ランニングをする際にあると便利な「ランニングサングラス」。おしゃれなだけではなく、身体や走りにとってたくさんのメリットがあります。しかし、ランニングサングラスは種類が豊富なため、どれを選んだらよいのか迷うことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ランニングサングラスの選び方についてご紹介。これからランニングを始めたい方も、ランニングサングラスを買い替えたい方もぜひチェックしてみてください。

ランニングサングラスの必要性

屋外でランニングをする場合、ランニングサングラスの着用がおすすめです。理由は、目を紫外線の刺激から守るため。長時間目に紫外線を受けると、角膜が炎症を起こして目の痛みや充血、ひどいときには白内障に発展する可能性があることが知られています。

さらに、目から入った紫外線は、日焼けやシミの原因になることも。日焼け止めを塗るのも重要ですが、肌トラブルを防ぐためには、目から入る紫外線をカットすることも非常に大事です。

UV対策されたランニングサングラスをかけることで、紫外線の抑制効果が期待できます。ほかにも、虫やごみが目に入ることを防いだり、偏光機能で路面がぎらついて見えるのを抑えたりと、安全の面からもランニングサングラスのメリットはたくさんあります。

ランニングの初心者・上級者に関係なく、ランニングサングラスの着用を検討してみてください。

ランニングサングラスの選び方

UVカット機能をチェック

ランニングサングラスにはレンズの色が濃いモノやミラーレンズなどのラインナップがあります。色の濃いモノほどUV(紫外線)をカットすると思われがちですが、レンズの色とUVカット機能はあまり関係がありません。

むしろUVカット機能がついていない色の濃いサングラスを使うと、視野が暗くなるため瞳孔が開き、よりたくさんのUVを吸収しやすくなってしまいます。製品を選ぶ際には色の濃さではなく、「紫外線カット率」に注目するのが重要。 100%に近づくほど紫外線をカットできるので、より数値の高いモノを選びましょう。

ほかにも「UV400」や「UV380」と書かれている場合もあります。UV400であれば紫外線カット率に直すと99.9%に相当するため、ほとんどの紫外線をカットできます。UVカット効果の高いランニングサングラスが欲しい場合は、UV400と表記されたモノを選んでみてください。

可視光線透過率をチェック

可視光線透過率とは、レンズが光を通す割合を表したモノ。紫外線カット率と似ていますが、全くの別物なので注意が必要です。例えば、クリアなレンズであれば可視光線透過率が100%、ブラックのレンズであれば10%というように濃いレンズほど可視光線透過率は低く表されます。

一般的に全天候型で使いやすいとされるのは、30%前後のモノです。日差しの強い日中は、10%ほどのレンズを使うことで眩しさを軽減できます。一方、夕方や薄暮の時間帯に濃いサングラスを使うと視野が暗くなり路面が見えにくくなったり、障害物にぶつかったりする危険性があるため、あまりおすすめできません。

日が落ちてきたら薄い黄色や薄いグレーといった可視光線透過率が40%以上のレンズ、夜はクリアなレンズを使うとより安心です。ランニングサングラスを選ぶ際は可視光線透過率にも着目し、ランニング環境に合わせて選ぶようにしましょう。

顔に沿った湾曲のモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

紫外線は、サングラスと顔の間にできるわずかな隙間からでも入るため、顔のカーブに合わせてレンズが湾曲しているモノがおすすめ。レンズカーブは4〜8に分かれており、数字が大きくなるほど湾曲は大きくなります。

ランニングにおすすめなのは8カーブ。歪みは発生しますが、紫外線からの保護率は最も高いです。4カーブはクラシックレンズなどに多く採用されていますが、ほとんど湾曲していないため隙間から紫外線を受けやすくなります。歪みはほかのモノと比べて少ないため、度付きレンズの方におすすめです。

6カーブについてはその丁度中間のモデル。8カーブと比較するとフィット感はやや劣りますが、バランスの取れたランニングサングラスです。

大きめのレンズで広範囲をカバーできるモデルであれば、カーブが浅くても紫外線が入り込む割合を減らせます。なるべく、目に受ける紫外線をカットできるランニングサングラスを選んでみてください。

ズレにくいフィット感のあるモデルをチェック

By: amazon.co.jp

ズレにくさはランニングサングラスを選ぶときの大事なポイント。ランニングの最中にサングラスが上下したり、ずり落ちてきたりすると集中力が切れやすくなってしまいます。フィット感を求める場合は、サングラスに使われる素材の種類に注目して選んでみましょう。

