スマホを持ち歩くのが当然のようになった今、重要度を増しているのが「モバイルバッテリー」。コンセントのない場所でも手軽に充電ができるため、外出する機会の多い方にとっては必須ともいえるアイテムです。

そこで今回は、モバイルバッテリーの選び方について詳しく解説します。おすすめモデルやメーカーについてもご紹介するので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

モバイルバッテリーとは?

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーは繰り返し使える2次電池を内蔵していおり、コンセントのない環境でもスマホやタブレットといったデバイスを充電できる機器です。搭載しているバッテリーの容量やポート数などの違いにより、多くのモデルが販売されています。

急速充電やワイヤレス充電に対応したモデルなどもあるので、所有している機器の性能に合った製品を選ぶようにしましょう。

モバイルバッテリーの選び方

容量をチェック

By: amazon.co.jp

10000mAh未満

充電回数よりも携帯性を重視する方におすすめの容量帯です。容量が小さい分、コンパクトで軽い製品の多いのが特徴。iPhone 11など内蔵しているバッテリーが3000mAh前後の一般的なスマホの場合、5000mAhで1回、10000mAhで2回ほどフル充電がおこなえます。

なかには3000mAh程度の小型バッテリーを搭載したモデルもラインナップ。フル充電は難しいものの、帰宅途中にスマホをあと少しだけ使いたいようなシーンで活躍します。非常に小型で軽量のため、万が一の備えとして常にカバンやリュックへ潜ませておくのがおすすめです。

10000〜20000mAh

携帯性と充電できる回数のバランスに優れたモバイルバッテリーです。iPhone 11の場合、15000mAhで3〜4回ほど、20000mAhで4〜5回ほどのフル充電が可能。プライペートとビジネス用などスマホを2台所有している方をはじめ、タブレットやノートパソコンを充電したいと考えている方にもおすすめです。

複数のポートを備えている製品も多いため、家族や仲間のスマホをまとめて充電する用途にも適しています。家族旅行にも1台持っていくと便利なので、ぜひチェックしてみてください。

20000mAh以上

スマホ・タブレット・ノートパソコンなど、複数のデバイスを充電するのに適した容量帯です。30000mAhの非常に大きなバッテリーを内蔵した製品もあります。iPhone 11の場合なら、約6〜7回ほどのフル充電が可能です。

ただし、本体サイズは大きく重量も重くなるため、普段持ち運んで使用するのには向きません。コンセントのない環境で何日か過ごすような、キャンプなどのアウトドアシーンで活躍します。また、停電時にも重宝するので、災害発生時の備えとしてもおすすめです。

大容量モデルのなかには、コンセントを搭載しておりAC100V出力が可能な製品もラインナップ。小型の冷蔵庫やACアダプターを必要とする製品が使えるなど、幅広い機器に対応できて便利です。

出力をチェック

By: amazon.co.jp

出力とは接続したデバイスに供給できる電流値のこと。電流は「A(アンペア)」という単位で表され、値が大きいモデルほどスマホを高速で充電することが可能です。

ただし、複数のポートを搭載している製品の場合、接続するデバイスの数が増えると供給できる電流が分散されるため充電速度は低下します。また、タブレットやノートパソコンでは、充電に必要な電流はスマホより大きくなるので留意しておきましょう。

サイズ・重量をチェック

By: cheero.net

基本的に持ち運んで使用する機器なので、サイズと重量の確認も重要なポイントです。普段使っているほかのアイテムと一緒に収納しても、カバンやリュックの中で邪魔にならない大きさかどうか、しっかりとチェックしておきましょう。

なお、大容量モデルは安定感があるものの携帯性は下がります。持ち出す頻度や、デバイスの利用の仕方などもよく考慮して選んでみてください。

ポート数をチェック

By: cheero.net

モバイルバッテリーには単出力のシンプルな製品から、複数のポートを搭載するモノまでさまざまなモデルが販売されています。ポート数が多いほど同時に充電できるデバイスの数も増えるので便利。スマホを2台持ちしている方や、タブレットとノートパソコンを一緒に持ち歩いている方にはおすすめです。

