アウトドアでも電気を供給できる「ポータブル電源」。モバイルバッテリーよりも大量の電力を使用できるため、夏のキャンプで扇風機をかけたり、寒いときには電気毛布を使ったりと、1台あると便利です。また、災害時など、電気の確保が困難な状況でも活躍します。

そこで今回は、ポータブル電源のおすすめモデルをご紹介。用途に合った選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ポータブル電源とは?

By: amazon.co.jp

ポータブル電源とは、本体に内蔵されたバッテリーに電気を蓄えて、外部の機器に給電するアイテムのことです。小型のモバイルバッテリーとは異なり、大容量のバッテリーを備えたモデルが多いのもポイント。ACコンセントやシガーソケットが使えるモデルもラインナップされています。

また、内蔵バッテリーで充電や給電を行うので、ガソリンを使用する発電機よりも静か。キャンプや車中泊での就寝時に使用しても快適です。

ポータブル電源は、キャンプや車中泊で電気製品を使用したいときや、電気を確保できないシーンで役立ちます。さらに、アウトドアでモバイル機器を充電したい場合にもぴったりなので、災害時や停電時などの緊急時にも重宝するアイテムです。

ポータブル電源の選び方

容量をチェック

By: amazon.co.jp

ポータブル電源を選ぶときは、容量をチェックしましょう。バッテリー容量を表す「Wh(ワットアワー)」の数値が高いほど、容量も大きくなります。バッテリー容量が大きいほど、サイズも大きく、かつ重くなる傾向があるため、用途に合わせて選ぶことが大切です。

例えば、日帰りのアウトドアなど、ちょっとしたシーンで使いたい場合は200Wh以上のモデル。キャンプで連泊する場合や夏場に扇風機を使ったり寒い時期に電気毛布を使用したりする場合は、350Wh以上のモデルがおすすめです。

また、ミニ冷蔵庫などの消費電力が大きい電気製品を使用する場合は、400Wh以上が目安。ちなみに、ポータブル電源は使用しないときも自然に放電するので、その点は注意しましょう。およそ30%程度が放電することを考慮して、容量が大きめのモノを検討してみてください。

出力端子をチェック

By: amazon.co.jp

ポータブル電源はアイテムによっては、出力端子の種類が異なります。家庭用電気製品を使用したい場合は、ACコンセントの有無をチェックしておきましょう。USBポートを備えたモノなら、スマートフォンやタブレットを充電する際にも重宝します。

また、タイプとしてはシガーソケットに対応したモデル、さらには車のバッテリーから充電できるタイプもラインナップ。車を電気の供給源としたい方は候補して検討しておきましょう。

ポート数をチェック

By: amazon.co.jp

多くのUSBポートを備えているポータブル電源なら、一度に複数のスマートフォンやタブレットを充電できます。大人数でのキャンプなどで使いたい場合は、なるべくUSBポートの多いモデルを選びましょう。

また、ACコンセントの数もチェックしておきたいところ。電気毛布を使用しながら電気ポットでお湯を沸かしたいときなど、複数の電化製品を同時に使用できるため便利です。

出力波形をチェック

By: amazon.co.jp

ポータブル電源の出力波形には「正弦波」と「短形波」があり、多くの家電製品はなめらかな波形が特徴の正弦波を採用しています。低価格なモデルのなかには、短形波や短形波を正弦波に近づけた「修正正弦波」を採用している場合があるため注意が必要です。

正弦波を採用していないモデルは単純な構造の電化製品にしか使用できない可能性があり、最悪の場合は機器が故障する原因にもなります。とくに、ノートパソコンなど精密機器に使用するのであれば「純正弦波」と表示されているモデルがおすすめです。

サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

ポータブル電源は、各メーカーからさまざまなモデルが発売されており、製品によってサイズや重量が異なります。8kgを超える重さがあるモデルの場合、車などへの積み下ろしをする際にも負荷がかかりやすいので、注意しましょう。5kg以内のモノは、持ち運びやすくおすすめです。

サイズに関しても、必要以上に大きなモノを購入すると持ち運びにくいため、用途を考慮して選んでみてください。サイズがコンパクトな製品なら、ちょっとしたスペースにも収められます。

防水性能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

最近では、防水機能を搭載したポータブル電源も人気です。防水機能を備えたモノは、急に雨が降ったときでも故障のリスクを減らせます。

水辺でのアクティビティや、万が一の水害時の備えとしてのポータブル電源を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

