優れた品質ながら安価な製品で人気があるアンカー(ANKER)の「モバイルバッテリー」。高品質なため、多くのユーザーから愛用されています。

しかし、アンカーのモバイルバッテリーはラインナップが非常に豊富なので、初めて購入する方はどれを選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回の記事では、ANKER製モバイルバッテリーの特徴や選び方を踏まえた上で、おすすめのモデルをご紹介します。

アンカー(ANKER)とは?

By: rakuten.co.jp

アンカーは、Googleの上級ソフトウェアエンジニアを務めたスティーブ・ヤンによって2011年に中国で創業。当初はノートパソコン用交換バッテリーの提供を目的としていましたが、スマートフォンの普及を受けてモバイルバッテリーや充電器に焦点を当てたことで急成長を遂げました。

アンカーのモバイルバッテリーや充電器はAmazonをはじめ、各国のECサイトでトップクラスのセールス記録を樹立。現在では日本やアメリカ、インドネシア、UAEなどにも支社を設立し、世界各国で販売しています。

最近はモバイルバッテリー以外の分野でも活躍。ロボット掃除機などの家電製品を扱う「Eufy」、イヤホンやスピーカーなどのオーディオ製品を扱う「Soundcore」などのブランドも展開しています。

ANKERのモバイルバッテリーの特徴

By: ankerjapan.com

アンカーのモバイルバッテリーは高品質なのが特徴です。PSE法の安全基準を満たしているのはもちろん、独自で厳しい品質管理も行っています。

低価格な製品が多いのもポイントです。アンカーの製品は基本的にメーカー公式のオンラインストアやECサイトの直営ショップで販売。流通の中抜きをカットすることで、ユーザーに高品質な製品をリーズナブルな価格で届けています。

また、保証が手厚いのも魅力。メーカー保証の期間は通常18ヶ月と長く、さらに無料会員登録で最長24ヶ月にまで延長できるため、購入後も長期間安心して使用できるのも魅力です。

ANKERのモバイルバッテリーの選び方

バッテリー容量をチェック

By: rakuten.co.jp

モバイルバッテリーを購入する際はバッテリー容量に注目。大容量モデルはより長時間の充電が可能ですが、その分本体が大きくなるため携帯性に劣ります。快適に使用するために目的や用途に適したバッテリー容量を選びましょう。

具体的には、スマホを1回程度フル充電したり、モバイルWi-Fiルーターを充電したりしたい場合は5000mAh前後のモデルがおすすめです。スマホを2〜3回充電したり、タブレットや携帯ゲーム機も充電したりしたい場合は10000mAh以上。そして、スマホを4〜5回充電したり、大型タブレットやノートパソコンも充電したりしたい場合は、20000mAh以上の大容量モデルが適しています。

サイズ・重量をチェック

By: ankerjapan.com

モバイルバッテリーは毎日持ち運んで使うモノなのでサイズや重量も重要。アンカーのモバイルバッテリーはラインナップが豊富で、重さもバッテリー容量に応じて100〜600g程度までさまざまですが、携帯性を重視する場合は200g以下のモデルを選ぶのがおすすめです。

アンカーのモバイルバッテリーは小型や薄型のモデルが用意されているのもポイント。かさばらないスティックタイプのモノや、本体の厚みを抑えたSlimシリーズのモノを選べば、バッグやポケットにも簡単に収納できます。

ポート数をチェック

By: ankerjapan.com

複数の機器を同時に充電したい場合は2つ以上の出力ポートを備えているモデルを選びましょう。出力ポート数が多くなるほど同時に充電できる機器の数も増えます。スマホを2台持ちしている方や、スマホと一緒にタブレットやノートパソコンを持ち歩きたい方にもおすすめです。

ただし、最大合計出力の数値には注意。モバイルバッテリーでは一度に出力できる電流の総量が決まっており、複数の機器を同時に充電する場合は出力電流の総量が分散されるため、充電を終えるまでの時間が単体充電時よりもかかる場合があります。急速充電を利用したい場合は単体で充電する方が効率的です。

各種機能をチェック

USB Power Delivery

By: rakuten.co.jp

USB Power Delivery(USB PD)とは、超高速充電を可能にする最新の給電規格のことです。最近のAndroidスマホやMacBookなどで導入が進むUSB Type-Cを採用することで、最大100Wの電力供給を実現しているのが特徴。大容量バッテリーを搭載する機器も短時間で充電できます。

ただし、USB PDの性能をフルで発揮するためには、充電する機器・USB Type-Cケーブル・モバイルバッテリーの3つ全てがUSB PD規格に対応していることが必須。購入前に対応機器かどうか、確認してみてください。

PowerIQ

By: rakuten.co.jp

PowerIQ(パワーアイキュー)は、アンカーのモバイルバッテリーの高性能を支える独自技術のひとつです。本体のUSBポートに接続した機器の種類を自動で検知することで、機器に適した最大のスピードで充電できるように電力供給を調節するので、効率的に急速充電が行えます。