なお、ポート数に比例して本体サイズも大きくなる傾向にあるため注意が必要。携帯性とのバランスを考慮するのも選び方のポイントのひとつです。

急速充電に対応しているか

By: amazon.co.jp/

急速充電に対応しているかどうかも要チェック。「Power Delivery」を有したモノであれば、最大100Wまでの電力供給が可能です。スマホはもちろん、ダブレットやノートパソコンの充電にも対応しています。また、「Quick Charge」を有したモノであれば、大きい電圧を利用することでより速いスピードでの充電が可能です。

そのほか、アンカーの「PowerIQ」などメーカー独自の高速充電技術を採用したモノもラインナップ。所有しているデバイスが対応している規格を確認したうえで購入するようにしましょう。

ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」

By: cheero.net

Qiは「WPC(Wireless Power Consortium)」が策定した、ワイヤレス充電のための国際標準規格です。ファラデーの電磁誘導の法則を利用し非接触で給電できるのが特徴。同規格に対応しているデバイスであれば、モバイルバッテリーに載せるだけで充電できます。

iPhoneにおいては、「8」以降のモデルから対応。最新のAndroidスマホをはじめ、スマートウォッチやワイヤレスイヤホンなど対応製品は増加しています。手持ちのデバイスをスマートに充電したい方にも要チェックの規格です。

必ず「PSEマーク」が付いているモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

「PSE」とは一定の安全基準を満たしたうえで表示が義務付けられている、電気用品安全法に基づくマークのことです。コンセントに直接接続するなど、安全上特に規制が必要な機器を「特定電気用品」と菱形マークで、それ以外のモノは丸形で表示するよう定められています。

PSEマークのない電気製品は製造・輸入・販売・が認められていません。モバイルバッテリーについても2019年2月1日より規制の対象に追加されています。国内・海外メーカー製を問わず安心して使用するためにも、購入する際にはPSEマークが付いているモデルを選ぶようにしましょう。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

Googleの元社員が設立した、スマホ・タブレット関連製品をメインで取り扱うメーカー。高性能なUSB充電器が人気で、モバイルバッテリーでは約3000〜27000mAhと幅広い容量帯のモデルを展開しています。

独自に開発したテクノロジー「PowerIQ」や「VoltageBoost」を有しているのも特徴のひとつ。Power DeliveryやQuick Chargeといった急速充電規格と組み合わせることで、幅広いデバイスへの対応を可能にしています。

チーロ(cheero)

By: amazon.co.jp

大阪に本社を構えるメーカー「TRA」が運営する国内ブランドです。主にモバイルバッテリー・USB充電器・イヤホンといった製品を販売しています。かわいらしいキャラクターの「DANBOARDシリーズ」など、ユニークなモデルを展開しているのもポイントです。

30000〜50000mAhといった超大型バッテリーを内蔵する製品などもラインナップ。おしゃれな製品を探している方をはじめ、高機能な大容量モデルが欲しい方にもおすすめのブランドです。

オーキー(Aukey)

By: amazon.co.jp

広東省のシンセン市に拠点を持つ中国メーカーです。スマホの周辺機器など、デジタル製品の開発から販売までを手掛けているブランド。モバイルバッテリー製品は高性能ながら手頃な価格設定が魅力です。

5000mAhの小容量モデルから30000mAhの大容量モデルまで、幅広い容量帯の製品を取り揃えています。Power DeliveryやQuick Chargeといった急速充電対応モデルもラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。

ラブパワー(RAVPower)

By: amazon.co.jp

アメリカで立ち上げられたモバイルバッテリーやUSB充電器などを販売するメーカー。最新のテクノロジーを投入しながらも、コスパのよい製品展開で人気です。

コンセントに直接挿して、本体とデバイスの両方を充電できるモデルをはじめ、LightningやUSB Type-Cケーブルを内蔵した機種など、ユーザーの使い勝手に配慮された製品を多数取り扱っています。

モバイルバッテリーのおすすめモデル

アンカー(ANKER) 3350mAh PowerCore+ mini

スティック型のモバイルバッテリーです。容量が3350mAhの小型バッテリーを内蔵。重量は約80gと非常に軽量なため、簡単に持ち運べます。携帯性を重視する方におすすめのモデルです。

USB出力ポートが1つだけのシンプルな設計。また、同社のPowerIQテクノロジーを搭載しているので、接続した機器を自動検知し最適な条件での充電をおこないます。コンパクトで使い勝手に優れたモノを探している方はチェックしてみてください。