災害対策にはシガーソケット・ソーラーパネル対応モデルがおすすめ

By: suaoki.com

ポータブル電源には、シガーソケットやソーラーパネルに対応したモデルが販売されています。アウトドアで充電が切れてしまったときなど、ACコンセントを確保できないときに便利。車のシガーソケットや太陽光などから充電できます。

シガーソケット出力ポートを設けているモデルなら、車用炊飯器や電気ポットを使いたいときに活躍。ソーラーパネル対応モデルを選ぶ際は、充電時に充電効率を最大化する機能「MPPTチャージコントローラー」を搭載しているかもチェックしてみてください。

安全性をチェック

By: jackery.jp

ポータブル電源は内蔵されたバッテリーに電気を蓄える機器であり、安全性が重要です。電気用品の安全確保について定めている「電気用品安全法」の認証マーク「PSEマーク」を取得しているかをチェック。技術基準に適合した製品の証であり、安価すぎるモデルは取得していない場合があるため要注意です。

過給電・過電圧・低電圧・過負荷など、保護機能を搭載しているかにも注目。くわえて、メーカーサイドに保証期間やバッテリー交換などのサポート体制が整えられているかも確認しておきましょう。

ポータブル電源のおすすめメーカー

Suaoki

By: suaoki.com

「Suaoki」は、ポータブル電源を中心にソーラーチャージャーやジャンプスターター、レーザー距離計などの製品を多く扱うメーカーです。日本のほか、アメリカやドイツなど、6大陸35カ国以上の国で製品を展開しています。

Suaokiのポータブル電源は、数多くのモデルがラインナップされているのが特徴。100Wh程度の小容量モデルから500Wh以上の大容量モデルまで、幅広い選択肢から用途に合わせて選べます。

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

「アンカー」は、スマートフォンやタブレット関連の製品を多く開発しているメーカー。Google出身の若者たちによって2011年に設立されました。モバイルバッテリーや急速充電器などの製品が、世界各国のユーザーから支持を集めています。

アンカーのポータブル電源は、デザインや安全面に配慮されているのが特徴。信頼性も高く、多くの支持を集めているメーカーです。

ジャクリ(Jackery)

By: jackery.jp

2012年設立された米国のポータブル電源メーカーです。創立メンバーの1人はAppleの元バッテリーエンジニア。世界初のリチウムポータブル電源を開発するなど、最先端の開発・製造技術が高く評価されています。

ACコンセント・シガーソケット・USB・ソーラーチャージャーなど、豊富な出力ポートを搭載したモデルを展開。日本の音響機器メーカー「JVCケンウッド」と業務提携をしていることでも知られています。

ポータブル電源のおすすめモデル

suaoki ポータブル電源 S601

ACコンセント・カーチャージャー・ソーラーチャージャーの3通りの充電方法に対応しているポータブル電源です。コンセントを確保できない状況で電化製品に充電でき、アウトドアレジャーはもちろん災害時や停電時にも活躍するおすすめのモデル。容量222Whで日帰りのキャンプなどにも適しています。

出力はAC・DC・USBの3タイプに対応し、それぞれ2口ずつ差し込み口を備えているのも便利。AC出力は正弦波採用で、ほとんどの電化製品に対応します。重さ2.52kgの軽量タイプで取っ手が付いており、持ち運びも簡単です。

suaoki ポータブル電源 S370

幅24.5×奥行15.3×高さ14.5cmのコンパクトサイズで、車内などに備えておきたい場合におすすめモデルです。大型ハンドルを備えており、持ち運びも簡単。液晶モニターは屋外でも見やすい仕様で、電池残量やエラー表示をひと目でチェックしやすくなっています。

容量322Whでパソコンへの電源供給やスマホの充電におすすめ。AC出力4口・DC出力4口・USB出力4口・Type-C出力1口・シガーソケット1口の合計14口もの出力ポートを設けています。側面にLEDライトを内蔵し、停電時や夜間のアウトドアで便利。80~100Wのソーラーパネル充電にも対応しています。

suaoki ポータブル電源 G500

容量500Whのポータブル電源です。30Wの扇風機約15時間、50Wの電気毛布は約9時間の使用が可能。充電はACコンセントとシガーソケットにくわえて、別売りのソーラーパネルを接続すればソーラーチャージにも対応するおすすめモデルです。

