外出先でスマートフォンやタブレットをよく使う場合に重宝するのが「モバイルバッテリー」。最近は大容量モデルも豊富にラインナップされており、買い替えに悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、容量別にモバイルバッテリーのおすすめモデルをご紹介します。端末本体のバッテリーの持ちが悪くなり困っている方や、移動中に動画やアプリのゲームをよく利用する方は、ぜひチェックしてみてください。

モバイルバッテリーとは?

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーとは、コンセント不要で充電できるアイテムです。あらかじめ自宅などでバッテリーを充電しておけば、外出中でもスマートフォンやタブレットに給電が可能。50000mAhを超える大容量モデルもラインナップされており、電力を使えないアウトドアシーンや災害時にも便利です。

モバイルバッテリーの選び方

バッテリー容量で選ぶ

By: cheero.net

モバイルバッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表され、この単位の前につく数字が大きいほどバッテリーの容量が大きいことを意味します。端末の充電回数を左右するので、ヘビーユーザーの方はバッテリーの容量を表す記載に注目しましょう。

たとえば、容量10000mAhのモバイルバッテリーに、容量2000mAhのスマートフォンを接続した場合、おおむね3回はフル充電できます。モバイルバッテリーの容量は、電力の変換ロスなどが生じるので、実際の容量は60~70%だと考えておきましょう。

容量2000mAhのスマートフォンを3~4回フル充電したい方は、容量10000~15000mAhのモバイルバッテリーがおすすめ。5回以上フル充電したい方は、15000mAh以上のモバイルバッテリーを選んでみてください。

出力電流で選ぶ

By: amazon.co.jp

急速充電に対応している機器の充電時間をより短くするなら、モバイルバッテリーの出力が大きいモノがおすすめです。電流の出力を表すのが「A(アンペア)」という単位。目安として1.0Aは一般的な出力、2.0A以上は高出力なモバイルバッテリーといえます。素早く充電したい方はなるべく2.0A以上のモノを選んでみてください。

また、タブレットはスマートフォンと比べてバッテリー容量が多いため、その分強い出力でなければ充電に時間がかかる場合があります。タブレットを充電する際は、出力2.0A以上のモバイルバッテリーを選びましょう。

無接点充電(Qi規格)対応の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

Qi(チー)規格とは、ワイヤレスで給電する技術。Qi規格を採用したモバイルバッテリーであれば、ケーブルで接続しなくても、モバイルバッテリーの上にスマートフォンを乗せるだけで充電できて便利です。

特に外出の際は、ケーブルがなくても充電できるため荷物を減らせます。ただし、スマートフォンもQi規格に対応している必要があるので、事前に確認しておきましょう。

薄型・軽量のモノだと持ち運びやすい

By: amazon.co.jp

大容量モバイルバッテリーは、サイズが大きく重いモノが一般的。毎日持ち運んで使用するのであれば、少しでも薄型軽量のモデルがおすすめです。なかには、大容量ながら300g以下の製品もあるので、携帯して使いたい方は製品の重量をチェックしておきましょう。

複数端末を同時充電したいならUSBポートの数を確認

By: rakuten.co.jp

スマートフォンを1台だけ充電するならUSBポートが1個あれば十分です。しかし、タブレットや携帯ゲーム機も持ち運ぶなら、複数のUSBポートを備えていると重宝します。一度に複数の端末を充電したい場合に便利なので、旅行先などにモバイルバッテリーを持っていきたい方におすすめです。

安全機能があるかどうかをチェック

By: cheero.net

大容量モバイルバッテリーは、膨大なエネルギーを有しています。充電中にショートしたり、過充電したりすると、発火事故が起こる可能性があるので注意しましょう。

モバイルバッテリーのなかには使用上のトラブルを防ぐため、安全機能を有しているモデルがあります。容量や価格で選ぶだけでなく、安全に配慮されているかどうかも必ずチェックしてみてください。

モバイルバッテリーの大容量モデルおすすめ|10000〜19999mAh

アンカー(ANKER) PowerCore+ 19000 PD

19200mAhの容量を有し、iPhone 11を約4回、Galaxy S10であれば4回以上充電できるモバイルバッテリー。大容量ながらも本体寸法は約169×77×22mmとコンパクトで、携帯性も良好です。

USB-CポートがPower Deliveryに対応しているため、MacBookなど容量の大きな機器も素早く充電できるのが魅力。また、USB PD対応ケーブルを使うことで、モバイルバッテリー本体を約3.5時間でフル充電できます。

USBハブモードが備わっており、オンにすることで高速でのデータ転送ができるのもポイント。データの同期や周辺機器との接続に便利です。

アンカー(ANKER) PowerCore 15000 Redux A1242011

容量が15000mAhあり、iPhone 11 ProやGalaxy S10に3回以上の充電が行えるモバイルバッテリー。低電流モードが備わっているため、ウェアラブル端末に適した電流で給電できるのも特徴です。

2つのUSBポートが備わっており、2台同時に充電可能。複数の電子機器を持ち運ぶ方におすすめです。また、アンカー独自の技術「PowerIQ」と「VoltageBoost」に対応しているので、素早く充電が行えるのも魅力です。

