キャンプなどのアウトドアをより快適かつ便利にできる「ポータブル電源」。しかし、アウトドアをしないため家では使い道がなく、自分には不要だと感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ポータブル電源で有名なジャクリの新製品「Jackery ポータブル電源 1000 New」をご紹介。従来と比べ軽量コンパクトになり、出力数や容量もアップした本製品の、アウトドア以外における活用法についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

【Amazonプライムデー】Jackery ポータブル電源 1000 NewとSolar Generator 1000Newがお得に手に入る

Amazonプライムデーとは年に1度、Amazonプライム会員限定で行われるビッグセールのこと。2015年から毎年実施されており、2024年も7月16日(火)0:00~7月17日(水)23:59まで実施されます。

本記事でご紹介する「Jackery ポータブル電源 1000 New」や「Jackery Solar Generator 1000 New」もセールの対象です。

JackeryのAmazon店では、11日(木)からの先行セールよりさらに前からセールを行っており、7月10日(水)0:00~7月17日(水)23:59までジャクリ製品が最大50%オフで購入できます。期間限定でお得に手に入れられるこの機会に、ぜひチェックしてみてください。

ポータブル電源はアウトドア以外で何に使える?

災害時

アウトドアシーンで役立てられるイメージの強いポータブル電源。しかし、地震や台風などの災害で、停電が起きた際の非常用電源としても役立てられるため、一家に一台備えておくのがおすすめです。

災害時に停電してしまった場合でも、明かりを確保する必要があるほか、スマホで連絡を取ったりラジオで情報を得たりすることが重要。また、電子レンジやケトルといった電気調理器具も使えると、あたたかい食事を摂ることが可能です。

ほかにも、夏は暑さ、冬は寒さへの対策をしなければならず、冷暖房も必要になるなど、電気が必要なシーンは多数あります。

ポータブル電源を持っておくことで、必要な電化製品への給電が可能。コンパクトなので、必要な場所に持っていけるのが便利です。また、ガソリン発電機のように排気ガスが出ないので、屋内でも安全に使えるなどさまざまなメリットがあります。

日常使い

ポータブル電源は日常的に活用できるシーンも多数あります。たとえば、芝刈りやDIYなど、コンセントから遠い場所で電化製品を使った作業を行いたい場合には、持ち運んで使えるポータブル電源があると便利です。ホットプレートを使った庭でのパーティーなども楽しめます。

また、消費電力の大きい電化製品を複数同時に使う際は、ポータブル電源を併用することで、ブレーカーを気にしなくてよいのもメリットです。

ほかにも、電気会社で時間帯別電灯など、深夜から早朝にかけて電気料金が時間によって安くなるプランを利用している方は、さらに便利に使えるのがポイント。電気料金が安い時間帯にポータブル電源を充電しておき、電気料金が高くなる日中は、ポータブル電源から電力を供給することで節電にも役立てられます。

ただし、ポータブル電源の定格出力の大きさが、使いたい電化製品の消費電力を上回っていなければなりません。特に、ホットプレートやケトルといった消費電力の大きい家電を使いたいときは、定格出力の大きいポータブル電源を選ぶ必要があります。

ポータブル電源で有名な「ジャクリ(Jackery)」とは?

ジャクリはポータブル電源&ソーラーパネルを専門に扱う会社。2012年にアメリカのカリフォルニアで設立され、2016年にアウトドア専用のポータブル電源およびポータブルタイプのソーラーパネルを発売しました。1kgを切る軽量モデルから最大3kWhの超大容量モデルまでラインナップが幅広く、用途に応じて選べるのが特徴です。

2019年には東京にジャクリジャパンが設立され、正式に事業展開を開始。ポータブル電源とソーラーパネルの世界累計販売台数は400万台を突破しており、業界をリードする存在となっています。

ジャクリのポータブル電源の保証期間は通常2~3年です。公式サイトで製品保証登録をすることで、3~5年間の長期保証を受けられるようになります。

さらに、ジャクリでは寿命を迎えて廃棄するポータブル電源の回収を、無料(送料を除く)で行っているなど、アフターフォローが充実。廃棄する際の費用や手間などを軽減できるのが嬉しいポイントです。

2024年ジャクリのイチ押し。「Jackery ポータブル電源1000New」の進化ポイント

「Jackery ポータブル電源1000New」は、コンパクトなJackery ポータブル電源 1000(2020年発売)と、高速充電に対応できるJackery ポータブル電源 1000 Pro(2022年発売)の後継モデルとして、2024年6月に登場しました。

最速60分の緊急充電に対応し、幅広い家電に対応する充電性能を備えていながら、持ち運びやすい軽量設計も兼ね備えているのが特徴。具体的に、Jackery ポータブル電源 1000やJackery ポータブル電源 1000 Proからの進化ポイントをご紹介します。

