老若男女を問わず、多くの方が使っている「スマホ」。新作が発売されるたびにスペックが向上しているほか、年々本体サイズも大型化しており、特にハイエンドクラスのスマホに関しては画面サイズ6インチ以上の機種が多数を占めています。

大画面のスマホはネット動画の観賞や電子書籍の閲覧では有利ですが、当然重さもアップするため、持ち運びにストレスを感じている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、小型スマホのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

小型スマホとは?

By: amazon.co.jp

国内市場におけるスマホサイズについて参考となるのが歴代のiPhone。小型スマホというジャンルに明確な定義はありませんが、一般的に5.5インチ以下の端末が該当します。

例えば、4.7インチの「iPhone 8」は現在スタンダードサイズのスマホよりもやや小さいスマホ。また、すでに販売は終了しているものの、いまだに根強いファンが多い4インチの「iPhone SE」は小型スマホといえます。小型スマホを探している方は、5.5インチ以下の端末を選びましょう。

小型スマホの選び方

インチ数をチェック

By: rakuten.co.jp

インチ数はディスプレイのサイズのこと。スマホのサイズはメーカーによってさまざまですが、小型スマホにおいては3〜5インチ前後が目安です。

もっとも小さい3インチ程度の小型スマホは手のひらに収まるサイズ感で、とにかく持ち運びやすいのがポイント。画面が小さいので文字入力には慣れが必要ですが、UIなどに工夫が見られるのも特徴です。

一方で、5.5インチ程度までであれば、片手で操作する際にストレスになりにくいサイズ感で、画面の解像度が比較的高いのも魅力です。

本体サイズをチェック

By: amazon.co.jp

小型スマホは画面サイズのインチで分類されることが多々ありますが、本体サイズもチェックしておきましょう。本体サイズとは、端末の幅・高さ・奥行を長さで表したものを意味しています。

スマホはディスプレイのインチ数の違いだけでなく、ホームボタンや近接・照度センサー、受話口、インカメラなどの有無によって大きさが異なるので注意が必要。同シリーズの端末においても仕様に違いがあるため、しっかりとチェックしておきましょう。

スペックをチェック

By: amazon.co.jp

CPU

CPUとは、人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツです。スマホの性能を大きく左右する重要な部分なので、CPUの性能は確認しておきましょう。選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載しているモノがおすすめです。

また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値もチェック。クロック周波数は「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。ストレスなく快適にスマホを楽しみたいなら、クロック周波数は最低でも2.0GHz以上は必要になるため、選ぶ際の目安としましょう。

メモリ

メモリは作業領域の広さを決める部分。作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われ、メモリの容量が多ければ多いほど一度に多くのデータを同時に処理できます。CPUと同じくスマホの性能を大きく左右する重要なパーツなので、確認しておきましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームを楽しみたいなら4GB程度を基準にするのがおすすめです。

ストレージ

ストレージとは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSやシステムデータまで、いろいろなデータを保管しておく場所です。メモリと同じくサイズが大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしてみてください。

選び方の目安として、アプリやゲームを楽しみたいならストレージ容量は最低でも64GB以上、アプリやゲームだけでなく写真や動画などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら128GB以上を基準にしましょう。

ちなみに、ストレージ容量を気にせずにスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無もあわせてチェックしてみてください。

その他機能をチェック

Felica対応の有無

By: rakuten.co.jp

電子マネーによるタッチ操作でキャッシュレス決済を利用したい場合は、「Felica(フェリカ)」に対応しているかどうかがポイント。Felicaとは、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式のことで、モバイルSuicaや楽天Edy、WAONなど、多くのプリペイド型電子マネーに普及しています。

なお、最近はPayPayスマホ決済なども普及し、「いかに小銭を持たないか」がトレンド。持ち物のスリム化を図りたい方は、ぜひおさえておきましょう。

デュアルSIM対応

「デュアルSIM」とはSIMカードが2枚挿入可能なスロットを搭載しているスマホのこと。スマホのなかでもドコモやソフトバンク、auなどのキャリアに紐付けされないSIMフリースマホに多く見られるタイプで、1台のスマホで2つの料金体系や仕様に分けられるのが特徴です。

例えば、海外に渡航する機会が多い方であれば、国内用とは別に海外のSIMカードを挿しておくと便利。また、ビジネス用とプライベート用とでSIMカードを分け、通信料金の最適化を図りたい方にも有効です。気になる方はチェックしておきましょう。

