強い日差しを避けたり、汗を吸収したりと、優れた機能性で快適なランニングをサポートするランニングキャップ。ビギナーからベテランまで多くのランナーが着用しています。実用的なだけでなく、おしゃれなモデルが豊富にあり、スタイルにこだわって選べるのも楽しみのひとつ。

今回はランニングキャップの選び方とともに、機能性・ファッション性ともに優れたおすすめモデルをご紹介します。気になる方はぜひ参考にしてください。

ランニングキャップの効果

頭部と髪を守る

ランニングキャップは頭部を守り、日焼けによる髪や頭皮へのダメージを抑える効果があります。特に頭部には大事な神経が集中しているので、他に比べてデリケートな部分。直射日光を浴びて頭部の温度が上昇することで体温が上がり、熱中症にかかる可能性も高まります。

また、髪や頭皮は体の一番高い位置にあるので、紫外線によるダメージを受けやすい部分です。日焼けをしていることが分かりにくいですが、ケアを怠ってしまうと抜け毛にもつながる可能性があるので注意が必要。ランニングキャップは大切な頭部や髪を守るために必須のアイテムです。

目を守る

By: nike.com

頭部と同様に、ランニングキャップには目を保護する効果も期待できます。キャップにあるツバが直射日光を遮り、紫外線による目へのダメージを軽減。紫外線による目の炎症は、加齢とともに視力が低下する可能性があります。

ランニングキャップのツバによる効果は大きいですが、より確実に紫外線をカットするためにランニング用サングラスとあわせての着用がおすすめです。

雨や風を避ける

雨の中開催されるマラソン大会もあり、あまりひどい雨や風でなければランニングは可能です。とはいえ、雨粒が顔にあたったり、目に入ったりして視界が遮られるのはストレスになります。

ランニングキャップを着用すれば多少の雨避けになり、ストレスを軽減。撥水加工のあるランニングキャップは、急な雨や梅雨時期などに効果があり、雨天時におすすめのアイテムです。

風が強いときは髪をまとめるのにも有効で、寒い日は保温効果も期待できます。可能であればいくつか違うタイプのモノを用意し、天候によって使い分けるとよいでしょう。

ランニングキャップの選び方

通気性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ランニングキャップは通気性のよいモノを選びましょう。ランニング中は大量の汗をかき、特に頭部は熱がこもりやすい状態です。

夏場だけでなく、春や秋でも湿度が高かったり日差しが強かったりすればで、熱中症にかかるリスクは高まります。そのような時期は、メッシュ素材のランニングキャップがおすすめ。通気性に優れ、頭部の蒸れによる体温の上昇を防ぎます。

携帯性で選ぶ

By: amazon.co.jp

軽量で、小さく折りたためるタイプのランニングキャップは持ち運びにも便利です。ランニングがブームとなり、走って通勤する「通勤ラン」や、旅先で走る「旅ラン」という言葉も誕生しました。

また、マラソン大会も全国各地で数多く開催され、ランニング用品を持ち歩く機会が増えています。必要な時にいつでも着用できる携帯性に優れたランニングキャップは、安全で快適に走るための欠かせないアイテムです。

また、長い距離を走る場合は折りたためるタイプがおすすめ。一時的にキャップを脱ぎたい時など、サッと脱いで小さく収納できます。気分を変えたい時や休憩を取りたい時など、脱いだ後にポケットなどにしまえるので便利です。

サイズで選ぶ

By: nike.com

ランニングキャップは必ず試着し、頭にフィットするモノを選びましょう。多くのランニングキャップは、浅く小さく作られています。これは、サングラスをかけた時、柄の部分がキャップの縁に当たって痛くなるのを防ぐためです。

ランニングキャップを初めてかぶる方は、サイズに違和感を覚える方も多いでしょう。小さすぎると感じる方は、深く、大きく作られているモノがおすすめです。

色で選ぶ

By: nike.com

ランニングキャップの色は目的に合わせて選びましょう。熱中症対策には、白などの薄く明るい色が適しています。白は光を反射し、熱がこもりにくい色です。反対に黒は光を吸収し、暑くなりますので注意しましょう。

黒は紫外線対策に有効です。紫外線を最もカットする色なので、生地の厚いモノや目が詰まっているモノがより効果的。ただし、夏場は熱がこもりやすく、熱中症対策には不向きなので、色が薄くUVカット加工されているモノがおすすめです。

ランニングキャップのおすすめモデル

ナイキ(NIKE) AW84 エアロビル ランニングキャップ 848376-010SP17

両サイドのメッシュ素材にあしらわれたロゴが印象的なランニングキャップ。ポリエステル素材とメッシュ素材との切り替え部分には、暗闇であたった光を反射するリフレクティブ素材が使われています。内側に付いている汗止めバンドと、通気性に優れた素材がランニング中の涼しさをキープしてくれます。

