ランニングは特別な道具を必要とせず、場所も選ばないのが特徴。ランニングウォッチを装着することで、走行したぶんの距離や消費カロリーなどが数値化され、トレーニング効果やモチベーションの向上が期待できます。

そこで今回は、ランニングウォッチの初心者・中級者・上級者向けのおすすめモデルをご紹介。選び方やおすすめメーカーについても解説します。ランニングウォッチの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランニングウォッチとは?

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチとは、時刻表示の機能以外に、ラップタイムや走行距離などのデータを記録できるデバイスのことです。トレーニングのデータを記録することで、日々の成長記録を確認できるため、モチベーションの維持にも繋がります。

快適にトレーニングをするためには、デバイスのフィット感や操作性が重要。なかには、フィット感に優れた樹脂素材の採用したモノや、バンドの付け替えに対応しているモノもラインナップされています。

ランニングウォッチの機能や役割

ランニング距離やコースの記録

By: amazon.co.jp

多くのランニングウォッチには、GPS機能によって走った距離やコースを記録する機能が付いています。また、1週間や1ヶ月単位で総走行距離を数値化することも可能です。

走った距離を数値として見える化すれば、ただ漠然と走るよりも自分の成長を実感しやすく、モチベーションアップに繋がります。また、翌月の目標距離を設定したり、ランニング仲間と記録を共有したりすることで、ランニングをより楽しむことが可能です。

タイム・ラップタイムの計測

By: garmin.co.jp

ランニングウォッチを使えば、スタートからゴール地点までのタイムを手軽に測定できます。また、1kmごとなど、一定の距離ごとにラップタイムを計測することも可能です。

ランニングのタイムを詳細に記録・分析することで、後半になるとペースが不安定になるなど、自分では気付かなかったペース配分の課題発見も可能。また、半年前や1ヶ月前のタイムと現在のタイムを比較することで、自分の成長をより客観的に把握できます。

心拍数や運動強度の計測

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチのなかには、手首に流れる血液量の変化を測定できる光学式心拍計を搭載したモノが増えており、精度も年々向上しています。

リアルタイムで心拍数を計測すれば現在の運動強度がひと目で把握できるため、ランニングをより安全に効率よく継続することが可能です。

なお、運動強度とは、運動中にかかる負荷を数値化したもの。「220-年齢」で求められる最大心拍数を基準に、運動中の心拍数がどのぐらいの割合まで高まっているかによって、運動強度を推定します。

高機能モデルでは、目標心拍数に達するとアラームなどで通知する機能を備えたモノも存在。なかには、心拍数から次のランニングを行うのに適した状態に回復するまでの時間を表す、リカバリータイム表示機能を備えたモノもあります。

ランニングウォッチの選び方

走行経路・距離・時間などを記録するならGPS機能をチェック

By: amazon.co.jp

GPS(Global Positioning System)とは、位置を測定できるシステムのことで、トレーニング効率をアップさせたい方におすすめの機能です。ランニングウォッチでGPS機能を搭載したモデルは、走行距離・時間・ペース・速度などを記録し、自身のトレーニングの様子を数値化できます。

また、ナビゲーション機能を備えたモデルでは、目的地までのルートや距離を知ることが可能。ルートを知らない場所でランニングする際やトレッキングなどにも役立ちます。

運動強度を測りたいなら「心拍数測定機能」をチェック

By: suunto.com

心拍数測定機能では、ランニングウォッチを装着しているあいだ、安静時やピーク時の心拍数を測定することが可能です。心拍数測定機能により、消費カロリーを測定したりトレーニング強度を把握したりできます。

光学式心拍計を搭載しているモノも多くラインナップ。手首に装着するだけで測定できるので、利便性を求める方はチェックしてみてください。

雨や汗で壊れないよう防水モデルを選ぶ

By: suunto.com

ランニングウォッチは、屋外で雨が降った場合やトレーニング中の発汗で故障してしまわないよう、防水モデルを選ぶようにしましょう。

多くのランニングウォッチは、日常生活用強化防水レベルの機能が備わっているものの、どれだけの防水機能を有しているのかチェックすることが大切。なかにはスイミングにも対応した、高い防水機能を有するランニングウォッチもラインナップされています。