独自の多重保護システムにより、長期間使い続けやすいのもポイント。また、本体サイズは約104×73×25mmと小型で、携行性も良好です。小型のモバイルバッテリーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) モバイルバッテリー BSMPB13410P2BK

容量が13400mAhで、バッテリー容量の大きいiPad Proを約1.1回分充電できるモバイルバッテリー。スマートフォンはもちろん、タブレットを持ち運んで使うことが多い方にも適しています。約500回使用できる充電式リチウムイオン電池を採用しているので、繰り返しの充電におすすめです。

iPhoneやAndroidを自動で判別して急速給電を行う「AUTO POWER SELECT機能」を搭載。USBポートが2つ備わっており、2台同時に給電できる最大出力4.8Aに対応しています。また、デジカメや携帯ゲーム機など、幅広い機器にも充電可能です。

ボディに搭載されたLEDインジケーターによって、電池残量が一目で確認できるのもポイント。さらに、オートパワーオフ機能を備えているため、電源の切り忘れによる無駄な電力消費を防げます。さまざまな便利機能を搭載しているアイテムです。

Omnicharge Mobile 12800 Pro

USB-Cポートを搭載しているため、MacBookをはじめとしたラップトップにも給電できるモバイルバッテリーです。12800mAhと大容量ながらも、本体寸法は110×83.6×25.4mmとコンパクト。重量も260gと軽量で、持ち運んで使うのにも適しています。

ワイヤレス充電に対応しており、最大10Wでの給電が可能。ケーブルや充電器を持ち運ばずに充電できて便利です。場所を選ぶことなく幅広いシーンで使用できるので、外出先でも重宝します。

高出力対応のUSB-Aポートも備えているため、モバイル機器へ素早く充電できるのもポイント。また、「AUTO SHUT OFF」設定によって、バッテリー本体の電源が落ちるのを防ぎます。幅広い機器に対応しているので、さまざまなモバイルデバイスを使用する方におすすめのモデルです。

BLUEDOT BMB-Qi10

10000mAhのバッテリーを搭載しているモバイルバッテリー。スマートフォンであれば2〜4回、タブレットであれば1〜1.5回のフル充電が可能です。AndroidとiPhoneのどちらにも対応しています。

ワイヤレス充電のひとつであるQi規格に対応しており、対象のスマートフォンであればワイヤレスで充電できるのが特徴。ボディ表面にはラバー塗装が施されているため、ワイヤレス充電時でも滑りにくいのも魅力です。

Quick Charge3に対応したUSB-Aや、Power Deliveryに対応したUSB-Cを搭載。複数の機器へ同時に素早く給電できるのもポイントです。ボディにはLEDインジケーターが備わっているので、電池残量が簡単にチェックできます。価格が安く、コストパフォーマンスにも優れているアイテムです。

モバイルバッテリーの大容量モデルおすすめ|20000〜49999mAh

Omnicharge Omni Ultimate

38400mAhの大容量で、スマートフォンを最大10回、15インチのラップトップを最大2回充電できるモバイルバッテリー。家庭用コンセントの差込口を内蔵しており、カメラやドローンにも給電できるのが特徴です。

優れた再充電機能を搭載しており、最短4時間以内でモバイルバッテリー自体のフル充電が可能。パススルーに対応しているため、本製品を充電しながら接続機器への給電も行えます。

ボディにはOLED画面が搭載されているので、電池の残量やアイテムの状態が一目で確認可能。バッテリーが取り外しでき、消耗後に交換できるのもポイントです。災害用としても使えるモバイルバッテリーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ 26800 PD B1375112

Power Deliveryに対応しているため、USB-C機器へ高速給電が行えるモバイルバッテリーです。26800mAhの大容量で、タブレット端末を2回以上も充電が可能。MacBookやMacBook Proが1回以上充電できるほか、iPhone XSを7回以上給電できます。

独自のPowerIQにも対応しているので、スマートフォンやタブレットにも急速充電が可能。ショート防止などの保護機能があり、安全に使用できるのも魅力です。

モバイルバッテリー本体の充電時には、付属のUSB-C急速充電器を活用することで、約4.5時間でフル充電できるのもポイント。専用のトラベルポーチが付属しているので、携行性も良好です。

Omnicharge Omni 20c+

最大100Wの出力と、45Wの入力に対応したUSB-Cポートを搭載しているモバイルバッテリー。20400mAhの大容量で、複数回充電が行えます。MacBookやChromebookなどのラップトップへ素早く給電できるのが特徴です。

USBハブ機能が備わっているため、複数のデバイス間でデータのやり取りが可能。同期や管理に役立ちます。1秒間に最大60MBの転送速度を有しているのもポイントです。

ワイヤレス充電に対応しており、対象のスマートフォンに最大10Wの給電が行えるのもポイント。充電以外にもハブ機能などの便利な機能が搭載されているモデルを探している方は、チェックしてみてください。

