スマホと連携させることでアプリ操作やデータ管理ができる「スマートウォッチ」。製品ジャンルとして確立された今はラインナップも増え、低価格モデルも登場しています。

そこで今回は、1万円以下のおすすめ格安スマートウォッチをご紹介。お手頃で使い勝手のよいアイテムを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

高級モデルと格安スマートウォッチの違いは?

高級モデルと格安スマートウォッチとの大きな違いは機能面。高級モデルはタッチパネルに対応しているモノがほとんどで、メールやLINEの通知だけでなく、内容もスマートウォッチで確認できます。

一方、格安スマートウォッチは価格がリーズナブルな分、タッチパネルに対応していないモデルが多く、メールやLINEの通知のみがほとんど。心拍数の測定や歩数などのデータ管理、防水には対応しているモデルもありますが、「Apple Watch」のように交通系ICカードの決済までは対応していない場合があるので、気をつけましょう。

1万円以下のスマートウォッチの選び方

対応OSで選ぶ

スマホとの連携で真価を発揮するのがスマートウォッチ。使っているスマホがAndroidであればAndroid OS、iPhoneであればiOSのバージョンを確認し、購入したいスマートウォッチに対応しているかどうかをチェックしてみてください。

サイズと重さで選ぶ

格安スマートウォッチを選ぶ際は、サイズや重さもチェックしましょう。高級なスマートウォッチ、特にタッチディスプレイを備えているタイプはサイズが大きめ。バッテリーのスタミナも考慮されているので、やや重さが気になる場合もあります。

一方、格安スマートウォッチはある程度機能が絞られているモデルがほとんど。ブレスレットやスポーツウォッチのような形状のモノが多く、アクティブなシーンでもストレスなく身につけられます。

防水性能で選ぶ

最近の格安スマートウォッチには防水性能が備わっているモノもあります。アウトドアシーンやスポーツシーンでスマートウォッチを身につけたい方は、防水性能の有無をチェックしておきましょう。

ただし、防水性能の高さは価格に比例する傾向にあるので注意が必要。格安スマートウォッチはキッチンや洗面所などの水回り程度であれば対応できますが、プールなどの水泳に対応できるモデルは高級スマートウォッチであることがほとんどです。

耐久性で選ぶ

スマートウォッチはスマホ同様に精密機器なので、外部から強い衝撃が加わると故障する原因になる場合があります。

耐久性を重視したい方は、タッチパネルが搭載されているモデルよりも、一般的な腕時計タイプを選ぶのがおすすめ。さらに、ボディの素材に高強度の素材を採用している製品のほうが、スポーツやアウトドアシーンでも気兼ねなく使えます。

ライフログ機能の有無で選ぶ

By: huawei.com

ライフログ機能とは主に歩数や活動量、心拍などの健康に関わるデータを計測できる機能。スマートウォッチで計測したデータはスマホと連携することでより振り返りがしやすくなるので、健康意識が高い方はしっかりとチェックしておきましょう。

その他機能で選ぶ

格安スマートウォッチであっても機能は製品によってさまざま。スマホと連携して位置情報を記録できるGPS機能、離れたところから写真を撮れるリモートシャッター機能など、便利機能が備わっているモデルもあります。使用するシーンや用途を考慮して選ぶようにしましょう。

コスパ最強の1万円以下おすすめ格安スマートウォッチ

ガーミン(GARMIN) vivofit4 レギュラー

自動的にアクティビティを検出して記録するスマートウォッチ。独自機能「Garmin Move IQ」により、着用者の活動に合わせてパーソナライズするため、常に自分の生活に適した歩数目標が表示されます。

生活が便利になるツールが内蔵されているのも特徴。天気ウィジェットやアラーム、カウントダウンタイマーなどさまざまな機能を活用できます。また、水泳やシャワーにも対応できる防水性能を備えているため、常に身につけておきたい場合にも便利です。

歩数や歩行距離、消費カロリー、睡眠などさまざまな活動を記録できるので、健康管理に役立ちます。記録を保存、計画、共有できる「Garmin Connect」などにも対応しているため、ソーシャルチャレンジをしたい方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Miスマートバンド4

高精細のフルカラーAMOLEDタッチディスプレイを搭載した格安スマートウォッチです。従来モデルと比べてディスプレイサイズが39.9%大きくなっており、視認性が向上しているのが魅力。着信通話やメッセーシなどの内容をひと目で確認できます。

