外出先でスマホやタブレットをよく使う場合に重宝するのが「モバイルバッテリー」。最近は大容量モデルも豊富にラインナップされており、買い替えに悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、容量別にモバイルバッテリーのおすすめモデルをご紹介します。端末本体のバッテリーの持ちが悪くなり困っている方や、移動中に動画やアプリのゲームをよく利用する方は、ぜひチェックしてみてください。

モバイルバッテリーとは?

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーとは、コンセント不要で充電できるアイテムです。あらかじめ自宅などでバッテリーを充電しておけば、外出中でもスマホやタブレットに給電が可能。50000mAhを超える大容量モデルもラインナップされており、電力を使えないアウトドアシーンや災害時にも便利です。

モバイルバッテリーの選び方

バッテリー容量で選ぶ

By: cheero.net

モバイルバッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」であらわされ、数字が大きいほどバッテリーの容量が大きいことを意味します。端末の充電回数を左右するので、ヘビーユーザーの方はバッテリーの容量に注目しましょう。

たとえば、容量10000mAhのモバイルバッテリーであれば、スマホなら1~2回はフル充電できます。スマホを4~5回フル充電したい方は、容量20000mAh以上のモバイルバッテリーがおすすめです。

災害時やキャンプなどで使用する場合は、50000mAh以上のモデルを選んでみてください。

出力電流で選ぶ

By: amazon.co.jp

急速充電に対応している機器の充電時間をより短くするなら、モバイルバッテリーの出力が大きいモノがおすすめです。電流の出力を表すのが「A(アンペア)」という単位。目安として1Aは一般的な出力、2A以上は高出力なモバイルバッテリーといえます。素早く充電したい方はなるべく2A以上のモノを選んでみてください。

また、タブレットはスマホと比べてバッテリー容量が多いため、その分強い出力でなければ充電に時間がかかる場合があります。タブレットを充電する際は、出力2A以上のモバイルバッテリーを選びましょう。

無接点充電(Qi規格)対応の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

Qi(チー)規格とは、ワイヤレスで給電する技術。Qi規格を採用したモバイルバッテリーであれば、ケーブルで接続しなくてもモバイルバッテリーの上にスマホを乗せるだけで充電できて便利です。

特に外出の際は、ケーブルがなくても充電できるため荷物を減らせます。ただし、スマホもQi規格に対応している必要があるので、事前に確認しておきましょう。

薄型・軽量のモノだと持ち運びやすい

By: amazon.co.jp

大容量モバイルバッテリーは、サイズが比較的大きいモノが一般的。毎日持ち運んで使用するのであれば、少しでも薄型軽量のモデルがおすすめです。なかには、大容量ながら300g以下の製品もあるので、携帯して使いたい方は製品の重量をチェックしておきましょう。

複数端末を同時充電したいならUSBポートの数を確認

By: links.co.jp

スマホを1台だけ充電するならUSBポートは1個あれば十分です。しかし、タブレットや携帯ゲーム機も持ち運ぶなら、複数のUSBポートを備えていると重宝します。一度に複数の端末を充電したい場合に便利なので、旅行先などにモバイルバッテリーを持っていきたい方におすすめです。

安全機能があるかどうかをチェック

By: cheero.net

大容量モバイルバッテリーは、膨大なエネルギーを有しています。充電中にショートしたり、過充電したりすると、発火事故が起こる可能性があるので注意しましょう。

モバイルバッテリーのなかには使用上のトラブルを防ぐため、安全機能を有しているモデルもあります。容量や価格で選ぶだけでなく、安全に配慮されているかどうかもチェックしてみてください。

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

アンカーは高性能でコスパに優れたモバイルバッテリーを探している方におすすめのメーカーです。豊富なラインナップを備えているため、自身のニーズに合ったモデルを見つけられます。

