腕時計としてはもちろん、スマホと連動してアプリ操作やデータ管理が手軽に行える「スマートウォッチ」。最近ではスポーツメーカーやファッションブランドのアイテムも登場しており、ファッショナブルな製品が増えてきています。

そこで今回は、おすすめのスマートウォッチをご紹介。ディスプレイをタッチするタイプから、一般的な腕時計と同じように使えるモデルまでピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

スマートウォッチとは?

スマートウォッチとは、身体につけて持ち運ぶ、ウェアラブル端末と呼ばれる腕時計型端末のこと。時計としてはもちろん、スマホと連携すれば、アプリの通知やメッセージ・電話の応対が可能です。

また、スマートウォッチにSIMカードを入れることで、単体で電話やメールを送れるモデルも発売されています。

スマートウォッチのメリット

電子マネー決済

By: wena.jp

FeliCaやNFCなどのICチップを搭載したスマートウォッチなら、専用端末にかざすだけで簡単に支払いできます。お財布からわざわざカードや小銭を取り出す必要がないのがメリット。また、モバイルSuicaに対応したモデルなら、買い物だけでなく電車やバスの運賃もかざすだけで支払い可能です。

使える場所は少ないですが、ICチップを搭載していないスマートウォッチはバーコード・QRコードを使うことで、手軽にキャッシュレス決済が利用できます。

心拍数などのデータ計測

By: amazon.co.jp

センサーを内蔵したスマートウォッチなら、健康維持に必要なアクティビティデータを自動で収集できます。例えば、心拍センサーを搭載したモデルなら、普段の安静時や運動中の心拍数を手軽にチェックすることが可能。心拍数の測定を利用すれば、トレーニングの効率を上げたり、病気を早期発見・予防したりする効果が期待できます。

また、加速度センサーや、ジャイロセンサーを搭載したモデルなら、移動距離、歩数、消費カロリーなどのより細かなデータも正確に記録可能です。

画面表示のカスタマイズ

小型ディスプレイを搭載したスマートウォッチは、一般的な腕時計と違って「ウォッチフェイス(文字盤)」の変更が可能です。お気に入りの写真を表示したり、針などディテールの色を変更したり、自分好みに画面表示をカスタマイズして楽しめます。

Androidが提供する「WearOS」を搭載したスマートウォッチなら、個人や有名ブランドが開発した豊富なバリエーションのウォッチフェイスを、自由にダウンロードして楽しむことが可能です。

通知を見逃さない

通知機能を搭載したスマートウォッチなら、メールや着信、SNSで受信したメッセージなどを手元で気軽にチェック可能。通知を確認するのにスマホを取り出す必要がないため、仕事中や運転中などスマホを操作するのが難しいときにも重宝します。

スマホに届いた情報はすべてリアルタイムで確認できるため、大切な通知を見逃す心配もありません。さらに、返信機能を備えたモデルなら、届いたメッセージに対してその場ですぐに返信可能です。

スマートウォッチの選び方

スマートウォッチのOSをチェック

Watch OS

By: biccamera.com

Watch OSは、アップルが開発したスマートウォッチ「Apple Watch」に搭載されている専用設計のOSです。iPhoneとの高い親和性を持っているのが特徴。iPhoneが受信した各種通知を表示したり、ヘルスケアアプリのデータを連携したり、Siriによる音声アシスタントを利用したりできます。

Watch OSは対応アプリの種類が豊富なのも特徴。スケジュール管理や作業効率化、電子決済など多彩なアプリが用意されているので、ユーザーは自分の生活スタイルや使用目的に合うように設定をカスタマイズできます。また、ディズニーとコラボした文字盤など、おしゃれで機能的なデザインの文字盤が利用できるのも魅力です。

Wear OS by Google

Wear OS by Googleは、グーグルが開発したスマートウォッチ用のOSです。同じく同社が開発したスマホ用OSのAndroidと高い親和性を持っているのが特徴。連携したスマホからの通知機能に加えて、GメールやGoogleマップ、Google翻訳などの便利なサービスが円滑に利用できます。

