腕時計としてはもちろん、スマホと連動してアプリ操作やデータ管理が手軽に行える「スマートウォッチ」。最近はスポーツメーカーやファッションブランドのアイテムも登場しており、ファッショナブルな製品が増えてきています。

そこで今回はおすすめのスマートウォッチをご紹介。ディスプレイをタッチするタイプから一般的な腕時計と同じように使えるモデルまでピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

スマートウォッチとは?

pexels-photo-28222

スマートウォッチとは、身体に付けて持ち運ぶ、ウェアラブル端末と呼ばれる腕時計型端末のことです。時計としてはもちろん、スマートフォンと連携すれば、アプリの通知やメッセージ・電話の応対が可能。

また、スマートウォッチにSIMカードを入れることで、単体で電話やメールを送れるモデルも発売されています。

スマートウォッチのメリット

By: amazon.co.jp

スマートウォッチがあれば、LINEやTwitterの通知などを、手元で直ぐに確認できます。そのため、わざわざスマホをバッグやポケットから取り出す手間が不要です。スマートフォンのサポート端末として大活躍します。

ウェアラブル端末や活動量計と何が違うの?

By: amazon.co.jp

スマートウォッチはその多機能さが最大の特徴。ウェアラブル端末の一種としてスマートフォンと連携させて使用する点では、活動量計と共通しています。

しかし、活動量計が歩数・距離・消費カロリーなどの運動データの計測や、心拍数・睡眠記録などの健康補助機能に特化しているのに対して、スマートウォッチはそれ以外の機能も多数搭載。

たとえば、スマートフォンと連携してスケジュールやメールを管理したり、音楽を再生したり、電子決済やモバイルSuicaが利用できる機能などがあります。加えて、最近ではスマートフォンと連携することなくスマートウォッチ単体で通話ができるモノも存在します。

スマートウォッチは活動量計よりもできることの幅が広いため、単に健康管理に役立つだけでなく、ライフスタイルをより充実させてくれるアイテムです。

スマートウォッチでできることって何?

健康管理

1. 心拍数測定

By: amazon.co.jp

スマートウォッチは活動量計も兼ねるウェアラブル機器なので、ほとんどのモデルに心拍センサーが搭載されています。特に、トレーニング時は心拍数の管理が有効です。体脂肪を燃焼したい場合には最大心拍数の6〜7割、心肺を鍛えたい場合は最大心拍数の7〜8割を維持しつつトレーニングを行うのが理想とされています。スマートウォッチで心拍数を観察しながらトレーニングすれば、最大の効果を発揮できるのも魅力のひとつ。

また、消費カロリーの計算にも有効です。心拍数を運動量のデータと一緒に測定できれば、実際の消費カロリーをより正確に算出できるので、減量やダイエットにも利用できます。心拍数を常時検知できるので、体に起こる異変を素早く察知することも可能です。

2. 血圧測定

まだ数は少ないですが、スマートウォッチのなかには血圧測定が可能な機種も存在します。ディスプレイの裏側に測定センサーが搭載されており、スマートウォッチを装着してから数秒ほどで血圧値が表示されます。アプリと連動させれば、測定データの管理も可能です。

ただし、スマートウォッチは医療機器ではありません。ここで測る血圧値はあくまでも参考の一つとして利用してください。

電子決済

By: wena.jp

日本では「おサイフケータイ」が有名ですが、スマートウォッチではApple PayやGoogle Payなどが利用可能。あらかじめスマートフォンでクレジットカードを登録しておくことで、支払いの際に連携したスマートウォッチの画面をレジの受信機に近づけるだけで決済ができます。

ランニング中にコンビニに寄って飲み物を買う際も、カードや財布を持ち歩かなくても支払いができるので身軽で便利です。さらに、決済時は通常のカード決済と違って番号などのカード情報が相手方に表示されないので、ショッピングでも安全に決済できます。

Suica

By: apple.com

スマートウォッチのなかでも、モバイルSuicaが使えるモデルであれば交通機関の運賃支払いも楽々です。あらかじめ連携するスマートフォン側のSuicaアプリで、仮想Suicaを発行してクレジットカードを登録しておけば、1回のチャージごとに500円から1万円まで、必要な時にいつでもチャージができます。

改札ではスマートウォッチをかざすだけで簡単に通過できるので、ICカードのSuicaと同じ感覚で利用可能。また、コンビニやデパートなどSuica決済に対応した店舗でも支払いができるので便利です。

