日本ではiPhoneのシェア率が高いですが、海外ではAndroidスマホも根強い人気があります。ホーム画面を自由にデザインできたり、ウィジェットを好きな場所に配置できたりするカスタマイズ性の高さが魅力です。また、iPhoneと比較して端末のバリエーションが豊富なのもメリット。

そこで今回は、Androidスマホのおすすめ機種をご紹介します。docomo・au・Softbankの携帯キャリア大手3社に加え、SIMフリーのモデルもピックアップしたので、Androidスマホを購入する際はぜひ参考にしてみてください。

Android OSのメリット

Android OSとは?

Android OSはGoogleが提供しているプラットフォーム。Appleが提供しているiOSと比較するとカスタマイズ性の高さが大きなメリットです。

2009年にリリースされたバージョン「Android 1.5」からはコードネームとして“お菓子の名前”が付けられており、新しいバージョンが発表されるたびにユーザーの間で話題となっています。

iPhoneと何が違う?

AndroidスマホがiPhoneと大きく違うところは、“プラットフォームの提供元と端末の製造元が異なる”という点です。iPhoneの場合は、プラットフォームの提供も端末の製造もAppleが行なっています。

一方のAndroidスマホの場合、Android OSの提供はGoogleが行なっていますが、端末の製造は機種によってソニーやパナソニックなど異なるメーカーが担当。そのため、iPhoneと比べて多くのラインナップが用意されています。

カスタマイズ性が高い

先述した通り、Android OSはiOSと比較するとカスタマイズ性が高いです。ホーム画面を自分好みにデザインしたり、端末内のファイルにアクセスしたりと自由に扱えます。スマホ初心者や高齢者の方でも容易に操作ができるAndroidスマホも販売されており、選択肢の幅が広いのはメリットです。

Androidスマホがおすすめな人

ホーム画面などを自由自在にカスタマイズしたいのであれば、Androidスマホがおすすめ。Androidスマホには「ホームアプリ」と呼ばれるジャンルのアプリが存在していて、インストールすればデザインや操作性を自分好みにアレンジできます。

また、Androidスマホは一部を除き、ホームボタン・戻るボタン・マルチタスクボタンの3つを端末上に配置していることがほとんどです。

ハイスペックモデルとスタンダードモデルの違い

ハイスペックモデルがおすすめな人

高性能なAndroidスマホは、アプリを多用するヘビーユーザーにおすすめ。動画をよく視聴するのであれば、画質が綺麗で音質にも注力している機種を選ぶのが最適です。

スマホゲームをよくプレイする方にもハイスペックモデルがおすすめです。最近のスマホゲームはクオリティの高さゆえに動作が重くなる場合があるので、快適に遊ぶためによりスペックの高い機種を選びましょう。

スタンダードモデルがおすすめな人

必要最低限の機能だけを使いたい場合はスタンダードモデルのAndroidスマホがおすすめ。最近では“格安スマホ”が流行するなど、3万円程度で購入できるリーズナブルな機種も増えています。格安のモデルであっても、メッセージアプリやSNS、カメラなど基本的な機能には対応しているので、購入費用をとにかく安く抑えたい方は要チェックです。

Androidスマホの選び方

性能で選ぶ

スマホの処理速度を決める要因であるCPUの性能はしっかり確認しておきましょう。特に、データ量の多いゲームをプレイしたりする場合は要チェックです。基本的には、CPUの名前の後に続く番号が大きいほど高性能であることを意味します。

なお、最近のAndroidスマホのCPUはSnapDragon製が主流。ただし、リーズナブルな価格帯で近年人気のファーウェイは、独自のCPUである「Kirin」を搭載しています。

内蔵メモリ容量で選ぶ

内蔵メモリの容量も性能を見る上では非常に重要です。内蔵メモリの種類はRAMとROMの2種類。RAMとはデータの一時的な保管をする領域で、よく机の広さに例えられます。処理の重いゲームやアプリを利用する方は、このRAMの容量が大きい方が有利。一方、ROMは内蔵ストレージのことで、写真・動画のデータやアプリの設定などを保存する領域です。

最近ではほとんどのスマホがRAM・2GB以上、ROM・16GB以上を搭載しており、ハイスペック機になるとそれぞれRAM・4GB、ROM・64GB以上を搭載しているモデルもあります。高性能カメラを搭載したスマホで撮影した画像や動画はデータが大きいので、内蔵ストレージの容量も重要。ただし、Androidスマホの場合はSDカードを差し込むスロットが搭載されていることが多いので、保存容量を拡張することもできます。

