外出時の必需品にもなりつつあるモバイルバッテリー。カバンにひとつ入れておけば、移動中にスマホのバッテリーが少なくなっても安心です。

中には、本体をコンセントに差して充電できるモバイルバッテリーも販売されています。バッテリーの本体にAC電源対応のプラグが付いており、ケーブルがなくても本体の充電ができる優れモノです。そこで今回は、コンセント対応のモバイルバッテリーの選び方とおすすめ製品をご紹介します。

コンセント対応モバイルバッテリーとは?

By: Amazon.co.jp

通常のモバイルバッテリーを使用するためには2種類のケーブルが必要。1本はモバイルバッテリーとスマホなどの端末をつなぐケーブル、もう1本は、モバイルバッテリー本体を充電するためのケーブルです。

コンセント対応のモバイルバッテリーは、本体を電源プラグに直接差し込んで充電します。ケーブルがなくても充電可能なので、外出先でも手軽にバッテリー本体を充電できて便利です。

コンセント対応モバイルバッテリーの選び方

出力電流で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーの出力電流の単位は「A(アンペア)」で表し、この値が大きいほどスマホを早く充電できます。例えば2.0Aのモバイルバッテリーは、1.0Aのモノに比べて、約半分の時間でフル充電が可能です。

スマホだけではなくタブレットも充電する場合は、最大出力電流が2.0A以上の製品を選びましょう。タブレットの中には出力電流が小さいと充電できないモノがあるので注意が必要です。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーの容量は「5000mAh」というように表し、この値が大きいモノほど、充電できる量や回数が増えます。長期間の旅行や、複数の端末を充電するときなどは、容量の大きなモバイルバッテリーがおすすめ。1日に2回ほどフル充電ができればよい方や外出時間が短い方は、容量の少ないタイプでも十分です。購入前に使用用途とモバイルバッテリーの容量を確認しておきましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

常に持ち歩くモバイルバッテリーはサイズが重要です。スマホやタブレットと一緒に携帯するので、小さい方が荷物になりません。また、本体の厚みにも注目しましょう。端末を充電するときにカバンからの出し入れが煩わしい方には、薄いタイプのモバイルバッテリーであればポケットにも入れられて便利です。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーは、一般的に容量が多いほどサイズが大きく、重い傾向にあります。せっかくモバイルバッテリーを購入しても、重すぎると持ち運びしにくいのが難点です。そのため、外出が多く、荷物を軽くしたい方には、軽量モデルがおすすめ。最近では、持ち運びに優れた容量の大きいモバイルバッテリーも販売されているため、本体重量と容量のバランスを確認しておきましょう。

コンセント対応モバイルバッテリーのおすすめモデル

アンカー(ANKER) PowerCore Fusion 5000

アンカーの機能性と利便性に優れたモバイルバッテリーです。容量は5000mAhあり、iPhone XやiPhone 8もフル充電できます。

外出中にスマホの充電ができても、充電速度が遅いと使いづらいのが難点です。しかし本製品は、アンカー独自の「PowerIQ」技術で、あらゆるモバイル機器を素早く充電できます。また、USB Type-Aポートが2基備えられており、2台の端末を同時に充電可能です。

本体サイズは幅7.2×奥行き7.0×厚さ3.1cmで重量が約189g。カラーは「ブラック」「レッド」「ホワイト」の3種類が用意されています。コンセントプラグが折りたたみ式で、持ち運びに優れたモデルです。

パナソニック(Panasonic) モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 QE-AL102

本体カラーが6色揃った、コンセント対応のモバイルバッテリー。カラーは「ブラック」「オレンジ×ダークネイビー」「ゴールド」「シルバー」「ブルー×ブラウン」「ホワイト」から選べます。

バッテリーの容量は1880mAhと小容量ですが急速充電が可能なので、緊急時の充電におすすめ。容量が小さく本体重量も約112gと軽量で、サイズは幅5.7×奥行き9.8×厚さ1.9cmと持ち運びやすいのも魅力です。

本体は約1600回の充電ができます。搭載された出力ポートはUSB Type-Aが1基。モバイル端末をこまめに充電したいという方におすすめです。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー DE-AC01-N2924