ただし、同一の仮想Suicaデータはスマートフォンかスマートウォッチのどちらか一方でしか保管できません。仮想Suica入りのスマートウォッチを自宅に忘れた場合、連携したスマートフォンでも仮想Suicaが使えないので注意が必要です。また、バッテリー切れの場合も同様に使用不可となるので気を付けましょう。

GPS

By: casio.com

スマートウォッチには、GPSを活用した道案内の機能も搭載されているモノもあります。地図アプリはスマートフォンでもお馴染みですが、自分が地図上のどこにいるのかわからなくなりがちです。しかし、スマートウォッチでは次に曲がるべき方向や距離を表示してくれるので、地図が苦手な方でも道に迷わず目的地に辿り着けます。

また、単なる道案内だけではなくGPSロガーとしても活用可能。ウォーキングやハイキングで移動した経路のログデータを記録し、連携したスマートフォンの地図アプリでそのルートを表示させることもできます。途中に立ち寄ったお店の場所を確認したり、移動したルートを参考に次回訪れる場所を決めるなど、旅行にも活用可能です。

タスク管理

By: apple.com

スケジュールを決めるのは簡単ですが、それを予定通り実行するのは誰にとっても難しいもの。しかし、そんな悩みもスマートウォッチを活用すれば解消可能です。

スマートウォッチのホーム画面では、現在実行中のタスクとその進捗状況が表示できます。常に今やるべきことを意識できるので、モチベーションの維持にも役立ちます。

電話・メール返信

By: apple.com

スマートウォッチは、LINEやメールで受信したメッセージを通知表示できますが、返信機能を備えたモデルもあります。あらかじめスマートフォン側のアプリで定型文を登録しておけば、メッセージの受信時にスマートウォッチの画面をタップするだけで登録した定型文を返信可能です。

また、SIMカードを介したデータ通信に対応した機種では、スマートフォンと連携させなくてもインターネットが利用できるほか、スマートウォッチ単体で電話に出ることも可能です。ワイヤレスイヤホンを使用すれば、手が離せない場面でも相手との通話が楽しめます。

スマートウォッチの選び方

スマートウォッチのOSの違い

1. Apple Watchの「watchOS」

By: apple.com

Apple Watch専用にAppleが開発したウェアラブルOS。Android端末との連携はできませんが、iPhoneなどのiOS端末と連携することで精度の高い運動・健康管理が行えます。

楽曲ストリーミングサービス「Apple Music」や音声アシスタント「Siri」などのApple独自のサービスとの連携も魅力です。

Siriが自分の好みに合わせた楽曲のプレイリストを作ってApple Watchに自動同期してくれるので、ワイヤレスイヤホンがあれば、ワークアウト中も音楽が楽しめます。スケジュールやアイデアを、音声でリマインダーに記録することも可能です。

watchOSの最大の魅力は利用できるアプリの数が多いこと。純正アプリ以外にも、睡眠を自動で追跡して最適な睡眠時間を計測するモノや、集中力を高めるモノ、時間ごとに行うべきタスクを通知するモノなど、さまざまな便利アプリがリリースされています。

2. Googleが開発した「Wear OS by Google」

By: wearos.google.com

以前はAndroid Wearという名称でしたが、対応デバイスの幅広さを強調するために、2018年3月よりWear OS by Googleと改名。Androidスマートフォンだけではなく、iPhoneとも連携して使用できるのが特徴となっています。

WearOSは、健康管理やスケジュール管理を始めとする基本的なアプリが充実しているので、スマートウォッチとしては十分なスペックです。また、GmailやGoogleカレンダー、GoogleアシスタントなどGoogleの独自サービスとの親和性も高いので、日常的にGoogleのサービスを利用している方には特に重宝します。

多彩なスタイルを楽しめるのもWear OS by Googleの特徴。Apple Watchと違って複数の企業が開発しているため、外装や文字盤のデザインもさまざまなモノが存在します。ファッションやフィットネスなど、自分のライフスタイルに合ったデザインが自由に選べるのもメリットです。

3. サムスンの「Tizen」

By: galaxymobile.jp

元々はiOS、Androidに続く「第三のモバイルOS」として開発されたOSですが、現在はサムスンが製造するスマートウォッチやスマートテレビなどのIoT家電に搭載されています。

Tizenを搭載したスマートウォッチは表示や操作のインターフェースが洗練されており使いやすいのが特徴。また、バッテリーが長持ちすることでも定評があります。

AndroidスマートフォンとiPhoneの両方と連携が可能。しかし、iPhoneとの接続時は「メール」の返信や「マップ」の表示、「ヘルスケア」、「iPhoneを探す」などのiOSの仕様に基づいた機能は使えません。また、AndroidスマートフォンでもGalaxy以外の機種では「SOS機能」などGalaxy専用の機能は使用不可なので注意が必要です。

