生活改善やダイエットなど健康志向の高まりによって注目されている「ランニング」。今やブームという域を越えてライフスタイルのひとつとして確立されつつも、走るというシンプルな行為に対していかにストイックに向き合い続けられるかが大きなポイントです。

そこで今回は、ランニング記録をデータとして管理できるGPS機能付きのランニングウォッチをピックアップ。「初心者向け」や「コスパ良好」などに項目を分けて、おすすめ製品をランキング形式でご紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

GPS機能付きランニングウォッチの選び方

駆動時間で選ぶ

GPS機能が付いているランニングウォッチは常に電波を受信して稼働する仕様のため、メーカーやモデルによっても駆動時間にバラつきがあります。そのため、一回の充電でどれくらい稼働できるか確認することが重要。走っている最中に電池切れになってしまわないためにも用途にあった駆動時間を選ぶことが大切です。

フィット性の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチは装着時に腕にフィットしなければ、ストレスの原因になります。快適に使うためにも腕にしっかりフィットするモノを選ぶのがおすすめです。

特に確認したいポイントは、時計本体の形状とベルト部分が細かく調整できるかどうか。単に機能だけで選ぶのではなく、人それぞれ腕の太さや大きさは違うため、自分に合ったランニングウォッチを選びましょう。

防水性の高さで選ぶ

GPS機能付きのランニングウォッチは主に屋外で使用するため、雨に耐えられる程度の防水性があれば安心。より高い防水性を備えたモデルなら、海や水泳など幅広いシーンでアクティブに使えておすすめです。

多くのランニングウォッチは、防水性を「気圧防水」で表記しています。3気圧防水は日常生活における汗や水滴の防水、5気圧防水は水仕事に耐えられる程度の防水です。5気圧防水以上になると、メーカーによっては水泳を可能としている場合もあるのでチェックしてみてください。より防水性が高くなると、競泳にも使える20気圧防水などがあります。

通常屋外をランニングするだけなら、5気圧防水のモデルがおすすめ。日常の水仕事やシャワー時にも使用でき、雨天時のランニングでも安心です。防水性は、他に「atm」や「bar」という単位で表示される場合もあります。「5気圧防水」と「5atm」「5bar」はおよそ同等の防水性なので、参考にしてみてください。

アプリ連携の可否で選ぶ

パソコンやスマホのアプリとランニングウォッチを連動可能であれば、自分のランニングを簡単に記録しペースや時間など情報を蓄積できます。そのため、蓄積した情報は分析して今後のトレーニングに役立たてることが可能。また、距離などが積み上がっていくと自分の成長を体感し、モチベーションアップに繋がります。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチは走りながら画面を確認するため、視認性もポイント。ディスプレイと文字の大きさに配慮されたモデルなら、太陽光の照り返しや走行による振動の中でも情報が読み取りやすいのでおすすめです。

また、夜間などの暗い環境でランニングを行う方は、カラーディスプレイやバックライト機能を搭載したモデルを選びましょう。視認性が低く使いづらさを感じるとせっかく購入しても使わなくなってしまう恐れもあるので、ぜひチェックしてみてください。

他には、心拍計も人気のある機能です。心拍数のデータが取得できると、行っているトレーニングの強度を調節するのに役立ちます。より本格的にランニングを行いたい方におすすめです。

GPS機能付きランニングウォッチの人気ブランド

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチの定番メーカーといえばガーミン。GPS製品を専門に扱っているメーカーなので、ランニングウォッチに搭載されているGPS機能の精度と品質が高いのも特徴です。

ガーミンの魅力は、準天頂衛星システム「みちびき」に対応している製品が多いこと。日本の真上に飛んでいる衛星の信号をキャッチするため、電波遮断が少なくて安定しています。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

プリンターメーカーとして有名なエプソン。同社のランニングウォッチは脈拍の計測機能が特徴です。センサーにより変化を読み取って脈拍を測る仕組みなので、面倒な胸ベルトを着ける必要がありません。

