健康志向の方から人気を集めている、Google Fit対応の「スマートウォッチ」。スマホと連携することで運動した内容の記録や運動目標の達成状況などを確認できるので、日々の健康管理に重宝します。

Google Fitに対応するスマートウォッチはさまざまなモデルが販売されているため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、Google Fit対応スマートウォッチの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

Google Fitとは?

By: fitbit.com

Google Fitとは、Android OSの開発元でもあるGoogle社が提供しているスマホ向けの健康管理アプリのこと。AndroidスマホとiPhoneの両方でインストールが可能で、Googleアカウントを使用することで運動データをアプリ内で管理できるのが特徴です。

Google Fitアプリはさまざまな外部デバイスやアプリと連携できるのもポイント。アプリ単体では自動で記録できる項目は限られますが、例えば対応する体重計と連携すれば、本来は手動入力が必要だった体重の変動もアプリ内に自動記録できます。

さらに、対応するスマートウォッチと連携すると、心拍数・睡眠時間・消費カロリーなども含めた詳細な運動データをリアルタイムで記録。日々の健康管理に役立つ多彩な機能を利用できます。

Google Fitでできること

歩数や運動時間の記録

By: fitbit.com

運動データをリアルタイムで記録できるのがGoogle Fitの特徴です。歩数計と同じように、Google Fitアプリをインストールしたスマホを持ち歩いている間の歩数を自動でカウント可能。1日ごとに決まった歩数のウォーキングを日課にしている方にもおすすめです。

運動した時間を同時に自動記録できるのもポイント。ウォーキングなどを始めるとGoogle Fitアプリが運動を自動で検出して動いている時間を記録します。運動をしない場合は記録が更新されないので、毎日の運動習慣や健康維持に対する意識を高められるのが魅力です。

運動目標の設定・確認

By: rakuten.co.jp

運動目標の管理が可能なのもGoogle Fitの魅力。1日に達成したい歩数や運動時間などを目標として事前に設定しておくことで、アプリを開く度に目標の達成状況を確認できるようになります。

目標の達成状況は円グラフで表示されるのが特徴。運動を行うとリアルタイムでグラフが更新され、円が閉じてチェックマークが付くとその日の運動目標を達成したことを示します。

アプリのウィジェット機能を使えば、スマホのホーム画面に円グラフを表示できるようになるので、より手軽に達成状況の確認が可能。通知機能と組み合わせれば、運動に対するモチベーションを高く保てます。

過去のデータの確認

By: fitbit.com

過去の運動データを遡って確認できるのもGoogle Fitの便利なポイント。「タイムライン」機能を使えば、週表示や月表示のカレンダーを使って運動目標の達成状況を一覧できます。今週の達成状況はどうだったかなども簡単に振り返れるので、過去の運動データを今後のトレーニングに活用したい方にもおすすめです。

タイムラインでは、スポーツの種目ごとに運動データの確認が可能なのも魅力。Google Fit対応スマートウォッチを使えば、ウォーキング以外にもランニング・水泳・サイクリングなど、多彩な種目の運動データを個別で記録できます。

Google Fit対応スマートウォッチの選び方

タイプをチェック

普段使いもできる「腕時計型」

By: amazon.co.jp

腕時計型のスマートウォッチは汎用性に優れているのが特徴。形状が一般的な腕時計に近く、運動をするとき以外にも多彩なシーンで活用できます。高級感のあるデザインを採用しているモデルは、ビジネスシーンでも違和感なく使用できるのが魅力です。

大きな文字盤を搭載しているのもポイント。時刻や各種アプリの表示に加えて、スマホからの通知も大きな画面で確認が可能なので、日常生活のなかで快適に使えます。

なお、本体の重量や運動時の使用感では、リストバンド型にやや劣るのが難点。スマートウォッチを運動以外にも普段の生活で積極的に活用したい方におすすめです。

コンパクトな「リストバンド型」

By: amazon.co.jp

リストバンド型のスマートウォッチは軽量かつコンパクトなのが特徴。バンドの横幅に合わせた大きさの文字盤を搭載し、細身のデザインを採用しています。装着感は軽快で、激しく動く場合も邪魔になりにくいので、主に運動でスマートウォッチを活用したい方におすすめです。

