子供の安全に配慮した機能を備える「キッズ携帯」。見守り機能や防犯ブザー機能、フィルタリング機能など、端末によってさまざまです。

そこで今回は、おすすめのキッズ携帯をタイプごとにご紹介します。選び方のポイントもあわせて解説しているので、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

キッズ携帯の特徴

子供の安全を守る機能が搭載されている

By: docomo.ne.jp

キッズ携帯は、子供の安全を考慮した機能が充実しています。例えば、GPSを用いて子供の居場所を知る機能や、防犯ブザー機能などです。

端末に搭載されたGPSは位置情報を取得するため、端末を持っている子供の現在地を特定できます。保護者は各通信事業者などのサービスを介して、子供の居場所を確認可能です。

防犯ブザー機能を搭載しているモデルは、使用者の身の危険を周囲にいち早く知らせられるのがメリット。モデルによっては、大きな音を鳴らすだけでなく、利用されたことを保護者へ通知します。キッズ携帯は、さまざまなトラブルから子供を守りたい方におすすめの製品です。

特定のアプリや機能を制限することも可能

キッズ携帯は、不適切なアプリやウェブサイト、サービスなどの利用を制限できるフィルタリング機能を備えています。なかには、子供の年齢に合わせて適切なフィルター強度を選べるモノもあるのが魅力です。

制限をしない場合、年齢制限を超えたコンテンツを閲覧してしまったり、誤って個人情報を流出させてしまったりするなどのリスクがあります。ネット上のトラブルを未然に防ぐためにも、制限機能を活用するのがおすすめです。

基本料金を安く抑えられる

キッズ携帯は、通常の携帯よりも毎月の基本料金を安く抑えられるのが魅力。通常の携帯は大手キャリアの場合、月額5,000~10,000円ほどかかってしまいます。

一方、キッズ携帯は、月額1,000円以下にまで抑えられるモノが多いのがポイント。毎月支払う料金を節約したい方や、キッズ携帯を持たせたい子供の数が多い方におすすめです。

キッズ携帯の選び方

家族で同じキャリア回線を使うのがおすすめ

家族と同じキャリア回線のキッズ携帯を申し込むと、よりお得に利用できます。家族割などが適用されることで、月額料金を安く抑えられるのがメリットです。

また、保護者と別のキャリア回線を契約した場合、GPSを用いた見守り機能などを利用できないことがあります。子供の安全をしっかり見守るためにも、家族と同じキャリア回線を利用するのがおすすめです。

スマホかガラケーか

機能面で優れた「スマートフォン」

By: docomo.ne.jp

スマホタイプのキッズ携帯はAndroidを搭載しているので、アプリをダウンロード可能。勉強に便利なアプリや、メッセンジャーアプリの「LINE」などをダウンロードして、自分の使いやすいようにカスタマイズできます。特に、小学校高学年や中学生に持たせるキッズ携帯を求める方におすすめです。

ネット上のトラブルが心配な方は、不適切なウェブサイトの閲覧や、アプリのダウンロードを制限するフィルタリング機能を使えるかチェックしておきましょう。また、利用時間を制限できるモデルもあります。

そのほか、GPSを用いた見守り機能や、防犯ブザー代わりに使用できる機能を搭載したモノもラインナップ。万が一の危険を回避しやすいのがメリットです。

シンプルで機能が制限された「ガラケー(フィーチャーフォン)」

By: docomo.ne.jp

ガラケータイプのキッズ携帯は機能がシンプルなので、はじめて利用する場合でも扱いやすいのが特徴。また、GPSを活用した見守り機能や、防犯ブザー機能などが備わっているので、友達の家や習い事に行く際など、1人になりやすいときでも安心です。

さらに、通話やSMSなどができるため、子供と連絡を取り合いたい場合に便利。登録していない番号からの連絡を、自動でブロックするモデルもラインナップされています。知らない人物から電話がかかってこないので、トラブルを未然に防げるのがメリットです。

