今や生活必需品とも言えるスマホ。国内では依然としてiPhoneのシェアが高いですが、最近の高価格帯路線によってユーザー離れが起きており、Androidスマホに乗り換える方も増えてきています。

そこで今回はAndroidスマホのおすすめ機種をご紹介。docomo・au・Softbankの大手キャリア3社に加え、SIMフリーモデルもピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

AndroidスマホとiPhoneの違い

AndroidスマホとiPhoneとの大きな違いは「OS」。AndroidスマホとiPhoneにはそれぞれ別々のOSが搭載され、前者を「Android OS」、後者を「iOS」と呼びます。基本的な仕様が異なるため、操作方法や設定可能な項目、ダウンロードできるアプリの種類などに違いがあり、Android OSはiOSと比較してより自由にスマホの設定をカスタマイズできるのが特徴です。

例えば、Androidスマホの独自機能である「Smart Task Launcher」は任意の方向から画面をスワイプしたときに指定した動作を呼び出せますが、iPhoneよりも少ない手順で操作できます。また、Android OSはGoogleが開発しているので、GmailやGoogleカレンダーなどのGoogle純正アプリの使い勝手がいいのもポイントです。

キャリアスマホとSIMフリースマホの違い

そもそもスマホはSIMカードという契約者の利用情報を記録した小さなカードを挿すことで使えるようになります。

「キャリアスマホ」とは、docomo・au・Softbankの大手3社が販売するスマートフォンのこと。それぞれの会社で発行されたSIMカードしか使えないという縛りがありますが、その分各キャリアのショップで手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

一方、「SIMフリースマホ」とは、大手キャリアと違って自分で契約した好きなSIMカードを挿入して使えるスマートフォンのこと。格安SIMと組み合わせれば月々のスマホ利用料金を大幅に抑えることができます。

また、海外出張や旅行の際は現地のSIMカードに差し替えることも容易。国内で使っていたスマホを滞在先でも使いたい場合はSIMフリースマホのほうが便利です。ただし、アフターサービスなどは大手キャリアほどではないので、その点は注意しておきましょう。

Androidスマホの選び方

画面サイズで選ぶ

スマホの画面サイズは小さすぎると文字が読みにくかったり、動画が視聴しにくかったりと不便。一方、画面が大きすぎると片手で扱うのが難しくなり、電話としては使いづらくなってしまいます。

持ちやすさを優先したい方は4.5~5インチ程度の小型モデルがおすすめ。とはいえ、数年前から全体的に大型化の傾向が強くなってきており、最近では5~5.5インチ程度のモデルが主流。小型のモデルを選ぼうとすると選択肢はやや狭まってしまうので、近年のトレンドは意識しておきましょう。

動画や電子書籍、ウェブ閲覧を快適に楽しみたい場合は6インチ以上のAndroidスマホが候補。画面サイズが大きいほど見やすく、コンテンツによっては迫力や臨場感も高くなるので、映像やゲームを楽しみたい方におすすめです。

カメラ性能で選ぶ

By: sonymobile.co.jp

スマホで高画質な写真を撮影したい場合は「デュアルカメラ」が搭載されたAndroidスマホがおすすめです。デュアルカメラとは、背面に異なる焦点距離のレンズが2基搭載されているカメラのこと。例えば、1200万画素広角カメラと1600万画素望遠カメラなど、スペックが異なるレンズが用意されており、撮影の幅が広がるのが特徴です。

また、夜景や暗い室内でもキレイに撮影したい場合はF値の低いレンズを搭載した機種がおすすめ。F値が小さいほど光が少ない状況でも明るく高画質に撮影できます。加えて、光学式の手ブレ補正機能がカメラに搭載されていれば、ボケていない鮮明な画像が撮影可能です。

さらに、AI機能がカメラに搭載されている機種は、撮影シーンに応じてAIが自動的に設定を最適化してくれるので便利。撮影を繰り返す度にAIがユーザーの好みを学習して、色合いや明るさなどを調節してくれるので、カメラ操作に不慣れな方でも高画質な写真が簡単に撮影できます。

なお、セルフィー(自撮り)を多用したい場合は前面カメラのスペックを確認することも重要。画素数が背面カメラと比べて控えめなのが大半ですが、800万画素もあれば十分です。スマイルシャッターや美肌モードなどの機能が搭載されていれば撮影や加工も簡単操作でできるので、より魅力的なセルフィーを楽しめます。ぜひチェックしておきましょう。