互換性の高さもWear OS by Googleのポイント。Googleアカウントに紐付けて使用するので、Androidスマホだけではなく、一部機能は制限されるもののiPhoneとも連携できます。スマホの種類に限らず、グーグルのサービスを日常的に愛用している方におすすめです。

Tizen

By: amazon.co.jp

Tizenは、Galaxyスマホで有名なサムスンがIoT家電向けに開発を進めているOSです。同社のスマートウォッチ「Gear」に搭載されており、Galaxyスマホのアプリを円滑に管理できます。

Gearシリーズ以外では一部機能の制限はあるものの、「TIZEN STORE」を通じてさまざまな専用アプリで機能を追加できるのも魅力。また、将来的にはスマートテレビなど同社が発売するIoT家電との連携も期待されています。

連携させるスマホの種類をチェック

スマートウォッチを使用するためには、スマホとの連携が欠かせません。ただし、スマホが搭載しているOSの種類によっては連携できなかったり、一部機能が使えなかったりする場合もあるので気を付けましょう。

現在スマホに搭載されているOSには、大きく分けてiOSとAndroidの2種類があります。iOSはアップルのiPhoneに搭載されていますが、同社のApple Watchと連携させたときに最大の機能を発揮できるのが特徴。一方、AndroidはiPhone以外のスマホに広く採用されているOSですが、Apple Watchとは連携できないので注意が必要です。

搭載センサーの種類をチェック

スマートウォッチを選ぶ際には、搭載しているセンサーの種類も重要なポイントです。例えば、心拍センサーを搭載したモデルなら、身に着けているだけで心拍数を手軽に計測可能。不整脈などの病気を早期発見する効果が期待できたり、トレーニング量の目安にしたり、さまざまな用途やシチュエーションで活躍します。

人工衛星を利用して現在地を確認できる「GPSセンサー」や、速度の変化を計測する「加速度センサー」を搭載したモデルなら、ランニング中に距離やスピードなどのデータを細かく計測可能です。スマートウォッチをより快適に使いたい方は、周囲の明るさに応じてディスプレイの輝度を調節する「環境光センサー」の有無も忘れずにチェックしておきましょう。

充電方法をチェック

スマートウォッチの充電方法には、大きく分けて「マグネットタイプ」「USB差し込みタイプ」「挟み込みタイプ」の3種類があります。使いやすさを重視するなら、充電器とスマートウォッチを近づけるだけで充電できる「マグネットタイプ」や、アダプタに直接差し込んで充電する「USB差し込みタイプ」がおすすめ。

クリップ状の充電器を装着する「挟み込みタイプ」もシンプルで使いやすいのですが、少しでもズレると接触不良で充電できないことがあるので、取り扱う際には注意が必要です。充電するのが面倒な方は、太陽の光で充電できる「ソーラーパネル」を搭載したモノや、電池で駆動する「ハイブリッドスマートウォッチ」を選ぶのもおすすめです。

その他機能をチェック

通知機能

By: wena.jp

通知機能は、ペアリング連携したスマホに届いた電話着信やメール、LINEの受信、SNS更新などの通知をスマートウォッチの画面に表示できる機能。重要な通知の確認ができるのはもちろん、ワイヤレスイヤホンを使って電話に応答したり、定型文やスタンプでメールへ簡潔に返信したりすることが可能です。

通知確認の度にスマホをバッグやポケットからいちいち取り出す必要がないのが魅力。移動中や手が離せない作業をしている場合などに便利です。

防水・防塵

By: galaxymobile.jp

防水・防塵機能は、スマートウォッチ本体への水やほこりの侵入を防ぐ機能です。防水性や防塵性の高いモデルであれば、ランニング中に急な悪天候に見舞われたり、プールでの水泳中に使用したりできるのが魅力。スマートウォッチをスポーツで積極的に活用したい方におすすめです。

