スマホの使い勝手が向上していく一方、ユーザーにとって悩ましいのがバッテリーの消費。特に外出先ではスマホへの依存度が高まるので、バッテリー切れは致命的です。そんな問題をカバーしてくれるのが「モバイルバッテリー」。最近はコンパクトながら容量の大きいモデルが数多くリリースされています。

そこで今回は、モバイルバッテリーのおすすめモデルをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、そろそろ買い替えを検討している方もぜひ参考にしてください。

モバイルバッテリーの選び方

用途に応じてバッテリー容量を選ぶ

モバイルバッテリーの容量は「~mAh」という形で表記され、この数値が大きいほど充電できる量や回数も多くなります。なお、充電の際は電圧のロスなども考慮する必要があるため、5000mAh程度で1回充電できると考えておけば余裕のある使い方ができます。

いざというときの保険ならば10000mAh未満がおすすめ

By: sony.jp

10000mAh以下のモバイルバッテリーは、スマホを1~2回充電できる小型タイプです。もしものときのためにカバンに忍ばせておくことで、緊急事態に対応できます。また、価格も安いモノなら1000円前後から購入できるので、お手頃なのもポイントです。

普段使いするなら10000~20000mAh未満がおすすめ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーを頻繁に利用したいなら、10000~20000mAh未満のモデルがおすすめ。サイズ・容量・コスパなどトータルバランスに優れているため、日常使用からビジネスシーンまで多くの用途に対応できます。一般的なスマホであれば3~5回程度のフル充電が可能です。

複数台持ちのヘビーユーザーには20000mAh以上がおすすめ

By: cheero.net

20000mAh以上のモバイルバッテリーは、スマホだけでなくタブレットやノートパソコン、電子タバコなど複数のガジェットを利用している方におすすめ。1台持っているだけで何度も充電できるため、長期間の旅行でも安心です。ただし、容量が大きい分サイズも大きくなる傾向にあるので、その点は注意してください。

出力電流2A以上が目安

5133vyxlql

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーは、「出力電流」が大きいほど接続機器へ充電するスピードが速くなります。急速充電を行いたい場合は、この数値も目安にするとよいでしょう。

特にタブレット端末は内蔵バッテリーがスマホより大きい分、より電流を必要とします。タブレットの充電に使う場合は、2A以上のモバイルバッテリーを選ぶとよいでしょう。

常に持ち運ぶなら200g以下が便利

51udyjybhl

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーで大切なのは本体の重量。一般的にモバイルバッテリーは、電池容量が増えれば増えるほど、サイズが大型化します。機能性を重視したモデルのなかには、重量が1kgを超えてしまい、持ち運びにストレスを感じてしまう場合もあるので、注意しましょう。

常に持ち運んで使えるモデルを探しているなら、200g程度までのモバイルバッテリーがおすすめ。この重量であればサイズも小さく、カバンのポケットなどに忍ばせておいても負担になりません。

さらに便利に活用したいなら、電源プラグを内蔵しているタイプもおすすめ。直接AC電源から電気を供給できるので、モバイルパッテリーと充電器を併用することができます。ぜひチェックしておきましょう。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: anker.com

「アンカー」は2009年にアメリカでGoogle出身のメンバーが創設したメーカー。日々進歩するデジタルライフをサポートする製品を開発しています。

アンカーのモバイルバッテリーは、5000mAh程度のコンパクトサイズから大容量モデルまでラインナップも豊富。独自の技術を採用しているほか、ユーザーへのフィードバックにも注力し、品質向上に努めているのも特徴です。

オーキー(Aukey)

By: amazon.co.jp

スマホレンズやイヤホンなど幅広い製品を手掛ける「オーキー」。モバイルバッテリーは10000mAh以上の大容量モデルが主力で、サイズも非常にコンパクトです。同容量の他のモデルに比べて価格がリーズナブルなのもポイント。コスパ優先でモバイルバッテリーを選びたい方はチェックしておくべきメーカーです。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

ルーターをはじめ、パソコン周辺機器を取り扱う「バッファロー」。モバイルバッテリーのラインナップは200mAh程度のコンパクトモデルから10000mAh程度の大容量モデルまで幅広いラインナップを用意しています。

また、端末を自動で判別する「AUTO POWER SELECT」や充電が完了したら自動でモバイルバッテリーの電源をオフにする「オートパワーオフ」など機能面が充実しているのもポイントです。

モバイルバッテリーのおすすめ|10000mAh未満

アンカー(ANKER) PowerCore Fusion 5000

容量5000mAhのモバイルバッテリーです。USBポートが2つ搭載されているため、USB急速充電器としても使えます。1回の充電につき、iPhone 8なら約1.9回、Xperia XZsなら約1.2回の充電が可能。