駆動時間に関しても、低消費電力化されているモデルを選べば、GPS機能と脈拍計測機能を使用している状態でも20時間以上稼働します。ランニング時間が長い方や、こまめに充電するのが面倒な方、走りながら正確に脈拍を測りたい方はエプソンのランニングウォッチがおすすめです。

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

国内のスポーツメーカー、アシックスが販売するランニングウォッチは、初心者でも簡単に操作できる分かりやすさが魅力。もちろんランニング上級者にもおすすめです。アシックスらしいスポーティなデザインと、さりげないブランドロゴがポイント。

GPS機能で走行距離とスピード、走るペースをしっかり計測します。必要最低限の機能をシンプルに使いこなせるのでおすすめです。

2018年GPS機能付きランニングウォッチのおすすめランキング

第1位 ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 645 Music

2018年に発売されたハイグレードなランニングウォッチ。音楽再生機能を搭載しており、最大500曲の音楽を保存して持ち歩けます。Bluetoothイヤホンを利用すると、走りながら快適に音楽を楽しめるのでおすすめです。

また、ランニングのフォーム解析ができる「ランニングダイナミクス機能」を搭載。オプションパーツを利用すると、ランニング時の上下動や地面に接地した時間、ストライドなどをチェックできます。

心拍計機能もあり、トレーニングのデータを豊富に取得できるのが大きな魅力です。駆動時間は、音楽再生とGPSと心拍計の同時使用で最大5時間ですが、GPSと心拍計のみなら最大14時間使用できます。

5atmの防水性があり、水泳で使えるのもポイント。ディスプレイは「半透過メモリインピクセル」を採用し、太陽光の下でも高い視認性を実現しています。専用アプリ「Garmin Connect」にも対応しているおすすめモデルです。

第2位 スント(Suunto) SUUNTO SPARTAN SPORT WRIST HR

デザイン性を重視する方におすすめなのがスントのランニングウォッチ。スントはフィンランドの精密機器メーカーで、その高性能な製品は軍隊にも採用されています。

本機はマルチアスリート向けのハイクオリティなモデルで、80種類以上のスポーツに対応。心拍計を内蔵しており、ランニング時にはペース・速度・距離・心拍数。トレーニング負荷などのデータを計測します。

取得可能なデータの種類が多く、トレーニングデータを豊富に記録したい方におすすめ。専用アプリ「Suunto Movescount」と連携するとデータの管理と分析が容易に行え、トレーニングに役立ちます。

駆動時間はフルパワーモードで約10時間。100m耐水設計であり、水泳にも使用できる高い防水性を備えます。カラーディスプレイとバックライト機能を搭載しているので、夜間のランニングにもおすすめです。

第3位 エプソン(EPSON) WristableGPS J-350

エプソンによるハイスペックなランニングウォッチです。新技術の「EasyView Display」により、直射日光の下やサングラス装着時でも高い視認性を実現。バックライト機能も搭載しているので、夜間でも容易にディスプレイを確認できます。

独自の高性能GPSチップを内蔵している上、「みちびき」にも対応しているため、高精度な位置情報を取得可能。ランニングに関する豊富なデータを計測でき、心拍計機能を利用した高度なトレーニングも行えます。

10気圧防水の高い防水性を備えているのもポイント。駆動時間はGPSと心拍計の同時使用時でも約36時間と長く、ウルトラマラソンなど長時間の計測が必要な用途にも適しています。

ベルトはシリコン素材をで、フィット性に優れています。専用アプリ「Epson View」と連携することでトレーニング記録の管理も可能。ハイスペックでありながらコストを抑えたおすすめモデルです。

第4位 fitbit Ionic adidas エディション

活動量計で人気の「fitbit」によるGPS搭載モデルです。高いデザイン性とadidasのオンラインワークアウトプログラムを利用できるのが魅力。ランニングのフォーム・体力・スピードを向上させる効果が期待できます。

駆動時間は最大で5日間。耐水構造を採用しており、水泳に使用できるほどの高い防水性を持ちます。GPSに加え「GLONASS」の人工衛星システムに対応しているので、精度の高い位置データを取得可能。ランニングのペースや距離、ルートマップなどを記録できます。

