子供の安全を守るための機能が詰め込まれた「キッズ携帯」。いざというときの連絡手段として、子供に携帯電話やスマホを持たせておきたい保護者から人気を集めています。

そこで今回は、キッズ携帯のおすすめモデルをキャリア別にご紹介。子供の安全を守るためにも、ぜひ検討してみてください。

キッズ携帯の特徴

子供の安全を守る機能が搭載されている

By: au.com

キッズ携帯には、「防犯ブザー」機能や「GPS」機能など、子供をさまざまなトラブルから守るための機能が充実しているのが特徴。防犯ブザー機能は、本体についている紐を引っ張ることで、ブザー音を鳴らして周囲や保護者に知らせます。

位置情報を取得できるGPS機能では、子供の帰宅と同時に保護者へ通知を行うことが可能。さらに、保護者が設定した見守り範囲から離れたときに、子供と保護者の両方へお知らせできる製品も存在します。

特定のアプリや機能を制限することも可能

By: softbank.jp

保護者が子供へ携帯を持たせるときに、よく懸念しがちなのがネット上のトラブル。SNSで誹謗中傷に関する被害者や加害者になってしまったり、年齢制限のあるコンテンツを閲覧してしまったりするなど、心配はあとを絶ちません。

キッズ携帯は、インターネットやアプリ、カメラなど、さまざまな機能を制限できるのが魅力です。アプリにおいては、キッズ携帯専用のコンテンツが用意されているため、安心して利用させられます。

基本料金を安く抑えられる

子供に、一般の携帯ではなくキッズ携帯を持たせることで、月額料金を安く抑えられるのがメリット。一般の携帯だと、5,000~10,000円ほどの月額料金がかかってしまうことがほとんどです。一方でキッズ携帯であれば、1,000円以下の月額料金にまで抑えられます。

これから就学する予定の子供が多い方や、毎月の料金をできるだけ節約したいと考える方などは、キッズ携帯の利用を積極的に検討しましょう。

キッズ携帯の選び方

スマートフォンかガラケーか

機能面で優れた「スマートフォン」

キッズ用のスマートフォンには通常のスマートフォンと同様のAndroidが搭載されているため、さまざまな機能を使うことが可能です。勉強に便利なアプリをダウンロードしたり、高精細カメラで撮影したりできるので、子供の成長に合わせた使い方ができます。

子供にスマートフォンを与えると、見なくてもよい情報を見てしまったり、長時間スマホを操作したりしないか気になるもの。キッズ用スマートフォンには不適切なウェブサイトを閲覧できないようにするフィルタリング機能や、アプリのダウンロード制限機能、使用時間制限機能などが搭載されており、親が適切に管理することが可能です。

そのほかにも、GPS機能や防犯ブザー機能も搭載されているため、万が一のトラブルから身を守れます。小学校高学年から中学生までの子供は活動範囲も広くなるので、素早く情報を得られて連絡も取りやすいスマートフォンを持たせておくと安心です。

シンプルで機能が制限された「ガラケー(フィーチャーフォン)」

By: docomo.ne.jp

小学校低学年の子供に初めてキッズ携帯を持たせる場合は、ガラケータイプのモノがおすすめです。機能がシンプルで扱いやすく、機械操作が上手にできない子供でも楽に使えます。インターネットやワンセグなどの機能はありませんが、メール・通話・GPSの機能を搭載しているので、子供との連絡手段として持たせておくと安心です。

ガラケーは事前に登録した人にしか電話が掛けられないようにしたり、時間を指定して使用を制限したりする機能があります。これらの機能を活用すれば、子供が誤って知らない人に電話を掛けてしまうトラブルなどを防ぐことが可能。防犯ブザーやGPS機能で子供の安全も守れるため、習い事や友達の家に行く際に持たせると万が一のときに役立ちます。

保護者と同じキャリアで選ぶのがおすすめ

docomo・au・SoftBankの3大キャリア

By: au.com

docomo・au・SoftBankといった3大キャリアは全国各地に店舗があり、素早くサポートを受けられるのがメリット。子供がキッズ携帯を壊したり紛失したりした場合も、店頭で対応してもらえます。手厚いサポートを受けたい方は、3大キャリアからキッズ携帯を選んでみてください。

携帯代金を少しでも抑えたい場合は、保護者と同じキャリアから選ぶのがおすすめ。家族全員が同じキャリアのモノを使用すれば、家族割やファミリー割引が適用されます。キッズ携帯を契約する際には、割引プランの申請を忘れないようにしましょう。

なお、ガラケータイプのキッズ携帯は現在3大キャリアのみで扱われており、docomoやSoftbankでは保護者が格安SIMを使用していると、キッズ携帯を契約できません。auはキッズ携帯のみの契約ができますが、単体でGPS機能を使えないのが懸念点。キッズ携帯を選ぶ場合は、子供に必要な機能をよく考えてモデルやキャリアを選びましょう。

安い価格が魅力の「格安SIM」

By: tone.ne.jp

キッズ携帯の代金をできるだけ安く抑えたい場合は、3大キャリアの回線を借りて格安で通信できる格安SIMモデルを選ぶのがおすすめ。格安SIMのスマートフォンは、保護者が契約していなくても単体で契約できるのがメリットです。

