今や生活必需品とも言えるスマホ。国内では依然としてiPhoneのシェアが高いですが、最近はAndroidスマホも健闘しており、“iPhone離れ”を決め込む方も増えてきています。

そこで今回はAndroidスマホのおすすめ機種をご紹介。docomo・au・Softbankの大手キャリア3社に加え、SIMフリーモデルもピックアップしたので、Androidスマホの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Androidスマホとは?

機種が豊富

Androidスマホとは、Googleが提供しているAndroid OSを搭載したスマートフォンのこと。iOSを搭載したiPhoneはアップル1社のみの提供ですが、Androidスマホの端末はさまざまなメーカーからリリースされているのが特徴。メーカーごとにデザインやスペック、機能が大きく異なるので、さまざまな機種が揃っています。

カスタマイズ性が高い

AndroidスマホはiOS端末と比較して、ホーム画面を自分好みにデザインできるなどカスタマイズできるのが特徴。スマホ初心者や高齢者の方でも容易に操作ができるAndroidスマホも販売されているので、ラインナップの幅広さがメリットです。

アプリの種類が豊富

By: mydocomo.com

Androidスマホは、Googleが提供するアプリストア「Google Play」を使ってアプリやゲームをインストールします。このGoogle Playは、iPhoneユーザーが利用する「App Store」よりもコンテンツが充実しているので、さまざまなアプリやゲームを楽しむことができます。

セキュリティ面でリスクは高くなりますが、公式アプリストアの審査に通らないようなアプリやゲームが楽しめるのもAndroidスマホならではの魅力です。

キャリアスマホとSIMフリースマホの違い

性能を求めるなら「キャリアスマホ」がおすすめ

By: mydocomo.com

「キャリアスマホ」とは、docomo・au・Softbankの大手3社が販売するスマートフォンのこと。高性能なハイエンドクラスの製品を中心に取り扱っているので、性能重視でスマホを選びたい方におすすめ。ただし、スマホの本体価格は総じて高めなので、コストパフォーマンスを重視する方は要検討です。

ちなみに、最近では格安スマホに対抗するために大手キャリアも2~3万円台で購入できるミドルクラスの製品を取り扱うようになりました。ミドルクラスといってもスペックは十分に高く、機能も充実しているので「ハイエンドクラスは価格が高くて手が出せない」という方は価格と性能のバランスに優れたミドルクラスを選ぶのもよいでしょう。

価格を重視するなら「SIMフリースマホ」がおすすめ

By: amazon.co.jp

「SIMフリースマホ」とは、端末本体にSIMロックがかかっていないスマホのこと。大手キャリアと違って自分で契約した好きなSIMカードを挿入して使えるので、格安SIMと組み合わせれば月々のスマホ利用料金を大幅に抑えることができます。

スマホの種類が豊富で端末価格が安いものが多いのも魅力なので、コストパフォーマンスを重視するならキャリアスマホよりもSIMフリースマホがおすすめです。なお、製品によってはキャリアスマホよりも高価な端末もあるので、その点は留意しておきましょう。

Androidスマホの選び方

ゲームで遊ぶなら「CPU」と「RAM」を確認

By: nttdocomo.co.jp

ゲームを快適に楽しみたいなら「CPU」と「RAM」が重要。この2つはスマホの処理能力を大きく左右する重要なパーツなので、Androidスマホを選ぶ際にはしっかりとチェックしましょう。

CPUの性能をチェック

By: nttdocomo.co.jp

CPUは「Central Processing Unit」の略で、人間で例えると「頭脳」あたる重要なパーツです。CPUの性能が高ければデータの処理を高速で行うことができ、アプリやゲームを快適に動かせます。

選び方の目安として、FPSのような処理の重いゲームを楽しむならコアの数は「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」、クロック周波数は「2.0GHz以上」。パズルゲームのような比較的処理の軽いゲームを楽しむならコアの数は「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数は「1.6GHz以上」を基準に選ぶとよいでしょう。

