今や生活必需品とも言える「スマホ」。国内ではiPhoneのシェアが高いですが、格安SIMの普及に伴ってAndroidスマホに乗り換える方も増えてきています。

そこで今回は、Androidスマホのおすすめ機種をご紹介。SIMフリーモデルに加え、docomo・au・Softbankの大手キャリア3社のモデルもピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Androidとは?

Androidとは、Google社が開発したスマホやタブレット端末などのモバイル機器専用OSのことです。OS(オペレーションシステム)とは、機器の動作全体を制御したり管理したりする基本ソフトウェアのことで、Android OSは各デバイスメーカーに無償提供されているのが特徴。

そのため、多くのメーカーが自社製品に採用しており、スマホ用のOSでは世界No.1のシェアを誇っています。そのほかのOSとしては、Apple社のiPhoneに搭載されている「iOS」が有名です。iOSはApple社が開発したもので、iPhoneやiPadなど同社の製品にしか搭載されていません。

動作するアプリもAndroidとiOSでは異なり、Android用アプリはOSに標準でインストールされている「Google Play」からダウンロードします。なお、「Google Play」を経由せずアプリをダウンロードすることも可能ですが、一部にはマルウェアなど悪質なアプリも存在するため注意が必要です。

キャリアスマホとSIMフリースマホの違い

スマホはSIMカードという契約者の利用情報を記録した小さなカードを挿すことで使えるようになります。「キャリアスマホ」と「SIMフリースマホ」では、使用できるSIMカードの種類が異なる点に留意しましょう。

キャリアスマホとは、docomo・au・Softbankの大手3社が取り扱っているスマートフォンのこと。それぞれの会社で発行されたSIMカードしか使えないという制限がありますが、その分各キャリアのショップで手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

一方、SIMフリースマホとは、大手キャリアと違って自分で契約した好きなSIMカードを挿入して使えるスマートフォンのこと。格安SIMと併せて利用することで月々のスマホ利用料金を大幅に抑えることができます。

また、海外の通信網に対応したSIMフリースマホを利用していれば、海外出張や旅行の際に現地のSIMカードへ差し替えることも容易。国内で使っていたスマホを滞在先でも使いたい場合はSIMフリースマホが便利です。ただし、アフターサービスなどが少ない場合もあるため、注意しておきましょう。

Androidスマホの選び方

スペックをチェック

CPU

CPU(Central Processing Unit)は「中央処理装置」のことで、人間の頭脳にあたる重量なパーツです。性能が高いほど、アプリやゲームを快適に動かすことが可能。CPUの性能は主に、内部の処理ユニット「コア(Core)」の数と、動作するクロック周波数「GHz」により決まります。

コアはデュアルコア(2Core)、クアッドコア(4Core)と数が多くなるほど、クロック周波数は「2GHz」、「2.7GHz」と数字が大きいほど処理速度が早く高性能です。FPSなど負荷の大きいゲームを頻繁にプレイするのであれば、できるだけ性能の高いCPUを搭載したモデルを選びましょう。

メモリ

メモリはRAMとも呼ばれ、CPUが処理を行う際に演算途中のデータを一時的に記憶しておく場所です。CPUの性能と同じく、メモリ容量の大小がAndroidスマホの動作速度に大きく影響します。

メモリ容量が大きいほど処理がスムーズに行えるため、結果的にアプリを軽快に動作させることが可能。負荷の重いゲームなどをするのであれば、メモリを最低でも「4GB」以上搭載したモデルがおすすめです。

ストレージ

ストレージはパソコンで言う、HDDやSSDに相当するパーツです。ROMとも呼ばれAndroid OS自体を始め、アプリや写真、音楽、メールなど、全てのデータがストレージに保存されます。ストレージ容量が大きいと、たくさんのアプリをインストールできるだけでなく、大量の写真や動画などの大容量データを保存しておくことも可能。

最近はAndroidスマホに搭載されているカメラの解像度も上がっているため、最低でも「32GB」、保存するデータ量によっては「64GB」もしくは、それ以上の容量が必要になってくることも十分考えられます。購入後、インストールするアプリや保存するデータが増えることも考慮し、ストレージ容量に余裕のあるモデルを選びましょう。

便利な機能をチェック

おサイフケータイ

おサイフケータイは、非接触ICカード技術を使った「Felica」チップを内蔵することにより、電子決済などが行える機能です。電子決済だけでなく、Suicaなど交通機関の乗車カードや、ポイントカード、クレジットカードといったさまざまな用途に活用できます。

