最近細分化が進んでいる海でのルアー釣り。アプローチ方法は異なりますが、シーバスなどの大物から鋭い歯を持つタチウオ、アイナメやカサゴなどの根魚、メバルやアジなどの小物までさまざまな魚種がターゲットとなっています。

そのなかでも圧倒的な引きを楽しめるのが「マダイ」。ルアーとしては「タイラバ」というアイテムを使い、水深100m近くから釣り上げるのが特徴で、根強いファンが多い魚です。そこで今回は「タイラバロッド」のおすすめモデルをご紹介。さまざまなタイプをピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

タイラバとは?

By: tailwalk.jp

タイラバとはマダイを釣るためのルアー(擬似餌)。タイカブラやゴムカブラなど複数呼称がありますが、今や全国的に定着した釣りとして知られています。

タイラバの歴史は古く、ヘッド(重り)とフックからなる漁具のカブラに海藻を付けたのがはじまりと言われています。その後、海藻の代わりにゴムやビニールが使われるようになり、現在の形になりました。ちなみに、ゴムやビニールの部分はネクタイと呼ばれ、タイプとしてはストレートとカーリーの2種類があります。

釣り方としては船の流し方にもよりますが、狙う水深は10〜100m前後。タイラバが着底したら即巻きに移り、一定の速度で巻き上げる「等速巻き」で誘うのが基本です。また、アタリがない時や食いが渋い時は、早巻きやフォールを織り交ぜたり、ストップ&ゴーでリズムをつけたりすると釣果に差が出ることもあります。

タイラバロッドの特徴

By: rakuten.co.jp

タイラバでの釣り方は基本的にルアーを落として巻いての繰り返し。いわゆる縦の釣りで、遠投して横方向に動かすことは少ない釣りです。

よってメインとなるのはベイトロッド。専用竿はタイラバを食い込ませるためにしなやさ重視でありながらも、タイのパワフルさに負けないようにバットがしっかりしているのが特徴です。

横方向に探りたい場合はキャスティングを考慮してスピニングをチョイス。45〜80gのタイラバが投げられるジギング用ロッドがおすすめです。

タイラバロッドの選び方

ロッドの硬さで選ぶ

By: daiwa.com

タイラバを突き詰めると竿は多種多様になりますが、初心者やほかの釣りからロッドを転用しようと考えている方は柔らかいタイプがおすすめ。

タイラバは安定したリーリングと、合わせずにルアーを食い込ませることが重要。竿は柔らかくて困るより、硬くて後悔することが多いので、その点は留意しておきましょう。

活性が悪くても一定の速度で巻き続けること、向こう合わせに近い感覚でハリ掛かりさせること、掛かった後にバラしづらいことなどを考えると、柔らかめのロッドのほうがおすすめです。

ロッドの長さで選ぶ

By: daiwa.com

タイラバのロッドはベイトロッドがメインで、長さとしてはフィートであれば7ft前後、メートルであれば2m前後が主軸。また、長時間巻き続けても疲れにくくするため、グリップが脇に挟めるモデルを選びましょう。

なお、亜流ではありますが、最近はスピニングで狙うアングラーも増加。海面を警戒して浮かないマダイに効果的なのがその理由で、長い距離を追わせることがキモになります。よってロングキャストが必要となり、その場合はフィートであれば7ft以上、メートルであれば2m以上が候補となります。ぜひ選ぶ際の参考としてください。

調子で選ぶ

ロッドは製品によって曲がり具合が異なり、和竿であれば穂先側が曲がる先調子、手元側が曲がる「胴調子」があります。一方、ルアーロッドであれば曲がり具合を「テーパー」と呼び、より細分化されているのがポイント。ティップから曲がるファストテーパー、ベリーから曲がるレギュラーテーパー、バッドから曲がるスローテーパーなどがあります。

なお、ロッドの硬さもアイテムによって異なり、柔らかいタイプはライトアクション(L)、硬いタイプはヘビーアクション(H)、その中間がミディアムアクション(M)です。ロッドの調子の表記は各メーカー・メディアによって統一されておらず、テーパー・パワー・アクションのように混同しがちなので、注意しましょう。

