SIMフリースマホとは、ドコモ・ソフトバンク・auといったキャリアに縛られることなく、自由に通信業者を選択できるスマートフォンのこと。格安SIMとあわせて使えばスマホ代を安く抑えられることから、ここ数年で急激に利用者が増加しています。

そこで今回は、高性能で使いやすいハイスペックSIMフリースマホをピックアップ。アプリやゲームを快適に楽しみたい方はもちろん、人とは少し違ったスマートフォンが欲しい方にもおすすめなので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ハイスペックなSIMフリースマホの選び方

CPUをチェック

By: mi.com

CPUとは、人間で例えると頭脳にあたるパーツです。スマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、選ぶ際にはCPUの性能をしっかりとチェックする必要があります。

選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載しているモノがおすすめです。

また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値も確認しましょう。クロック周波数は「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。

ストレスなく快適にスマホを楽しみたいなら、クロック周波数は最低でも2.0GHz以上は必要になるため、選ぶ際には参考にしてみてください。

メモリ(RAM)をチェック

メモリとは、分かりやすく例えると机の広さのようなモノ。机のサイズが広ければ作業効率が上がるのと同じで、メモリも容量が大きければ一度にたくさんの作業が可能です。

CPUと同じくスマートフォンの性能を大きく左右する重要なパーツなので、ハイスペックなSIMフリースマホを選ぶ際にはメモリの性能もしっかりとチェックする必要があります。

選び方の目安として、一度にたくさんのアプリやゲームを楽しみたいなら最低でも4GB、予算に余裕があるなら8GBを基準にするのがおすすめです。

ストレージ(ROM)をチェック

ストレージとは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSやシステムデータまで、いろいろなデータを保管しておく場所です。メモリと同じくサイズが大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしてみてください。

選び方の目安として、アプリやゲームをたくさん楽しみたいなら、ストレージ容量は最低でも64GB以上、アプリやゲームだけでなく、写真・動画・音楽などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら128GB以上を基準にしましょう。

ちなみに、ストレージ容量を気にせずスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無もあわせてチェックしてみてください。

その他機能もチェック

カメラ性能

By: jp.sharp

スマホで頻繁に写真を撮影する場合や写真の画質にこだわる場合は、カメラ性能がハイスペックな機種を選ぶのがおすすめ。カメラで重要なのはレンズの性能で、レンズ内にある絞りの大きさを示す数値である「F値」が小さいものほど、暗い室内や夜でもきれいに撮影できるという性質があります。

最近の高性能SIMフリースマホには、デュアルレンズやトリプルレンズなど複数のレンズを搭載した機種も登場。これらの機種では1台で複数の画角を使い分けられるので、通常のデジタルズームとは違って画質を劣化させずに被写体を大きく引き寄せたり、逆に風景をダイナミックに写したりする撮影が楽しめます。

カメラ性能にこだわった機種では撮影時にAI技術を活用しているのも特徴。学習によってユーザーが好む色合いや明るさに編集した写真を自動で提案してくれたり、高度な演算技術で画質を向上させてくれたり、撮影した被写体を分析して関連情報を表示してくれたりする機能などがあります。

防水・防塵性能

By: amazon.co.jp

水回りでもスマホを使いたい場合は高い防水・防塵性能を持つ機種を選ぶのがおすすめ。各種ボタンやSIMスロットなどが防水パッキンで密閉加工されているので、スポーツで汗をよくかく場合やアウトドアなど過酷な環境で使用する場合でも、浸水・異物混入による故障のリスクを軽減してスマホを使い続けられます。

スマホの防水・防塵性能を確認する際に重要となるのが、「IP」という国際規格で表示される保護等級。具体的には、水回りでもスマホを使用したい場合は、最低でも完全防水を意味する「IP65」以上の表示がある機種を選ぶのがおすすめです。また、より上位となる「IP67」以上の機種であれば、水没にも耐えられるほどの防水性能を持っています。