しかし、腕時計型と違って文字盤の表示領域が限られ、一度に表示できる項目が少ないのがデメリット。時刻・気温・歩数・心拍数といった運動に最低限必要な項目は表示できるため、運動だけに集中したい場合にぴったりです。

コスパの優れたモデルが多いのもリストバンド型の魅力。スマートウォッチを安く入手したい方にも適しています。

防水性能をチェック

スマートウォッチを運動やトレーニングで積極的に使いたい場合は、防水性能の優れたモデルを選ぶのがおすすめ。汗をかいたり、急な雨や水しぶきがかかったりしても故障のリスクを抑えられるため、さまざまな環境で活用できます。

スマートウォッチの防水性能を確認する場合は「IP」で表示される保護等級をチェック。完全防水を示す「IPX7」以上の等級に対応するモデルであれば、装着したまま雨天時でもランニングでき、シャワーにも耐えられます。

水中でも使用したい場合は対応圧力を示す「ATM」も重要。水深50mに相当する圧力に耐える「5ATM」に対応するモデルを選べば、水泳やマリンスポーツをする際にも気兼ねなく使えます。

バッテリーの持続時間もチェック

By: huawei.com

日常生活や運動でスマートウォッチを積極的に活用したい場合は、バッテリーの持続時間が長いモデルを検討してみてください。持続時間が短いモデルだと、頻繁に充電をする必要があるので利便性が低下します。

バッテリーの持続時間は最低18時間、できれば2日以上もつモデルがおすすめ。また、急速充電機能を備えていれば、忙しくてまとまった充電時間が確保しにくい場合に重宝します。

なお、GPS機能を有効にするとバッテリーを大量に消耗するため注意。トレーニングなどでGPS機能を積極的に使用したい場合は、GPS使用時と不使用時のバッテリー消費速度の違いを忘れずにチェックしましょう。

Google Fit対応スマートウォッチのおすすめモデル

商品

グーグル Google Pixel Watch

フィットビット sense 2

フィットビット Inspire 3

フィットビット Versa 4

フィットビット Charge 5

Amazfit Band 7

Amazfit T-Rex 2

Amazfit GTR 4

スカーゲン Falster Gen 6

フォッシル FTW4069

ポラール Ignite 3

ファーウェイ STA-B39

オッポ OBB215

シャオミ BHR7422
販売ページ
タイプ腕時計型腕時計型リストバンド型腕時計型-リストバンド型腕時計型腕時計型腕時計型腕時計型腕時計型腕時計型リストバンド型リストバンド型
ディスプレイAMOLEDディスプレイ(DCI-P3カラー)カラータッチスクリーンカラータッチスクリーンカラータッチスクリーンカラーAMOLEDタッチスクリーンAMOLED
タッチスクリーン
AMOLED
タッチスクリーン
AMOLED
タッチスクリーン
タッチスクリーンカラー AMOLED
タッチスクリーン
AMOLED(有機EL)
タッチスクリーン
AMOLED
タッチスクリーン
有機ELディスプレイ(AMOLED)
タッチパネルディスプレイ
TFTディスプレイ
駆動時間最大24時間6日間以上最大10日間6日間以上最大7日間最大18日間最大24日間最大14日間24時間+数日間省電力モード24時間+数日間省電力モード最大5日間約9日間最長14日間14日間
防水・防塵性能防水性:5 ATM水深50mまでの耐水仕様水深50mまでの耐水仕様水深50mまでの耐水仕様水深50mまでの耐水仕様防水等級:5ATM防水グレード:10 ATM防水等級:5ATM耐水性:5気圧ケースの防水性:3気圧防水性:WR30防水:5ATM防水性能:5ATM防水性能:5ATM
Suica対応----------
音声操作/音声アシスタント-------

