お金をあまり掛けずに始められるランニング。身近なスポーツの1つですよね。健康増進やダイエットのために走っているという方も多いのではないでしょうか?

ただ走るだけでも良いのですが、せっかくならしっかりと記録を残しておきたいところ。そこでランニングウォッチが活躍します。特にGPS機能の付いているものがおすすめです。

走った時間や距離を見返せば、次のランニングのモチベーションに。今回は、GPS機能付きのランニングウォッチをランキング形式でご紹介します。

2017年おすすめのGPS機能付きランニングウォッチ

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 220J

GPS機能には電波が不可欠ですが、走っているとどうしても不安定になることがあります。そんなときでもこのランニングウォッチなら大丈夫。内蔵されているGセンサーの精度が高く、距離やピッチなどを正確に計測してくれます。トンネルの中でも安心です。

低反射のディスプレイが採用されているのも特徴。これにより画面の視認性が上がり、走りながらでも問題なくデータを確認できます。

Bluetoothでスマートフォンと接続すれば、ランニングデータを仲間と共有できるなど、使える機能がさらに広がるので、おすすめです。

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 35J

光学式心拍計が搭載されているランニングウォッチ。手首に着けている間は絶えず記録し続けてくれます。走っている最中に心拍数を確認すれば、身体にかかっている負荷が分かり、運動量を調節する目安になるのでおすすめ。

また、現在の心拍数だけではなく過去のデータも確認できます。普段の生活時にもこのランニングウォッチを着けて、日々の健康維持に役立てましょう。

その他のライフログ機能にも注目。消費カロリーを表示してくれたり、1週間の運動量をチェックできたりと、ランニングには欠かせない機能が目白押しです。

ガーミン(GARMIN) vivoactive J

ランニングをはじめ、自転車やゴルフなど、いろいろなスポーツに対応している万能ランニングウォッチ。厚さ8mm、重さ38gでとてもコンパクトなので邪魔になりません。50m完全防水のため、プールで泳ぐときに着けていても大丈夫です。

スポーツをするときには目標を持つことが大切。このランニングウォッチは1日の目標歩数を画面上にバーで表示してくれます。達成率が一目で分かり、ランニングの支えになりますよ。

スリープモードに切り替えれば、睡眠時間と寝ているときの動きを記録。健康状態を簡単に把握できるので、肌身離さず毎日着けるのがおすすめです。

エプソン(EPSON) Wristable GPS SF-810B

独自開発のGPSチップが採用されていて、常に正確なデータを表示してくれるランニングウォッチ。消費電力が低いため最長20時間程度は稼働してくれます。長時間のランニングが続いても安心です。

走行距離やスピードなどの基本的な項目をはじめ、標高や勾配も表示。山を走るときに最適です。電波が届かない場所にも、ストライドセンサーが活躍して計測を続けてくれます。

さらに、本体に搭載されている2基のセンサーが脈拍を毎秒計測。胸ベルトが必要ないので、ランニングウォッチだけで手軽に測れます。身体のコンディションを確かめながらランニングを楽しみましょう。

スント(SUNTO) AMBIT3 SPORTS BLACK

おしゃれでスタイリッシュなスントのランニングウォッチ。たくさんのデザインアワードを受賞している、折り紙つきのかっこよさです。心拍数を測るための胸ベルトは、ランニングウォッチと同じカラーで統一感があります。

距離や高度などをGPSでしっかり測定。スントらしく電子コンパスが付いているのも嬉しいです。特におすすめなのが胸ベルトを使ったPET表示機能。ランニング中にかかった負荷を5段階で表示してくれるので助かります。

ランニングから帰ってきたらリカバリータイム機能をオン! 身体が回復するまでの時間を確認して正しく休息しましょう。

ポラール(POLAR) M200

より効果的なランニングを目指すのであればこちら。メニュー(5キロマラソン、10キロマラソン、ハーフマラソン、フルマラソン)を選べば、それに合わせて自動でトレーニングプランを作ってくれます。

