腕時計としてだけでなく、歩数や心拍数の計測、各種アプリとの連携などを1台でまかなえる「スマートウォッチ」。最近は参入するメーカーが増えてラインナップが充実しているほか、発売当初のモデルよりも着実に使い勝手が向上しています。

そこで今回は、iPhoneに対応しているスマートウォッチのおすすめモデルをご紹介。生活習慣を改善したい方や、ガジェットをより快適に活用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

スマートウォッチのメリット

スマートウォッチのメリットは、スマホを取り出す機会が減る点です。スマートウォッチを経由したBluetooth機能を使えば、そのまま通話も可能。ポケットやカバンからいちいちスマホを取り出す必要がなくなります。

また、機種によってはスマホやタブレットと同様にアプリをインストールできるのもポイント。スマートウォッチでラジオを聴いたり、株価をチェックしたり、ゲームを楽しんだりできます。腕時計を見るのと同じぐらいの気軽さでスマホを操作したい方におすすめです。

iPhone対応のスマートウォッチの選び方

OSの種類をチェック

watchOS

By: amazon.co.jp

watchOSとは、Appleが販売するスマートウォッチ「Apple Watch」に搭載している専用OSのこと。同社のモバイルオペレーティングシステムである「iOS」をベースとしており、iPhoneやiPadと多くの連携機能を持っているのが特徴です。

Appleの決済サービス「Apple Pay」を使って支払いができたり、iPhoneの通知が受けられたりと、iPhoneユーザーとの相性は良好なので、ぜひチェックしてみてください。

Wear OS

By: amazon.co.jp

Wear OSは、Googleがスマートウォッチ向けに開発したAndroidベースのOSです。Androidスマホはもちろん、iPhoneでも使える汎用性の高さが最大の特徴。GoogleマップやGoogleカレンダーなど、同社の提供するサービスと相性がよいのもポイントです。

Wear OSはAndroidと連携することを想定して作られているため、iPhoneなどのApple端末と連携させて使うと、一部のアプリやサービスが使用できない場合があります。

スマートウォッチの種類が充実しているのも魅力なので、機能やデザインにこだわりたい方にはおすすめのOSです。

画面の形で選ぶ

スマートウォッチの画面の形は、「正方形タイプ」と「円形タイプ」の2種類に分けられます。デザインだけでなく機能性や使いやすさも大きく異なるので、スマートウォッチを選ぶ際にはしっかりとチェックしておきましょう。

選び方の目安として、デザイン性を重視するなら円形タイプがおすすめ。従来の腕時計と同じような見た目のため、プライベートからビジネスシーンまで幅広く使用可能です。表示できる情報量が少なくなるので、アプリによっては操作しにくい場合があります。しかし、角がないぶん、スマートに装着できるのがポイントです。

正方形タイプは、画面がスマートフォンやタブレットのように四角くなっているため、円形タイプよりも文字入力やスクロールなどの操作が快適に行えるのが特徴。また、画面サイズが大きくスタイリッシュなので、ファッショナブルさを取り入れたい方におすすめです。

スペックで選ぶ

スマートウォッチを快適に楽しみたいならスペックも重要なポイントのひとつ。デザインや価格を優先して製品を選ぶと、アプリの動作が遅かったり、データストレージの容量が少なかったりと、普段使いにストレスを感じてしまう場合があるので注意が必要です。

また、ビジネスやスポーツ、健康管理など、どのような目的で使用したいかによっても、スペックは大きく変わります。目的にあったスペックが搭載されているかチェックしてみましょう。

耐久性・防水性能で選ぶ

スマートウォッチは、各種センサーやマイク機能などが搭載された精密機器。デザインやスペックで選ぶのも重要ですが、長く使うためにも耐久性や防水性能もしっかりとチェックするようにしましょう。

スマートウォッチをアウトドアで活用したいなら、防水・防塵性能の高いモデルを選ぶことで、登山や水泳などさまざまシーンで活用できます。

オプション機能で選ぶ

同じような機能やデザインでどのスマートウォッチにするか迷ったら、オプション機能を確認しておきましょう。例えば、使いやすさで選ぶなら、ケーブル不要で充電ができる「ワイヤレス給電」に対応したモノや、1回の充電で長時間使える大容量バッテリーを搭載したスマートウォッチがおすすめです。