具体的には、プラスチックのみではなく、パーツにシリコンやゴムを使って摩擦力を上げているモノがおすすめです。特に、汗をかくと滑りやすくなる、テンプルと呼ばれる耳にかけるパーツと、ノーズパッドと呼ばれる鼻あてのパーツ素材については要チェックです。

軽量なモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

重いランニングサングラスは、激しい運動を伴う環境で使用するとずり落ちたり、上下にブレたりするため、なるべく軽いモデルがおすすめ。通常の眼鏡は一般的に35gほどといわれますが、ランニングサングラスのなかには20gを切る軽いモノもあります。

軽いサングラスを選ぶポイントは、レンズ素材とフレームです。ガラスレンズは視界がクリアな一方、やや重くなってしまいます。ランニングサングラスに適しているのはポリカーボネイトなどの樹脂製レンズ。フレームは、アルミのような軽い金属製のモノや樹脂製のモノがおすすめです。

ランニングサングラスはわずか10g程度の差であっても、長い時間使用すると耳や鼻に負担がかかり、頭痛の原因になることもあります。迷ったときには、軽さも検討材料に入れて選んでみましょう。

レンズの機能性をチェック

調光レンズ

By: amazon.co.jp

調光レンズとは、紫外線の強さに応じてレンズのカラーが変化し、可視光線透過率を調節できるモノのこと。天気のよい日はやや暗めのレンズカラーに変化したり、トンネルに入ったときには明るく変化したりします。走る場所に応じて、ランニングサングラスをかけたり外したりするわずらわしさから解放されたい方には、非常に便利です。

やや高めの値段設定になっているモノが多く存在しますが、調光レンズのランニングサングラスであれば、全ての天候で使用でき、むしろ経済的です。レンズはグレーに変化するモノや、ブラウンに変化するモノなど、カラー変化のバリエーションがあるので好みで選択してみましょう。

カラーレンズのなかでも、自然な見え方をするのはグレー系のレンズ。ブラウン系はモノの輪郭をくっきりとさせる効果が期待できるため、雨や雪で路面の輪郭がはっきりしないときなどに有効なカラーです。

偏光レンズ

By: amazon.co.jp

偏光レンズは、特殊なフィルムを挟み込んで作られており、雨の後のギラついた路面や雪による照り返しをカットできるモノ。光の乱反射を抑えることによって、ランナーは路面の情報を読み取れるため、より安全なルートを選択して走りやすくなるのが魅力です。

自然光と異なり、乱反射した光は7〜10倍も目に入るため眩しく感じやすいのが特徴。目に大きな負担がかかるため、濡れた路面を走る場合は偏光グラスを着用しましょう。

「紫外線カットレンズ=偏光レンズ」と勘違いされることもありますが、紫外線カットレンズに偏光機能があるとは限らないので注意が必要です。

また、特殊なフィルムを挟み込んで製造しているため、車内などのあつい環境に放置するとフィルムが縮まって偏光機能が保てなくなる場合も。ダッシュボードの上などに放置するのは避け、専用ケースに入れたうえで温度の上がらない場所に保管しましょう。

度付きレンズ

By: amazon.co.jp

度付きのレンズは、普段からメガネをかける方にとっては便利なアイテムです。一般的なランニングサングラスよりはやや割高なことと、度数の再調節には時間がかかってしまうことが難点といえます。

さらに、サングラスを外したときに何も見えなくなってしまうため、サングラスを途中で外すことは基本的にできません。なかには、コンタクトレンズを装着したうえで度なしのレンズを使う方もいます。使い方の好みに合わせて選んでみてください。

度付きレンズを選ぶときは、湾曲した8カーブのレンズにすると、視界の歪みが気になる場合が多いため、ややフラットな4〜6カーブのモノがおすすめ。隙間からの紫外線が気になる場合には、やや大きめのレンズを選択してみましょう。

ランニングサングラスのおすすめ

ウベックススポーツジャパン(uvex) sportstyle 802 V

軽量で使いやすく、ランニング以外の屋外スポーツにもおすすめのランニングサングラス。屋外の明るさに応じて調光する「uvex variomatic テクノロジー」を搭載し、環境を問わずに使用できるのが魅力です。

顔の形に合わせてノーズパッドやテンプルを調節できるため、自分専用にチューニングして適した形状を作り出せます。「uvex supravision コーティング」を施しているため曇りにくく、マスクやネックウォーマーを着用しても使いやすいランニングサングラスです。