心拍計機能を内蔵しており、有酸素運動のフィットネスレベルを確認したり、睡眠分析を行ったりできる点もメリット。デバイスに300曲以上の音楽を保存して持ち運べる上、「Fitbit Pay」によるキャッシュレス決済も可能です。

スマートフォンの着信、メッセージの受信などを通知する機能も搭載。スマートウォッチとしての機能も充実しているおすすめモデルです。

初心者向けGPS機能付きランニングウォッチのおすすめランキング

第1位 ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 235J

ガーミンのランニングウォッチでも人気の高いモデル。高性能な光学式心拍計を採用しており、取得できるトレーニングデータの豊富さが魅力です。手首につけるだけで最大酸素摂取量や消費カロリーなどが分かり、トレーニングの負荷をコントロールして効率よく鍛えられます。

最大酸素摂取量から、5km・10km・ハーフマラソンなどのタイムを推定する「予想タイム」機能もあり、走力レベルの把握に便利。「Gセンサー」を内蔵しているので、GPSの受信できない屋内でもランニングデータを計測できます。

カラーディスプレイとバックライト機能も搭載しており、視認性が高く夜でも快適に使用可能。駆動時間は、GPSを使用したトレーニングモードで約11時間です。50m完全防水なので5気圧防水と同等の防水性があり、雨天でも安心して使えます。ガーミンの中では価格もお手頃で評判のよいおすすめモデルです。

第2位 エプソン(EPSON) WristableGPS J-50

フルマラソン完走を目指すためのトレーニングが行えるモデルです。心拍計を内蔵しており、持久力アップや筋力アップなどの目的に合わせた効果的な心拍トレーニングが行えます。最大酸素摂取量を記録でき、距離別に各マラソンタイムを予測することも可能です。

設定したペースとランニング時のペースを比較して表示する機能もあり、本番を想定したトレーニングができるのもメリット。専用アプリ「Epson View」と連携することで、データを管理しモチベーション維持に役立てられます。

稼働時間は、GPSと脈拍計を使用した場合でも約10時間と長いので安心。5気圧防水の防水性も備わっています。スマートフォンの通知表示機能やミュージックコントロール機能があるのもポイント。機能性とコストのバランスがよいおすすめモデルです。

第3位 スント(Suunto)SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR

スタイリッシュでカラバリが豊富な人気モデル。フィット感と美しさを追求したデザインなので、ランニングはもちろん普段用ウォッチとしても使えるおしゃれな製品です。ランニングをはじめとする多彩なスポーツのトレーニングを記録できます。

GPSによりランニング時の速度・ペース・距離・ルートなどを記録。専用アプリと連携してデータの管理や分析が行えます。心拍計を内蔵しており、毎日の心拍数からオーバートレーニングになっていないかチェックする機能も搭載。適切なトレーニングをサポートしてくれます。

駆動時間はGPS使用時で最大10時間です。水泳にも使用できる、50m耐水性能の優れた防水性があるのもポイント。睡眠分析や24時間の歩数も記録できます。高い機能性が魅力のおすすめモデルです。

第4位 ガーミン(GARMIN) vívoactive 3 Music Black

ランニングに音楽を取り入れられるランニングウォッチです。最大500曲を保存でき、Bluetoothイヤホンを使用することでスマートフォンを持たなくても音楽を聴きながらトレーニングができます。

「Garmin Pay」に対応しており、ランニングウォッチでカード支払いができるのもポイント。財布を持たず、ランニング帰りに買い物をしたりカフェに寄ったりといった楽しみ方も可能です。

駆動時間はGPSと音楽モードで最大5時間、GPSモードで最大11時間。毎日のランニングには十分なバッテリー寿命です。5atmの防水性があり、シャワーはもちろん水泳にも使えるので安心。ディスプレイが直射日光の下でも視認性に優れている点もメリットです。

専用アプリの「Garmin Connect」でデータを管理・共有し、効率のよいトレーニング計画を立てることも可能。スマートウォッチに似た使い方もできる、初心者におすすめのランニングウォッチです。

