2枚のSIMカードを同時に挿して使える「デュアルSIM対応スマホ」。2つの電話番号を使い分けられるので、ビジネスとプライベートで同じスマホを使いたい方から支持を集めています。しかし、さまざまな製品がラインナップされているため、何を選べばよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのデュアルSIM対応スマホをご紹介。選ぶ際のポイントも併せて解説するので、ぜひ自分に合った1台を見つけてみてください。

デュアルSIMとは?

By: rakuten.co.jp

デュアルSIMとは、1台のスマホに2枚のSIMカードを挿して使える機能のこと。大手キャリアが販売するスマホは、基本的にSIMカードを1枚しか挿入できない「シングルSIM」を採用しているため、1台のスマホで2枚のSIMカードを使うことはできません。

一方で、デュアルSIM対応のスマホは、2枚のSIMカードを同時に挿して利用できるため、わざわざSIMカードを挿し替えなくても、使用する電話番号を切り替えることが可能です。なお、デュアルSIMには同時に待ち受けが可能なDSDS・DSDA、同時待ち受けができないDSSSなど、いくつかの種類があるため、選ぶ際には種類の違いをチェックするようにしましょう。

デュアルSIM対応のメリット

デュアルSIM対応スマホのメリットは、1台で2つの電話番号が使えるところです。今まで仕事用とプライベート用でスマホを別で2台持ち歩いていた方も、コンパクトに1台にまとめることが可能。格安SIM2枚を挿せば、最適なデータプランを使えるので、スマホの利用料金を安く抑えたい方にもおすすめです。

ちなみに、au回線とdocomo回線のように通信事業者の異なるSIMカードを組み合わせれば、一方のキャリア回線に障害が発生したり、エリア圏外で電波が入らなくなったりしても、もう1つのSIMカードに切り替えればそのまま通信を維持できます。

デュアルSIMの種類

シングルスタンバイ(DSSS)

シングルスタンバイ(DSSS)は、2つあるスロットのうちどちらか片方のスロットが使えるタイプ。2枚のSIMカードを挿入することは可能ですが、片側のSIMカードを利用しているときには、もう片方は圏外となるため、2枚のSIMカードを同時利用できません。

データ通信専用のSIMカードを2枚挿し込めば、データ残量がなくなった際にもう片方のSIMカードに切り替えることができ、スマホがお得に利用可能。海外用と国内用のSIMカードを入れておけば、わざわざSIMカードを挿し替えなくても、ボタンひとつで現地の通信回線が使えるため、頻繁に海外へ渡航する方にもおすすめです。

デュアルスタンバイ(DSDS)

デュアルスタンバイ(DSDS)は、2枚のSIMカードを同時に待ち受け状態にできるタイプ。仕事用とプライベート用のSIMカードを挿しておけば、スマホをそれぞれ別々に持ち歩かなくても、1台で2つの回線が利用できます。料金の安いデータ通信用と音声通話用のSIMカードを組み合わせて運用するのにもおすすめです。

ただし、2つのSIMカードを同時に利用することはできないため、データ通信用・音声通話用のようにSIMカードをそれぞれ分けて利用している場合には、通話しながらネットをするような使い方はできなくなるので注意しましょう。

デュアルアクティブ(DSDA)

デュアルアクティブ(DSDA)は、2枚のSIMカードを同時に利用できるタイプ。データ通信用と音声通話用のようにSIMカードを分けて使っている場合でも、それぞれ同時に利用できるため、音声通話をしながらインターネットで調べモノをしたり、友達と通話をしながらゲームを楽しんだり、さまざまな使い方が可能です。

なお、3種類のなかで一番使い勝手のよいデュアルアクティブですが、日本では電波法によって、1台のデバイスで2つの番号を同時に使うのは違法とされています。今のところ国内では利用できないため、デュアルSIMスマホを利用したい方は、注意するようにしましょう。

デュアルSIM対応スマホの選び方

対応SIMサイズをチェック

デュアルSIM対応スマホの対応SIMカードは、現在nanoSIMカードが一般的です。ただし、少し前に発売されたモデルの場合、micro SIM・nano SIMのようにそれぞれサイズの異なるSIMカードが必要になることもあるので注意しましょう。