出力ポートはAC・DC・USB・シガーソケットの4タイプに対応。USBポートは急速充電規格「Quick Charge3.0」採用でスマホやタブレットを急速充電したいときに便利です。ソーラーパネルでの充電時に充電効率を最大化する機能「MPPTチャージコントローラー」も内蔵しています。

suaoki ポータブル電源 S670

大容量720Wh、AC出力最大1000Wを発揮するポータブル電源です。サイズは幅40×奥行22.9×高さ31.8cm。50Wの小型冷温庫なら約11時間、50Wの車載炊飯器USB扇風機なら約5時間もの使用時間をカバーできるので、連泊のキャンプや災害時など一度の充電で長時間電源を確保できるモデルを探している方におすすめです。

出力ポートはAC・DC・USB・シガーソケットの4タイプ合計12口を搭載。最大160Wのソーラーチャージャーにも対応しています。持ち運びや保管に便利です。

LCD液晶モニター付きで電池残量や使用ワット数、エラーコードなどチェックしやすい仕様。LEDライトを内蔵しており、停電時の灯りとしても重宝します。

suaoki ポータブル電源 G1000

最大寿命10年、充放電サイクル2000回を謳っているポータブル電源です。大容量1182.72Whで24Wのテーブルランプを25時間以上使用可能。最大AC出力2000Wと、アウトドアや災害時に大量の電気を確保できるおすすめモデルです。パススルー対応により、充電しながらの電源供給を可能にしています。

無停電電源装置「UPS」を内蔵している点に注目。停電を検知すると、瞬時に自動でインバーター給電に切り替わります。充電はACコンセントとシガーソケットのほか、別売りのソーラーパネルを接続すればソーラー充電も可能。ソーラーパネル充電時に充電効率を最大化する「MPPTチャージコントローラー」にも対応しています。

ジャクリ(Jackery) ポータブル電源 1000

容量1002Wh、AC出力時の瞬間最大は2000Wとハイパワーのポータブル電源。キャンプや車中泊など、アウトドアレジャーで電源を確保できないときにおすすめのモデルです。災害時や停電時に電子レンジやドライヤーなど、消費電力の大きい電化製品を使用したいシーンでも活躍します。

収納可能なハンドルを搭載しており、持ち運びしやすい仕様。天面が平らになっているため、たくさんの荷物と一緒に車載したいときや自宅での保管時に便利です。充電はACコンセントやシガーソケットのほか、ソーラーチャージャーにも対応。別売りのソーラーパネルを2つ並列で接続すれば、充電時間を大幅に節約できます。

▼【オール家電キャンプ】Jackeryの最強ポータブル電源だけでキャンプレビュー

アンカー(ANKER) ポータブル電源 PowerHouse

容量434Whのハイパワーモデルながら、約20×14.5×16.5cmのコンパクトサイズが特徴のポータブル電源。大幅に小型化されたリチウムイオンバッテリーを内蔵しています。

ACコンセントとシガーソケット、USB出力ポートを設けており、さまざまな電化製品に対応可能なおすすめモデル。ソーラーパネルを用意すれば、60Wまでのソーラーチャージャーにも対応します。電圧や温度を管理する「バッテリーマネージメントシステム」による、安全性の高さもおすすめポイントです。

アンカー(ANKER) ポータブル電源 PowerHouse 200

持ち運びやすい軽量設計が特徴のポータブル電源です。重さ約2.7kgの超軽量モデルでラバーバンドを搭載。簡単に持ち運びできるおすすめモデルです。容量213Whで日帰りのアウトドアレジャーでの使用に適しています。

ACコンセント・シガーソケット・USB-A・USB-Cポートの4種類の充電ポートを搭載。USB急速充電に対応しており、スマホやタブレットをすばやく充電したい場面で便利です。スマホの充電約15回、ミニ冷蔵庫は約4時間の連続使用を可能にしています。

ジャクリ(Jackery) ポータブル電源 400

AC・DC・USBポートを備えているポータブル電源です。容量は400Whでキャンプや災害時におすすめのモデル。夏場に扇風機を使ったり、寒い時期に電気毛布を使用したりしたいシチュエーションで活躍します。

大容量タイプながら、リチウムイオンバッテリーの採用で重さは4.1kg。取っ手も付属しており、持ち運びや保管に便利です。電圧や温度を管理するバッテリーマネージメントシステムにより、過充電や過放電を予防。PSEマークを取得しているなど安全性に優れています。

ジャクリ(Jackery) ポータブル電源 700

ACコンセント・シガーソケット・ジェネレーター・ソーラーチャージャーの4種類の充電方式に対応しているポータブル電源です。シガーソケットは12Vと24Vの両方をカバー。AC出力は純正弦波を採用しており、ノートパソコンなど精密機器を使用したい場合におすすめのモデルです。

