スマホで聴く音楽の音質にこだわりたい方におすすめなのが「ハイレゾ対応スマホ」。CD音源の楽曲再生ではカバーしきれない高音域や細かい音も忠実に再現できるので、ロックからクラシックまで幅広いジャンルの音楽鑑賞をより豊かに楽しめます。

そこで今回は、ハイレゾ対応スマホの選び方を踏まえつつ、おすすめのモデルをピックアップ。キャリアモデルだけではなく、SIMフリーモデルもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイレゾとは?

By: sonymobile.co.jp

ハイレゾとは「High-Resolution(高解像)」の略で、CD音源よりも豊かな情報量を持つプレミアム仕様のデジタル音源のことです。CD音源もデジタル音源の一種ですが、収録できる情報量に限りがあるため、再現しきれない音の領域が存在します。

ハイレゾ音源は、CD音源よりも音を細かくデジタル化して収録することで約3〜6.5倍の情報量を持つので、CD音源では難しい高音域や小さく細かい音も再現できるのがポイント。例えば、女性ボーカルが歌う高音の伸びやバイオリンの繊細な響きもより原音に近い音質で堪能できます。

ハイレゾ対応スマホの選び方

有線接続が可能かチェック

スマホでハイレゾ音源を聴く場合は、有線イヤホンを使用するのがおすすめです。ハイレゾ音源はCD音源と比べると情報量が3倍以上も多いのが特徴。通常のBluetoothイヤホンでは音声信号の伝送処理が追いつかず、音飛びや遅延が生じてしまう場合があります。

ケーブルで遅延なく確実に音声データを伝送できる分、ハイレゾ音源の快適なリスニングには有線イヤホンの方が有利。ハイレゾ対応スマホを選ぶ際は、有線イヤホンが接続できるイヤホンジャックが搭載されているかを確認しましょう。

ワイヤレスは「LDAC」か「apt-X HD」対応機種を

By: sony.jp

Bluetoothイヤホンは、ケーブルに煩わされず解放的なスタイルで音楽が楽しめるのが魅力。ハイレゾ音源のリスニングでもBluetoothイヤホンを使いたい場合には、「LDAC」や「apt-X HD」に対応したスマホがおすすめです。

LDACはソニー、apt-X HDはクアルコムによって展開されているハイレゾ対応の音声コーデック。音質を維持したままハイレゾ音源の安定したワイヤレス伝送を実現しているので、ワイヤレスでもハイレゾならではの充実した音楽体験を快適に楽しめます。

microSDカードスロットの有無をチェック

ハイレゾ音源は約4分間の楽曲でも1曲当たり約130MBの容量があるため、10曲保存するだけでも1.3GBが必要。ハイレゾ対応のスマホは64〜128GBの内蔵ストレージを持つモノが一般的ですが、画像や動画などでも使用するため、ハイレゾ楽曲のヘビーリスナーには容量がやや足りない可能性があるのが難点です。

スマホがmicroSDカードスロットを搭載していれば容量を拡張できるので、ハイレゾ楽曲の大量保存が可能。また、CDのように複数のカードで楽曲の管理もできるので、ハイレゾ音楽生活の利便性が向上します。

スマホ自体のスペックもチェック

By: sony.jp

快適なハイレゾリスニングにはスマホ自体のスペックも重要。スマホでは音楽を聴きながらウェブ検索やSNSなどを同時に利用するのが一般的ですが、高性能CPUや大容量メモリを搭載した機種ならば、複数の作業を併行するマルチタスクもスムーズに行えます。CPUはSnapdragon 600以上、メモリ(RAM)は4GB以上のモノがおすすめです。

音楽を長時間楽しみたい場合はバッテリー容量も確認しましょう。目安としてバッテリー容量が4000mAh以上あれば、バッテリー切れを気にすることなく一日中音楽のリスニングが楽しめます。

ハイレゾ再生をするときの注意点

ハイレゾ再生を楽しみたい場合はハイレゾ対応スマホだけでは不十分。ハイレゾに対応した音源・プレーヤーアプリ・イヤホンのすべてを揃える必要があり、どれか1つでも欠けるとハイレゾ再生はできないので注意しましょう。

楽曲のハイレゾ音源は「mora」や「e-onkyo music」などの配信サービスサイトでダウンロード購入が可能。また、プレーヤーアプリは各配信サービスが提供している専用アプリを利用するのがおすすめです。イヤホンは「Hi-Res AUDIO」のロゴが記載されているモノを選びましょう。

ハイレゾ対応スマホのおすすめモデル|キャリア

ソニー(SONY) Xperia 1 III

「360 Reality Audio」技術で立体音響を楽しめる、ハイレゾ対応スマホです。ヘッドホンでストリーミングサービスの音源を再生するときに、立体的な音へ変換することが可能。まるでライブ会場にいるかのような臨場感で聴けます。

