気軽に健康管理やアクティビティのトラッキングができる「スマートバンド」。おしゃれなモデルやSuicaに対応したモデルなど、さまざまな製品が販売されています。

そこで今回は、おすすめのスマートバンドをご紹介。スマートウォッチとの違いやチェックしておきたい機能、おすすめのメーカーなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

スマートバンドとスマートウォッチの違い

By: fitbit.com

スマートバンドとスマートウォッチは、手首に装着するウェアラブルデバイスという点で非常に似ています。一般的に、スマートウォッチが時計を模した大型のディスプレイを搭載しているのに対して、スマートバンドはスリムかつコンパクトなのが特徴です。

また、スマートウォッチが多機能な一方、スマートバンドの機能は健康管理がメイン。スマートバンドにはアプリのインストールに対応したモデルは少なく、シンプルなモノが豊富です。

スマートバンドの選び方

利用シーンにあった機能を搭載しているかチェック

健康管理に役立てたいなら心拍数・血圧・体温・血中酸素濃度など

By: fitbit.com

健康管理のためにスマートバンドを使いたい場合は、心拍数や血中酸素濃度などの計測機能を搭載したモデルがおすすめ。心拍数や血中酸素レベルを24時間計測し、異常値を検出した際にアラートを出せるモデルもあります。

スマートバンドによっては、皮膚温やストレスレベルのチェックも可能。座りすぎを検出し、適度な運動を促す機能もあります。

睡眠状態を確認したいなら睡眠モニタリング

By: fitbit.com

睡眠モニタリング機能を搭載したスマートバンドなら、装着して眠ると睡眠状態のチェックが可能。睡眠中の心拍数や睡眠の深さを計測し、起床後にスマートフォンアプリからグラフ化したデータを確認できるモデルもあります。

また、モデルによっては睡眠の質をスコア化して評価も可能。睡眠の質を改善するためのヒントを提供してくれるアプリもあるため、興味があればチェックしてみてください。

スポーツを習慣にしているならGPSセンサー・消費カロリーなど

By: amazon.co.jp

スマートバンドのなかには、GPSを搭載したモデルがあります。GPSを搭載していると、スマートフォンがなくても単体で位置情報を取得できるので、ランニングの距離やルートなどを記録してあとから確認可能です。

また、スポーツやトレーニングにスマートバンドを使いたい場合は、消費カロリーの記録に対応しているモデルがおすすめ。消費カロリーを可視化し、効率的な運動をサポートできます。

ビジネスシーンや日常生活で便利なのはSuica対応・メッセージ通知など

By: fitbit.com

日常生活で便利な機能として、Suicaの対応が挙げられます。Suicaに対応したスマートバンドの場合、手首をかざすだけで駅の改札を通過可能。ほかにも、対応のレジや自動販売機で決済ができ便利です。

また、スマートフォンに届いた通知の確認も便利な機能のひとつ。メールやSMSのテキストをチェックしたり着信を確認したりできるため、通知に気が付かず放置してしまうのを予防できます。

対応しているOSで選ぶ

By: fitbit.com

スマートバンドの多くは、スマートフォンとペアリングして使用します。スマートバンドによっては対応しているOSが異なるので、自身の使っているスマートフォンのOSに適したモデルを選ぶのが重要です。

iOSとAndroidに対応していても、一部の機能は片方のOSでしか使用できない場合もあるため注意が必要。また、専用の端末でなければ使えない機能が搭載されたモデルも存在。使いたい機能が所有しているスマートフォンに対応しているかチェックしておきましょう。

防水性能をチェック

By: galaxymobile.jp

防水性能も、スマートバンドを選ぶ際にチェックしておきたいポイント。防水性能によって耐えられる程度が異なるので注意が必要です。装着したまま水泳をしたりサーフィンをしたりしたい場合は、できるだけ強力な防水に対応したモデルを選んでみてください。

スマートバンドの場合、防水性能は「〇気圧防水」と表記されているのが一般的です。例えば、5気圧防水の場合は水深50m、3気圧防水は水深30mまでの水圧に耐えられるため、参考にしてみてください。

連続使用時間と給電方法をチェック

スマートバンドを選ぶ際は、連続使用時間もチェックしておきましょう。多くのスマートバンドは、フル充電すると約1週間前後はバッテリーが持続します。充電の手間を抑えたい場合は、できるだけバッテリーが長持ちするモデルがおすすめです。

また、充電の方法も重要なポイント。多くのスマートバンドは専用の充電器やドックなので充電します。本体にUSBコネクタを搭載しており、直接USB充電器を差し込めるモデルもあるため、チェックしてみてください。