格安SIMの端末代金や月額料金は3大キャリアのモノよりもやや高めですが、LINEなどの無料通話アプリを利用すれば、結果的に通話料が抑えられます。格安SIMは通常のスマートフォンと同等の機能を搭載しており、小学校高学年から使用すれば中高生になってもそのまま使えるのがメリットです。

ただし、格安SIMはスマートフォンにしか適用されておらず、ガラケーは選択できないのがデメリット。また、フィルタリング機能やGPS機能が有料となる格安SIMもあります。キャリアによって機能やサービスが異なるため、事前にチェックして、ニーズに合うモノを選びましょう。

格安SIMの事業者について詳しく知りたい方はこちら

キッズ携帯は耐久性や防水性能も重要

子供は大人が予想もしない行動に出ることがあるので、ちょっとした不注意でキッズ携帯をトイレや水たまりに落とすことがあります。トラブルに慌てることなく対処するためにも、防水・防塵・耐衝撃機能を搭載したモノを選ぶのがおすすめです。

また、キッズ携帯を壊してしまうと修理費用がかかったり、買い替えが必要になったりすることも。元気に動き回る子供に安心して携帯を持たせるためにも、できるだけ頑丈で耐久性の高いモデルを選びましょう。

メーカーのおすすめモデル

トーンモバイル(TONEmobile) TONE e21

スマホのトラブルから子供を見守る機能が充実しているキッズ携帯。子供にとって不適切なサイトをブロックしたり、アプリの利用時間を制限したりできるので、安心してスマホを持たせられます。

また、不適切な自画撮り写真を撮影した場合には、AIが検知し規制する機能も搭載。SNSなどで起こりやすい自画撮り被害から子供を守ります。加えて、スマホの利用状況や行動範囲のチェックが可能なため、保護者側の不安を解消できるのもポイントです。

スマホ本体には、顔と指紋によるダブル生体認証を採用しており、セキュリティーも良好。4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、外出先での充電切れが起こりにくいタイプです。

インターネットとSNS使い放題・電話番号が2つ持てる基本プランで、月額1,100円(税込)から使用可能です。子供の成長に合わせて適した見守り設定ができる、コスパのよいキッズ携帯を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

キッズ携帯のおすすめ|docomo

ドコモ(docomo) キッズケータイ SH-03M

子供の成長に合わせて長く使い続けられる、おすすめのキッズ携帯です。搭載されている「漢字変換機能」は学年別に設定されているため、1〜2年と使っても子供がストレスなく文字入力を行えます。

また、「みまもり機能」を搭載。子供の帰宅と同時にSMSへ「おかえり通知」を行ったり、見守り範囲から離れたときに「みまもりアラート」でお知らせしたりできるのが安心できる点です。

本体には、めざましやスケジュールの通知など、役立つ機能が満載。子供が主体的に自己管理を行うためのきっかけを作れます。待ち受け画面は、保護者のスマホから転送して、子供のお気に入りを設定できるのが特徴です。

さらに、耐衝撃性や防塵防水性能を有しているのがポイント。たくさん遊ぶ子供へも安心して所有させられます。子供の使いやすさに配慮された、おすすめのキッズ携帯です。

キッズ携帯のおすすめ|au

エーユー(au) マモリーノ ファイブ

子供の居場所をすぐに知れる、おすすめのキッズ携帯です。本モデルは、セコムが提供している「ココセコム」のサービスに対応しているのが特徴。搭載する防犯ブザーを引っ張ることでセコムに通報し、子供や保護者へ連絡が行われます。

子供の居場所が気になったときは、GPS情報を活用して現在位置を知ることが可能。5分ごと、10分ごとなどに通知を設定して、位置情報を自動で受信できるのがポイントです。

また具体的な時刻を設定すれば、習い事の時間に合わせて、本体が音声で出発時刻を伝えられます。子供の居場所を気軽に知りたい方におすすめのキッズ携帯です。

キッズ携帯のおすすめ|SoftBank

ソフトバンク(SoftBank) ジュニアスマホ

子供へ好きなスマホを持たせられる、おすすめのサービスです。本サービスはiPhoneをはじめ、XperiaやAQUOSなどさまざまな端末を子供向けにカスタマイズできます。アプリ内にある課金をブロックしたり、有害サイトの閲覧を拒否したりできるのが魅力です。

また、一部機種で子供用のホーム画面に変更できるのがメリット。初めて操作を行う場合はガイド表示がされるため、子供が迷うことなくスマホデビューを果たせます。

申し込みは全国のソフトバンクショップで対応。保護者と同じようなスマホを欲しがっている子供におすすめの、サービスです。

ソフトバンク(SoftBank) キッズフォン 2

機能性に優れた、おすすめのキッズ携帯です。防犯機能においては、家族のスマホから子供の居場所をすぐに確認できる「みまもりマップ」や、子供が自宅に帰ったときに帰宅を知らせる「ただいま通知」など、多彩に用意されています。

また、防水・防塵・耐衝撃性能を搭載。友達と遊んでいる最中に、うっかり落としてしまったり水につけてしまったりしても、故障しにくく安心して使い続けられます。

さらに、100種類以上の顔認識スタンプを使用可能。本体に保存した画像や動画などのデータは、クラウド上へバックアップ保存できます。子供が楽しく使えるような設計もされている、おすすめのキッズ携帯です。