さまざまなセンサーを搭載しているのもポイント。歩数や心拍数の計測はもちろん、睡眠の質、座りすぎ対策など、多彩なアクティビティデータを計測することが可能です。最大50mの5気圧防水に対応しており、水泳時やシャワー時も装着したまま使えます。

バッテリー駆動時間は最大20日間で、こまめに充電する必要がありません。デザインもシンプルなため、普段使いしやすいのが魅力。安くて高性能なスマートウォッチを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) キュリオム CHRONOWEAR QSW-01H

専用アプリと連携して、各種データの確認や設定が簡単に行えるスマートウォッチ。歩数・カロリー計をはじめ、睡眠モニターやアラーム機能、メッセージ通知など多彩な機能を備えているのが特徴です。

時計画面はクラシックな文字盤デザインからデジタル盤面まで複数のデザインから選択可能。ライフスタイルや好みに合わせて使い方を選べます。活動記録は身につけるだけで自動測定を行い、簡単に操作できるのが魅力。普段使いできる時計型のアイテムを探している方におすすめです。

ウィルフル(Willful) カラースクリーンスマートウォッチ

高精細な「TFT LCDカラースクリーン」を搭載したスタイリッシュなスマートウォッチ。リーズナブルな価格ながら、着信電話機能やSMS・メール通知、天気予報、カメラ遠隔操作など、さまざまな機能を備えているのが特徴です。

歩数計や消費カロリー計測、活動距離、時間計測など活動量計としてはもちろん、健康管理機能も充実しているのもおすすめポイント。24時間リアルタイムに心拍を監視して心拍数データをアプリに表示するほか、自動で睡眠状態を監視する「睡眠監視モード」も便利です。睡眠の深さを自動で計測して日頃の睡眠サイクルを把握することにより、健康管理に役立てられます。

セミロ(Semiro) スマートウォッチ スマートブレスレット

さまざまな機能を搭載した多機能スマートウォッチです。活動量計機能では歩数や移動距離を記録して、ウォーキングやランニングでの効果をしっかりと確認できます。

健康管理機能も充実しており、自動で30分ごとに心拍数を計測。設定値の上限を超えた際には本体を振動させて知らせるため、日頃から血圧を気にしている方におすすめです。睡眠診断機能も便利で、「深い睡眠」「浅い睡眠」を自動的に計測して測定結果をスマホで確認できるので、毎日の生活習慣やトレーニングメニューの改善などに役立ちます。

電話やLINE、SMSメッセージなどを振動で通知するのもポイント。iPhone・Android両方のスマホに対応しています。

セミロ(Semiro) カラースクリーン スマートウォッチ V10

強い日差しの下でもモニターが見やすい「IPS TFTカラースクリーン」を搭載したスマートウォッチです。管理アプリは日本語に対応しており、心拍計・血圧計・活動量計・カロリー計算・歩数計・睡眠計といった、健康管理に役立つ機能を搭載しています。

着信通知やメール通知、SNS通知などを表示するメッセージも日本語に対応しているので、海外製モデルの購入を悩んでいる方にもおすすめです。また、150mAhのバッテリーを搭載しているのも特徴。1回の充電で3~6日間の使用時間、最大待機時間は30日とスタミナも十分です。

GanRiver スマートウォッチ

シンプルながらスタイリッシュなデザインで、洗練された雰囲気を演出できるスマートウォッチ。バンド部分には柔らかいTPU素材を採用しており、肌の刺激が少ないのも魅力です。

スマートフォンへの着信やSNSなどの通知を知らせてくれるほか、活動量計としても活躍。歩数や消費カロリーなどの計測ができます。移動したルートを確認できるGPS機能に対応しているため、ランニングやサイクリングなどの運動にもおすすめです。

眠りの深さを計測できるモードが搭載されているのも特徴。入手しやすい価格で多機能を実現したおすすめのモデルです。

PZX スマートウォッチ

1.3インチのフルタッチスクリーンを搭載しており、視認性と操作性に優れているスマートウォッチ。上下や左右のスワイプ操作でスムーズに画面の切り替えができます。ランニングやサイクリング、テニスなど全6種類の運動モードに対応しているため、運動の種類に合わせて心拍数などのデータ計測が可能です。

移動記録などを残せるGPS機能にも対応。また、IP67相当の防塵防水性能を備えているので、塵や水濡れに強く、天候を問わずに着用できます。

スマホに届いたメッセージや着信を通知する機能も搭載。さらに、手を振るだけでスマホカメラのシャッターが切れるリモートカメラ機能に対応しており、写真を撮るときに便利です。

iYaSu スマートブレスレット

本製品1台だけで、活動量計・ハートレートモニター・スポーツウォッチの3役を果たすアイテムです。文字が見やすい大画面が特徴。専用アプリに同期すると、GPSルートと詳しい運動データを確認できます。

