従来のCD音源を上回り、高精細かつ音域の広い高音質サウンドを楽しめる「ハイレゾ」。方法としては専用の音楽配信サイトから該当する楽曲をダウンロードし、ハイレゾに対応するオーディオ機器やスマホ、タブレットなどで聴くことができます。

そこで今回はハイレゾ対応スマホのおすすめモデルをご紹介。ちなみにハイレゾは日本の規格であるため、オーディオ機器にせよスマホにせよ、国内メーカーのほうが積極的で、スマホに関してはAndroid端末がメインとなります。興味がある方はその点を留意してチェックしてみてください。

ハイレゾ対応スマホの選び方

ハイレゾ対応スマホとは?

By: nttdocomo.co.jp

まず「ハイレゾ音源」とは、CD音源を上回る情報量を持った音楽データのことを指します。デジタル音源の情報量は、「サンプリング周波数(~kHz)」と「量子化ビット数(~bit)」という単位で表され、ハイレゾ音源の基準はおよそ「24bit/96kHz」以上です。ちなみに、CD音源は「16bit/44.1kHz」であり、ハイレゾ音源はこの約3~6.5倍の情報量を持っています。

ここからが本題ですが、スマホでハイレゾ音源を再生するためには、スマホ本体に内蔵されているDACがハイレゾに対応していることが必要です。そうでない場合、別途DACを用意する必要があります。

ちなみに、日本で人気のiPhoneシリーズは端末自体がハイレゾ音源の出力に対応していないため、専用の再生アプリとハイレゾ対応DAC搭載ヘッドホンアンプを別途用意しなければならない点には注意しましょう。

普通のスマホのDACは16bit/44.1KHzのCDレベルまでの能力しかありません。その場合、ハイレゾ音源再生時にCDレベル相当に劣化変換されてしまいます。つまり、ハイレゾ対応スマホとは本体とイヤホンないしヘッドホンで、気軽にハイレゾ音源を聴けるスマホのことを指します。

DACの性能で選ぶ

ハイレゾ対応スマホの多くは、同音源の再生用に24bit/192kHz対応以上のDACが必要。なお、この部分はオーディオ用の専用DACチップでカバーすることになります。ハイレゾ対応スマホの購入を検討する際は該当機種が高性能DACを搭載しているかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

アナログ回路の品位で選ぶ

By: amazon.co.jp

オーディオ再生においては、DAC部以降のアナログ回路も重要なポイント。音質に定評のある部品を取り入れているか、スピーカー部についても高音質化のための設計が施されているか、音響に効果的な回路が採用されているかなどもポイントです。

ただし、スマホに内蔵されているスピーカーは本体サイズの関係上、スピーカーによる音質には劣るのでその点は考慮しておきましょう。

microSDカードの使い勝手で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源は従来のCDやMP3に比べて多くのデータ容量を使います。そのため、多くの曲を聴くには容量十分なmicroSDカードによる外部ストレージの使用が必須です。

なお、スマホによって対応する最大容量は異なるので、256GB以上などの大容量を使いたいと思っている方は別途購入することも事前に検討しておきましょう。

ハイレゾ対応イヤホン付属の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源を存分に楽しむには再生音域が40kHz以上のイヤホンやヘッドホンも必要。ハイレゾ対応スマホを購入する際には同音源対応のイヤホンが付属する場合と、そうでない場合があるので注意が必要です。

とはいえ、近年はハイレゾ対応のイヤホンないしヘッドホンはラインナップが豊富なので、後者の場合は予算や懐事情との兼ね合いを考慮しながら検討してみてください。

イヤホンジャック非搭載スマホでは

By: nttdocomo.co.jp

イヤホンジャック非搭載スマホの場合はBluetooth接続で対応することになりますが、「LDAC」か「aptX HD」コーデック対応、あるいは、ハイレゾ対応DAC内蔵型イヤホンジャックアダプターが付属していればハイレゾ音質で再生できます。

なお、その場合は出力するイヤホン・ヘッドホン・スピーカーがそれぞれのコーディングに対応しているかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

スマホ全体のバランスで選ぶ

By: nttdocomo.co.jp

ハイレゾ対応スマホはハイエンドモデルが多いだけに、ユーザーによっては不要な4K撮影やHDR動画対応機も少なくありません。自分のスマホライフに合った機種を選ぶことも重要なので、スマホとハイレゾをセットとするのか、それともスマホとハイレゾを切り分け、スマホとハイレゾ対応の音楽プレーヤーをそれぞれ持ち歩くかは事前に検討しておきましょう。