ウベックススポーツ(uvex) LGL 42

クラシカルなデザインでさまざまなファッションにも合わせやすく、場所を選ばずに使用できる製品。テンプルの内側やノーズパッドにはゴムが取り付けられ、ズレを予防できるため、ランニングサングラスとして使いやすいのが魅力です。

普段使いであってもゴムがクッションとなって、鼻や耳へかかる負担を軽減可能。長時間の使用でも違和感が少ない設計です。

レンズはUV400に対応するミラーレンズを採用し、夏の強烈な日差しもカット。ランニングや車の運転、街での使用など、さまざまな環境にマッチするサングラスです。

オークリー(OAKLEY) RadarLock Path OO9206

実際に世界で活躍する一流選手の意見を取り入れて制作したランニングサングラス。ロードワークのときの飛び石による衝撃も、独自の「衝撃プロテクション テクノロジー」でしっかりガードします。

レンズは「HDOレンズテクノロジー」と「PRIZMレンズ」によって、歪みが少なく視界良好。コントラストもはっきりとするため、路面の凹凸を判断しやすく、転倒のリスクを軽減できます。度付きレンズにも対応している製品です。

UVを100%カットする高性能なレンズを搭載し、顔のラインに合うように湾曲しているため、サイドからの紫外線もブロック可能。目をしっかりと保護しながらランニングを楽しめるサングラスです。

オークリー(OAKLEY) EVZero Path OO9313

「限りなく0gに近い軽さ」を目指して制作されたランニングサングラス。フレームレスに作られたサングラスの重量は、実測22gと非常に軽量です。汗に濡れるとグリップ力を増す「アンオブタニウム素材」のノーズパッドやイヤーソックスを採用し、ランニング時のズレを軽減できます。

また、オークリーの「PRIZMレンズ」によってコントラストを強調し、色鮮やかな視界を確保できる点も魅力。熱や紫外線に強い「O-Matteフレーム素材」により変形や劣化に強いので、ランニングサングラスを車内に保管する場合が多い方におすすめです。

軽量で管理もラクなため、隙間時間でランニングをしたい方はぜひチェックしてみてください。

ニューバランス(new balance) スポーツサングラス スクエア NB-08086

自分の顔の形に合わせて、簡単に調節できる機能を持つランニングサングラスです。耳にかかるテンプル部分を3段階に調節可能な「E-Lock」機能を搭載し、ノーズパッド部分は、鼻に合わせて可動するムービングパッドを採用。激しく上下するランニングの最中でも、比較的サングラスのズレを気にすることなく走りに集中できます。

また、レンズ上部には空気の流れを作って曇りを抑制するベンチレーションを搭載。一度曇ってしまってもすぐに解消する、使いやすさに配慮された点が魅力です。

スワンズ(SWANS) E-NOX EIGHT8 EN8-0701

軽さとフィット感が魅力のランニングサングラスです。2本のツイストテンプルが本製品の特徴。それぞれを独立して調節可能なため、さまざまな顔の形にフィットさせやすいのがポイントです。

内側には汗でも滑りにくい「ノンスリップラバー」を配置しているため、激しいランニング中でも快適なかけ心地を継続できます。

また、フレームレスの構造で、重さ19gという驚愕の軽さも魅力。使いやすい6カーブを採用しながら、大きめのレンズでサイドからの紫外線をカットできるため、目の保護機能も十分です。

スワンズ(SWANS) LUNA LN-0067-LUNA

小顔の方や女性に人気のコンパクトサイズなランニングサングラス。コンパクトながら、顔のラインに合わせてカーブする8カーブを採用し、隙間からの紫外線の侵入をシャットアウトします。

自由に動かせるノーズパッドを採用し、まつ毛や頬がレンズに当たらないように調節できるため、まつ毛が長い方にも非常におすすめです。

さらに、太陽光のギラつきを抑える偏光機能と紫外線を99.9%カットするレンズを搭載。クリアな視界を確保できる製品です。

スワンズ(SWANS) Airless-Core SACR-0053

「3つの軽さ」がコンセプトのランニングサングラス。「わずか20gという重量の軽さ」「素材や調整機能をかけ心地の軽さ」に加え、「シーンを問わずに使える気軽さ」を兼ね備えています。