カラーはブラックの他、ナイキのオリジナルカラーである「ボルト」など全4色。すべての色においてキャップのツバ裏面がブラックなので、紫外線やまぶしさの軽減に役立ちます。

ナイキ(NIKE) エアロビル エリート ツイル キャップ 828617

軽さと通気性のよさが特徴のランニングキャップ。キャップの両サイドには多数の小さな通気穴があり、高い通気性を確保しています。キャップ本体の生地は速乾性に優れた「Nike Dri-FIT」というポリエステル素材を使用。さらりとした着用感で快適なランニングに役立ちます。

サイズは後ろのアジャスターで調節可能。キャップの前面にあるナイキのロゴは、暗がりでも目立つようリフレクティブ素材が使われ、カラーはベーシックなホワイトやブラックの他、レッドやブルーなど6色から選択が可能です。

アシックス(Asics) ランニングメッシュキャップ XXC203

全面メッシュ素材で涼しく、立体的な作りで頭に心地よくフィットします。ランニングキャップの中では大きめのサイズなので、小さいランニングキャップが苦手な方におすすめのモデルです。

サイズはM・L・XLから選択でき、後ろのマジックテープでも大きさの調節が可能。カラーはベーシックなブラック・ホワイト・ホワイト×ネイビーの3色。軽くて機能的ながら、購入しやすい価格で人気のランニングキャップです。

アシックス(Asics) ランニングUVクロスキャップ XXC188

撥水加工、UVカット加工を施したランニングキャップです。高密度で軽いポリエステル素材を使用し、しっかり水を弾くので急な雨でも安心。キャップのツバには、サングラスをかけた時に柄の部分を収納できる「テンプルホルダー」が付いており、サングラスが落下しにくくなっています。

紫外線を通しやすいホワイト系の薄い色を選んでもUVカット効果が期待できるので安心です。

アシックス(Asics) ランニングニットキャップ XXC205

通気性と伸縮性に優れたニット素材のランニングキャップ。サイズはMとLの2種類から選択でき、後ろのアジャスターは調節しやすいスライド式を採用しています。軽く速乾性があり、お手頃な価格も魅力です。

柔らかい生地なので頭にしっかりフィットし、オールシーズン快適に着用できます。生地の切り替え部分には、暗やみで光を反射するリフレクティブ素材のパイピングがあり、暗くなってからのランニングに役立ちます。

アディダス(adidas) ランニングウェア クライマクールキャップ DUR30

通気性に優れ、熱と汗をすばやく逃がす「クライマクール素材」を使用したランニングキャップ。全面メッシュで涼しく、高い速乾性を備えています。

また、UVカット加工が施されており、紫外線保護指数の基準値である「UPF」は50+で、日焼けを遅らせる効果の最高値を示しています。光を反射するリフレクターは、キャップのツバの先、前面のロゴと両サイド、後部のマジックテープと、前後左右から確認でき安心です。

サイズ表記はOSFZが頭囲54~57cm、OSFXが57~60cm、OSFLが60~63cmですので、間違えないよう注意しましょう。

アディダス(adidas) ランニングウェア クライマライトキャップ DUR29

汗や湿気を外へ放出し、常にドライな状態に保つ機能に優れた「クライマライト素材」のランニングキャップ。お気に入りのウェアに合わせやすいシンプルなデザインで、カラーはベーシックなホワイトやブラックの他に、鮮やかなハイレゾオレンジなど全5色をラインナップしています。

キャップのツバには光を反射するリフレクターの縁どりがあり、安全性にも配慮。速乾性があり、通気性にも優れているので暑い季節の着用におすすめです。

ビーウィンディ(B-WINDY) メッシュ キャップ UVカット

穴が大きめのスーパーメッシュ素材を全面に使用したランニングキャップ。日本人の頭の形に合わせた設計で、頭にしっかりとフィットするよう、深めにデザインされています。ツバの全長は長めの8cmで、紫外線カットに効果的。サイズは後ろのワンタッチ式アジャスターで簡単に調節できます。

豊富なカラーバリエーションで、ベーシックなブラックやホワイトはもちろん、明るいスカイブルーやレッドなど全10色から好みのカラーを選択可能。軽量で柔らかく、シワにもならないので、持ち運びにも便利です。