また、「Sony | Headphones Connect」機能を搭載。ソニーの360 Reality Audio認定ヘッドホンを所有していれば、スマホアプリで耳の形を撮影し、個人用にカスタマイズした音で再生できるのが魅力です。

より高音質で聞きたい方向けに、3.5mmのオーディオジャックを採用しているのがポイント。大音量で再生したときでも、歪みを抑えながら迫力のあるサウンドで楽しめます。

ソニー(SONY) Xperia 5 III

「DSEE Ultimate」機能で高音質に楽曲を楽しめる、ハイレゾ対応スマホ。本体へ転送したストリーミングサービスや音源を、内蔵のAIアルゴリズムで解析し、ハイレゾ相当の品質で再生できるのでおすすめです。

また、左右均等にステレオスピーカーを搭載。スピーカーが1つのときよりも、立体感のある音場を実現できます。さらに、3.5mmのオーディオジャックを採用。通勤中や通学中に、高音質で音楽に没頭したい方に適しています。

コーデックは、LDACに対応。Bluetoothイヤホンやヘッドホンを使用したときでも、高音質の音楽再生ができます。「360 Spatial Sound」「Sony | Headphones Connect」にも対応するなど、音質にこだわったハイレゾ対応スマホです。

ソニー(SONY) Xperia 10 III

LDACのコーデックで、高品質なワイヤレス再生ができるハイレゾ対応スマホです。3.5mmのオーディオジャックも搭載しているので、有線・Bluetoothのどちらでも楽しめます。

また、バッテリー容量は4500mAhと大容量なのが特徴。長時間の移動中でも、たくさんの楽曲を楽しめます。加えて、「いたわり充電」や「充電最適化技術」を搭載。充電時におけるバッテリーの劣化を軽減できるため、長持ちするのがうれしい点です。

本体やUSBポートは、防水仕様のIPX5/8に対応。キッチンや洗面所、屋外の川辺などでも安心して音楽を聴けます。タッチ精度が高く、指が水で濡れていてもタッチを認識できるのも魅力です。

ライカ(LEICA) LEITZ PHONE 1

クアルコムのapt-X HD・LDACの両コーデックに対応した、ハイレゾ対応スマホです。FLAC・MP3・WAVE・MPEG-4など、幅広いファイル形式で再生可能。ミュージックビデオやアーティストのアルバムなどを楽しめます。

また、カメラ性能にこだわっているのがポイント。1インチの大型センサーを使って、高画質で撮影できます。「Leitz Looks」モードを利用すれば、ライカ独特の豊かな階調表現で、モノクロ写真を楽しめるのがメリットです。

シャープ(SHARP) AQUOS zero5G basic

WAV・FLAC・DSDのファイルフォーマットを利用できる、ハイレゾ対応スマホです。高音質で再生できる技術「Dolby Atmos」を採用。apt-X HD audioのコーデックで、迫力あるサウンドを楽しめます。

また、5G通信に対応しているのも魅力。ライブ動画を再生したり配信したりに適しています。CPUは、Snapdragon 765を採用。2.3GHz+1.8GHzのオクタコアCPU、かつ6GBのメモリを内蔵しているため、マルチタスクをスムーズに行えます。

ディスプレイには有機ELを使用。良好なタッチ感度と、非常にきれいな画質の画面で、ゲームや動画を思う存分楽しめます。

シャープ(SHARP) 6.5型ハイレゾ対応スマホ AQUOS R5G

3730mAhの大容量バッテリーを搭載

迫力のサウンドで映像が楽しめる5G仕様のハイレゾ対応スマホです。LDACをサポートしているのでBluetoothイヤホンでのハイレゾ再生が可能。また、映画館に近いサラウンドサウンドが楽しめるDolby Atmos対応のステレオスピーカーを内蔵しているのも魅力です。

10億色の色再現が可能な6.5インチのPro IGZOディスプレイも搭載。広色域のHDRコンテンツや撮影した4K動画が強い日光の下でも正確な色で美しく再現できるので、アウトドアシーンでもワンランク上の映像体験が堪能できます。

CPUはSnapdragon 865 5G、メモリは12GB、ストレージは256GB。 3730mAhの大容量バッテリーを搭載しているのもポイントです。

富士通(FUJITSU) arrows NX9

ゲームプレイを重視する方におすすめのハイレゾ対応スマホです。5G通信のゲームコンテンツに適した「Snapdragon 765G mobile platform」をCPUに採用しており、快適に楽しめるのが魅力。また、プレイ中の画面を自動で録画できるため、動画サイトへのシェアにも便利です。

