生活改善やダイエットなど健康志向の高まりによって注目されているランニング。ランニングを趣味とする方のなかには、「ランニングウォッチ」を使用して日々のデータを計測し、日々の走りを改善したい方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ランニング記録をデータとして管理できるGPS機能付きのランニングウォッチをピックアップ。初心者と中・上級者向けに項目を分けて、おすすめ製品をご紹介します。

GPS機能付きランニングウォッチの選び方

駆動時間で選ぶ

GPS機能が付いているランニングウォッチは常に電波を受信して動作する仕様のため、メーカーやモデルによっても駆動時間にバラつきがあります。そのため、一回の充電でどれくらい駆動できるか確認することが重要。走っている最中に電池切れになってしまわないためにも、用途にあった駆動時間を選ぶことが大切です。

フィット性の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチは装着時に腕にフィットしなければ、ストレスの原因になります。快適に使うためにも腕にしっかりフィットするモノを選ぶのがおすすめです。

特に確認したいポイントは、時計本体の形状とベルト部分が細かく調節できるかどうか。単に機能だけで選ぶのではなく、それぞれ腕の太さや大きさに合ったランニングウォッチを選びましょう。

防水性の高さで選ぶ

GPS機能付きのランニングウォッチは主に屋外で使用するため、雨に耐えられる程度の防水性があるかも確認しましょう。より高い防水性を備えたモデルなら、海やプールなど水周りでもアクティブに使えておすすめです。

多くのランニングウォッチは、防水性を「気圧防水」で表記しています。3気圧防水は日常生活における汗や水滴に対しての防水、5気圧防水は水仕事に耐えられる程度の防水です。5気圧防水以上になると、メーカーによっては水泳を可能としている場合もあるのでチェックしてみてください。より防水性が高くなると、競泳にも使える20気圧防水などがあります。

通常屋外をランニングするだけなら、5気圧防水のモデルがおすすめ。日常の水仕事やシャワー時にも使用でき、雨天時のランニングでも安心です。防水性は、ほかに「atm」や「bar」という単位で表示される場合もあります。「5気圧防水」と「5atm」「5bar」はおよそ同等の防水性なので、参考にしてみてください。

アプリ連携の可否で選ぶ

ランニングウォッチを選ぶ際には、パソコンやスマホのアプリと連携可能かどうかも要チェック。アプリ対応のモデルであれば、自分のランニングを簡単に記録してペースや時間など情報を蓄積できます。蓄積した情報を分析することで、今後のトレーニングに役立てることも可能です。また、走行距離などが積み上がっていくことで、自分の成長を体感でき、モチベーションアップにも繋がります。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチは走りながら画面を確認するため、視認性もチェックしておきましょう。ディスプレイの反射光を軽減できるモデルなら、太陽光の照り返しが強い場面でも情報が読み取りやすいのでおすすめです。

また、夜間などの暗い環境でランニングを行う方は、カラーディスプレイやバックライト機能を搭載したモデルを要チェック。視認性の低さから使いづらさを感じるとせっかく購入しても使わなくなってしまう恐れもあるので、どんなシーンで多く使うのかを考えて最適なモノを選びましょう。

そのほか、心拍計が計測できるモデルも人気です。心拍数のデータが取得できると、行っているトレーニングの強度を調節するのに役立ちます。より本格的にランニングを行いたい方におすすめです。

GPS機能付きランニングウォッチの人気ブランド

ガーミン(GARMIN)

By: rakuten.co.jp

ランニングウォッチの定番メーカーといえばガーミン。GPS製品を専門に扱っているメーカーなので、ランニングウォッチに搭載されているGPS機能の精度と品質が高いのも特徴です。

ガーミンの魅力は、準天頂衛星システム「みちびき」に対応している製品が多いこと。日本の真上に飛んでいる衛星の信号をキャッチするため、電波遮断が少なくて安定しています。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

プリンターメーカーとして有名なエプソン。同社のランニングウォッチは脈拍の計測機能が特徴です。センサーにより変化を読み取って脈拍を測る仕組みなので、面倒な胸ベルトを付ける必要がありません。

駆動時間に関しても、低消費電力化されているモデルを選べば、GPS機能と脈拍計測機能を使用している状態でも20時間以上駆動します。ランニング時間が長い方や、こまめに充電するのが面倒な方、走りながら正確に脈拍を測りたい方はエプソンのランニングウォッチがおすすめです。