アンカー(ANKER) 4850mAh PowerCore III Fusion 5000

5000mAhのバッテリーを内蔵した製品です。USB Type-AとType-Cの2ポートを搭載しています。モバイルバッテリーとUSB急速充電器、2つの機能を兼ね備えているのが特徴。独自技術PowerIQ 3.0を採用しているほか、Quick Chargeにも対応しています。

Power Delivery規格との互換性もあり、最大18Wでの高速充電が可能。また、コンセントに直挿しして本体充電ができるため、充電器を持ち運ぶ必要がないのもポイントです。

アンカー(ANKER) 5000mAh PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cable

長さ約10cmのUSB Type-Cケーブルを搭載した、容量5000mAhのモバイルバッテリーです。アンカーの独自技術「PowerIQテクノロジー」を搭載しているのが特徴。接続された機器に最適な条件で高速充電がおこなえます。

スリムでスタイリッシュなデザインを採用しているのもポイント。また、重量は約110gと軽量なため、カバンの中でもかさばりにくく容易に持ち運べます。

アンカー(ANKER) 15000mAh PowerCore 15000 Redux

最大2.4Aの出力が可能なUSB Type-Aポートを2つ備えたモデルです。接続したデバイスを検知し最適条件で給電するPowerIQに加え、VoltageBoostテクノロジーを採用しているのが特徴。ケーブルが持つ抵抗を緩和しスムーズな電力供給ができるため、機器に応じて最短時間での充電がおこなえます。

15000mAhの大容量バッテリーを搭載。iPhone XSやGalaxy S9といったスマホを4回程度フル充電できます。また、2台のデバイスを同時に充電できるのも魅力です。

低電流モードを搭載しているのもポイント。ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチなど、小型機器を充電したい方にもおすすめのモバイルバッテリーです。

アンカー(ANKER) 25600mAh PowerCore III Elite 25600 60W

容量25600mAhの大容量モバイルバッテリーです。Power Deliveryに対応しており、最大60Wでの給電が可能。iPad Proなど大型のタブレットはもちろん、USB Type-C充電端子を備えたノートパソコンでも使用できます。

PowerIQやQualcommのQuick Chargeにも対応しているため、幅広い機器に対して高速で充電することが可能です。iPhone 11なら5回以上のフル充電ができるので、外出する機会の多い方にも適しています。

チーロ(cheero) DANBOARD Block 3000mAh CHE-056

チーロが販売するモバイルバッテリーの人気シリーズ「 DANBOARD」の小型・軽量モデルです。かわいいデザインの本体に3000mAhのバッテリーを内蔵。外出先でスマホの電池が切そうなシーンなど、少しだけ充電したいときに重宝します。

コンパクトなうえ約70gと非常に軽量なため、ポケットやポーチに入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。USB Type-Aポートを1つ搭載。出力1Aの通常充電に対応したシンプルなモデルです。

3個のLEDで電池残量が分かるので、本体充電のタイミングも容易に把握できます。デスク上のインテリアとしても映えるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

チーロ(cheero) Energy Plus mini 4400mAh Wireless CHE-105

ワイヤレス充電に対応した、容量4400mAhのモバイルバッテリーです。iPhone 8以降のモデルやGalaxy S10など、Qi規格対応のスマホにおすすめのモデル。ケーブルを持ち歩いたり繋いだりする手間もなく、重ねるだけで充電することが可能です。

USB Type-AとType-C出力ポートを各1つ搭載しているため、最大3台のデバイスを同時に充電できます。Type-Aポートには「AUTO-IC機能」を搭載。接続した機器を自動で認識しデバイスに合った最適な電流で給電します。

スリムなデザインも本モデルの特徴のひとつ。厚さが約15mmと薄いので、スマホと重ね持ちしながら充電するといった便利な使い方もできます。重さも約115gと軽量で、携帯性にも優れたおすすめのモデルです。

チーロ(cheero) Bloom 10000mAh CHE-107

コスパのよいモバイルバッテリーを探している方におすすめのモデルです。10000mAhのバッテリーを内蔵していながら、購入しやすい価格の安さが魅力。iPhone 8を約3.5回フル充電できるなど、十分な実用性を有しています。

2つのUSB Type-AとType-Cポートを1つ搭載しており、最大3台のデバイスを同時に充電することが可能です。Type-Cポートは本体充電用にも利用できるので便利。また、専用の充電ケーブルも付属しています。