バンドの素材で選ぶ

By: fitbit.com

バンドの素材も、スマートバンドを選ぶうえで重要なポイント。多くのスマートバンドは、ストラップ部分にシリコンを採用しています。シリコンのストラップは汚れが付いても拭き取りやすく水も染み込みにくいので、スポーツシーンにおすすめです。

また、水泳やサーフィンなど、水中でスマートバンドを使用したい場合にもシリコンストラップが適しています。シリコン以外にも、ステンレススチールやレザーを採用したモデルも存在。ファッション性を重視したい方におすすめです。

デザインで選ぶ

By: sony.jp

スマートバンドはデザインも重要。エクササイズやトレーニングの際に身に着ける場合は無骨なデザインでも違和感はないものの、フォーマルなシーンで身に着けたい場合はシンプルかつスタイリッシュなデザインのモデルがおすすめです。

数は多くないものの、ケースに金属を使用した高級感のあるモデルもあります。また、スポーツシーンとフォーマルなシーンの両方に対応できるように、2種類のストラップが付属したモデルもあるので、チェックしてみてください。

スマートバンドのおすすめメーカー

シャオミ(Xiaomi)

By: rakuten.co.jp

シャオミは、中国の大手家電メーカーです。中国ではさまざまなジャンルの家電を販売しているメーカーで、日本ではスマートフォンを中心に展開。空気清浄機や加湿器、スマートスピーカーなどの家電も取り扱っています。

シャオミのスマートバンドは、低価格が魅力。価格は抑えられているものの性能は高いので、コストパフォーマンスに優れたスマートバンドを探している方におすすめです。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは、東京に本社を構える日本の大手電機メーカー。テレビやデジタルカメラ、スマートフォンのXperiaシリーズのほか、さまざまなジャンルのアイテムを取り扱っています。スピーカーやイヤホンなどのオーディオ機器も人気のあるアイテムです。

ソニーは現在、バックル部分に装着するスマートバンド「wena 3」を展開しています。腕時計のストラップと交換すれば、さまざまな腕時計をスマートウォッチ化できるのが魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI)

By: rakuten.co.jp

ファーウェイは、中国の大手通信機器メーカー。カメラ性能やデザイン性に優れたスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを展開しているほか、通信事業者向けのネットワーク事業も手掛けています。

ファーウェイのスマートバンドは、バッテリー持ちのよさが特徴。また、大型のディスプレイを搭載したモデルや靴に装着できるモデルなど種類も豊富なので、予算や用途に応じて選びやすいのも魅力です。

ガーミン(GARMIN)

By: rakuten.co.jp

ガーミンは、アメリカに本社を構えるGPS機器の大手メーカー。自動車のほか、航空や海洋などさまざまな業界のGPS機器を取り扱っています。また、GPS機能に対応した幅広い種類のスマートウォッチを取り扱っているのも特徴です。

ガーミンは、スマートバンドも複数販売しています。なかには、約1年間充電しなくても使用できるモデルもラインナップされているので、充電の手間を抑えたい方はチェックしてみてください。

スマートバンドのおすすめ

シャオミ(Xiaomi) Mi スマートバンド 6

低価格ながら多機能なスマートバンド。スリムな形状ながら、約1.56インチの有機ELディスプレイを搭載しています。ディスプレイは、カラー表示に対応。60種類以上のウォッチフェイスが用意されているので、好みに合わせて変更できます。

ヘルスケア機能も魅力のひとつ。スマートフォンにアプリをインストールすると、血中酸素レベルや睡眠の質を計測しデータを記録可能です。24時間の心拍数計測や、ストレスモニタリングなどにも対応しています。

エクササイズモードの搭載も特徴。バスケットボールやボクシング、ピラティスなど30種類以上のエクササイズモードが用意されており、消費カロリーや心拍数などを測定可能です。また、一部のエクササイズは自動で認識され測定が開始されます。

ほかにも、5気圧の防水に対応しているのもポイント。装着したまま水泳をしたりシャワーを浴びたりもできます。

ソニー(SONY) wena 3 rubber WNW-A21A

おしゃれかつ高機能なスマートバンドです。一般的な腕時計のバックルにあたる部分にディスプレイを搭載しているの特徴。ディスプレイはわずかにカーブを描くように設計されているため、違和感を抑えて装着できます。

高い精度で心拍数を測定するデュアル光学式センサーを採用。手首に装着しているだけで歩数や消費カロリーを計測できるほか、最大酸素摂取量も測定できます。また、ストレスレベルを推定する機能も利用可能です。

電子マネー機能の搭載も特徴のひとつ。買い物や改札で利用できるSuicaのほか、EdyやiD、QUIC Payなどさまざまな非接触決済に対応しています。iOSとAndroidどちらにも対応可能です。

ほかにも、耐久性の高さもポイント。表面にゴリラガラスが採用されているほか、5気圧の防水にも対応しています。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Band 4e