ほかにも、単体でも通話が楽しめるスマートウォッチもあるので、選ぶ際にはオプションもしっかりとチェックしてみてください。

iPhone対応のスマートウォッチのおすすめランキング

第1位 アップル(Apple) Apple Watch Series 8 MNP53JA

大きく鮮明な常時表示ディスプレイを搭載したApple Watch。縁の細いスクリーンで、手首を下げている時でも文字盤を美しく、読みやすく映し出せるのが特徴です。厚みのある前面クリスタルと頑丈なフォルム、フラットなベースを採用しており、耐久性にも優れています。

健康管理に便利な機能を多数搭載しているのも魅力。睡眠記録や心電図作成、酸素レベルチェック、服薬管理などが行えます。また、体温を常時記録できる「皮膚温センサー」は、月経周期の推測も可能。iPhoneのロック時は周期記録のデータも暗号化されるため便利です。

便利なフィットネス機能も搭載。ワークアウト記録やトレーニングスタイルのカスタマイズが行えます。さらに、衝突事故検出や転倒検出、緊急SOS機能なども搭載。万が一にも備えられます。マップやApple Pay、Siriなどの日常使用する機能にも対応した、使い勝手のよいおすすめのモデルです。

第2位 アップル(Apple) Apple Watch SE 第2世代 MNJP3JA

健康やフィットネス記録の管理に便利なApple Watch。アラート機能を搭載した心拍数アプリや、多彩なトレーニング方法を収録したワークアウトアプリ、睡眠の傾向を確認できる睡眠アプリなどを利用できるのが特徴です。水深50mの耐水性能も備えており、泳ぎにも対応できます。

Apple PayやSiriを始め、Appleが提供するさまざまなサービスに対応しているのも魅力。電話の応答やメッセージ返信などもできるため、スマホを操作する手間を省けます。プロセッサにパワフルな「S8 SiP」を搭載しており、高速なパフォーマンスを期待できるのもポイントです。

重大な衝突事故などに遭った場合に便利な安全機能も搭載。3軸ジャイロスコープや高重力加速度センサーなどを活用して事故を認識し、自動で緊急通報サービスや緊急連絡先に連絡します。自分好みにカスタマイズしやすいデザイン性も備えた、おすすめのモデルです。

第3位 アップル(Apple) Apple Watch Ultra MQFK3JA

タフなApple Watchです。IP6X等級の防塵性能を備えているうえ、米軍調達基準のMILスペック準拠のテストをクリアしているのが特徴。砂埃が舞う岩山のようなアウトドア環境にも対応できます。

また、従来Apple Watchを超える100mの耐水性能を備えており、水深40mまでのダイビングにも対応。水陸両方のアウトドアで活躍できます。さらに、高精度2周波GPSで高精度に位置を把握できるのもポイントです。

そのほか、従来モデルよりも2倍明るい最大2000ニトの「Retinaディスプレイ」を搭載。屋外の暗所でも視認性に優れています。通常の使用時で最大36時間のバッテリーが駆動するのも魅力です。

各種通知機能をはじめ、「Apple Pay」「Siri」など通常モデルのApple Watch同様に便利な機能も備えています。日常からアウトドアまで活用できるおすすめのアイテムです。

第4位 アップル(Apple) Apple Watch Series 7 MKMX3J/A

大きく耐久性に優れたディスプレイでより速く充電ができるのが魅力

人気シリーズ「Apple Watch」の2021年モデル。頑強な前面クリスタルを採用しているため耐久性が高く、従来モデルより最大33%高速な充電時間を実現しているのが特徴です。常時表示の大きな「Retinaディスプレイ」を採用しており、操作しやすいうえ、屋内でも明るく見えます。

「血中酸素ウェルネスアプリ」「心電図アプリ」「睡眠アプリ」といった、運動・睡眠データを記録するアプリも搭載。自分の身体の状態をデータで確認できます。

IP6Xの防塵性能のほか、50mの耐水性能を備えているのも魅力。ランニング・スイミングなどの運動時でも着用できます。iPhoneとの相性がよく、機能性に優れたおすすめモデルです。

第5位 アップル(Apple) Apple Watch SE MKQ13J/A

自分好みの見た目にカスタマイズして楽しめる

価格と性能のバランスに優れたApple Watch。「Apple Watch Series 6」などとと比べると機能が削られており、その分リーズナブルで購入しやすいのが特徴です。

「Retinaディスプレイ」の常時表示機能や、血中酸素濃度測定機能は非搭載。しかし、非接触で支払いができる独自の決済サービス「Apple Pay」や、AIアシスタント「Siri」に加え、水に濡れても壊れにくい水深50mの耐水耐性に対応しています。快適にサクサク動くデュアルコアのSiP「S5」を搭載しているのも大きなポイントです。

