格安SIMが普及したことで注目を集めているSIMフリースマホ。なかでも最近人気なのが、2枚のSIMカードを1台にまとめて使える「デュアルSIM対応スマホ」です。

そこで今回は、デュアルSIM対応スマホのおすすめモデルをご紹介。価格の安いコストパフォーマンスに優れたモデルから、アプリが快適に楽しめるハイエンドモデルまで、さまざまな製品をピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

DSDSとは?

DSDSとは「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略で、2枚のSIMを同時に挿して使えるスマホのこと。もともとDSDSは通信インフラが整っていない海外の一部の国や地域で使われていた機能で、電波が混在するエリアでもスマホ1台で異なる通信規格をカバーできるように作られました。

ただ、日本の場合は諸外国と事情が異なり、スマホが登場した当初から大手キャリアによるSIMカードと端末のセット販売が主流。DSDSの需要はそれほど高くはありませんでした。

しかし、最近になって格安SIMが普及したことで、ユーザーニーズも変化。SIMとスマホをそれぞれ別々に選ぶ考え方が生まれ、国内でも少しずつDSDSを使うユーザーが増えてきました。

DSDS対応のメリット

DSDSを選ぶメリットは、2枚のSIMを同時に挿して使えるところ。ビジネス用・プライベート用のようにSIMを使い分けている場合にも、DSDS対応のスマホなら2つのSIMを1台にまとめられるため、2台のスマホを持ち歩いたり、連絡先を別に管理したりする必要がなくなります。

通話は定額プランのある大手キャリアのSIM、データ通信は料金の安いMVNOの格安SIMのように上手く使い分ければ、月々のスマホ料金を安く抑えられるのもメリットです。

デュアルSIMの種類

DSSS

シングルスタンバイ(DSSS)は、スマホに挿入した2枚のSIMカードの内どちらか片方のみが使えるタイプ。1台のスマホに2枚のSIMカードを挿すことはできますが、同時に待ち受けをすることはできず、別のSIMカードを使うときには手動での切り替えが必要になります。

また、使っていない方のSIMカードは圏外状態になるので、2つのSIMを同時に運用したい方には向いていません。

DSDS

デュアルスタンバイ(DSDS)は、スマホに挿入した2枚のSIMカードを同時に待ち受け状態にできるタイプ。例えば、ビジネス用SIMとプライベート用SIMを挿しておけば、わざわざスマホを2台持ち歩かなくても、1台で2つの回線が利用できるようになります。

また、データ通信用・音声通話用のようにSIMをそれぞれ分けて管理することもでき、データ通信は料金の安い格安SIM、音声通話は定額プランのある大手キャリアのSIMなど、上手く使い分ければ月々のスマホ料金を安く抑えることも可能。

ただし、データ通信用・音声通話用とSIMを分けて使っている場合、どちらか片方しか使えなくなるため、インターネットで調べモノをしながら音声通話するような使い方はできません。

DSDA

デュアルアクティブ(DSDA)は、スマホに挿入した2枚のSIMカードを同時に利用できるタイプ。どちらか片方のSIMでしか通話・データ通信が使えないデュアルスタンバイ(DSDS)と違って、それぞれのSIMで通話・データ通信が同時に使えるため、インターネットで調べモノをしながら音声通話をしたり、友達とゲームをしながら音声通話を楽しんだりも可能です。

もちろん、データ通信用・音声通話用のようにSIMをそれぞれ分けて管理することも容易なので、上手く使い分けて月々のスマホ料金を安く抑えることもできます。

DSDS対応スマホの選び方

技適マークをチェック

技適マークとは、日本国内で使える技術基準を満たした無線機器に与えられるマークのこと。スマホはもちろん、パソコンや携帯型ゲーム機といった無線通信をする機器は、必ず技適マークを取得することが法律で決められており、万が一技適マークなしの無線機器を国内で使ってしまうと、電波法違反で1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処されることがあります。

大手キャリアやMVNOが販売するスマホには必ず技適マークがついていますが、海外製のSIMフリースマホのなかには、一部技適マーク未取得の端末も販売されているので、デュアルSIM対応スマホを選ぶ際には技適マークの有無をしっかりと確認しましょう。