ただし、スマホの防水・防塵性能は常温の真水での使用を想定しており、風呂・サウナ・海などでの使用には対応していない場合が多いので注意しましょう。

ハイレゾ音源対応

By: jp.sharp

スマホで高音質な音楽鑑賞を楽しみたい場合は、ハイレゾ音源の再生に対応した機種がおすすめです。ハイレゾとは「High-Resolution(高解像)」の略で、ハイレゾ音源はCD音源の約3〜6.5倍ものデータ量を持っているのが特徴。CD音源では難しい高音域や繊細な音が再現できるので、より臨場感のある音質で音楽が楽しめます。

また、ハイレゾ音源のファイル形式にはさまざまなものがありますが、FLAC形式の再生に対応した機種が扱いやすくおすすめです。通常のmp3やWMAと同じように曲名やアーティスト名などの情報を追加できるので、楽曲の管理が簡単にできます。

なお、ハイレゾ音源は「4分間の楽曲で130MB」など保存時のデータ量が大きいのが難点。そのため、ストレージ容量に余裕のある機種やmicroSDカードによるストレージ増設に対応した機種を選びましょう。

ハイスペックなSIMフリースマホのおすすめモデル

シャープ(SHARP) AQUOS zero2 SH-M13-B

シャープの人気シリーズ「AQUOS zero」の2020年モデル。ハイエンドSoC「Snapdragon 855」や、大容量の8GB RAM、UFS typeの256GB ROMを搭載しており、処理の重いアプリやゲームがサクサク快適に楽しめます。ハイスペックなSIMフリースマホながら、軽量かつ丈夫なマグネシウム合金フレームを採用。重量わずか141gの軽量ボディを実現しているのも特徴です。

機能面では、素早くロック解除できる画面内指紋認証・顔認証、水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)、キャッシュレスで支払いできるおサイフケータイに対応。10億色の表現力を持つ有機ELディスプレイを採用することで、お気に入りのゲームや動画がきれいな映像で楽しめます。

TCL PLEX T780H-2ALCJP12

コストパフォーマンスに優れたハイスペックなSIMフリースマホです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、ミドルレンジSoC「Snapdragon 675」や、大容量の6GB RAMを搭載。ストレージには128GB ROMを採用しているので、アプリやゲームなどたくさんのコンテンツを楽しみたい方にもおすすめです。

ほかにも、目の負担を軽減させる読書モードや、好きなアプリ・機能を割り当てられるカスタムキー、最大4つのスピーカーに接続できるスーパーBluetoothなど、便利な機能を多数搭載。昼夜問わずきれいに撮影できる、トリプルカメラに対応しているのも大きなポイントです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 plus SHM11

基本性能が充実したハイスペックなSIMフリースマホです。明るく鮮やかな映像が楽しめるIGZOディスプレイをはじめ、豊かな色域を再現するリッチカラーテクノロジーモバイル、コントラスト・バックライトの輝度を自動調整するアウトドアビューなど、シャープ独自の映像技術を多数搭載。きれいな映像で動画やゲームが楽しめます。

クアッドコアCPU「Snapdragon 636」や、大容量の6GB RAMを採用することで、アプリやゲームがサクサク快適に楽しめるのも特徴。ムーンブルーやブラック、ホワイトなどのカラーバリエーションから、自分好みの色が選べるのも嬉しいポイントです。

エイスース(ASUS) Zenfone Max Pro M2 ZB631KL

価格と性能のバランスに優れたハイスペックなSIMフリースマホ。8個のコアを内蔵したCPU「Snapdragon 660」を搭載することで、最新のアプリやゲームがサクサク快適に楽しめます。高いコストパフォーマンスを実現していながら、最大約35日間の連続待受が可能な5000mAhの大容量バッテリーを採用。外出先でもバッテリー残量を気にせず1日中使えます。

機能面では、コンセントのない場所でもほかのデバイスを充電できる「リバースチャージ機能」や、プロレベルの撮影が楽しめる「デュアルカメラシステム」を搭載。2枚のnanoSIMカードが同時に使える「DSDV」に対応しているのも魅力のひとつです。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

