最近注目されている腕時計型のウェアラブル端末「スマートウォッチ」。スマホと連携することで、日々の生活をより便利に過ごせるさまざまな機能が活用できるため、生活に欠かせないデバイスになりつつあります。

そこで今回は、おすすめのスマートウォッチをピックアップ。ビジネス向けのモノやスポーツ向けのモノに分けて多彩な人気モデルをご紹介するので、ぜひスマートウォッチ選びの参考にしてみてください。

スマートウォッチとは?

By: amazon.co.jp

スマートウォッチとは、腕に身に着けて使用する腕時計型のウェアラブル端末のことです。スマホと同じようにタッチディスプレイを搭載しているのが特徴。スマホと連携することでさまざまな便利機能が利用できるようになります。

通常の腕時計と同じように手元で時間を確認できるのはもちろん、電子マネー決済やスマホの通知管理、健康管理、活動量計などができるモデルもあります。また、一部のモデルではスマホなしでも単体で音声通話が行えるのも特徴です。

スマホと同じようにアプリを追加することで機能を向上できる機種が多いのも魅力。日々の生活より充実させるデバイスとして人気がさらに上昇しています。

スマートウォッチでできること

電子マネー決済

By: wena.jp

スマートウォッチのなかには、電子マネー決済を利用できるモノもあります。事前に連携しているスマホ側で設定を済ませておけば、店舗やコンビニでは手首に装着したスマートウォッチをレジ横のリーダーにかざすだけで支払い可能です。

決済の度にスマホをポケットやバッグから取り出す必要がないので、スマートに支払いを完了できるのが魅力。また、電子マネーだけではなく、Apple PayなどのモバイルウォレットやPayPayなどのQRコード決済が利用できるモデルもあります。

スマホの通知管理

スマホに届いた通知の管理ができるモデルが多いのもスマートウォッチの特徴。着信・メール・LINEなどからの通知がスマホに届くと、連携したスマートウォッチの画面に表示されるので、手元で時間を見るのと同じ感覚で通知を手軽に確認できます。

ポケットやバッグの中にスマホを入れたままの状態でも通知を見られるのがポイント。スマホ単体を使用する場合と違って、作業中や会議中などスマホを取り出すのが難しい状況でも重要な通知を確認可能です。

スマートウォッチに通知を表示させるアプリや表示させる範囲はスマホ側でカスタマイズも可能。通知元を必要最小限に限定することで不要な通知が表示されるのを防げます。

心拍数の計測

By: garmin.co.jp

心拍数の計測が行えるモデルが発売されているのもスマートウォッチの特徴。対応モデルでは本体の裏側に高精度な心拍計が搭載されています。日中の活動時はもちろん、スポーツに打ち込んでいる最中や夜の就寝中でも、スマートウォッチを装着している間は継続して心拍数の計測が可能です。

計測した心拍数はスマホの専用アプリでリアルタイムで記録できるのもポイント。スポーツのトレーニングで運動強度を算出する場合などに活用できるほか、異常心拍など体調悪化の兆候が見られた場合にも気が付きやすくなります。日々の健康管理をしっかりと行いたい方におすすめです。

アクティブトラッカー

By: suunto.com

アクティブトラッカー(活動量計)として活用できるモデルがあるのもスマートウォッチの特徴。GPS・歩数計・高度計・速度計などのセンサーを内蔵しているため、トレーニング中でも移動ルート・歩数・移動距離・ラップタイムなどの計測が行えます。スマートウォッチを日々のトレーニングに活用したい方におすすめです。

さまざまな種目のスポーツで活用できるのもポイント。ウォーキング・ランニング・サイクリング・水泳などトレーニングを行うスポーツの種目を選ぶだけで、各種目で重要な活動項目を自動で計測できるモデルもあります。

睡眠のモニタリングが可能な機種があるのも魅力。装着中は睡眠時間や眠りの深さなども記録できるため、トレーニングには欠かせない休息時の体調管理にも役立ちます。

活動量計について詳しく知りたい方はこちら

スマートウォッチの選び方

スマホに合わせてOSをチェック

iPhoneに最適な「Watch OS」

By: apple.com

「Watch OS」とは、アップルがApple Watchのために設計した専用OSのことで、iPhoneとの高い親和性を持っているのが特徴。iPadやAndroidスマホとは連携できませんが、iPhoneとは簡単な初期設定を行うだけで多彩な便利機能が利用できます。