ちなみに、技適マークは端末のパッケージや本体のバッテリー取り付け部分を見れば誰でも簡単にチェックできます。

対応SIMサイズをチェック

SIMカードの形状やサイズは国際規格によって定められており、現在日本では「miniSIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類が使用されています。

ほとんどのデュアルSIM対応スマホは、同じ規格のSIMが挿して使えるようになっていますが、製品によってはnanoSIMとmicroSIMのようにSIMの規格がそれぞれ異なる場合もあります。デュアルSIM対応スマホを選ぶ際には、各メーカーホームページの製品紹介などで対応するSIMのサイズを確認しておきましょう。

なお、自分の持っているSIMのサイズが合わない場合には「SIMカッター」や「SIMアダプター」といったツールは使わずに、ショップなどでSIMのサイズ変更手続きを行うのがおすすめ。無理にSIMのサイズを変えると、スマホから取り出せなくなったり、SIMが使えなくなったりするリスクがあります。注意しておきましょう。

バッテリー容量をチェック

デュアルSIM対応スマホは、2回線を同時に待ち受けできる「デュアルスタンバイ」に対応しており、一般的なスマホよりもバッテリーの消費量は大きくなります。そのため、選ぶ際にはスマホの駆動時間を大きく左右する「バッテリー容量」をしっかりと確認しておきましょう。

なお、スマホのバッテリー容量は「○○mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表記されているのがほどんど。使い方や機種にもよりますが、アプリやゲームを1日中楽しみたいなら最低でも「5000~6000mAh」は欲しいところです。逆にアプリやゲームは一切せず、電話やメール、ちょっとした調べモノをする程度なら「3000~4000mAh」でも十分足ります。

各種スペックをチェック

CPU

CPUは中央演算処理装置の略称で、プログラムに従ってデータの処理や計算を行うスマホの頭脳ともいえるパーツです。スマホに使われているCPUはさまざまですが、現在市販されているデュアルSIM対応スマホの多くは、クアルコム社の「Snapdragonシリーズ」を搭載しています。基本的には、Snapdragonの後に続く「数字3桁(型番)」が大きいほど性能が高くなるので、選ぶ際にはしっかりと確認しましょう。

SNSや動画、Webサイトを見る程度なら、コストパフォーマンスに優れたエントリー向けの「Snapdragon 400シリーズ」でも十分ですが、ある程度アプリやゲームも楽しみたいなら、処理能力に余裕のあるミドルレンジ向けの「Snapdragon 600/700シリーズ」や、ハイエンド向けの「Snapdragon 800シリーズ」を選んでおいた方が安心です。

メモリ(RAM)

メモリ(RAM)はランダムアクセスメモリの略称で、スマホで作業中のデータを一時的に保存しておくパーツです。メモリの容量が大きいとスマホの動作はスムーズになり、結果的にアプリやゲームがサクサク動くようになります。

選び方として、SNSや動画、Webサイトを見るなら4GBから、マルチタスクや負荷の重いアプリ・ゲームを楽しむなら6~8GBから選ぶのが目安になってきます。ちなみに、メモリは容量が大きくなるとバッテリーの消費が激しくなる欠点があるので、単に容量の大きなモノを選ぶのではなく、用途に合った無駄のないメモリ容量を選ぶことが大切です。

ストレージ容量

ストレージは、アプリやゲームなどのプライベートデータから、OSなどのシステムデータまで、スマホ内のさまざまなデータを保存しておくパーツです。ストレージ容量は「○○GB」のような形で記載されており、その数字が大きいほどたくさんのデータを保存できます。ただし、ストレージ容量が大きくなるとスマホの価格も高くなるので、その点は留意しておきましょう。

選び方の目安として、SNSや動画、Webサイトを見るのがメインなら64GBから、ある程度アプリやゲームも楽しみたいなら128GBからがおすすめ。写真や動画をたくさん保存したり、容量の大きなアプリやゲームをたくさん楽しんだりするなら、余裕をもって256GB以上を選んでおくと安心です。