画面サイズで選ぶ

スマホの画面サイズも重要です。小さすぎると文字が読みにくかったり、動画が視聴しにくかったりと不便。反対に画面が大きすぎると片手で扱うのが難しくなり、電話としては使いづらくなってしまいます。持ちやすさを優先すると4.5~5インチ程度がおすすめです。

とはいえ、数年前から全体的に大型化の傾向が強くなってきており、最近では5~5.5インチ程度のモデルが主流。小型のモデルを選ぼうとすると選択肢はやや狭まってしまうため、その点は留意しておきましょう。

カメラ機能で選ぶ

SNSによく写真をシェアする方ならカメラの性能も比較すべき項目です。特に格安なモデルの場合は、カメラの性能が低スペックである可能性があるので要注意。

一方、一部のハイスペック機の場合は、世界的にも評価の高いカメラメーカー・ライカのレンズを搭載するなど、カメラ機能にとことんこだわったモデルも登場しています。セルフィー機能に特化した機種や望遠と広角レンズを備えたダブルレンズのモデルなどもラインナップされているので、カメラ機能にこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

機能で選ぶ

スマホに搭載されている機能によって選ぶのもひとつの選択肢。例えば、現金をあまり持ち歩きたくない方であれば「おサイフケータイ」を搭載している機種が便利です。また、雨に強いスマホを探している方であれば防水性能を重視した機種がおすすめ。セキュリティと利便性を両立させたい方は、指紋認証機能を搭載した機種も選択肢に入れておきましょう。

Androidスマホのおすすめランキング|docomo

第1位 サムスン(Samsung) Galaxy S8 SC-02J

ラウンドガラスとメタルフレームの一体感がおしゃれな人気モデル。画面周りの枠を可能な限り取り去り、18.5:9のというこれまでにない縦横比を実現しています。5.8インチとは思えない大画面は、動画も写真も鮮明で見やすいので映画やドラマを楽しむのにも最適。有機ELを採用した画面はHDRにも対応しており、鮮明で奥深い映像美をじっくり楽しめます。

画面の電源がオフでも時間や日付を表示する機能を搭載。スマホに触れずに日時確認ができるので、電池の消耗を防止し快適に使えます。手ブレ補正や高速オートフォーカス機能が充実したカメラは、デジタル一眼レフ技術で最高の瞬間を美しいまま捉えて保存。RAMは4GB、ROMは64GBと容量も十分で快適に使えます。写真にこだわったスマホを探している方におすすめの1台です。

第2位 ソニー(SONY) Xperia XZ Premium SO-04J

Xperiaの新製品は話題の4K対応。画面の輝度と明暗を緻密に表示するHDR動画も視聴できるので、スマホとは思えない色彩豊かな映像をダイナミックに楽しめます。世界初のメモリ積層型イメージセンサーにより、つい撮り逃してしまう最高の瞬間をスーパースローで収めることが可能。スリムで無駄のないデザインは、飽きのこないシンプルなものを好む方におすすめです。

先読み撮影はシャッターを押した瞬間に最大4枚の写真を記録。新機能のオートフォーカス連写は動く被写体もボケずにしっかり撮影します。この2つの機能をフルで使えば、可愛い我が子の笑顔も撮り逃しません。RAMは4GB、ROMは64GBあり、動作が早く快適。最新の高速ネットワークに対応することで最大受信速度788Mbpsを実現し、重い動画やハイレゾも高速ダウンロード可能です。

第3位 シャープ(SHARP) AQUOS R SH-03J

液晶のシャープらしさを生かした明るく見やすい画面が自慢のモデル。HDR再生に対応し輝度も従来機よりアップしているので、映画もライブも臨場感たっぷりに楽しめます。布や水などの質感もリアルに表現できるカメラも優秀。アウトカメラの解像度は2260万画素と十分なので、鮮明な写真をより美しく撮影するのに最適です。RAMは4GB、ROMは64GBと十分な容量を備えています。

ハイスピードIGZOディスプレイを搭載したことにより、液晶の応答速度が従来機よりも約1.5倍アップ。画面スクロール時に気になる残像がほとんどないので、指先でスルっとなめらかに操作できます。電池消耗の少ないIGZOは1回の充電で平均3日間電池が保つので、こまめな充電が面倒な方や外出が多い方におすすめ。ほどよく丸みを帯びたデザインは手に良く馴染みます。