スペックの高さが魅力のSIMフリースマホです。最大2.2GHzで駆動する「Snapdragon 730G」や、大容量の「6GB LPDDR4x」を搭載。3Dゲームやマルチタスクなど負荷のかかる処理もサクサク軽快にこなします。シャオミの最新テクノロジーが詰まった5眼カメラを使えば、遠く離れた被写体から微小なマクロの世界まで美しく撮影できるのもポイント。

ワンタッチでロック解除ができる「画面内指紋センサー」、わずか65分でフル充電できる急速充電、スマホから家電が操作できる「赤外線ブラスター」など、使い勝手のよい便利なオプション機能が充実しているのも魅力です。

エイスース(ASUS) ROG Phone II ZS660KL-BK512R12/A

エイスースの最新技術が詰まったハイスペックなSIMフリースマホです。最高2.96GHzで動作する世界最高峰の「Sanpdragon 855 Plus」をはじめ、大容量の12GB LPDDR4X、UFS 3.0対応の512GB ROMなど、高性能なパーツを多数搭載。処理の重い高解像度のゲームもノンストレスで快適に楽しめます。

各パーツの性能を最大限に引き出す「GameCool II」や、最大120Hzのリフレッシュレートに対応した「AMOLEDディスプレイ」により、FPSのような機敏なプレイが要求されるゲームも快適にプレイが可能。1回の充電で長時間使える、6000mAhの超大容量バッテリーを採用しているのも大きなポイントです。

エイスース(ASUS) ZenFone 6 ZS630KL

180°回転する電動駆動式のフリップカメラを搭載したモデル。シチュエーションに合わせてカメラの角度を調節すれば、いつもとは違ったアングルで写真・動画撮影が楽しめます。ハイエンドSoC「Snapdragon 855」や、大容量の6GB LPDDR4X、UFS 2.1対応の128GB ROMなど、全体的にスペックが高いのも魅力です。

バッテリーには、最大約23時間のWebブラウジングが可能な5000mAhの大容量バッテリーを採用。外出先でもバッテリー残量を気にせず長時間使えます。迫力ある映像が楽しめる「6.4インチのナノエッジディスプレイ」と、パワフルなサウンドを再現するデュアルスピーカーを組み合わせることで、動画やゲームが快適に楽しめるのもポイントです。

ファーウェイ(HUAWEI) NOVA 5T

機能性とデザイン性のバランスに優れたモデルです。独自のオクタコアCPU「Kirin 980」に加えて、大容量の8GB RAMや、たくさんのデータが保存できる128GB ROMを搭載。CPUとGPUプロセッサの性能を大幅に向上させる「GPU Turbo」を使えば、処理の重いゲームもサクサク快適に楽しめます。

ほかにも、本格的な写真・動画撮影が楽しめる4つのアウトカメラ、わずか30分で50%の充電が可能な超急速充電、一瞬でロック解除できる指紋認証センサーなど、便利な機能を多数搭載。美しい光沢がアクセントのスタイリッシュなデザインも魅力です。

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom CPH1919

カメラ性能に優れたハイスペックなSIMフリースマホです。4800万画素の超高解像度メインカメラ・1300万画素の望遠カメラ・800万画素の広角カメラの計3つのカメラを搭載。まるで一眼レフで撮影したようなクオリティの高い写真が気軽に楽しめます。遠くの被写体のディテールもしっかりと写し出す「10倍ハイブリッドズーム」に対応しているのも大きなポイント。

CPUには「Snapdragon 855」、メモリには8GB RAM、ストレージには256GB ROMを搭載。あらゆるコンテンツをノンストレスで楽しめる高いスペックも魅力です。

オッポ(OPPO) Reno A

便利な機能が充実したオッポの人気モデル。ミドルレンジSoC「Snapdragon 710」と、大容量の6GB RAMを組み合わせることで、余裕のある高いスペックを実現。独自の「ゲームブースト2.0」を使えば、処理の重いゲームもノンストレスでプレイが可能です。

指先ひとつでロック解除できる「ディスプレイ指紋認証」や、かざすだけで支払いできる「おサイフケータイ」、水に濡れても壊れにくい防水・防塵性能(IP67)など、実用性に優れた機能も魅力。自撮りがきれいに楽しめる、ビューティーセルフィーに対応しているのも特徴です。