バッテリーの駆動時間をチェック

By: amazon.co.jp

ランニングウォッチを選ぶときは、トレーニング中に電池切れを起こしてしまわないよう、バッテリーの駆動時間も要チェック。頻繁かつ長時間トレーニングに励む方であるほど、長い駆動時間のモデルを選ぶのが適しています。目安としては、1回の充電で最低8時間以上駆動するモノがおすすめです。

ディスプレイの見やすさも重要

By: garmin.co.jp

ランニングウォッチは、トレーニング中に確認することが多いもの。時刻や各データの表示が小さいと、走行中に確認するのが難しく、足を止めてしまったり、前方から目を離す時間が多くなったりしてしまいます。

そのため、ランニングウォッチはなるべく文字や数値が分かりやすく、かつ大きく表示されているモノを選ぶのがおすすめです。夜間での走行や、登山などのアウトドアシーンで使う方は、暗闇でも確認できるよう、バックライト機能付きのモデルも検討してみてください。

その他あると便利な機能をチェック

スマホ・アプリ連携

By: amazon.co.jp

スマホやアプリとの連携機能があれば、より詳細なデータが得られるほか、快適にトレーニングを行えます。専用アプリをダウンロードしておくことで、走行距離や心拍数のデータを記録し、スマホ上での確認が可能。過去のデータとの比較をするのにも役立ちます。

製品によっては、専用アプリが過去のデータに基づき、トレーニングのプランを提案するモノもラインナップされているのでチェックしてみてください。

音楽再生機能

By: amazon.co.jp

トレーニングにスマホなどの音楽再生プレイヤーを持ち運んでいると、動きが妨げられます。ランニングウォッチに音楽再生機能があるモノだと、手軽に音楽が楽しめるのでおすすめ。ワイヤレスイヤホンと組み合わせることで、音楽再生プレイヤーなしでも音楽を楽しむことが可能です。

ランニングをより快適にしたい方は、しっかりとチェックしておきましょう。

ランニングウォッチのおすすめメーカー

ガーミン(GARMIN)

By: garmin.co.jp

「ガーミン」は、アメリカに本社を構えるランニングウォッチブランド。1989年の設立当初、航空業界にて最先端のGPSナビゲーション製品を展開したのを皮切りに、現在では海洋・自動車・フィットネスなど、さまざまな分野へ市場を拡大しています。

ガーミンの製品は外注を一切せず、製品の設計から製造を一貫して社内で行っているのが特徴。機器間の干渉が少ないぶん製品をスリム化しながらも、高容量バッテリーの搭載を実現しているのが魅力です。

スント(SUUNTO)

By: amazon.co.jp

「スント」は、フィンランドに本社を構えている、スポーツウォッチやダイビング製品を取り扱うメーカー。フィンランドの厳しい環境下でも耐えうる耐久性を有するほか、北欧独自のおしゃれなデザイン性を備えています。

スントのモデルは、スポーツウォッチとしての機能のほかに、気圧計や高度計などの機能を搭載しているのが魅力です。また、バッテリーの駆動時間が長いのも特徴。ランニングウォッチを、アウトドアシーンでも活用したい方にぴったりのメーカーです。

フィットビット(Fitbit)

By: fitbit.com

「フィットビット」は、アメリカのサンフランシスコに本社を構えている、スマートウォッチ・トラッカーなどのフィットネス製品を手掛けるメーカー。より健康でアクティブな生活を送れるように、元気とモチベーションを提供することを理念に運営しています。

フィットビットの製品は、予算や目標によって選べる豊富なラインナップが魅力。また、スリムで軽量なモデルが多いのもフィットビットの特徴です。

アップル(Apple)

「Apple」は、iPhone・Mac・iPadなどの幅広いデバイスやソフトウェアを開発・販売している企業です。いずれの製品も高い人気があり、世界各国で愛用されています。

Appleのランニングウォッチは、手首を上げるだけでディスプレイが表示されるのが特徴。データを確認するのに必要な操作を最小限に抑えています。また、ディスプレイのサイズは大きめで、視認性がよいのもポイントです。

