岸から遠投してブリなどの青物を狙う「ショアジギング」。各釣具メーカーから専用のタックルが開発されており、ロッドに関してもさまざまなモデルがラインナップされています。

そこで今回はおすすめのショアジギングロッドをピックアップ。選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ショアジギングとは?

By: amazon.co.jp

ショアジギングとは「メタルジグ」と呼ばれる鉛やタングステンなどの金属製ルアーを使用し、船には乗らずにショア(陸)からブリやカンパチなどの青物を狙う釣りです。

おもな釣り場はサーフ(砂浜)や磯場、堤防など。釣り方としてはメタルジグをロングキャストしてリーリングを繰り返すのがメインです。

ショアジギングロッドの特徴

By: amazon.co.jp

ショアジギングロッドは、耐久性と遠投性に優れているのが特徴。使用する際には、おもに大型の青物をターゲットとし、魚に負けないパワーも有しています。

ロッドの全長は3m前後と長め。釣り場としては、砂浜や磯場、堤防などです。ショアジギングで狙う青物は回遊魚が多いので、ピンスポットをショートピッチで撃っていくのではなく、遠投重視。ロッドの操作が軽快にでき、かつ魚のバラしにくさを兼ね備えたモデルがおすすめです。

ショアジギングロッドの選び方

長さをチェック

By: amazon.co.jp

ショアジギングロッドの長さは、おもに9~11ft(2.7~3.3m)。長さがあるほどメタルジグを遠くまでキャストできますが、長過ぎると取り回しが難しくなるので注意が必要です。

一方、短いロッドは操作性に優れていますが、キャスト時にルアーがポイントまで届かないと釣りにならないので、極端に短いロッドは避けておきましょう。

硬さをチェック

By: amazon.co.jp

ロッドにはさまざまな硬さが設定されており、おもに型番にアルファベットで表記。硬さにはL(ライト)、ML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)などがあり、ショアジギングではやわらかいロッドだとMLから、硬いロッドだとH、さらにHよりもワンランク上のXH(エクストラヘビー)までラインナップしています。

硬いロッドほどパワーがあるため、ショアジギングに向いていますが、使用するジグの重さも考慮して選ぶことが重要です。重たいジグはやわらかいロッドではキャストしにくく、逆に硬いロッドでは軽いジグを遠投するのが難しくなります。初めてショアジギングロッドの購入を検討している方は、中間の硬さのM、またはMHのロッドがおすすめです。

重量をチェック

ショアジギング用のロッドは本体の重量もポイント。1日中メタルジグをキャストし続けるため、あまりにも重たいロッドでは疲れてしまいます。なお、長いロッドほど重い傾向にあるので要注意。ただし、ハイエンドクラスのモデルのなかには良質のカーボンを採用したり、メーカーの卓越した技術を導入したりすることで、軽量化を図っているロッドもあります。

また、キャスト可能な適正ルアーウエイトをチェックするのも重要。とくに、初心者やショアジギングに慣れていない方は重たいジグを操作するのが難しいため、最初は30g前後の軽めのジグから投げるのがおすすめです。ロッドに適したジグ重量は「20~60g」や「MAX100g」などと表記されているので、しっかりと確認しておきましょう。

ガイドリングをチェック

By: daiwa.com

ショアジギングロッドのガイドはフレームとリングで構成されています。とくにリングは、ラインが触れる部分で素材によって特性が異なるためチェックしておきましょう。多くのロッドで採用されているのがSiCリングです。強度に優れており、滑りもよく耐摩擦性が気になるPEラインの使用にも適しています。

SiCリングより軽量ながら強度も確保しているのが「トルザイトリング」。リングを薄く作れるため、ガイドブレームをワンランク小さく設計できます。ラインの保護性能もSiCより優れているものの、やや価格が高いのがデメリットです。

ショアジギングロッドのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.co.jp

自転車部品で世界的な企業であるシマノでは、釣具も有名。さまざまな釣りジャンルの製品を手掛けていますが、ショアジギング専用タックルの開発にも注力しています。

ラインナップとしては、遠投性と操作性に優れた「コルトスナイパーシリーズ」やサーフジギングに最適な「ネッサシリーズ」が候補。シマノの技術を駆使して開発されたロッドが揃っています。

