SIMフリースマホとは、ドコモ・ソフトバンク・auといったキャリアに縛られることなく、自由に通信業者を選択できるスマートフォンのこと。格安SIMとあわせて使えばスマホ代を安く抑えられることから、ここ数年で急激に利用者が増加しています。

そこで今回は、高性能で使いやすいハイスペックSIMフリースマホをピックアップ。アプリやゲームを快適に楽しみたい方はもちろん、人とは少し違ったスマートフォンが欲しい方にもおすすめなので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ハイスペックなSIMフリースマホの選び方

CPUをチェック

CPUとは、人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツです。スマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、選ぶ際にはCPUの性能をしっかりとチェックする必要があります。

選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載しているモノがおすすめです。

また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値も確認しましょう。クロック周波数は「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。

ストレスなく快適にスマホを楽しみたいなら、クロック周波数は最低でも2.0GHz以上は必要になるため、選ぶ際には参考にしてみてください。

メモリ(RAM)をチェック

メモリとは、分かりやすく例えると机の広さのようなモノ。机のサイズが広ければ作業効率が上がるのと同じで、メモリも容量が大きければ一度にたくさんの作業が可能です。

CPUと同じくスマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、ハイスペックなSIMフリースマホを選ぶ際にはメモリの性能もしっかりとチェックする必要があります。

選び方の目安として、一度にたくさんのアプリやゲームを楽しみたいなら最低でも4GB、予算に余裕があるなら8GBを基準にするのがおすすめです。

ストレージ(ROM)をチェック

ストレージとは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSやシステムデータまで、いろいろなデータを保管しておく場所です。メモリと同じくサイズが大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしてみてください。

選び方の目安として、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら、ストレージ容量は最低でも64GB以上、アプリやゲームだけでなく、写真・動画・音楽などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら128GB以上を基準にしましょう。

ちなみに、ストレージ容量を気にせずスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無もあわせてチェックしてみてください。

その他機能もチェック

カメラ性能

https://www.amazon.co.jp/dp/B07CSS1Y17?tag=s02a3-22

スマホで頻繁に写真を撮影する場合や写真の画質にこだわる場合は、カメラ性能がハイスペックな機種を選ぶのがおすすめ。カメラで重要なのはレンズの性能で、レンズ内にある絞りの大きさを示す数値である「F値」が小さいものほど、暗い室内や夜でもきれいに撮影できるという性質があります。

また、最近の高性能SIMフリースマホにはデュアルレンズやトリプルレンズなど複数のレンズを搭載した機種も登場。これらの機種では1台で複数の画角を使い分けられるので、通常のデジタルズームとは違って画質を劣化させずに被写体を大きく引き寄せたり、逆に風景をダイナミックに写したりする撮影が楽しめます。

カメラ性能にこだわった機種では撮影時にAI技術を活用しているのも特徴。学習によってユーザーが好む色合いや明るさに編集した写真を自動で提案してくれたり、高度な演算技術で画質を向上させてくれたり、撮影した被写体を分析して関連情報を表示してくれたりする機能などがあります。

防水・防塵性能

By: amazon.co.jp

水回りでもスマホを使いたい場合は高い防水・防塵性能を持つ機種を選ぶのがおすすめ。各種ボタンやSIMスロットなどが防水パッキンで密閉加工されているので、スポーツで汗をよくかく場合やアウトドアなど過酷な環境で使用する場合でも、浸水・異物混入による故障のリスクを軽減してスマホを使い続けられます。

スマホの防水・防塵性能を確認する際に重要となるのが、「IP」という国際規格で表示される保護等級。具体的には、水回りでもスマホを使用したい場合は、最低でも完全防水を意味する「IP65」以上の表示がある機種を選ぶのがおすすめです。また、より上位となる「IP67」以上の機種であれば、水没にも耐えられるほどの防水性能を持っています。