ランニングウォッチのおすすめ|初心者向け

ガーミン(GARMIN) GPSスマートウォッチ vivoactive3

光学式心拍計を搭載した、ランニングの初心者におすすめのGPSスマートウォッチです。ガーミンは、スポーツ用途に特化したデザインのForeAthleteやfenixで有名ですが、本製品は普段使いもしやすいデザインなので、ランニング時だけではなくビジネスでも違和感なく装着できます。

ランニングウォッチとしての機能も充実しており、本体裏側に光学式心拍計を搭載しているのが特徴。血中ヘモグロビンの流量を基に脈拍を読み取ることで、安静時心拍数や過去4時間の最高・最低心拍数も計測できるので、ランニング中の運動強度の調節に重宝します。

本体重量は約43gで、50mまでの完全防水性能を搭載。光学式心拍計およびGPS使用時の動作時間は最大11時間なので、普段のランニングはもちろん、フルマラソンにも対応できます。非接触決済機能の「Garmin Pay」を使えば、コンビニなどで財布を取り出さずに素早く支払いができるのも魅力です。

ガーミン(GARMIN) GPSランニングウォッチ ForeAthlete 35J

ランニング初心者におすすめしたいエントリーモデルのGPSランニングウォッチです。内蔵GPSによるトレーニングデータ計測や、毎日の活動量を記録するライフログなどのベーシック機能に加えて、光学式心拍計による心拍数の常時モニタリングにも対応しています。

ディスプレイはシンプルなモノクロ表示ですが、文字が大きく見やすいのが特徴。心拍数やライフログなどの各種計測データを確認するのに最適です。また、スマホアプリ「Garmin Connect」と連携すれば各種データをグラフで視覚化して確認できるので、運動目標の達成にも役立ちます。

Gセンサーを内蔵しているのも特徴。屋内ランニングなどGPSが受信できない環境でもデータ計測が可能です。本体重量は約37.3gと軽く、50mの完全防水機能を備えているので、雨の日のランニングにも最適。バッテリーは心拍計・GPS使用時で最大13時間保ちます。

エプソン(EPSON) GPSランニングウォッチ GPS Q-10G/P/B Wristable

エプソンの最小最軽量モデルで、シンプルな操作性が魅力のGPSランニングウォッチ。本体重量は約40gと軽く、GPSを搭載しているにも関わらず価格も安いので、これからランニングを始める方にもおすすめです。

初心者向けの簡単な操作性が特徴。GPS計測は操作が難しいイメージがありますが、本機はディスプレイ左下のボタンを2回プッシュするだけで素早くGPS計測が始められます。走行距離やラップペース、歩幅を高い精度で記録でき、走行中は操作不要なので、ランニング自体に集中できるのが魅力です。

また、ランニングのほかに、ウォーキングや屋内トレッドミルでの計測にも対応しているのもポイント。走行記録はもちろん、歩数や消費カロリーなど活動量も手元のディスプレイで簡単に確認できます。

初心者向けに機能がシンプルになっているので心拍計は非搭載。しかし、GPS駆動時で最大13時間の使用ができるため、フルマラソンにも対応できます。

スント(SUUNTO) GPSランニングウォッチ AMBIT 3 RUN

フルマラソン完走に挑戦するランナーのために作られたGPSランニングウォッチです。PCと接続してフルマラソンを走るために必要なトレーニングプログラムなどの機能をダウンロードして追加できるのが特徴。初心者がフルマラソンの完走に向けてトレーニングするのにおすすめです。

GPSを活用した各種データの計測機能も充実。ランニング中の速度やペース、距離、高度をディスプレイにリアルタイム表示できるほか、ルートナビゲーションにも対応しています。また、付属の心拍計測ベルトを装着すれば心拍数や消費カロリーも計測が可能です。

本体重量は約70g。GPSのデータ取得頻度を変更できるのも特徴で、必要に応じて測定秒数を調節すれば、最大100時間までの連続駆動にも対応します。また、スントは高額なモデルが多いですが、本製品は比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

ポラール(Polar) GPSランニングウォッチ Polar M200

手首型心拍計を備えながらも比較的安価で購入できる、エントリーモデルのGPSランニングウォッチ。機能は最小限、動作時間もGPS使用時で6時間ほどとやや少なめですが、初期費用を抑えたモデルで、心拍数を計測しつつ精度の高いトレーニングを行いたい初心者ランナーにおすすめです。