そのほか、機能が簡素化されている分、スマホタイプに比べて端末価格が安いのも魅力。特に、小学生低学年の子供におすすめのタイプです。

見守り機能などの機能をチェック

By: docomo.ne.jp

キッズ携帯には、子供の安全を考慮した見守り機能が備わっています。端末によって特徴が異なるため、必要な機能が利用できるかしっかり確認しておきましょう。

例えば、子供が帰宅した際に、端末がWi-Fiのアクセスポイントなどに入ると、帰宅した知らせを保護者へ自動送信する機能があります。また、GPSを用いて、子供の居場所をチェックできる機能も便利です。

見守り機能によっては、万が一危険がおよんだ際に、警備員が駆けつけてくれるサービスを併用できます。より子供の安全を守りたい方におすすめです。

キッズ携帯は耐久性や防水性能も重要

By: docomo.ne.jp

キッズ携帯を選ぶときは、耐久性や防水性能の高さをチェックすることも大切。耐衝撃性に優れたモデルであれば、落下させてしまったり、壁にぶつけてしまったりしても、故障するリスクを抑えられます。

また、防水性能はIPX5やIPX8相当に対応するモノがおすすめです。IPX5は、内径6.3mmの注水ノズルを用いて、約3mの距離から毎分12.5Lの水を最低3分間注水する条件のもと、全方向から噴流を当てても、通信機器の機能が保たれることを指します。

IPX8は、常温で水道水、かつ静水の水深1.5m地点に端末を沈め、約30分放置したあとに通信機器の機能が動作することを意味するのがポイント。そのため、誤って水に濡らしてしまった際も安心です。さらに、モデルによっては家庭用泡ソープで洗えるので、端末を汚してしまってもきれいにお手入れできます。

キッズ携帯のおすすめモデル|スマホ

Galaxy A21 シンプル SCV49

操作性に優れたキッズ携帯。比較的コンパクトながら、ベゼルレスデザインにより画面が大きいため、文字を見やすいのが特徴です。よく使う機能や連絡先は、ホーム画面に設定できます。迷わずに素早く操作しやすいのがポイントです。

また、アプリなどの利用時間をチェックしたり、アプリのダウンロードを許可制にしたりできるのも魅力。さらに、子供の位置情報の確認や、紛失したときに専用サイトからスマホの追跡・画面ロックをする機能も備わっています。

バッテリー容量は3,600mAhで、フル充電すると5日間ほど連続で使用可能。そのほか、ストラップホールが備わっているので、ストラップを付ければ首などにかけられます。不意の落下や紛失を防げるのがメリット。はじめてスマホを持つ小学生にもおすすめのモデルです。

あんしんスマホ KY-51B

見やすい画面の大きさと、持ちやすさを両立したスマホ。約6.1インチの画面には、アイコンや文字、写真などが見やすく表示されます。大きな時計表示もあるので、素早く時刻を確認したいときに便利です。

また、ホーム画面には、使用頻度が高い連絡先を3つまで登録できます。連絡を取りたいときに、すぐ電話をかけられるのがポイント。ボタンは1つ1つが大きいため、文字入力もラクに行えます。

耐衝撃性に優れており、うっかり落としてしまっても壊れにくく、活発に動き回る子供に持たせても安心。さらに、防水性や防塵性も高いので、汚れたときは家庭用の泡ハンドソープで洗ったり、アルコール除菌シートで拭いたりして、きれいにできます。キッズ携帯としてもおすすめのモデルです。

シンプルスマホ6

大きな音が鳴る「緊急ブザー」機能を搭載したスマホ。危険な状況にある場合、周囲の人に知らせられます。防犯に役立つモデルを探している方におすすめのモデルです。

また、地図やウェブページなどを見やすくする機能「はっきりビュー」を備えています。色の鮮やかさや見え方を最適化するのがポイント。ホーム画面には、よく使う連絡先を登録できるため、すぐに電話やメールができます。