ランニング以外でもちょっとした外出やウォーキング、ハイキングなどにも気軽に持っていきやすい製品。ガラスの10倍以上の耐衝撃性能をもつポリカーボネイト製のレンズを搭載し、思わぬ目の危険から保護できます。

ノーズパットの調節やズレにくいようにグリップするテンプルなど、使う方に合わせてカスタマイズできる点も魅力です。

スワンズ(SWANS) SOU-II

目を守るという基本性能を追求した「ツインレンズ」を搭載したランニングサングラス。従来のモデルよりもレンズの縦幅を3mm広げ、紫外線や風の侵入を抑制しつつ視野の広さを確保しています。

また、調節できるノーズパッドを採用し、フィット感を高めているのが特徴。さらに、フレームを軽量化するため非金属のテンプルを使用しています。本体の重心を下げることで安定性を向上し、より使い勝手をよくしているのがポイントです。

エレッセ(Ellesse) ES-7001HT

環境に応じて可視光線透過率を調節する「調光機能」と、路面のぎらつきを抑制する「偏光機能」を併せ持つランニングサングラス。1本持っているだけでさまざまな状況に対応できるので、活躍の機会も多くコスパに優れているのが魅力です。

日本人の骨格に合わせて緩やかにカーブする6カーブ設計。自然な使い心地のうえ、紫外線はもちろん99.9%カットできると謳われています。また、汗が目に入るのを防ぐ「汗止めラバーパッド」を搭載。紫外線だけではなく、汗や雨からも目を守ってくれるアイテムです。

グダー(goodr) OGs

大きめサイズのウェリントン型が特徴のランニングサングラスです。低価格ながら9層構造のレンズで紫外線をしっかりとカット可能。偏光機能も搭載しています。

一見運動には向いていなさそうなデザインでも、テンプルとノーズパットに滑りにくいシリコンを採用しているため、激しい運動中でも比較的ズレを気にすることなく使えるのがポイント。デザイン性が高いため、ランニング中だけではなく、ファッションの一部としても違和感なく使える製品です。

グダー (goodr) RUNWAY

スタイリッシュなキャットフレームデザインが目を引く、ランニングサングラスです。レンズは7層構造でしっかりと紫外線をカットするUV400対応の偏光レンズを搭載。濡れた路面の乱反射を抑え、路面の状況を確認しやすくすることでより安全に走れます。

軽量フレームとシリコンのノーズパッド、耳部分のキャットタングが頭部にフィットするため、サングラスのズレが比較的気になりにくく走りに集中することが可能です。

また、特徴的なデザインも魅力。ランニングの最中はもちろん、ランニング前後のリラックスタイムにも存在感を醸し出せるアイテムです。

ナイキ(NIKE) ショー X2

さまざまなスポーツに使える万能なサングラス。調節可能なラバーチップ付きのテンプルを搭載し、ランニングサングラスとして必要なフィット感や安定感に非常に優れた製品です。

クリアな視界を確保する「Max Optics」技術によって、さまざまな角度から見やすい視界を確保できます。特徴的な「ラバーノーズブリッジ」によって曇り止め効果も備えており、使いやすいのが魅力です。

フェリー(FERRY) 偏光スポーツサングラス

充実したセット内容と手頃な値段が魅力のランニングサングラスです。フレーム2本と偏光スモークレンズが1枚、色違いのUVカットレンズ4枚が付属しているので、シーンに応じてよく使うレンズを分けてセットしておくことが可能。昼間用のサングラスと夜間用のサングラスというように、使い分けられます。

レンズは軽量で耐衝撃性に優れるポリカーボネイト製。虫や小石があたっても割れにくいため、レンズの破片によるケガのリスクも減らせます。また、ケースやメガネ拭き、激しい運動時に使うバンドが付属しているのもポイントです。

比較的手にしやすい値段の製品なので、ランニングサングラスを試してみたい方は、チェックしてみてください。

Glazata 偏光スポーツサングラス

約26gと非常に軽量な製品です。軽いアルミニウムマグネシウム合金をフレームに採用しています。合金のため、樹脂製とは一味違った安心感のある質感が魅力です。

9層に重ねられた偏光レンズを採用し、UVも99.9%カット。濡れた路面の乱反射や紫外線を防ぎ、より安全にランニングを楽しむことが可能です。

値段が手頃なため、初心者が最初に使うランニングサングラスとしてもおすすめ。車の運転時や釣りをする際などにも使えるデザインのため、活躍する場面が多いのも嬉しいポイントです。