そのほか、バンドや保護ケースなどの専用アクセサリが充実しており、自分好みの見た目にカスタマイズして楽しめるのも魅力。同社のワイヤレスイヤホン「AirPods」と組み合わせれば、どこでも気軽に音楽が楽しめます。

第6位 ファーウェイ(HUAWEI) WATCH GT 2 Pro


ボディにチタン素材、風防にサファイアガラスを採用し、軽量ながら堅牢性に優れたiPhone対応スマートウォッチです。通常使用で14日間持続するバッテリーを搭載しているのが特徴。急速ワイヤレス充電に対応しており、約5分の充電で約10時間使えます。長時間の外出をする方にもおすすめのモデルです。

100以上の豊富なワークアウトモードを搭載。新たにゴルフ・スキー・スノーボードに対応しているのもポイントです。また、「HUAWEI Healthアプリ」を設定すれば、心拍数をリアルタイムで計測できるのも魅力。心拍数が正常なレベルを超えた際に、リマインダーで知らせます。

さらに、MP3形式の音楽データを約500曲保存できるのもポイントです。スマホを持ち歩かなくても、お気に入りの音楽を聴きながらランニングやウォーキングを楽しめます。

第7位 ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 745 010-02445-40

ランナーやトライアスリートに特化した、iPhone対応スマートウォッチです。高性能なアクティブトラッカーやワークアウト提案によって質の高いランニングを実現します。

各種センサーによって移動ルートや心拍数、VO2 Max(最大酸素摂取量)などの高精度な計測が可能。現在のトレーニング負荷や体調に基づいて最適化したワークアウトを提案します。別売のアクセサリと連携すれば、ランニングフォームの分析も可能です。水泳やサイクリングを含むトライアスロン競技にも対応しています。

一部の音楽配信サービスを用いた音楽再生も可能です。また、「Garmin Pay」や「Suica」によるキャッシュレス決済も使えるので、ランニング中にコンビニで買い物をするときなどにも重宝します。

第8位 シャオミ(Xiaomi) Mi スマートバンド 7

1.62インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhone対応スマートウォッチ。大型のディスプレイで高い視認性と快適な操作性を実現しているのが特徴です。スマホの着信やメッセージ通知も素早く確認できます。

110種類以上のスポーツに対応した「プロフェッショナルワークアウト分析」機能を搭載しているのが魅力。5ATM耐水性能により、水中でも使用できます。トレーニングの負荷分析やトレーニング評価も行えて便利です。

血中酸素レベルや心拍数のモニタリングを1日中行えるのもポイント。データはグラフで詳細に確認できます。さらに、睡眠モニタリングにも対応。比較的安い価格で多機能を利用できる、おすすめのモデルです。

第9位 スカーゲン(SKAGEN) Falster Gen 6 SKT5300

ビジネスからカジュアルまで、多様なシーンにマッチするiPhone対応スマートウォッチ。ミニマルでシンプルなデザインが特徴です。常時オン設定の明るく鮮明なディスプレイは、数千種類のウォッチフェイスから選んでカスタマイズできます。

睡眠・歩数・心拍数・有酸素運動レベル・血中酸素濃度などを自動追跡できるのが魅力。フィットネスアプリなどにデータを提供して管理できます。さまざまなアプリを利用できるため便利です。

通話やアプリ通知、カレンダー同期などを常時行えるのもポイント。スマホが手の届く範囲になくても、Bluetooth経由で通話などを行えます。高速充電にも対応。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

第10位 スント(SUUNTO) SUUNTO9 SS050142000


タフで高性能なGPS内蔵スマートウォッチです。頑丈なステンレス製の本体に大容量のバッテリーを内蔵。最長170時間の駆動が可能なほか、独自アルゴリズム「FusedTrack」を搭載することで、GPSによるトラッキングを使用した状態でも25時間の連続駆動を実現しています。

サイクリングやランニングなど、80種目以上に対応するマルチスポーツ設計なのも魅力。種目に応じて心拍数や消費カロリー・速度・距離・高度などを計測できます。また、水深100mまで耐える防水性能を搭載しているのも特徴。ハードなトレーニングでも頼れるパートナーとして活躍する、スマートウォッチです。

第11位 フィットビット(Fitbit) Versa 2 FB507BKBK-FRCJK


iOS11.0以上のiPhoneに対応したスマートウォッチ。Amazon Alexaを搭載しています。自分の声で話しかけるだけで、就寝リマインダーやアラームの設定、スマート家電の操作などが簡単にできるのが特徴です。