キャッシュレス化が図れるので、カード類を持ち歩く必要がないのが魅力。財布を出さずに支払いや交通機関を利用したい方にはおすすめの機能です。

指紋認証・顔認証

生体認証に対応しているAndroidスマホであれば、毎回パスコードの入力をする必要がなく、簡単に画面ロックの解除が可能です。Google Playストアでゲームや音楽などのコンテンツを購入する際も、スピーディーな認証や決済ができて便利。また、パスコードのように生年月日などほかの個人情報から推測される危険もないため、万が一スマホを紛失した際にも安心です。

防塵・防水

水回りで仕事をしている方や、アウトドアなど埃や水濡れにさらされる場所で使用することの多い方は、防塵・防水性能の高いAndroidスマホを選びましょう。それぞれの性能は、防塵なら「IP6X」防水なら「IPX8」と言ったように、IEC(国際電気標準会議)で定められた保護等級で表示され、防塵・防水合わせて「IP68」とスペックに記載されることもあります。

防塵は「0〜6」、防水は「0〜8」の数字で表され、数字が大きいほど高性能。マリンスポーツなど、埃や水にさらされる危険が高い所で使用するのであれば、最高等級「IP68」を有している製品がおすすめです。

ワイヤレス充電

ワイヤレス給電の国際標準規格「Qi(チー)」に対応したAndroidスマホであれば、ケーブルを使わずに充電することが可能です。ワイヤレス充電器の上にスマホを置くだけなので、とても便利。充電のためにケーブルを持ち歩く必要がなく、充電器周りもスッキリ整理できるのが魅力です。

また、Qiに対応した別のスマホやイヤホンに対し、ワイヤレスで充電が行える「Galaxy S10」のような製品も発売されています。ケーブルレスの快適な生活に興味のある方は、ぜひチェックしておきましょう。

画面サイズで選ぶ

スマホの画面サイズは小さすぎると一度に表示できる文字数が少なかったり、動画が視聴しにくかったりと不便です。一方、画面が大きすぎると片手で扱うのが難しくなるため、電話としては使いづらくなってしまいます。

持ちやすさを優先したい方は4.5~5インチ程度の小型モデルがおすすめです。なお、数年前から全体的に大型化の傾向が強くなってきており、最近では5.5インチ以上のモデルがラインナップされています。小型のモデルを選ぼうとすると選択肢がやや狭まってしまう場合もあるため、注意しておきましょう。

動画や電子書籍、ウェブ閲覧を快適に楽しみたい場合は6インチ以上のAndroidスマホが候補に挙がります。画面サイズが大きいほど見やすく、コンテンツによっては迫力や臨場感も向上するので、映像やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

カメラ性能で選ぶ

By: sonymobile.co.jp

スマホで高画質な写真を撮影したい場合は「デュアルカメラ」が搭載されたAndroidスマホがおすすめ。異なる性能のカメラを2基搭載されているため、撮影の幅が広がるのが特徴です。例えば、望遠カメラとマクロカメラを使い分けることで遠近両方に対応できたり、モノクロカメラとカラーカメラで撮影した写真を合成することでシャープな夜景の写真を作れたりと、幅広いシーンで活躍します。

また、夜景や暗い室内でもキレイに撮影したい場合はF値の低いレンズを搭載した機種がおすすめ。F値が小さいほど光が少ない状況でも明るく高画質に撮影できます。加えて、光学式の手ブレ補正機能がカメラに搭載されていれば、ピンボケを抑えた鮮明な画像が撮影可能です。

さらに、AI機能がカメラに搭載されている機種は、撮影シーンに応じてAIが自動的に設定を最適化してくれるので便利。撮影を繰り返す度にAIがユーザーの好みを学習して、色合いや明るさなどを調節してくれるので、カメラ操作に不慣れな方でも高画質な写真が簡単に撮影できます。

なお、セルフィー(自撮り)を多用したい場合は前面カメラのスペックを確認しましょう。画素数は背面カメラと比べて控えめのモデルが大半ですが、目安として800万画素もあれば自撮りに十分な画質です。スマイルシャッターや美肌モードなどの機能が搭載されていれば撮影や加工も簡単に操作できるので、ぜひチェックしておきましょう。