靴に装着しても計測できるマートバンド。本体をバンドから取り外し、靴に装着できるのが特徴。靴に取り付けると、ランニングやサイクリング、バスケットボールなどのパフォーマンスデータを計測可能です。

わずかに湾曲したディスプレイを搭載しており、手首に自然な形でフィットします。また、5気圧防水に対応しているため、汗をかいても平気なのはもちろん、装着したまま水泳やサーフィンなども可能です。

スマートフォンと連携すると、便利な機能も利用可能。アラームや着信通知、メッセージリマインダーなどを利用できるほか、長時間座ったままの状態を検知すると体を動かすように通知する「活動促進通知」にも対応しています。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Band 4

充電に手間がかかりにくいスマートバンド。フル充電で最大約6日以上使用できるほか、1日使用するだけであれば約15分間の充電で済みます。また、本体にUSBコネクタが搭載されているため、パソコンや充電器に直接差し込むだけで充電可能です。

人間工学に基づいて設計されているので、快適に装着できます。さらに、複数のウォッチフェイスが用意されているほか、Androidスマートフォンならウォッチフェイスのダウンロードも可能です。

独自の「HUAWEI TruSleep 2.0」に対応しているのもポイント。睡眠の質を分析し、改善に必要なヒントまで提供します。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Band 6

大型の画面を搭載したスマートバンド。1.47インチの有機ELディスプレイは194×368ピクセルと高解像度なので、多くのデータをハッキリと視認可能です。タッチ操作にも対応しているほか、ウォッチフェイスの変更もできます。

「HUAWEI TruSeen4.0心拍数モニタリング技術」を搭載。血中酸素レベルや心拍数は24時間計測でき、異常値を検出した際にはアラートを表示します。また、ストレスレベルの測定にも対応。高い場合には呼吸エクササイズも利用できます。

心拍数やカロリーなどのデータを記録し、スマートフォンアプリからいつでもチェック可能。毎日の目標を設定する機能にも対応しているため、トレーニングのモチベーション維持に役立ちます。

ガーミン(GARMIN) vívosmart 5 010-02645-60

シンプルなデザインで身に着けやすいスマートバンド。シリコン製のストラップを採用しており、快適な装着感を実現しています。画面が大きく文字も見やすく表示できるほか、タッチ操作にも対応しているので直感的に使用可能です。

心拍計や血中酸素のトラッキングなど、ヘルスケア機能も多数搭載。装着したまま睡眠すると、睡眠の質をスコア化して改善のヒントも得られます。生理周期トラッキングや妊娠トラッキングなど機能が充実しているのも魅力です。

スマートフォンとペアリングすると、手元で通知の確認ができます。メールやメッセージの内容を確認できるのはもちろん、Androidスマートフォンとペアリングしていれば返信も可能です。

1度フル充電すると、最大で約7日間使用できます。頻繁に充電する必要がないので、手間を省きたい方におすすめです。

ガーミン(GARMIN) vívofit 4 010-01847-20

充電の手間を最小限に抑えられるスマートバンド。約1年間のバッテリー寿命が特徴。防水にも対応しているため、常時装着したまま生活できます。また、11×11mmのディスプレイを搭載。視認性にも優れており直射日光下でも見やすいので、屋外でも快適に使用可能です。

ウォーキングやランニング、バイクに水泳など、さまざまなアクティビティのトラッキングに対応。「Move IQ機能」を有しており、手動でトラッキングの開始をしなくても、アクティビティを自動的に認識してデータを計測できます。

日常生活に便利なツールが搭載されているのもポイント。天候を素早く確認できる天気ウィジェットやアラームの設定、カウントダウンタイマーなどを使用可能です。また、ペアリングしたスマートフォンの位置を探す機能も搭載されています。

ガーミン(GARMIN) vívosport 010-01789-70

トレーニングをサポートするのに便利なスマートバンドです。ランニングやウォーキングなどのアクティビティをトラッキング可能。筋トレや有酸素運動などもトラッキングできるので、効率的にトレーニングしたい方にもおすすめです。GPSも内蔵されており、屋外でも正確にトラッキングできます。

また、スリムなバンドを採用しており、違和感を抑えて装着可能です。常時点灯やカラー表示にも対応したディスプレイを採用しており、さまざまな情報を手元で素早く確認できます。

24時間の心拍数測定にも対応。測定した心拍数からVO2 Maxや「フィットネス年齢」を推定できます。さらに、心拍変動からストレスレベルを測定する機能も搭載。測定したさまざまなデータは、スマートフォンアプリに保存できます。

スマートフォンとペアリングすると、通知の確認や音楽再生のコントロールなどの操作も可能です。

オッポ(OPPO) OPPO Band Style OB19B1

シーンに応じた使い方ができるスマートバンド。スタイルタイプとスポーツタイプの2種類のストラップが付属しています。スタイルタイプのストラップはフォーマルなシーンでも身に着けやすいデザインなので、TPOに合わせた使い分けが可能です。