厚さ約15mmの薄型デザインを採用しているのもポイント。カバンやリュックの中でもかさばりにくく、気軽に持ち運ぶことが可能です。

チーロ(cheero) Power Plus 5 15000mAh with Power Delivery CHE-106

急速充電規格Power Deliveryに対応したモデルです。15000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最大45Wまでの給電が可能。スマホだけでなく、タブレットやノートパソコンなど、さまざまなデバイスで利用したい方におすすめのモバイルバッテリーです。

USB Type-CとType-Aポートを備えているので、2台の機器を同時に充電できます。また、デジタル式のインジケーターを備えているのも本モデルの特徴のひとつ。電池残量が1%単位で正確に表示されるため、本体充電のタイミングが容易に把握できます。

過充電・過放電・短絡時など、異常発生時の自動停止機能も搭載。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

チーロ(cheero) Power Mountain mini 30000mAh CHE-111

30000mAhのバッテリーを内蔵した、大容量モバイルバッテリーです。USB Type-Cと2つのType-Aポートを搭載。Type-Cは最大60WのPower Deliveryに対応しており、ノートパソコンへの給電も可能です。iPad Proなど大型のタブレットもスピーディーにチャージできます。

ワイヤレス充電に対応しているのも本モデルの特徴のひとつ。Qiに対応したデバイスなら、付属のスタンドに立てかけるだけで給電できるので便利。充電しながら動画の視聴などもおこなえます。

アウトドア用途をはじめ災害発生時の防災アイテムとしてもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

オーキー(Aukey) 8000mAh Qi対応モバイルバッテリー PB-Y25

最大3台のデバイスを同時に急速充電できる製品です。Power Delivery対応のUSB Type-C×1ポートに加え、Quick Chargeと本ブランド独自技術の「Adaptive Charging」を採用するType-Aポートを各1基搭載しているのが特徴。異なる充電規格に対応する複数の機器を、最短で充電したい方におすすめのモバイルバッテリーです。

8000mAhのバッテリーを内蔵しているため、Galaxy S10を約1.5回、iPhone XSなら約2.4回フル充電できます。さらに、ワイヤレス充電機能を備えているのもポイント。Qi規格対応のスマホであれば、本機に載せるだけで5Wの普通充電がおこなえます。

オーキー(Aukey)10000mAh モバイルバッテリー PB-XN10

10000mAhのバッテリーを内蔵するモバイルバッテリーです。USB Type-A・Type-Cの2ポートを搭載。iPhone XRなら約2.7回、Galaxy Note9でも2回程度のフル充電がおこなえます。外回りが多いなど、コンセントのない環境で1日中スマホを使用する方におすすめです。

また、USB Type-Cポートは入力にも対応。ケーブル1本で本体・デバイスどちらの充電もできるので重宝します。

オーキー(Aukey) 10000mAh モバイルバッテリー PB-Y33

大型のLCDインジケーターを搭載した製品です。電池残量が数字で表示できるため正確に把握することが可能。モバイルバッテリーの残容量がいつも気になる、といった方にもおすすめのモデルです。

Power Deliveryに対応したUSB Type-Cポート1つと、Quick Charge対応のType-Aポートを2つ搭載。最大18Wの出力で、3台のデバイスを同時に充電することが可能です。スマホを複数台持ちしている方にも適しています。

容量10000mAhのバッテリーを内蔵。スマホはもちろん、タブレット・デジカメ・ゲーム機など、さまざまな機器で利用できます。

オーキー(Aukey) 20000mAh モバイルバッテリー PB-WL03

ワイヤレス充電機能を搭載したモバイルバッテリーです。Qi規格に対応するスマホを使っている方におすすめのモデル。格納式の本体スタンドとデバイスホルダーを備えているのが特徴です。ケーブルを繋ぐ手間もなく、充電をしながら動画や映画コンテンツの視聴ができるので重宝します。

5・7.5・10Wでの給電ができ、iPhoneやGalaxyをはじめ多様なデバイスでの利用が可能。側面にはデジタル式のインジケーターを備えており、バッテリー残量の確認も容易です。

Power Deliveryに対応したType-Cと、Quick Charge対応のType-Aポートを搭載。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

