腕時計としてはもちろん、スマホと連動してアプリ操作やデータ管理が手軽に行える「スマートウォッチ」。最近はスポーツメーカーやファッションブランドのアイテムも登場しており、ファッショナブルな製品が増えてきています。

そこで今回は、おすすめのスマートウォッチをご紹介。ディスプレイをタッチするタイプから、一般的な腕時計と同じように使えるモデルまでピックアップしているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

スマートウォッチとは?

pexels-photo-28222

スマートウォッチとは、身体につけて持ち運ぶ、ウェアラブル端末と呼ばれる腕時計型端末のこと。時計としてはもちろん、スマホと連携すれば、アプリの通知やメッセージ・電話の応対が可能です。

また、スマートウォッチにSIMカードを入れることで、単体で電話やメールを送れるモデルも発売されています。

スマートウォッチのメリット

By: amazon.co.jp

スマートウォッチがあれば、LINEやTwitterの通知などを手元ですぐに確認できます。そのため、わざわざスマホをバッグやポケットから取り出す手間が不要です。スマホのサポート端末として大活躍します。

ウェアラブル端末や活動量計と何が違うの?

By: amazon.co.jp

スマートウォッチは、その多機能さが最大の特徴。ウェアラブル端末の一種としてスマホと連携させて使用する点では、活動量計と共通しています。

しかし、活動量計が歩数・距離・消費カロリーなどの運動データの計測や、心拍数・睡眠記録などの健康補助機能に特化しているのに対して、スマートウォッチはそれ以外の機能も多数搭載。

たとえば、スマホと連携してスケジュールやメールを管理したり、音楽を再生したり、電子決済やモバイルSuicaが利用できる機能などがあります。加えて、最近ではスマホと連携することなくスマートウォッチ単体で通話ができるモノも存在します。

スマートウォッチは活動量計よりも機能の幅が広いため、単に健康管理に役立つだけでなく、ライフスタイルをより充実させてくれるアイテムです。

スマートウォッチでできることって何?

健康管理

1. 心拍数測定

By: amazon.co.jp

スマートウォッチは活動量計も兼ねるウェアラブル機器なので、ほとんどのモデルに心拍センサーが搭載されています。特に、トレーニング時は心拍数の管理が重要。体脂肪を燃焼したい場合には最大心拍数の6〜7割、心肺を鍛えたい場合は最大心拍数の7〜8割を維持しつつトレーニングを行うのが理想とされています。スマートウォッチで心拍数を確認しながらトレーニングすれば、最大の効果を発揮できるのも魅力です。

また、心拍数を運動量のデータと一緒に測定できれば、実際の消費カロリーをより正確に算出できます。消費カロリーを計算して、減量やダイエットにも利用可能です。心拍数を常時検知できるので、身体に起こる異変も素早く察知できます。

2. 血圧測定

スマートウォッチのなかには血圧測定ができる機種もあります。ディスプレイの裏側に測定センサーが搭載されており、スマートウォッチを装着してから数秒ほどで血圧値が表示されます。アプリと連動させれば、測定データの管理も可能です。

ただし、スマートウォッチは医療機器ではないので、測定値はあくまでも参考のひとつとして考えておきましょう。

電子決済

By: wena.jp

日本のおける電子決済は「おサイフケータイ」が有名ですが、スマートウォッチではApple PayやGoogle Payなどが利用可能です。あらかじめスマホにクレジットカードのデータを登録しておくと、支払いの際に連携したスマートウォッチの画面をレジの受信機に近づけるだけで決済ができます。

ランニング中にコンビニに寄って飲み物を買う際も、カードや財布を持ち歩かなくても支払いができるので身軽で便利。さらに、決済は通常のカード決済と違い、番号などのカード情報が相手方に表示されないため、ショッピング時でも安全に決済できます。

Suica

By: apple.com

スマートウォッチのなかでも、モバイルSuicaが使えるモデルであれば交通機関の運賃支払いも楽です。あらかじめ連携するスマホ側のSuicaアプリで、仮想Suicaを発行してクレジットカードを登録しておけば、500円単位で1万円まで指定でき、上限額2万円までチャージできます。