内蔵GPSによって距離や速度、ラップタイムなどのランニングに必要なデータをリアルタイムに計測が可能。「ランニングプログラム」機能を使えば、5km・10km・ハーフマラソン・フルマラソンなど希望のレースに合わせて、最適なトレーニングメニューを自動で作成してくれます。

また、ランニング中の心拍数と速度からランニング効率を評価する「ランニングインデックス」機能も搭載。レースタイムの予測に役立つのでトレーニングの質をより向上できます。PCやスマホアプリと連携すれば、トレーニングデータの管理やフィードバックの取得も可能です。

ゴーライフ(GOLIFE) GPSランニングウォッチ GoWatch 110i Plus

軽量コンパクトで走りやすい、初心者向けのGPSランニングウォッチです。本体重量は約49gと軽く、日本人の手首に合わせたデザインが特徴。バンドが邪魔になりにくいので、手首の細い方でも快適に着用できます。

操作性がシンプルなのも特徴。ランニング・ハーフマラソン・フルマラソンなどの運動モードをボタン1つで簡単に変更できるため、レース内容に合わせた最適な運動計測が可能です。また、GPSに加えてGセンサーも内蔵しているので、屋内のランニングマシンでのトレーニングにも対応できます。

スマホとの連携機能も充実。電話やメール、SNSなどの着信をランニングウォッチがバイブで知らせてくれるので、ランニング中でも重要な通知にすぐ気付けます。「GOLiFE RUN」アプリを使えば、WEBサービスを介して運動データの情報確認や走行ルートの表示なども可能です。

ランニングウォッチのおすすめ|中・上級者向け

ガーミン(GARMIN) GPSランニングウォッチ ForeAthlete 235J

ランニングに必要なあらゆる機能が充実した、中・上級者向けの高機能なGPSランニングウォッチです。前モデルと比べて光学式心拍計の性能が向上したのが特徴。最大心拍と安静時心拍を設定すれば運動強度の目安をカラーゲージで視覚的に参照できるので、現在のトレーニングが自分の目標に適しているかの確認に重宝します。

計測可能な項目が追加されたのも特徴。体内に取り込める酸素の1分間当たりの最大量である「VO2Max」を計測できるので、持久力の程度を測れるほか、レースの種類に応じた「予想タイム」の算出にも活用できます。

また、ランニング終了時に回復に必要な時間を通知してくれる「リカバリーアドバイザー」機能を搭載しているのもポイント。自分が行っているトレーニングの負荷が、目標に対して適切かの判断に役立つので、トレーニング効率をさらに向上させた質の高いランニングが可能です。

ガーミン(GARMIN) GPSマルチスポーツウォッチ fenix5 Sapphire

過酷な環境での使用にも耐える、ガーミンが誇るハイエンドのGPSランニングウォッチです。fenix5はForeAthleteシリーズの上位モデルなので、ForeAthleteのすべての機能が使えます。

加えて、GPS機能がさらに強化されているのが特徴。GPSにABCセンサー(高度計・気圧計・コンパス)が追加されたほか、沿面距離・沿面速度にも対応したことで、水平移動だけではなく上下移動でもより正確な計測ができます。また、トラックバック機能を使えば、初めて挑戦する道で正規のルートから外れても安全に帰還が可能です。

ディスプレイにはサファイアガラスが採用されているので、ハードに使っても傷が付きにくいのも特徴。100mの完全防水機能を備え、GPSおよび光学心拍計の使用時は最大21時間の連続駆動が可能という本格仕様なので、ウルトラマラソンやトレイルラン、トライアスロンなどのハードな競技に挑戦する方におすすめです。

ガーミン(GARMIN) GPSスマートウォッチ VENU

ガーミン(GARMIN) GPSスマートウォッチ VENU

高精細な有機ELディスプレイを搭載したGPSランニングウォッチです。呼吸数やストレス、心拍数など、さまざまなライフログ機能を備えており、身体のコンディションを視覚的にチェックすることができます。

アクティビティを自動的に認識して記録をつけられる「Move IQ」機能を搭載。ランニングはもちろん、ウォーキング、自転車、水泳などの動きを識別できるので、アティビティを始めるたびにいちいちモードを切り替える必要がありません。

また、非接触型決済「Garmin Pay」に対応しているのもポイント。専用端末に時計をかざすだけで決済することができます。財布を持ち運ぶ必要がないので、身軽な状態でランニングに集中したい方におすすめです。