走った後は、心拍数データをもとにトレーニングの効果を表示。さらにユーザーのランニング効率を評価するインデックス機能もあるので、自分自身を高めるのに最適です。

日々の健康状態は、このランニングウォッチに内蔵されている活動量計をチェック。目標達成のために体を動かせば、健やかな毎日を送れます。

ナイキプラス(Nike+) SportWatch GPS Powered by TomTom

裏地の赤色がおしゃれなランニングウォッチ。洗練されたシンプルなデザインがナイキらしくてかっこいいです。別売りのフットセンサーと連携させれば、走った距離や消費カロリーなどランニングには欠かせないデータを記録してくれます。

パソコンに繋げてnikeplus.comにアクセスすればさらに便利。ランニングのルートをチェックできたり、目標を設定できたりと、ランニングライフがより充実します。

初心者におすすめのGPS機能付きランニングウォッチ

アシックス(Asics) GPSランニングウォッチ CQAG0102

液晶画面の視認性が良く、走りながらでもスムーズにデータの確認ができるランニングウォッチ。コントラストの調整ができるのも嬉しいです。5気圧防水のため、急に雨が降ってきても安心して使えます。

GPSにより走行距離とスピード、ペースを簡単に計測。複雑な機能がなくシンプルなので、初めてランニングウォッチを使う方におすすめです。走り終えたら専用アプリを使ってデータを管理しましょう。

ラドウェザー(LAD WEATHER) GPSウォッチ

GoogleマップとGoogleアースに対応しているランニングウォッチ。パソコンに接続すれば、走ったルートを地図上に表示してくれます。視覚的に確認できるので、数字だけで見るよりも把握しやすく便利です。毎日のランニングにぴったり。

ランモードでは消費カロリーや距離をリアルタイムで表示してくれる他、ラップタイムを100まで計測できます。夜間に走るときはナイトモードがおすすめ。バックライトの点灯方法が選べて、暗闇でも問題なく使用可能です。

ソーマ(SOMA) GlobalONE GPS DYK39-0001

「スポーツをより楽しむこと」をコンセプトにしているソーマのランニングウォッチ。視認性と操作性、そしてフィット感に優れています。さりげない赤色がかっこいいです。

シンプルでありながら、走行距離やラップタイムの計測など、ランニングに必要な機能が一通り揃っています。使い勝手が良いので、初心者から上級者まで幅広いランナーにおすすめ。

安さで選ぶコスパ最強のGPS機能付きランニングウォッチ

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 10J

1万円ほどで買えるリーズナブルなランニングウォッチ。重量がとても軽く、わずか43gしかないので気軽に着けられます。

価格が安いからと侮るなかれ。ラン/ウォークアラート機能を使えば、インターバルトレーニングに便利です。一定のペースで走り込みたいときはバーチャルペーサー機能を使いましょう。

また、信号待ちでは自動的に計測が止まるため、より正確なデータを記録できますよ。走行時間やカロリーなどの表示が自動で切り替わるので、走りながらボタンを操作する手間が省ける点も嬉しいポイント。

アサヒゴルフ(AsahiGolf) EAGLE VISION watch for RUN EV-R100

とにかく安いランニングウォッチを選びたいけれど、機能は充実していて欲しい。そんなときはこのウォッチがおすすめ。トレーニングモードとレースモードが搭載されていて、効率良くランニングできます。

特に、距離と時間を設定して自動的にラップを記録してくれるオートラップ機能が便利。操作を気にせず走ることだけに集中できるのでおすすめです。

専用アプリを使えば、走ったルートをいつでもパソコンで確認可能。トレーニングの振り返りや反省に役立てましょう。

ランニングウォッチにGPSの機能は必要?