RAMの性能をチェック

By: au.com

RAMは「Random Access Memory」の略で、モノで例えると机の広さのようなモノです。机が広ければ作業効率が向上するのと同じで、RAMも容量が大きければ1度にたくさんの処理ができるようになります。

選び方の目安として、FPSのような処理の重いゲームを楽しむなら「4~6GB」、パズルゲームのような比較的処理の軽いゲームを楽しむなら「2~3GB」を基準に選ぶとよいでしょう。

アプリをたくさん入れるなら「ストレージ容量」を重視

By: huawei.com

ストレージとは、アプリやゲームなどのプライベートデータから、OSやキャッシュなどのシステムデータまで、スマホ内のさまざまなデータを保管しておく場所のこと。ストレージの容量が大きければそれだけたくさんのデータを保存できるため、多様な種類のアプリやゲームを楽しみたい方はストレージ容量も忘れずにチェックしましょう。

選び方の目安として、最低限のアプリだけ使えればよいライトユーザーなら「16~32GB」、アプリやゲームをたくさん楽しみたいヘビーユーザーなら「64〜128GB」のストレージ容量を基準に選ぶとよいでしょう。

動画を観るなら「画面サイズ」で選ぶ

By: nttdocomo.co.jp

スマホの画面サイズも重要です。小さすぎると文字が読みにくかったり、動画が視聴しにくかったりと不便。反対に画面が大きすぎると片手で扱うのが難しくなり、電話としては使いづらくなってしまいます。持ちやすさを優先すると4.5~5インチ程度がおすすめです。

とはいえ、数年前から全体的に大型化の傾向が強くなってきており、最近では5~5.5インチ程度のモデルが主流。小型のモデルを選ぼうとすると選択肢はやや狭まってしまうので、近年のトレンドは意識しておきましょう。

高画質な写真を撮りたいなら「カメラ機能」をチェック

By: au.com

SNSによく写真をアップする方ならカメラの性能も重要。特に安価なスマホは、カメラの性能が低スペックである可能性があるので注意が必要です。

一方、ハイスペックモデルでは、世界的にも評価の高いカメラメーカーのレンズを搭載するなど、カメラ機能にとことんこだわった機種も登場しています。セルフィー機能に特化した機種や望遠と広角レンズを備えたダブルレンズのモデルなどもラインナップされているので、高性能なカメラをスマホに求めている方はぜひチェックしておきましょう。

使い勝手を左右する「便利機能」

By: nttdocomo.co.jp

スマホに搭載されている機能は端末によって多種多様。例えば、現金をあまり持ち歩きたくない方であれば「おサイフケータイ」を搭載している機種が便利です。

また、雨に強いスマホを探している方であれば防水性能を重視した機種がおすすめ。セキュリティと利便性を両立させたい方は、指紋認証機能を搭載した機種も選択肢に入れておき

Androidスマホのおすすめランキング|docomo

第1位 ソニー(SONY) Xperia XZ2 Premium SO-04K

ソニーのハイスペックAndroidスマホです。高性能なオクタコアCPU「Qualcomm SDM845」や、大容量の「6GB RAM」を採用することで、処理の重いアプリやゲームもストレスなく快適に楽しめます。カメラには、ソニーの技術を採用した「デュアルカメラ」を搭載。誰でも気軽にクオリティの高い撮影が楽しめます。

また、立体感のある迫力サウンドが楽しめる「フロントステレオスピーカー」や美しい「4K HDR対応ディスプレイ」を搭載しているので、音や映像のクオリティにこだわりたい方にもおすすめ。アメリカのQnovo社と共同開発した「充電の最適化技術」、Xperia独自の「いたわり充電」を採用することで、バッテリーの長寿命化に配慮しているのもポイントです。