デザイン性を重視する

By: amazon.co.jp

スマートウォッチは普段から身につけるモノで人目に触れることも多いため、自分が気に入ったデザインや色を選ぶのがおすすめです。バンド部分を好みのモノに交換できるモデルも発売されています。

なかには、有名ファッションブランドとのコラボアイテムなどもラインナップされているため、デザイン重視の方は好きなブランドのスマートウォッチがリリースされていないかチェックしてみてください。

用途に合わせてセンサー類をチェック

71pocswrspl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

スマートウォッチには、加速度センサーやGPSなど、さまざまなセンサーが付いています。GPSを内蔵しているモノは、ランニングなどのアクティブな使用におすすめです。わざわざスマートフォンを持っていかなくても、走る速度や移動距離をひと目で確認できます。

Bluetoothのバージョンも要確認

スマホとスマートウォッチとの通信には、Bluetoothが使われています。基本的には、スマートウォッチとスマートフォンは接続可能ですが、スマートフォンが古いモデルだと、最新のBluetoothの性能が発揮できない場合があります。古い型のスマートフォンを使っている方は、どのバージョンのBluetoothに対応しているか確認しましょう。

防水・防塵性能について

iphone-1067988_1920

防塵・防水性能の等級には「IP67」「IP58」といった表記が用いられ、これはIPコードと呼ばれます。日本では、日本工業規格(JIS)がIPコードを採用。国内の製品表記で使用されています。

たとえば、「IP7X」の場合、防塵の等級が7等級あるという意味です。「X」と付いている場合は、等級なしということを表しています。つまり、「IP7X」は、防塵性能はあるけれども、防水性能はないということです。その反対に、「IPX8」などと記載されている場合は、防塵等級はないけれど防水等級はあるということ。IP45などの場合は、防塵・防水両方とも対応していることを表しています。

等級によって対応している性能が違うため、しっかり確認しておきましょう。スマートウォッチの場合は防塵等級5以上、防水等級6以上あれば、雨でも気軽に使用できるのでおすすめです。

Androidユーザーにおすすめスマートウォッチ

ガーミン(GARMIN) Instinct

ガーミン(GARMIN) Instinct

ハードなアウトドアスポーツを楽しみたい方におすすめのスマートウォッチです。加速度センサーや温度計、心拍計などのセンサーを内蔵しているため、日々の運動量や心拍数はもちろん、多種多様なスポーツのトレーニングデータを記録できます。

3軸電子コンパスと気圧高度計を搭載しており、GPSだけでなくGLONASSなど複数の衛星測位システムに対応。電波が届きにくい環境でも精度の高い位置情報を取得できます。10ATMの防水性能を備えており、スイミングの記録測定も可能です。アメリカ国防総省のMIL規格に準拠した高い耐熱性と耐衝撃性を持つのもポイント。さまざまなアウトドアやアクティビティで安心して使えます。

AndroidとiPhoneの両方に対応しており、ペアリングしてスマホの通知を表示可能。また、アクティビティの記録データを「GarminConnect」のオンラインフィットネスコミュニティに自動でアップロードできるため、モチベーションの維持に効果的です。バッテリーの持続時間はGPSモードで最大14時間ですが、smartモードでは最大14日間と長く、状況に合わせて使い分けられます。耐久性に優れたハイスペックなスマートウォッチです。

ガーミン(GARMIN) vivoactive 3

ガーミン(GARMIN) vivoactive 3

ガーミンのなかでも人気が高く、日常生活とスポーツの両方で使えるおすすめのスマートウォッチです。「Garmin Pay」を利用したキャッシュレス決済に対応しており、ランニング帰りにコンビニやカフェへ立ち寄り気軽に買い物ができます。AndroidやiPhoneとペアリングし、通知を表示することも可能です。

豊富なセンサーを搭載しているのもメリット。GPSやみちびき、GLONASSに対応しているほか、心拍計や気圧高度計、コンパス、加速度センサー、温度計を備えています。さまざまなスポーツに対応しており、フィットネスやランニング、ゴルフ、スキー、サイクリングなどの運動データを測定できるのも魅力。多彩なデータの記録と分析を行えるので、トレーニングの向上に役立ちます。