防水・防塵性の強さは「IP65」などと表記されますが、前の数字は防塵性の度合い(1〜6)を、後ろの数字は防水性の度合い(1〜8)を表します。スポーツやアウトドアで使う場合、防塵性はなるべく6を、防水性は生活防水を意味する5以上の性能を備えたモデルを選びましょう。

デザインで選ぶ

ビジネス・普段使い

By: amazon.co.jp

プライベートやビジネスシーンで使用したい場合は、腕時計タイプのスマートウォッチがおすすめ。アナログ表示に対応したシンプルな「ハイブリッド式」なら、仕事中でも違和感がなく使えます。おしゃれにスマートウォッチを楽しみたいなら、ウォッチフェイスを自分好みにカスタマイズできる「タッチスクリーン式」を選ぶのもひとつ。

よりおしゃれにスマートウォッチを身に着けたい方は、気分や服装に合わせて付け替えられる「バンド・ベルト交換」に対応しているのかもしっかりチェックしましょう。

スポーツ

By: fitbit.com

スポーツシーンで使用したい場合は、リストバンドタイプのスマートウォッチがおすすめ。細身で縦長な形状をしているため、激しい運動中でも邪魔にならずスマートに使えます。

腕時計タイプに比べると画面は小さくなりますが、その分必要な情報だけをシンプルに表示させることが可能。余計な情報が入ってこないので、トレーニングに集中したい方にも最適です。

Bluetoothのバージョンはしっかり確認しよう

By: mi.com

スマートウォッチをスマホと連携する際はBluetooth通信を使用しますが、Bluetoothにもさまざまなバージョンが存在するのがポイント。連携するスマホが古く、対応できるバージョンも古いモノに限定されていると、スマートウォッチと連携できない場合があります。

現在、Bluetoothの最新バージョンはBluetooth 5.1ですが、大半のスマートウォッチはBluetooth 4.1以降のバージョンに対応。手持ちのスマホがBluetooth 4.1以降のバージョンに対応しているかを忘れずに確認しましょう。

スマートウォッチのおすすめメーカー

アップル(Apple)

By: biccamera.com

アップルは、アメリカのカルフォルニア州に本社を置く電気機器メーカーです。iPhoneなどで高い人気がありますが、2015年に初代「Apple Watch」を発売して以来、リーディングカンパニーとしてスマートウォッチ市場を牽引してきたことでも知られています。

Apple WatchはiPhoneと高い親和性を持つWatch OSを採用しており、対応アプリの種類も豊富なのが特徴。また、活動量計としての機能も充実しているため、日々の健康管理からスポーツシーンまで、多彩なシーンで運動の補助機器として重宝します。

ファッション性の高さも魅力。バンドを交換できるほか、最新モデルでは本体フレームの金属材質を選ぶことで自分に合ったコーディネートを楽しめます。

サムスン(Samsung)

By: amazon.co.jp

サムスンは韓国のスウォン市に本社を置く電気機器メーカーです。タッチペンを内蔵したり、画面の折りたたみができたりする独自構造のAndroidスマホ「Galaxy」シリーズで人気ですが、スマートウォッチも発売しています。

サムスンのスマートウォッチは、独自OSのTizenを採用しているのが特徴。Galaxyスマホと高い親和性を持っています。また、種類としては、普段使いやビジネス用途向けの「Galaxy Watch」と、スポーツやアウトドア用途向けの「Gear」に分かれており、目的に応じて端末を選べるのも魅力です。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京港区に本社を置く電気機器メーカーです。高性能Androidスマホの「Xperia」やミラーレスカメラの「α」で有名ですが、Androidと高い親和性を持つ独特なデザインのスマートウォッチも手掛けています。

ソニーのスマートウォッチである「wena」は、バンド部分にスマート機能が集約されているのが特徴。文字盤のある腕時計の本体部分は付け替えが自由なので、お気に入りの腕時計に装着して使用できます。また、セイコーやイッセイミヤケなどの有名ブランドとコラボした、おしゃれなスマートウォッチを発売しているのもポイントです。