Watch OSを搭載したApple Watchでは、iMessage・メール・リマインダーなどのアップル純正アプリがiPhoneとシームレスで使用可能。また、クレジットカードを暗号化して安全に決済できる「Apple Pay」が使えるのも魅力です。

Watch OSには、多彩な文字盤のデザインやサードパーティ製アプリが提供されているのもポイント。さらに、CellularモデルではApple Watch単体で通話が行えるほか、上位モデルでは心電図の確認にも対応します。

Androidスマホにおすすめの「wear OS」

By: amazon.co.jp

「wear OS」とは、Android OSの開発元であるグーグルが手掛けたスマートウォッチ用OSのことで、Androidスマホと高い親和性を持っているのが特徴。iPhoneでも連携は可能ですが機能制限があるため、Androidスマホと連携して使うのがおすすめです。

wear OSを搭載したスマートウォッチでは、メッセージ・Gメール・Googleマップなどグーグル純正アプリをスムーズに使用可能。日常的にグーグルのサービスを愛用している方に適しています。

対応するサードパーティ製アプリの数はApple Watchほど多くはありませんが、さまざまなデザインのモデルが各メーカーから発売されているのも魅力。ライフスタイルや用途に合わせて自分に適したモデルを選べます。

Galaxyシリーズのスマホなら「Tizen」

By: galaxymobile.jp

「Tizen」とは、サムスンがGalaxyウォッチのために設計したスマートウォッチ用OSのことで、Galaxyスマホと高い親和性を持っているのが特徴。iPhoneやほかのAndroidスマホとも接続できますが、Galaxyスマホと連携することで全ての機能が使えます。

Galaxyウォッチはコスパの高さから海外ではApple Watchに次ぐ人気を持っているのもポイント。対応アプリの数はあまり多くなく、電子マネー決済にも非対応ですが、スマートウォッチでできるその他のことは一通り行えます。

文字盤のデザインも豊富に提供されているのでTPOに合わせたカスタマイズも可能。将来的にはIoT家電との連携も期待されています。

用途に合わせた機能・性能をチェック

スポーツ用なら「防水・防塵性能」をチェックしよう

By: galaxymobile.jp

主にスポーツで使用する場合は防水・防塵性能を備えたモデルがおすすめ。ハードな使い方をしても水やチリが内部に侵入するリスクを抑えられるが特徴です。

防水性能は、「50m防水」や「IPX8」などの表記で表示されます。IPコードを用いた表示では1〜8までのランクがあり、数字が大きくなるほど防水性能も高くなります。スポーツ用途では最低でもIPX5以上、水泳で使う場合は最高等級のIPX8に対応するモノを選びましょう。

防塵性能の表示にもIPコードは使用。「IP6X」のように表記され、1〜6までのランクがあります。スポーツ用途ではなるべくIPX6に近いモデルを選ぶのがおすすめです。

「GPS機能」付きならランニングやウォーキングの経路記録も

By: suunto.com

ランニングやウォーキングでスマートウォッチを使用する場合は、GPS機能が搭載されていると便利。移動中でも緯度・経度・方角などの位置情報をリアルタイムで記録できるほか、移動した経路も地図アプリ上で表示できます。以前に走破したルートを振り返る場合や、次回挑戦するルートを計画する場合などにもおすすめです。

GPS機能はランニングやウォーキングなどのトレーニング以外にも活用可能。事前にスマホで目的地を設定しておけば、進むべき方向や目的地までの距離をスマートウォッチの画面に矢印で表示でき、音声による道案内も可能です。普段の街歩きで道に迷いやすくて困っている方にも重宝します。

ビジネス用はデザインにも注目

By: sony.jp

主にビジネスシーンで使用する場合は、スマートウォッチのデザインに注目。文字盤のデザインがデジタル表示だと相手にカジュアルな印象を与えてしまうため、オフィスや営業先で使用する場合にはあまり適しません。アナログ表示の文字盤を採用するモデルか、アナログ表示にカスタマイズできるモデルを選ぶのがおすすめです。

フレームなど外観のデザインも重要。アウトドアウォッチのようにゴツゴツしたモノだと周囲から浮いてしまうため、スーツやジャケットに合うようにできるだけシンプルなデザインを採用するモデルを選びましょう。なお、バンドは金属製やレザー製のモノを選ぶとビジネスシーンでも違和感なく調和してスマートさを演出できます。

コンパクトなリストバンド型も人気

By: amazon.co.jp

スマートウォッチをできるだけコンパクトに使いたい方には、リストバンド型のモデルが人気です。ディスプレイの幅がバンドの幅に収まるように設計されているのが特徴。肌に触れる面積が少ない分、動きの激しいシーンでも邪魔になりにくいので、スポーツのトレーニングで使用する場合にも軽快に扱えます。