なかには、後から気軽にストレージ容量が増やせる「SDカードスロット」を搭載したモノもあるので、容量不足が心配な方はこちらもあわせてチェックしてみてください。

DSDS対応スマホのおすすめモデル

エイスース(ASUS) ZenFone 6 ZS630KL-SL128S6/A

エイスース(ASUS) ZenFone 6 ZS630KL-SL128S6/A

エイスースの技術が詰まったハイエンドモデルです。モバイル端末用CPUで現行最高峰の「Snapdragon 855」や、アプリやゲームがサクサク動く「6GB RAM」を搭載。処理の重いアプリやゲームもノンストレスで快適に楽しめます。128GBの大容量ストレージに加えて、最大2TBの「microSDメモリカードリーダー」に対応しているのもポイントです。

画面占有率92%の「オールスクリーンナノエッジディスプレイ」や、0~180°の範囲でレンズの角度を自由に動かせる「フリップカメラ」、1回の充電で最大35日間の連続待ち受けが可能な「5000mAhの超大容量バッテリー」など、機能が充実しているのも魅力。nanoSIMスロットを2つ搭載したDSDS対応モデルです。

マヤシステム(MAYA SYSTEM) jetfon G1701-GB

マヤシステム(MAYA SYSTEM) jetfon G1701-GB

価格と性能のバランスに優れたDSDS対応スマホです。気軽に購入できるリーズナブルな価格ながら、オクタコアCPU「Snapdragon 652」や、大容量の「4GB RAM」を搭載。ボディには丈夫で壊れにくいアルミボディを採用しているので、耐久性が気になる方でも安心して使えます。

機能面では、位置情報をもとに最適な通信会社を選択して自動接続する「クラウドSIMテクノロジー」に対応。日本国内はもちろん、世界100以上の国と地域でデータ通信が行えます。本体カラーはグラファイトブラックとシャンパンゴールドの2色から選択が可能です。

キャタピラー(Caterpillar) CAT S61

キャタピラー(Caterpillar) CAT S61

アメリカの大手建設機械メーカー「キャタピラー」が販売するDSDS対応スマホ。画面が割れにくく傷つきにくい「ゴリラガラス5」や、水深3mで1時間耐える「IP69の防水性能」、1.8メートルからの落下にも耐える「耐衝撃構造」など、従来のスマホの常識を覆した強固な作りが魅力です。

ほかにも、400℃まで計測できる「赤外線サーモグラフィ」、レーザーで正確な距離が測れる「アシスト距離測定」、揮発性有機化合物を検知する「室内空気質モニター」など、ユニークな機能を多数搭載。CPUには「Snapdragon630」、メモリには「4GB RAM」を採用しているので、アプリやゲームもサクサク快適に楽しめます。

エイスース(ASUS) ROG Phone II ZS660KL-BK1TR12/A

エイスース(ASUS) ROG Phone II ZS660KL-BK1TR12/A

パフォーマンスを追求したエイスースのゲーミングスマホです。最高2.96GHzの高クロックで動作する「Snapdragon 855 Plus」に加えて、UFS 3.0対応の「1TBの超高速ストレージ」や、大容量メモリの「12GB LPDDR4X」を搭載。どんなアプリやゲームもサクサク快適に楽しめる高いスペックに仕上がっています。

2枚のSIMカードを自在に使い分けられるDSDV対応モデルなのもポイント。機能面では、臨場感あふれるサウンドが体験できる「デュアルフロントステレオスピーカー」や、色鮮やかな高精細映像を映し出す「AMOLEDディスプレイ」を搭載。画質・音質にも優れているので、ゲームはもちろん、動画や音楽を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom CPH1919 OG

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom CPH1919 OG

カメラ性能に優れたDSDS対応スマホです。遠くの被写体のディテールもしっかりと写し出す「10倍ハイブリッドズーム」や、薄暗い場所でも美しい写真が撮影できる「ウルトラナイトモード2.0」、撮影シーンを自動認識して明るさ・色彩を最適化する「ダズルカラーモード」を搭載。まるでプロが撮影したかのような本格的な写真が誰でも気軽に楽しめます。

必要なときに端末内部から立ち上がる「ピボットライジングカメラ」を採用することで、スクリーン全体に遮るものがないパノラマスクリーンを実現。お気に入りの動画やゲームが大迫力の映像で楽しめます。画面に触れるだけでロック解除できる「ディスプレイ指紋認証」や、より正確な位置情報の確認が可能な「デュアルバンドGPS」など、便利な機能が充実しているのも魅力です。

