今や生活必需品とも言えるスマホ。国内ではiPhoneのシェアが高いですが、格安SIMの普及に伴ってAndroidスマホに乗り換える方も増えてきています。

そこで今回はAndroidスマホのおすすめ機種をご紹介。SIMフリーモデルに加え、docomo・au・Softbankの大手キャリア3社のモデルもピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Androidの魅力

Androidは、Googleが無償で提供しているOSです。iOSがApple製品だけに搭載されているのに対して、誰でも開発に使えることから数多くのメーカーが取り入れています。Android OSはスマホだけでなく、テレビから腕時計、インターネットに繋げる家電までさまざまな機器に搭載されています。

スマホの場合は、独自の機能を搭載したモデルやリーズナブルな価格のモデルなど、幅広いラインナップから自分に最適な製品を選べるのが魅力です。

また、Android機器のアプリインストールには、Google Playストアを用います。アプリのラインナップは便利な拡張機能から楽しく遊べるゲームまで、幅広く提供されています。なお、注意点としてGoogleから認可が下りていないアプリはウイルスが入っている可能性もあるため、安易なインストールは控えるようにしましょう。

キャリアスマホとSIMフリースマホの違い

スマホはSIMカードという契約者の利用情報を記録した小さなカードを挿すことで使えるようになります。「キャリアスマホ」と「SIMフリースマホ」では、使用できるSIMカードの種類が異なる点に留意しましょう。

キャリアスマホとは、docomo・au・Softbankの大手3社が取り扱っているスマートフォンのこと。それぞれの会社で発行されたSIMカードしか使えないという制限がありますが、その分各キャリアのショップで手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

一方、SIMフリースマホとは、大手キャリアと違って自分で契約した好きなSIMカードを挿入して使えるスマートフォンのこと。格安SIMと併せて利用することで月々のスマホ利用料金を大幅に抑えることができます。

また、海外の通信網に対応したSIMフリースマホを利用していれば、海外出張や旅行の際は現地のSIMカードに差し替えることも容易。国内で使っていたスマホを滞在先でも使いたい場合はSIMフリースマホが便利です。ただし、アフターサービスなどが少ない場合もあるため、注意しておきましょう。

Androidスマホの選び方

画面サイズで選ぶ

スマホの画面サイズは小さすぎると一度に表示できる文字数が少なかったり、動画が視聴しにくかったりと不便です。一方、画面が大きすぎると片手で扱うのが難しくなるため、電話としては使いづらくなってしまいます。

持ちやすさを優先したい方は4.5~5インチ程度の小型モデルがおすすめです。なお、数年前から全体的に大型化の傾向が強くなってきており、最近では5.5インチ以上のモデルがラインナップされています。小型のモデルを選ぼうとすると選択肢がやや狭まってしまう場合もあるため、近年のトレンドは意識しておきましょう。

動画や電子書籍、ウェブ閲覧を快適に楽しみたい場合は6インチ以上のAndroidスマホが候補に挙がります。画面サイズが大きいほど見やすく、コンテンツによっては迫力や臨場感も向上するので、映像やゲームを楽しみたい方におすすめです。

カメラ性能で選ぶ

By: sonymobile.co.jp

スマホで高画質な写真を撮影したい場合は「デュアルカメラ」が搭載されたAndroidスマホがおすすめ。異なる性能のカメラを2基搭載されているため、撮影の幅が広がるのが特徴です。例えば、望遠カメラとマクロカメラを使い分けることで遠近両方に対応できたり、モノクロカメラとカラーカメラで撮影した写真を合成することでシャープな夜景の写真を作れたりと、スマホでの写真撮影に幅が生まれます。

また、夜景や暗い室内でもキレイに撮影したい場合はF値の低いレンズを搭載した機種がおすすめ。F値が小さいほど光が少ない状況でも明るく高画質に撮影できます。加えて、光学式の手ブレ補正機能がカメラに搭載されていれば、ピントボケの抑えられた鮮明な画像が撮影可能です。

さらに、AI機能がカメラに搭載されている機種は、撮影シーンに応じてAIが自動的に設定を最適化してくれるので便利。撮影を繰り返す度にAIがユーザーの好みを学習して、色合いや明るさなどを調節してくれるので、カメラ操作に不慣れな方でも高画質な写真が簡単に撮影できます。