リストバンド型のスマートウォッチのなかには、アクティブトラッカーの機能が充実しているモデルが多いのもポイント。心拍数・歩数・睡眠時間などの計測ができるほか、優れた防水・防塵性能を備え、スポーツ種目ごとに活動量の確認も行えます。スポーツのトレーニングなどでスマートウォッチを活用したい方にもおすすめです。

スマートウォッチのおすすめブランド

アップル(Apple)

By: apple.com

アップルはアメリカのカルフォルニア州に本社を構える1976年創業の電気機器メーカーです。2015年に健康管理をサポートするデバイスとして初代Apple Watchを発売。以降はスマートウォッチ市場のリーディングカンパニーとして事業を展開しています。

Apple WatchはiPhoneなどのアップル製品と優れた連携性能を持っているのが特徴。各アプリのデータ同期はもちろん、Apple Payなどのキャッシュレス決済もスムーズに行えます。

最新の上位モデルでは心電図の表示にも対応。最近ではApple Watchと連携することで、マスクを装着したままでもiPhoneのFace IDがロック解除できるようになったことでも話題になっています。

ガーミン(GARMIN)

By: garmin.co.jp

ガーミンはスイスに本社を置く1989年創業のGPS機器メーカーです。高度なGPSシステムを活用したアウトドア機器・カーナビ・魚群探知機のほか、アクションカメラなども製造。GPS機器としての信頼性の高さはスマートウォッチでも定評があります。

ガーミンのスマートウォッチはスポーツやアウトドアに特化したモデルが多いのが特徴。高精度なGPSと優れた防水・防塵性能はランニングやサイクリングなどのスポーツで重宝します。

一部のアウトドアモデルは太陽光充電にも対応するので登山やキャンプなどでも活躍。Suicaなどを連携して使える独自の非接触決済システム「Garmin Pay」が利用できるのも魅力です。

ソニー(SONY)

By: wena.jp

ソニーは東京の港区に本社を構える1946年創業の電気機器メーカーです。スマホ・デジタルカメラ・オーディオ機器・家庭用ゲーム機など多彩な分野で製品を開発。日本製ならではの品質の高さは海外でも強く支持されています。

ソニーのスマートウォッチ「wena」はバックル部分にスマート機能を集約しているのが特徴。通知管理・電子マネー決済・歩数メーターなどの機能は腕時計のヘッド部分を交換しても使えるので、お気に入りのアナログ腕時計と組み合わせて使用も可能です。

ヘッド部分の脱着が簡単にできるのもポイント。バックルの素材はラバー・レザー・メタルの3種類から選べます。

Apple Watchのおすすめモデル

アップル(Apple) Apple Watch Series 3

低価格で入手できるエントリーモデルのApple Watchです。2017年発売の第3世代モデルで、手頃な価格でApple Watchの魅力に触れられるのが特徴。スマートウォッチを試しに使ってみたいiPhoneユーザーの方におすすめです。

心拍数計測やフィットネス記録など、スマートウォッチとしての基本的な機能が充実しているのもポイント。また、AirPodsと連携した音楽再生や、Suicaやクレジットカードが安全に使える非接触型決済「Apple Pay」も利用できます。

50m防水に対応するので水泳での使用が可能なのも特徴。サードパーティ製アプリや文字盤デザインも豊富に用意されているので、初めてスマートウォッチを使う方でも自分好みのカスタマイズが楽しめます。

アップル(Apple) Apple Watch SE

優れたコスパで人気のあるミドルクラスモデルのApple Watch。動作も快速なので、積極的にスマートウォッチを活用したい方にもおすすめです。

大型ディスプレイの搭載によって各種通知やアプリの操作が快適に行えるのも特徴。また、Apple Watch単体で動くコンパスを内蔵しているので、マップアプリの道案内機能や天体観測アプリの星座早見機能などもより便利に利用できます。

「インフォグラフィック」などSeries 4以降のモデルで有効な人気の文字盤デザインが利用できるのもポイント。さらに、CellularモデルではiPhoneが近くにない状況でも単体で音声通話が利用できます。

アップル(Apple) Apple Watch Series 6

先進の機能を盛り込んだハイエンドモデルのApple Watchです。常時表示に対応する大型ディスプレイを採用。下位モデルと違って手首を顔側に傾けなくても画面の確認が可能なので、よりアナログ式腕時計に近い感覚で使用できます。