超広角・広角・深度のトリプルカメラを搭載しているのも特徴。シャッター前後を含めた写真のなかから顔の表情を識別する「AIオートショット」によって、ベストショットを残せます。さらに、自動補正に対応した「Photoshop Expressモード」を搭載し、逆光や夜景といった条件でも美しい画像の撮影が可能です。

ハイレゾ対応スマホのおすすめモデル|SIMフリー

シャープ(SHARP) 5.5型ハイレゾ対応スマホ AQUOS sense3 SIMフリーモデル

優れたスタミナを持つハイレゾ対応スマホです。5.5インチのディスプレイを持つ、重さ約167gのボディには、4000mAhの大容量バッテリーを搭載。最長47時間の連続駆動が可能なので、バッテリーを気にせず一日中音楽が楽しめます。

本製品はイヤホンジャックを搭載しており、有線イヤホンでハイレゾ再生が可能。また、apt-X HDに対応するため、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で再生できます。

CPUはSnapdragon 630、メモリは4GB、ストレージは64GB。最大512GBまでのmicroSDカードに対応するスロットも搭載しています。お風呂で使える防水性能を備えているのも魅力です。

サムスン(Samsung) 6.0型ハイレゾ対応スマホ Galaxy A7 SIMフリーモデル

低価格ながらハイレゾ再生が楽しめるSIMフリースマホです。6インチの有機ELディスプレイやトリプルカメラを備えながらも安い価格で購入できるのが特徴。ハイレゾ楽曲の再生も楽しめるので、コスパ重視の方にもおすすめです。

メモリ4GB、ストレージ64GBとスペックはやや控えめですが、普段使いには十分な機能を持っています。バッテリー容量も3400mAhと余裕があるので、長時間の音楽鑑賞も可能です。

イヤホンジャックを搭載しているので有線イヤホンの接続が可能。microSDカードスロットには最大512GBまでのカードが使用できます。

ファーウェイ(HUAWEI) P30 Lite

デザイン性に優れたハイレゾ対応スマホです。本体背面に湾曲した形状を採用しており、片手でも握りやすいのが特徴。また、約6.15インチの大型ディスプレイは、フルHD解像度に対応しているため、隅々まで鮮明な色彩を楽しめます。

カメラ性能を重視する方にもおすすめ。22種類のシーンを判別するAI機能を搭載し、場面ごとに明るさ・色・コントラストを自動で調節できます。さらに、CPUには高い性能を有する「HUAWEI Kirin 710」を内蔵しており、ゲームや高画質の動画視聴を快適に楽しめるのが魅力です。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10 Lite MINOTE10LITE/PP/64GB

3.5mmのイヤホンジャックを搭載した、ハイレゾ対応スマホです。お気に入りの有線ヘッドホン・イヤホンを使用して、高音質で音楽を聴くことが可能。Bluetooth5..0によるワイヤレス接続にも対応しています。

バッテリー容量は5260mAhと良好。音楽をバックグランド再生しながら、ネットサーフィンをしたりチャットをしたりできるのでおすすめです。CPUは、高性能なクアルコムSnapdragon 730Gを搭載しています。

また、画面内に指紋認証機能を採用。移動中の忙しいときでも、楽曲ファイルやストリーミングサービスへすぐにアクセスできます。

オッポ(OPPO) 6.4型ハイレゾ対応スマホ Reno A SIMフリーモデル

手頃な価格で入手できるハイレゾ対応スマホです。重さ約169.5gの軽量ボディにはSnapdragon 710、6GBメモリ、64GBストレージを搭載しています。おサイフケータイや防水性能も備えているので日常生活で幅広く活躍する製品です。

イヤホンジャックを搭載しているため、対応の有線イヤホンを使えばハイレゾ再生を十分に堪能できます。最大256GBまでのmicroSDカードを読み込めるスロットも備えており、ハイレゾ楽曲の管理も簡単です。

6.4インチの大画面ディスプレイを搭載。タップ時のタイムラグや画面のカクツキを低減できる機能「ゲームブースト2.0」を使えば、快適なゲーム体験も楽しめます。

オッポ(OPPO) OPPO A73

コンパクトな縦長ディスプレイが魅力のハイレゾ対応スマホ。対応するイヤホンを使用することで、ハイレゾ音源で音楽を楽しめます。また、FMラジオチューナーを搭載しているのが特徴。好きなラジオ番組を聞いたり、災害時に情報収集をしたりできます。

画面は有機ELで、フルHD画質を採用。アーティストのライブ映像を、きれいな画質で視聴できるのもポイントです。良好な機能と性能を有していながら、比較的安い価格で購入できます。