スマートフォンの普及とともに、ラインナップが豊富に取り揃ったモバイルバッテリー。普段から持ち歩くモノなので、大容量を必要としなければコンパクトな方が重宝します。また、最近では容量の大きな薄型モバイルバッテリーも続々登場。

そこで今回は、薄型タイプのモバイルバッテリーをご紹介します。初めて購入する方はもちろん、買い替えを考えている方も要チェックです。

薄型モバイルバッテリーの選び方

バッテリー容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

スペックで確認したいのがバッテリー容量。この数値によって、スマホの充電回数のおおよその目安が把握できます。5,000~10,000mAhがラインナップ製品の相場。それ以上の容量かつ薄型のモバイルバッテリーで、従来品同等の価格帯をキープしているアイテムがおすすめです。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

デザインも注目すべき重要なポイント。光沢のあるアルミ素材や、iPhoneに近いスタイリッシュなカラーリングのモデルが人気です。

また、サイズ感もチェックすべきポイント。同じ薄型タイプでも、サイズの大小はアイテムによって差があります。コンパクトサイズはカバンへの収納に便利な一方、バッテリー容量も小さい傾向にあるので、購入する際には利用頻度も考慮してください。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーは、持ち歩きなどの利便性を考えると、多機能である必要はありません。ただし、LEDライトやACアダプターなど、充電以外の用途を兼ね備えたモデルは、汎用性があるのでいざという時に便利です。

購入する際は、バッテリー容量をチェックした上で、その機能や価格が自身のニーズに合っているかをしっかりと確認しましょう。

おすすめの薄型モバイルバッテリー

アンカー(ANKER) PowerCore Slim 5000

モバイルバッテリー分野で有名なブランド「アンカー」の製品。手のひらにすっぽりと収まるサイズで、厚さはたったの10mmです。独自技術「PowerIQ」を搭載しており、接続されたデバイスに最適な速度で充電することができます。

バッテリー容量は5,000mAhで「スマートフォンを1日に1~2回程度フル充電できれば十分」という方にとっては購入候補。大手メーカー製だけあって信頼性の高いおすすめの薄型モバイルバッテリーです。

アンカー(ANKER) PowerCore Lite 10000

薄型でありながら「iPhone XS」や「iPhone8 Plus」などを約3回充電できる大容量モバイルバッテリー。本体の重さは缶コーヒーと同じくらいです。また、最大で2.4Aでの急速充電ができるところもポイント。いざという時に活躍します。

入力ポートは「USB-C」と「Micro USB」の2つ。お持ちのケーブルに合わせた充電が可能です。外装にはストライプメッシュ加工が施されており、滑りにくく使いやすいデザインも魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) BTL-RDC11

薄型かつ軽量な2500mAhのモバイルバッテリー。厚さはわずか9mm、重さは約74g です。スマートフォンと本体を重ねて使用するのに便利な約15cmの「充電用microUSBショートケーブル」が付いています。

電池容量はLEDライトで確認することが可能。電池の残量目安を4段階で目視できます。また、電気用品安全法「PSE」の技術基準に適合しているところもポイント。安全面にも配慮されたおすすめのモバイルバッテリーです。

ライターからヒトコト

スマホのバッテリー切れは現代社会では致命的。大容量かつ薄型でコンパクトな製品が続々と登場しています。どの製品を買うべきかお悩みの方は、バッテリー容量を把握してスマホが何回充電できるか、サイズ感やデザインが自身の好みと合っているか、卓越した機能は必要かどうかを検討してみてください。

Top photo by: amazon.co.jp
記事内容について連絡
  • ゴミ捨てまで任せっきりでOK!「ルンバi7+」のイノベーションを体験してみた

関連ブランド

アンカー(ANKER)