老若男女を問わず、多くの方が使っているスマホ。新作が発売されるたびにスペックが向上しているほか、年々本体サイズも大型化しており、特にハイエンドクラスのスマホに関しては画面サイズ6.0インチ以上の機種が多数を占めています。

大画面のスマホはネット動画の観賞や電子書籍の閲覧では有利ですが、当然重さもアップするため、持ち運びにストレスを感じている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、「小型スマホ」のおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

小型スマホとは?

By: amazon.co.jp

小型スマホに明確な定義はありませんが、一般的に5.5インチ以下の画面サイズを有するモノが該当します。スマホサイズでよく参考にされる「iPhone」シリーズにおいては、現行で販売されている「iPhone SE」が4.7インチの大きさです。

小型スマホのなかには、対角線の長さが約6.22cmの2.45インチを採用した製品が存在。6.0インチ以上の機種が次々にラインナップされる昨今、片手でストレスなく操作したい方や、収納時のスペースを取りたくない方などに支持されています。

小型スマホの選び方

インチ数をチェック

By: rakuten.co.jp

インチ数はディスプレイのサイズのこと。スマホのサイズはメーカーによってさまざまですが、小型スマホにおいては3.0〜5.0インチ前後が目安です。

3.0インチ程度の小型スマホは手のひらに収まるサイズ感で、とにかく持ち運びやすいのがポイント。画面が小さいので文字入力には慣れが必要ですが、UIなどに工夫が見られるのも特徴です。

一方で、5.5インチ程度までであれば、片手で操作する際にストレスになりにくいサイズ感で、画面の解像度が比較的高いのも魅力です。

本体サイズをチェック

By: amazon.co.jp

小型スマホは画面サイズのインチで分類されることが多々ありますが、本体サイズもチェックしておきましょう。本体サイズとは、端末の幅・高さ・奥行を長さで表したものを意味しています。

スマホはディスプレイのインチ数の違いだけでなく、ホームボタンや近接・照度センサー、受話口、インカメラなどの有無によって大きさが異なるので注意が必要。同シリーズの端末においても仕様に違いがあるため、しっかりとチェックしておきましょう。

スペックをチェック

By: amazon.co.jp

CPU

CPUとは、人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツです。スマホの性能を大きく左右する重要な部分なので、CPUの性能は確認しておきましょう。選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載しているモノがおすすめです。

また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値もチェック。クロック周波数は「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。ストレスなく快適にスマホを楽しみたいなら、クロック周波数は最低でも2.0GHz以上は必要になるため、選ぶ際の目安としましょう。

メモリ

メモリは作業領域の広さを決める部分。作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われ、メモリの容量が多ければ多いほど一度に多くのデータを同時に処理できます。CPUと同じくスマホの性能を大きく左右する重要なパーツなので、確認しておきましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームを楽しみたいなら4GB程度を基準にするのがおすすめです。

ストレージ

ストレージとは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSやシステムデータまで、いろいろなデータを保管しておく場所です。メモリと同じくサイズが大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、ストレージも忘れずにチェックしてみてください。

選び方の目安として、アプリやゲームを楽しみたいならストレージ容量は最低でも64GB以上、アプリやゲームだけでなく写真や動画などいろいろなコンテンツを楽しみたいなら128GB以上を基準にしましょう。

ちなみに、ストレージ容量を気にせずにスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無もあわせてチェックしてみてください。

その他機能をチェック

Felica対応の有無

By: rakuten.co.jp

電子マネーによるタッチ操作でキャッシュレス決済を利用したい場合は、「Felica(フェリカ)」に対応しているかどうかがポイント。Felicaとは、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式のことで、モバイルSuicaや楽天Edy、WAONなど多くのプリペイド型電子マネーに普及しています。

なお、最近はPayPayスマホ決済なども普及し、「いかに小銭を持たないか」がトレンド。持ち物のスリム化を図りたい方は、ぜひおさえておきましょう。

デュアルSIM対応

「デュアルSIM」とはSIMカードが2枚挿入可能なスロットを搭載しているスマホのこと。スマホのなかでもドコモやソフトバンク、auなどのキャリアに紐付けされないSIMフリースマホに多く見られるタイプで、1台のスマホで2つの料金体系や仕様に分けられるのが特徴です。