測定したデータはペアリングしているスマホを通して「GarminConnect」に自動でアップロード可能。簡単にトレーニング記録の管理が行える上、他の利用者とコミュニティで交流することでモチベーションをアップできます。

5ATMの防水性能を持ち、スイミングの記録測定が行えるのもポイント。バッテリーの持続時間はGPSモードが最大11時間で、smartモードが最大7日間。幅広いシーンで万能に使えるおすすめのスマートウォッチです。

サムスン(Samsung) Galaxy Watch SM-R800

サムスン(Samsung) Galaxy Watch SM-R800NZSAXJP

多機能が魅力の人気スマートウォッチ。盤面にリアルウォッチのデザインを採用しており、幅広いファッションに馴染みやすいのが魅力です。OSは同社のTizenを採用しており、インターフェースがシンプルで使いやすいため、初めてスマートウォッチを使用する方にもおすすめ。センサー類も豊富で、GPSや加速度センサー、ジャイロセンサー、気圧計、心拍計、環境光センサーなどの機能を利用できます。

IP68の高い防水・防塵性能があり、軍用規格基準に準拠した優れた耐久性を持つのもメリット。スポーツやアウトドアにも安心して使えます。6種の運動のトラッキングや39種以上のアクティビティに対応しており、運動記録の管理にもおすすめです。

充電は付属のワイヤレス充電ドックで手軽に行えます。Bluetoothのバージョンは4.2で、AndroidとiPhoneの両方に対応可能です。連携してタスク管理も行えます。また、「Always On Display」機能では、ボタン操作などをせず常に時間を表示できるのもポイント。一般的な腕時計のように服装へ溶け込む、高性能なおすすめスマートウォッチです。

カシオ(CASIO) Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30

カシオ(CASIO) Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30

アウトドアにおすすめのハイスペックなスマートウォッチです。多彩なセンサーを搭載しているのが魅力で、GPSやGLONASS、みちびき、圧力計、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位計を利用できます。本格的なスポーツやアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

トレッキングやスノースポーツ、ゴルフ、ランニング、フィットネスといった豊富なアクティビティに対応しており、それぞれに必要な時刻や気圧、速度などのデータを表示可能。ディスプレイにはカラー有機ELを採用しているため、さまざまなデータやマップを鮮やかなカラー表示で確認できます。

GoogleマップやMapboxに対応し、バリエーション豊かなマップ機能を利用できるのもポイント。オフラインでも事前にマップをダウンロードしておくことで現在地を確認でき、ハードな登山にも役立ちます。移動の軌跡も記録できるので、旅や登山などの記録を手軽に行いたい方にもおすすめです。

5気圧防水や米軍の物資調達規格「MIL STANDARD」に準拠した設計で、タフなアウトドアでも安心して使用できます。充電がわずか3時間の短時間で完了するのもメリット。バッテリーの持続時間は通常約1.5日ですが、モノクロ表示のマルチタイムピースモードを利用すると約1カ月使えます。スマートウォッチをスポーツやアウトドアでハードに活用したい方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Band 3 Pro

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Band 3 Pro

すっきりとしたシンプルなフォルムのスマートウォッチです。人間工学に基づいた柔らかなシリコンバンドを採用しているため、快適に身につけられます。ディスプレイに有機ELカラータッチスクリーンを採用しているため、鮮やかなカラー表示でさまざまなデータを簡単にチェック可能です。

24時間測定できる心拍計を内蔵しているのもメリット。AIの制御により常時心拍数を記録でき、健康管理に役立ちます。ハーバード大学と協力開発した睡眠モニタリング機能も搭載。詳細な睡眠データの測定と分析を行えるので、睡眠のクオリティを向上させたい方にもおすすめです。

他には、加速度センサーやジャイロセンサー、GPS、赤外線などの豊富なセンサーを内蔵。多様なライフログや、ランニング、サイクリング、ウォーキングといったスポーツのデータを測定できます。5ATMの防水性能を備えており、スイミングにも利用可能です。

AndroidやiPhoneと連携してスマホを探したり、通知を表示したりと便利に使えるのもポイント。スマホで写真を撮る際に、本機でシャッター操作を行うことも可能です。バッテリーはGPS使用時で約7時間ですが、通常使用では約10日と長時間使用できます。リーズナブルでありながらGPSと心拍計を搭載した、コストパフォーマンスのよいおすすめ製品です。

エイスース(ASUS) ZenWatch 3 WI503Q

エイスース(ASUS) ZenWatch 3 WI503Q

ラグジュアリーなデザインのスマートウォッチです。ベルトに本革イタリアンレザーを採用しているため、上品な質感で心地よく装着できます。盤面は50以上のデザインから好みに合わせて選択可能。通常の腕時計として使えるデザインなので、ビジネスにもおすすめです。