メーカーのおすすめモデル

ポラール(POLAR) Pacer Pro

本格派ランナーに役立つ機能を搭載したGPSランニングウォッチ。「ランニングパワー」を計測することで、走行時の筋肉の動作をモニタリングできます。トレイルランニングなどにおいて、ペースや強度を保つための目安になるのがポイント。さらに、外部センサーが不要なので、手首で計測できるのも魅力です。

「ランニングパフォーマンステスト」機能では、最大心拍数や最大酸素摂取量(VO2max)などが確認でき、現在のランニング能力を把握できます。また、従来よりも処理速度が向上したプロセッサーを搭載しているため、スムーズに数値の表示が可能です。

そのほか、ルートガイダンスやアップヒル・ダウンヒルの自動計測、気圧式高度計などを採用しており、アウトドアシーンでも活躍します。41gと非常に軽量で、高精度GPS&心拍計測トレーニングモードで最大35時間の計測が可能です。

▼【進化した軽量ウォッチ】本気のランナーに向けた最新ランニングウォッチ


ランニングウォッチのおすすめ|安い・初心者向け

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 55 010-02562-41

ラウンド型のディスプレイを備えた、スタイリッシュなデザインのランニングウォッチです。本体重量が37gと軽いのが魅力。ベルトの素材には汗に強いシリコンを採用しており、着け心地は良好です。

GPSや光学式心拍計を内蔵しているので、走行距離やコース、運動強度などをより正確に記録することが可能。さらに、専用アプリ「GARMIN COACH」を使用すれば、自分に合ったトレーニングプランや、専門コーチからのアドバイスを受け取れます。

バッテリーの連続稼働はスマートウォッチモードで約14日間、バッテリーの消耗が激しいGPSモードでも約20時間と、長時間のトレーニングにもしっかりと対応可能。コスパに優れたおすすめのランニングウォッチです。

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 245 Music セット 010-02120-E0

音楽配信サービスと同期し、最大500曲を保存できるランニングウォッチです。スマホなしでも音楽を楽しめます。さらに、Bluetoothイヤホンと接続することも可能です。

距離やコースの記録ができるGPSはもちろん、血液中に取り込まれた酸素のレベルを測定する血中酸素トラッキングも搭載。トレーニング量が自分に合っているか、客観的に評価できます。

付属の「ランニングダイナミクスポッド」をウエストバンドに取り付ければ、ピッチ・ストライド幅などを計測してランニングフォームを詳細にチェックすることが可能。ランニング初心者から中級者におすすめのランニングウォッチです。

スント(SUUNTO) SUUNTO 3 SS050416000

北欧の自然をイメージしたおしゃれなデザインが魅力のランニングウォッチです。スマホのGPSと接続することで、走行距離や走ったコースを詳細に記録可能。歩数・心拍数・睡眠時間に加え、ストレスと回復具合なども測定できます。

30m防水仕様で、水泳時にも使えるのが嬉しいポイント。また、3つのモードを利用できるアダプティブトレーニングガイド機能を備えており、7日間分のトレーニングプランを自動で作成できます。

さらに、専用アプリ「Suunto App」を活用すれば、コミュニティ内の仲間とランニングの記録をシェアしたり、意見交換をしてモチベーションを高めたりすることが可能です。

価格が比較的安く、手軽に購入できるのも魅力。スマホと連携することでランニングの効率アップや健康維持に役立つさまざまな機能を使える、おすすめのランニングウォッチです。

スント(SUUNTO) SUUNTO 5 PEAK

39gの軽量なボディと、大容量バッテリーを備えたシンプルなランニングウォッチです。バッテリーはGPSを使用するトレーニングモードでも、最大100時間連続駆動。GPSを使わないタイムモードなら、最大10日間連続で駆動します。

距離や心拍数の計測などの基本的な機能に加え、ランニングを含めた80以上のスポーツモードを搭載。ランニング・サイクリング・登山など、さまざまスポーツに対応できるので、複数の趣味を持つ方にもぴったりです。