また、充電をサポートする独自技術もポイント。「PowerIQ」テクノロジーは接続されたデバイスを自動で検知し、適した出力で急速充電を行えます。

さらに、「VoltageBoost」テクノロジーではケーブルの抵抗値を調節してスムーズに電力を供給することが可能。モバイルバッテリー選びに悩んだ場合は、ぜひアンカーをチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

エレコムは大阪に本社を構えるコンピュータ周辺機器メーカー。家電量販店にも多く流通している有名な大手メーカーなので、日本製で安心して使えるモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

また、便利な独自機能を開発しているのも特徴。スマホとモバイルバッテリーを同時に充電できる「まとめて充電」を搭載したモデルなら、より快適に充電を行えます。

モバイルバッテリーの大容量モデルおすすめ|10000〜19999mAh

アンカー(ANKER) Anker PowerCore II 10000

独自技術の「PowerIQ 2.0」に対応した大容量モバイルバッテリーです。最大18Wの入出力に対応しており、接続したデバイスに応じて最大3Aのハイスピード充電を行えます。

また、モバイルバッテリー本体に急速充電を行えるのも魅力。「Quick Charge」に対応した充電器を利用すると4時間程度でフル充電を行えます。バッテリー容量は10050mAhで、重量が約195gと軽いのもポイントです。

バッテリー残量を8段階で表示するLEDランプや、複数の安全機能を搭載しているのも特徴。容量が10000mAh程度の使いやすいモデルとしておすすめです。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Slim 10000 PD

スリムな薄型タイプの大容量モバイルバッテリーです。バッテリー容量が10000mAhであるのに対し、厚さが約1.4cmと薄く、重量が約212gと軽いので、気軽に携行できます。

高性能な充電技術「USB Power Delivery」に対応したUSB-Cポートを搭載しているのもポイント。最大3Aの出入力が可能で、iPhone 11の場合30分で最大50%の充電を行えます。

また、独自技術の「PowerIQ」に対応したUSB-Aポートも搭載。低電流モードも搭載しているので、スマホやタブレットだけでなくイヤホンなどの小型電子機器にも適した出力で給電できます。さまざまなデバイスを充電できる大容量モバイルバッテリーとしておすすめです。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable

ケーブル内蔵型の便利な大容量モバイルバッテリーです。長さ約6cmのUSB-Cケーブルを備えているため、本機1台で手軽にデバイスの充電を行えます。バッテリー容量は10000mAhで、重量が約218gと軽く携行性に優れているのもポイントです。

「USB Power Delivery」に対応しているのもポイント。最大18Wの出力でフルスピード充電を行えます。また、「USB Power Delivery」に対応しているケーブルと充電器を利用すると、モバイルバッテリー本体も3.5時間程度で充電することが可能です。

独自の安全機能である「多重保護システム」も搭載。USB-C規格のデバイスを使用している方は、ぜひチェックしてみてください。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Solar 10000

アウトドアにおすすめの大容量モバイルバッテリーです。ソーラーパネルを搭載しており、モバイルバッテリー本体をソーラー充電できるのが特徴。キャンプや海水浴などコンセントがない屋外でも使えるので便利です。

さらに、IP64相当の防塵防水性能を備えているのもポイント。砂埃の舞う場所や水飛沫がかかる場所でも安心して使えます。また、3パターンのライト機能も搭載しているため、防災グッズとしてもおすすめです。

バッテリー容量は10000mAhで、出力は各ポート最大2.4A。1台あると重宝する屋外向け大容量モバイルバッテリーです。

INOVA PD18W モバイルバッテリー Surge サージワン 10000 3R-MBR03

最大3台のデバイスを同時に充電できる便利なモバイルバッテリーです。出力用にUSB-Aポートを2つ、USB-Cポートを1つ搭載しているのが特徴。スマホやタブレット、パソコン、ゲーム機器などデバイスを多く持ち歩く方におすすめです。

入力用にMicroUSBポートとUSB-Cポートの2種類を備えているのもポイント。どちらからでもモバイルバッテリー本体の充電を行えるため、シーンに応じて使い分けられます。