エプソン(EPSON) GPSランニングウォッチ Wristable GPS J-300B/F

視認性の高い広視野角ディスプレイと、小型軽量なボディが魅力の高機能なGPSランニングウォッチです。ディスプレイには電子ペーパーを応用した新技術「EasyView Display」を採用。直射日光の下やサングラス越しでも表示がはっきり確認できます。

また、時計を見る動作だけで点灯する「リストターン」など多彩なライト機能も搭載されているので、夜のランニングにもおすすめ。さらに、ディスプレイの表示レイアウトは、スマホのアプリと連携すれば手軽にカスタマイズできるのもポイントです。

国産の準天頂衛星「みちびき」に対応する高精度GPSや光学式脈拍センサーも備えているので、ランニングウォッチとしての性能も優秀。本体重量はわずか約51gなので、ランニング中の腕振りに影響せず走りやすいのも特徴です。バッテリーはGPSと脈拍センサーの使用時で最大16時間の連続駆動ができます。

スント(SUUNTO) GPSランニングウォッチ SPARTAN TRAINER WRIST HR

デザイン性の高さとマルチスポーツに対応する多機能さが魅力のGPSランニングウォッチです。フィット感のよさと見た目の美しさが両立したデザインが特徴。カラーディスプレイも高い輝度により屋外でも見やすいので、スタイリッシュで快適なランニングを楽しめます。

ランニングで役立つ計測機能も充実。ライフログや心拍測定はもちろん、GPS信号によりランニング時の速度・距離・高度・位置情報を計測できます。ルートナビゲーションにも対応しており、来た道へ安全に戻るためのルートも表示できるので、初めて走るコースでも安心です。

本体重量は約56g。GPSのデータ取得頻度を変更できるのも特徴で、必要に応じて測定秒数を調節することで最大30時間の駆動が可能です。50mの完全防水機能を備えており、雨の日のランニングはもちろん、トレイルランやトライアスロンなどハードな状況での使用にも対応できます。

スント(SUUNTO) GPSランニングウォッチ SUUNTO 9

超大容量バッテリーと高精度・低消費電力の測位機能が搭載された、スントのフラッグシップモデル。過酷な環境で長時間走るウルトラマラソンやトレイルマラソン、トライアスロンに挑む上級者におすすめです。

バッテリーは、GPS(データ取得頻度1秒毎)と光学心拍計を使用する通常モードでは最大25時間、消費電力を抑えるウルトラモードでは、最大120時間もの高スタミナを実現。バッテリー残量が低下するとモード変更を自動通知してくれるので、バッテリー切れを気にせず長丁場のレースに集中できます。

また、GPSにモーションセンサーのデータを組み合わせた独自技術の「FusedTrack」を搭載しているのもポイント。GPSの消費電力を抑えつつ、高精度な距離や軌道の計測を可能にしています。10気圧(100m)の防水機能を備えているのもポイントです。

ポラール(Polar) GPSランニングウォッチ Polar M430

中級者ランナーにおすすめのGPSランニングウォッチのスタンダードモデルです。Polar M200の上位機としてすべての機能が使えるほか、機能性や耐久性がさらに向上しています。

本体重量は約51g。30mまでの防水機能にも対応するので、雨天でのランニングにも問題なく使用が可能です。バッテリーもGPSおよび光学心拍計の使用時で最大8時間保つので、普段の練習はもちろん、ハーフマラソンやフルマラソンでも十分に対応できます。

光学心拍計による心拍数の継続的な計測に対応。最大酸素摂取量(VO2max)の計測も可能で、「Polarフィットネステスト」を行えば、5分間のテストでランニング持久力の進歩状態を確認できます。さらに、睡眠計機能の「Polar Sleep Plus」も搭載しているので、トレーニングの記録だけでなく睡眠の状態も管理できます。

ポラール(Polar) GPSマルチスポーツウォッチ Polar Vintage V

最新の光学心拍計と大容量バッテリーを搭載した、ハイスペック仕様のGPSランニングウォッチです。心拍計には新開発の「Precision Primeセンサー」を採用。2色9個のLEDセンサーを使用することで深い層の血流を検知し、より高精度な心拍計測ができます。

ランニングパワーの計測に対応するのも特徴。外部センサーを追加することなく、本機だけで走行中の脚力を計測して数値化が可能です。ランニングフォームの改善などに効果的なので、トレーニング効率をより向上できます。