血中酸素濃度の計測や心電図の表示に対応したのも特徴。医療での使用や医師との相談を目的としたものではありませんが、日々の健康管理に活用できる情報をより多く入手可能です。

スマートウォッチのおすすめモデル|ビジネス向け

ガーミン(GARMIN) スマートウォッチ vivomove Luxe

優れた機能性を備えたハイブリッド型のスマートウォッチです。本物の時計針が付いたアナログウォッチと、必要なときだけ表示できるタッチディスプレイを組み合わせたデザインを採用。フォーマルな場でも違和感なく使えるのでビジネスシーンにもおすすめです。

充実した健康管理機能もポイント。光学式心拍計を搭載し、ストレスレベル・水分補給量・血中酸素濃度などの計測も可能です。

大容量バッテリーの搭載も特徴。スマートモードで最長4日間、時間表示のみの時計モードで最長11日間使えます。スタイリッシュなミラネーゼバンドが付属するのも魅力です。

ガーミン(GARMIN) スマートウォッチ vivomove Style

シックなデザインが人気のあるハイブリッド型のスマートウォッチです。本物の時計針と任意表示が可能なタッチディスプレイを搭載。ビジネスシーンでもエレガントさを演出できます。

着信・メール・カレンダーなどの通知を画面に表示できるので、スマホをバッグから取り出すのが難しいシーンでも便利。また、Suicaにも対応する非接触型決済「Garmin Pay」も使えるので、コンビニなどでの買い物にも重宝します。

「コネクテッドGPS」機能を搭載するため、ウォーキングやランニングで歩数や運動時間に加えて経路の記録が可能なのもポイント。心拍数の計測や生理周期のトラッキングなどにも対応します。

サムスン(Samsung) スマートウォッチ Galaxy Watch3 45mm チタン

優れた耐久性と使いやすい操作性を備えたスマートウォッチです。フレームに軽量ながら堅牢性の高いチタンを採用。米国軍用基準の耐久性を持ち、IP68および50m防水にも対応するので、過酷な気候の外国でのハードなビジネス用途にもおすすめです。

タッチディスプレイと回転ベゼルを併用した独特の操作性もポイント。初めてスマートウォッチを使う方でもスマホ感覚で直感的に操作できます。

心拍数・血中酸素濃度・睡眠時間などを計測できる健康管理機能も充実。120種類以上の自宅トレーニングプログラムも搭載されているので、好きなときに質の高いエクササイズが楽しめます。

ウィジングズ(Withings) スマートウォッチ Steel HR HWA03-40

フランス生まれのスタイリッシュなハイブリッド型スマートウォッチです。本物の時計針と、文字盤の上部に各種表示が可能な小窓ディスプレイを採用。シンプルで洗練されたデザインなので、オンオフ関係なく幅広いシーンで活躍します。

省エネ設計によって長時間のバッテリー駆動を実現しているのもポイント。最長で25日間の連続駆動が可能なので、トレーニング中でもバッテリーを気にせず使えます。

また、50m防水やGPS機能に対応するのも特徴。運動を検知すると30種目のなかから最適なモードを自動で選択できるので、記録を忘れることなく日課のトレーニングに打ち込めます。高精度な睡眠モニタリングが可能なのも魅力です。

ソニー(SONY) スマートウォッチバックル wena 3 metal

バックル部分にスマート機能を集約したおしゃれなスマートウォッチです。ヘッド部分は18〜24mmのラグ幅に対応するモノなら自由に交換が可能。お気に入りのアナログ式腕時計をスマートウォッチとして活用したい方にもおすすめです。

素材には精緻なヘアラインが施されたステンレススティール「SUS316L」を採用。つや消しによって高級感が醸し出されているので、ビジネスシーンでもスマートさを演出できます。50m防水と90cm落下耐性など耐久面で優れているのもポイントです。

手首側の有機ELディスプレイではLINE・メール・電話などの通知表示が可能。また、Suicaや楽天Edyなどの電子マネー決済が利用できるほか、歩数や消費カロリーの計測なども行えます。

スマートウォッチのおすすめモデル|スポーツ向け

ガーミン(GARMIN) GPSランニングウォッチ ForeAthlete 745

ランナーやトライアスリートのために開発されたスマートウォッチです。4種類の衛星システムに対応し、GPS単体よりも高精度なナビゲーションが可能。心拍数・血中酸素濃度・最大酸素摂取量なども測定できるので、詳細なトレーニング統計を取る際にも重宝します。

