腕時計としてだけでなく、歩数や心拍数の計測、そしてスマートフォンからの通知や各種アプリとの連携を1台でまかなえる「スマートウォッチ」。近年は参入するメーカーが増えてラインナップが充実しているほか、発売当初のモデルよりも着実に使い勝手が向上しており、さらなる市場規模拡大が期待されています。

そこで今回は、ユーザー数の多いiPhoneに対応するおすすめのモデルをご紹介。生活習慣を改善したい方やガジェットをより効率的かつ快適に活用したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

スマートウォッチのメリット

スマートウォッチのメリットは、スマホを取り出す機会を減らせる点です。スマホと連動すれば、スマートウォッチの画面で着信やメールの通知を受けられます。スマートウォッチを経由したBluetooth機能を使えば、そのまま通話も可能。受信するごとにポケットやカバンからいちいちスマホを取り出す必要がなくなります。

また、機種によってはスマホやタブレットと同様にアプリをインストールできるのもポイント。スマートウォッチでラジオを聴いたり、株価をチェックしたり、ゲームを楽しんだりできます。腕時計を見るのと同じぐらいの気軽さでスマホを操作したい方におすすめです。

iPhone対応のスマートウォッチの選び方

OSの種類をチェック

スマートウォッチを動かしているのは、パソコンやスマートフォンと同じ「OS(オペレーティングシステム)」と呼ばれるソフトウェアです。一般的には「watchOS」や「Android Wear」などのOSが搭載されており、どれを選ぶのかによってデバイスの特徴が大きく異なってきます。そのため、スマートウォッチを選ぶ際には、最初に対応するOSをしっかりとチェックしましょう。

watchOS

使いやすさで選ぶならAppleがリリースする「watchOS」がおすすめです。iPhoneとの相性がよいのはもちろん、操作方法も非常にシンプルなのがポイント。

ストリーミングで音楽が楽しめる「Apple Music」や、手軽にコミュニケーションが取れる「Digital Touch」など、便利な機能が充実しているのも魅力です。

Android Wear

「Android Wear」はバリエーションが豊富で、おしゃれなアイテムから防水や防塵に対応したスポーツモデルまで、多様な製品が取り揃っています。また、同OSを搭載したスマートウォッチは全体的に価格がリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れているのも特徴。

ただし、「Android Wear」はAndroid端末との併用を前提としているため、iPhoneとの接続では使えないアプリがあったり、スマートウォッチ側から操作ができなかったりと、本来の性能を活かせない場合があるので注意しておきましょう。

画面の形で選ぶ

基本的にスマートウォッチは、画面が四角い「正方形タイプ」と、画面が丸い「円形タイプ」の2種類に分けられます。画面の形が違えば、デザインだけでなく機能性や使いやすさも大きく違ってくるので、スマートウォッチを選ぶ際には、こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

選び方の目安として、デザイン性を重視するなら画面が丸い「円形タイプ」がおすすめ。従来の腕時計と同じような見た目なので、プライベートからビジネスシーンまで幅広く使えます。正方形タイプと比べると画面のサイズはやや小さく、スマートに装着できるのがポイントです。一方で、表示できる情報量が少なくなってしまうので、アプリによっては操作がしづらくストレスに感じる場合があります。

正方形タイプは画面がスマートフォンやタブレットのように四角くなっているため、円形タイプよりも文字入力やスクロールなどの操作が快適に行えるのが特徴。正方形タイプは画面のサイズが大きく、手首に装着していると目立つため、ファッショナブルさを取り入れたい方におすすめです。

スペックで選ぶ

スマートウォッチを快適に楽しみたいならスペックも重要なポイントのひとつ。デザインやリーズナブルな価格を優先して製品を選ぶと、アプリの動作が遅かったり、データフォルダの容量が少なかったり、普通に使うのにもストレスを感じてしまう場合があるので、注意が必要です。

基本的には「CPU」「メモリ」「ストレージ」の3つを確認するのがポイント。例えば、アプリをサクサク楽しみたいなら、CPUはより新しい規格のモノで、メモリやストレージはより充実した容量のモノを選ぶとよいでしょう。