さらに、側面にある音声検索キーを押すと、話しかけるだけで検索が可能。文字入力に慣れていない場合に重宝します。そのほか、耐衝撃性・防水性・防塵性に優れているのも魅力。キッズ携帯として使える丈夫なモデルを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

シンプルスマホ5

高精細な画質を実現する「IGZOディスプレイ」を採用したスマホ。写真や動画を、実物に近い色味で再現する技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」を用いているのも特徴です。YouTubeなどで動画を楽しみたいときにも重宝します。

また、家族の居場所をマップで確認できるサービス「みまもりマップ」を利用可能です。指定エリアへの到着や出発通知も保護者がチェックできるため、子供をしっかり見守りたいときにおすすめ。さらに、不適切なウェブサイトや有害アプリから守る「あんしんフィルター」も使えるので安心です。

そのほか、購入時にメッセンジャーアプリ「LINE」が搭載されています。家族同士で気軽に連絡を取り合いたいときに便利。特に、小学校高学年や中学生に持たせるキッズ携帯としておすすめのモデルです。

キッズ携帯のおすすめモデル|ガラケー(フィーチャーフォン)

ドコモ(docomo) キッズケータイ SH-03M

見守り機能が充実したドコモのキッズ携帯。いつ帰ってきたかがわかる「おかえり通知」機能を利用可能です。子供が帰宅した際に、本製品が自宅のWi-Fiアクセスポイントなどを検知することで、保護者のスマホのSMSへ自動的に通知を送ります。

子供が保護者から離れてしまったときに、保護者のスマホと本製品に知らせが届く「みまもりアラート」も便利。また、防犯ブザー機能が備わっています。万が一の際に、ブザー用ストラップを引くと、大きなブザー音が鳴ったり、登録番号に電話発信したりするのがポイントです。

さらに、「イマドコサーチ」といった有料サービスに登録した場合、GPS機能を用いて子供の居場所を探せます。そのほか、耐衝撃性や防水性に優れているため、故障しにくい長く使えるモノを求める方にもおすすめです。

エーユー(au) マモリーノ ファイブ

防犯ブザー機能を備えたauのキッズ携帯。ブザー用ストラップを引くか、スライドスイッチを指で操作することで、大音量のブザーが鳴り、ライトが点滅するのが特徴です。また、利用されたことを保護者へ通知します。

「ココセコム」サービスを別途契約した場合は、ブザーを鳴らしたときに、セコムへ通報されるのもポイント。すぐに子供や指定先に連絡したり、保護者からの要請があればセコムの緊急対処員が現場へ急行したりするので安心です。

子供の居場所が気になった際は、保護者のスマホなどから確認できるのも魅力。さらに、5分や10分ごとと連続して位置情報を受信可能なので、経路を知りたいときにもおすすめのモデルです。

そのほか、応答操作をしない場合でも、自動的に電話がつながる「着信自動応答」機能を搭載。ハンズフリー通話に対応しているため、子供の手がふさがっているときなどに重宝します。

ソフトバンク(SoftBank) キッズフォン 2

トラブルを未然に防ぐソフトバンクのキッズ携帯。登録されていない番号からの連絡は、自動でブロックされるのが特徴です。連絡先は最大20件登録できます。

撮影機能が搭載された防犯ブザーが備わっているのもポイント。本体上部のブザーストラップが引かれると、子供の現在地情報と周囲を撮影した写真を、メールで保護者に送ります。

さらに、子供の位置をスマホから確認できる「みまもりマップ」や、子供の帰宅状況がわかる「ただいま通知」に対応しているのも魅力。そのほか、顔認識スタンプを使って自撮りをしたり、漢字学習アプリで楽しく勉強したりできます。防犯機能が充実しているだけでなく、子供が楽しめる機能も搭載したおすすめのモデルです。

ソフトバンク(SoftBank) みまもりケータイ4

コンパクトで持ちやすいキッズ携帯。サイズは約幅51×高さ90×厚さ18.5mmです。シンプルなキー操作で、簡単に使えるのもポイント。はじめて携帯を利用する子供におすすめのモデルです。

