老若男女を問わず、多くの方が使っているスマートフォン。スペックの向上とともに本体サイズも大型化しており、特にハイエンドクラスのスマホは画面サイズ6.0インチ以上の機種が多数を占めています。

大画面のスマホは動画観賞などには便利ですが、持ち運びにくく操作しにくい場合があります。そこで今回は、「小型スマホ」のおすすめモデルをご紹介。選び方も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

小型スマホとは?

By: jp.sharp

小型スマホに明確な定義はありませんが、一般的に5.5インチ以下の画面サイズの製品が該当します。スマホのサイズでよく参考にされる「iPhone」シリーズにおいては、現行で販売されている「iPhone SE」が4.7インチの大きさです。

小型スマホのなかには、2.45インチの非常に小さい画面を採用した製品も存在。6.0インチ以上の機種が次々にラインナップされる昨今、片手で楽に操作したい方や、収納時のスペースを取りたくない方などにおすすめです。

小型スマホの選び方

インチ数をチェック

By: amazon.co.jp

インチ数とは、一般的にディスプレイのサイズのことを指します。スマホのサイズはメーカーによってさまざまですが、小型スマホでは3.0〜5.5インチ前後が目安です。

3.0インチ程度の小型スマホは手のひらに収まるサイズ感で、とにかく持ち運びやすいのがポイント。画面が小さいので文字入力には慣れが必要です。

また、5.5インチ程度までであれば、片手で操作する際にストレスになりにくいサイズ感。小型スマホのなかでは画面が大きいので、比較的見やすいのも魅力です。

本体サイズをチェック

By: amazon.co.jp

小型スマホは画面サイズのインチで分類されることが多々ありますが、本体サイズもチェックしておきましょう。本体サイズとは、端末の幅・高さ・奥行を長さで表したものを意味しています。

スマホはディスプレイのインチ数の違いだけでなく、ホームボタンや近接・照度センサー、受話口、インカメラなどの有無によって大きさが異なるので注意が必要。同シリーズの端末でも仕様に違いがあるため、しっかりとチェックしておきましょう。

スペックをチェック

CPU

CPUは、人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツです。スマホの性能を大きく左右する重要な部分なので、CPUの性能は確認しておきましょう。選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」程度のCPUを搭載しているモノがおすすめです。

また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値もチェック。クロック周波数は「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。快適にスマホを楽しみたいなら、クロック周波数は2.0GHz以上を目安に選んでみてください。

メモリ

メモリは作業領域の広さを決める部分。作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われ、メモリの容量が多いほど一度に多くのデータを同時に処理できます。CPUと同じくスマホの性能を大きく左右する重要なパーツなので、確認しておきましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームを楽しみたいなら4GB程度を基準にするのがおすすめです。

ストレージ

ストレージとは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSやシステムデータまで、さまざまなデータを保管しておく場所です。メモリと同じくサイズが大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、さまざまなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしてみてください。

選び方の目安として、たくさんのアプリを使用しない場合は64GB程度、アプリやゲーム、写真、動画などたくさんのコンテンツを楽しみたいなら128GB以上を基準にしましょう。

また、ストレージ容量を気にせずにスマホを楽しみたい方は、外部ストレージもあわせてチェックしてみてください。

その他機能をチェック

Felica対応の有無

By: amazon.co.jp

電子マネーによるタッチ操作でキャッシュレス決済を利用したい場合は、「Felica(フェリカ)」に対応しているかどうかも重要。Felicaとは、ソニーが開発した非接触ICカードの技術方式のことで、モバイルSuicaや楽天Edy、WAONなど多くのプリペイド型電子マネーで使われています。

最近はPayPayなどのスマホ決済が普及しており、持ち物を減らせるのもメリット。持ち物のスリム化を図りたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

デュアルSIM対応

「デュアルSIM」とはSIMカードが2枚挿入可能なスロットを搭載しているスマホのこと。スマホのなかでもドコモやソフトバンク、auなどのキャリアに紐付けされないSIMフリースマホに多く見られます。1台のスマホで2つの料金体系や仕様に分けられるのが特徴です。