バッテリー容量は10000mAhで、iPhone 11なら最大2回、iPhone SEなら最大3回のフル充電が可能。重量は約200gであり、手のひらサイズなので、容易に持ち歩けるのも魅力です。

モバイルバッテリーの大容量モデルおすすめ|20000〜49999mAh

アンカー(ANKER) Anker PowerCore Essential 20000

コスパに優れた大容量モバイルバッテリーです。バッテリー容量が20000mAhと大きく、iPhone 11やGalaxy S10を約4回以上フル充電することが可能。低電流モードも搭載しているので、イヤホンなど小型のデバイスも適切な出力で充電でき安心です。

出力用にUSB-Aポートを2つ備えており、2台同時にデバイスを充電できるのも魅力。また、モバイルバッテリー本体の充電用にUSB-CとMicroUSBポートを搭載しているため、対応できるケーブルの種類が多いのもメリットです。

さらに、ハイスピード充電をサポートする独自技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」も搭載。お手頃価格の大容量モバイルバッテリーを探している方におすすめです。

アンカー(ANKER) Anker PowerCore+ 26800 PD 45W

高速充電を行えるハイスペックな大容量モバイルバッテリーです。「USB Power Delivery」対応のUSB-Cポートを搭載しており、最大45Wの高出力で給電できます。

13インチのMacBook Proを2時間程度でフル充電することが可能。デバイスを短時間で充電したい方におすすめです。さらに、最大12W出力のUSB-Aポートも2つ搭載しているので、幅広いデバイスの充電に対応できます。

また、高性能な急速充電器が付属しているのもポイント。バッテリー本体も3.5時間程度でフル充電できます。忙しいときにも素早く充電できる便利なモバイルバッテリーとしておすすめです。

エレコム(ELECOM) PD20000mAh 50W出力 モバイルバッテリー DE-C19L-20000

ノートパソコンも充電できる大容量モバイルバッテリーとしておすすめのモデルです。「USB Power Delivery」に対応しているUSB-Cポートを搭載しており、最大45Wの出力で対応デバイスを高速充電できます。

また、最大12WのUSB-Aポートも搭載しており、さまざまなデバイスに給電することが可能。低電力モードで、イヤホンなどの充電もできます。

LEDランプを搭載しており、バッテリー残量を4段階で確認できるのもポイント。加えて、過充電防止機能や短絡保護機能などさまざまな安全機能も内蔵しています。モバイルバッテリーを充電しながらスマホが充電できる「まとめて充電」も便利です。

CIO SMARTCOBY 20000

クラウドファンディング発の大容量モバイルバッテリーです。20000mAhのバッテリー容量を備えていながら、本体サイズは約6.75×13.2×2.5cmとコンパクト。日常的に持ち歩きやすいのが魅力です。

最大18Wの入出力が可能であり、高速充電を行えるのもポイント。出力用にUSB-Cポート1つとUSB-Aポート2つを搭載しているので、最大3台のデバイスを同時に充電できます。

また、モバイルバッテリー本体の充電とデバイスの充電を同時に行える「パススルー充電」にも対応。さらに、バッテリー残量を1%単位でのデジタル表示で確認できるのもメリットです。利便性に優れた多機能モデルとして、ぜひチェックしてみてください。

Lakko モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 24000mAh

Qi規格に対応している大容量モバイルバッテリーです。Galaxy Note S9やiPhone Xなどの対応機種にワイヤレス充電を行えるのが特徴。さらに、2つのUSB-Aポートを搭載しているため、同時に最大3台のデバイスを充電できます。

表面素材にはガラスを使用しており、内蔵のLEDライトがデジタル数字でバッテリー残量を表示します。本体サイズは約15.3×7.3×2.2cmで、重量は385g。おしゃれな無接点充電対応のモバイルバッテリーとしておすすめです。