PowerIQ 3.0はUSB PDにも対応。スマホやタブレットだけではなく、ノートパソコンや携帯ゲーム機などの充電にも活用できます。

VoltageBoost

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーや充電器のなかには充電ケーブルによる抵抗が原因で充電速度が遅くなるモノもあります。

アンカーのモバイルバッテリーに搭載されたVoltageBoost機能は、ケーブル抵抗を和らげる効果があるのがポイント。接続した機器に負担をかけることなく、フルスピードでの充電を可能にしています。

ANKERのモバイルバッテリーのおすすめモデル

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ mini

気軽に持ち歩けるスティックタイプのモバイルバッテリーです。重さ約80gと軽く、高さ9.4×幅2.3cmとコンパクトな設計なのが特徴。バッグやポーチにはもちろん、上着のポケットにも収納できるので、軽装の日もモバイルバッテリーを携帯したい方におすすめです。

バッテリー容量は3350mAhで、iPhone 11 Proが約0.8回の充電が可能。電流量は最大1Aですが、アンカー独自技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」によってスマホの機種に応じたフルスピードで充電が行えます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore III Slim 5000 with built-in USB-C Cable

Androidスマホユーザーにおすすめのケーブル一体型モバイルバッテリーです。長さ約10cmのUSB Type-Cケーブルを内蔵しているのが特徴。充電の際に別途ケーブルを用意する必要がないため、手軽にAndroidスマホの充電ができます。

厚さ7.5mmのスリムデザインを採用。スマホとほとんど変わらないコンパクトさなので、スマホを2台持ちするのと似たような感覚で気軽に携帯できます。

バッテリー容量は5000mAhで、Google Pixel 4やSamsung S10なら約1.2回の充電が可能。PowerIQに対応するので、スマホの機種に応じたフルスピード充電が行えます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Fusion 5000

USB急速充電器と一体になった1台2役の人気モバイルバッテリーです。外出先では容量5000mAhのモバイルバッテリーとして使えるほか、自宅やカフェでは内蔵のプラグをコンセントに挿して充電器としても使用できます。

2基のUSB Type-Aポートを搭載。合計最大15Wの出力で2台の機器を同時に充電が可能です。アンカーの独自技術であるPowerIQとVoltageBoostも採用されているので、幅広い機器に応じたフルスピード充電が行えます。

重さ約189gで、サイズは約7.2×7.0×3.1cm。やや厚みはありますが、プラグ展開時でもクレジットカードとほぼ同じ大きさなのでコンパクトに持ち歩けます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore III Fusion 5000

USB PD対応でさらなる高速充電ができるハイブリッドモバイルバッテリーです。初代モデルとほとんど同じサイズの小型ボディにANKERの最新技術を投入しています。

Type-AとType-Cからなる2種類のUSBポートを搭載。Type-CポートはUSB PDと高い互換性を持つPowerIQ 3.0に対応しており、最大18Wの出力で電力供給ができます。

内蔵プラグを使えば約2時間40分でモバイルバッテリー本体のフル充電が可能です。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Play 6700

ゲーミング用途に特化したモバイルバッテリーです。本体にスマホをセットする形で使用するのが特徴。バッテリー容量は6700mAhあるので、スマホのバッテリー残量を気にせずゲームが楽しめます。

人間工学に基づいたコントローラー設計を採用しているのでプレイ時の操作感も快適。さらに、内部に冷却ファンを搭載しており、モバイルバッテリー本体の発熱を最大30%抑えるので、オンライン対戦時もスマホのパフォーマンスを落とさずに楽しめます。

出力用にUSB Type-AとUSB Type-C両方のポートを搭載。さらに、本体の幅を14.5〜16.4cmまで調節できるので、さまざまなスマホ機種で使用できます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore 10000

優れたコスパで人気がある小型軽量のモバイルバッテリーです。日本やアメリカをはじめ、世界各国で累計3000万台以上売り上げたロングセラー製品。低価格ながら10000mAhのバッテリー容量を搭載しており、iPhone 11/11 Proで約2回のフル充電ができます。

軽量コンパクトなボディも特徴。大きさはクレジットカードとほぼ同サイズで、重さも約180gなので、どこでも気軽に持ち運べます。アンカー独自技術のPowerIQとVoltageBoostも搭載。最大2.4Aでのフルスピード充電が可能なので、iPadなどタブレットの充電にも活用できます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Slim 10000 PD

USB PDに対応するスリム設計のモバイルバッテリーです。PowerIQと低電流モードにも対応するので幅広い機器に適したスピードで充電が可能。厚さわずか約1.4cmなので、バッグやポケットにも収納できます。

Type-AとType-Cからなる2種類のUSBポートを搭載。USB PD対応のType-Cでは最大18Wの出力ができるため、iPhone XSであれば30分で最大50%程度まで充電が可能です。