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

釣具業界大手のダイワ。さまざまな釣りジャンルの製品の開発をおこなっており、多くのアングラーから支持されています。

ショアジギングロッドにおいてもさまざまなモデルをラインナップ。リーズナブルで初心者にも扱いやすい「ジグキャスター」や、本格的にショアジギングを楽しみたい方におすすめの「ショアスパルタン」など、幅広く製品を取り揃えており、それぞれにこれまで培ってきた技術を注ぎ込んでいます。

ショアジギングロッドのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) ショアジギングロッド スピニング ショアスパルタン コースタル 106MH

3kgクラスの青物に最適なショアジギングロッドです。高性能カーボンを採用した「HVFナノプラスブランク」により、軽量なキャスト性能を実現しているおすすめモデル。マイルドなベントカーブが特徴で、時間をかけたやり取りを可能にしています。

全長3.2m、自重260gで適合ジグ重量20~70gと、オールラウンドに使いやすいスペック。スリムシェイプのグリップを採用しており、軽快なキャストと操作性を実現しています。

ダイワ(Daiwa) ショアスパルタン ブレイクスルー 83XXXH

ショアからGTや超大型青物を狙える、ダイワのショアジギングロッドのフラッグシップモデルです。全長2.51mのショートレングスは超大物とのファイトを重視した設計。適合ジグ重量70~210gと、大型プラグをロングキャストしたいシチュエーションにおすすめのモデルです。

スムーズな曲がりを実現する独自のロッド継ぎ構造「V-JOINTα」により、余裕をもってファイト可能。細身肉厚設計でブランクの空気抵抗を減少させており、キャスト性能や操作性に優れています。コンパクトに持ち運べる3ピースタイプで、離島などへの遠征に便利です。

ダイワ(Daiwa) ショアジギングロッド スピニング ショアスパルタン スタンダード 106MH

本格的にショアジギングをはじめてみたい方におすすめのスタンダードモデルです。傷に強いブラック塗装を施しながら、全長3.2mで自重280gの軽量化を実現。上位モデルに採用されている高密度カーボン「HVFカーボン」を使用しているなど、コスパのよさが魅力のショアジギングロッドです。

しなやかなティップで20~70gのプラグを扱いやすいほか、25~90gのジグに対応。独自のねじれ防止構造「X45」やスムーズな曲がりを実現する「V-JOINTα」の採用により、3kgクラスの青物やヒラスズキも狙える粘りとパワーを備えています。

ダイワ(Daiwa) ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター MX 96M

遠投性能とシャクリ操作を重視して設計されているショアジギングロッド。適合ジグ重量10~60gのライトショアジギングにおすすめのモデルです。ガイドにはステンレスの表面加工をせずに、磨きだけをかけた次世代フレーム「Pタイプフレーム」搭載のKガイドを採用しています。

ブランクにレジンの量を減らしてカーボン繊維の密度を高めた「HVFカーボン」を採用。ロッドのねじれを防止する独自構造「X45」の効果と相まって、優れた操作性・パワー・感度を実現しています。

ダイワ(Daiwa) ショアジギングロッド スピニング ショアジギング ジグキャスター ライト MX 93ML

軽量ジグのキャストしやすさを重視して設計されたショアジギングロッドです。10~40gのジグやルアーに対応。小型青物や根魚をはじめ、あらゆるライトソルトゲームにも活用できる入門用ロッドとしておすすめのモデルです。

全長2.82m、自重165gで1日キャストし続けても疲れにくい仕様。2ピースの穂先側ブランクを曲がってからの戻りを早くなるように設計しており、軽い力でシャクリ動作を続けやすいのもおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター TM 100MH-3

スリムに収納できる振り出し仕様のショアジギングロッドです。仕舞寸法113cmで折りたたみ式ガイドを採用し、一般的な磯用ロッドケースに収納できるコンパクトサイズで持ち運びも簡単。セッティングしやすくガイドにラインを通しやすいなど、初心者用としてもおすすめのモデルです。

硬さMHでワラサクラスの大型青物にも対応可能。トップガイドには摩擦性能に優れたSiCリングガイドを搭載し、PEラインを使用する際も安心です。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 コルトスナイパー XR S96MH

遠投性・軽さ・パワーのバランスに優れたショアジギングロッドです。硬さMHで大型青物とのファイトで安定したパワーを発揮。メタルジグとプラグの両方に対応したオールラウンダーで、汎用品からの買い替えにおすすめのモデルです。

独自のロッド基本構造「スパイラルXコア」により、5kgを超える青物にも対応。全長2.9m、自重307gでサーフや地磯、沖堤などさまざまなフィールドで使いやすい仕様になっています。