ランニング・バイク・水泳・トライアスロンなどのアクティビティプロファイルがプリロードされているのもポイント。負荷や休息も考慮しつつ、目標達成のために最適なトレーニングをスマートウォッチが提案します。

50m防水に対応しており、水中での使用にもおすすめ。また、本体内には最大500曲の音楽を保存できるほか、Suicaにも対応する非接触型決済「Garmin Pay」も利用できます。

ガーミン(GARMIN) タフネスアウトドアGPSウォッチ Instinct Dual Power

アウトドア向けの機能が充実した高耐久モデルのスマートウォッチです。ソーラー充電機能「Dual Power」に対応するのが特徴。山間部や海上など充電ができない環境でも安定した駆動が可能なので、登山やサーフィンなどにもおすすめです。

アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」に準拠した設計が採用されており、優れた堅牢性を持つのもポイント。さらに、100m防水にも対応するので、あらゆる種目のマリンスポーツでも活躍できます。

GPSを含む4種類の衛星システムから位置情報を受け取れるのも特徴。バッテリーはスマートウォッチモードで最長24日間、GPSと光学心拍計を有効にすると最長30時間駆動しますが、ソーラー充電と組み合わせるとより長時間の駆動が可能です。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI WATCH FIT

96種類のワークアウトモードを搭載したリストバンド型のスマートウォッチ。ランニングや水泳を含む「プロスポーツモード」では専門的な記録、ヨガなどのカスタムワークアウトモードでは心拍数やカロリー、ワークアウトの持続時間などを記録します。

さまざまなセンサーを搭載しているのも魅力。GPSや心拍アルゴリズムなど、リアルタイムでデータを取得してトレーニングをサポートします。専用アプリを使用すれば詳細なデータ分析結果とガイダンスの確認も可能。しっかりと記録を管理できて便利です。

さまざまなフィットネス動画を内蔵しているのもポイント。1.64インチの大画面で動作を確認しながら運動できるため、運動に不慣れな方も安心して使えます。本格的なトレーニングからちょっとした運動を始めたい方まで、幅広い用途におすすめのモデルです。

フィットビット(fitbit) フィットネストラッカー fitbit charge 4

人気モデルをより進化させたリストバンド型のスマートウォッチです。グーグルの傘下であるフィットネストラッカーのメーカーが開発。Androidスマホと高い親和性を持ち、日々の健康づくりやフィットネスをサポートする機能が充実しています。

GPSを内蔵しているのでランニングやハイキングなどで経路やペースを記録できるのも特徴。新機能「ワークアウトの強度マップ」ではマップでルート上の最も負荷のかかったエリアを把握できるので、トレーニングにおける課題が見つけやすくなります。

最長7日間の連続駆動が可能なので、24時間休まず心拍数や睡眠のモニタリングができるのもポイント。また、通知管理やクイック返信のほか、Suicaにも対応する非接触型決済「Fitbit Pay」の利用やSpotifyの操作も行えます。

シャオミ(Xiaomi) フィットネストラッカー Miスマートバンド5

優れたコスパで人気のあるリストバンド型のスマートウォッチです。低価格ながら日常の健康管理に役立つ機能が充実しているのが特徴。50m防水や14日間のバッテリー駆動にも対応するので、いつでも気軽にエクササイズが楽しめます。

心拍数や睡眠を24時間モニタリングできるのもポイント。異常心拍を検知した際に作動するアラート機能も備え、眠りの深さも計測できます。さらに、月経周期の追跡と記録も可能なので、手軽に管理したい女性の方にもおすすめです。

11種類のエクササイズを記録できる「プロスポーツモード」を搭載しているのも魅力。運動時間や回復時間、1分当たりのストローク数なども正確に記録できるので、効率的な筋トレやダイエットにも活用できます。

スント(SUUNTO) GPSスマートウォッチ SUUNTO 9 BARO

エクストリームスポーツにも対応できるGPSスマートウォッチです。5種類の衛星システムからの位置情報に気圧高度情報を組み合わせることで過酷な環境でも高精度な測地が可能。天候変化に関する警告も通知できるため、本格的な登山やトレイルランなどにおすすめです。

長時間バッテリーの搭載によってGPS追跡が有効の場合でも、最長120時間の駆動が可能なのもポイント。加えて、4種類のバッテリーモードが選択できるため、バッテリーの持久力が重要となる用途でもバッテリー残量やGPS精度を心配せず使えます。

100m防水と米国国防総省軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠した設計が採用されているのも特徴。極限環境にも対応できる優れた信頼性を持っています。

スマートウォッチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スマートウォッチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。