ハイレゾ対応スマホのおすすめモデル|大手キャリア編

ソニー(SONY) Xperia XZ Premium SO-04J

ハイレゾ対応スマホの代表的な人気機種。高性能CPU「Snapdragon 835」を搭載。これにより、DSDネイティブを含めた幅広いハイレゾ音源再生に対応しています。Bluetoothで96kHz/24bitのハイレゾクオリティで伝送できる「LDACコーデック」に対応しているのも特徴です。

内蔵ステレオスピーカーは「S-Forceフロントサラウンド」を搭載し、イヤホンなしの時でも立体的なサウンドを鳴らします。内蔵ストレージ64GBに加え、最大256GBのmicroSDカード増設に対応しているのもポイントです。

より低域特性のよいヘッドホンアンプを採用し、回路構成・配線パターン・構成部品も音質重視。ヘッドホン再生時の音質もハイクオリティなおすすめモデルです。

ソニー(SONY) Xperia XZ2

イヤホンジャックを搭載していないハイレゾ対応のスマホ。ただし、USB Type-C接続型のDAC内蔵型3.5mmジャックアダプタが付属しているので、これを活用すれば、有線タイプのイヤホンやヘッドホンにも対応することはできます。

高性能なステレオスピーカーを本体に採用しているのが特徴。DSD再生にも対応しており、「DSEE HX」や「LDAC」などのソニーではおなじみの高音質機能も搭載しています。

最大400GBのmicroSDカード増設にも対応。4K/HDR撮影にも対応するハイスペック仕様であるだけでなく、IP65/IP68の防水対応のほか、高強度の「Gorilla Glass 5」によるタフさも魅力です。

ソニー(SONY) Xperia XZ1 SO-01K

本体スピーカーでしっかりした音を聴きたい方におすすめのハイレゾ対応スマホ。スピーカー部は高出力アンプを内蔵し、前モデルと比べて音量を約50%アップした「S-FORCE FRONT SURROUNDスピーカー」を備え、スマホとは思えない迫力あるサウンドを体感できるのが特徴です。

高性能CPU「Snapdragon 835」を搭載しDSDを含む幅広いハイレゾ音源再生に対応可能。圧縮音楽をハイレゾ相当の音質に変換再生する「DSEE HX」を搭載しているのもポイントです。また、デジタルノイズキャンセリング機能も備えるので騒音が気になる場所でも快適に音楽を聴くことができます。

Bluetoothは「LDAC」に加えて「aptX HD」にも対応。より多くの機器でのワイヤレスハイレゾ再生が可能です。内蔵ストレージは64GBで、microSDカードは最大256GB。大容量データにも対応できるおすすめのスマホです。

シャープ(SHARP) AQUOS R SH-03J

ハイレゾ対応スマホのなかでは比較的リーズナブルな機種。とはいえ、高性能CPU「Snapdragon 835 MSM8998」を搭載しているので、幅広いハイレゾ音源再生に対応します。

Bluetoothは「aptX HD」コーデックもカバー。HDR映像の再生に関しては輝度が前モデルよりアップしているがポイントです。なお、電池消耗の少ないIGZO液晶は1回の充電で平均3日間電池が保つので、ハイレゾ再生を長く楽しみたい方にもメリット。コスパ良好なハイレゾ対応のスマホを求めている方におすすめです。

サムスン(Samsung) Galaxy Note8

ハイレゾ対応イヤホンが付属している機種。同イヤホンは音響メーカーとして定評のあるアーカーゲー(AKG)の製品で、スムーズに高音質を楽しめるのが特徴です。

CPU「Snapdragon 835 」採用によりハイレゾ再生に対応しているほか、2つのダイナミックスピーカーによる高音質再生もポイントです。

内蔵ストレージは64GBで、最大256GBまでのカードが利用できるmicroSDカードスロットを備えており、使い勝手も良好。画面には有機ELディスプレイを採用しており、映像の美しさは秀逸。また、スマホながら、IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能も装備しているので、タフなモデルを探している方にもおすすめです。

富士通(Fujitsu) arrows NX F-01K

耐久性の高いハイレゾ対応スマホです。1.5mの高さからコンクリートへの落下試験をクリアしたほか、過酷な使用シーンへの対応度の高さを示す米国国防総省のMIL規格23項目に準拠しているのが特徴です。