ディスプレイは、約1.1インチの有機EL。傷に強い2.5Dの強化ガラスを採用しているため、安心して使用可能です。ペアリングしたスマートフォンに届いたメールや着信などの通知を確認できるほか、アラームや音楽コントロールなども利用できます。

血中酸素レベルや心拍数の測定にも対応。心拍数は24時間測定できるので、リアルタイムの数値をいつでも手元で確認可能です。ランニングやウォーキング、サイクリングなどのトレーニングをサポートするスポーツモードは、12種類用意されています。

バッテリー持ちのよさも魅力。フル充電しておくと、最大で約12日間使用できます。

アマズフィット(Amazfit) Amazfit Band 5

コンパクトかつ軽量ながら高機能なスマートバンド。重量も約24gと軽量なので、違和感を抑えて装着可能です。ディスプレイも大型で見やすく、カラー表示にも対応しています。

独自の「BioTracker2 バイオトラッキング光学センサー」を搭載しており、24時間心拍数をモニタリング可能。ストレス・呼吸・睡眠などのモニタリングにも対応しているほか、月経周期のトラッキングにも対応しています。

スポーツモードは11種類搭載。ランニングとウォーキングは自動認識にも対応しているため、最小限の操作でデータを記録できます。

Amazon Alexaも使用可能。タッチ操作をしなくても話しかけるだけでさまざまな操作を行えるので、便利に活用できます。

アマズフィット(Amazfit) Amazfit X

スタイリッシュなデザインが魅力的なスマートバンド。手首にフィットしやすい「3Dカーブスクリーン」を採用しています。ディスプレイサイズは約2.07インチと大型。高解像度のAMOLEDディスプレイも特徴です。

ボディの素材にはチタン合金を採用しており、軽量かつ頑丈なのもポイント。5気圧防水にも対応しているので、装着したまま水泳をしたりシャワーを浴びたりもできます。また、バッテリー持ちにも優れており、最大で約7日間充電なしで使用可能です。

9種類のスポーツモードを搭載。ウォーキングやランニングなどは手動でスタートさせなくても、自動で検知してトラッキングが開始されます。心拍数の計測や血中酸素のモニタリング機能も利用可能です。

フィットビット(Fitbit) Fitbit Charge 5 FB421BKBK-FRCJK

シンプルなデザインながら多機能なスマートバンド。直射日光下でも見やすい、鮮やかなカラーディスプレイを搭載しています。「皮膚電気活動スキャンアプリ」の搭載が特徴のひとつ。皮膚の発汗量のわずかな変化を検出し、ストレスを測定できます。

また、心拍数や血中酸素レベル、呼吸数のほか、睡眠時の皮膚温の変動を記録する機能も利用可能。さらに、GPSも搭載しています。本体のみでワークアウト時のルートを記録したり、移動距離を表示したりできます。

Suicaに対応しているのも特徴のひとつ。駅の改札を通ったり一部のバスの運賃を支払えるのはもちろん、対応しているレジや自動販売機でも決済できます。ちょっとした外出であれば財布を取り出す必要がありません。

フィットビット(Fitbit) Fitbit Luxe FB422GLWT-FRCJK

おしゃれでスタイリッシュなスマートバンド。ケース部分の素材には、適度に光沢のあるステンレススチールが採用されています。シンプルながら高級感もあるので、ファッションアイテムの一部としてデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

ヘルスケア機能が充実しているのも魅力のひとつ。スマートフォンに専用アプリをインストールすると、呼吸数や安静時心拍数、血中酸素ウェルネスや心拍変動などのデータを簡単に確認可能です。

また、スマートフォンと連携すれば、通知の表示にも対応。着信やメッセージを確認できます。バッテリーは最大5日間持続します。

サムスン(Samsung) Galaxy Fit2 SM-R220NZKAXJP

シンプルで使いやすいスマートバンド。1.1インチのフルカラー表示に対応した有機ELディスプレイを搭載しています。バッテリー持ちにも優れており、最大約21日間連続で使用できるので、充電の手間がかかりにくい点も魅力です。

さまざまなエクササイズのトラッキングにも対応。本体を手首に装着している状態であれば、対応のアクティビティは自動的に検出されます。心拍数や消費カロリーも記録できるため、目標や計画を立てて効率的にトレーニング可能です。

装着した状態で眠ると、睡眠のトラッキングもできます。スマートフォンアプリからは、睡眠の質を評価したスコアや改善のヒントなどもチェック可能。また、定期的に手を洗うようにリマインドする機能にも対応しています。

関連リンク
・スマートバンドのおすすめ(ビックカメラ)