本体重量は約68g。バッテリーはGPS(データ取得頻度1秒毎)と光学心拍計の使用しつつ、最大40時間のスタミナを実現しています。30mまでの防水機能を備え、水泳中の各種測定も可能なのでトライアスロンに向けたトレーニングにも最適です。

GPS機能付きランニングウォッチのAmazonランキングをチェック

GPS機能付きランニングウォッチのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:GPS機能非搭載のランニングウォッチ

ソーマ(SOMA) RunONE50

ソーマ(SOMA) RunONE50

これからランニングを始める方にピッタリのランニングウォッチです。リーズナブルな価格の製品にも関わらず、フルマラソン2回分の記録を簡単に保存できる「50ラップメモリー×2ラン」や、レース中の各チェックポイントの通過制限時刻を設定できる「カットオフタイマー(15地点メモリー)」、腕に装着した状態でも見やすい「30°DISPLAY」など、便利な機能を多数搭載しています。

また、水に濡れても壊れにくい「日常生活強化防水(5気圧)」に対応しているのも魅力のひとつ。雨の日のランニングや汗をかきやすい真夏のランニングでも安心して使えます。カラーバリエーションは、ポップなブルー×レッドをはじめ全8色から選択可能。ファッション感覚で好きな色が選べるのも嬉しいポイントです。

カシオ(CASIO) フィズ STW-1000

カシオ(CASIO) フィズ STW-1000

便利な機能が充実した中級者以上向けのランニングウォッチ。世界6局の標準電波に対応したマルチバンド6を採用することで、対応する外国でも正確な時間が把握できます。視認性に優れた「大型ワイド液晶パネル」や、明暗を自動で感知して暗い場所でのみライトが点灯する「フルオート高輝度LEDバックライト」、押しやすい形状を追求して作られた「ラップ計測ボタン」により、昼夜問わずに一日中使えるのも魅力です。

機能面では、汚れてきたら水洗いできる「10気圧防水」、最大120本までメモリーが可能な「ラップ・スプリットタイム」、正確なタイムが測定できる「ストップウオッチ機能」を搭載。太陽光はもちろん、室内照明でも受電できるカシオ独自の「ソーラー充電システム」を採用しているので、電池切れを気にすることなく快適に使えます。

ラドウェザー(LAD WEATHER) LAD048

ラドウェザー(LAD WEATHER) LAD048

重さわずか41gの高性能ランニングウォッチです。リアルタイムで心拍数の確認ができる「ドイツ製センサー」や、1秒単位で正確な計測が可能な「カウントダウンタイマー」、方位・方角を計測して表示する「デジタルコンパス」を搭載。ランニングはもちろん、登山やサイクリングなど、1台でさまざまなアクティビティに使えます。

給電方法は「USB充電」に対応しており、定期的な電池交換の手間が必要ないのも魅力のひとつ。カラーバリエーションは、グリーン・オレンジ・シルバー・ブラックから選択できるので、ランニングウォッチの色にこだわりたい方にもおすすめです。

セイコー(SEIKO) PROSPEX SBEF039

セイコー(SEIKO) PROSPEX SBEF039

機能性とデザイン性に優れたランニングウォッチ。ファッション性の高いスタイリッシュなデザインを採用しており、プライベートからスポーツシーンまで幅広く使えます。バンド裏面には、汗などの水分をスムーズに排出可能な溝形状を採用。快適な着け心地と高いフィット性を実現しているのも大きなポイントです。

ほかにも、うるう年などの修正がいらない「フルオートカレンダー」、2つのタイマーを交互に繰り返し作動させられる「ダブルリピートタイマー機能」、発汗や突然の雨でも安心して使える「日常生活用強化防水(10気圧防水)」など、オプション機能が充実しているのも特徴。

太陽光で給電ができる「ソーラー充電機能」や、一定時間操作をしないと電池消費を抑える「パワーセーブ機能」を搭載することで、最大約20ヶ月使い続けられるのも魅力です。

ラドウェザー(LAD WEATHER) LAD001

ラドウェザー(LAD WEATHER) LAD001

初心者から中級者まで幅広いランナーに対応するモデル。ラップ数が最大100個まで記録できるラップタイム計測や、最大9本のランデータを保存できる機能など、ランニングに必要な機能だけを搭載することで、重量わずか31gの軽量ボディを実現しています。ベルトに広がりを抑える特殊な加工を施すことで、耐久性に優れているのも魅力です。

カラーバリエーションは、ブラック・ホワイトの2色から選択が可能。ユニセックスに使えるデザインのおすすめランニングウォッチです。