第2位 富士通(FUJITSU) arrows NX F-01K

本モデルは、画面割れに強い「NEW SOLID SHIELD」や、耐傷性を飛躍的に向上させたガラスと樹脂の特殊コーティング「Corning Gorilla Glass 3」を採用。衝撃やキズからスマホ本体をしっかりと保護できます。

防水性能は「IPX5/IPX8」と高いほか、チリやホコリの侵入を防ぐ「IP6X」の防塵性能を備えているので、バスルームやキッチンなどの水回りからアウトドアのような屋外アクティビティまで、幅広いシチュエーションで安心して使えます。

指紋と指の動きを読み取るセンサー「Exlider」や、いつでもどこでも即認証して使える「虹彩&指紋のデュアル生体認証」など、便利なオプションが充実しているのも魅力。CPUには「Qualcomm SDM660」を採用しているので、アプリやゲームを快適に楽しみたい方にもおすすめです。

第3位 ZTE M Z-01K

デュアルディスプレイが特徴的なAndroidスマホです。異なるアプリを別々に操作できる「2画面モード」、メインディスプレイとサブディスプレイをひとつの画面で使用できる「大画面モード」、同じ内容を2つの画面に表示する「ミラーモード」、メインディスプレイのみを使用する「通常モード」など、4つのモードに対応。使う用途やシチュエーションに合わせて最適な画面モードが選べます。

スピーカーには、立体的な3Dサウンドが楽しめる「デュアルスピーカー&ドルビーアトモス」を採用。迫力のあるサウンドで動画やゲームが楽しめるのも魅力です。

また、さまざまな操作が素早くできる「ファンクションキー」、触れるだけで簡単にロックの解除ができる「指紋センサー」、スマホを耳に添えるだけで電話の応対ができる「スグ電」など、機能が豊富なのも特徴。使い勝手良好のおすすめモデルです。

Androidスマホのおすすめランキング|au

第1位 サムスン(SAMSUNG) Galaxy S9+ SCV39

サムスンの多機能スマホ「Galaxy Sシリーズ」モデルです。セルフィーを撮影すると自分にそっくりなアバターが作成できる「AR絵文字」や、知らない言語もカメラをかざせば即座に読める「Live Translation」、環境に合わせて自動でロックを解除する「Intelligent Scan」など、オプション機能が充実しています。

ディスプレイには、約6.2型の「Quad HD+ Super AMOLED(2960×1440)」、スピーカーには、オーディオブランドのAKGが監修した「AKGチューニングステレオスピーカー」を採用。高品質な映像と大迫力のサウンドが楽しめるのもポイントです。

周囲の明るさに合わせてレンズを自動で切り替える「デュアルアパチャー」や、被写体の魅力を最大限に引き出す「マルチフレームノイズリダクション」に対応しているのも魅力。昼間はもちろん夜でも明るくクリアな写真を撮影できます。

第2位 シャープ(SHARP) AQUOS R2 SHV42

シャープのスタイリッシュなAndroidスマホです。カメラには、世界で初となる「動画専用&静止画用の2眼メインカメラ」を採用。高画質の動画と静止画が同時に撮影できるのが特徴です。

動画を撮影しながらAIが自動でおすすめの写真を撮影する「AIライブシャッター」、気になる情報を話しかけてくれる人工知能「エモパー(EMOPA)」など、メーカー独自の機能が備わっているのもポイント。従来機種と比べて応答速度が最大25%向上した「ハイスピードIGZO」や、処理能力の高いCPU「Qualcomm Snapdragon 845」を採用しているので、アプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

第3位 京セラ(KYOCERA) Qua phone QZ

ノートや手帳のブランドとして知られる「Rollbahn(ロルバーン)」と京セラがコラボしたAndroidスマホ。チョコミント・カシスピンク・シトラスレモン・インディゴの個性的なカラーバリエーションに加えて、持っていて楽しくなるおしゃれな「ツートンカラー」を採用。ポップで可愛らしいスマホを探している方におすすめです。