Androidスマホのおすすめランキング|au

第1位 ファーウェイ(HUAWEI) nova2 HWV31

ファーフェイから発売されたばかりの2018年春モデル。望遠と広角のダブルレンズを搭載し、ワンタッチで2倍にズームする機能が便利。見逃したくない瞬間を簡単操作で逃しません。2000万画素もあるサブカメラは、被写体だけでなく背景も美しく残します。ポートレートモードを使えば一眼レフのようなボカシを楽しんだり、撮影後にフォーカスを自由に調整可能です。

5.0インチのコンパクトボディは女性の手にも馴染みやすく手軽に操作が可能です。急速充電機能も備えており、電池消耗によるトラブルに対応。付属のヘッドフォンを使えば音楽を独自にチューニングすることができ、ホールで聴くような臨場感ある音楽を楽しめます。RAMは4GB、ROMは64GBと容量も十分。小さめスマホで映像や音楽をじっくり楽しみたい方におすすめです。

第2位 サムスン(Samsung) Galaxy Note8 SCV37

付属のペンで画面にメモを残せる話題のモデル。0.7mmの微細なペン先はタッチを正確に画面に反映するので、本物の紙にペンで文字を書く感覚で使えます。忘れたくないことをメモしたら、画面消灯時に時計と共に常時表示が可能。最大100ページまで本体にメモを追加できるので、書き留めることがなにかと多い方におすすめ。ペンを抜くと電源が入る機能も便利です。

ライブメッセージ機能を使えば、手書き文字を動くスタンプとして作成可能。スタンプの背景画面を自由に変えられるので、自分だけのオリジナルメッセージをSNSで楽しめます。望遠と広角の2つのレンズを備えたカメラは、光学手ブレ補正やライブフォーカスも可能なので、これまでにない鮮明な画像を撮影可能。6.3インチの大画面とRAM・4GB、ROM・64GBの容量にも満足できます。

第3位 LGエレクトロニクス(LG Electronics) isai V30+ LGV35

LGが培った有機ELテレビの技術をふんだんに盛り込んだ高精細モデル。有機EL最大の特長である自発光方式を生かし、従来のスマホでは表現できなかった深みのある黒を美しく鮮明に映し出します。HDR10規格に準拠しているので、映像そのものの美しさを表現するのが得意。スマホで臨場感ある映画を楽しんだり、微細な画像をできるだけありのままで撮りたい方におすすめです。

カメラには標準と広角の2つのレンズを搭載。一眼レフ並みの明るさも備えているので、最高の瞬間を最高の状態で残せます。臨場感ある本格サウンドを体感できるオーディオ機能は、大容量のハイレゾ音源を縮小してダウンロードできるMQAに対応。RAM・4GB、ROM・128GBと大容量のメモリを備えているので、美しい画像と音楽をたっぷり保管したい方におすすめです。

Androidスマホのおすすめランキング|softbank

第1位 シャープ(SHARP) AQUOS R compact

液晶の形を自由に変えられるIGZOフリーフォームディスプレイを業界で初めて採用したモデル。本体の縁ギリギリにまで画面を広げることに成功し、手に収まるサイズながら約4.9インチのフルHD+IGZOディスプレイを実現しています。最新CPUと倍速液晶搭載により、処理能力が2倍になり画像が美しく鮮明。映像や画像だけでなく、小さな文字も鮮明に見たい方におすすめです。

カメラには大切な瞬間を逃さないハイスピードAFを採用。高速オートフォーカスにより被写体に素早くピントを合わせます。美肌調整と小顔補正ができるセルフィーフラッシュとアイキャッチセルフィーは、映像を自動補正し目線のズレも解消。スマホの写真に対する不満を感じさせません。RAM・3GB、ROM・32GBの容量は標準的ですが、外部メモリとして最大400GBまでのSDカードを使用可能です。

第2位 エイチティーシー(HTC) U11

HTC製のモバイルバーチャルリアリティ端末「LINK」に接続可能なモデル。臨場感あるゲームや動画を楽しんでみたい方におすすめです。今のスマホの音や映像に物足りなさを感じたら、本機で新しい音と映像の世界を堪能できます。デザインは無駄のないシンプルさが魅力。誰からも好まれるすっきりした美しさは使うほどに愛着が湧きます。