ディスプレイは大型の「AMOLEDディスプレイ」を採用しており、画面常時表示モードも選択可能。表示を確認しやすく、精細かつ鮮やかな画面が魅力です。バッテリーは1回の充電で6日間以上持続します。

また、本製品は睡眠測定機能に優れているのもポイント。睡眠時間や心拍数、動きなどを測定し睡眠スコアを表示するため、自分の睡眠の質を把握できます。

Fitbitアプリと連携することで、睡眠・運動など身体の総合データを記録することも可能。水深50mまでの耐水性も備わっています。低価格ながら多数の便利な機能を持ち合わせ、コスパに優れたおすすめモデルです。

第12位 シャオミ(Xiaomi) Mi スマートバンド 6


フルスクリーン1.56インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhone対応スマートウォッチ。高解像度でメッセージや通知、画像などをはっきりと表示できるのが特徴です。ディスプレイ表示は好みに合わせてデザインを選択できます。

身体の状態をモニタリングしやすいのも魅力。血中酸素レベルや心拍数、睡眠時の呼吸、ストレスレベルなどを測定できます。さらに、性別・年齢・心拍数などのデータからスコア改善のアクティビティヒントを表示できる「パーソナルアクティビティインテリジェンス」も搭載。健康維持に使いたい場合に便利です。

30種類のエクササイズモードを搭載しているのもポイント。防水性能も備えているため、浴室やプールなどでも使用できます。最大14日間の連続使用が可能なロングバッテリーも搭載。安い価格ながらも使い勝手に優れたおすすめの製品です。

第13位 ソニー(SONY) wena wrist pro WB-11A


電子マネー機能の初期設定にiOS端末が必要な、iPhoneユーザー向けのスマートウォッチです。高品位なステンレスの本体に、有機ELディスプレイを搭載。スマホからの電話やメールの着信はもちろん、各種アプリの通知内容を表示できます。

楽天Edyやdポイントなどでの電子決済機能も利用可能。なお、iOS端末で初期設定を行った後はAndroid端末とも連携できます。

ヘッド部とバンド部で機能が完全に独立しており、手持ちの腕時計のヘッド部と組み合わせて使用が可能。好みの時計に最新のスマートウォッチ機能を付加できるのも魅力です。

第14位 フォッシル(Fossil) ジェネレーション6 FTW4059

腕時計らしいデザインを採用したスマートウォッチです。OSはWear OS、プロセッサーには高性能なSnapdragon Wear 4100+を採用。1GBのメモリと8GBのストレージを内蔵しており、快適な動作を実現しています。

側面には上下に1基ずつプッシュボタンを搭載し、間に回転式のホームボタンを配置。オーソドックスな外観と、わかりやすく直感的な操作性を両立しています。ディスプレイも1.28インチと大きく、スムーズにタッチ操作が可能です。

メールやSNSなどの通知も確認可能。本体にスピーカーが内蔵されているため、iPhoneとBluetoothで接続されていれば、スマートウォッチ単体で着信に応答できます。

また、血中酸素濃度の測定や心拍数の計測に対応。睡眠のトラッキングもできます。ウェルネスアプリにも対応しており、さまざまな情報を手元で確認可能です。

第15位 カシオ(CASIO) G-SQUAD PRO GSW-H1000-1JR

カシオが展開している人気ブランド「G-SHOCK」のスマートウォッチです。G-SHOCKとして初めてとなるWear OSの搭載が特徴。従来よりもiPhoneやAndroidスマホとの連携性が高まっているのが魅力です。

光学式センサーや加速度センサーをはじめとする5種類のセンサーが搭載されており、トレーニング中やエクササイズ中の活動状況をしっかりと計測できます。GPS機能で位置情報を取得できるため、走行距離やペースなどの計測も可能です。

iPhoneとはBluetoothで接続が可能。専用アプリでトレーニングの管理ができるほか、着信などを知らせる通知機能も搭載しており、便利に使えます。耐衝撃性と20気圧防水もポイント。タフネス性能とスマートウォッチの利便性を兼ね備えたおすすめモデルです。

pencilライターからヒトコト

スマートウォッチは対応アプリの増加、単体でもネット通信が可能なセルラーモデルの登場、防水性能の充実、操作性の向上など市場シェア拡大に伴い、ユーザーのニーズに則した製品が続々と発売されています。興味がある方はぜひベストバイアイテムを見つけて、より快適な生活環境を整えてみてください。

記事内容について連絡
  • 【2022年版】Chromebookのおすすめ15選。人気モデルをピックアップ chevron-circle-right