Androidスマホのおすすめモデル|SIMフリー

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom CPH1919 JB

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom CPH1919 JB

オッポの最新技術が詰まったハイエンドSIMフリースマホ。4800万画素の超高解像度メインカメラ・1300万画素の望遠カメラ・800万画素の広角カメラを組み合わせることで、超広角から最大60倍までのズームに対応しています。8個のコアを搭載した高性能CPU「Qualcomm Snapdragon 855」や、大容量の「RAM 8GB」「ROM 256GB」を採用するなど、全体的なスペックが高いのも魅力です。

機能面では、画面に触れるだけでロック解除ができる「ディスプレイ指紋認証」、操作時のレスポンス・処理能力を向上させる「ゲームブースト2.0」、高負荷時でも端末の温度を一定に保つ「3つの冷却技術」を搭載。端末内部から立ち上がる特殊な「ピボットライジングカメラ」を採用することで、べセル幅3.49mmの大画面パノラマスクリーンを実現しているのも大きな特徴です。

モトローラ(MOTOROLA) moto g7 power PAEK0002JP/A

モトローラ(MOTOROLA) moto g7 power PAEK0002JP/A

価格と性能のバランスに優れたSIMフリースマホです。気軽に購入できるリーズナブルな価格でありながら、オクタコアCPU「Qualcomm Snapdragon 632」や、4GBの大容量メモリを搭載。アスペクト比19:9の「6.2インチ Max Visionディスプレイ」を採用することで、大迫力の映像で動画やゲームが楽しめます。

ほかにも、2つのSIMカードが同時に使える「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」や、遠くの被写体を明るく鮮明に撮影できる「ハイレゾズーム」、わずか15分で約8時間分の充電ができる「ターボパワーチャージャー」など、便利な機能を多数搭載。一回の充電で最長3日間駆動する「5000mAhバッテリー」を採用しているので、外出先で長時間スマホを使う方にもおすすめです。

エイスース(ASUS) ROG Phone ZS600KL-BK128S8

エイスース(ASUS) ROG Phone ZS600KL-BK128S8

エイスースが販売するゲーミングSIMフリースマホです。最大2.96GHzで動作する独自のクロックアップを施した「Qualcomm Snapdragon 845」や、高いグラフィック性能を誇る「Adreno 630」を搭載。最大90Hzの高速リフレッシュレートに対応した「AMOLEDディスプレイ」を採用することで、FPSや格闘ゲームのような動きの激しいゲームもノンストレスで楽しめます。

冷却効率の高い「3Dベイパーチェンバーシステム」に加えて、回路基板上にはカーボン製冷却パッドと銅製のヒートスプレッダーを配置。発熱を気にせず長時間快適にゲームが楽しめるのも魅力です。ゲーム中の処理性能を最適化する「Xモード」や、ゲームの操作性を向上させる「AirTrigger」などのオプション機能も特徴のひとつです。

パーム(Palm) Phone PVG100E-2A1PJPD

パーム(Palm) Phone PVG100E-2A1PJPD

クレジットカードとほとんど同じサイズのSIMフリースマホ。ディスプレイは3.3インチとコンパクトな大きさなので、手の小さな女性や子供でも片手でらくらく操作できます。コンパクトながら、CPUには「Qualcomm Snapdragon 435 MSM8940」、メモリには「3GB RAM」、ストレージには「32GB ROM」を採用。アプリやゲームもストレスなく快適に楽しめます。

水に濡れても壊れない「IP68の防水・防塵性能」や、カメラを見つめるだけでロック解除できる「顔認証セキュリティ」、利用したいアプリに素早くアクセスできる「ジェスチャーパッド」など、実用性に配慮して作られているのも魅力です。

キャタピラー(Caterpillar) CAT S61

キャタピラー(Caterpillar) CAT S61

建設機械大手のキャタピラーが販売するタフネスSIMフリースマホです。1.8mの高さからコンクリート床へ落としても壊れない耐衝撃性、深さ3mの水底に最大60分間放置しても壊れない耐水性(IP68)、塩水噴霧・熱衝撃に対する耐性など、ほかのスマホとは違う高い耐久性を備えています。

直接触れずに−20〜400℃の計測が可能な「サーマルカメラ」、レーザーで正確な距離を測定する「レーザーアシスト距離測定機能」、揮発性有機化合物を検知する「室内空気質センサー」など、男心をくすぐるユニークな機能も魅力。CPUに「Qualcomm Snapdragon 630」、メモリに「4GB RAM」を採用しているので、処理の重いアプリやゲームも快適に楽しめます。