例えば、海外に渡航する機会が多い方であれば、国内用とは別に海外用のSIMカードを挿しておくと便利。また、ビジネス用とプライベート用とでSIMカードを分けることで、持ち歩くスマホを1台にできるのもメリットです。気になる方はチェックしておきましょう。

指紋認証

スマホのロックを解除するのに便利な指紋認証機能。4ケタ以上の数字を組み合わせたコードを入力する、点を選んで一筆書きで結ぶなどの解除方法もありますが、指紋認証であればワンタッチでロックを解除できます。

また、指紋認証で決済を承認できるスマホなら、ネットショッピングなどもスムーズに楽しむことが可能。スマホをより便利に使いたい方は、チェックしてみてください。

防水性能

By: kyocera.co.jp

さまざまな場面でスマホを活用したい方は防水性能の高い機種がおすすめ。確認する際に重要なのが「IP」という保護等級です。具体的には、水回りでもスマホを使用したい場合は、水の直接噴流でも有害な影響を受けないとされる「IPX5」以上の表示がある機種を選ぶようにしましょう。

より上位の「IPX7」以上の機種であれば、一定の条件を満たす水没には耐えられるとされています。ただし、一般的に防水性能は常温の真水での使用を想定しており、風呂やサウナなどでの使用には対応していない場合が多いので、注意しておきましょう。

小型スマホのおすすめモデル

ユニハーツ(Unihertz) Atom ATOM-01 2.45インチ

2.45インチの極小画面が特徴的な小型スマホです。1600万画素の高精細なカメラを搭載。動物や風景などを、きれいな写真として残せます。

IP68の防塵・防水性能に加え、耐衝撃性能を有しているのがポイント。作業現場やアウトドアアクティビティなど、さまざまな用途で携帯できるのが魅力です。

また、指紋認証機能を搭載。緊急のメッセージなどにも素早く返答できます。バッテリー容量は2000mAhと十分。外出先でも快適に使えます。コンパクトながら高機能で耐久性に優れたおすすめの小型スマホです。

ユニハーツ(Unihertz) Jelly 2 JTJP-05

OSにAndroid 10を搭載した3.0インチの小型スマホ。スマホを2台持ちする際もかさばりにくいのがポイントです。デュアルSIMに対応しており、SIMを挿し替える手間なく2つの電話番号を利用できます。仕事用とプライベートで使い分けたいときに便利です。

また、Felicaにも対応しているため、決済端末用として利用したい方にもおすすめ。さらに、指紋認証機能を搭載しているのもメリットです。マスクをしていてもロックを解除できます。そのほか、2000mAhのバッテリーを内蔵しており、長時間の使用も可能です。

ユニハーツ(Unihertz) Titan Pocket TPKT-01

QWERTYキーボードを搭載した小型スマホです。キートップに傾斜をつけることで、コンパクトながら快適な押し心地を実現。各キーにはバックライトが付いているので、暗い場所でも快適に使えます。

スペック面では、CPUに8つのコアを内蔵したMediaTek Helio P70を搭載。メモリは6GBでストレージは128GBです。バッテリー容量は4000mAhと余裕があるため、外出先でも長時間アプリや動画が楽しめます。

本製品はデュアルSIMに対応しているので、2枚のSIMカードを挿して同時に利用することも可能。お気に入りのアプリにワンタッチでアクセスできる「ショートカットボタン」や、家電をコントロールできる「赤外線リモート」に対応しているのも嬉しいポイントです。

アップル(Apple) iPhone 12 mini MGAV3J/A

コンパクトなサイズ感が特徴の「iPhone 12 mini」。チップは「A14 Bionic」と高性能ながら、シリーズのなかでは価格が控えめなのが特徴です。

ディスプレイは5.4インチと小型モデルとしてはやや大きめですが、ポケットに収納して持ち運びやすいサイズです。「Super Retina XDRディスプレイ」を採用しているのも魅力。さらに、「Ceramic Shield」により耐落下性能が高いことや、IP68の耐水性能を備えていることもメリットです。