カメラには多軸制御光学と電子手ブレ補正システムを搭載。カメラ性能評価機関のDxOMarkモバイルが世界NO.1の性能を認めています。高精細な写真を一瞬で撮影する実力はスマホでも最高の1枚を収めたい方におすすめ。AI搭載によりスマホの利用履歴を日々学習する機能も優れモノです。5.5インチ液晶と容量十分なRAM・4GB、ROM・64GBを備えています。

第3位 ソニー(SONY) Xperia XZ1

音響機器に定評があるソニーの技術を最大限に生かしたモデルです。パワフルサウンドや繊細で奥行きある音源を高音質なハイレゾで再生可能。本体のスピーカーの音量を約50%アップさせたことにより、外付けのスピーカーを使わなくてもスマートフォン本体だけで迫力ある音楽が存分に楽しめます。スマホでこだわりの音楽を聞きたい方におすすめです。

HDR対応ディスプレイは、映画や音楽だけでなくゲームの映像も高画質。3Dクリエーターを使って人物やペットを3Dで撮影し、3Dアニメーションに加工してSNSにアップできる機能はとても新鮮で楽しめます。RAM・4GB、ROM・64GBと容量も十分で、5.5インチの画面も標準で使い勝手が最高。音と映像を一歩先に進んだ技術でじっくり楽しみたい方におすすめです。

Androidスマホのおすすめランキング|SIMフリー

第1位 エイスース(ASUS) ZenFone 3 ZE552KL

最高の一瞬を捉えるための機能が詰まった1台。1600万画素のカメラには6400万画素相当で撮影できる超解像度モードを備え、大口径レンズを搭載しているので高速オートフォーカスが可能で被写体を逃しません。TriTechオートフォーカスや光学式と電子式の両方を備えた手ブレ補正により、ありのままの姿を残せます。スマホのカメラにもこだわりたい方におすすめです。

厚さ約7.69mmの薄いボディはダイヤモンドを削る特殊技術で美しく面取りされ、手に取る瞬間にその質のよさを実感できます。5.2インチのディスプレイはフルHD解像で映像の細部まで明るく表示。周囲の明るさに左右されることなくクリアな映像を楽しめます。RAM・4GB、ROM・64GBも通常使いには十分な容量で快適。使いやすさとデザインのよさが人気の理由です。

第2位 ファーウェイ(HUAWEI) P10 lite

両面には2.5D曲面ガラス、フレームにはダイヤモンドカット加工を採用した美しいデザインが人気のモデル。大容量の3000mAhバッテリーを搭載したことにより、10分の充電で約2時間の動画を楽しめます。ファーウェイ独自のKirin 658プロセッサーは電力消費量を削減すると共に操作性もアップし、ストレスフリーです。

ファーウェイが開発したナックルセンステクノロジーにより、画面を指関節でノックしたり文字を書くことが可能。料理中に指先が汚れていても、簡単に起動や操作ができます。インカメラに搭載された新しいポートレートモードには顔面認識技術を採用。ぼやけがちな写真に敢えて自然なボケ効果を与え、被写体を美しく撮影します。RAM・3GB、ROM・32GB、Micro-SD・最大128GBで容量も十分です。

これだけの機能を備えていながら、価格は2万円台と非常にリーズナブル。おサイフケータイや防水機能を重視しない方には文句なしでおすすめの1台です。

第3位 シャープ(SHARP) AQUOS sense lite SH-M05

高精細フルHDのIGZOを搭載したモデル。液晶にこだわるシャープらしさが細部に生かされ、被写体の質感を繊細に表現。鮮やかさを楽しみたい風景や陰影を味わいたい映画など、どんな映像もダイナミックに楽しめます。透過率が高いIGZOディスプレイにより、バックライトの消費電力を下げることに成功。1回の充電で3日間使えるので、こまめに充電するのが面倒な方におすすめです。

ロックフォトシャッフルを使えば、ロック画面に違う壁紙を自動切替しながら表示可能。自分で撮影したお気に入りの写真も壁紙にできます。カラーバリエーションは全7色で、一部のカラーは格安SIM事業者でのセット販売限定。他にはあまりないターコイズ(mineo限定色)は、男性にも女性にも人気です。RAM・3GB、ROM・32GB、外部メモリで最大256GBと容量も十分。シャープ独自のチューニング機能により操作性も抜群です。