例えば、海外に渡航する機会が多い方であれば、国内用とは別に海外のSIMカードを挿しておくと便利。また、ビジネス用とプライベート用とでSIMカードを分け、通信料金の最適化を図りたい方にも有効です。気になる方はチェックしておきましょう。

指紋認証

スマホのロックを解除するためには、4ケタ以上の数字を組み合わせたコードを入力する方法や、点を選んで一筆書きで結ぶパターンなどがありますが、よりセキュリティ面に配慮したい方は指紋認証に対応しているかも重要。決済承認をする際に活用する際にも便利です。

防水性能

By: rakuten.co.jp

あらゆる場面でスマホを活用したい方は防水性能の高い機種がおすすめ。確認する際に重要となるのが、「IP」という国際規格で表示される保護等級で、具体的には、水回りでもスマホを使用したい場合は、最低でも完全防水を意味する「IPX5」以上の表示がある機種を選ぶようにしましょう。

なお、より上位となる「IPX7」以上の機種であれば、水没にも耐えられるほど。ただし、スマホの防水性能は常温の真水での使用を想定しており、風呂やサウナ、海などでの使用には対応していない場合が多いので注意しておきましょう。

小型スマホのおすすめモデル

ユニハーツ(Unihertz) Atom ATOM01 2.45インチ

2.45インチの極小画面が特徴的な小型スマホです。リアには、1600万画素の高精細なカメラを搭載。動物の動きやスポーツの決定的な瞬間などを、きれいな写真として残せます。

IP68の防塵・防水性能に加え、耐衝撃性能を有しているのがポイント。作業現場やアウトドアアクティビティなど、さまざまな用途で携帯できるのが魅力です。

また、指紋認証機能を搭載。緊急の電話などにも素早く応答できます。バッテリー容量は2000mAhと十分。外出先でも快適に使えます。コンパクトながら高機能で耐久性に優れたおすすめの小型スマホです。

ユニハーツ(Unihertz) Jelly Pro JPRO-02

高さ92.4×幅43×奥行13mmと、ズボンのコインポケットにも入るほどコンパクトな小型スマホ。4G通信に対応しており、動画の視聴やファイルのダウンロードなどのデータ通信が快適に行えます。

16GBのストレージを有しているほか、256GBまでのMicroSDカードで容量を拡張可能。移動中でも音楽や動画をたっぷりと楽しめます。Bluetooth4.1に対応しているので、ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンとも接続可能です。

また、Android OSを搭載しており、アプリをダウンロードして利用できるのもポイント。GPS受信機を内蔵しているため、位置情報の確認や地図アプリを使用する際にも活用できます。基本性能が充実した小型スマホを探している方におすすめのモデルです。

パルム(Palm) Palm Phone PVG100E-2A1PJPD 3.3インチ

クレジットカードとほぼ同じ3.3インチの小型スマホです。CPUにはQualcommのSnapdragon 435を採用しています。メモリは3GB、ストレージは32GB。フロントの800万画素カメラに加え、リアの1200万画素カメラが、日常や旅行先での思い出をしっかりと記憶します。

IP68の防塵・防水性能を有しているにもポイント。うっかり砂埃にかかってしまったり、雨に濡らしてしまったりしても安心して使い続けられます。高性能な小型スマホが欲しい方におすすめの製品です。

楽天(Rakuten) Rakuten Mini 3.6インチ

片手で持って操作しやすい、3.6インチのおすすめ小型スマホです。サイズは高さ106.2×幅53.4×奥行8.6mm。画面の隅々までに指が届きやすいので、電車で移動中など、両手が使えないシーンで活躍します。

また、モバイルSuicaや楽天Edyなどが使える「Felica」に対応。駅やお店でスマホをかざすだけで、支払いをスムーズに行えます。

CPUは、2GHz+1.45GHzのオクタコアを採用。顔認証に対応しているので、面倒な操作なくロック画面を解除できます。基本的な機能や性能が充実したおすすめの小型スマホです。