改札ではスマートウォッチをかざすだけで簡単に通過でき、ICカードと同じ感覚で利用可能。また、コンビニやデパートなどSuica決済に対応した店舗でも支払いができるので便利です。

ただし、同一の仮想Suicaデータはスマホかスマートウォッチのどちらか一方でしか保管できません。仮想Suica入りのスマートウォッチを自宅に忘れた場合、連携したスマホでも仮想Suicaが使えないため注意が必要です。また、バッテリー切れの場合も同様に使用不可となるので、その点は留意しておきましょう。

GPS

By: casio.com

スマートウォッチには、GPSを活用した道案内の機能が搭載されているモノもあります。地図アプリはスマホでもお馴染みですが、自分が地図上のどこにいるのかわからなくなりがちです。しかし、スマートウォッチでは次に曲がるべき方向や距離を表示してくれるので、地図が苦手な方でも道に迷わず目的地に辿り着けます。

また、単なる道案内だけではなくGPSロガーとしても活用可能。ウォーキングやハイキングで移動した経路のログデータを記録し、連携したスマホの地図アプリ上でルートを表示できます。途中で立ち寄ったお店の場所を確認したり、移動したルートを参考に次回訪れる場所を決めたり、旅行にも役立つ機能です。

タスク管理

By: apple.com

スケジュールを決めるのは簡単ですが、それを予定通り実行するのは誰にとっても難しいもの。しかし、そんな悩みもスマートウォッチを活用すれば解消できます。

スマートウォッチのホーム画面では、現在実行中のタスクとその進捗状況の表示が可能。今やるべきことを常に意識できるので、モチベーションの維持にも役立ちます。

電話・メール返信

By: apple.com

スマートウォッチは、LINEやメールで受信したメッセージを通知表示できますが、返信機能を備えたモデルもあります。あらかじめスマホ側のアプリで定型文を登録しておけば、メッセージの受信時にスマートウォッチの画面をタップするだけで登録した定型文を返信できます。

また、SIMカードを介したデータ通信に対応した機種では、スマホと連携させなくてもインターネットが利用できるほか、スマートウォッチ単体で電話に出ることも可能です。ワイヤレスイヤホンを使用すれば、手が離せない場面でも相手との通話が楽しめます。

スマートウォッチの選び方

スマートウォッチのOSの違い

1. Apple Watchの「watchOS」

By: apple.com

Apple Watch専用にアップルが開発したウェアラブルOS。Android端末との連携はできませんが、iPhoneなどのiOS端末と連携することで精度の高いデータ管理が行えます。

楽曲ストリーミングサービス「Apple Music」や音声アシスタント「Siri」などのアップル独自のサービスと連携できる点も魅力です。

Siriが自分の好みに合わせた楽曲のプレイリストを作ってApple Watchに自動同期してくれるので、ワイヤレスイヤホンがあればワークアウト中も音楽が楽しめます。

watchOSの最大の魅力は利用できるアプリの数が多いこと。純正アプリ以外にも、睡眠を自動で追跡して最適な睡眠時間を計測するモノや、時間ごとに行うべきタスクを通知するモノなど、便利アプリがリリースされています。

2. Googleが開発した「Wear OS by Google」

By: wearos.google.com

以前は「Android Wear」という名称でしたが、対応デバイスの幅広さを強調するために、2018年3月より「Wear OS by Google」と改名。Androidスマホだけではなく、iPhoneとも連携して使用できるのが特徴です。

Wear OSは、健康管理やスケジュール管理を始めとする基本的なアプリが充実しているので、スマートウォッチとしては十分なスペックがあります。また、GmailやGoogleカレンダー、GoogleアシスタントなどGoogleの独自サービスとの親和性も高く、日常的にGoogleのサービスを利用している方は要チェックです。

多彩なスタイルを楽しめるのもWear OS by Googleの特徴。Apple Watchと違って複数の企業が開発しているため、外装や文字盤のデザインもさまざまなモノがあります。ファッションやフィットネスなど、自分のライフスタイルに合ったデザインが自由に選べるのもメリットです。

