Apple Watchの登場以来、広く生活に浸透してきた腕時計型のウェアラブル端末が「スマートウォッチ」。スマホと連動することで通知管理や電子マネー決済、健康管理などの便利な機能がより使いやすくなります。

しかし、スマートウォッチにはさまざまな機種が発売されているので、初めて購入する方はどれを購入すべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、スマートウォッチの特徴や選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

スマートウォッチとは?

By: galaxymobile.jp

スマートウォッチとは、スマホと連動することで多彩な便利機能が使用できる腕時計型のウェアラブル端末のことです。通常の腕時計と同じように時刻の確認ができるほかに、通知管理や電子マネー決済、健康管理、音楽再生などの機能が使用できます。

大半の機能はスマホでも代用が可能ですが、スマホをポケットやバッグからその都度取り出さなくてもほとんどの操作を完結できるため、効率的なのが特徴。また、スマホに依存する時間を大きく削減できるのも魅力です。

スマートウォッチにはさまざまなデザインのモデルが発売されているのもポイント。ビジネスシーンでも通用するおしゃれなモノから、スポーツシーンに重宝するタフなモノまで用意されており、用途やライフスタイルに応じて適したモノを選べます。

スマートウォッチでできること

電子マネー決済

By: amazon.co.jp

スマートウォッチには、電子マネーなどを使ったキャッシュレス決済が使用できるモデルもラインナップ。おサイフケータイと同じような感覚で店頭の読み取りポートにかざすだけで決済を完了できるので、買い物時の支払いがスムーズに進められます。

ただし、モデルごとに対応するキャッシュレス決済のサービスが異なるため注意。Suicaや楽天Edyなどの電子マネーが一般的ですが、PayPayや楽天PayなどのQRコード決済も近年対応が進んでいます。購入予定のスマートウォッチが利用したいキャッシュレス決済サービスに対応しているかを、事前に確認しておくのがおすすめです。

スマホの通知管理

By: sony.jp

スマホの通知管理が手元で行えるのもスマートウォッチの特徴。電話の着信応答やメール受信のほか、LINEメッセージやスマホ内アプリからの通知なども受け取りが可能です。また、事前に定型文を用意しておけば、メールやLINEに対して簡易的に返信もできます。

スマートウォッチで受け取る通知の種類はカスタマイズが可能。重要な相手や必要なアプリからの通知だけに限定もできます。さらに、通知内容を確認する度にスマホをポケットやバッグがその都度取り出す必要がないのも魅力です。

心拍数の計測

By: amazon.co.jp

心拍数とは心臓がどのくらいのペースで鼓動しているのかを表す数値のこと。スマートウォッチには、本体裏側に搭載されたLEDによって手首の血流を読み取ることで、心拍数の計測が可能なモデルも発売されています。

平常時だけではなく睡眠時や運動時も意識せず装着し続けられるため、常に心拍数の計測が可能なのもポイント。普段の平均計測値と比較することで体にかかる負荷や異常を早期に発見できるので、常に体の状態に注意したい方には特におすすめです。

アクティブトラッカー

By: galaxymobile.jp

アクティブトラッカー(活動量計)とは、日々の運動や睡眠などの活動を記録できる機能のこと。その日に歩いた距離や歩数、上った階段の段数、消費したカロリーなどの計測が可能です。また、1日当たりの運動目標を定めて達成度の記録もできるので、日頃の運動に対するモチベーションが向上します。

睡眠時には単に睡眠の合計時間を計測するだけではなく、浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を区別して記録することで睡眠の質を管理できるのも特徴。スマートウォッチを活用するだけで運動や睡眠に対する意識が高まるため、効率的に健康管理したい方におすすめです。

活動量計について詳しく知りたい方はこちら

スマートウォッチの選び方

スマホに合わせてOSをチェック

iPhoneとの連動に最適な「Watch OS」

「Watch OS」とは、Apple WatchのためにAppleが開発した専用設計のOSのことです。iPhoneと極めて高い親和性を持っているのが特徴。Androidスマホとは連携ができませんが、iPhoneとは簡単な初期設定でスムーズに連携が可能です。

メールやiMessage、リマインダーなどのApple純正アプリがiPhoneとシームレスに使えるほか、活動量計の機能を備えたヘルスケアアプリで健康管理にも活用できます。ワイヤレスイヤホンのAirPodsと連携すれば、ハンズフリーで通話やApple Musicでの音楽鑑賞も可能。また、サードパーティ製の対応アプリが豊富に充実しているのも魅力です。

