iPhoneは通話やメッセージで友だちと連絡を取り合ったり、ニュースアプリで最新の情報をチェックしたりとさまざまな使い方ができる便利なアイテムです。それゆえに使い過ぎてしまい、「気付いたらバッテリーが切れてしまっていた」という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhone対応モバイルバッテリーのおすすめモデルをご紹介します。機種によって何回充電できるかなどの仕様が異なるので、モバイルバッテリーを購入する際は使用しているiPhoneのバッテリー容量をあらかじめ確認して最適なモデルを選びましょう。

iPhoneのモデルによって充電回数は違う?

iPhoneは機種によってバッテリー容量に差があるため、同じモバイルバッテリーを使った場合でも充電できる回数が異なります。また、モバイルバッテリーの容量表記にも注意が必要です。容量のうちの約30〜40%が”変換ロス”として消費されてしまうので、実際に充電ができる容量は表記の約60〜70%前後とされています。

このことを踏まえた上で、iPhoneの各モデルの充電回数を確認していきましょう。モバイルバッテリーの代表的な容量である5000mAh・10000mAh・20000mAhを例にご紹介します。

iPhone 7/7 Plus

iPhone 7のバッテリー容量は1960mAhなので、iPhone 6から微増しています。最低約3回はフル充電ができる10000mAh以上のモバイルバッテリーがおすすめです。

iPhone 7 Plusのバッテリー容量は2900mAhで、iPhone 6 Plusとほとんど変わりません。複数回充電できる10000mAhや、約4回以上のフル充電ができる20000mAhのモバイルバッテリーがおすすめです。

iPhone 8

iPhone 8のバッテリー容量は1821mAhで、iPhone 7から少し減りました。モバイルバッテリーの最大充電容量が5000mAhの場合は約2回、10000mAhの場合は約4回、20000mAhの場合は約8回の充電ができます。

iPhone X

iPhone Xのバッテリー容量は2716mAhと大きめです。5000mAhのモバイルバッテリーだと1度しか充電ができません。約2回のフル充電ができる10000mAhのモバイルバッテリーか、約5回のフル充電ができる20000mAhのモバイルバッテリーが適しています。

iPhone XR/Xs/Xs Max

By: pixabay.com

iPhone XRのバッテリー容量は2942mAhで、本体が大型化した分容量も従来のPlusクラス並みに増えました。モバイルバッテリーの最大充電容量が5000mAhの場合は約1回しかフル充電ができません。約2回の充電が可能な10000mAhや約4回の充電が可能な20000mAhのモバイルバッテリーがおすすめです。

iPhone Xsのバッテリー容量は2658mAhで、前機種iPhone Xとほぼ同じ。一方、iPhone Xs Maxのバッテリー容量は3174mAhで、これまでで最大の容量となるバッテリーを搭載しています。どちらの機種も複数回の充電が可能な10000mAhや20000mAhの大容量を持つモバイルバッテリーがおすすめです。

iPhone対応モバイルバッテリーの選び方

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーをカバンに入れて持ち運びたい方は本体の重量に注意しましょう。あまり重すぎるモデルだと携帯するのに躊躇してしまいます。iPhoneの充電切れに備えていつでも取り出せるよう、軽くて持ち運びやすい重さのモノを選ぶのがおすすめです。

急速充電の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

外出中に電池が切れてモバイルバッテリーで充電する際、時間がかかってしまうと不便です。急速充電の機能があるモバイルバッテリーなら、iPhoneが使えるようになるまで充電を長時間待つ必要がありません。急いで充電をしたいときに役立つためおすすめです。

充電用ポート数で選ぶ

By: amazon.co.jp

iPhoneだけでなくタブレットやデジタルカメラなども持ち歩く方なら、モバイルバッテリーに複数の充電用ポートがあると便利です。外出中でも複数のモバイル機器を同時に充電できます。ただし、モバイル機器を単体で充電をする場合と比べると、時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

ACアダプターとして使えるモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーには、ACアダプターが搭載されたモデルもあります。帰宅時にすぐiPhoneを充電するのが習慣になっている方なら、iPhoneとモバイルバッテリー本体を同時に充電できる機能が搭載されたモデルが便利。コンセントにモバイルバッテリーを接続した後、ケーブルでiPhoneと繋げればまとめて充電できます。

iPhone対応のモバイルバッテリーおすすめモデル

アンカー(ANKER) PowerCore Slim 5000

アンカー(ANKER) PowerCore Slim 5000

スリムなボディにも関わらず5000mAhの大容量バッテリーを搭載したiPhone専用設計のモバイルバッテリー。本体重量が約118gと軽量で持ち運びやすく、シリコン製の外装を採用しているので傷が付きにくいことが特徴です。また、iPhoneの背面にフィットして手のひらに収まるように設計されているため、充電しながらでも片手でiPhoneの操作を快適に行えます。