ラブパワー(RAVPower) モバイルバッテリー RP-PB159

Power Delivery対応のUSB-Cポートを備えているモバイルバッテリー。MacBookやNintendo Switchなどのデバイスへ急速充電が行えます。

同メーカー独自の技術「iSmart2.0」対応のUSB-Aポートも備わっており、iPhoneやAndroidへ適した電流で給電できるのもポイント。20100mAhの大容量で、さまざまなデバイスに複数回充電できるのも魅力です。

バッテリー本体への給電も速く、最短3.5時間でフル充電可能。また、本体サイズが約160×78.5×23mmとコンパクトで、携行性にも優れています。複数のモバイル機器を携帯している方や、何回も繰り返し充電できるモデルを探している方におすすめのアイテムです。

アンカー(ANKER) PowerCore Essential 20000 A1268011

2台同時に充電できるモバイルバッテリー。スマートフォンを複数台持ち歩く方におすすめです。低電流モードが搭載されているので、イヤホンなど小型の電子機器に適した電流で給電できます。

20000mAhの大容量で、iPhone11を4回以上、Galaxy S10を約4回充電可能。あらゆるUSB機器と高い互換性があり、さまざまな機器に給電が行えます。

本体充電用にUSB-CポートとMicro USB入力ポートが1つずつ搭載されており、所持しているケーブルに合わせて充電方法が選べるのもポイント。独自の多重保護システムが備わっているため、安全性高く使い続けられます。

モバイルバッテリーの大容量モデルおすすめ|50000mAh〜

MAXOAK モバイルバッテリー 50000mAh KAYO-K2

50000mAhの大容量で、スマートフォンやタブレットに複数回充電できるモバイルバッテリー。USBポートが4つ搭載されているため、複数台同時に充電することも可能です。また、ボディにはLEDランプが付いているので、電池残量が一目でわかります。

2.5Aと3.0Aの出力ポートを搭載しており、ノートパソコンにも給電できるのが特徴。14種類ものDC変換プラグが付属しているので、スマートフォンやノートパソコン以外に、デジカメなど幅広く対応できるのもポイントです。

電池には品質の高いポリマーリチウムイオン電池を採用しています。過充電や過放電、過電流など、複数の保護機能も備えているため、安全性も良好。本体重量は1.26kgと軽いので、大容量のモバイルバッテリーを携帯したい方にぴったりのモデルです。

Krisdonia モバイルバッテリー NJF-5X

50000mAhと大容量で、スマートフォンやタブレットに複数回充電できるモバイルバッテリーです。QC3.0を2つのUSBポートに内蔵しており、互換性のあるデバイスを素早く充電できます。

また、リチウムポリマー電池を採用しているなど、安全性も良好。過充電や過放電、ショートなどを防ぐマルチ保護システムも付いています。

本体側面に付いているLEDディスプレイによって、電池の残量や出力電圧が一目でわかるのもポイント。本体の素材にはアルミニウム合金ケーシングを使用しており、耐摩耗性や耐衝撃性に優れているのも魅力です。

チーロ(cheero) Power Mountain 50000mAh CHE-086

おにぎりの様な形状が特徴のモバイルバッテリー。50000mAhと大容量で、スマートフォンやタブレットなどを複数回充電できます。また、3つのUSBポートが搭載されているので、複数台同時に充電することも可能です。

Power Deliveryに対応しており、急速充電ができるのもポイント。接続したデバイスを自動で検知する「AUTO-IC機能」を備えているため、デバイスごとに適した電流で給電が行えるのも魅力です。

さらに、過充電時や過放電時など、本製品に異常があった際に自動で停止する機能を搭載。また、防滴カバーが付属しているほか、ボディにLEDライトが搭載されているなど、アウトドアシーンでも活躍します。

番外編|ポータブル電源

アンカー(ANKER) PowerHouse A1701511

120600mAh(434Wh)を有する大容量のポータブル電源です。ACコンセントや12Vシガーソケット、30W USBポート4つを搭載。スマートフォンやパソコンはもちろん、車載用のミニ冷蔵庫などにも給電できます。

「バッテリーマネージメントシステム」搭載によって、高い安全性を実現しているのもポイント。電圧管理・温度管理・サージ防止と3つの安全機能が備わっています。

大容量ながらも製品サイズは約200×145×165mmとコンパクト。本体重量は約4.2kgと片手でも持ちやすい重さで、持ち運びしやすいよう取っ手が付いています。キャンプや災害時に活躍するアイテムです。

Suaoki ポータブル電源 S370

最大60W出力のUSB-Cポートを搭載しているポータブル電源。Power Deliveryにも対応しています。MacBookやNintendo Switchなど、幅広いUSB-C搭載機器へ素早く給電可能です。

89600mAh(322.56Wh)の大容量で、キャンプや車中泊など幅広いシーンで便利なのが魅力。ボディにはLEDライトが2つ搭載されているため、災害用アイテムとしても活躍します。

三元系リチウムポリマー電池を採用しており、安全性が高いのもポイント。バッテリーマネージメントシステムや制御装置が内蔵されているほか、複数の保護機能も備えたモデルです。

ポータブル電源について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。