グーグル(Google) Google Pixel Watch

グーグル(Google) Google Pixel Watch 2022

シンプルでスタイリッシュなドーム形状のスマートウォッチです。「プレミアムステンレススチール」を採用しており、高級感を演出できます。20種類以上のバンドを展開し、好みやシチュエーションに合わせて使い分けられるのが特徴。フィットネス用としてだけでなく、普段使いにもおすすめです。

健康管理機能とフィットネス機能を搭載。健康管理機能では、心拍変動・呼吸数・睡眠スコアなどのデータを取得できます。フィットネス機能は40種類のエクササイズモードを内蔵しているのが魅力です。

Google PixelやGoogle Pixel Budsなど、Google製品とシームレスな連携が可能。セットアップやデバイスの切り替えもスムーズに行えます。

フィットビット(Fitbit) sense 2

フィットビット(Fitbit) sense 2 2022

高性能な健康管理機能を備えたスマートウォッチです。安静時の心拍数・呼吸数・血中酸素ウェルネスなどを測定します。連携アプリ「FitToFit」を使うことで、データをGoogle Fitに転送可能です。

身体反応を計測する「ストレスマネジメント」機能を採用。時間帯ごとの感情を振り返り、ストレスパターンを把握します。呼吸法やエクササイズなどのアドバイスをするのも特徴です。

本製品はAmazon Alexaを搭載。スマートウォッチに話しかけるだけで、天気予報をチェックしたりアラームを設定したりと、さまざまな機能を活用できます。手が離せない状況でも操作を行えるのが魅力です。

フィットビット(Fitbit) Inspire 3

フィットビット(Fitbit) Inspire 3 2022

健康管理から本格的なスポーツまで活用できるスマートウォッチです。最大10日間持続するバッテリーを内蔵しています。充電残量を気にせず、アクティブに使い続けられるのが特徴。本体はリストバンド型を採用しており、装着感も良好です。

「運動リマインダー」機能を搭載。長時間座りっぱなしの状態を検知すると、運動を促す通知を届けます。デスクワークをする方にもおすすめです。「Fitbit」アプリをインストールすると、各種データの確認もできます。

「サイレントモード&おやすみモード」も便利。通話と通知をミュートするため、睡眠中に通知で起こされるリスクを軽減できます。

フィットビット(Fitbit) Versa 4

フィットビット(Fitbit) Versa 4 2022

薄型かつ軽量で、汗をかいても快適に着用できるGoogle Fit対応のスマートウォッチです。画面サイズの大きなディスプレイにより、データを素早く確認できます。GPSが搭載されており、走った距離の確認もできるのが魅力です。

ゴルフやハイキングといった40種類のエクササイズモードが備わっているのも特徴。血中酸素濃度や呼吸数の傾向をはじめ、心拍数、睡眠パターンなど、健康管理に役立つ情報をチェックできるのもメリットです。

カレンダーの通知やテキストメッセージの受信などにも対応。大切な予定を忘れてしまったり、重要な連絡を逃してしまったりする心配が少なく済みます。

さらに、GoogleマップやFitbit Payなども利用可能。本体はスマホと連携でき、スマホからも情報を確認できます。そのほか、6日間以上持続すると謳うバッテリーを搭載。スタミナ性にも優れたおすすめモデルです。

フィットビット(Fitbit) Charge 5

フィットビット(Fitbit) Charge 5 2021

視認性に優れた鮮やかなディスプレイのスマートウォッチです。常時表示モードを使用すると、歩数・距離・カロリーなどの情報をひと目で把握できます。

20種類のエクササイズモードを搭載。さまざまな運動を楽しめるのが魅力です。自分の目標を設定すると、リアルタイムでデータを取得できます。専用アプリ「FitToFit」を利用することで、フィットネスデータをGoogle Fitに転送可能です。

