今や生活必需品ともいえる「スマホ」。国内ではiPhoneのシェアが高いですが、格安SIMの普及に伴ってAndroidスマホに乗り換える方も増えてきています。

そこで今回は、Androidスマホのおすすめ機種をご紹介。SIMフリーモデルに加え、docomo・au・Softbankの大手キャリア3社のモデルもピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Androidスマホの特徴

機種のラインナップが豊富

By: amazon.co.jp

Androidスマホの魅力は、何といっても機種のラインナップの豊富さ。Androidスマホを販売するメーカーは世界中にたくさんあり、そのメーカーごとにスペックの違う製品がラインナップされています。そのため、ユーザーは性能やデザインなど、自分のライフスタイルにあったモデルを選ぶことが可能です。

1~2万円ほどで購入できるエントリーモデルから、10万円を超えるハイエンドモデルまで、幅広い価格帯の製品を扱っているのもAndroidスマホならではの魅力。

スクリーンをタッチするだけでロック解除できる「面内指紋認証」や、ワイヤレス充電に対応したデバイスを重ねて充電できる「ワイヤレスパワーシェア」、ディスプレイを二つ折りできる「折りたたみスマホ」など、iPhoneシリーズにはない最新のトレンドがいち早く取り入れているのも大きな特徴です。

対応アプリが多い

Androidスマホは、さまざまな機能を持つバリエーション豊富なアプリが用意されているのも特徴です。Androidアプリの審査は比較的緩く、クオリティの高いアプリから、そうでないアプリまでさまざまなアプリが公開されています。

一方、iPhoneアプリは一定のクオリティを設けており、機能性やエンタメ性、デザイン面など、アプリの審査が厳しいため、Androidよりも全体的なアプリの数が少なくなっています。

LINEやZoom、TikTokなど誰でも知っているような人気アプリは、Android・iPhoneのどちらでも利用できますが、あまり知られていないマイナーなアプリに関しては、Androidの方が圧倒的に数が多いため、たくさんのアプリを楽しみたい方は、Androidスマホを選んでおいたほうが安心です。

カスタマイズ性が高い

Androidスマホは、カスタマイズ性が高いため、ホーム画面を自由に設定することが可能です。iPhoneの場合、UIのデザインが統一されているので、ホーム画面を自分好みにカスタマイズすることはできません。Androidスマホなら、ホーム画面上に天気予報やカレンダーを配置したり、SNSのメッセージ内容を表示したり、ライフスタイルに合わせてさまざまなアレンジができます。

Androidスマホの操作に慣れてくれば、アイコン画像を指定して個別に変更したり、ホームアプリを変更したり、より細かいカスタマイズも可能。基本背景を白から黒に変える「ダークテーマ」を使えば、消費電力を抑えてバッテリーを長持ちさせることもできます。

キャリアスマホとSIMフリースマホの違い

スマホはSIMカードという契約者の利用情報を記録した小さなカードを挿すことで使えるようになります。「キャリアスマホ」と「SIMフリースマホ」では、使用できるSIMカードの種類が異なる点に留意しましょう。

キャリアスマホとは、docomo・au・Softbankの大手3社が取り扱っているスマホのこと。それぞれの会社で発行されたSIMカードしか使えないという制限がありますが、その分各キャリアのショップで手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

一方、SIMフリースマホとは、大手キャリアと違って自分で契約した好きなSIMカードを挿入して使えるスマホのこと。格安SIMと併せて利用することで月々のスマホ利用料金を大幅に抑えられます。

また、海外の通信網に対応したSIMフリースマホを利用していれば、海外出張や旅行の際に現地のSIMカードへ差し替えることも容易。国内で使っていたスマホを滞在先でも使いたい場合はSIMフリースマホが便利です。ただし、アフターサービスなどが少ない場合もあるため、注意しておきましょう。

Androidスマホのおすすめ|ハイスペックモデル

サムスン(Samsung) Galaxy S20 5G

8Kビデオに対応したハイスペックスマホです。大画面で再生しても美しい高精細な映像が撮影できるため、風景やスポーツイベントなどにおすすめ。また、撮影した動画のなかからお気に入りの場面を約3300万画素の画像として切り取れます。