3. サムスンの「Tizen」

By: galaxymobile.jp

「Tizen」は、もともとiOS、Androidに続く「第三のモバイルOS」として開発されたOSで、現在はサムスンが製造するスマートウォッチやスマートテレビなどのIoT家電に搭載されています。

Tizenを搭載したスマートウォッチは、表示や操作のインターフェースが洗練されていて使いやすいのが特徴。また、バッテリーが長持ちすることでも定評があります。

AndroidスマホとiPhoneの両方と連携が可能。しかし、iPhoneとの接続時はメールの返信やマップの表示など、iOSの仕様に基づいた機能は使えません。また、AndroidスマホでもGalaxy以外の機種では「SOS機能」など一部機能が使用できないので注意が必要です。

デザインで選ぶ

ビジネスシーンでも使いやすい「アナログ時計型」

By: amazon.co.jp

普通のアナログ腕時計と同じように、文字盤に物理的な針があるタイプのスマートウォッチです。スマートフォンと連動することで、電話やメッセージの受信時にバイブレーターが振動したり、歩行距離に応じて針が動いたりします。

デザインがシンプルなモノが多いので、ビジネスシーンで使いやすいのもポイント。また、タッチディスプレイ型と比べてバッテリー消費が比較的少ないため、普通の腕時計に近い感覚で使えます。初めてスマートウォッチを導入する方におすすめです。

多機能な「タッチディスプレイ型」

By: amazon.co.jp

文字盤にタッチディスプレイを搭載しているタイプのスマートウォッチです。着信時には文字盤に通知メッセージを表示したり、インストールしたアプリをディスプレイで操作したりと、多機能なのが特徴です。

また、文字盤の表示を変えられるのもポイント。趣味や気分に応じて自由にデザインを変えられるのは、タッチディスプレイ型ならではの魅力です。

スポーツに適した「リストバンド型」

By: amazon.co.jp

バンド部分と横幅がほぼ同じサイズのディスプレイを搭載した細身のスマートウォッチです。その形状から「スマートバンド」とも呼ばれます。

リストバンド型はライフログ機能に特化しているのが特徴。アナログ時計型やタッチディスプレイ型と比べて軽量のモデルが多く、ランニングなどの激しい運動にも対応できます。スポーツシーンでおすすめのスマートウォッチです。

用途に合わせてセンサー類をチェック

71pocswrspl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

スマートウォッチには、加速度センサーやGPSなど、さまざまなセンサーが付いています。GPSを内蔵しているモノは、ランニングなどのアクティブな使用におすすめです。わざわざスマホを持っていかなくても、走る速度や移動距離をひと目で確認できます。

Bluetoothのバージョンも要確認

スマートウォッチとスマホとの接続には、Bluetoothが使われています。古いモデルのスマホだと、最新のBluetoothの性能が発揮できない場合があります。古いスマホを使っている方は、どのバージョンのBluetoothに対応しているか確認しましょう。

防塵・防水性能をチェック

iphone-1067988_1920

防塵・防水性能の等級には「IP67」「IP58」といった表記が用いられ、これはIPコードと呼ばれます。日本では、日本工業規格(JIS)がIPコードを採用。国内の製品表記で使用されています。

たとえば、「IP7X」の場合、防塵の等級が7等級あるという意味です。「X」と付いている場合は、等級なしということを表しています。つまり、「IP7X」は、防塵性能はあるけれども、防水性能はないということです。反対に、「IPX8」などと記載されている場合は、防塵等級はないけれど防水等級はあるということ。IP45などの場合は、防塵・防水両方とも対応していることを表しています。

等級によって対応している性能が違うため、しっかり確認しておきましょう。スマートウォッチの場合は防塵等級5以上、防水等級6以上あれば、雨でも気軽に使用できるのでおすすめです。

Androidユーザーにおすすめスマートウォッチ

モブボイ(Mobvoi) TicWatch Pro 201806121716BJP

モブボイ(Mobvoi) TicWatch Pro 201806121716BJP
中国の人気メーカー「モブボイ」の多機能スマートウォッチ。高解像度のスクリーンと消費電力の少ないスクリーンの「二重層ディスプレイ構造」を採用することで、最長30日間のバッテリー寿命を実現しています。ベルトの外側にはエレガントなイタリアン本革、内側には肌に優しいシリコン素材を採用。デザイン性や着け心地にも優れています。