ラブパワー(RAVPower) 5000mAh モバイルバッテリー RP-PB098

iPhoneを使っている方におすすめのモバイルバッテリーです。ビルトインタイプのLightningケーブルを搭載しているのが特徴。5000mAhの容量を備えているため、iPhone 11や11 Proを約1回フル充電できます。ケーブルを持ち運ぶ手間がなく荷物も減らせるので便利です。

厚さ約11mmのスリムなボディを採用しており、iPhoneと重ね持ちができるのも本モデルの特徴。通話しながら充電するといった使い方もできます。また、ケーブル長が3cm程度と非常に短いので、充電中に邪魔になりにくいのも魅力です。

ラブパワー(RAVPower) 6700mAh モバイルバッテリー RP-PB125

iPhone Xを1.5回程度充電できる、容量6700mAhのモバイルバッテリー。長時間の動画視聴やビデを通話といった使い方をしないのであれば、1日中安心して外出することが可能です。

ACプラグが付いているので、コンセントに直接挿して本体の充電がおこなえます。充電器を持ち歩く必要がないうえ、折りたたみ式のプラグを採用しているためカバンの中で邪魔になりにくいのもポイントです。

「iSmart 2.0技術」を採用しており、接続されたデバイスに最適な電流で給電できるのもポイント。旅行や出張時の荷物を減らしたい方におすすめのモデルです。

ラブパワー(RAVPower) 20000mAh モバイルバッテリー RP-PB201

20000mAhのバッテリーを内蔵した大容量モデルです。USB Type-CとType-Aの2ポートを搭載。Type-Cポートは最大60WのPower Deliveryに対応しており、スマホはもちろん、ノートパソコンの充電をしたい方にも適しています。

Type-AポートにはQuick Chargeに加え、本ブランドの独自技術「iSmart」を採用しています。接続されたデバイスを認識し、最適な電流を流しながら急速充電ができるおすすめのモデルです。

ラブパワー(RAVPower) 30000mAh モバイルバッテリー RP-PB055

ACコンセントを搭載したモバイルバッテリーです。100W以下であれば家庭用電気製品を利用できるのが特徴。小型冷蔵庫や扇風機といった機器が使えるため、キャンプなどアウトドア用途にもおすすめのモデルです。

USB Type-Cポートを1つ、Type-Aポートを2つ搭載。Type-Cポートは最大60WのPower Deliveryに対応しているので、ノートパソコンへの急速充電も可能です。

30000mAhの非常に容量の大きなバッテリーを内蔵。スマホの充電程度であれば数日間は使えます。停電の際にも活躍するため、災害発生時の備えとしてもおすすめの製品です。

iWALK 3000mAh モバイルバッテリー

3000mAhの小型バッテリーを内蔵した、コンパクトなモバイルバッテリーです。USBポートは搭載しておらず、ワイヤレス充電のみに対応しているのが特徴。ナノ吸着技術によりスマホの背面に貼り付けて充電します。

重さも99gと非常に軽量なため、カバンやリュックに常時入れて持ち運びしやすいのもポイント。充電できる回数よりも、携帯性と手軽さを重視する方におすすめのモデルです。

DeliToo 30000mAh ソーラーモバイルバッテリー

アウトドア用途や防災アイテムにおすすめのモバイルバッテリー。ソーラーパネルを搭載しているため、コンセントのない屋外での使用や停電の際にも安心です。IPX6等級の防水性能を備えているので、突然の雨など多少の水濡れ程度であれば安心して使えます。

Lightning・microUSB・USB Type-Cと、3種類のケーブルを搭載しているのがポイント。充電ケーブルを持ち運ぶ必要がなく、ほとんどのデバイスに対応することが可能です。USB Type-Aポートも1つ備えており、最大4台の機器を同時に充電できます。

30000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも魅力。Galaxy S9を約5.8回、iPhone Xなら約7回のフル充電が可能です。強力なLEDライトや衝撃から本体を保護するプロテクターなど、便利な機能も充実しています。

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

モバイルバッテリーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:モバイルバッテリーの寿命はどれくらい?

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーに内蔵しているリチウムイオン電池は、充電を繰り返すことで劣化します。一般的に繰り返し充電できるのは300〜500回程度といわれているため、本体充電を2日に1回程度する方の場合2年程度が寿命の目安です。

充電してもすぐに電池残量が少なくなったり、デバイスへの充電時間が長くなったりと感じたら買い替えのタイミングと覚えておきましょう。