Androidスマホにおすすめの「wear OS」

By: amazon.co.jp

「wear OS」とは、Android OSの提供元であるGoogleが開発したスマートウォッチ用OSのこと。Androidスマホと高い親和性を持っているのが特徴です。

通話やメッセージ、Googleマップ、GoogleアシスタントなどのGoogle純正アプリが手軽に使えるのもポイント。対応アプリの数はwatch OSほど多くはありませんが、wear OS搭載のスマートウォッチは種類が豊富なので、好みのデザインや機能を持つモデルが見つけやすいのが魅力です。

Galaxyシリーズのスマホなら「Tizen」

「Tizen」とは、Galaxy Watchに最適化してサムスンが開発したスマートウォッチ用OSのこと。iPhoneやAndroidスマホともは連携が可能ですが、Galaxyスマホと連携すればより多くの機能が使用できます。

「TIZEN STORE」を通じてさまざまな専用アプリで機能を追加できるのも魅力。サードパーティ製も含めて文字盤のデザインが豊富に用意されているのもポイントです。

用途に合わせた機能・性能をチェック

By: polar.com

ビジネスシーンで使う場合はデザインも重要ですが、通知やタスク、スケジュールなどの管理機能に特化したモデルがおすすめ。作業や予定に必要な時間を細かく管理できるので、限られた時間でも質の高い仕事が可能です。また、電子マネー決済機能を搭載していれば、打ち合わせなどで利用する店舗の支払いもスムーズに行えます。

スポーツシーンで使う場合は、アクティブトラッカーや防水機能を備えたモデルがおすすめ。大量の汗をかいたりプールを泳いだりしても気にせず使えるため、必要な運動データを常に記録が可能です。さらに、種目ごとに役立つデータを計測できる機能を搭載しているモデルを使えば、トレーニングの効率も向上できます。

スマートウォッチのおすすめブランド

アップル(Apple)

By: biccamera.com

Appleは米国カルフォルニア州のクパチーノに本社を構える1976年創業のデジタル機器メーカーです。MacやiPhone、iPadなど時代の節目ごとにアイコンとなる製品を開発して市場を開拓してきたことで有名。また、Apple Musicなどのサービス面でも高い評価を受けています。

Appleが発売するApple Watchは、スマートウォッチ市場でトップシェアを保有。iPhoneとの親和性が高く、サードパーティ製のアプリも充実しています。さらに、デザイン性も優れており、ケースの材質やバンドの種類を変えることで多彩なスタイルが選択できるのも魅力です。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンはスイス北部のシャフハウゼン州に本社を置く1989年創業のGPS機器メーカーです。高度なGPS技術を活用したカーナビなどのナビゲーション機器や、漁業や海上探査で使用するソナーなどを主に開発。一般向けにはスポーツやアウトドアに特化したウェアラブル機器を取り扱っています。

ガーミンのスマートウォッチは優れたセンサー機能とタフネス性能を有しているのが特徴。衝撃や浸水に強く、種目ごとに必要な運動データを記録できるのでスポーツ用途におすすめです。また、ソーラー充電に対応するモデルも発売されているため、登山などのアウトドアシーンでも重宝します。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京の港区に本社を構える1946年創業の総合電気機器メーカーです。テレビや音楽プレーヤーなどのAV機器を主に開発していましたが、最近はフルサイズミラーレスなどのカメラ事業でも躍進。日本メーカーならではの品質の高さは海外でも高く評価されています。

ソニーが発売するwenaはバンド側にスマート機能が搭載されているのが特徴。一般的な機械式の腕時計にも装着できるので、お気に入りの時計をスマートウォッチ化して使いたい方にもおすすめです。

iPhoneユーザー向けスマートウォッチのおすすめモデル

アップル(Apple) スマートウォッチ Apple Watch Series 3

Apple第3世代のスマートウォッチです。iPhoneとの親和性が極めて高く、連携することで通知管理や通話操作、音楽再生など多彩な機能が利用可能。また、高精度な光学式心拍センサーやGPSも搭載しており、運動や睡眠などの健康管理にも活躍します。

水深50mまでの潜水に耐える防水性能を備えているので、水泳やダイビングでも使用が可能。ベルトの交換にも対応しており、さまざまな材質やデザインのモノと組み合わせて多彩なスタイルを楽しめるのも魅力です。

アップル(Apple) スマートウォッチ Apple Watch SE

コスパに優れたApple第6世代のスマートウォッチです。Series 3よりも30%大きなディスプレイを搭載。画面サイズを最大限活用できるため、多くの情報を表示できます。さらに、最大2倍高速な64ビット仕様のチップを内蔵しているのも特徴のひとつ。画面やアプリの切り替えがストレスなくスムーズに行えます。