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用し長寿命を実現

Jackery ポータブル電源 1000 Newには、高耐久かつ軽量の「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用しているのが特徴です。

また、寿命が長いのも魅力で、本製品をフル充電して繰り返し使える「サイクル回数」は約4000回。1日1回充電しても10年は使える計算で、コスパに優れています。

ほかにも、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは、放置した際に自己放電しにくい点もメリット。防災用に備えておいてもバッテリーの残量が減りにくいので、使いたいときすぐに使い始められます。

さらに構造の見直しにより軽量化も実現

Jackery ポータブル電源 1000 Newは、さらにバッテリー内部構造の設計などを見直すことにより、既存モデル「Jackery ポータブル電源 1000 Pro」より全体のサイズを20%削減しました。

三元系リチウムイオンバッテリーを使用した、従来の「Jackery ポータブル電源 1000Pro」は、容量は1002Whで、サイズは約340×262×255mm、質量は約11.5kgです。

一方、本製品の容量は1070Whで、サイズは約327×224×247mm、質量は約10.8kg。容量がアップしているのにもかかわらず、より軽量コンパクトになっているのがポイント。市販されている1000Whの容量の製品のなかでも最軽量クラス(※)です。

※2024年7月現在、ジャクリ調べ

50%アップした1500Wの定格出力。消費電力の大きい家電も使える

Jackery ポータブル電源 1000 Newの定格出力は1500Wで、Jackery ポータブル電源 1000Proと比べ50%アップしています。瞬間最大出力は3000Wも出せるため、家庭で日常使いをするような多くの家電に対応可能。もちろん防災用としても役立てられます。

一般的な電化製品の消費電力の目安は以下の通りです。

  • スマホ:20W
  • ノートパソコン:50~120W
  • 冷蔵庫:100~800W
  • ケトル:1300W
  • ポータブルエアコン:600~800W
  • ハロゲンヒーター:300~1200W
  • 電子レンジ(500W表示のモノ):1300W
  • ドリップ式コーヒーメーカー:750W
  • ドライヤー:1200W

「ChargeShieldテクノロジー2.0」技術を採用。62種類もの保護機能

ポータブル電源を使う際に重視したい安全性ですが、Jackery ポータブル電源 1000 Newは、独自の保護技術「ChargeShieldテクノロジー2.0」を採用。過放電・過充電・過電流・過電圧・短絡など62種類もの保護機能を搭載しています。

万が一、ショートしたり負荷が高くなったりと異常を検知すると、充電と放電を停止。本体温度が高くなった際は温度検知機能が作動し、冷却ファンが自動で起動します。

また、ジャクリでは耐衝撃テストや耐重量衝撃試験、落下試験などさまざまな状況を想定した試験を実施。UL認定の安全性・耐衝撃性・難燃性・耐火性を備えているのもポイントです。

ほかにも、本製品には状況に応じて、充電スピードを段階的に変える急速充電アルゴリズムを採用することで、安全性をさらに向上させています。

本体の充電も高速。「緊急充電モード」にすると1時間で充電が完了

Jackery ポータブル電源 1000 Newは、1070Whの大容量にもかかわらず、通常時の高速充電モードでも1.7時間と高速で充電できるのが魅力です。

また、本製品には新たに「緊急充電モード」が備わっており、Jackeryアプリで選択することで、1時間で本体充電を完了させることも可能です。出かける前で急いでいるときや、キャンプなどで早く電源が欲しいときなどに役立ちます。

さらに、アプリ上から「バッテリー節約モード」に設定すると、バッテリーをフル充電の85%のまでになるよう調節しながら充電。フル充電を繰り返すのに比べ、バッテリーの寿命を1.5倍伸ばすと謳われており、より長く使えるのがポイントです。

長期間使わない場合は「超ロングスタンバイモード」を使うのがおすすめ。自然放電をさらに抑えられ、使いたいときにすぐに使い始められるので、停電時で本体の充電ができない状況下でも役立ちます。

2ポートがUSB PDに対応。パソコンとスマホを同時に急速充電できる

電化製品に給電するのに重視したいインターフェイス。Jackery ポータブル電源 1000 Newの出力ポートは本体正面、入力ポートは右側面に搭載されており、種類は以下の通りです。複数人で複数台の電化製品を使う際にも十分なインターフェイスを備えています。

【出力ポート】

  • AC出力ポート×3
  • シガーソケット出力ポート
  • USB Type-C出力ポート(最大30W)
  • USB Type-C出力ポート(最大100W)
  • USB Type-A出力ポート(最大18W)
  • シガーソケット出力ポート

【入力ポート】

  • AC入力ポート
  • DC8020ソーラー入力ポート
  • シガーソケット入力ポート

コンセントが3つ挿せるので、さまざまな電化製品を同時に使用可能です。特に、USB Type-Cは2ポートとも急速充電規格「USB PD」に対応しているのがポイント。1ポートは最大100W、もう1ポートは最大30Wでパソコンとスマホを同時に急速充電できます。