シマノ(SHIMANO) ショアジギングロッド コルトスナイパーBB S1000H

サーフや防波堤、磯などフィールドを選ばずに活躍するショアジギングロッド。最大100gのジグ、80gのプラグに対応しており、オールラウンドに使えるモデルを求めている方におすすめです。ガイドにはスムーズなライン放出を実現するステンレスフレームKガイドを搭載しています。

ブランクには独自のねじれを防止する強化構造「ハイパワーX」を採用。遠投性能と操作性に優れているほか、青物の強烈な引きに対応できるパワーも実現しています。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド ソルティーアドバンス S96MH

さまざまなソルトルアーゲームに対応するモデルをラインナップしている「ソルティーアドバンス」シリーズのショアジギングロッドです。硬さMHで良型青物に対応可能。全長2.9mでオールラウンドに使いやすく、遠投性と操作性を両立しているおすすめモデルです。

ガイドには軽量で強度に優れた「ステンレスフレームKガイド」を採用し、PEラインの使用でも安心。ジグは最大80g、プラグは最大60gまでに対応しています。

シマノ(SHIMANO) キャスティングロッド ネッサ CI4+ S1008MMH

全長3.25mのサーフでのロングキャストにおすすめのキャスティングロッド。ミノーやジグなどさまざまなルアーに対応可能で、フィールドやシーズンを問わずショアジギングロッドとしても活躍するモデルです。

ロングロッドながら、自重176gの軽さも魅力。1日ロッドを振り続けても疲れにくい操作性を実現しています。リングにSiCを採用したKガイドを搭載。ティップ部のガイドにはチタン製フレームを採用して軽量化を図っています。

アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギング ロッド ベイト ソルティーステージ KR-X SXJC-1032H80-KR

ベイトリールを使用するタイプのショアジギングロッドです。手返しよくキャストを繰り返したい方におすすめ。ベイトリールならではの巻き上げトルクで、大物とのファイトを有利に展開できます。

独自のカーボンテープをX状に巻き上げてねじれを防止する構造で、大型青物にも対応可能。糸絡みやバタつきを抑える小口径ガイドには、感度に優れた富士工業のKRガイドを採用しています。

アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギング ロッド スピニング ソルティーステージ KR-X SXJS-1062MH60-KR

ブランク全体をカーボンテープでX状に巻き上げているショアジギングロッド。ねじれを防いでパワーを最大限に発揮し、フッキングパワーやロッドバランス、感度に優れた性能を体感できるおすすめモデルです。硬さMHで近海青物のほか、5~8kgクラスのワラサにも対応できます。

全長3.2mの長さで、足場の高いポイントや遠くのナブラをロングキャストで狙いたいときにも最適。ロッドの表面に塗装を施さない「アンサンドフィニッシュ仕様」により感度がアップしており、低活性時の繊細なバイトもしっかりと捉えます。

アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギング ロッド スピニング ソルティースタイル STJS-1062MH-KR

軽さと感度に優れているショアジギングロッド。手頃な価格ながら、Xカーボンテープやライントラブルを防止する小口径ガイド搭載など、コスパに優れたおすすめモデルです。オールラウンドに使いやすいレギュラーアクションで、20~80gのジグに対応しています。

全長3.2mで足場の高いポイントやロングキャストで狙いたいシチュエーションに最適。硬さはMHで5kgクラスの青物をターゲットにしながらも、強靭なパットパワーにより大型魚にも対応可能です。

メジャークラフト(Major Craft) 2代目ソルパラ X ライトショアジギング SPX-902LSJ

リーズナブルな価格ながら、優れた操作性を実現しているショアジギングロッドです。初代モデルからカーボン素材やグリップ形状、ガイドセッティングを見直し。初級者や子供にも扱いやすく仕上がっているほか、中上級者のサブロッドとしてもおすすめのモデルです。

全長9ftのショートロッドで操作性を重視しているのもポイント。5~30gのルアーやジグに対応した、ライトショアジギングに最適な1本です。

メジャークラフト(Major Craft) ショアジギングロッド スピニング 3代目 クロステージ CRX-1002LSJ

手軽にライトショアジギングを楽しむべく開発されたショアジギングロッド。全長10ftの長さを活かしたロングキャストにおすすめのモデルです。遠浅のサーフや沖のナブラめがけて、40gほどのジグをロングキャストで狙いたいときに活躍します。