本機ではiPhone Xsで約1.3回、iPhone Xs Maxで約1.1回の充電が可能。アンカー独自の急速充電技術「PowerIQ」を採用しているので、使用するiPhoneの機種を自動認識して最適な速度での充電ができます。最大2Aの出力に対応しているので、iPadの充電が可能なのもポイントです。

アンカー(Anker) PowerCore Fusion 5000

アンカー(Anker) PowerCore Fusion 5000

大容量モバイルバッテリーと2ポートUSB急速充電器という1台で2役こなすハイブリッド充電器です。本機には折り畳み式のプラグが搭載されているのが特徴。通常のモバイルバッテリーとしてiPhoneの充電が可能なほか、プラグを引き出せば本機を充電器としても使用が可能です。本体重量は約189gとやや重めですが、別途で充電器を携行する必要がないため、旅行や出張で荷物を減らせます。

バッテリー容量は5000mAhなのでiPhone XRで約1回の充電が可能。アンカー独自技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」の採用により、iPhoneの機種に関係なくフルスピード充電ができます。また、USBポートが2基搭載されているので、iPhoneとiPadの同時充電にも対応しているのもポイントです。

ラブパワー(RAVPower) RP-PB060 6700mAh

ラブパワー(RAVPower) RP-PB060 6700mAh

小型軽量でコスパに優れたモバイルバッテリーです。6700mAhという大容量にも関わらず、手のひらにすっぽり収まるサイズ感と約124gほどの軽量ボディなので、外出時の持ち運びが苦になりません。シンプルでスタイリッシュなデザインで、光沢のないマットな仕上がりなので、手に馴染みやすく傷や指紋がつきにくいのも魅力です。

iPhone 8では約2.5回、iPhone 8 Plusでは約1.5回のフル充電が可能。「iSmart2.0出力自動判別機能」により、接続機器に応じて最大2.4Aまで最適な電流を送れるので、iPhoneの機種に関係なくフルスピードで充電できます。最長30ヶ月の保証期間が付くのもポイントです。

アンカー(Anker) PowerCore Lite 10000

アンカー(Anker) PowerCore Lite 10000

薄型かつコンパクトサイズの大容量モバイルバッテリーです。約211gという重さにも関わらず、10000mAhの大容量を実現しているのが特徴。また、iPhoneの背面にフィットし握りやすいデザインなので、片手でiPhoneを充電しながら使用できます。価格も約3000円と安いのでコスパに優れているのもポイントです。

iPhone Xsを始め大半のスマートフォンで約2.5回の充電が可能。最大2.4Aの急速充電も可能なので、充電に時間がかからないのも魅力です。また、低電流モードを使えば、入力アンペアの低いBluetoothイヤホンでも安全に充電できます。入力ポートにはUSB-CとMicro USBの2種類があるので、モバイルバッテリー本体を充電する際は手持ちのケーブルに合わせてポートの選択が可能です。

Yoobao モバイルバッテリー 10000mAh

コスパの高さが魅力の薄型モバイルバッテリー。iPhone 7とほぼ同じサイズ感である、重量約258g、厚さわずか13.5mmなので、スマホ感覚で手軽に持ち運べます。

バッテリー容量は10000mAhで、iPhone 8で約3.8回の充電が可能。また、本体充電用の入力ポートはMicro USB端子に加え、Lightning端子も搭載されているので、iPhoneと同じ充電器とケーブルでもモバイルバッテリーの充電ができます。

アンカー(Anker) PowerCore II 20000

アンカー(Anker) PowerCore II 20000

入出力ともに急速充電が可能なモバイルバッテリー。20000mAhという大容量を持つので、iPhone Xsで約5回以上、11インチiPad Proで約2回のフル充電が可能です。また、サージ保護機能やショート防止機能など保護機能の搭載により、iPhoneとモバイルバッテリー双方への安全性が配慮されています。

進化した独自技術「PowerIQ 2.0」の採用もポイント。入出力の速度が従来機種の最大1.8倍に強化されているので、あらゆる接続機器で高速充電が可能です。また、モバイルバッテリー本体の充電もQuick Charge対応充電器を使えば5時間ほどで完了します。本体前面の「LED Wheel」でバッテリー残量を8段階で表示できるので確認に便利なのもポイントです。