SIMカードのサイズは製品の公式サイトなどに必ず記載されているので、デュアルSIM対応スマホを選ぶ際には、あらかじめしっかりと確認することをおすすめします。

バッテリー容量をチェック

By: huawei.com

デュアルSIM対応スマホを選ぶ際は、バッテリー容量についても要チェック。電話やメール、SNSを利用する程度のライトユーザーなら「3000mAh~」でも十分足りますが、バッテリー残量を気にせずアプリやゲームを楽しみたいヘビーユーザーなら「5000mAh~」のモデルを選びましょう。

バッテリー切れで使えなくなるのが不安な方は、バッテリー容量の大きなモノを選びつつ、どこでも手軽に充電できるモバイルバッテリーをひとつ用意しておくと安心です。

スマホのスペックをチェック

CPU

By: mi.com

CPUは、人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツです。最近のデュアルSIM対応スマホは、クアルコム社の「Snapdragonシリーズ」を採用しており、通常はSnapdragonの後に続く数字が大きくなるほど性能が高くなります。

選び方の目安として、電話やメール、SNSを利用する程度なら「Snapdragon 500~600シリーズ」、処理の重いアプリやゲーム、マルチタスクを快適に楽しみたいなら「Snapdragon 800シリーズ」がひとつの目安です。ちなみに、CPUは処理性能が上がると、バッテリーの消費が激しくなる弱点があるため、高性能なCPUを選ぶ際には、バッテリー容量もできるだけ大きなモノを選びましょう。

メモリ(RAM)

By: jp.sharp

メモリは、OSやアプリなど実行中のデータを一時的に保存しておくパーツです。ほかのパーツとの兼ね合いもありますが、基本的にはメモリの容量が大きくなるほどスマホがサクサク動くようになります。スマホをあまり使わないライトユーザーなら「4GB~」、マルチタスクや処理の重いアプリを快適に楽しみたいヘビーユーザーなら「6GB~」を選ぶのがおすすめです。

一方で、メモリの容量が大きくなるとそれに比例して消費電力が増加するデメリットもあるので、必要以上に容量の大きなモノを選ぶのではなく、用途に合ったメモリ容量をしっかりと見極めて選ぶことが大切です。

ストレージ容量

By: jp.sharp

スマホを快適に楽しみたいなら、データを保存しておくストレージ容量も重要なポイント。普通にスマホを使うなら「64GB」もあれば十分ですが、容量の大きなアプリをダウンロードしたり、写真や動画、音楽をたくさん保存したりするなら、余裕をもって「128~256GB」の容量の大きなストレージを選んでおくと安心です。

なお、ストレージ容量はSDカードやクラウドストレージを使えば、後から容量を増やせます。ただし、デュアルSIMスロットとSDカードスロットが併用になっているモデルが多いため、デュアルSIM対応スマホでSDカードを使用したい方は注意しておきましょう。

その他機能をチェック

電子マネー対応

By: oppo.com

デュアルSIM対応スマホを選ぶ際には、電子マネー対応の有無も重要なポイント。非接触ICカード技術「FeliCa」に対応したスマホなら、専用端末にスマホをタッチするだけで、駅の改札を通過したり、買い物の支払いをしたり、キャッシュレスでさまざま支払いができるようになります。

なお、FeliCa未対応のデュアルSIM対応スマホでも、バーコード画面を表示して支払いする「QRコード決済」を使えば、キャッシュレスで支払いが可能。ただし、使える場所が少なかったり、支払いのたびにバーコード画面を表示しなければならなかったり、FeliCaより少し使いにくいのが難点です。

防水性能

By: oppo.com

デュアルSIM対応スマホを水まわりでも使いたいなら、防水性能もしっかりチェックしましょう。スマホの防水性能は、国際電気標準会議が規定する「IPコード」と呼ばれる保護等級で表記されており、基本的にはIPXの後に続く数字が大きくなるほど防水性能が高くなります。