エイスース(ASUS) ZenFone Max M2 ZB633KL-BL32S4

エイスース(ASUS) ZenFone Max M2 ZB633KL-BL32S4

オクタコア(8 Core)のCPUを搭載した、エイスースのAndroidスマホです。4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのが特徴。Webサイトの閲覧なら最大で22時間、待ち受けだけなら最大33日間ももつため、外出が多い方でも安心して使えます。

デュアルSIMに対応しているのもポイント。ビジネス用とプライベート用など、2つの電話番号SIMを同時に挿して使用できます。スマホを2台持ちする必要がなく1台で済むため、今まで複数持ちしていた方にもおすすめのモデルです。

メインカメラにはAI機能を搭載しており、13のシーンに合わせ自動で撮影モードを選択してくれるため、簡単に綺麗な写真が撮れます。また、800万画素のフロントカメラには、美しい肌に自動補正してくれる「リアルタイムビューティーモード」を搭載。セルフィーをさらに楽しくしてくれます。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI P30 lite SIMフリー

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI P30 lite SIMフリー

低価格&高性能な製品をリリースしているファーウェイのSIMフリースマホ「P30 lite」。ミドルクラスの価格帯でありながら、CPUにはオクタコアのHUAWEI Kirin 710、メモリは4GBを搭載するなど、上位機種並みの高いスペックを誇ります。

メインカメラには、シリーズ初の「トリプルカメラ」を採用。シングルカメラと比べてより高画質の写真が撮れるほか、一眼レフのようにボケ感のある写真も気軽に撮影できます。また、超広角レンズを搭載しているのもポイント。撮影対象から離れなくても画角の広い写真を写せるので、風景写真派の方にもおすすめです。

ディスプレイは約6.15インチと大きめのサイズである一方、本体幅は約72.7mmと片手でも持ちやすいのが魅力。ハイコスパなSIMフリータイプのAndroidスマホを探している方におすすめです。

Androidスマホのおすすめモデル|3キャリア共通

ソニー(SONY) Xperia 1

ソニー(SONY) Xperia 1

4K表示可能な有機ELディスプレイを搭載した、ソニー製のAndroidスマホです。有機ELは液晶に比べ、漆黒や暗い部分の階調表現に優れているのが特徴。映画とほぼ同じ21:9の「シネマワイドディスプレイ」を搭載しているため、画面サイズいっぱいの美しい映像が楽しめます。

メインカメラには「標準・望遠・広角」と独立したトリプルカメラを採用。さまざまなシーンに適したカメラで撮影してくれるため、誰でも簡単に綺麗な写真を撮ることが可能です。光学式と電子式のハイブリッド手ブレ補正機能を搭載しているのもポイントで、暗い場所でも映像がブレる心配はありません。綺麗な映像を撮ったり観たりすることに対し、こだわりがある方にもおすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) AQUOS R3

シャープ(SHARP) AQUOS R3
本製品はCPUに8コアの「Snapdragon 855」を搭載した、シャープのハイスペックAndroidスマホです。メモリも6GBと十分で、負荷の大きなゲームなどでも軽快にプレイ可能。10億色を表現する6.2インチの「Pro IGZO」ディスプレイで、迫力ある映像が楽しめます。

サウンドシステムには、映画館などの機器にも使われている「Dolby Vision」と「Dolby Atmos」を採用。本体に搭載したステレオスピーカーから、臨場感のあるサウンドが聴けるため、音にこだわりがある方にもおすすめのモデルです。

フロントカメラにはF値2.0のレンズに、約1,630万画素ある広角タイプのものを搭載。室内で撮る大人数のセルフィーでも、明るく綺麗に撮影できます。ワイヤレス充電に対応しているため、Qi規格の充電器を購入すればケーブルを持ち歩いたり接続したりする手間も省けて便利です。

Androidスマホのおすすめモデル|docomo

サムスン(Samsung) Galaxy S10+

サムスン(SAMSUNG) Galaxy S10+

本製品は6.4インチ大画面ディスプレイ搭載のAndroidスマホです。8GBのメモリと128GBのストレージを搭載したサムスンのハイエンドモデル。「Qi」規格に対応しており、ワイヤレス充電ができます。

また、本モデルのバッテリーから、Qiに対応するほかのデバイスにワイヤレス充電を行うことも可能。ワイヤレスで「充電をシェア」すると言った、新しい発想で設計されたモデルです。