ちなみに、タイラバロッドはルアーロッドではあるものの、調子に関してはほかの釣りと異なり、あまり細分化はされていないのが現状。大きく分けて乗せ調子と掛け調子の2種類があります。

乗せ調子は比較的柔らかめのロッドで、アタリが出たら合わせず巻き続け、オートマチックにタイラバを食い込ませるのがセオリー。一方、掛け調子とはややハリがあるロッドを使います。アタリが出たらしっかりと送り込み、思いっきりフッキングするのが基本です。それぞれスタイルが異なるので、タイラバロッドを選ぶ際はしっかりと確認しておきましょう。

タイラバロッドのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

「ダイワ」は国内大手の釣り具メーカー。ロッドやリール、ルアーはもちろん、ラインやアパレル、小物など、さまざまなアイテムを展開しています。

タイラバロッドに関しては「紅牙」と名の付くシリーズを豊富に取り揃えており、さらに長さやパワー別に細分化。初心者からエキスパートまで満足のいくラインナップをカバーしています。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

「シマノ」は世界的に知られている日本の大手釣り具メーカー。リール開発に定評があるほか、ロッドやルアーなど幅広いジャンルのフィッシングアイテムを展開しています。

タイラバロッドに関しては「炎月」と名の付くシリーズをラインナップ。スタンダートモデルからハイエンドまで、ユーザーのレベルや経験値、趣向に基づいてロッドをセレクトすることができます。

ジャッカル(JACKALL)

By: amazon.co.jp

もともと淡水のバスフィッシング業界で知名度が高い「ジャッカル」。最近はソルトウォーター分野にも積極的に進出しており、タイラバに関してはリール以外の開発を手掛けています。

ロッドシリーズとしては「BIN-BIN STICK」と銘打たれたモデルを複数ラインナップ。大型狙いのアングラーからタイラバを始めてみたいと思っている方までカバーしているので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

タイラバロッドのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) 紅牙 EX AGS N65MB THRILL GAME

ダイワ(Daiwa) 紅牙 EX AGS N65MB THRILL GAME

ダイワのタイラバロッドにおけるハイエンドモデル。 紅牙は熟練のテスターと同社のテクノロジーが集約されたシリーズとして、上級者の要求にしっかり応えるラインナップを取り揃えています。

本製品は6.5ft、1.95mの乗せ調子。「ソリッドパワースリム」構造を採用しており、ロッドに粘りと強度を両立させているのが特徴です。ガイドセッティングにも配慮しており、軽さと耐久性が高められているので、使い勝手は良好。満足度の高いおすすめの1本です。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 EX AGS K67HB-SMT

ダイワ(Daiwa) 紅牙 EX AGS K67HB-SMT

同社が先駆けて提唱してきた掛け調子のタイラバロッド。ルアーの着底から、巻き、アタリに至るまでしっかりと把握することができる感度の高いモデルです。

本製品は6.7ft、2.01m。ティップからベリーにかけて張りを持たせているので、しっかりとフッキングができるのもポイントです。受け身ではなく、攻めの姿勢でマダイを仕留めたい方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 AGS N69MHB-METAL

ダイワ(Daiwa) 紅牙 AGS N69MHB-METAL

「紅牙 AGS」シリーズはその名の通り、従来の金属ガイドより軽量かつ高感度な独自のカーボンガイド「AGS(エアガイドシステム)」を搭載したタイラバ専用ロッド。穂先にはチタン合金「メタルトップ」を採用し、ラインを通して水中の情報をしっかりと捉えることができるのが特徴です。

本製品は6.75ft、2.06m。パワーはMHで、一見タイラバロッドとしては少し硬いようにも思えますが、柔と剛がバランスよく備わっており、エリアを問わず万能に使える1本に仕上がっています。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 AIR N65MB-TG

ダイワ(Daiwa) 紅牙 AIR N65MB-TG

タイラバゲームに求められる基本性能をしっかりと網羅しつつも、ロッドの軽さを突き詰めた「紅牙 AIR」シリーズのロッド。本製品は6.4ft、1.95mのモデルで、フルソリッド仕様の乗せ調子タイプです。