本体にはGPSを内蔵。ランニングやサイクリングをするときに、スマートフォンがなくてもリアルタイムでペースと距離を表示します。

Amazfit Band 7

Amazfit Band 7 2022

普段使いからスポーツシーンまで対応できるスマートウォッチです。1.47インチの大型HD AMOLEDディスプレイを採用。視認性に優れているため、屋外でもディスプレイの情報を把握しやすいのが特徴です。薄型・軽量化を実現しており、長時間でも快適に装着できます。

本格的な運動をサポートする「ワークアウト ステータスアルゴリズム」を搭載。最大酸素摂取量・トレーニング負荷・トレーニング効果をフィードバックします。

「PAI健康評価システム」では、掃除や買い物、散歩などの日常的な活動も健康スコアとして計測。スポーツだけでなく、健康のための習慣づくりを目的にしている方にもおすすめです。価格が比較的安いモデルを探している方もチェックしてみてください。

Amazfit T-Rex 2

Amazfit T-Rex 2

過酷な環境でもアクティブに活用できるスマートウォッチ。-30℃の極寒でもボタン操作ができると謳っています。登山やトレイルランなどの環境下でも使い続けられるのが魅力です。

2種類の衛星電波を利用する「デュアルバンド位置測位システム」と、GPSやGLONASSなど5つの衛星による「5衛星測位システム」に対応。正確な測位を実現します。アウトドアシーンやスポーツシーンでも高精度なデータ測定が可能です。

150種類以上のスポーツモードを内蔵しています。「Zepp App」をインストールすることで、Google Fitとの連携が可能。日々のトレーニング結果をスマートフォンから確認できます。

Amazfit GTR 4

Amazfit GTR 4 2022

ビジネスシーンでも使いやすい落ち着いたデザインのスマートウォッチです。心拍数・血中酸素レベル・ストレスレベルを24時間モニタリング可能。睡眠スケジュールの作成など、さまざまな用途に対応しています。

150以上のスポーツモードなど、運動のサポート機能が充実しているのが特徴。仕事帰りにジムでトレーニングしたい方にもおすすめです。5気圧の防水機能を有し、水泳中などにも使用できます。ランニング・サイクリング・ウォーキングなど8種類のスポーツは自動認識。スポーツモードへの切り替えを行うなど、使いやすさも考慮されています。

筋力トレーニングのカウントなどにも対応しており、効率的なトレーニングを行いたい方にもおすすめです。

本製品は大容量のバッテリーを搭載。一般的な使い方であれば最大14日間、省電力モードであれば約24日間使用できます。

スカーゲン(SKAGEN) Falster Gen 6

スカーゲン(SKAGEN) Falster Gen 6 2022

心拍数や有酸素運動レベルなど、健康に関するさまざまな情報を記録できるGoogle Fit対応のスマートウォッチです。睡眠を計測する機能や、歩数計なども備わっています。加えて、走った距離や経路を表示する機能が搭載されているのも特徴です。

Bluetooth接続でスマホと連携でき、通話やアプリの通知などに対応可能なのもポイント。手元にスマホがなくても、本製品から電話に出られます。重要な連絡の取り逃がしを防げるのが魅力です。

アジェンダやアラーム、カレンダーなどのアプリがプリインストールされているのもメリット。また、Amazon Alexaに対応しているため、声をかけるだけで操作できます。明るく鮮明なディスプレイ付きで、知りたい情報をひと目で視認しやすいおすすめモデルです。

フォッシル(Fossil) Gen 6 Wellness Edition FTW4069

フォッシル(Fossil) Gen 6 Wellness Edition FTW4069 2022

「ウェルネスを身近に」をコンセプトに掲げたスマートウォッチ。日常生活からスポーツシーンまで、さまざまな用途で活用できます。腕時計型デザインで、スーツやジャケットと合わせやすいのもポイントです。