OSにはWear OS by Googleを採用しており、スマホと連携して通知を瞬時に確認できます。センサー類は加速度センサーやジャイロセンサー、光センサーなどを搭載。ウォーキングやランニング、腕立て伏せ、腹筋運動などのトレーニングデータを正確に記録可能です。

「ASUS ZenFit」アプリをスマホにインストールすると運動データを簡単に管理できるため、運動のモチベーション維持にもおすすめ。IP67の防水・防塵性能を備えているのもメリットです。雨や洗面所の水飛沫にも安心して使用できます。

急速充電に対応しており、わずか15分で約60%の充電が完了するのも魅力です。なお、Bluetoothは4.1のバージョンを対応しています。さまざまなファッションに馴染みやすいデザインのおすすめモデルです。

iPhoneユーザーにおすすめスマートウォッチ

アップル(Apple) Apple Watch Series 4 GPSモデル

アップル(Apple) Apple Watch Series 4 44mm GPSモデル

iPhoneと連携して便利に使えるスマートウォッチです。Appleならではのスタイリッシュなデザインと使い勝手のよさが魅力。高速データ処理が可能な第4世代のCPUを搭載しており、より素早くアプリを操作できます。

「Apple Music」や「Apple Podcast」といった独自のストリーミングサービスを利用できるのもポイント。豊富な音楽や音声を手軽に操作でき、ワイヤレスイヤホンで楽しめます。iPhoneの通知表示やメッセージの送受信も可能です。

クレジットカード情報を登録すると「Apple Pay」によるキャッシュレス決済も行えます。Suicaも使えるので、わざわざ財布を取り出さずにコンビニでのキャッシュレス決済や交通機関への乗車ができて便利です。

多彩なセンサーを搭載しており、加速度センサーやジャイロスコープ、GPS、GLONASS、Galileo、気圧高度計などの機能に対応しています。また、50mの防水性能を備えているため、スイミングにも使用可能です。高精度な心拍計を内蔵しているのもメリット。心拍数が通常と異なる場合、アラートが表示されるので重い症状の兆候をいち早く察知できます。

心拍数やフィットネスなどのデータはiPhoneで簡単に管理でき、生活習慣の改善に効果的です。Bluetoothのバージョンは5.0で、バッテリーは最大18時間持続します。ハイスペックで幅広いシーンに役立つ人気製品です。

アップル(Apple) Apple Watch Series 4 GPS+Cellularモデル

アップル(Apple) Apple Watch Series 4 44mm GPS+Cellularモデル

Apple WatchのCellularモデルです。単体でモバイル通信を行えるため、近くに親機となるiPhoneがない場合でも使用できるアプリの種類が増えます。メールやSNSの送受信、電話、ストリーミングサービスなどを利用できるので、本機のみで身軽に外出したい方におすすめです。

特に、ランニングなどのスポーツを行いたい方は、音楽のストリーミング再生などを楽しみながらトレーニングできて便利。ただし、モバイル通信の利用には毎月の通信料金が必要です。使い勝手を追求する方は、ぜひチェックしてみてください。

フィットビット(Fitbit) Fitbit Charge 3 FB410GM

フィットビット(Fitbit) Fitbit Charge 3

日常使いにおすすめのスマートウォッチです。ランニングやヨガ、スイミングなど15種類以上のエクササイズを記録でき運動管理に役立ちます。24時間心拍数の測定が可能なのでより正確に消費カロリーを把握でき、効果的なワークアウトを行いたい方におすすめです。

睡眠記録にも対応しており、浅い睡眠や深い睡眠の長さについて詳細なレポートをチェックできます。睡眠のクオリティを高めたい方におすすめです。「Fitbit Pay」によるキャッシュレス決済が行えるのもポイント。Fitbitアプリに登録したクレジットカードで手軽に決済できて便利です。

水深50mまでの防水機能があり、シャワーやプールでも安心して使えます。スマホの着信やメッセージ受信の通知も表示可能。バッテリーの持続時間は最大7日間で、充電の頻度が少ないのも魅力です。

ベルト部分と盤面のデザインはカスタマイズ可能なので好みのデザインを選べます。Bluetoothのバージョンは4.0に対応しており、加速度センサーや高度計も搭載。日常生活に役立つ機能が充実した、コストパフォーマンスのよいおすすめモデルです。

スマートウォッチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スマートウォッチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。