5Gネットワークに対応しており、対象エリアでの高速・大容量通信が可能です。4G環境では長い時間を必要としていた動画のダウンロードやビデオ通話をスムーズに行えるのが魅力。SIMフリーモデルのほか、docomo・auでも購入できます。

ソニー(SONY) Xperia 5

トリプルレンズカメラを搭載したハイスペックスマホです。約1220万画素の標準・望遠・超広角レンズを、場面に応じて切り替えられるのがポイント。また、1.4μmピクセルピッチのイメージセンサーとF値1.6のレンズを採用し、明るさを維持することで夜間でも美しく撮影できます。

2つのアプリを同時に開ける「マルチウィンドウ」も便利。動画を視聴しながらインターネットブラウジングを行うなどマルチで作業を行えます。本モデルはdocomo・au・Softbankの3キャリアから発売されており、自由にプランを選べるのが特徴です。

シャープ(SHARP) AQUOS zero2

持ちやすさに特徴のあるハイエンドスマホです。約141gの軽量設計なので、長時間の使用でも安心。本体背面は丸みを帯びたラウンド形状で、手のひら全体にフィットしやすいのがポイントです。

10億色の表示を可能とした有機ELディスプレイが魅力。4倍速の高速表示に対応し、動きの激しいゲーミングなどもストレスなく楽しめます。docomo・auから発売されており、機種変更にもおすすめです。

グーグル(Google) Pixel4

自動でバッテリーを調節できるハイエンドスマホです。頻繁に使用するアプリに対して優先的に電力供給を行うことで、効率的に運用できます。また、USB Type-Cによる給電に加え、Qi認証のワイヤレス充電にも対応しているため、ケーブルの断線や抜き差しによるコネクタ部分の故障を防げるのが特徴。

非ノッチタイプの5.7インチ有機ELディスプレイを採用しています。タッチパネル操作や動画視聴・ゲーミングを快適に行える、狭いベゼルも魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI) P30

3200万画素のインカメラを搭載したハイエンドスマホです。AI HDR+機能によって顔を立体的に認識することにより、自然な状態で撮影できます。逆光下や夜間でも人物や背景を明瞭に写しやすく、友人や家族との自撮りにもおすすめです。

また、インスクリーン型指紋認証を採用。ディスプレイ内にセンサーが取り付けられているため、画面を広く使用できるだけでなく、素早いロックの解除が可能。格安SIMでの運用に対応しているSIMフリーの製品です。

Androidスマホのおすすめ|ミドルスペックモデル

LG G8X ThinQ

ディスプレイを搭載した専用ケース「LGデュアルスクリーン」により、2画面で操作できるミドルスペックスマホです。本体と同じサイズのディスプレイが付属しており、インターネットブラウジングやゲーム、動画視聴などを同時に2画面で楽しめます。用途に応じて本体部分を取り出して、1画面での使用も可能です。

高性能なSnapdragon 855が採用されているため、ゲームアプリを使用する頻度が高い方におすすめです。メモリは6GBを内蔵し、マルチタスクもスムーズ。Softbankで購入できます。

ソニー(SONY) Xperia 8

上質なデザインが魅力のミドルスペックスマホ。容量は2760mAhで、1日中使用していても電池切れを起こしにくいのがポイントです。

光学2倍ズームによって、遠くの人物・建物・風景を高解像度で撮影可能。13種類のシーンと4つのコンディションを自動で認識して、最適な色合いや明るさを反映させる「プレミアムおまかせオート」機能も搭載しています。SNS映えする写真を簡単に撮りたい方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense3

AIオートモードを搭載した、ミドルスペックスマホです。9つの被写体と場面を認識し、色味や明るさを際立てることで美しい写真を撮影できます。また、撮影した動画のベストシーンを自動判別して作成する15秒間のショートムービーは、SNSの投稿にも便利です。

さらに、1日中使用しても電池切れを起こしにくい4000mAhの大容量バッテリーを内蔵。メーカー独自の「省エネIGZOディスプレイ」との相乗効果によって、電池の減りを気にせず使えます。本製品はSIMフリーモデルのほか、docomo・auの2キャリアで購入できます。

サムスン(Samsung) Galaxy S10

画面占有率93.1%のミドルスペックスマホです。約6.1インチの大型画面を搭載し、迫力のある動画やゲームを楽しめます。さらに、自然な色合いを映し出す有機ELディスプレイによって、日差しの強い環境や暗所でも見やすいのが魅力です。