例えば、プールやバスルームなどのように、スマホが水没する可能性がある場所で使うなら、完全防水の「IPX8」に対応したスマホがおすすめ。水中に落とした際でも故障のリスクを軽減できます。一方で、キッチンや雨が降っている屋外など、少量の水がかかる程度なら生活防水の「IPX4」でも十分安心して使用可能です。

生体認証

By: mi.com

スマホを使うたびにパスワードを打ち込むのが面倒という方には、生体認証機能を搭載したモデルがおすすめ。指を軽くタッチするだけで手軽にロック解除ができる「指紋認証」をはじめ、ユーザーの顔を読み取ってロック解除する「顔認証」など、最近ではさまざまな生体認証があります。

これら生体認証は、偽造するのが難しくセキュリティーも高いため、大切なプライバシーをしっかりと守りたい方にも最適。何かを覚えておく必要もないので、パスワードを忘れて使えなくなることもないので便利です。

SIMフリー端末では技適マークをチェックしよう

デュアルSIM対応スマホを選ぶ際に注意しなければならないのが「技適マーク」の有無です。技適マークは、電波法令で定められている技術基準に適合している無線機であることを証明するモノで、認可を受けていないスマホを国内で使うと、場合によっては電波法違反になり法律で罰せられる場合があります。

大手キャリアが販売するスマホには、必ず技適マークがついているので、わざわざチェックする必要はありませんが、海外メーカーが販売するSIMフリー端末は要注意。技適マークを取得していないモノが販売されていることもあるので、購入を検討している方はしっかりと確認するようにしましょう。

デュアルSIM対応スマホのおすすめモデル

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10 Pro

シャオミの最新技術が詰まったハイスペックモデルです。4Kの約12倍の解像度を誇る1億800万画素の「メインカメラ」をはじめ、遠く離れた被写体も鮮明に撮影できる500万画素の「望遠カメラ」、暗い場所でも美しく撮影できる1200万画素の「ポートレートカメラ」、広範囲の撮影が可能な2000万画素の「超広角カメラ」、微小な世界を撮影できる「マクロカメラ」の合計5つのカメラを搭載。本格的な写真が誰でも気軽に楽しめます。

スマホの処理能力を大きく左右するCPUには、ミドルレンジ向けの「Snapdragon 730G」を採用。最新のアプリやゲームもサクサク快適に動きます。2枚のSIMカードを自在に使い分けられる「DSDV」に対応しているのも魅力のひとつです。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note 9S

価格と性能のバランスに優れたデュアルSIM対応スマホです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、8個のコアを搭載した「Snapdragon 720G」や、大容量の「4GB RAM」を搭載。処理の重いアプリやゲームもノンストレスで楽しめます。6.67インチの「DotDisplay」を採用することで、迫力ある映像が楽しめるのも大きなポイントです。

機能面では、短い時間で素早く充電できる18Wの急速充電、昼でも夜でも鮮明なショットを撮影できる「4800万画素AI4眼カメラ」、さまざまな家電の操作ができる赤外線リモコンを搭載。バッテリーには大容量の「5020mAh リチウムイオンポリマーバッテリー」を採用しているので、外出先でも長時間安心して使えます。

オッポ(OPPO) Reno3 A CPH2013

オッポの人気シリーズ「Reno」の2020年モデルです。キャッシュレスで支払いができる「おサイフケータイ」をはじめ、水まわりでも安心して使えるIP68相当の防水防塵、画面をタッチするだけでロック解除できる「ディスプレイ指紋認証」など、便利な機能を多数搭載しています。

ディスプレイには、6.44インチの有機ELディスプレイを採用。お気に入りのゲームや動画が迫力のあるきれいな映像で楽しめます。2枚のSIMカードを挿して使える「DSDV」を採用しており、SIMのサイズはnanoSIMに対応。厚さ8.2mm、重量175gのスリムボディを実現しているのも大きなポイントです。