指紋認証

スマホのロックを解除するためには、4ケタ以上の数字を組み合わせたコードを入力する方法や、点を選んで一筆書きで結ぶパターンなどがありますが、よりセキュリティ面に配慮したい方は指紋認証に対応しているかも重要。決済承認をする際に活用する際にも便利です。

防水性能

By: rakuten.co.jp

あらゆる場面でスマホを活用したい方は防水性能の高い機種がおすすめ。確認する際に重要となるのが、「IP」という国際規格で表示される保護等級で、具体的には、水回りでもスマホを使用したい場合は、最低でも完全防水を意味する「IPX5」以上の表示がある機種を選ぶようにしましょう。

なお、より上位となる「IPX7」以上の機種であれば、水没にも耐えられるほど。ただし、スマホの防水性能は常温の真水での使用を想定しており、風呂やサウナ、海などでの使用には対応していない場合が多いので、その点は注意しておきましょう。

小型スマホのおすすめモデル

ユニハーツ(Unihertz) Atom ATOM-01

ユニハーツ(Unihertz) Atom ATOM-01

機能性と携帯性のバランスに優れた2.45インチのスマホです。約縦96×横45×厚み18mmのコンパクトボディを実現していながら、オクタコアCPU「MediaTek MT6763V/B」や、大容量の「4GB RAM」を搭載。最新のアプリやゲームもノンストレスで快適に楽しめます。ストレージ容量は64GBなので、写真や動画をたくさん楽しみたい方にもおすすめです。

機能面では、水に濡れても壊れにくいIP68の防水防塵やカメラを見つめるだけでロック解除できる顔認証、高音質ワイヤレスリスニングが楽しめるLDACを搭載。2つの電話番号を同時待ち受けできる「DSDV」対応モデルなのも嬉しいポイントです。

ソニー(SONY) Xperia Ace SO-02L

ソニー(SONY) Xperia Ace SO-02L

機能が充実したソニーのコンパクトモデル。画面サイズは5インチです。豊かな色彩や繊細な色の違いまで忠実に描き出す「トリルミナス ディスプレイ for mobile TFT」を搭載。お気に入りの動画やゲームがきれいな映像で楽しめます。メタルの輝きとグロス仕上げの洗練された背面デザインを採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのもポイントです。

約120°の「超広角インカメラ」や、ボケ撮影や美肌補正が可能な「ポートレートセルフィー」、夜景をきれいに撮影できる「F値1.8の明るいレンズ」など、カメラ性能に優れているのも魅力。また、ソニーの高音質技術「DSEE-HX」により、普段聞いている音楽がハイレゾ相当で楽しめます。

パーム(PALM) Palm Phone

パーム(PALM) Palm Phone

3.3インチの小さなボディに最新機能を詰め込んだモデルです。8個のコアを内蔵した「Qualcomm Snapdragon 435」、大容量の「3GB RAM」を搭載しているにも関わらず、クレジットカードとほとんど変わらないサイズを実現しています。

素早くロックを解除できる「顔認証」や、アプリに素早くアクセスできる「ジェスチャーパッド」、水に濡れても壊れにくいIP68の防水・防塵機能など、便利なオプションが充実しているのも魅力。12MPのアウトカメラと8MPのインカメラ、2つの高性能カメラを搭載しており、写真や動画が高画質で楽しめるのも大きな特徴です。

ソイエス(SOYES) XS

ソイエス(SOYES) XS

価格と性能のバランスに優れた3インチの小型スマホです。画面サイズは気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、クワッドコアCPU「MediaTek MT6737」や、大容量の「3GB RAM」「32GB ROM」を搭載。後からストレージ容量を拡張できる「microSDカードスロット」を内蔵しているので、アプリやゲームをたくさん楽しみたい方にもおすすめです。

バッテリー容量は1580mAhと控えめながら、カメラを見つめるだけでロック解除が可能な「顔認証機能」など、便利な機能を多数搭載。これだけ機能が充実していながら本体重量はわずか99gと軽量なのも嬉しいポイントです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 SH-M12