なお、セルフィー(自撮り)を多用したい場合は前面カメラのスペックを確認することも重要。画素数は背面カメラと比べて控えめのモデルが大半ですが、目安として800万画素もあれば自撮りに十分な画質です。スマイルシャッターや美肌モードなどの機能が搭載されていれば撮影や加工も簡単に操作できるので、より魅力的なセルフィーを楽しめるので、ぜひチェックしておきましょう。

スペックで選ぶ

CPU

CPUは「Central Processing Unit」の略で、人間で例えると「頭脳」にあたる重要なパーツです。CPUの性能が高ければデータの処理を高速で行うことができ、アプリやゲームを快適に動かせます。スペックとして見ておきたいポイントは「コア数」とGHzという単位で表記される「クロック周波数」です。

コア数はCPU内にある中央処理ユニットの個数のことで、デュアル・クアッド・オクタの順にコア数が増えるほど高性能です。一方、クロック周波数は数値が大きいほど高速になります。

選び方の目安としては、FPSのようなデータの重いゲームを楽しむなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」、クロック周波数は「2.0GHz以上」がおすすめ。パズルゲームのような処理の軽いコンテンツを楽しむなら、コアの数は「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数は「1.6GHz以上」を基準に選びましょう。

また、Androidスマホではクアルコム社のSnapdragonというブランドのCPUを主に採用しています。例えば「Snapdragon 845」など型番が800番台のモノはハイエンドのCPUです。なお、型番には600番台や400番台もありますが、数に比例してスペックが上がるので、スペックを重視したいという方は留意しておきましょう。

メモリ

スマホにおける作業領域の広さを決める部品がメモリです。メモリの大きさはしばしば机の広さに例えられ、机が広ければ作業効率が向上するのと同じで、メモリも容量が大きければ一度にたくさんの処理ができるようになります。

選び方の目安として、FPSのような処理の重いゲームを楽しむなら「4~6GB」、パズルゲームやWebブラウジングなどの比較的処理の軽いアプリを楽しむなら「2~3GB」を基準に選びましょう。

ストレージ

ストレージは、アプリやゲームなどのプライベートデータから、OSやキャッシュなどのシステムデータまで、スマホ内のさまざまなデータを保管しておく場所のことです。ストレージの容量が大きいほどたくさんのデータを保存できるため、多様なアプリやゲームを楽しみたい方はストレージ容量も忘れずにチェックしましょう。

選ぶ際は最低32GBをベースとして、写真や動画を頻繁に高画質で撮影したい場合は64GB以上のストレージを搭載した機種がおすすめ。特に、4K動画の撮影を楽しみたい場合は128GB以上のストレージ容量を検討しておくとよいでしょう。

なお、AndroidスマホはiPhoneと異なり、microSDカードを挿入できる機種もあります。気軽にストレージ容量を増設できる魅力があるので、スマホで写真や動画を大量に撮影したい場合は事前に対応可能かをチェックしておきましょう。

その他機能で選ぶ

おサイフケータイ

By: sonymobile.co.jp

Androidスマホのなかでも、非接触ICチップのFelicaを搭載した機種であれば「おサイフケータイ」や「Google Pay」などの電子決済が利用可能です。あらかじめ指定した金額をチャージしたり、Suicaやクレジットカードと連携したりすることで簡単に支払いができます。

また、TカードやPontaカードなどの各種ポイントカードとの連携も可能です。さまざまなポイントカードを持ち歩く必要がないため、探す手間が省けるほか、財布の中身をスッキリさせられます。キャッシュレス化を図りたい方はぜひチェックしておきましょう。

指紋認証・顔認証

By: galaxymobile.jp

指紋認証や顔認証などの生体認証に対応したAndroidスマホなら、画面ロックの解除をスマートに行えます。パスワードを直接入力する手間がなく、指紋センサーを触るか、前面カメラを見るだけで簡単にロックを解除可能です。

また、Playストアでアプリや音楽などを購入する際にも生体認証を用いてスピーディに決済できるので便利。また、セキュリティ面でもパスコードより安全なので、万が一スマホを落とした際には不正利用のリスクを軽減することができます。

防塵・防水

By: sonymobile.co.jp

スポーツやアウトドアなどでスマホをアクティブに使用したい場合は防塵・防水に対応したAndroidスマホがおすすめ。表記としては「IP58」などで示され、2桁の数字によってスペックが把握できます。

なお、前の数字が防塵、後ろの数字が防水のレベルを表しており、防塵等級は0から6まで、防水等級は0から8まであります。おすすめのスペックはIP67以上の機種。レベルとしては一時的な水没に耐えるほどなので、キッチンやバスルームでも安心して使用することが可能です。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ワンセグ・フルセグ