専用アプリを使った3Dヒートマップ機能や、音楽の再生・スキップ機能を備えているのも便利。これから本格的にランニングを始めたいと考えている方におすすめのランニングウォッチです。

フィットビット(Fitbit) Inspire 2 FB418BKWT-FRCJK

スクエア型のスタイリッシュなディスプレイが印象的なランニングウォッチです。最大10日間連続で使えるロングバッテリーを搭載しているのが特徴。ディスプレイにはバックライトを備えており、視認性は良好です。

1日24時間心拍数を測定できる機能を備えており、日常生活も含めたトータルの消費カロリーを推定可能。また、ランニング中にはリアルタイムでさまざまなデータを計測します。

水深50mまでの耐水機能を備えており、着用したまま水泳をすることも可能。価格は比較的リーズナブルなので、ランニング初心者が初めて購入する1本としてもおすすめです。

フィットビット(Fitbit) Charge 5 FB421BKBK-FRCJK

GPS・血中酸素ウェルネス測定・心拍測定など、豊富な機能を搭載したランニングウォッチです。スマホと連携することで、睡眠スコアやストレスマネジメントスコアなど、健康維持に役立つさまざま情報を手軽に得られます。

ランニング時には目標心拍数をガイドし、適した運動強度の維持をサポート。また、20種類のエクササイズモードを選択すれば、各エクササイズごとに自分に合った目標を設定したり、リアルタイムで詳細なデータを得られます。

Suicaに対応しており、ランニングウォッチをかざすだけで電車移動や買い物をすることが可能。ランニング中はもちろん、普段のお出かけ時にも活躍する、おすすめのランニングウォッチです。

アップル(Apple) Apple Watch Series 3

アルミ製のスクエアケースと、フィット感に優れたスポーツバンドを組み合わせたランニングウォッチです。ケースのカラーバリエーションはシルバーとグレーの2色。ケースサイズは38mmと42mmの2種類をラインナップしています。

GPSを内蔵しているため、iPhoneなしでも距離やコースを測定可能。また、心拍数をリアルタイムで表示する機能も備えています。さらに、50mの耐水性も備えているので、雨の日のランニングでも気兼ねなく使用可能です。

SuicaやApple Payに対応しており、買い物や公共交通機関の利用時にも便利。ランニング中はもちろん、日常生活でに役立つ機能を豊富に備えた、おすすめのランニングウィッチです。

アップル(Apple) Apple Watch SE

水泳時にも装着できる耐水性を備えたランニングウォッチです。GPSや光学式心拍センサーなどを搭載。ワークアウトアプリを使えば、ランニングやサイクリング、高強度のインターバルトレーニングなど、さまざまなワークアウトをサポートできます。

音楽の再生や、iPhoneと連携して通話やスケジュールのリマインダー機能を利用することも可能。さらに、App Storeを通じて、さまざまなアプリを利用できるなど、普段使い用の機能も充実しています。

ケースサイズは44mmと40mmの2種類。Apple Payに対応しているので、ランニング中に財布を携帯したくない方にもおすすめです。

カシオ(CASIO) G-SHOCK G-SQUAD GBD-200-1JF

幅広い世代に人気の腕時計「G-SHOCK」のスポーツライン「G-SQUAD」。一度スマホのGPS機能と連携して計測距離を補正すれば、次回以降はスマホなしで走行距離を記録できます。

ラップタイムや走行ペースも計測可能。また、専用アプリを使えば、より詳細なランニング履歴の確認や、トレーニング管理機能を使用できます。防水性能は20気圧防水です。

ベルトにはやわらかいソフトウレタンを採用。本体重量も58gと軽いので、快適に着用できます。スポーツウェアスタイルだけでなく、日常のコーデにも違和感なく合わせられる、おすすめのランニングウォッチです。

セイコー(SEIKO) プロスペックス スーパーランナーズ ソーラー SBEF047

ソーラー充電機能を搭載したランニングウォッチです。防水性能は汗にも対応する10気圧防水。また、ベルトの素材には、やわらかくフィット感に優れたポリウレタンを採用しています。