外出先で使用すれば周囲の目を引くコンセント対応モバイルバッテリー。本体に描かれたかわいいイラストがポイントです。2900mAhの容量があり、iPhone 8なら約1回フル充電できます。さらに、出力ポートは合計2.4AのUSB Type-Aを2基搭載。2台のモバイル端末を同時に充電可能です。

本体に搭載された充電式リチウムイオン電池は、約500回繰り返して使用可能。自宅にいるときは本製品をコンセントで充電しながら、同時にAC充電器としてモバイル端末も充電できます。

本体サイズは幅6.6×奥行き7.0×厚さ2.5cmで、重量は約130gと軽量。本体のプラグ部分はスイング式で、本体に収納可能なので持ち運びに優れた製品を探している方におすすめです。

ROMOSS モバイルバッテリー UP10

海外出張などで外国に行く機会のある方におすすめのコンセント対応モバイルバッテリー。本体が100~240Vの電圧に対応しているので、変圧器がなくてもそのまま使えます。

出力用のUSB Type-Aポートを2基搭載しているので、2台のモバイル端末を同時に充電可能。バッテリー容量は10000mAhの大容量で、旅行に行くときも1台あれば安心です。

本体サイズは幅6.1×奥行き11.2×厚さ3.0cmで重さが約253g。本体カラーが「ゴールド」「ローズゴールド」「スペースグレイ」の3種類から選べます。海外で使う予定がある方やデザイン性の高いモノを探している方におすすめです。

Omkuy 折り畳みプラグ搭載モバイルバッテリー

複数のモバイル端末を持ち歩く方におすすめのコンセント対応モバイルバッテリー。3本のケーブルを内蔵し、本体のみで充電ができます。ケーブルの端子はUSB Type-C、Micro USB、Lightningコネクタを備え、iPhoneやAndroid端末を始め、さまざまなタイプの機器に対応可能。バッテリー容量は10000mAhと大容量です。

本製品を充電しながらスマホを接続すれば、バッテリー本体とスマホの同時充電ができるほか、ACアダプタとしても利用可能。

本体サイズは幅7.5×奥行き16.0×厚さ1.5cmで重量が約240gとポケットにも入れられるサイズが魅力です。また、過電圧や過電流の状態になったら自動でシャットダウンする安全設計もポイント。容量が大きく複数の端子を備えた、使い勝手のよさが特徴のモデルです。

ムーブオン(MOVEON) モバイルバッテリー PES-2200AC-P

コンパクトサイズのコンセント対応モバイルバッテリー。本体サイズが幅3.0×奥行き11.0×厚さ2.8cmのスティック形状で、重さは約95gと軽量です。コンセント用のプラグは本体に収納可能。容量は2200mAhで、スマホ1台充電できます。

本製品にはマイクロUSBケーブルが付属しているので、別途マイクロUSBケーブルを持ち歩かなくてもスマホの充電が可能。さらに、ケーブルは取り外せて、Lightningケーブルを接続すればiPhoneの充電にも対応します。

スリムなデザインでケーブル一体型のモバイルバッテリーは、カバンに入れておくと便利なアイテムです。

LFXD モバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電

最新のiPhoneにも搭載されている話題の充電規格、Qi(チー)に対応したコンセント対応モバイルバッテリー。対応したスマホであれば、バッテリーの上に乗せるだけで充電可能です。さらに、USB Type-Aポートを2基備えているので、有線充電にも対応可能。最大で3台のモバイル端末を同時に充電できます。

バッテリーは6700mAhの大容量で、液晶にバッテリー残量が表示されるので、バッテリーを充電するタイミングも逃しません。

本体サイズは幅8.0×奥行き8.0×厚さ2.9cmで重量が約240g。コンセント用のプラグは折りたためます。機能性に優れたワイヤレス充電器を探している方におすすめです。

Newmowa モバイルバッテリー

小型のコンセント対応モバイルバッテリー。本体サイズが幅7.2×奥行き5.7×厚さ3.2cmで重量が約181gと、カバンにも入れやすいサイズです。バッテリー容量は3350mAhでiPhone Xを約1回フル充電できます。

本製品はLEDライトを搭載しており、災害時に照明として使えるのも特徴。充電だけではなく、緊急時にも使える利便性の高さが魅力のモデルです。