スペックで選ぶ

CPU

CPUは「Central Processing Unit」の略で、人間で例えると「頭脳」あたる重要なパーツです。CPUの性能が高ければデータの処理を高速で行うことができ、アプリやゲームを快適に動かせます。スペックとして見るべきは「コア数」とGHzという単位で表記される「クロック周波数」です。

コア数はCPU内にある中央処理ユニットの個数のことで、「デュアル(2)<クアッド(4)<オクタ(8)」の順にコア数が増えるほど高性能。一方、クロック周波数は数値が大きいほど高速になります。

選び方の目安としては、FPSのようなデータの重いゲームを楽しむなら、コアの数は「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」、クロック周波数は「2.0GHz以上」がおすすめ。パズルゲームのような比較的データの軽いコンテンツを楽しむなら、コアの数は「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数は「1.6GHz以上」を基準に選ぶとよいでしょう。

また、Androidスマホではクアルコム社のSnapdragonというブランドのCPUを主に採用。例えば「Snapdragon 845」など型番が800番台のモノはハイエンドのCPUになります。なお、型番には600番台や400番台もありますが、数に比例してスペックが上がるので、その点は留意しておきましょう。

メモリ

作業領域の広さを決める部品がメモリ。単位はGBを使います。よく机の広さに例えられますが、机が広ければ作業効率が向上するのと同じで、メモリも容量が大きければ1度にたくさんの処理ができるようになります。

選び方の目安として、FPSのような処理の重いゲームを楽しむなら「4~6GB」、パズルゲームのような比較的処理の軽いゲームを楽しむなら「2~3GB」を基準に選ぶとよいでしょう。

ストレージ

ストレージとは、アプリやゲームなどのプライベートデータから、OSやキャッシュなどのシステムデータまで、スマホ内のさまざまなデータを保管しておく場所のこと。ストレージの容量が大きければそれだけたくさんのデータを保存できるため、多様な種類のアプリやゲームを楽しみたい方はストレージ容量も忘れずにチェックしましょう。

選ぶ際は32GBをベースに、高画質設定で写真や動画を頻繁に撮影したい場合は最低64GB以上のストレージを搭載した機種がおすすめ。特に、4K動画の撮影を楽しみたい場合は128GBのストレージ容量を検討しておくといいでしょう。

なお、AndroidスマホはiPhoneと違ってmicroSDカードを挿入できる機種もあります。そうしたモデルは気軽にストレージ容量を増設できるのが魅力なので、スマホで写真や動画を大量に撮影したい場合は事前に対応可能かをチェックしておきましょう。ちなみに、アプリなどスマホの動作に関わるデータに関しては、microSDカードには保存ができないので注意が必要です。

その他機能で選ぶ

おサイフケータイ

By: sonymobile.co.jp

非接触ICチップのFelicaを搭載した機種であれば、「おサイフケータイ」や「Google Pay」などの電子決済が利用可能。あらかじめ指定した金額をチャージしたり、Suicaやクレジットカードと連携したりすると簡単に支払いができます。

また、TカードやPontaカードなどの各種ポイントカードとも連携が可能。さまざまなポイントカードを持ち歩く必要がなく、すべてをスマホだけで完結できます。キャッシュレス化を図りたい方はぜひチェックしておきましょう。

指紋認証・顔認証

By: galaxymobile.jp

指紋認証や顔認証などの生体認証に対応したAndroidスマホであれば、画面ロックの解除がスマート。パスワードを直接入力する手間がなく、指紋センサーを触るか、前面カメラを見るだけで簡単にロックを解除できます。

また、Playストアでアプリや音楽などを購入する際にも生体認証はスピーディにできるので便利。また、セキュリティ面でも安心なので、万が一スマホを落とした際には不正利用を防ぐことができます。

防塵・防水

By: sonymobile.co.jp

スポーツやアウトドアなどでスマホをアクティブに使用したい場合は防塵・防水に対応したAndroidスマホがおすすめ。表記としては「IP58」などで示され、後ろの数字を読み解くことでスペックが把握できます。

なお、前の数字が防塵、後ろの数字が防水のレベルを表しており、防塵等級は0から6まで、防水等級は0から8まであります。おすすめのスペックはIP67以上の機種。レベルとしては一時的な水没に耐える程度なので、キッチンやバスルームでも安心して使用することが可能です。気になる方はぜひチェクしておきましょう。