スマートウォッチのおすすめ|ビジネス・普段使い向け

アップル(Apple) Apple Watch Series 5

話題の便利機能が目白押しのApple Watch最新モデルです。先代モデルSeries 4で好評だった大画面ディスプレイが常時表示に対応したことで、画面を確認する際に手首を内側に傾ける必要がなくなりました。また、常時表示を実現しながら、バッテリー駆動時間も最長18時間とほぼ同じなのも魅力です。

高精度な光学式の心拍数センサーやGPSなど、活動量計としての機能も充実。また、本モデルからは方角を手元で確認できる「コンパス機能」や、聴覚に悪影響を与えかねない大音量を感知したら通知する「騒音感知機能」を搭載しているのも特徴です。

日々の健康管理に役立つ、女性の月経周期をモニタリングできる機能も搭載。また、水深50mまで対応できる防水性能も備えているので、ジムや屋外でのトレーニングにも活用できます。

アップル(Apple) Apple Watch Series 3

Apple Watchの魅力を手軽に体感できる、コスパに優れたスマートウォッチです。最新モデルのSeries 5で実装された先進機能は非搭載ですが、半額程度の安い価格で購入できるため、試しにApple Watchを生活に取り入れてみたいiPhoneユーザーにおすすめです。

光学式の心拍数センサーやGPSなど、活動量計として必要な機能も充実。また、椅子にずっと座り続けていると一定時間ごとに起立を促す「スタンドアラート」を搭載するほか、アプリでタスク管理や集中力強化などの機能も追加できるので、仕事の能率を向上できます。

水深50mの防水耐性も搭載。また、Apple PayやSuica、PayPayなどのキャッシュレス決済が利用できるほか、Apple MusicユーザーであればAirPodsとの組み合わせで音楽が楽しめるのも魅力です。

サムスン(Samsung) Galaxy Watch SM-R800

リアルウォッチのような洗練されたデザインに、先進機能が搭載されたスマートウォッチです。フレームの縁には操作性良好な回転ベゼルを備えているので、電話応答やアラームなどの各種操作が簡単にできます。文字盤には有機ELディスプレイが採用されており、自分好みの表示デザインにカスタマイズできるのも魅力です。

OSにはTizenを採用。Galaxyスマホと連携させることで、スケジュール管理や睡眠管理、心拍数計測などの多彩な機能が利用可能です。加えて、最長168時間の駆動が可能な大容量バッテリーを搭載しており、数日間充電しなくても使えるので出張でも重宝します。米国のミリタリースペックを満たす頑丈な作りと、IP68相当の防塵・防水性を有しているのも魅力です。

サムスン(Samsung) Galaxy Watch Active2 SM-R830NSDAXJP

アクティブに過ごしたい女性の方におすすめの、スタイリッシュなスマートウォッチです。高級感のなかにかわいらしさが同居するデザインが特徴で、基本的な操作を縁のタッチベゼルで簡単に行えます。

有機ELディスプレイ採用の文字盤は、Galaxyスマホで服装を撮影した写真を元に表示をカスタマイズできるのも魅力。ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで最適なコーディネートを演出します。

OSにはTizenを採用。睡眠管理機能のほか、心拍数や消費カロリー、ラップタイムなどの計測もできるので、出勤前のエクササイズでも役立ちます。バッテリー駆動時間が最長43時間と長いのも魅力です。

ソニー(SONY) wena wrist pro

愛用の腕時計に多彩な機能を追加できる、高性能スマートバンドです。精密機器を思わせる見た目にも関わらず、水仕事やシャワーでも使用できる5気圧の防水性能も備えているので、ビジネスでの営業回りが多い方にもおすすめです。

小型化を実現したステンレスの本体には、有機ELディスプレイを搭載。スマホからの電話やメールの着信はもちろん、各種アプリの通知内容を表示できます。活動量計としての機能も充実しており、連携したスマホで歩数・消費カロリー・睡眠時間を確認可能です。