ほかにも同社のQiに対応したスマホやイヤホンを所有している方であれば、外出先で手軽に充電できるため重宝します。「IP6X」「IPX8」と最高クラスの防塵・防水性能を備えており、スポーツやアウトドアシーンで使用する方にもおすすめのモデルです。

富士通(FUJITSU) arrows Be3

富士通(Fujitsu) arrows Be3

ボディーに高剛性の樹脂素材を採用したAndroidスマホです。1.5mの高さからコンクリートに落としても、画面が割れないと謳われているタフネスさが魅力。また、IPX8の高い防水性能を備えており、泡タイプのハンドソープで洗うこともできます。自分のスマホをいつでも清潔に保っておきたい方におすすめのモデルです。

指紋認証機能を搭載しているので、ロック画面の解除に加えて、アプリや音楽が指一本で購入できて便利です。基本機能が充実していながら、リーズナブルな価格で購入できるのもポイント。お手頃価格の日本メーカー製モデルを探している方に、おすすめのAndroidスマホです。

Androidスマホのおすすめモデル|au

サムスン(Samsung) Galaxy A30

サムスン(SAMSUNG) Galaxy A30
本製品は、6.4インチ有機ELディスプレイを搭載したAndroidスマホです。ベゼルがほとんどなく全画面がディスプレイのため、ゲームや映画鑑賞で高い没入感を味わえます。メインカメラには、1,300万画素のものに加え、123°超広角タイプの2つを搭載。ほぼ目で見たままの景色が撮影できて便利です。

また、撮影時に誰かが瞬きをしたり、逆光だったりした場合に知らせてくれる「撮り直しアラート機能」を搭載しているため、後から失敗に気づくといったこともありません。顔認証やおサイフケータイなど便利な基本機能も充実しています。

京セラ(KYOCERA) URBANO V04

京セラ(Kyocera) URBANO V04

オクタコアCPUを搭載した京セラのAndroidスマホです。金属素材を精密に削り込んで作り上げた、スクエアフォルムが特徴。約5.7インチのディスプレイを搭載した本体はコンパクトで、片手操作しやすいのが魅力です。背面のセンサーには指紋認証だけでなく、スクロールなどの画面操作機能も搭載しているのもポイント。閲覧しているウェブサイトのスクロールや拡大縮小が、片手でできて便利です。

そのほか、買い物や交通手段の利用に便利な「おサイフケータイ」や、災害時に役立つ「FMラジオ」など便利機能が充実。最近のスマホには少ない、スクエアな形のモデルが好みの方にもおすすめです。

Androidスマホのおすすめモデル|Softbank

グーグル(Google) Google Pixel 3a

グーグル(Google) Google Pixel 3a
本製品は重量147gと軽量なAndroidスマホです。Android OSを開発したグーグルが作っているため、OSとデバイスの親和性は抜群。スマホやパソコンでGoogleのアプリを使用している方には特におすすめです。撮影した写真や動画は、2022 年1月31日まで高画質のまま容量無制限のGoogleフォト(オンラインストレージ)へ無料で保存できるので、撮り溜めた写真や動画の保存場所に悩む心配はありません。

そのほか、Google Assistantを搭載しており、テキストメッセージの送信や調べもの・リマインダーの設定など、話しかけるだけで実行してくれて便利です。また、古いスマホから本モデルへのデータ移管が簡単に行える「クイックスイッチアダプター」が付属。iPhoneからのデータ移管も可能なため、Androidスマホへの機種変更を考えている方もぜひチェックしてみてください。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Mate 20 Pro

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Mate 20 Pro

トリプルカメラを搭載した、ファーウェイのAndroidスマホです。超広角撮影からマクロ・ズームまで、あらゆるシーンで美しく撮れるのが魅力。Leica製レンズが搭載されており、写真や動画の画質にこだわる方におすすめのモデルです。

AIがシーンに合った最適なモード選択や補正を実行してくれるのもポイント。自撮り写真の顔色や目の大きさ、輪郭なども自分の好みに合った処理を行ってくれるため、セルフィーの楽しみが広がります。また、NPU(AI専用プロセッサー)を2つ搭載しているため、補正などの処理も高速です。

4,200mAhの大容量バッテリーを搭載しているうえ、30分で約70%まで充電可能な急速充電システムを採用しているので、充電時に長時間待つストレスを軽減できます。