ワンセグ・フルセグ

スマホでテレビを楽しみたい場合はワンセグもしくはフルセグでの電波受信に対応したAndroidスマホがおすすめ。地上波デジタル放送の各チャンネルでは放送で利用する周波数帯域を13個のセグメントに分けており、通常のテレビ放送では内12個のセグメントで電波を受信しています。

ワンセグ放送では残った1個のセグメントを利用して電波を受信。解像度が低めで映像には粗さが目立ちますが、番組視聴に必要なデータ量が少なく、移動中でもテレビ視聴できるのが特徴です。

一方、フルセグは通常のテレビ放送と同様に12個のセグメントを利用して電波を受信。データ量はワンセグの50倍以上となるため、Wi-Fiなど安定した通信環境が不可欠ですが、高解像な放送を楽しめます。

移動中にもテレビを楽しみたい場合はワンセグに対応した機種、自宅で高画質なテレビ視聴を楽しみたい場合はフルセグに対応した機種を選ぶといいでしょう。

ハイレゾ

By: sonymobile.co.jp

音楽視聴を高音質に楽しみたい場合はハイレゾ音源の再生に対応したAndroidスマホがおすすめです。ハイレゾ音源はCDと比べて3〜6倍以上の音質で、より高い音域やより細かな音の再現ができるのが特徴。臨場感のあるサウンドを堪能できます。

なお、ハイレゾ音源は音楽配信サービスなどから専用コンテンツをダウンロードする必要があるほか、イヤホンやヘッドホンもハイレゾ音源に対応した機種を用意する必要があります。音楽にこだわりのある方はぜひ検討してみましょう。

Androidスマホのおすすめランキング|docomo

第1位 ソニー(SONY) XPERIA XZ3

ソニーのハイスペックスマホ。6.0インチの大画面にはXperiaシリーズで初となる有機ELディスプレイが採用されているので、色彩の美しい映像美を楽しめます。

カメラが高性能なのも特徴。4K HDRやスーパースローなどを気軽に楽しめます。また、スマホを横に構えるだけでカメラを起動できる「スマートカメラ起動」を搭載しているので、急なシャッターチャンスにも対応が可能です。

メモリは4GB、ストレージは64GB。防塵防水(最高IP68)、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグ、ハイレゾ、指紋認証、ワイヤレス充電など、便利な機能が網羅されているのも魅力です。

第2位 シャープ(SHARP) AQUOS sense2

バランスの取れた性能とコストパフォーマンスが魅力のAndroidスマホ。本機は割引プラン「docomo with」の対象に含まれ、利用料金が毎月1500円安くなるので、キャリアでも可能なかぎり携帯代を抑えたい方におすすめです。

5.5インチの大画面IGZOディスプレイはフルHD+(1080×2160)の解像度があるので、写真も文字も鮮明かつはっきりと表示が可能。また、片手に収まるサイズ感と丸みを帯びた持ちやすい形状なので、取り回しがよく快適に使えるのも特徴です。

メモリは3GB、ストレージは32GBでmicroSDカードも使用可。防塵防水(最高IP68)と2700mAhのバッテリーを搭載しているので、スタミナも十分です。

第3位 ソニー(SONY) XPERIA XZ2 Compact

ソニーの「Xperia」シリーズのなかでもコンパクトなAndroidスマホ。画面サイズは5.0インチで、解像度はフルHD+(1080×2160)。液晶テレビのBRAVIAで培われた技術が込められているので、ゲームも動画視聴も大迫力な映像美で楽しめます。カメラも高性能で、4K HDRやスーパースロー動画も撮影可能です。

メモリは4GB、ストレージは64GB。防塵防水(最高IP68)、おサイフケータイ、ワンセグ、ハイレゾ、指紋認証に対応しているので使い勝手は良好です。片手に収まる便利なスマホを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

Androidスマホのおすすめランキング|au

第1位 サムスン(Samsung) Galaxy Note9

専用スタイラスの「Sペン」が付属する6.4インチのAndroidスマホ。Sペンを使ってスマホの大画面に文字や絵を描けるので、スマホをメモ帳や手帳の代わりとしても使えるのが特徴です。

Sペンはリモコンとしても使えるのが特徴。カメラでの撮影時に遠隔でシャッターが切れるので手ブレを抑えて撮影したいときや集合写真の撮影で重宝します。さらに、ボイスレコーダーやメディアプレイヤーの操作、HDMIケーブルで接続した外部モニターに投影したPowerPointのスライド送りも可能です。