バッテリー駆動時間は約1週間。初期設定にiOS端末が必要ですが、楽天Edyやdポイントなどでの電子決済機能も使用できます。

ガーミン(GARMIN) vivomove HR

アナログとデジタルが融合した、スタイリッシュなハイブリッドスマートウォッチです。タッチパネルディスプレイにアナログの文字盤が搭載されているのが特徴。画面に触れるとデータを見やすいように針が自動的に移動し、操作が終わると正確な時間に針が戻ります。

画面では電話やメール、カレンダーなどの通知を確認したり、スマホで再生する音楽の操作をしたりすることが可能。また、高精度な光学式の心拍計を備えており、1日のストレスや睡眠時間、歩数、消費カロリーなども計測できるので、健康管理にも重宝します。

多彩なカラーバリエーションのフレームやバンドが用意されているのも魅力。バンドは交換も可能なので、ファッションとしても楽しめます。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI WATCH GT 2 42mm

機能性とデザイン性を兼ね備えたスマートウォッチ。ファーウェイ独自の「低電力消費システム」と、大容量バッテリーを組み合わせることで、最大2週間使える長時間駆動を実現しています。プライベートからビジネスユースまで幅広く使える、スタイリッシュなデザインも魅力です。

重量わずか41gの軽量ボディながら、睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep 2.0」や、ストレス状態を可視化する「ストレスモニタリング機能」など、便利な機能を多数搭載。Bluetoothイヤホンとペアリングすれば、スマホを持たなくてもスマートウォッチ単体で音楽を楽しめます。

フィットビット(Fitbit) Fitbit Versa 2 FB507BKBK-FRCJK

AIアシスタント「Alexa」を搭載した、多機能スマートウォッチ。ボタンを押して話しかけるだけで、天気予報をチェックしたり、リマインダーを設定したり、さまざまなアクションが声だけで楽しめます。流線形で継ぎ目がないモダンなデザインや、高級感のある表面仕上げなど、見た目にこだわって作られているのもポイントです。

本体裏面には、安静時からワークアウト時の心拍数までリアルタイムに記録できる「心拍センサー」を搭載しているので、これ1台あればプライベートからスポーツシーンまで幅広く使用可能。アクセサリーベルトの種類も充実しているので、気分や服装に合わせてバンド交換を楽しみたい方にもおすすめです。

スマートウォッチのおすすめ|スポーツ向け

サムスン(Samsung) Galaxy Gear Fit2 Pro SM-R365

体系的なフィットネス管理に重宝するスマートウォッチです。17種類のスポーツ種目で移動ルートや距離、消費カロリー、心拍数などを計測が可能。さらに、GPSを内蔵するので、スマホがなくても本製品単体でより正確なデータ記録ができます。

特に水泳中の計測が得意。水深50mの防水性能を有するほか、Speedo社の水泳トラッカーアプリにも対応し、泳法やラップタイムなど水泳に対応した運動記録をリアルタイムに確認できます。

OSにはTizenを採用。Galaxyスマホ以外では一部使用できない機能がありますが、iPhoneとAndroidの両方と連携できます。

シャオミ(Xiaomi) Mi Smart Band 4

優れたコスパで人気のスマートウォッチです。有機ELディスプレイを備えた、コンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴。iPhoneとAndroidの両方に対応しており、画面には電話やメール、SNSなどの通知を表示できます。

活動量計としての機能も充実。心拍数センサーを備えるほか、消費カロリー・歩数・距離・運動の達成グラフなどを画面に表示できます。また、水深50mの防水性能を備えているので、ウォータースポーツでも活用が可能です。

バッテリーが最長20日間持つのも特徴。価格の安い製品ですが、交換バンドが豊富に用意されているのも魅力です。

フィットビット(Fitbit) Charge3 FB410GMBK-CJK

さまざまなスポーツ種目のトレーニングに活用できる、高性能なスマートウォッチです。高精度な心拍計「PurePulse」や睡眠計測機能、通知機能などをシンプルなデザインのボディに凝縮しています。

15種類以上の種目に対応した「エクササイズモード」も搭載。目標に設定した運動時間や移動距離などの進捗状況を画面で確認できるので、トレーニングに対する意識を高められます。また、動きの内容で種目を自動判別できるので、切り替えが不要なのも魅力です。