子供の居場所をチェックできる機能にも対応しています。また、指定したエリアへの出入りや、事前に設定した時間に現在地情報を通知する機能も便利です。さらに、防犯ブザー機能が搭載されており、使用すると保護者の携帯に自動で連絡します。

そのほか、IPX5相当の防水性能や、IP5X相当の防塵性能を備えているのが魅力。耐衝撃性にも優れています。端末料金が安いので、手軽に購入できるガラケータイプのキッズ携帯を求める方も、ぜひチェックしてみてください。

キッズ携帯におすすめの格安SIM

トーンモバイル(TONEmobile)

トーンモバイルは、子供の安全に配慮した機能が利用できる通信サービス。チャットアプリ「Oneファミリー」では、家族間で連絡を取り合ったり、子供の居場所を確認できたりします。また、アプリごとに利用制限を設定可能です。

詐欺電話に使われた番号などから着信があったときに、画面に警告を表示する「あんしん電話」機能も便利。不審な電話に出てしまうリスクを軽減できます。さらに、フィッシング詐欺など、危険性が高いウェブサイトの閲覧をブロックする「あんしんインターネットLite」も使用可能です。

料金は月額1,100円(税込)〜で、2年以降も値上がりせず同じ金額なのが魅力。「音声通話かけ放題オプション」を追加した場合でも、月額1,870円(税込)とリーズナブル。はじめて子供にスマホを持たせたい方におすすめの格安SIMです。

BIGLOBEモバイル

オプションサービスを豊富にラインナップしているBIGLOBEモバイル。基本プランのなかで1番リーズナブルな1GBのプランSの料金は、月額1,078円(税込)です。2回線目以降は月額858円(税込)と安くなるため、家族みんなで利用したい方にも適しています。

基本プランに加えてオプションサービスを追加することで、より便利に使えるのがポイント。例えば、「i-フィルター for Android」は、有害サイトやアプリをブロックしたり、端末の利用時間を制限したりできます。

また、「エンタメフリー・オプション」は、YouTube Kidsやdマガジンなど対象サービスの通信量が、ノーカウントされるのが魅力。通信速度が制限されてしまっても、対象サービスであれば快適に閲覧できます。自分に合ったプランを見つけやすいおすすめの格安SIMです。

楽天モバイル

楽天モバイルは、毎月のデータ利用量によって支払額が変わるのが特徴。1回線目のみですが、1GBまでであれば0円に抑えられます。3GBまでは月額1,078円(税込)、20GBまでは月額2,178円(税込)、20GB以降はデータ利用量にかかわらず月額3,278円(税込)。余分な費用を払わずに済むおすすめの格安SIMです。

また、「Rakuten Linkアプリ」を利用すれば、国内通話がかけ放題なのも魅力。相手がアプリを使用していない場合でも、無料で通話できます。保護者や友達、塾などへ連絡したいときに便利です。

さらに、「あんしんコントロール by i-フィルター」サービスを追加することで、年齢に合わせたフィルタリング機能を使えます。有害なウェブサイトの閲覧を阻止できるのがメリットです。

UQモバイル

余ったデータ容量を翌月に繰り越せるUQモバイル。3GBの「くりこしプランS +5G」は月額1,628円(税込)、15GBの「くりこしプランM +5G」は月額2,728円(税込)、25GBの「くりこしプランL +5G」は月額3,828円(税込)です。

また、低速通信の「節約モード」に切り替えることで、データ利用量の使いすぎを防げるのもポイント。できるだけお得に利用し続けたい方におすすめの格安SIMです。

さらに、オプションサービスとして、フィルタリング機能を無料で利用可能。危険なサイトやアプリをブロックしたり、利用時間帯を設定したりできる「あんしんフィルター for au」などをラインナップしています。子供の安全性を重視したい方もぜひチェックしてみてください。