しなやかで魚を逃しにくい「グラスロッド」。1970〜1980年代にかけて主流であったロッドですが最近ではバス釣りをはじめとした巻物系に採用するユーザーが増えてきており、再注目されています。

一方、グラスロッドにはいくつか種類があるため、初心者が選ぶのには難しいロッドのひとつです。そこで今回は、グラスロッドを使うメリットや選び方、おすすめのモデルをご紹介します。

グラスロッドとは?

By: daiwa.com

グラスロッドとは、工業的に生産されたグラスファイバーと呼ばれる繊維を用いて作られているロッドのことをいいます。1970年代から80年代にかけて主流であったロッドのひとつで、しなやかかつ耐久性が高いのが特徴です。

重量があるため、最近では軽量化されたカーボンロッドが主流となってきましたが、バス釣りをはじめ巻物系に適しています。

グラスロッドのメリット

By: shimano.co.jp

グラスロッド最大のメリットは、柔軟性に優れていることです。魚が暴れてもフックが外れにくく、特にバス系を釣り上げる際は、口元にしっかりとフックを引っ掛けることが可能。また、カーボンロッドに比べてショックを吸収しやすいため、ラインブレイクを起こしにくいのもおすすめポイントです。

一方で、柔軟性があるがゆえに、ラバージグやワームなどの打ち物系で使用すると、あたりを感知しにくくなるというデメリットもあります。使用するシーンや獲物によって使い分けるのがおすすめです。

グラスロッドの選び方

種類で選ぶ

ピュアグラス

By: amazon.co.jp

ピュアグラスとは、グラスファイバーと樹脂だけで作られたロッドのことをいいます。フッキングしやすく、魚をバラしにくいのが特徴。一方でカーボンが主流となっている現在では、扱いに慣れが必要となったり、モデルそのものの数が少なかったりする点に注意が必要です。

グラスコンポジット

By: shimano.co.jp

グラスコンポジットとは、グラスファイバーとカーボン繊維を組み合わせて作られたロッドのことをいいます。グラスロッドが持つ柔軟性と、カーボンが持つ軽量感を兼ね備えているのが特徴です。

ピュアグラスに比べて商品数が多く、初心者が扱いやすいのも魅力のひとつ。モデルによってグラスファイバーの含有率が異なるため、購入前にチェックしておくのがおすすめです。

グラスロッドのおすすめ

スミス(SMITH LTD) ロッド スーパーストライクグリップレス クラシック FO-60/B

“バス釣りをより楽しく、よりエキサイティングにする”という基本思想のもと、ロッドやリールなどを展開する「スーパーストライク」シリーズ。当モデルは、水面に浮かぶトップウォータールアーを使ってバス釣りを楽しみたい方におすすめのグラスロッドです。

切り株や立枯れの木の間に正確にキャスティングすべき人工湖で使用することをメインに設計されているため、狙った場所にキャストしやすいのが魅力。グラス素材の粘りとトルクが特徴で、中〜上級者に人気のあるロッドのひとつです。

また、スピナーベイトやクランクベイトだけではなくワームを使うこともでき、さまざまな場面で使用可能。さらに、クラシックなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめの1本です。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス 2ピース170M-G/2

シマノは日本を代表する釣り用具メーカーのひとつ。当モデルにはグラスコンポジット材が採用されており、ルアーの動きを最大限に引き出せるのが特徴です。

カーボン強化素材「CI4+」を採用しているため、自重は120gと軽量。また、シマノ独自のロッドテクノロジーである「カーボンモノコックグリップ」を搭載しているのも魅力です。水中の変化を手元に感じやすいため、わずかなあたりも見逃しません。

さらに、「ハイパワーX」と呼ばれる技術によって、キャスト時にティップのねじれを防ぎ、狙いたい場所にピンポイントにルアーを投げ入れられます。飛距離も出しやすいので、さまざまなシーンで活躍するグラスロッドです。

シマノ(SHIMANO) 18ポイズンアドレナ 1610M-G

シマノの独自技術「フルカーボンモノコックグリップ」と呼ばれる中空構造が採用されているのが特徴のグラスロッド。自重115gと軽量なうえ、ブランクスに直接触れているような感度のよさがあるため、クランクベイトやスピナーベイトが水中で泳ぐ振動を感じやすいのが魅力です。

グラスロッドは重たく細かい釣りには向いていないといわれていますが、当モデルであればグラスロッド特有の弱点を補うことも可能。

また、スパイラルXコア構造が採用されているのもおすすめポイントです。グラスファイバーとカーボン繊維を組み合わせて作られたグラスコンポジットロッドなので、ネジリ強度とつぶれ強度が高く、粘り強さも兼ね備えています。

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 163ML-G

当モデルは、小~中型ハードベイトに特化したグラスロッドです。ショートレングスの取り回しのよさと、グラス素材の粘りを兼ね備えているため、軽いキャストで狙ったスポットに着水させられるのが特徴。キャスティングのしやすさを重視するなら要チェックです。

また、クランクベイト・バイブレーション・トッププラグ・スピンテールジグなどさまざまなプラグに対応しているのもおすすめポイント。さらに、リールシートには「CI4+」素材を用いているため、軽量なうえに美しい見た目も実現しています。

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 170M-G

ハードプラグを泳がせるのに適したグラスロッドです。グラス素材をシマノ独自の技術「ハイパワーX」でビルドアップしているので、シャープさと粘り強さを兼ね備えています。

操作感が軽快なため、中型のハードプラグやスイムベイトを自然に泳がせることが可能。ウィードエリアの攻略やトップウォーターゲームにも対応しているので、さまざまなシーンで活躍します。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト ブラックレーベル プラス 661MRB-G

ワイヤーベイトだけでなく、中・大型クランクやウェイクベイト・トップウォーター・ジャークベイトなど幅広いベイトに対応できるグラスロッドです。

また、グラス素材特有の粘りがあるうえに、ティップに張りを持たせているのも特徴。強靭なバットパワーがあるので、遠距離でヒットした大型のバスでも確実にフックアップ可能です。

メガバス(Megabass) デストロイヤー トマホーク F3-64TC

“柔よく剛を制す”をテーマに作られたグラスロッド。低中弾性グラファイトと低レジンファイバーグラスのハイブリッドコンポジットテクノロジーが採用されており、その柔らかさから巻物に特化しているのが特徴。ルアーをより確実にターゲットにフッキングさせることが可能です。

また、軽量なのも魅力のひとつ。キャスティングしやすく、初心者が扱いやすいのもおすすめポイントです。ほかのモデルに比べて価格が高いため、巻物釣りを極めたい方をはじめ中〜上級者はぜひ購入を検討してみてください。