スマホでテレビ番組を楽しみたい場合はワンセグやフルセグでの電波受信に対応したAndroidスマホがおすすめ。ワンセグは解像度が低いため映像には粗さが目立つ反面、番組視聴に必要なデータ量が少ないため移動中でもテレビ視聴できるのが特徴です。

一方、フルセグは通常のテレビ放送と同様の電波を受信できるため、高解像な放送を楽しめます。移動中でもテレビを楽しみたい場合はワンセグに対応した機種を、自宅で高画質なテレビ視聴を楽しみたい場合はフルセグに対応した機種を選びましょう。

ハイレゾ

By: sonymobile.co.jp

音楽視聴を高音質で楽しみたい場合は、ハイレゾ音源の再生に対応したAndroidスマホがおすすめです。ハイレゾ音源はCDと比べて3〜6倍以上の音質で、より高い音域やより細かな音を再現ができるのが特徴。臨場感のあるサウンドを堪能できます。

なお、ハイレゾ音源は音楽配信サービスなどから専用コンテンツをダウンロードする必要があるほか、イヤホンやヘッドホンもハイレゾ音源に対応した機種を用意する必要があります。音質にこだわりのある方はぜひ検討してみましょう。

Androidスマホのおすすめモデル|SIMフリー

シャープ(SHARP) AQUOS sense2

シャープ(SHARP) sense2

低消費電力で美麗な映像を映すIGZOディスプレイ採用の5.5インチAndroidスマホ。IPX5/IPX8の高い防水性能を持つため、キッチンや濡れる場面で安心して使えます。タッチパネルの精度が高く、濡れていてもスムーズに動作する点も魅力です。

シンプルなUIにする「AQUOSかんたんホーム」、文字を大きくして読みやすくできる「フォントサイズ(特大)」など、スマホ初心者や目の悪い方にも配慮しているのがポイント。初めてスマホを使う方や使いやすさを求める場合におすすめです。

エイスース(ASUS) ZenFone Max Pro ZB602KLBL32S3

エイスース(ASUS) ZenFone Max Pro (M1) ZB602KLBL32S3

8.4mmの薄いボディに5000mAhの大容量バッテリーを搭載したAndroidスマホ。何もしなければ最大35日間持つほか、Wi-Fi接続でブラウジングを連続28時間楽しめます。ほかの機器の充電ができる「リバースチャージ」機能もあり、モバイルバッテリー代わりになるのも魅力です。

メモリは3GB、CPUはオクタコアを搭載。内蔵ストレージは64GBですが、2TBまでのmicroSDカードに対応するためパソコン並の記憶容量を確保できます。無料で5GBまで使えるクラウドストレージ「ASUS WebStorage」や、1年間無償で100GB利用可能なGoogle ドライブなどのサービスに対応しているのもポイントです。

オッポ(OPPO) AX7 CPH1903

オッポ(OPPO) AX7  CPH1903(BL)

Android8.1をベースに開発された「Color OS」を搭載する6.2インチのスマホ。Androidの使用感はそのままに、アプリや操作を短縮してアクセスできる「スマートサイドバー」など便利な機能を持ちます。

メモリは4GB、CPUはオクタコアなのでスペックは問題なし。4230mAhの大容量バッテリーを備えるほか、未使用のアプリを停止して余計な電力消費をなくせるので、電池持ちのよさも魅力です。

おしゃれさと高級感を感じる裏面の触り心地もポイント。microSDは256GBまで対応するため、たくさんのデータを持ち歩きたい方におすすめします。

ファーウェイ(HUAWEI) P20 lite

ファーウェイ(HUAWEI) P20 lite

アウトカメラにダブルレンズを備えた5.8インチのAndroidスマホ。4GBのメモリとオクタコアのCPUを搭載しています。バッテリー容量は3000mAhで、急速充電に対応。

カメラ撮影後にフォーカス位置を調整できる機能や、インカメラが1600万画素で高画質な自撮りを可能にしているのが魅力です。HUAWEIのリーズナブルなモデルが欲しい方におすすめします。

ファーウェイ(HUAWEI) nova lite 3 POT-LX2J

ファーウェイ(HUAWEI) nova lite 3 POT-LX2J

6.2インチの大画面を備えるスマホ。しずく型のノッチを採用しているほか、側面は曲面デザインで手にフィットします。メモリは3GB、CPUは独自の「HUAWEI Kirin 710」を備え、高負荷なゲームも快適です。