また、ナイトモードに対応した広角カメラも使えるほか、Dolby Vision対応のHDRビデオ撮影も可能。性能の高さとコンパクトさを両立したい方はぜひチェックしておきましょう。

アップル(Apple) iPhone 13 mini

iPhone 13 miniはiPhoneシリーズの2021年発売モデルで、コンパクトなボディの小型スマホです。画面サイズは5.4インチ。チップは「A15 Bionic」を搭載しています。2コアのプロセッサと4コアのプロセッサで構成された6コアのCPUです。

バッテリーも強化され、ビデオ再生は最大で17時間が可能。ストレージは128・256・512GBの3種類から選べます。

「Ceramic Shield」により落下に強い構造。また、IP68の防塵防水性能があるため、濡れても使用しやすいのもポイントです。

アップル(Apple) iPhone SE MMYD3J/A

2022年3月に発売された第3世代のiPhone SEです。iPhone 13にも搭載されている「A15 Bionic」チップを内蔵しており、4.7インチのコンパクトボディながら動画もゲームも快適に楽しめるモデルとなっています。

また、新たに5G通信に対応しているのも特徴。映画のようなデータ容量の大きな動画もすぐにダウンロード可能です。速度が必要ないときは、自動的にLTE通信に切り替える「スマートデータモード」により、バッテリー消費を軽減します。

見た目は第2世代とほとんど変わらないデザインであるものの、性能が大きくパワーアップした本モデル。ハイパフォーマンスな小型スマホを探している方はぜひチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 basic SHV48

約5.5インチの高精細ディスプレイを搭載した小型スマホ。表現力に優れており、映像を実物に近い鮮やかな色味で表示できます。コントラストやバックライトの輝度は自動で調節されるため、屋外でも画面が見やすく使い勝手は良好です。

4000mAhの大容量バッテリーを内蔵。ブランド独自の省エネシステムとの相乗効果により、長時間の電池持ちを実現しています。HD動画であれば約20時間、音楽のストリーミングであれば約63時間の連続再生が可能です。

防水性が高く、水回りでも安心して使用できるのがポイント。ディスプレイに水滴が付着してもスムーズに動作します。本体は幅70mmで、手に馴染みやすいサイズのスマホを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense lite SH-M05

画面サイズは5インチのシャープの小型スマホです。CPUはクアルコムのSnapdragon430を搭載しています。1.4GHzの4コアプロセッサと1.1GHzの4コアプロセッサを組み合わせた8コアCPUです。メモリは3GBでストレージは32GB。外部ストレージとしてmicroSDXCにも対応しており、最大400GBまで増設可能です。

IPX5/8の防水性能。ディスプレイは水に濡れても誤動作しにくいため、料理をしながらレシピを見たり、お風呂に入りながら動画を見たりといった場合でも快適に操作可能です。

バッテリーは2700mAhでやや少なく感じるかもしれませんが、ディスプレイなどに省エネ技術が採用されており、電池が長持ち。また、指紋センサーにも対応しているため、万が一紛失した場合でも安心です。

ソニー(SONY) Xperia Ace II SO-41B

約5.5インチのディスプレイを搭載した小型スマホです。指紋認証が付いているので、マスクをつけたままでもロック解除が可能。おサイフケータイにも対応しており、電子決済サービスが使えて便利です。

IPX58の防水仕様で、キッチンなどの水回りでも使用可能。ディスプレイには高強度ガラスを採用しているので、タフに使えます。

また、カメラ機能はシーンを応じて自動で判断するため、さまざまな写真がきれいに撮れるのもポイントです。さらに、4500mAhの大容量バッテリーを搭載しており、長時間使えるのも魅力。3年間は劣化しにくいとされており、長く愛用したい方にもおすすめです。

京セラ(KYOCERA) TORQUE G04 5.0インチ

外へ持ち運んで使いやすい、約5.0インチのおすすめ小型スマホです。がっしりとしたデザインを採用。米国国防総省が定める耐久試験「MIL-STD-810G」に準拠しているほか、京セラ独自の鋼球落下試験などに合格しています。