メモリは6GB、ストレージは128GB。CPUにはSnapdragon 845を採用しているほか、4000mAhの大容量バッテリーを搭載するので、ゲームも動画も存分に楽しめます。

第2位 サムスン(Samsung) Galaxy S9+

大画面ディスプレイと充実したカメラ機能を搭載したハイスペックなAndroidスマホ。6.2インチディスプレイの解像度はフルHDよりも上のQuad HD+(2960×1440)なので、ゲームも動画も臨場感たっぷりに楽しめます。

背面には広角と望遠、2つの焦点距離に対応した光学式手ブレ補正付きのデュアルカメラを搭載。ズーム機能を使用しても手ブレしにくく、高画質なまま撮影できます。また、デュアルアパチャー機能を搭載しているのも特徴。周囲の明るさに応じて2つのF値を自動で使い分けてくれるので、初心者でも明るい場所も暗い場所も最適な明るさで撮影できます。

メモリは6GB、ストレージは64GB。防塵防水(最高IP68)、おサイフケータイ、ハイレゾ、生体認証にも対応しています。

第3位 シャープ(SHARP) AQUOS R2

動画撮影に最適化したカメラと、大迫力の映像とサウンドが特徴のハイスペックなAndroidスマホです。6.0インチの全画面IGZOディスプレイは解像度がWQHD+(3040×1440)で、縦横比が19:9。また、内蔵スピーカーはDolbyに対応しているので、動画も音楽も高品質に楽しめます。

背面には約2260万画素のメインカメラのほか、動画撮影専用となる最大画角135°の超広角カメラを搭載。肉眼を超える広い範囲をダイナミックに撮影できます。また、動画撮影中にAIが写真を自動で撮影してくれるのもポイント。約1630万画素の前面カメラには背景ボケ機能が搭載されているので、セルフィーも高画質に撮れます。

Androidスマホのおすすめランキング|Softbank

第1位 グーグル(Google) Pixel 3

Androidの開発元であるGoogleが発売したハイスペックな純正Androidスマホ。画面サイズは5.5インチで、ディスプレイの解像度はフルHD+(2160×1080)です。

本製品の特徴はカメラ機能で、背面はシングルカメラながらも高度なAIと画像処理技術によってデュアルカメラに匹敵するほど高性能。背景をボカした写真が撮れる「ポートレートモード」や笑顔の瞬間を選べる「トップショット機能」などがあります。

また、「夜景モード」も搭載。暗部でもフラッシュを使うことなくバランスの取れた夜景が撮影できます。さらに、カメラを向けるだけで被写体に関する情報を検索できるほか、テキストを翻訳できるGoogleレンズを搭載しているのも魅力です。

メモリは4GB、ストレージは128GB。CPUにはSnapdragon 845を搭載しているので、動画もゲームも快適に楽しめます。防塵・防水(IP68)、おサイフケータイ、指紋認証にも対応しています。

第2位 グーグル(Google) Pixel 3 XL

6.3インチのディスプレイを搭載した「Pixel 3」の大画面モデル。CPUやカメラなどの基本的な性能は同シリーズで変わりませんが、本機ではさらに大型化したディスプレイで動画やゲームが楽しめます。

当然Googleのサービスとの親和性が高いのが特徴。端末を握るだけでGoogleアシスタントを呼び出せるほか、端末を別売りの「Pixel Stand」に置けばワイヤレス充電をしながらスマートスピーカーとしても使えます。

なお、SoftBankで契約すると機種代金が最大で半額になるほか、さまざまな特典が付与されるのもポイント。クラウドストレージ「Google One」の100GBプランが1年間無料で利用できるほか、Playストアでの買い物時にポイント付与率が1.5倍となるゴールドステータスが無料でもらえます。機種変更を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

第3位 シャープ(SHARP) AQUOS R compact

4.9インチとコンパクトなAndroidスマホです。メーカー独自の技術でディスプレイをベゼルぎりぎりまで拡大しつつ、手に心地よくフィットするコーナーラウンドデザインも特徴で、片手でも操作しやすいのが魅力です。

メモリは3GB、ストレージは32GB。CPUはミドルハイクラスのSnapdragon 660を搭載しているので、小さいながらも必要十分なスペックを要しています。

防塵防水(最高IP68)、おサイフケータイ、ワンセグ、ハイレゾ、指紋認証にも対応。ポケットからサッと取り出して気軽に使える小さいスマホを探している方のほか、タブレットとの併用を考えている方にもおすすめです。