バッテリー駆動は最長7日間で、水深50mまで対応。女性の健康管理に便利な機能も搭載されています。

ガーミン(GARMIN) fenix 6S Sapphire 010-02159

便利な機能が充実した、ガーミンのコンパクトモデルです。重量わずか61gの軽さながら、精度の高い光学式心拍計や、ちょっとした道案内に最適な各種グローバルナビゲーション衛星システムに対応。高度・環境圧力・現在の方位を計測できるABCセンサーも搭載しているなど、さまざまな用途やシーンで使えるマルチな1台です。

独自の非接触決済機能「Garmin Pay」を使えば、専用端末にかざすだけで支払いができるのも嬉しいポイント。バッテリーには大容量のリチウム電池を採用しているので、1回充電すれば最大9日間使い続けることが可能です。

ウィジングス(Withings) Steel HR Sport

フランス生まれの上質なデザインが魅力のハイブリッドスマートウォッチ。アナログ式の文字盤の上部に、小型の有機ELディスプレイを搭載したデザインが魅力です。ケースはタフなステンレス製。最長25日間駆動する大容量バッテリーと、水深50mに耐える防水性能も備えているので、多彩なスポーツ種目に活用できます。

トレーニング用に特別設計された活動量計も特徴。30種類以上のスポーツ種目を動きから自動判別し、運動データを記録できます。また、スマホと連携すれば、運動時に記録した心拍数の詳細なレポートを見たり、スマホ内GPSに接続してトラッキングデータの記録をしたりすることも可能です。

スント(SUUNTO) SUUNTO 9 G1 SS050142000

トライアスロンにも使える、タフで高性能なGPS内蔵スマートウォッチです。頑丈なステンレス製の本体には大容量のバッテリーを内蔵。最長120時間の駆動が可能なほか、独自アルゴリズム「FusedTrack」を搭載することで、GPSによるトラッキングを使用した状態でも25時間の連続駆動を実現しています。

80種目以上に対応するマルチスポーツ設計なのもポイント。種目に応じて心拍数や消費カロリー、速度、距離、高度などを計測できます。また、水深100mまで耐える防水性能も搭載しているのも特徴。過酷なレースでもゴールまで頼れるパートナーとして重宝します。

カシオ(CASIO) G-SHOCK GG-B100-1AJF

アウトドアをライフワークとする方におすすめの、頑丈で高性能なスマートウォッチです。ケースには、高強度かつ耐候性に優れたカーボンファイバー強化樹脂素材を採用。加えて、20気圧の防水性能も有するので、登山などの過酷なシーンでも積極的に活用できます。

方位・高度・気圧・温度・歩数の計測が可能な「クワッドセンサー」を搭載するほか、スマホ内GPSと連携することでトラッキングデータの記録も可能。自然環境の変化や活動履歴を円滑に把握できるので、より確実かつ迅速に目的地へ到達できます。

新搭載の「ロケーションインジケーター機能」では、目的地までの方位を秒針で、距離を液晶で確認可能。また、専用のスマホアプリ上では、表示の切り替えや使用頻度が高い機能の優先表示など細かなカスタマイズが行えます。

マトリックスインダストリーズ(Matrix Industries) PowerWatch Series 2 PW0701-J

最先端テクノロジーを搭載したスマートウォッチです。間接照明や室内の照明を吸収する独自のソーラー技術や、熱を電気に変更する「MATRIX Gemini」を搭載。装着したユーザーの体温とわずかな光があれば、わざわざ充電をしなくても使い続けることが可能です。

機能面では、距離・時間・平均ペースを記録できるアクティビティートラッキングモードや、大切な通知を見逃す心配がない通知機能、水に濡れても壊れにくい水深200mの防水に対応。航空機に使用される「アルミニウム合金」を採用しているので、スマートウォッチの耐久性を重視する方にもおすすめです。

スマートウォッチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スマートウォッチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。