安さで選ぶコスパ良好GPS機能付きランニングウォッチのおすすめランキング

第1位 エプソン(EPSON) WristableGPS Q-10

リーズナブルでシンプルな機能のおすすめモデル。基本的なランニングデータが一通り記録でき、コストパフォーマンスに優れたランニングウォッチです。

GPSを利用してトレーニング時のペース・タイム・距離・消費カロリーなどのデータを取得できます。あらかじめ距離や時間を設定しておくと、その時点でのラップタイムを自動で計測する機能も搭載。ランニング中は操作の必要がなく便利です。

ランニングマシンを使用した屋内トレーニングの際も、距離やタイム、ペースを計測できるのもポイント。5気圧防水の防水性がある点や、駆動時間が約13時間と長い点も魅力です。

本モデルは無料の専用アプリとも連携しており、トレーニングの内容を管理したり分析したりすることが可能。ただし、Bluetoothに対応していないため、データのアップロードにはUSB接続でPCと繋ぐ必要があります。ランニングウォッチを試しに使ってみたい方におすすめのモデルです。

第2位 アシックス(Asics) アシックスウオッチ AG01

人気スポーツブランドのアシックスによるランニングウォッチです。リーズナブルでありながら駆動時間は約10時間と長く、約3時間で充電が完了します。5気圧防水なので雨天時のランニングにも使用可能です。

GPSを利用してランニング時の距離、スピード、ペースなどを記録できます。取得したデータは専用アプリで容易に管理でき、モチベーション維持に効果的。液晶画面の視認性がよい点も魅力です。

バックライト機能を搭載しているので、夜間のランニングにも使えます。基本的な機能を備えていながらリーズナブルなため、コストを重視する方におすすめのモデルです。

第3位 ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 230J

ガーミンの中でもリーズナブルな人気モデル。駆動時間は16時間で、さまざまなトレーニングに使えます。5atmの防水性があるので、雨天時のランニングや日常生活の水仕事でも問題なく使えて安心です。

データ管理を行うアプリの「Garmin Connect」にも対応しており、自分に合わせてトレーニングをカスタマイズできます。GPSの他に「GLONASS」と「みちびき」の衛星測位システムと互換性があり、山奥や高層ビルの近くでも正確な位置情報が取得できるのもメリットです。

距離・ペース・タイム・心拍数などのデータを記録できるので、一般的なランニングには十分。ガーミンのランニングウォッチをお手頃価格で試してみたい方におすすめです。

第4位 スント(Suunto) SUUNTO AMBIT3 RUN

ランニングに機能を絞りコストを抑えたおすすめモデル。ランニングのスピード・ペース・距離・ルートなどを計測できます。駆動時間は約15時間で、バッテリー寿命が長いのも魅力です。

50m耐水設計であり、水泳に使用できるほどの高い防水性があります。バックライト機能を搭載しているので、暗い夜道でランニングをする場合も視認性がよくおすすめです。専用アプリと連携してデータの管理もできます。

ベルトは肌触りのよいシリコン製で、快適な装着感。スマートフォンの着信を通知する機能もあります。ランニングに必要な機能をシンプルに内蔵した、コスパのよいモデルです。

第5位 ポラール(POLAR) GPSランニングウォッチ M200

心拍計機能つきのリーズナブルなランニングウォッチです。GPSを利用して、ランニング時のスピード・距離・ルートの記録ができます。

無料のランニングプランを活用でき、5km・10km・ハーフマラソン・フルマラソンの中から選んで本番を想定した効率的なトレーニングが行えるのもメリット。心拍計を利用して、有酸素持久力や最大酸素摂取量の向上に効果的なトレーニングを組み立てることも可能です。

専用アプリ「Polar Flow」と連携し、データを管理することでトレーニング計画の立案にも役立ちます。活動量計としても使えるため、日々の歩数や睡眠、消費カロリーなどもチェック可能です。

スマートフォンの通知を表示して知らせる機能も搭載しています。コストを抑えながら十分な機能性があるので、お手頃価格のランニングウォッチを探している方におすすめです。

GPS機能付きランニングウォッチのAmazonランキングをチェック

GPS機能付きランニングウォッチのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。