機能面では、自分のいる場所が正確に把握できるGPS追跡機能、水に濡れても壊れないIP68の防水・防塵、心拍数・歩数・カロリーなどが計測できる各種センサーを搭載。これ1台でプライベートからスポーツシーンまで幅広く使えます。気分に合わせて変えられる1000種類以上の豊富なウォッチフェイスオプションも魅力です。

カシオ(CASIO) G-SHOCK マスター オブ G マッドマスター GG-B100-1AJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK マスター オブ G マッドマスター GG-B100-1AJF
耐久性と機能性を兼ね備えたカシオのスマートウォッチです。方位・高度・温度の計測が可能な「トリプルセンサー」、歩数の計測ができる「クワッドセンサー」、記録した地点までの方位と距離を表示する「ロケーションインジケーター」、さまざまな機能や操作を行える「スマートフォンリンク機能」など、便利な機能を多数搭載。G-SHOCKシリーズ初採用の「モードカスタマイズ機能」を使えば、液晶画面に表示する内容を自由にカスタマイズできるのも特徴です。

モジュールを包むケースにはカーボンファイバー強化樹脂を採用した「カーボンコアガード構造」、バックカバーには耐衝撃性に優れた「グラスファイバー強化樹脂」を採用。極限的な環境下でも耐えうる強固な作りも魅力です。腕を傾けると明るいLEDライトが光る「オートライト機能」は、緊急時やアウトドアシーンでの一時的な光源としても使えます。

ガーミン(GARMIN) fenix 5s Plus

ガーミン(GARMIN) fenix 5s Plus
さまざまな用途やシチュエーションで使える、ガーミンのハイエンドモデルです。4つの衛星電波をキャッチする「マルチGNSS 」に対応。高いビルに囲まれた都市部や山間部でも精度の高い位置情報を取得できます。日本全国の登山地形図と道路地図を内蔵しており、簡易的なナビゲーションシステムとして使えるのも特徴です。

ほかにも、運動量を正確に測定して記録する「アドバンスドパフォーマンス機能」や、心拍の起伏変化や睡眠時間をモニタリングする「Garmin Elevate光学式心拍計」、トレーニングデータを簡単に記録・シェアできる「Garmin Connect Mobile」など、アクティブトラッカーとしての機能も充実。手をかざすだけで支払いができる「Garmin Pay」を利用できるので、対応する店舗での決済を簡単に行えます。

コスペット(KOSPET) Kospet Hope

コスペット(KOSPET) Kospet Hope
4G LTE対応の高性能スマートウォッチ。SIMカードを挿せば外出先でも単体で高速インターネットを楽しめます。OSにはAndroid7.1を採用しているので、普段スマホで使っているアプリやゲームを使用することも可能。側面には高解像度の「8.0MPカメラ」を搭載しており、きれいな写真・動画撮影が楽しめるのも魅力です。

機能面では、運動データを詳細に記録できる「スポーツトラック機能」、歩数のチェックができる「ステップセンサー」を搭載。CPUはMTK6739で、メモリは3GB、ストレージは32GBを備えているのもポイントです。

Lcsriya V80S

Lcsriya V80S
2通りの使い方ができる多機能スマートウォッチです。本体はイヤホン形状になっており、リストバンドから取り外せばBluetoothイヤホンとしても使用可能。重さは35.5gと軽量ながら、心拍数や血圧を24時間チェックできる光学式センサーや、ボタンひとつでスマホを探せる機能、離れた場所からでもカメラのシャッターを切れる機能など、便利な機能が充実しています。

専用アプリ「H Band」を使えば、スマートウォッチで取得したデータをスマホで管理したり、機能の追加やお知らせの設定をカスタマイズしたりすることも可能。シンプルで操作がしやすいのも魅力なので、スマートウォッチを初めて選ぶ方や機械が苦手な方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Mi band 3