金属一体構造ボディを採用することにより堅牢さと美しさに寄与。ストレージは32GBで、最大256GBのmicroSDカード増設に対応できるので使い勝手も良好です。

CPU「Snapdragon 660」搭載により、ハイレゾ再生にも対応。高性能なハイレゾ音源対応プレーヤーアプリのオンキヨー「HF Player」に対応しており、DSDを含む幅広い音源を楽しめるのもポイントです。

ハイレゾ対応スマホのおすすめモデル|SIMフリー編

ファーウェイ(Huawei) 6.0インチ Mate 10 Pro

高性能CPUの「Kirin970」を採用しているハイエンドモデルのスマホ。ハイレゾ音源の高音質再生はもちろん、3Dゲームから高解像度の動画まで、サクサク快適に使えるのが特徴です。

「AIチップセット」による写真撮影性能の高さもポイント。なお、microSDカードスロットは搭載していないものの、本体ストレージは128GBと比較的充実しているので、本体内だけでもハイレゾ音源をたっぷり収録することができます。

最大32bit/384kHz再生に対応するハイスペック仕様。Bluetoothもハイレゾ対応の「LDAC」と「aptX HD」の2つに対応します。なお、本体イヤホンジャックはなく、USB Type-C接続型のハイレゾ対応イヤホンが付属します。汎用性の高いスマホを求めている方におすすめです。

オンキヨー(ONKYO) ハイレゾ対応スマートフォン GRANBEAT DP-CMX1

イヤホンのバランス出力を備えたハイレゾ対応スマホ。左右の信号の混ざり合いを防ぐことにより、立体感のある高音質再生が特徴のスマホです。

ポータブルオーディオの分野ではすでに多数の対応機種をリリースしている同メーカーの技術とノウハウが注ぎ込まれおり、完成度は良好。DACはESS製「ES9018C2M」を2基使用し、PCMで最大384kHz/24bitまで。DSDでは11.2MH対応とハイスペックです。また、DACとオーディオ回路部分を完全に独立させた基板構成を採用することにより、高音質と低ノイズ性にも寄与しています。

大容量バッテリーによるハイレゾ再生25時間のロングライフも魅力。内蔵ストレージも128GBと多い上、最大256GBのmicroSDカード追加に対応します。なお、購入する際は同社のハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー(DAP)である「DP-X1A」と混同しないようにご注意ください。

エイスース(ASUS) SIMフリースマートフォン ZenFone 4 SIMフリー

PCM系で最大24bit/192kHzのハイレゾ再生に対応するスマホ。独自機能の「オーディオウィザード」では音質を自分の好みに合わせて変えることが可能なほか、「DTS Headphone:X」搭載により、7.1チャンネルバーチャルサラウンドを楽しめるのも特徴です。

USB Type-C端子を採用しているのもポイント。また、内蔵ストレージ64GBに加え、最大2TBまでのmicroSDカードに対応します。音楽再生以外でも使い勝手は良好。データの重いアプリもサクサク動くので、あらゆる用途でハイレベルに対応できるおすすめのスマホです。

シャープ(SHARP) AQUOS SIMフリースマートフォン R compact SH-M06-W

シャープのSIMフリースマホかつハイレゾ対応の機種。片手で持ちやすい丸みを帯びた形状と狭額縁設計により、幅66mmとコンパクトサイズにまとまっているのが特徴です。

「ハイスピードIGZO」液晶を搭載しており、映像美が秀逸なのもポイント。内蔵ストレージは32GBと少なめながらも、最大400GBのmicroSDカードに対応するので、大容量のデータ管理にも対応。持ち運びにストレスのないハイレゾ対応スマホが欲しい方におすすめのモデルです。

ZTE SIMフリースマートフォン ZTE AXON7

立体音響の「ドルビーアトモス」に対応した機種。内蔵スピーカーやヘッドホン、イヤホン、USBデジタル接続で利用可能なモデルです。

DACチップには高級ハイレゾプレーヤーにも使われている旭化成エレクトロニクスの「AK4490」を搭載。最高192kHz/24bitのFLACやWAV、AIFF、Apple Losslessなど、幅広いハイレゾ音源再生に対応します。なお、DSD再生には対応しておらず、付属イヤホンもハイレゾ非対応なのでご注意ください。

本製品はハイレゾ対応スマホの先駆けとなった機種で、Bluetoothに関してはSBCのみの対応などやや使い勝手には難がありますが、それでもハイレゾ再生に関しては優秀で解像度が高く、自然な音色を聴かせてくれるのが特徴。格安SIMのハイレゾ対応スマホを求めている方にとっては候補となる1台です。