バッテリー容量は10000mAh。USB PDに対応する付属のケーブルと別売の充電器を使えば、約3.5時間でモバイルバッテリー本体のフル充電ができます。

アンカー(ANKER) 任天堂公式ライセンス Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition

Nintendo Switchユーザーにおすすめの大容量モバイルバッテリーです。Switchに最適化されたUSB PDで急速充電できます。

出力ポートはUSB Type-AとUSB Type-Cの2種類。Type-Cポートは最大22.5Wの出力に対応するので、Switchやスマホを短時間で充電できます。また、Switch付属のAC充電器を使用すれば、モバイルバッテリー本体も約3.5時間で充電が可能です。

バッテリー容量は13400mAhで、Switchで約1.7回の充電が可能。充電しながらゲームのプレイも楽しめます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore 15000 Redux

大容量ながらコンパクトなサイズが魅力のモバイルバッテリーです。重さ約269gの片手に収まる小型ボディに15000mAhの大容量バッテリーを搭載。iPhone 11 Proで約3.6回、11インチ iPad Proで約1.4回の充電ができます。

PowerIQとVoltageBoostに対応する2基のUSB Type-Aポートを搭載。各ポート最大2.4Aに対応し、2ポート同時充電時は合計最大15Wの出力が可能なので、スマホとタブレットを同時に充電できます。

また、ウェアラブル機器に適した低い電流で出力できる低電流モードに対応するのもポイント。ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチの充電にもおすすめです。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ 19000 PD

USBハブ機能を搭載する大容量モバイルバッテリーです。「USBハブモード」に切り替えられば、USBメモリなどの周辺機器を接続できるほか、ノートパソコンのデータ同期も可能。USB Type-Cポート採用ノートパソコンのユーザーにおすすめです。

19000mAhの超大容量バッテリーを搭載。PowerIQによって適したスピードでiPhone 11/11 Proは約4.4回、MacBookは約1回の充電ができます。

Type-Aポート2基とType-Cポートを搭載。Type-Cポートは最大27W出力が可能なので、13インチのMacBook Proも約2時間でフル充電できます。また、3台の機器を同時にフルスピード充電も可能です。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Essential 20000 PD

USB PDに対応する薄型の大容量モバイルバッテリーです。PowerIQ 2.0対応のUSB Type-AポートとUSB PD対応のUSB Type-Cポートを搭載。それぞれ18W出力に対応し、2ポート同時充電時でも合計最大15Wでの出力が可能なので、2台の機器を同時にフルスピード充電ができます。

容量は20000mAhと余裕たっぷり。USB PDに対応する別売のケーブルと充電器を用意すれば、モバイルバッテリー本体も約6.5時間で充電が完了します。

重さは約346gで、サイズは約15.8×7.4×1.9cm。重さはありますがスリム設計なので、携帯性を重視したい方にもおすすめです。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore 20100

優れたコスパで人気の大容量モバイルバッテリーです。安い価格ながら20100mAhのバッテリーを内蔵。iPhone 11 Proが約4.6回、11インチiPad Proを約2回充電できるので、スマホとタブレットを同時に持ち歩きたい方にもおすすめです。

合計で最大4.8Aの大出力が可能な2基のUSB Type-Aポートを搭載。タブレット端末も2台同時に充電ができます。また、アンカー独自技術のPowerIQとVoltageBoostに対応しているのも特徴です。

重さは約356gで、サイズは約16.6×5.8×2.2cm。表面はマット仕上げが施されており、汚れや指紋が付きにくく、適度なグリップ感が得られます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ 26800 PD 45W

圧倒的な充電スピードを有する高性能な大容量モバイルバッテリーです。最大45W出力のUSB PD対応USB Type-Cポートと、最大12W出力のUSB Type-Aポートを2基搭載。3ポート同時使用時でも合計60Wの出力が可能なので、スマホ・タブレット・ノートパソコンを同時にフルスピード充電できます。

26800mAhの大容量バッテリーを内蔵。iPhone 11 Proを約6.2回、11インチiPad Proを約2回、13インチMacBook Proを約1.2回充電できます。

USB PDを活用するのに必要な付属品が全て揃っているのも魅力。同梱の充電器とケーブルを使用すれば、モバイルバッテリー本体も約3.3時間で充電できます。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Solar 10000

アウトドアシーンで重宝するソーラーパネル搭載のモバイルバッテリーです。通常のMicro USBケーブルによる充電に加えて太陽光充電にも対応。晴天下では14時間で最大50%まで本体の充電が可能なので、キャンプや登山など充電設備がない場所での使用にもおすすめです。

優れたタフネス性能を持つのも特徴。IP64の防塵・防水性能に加えて、耐衝撃構造を採用しているので、過酷な環境下でも積極的に使用できます。また、夜間の照明や緊急時の救難信号としても使える3種類のライトモードを搭載するのもポイントです。

バッテリー容量は10000mAh。最大2.4Aの出力に対応する2基のUSB Type-Aポートを搭載しています。