アウトカメラは1300万+200万画素のダブルレンズを搭載しており、立体感やボケを演出可能。インカメラはAIにより背景を8種類に分けて認知でき、最適な写真に調整できます。

商品をスキャンして似たアイテムを教えてくれる「AI Vision」、目のダメージを減らせる「視力保護モード」、顔認証によるセキュリティ機能があるのもポイントです。

モトローラ(Motorola) moto g6 Plus PAAT0026JP/A

モトローラ(Motorola) moto g6 Plus PAAT0026JP/A

デュアルSIMとmicroSDカード用のスロットを備える5.9インチAndroidスマホ。2枚のSIMを入れておけばタップするだけで回線が切り替えられ、通信を分散させたり仕事・プライベートなど用途に応じて使い分けたりできます。

4GBのメモリとオクタコアCPUを搭載。余計なソフトウェアを排除したピュアAndroidなので、サクサク動作可能です。ジェスチャーで操作を入力する「Motoエクスペリエンス」機能もあります。

アウトカメラはデュアル、インカメラは1600万画素なので自撮りも綺麗。3000mAhのバッテリーは付属の「TurboPower充電器」で急速充電できるところも魅力です。

マヤシステム(Maya System) jetfon G1701-GB

マヤシステム(Maya System) jetfon G1701-GB

「クラウドSIMテクノロジー」を搭載することで、世界100ヵ国以上の通信キャリアを利用できるAndroidスマホ。アプリを使って渡航先の通信プランを事前に購入しておけば、SIMの入れ替えなくスムーズにインターネットが利用可能です。

使用するキャリアは渡航先で最も電波状態のよいものが採用されるので、通信速度の不安を限りなく排除できます。海外旅行やビジネスでよく日本を出る方は、レンタルWi-Fiや現地のSIMを購入する手間を省けるのが魅力です。

メモリは4GB、CPUはオクタコアを搭載。価格は2万円を切る安さなので、海外に行く方はもちろん低価格スマホを探している方におすすめします。

レイザー(Razer) Phone 2

レイザー(Razer) Phone 2

8GBのメモリとハイエンドCPU「Snapdragon 845」を搭載した高性能ゲーミングAndroidスマホ。冷却システムを備えているため、高負荷な3Dゲームでも快適にプレイできます。

前機種「Razer Phone」よりも輝度をアップしたほか、指紋がつきにくい加工がされているのもポイント。4000mAhのバッテリーは残量1%から30分で50%までチャージ可能です。Qiワイヤレス充電にも対応します。

IP67の防水・防塵に対応するため、一瞬の水没程度なら問題なく動作。スペック・価格共に高いですが、ゲーマーやスマホを酷使する方におすすめです。

Androidスマホのおすすめモデル|docomo

サムスン(Samsung) Galaxy Feel2 SC-02L

サムスン(Samsung) Galaxy Feel2 SC-02L

片手で持ちやすいスリムなボディに5.6インチの大画面を搭載したAndroidスマホ。有機ELディスプレイを備え、場所を問わず高精細な映像が楽しめます。

メモリは4GB、CPUはオクタコアなのでゲームもサクサク動作可能。IP68相当の防水塵仕様を持ち、雨の日でも安心して使えるのが魅力です。

顔・指紋認証によるロック解除ができるほか、撮影ボタンの移動や準備が素早くできる「かんたんカメラ」機能があるのもポイント。連絡先やデータ移動をスピーティに行える「Smart Switch」が使えるので、機種変更時の煩わしい手間を省きたい方にもおすすめします。

富士通(FUJITSU) arrows Be F-04K

富士通(FUJITSU) arrows Be F-04K

米国国防総省のMIL規格に準拠したAndroidスマホ。1.5mの高さからコンクリートに落としても画面が割れない強度を持つほか、衝撃・防水塵・高温・低温など過酷な環境で耐えうる実力を備えます。

ハンドソープや洗剤で丸洗いできるため、清潔に保てるのもポイント。高感度カメラ搭載で夜景や花火などを高画質撮影できるほか、オートフォーカスにも対応するためハイクオリティな写真を撮影できるのも魅力です。

片手操作でオートスクロールさせたり、拡大縮小できたりするのもポイント。スマホをよく落としてしまう方や、アウトドア派で外出した際にスマホで写真をよく撮るという方におすすめします。