シャオミ(Xiaomi) Mi band 3
スマートウォッチは欲しいけど価格が高くて手が出せないという方におすすめの製品です。低価格モデルにも関わらず、着信やメールの受信を知らせてくれる「振動アラーム」や、血圧や歩数などを常にモニタリングできる「心拍数センサー」、座りすぎを防止する「アイドルアラート」など、基本機能が充実しています。

水に濡れても壊れない5気圧(50m)防水対応モデルなので、普段使いはもちろん屋外レジャーからスポーツシーンまで幅広く使用可能。ディスプレイには、電力効率の高い「高精細OELタッチスクリーン」を採用しているため、1回の充電で最長20日間使えます。純正バンドのラインナップは全3色と豊富。用途やシチュエーションに応じてバンドの色を使い分けられます。

iPhoneユーザーにおすすめスマートウォッチ

アップル(Apple) Apple Watch Series 4 MU6D2J/A

アップル(Apple) Apple Watch Series 4 MU6D2J/A
アップルが販売する大人気スマートウォッチのGPSモデルです。ディスプレイのベゼルを狭くすることで、従来モデルと同じデザインながら画面の表示領域は30%ほど拡大。操作性と見やすさが大幅に向上しています。CPUには、高性能な64bitデュアルコア「S4」プロセッサーを採用。アプリやゲームがサクサク快適に楽しめます。

画面を軽くタップするだけで家族や友人と繋がる「トランシーバー」や、かざすだけで簡単に支払いができる「Apple Pay」、ユーザーが転倒するとアラートを通知する「SOS機能」など、実用性に優れた便利なオプションが充実しているのも魅力。スマートウォッチの機能性やデザインにこだわりたい方におすすめの1台です。

アップル(Apple) Apple Watch Nike+ MU6K2J/A

アップル(Apple) Apple Watch Nike+ MU6K2J/A
スポーツ向けの機能が充実したスマートウォッチ。姿勢などを計測する最新の「ジャイロスコープ」により、従来モデルでは難しかった水泳のストロークのような細かな動きも正確にトラッキングできます。専用の「Nike Run Clubアプリケーション」を使えば、ランニングの詳細な分析や測定値を確認したり、友達から声援を受けたり、より快適にランニングを楽しめるのも魅力です。

ほかにも、トレーナーによるワークアウトが無料で180種類以上使える「Nike Training Club」、心拍の異常を検知してユーザーに警告する「電気式センサー」を搭載。アップル独自の省電力技術と大容量バッテリーを採用しているため、1回の充電で最長18時間使えるのも特徴です。光を反射するオプションの「スポーツループバンド」に付け替えれば、夜間でも安心してランニングが楽しめます。

ウィジングズ(Withings) Withings Steel HR Sport

ウィジングズ(Withings) Withings Steel HR Sport
フランス生まれのおしゃれなハイブリッドスマートウォッチです。一見すると普通の腕時計に見えますが、背面には高性能な心拍数センサーを内蔵。スポーツを自動検知してカロリーを記録したり、睡眠のクオリティーを分析したりと、普段使いからスポーツシーンまで幅広く使えます。スマホと連携させれば、ジョギングしたコースをアプリに表示することも可能です。

1度フル充電してしまえば最長25日間使い続けられるため、寝る前に充電するのを忘れて次の日に使えなくなる心配もありません。水に濡れても壊れない最大50mの耐水性に対応しているので、プールや雨天のジョギングでの使用にもおすすめです。

ガーミン(GARMIN) vivomoveHR

ガーミン(GARMIN) vivomoveHR
おしゃれなスマートウォッチが欲しい方におすすめのモデルです。どんなファッションにも合わせやすいクラシックデザインを採用しているので、プライベートからビジネスユースまでさまざまなシチュエーションで使えます。重量約56gの軽量ボディながら高精度な「光学式心拍計」を搭載。心拍数や睡眠状態のモニタリングはもちろん、ストレス値をリアルタイムで確認できます。

ミュージックコントロールや、スマートフォン探索など便利な機能にも対応しており、設定をすれば連携してタスク管理も可能。カラーバリエーションも豊富なので、スマートウォッチの色にこだわりたい方にもおすすめです。

スマートウォッチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スマートウォッチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。