本体重量は約189g、サイズは約72×70×31mmとクレジットカードと同程度のサイズなので、普段の持ち歩きに便利です。また、アンカー独自の技術「PowerIQ」が採用されているのもポイント。「PowerIQ」はUSBポートに接続した機器を自動で検知し、各機器に適した最大のスピードで充電できる技術です。

さらに、ケーブル抵抗値を調整し、スムーズに電力を供給する「VoltageBoost」も採用。充電速度が低下する原因となるケーブル抵抗を和らげることができます。タブレットはもちろん、GPS搭載機器やゲーム機器などのスピード充電ができるおすすめのモバイルバッテリーです。

RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー RP-PB060

リーズナブルな価格とコンパクトで軽量なところが魅力のモバイルバッテリー。サイズは9×4×2.5cm、重量は約124gしかないので、コンパクトで持ち運びしやすいモデルを探している方におすすめです。

容量は6700mAh。本体は約3.5時間で充電が完了します。また、接続されたデバイスを自動的に検知して、適切な電流で充電する「iSmart2.0出力自動判別機能」を搭載。スマホやタブレットなど、あらゆる機器を安心して充電できるおすすめのモバイルバッテリーです。

マクセル(maxell) 大容量モバイル充電バッテリー 6700mAh MPC-C6700

おしゃれなデザインが魅力のモバイルバッテリーです。カラーは8色から選べます。また、持ちやすいアーチ型のデザインもポイント。重量は約130gと軽量なので、持ち歩きも便利です。

容量は6700mAhでスマホの充電は2~3回可能。電池残量は本体に搭載されているLEDで確認することができます。オシャレなデザインのモバイルバッテリーを探している方におすすめの製品です。

ソニー(SONY) モバイルバッテリー CP-E61C

電源のON・OFFスイッチが搭載されているモバイルバッテリーです。容量は6100mAhでスマホを約2.5回分充電することが可能。繰り返し充電は約1,000回できます。USB-Cアダプターケーブルが付属しているため、USB-C搭載モデルにも充電可能です。

また、電池残量が見やすいのもポイント。電池残量目安は4灯のLEDで表示され、100・60・40・20・0%の5段階で確認できます。本体は傷つきにくい表面加工が施されており、デザイン面にも配慮されたおすすめのモバイルバッテリーです。

パナソニック(Panasonic) モバイルバッテリー AC急速充電器 7,500mAh QE-AL301

電池容量7500mAhでスマホを約3回充電できるモバイルバッテリー。繰り返し充電で使える回数は約2700回です。USB出力ポートが2つ搭載されており、スマホ2台を同時充電できるのもポイント。

電池残量はランプの色で3段階表示されるため、ひとめで確認できます。本体カラーはホワイトのほか、ブラックの2色展開です。

モバイルバッテリーのおすすめ|10000~20000mAh未満

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 A1263011

クレジットカードとほぼ同じくらいの大きさのモバイルバッテリー。重さは約180gという軽量さも魅力です。iPhone 8は4回、タブレットに1回以上充電できます。

また「サージ保護機能」と「ショート防止機能」が搭載されており、安全に使用できるところもポイント。さらに、高品質のICチップとハードウェアのみが使用された品質の高さも魅力です。カラーはブラックのほか、ホワイトとレッドの3色展開。品質の高さ、安全性、デザインにもこだわりのあるおすすめのモバイルバッテリーです。

ADATA 10000mAh モバイルバッテリー APT100-10000M-5V-CWH

ホワイトのほか、ブルーやグリーンなど、全6色展開でカラーバリエーションが豊富なモバイルバッテリー。iPad Miniを約1回分のフル充電が可能です。本体に端末を接続するだけで自動的に充電が開始される「自動オン-オフ機能」を搭載。充電が終わると自動的にオフになります。

また、LEDライトとしても活用できるのもポイント。照明モードは全部で4つ、ボタンを2秒間長押しすることで内蔵ライトが点灯します。電池残量はLEDランプで表示されるため、ひとめで確認可能。さらに、充電する端末との接続がなくなった際に自動的に電源オフになる「スマート省電力機能」も搭載されており、省エネが気になる方にもおすすめのモバイルバッテリーです。

マクセル(maxell) 大容量モバイル充電バッテリー 10050mAh MPC-CW10000

10050mAhの大容量でスマホを3、4回程度急速充電できるモバイルバッテリー。最大出力は2.1Aです。本体サイズは突起部を除き、幅63.5×高さ96×厚み22mmとコンパクト。