耐久性・防水性能で選ぶ

スマートウォッチは、各種センサーやマイク機能などが搭載された精密機器。デザインやスペックで選ぶのも重要ですが、長く使うためにも「耐久性」や「防水性能」もしっかりとチェックするようにしましょう。

スマートウォッチをアウトドアで活用したいなら、防水・防塵性能の高いモデルを選ぶことで、登山や水泳などさまざまシーンで活用できます。

オプション機能で選ぶ

同じような機能やデザインでどのスマートウォッチにするか迷ったら便利なオプション機能で選ぶのもよいでしょう。例えば、使いやすさで選ぶなら、ケーブル不要で充電ができる「ワイヤレス給電」に対応したモノや、好きな方向から動画や写真を撮影できる「回転ベゼル」を搭載したスマートウォッチがおすすめです。

外出先でも快適に使いたいなら、Wi-Fiのないエリアでもインターネットが楽しめる「SIMフリー」に対応したモノや、1回の充電で長時間使える「大容量バッテリー」を搭載したスマートウォッチがおすすめ。

ほかにも、好きな色やデザインのベルトに交換ができる「着脱式ベルト」や、スマートウォッチ単体でも通話が楽しめる「マイク&スピーカー」を搭載したスマートウォッチもあるので、選ぶ際にはこれらのオプションもしっかりとチェックしてみてください。

iPhone対応のスマートウォッチのおすすめランキング

第1位 アップル(Apple) Apple Watch Series 4

アップル(Apple) Apple Watch Series 4

iPhone専用に開発されたアップル純正スマートウォッチの第4世代モデル。画面の大型化とベゼル幅も狭小によって前モデルSeries 3との比較で表示領域が30%も増えたことで、より多くの情報を一度に確認できます。

64bitのデュアルコアプロセッサであるS4チップを搭載したことで、処理性能がより高速化したのもポイントです。また、タッチ操作が滑らかになり、ワークアウトアプリの使用中でもフリーズしにくいのも魅力。

さらに、ワークアウト自動検出機能が新たに搭載されたことにより、アプリを起動し忘れて運動量をカウントし損なうという失敗を防げます。

第2位 アップル(Apple) Apple Watch Series 3

アップル(Apple) Apple Watch Series 3

Apple Watchの第3世代モデル。最新モデルのSeries 4が発売されたことで型落ちになりましたが、アップル純正の高機能なスマートウォッチが3万円台のリーズナブルな価格で入手できることから現在でも高い人気があります。

高精度な心拍計や多彩なスポーツに対応する活動量計を備えているので、ワークアウトや健康管理に便利。Apple Watchには呼吸のモニタリングや運動目標の達成に役立つ多くのアプリが用意されているので、自分の運動スタイルに合わせてカスタマイズできるのも魅力です。

また、電話の着信やメール・SNSからの通知をバッグからiPhoneを取り出すことなく確認できるのも特徴。ワイヤレスイヤホンのAir Podsを使えば、無線で音楽の再生を楽しめるほか、Siriに頼んでメッセージの送信なども可能です。加えて、モバイルSuicaやApple Pay決済も使えるほか、ワイヤレス充電にも対応しています。

第3位 エイスース(ASUS) VIVO Watch

エイスース(ASUS) VIVO Watch

コストパフォーマンスに優れたスマートウォッチ。Apple Watchの半額以下で購入でき、活動データを自動的にiPhone専用の「ヘルスケアアプリ」に同期できるのが人気の理由です。

脈拍センサーの「ASUS VivoPulseテクノロジー」を搭載しており、日々の消費カロリーや睡眠の状態を計測し可視化できます。また、有酸素運動時に役立つLEDインジケーターを搭載しているのも特徴。緑色に点灯すれば脂肪が効率よく燃焼していることを示すのでダイエットにも最適です。

IP67の防塵および生活防水に対応。ロングライフバッテリーを搭載しているので、1週間の連続使用ができます。

第4位 フィットビット(Fitbit) スマートウォッチ iONIC FB503GYBK-CJK

フィットビット(Fitbit) スマートウォッチ iONIC FB503GYBK-CJK

健康管理・フィットネスに特化した本格スマートウォッチです。特許を取得した心拍数センサーの「PurePulse」を搭載しているのが特徴。正確な消費カロリーの把握、運動強度の最適化、安静時の心拍数計測ができます。

