SIMフリースマホとは、ドコモ・ソフトバンク・auといったキャリアに縛られることなく、自由に通信業者を選択できるスマートフォンのこと。格安SIMとあわせて使えばスマホ代を安く抑えられることから、ここ数年で急激に利用者が増加しています。

そこで今回は、高性能で使いやすいハイスペックSIMフリースマホをいくつかピックアップしました。アプリやゲームを快適に楽しみたい方はもちろん、人とは少し違ったスマートフォンが欲しい方にもおすすめなので、興味がある方はぜひ最後までチェックしてみてください!

ハイスペックorスタンダードどっちがおすすめ?

ハイスペックスマホを選ぶメリット・デメリット

メリット:アップデートが充実している

基本的にSIMフリースマホは、端末を製造したメーカーがOSのバージョンアップやソフトウェア更新を行っています。端末の価格が安いエントリーモデルの場合、これらのアップデートが一度も行われないことがありますが、ハイスペックスマホの場合、機種にもよりますがアップデートが充実しているので、購入後も安心して使えます。

ちなみに、アップデートを行うと「新機能を追加」「セキュリティ向上」「不具合の改善」など、スマートフォンを常に最新の状態に保てるので、同じスマートフォンを長く使い続けたい方にもおすすめです。

デメリット:端末の価格が高い

スタンダードなSIMフリースマホは、安いモノなら1万円前後から、高いモノでも3~4万円と比較的購入しやすい金額設定です。一方で、高性能なハイスペックスマホは安いモノでも5~6万円と高価なため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

ハイスペックなSIMフリースマホがおすすめな人

By: amazon.co.jp

ハイスペックなSIMフリースマホは、処理速度の速いCPUや容量の大きなメモリを搭載しているのが特徴。最新のアプリやゲームもサクサク快適に楽しめるので、ストレスなくスマホを楽しみたいヘビーユーザーの方におすすめです。

ただし、高性能なパーツを採用することで普通のSIMフリースマホよりも価格が高くなるため、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。

スタンダードなSIMフリースマホがおすすめな人

スタンダードなSIMフリースマホは、必要最低限の機能に抑えることでハイスペックなSIMフリースマホよりも安く購入できます。安価なモノだと1万円を切るリーズナブルな製品もあるため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

ただし、端末のスペックを大きく左右するCPUやメモリなどの性能は低めなので、最新のアプリや処理の重いゲームをサクサク楽しみたい方にはあまり向いていません。

ハイスペックなSIMフリースマホの選び方

CPUをチェック

CPUとは、人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツです。スマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、選ぶ際にはCPUの性能をしっかりとチェックする必要があります。

選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載しているモノがよいでしょう。

また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値もポイント。このクロック周波数はCPUの詳細に「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。

ストレスなく快適にスマホを楽しみたいなら、クロック周波数は最低でも「ハイクラス」の2.0GHz以上は必要になるため、選ぶ際には参考にしてみてください。

メモリ(RAM)をチェック

メモリとは、分かりやすく例えると机の広さのようなモノ。机のサイズが広ければ作業効率が上がるのと同じで、メモリもサイズが大きければ一度にたくさんの作業が可能です。

CPUと同じくスマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、ハイスペックなSIMフリースマホを選ぶ際にはメモリの性能もしっかりとチェックする必要があります。

選び方の目安として、一度にたくさんのアプリやゲームを楽しみたいなら最低でも4GB、予算に余裕があるなら8GBを基準にするとよいでしょう。ちなみに、画面の解像度が大きくなるとそれだけ多くのメモリ容量が必要になるため、解像度の高い機種を選ぶ際には注意が必要です。

ストレージ(ROM)をチェック

ストレージとは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSやシステムデータまで、いろいろなデータを保管しておく場所です。メモリと同じくサイズが大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしてみてください。

選び方の目安として、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら、ストレージ容量は最低でも64GB以上、アプリやゲームだけでなく、写真や動画、音楽などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら128GB以上を基準にするとよいでしょう。

ちなみに、ハイスペックSIMフリースマホの中にはmicroSDカードに対応した製品もあるので、ストレージ容量を気にせずスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無もあわせてチェックしてみてください。

ハイスペックなSIMフリースマホのおすすめモデル

オンキヨー(ONKYO) GRANBEAT

ハイレゾ音源の再生が可能なハイスペックSIMフリースマホ「GRANBEAT」です。スマートフォン用の回路基板とは別に高性能なオーディオ専用基板を搭載することで、まるでその場にいるかのような超高解像度サウンドが楽しめます。

バランス端子に対応したイヤホンやヘッドホンを接続すれば、ハイレゾ音源以外のコンテンツも高音質で楽しめるので、ゲームや動画をワンランク上のサウンドで楽しみたい方におすすめです。

また、ストレージはたくさんのデータが保存できる「ROM 128GB」、バッテリーは最大25時間連続再生できる「3000mAh」の大容量なので、外出先で長時間スマホを楽しみたい方にもおすすめ。ディスプレイに傷がつきにくい「ゴリラガラスVer 3」を採用しているのも大きな特徴です。

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 10 Pro

ファーウェイのハイスペックSIMフリースマホ「Mate 10 Pro」です。パソコン並みの処理能力を備えた高性能8コアCPU「Kirin970」を採用することで、最新の3Dゲームから高解像度の動画まであらゆるコンテンツをサクサク快適に楽しめます。

画面サイズは6.0インチと比較的大きめなので、動画やゲームを迫力のある映像で楽しみたい方にもおすすめです。

他にも、色鮮やかな高精細映像が楽しめる「OLED HDRディスプレイ」、粉塵を防ぎ30分以内の水没に耐えるIP67相当の「防水・防塵性能」、1回の充電で長時間使える「4000mAhバッテリー」など、機能が充実しているのもポイント。さまざまな場面で活躍するハイスペックSIMフリースマホです。

エイスース(ASUS) ZenFone4 Pro

デュアルレンズカメラを搭載した「ZenFone4 Pro」です。高性能イメージセンサー「IMX362」や、約0.03秒で被写体へフォーカスする「riTech+テクノロジー」を搭載することで、一眼レフで撮影したかのような本格的な写真が楽しめます。

インカメラには光感度を向上させる「SuperPixelエンジン」や、肌のキメやトーンを10段階から調整できる「美人エフェクト」が付いているので、きれいに自分撮りを楽しみたい方にもおすすめです。

新世代最上位SoC「Qualcomm Snapdragon 835」や大容量の「6GB RAM」を採用することで、負荷の掛かるアプリやゲームがサクサク楽しめるのも大きな魅力。また、短時間で充電ができる「BoostMasterテクノロジー」や、ディスプレイの色温度を自動調整する「Splendidテクノロジー」など、オプションが充実している点も特徴のハイスペックSIMフリースマホです。

モトローラ(Motorola) Moto Z2 Play

モトローラのハイスペックSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」です。高性能な8コアCPU「Snapdragon 626」や大容量の「4GB RAM」を搭載することで、最新のゲームやアプリもストレスなく快適に楽しめます。

本体には丈夫で割れにくい「Corning Gorilla ガラス」や、水に濡れても壊れない「撥水性ナノコーティング」を採用しているので、スマホの耐久性を重視する方にもおすすめ。また、オプションで販売している「拡張モジュール(Moto Mods)」を装着すれば、バッテリー容量を増やしたり、ワイヤレス充電機能を追加したりして、端末を自由にカスタマイズできます。

これだけハイスペックな機種にも関わらず、わずか5万円弱で購入できるためコストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。