Androidスマホのおすすめランキング|SIMフリー

第1位 オッポ(OPPO) R15Neo

コストパフォーマンスの優れたSIMフリーのAndroidスマホを探している方におすすめ。本体価格は約2万5000円とリーズナブルながら、フルビューディスプレイやデュアルカメラなど上位機種並みの機能が揃っているのも魅力です。

6.2インチのディスプレイは狭ベゼル化ノッチデザインにより画面占有率が約88.8%まで拡大。また、連続で約17時間の駆動が可能な4230mAhの大容量バッテリーが搭載されているので、ゲームも動画も大画面で長時間に楽しめます。

デュアルカメラとAIを活用した背景ぼかし機能も搭載。microSDスロットのほかにSIMスロットが2基用意されているので、SIMカードの使い分けにも対応できます。

第2位 オッポ(OPPO) Find X

ディスプレイに6.4インチ有機ELを採用したAndroidスマホ。画面占有率93.8%、縦横比19.5:9とハイスペックで、画質クオリティが高いのが特徴です。

フロントカメラや各種センサーを搭載する箇所にスライド式のステルス構造を採用しているのもポイント。ステルス3Dカメラは普段は収納されており、ロック解除やセルフィーなど使用するときだけ展開できるので、快適に使えます。

メモリは8GB、ストレージは256GBと大容量で、CPUにはSnapdragon 845を搭載しています。バッテリー容量も3400mAhと大容量なことに加えて、急速充電にも対応。わずか35分で100%まで充電が完了できるのもポイントです。

第3位 エイスース(ASUS) ROG PHONE

パソコン並みのハイスペックでゲーミングに特化したAndroidスマホ。カスタムされたSnapdragon 845のCPU、8GBのメモリ、512GBのストレージに加えて独立型のGPUであるAdreno 630を搭載しているので、3Dエフェクトを多用した高画質なゲームでも快適な環境でプレイできます。

ディスプレイもゲーミング仕様。6.0インチの有機ELディスプレイはリフレッシュレートが90Hz、応答速度が1msと、ゲーミングディスプレイ並みの描画性能があるので、レーシングもFPSも表示の遅延を感じずに楽しめます。

付属の冷却ユニットを装着すればCPUの温度を最大47%も下げられるので、高負荷なゲームをプレイするときでも最高のパフォーマンスを維持が可能。そのほか、別売りでゲームパッドなどの専用アクセサリーも用意されています。

第4位 モトローラ(Motorola) Moto Z3 Play

6.01インチのAndroidスマホ。CPUはミドルハイクラスのSnapdragon 636、メモリは4GB、ストレージは64GBと標準的なスペックですが、「moto mods」という別売りの拡張ユニットを装着することで、利便性が向上できるのが魅力です。

例えば、「Hasselblad True Zoom」という拡張ユニットを装着すれば、10倍光学ズームによって画質劣化なくズームが使用できるようになります。もともと本製品のカメラレンズはF値1.7で夜景撮影には強いですが、ズームを使用すると画像が粗くなるのが難点。そこをカバーできるのが特徴です。

そのほかにも、ポラロイドカメラのように撮影後すぐに印刷が楽しめる「Polaroidインスタントプリンター」や写真や動画を最大70インチの大画面に投影できる「moto insta-share projector」なども用意。ユーザーにニーズに合わせてカスタマイズできるおすすめのSIMフリースマホです。

第5位 マヤシステム(Maya System) jetfon

5.5インチのAndroidスマホです。本機には「クラウドSIMテクノロジー」が搭載されているのが特徴。位置情報をもとにクラウド上から世界各国のSIM情報のなかから最適なSIMを読み込んでデータ通信が可能なので、通信会社との契約や国境にとらわれずに世界中で通信が利用できます。

使用方法としては渡航前にアプリで滞在予定の国と期間から最適なプランを購入。現地の空港に到着したらアプリ上の「接続開始」ボタンをタップするだけでデータ通信が可能となります。

キャリアの国際ローミングサービスと比べて安価で利用でき、レンタルWi-Fiルーターを用意しなくても対応できるので便利。スマホとしての機能はミドルクラスレベルですが、海外出張の多いビジネスパーソンはぜひチェックしておきましょう。