アンダーアーマー(Under Armour) AIRVENT CAP 1305003

アンダーアーマーといえばスポーツウェアでよく知られていますが、そこで使われている「ヒートギア」という素材を採用したのが、本製品です。

吸収した汗を素早く外へ放出しドライな状態をキープする効果があります。4方向へのストレッチがきいている生地は快適なフィット感を実現。紫外線を90%以上カットするUV加工と抗菌防臭効果も期待でき、特に汗をかく季節におすすめです。

プーマ(PUMA) ランニング キャップIII 052911

前面のロゴがおしゃれなプーマのランニングキャップ。ロゴ部分以外にも、ツバや縁にプリントされた「dryCELL」ロゴ部分は暗やみで光を反射するリフレクター素材。「dryCELL」は汗を吸収し、速乾性に優れた生地であり、キャップの内部を常に快適に保つ効果があります。

また、キャップの上部にある、刺繍で縁どられた「アイレット」といわれる小さな穴が通気性を確保。浅めのサイズですが、後ろのアジャスターで好みのフィット感に調節できます。豊富なカラーバリエーションで全7色から選択が可能です。

ニューバランス(new balance) 5パネルパフォーマンスキャップ

名前の通り、5枚のパネル状になった生地を合わせた形のランニングキャップです。さらに両サイドのパネルには、より通気性の高いメッシュ素材を使用。キャップ全体にグレーのパイピングを施しているので、作りもしっかりしています。

使いやすいシンプルなデザインで、カラーはブラックやホワイトの他、鮮やかなパシフィックなど5色から選択が可能。前面の中央にプリントされたロゴは光を反射するリフレクター仕様なので、暗やみでの安全性も確保しています。

ミズノ(MIZUNO) ランニングキャップ J2MW6002

軽量で撥水加工を施したランニングキャップです。急な雨でも安心して使え、サラサラとしたポリエステル素材が頭に気持ちよくフィットします。

直射日光をしっかりと遮り、熱中症予防にも効果的。キャップのツバは8cmと長めで、サイズはMとLから選択できます。後ろのマジックテープで調節も可能。カラーはブラック・ホワイト・マゼンタの3色あり、ロゴが控えめにプリントされているシンプルなデザインです。

シーダブリュエックス(CW-X) キャップ 折りたたみタイプ HYO476

筋肉疲労を軽減し、動きやすさを追求するために開発されたブランド、ワコールCW-Xのランニングキャップ。キャップのツバが折りたためるので、持ち運びにとても便利。両サイドに風通しのよいメッシュ生地が使われ、通気性に優れています。深めのしっかりとした作りですが、軽くて柔らかく快適なかぶり心地です。キャップの後ろには光を反射するリフレクティブ素材を使用したCW-Xのタグが付いています。

シーダブリュエックス(CW-X) キャップ ベンチレーション HYO475

通気性に優れたCW-Xのランニングキャップです。メッシュ素材は外側のサイドからバックにかけてだけでなく、キャップ内側の前、頭頂部、サイドにも使われています。さらに外側の頭頂部に入ったスリットは、内部のメッシュ部分に通じており、高い通気性を発揮しています。

また、汗をしっかり吸収、かつ乾きやすい素材で、顔に汗が流れないための汗止めバンドも付いているので、特に暑い季節のランニングにおすすめです。機能性が高いだけでなく、パイピングや生地の切り替えなどデザイン性にも優れたおしゃれなランニングキャップです。

エアピーク(Airpeak) SpeedⅡ

アスリートのパフォーマンスを最大限に発揮させるために開発されたランニングキャップ。キャップのツバにある通気口により、前方からの風が内部に取り込まれ、常に涼しい状態をキープします。

通気口は、ツバだけではなくサイドと頭頂部にも装備。内側の汗止めベルトとキャップ本体には隙間ができるよう設計されています。この二層構造が風の通り道を確保することで、通気性を高めたランニングキャップです。

生地は吸汗性と速乾性にも優れた「高性能マイクロファイバーポリエステル」を使用し、熱中症対策にも効果的。暑い季節に最大のパフォーマンスを発揮するランニングキャップで、夏のランニングにおすすめ。カラーは全8色とバリエーションが豊富で、スタイリッシュなデザインも魅力です。

モントレイル(montrail) ナッシングビーツアトレイルランニングキャップ2

全面メッシュ素材で通気性に優れたランニングキャップ。高機能なスポーツウェア素材である「フィールドセンサーストレッチ」を使用し、快適なフィット感でトレイルランニングなどの本格的で激しい動きのあるスポーツにおすすめです。

カラーは4色から選択が可能。ロゴの配置や英字のプリントなどがおしゃれで、品質の高さと優れたデザイン性を兼ね備えた魅力的なアイテムです。

ランニングキャップのAmazonランキングをチェック

ランニングキャップのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。