また、-21~50℃の急激な温度変化に耐えるとされるタフさもポイント。約2mの海水中で60分間耐える試験にも合格しています。

さらに、おサイフケータイを搭載。スムーズにお会計を済ませられます。街中ではもちろん、自然のなかでも活躍するおすすめの小型スマホです。

コヴィア(covia) FLEAZ BEAT 5.0インチ

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しており、LTE回線と3G回線の同時待ち受けができる小型スマホ。トリプルスロット仕様でSDカードが独立しているため、SIMカードを2枚挿しながらSDカードも挿して使えます。

画面のサイズは5インチで、小型ながらコンパクトすぎず手に馴染みやすいのが魅力。視野角が広いIPS液晶を搭載しているのも特徴です。

コンパクトながらメモリが3GB、ストレージが32GBで、通常の用途であれば快適に操作可能。ロック解除用の指紋認証センサーは本体背面に付いているため、スマホを持ったまま人差し指で簡単にタッチできます。高性能で使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

モトローラ(Motorola) motorola razr 5G

折りたたみ式の小型スマホです。6.2インチのディスプレイと、2.7インチのディスプレイを搭載しているのが特徴。どちらの画面でもタッチ操作が可能で、メッセージへの返信やマップ検索などができます。

メールやネットサーフィンなど、使用シーンに合わせて使いやすいほうのディスプレイを使えるのがメリット。小型スマホの操作性に不安がある方にもおすすめです。

プロセッサには、Qualcomm Snapdragon 765G オクタコアプロセッサを搭載。メモリは8GBあるので、スムーズに操作できます。ストレージも256GBあり、動画や音楽など容量が大きなデータをしっかり保存できます。

キューボット(CUBOT) KINGKONG MINI

アウトドアシーンにもおすすめのタフな小型スマホです。小型スマホを持つのがはじめての方や、サブ機としてもおすすめのモデル。グリップしやすいサイズで、IP65の防水仕様なのでアウトドアシーンでも気軽に使えます。

また、4インチとコンパクトながら顔認識機能やGPS機能など、便利な機能を搭載。1300万画素の背面カメラも搭載しており、さまざまなシーンをきれいに撮影できます。デュアルSIMに対応しているため、プライベートや仕事などで分けて使うことも可能です。

なお、本製品は海外モデルのため、海外での使用が推奨されています。日本で使用する小型スマホを探している方は注意しましょう。

ブラックベリー(BlackBerry) KEY2 BBF100-9

QWERTY配列の物理キーボードを備えた小型スマートフォンです。キーボードには、ショートカットなどに割り当てができるため、一般的なスマートフォンにはない素早い操作が可能です。キーは前機種よりも大きくなり、より正確に押しやく改良されています。

画面サイズは4.5インチ、CPUはクアルコムの8コアプロセッサであるSnapdragon 660を使用しています。また、メモリは6GB、ストレージは128GBと十分な容量です。バッテリーは3500mAhで、一般的な使用頻度であれば2日間は充電なしで使えます。

セキュリティ性能の高さも特徴。セキュリティ専用アプリの「DTEK by BlackBerry」がプリインストールされており、マイクやカメラ、位置情報などにアクセスできるアプリを監視しています。指紋認証も備えているため、安心して使えるスマートフォンです。

キャタピラー(Caterpillar) CAT S61

基本性能が充実した小型スマホ。米国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」に準拠しており、過酷な環境下でも安心して使えます。防水性能は、水深3mの深さでも60分間耐えると謳われる「IP68」に対応しているので、水中で写真や動画を撮影することも可能です。

CPUはミドルクラスのQualcomm Snapdragon 630、メモリは4GB LPDDR4、ストレージは64GB eMMCを搭載。動画やアプリもサクサク快適に楽しめます。

熱を視覚化する「サーマルイメージングカメラ」をはじめ、揮発性有機化合物(VOC)を検出する「室内空気質モニター」や、長さ・高さ・エリアを測定可能な「レーザー支援型距離測定」など、ユニークな機能が充実しているのも大きな特徴です。