スマホやタブレットなどを充電できる「モバイルバッテリー」。モバイルバッテリーが手元にあれば、預け入れた大型のスーツケースから探し出す手間が省け、すぐにガジェット機器を充電できます。

本記事では機内持ち込み可能なモバイルバッテリーをご紹介。国際線と国内線で持ち込めるモノの違いや、WhからmAhへの変換方法なども掲載しています。機内持ち込み可能なモバイルバッテリーを選ぶ際の参考にしてみてください。

機内持ち込み可能なモバイルバッテリーの条件とは?

ANAやJALなどの国内線の場合

By: amazon.co.jp

ANAやJALなどの国内線では、ワット時定格量160Wh以下のモバイルバッテリーが持ち込み可能です。160Whを超えるモノは機内持ち込みも預け入れもできないため、必ずワット時定格量をチェックしてみてください。

100Wh〜160Wh以下のモバイルバッテリーなら、2個まで機内持ち込みできます。バッテリーを大量消費する方は、160Wh以下のモバイルバッテリーを2個持ち込むのがおすすめです。

また、国土交通省はモバイルバッテリーを機内持ち込みする際に、「短絡防止の措置をとること」としています。カバンの中で勝手にスイッチが入ったり破損したりしないよう、モバイルバッテリー本体を専用ポーチに入れるなどして保護してみてください。

国際線の場合

By: amazon.co.jp

多くの国際線では、国内線と同様に160Wh以下のモバイルバッテリーを2個まで機内持ち込みできます。ただし、航空会社によっては規定が異なるため、利用する航空会社の公式サイトをチェックしてみてください。

例えば、100Wh未満のモバイルバッテリーを機内へ持ち込む場合、エールフランス航空では事前許可を得れば20個まで持ち込み可能。一方、アメリカン航空は4個まで機内持ち込みできます。

また、KLMオランダ航空やエールフランス航空では、100Wh〜160Wh以下のモバイルバッテリーを機内へ持ち込むために、航空会社や旅行代理店からの許可が必要です。持ち込み可能となっている場合も、詳細を確認してみてください。

ワット時定格量(Wh)をmAhに変換・計算しよう

By: amazon.co.jp

多くの航空会社は、機内持ち込み可能なモバイルバッテリーのワット時定格量を「Wh(ワットアワー)」で表記しています。しかし、モバイルバッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表記されていることが一般的。WhをmAhに換算すれば、より簡単に機内持ち込み可能かどうかを判断できます。

モバイルバッテリーのワット時定格量は、Wh(ワット時定格量) = V(電圧)× mAh(容量)÷1000で算出可能。V(電圧)の数値には、リチウムイオン電池の電圧である3.7Vを当てはめます。

計算式を用いると、160Whは約43243mAhに換算可能。また、多くの国際線と国内線で持ち込み可能な100Wh以下のモバイルバッテリーは、約27027mAh以下のモデルを指すことが分かります。そのため、海外へ渡航する機会が多い方は、約27027mAh以下のモバイルバッテリーを中心に選んでみてください。

機内持ち込み可能なモバイルバッテリーのおすすめ

アンカー(ANKER) PowerHouse 100 A17105F1

容量が約27000mAhもある大容量モバイルバッテリーです。PCやカメラなど、複数台のガジェットを旅行先で使う方におすすめ。「MacBook Air 13インチを1回以上、iPhone 12を約5回」充電できると謳っています。

また、USB Type-Cポートと2つのUSB Type-Aポートのほか、最大出力100Wの純正弦波AC出力ポートを搭載しているのも魅力。ノートPCや扇風機など、幅広い家電製品への充電や給電が可能です。

4つのポートは同時に使用可能。なかでもUSB Type-CポートはAnker独自技術「PowerIQ 3.0」を搭載しており、最大100W出力でさまざまな機器をスピーディに充電できます。

アンカー(ANKER) PowerCore 10000 PD Redux 25W A1246

ポケットに入るコンパクトサイズのモバイルバッテリーです。小型ながら、10000mAhと大容量。iPhone 12なら2回以上、Galaxy S21なら約2回充電できると謳われています。

USB Type-AとUSB Type-Cポートを1つずつ搭載しており、機器に合わせて接続可能。低電流モードもあるので、イヤホンなどへの充電にも便利です。

また、急速充電規格のUSB PDに対応しているのも魅力。スマホなどもスピーディに充電できます。別売りのPD対応充電器を使えば、モバイルバッテリー本体も最短約3時間でフル充電可能です。

エレコム(ELECOM) USB PD20Wモバイルバッテリー DE-C28-10000

重ね持ちに便利な薄型のモバイルバッテリーです。スマホなどを充電しながら持ち歩きたいときに便利。薄型ながら10000mAhと大容量で、スマホを約3.3回充電できると謳われています。

本体にはUSB Type-CとUSB Type-Aポートを1つずつ搭載しており、機器に合わせて接続可能。急速充電のUSB PDに対応しているため、充電スピードを重視する方にもおすすめです。

また、USB PD対応のAC充電器を使えば、モバイルバッテリー本体も約4時間30分でフル充電可能。スマホとモバイルバッテリーを接続したまま充電できる「まとめて充電」にも対応しています。

チーロ(cheero) Power Plus 3 CHE-059

245gと軽量でコンパクトなモバイルバッテリーです。本体の充電時間は約8時間と長めですが、13400mAhと大容量で、1回フル充電すればiPhone 7を約4.5回も充電できると謳われています。

コンパクトなボディですが、3つのポートを搭載。最大1AのUSB Type-Aポートや、最大2.4AのUSB Type-Aポートのほか、micro USBポートも付いています。スマホやタブレットなどへの充電におすすめです。