画面のサイズは5.0インチ。長時間の使用でも目が疲れにくい「ブルーライト軽減機能」や、スマホに届いた通知を他の端末で受け取れる「auシェアリンク」、1回の充電で最長3日間使える「バッテリー&エコモード」などの実用性に優れた機能も魅力。割れにくく傷つきにくい「ハイブリッドシールド」、水まわりでも安心して使える「IPX5/IPX8」の防水性能、米国国防総省が制定した「MIL規格」など、耐久性にも優れているのもポイントです。

Androidスマホのおすすめランキング|Softbank

第1位 ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI nova lite 2

約5.7インチのワイドビューディスプレイを採用したAndroidスマホ。「マルチスクリーン機能」の搭載により、ボタンを触るだけで2つのアプリの同時使用が可能なので、動画を再生しながらメールやメッセージのやりとりがスムーズにできるのが特徴です。

メインカメラには1300万画素と200万画素のダブルレンズカメラを内蔵。鮮やかな写真を撮影できるのはもちろん、被写体との距離を正確に把握し、一眼レフカメラで撮影したようなボケ感が出せます。また、800万画素のインカメラに手のひらを向けるだけで、手軽なセルフィー撮影を楽しめるのもポイントです。

第2位 シャープ(SHARP) Android One S3

シャープの「Android One S3」は、約5.0インチのフルHD「IGZOディスプレイ」を搭載。メーカー独自の技術を採用した高性能バックライトによって、画質クオリティが高いのが特徴です。

省エネ設計のディスプレイに加えて、2700mAhという大容量バッテリーを採用することによりスタミナも十分。3GBのメモリを内蔵しており、アプリを複数起動してもサクサク操作できるのも魅力です。

防水性、防塵性、耐衝撃性に優れているので、お風呂でも使用可能。トータルバランスに優れたAndroidスマホです。

第2位 京セラ(KYOCERA) DIGNO J

Androidスマホ初心者におすすめの端末。必要な情報とよく使う機能が大きなショートカットアイコンで配置されている「かんたんビギナーホーム」や、スマホの使い方がアプリで学べる「スマホはじめてガイド」、ガラケーのような操作感で文字入力ができる「ケータイ入力」に対応しているので、スマホ操作に不慣れな方でも安心して使えるのが特徴です。

手袋を着けたままでも使える「グローブタッチ機能」や、画面が濡れた状態でも使える「ウェットタッチ機能」、簡単にデータの移行ができる「赤外線通信」など、便利な機能も網羅。水に濡れても壊れない「IPX5/IPX7」の防水に対応しているので、キッチンやバスルームなどの水回りでも安心して使用できます。

Androidスマホのおすすめランキング|SIMフリー

第1位 ファーウェイ(HUAWEI) P20 lite

Androidスマホで人気の端末。高性能CPU「HUAWEI KIRIN 659」や大容量の「4GB RAM」を採用しており、複数のアプリを同時に立ち上げてもストレスなく快適に楽しめます。ディスプレイには、見やすく高精細な「フルHD+液晶(2280×1080ドット)」を採用しているので、きれいな映像でゲームや動画を楽しみたい方にもおすすめです。

メインカメラには、約1600万画素+約200万画素の「ダブルレンズカメラ」を搭載。初心者でも一眼レフのような美しいボケ味を気軽に楽しめます。また、ディスプレイに向かって手をかざすだけでシャッターが切れる「ジェスチャーセルフィー」も機能として備わっているので、より手軽に自撮りを楽しみたい方には便利です。

画面を見るだけでロックの解除ができる「顔認証」や、短時間で素早く充電ができる「高電圧急速充電」など、先進のオプション機能が充実しているのも魅力。満足度の高いおすすめのスマホです。

第2位 ファーウェイ(HUAWEI) Mate 10 Pro

画面サイズが6インチの高性能Androidスマホです。オクタコアCPUと12コアGPUを搭載したハイエンド向けSoC「Kirin 970」を採用。処理の重いアプリやゲームもストレスなく快適に楽しめます。内部ストレージは128GBと大容量なので、容量を気にせずアプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