アップル(Apple) iPhone SE MXD12J/A

4.7インチのRetina HDディスプレイを採用した小型スマホです。iPhone 11 Proと同じ、「A13 Bionic」チップを搭載。アプリの素早い起動や、よりリアルなAR体験を可能にします。

カメラ撮影では、ポートレートモードを用意。6つのエフェクトから選択することで、スタジオにいるかのような美しい写真を撮影できます。ビデオは、4Kの画質で撮影可能。拡張ダイナミックレンジによって、撮影対象の明暗がくっきりします。高機能な小型スマホを探している方におすすめの製品です。

ソニー(SONY) Xperia Ace J3173 5.0インチ

1080pの高画質で美しい映像を撮影できる小型スマホです。画面サイズは5.0インチ。「トリルミナス ディスプレイ for mobile」は色彩を色域豊かに表現します。

画面比は18:9を採用。従来製品よりも画面サイズが大幅にアップしたため、WebサイトやSNSの閲覧が快適。また、Xperiaオリジナルの「いたわり充電」技術を搭載。フル充電前に充電を一時的にストップすることで、バッテリーへの負荷を軽減できるのがメリットです。

さらに、徒歩での移動中や電車の中など、片手で操作しているときは「片手モード」を使用できます。画面の大きさを小さくして、指が届きにくい場所でも簡単に操作できるのがポイントです。

京セラ(KYOCERA) TORQUE G04 5.0インチ

外へ持ち運んで使いたい、5.0インチのおすすめ小型スマホです。がっしりとしたタフネスデザインを採用。米国国防総省が定める「MIL」規格に合格しているほか、独自の鋼球落下試験に合格しています。

また、-21~60℃の急激な温度変化に耐えうるほどのタフさがポイント。また、4572m相当の気圧でも動作するため、標高の高い山の中でも問題なく使用可能。2mの水中で60分間耐える試験にも合格しています。

さらに、おサイフケータイを搭載。画面を開くことなくスムーズにお会計を済ませられます。街中ではもちろん、自然の中でも活躍するおすすめの小型スマホです。

コヴィア(covia) FLEAZ BEAT 5.0インチ

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しており、LTE回線と3G回線の同時待ち受けができる小型スマホ。トリプルスロット仕様でSDカードが独立しているため、SIMカードを2枚差しながらSDカードも差して使えます。

画面のサイズは5インチで、小型ながらコンパクト過ぎず手に馴染みやすいのが魅力。視野角が広いIPS液晶を搭載しているのも特徴です。

コンパクトながらRAM容量が3GB、ROM容量が32GBで、ストレスを感じにくく快適に操作可能。ロック解除用の指紋認証センサーは本体背面に付いているため、人差し指で簡単にタッチできます。高性能で使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

AQUOS sense3 SH-M12-B 5.5インチ

バッテリー持ちが魅力の小型スマホです。画面サイズは5.5インチ。4000mAhの大容量バッテリーで、最大1週間使い続けられるといわれています。

また、質の高い写真を撮れる「標準カメラ」をはじめ、臨場感あふれる画像を残せる「広角カメラ」の2種類を使い分けできるのが魅力です。手ブレ補正機能やAI技術を用いて、よりきれいに写真を撮影できます。

CPUやGPUの性能は、従来モデルよりも大幅に向上。サクサクと処理を行えるため、ゲームやチャットをストレスなく操作できます。外出先で電話やメッセージを頻繁に行う方におすすめの製品です。

オウキテル(OUKITEL) OUKITEL WP5 wp5 5.5インチ

アウトドアなどへ持ち運びやすい、5.5インチの小型スマホです。IP68の防塵・防水性能を備えています。動作温度は-55~70℃と幅広いのが特徴。砂漠や寒冷地帯といった過酷な場所でも、安心して使い続けられます。

バッテリーは8000mAhと大容量。OTGケーブルを使用すれば、充電用のバッテリーとしても使用できます。カメラはリアに3つ、フロントに1つ搭載。夜に行うキャンプの風景や、山頂からの壮大な景色をしっかりとおさめられます。登山などタフなシーンで使用する機会が多い方におすすめの製品です。