独自のねじれ防止構造「マイクロピッチクロスフォース」を採用し、不意の大物にも対応可能。ブランクの1~3層に繊維を巻きつけて強度を安定化し、外層をX状のダブルテーピングで締め上げて補強しています。

メジャークラフト(Major Craft) ショアジギングロッド スピニング FCS-1002H

硬さHのパワーを活かして、60~100gのメタルジグの使用におすすめのショアジギングロッドです。大型プラグにも対応し、80g前後のダイビングペンシルをトップで誘い出すシチュエーションにも最適。中弾性カーボンの粘りと反発力に優れたブランクにより、大物とのやり取りを優位に展開できます。

ガイドにはサビと強度に優れた富士工業のOリングガイドを搭載。グリップには安定した握り心地を実現する「DPSリールシート」を採用しています。

メジャークラフト(Major Craft) N-ONE ショアラバー&ショアスロー ジギング NSS-1062MH/SRJ

オフショアで人気の「タイラバ」と「スロー系ジギング」を、ショアで楽しむべく開発されたショアジギングロッドです。繊細なティップと感度を追求した設計が特徴。最新のカーボンテクノロジー「ナノアライ」を採用し、軽さと高剛性を両立しています。

全長10.6ftのロングレングスで、遠浅のサーフでのロングキャストにおすすめ。足場の高いポジションをとって、魚が根に入るのを防ぎたいシーンでも活躍します。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルースナイパー 103L プラグスペシャル

小型~中型青物に最適なショアジギングロッドです。ハイプレッシャーな状況に対応すべく、15~40gの小型ルアーをロングキャストしやすい仕様。40gまでのメタルジグにも対応しているほか、シーバス用ルアーも扱える汎用性を備えたおすすめモデルです。

軽くバランスに優れたブランクにより、3.135mの長さを感じさせない操作性を実現。ガイドには摩擦性能に優れた「SiC-SステンレスフレームKガイド」を採用し、最大PE2号まで使用可能です。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルースナイパー 100M

防波堤やテトラ、サーフで3kgクラスの青物狙いにおすすめのショアジギングロッドです。ややレギュラーテーパー気味のブランクによって小型プラグをキャストしやすいほか、メタルジグは80gまで対応。ブラグやジグを駆使して、ロングキャストで狙いたいときに最適なモデルです。

Mアクションで硬すぎない軽快な操作性もおすすめポイント。タメが効くため、テトラなど足場の悪い場所でファイトしやすくなっています。

パームス(Palms) ショアガン エボルブ SFSGS-811L・BL

20g以下の軽量ジグを中心に釣りを組み立てる際に活躍するショアジギングロッド。5g程度の超軽量ジグもキャスト可能なおすすめモデルです。約9ftのショートロッドで自重154gの軽量なブランクにより、繊細なジャークを1日繰り返しても疲れにくい操作性を実現。力の弱い方や女性用としても適しています。

カーボンシートをX状に巻き上げる工法でねじれに対する剛性を補強。ガイドには軽快なキャストフィーリングを可能にするKシリーズガイドを採用しています。

がまかつ ラグゼ コヨーテ S96H

東レの独自テクノロジー「ナノアライ」をロッド全層に採用しているショアジギングロッドです。軽さとパワー、強度アップを実現しているほか、ソフトティップを採用しながらパットに重みが乗りやすい設計が特徴。遠投性能と操作性に優れた軽快な釣りを展開できるおすすめモデルです。

40~65gのメタルジグに対応し、中型青物狙いに最適な仕様。強めのアクションに反応しやすく、スライド系ジグの操作もしやすくなっています。操作性に優れながらも、硬さHのパワーで大型青物とのファイトも安心してこなせる点も魅力の1本です。

テンリュウ パワーマスター ヘビーコア PMH100H

最先端素材「C・N・T」を採用したショアジギングロッドです。強力な粘りを発揮するブランクにより、大型青物と時間をかけてやり取りするのに最適。柔軟ながら適度な張りもあるティップは80g程度のメタルジグのほか、60~80gのダイビング系ペンシルベイトも操作しやすくなっています。

チタンフレームのKガイドとRVガイドのリングには、軽量かつ強度に優れた「トルザイトリング」を採用。従来モデルを上回る粘りと強度を実現しているおすすめモデルです。全長10ftのポイントを選ばずに扱いやすい長さで、遠投性と操作性を両立しています。