スマホに電話着信が来たときには名前を表示するほか、振動でも通知。電話に出られないときには、本体で着信を拒否も可能です。新着メッセージは3通まで保存でき、本製品でメッセージの削除もできます。

専用アプリに設定したスケジュールやアラームを、スマートウォッチに通知可能。また、長時間座っていると本製品が振動し、運動を促す機能も付いています。防水仕様なので、スポーツ時でも気兼ねなく装着することが可能です。

容量バッテリーは320mAhで、急速充電機能が付いているのもポイント。2時間の充電で最大待機時間は960時間です。運動や健康の管理だけでなく、スマホと連携して日常生活に使用したい方はチェックしてみてください。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI Band 4 Pro

低価格ながら、GPS機能を搭載している格安スマートウォッチです。単体で位置計測できるので、スマホを持たずにランニングやサイクリングなど、アウトドアスポーツを楽しめます。

ディスプレイは、0.95インチサイズのAMOLEDカラータッチスクリーンを搭載。着信やメッセージを表示できるのはもちろん、音楽再生の操作にも対応しています。

また、歩数や心拍数、睡眠モニタリングといったライフログ機能も充実。防水仕様なのでシーンを問わず、身につけられます。リーズナブルな価格でコスパ良好なスマートウォッチを探している方におすすめです。

ウィジングズ(Withings) スマートウォッチ HWA06

フランスの電子機器メーカー、ウィジングズの時計型スマートウォッチです。従来のアナログ腕時計とほとんど変わらないデザインながら、ウォーキングやランニングなどのアクティビティをトラッキング可能。ダイヤルの針によって達成率をチェックできます。

本製品はバッテリー交換式を採用しているのが特徴。バッテリー寿命は最長18ヶ月と、腕時計感覚で使用できます。毎日充電する必要がなく、使い勝手も良好。初めてスマートウォッチを使う方にもおすすめです。

カラーはデイリーに使いやすいブラック&イエローがラインナップ。機能性はもちろん、デザイン性にも優れたおすすめのスマートウォッチです。

itDEAL スマートブレスレット M8

リーズナブルながら多機能なitDEALの格安スマートウォッチ。OSはAndroidとiOSの両方に対応しており、時間や日付の表示機能はもちろん、着信通知やカロリー消費、心拍数、睡眠モニターなど、ハイエンドモデルに引けを取らない機能を搭載しています。

スマートウォッチ単体でもデータをチェックできますが、専用アプリの「H Band」と同期すれば、詳細なデータをスマホ上で管理することが可能。専用アプリは日本語に対応しているので、英語が苦手な方も安心です。

また、IP67の防水・防塵機能を備えているのもポイント。ランニングやウォーキングなどスポーツシーンでの使用にもおすすめです。

山佐時計計器 ウェアラブル万歩計 anemos fit

歩数や消費カロリー、歩行距離の測定など基本的な機能が備わったスマートウォッチです。スマホと連携することで、計測データはもちろん、着信とメッセージの通知確認が可能。そのほか、予定のリマインドやスマホ探し、座りすぎ通知などの機能も搭載されています。

ベルトを外した本体をUSBポートに差し込むだけで簡単に充電できるところもポイント。充電は約45分のフル充電で、約2~6日間持ちます。シンプルな機能のスマートウォッチを探している方におすすめの製品です。

カシオ(CASIO) G-SHOCK ジー・スクワッド GBD-800-7JF

カシオの人気シリーズ「G-SHOCK」のスマートウォッチ。3軸加速度センサーによる歩数計、200本のラップメモリー、5本×20本セットのマルチタイマーなど、スポーツシーンに適したさまざまな機能を備えているのが特徴です。

上・中・下段と右上窓に分割した液晶を採用。それぞれに計測情報や時間を同時表示させるなど、日々の活動を瞬時に確認できます。また、スポーツシーンでの視認性や操作性を追求しているため、トレーニング中でも安心して使えます。

アプリ連携によって各種設定や記録の管理、時刻修正などが簡単に行えるのも魅力。細かいフィッティング調整が可能で、快適に装着できます。スポーツシーンでの記録をメインに、デザインにもこだわりたい方におすすめのモデルです。