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 SH-M12

4000mAhの大容量バッテリーを搭載した小型スマホ。5.5インチの画面には消費電力をおさえるシャープ独自の「省エネIGZOディスプレイ」を採用し、最大1週間使える長時間駆動を実現しています。ミドルレンジCPU「Qualcomm Snapdragon 630」や、大容量の「4GB RAM」「64GB ROM」など、高いスペックが特徴です。

機能面では、キャッシュレスで支払いができる「おサイフケータイ」、急速充電を繰り返してもバッテリーが劣化しにくい「インテリジェントチャージ」、目に有害なブルーライトをカットする「リラックスオート」を搭載。実物に近い色味で鮮やかに美しく表現する「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、お気に入りの動画やゲームがきれいな映像で楽しめます。

キャタピラー(Caterpillar) CAT S60

キャタピラー(Caterpillar) CAT S60

建設機械で知られるキャタピラーが発売する4.7インチの小型スマホです。水深5mに60分間浸しても起動可能と謳うIP68の防水・防塵機能や、耐久性を高める「強化ダイキャストフレーム」を採用。米国国防省の調達基準「MIL-STD-810G」に準拠した堅牢性の高さが魅力です。

高コントラストで熱を可視化する「MSXサーマルイメージングカメラ」や、直射日光の当たる場所でも高い視認性を確保できる「Gorilla Glass 4.0」など、機能性に優れているのも大きなポイント。8個のコアを内蔵したCPU「Snapdragon 617 MSM8952」を搭載することで、アプリやゲームがサクサク楽しめるのも特徴です。

マヤシステム(Maya System) jetfon G1701-GB

マヤシステム(Maya System) jetfon G1701-GB

クラウドSIMテクノロジーを搭載した5.5インチの小型スマホです。事前にアプリで渡航先の国と滞在期間を選択するだけで、SIMカードを交換しなくても世界100以上の国と地域でシームレスなデータ通信が可能。国内での使用はもちろん、旅行や出張などで頻繁に海外を訪れる方にもおすすめです。

気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、CPUには「Qualcomm Snapdragon 652」、メモリには「4GB RAM」、ストレージには「64GB ROM」を搭載。最新のアプリやゲームもストレスなく快適に楽しめます。耐久性に優れた「アルミボディ」や、ワンタッチでロック解除ができる「指紋センサー」なども魅力です。

エイスース(ASUS) ZenFone3 ZE520KL

エイスース(ASUS) ZenFone3 ZE520KL

カメラ性能に優れた5.2インチの小型スマホです。わずか約0.03秒の速さでフォーカスを実現する「TriTech AF」や、手ぶれを検出して補正する「OIS & EIS」を搭載。プロレベルの本格的な写真が気軽に撮影できます。

機能面では、最大5つの指紋を登録できる「Touch Security」、パワフルな高音質サウンドが楽しめる「SonicMaster」、シンプルで直感的に操作できる「ZenUI 3.0」を搭載。ダイヤモンドを削り出す特殊な技術で面取りをした、スタイリッシュなデザインも魅力です。

エイスース(ASUS) ZenFone Live ZA550KL

エイスース(ASUS) ZenFone Live ZA550KL

シンプルで扱いやすい5.5インチの小型スマホ。画面のベゼルを狭くすることで、5.5インチモデルながら一般的な5インチモデル変わらないコンパクトサイズを実現しています。コストパフォーマンスに優れていながら、3000mAhの大容量バッテリーや、2枚のSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できる「トリプルスロット」など、基本性能が充実しているのも魅力です。

メタリック加工が施されたスタイリッシュなデザインに加えて、カラーバリエーションはミッドナイトブラック・スペースブルー・シマーゴールド・ローズピンクの全4色から選択が可能。スマホの色やデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

HTC U11 life

HTC U11 life

基本性能が充実した小型スマホです。画面サイズが5.2インチのコンパクトなモデルながら、ミドルレンジCPU「Qualcomm Snapdragon 630」や、大容量の「4GB RAM」「64GB ROM」を搭載。処理の重いアプリやゲームもサクサク快適に楽しめます。

ほかにも、水まわりで安心して使えるIP67の防水・防塵性能や手軽に支払いができる「おサイフケータイ」、スマホを握るだけで素早く操作できる「エッジ・センス」など、実用性に優れた機能を多数搭載。一眼レフカメラでも採用されている「位相差オートフォーカス」と、常に最適な画質で撮影できる「HDRブースト」により、初心者でも簡単にきれいな写真や動画を撮影することが可能です。