街歩きやハイキングで役立つコンパス機能にも対応。また、Series 3に搭載されていた緊急SOSに加えて、転倒検出・騒音通知・海外における緊急通報などの機能も搭載されているので、外出中や旅行中にトラブルに遭遇した際にも重宝します。

アップル(Apple) スマートウォッチ Apple Watch Series 6

最新機能を贅沢に盛り込んだApple第6世代のフラッグシップスマートウォッチです。文字盤の常時表示が可能な大画面ディスプレイを搭載しているのが特徴。文字盤を顔側に傾けなくても表示が可能なため、より便利にApple Watchを活用できます。

血中酸素の濃度を計測できるセンサーを搭載しているのもポイント。体がどれだけ酸素を取り込んで体内に供給しているかを知ることで、全身の健康状態をより詳しく把握できます。健康管理に強い関心のある方にもおすすめです。

Cellularモデルを選べば、近くにiPhoneがなくても単体で通話や電子決済などの機能が使用可能。使い勝手に優れたモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Androidユーザー向けスマートウォッチのおすすめモデル|ビジネス

ソニー(SONY) スマートウォッチ wena 3 metal

ステンレスボディに精緻なヘアラインが施された、メタル製のスマートウォッチです。腕時計のバックル部分にスマート機能が搭載されているのが特徴。お気に入りの腕時計に装着してスマートウォッチ化できるので、ビジネスシーンでもスタイリッシュに運用できます。

有機ELディスプレイには着信やメール、LINE、スケジュールなど通知の表示が可能。また、各種機能の呼び出しにも対応しています。Suicaや楽天Edyなどおサイフケータイでお馴染みの電子マネーによる決済が可能なのもポイントです。

加速度センサーとデュアル光学式心拍センサーを搭載しており、歩数や心拍数、睡眠、ストレス度合いなどの計測も可能。さらに、Amazon Alexaによる音声操作にも対応しています。

ソニー(SONY) スマートウォッチ wena 3 leather

バックルで着脱が簡単にできるレザーバンド型のスマートウォッチです。熟練の職人が鞣した上質な本革を採用。腕時計の本体部分を装着して使用できるのはもちろん、バンド単体で使えばおしゃれなレザーブレスレットとしても活用できます。

スマートウォッチとしての機能は兄弟モデルのwena 3 metalと共通。加速度センサーとデュアル光学式心拍センサーも搭載しているので、運動時に限らず日常の健康管理にも活躍します。

音声アシスタントのAmazon Alexaを内蔵しているのもポイント。ボタンを押して話しかけるだけで、会計時の割り勘計算や天気予報の詳細情報なども音声で答えます。さらに、自宅の家電をスマートスピーカーのAmazon Echoと連携しておけば、外出先からの操作も可能です。

サムスン(SAMSUNG) スマートウォッチ Galaxy Watch Active2

Galaxyスマホユーザーにおすすめのおしゃれで高機能なスマートウォッチです。ステンレス製の高級感あふれるボディにタッチベゼルを採用することで、画面サイズを最大化。必要な情報が前モデルよりも見やすくなり、操作もより直感的に行えます。

通知管理や音楽再生はもちろん、各種センサーによる心拍数やストレスレベルの計測にも対応。また、スマホのカメラで着ている服装を撮影すると、マッチする文字盤のデザインを自動で作成するので、ビジネスからカジュアルまで多彩なシーンで活躍します。

IP68の防塵防水性能と水深5mの潜水に対応。さらに、ランニングや水泳、ワークアウトなどスポーツ7種目の活動量の記録もできます。

フォッシル(FOSSIL) スマートウォッチ HYBRID HR

長期間の駆動時間を実現したハイブリッドタイプのスマートウォッチです。機械式腕時計の文字盤にディスプレイを組み込んだデザインが特徴。高級時計のようなおしゃれなスタイルを採用しているので、ビジネスシーンでもスマートさを演出できます。

ディスプレイには電子書籍リーダーのKindleにも使われている電子ペーパー「E Ink」を採用。消費電力を最小に抑えて使用できるため、1度のフル充電で2週間以上も充電せずに使えます。

文字盤のデザインやボタンへの割り当て機能はカスタマイズが可能。メールや電話、SNSなど各種通知の内容をテキストで表示もできます。さらに、心拍数の計測が可能なセンサーを搭載しているのもポイントです。