Jackery ポータブル電源 1000 Newの活用法|防災用

停電時にライトで照らすことによる安全確保

Jackery ポータブル電源 1000 Newの本体正面には、停電時に使えるLEDライトが搭載。LEDライトは150時間点灯するので、夜間の停電にも備えられます。実際に暗闇で使用してみると、手元のモノを確認できるほどの光量があり、懐中電灯としても使えると感じました。

SOSモードも備わっており、モールス信号のようにSOSのパターンで点滅させられるのもポイントです。災害に遭ったり遭難したりと、夜間の非常時に役立てられます。

また、本製品には視認性の高いLCDディスプレイも搭載。暗闇でもしっかりと電池残量・出力W数・入力W数が確認できました。

停電時はUPS(無停電電源装置)としても機能。パススルーとの併用で日常使いから非常時まで使える

UPS(無停電電源装置)とは、停電したときや電圧が瞬時に低下したときなど、電源の入力異常が起こったときに、一定時間電力を供給するための装置のこと。突然シャットダウンされることによって、デスクトップパソコンやハードディスクなどのデータが破損したり、機器が故障したりしてしまうのを防ぐことが可能です。

Jackery ポータブル電源 1000 NewにはUPS機能が搭載。コンセントとデスクトップパソコンの間に本製品をかませることで、UPSとしても活用できます。

電源に常時接続しながら使うと、バッテリー劣化が気になるものです。しかし、本製品にはパソコンの電力供給と本体の充電を同時に行える「パススルー機能」も搭載されており、常時接続していてもバッテリーに負荷がかかりにくい設計。日常使いから非常時まで役立てられるのは嬉しいポイントです。

暑い日や寒い日には冷暖房で温度調節

災害時またはキャンプの際には空調機器が使えないため、暑い日や寒い日には対策をしなければ快適に過ごせません。そこでJackery ポータブル電源 1000 Newを使うことで、暑い日はポータブルクーラーや扇風機などで涼み、寒い日は電気毛布や小型ヒーターなどで暖を取ることが可能です。

本製品は定格出力が1500Wのため、ポータブルクーラーや小型ヒーターといった、消費電力の大きい冷暖房器具を使えるのも嬉しいポイントです。

Jackery ポータブル電源1000Newの活用法|日常使い用

庭先でバーベキューなど日常使いも

Jackery ポータブル電源1000Newはコンセントが遠い庭で、ホットプレートを使いバーベキューを楽しむといった使い方も可能です。

そもそも電源が届かない場所に庭があったり、延長コードを伸ばすと完全に窓が閉まらず室内に虫が入るのが気になったりすることが多いもの。そこで、ポータブル電源を活用することで気軽にバーベキューを楽しめるようになります。

実際に定格消費電力1200Wのホットプレートを使い、庭先でバーベキューを楽しみましたが、1時間超えの食事でも問題なく使い続けられました。

子供のプールの空気入れに

夏の暑い日は、ビニールプールなどで子供を水浴びさせる家庭も多いのではないでしょうか。ビニールプールに空気を入れる際にも、Jackery ポータブル電源1000Newを役立てられます。

大型プールに使えるような電動空気入れにも電力供給ができ、庭先でも手軽にプールを組み立てが可能。暑いなか、手動でプールに空気を入れる労力もいらず、約5分で素早くプールを設営できたので、子供も喜んでいました。

ソーラーパネルセット「Solar Generator 1000New」も便利。電源がない場所での使用や電気代の節約に

Jackery ポータブル電源 1000 Newとソーラーパネルのセット製品「Solar Generator 1000 New」。ソーラーパネルを使うことで、アウトドアシーンや停電時など電源が確保できない状況でも、太陽光だけで発電できます。また、日常使いでも電気代を節約したい方におすすめです。

ソーラーパネルは最大400Wで充電できるのに加え、両面発電の仕組みを採用しているのがポイント。効率的に発電を行えるので、環境が整えば約3時間で高速充電をすることも可能です。また、「IBCテクノロジー」を採用し、くもりなどで太陽があまり出ていない状況下での発電量もアップしています。

本製品はソーラーパネルの電気に関する国際規格「IEC規格」テストを17項目クリア。さらに、安全性試験や認証を行う機関「テュフ ラインランド」の太陽光発電認証を取得しています。IP68の防塵防水性能も備えており、屋外でも安心して使用可能です。

製品情報

ジャクリ(Jackery) ポータブル電源 1000 New

ジャクリ(Jackery) Solar Generator 1000 New

ジャクリ(Jackery) Solar Generator 1000 New

関連記事:Jackeryの「ポータブル電源 1000 Pro」のレビュー記事はこちら。