機器が同時に充電できます。また、USB-AはQuick Charge3に対応しており、素早く給電できるのも魅力です。

容量は10000mAhあり、LEDの点灯数で残量が視認できるのもポイント。過充電保護や過放電保護など6つの保護機能が備わっており、安全性も良好です。価格が安く設定されているので、コスパのよいアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

ブリックスパワー(BricksPower) 6000mAh ワイヤレスモバイルバッテリー

ナノサクションによる吸着技術で、スマートフォンにくっつけられるワイヤレスモバイルバッテリー。据え置き型としてはもちろん、外出先での使用にも適しています。通話したりメールチェックしたりしながら充電できるのがポイントです。

容量は6000mAhあり、iPhone11 Pro Maxなど大型のスマートフォンにもチャージできます。また、ボディ側面にはUSB-Cポートが1つ搭載されており、ワイヤレスと併用することで2台同時に充電可能。スマートフォンやタブレットを複数台持っている方にもおすすめです。

過熱防止機能や異物検出機能などの安全技術が備わっているのも特徴。本体の素材には耐久性に優れるポリカーボネートが採用されており、落下などの衝撃にも強い作りになっています。使い勝手のよいモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。