スカーゲン(SKAGEN) スマートウォッチ FALSTER 3

おしゃれなデザインが魅力のスマートウォッチです。北欧デザインを体現したミニマルな機能美を持つ人気シリーズが2020年モデルとしてアップデート。最新のWear OS by Googleを搭載したことで機能性もさらに向上しています。

スピーカーを内蔵しているのが特徴。口を腕元に近づけるだけでGoogleアシスタントによる音声操作やスマホ連動による通話応答などが可能です。また、水深3mまでの潜水に耐える防水性能も備えているので、シャワーや水泳の最中にも装着できます。

バッテリーを長持ちさせるダイヤル設計の採用によって、1回の充電で最長24時間の使用が可能なのもポイント。ベルトは交換が可能なため、シーンに合わせてスタイルを変えられます。

Androidユーザー向けスマートウォッチのおすすめモデル|スポーツ

ガーミン(GARMIN) スマートウォッチ ForeAthlete 745

ランニング特化型のスマートウォッチです。ランナーから定番として愛用されているシリーズの最新モデル。高性能なアクティブトラッカーや支援機能によって質の高いランニングを実現します。

各種センサーによって移動ルートや心拍数、VO2 Max(最大酸素摂取量)などの高精度な計測が可能。現在のトレーニング負荷や体調に基づいて最適化したワークアウトを提案します。別売のアクセサリと連携すれば、ランニングフォームの分析も可能です。

水泳やサイクリングを含むトライアスロン競技にも対応。また、音楽再生に加えてGarmin PayやSuicaによるキャッシュレス決済も使えるので、ランニング中にコンビニで買い物をするときなどにも重宝します。

ガーミン(GARMIN) スマートウォッチ VENU

充実したスポーツライフが満喫できるスマートウォッチです。有機ELを活用した長寿命のAMOLEDディスプレイを搭載。鮮やかな色彩と滑らかな動きを実現しています。また、1回のフル充電で最長5日間使用できるので、充電の手間を抑えられるのもポイントです。

ランニングや水泳、サイクリング、ヨガなど20種目のエキササイズモードを搭載。ディスプレイにはコーチとして使える12種類の動画ガイドを表示できるのも魅力です。各種計測機能も充実しており、心拍数や睡眠、水分摂取量などのトラッキングもできます。

本体には音楽を約500曲保存できるため、Bluetoothイヤホンを使えば音楽を聴きながらの運動も可能。さらに、通知機能や非接触決済のGarmin Payにも対応しています。

ガーミン(GARMIN) スマートウォッチ Instinct Dual Power

バッテリー残量を気にせず使えるアウトドア特化型のスマートウォッチです。最長54日間の駆動を実現する大容量バッテリーを内蔵。ソーラー充電機能も備えているので、登山やキャンプなど充電手段が乏しい環境でも存分にスマート機能が活用できます。

4種類の衛星測位システムに対応している高精度なGPSナビゲーション機能も搭載。さらに、心拍数・方位・標高の計測もできるほか、「TracBack機能」を使えば帰りも迷うことなくスタート地点に戻れるため、登山初心者の方にもおすすめです。

スマホと連携すればメールや着信などの通知管理機能も使用が可能。また、タイドグラフの表示も可能なので、サーフィンなどのマリンスポーツでも活躍できます。

オッポ(OPPO) スマートウォッチ OPPO Watch

コスパに優れたスポーツ仕様のスマートウォッチです。低価格ながら日々の運動をサポートする「Google Fit」に対応。気分転換として5分間の運動プログラムを選べば適度な運動を生活習慣に取り入れられます。また、効率の良い走り方を助言するランニングアシスタント機能を搭載しているのもポイントです。

各種センサーによって心拍数や睡眠なども計測できるので健康管理にも便利。GPSセンサーも搭載しているため、ランニングルートの復習などにも活用できます。水深30mまでの防水性能を備えているので、スポーツシーンにも便利です。

ポラール(POLAR) スマートウォッチ IGNITE

無理のない効率的なトレーニング生活を実現するスマートウォッチです。本製品では運動の質から睡眠による回復まで、時計1つで高度に管理できるのが特徴。効果的なトレーニングを積み重ねられます。

睡眠時の回復に焦点を当てた新開発の睡眠分析機能「Sleep Plus Stages」を搭載しているのがポイント。睡眠中の体の動きや心拍数をもとに回復状況を分析し、前日の回復度やその日の体調に適したトレーニングプランを提案します。

高性能な心拍センサーをはじめ、GPSやアクティブトラッカーなどの機能が充実しているのも魅力。各種センサー使用時でも最長17時間の駆動が可能なのも魅力です。

スマートウォッチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スマートウォッチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。