電圧や温度を管理するバッテリーマネージメントシステムやPSEマークを取得しているなど、安全性に優れている点にも注目。車内でも安心して使えます。700Whの大容量により、最大500Wまでの電化製品に使用可能です。

JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6

オーディオメーカー「JVCケンウッド」のポータブル電源。音響機器の製造で培った高い品質が魅力のおすすめモデルです。ACコンセント・シガーソケット・USBポート搭載の3WAY電源タイプ。瞬間最大1000Wのハイパワーで扇風機や電気毛布、液晶テレビなどさまざまな電化製品に対応します。

純正弦波採用でノートパソコンなど精密機器との接続も安心。世界最先端のバッテリーマネージメントシステムにより、電圧や温度を適切に管理しています。

スマートタップ(SmartTap) ポータブル電源 PowerArQ mini HTE032-OD

容量311Whでコンパクトなポータブル電源です。200Wまでの電化製品を使用できるタイプでデジカメ約70回、ノートパソコンは約12回のフル充電が可能。日帰りのアウトドアレジャーや災害時の備えとしておすすめのモデルです。

電気を供給しながら充電できるパススルー充電や急速充電に対応した、使い勝手のよさも魅力。国際規格のISO9001準拠のマネージメントシステムやPSEマーク取得など、安全性にも優れている1台です。

フィリップス(Philips) ポータブル電源 DLP8088NC

電動シェーバーや電動歯ブラシで知られるフィリップスのポータブル電源です。おしゃれな外観とフォルムが印象的で、デザインにこだわりたい方におすすめのモデル。持ち運びに便利な大型の持ち手を搭載しています。

ACコンセント・シガーソケット・ジェネレーター・ソーラーパネルの4通りの充電方式に対応し、容量は連泊のキャンプにも対応できる460Wh。USBの急速充電にも対応しており、スマホを充電する際にも便利です。

電池残量が30%以下になると点滅で知らせる「SOC低電量保護機能」やPSEマーク取得など、安全性を確保しています。

ラ・チタ(LACITA) ポータブル電源 エナーボックス ENERBOX-SP

IP44の防水性を備えているポータブル電源です。本体内部に特殊なナノコーティングを施し、水に濡れても壊れにくい仕様。水辺のアウトドアレジャーでの使用や、突然の雨に慌てることなく撤収作業できるおすすめモデルです。

気温40℃、湿度95%の環境に8時間放置しても故障しないと謳っているのも特徴。夏場のテント泊や車中泊で安心して使えます。DC-AC変換効率最大95%としている点にも注目。内蔵バッテリーに充電した電力を無駄なく効率的に使用できます。

NEXPOW ポータブル電源

容量178Wh、重さ1.6kgのコンパクトなポータブル電源。日帰りのアウトドアレジャーやスマホの充電などにおすすめのモデルです。ACコンセントや発電機、シガーソケットで充電可能。ソーラーパネルを接続すれば、ソーラーチャージャーにも対応します。低価格でコスパがよいのも魅力です。

また、多機能な安全システムを搭載しているのもおすすめポイント。過給電・過電圧・低電圧・過負荷などの保護機能を搭載しています。電源装置には冷却ファンを備えており、部品の温度上昇を予防。電気用品安全法のPSEマークを取得しているなど、安全性にも優れています。

アイパー(Aiper) ポータブル電源

パナソニック製のリチウムイオンバッテリーを搭載しているポータブル電源です。バッテリー劣化の原因となる過放電や過充電を防ぐ「バッテリーマネージメントシステム」を採用。バッテリーの過熱を感知すると自動的に冷却ファンが作動するなど、安心して使えるおすすめモデルです。

容量309WhでACコンセント・シガーソケット・USB・ソーラーチャージャーに対応。USBの急速充電にも対応しており、アウトドアでスマホをすばやく充電したいときに重宝します。

MIGHTY ポータブル電源

IP66の防水防じん性を備えている、水辺でのアウトドアレジャーにおすすめのポータブル電源です。突然の大雨に見舞われても、左右のパネルを閉じていれば水没しにくい仕様となっています。

リチウムイオンバッテリーはパナソニック製。ジャンプスターター専用リチウムポリマーバッテリーも搭載しているので、車のバッテリーが上がってしまったときにも重宝します。

ワイドFM対応ラジオを内蔵し、災害情報を入手したいときに便利。また最大40Wの3インチドライバーとサブウーファー搭載のスピーカーにより、アウトドアで迫力のあるサウンドを楽しめるのもおすすめポイントです。

ポータブル電源のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ポータブル電源のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。