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 30 Pro 5G

次世代通信規格「5G」に対応したデュアルSIM対応スマホ。対応するSIMとの組み合わせによっては、最大2.3Gbpsのダウンロード速度を出せるので、通信容量の大きな4Kライブストリームや現実体験もサクサク快適に楽しめます。スペック面では、ファーウェイ独自のSoC「HUAWEI Kirin 990 5G」や、大容量の「8GB RAM」、たくさんのデータが保存できる「256GB ROM」を搭載しているのも魅力です。

また、88°のカーブを描く「ホライゾンディスプレイ」を採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも特徴。プロレベルの動画撮影が楽しめる「SuperSensingシネマカメラ」、遠く離れた被写体をきれいに撮影できる「最大30倍デジタルズーム機能」など、カメラ性能も充実しています。ワンランク上のデュアルSIM対応スマホが欲しい方におすすめの1台です。

ファーウェイ(HUAWEI) P40 Pro

カメラ性能に優れたファーウェイのハイエンドモデルです。ドイツの光学機器メーカー「Leica」と協業で開発した最先端の「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」を搭載。ボケ味を再現した「ポートレートモード」や、離れた被写体もクリアに撮影できる最大50倍の「ハイブリッドズーム」など、これ1台あればハイクオリティな写真撮影が気軽に楽しめます。

F2.2のレンズに約3200万画素のイメージセンサーを組み合わせた「オートフォーカス対応インカメラ」で、自撮りがきれいに撮影できるのも嬉しいポイントです。機能面では、カメラを見つめるだけでロック解除できる「顔認証」、2枚のSIMカードを同時に待ち受け状態にできる「DSDS」、短時間で素早く充電できる「40W HUAWEI SuperCharge」に対応。高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

モトローラ(Motorola) moto g7 power PAEK0002JP/A

高性能なデュアルSIM対応スマホが欲しいけれど、価格が高くて手が出せない方におすすめのモデルです。迫力ある映像が楽しめる6.2インチの「HD+Max Visionディスプレイ」や、フル充電で最長3日間駆動する5000mAhの大容量バッテリー、わずか15分で約8時間分の充電ができる「ターボパワーチャージャー」など、機能が充実していながら気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しています。

また、低価格モデルながら、nanoSIMカード2枚とmicroSD1枚を同時に使用できるトリプルスロットに対応しているのも嬉しいポイントです。CPUにはミドルレンジの「Snapdragon 632」、メモリには余裕のある「4GB RAM」を採用しているので、最新のアプリやゲームもサクサク楽しめます。

シャープ(SHARP) AQUOS zero2 SH-M13

コンパクトなボディにシャープの最新技術を詰め込んだハイスペックモデル。スマホでは珍しいリフレッシュレート240Hzに対応しており、一瞬の遅延が勝敗を分けるFPSや、素早いレスポンスが求められるリズムゲームも、ストレスなく思い通りにプレイできます。美しさと明るさを兼ね備えたシャープ独自の「10億色有機ELディスプレイ」を採用しているのも大きな特徴です。

そのほか、リアルな臨場感と迫力のサウンド体験できる「Dolby Atmos」や、スマートにロック解除できる「画面内指紋認証&顔認証」、2回線のLTEを利用できる「DSDV」など、便利な機能を多数搭載。ボディ素材には、軽量で丈夫なマグネシウム合金フレームを採用しているので、携帯性や耐久性を重視する方にもおすすめです。

エイスース(ASUS) Zenfone Max Pro M ZB602KL-BK32S3/A

シンプルで扱いやすいエイスースの人気モデルです。スリムベゼルとワイドディスプレイを採用することで、6インチの大画面を備えていながら、5.5インチのスマホと同じコンパクトなサイズを実現。手の小さい方でも片手でしっかりと握って操作ができます。メタル素材を使用することで、高級感のあるスタイリッシュなデザインに仕上がっているのも魅力です。

機能面では、約35日間のロングライフバッテリーを実現した5000mAhの大容量バッテリー、パワフルなサウンドが楽しめる「5マグネットスピーカー」、microSDカードと2つのnanoSIMカードが同時に使えるトリプルスロットを搭載。8個のコアを搭載したオクタコアCPU「Snapdragon 636」を採用しているので、人気のスマホゲームが快適にプレイできるのも魅力です。