運動をサポートする機能も充実。ランニングを開始すると自動で起動する「Run-Dect」はインターバルを認識してラップタイムや走行ルートなども記録でき、走行中も画面で目視が可能なので、効率的なランニングができます。

水深50mまで対応できる耐水性能を搭載し、水泳データの測定も可能。さらに、300曲以上の音楽データを保存できるストレージも備えているので、音楽で気分を盛り上げつつ運動に集中できます。

第5位 カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30

アウトドア向けの機能が充実した高機能なスマートウォッチ。5気圧の防水性能と、米国国防省が制定する厳しい耐久試験を通過した低温・湿度・振動・衝撃に対する強力な耐性を備えているので、登山やウインタースポーツなどのアクティブな用途にもおすすめです。

3つの人工衛星による測位に対応し、スマートウォッチ単体でも安定した現在地の測定ができます。また、オフラインで使用できる地図の事前ダウンロードにも対応。iPhoneの電波が届かない場所やiPhoneを携帯しづらいウォータースポーツなどのシーンでも、地図上で現在地の確認が簡単にできます。

行動に合わせてバッテリー節約が可能な3つのモードに対応するのも特徴。カラーとモノクロの表示を使い分ける省電力のエクステンドモードでは、GPSを稼働させつつ最長3日間使用できます。

第6位 ガーミン(GARMIN) vivoactive 3

ガーミン(GARMIN) vivoactive 3

多彩なスポーツアプリと光学式心拍計を搭載した、本格派GPSスマートウォッチです。米国のGPS機器メーカーであるガーミンが開発しており、住宅街など通常GPSが苦手としていた場所でも現在地を素早く測位できます。

本体裏側に光学式心拍計を搭載しているのも特徴。光を当てヘモグロビン流量の違いによって脈拍を正確に読み取るほか、安静時心拍数や過去4時間の最高・最低心拍数なども計測できます。

15種類以上のスポーツに対応したアクティビティ計測機能を搭載し、さまざまなトレーニングで利用が可能。操作性も高く、「SIDE SWIPE」機能によって画面のスクロールを素早く行えるのもポイントです。

第7位 イットディール(itDEAL) スマートウォッチ

イットディール(itDEAL) スマートウォッチ

リーズナブルな価格で購入できる、機能性に優れたスマートウォッチです。価格が安いにも関わらず、活動量計・心拍計・スポーツウォッチの3役をこなす高機能が魅力。

特に秀逸なのが睡眠計測機能。レム睡眠とノンレム睡眠それぞれの時間を自動で記録し、iPhoneの専用アプリで睡眠データの分析ができるので、睡眠の質を改善するのに重宝します。また、座りすぎを警告する振動機能も備えるので、運動不足の解消にもおすすめです。

iPhoneと連携すれば各種通知機能が利用可能。電話・SMS・Facebook・Twitter・LINEなどの着信通知に対応しています。加えて、遠隔操作でiPhoneカメラのシャッターを切れる機能や紛失防止機能などが搭載されているのもポイントです。

第8位 ガンリバー(GanRiver) スマートウォッチ

ガンリバー(GanRiver) スマートウォッチ

健康志向におすすめのスマートウォッチです。多機能健康管理スマートリストバンドとして開発されており、心拍数のリアルタイム計測、歩数記録、サイクリングモード、睡眠管理などのフィットネス向けの機能が気軽に利用できます。

iPhoneと連携することで各種通知機能が利用できるのもポイント。Eメールの着信表示には対応していませんが、FacebookやTwitterのほか、LINEや電話の着信通知に対応しています。また、iPhone内に保存した音楽の再生も可能です。

IP67の防塵および生活防水に対応。また、紛失防止機能も搭載されており、iPhoneとのペアリングが解除されるとバイブ音で注意してくれます。価格も約4000円と安いので、初めてのスマートウォッチにもおすすめです。