ただし、スマホの防水・防塵性能は常温の真水での使用を想定しており、風呂・サウナ・海などでの使用には対応していない場合が多いので注意しましょう。

ハイレゾ音源対応

オンキョー(ONKYO) GRANBEAT DP-CMX1

By: amazon.co.jp

スマホで高音質な音楽鑑賞を楽しみたい場合は、ハイレゾ音源の再生に対応した機種がおすすめです。ハイレゾとは「High-Resolution(高解像)」の略で、ハイレゾ音源はCD音源の約3〜6.5倍ものデータ量を持っているのが特徴。CD音源では難しい高音域や繊細な音が再現できるので、より臨場感のある音質で音楽が楽しめます。

また、ハイレゾ音源のファイル形式にはさまざまなものがありますが、FLAC形式の再生に対応した機種が扱いやすくおすすめです。通常のmp3やWMAと同じように曲名やアーティスト名などの情報を追加できるので、楽曲の管理が簡単にできます。

なお、ハイレゾ音源は「4分間の楽曲で130MB」など保存時のデータ量が大きいのが難点。そのため、ストレージ容量に余裕のある機種やmicroSDカードによるストレージ増設に対応した機種を選びましょう。

ハイスペックなSIMフリースマホのおすすめモデル

エイスース(ASUS) ZenFone 5Z ZS620KL-BK128S6/A

エイスース(ASUS) ZenFone 5Z ZS620KL-BK128S6/A

コスパの高さが魅力の6.2インチSIMフリースマホです。メモリには大容量の6GBを搭載しているので、複数のアプリを同時に使用するマルチタスクも快適に行えます。7万円前後という低価格で購入できるので、ハイスペックなスマホをできるだけ安く入手したい方におすすめです。

カメラ機能が優秀なのも特徴。背面カメラにはF1.8の大口径レンズが使用されています。また、セカンドレンズとして画角120°の広角レンズが搭載されているので、迫力のある風景や多人数での自撮りの撮影に効果的です。

カメラにAI技術が活用されているのもポイント。「リアルタイムポートレートモード」を使用すれば、AIが背景を滑らかにぼかしてくれます。また、リアルタイム補正に対応した美肌モードも搭載されているので、ライブストリーミング動画の配信にもおすすめです。

エイチティーシー(HTC) U12+ U12-PLUS

エイチティーシー(HTC) U12+ U12-PLUS

両面デュアルカメラ・ハイレゾ対応・防水対応の3拍子が揃ったハイスペックな6.0インチSIMフリースマホです。CPUはSnapdragon 845、メモリは6GB、ストレージは128GBと高性能に加えて、IP68の防水・防塵性能にも対応するので、場所を選ばず快適に楽しめます。

背面と前面の両方に2基のレンズを搭載。2倍の光学ズームが使用でき、ピント合わせも速いので、子どもやペットの撮影にも重宝します。また、ハイレゾ再生にも対応。付属のイヤホンはノイズキャンセル機能を備えているので、周囲の雑音を気にせず音楽に没頭できます。

「エッジセンス2」機能を搭載しており、片手で操作がしやすいのも特徴。スマホ側面をダブルタップすると、全ての操作が親指だけでできる大きさに画面サイズを一瞬で調整できるほか、頻繁に使用するアプリや操作も素早く呼び出せます。

オッポ(OPPO) Find X 871330

オッポ(OPPO) Find X 871330

美しい大画面を最大限に活用してゲームや動画を楽しみたい方におすすめのSIMフリースマホです。独自のスライド構造を採用した「ステルス3Dカメラ」が最大の特徴で、使用時以外はカメラが本体内部に格納されています。

一般的なフルビューディスプレイ機に見られるノッチが本機には存在しないため、93.8%という圧倒的な画面占有率を持った本物のフルビューディスプレイを実現。6.4インチの2Kディスプレイ(2340×1080)には有機ELパネルが採用されているので、液晶よりも高コントラストかつ濃厚な色合いの映像が楽しめるのも魅力です。

CPUにはSnapdragon 845、メモリには大容量8GB、ストレージには余裕の256GBを搭載。あらゆるコンテンツをストレスフリーに満喫できる高い性能を備えています。