ソニー(SONY) Xperia XZ3 SO-01L

ソニー(SONY) Xperia XZ3 SO-01L

ソニーのテレビブランドである「ブラビア」の開発で培われた技術が惜しみなくつぎ込まれたAndroidスマホです。6インチの有機ELディスプレイを採用しており、HDRに対応するほか、色彩・コントラスト・解像度に優れた高画質を体験できます。

CD音源よりも高音質なハイレゾ音源にも対応。圧縮音源を高音質に変換できる「DSEE HX」も備え、音楽プレーヤーとしても活用可能です。

メモリは4GB、CPUはハイエンドの「SDM845」搭載で、マルチタスクをこなしたり、高負荷のかかるゲームをプレイしたりしてもサクサク動作します。キャリア機でハイスペックモデルを探している方におすすめのAndroidスマホです。

Androidスマホのおすすめモデル|au

LGエレクトロニクス(LG Electronics) it LGV36

LGエレクトロニクス(LG Electronics) it LGV36

スマホの使い方を学べるAndroidモデル。学習アプリがインストールされているので、スクロール練習や文字入力のやり方など、基本的なスマホ操作が分かります。

画面サイズは5インチ、重さは約140gで軽量コンパクト。カメラは「チーズ」「スマイル」「トリマス」など声をかけるだけで撮影できる機能があります。初めてスマホを持つ方や、あまり使い慣れていないという方におすすめのAndroidスマホです。

京セラ(KYOCERA) URBANO V04

京セラ(KYOCERA) URBANO V04

シックなデザインのAndroidスマホです。雨に濡れたりアウトドアで使ったりしても壊れにくい防水塵性能を備えているのがポイント。また、裏面についた指紋センサーは画面ロックの解除だけでなく、スワイプやタップなどのジェスチャーにスクロールやズーム操作を割り振れるので便利です。

加えて、スマホの挙動がおかしいときは「おまかせメンテナンス」で原因の究明や解決ができるので安心して使用できるのもポイント。専用アプリによって、インターネットラジオ・FMラジオを切り替えることができ、場所に合わせて快適に聴けるのが魅力です。普段からラジオを使用する方や、水に濡れやすい環境で作業するという方におすすめします。

Androidスマホのおすすめモデル|Softbank

グーグル(Google) Pixel 3

グーグル(Google) Pixel 3

Android OSを開発しているGoogleが展開しているスマホ。本体側面下を握るとすぐにGoogleアシスタントを呼び出せるのが魅力です。また、スマホアプリの利用時間を追跡できるほか、タイマーを設定することで使いすぎないように制限をかけられます。

ディスプレイは5.5インチの有機ELなので、色鮮やかなコンテンツを楽しむことが可能です。ほかにも、AIとカメラの連携により、1番よい瞬間を逃さない「トップショット」やズームしても画質が落ちない「超解像ズーム」、暗い場所でも明るく鮮明に映せる「夜景モード」など、撮影機能が充実しているのもポイント。Googleアシスタントをよく利用するという方や、コンパクトサイズで綺麗な写真を撮りたいという方におすすめのAndroidスマホです。

シャープ(SHARP) AQUOS zero

シャープ(SHARP) AQUOS zero

有機ELディスプレイを搭載した6.2インチのAndroidスマホ。大画面にも関わらず重さは約146gの超軽量モデルです。背面パネルには強度・剛性を高められるアラミド繊維の「テクノーラ」を採用し、フレームにはマグネシウム合金が使われているため、耐久性に優れています。

メモリは6GBで、CPUにはオクタコアを備えているため、高負荷のかかるゲームでも快適にプレイ可能。また、内蔵ストレージが128GBあるので画像や音楽を本体に多く入れられます。充電時の熱を分散する仕組みがあり、充電しながらでも快適にコンテンツを楽しめるおすすめのモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 20 Pro

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 20 Pro

6.4インチの大画面を持つAndroidスマホ。高性能なCPUのほかに、AI専用のプロセッサーを2つ搭載しています。AIが搭載されているため、ユーザーの使い方に合わせてシステムが最適化されるのが魅力です。

バッテリーは大容量の4200mAh。独自の急速充電に対応しているため、専用の充電器を用いると30分で約70%の充電ができます。また、Qiワイヤレス充電も可能です。

カメラはトリプルレンズを採用しており、広角・マクロ・ズーム撮影とシチュエーションに合わせて最適な撮影方式を選べるのがポイント。ソフトバンク回線でハイスペックスマホを使用したい方におすすめのAndroidスマホです。