ほかにも、パフォーマンスが向上した「モバイルAIプロセッサー」や、わずか30分でフル充電ができる「UAWEI Super Charge」、クオリティの高い写真撮影が気軽に楽しめる「Leicaダブルレンズカメラ」など、機能性が充実しているのもポイント。

また、1回の充電で最大3日以上使える「4000mAhの大容量バッテリー」を内蔵しているのでスタミナも良好。長時間アプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

第3位 シャープ(SHARP) AQUOS R compact

4.9型液晶ディスプレイを採用したコンパクトなAndroidスマホです。画面の解像度は「フルHD+(2032×1080ドット)」に対応。液晶の形状を自由に変えられる「IGZOフリーフォームディスプレイ」や、ディスプレイが筐体にフィットする「EDGEST fit」を採用することで、横幅わずか66mmのサイズにまとまっているのが特徴です。

処理能力に優れたCPU「Snapdragon 660」や、大容量RAM「3GB LPDDR4X」を採用しているので、アプリやゲームもストレスなく快適に楽しめます。画面が発光して人物を明るく照らす「セルフィーフラッシュ」や、撮影時に起こりがちな目線のズレを防ぐ「アイキャッチセルフィー」、自然な仕上がりに自動修正する「美肌調整・小顔補正」など、自撮りがきれいに楽しめる機能も魅力です。

第4位 モトローラ(Motorola) Moto Z2 Play AP3835AC3J4/A

画面サイズ5.5インチのAndroidスマホ。機能面では、夜間になると自動でブルーライトを低減する「ナイトディスプレイ」、指紋センサーを使ってスマホの操作ができる「ワンボタンナビ」、約15分の充電で最長10時間使える「TurboPower充電」を搭載しているので、使いやすい1台です。

64GBの内蔵ストレージに加えて、最大2TBのSDカードが使用可能な「SDカードスロット」を搭載しているので、アプリやゲームをたくさん楽しみたい方にも適しています。

なお、別途購入が必要となりますが、拡張パーツ「Moto Mods」が充実しているのもポイント。プロジェクターや360°カメラ、高音質スピーカーやワイヤレス充電など、さまざまなアイテムがラインナップしているので、それぞれの分野に特化したカスタマイズが可能なのも魅力です。

第5位 オッポ(OPPO) OPPO R15 Neo

4230mAhと大容量バッテリーを内蔵しているAndroidスマホ。スタミナ十分な端末なので、電池切れのストレスを避けたい方におすすめです。

ディスプレイは6.2インチのフルスクリーンを採用。背面はコーティングを重ねたダイヤモンドデザインが施されているので、見た目も良好です。

メインカメラに搭載された1300万画素のデュアルカメラを駆使すれば、背景をボカすことも可能。人物を被写体として強調し、写真の主役に引き立ててくれる「A.I.ポートレートモード」、セルフィーがよりいっそう楽しくなる「A.I.ビューティーモード」なども搭載されています。

第6位 エイスース(ASUS) ZenFone Max M1

画面サイズ5.5インチのフルビューディスプレイを採用したAndroidスマホ。カメラには1300万画素の大口径レンズが備わっており、アウトカメラを用いれば、シャッターラグなしで鮮やかな写真撮影ができます。なお、セカンドカメラは120°の広角レンズを採用。旅先の風景撮影にもストレスなく対応できるのが特徴です。

4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのもポイント。付属のアダプターを使えば、15分間の充電で4時間の通話が可能です。また、パワーマネジメント技術によりバッテリー本体の寿命にも配慮しています。

トリプルスロットによって、2つのSIMカードとmicroSDカードの同時使用が可能なのも魅力。国内用と海外用のSIMカードをそれぞれ挿せば、同端末をフル活用することも可能です。