USBポートは2つ搭載されており、スマホ2台を同時充電できます。繰り返し充電は約500回可能。カラーはホワイトとブラックの2色展開です。

BLUEDOT モバイルバッテリー 10000mAh BMB-101

4〜5インチクラスのスマホを2〜5回、タブレットを1〜3回のフル充電できる大容量のモバイルバッテリーです。最大出力は2.1A、入力は2A。電池残量は残量表示ボタンを押すことで確認可能。USB出力端子は2つ搭載されており、スマホやタブレットを2台同時充電できます。

入力端子はmicroUSB端子とApple社のLightning端子を採用。本体の厚さは16mmと薄型のため、バッグの中の隙間にもすっぽり入るのも魅力です。また、落ち着きのあるマット調のホワイトカラーや、派手過ぎないピンクカラーなど、飽きのこないデザインもポイント。サイズ感はもちろん、デザイン面でも持ち歩きやすいおすすめのモバイルバッテリーです。

チーロ(cheero) Power Plus 10050mAh DANBOARD CHE-066

ダンボーとコラボした可愛らしいデザインが魅力的なモバイルバッテリー。カラーはピンクのほか、イエローやパープルなども展開されており、明るいカラーの製品を探している方におすすめです。

デザインだけでなく、10050mAhの大容量でiPhone 6であれば3.5回フル充電できるところも魅力。また、接続したデバイスを自動認識する「AUTO-IC機能」も搭載されており、各デバイスに最適な電流が流れます。

出力ポートは2つ搭載され、合計で最大3.4Aで高速充電が可能。デザインと機能面の両方が優れたおすすめのモバイルバッテリーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルバッテリー BTL-RDC10BKN2

電池残量が1%刻みでデジタル表示されるモバイルバッテリーです。容量は13000mAhでスマホを約4.5回分充電できます。また、Type-Cアダプタが搭載されいるため、Type-Cポート機器へも充電可能。

最大5V/2.1A出力ポート付きで、タブレットの充電にも対応します。本体サイズは約幅72×奥行き21×高さ120mm、本体重量は約300g。そのほか、電気用品安全法の技術基準に適合するなど、安全面にも配慮されたおすすめのモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーのおすすめ|20000mAh以上

アンカー(ANKER) PowerCore 20100

スマホやタブレット端末のほか、Nintendo Switchの充電もできるモバイルバッテリー。電源オフ時のNintendo Switchは約2.5回フル充電できます。Power Deliveryに対応しており、最大で24W出力が可能。

また、Anker独自の技術である「PowerIQテクノロジー」により、接続機器を自動的に検知し、各機器を最速で充電できるところもポイント。安全面ではショート防止、温度管理機能など、Anker独自の多重保護システムが採用されています。

ADATA モバイルバッテリー 20000mAh AP20000D-DGT-5V

デジタルディスプレイが搭載されており、電力残量が分かりやすいモバイルバッテリーです。タブレットなら1.8回、スマホなら約6.4回のフル充電が可能。USBポートは2つ搭載されており、合計で2.1Aの出力ができます。

強力なLED懐中電灯機能が搭載されているのも特徴。夜道を明るく照らしてくれるため、キャンプの夜や災害時などにあると便利です。その他、大容量バッテリーを保持する耐久性の高いケースが採用されるなど、品質の高さに優れたおすすめのモバイルバッテリーです。

チーロ(cheero) Power Elite 20100mAh CHE-088

USB C入出力口を備えたモバイルバッテリーです。高速で充電を可能にする「Quick Charge 3.0」に対応。20100mAhの大容量も特徴です。シンプルなデザインの本体には上質なアルミ素材を採用。ビジネスやプライベート問わず、幅広いシーンで活躍するおすすめのモバイルバッテリーです。

J-Force モバイルバッテリー 26800mAh JF-268PD60W

26800mAhの大容量モバイルバッテリーです。スマホやタブレットだけでなく、USB Type-C対応のパソコンも充電可能。USB Type-Cポートは「USB Power Delivery」に対応しており、最大で60Wの出力ができます。

本体には充電残量表示LEDが搭載されており、電池残量を4段階で分かりやすく表示。その他、過充電や過電流防止機能、ショート保護機能など、さまざまな安全設計が施されているおすすめのモバイルバッテリーです。

番外編:モバイルバッテリーを飛行機に持ち運ぶ際の注意点

航空会社によっても異なりますが、ANAの場合は100Wh以下のモバイルバッテリーの場合は機内への持ち込みが可能。反対に、160Whを超えるモバイルバッテリーは機内への持ち込みは不可とされているので、注意しましょう。

Wh(ワットアワー)の計算方法は、「定格定量(Ah)×定格電圧(V)」です。ただし、モバイルバッテリーの場合は「~mAh」で表記されることが多いため、「定格定量(mAh)÷1,000×定格電圧(V)」となります。

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。