最大300件まで登録できるラップメモリーや、ストップウォッチ機能を搭載。また、世界44都市に対応したワールドタイムやタップ方式のLEDライトに加え、カレンダーやアラームなど、普段使いに便利な機能も備えています。

価格が比較的安いのも嬉しいポイント。シンプルな機能で十分という方や、コスパを重視する方におすすめのランニングウォッチです。

ランニングウォッチのおすすめ|高機能モデル

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 945 010-02063-50

最大1000曲を保存できるランニングウォッチです。音楽配信サービスからプレイリストを同期することも可能。また、Bluetoothにも対応しているので、ワイヤレスイヤホンで好きな音楽を聞きながらランニングを楽しめます。

さらに、GPS・血中酸素トラッキングなどの機能を備えているのもポイントです。バッテリーはスマートウォッチモードで最大14日間連続で駆動。音楽再生・GPSモード・光学式心拍計を同時に使用するトレーニングモードでも、約10時間連続で使用できます。

お気に入りの音楽を聞きながら、本格的なトレーニングをしたい方におすすめのランニングウォッチです。

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 745 010-02445-40

ランニング・自転車・水泳など、さまざまなスポーツに対応するランニングウォッチです。ランニング中の心拍数の変動はもちろん、過去7日間の運動量を測定し、自分に合ったトレーニングガイダンスを作成できます。

また、最大酸素摂取量を示す「VO2Max」や、体のエネルギーレベルを追跡する「BodyBattery」を使えば、リアルタイムで運動強度を把握したり、効率よく休息したりと、無理のないトレーニングが可能です。

Suicaなどの電子マネー決済が使用できたり、音楽を再生できたりなど、日々の生活に役立つ機能も充実。体調管理を徹底しながらランニングを続けたい方におすすめのランニングウォッチです。

ガーミン(GARMIN) Enduro DLC Titanium 010-02408-31

チタン製のベゼルとソーラー充電レンズを搭載したランニングウォッチです。バッテリーの連続駆動時間は消耗の激しいGPSモードで約80時間、通常使用のスマートウォッチモードで約65日間です。

GPS・GLONASS・みちびきなど、複数の衛星システムにアクセスすることで、過酷な環境でも位置情報を取得可能。高度計や天候の予測に役立つ気圧計なども備えているので、ハイキング用のウォッチとしても役立ちます。

さらに、睡眠モニタリングや水分補給トラッキングなど、日常生活を含めたトータルでの体調管理をサポートする機能も充実。また、Suicaなどのキャッシュレス決済も使用できます。バッテリーの持ちがよい高機能なランニングウォッチを探している方におすすめです。

スント(SUUNTO) SUUNTO 9 PEAK SS050567000

ジャケットの袖の下に収まるように設計された、薄型のランニングウォッチです。風防ガラスには、キズに強いサファイアガラスを採用。100m耐水仕様なので、ランニング時だけでなく、本格的なアウトドアシーンでも着用できます。

GPS・心拍数・血中酸素レベルの測定など、ランニングに役立つ機能に加え、80種目以上に対応できるスポーツモードを搭載。各スポーツに合わせて詳細な分析を行えます。

高度計・コンパス・気圧計などのアウトドア用の基本機能も充実。また、3Dでルートを表示できる機能や、曲がり角が近付くごとにアラームで知らせるターンバイターンナビゲーションなども備えています。

きれいめなコーデと合わせても違和感が少ない、スタイリッシュなデザインも魅力。おしゃれでタフなランニングウォッチを探している方におすすめです。

スント(SUUNTO) SUUNTO 7 SS050567000

GPS・手首心拍数センサーに加え、70以上のスポーツモードなどを備えたランニングウォッチです。無料で使えるオフラインアウトドアマップをダウンロードしておけば、旅先でもランニングを楽しめます。

「Wear OS by Google」を搭載しているのも注目ポイント。スケジュールやGmailの確認、Google fitやGoogleアシスタントの利用など、さまざまなアプリを使用できるので、ランニングをしていないときにも役立ちます。

