iPhoneは、通話やメッセージで友だちと連絡を取り合ったり、ニュースアプリで最新の情報をチェックしたりとさまざまな使い方ができる便利なアイテムです。それゆえに依存し過ぎてしまい、「気付いたらバッテリーが切れてしまっていた」という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhone対応モバイルバッテリーのおすすめ製品をご紹介。なお、機種によって何回充電できるかなど仕様が異なるので、モバイルバッテリーを購入する際はお手持ちのiPhoneのバッテリー容量をあらかじめ確認しておきましょう。

iPhoneのモデルによって充電回数は違う?

iPhoneは機種によってバッテリー容量に差があるため、同じモバイルバッテリーを使った場合でも充電できる回数が異なります。また、モバイルバッテリーの容量表記にも注意が必要です。容量のうちの約30〜40%が"変換ロス"として消費されてしまうので、実際に充電ができる容量は表記の約60〜70%前後とされています。

このことを踏まえた上で、iPhoneの各モデルの充電回数を確認していきましょう。モバイルバッテリーの代表的な容量である5000mAh・10000mAh・20000mAhを例にご紹介します。

iPhone SE

iPhone SEのバッテリー容量は1624mAhのため、5000mAhのコンパクトなモバイルバッテリーでも複数回の充電が可能です。20000mAhの大容量バッテリーであれば約8回前後の充電ができます。

iPhone 6/6s/6 Plus

iPhone 6とiPhone 6sのバッテリー容量はそれぞれ1810mAh・1715mAhとあまり大きな差がありません。モバイルバッテリーの最大充電容量が5000mAhの場合は約2回、10000mAhの場合は約4回、20000mAhの場合は約8回の充電ができます。

注意が必要なのがiPhone 6 Plusです。サイズが大きいぶん、2915mAhというiPhone 6の倍近いバッテリーを搭載しています。最大充電容量が5000mAhのモバイルバッテリーでは約1回しかフル充電ができません。そのため、iPhone 6 Plusを使用している方は約2回以上のフル充電ができる10000mAh以上のモバイルバッテリーをおすすめします。

iPhone 7/7 Plus

iPhone 7のバッテリー容量は1960mAhなので、iPhone 6から微増しています。最低約3回はフル充電ができる10000mAh以上のモバイルバッテリーがおすすめです。

iPhone 7 Plusのバッテリー容量は2900mAh。iPhone 6 Plusとほとんど変わらない容量です。複数回充電できる10000mAhや、約4回以上のフル充電ができる20000mAhのモバイルバッテリーをおすすめします。

iPhone 8

iPhone 8のバッテリー容量は1821mAhで、iPhone 7から少し減りました。モバイルバッテリーの最大充電容量が5000mAhの場合は約2回、10000mAhの場合は約4回、20000mAhの場合は約8回の充電ができます。

iPhone X

iPhone Xのバッテリー容量は2716mAhと大きめです。5000mAhのモバイルバッテリーだと1度しか充電ができません。約2回のフル充電ができる10000mAhのモバイルバッテリーか、約5回のフル充電ができる20000mAhのモバイルバッテリーをおすすめします。

Androidのモバイルバッテリーと何が違う?

By: amazon.co.jp

ほとんどのモバイルバッテリーがiPhoneとAndroidの両方に対応していますが、付属してくるケーブルはAndroid用のmicro USB規格であることが多いです。iPhone用にモバイルバッテリーを購入する場合は、あらかじめLightningケーブルを用意しておきましょう。

iPhone対応のモバイルバッテリー

アップル(Apple) iPhone 7 Smart Battery Case

iPhone 7専用の純正スマホケース型モバイルバッテリー。充電しながら使用すれば、通話時間を最大26時間に延長できます。柔らかいマイクロファイバー素材を内側に使用しているため、スマホケース単体としてもおすすめアイテムです。

モーフィー(mophie) powerstation plusプレミアムユニバーサルバッテリーキット

モバイルバッテリー本体と持ち運び用のスリーブ、ケーブルがセットとなっているキット。モバイルバッテリーの容量は12000mAhです。付属のケーブルは先端切り替え式を採用していて、1本でiPhoneともAndroidとも接続できます。iPhoneに合うクールなデザインも魅力です。

ブルードット(BLUEDOT) モバイルバッテリー BMB-101W

10000mAhの容量ながらも価格が2000円弱とリーズナブルなモバイルバッテリー。コンパクトなサイズに加えて、ポケットやカバンに入れやすい丸みを帯びたデザインが特徴です。

USB出力端子をふたつ備えているほか、「micro USB」と「Lightning」2種類の入力端子を装備しています。最大出力2.1Aより充電時間を短縮できるため、スピーディーな充電を求めている方におすすめです。

アンカー(Anker) PowerCore 20100

20100mAhの大容量モバイルバッテリー。重量が約350gと軽いので、持ち運びに便利です。2.4Aの出力が可能なふたつのポートで同時に充電できるので、複数の端末をまとめて充電したいときにも活躍します。

表面をマットに仕上げることで、指紋などの汚れが付きにくいのもポイント。機能性もデザイン性も高いおすすめのモバイルバッテリーです。

エイデータ(ADATA) Power Bank AP20000D-DGT-5V-CBK

20000mAhのモバイルバッテリー。デジタルディスプレイを搭載しており、電力残量のチェックができます。LED懐中電灯として利用できるのもポイント。堅牢性に優れているので、キャンプなどのアウトドアシーンでも安心して使えるモデルです。

パナソニック(Panasonic) モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 QE-AL201-W

5000mAhのコンパクトなモバイルバッテリー。小型ながら2台同時の充電が可能です。コンセントがある場所ではAC充電器としても使えます。AC充電器として使用している間は、スマホを優先的に充電しつつモバイルバッテリー本体も充電するので使い勝手は良好です。

日立マクセル(maxell) モバイル充電バッテリー MPC-TW5200BK

5200mAhのモバイルバッテリー。重量がわずか130gと軽いのがポイントです。出力USBポートがひとつのシンプルな構造ですが、最大2.1Aの出力可能でしっかり充電できます。カバンに入れていても気にならない小型モバイルバッテリーを探している方におすすめです。

iPhone 8とXはワイヤレス充電ができる!?

By: apple.com

iPhone 8とiPhone Xはそれぞれ「Qi(チー)」と呼ばれるワイヤレス規格に対応しています。同じくQiに対応しているワイヤレス充電器があれば、iPhoneをパッドに乗せるだけで充電が可能です。

Appleの公式ホームページにも既にいくつかQi規格のワイヤレス充電器が販売されているので、iPhone 8もしくはiPhone Xの購入を考えている方はぜひチェックしてください。