モトローラ(Motorola) Moto G7 Power PAEK0002JP/A

モトローラ(Motorola) Moto G7 Power PAEK0002JP/A

便利な機能が充実したモトローラの人気モデルです。5000mAhの大容量バッテリーを採用することで、約3日間の超ロングバッテリーライフを実現。バッテリー残量を気にせずアプリやゲームが楽しめます。付属の「15Wターボパワーチャージャー」を使えば、わずか15分の短い時間で約9時間分の電力が充電できるのも特徴です。

そのほか、ワンタッチでロック解除できる「指紋認証センサー」や、自然なジェスチャーで簡単に操作できる「Motoエクスペリエンス」、一度に得られる情報量が多い「6.2インチ HD+Max Visionディスプレイ」など、使い勝手のよさも魅力。気軽に購入できるリーズナブルな価格もポイントです。

オッポ(OPPO) Reno A

オッポ(OPPO) Reno A

基本性能が充実したオッポのエントリーモデルです。価格の安いDSDS対応スマホながら、キャッシュレスで支払いができる「おサイフケータイ」や、水に濡れても壊れにくい(IPX7レベルの防水機能、画面をタッチするだけでロック解除できる「ディスプレイ指紋認証」など、便利な機能を多数搭載しています。

2500万画素のインカメラは独自の「A.I.ビューティー機能」に対応しているので、自撮りをきれいに楽しみたい方にもおすすめ。CPUにはハイエンド向けの「Snapdragon710」、メモリには大容量の「6GB RAM」を搭載しており、アプリやゲームを快適に楽しめます。

きれいな映像を画面いっぱいに表示する「6.4インチ有機EL 水滴型ノッチスクリーン」を採用しているのもポイント。手になじむコンパクトサイズでありながら臨場感あふれる映像を視聴することができます。

モトローラ(Motorola) Moto Z3 Play PABH0005JP/A

モトローラ(Motorola) Moto Z3 Play PABH0005JP/A

合体式のモジュール「moto mods」に対応したDSDS対応スマホ。スマホの背面には強力なマグネットがついており、360度カメラ・高音質スピーカー・追加のバッテリーなどの専用モジュールをワンタッチで着脱できます。同梱の「18W TurboPower充電器」を使えば、短い時間であっという間に充電できるのも魅力です。

厚さわずか6.75mmのスリムボディを実現していながら、鮮やかな写真が撮影できる「デュアルリアスマートカメラ」や、カメラを見るだけでロック解除できる顔認証など、機能が充実しているのもポイント。CPUにはミドルレンジ向けの「Snapdragon 636」を採用しているので、アプリやゲームも快適に楽しめます。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

中国の総合家電メーカー「シャオミ」が販売するDSDS対応スマホです。世界初の「108メガピクセルペンタカメラ」に加えて、500万画素の望遠カメラ、1200万画素のポートレートカメラ、2000万画素の超広角カメラ、マクロカメラなど、合計5個の高性能アウトカメラを搭載。スマホで撮影したとは思えないハイクオリティの写真・動画が気軽に楽します。

機能面では、1回の充電で2日間以上の使用が可能な5260mAhの大容量バッテリー、画面に触れるだけでロック解除できる「画面内指紋センサー」、テレビやエアコンなどの家電を操作できる「赤外線ブラスター」を搭載。最新のオクタコアCPU「Snapdragon 730G」や、大容量の「6GB RAM」を採用しているので、処理の重いアプリやゲームもサクサク動きます。

エイスース(ASUS) Zenfone Live ZA550KL

エイスース(ASUS) Zenfone Live ZA550KL

コストパフォーマンスに優れたDSDS対応スマホ。CPUはエントリー向けの「Snapdragon 430」、メモリは「2GB RAM」など、基本性能を必要最低限に抑えることで、リーズナブルな価格となっています。最新モデルと比較すると全体的なスペックは低くなりますが、SNSや動画、Webサイトを見る程度なら快適に使えます。

低価格ながら、2枚のSIMカードとmicroSDカードが同時に使えるトリプルスロットや、カメラを見つめるだけでロック解除できる顔認証など、機能が充実しているのもポイント。ローズピンク・スペースブルー・ ミッドナイトブラック・ シマーゴールドの全4色から選べる豊富なカラーバリエーションも魅力です。