バッテリーの連続駆動時間はGPSを使うトレーニングモードで最大12時間、消費電力を抑えるタイムモードで最大40日間。ランニング用の機能と日常生活用の機能、どちらも重視したい方におすすめのランニングウォッチです。

フィットビット(Fitbit) Versa3 FB511BKBK-FRCJK

20種類のエクササイズモードを搭載した機能的なランニングウォッチです。アクティビティを自動的に感知する「Smart Track」を搭載しており、いちいち操作をしなくても歩数や消費カロリーなどを記録できます。

GPSや心拍数、血中酸素ウェルネスの測定機能も搭載。ランニング時だけでなく、日常生活も含めたデータも測定し、ワークアウトの最適化をサポートします。

音声アシスタント機能を備えているのも便利なポイント。また、Bluetoothでスマホと連携すれば、通話やボイスメールの送信ができます。そのほか、Suicaによるキャッシュレス決済も利用可能。使うシーンを選ばないおすすめのランニングウォッチです。

アップル(Apple) Apple Watch Series 7 MKN63J/A

視認性・操作性のよい大きなディスプレイを備えたランニングウォッチです。ディスプレイはタッチしなくても時刻などを見られる常時表示タイプ。プールや海で泳げる50mの耐水性と、IP6X等級の防塵性能を備えるなど、耐久性も良好です。

心電図や血中酸素ウェルネスを測定できるアプリを備えているのが特徴。また、ランニングだけでなく、サイクリングやHIITなど、さまざまなワークアウトに対応できるのもポイントです。

さらに、仲間と記録を共有して励まし合ったり、競い合ったりできるのも魅力。使いやすいランニングウォッチを探している方や、ランニングのモチベーションを上げたい方、どちらにもおすすめのアイテムです。

カシオ(CASIO) G-SHOCK GSR-H1000AS-SET

カシオとアシックスがコラボし、ランナー向けの機能を充実させたG-SHOCKです。ウォッチ本体と、体の動きを詳細に分析するためのモーションセンサーがセットになっています。

モーションセンサーをウエスト部分に装着すれば、ランニングフォームをアニメーションで表示可能。フォームの改善点を確認しつつ、自分にあった目標を設定できるので、より効率的にランニングを楽しめます。

ウォッチ本体は高い耐衝撃構造を採用しているうえ、20気圧防水を備えており、気軽に普段使いできるのも魅力。タイムが伸びず悩んでいる方や、これから本格的にフルマラソンに挑戦したい方におすすめのランニングウォッチです。

ポラール(POLAR) Polar Pacer Pro

軽量性に優れた気圧式高度計を搭載したランニングウォッチです。ディスプレイには常時表示型のMIP液晶を採用。太陽光の下でもクリアな視認性をキープできるほか、バックライトも搭載しているので、夜間のランニング時にも重宝します。

GPSによる距離の記録やルートガイダンス、最大酸素摂取量に加え、ランニング中の脚力をワット数で表示することも可能。さらに、トレーニングメニューの作成、栄養補給リマインダーなど、さまざまな視点からランナーをサポートします。

バッテリーの連続駆動時間は高精度トレーニングモードで35時間、省電力モードで100時間。長時間バッテリーを搭載しながらも、本体重量は41gと軽いので、長時間快適に着用できます。高機能かつ着け心地のよい、おすすめのランニングウォッチです。

ポラール(POLAR) POLAR VANTAGE V TITAN 90072459

プロレベルの本格的なトレーニングを行うランナーのために作られた、高機能ランニングウォッチです。ケースの素材には軽量かつ丈夫なチタンを採用。高熱・落下衝撃・高湿度など、ミルスペックのさまざまなテストをクリアしており、耐久性は良好です。

GPS・心拍数・消費カロリー値など、ランナー向けの基本的な機能も充実。さらに、トレーニングアプリ「Polar Flow」を使用することで、トレーニングの進み具合を詳細に分析できます。

トレーニングガイド機能「FitSpark」を使えば、毎日のトレーニングメニューを手軽に入手できるのも便利。自己流のトレーニングから卒業し、ワンランク上のレベルをめざしたい方におすすめのランニングウォッチです。