モバイルバッテリーの大容量モデルおすすめ|50000mAh〜

チーロ(cheero) Power Mountain 50000mAh CHE-086

多機能で使い勝手のよい大容量モバイルバッテリーです。バッテリー容量が50000mAhと大きく、iPhone 8を約17回フル充電できます。出力用にUSB-Cポート1つとUSB-Aポート2つを搭載しているため、最大3台のデバイスを同時に充電できるのも魅力です。

また、USB-Cポートは「USB Power Delivery」に対応しており、対応デバイスへ最大45Wの高速充電を行えます。モバイルバッテリー本体も対応ケーブルと充電器を使用することで、短時間での充電が可能です。

本体ボディには耐衝撃性に優れたアルミ素材を採用。簡易防滴カバーも付属しているので、アウトドアでも使えます。便利なLEDライトも搭載しているため、防災用の大容量モバイルバッテリーとしてもおすすめです。

リンクス(Links) enerpad AC-80K

By: links.co.jp

2つのACポートを備えた大容量モバイルバッテリーです。ACポートは最大250Wの高出力に対応しており、携行可能なコンセントとして使えるのが特徴。小型扇風機などの電化製品に給電できるので、防災用のモバイルバッテリーとしておすすめです。

加えて、出力用にUSB-Aポート2つとUSB-Cポートを搭載。それぞれ3A以上の出力で幅広いデバイスへ素早く給電できます。また、バッテリー容量が80400mAhと超大容量なのもポイントです。

さらに、モバイルバッテリー本体を充電しながらデバイスへ給電できるのも特徴。バッテリー残量はLEDによるパーセント表示で容易に確認可能です。

MAXOAK モバイルバッテリー 50000mAh KAYO-K2

幅広いノートパソコンに対応できる大容量モバイルバッテリーです。14種類のDC変換プラグが付属しているため、さまざまなノートパソコンへ給電できます。DCプラグの出力には2ポート用意されており、12・20Vの電圧に対応可能です。

加えて、4つのUSB-Aポートも搭載。スマホやタブレットなどを同時に複数充電でき便利です。容量は50000mAhで、大容量ながら6〜8時間程度で本体の充電を完了できるのも魅力。バッテリー残量は4段階のLEDランプで手軽に把握できます。

また、専用の収納ポーチが付属しており、持ち運びやすいのもメリット。過充電や過電流などの多層保護機能も搭載しているため、安心して使えます。ノートパソコンを使用する頻度の高い方におすすめのモバイルバッテリーです。

番外編|ポータブル電源

アンカー(ANKER) Anker PowerHouse

120600mAhの大容量ポータブル電源です。ノートパソコンを約15回フル充電することが可能。キャンピングライトや扇風機、電気毛布、ミニ冷蔵庫などの電化製品にも給電できるため、キャンプなどのアウトドアシーンで重宝します。地方自治体でも非常時の電源として採用されているので、防災用の超大容量モバイルバッテリーを探している方にもおすすめです。

出力は12Vのシガーソケットと120WのACポート、「PowerIQ」に対応したUSB-Aポートを4つ搭載。最大120Wまで同時に使えるため、複数のデバイスや電化製品へ給電でき便利です。

Suaoki ポータブル電源 S370

計14個の出力ポートを搭載しているポータブル電源です。4つのACポートやDCポート、USB-Aポート、1つのUSB-Cポートとシガーソケットを備えており、多くのデバイスへ同時に給電できます。

さまざまな出力形式や電圧に対応しているため、スマホや車載用炊飯器、テレビなど幅広い電化製品に使えるのも魅力。USB-Cポートは「USB Power Delivery」での入出力が可能で、スマホやタブレットなどを高速充電できます。

バッテリー容量は89600mAh。超大容量ながら、重量が約3.3kgと軽く、サイズが幅24.5×奥行15×高さ14.5cmとコンパクトなため、持ち運びやすいのもメリットです。

ポータブル電源について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。