ランニングに使うのであれば、やはりGPS機能の付いているランニングウォッチがおすすめ。走った距離やルートを確認するためには不可欠です。記録を後から見返すことで、明日は今日よりも長く走ってみよう! とモチベーションアップにも繋がりますよね。

距離はともかく、ルートを見返してもあまり意味がないのでは? と思う方がいるかもしれません。ですが、ルートの計測こそランナーに必要な機能の1つ。

カーブの多いルートに変更して曲がり方の練習をしたり、マンネリ化を避けるためにいつもと違うルートに変えてみたりと、自分に合うルートを考え直すきっかけになります。ランニングを続ける上でとても大切なことです。

さらに、走るペースを計測してくれる便利なモデルもあります。効果的なランニングのためにも、GPS機能付きのランニングウォッチを選びましょう。

ランニングウォッチの選び方

By: Amazon.co.jp

日常生活で使う腕時計とは異なり、走っているときに着けるので、重さや軽さを重視したいところです。そして着け心地も大切。ランニング中の汗が気になる場合は、ベルトに穴が多くあいている通気性の良いものを使いましょう。

機能はランニングスタイルに合わせて選ぶのがおすすめ。人の多い街中など電波の乱れやすい場所を走るのなら、GPS精度が高いランニングウォッチを選べばストレスになりません。それに加えて防水機能が付いていれば、突然の雨にも安心できます。

ランニング中に肌身離さず着けるものなので、デザインにもこだわりましょう。ラウンド型の丸いものが主流ですが、スクエア型のランニングウォッチを持っていると、他との違いが出てかっこいいです。

ランニングウォッチの人気ブランド
ガーミン

By: Amazon.co.jp

ランニングウォッチの定番メーカーといえばガーミン。GPS製品を専門に扱っている会社なので、ランニングウォッチに搭載されているGPS機能の精度と品質がとても高いです。

ガーミンの魅力は、準天頂衛星システム「みちびき」に対応している製品が多いこと。日本の真上に飛んでいる衛星の信号をキャッチするため、電波遮断が少なくて安定しています。

おすすめはGセンサー搭載モデル。GPS信号が受信できない状態でも距離やピッチなどを計測可能です。迷ったときは、ガーミンのランニングウォッチを選んでおけば間違いなし。

ランニングウォッチの人気ブランド
エプソン

By: Amazon.co.jp

プリンターメーカーとして有名なエプソン。そんな同社のランニングウォッチは脈拍の計測機能に特化しています。センサーにより血液量の変化を読み取って脈拍を測る仕組みなので、面倒な胸ベルトを着ける必要がありません。

長時間走っていると電池切れが心配になりますが、エプソンのランニングウォッチなら大丈夫。低消費電力化されているモデルを選べば、GPS機能と脈拍計測機能を使用している状態でも20時間以上稼働してくれます。中には30時間稼働するモデルも!

ランニング時間が長い方や、いちいち充電するのが面倒くさい方。そして走りながら正確に脈拍を測りたい方はエプソンのランニングウォッチで決まりです。

ランニングウォッチの人気ブランド
ナイキ

By: Amaon.co.jp

初心者からプロまで、幅広いランナーをサポートするランニングアプリ「Nike+ Run Club」をリリースしているナイキプラス。常にランナーのことを考えているその姿勢は、同社が販売するランニングウォッチにも現れています。

データの計測など基本的な機能はもちろん搭載。手首が蒸れないように通気穴があいていたり、視認性が上がるよう大きな文字が使われていたりと、細かな気遣いがありがたいです。

ランニングウォッチであることを忘れさせるスタイリッシュなデザインも特徴的。時計表示に切り替えて普段使いにもぜひどうぞ。

ランニングウォッチの人気ブランド
アシックス

By: Amazon.co.jp

シューズメーカー、アシックスが販売するランニングウォッチは、初心者にも簡単に操作できる分かりやすさが魅力。もちろんランニング上級者にもおすすめです。アシックスらしいスポーティーなデザインと、さりげないブランドロゴがかっこいいポイント。

GPS機能で走行距離とスピード、走るペースをしっかり計測してくれます。必要最低限の機能をシンプルに使いこなせますよ。