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact

片手で使える小型軽量な端末を探している方におすすめの、ハイスペックなSIMフリースマホです。本体重量135g、サイズ131×64×9.3mmの小さなボディにも関わらず、5.2インチの「ハイスピードIGZOディスプレイ」を搭載。フルHDを超える2K(2280×1080)の解像度による高画質と倍速120Hz駆動による滑らかな画面表示で、動画やSNSが楽しめます。

スペックが高いのも特徴。最上位CPUのSnapdragon 845(8コア)、4GBのメモリ、64GBのストレージを搭載しているので、高画質なゲームもストレスフリーで楽しめます。指紋認証と顔認証の両方に対応しているので、ロックの解除も簡単。IP68の防水・防塵性能にも対応するため、水回りでも安心して使用できるのがポイントです。

ブラックシャーク(Black Shark) Blak Shark 2 SKW-H0

ブラックシャーク(Black Shark) Blak Shark 2 SKW-H0_JP_SBK

ハイスペックなSIMフリーのゲーミングスマホです。最新のハイエンドCPUであるSnapdragon 855と大容量12GBのメモリを搭載。3Dを多用する高画質ゲームも余裕で動かせるので、圧倒的なパフォーマンスでライバルに差をつけたいゲーマーの方におすすめです。

6.39インチの2Kディスプレイはサンプリングレートが240Hzと極めて高速で、動きが滑らかに表示されるため、レーシングやシューティングのゲームプレイにも最適。さらに、タッチの応答速度が43.5msと低遅延なので、音ゲーでもハイスコアが狙えます。

多層液体冷却システムを搭載しているのも特徴。端末の温度上昇によるパフォーマンスの低下を防げるので、長時間のゲーミングでも精度の高いプレイが楽しめます。別売りのコントローラーやボディケースを取り付ければ、携帯ゲーム機のような操作感で使用できるのもポイントです。

グーグル(Google) Pixel 3

グーグル(Google) Pixel 3

Android OSの供給元であるGoogleが展開しているハイスペックな5.5インチのSIMフリースマホです。CPUはSnapdragon 845、メモリは4GB、ストレージは64GBまたは128GBを選択が可能。IP68の防水・防塵性能も備えているので、あらゆるシーンでアクティブに使えます。

カメラ機能が充実しているのが大きな特徴。背面カメラはシングルレンズですが、F1.8とF値が明るく、「夜景モード」を使えば暗い場所もフラッシュなしで鮮明で美しい写真が撮れます。一方、前面カメラには標準と広角、2種類のレンズを搭載。集団での自撮り撮影も簡単にできます。

また、カメラにAI技術が活用されているのもポイント。「トップショット」機能を使えば、プリ連写した画像のなかから目を瞑っていない状態や笑顔の瞬間などのベストショットをAIが自動的に選んで推薦してくれます。「Googleレンズ」機能では、カメラで認識した被写体に関する詳細情報やマーケットでの販売情報を検索できるのも特徴です。

オンキョー(ONKYO) GRANBEAT DP-CMX1

オンキョー(ONKYO) GRANBEAT DP-CMX1

音質にとことんこだわりたい方におすすめのハイレゾ対応の5.0インチSIMフリースマホです。スマホ用とオーディオ用に基盤を分けることで、デジタルオーディオプレイヤーと同等の豊かでピュアなサウンドのハイレゾ再生を実現。また、ハイレゾ音源だけではなく、CD音源やアプリのBGMなども高音質で楽しめます。

スマホだけで手軽にハイレゾ音源が楽しめるのも魅力。国内最大級の楽曲数を誇るハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」から、PCを介さなくても楽曲の購入とダウンロードが直接できます。

ストレージは128GBと大容量。また、microSDカードにも対応しており、最大256GBまでの拡張が可能なので、大容量のハイレゾ音源もたっぷり保存できます。

加えて、3000mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大で連続25時間の音楽再生が可能。急速充電にも対応しており、90分でフル充電が可能なので、バッテリー残量を気にせず1日中音楽が楽しめます。