ワークアウトを自動検知する機能を搭載。手動でワークアウトを開始しなくても、自動的にワークアウトモードが始められるため便利です。休息時間のトラッキングや、推定血中酸素濃度の測定なども可能。幅広い使い方ができます。

ポラール(POLAR) スポーツ&ヘルスケアウォッチ Ignite 3

ポラール(POLAR) スポーツ&ヘルスケアウォッチ Ignite 3 2022

シンプルでスタイリッシュな外見が魅力のスマートウォッチ。カラーはゴールドグレージュ・ライラックパープルなど4色展開で、トレーニングウェアとのコーディネートを楽しみたい方に適しています。

体温や活動量など、さまざまなデータを記録可能。カロリーの消費量やおすすめの入眠タイミングなども分析でき、生活の改善に役立てたい方にもぴったりです。毎日のトレーニングメニューの提案や、おすすめの休憩タイミングのアナウンスなど、多様な機能で日々の運動をサポートします。

リストバンドを含む重さは35gと軽量で、運動中も気になりにくく、アクティビティに集中できます。高解像度のディスプレイを搭載しており、操作しやすいのもポイントです。

ファーウェイ(HUAWEI) WATCH FIT Special Edition STA-B39

ファーウェイ(HUAWEI) WATCH FIT Special Edition STA-B39 2023

Google Fitと連携可能な「HUAWEIヘルスケア」を採用しているスマートウォッチ。約45分でフル充電できるため、すき間時間でバッテリーをためられます。

光学レンズとAIベースのデータ処理を行うことで、心拍数や血中酸素を24時間モニタリング可能です。心拍数に急激な変化が生じたら自動的にアラートで知らせます。

ランニングやバスケットボール、サッカーなど、100種類のワークアウトモードが搭載されているのもポイントです。データを自動で記録できるので便利。Google Fitと連携すれば、心拍数や消費カロリーなど詳細な運動データをアプリで管理できます。

運動時以外に、LINEの通話に応答したり、メッセージの確認をしたりできるのもうれしいポイント。機能性に優れたスマートウォッチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

オッポ(OPPO) OPPO Band 2 OBB215

オッポ(OPPO) OPPO Band 2 OBB215 2023

安い価格の製品を求めている方におすすめのスマートウォッチ。Google Fitと連携可能な「HeyTap Health」を利用できます。

ランニングや水泳、筋トレなど、100種類以上のスポーツモードを搭載。加えて、5ATMの防水が備わっているので、雨の日でも故障を気にせず使うことが可能です。

約1.57インチの大型ディスプレイを搭載しており、色域はDCI-P3 100%を実現しています。表示領域が広く、鮮やかな画面を表示できるため、視認性は良好です。

「AIコーディネート2.0」を用いれば、コーディネートに合わせて文字盤を自動生成します。運動用に使いたい方だけでなく、日常使いでおしゃれにこだわりたい方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Xiaomi Smart Band 8 Active BHR7422

シャオミ(Xiaomi) Xiaomi Smart Band 8 Active BHR7422 2024

スタイリッシュなデザインを採用したおすすめのスマートウォッチ。約9.99mmの薄型ボディに、約1.47インチのクリアなディスプレイを搭載。文字や数字が見やすいのも特徴です。

管理アプリの「Mi Fitness」がGoogle Fitとのデータ連携に対応。運動の記録や睡眠の質、心拍数などのデータを同期できます。健康目標の達成を図ることが可能です。

バッテリーは約14日間持続。頻繁な充電の必要がなく、旅行や出張などへも気軽に身に着けられます。また、50以上のスポーツモードを備えており、ランニング・水泳・野球など、さまざまなアクティビティの追跡が可能。防水性能を有しているので、雨の日や水辺での使用も安心です。