USBケーブルを必要としないQiワイヤレス充電に対応。また、3300mAhのバッテリーを内蔵していることに加え、利用状況を学習し電力消費を抑えられるため、効率よく使用できます。本製品はSIMフリーモデルのほか、docomo・auでも購入可能です。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

1億800万画素のカメラを採用したミドルスペックスマホです。望遠、超広角、マクロなど計5つのレンズを搭載し、被写体やシーンに合わせて自由に選べます。また、画像がぼやけやすい暗所対策として「ナイトモード 2.0」を採用しており、自然に近い状態で夜景の撮影が可能。SNSに活用できる便利なVlogモードも搭載しています。

高精度な指紋センサーもポイントです。乾燥や光の強い場所などロックを解除しにくい環境でも認証しやすく、素早くスマホを使用できます。ドロップ型のノッチを採用し、画面を広く使えるSIMフリースマホです。

Androidスマホのおすすめ|エントリーモデル

サムスン(Samsung) Galaxy A20

スマホデビューにもおすすめのエントリースマホです。FMラジオを搭載しているため、通常時はもちろん、災害時などでインターネットから情報を得られない場合に重宝します。また、悪天候のなかでも壊れにくいIPX5・IPX8の防水性能に準拠しているのが魅力です。

5.8インチの大型ディスプレイを採用し、ブラウジングやゲーミングに便利。本体は横幅がスリムなため、大画面ながら片手での操作も可能です。SIMフリーモデルのほか、docomoとauで購入できます。

富士通(FUJITSU) arrows Be4 F-41A

はじめてスマホを使う方でも操作しやすい「シンプルモード」を搭載しているエントリーモデル。コンパクトかつ約144gと軽量なので、長時間使っていても腕が疲れにくいモデルです。また、アプリの使用制限や時間制限をかけられる「ジュニアモード」、「迷惑電話対策機能」など、便利な機能が豊富に搭載されています。

加えて、キャッシュレス決済が簡単に行える仕様なのもポイント。あらかじめ設定しておけば、指紋センサーに触れるだけで画面のロック解除とアプリの起動ができ、スムーズに支払い可能です。

万が一落としてしまったときでも画面が割れにくく、IPX5/8の防水性能を有しているのも魅力。耐久性にすぐれているほか、泡のハンドソープで洗えると謳われており、スマホを清潔に保ちたい方にもおすすめです。

富士通(FUJITSU) arrows U

防水性能を備えたエントリースマホです。IPX8規格に準拠しているため、台所での家事やガーデニング中の水しぶきによる本体への影響を防げます。インターネットや動画を見ながら家事を行いたい方におすすめです。

また、相手の声を聞き取りやすいのも魅力。通話環境に合わせて、クリアに聞こえる「はっきりボイス」と相手の話すスピードを落とす「ゆっくりボイス」から選択できます。Softbankから発売されており、外での電話が多い方や年配の方に便利なモデルです。

LG style2

By: lg.com

6.0インチの大型ディスプレイが魅力のエントリースマホです。画面に表示される情報量が多く、ブラウジングや電子書籍の購読におすすめ。また、片手でも操作しやすい「ミニビューモード」を採用しています。

約1310万画素の広角カメラしたデュアルカメラも搭載。近くの風景や建物に加え、複数人での撮影でもフレーム内に収められるのがポイントです。AIカメラも搭載しており、人物や建物などの被写体を美しく仕上げられます。コストパフォーマンスに優れた本製品は、docomoで購入可能です。

オッポ(OPPO) A5 2020

11時間の連続動画視聴に対応したエントリースマホです。5000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、充電回数を抑えらえれます。また、本体からほかのデバイスへ給電できるリバース機能も便利です。

ビデオ手ぶれ補正機能もポイント。A.I.テクノロジーおよび内蔵のジャイロセンサーを組み合わせることで、揺れが大きい環境でも鮮明な動画を撮れます。乗り物からの風景や歩きながらの撮影におすすめです。

6.5インチの大型ディスプレイを採用しています。89%の画面占有率を有し、インターネットブラウジングやゲーミングの映像も見やすいのがポイント。低価格ながら機能性に優れたSIMフリーモデルです。