ブランクスに柔軟性があるので、しっかりと曲げてマダイを取ることが可能。なお、本製品は従来モデルのほか、女性アングラーとして有名な秋丸美帆さんがプロデュースしたシグネイチャーモデルもラインナップしています。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 紅牙 MX タイジギング 70HS AP

ダイワ(Daiwa) 紅牙 紅牙 MX タイジギング 70HS AP

タイラバをキャストして横方向で誘うためのスピニングロッド。ルアーウエイトは40〜120gまでカバーしており、汎用性が高いのが特徴です。

本製品は7ft、2.13mで、パワーはHと硬め。流れの早い潮時でもしっかりと操作することができます。また、持ち運びに便利なセンターカット2ピースながらV-ジョイントを採用することにより、1ピース同等の強度と曲がりを確保しているのもポイントです。

シマノ(SHIMANO) 炎月SS B610ML-S

シマノ(SHIMANO) 炎月SS B610ML-S

コスパに優れた「炎月SS」シリーズのおすすめモデル。本製品は6.1ft、2.08m、パワーはMLとベーシックなタイラバロッドで、一定の速度で巻き続ける「等速巻き」がスムーズにできるのが特徴です。

感度も良好で、しっかりとバイトを捉えることができるのもポイント。「アタっても巻き続けてハリ掛りさせる」というタイラバのセオリーを体現できるおすすめの1本です。

シマノ(SHIMANO) 炎月BB B69M-S/2

シマノ(SHIMANO) 炎月BB B69M-S/2

シマノのエントリーシリーズ「炎月BB」の1本。本製品は6.9ft、2.07mのセンターカット2ピースモデルで持ち運びに便利なほか、パワーはMと幅広い状況に対応できる汎用性の高さが特徴です。

軽めのタイラバを使用する際はしなやかなティップ「タフテックα」によって、しっかりとアタリが取れるともポイント。また、ヘビーウエイトのタイラバを使用する際はロッド全体でターゲットの重みを受け止めることができるので、オートマチックに釣り上げることができます。オールラウンド仕様のタイラバロッドを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 炎月 エクスチューン B610M-S/RIGHT

シマノ(SHIMANO) 炎月 エクスチューン B610M-S/RIGHT

乗せ調子のタイラバロッドを求めている方におすすめのモデル。同シリーズは「Xシート」というエクストリームガングリップを採用しており、手首への負担を軽減できるのが特徴です。

本製品は、パワーがMの右巻き仕様で、長さは6.1ft、2.08m。ルアーウエイトは40~150gまでカバーでき、深場へのアプローチもしっかりと対応できます。大型をも視野に入れたフィールドでタイラバを楽しむ際に頼りになる、おすすめの1本です。

シマノ(SHIMANO) 炎月 リミテッド B610M-S/RIGHT

シマノ(SHIMANO) 炎月 リミテッド B610M-S/RIGHT

シマノのタイラバロッドのハイエンドモデル。本製品は6ft10in、2.08mで、パワーはMと大物までしっかりと対応できるのが特徴です。

ロングソリッドティップを採用した乗せ調子の1本で、しっかりとクッション性があるのもポイント。「Xシート」というエクストリームガングリップの効果と相まって、魚とのやりとりがスムーズにできるのも魅力です。満足度の高いタイラバロッドを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK EXTRO BSXS-C66L-TJ

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK EXTRO BSXS-C66L-TJ

タイラバロッドとしては細いブランクスを採用しているモデル。全体的にしなやかさを追求しつつも、ティップ部分は張りがあり、ベリーからバットにかけては肉厚にすることで、見た目以上のトルクフルで魚とのやりとりができるのが特徴です。

本製品は6.8ft、2.07mで、パワーはL。ルアーにしっかりと生命感を演出させることができるほか、わずかなバイトも逃さず、しっかりと捉えることができます。トータルバランスに優れたおすすめの1本です。

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK VCM BSS-65MMH-VCM

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK VCM BSS-65MMH-VCM

粘り強いブランクスを採用した乗せ調子の「VCM」シリーズにおけるスピニングロッド。スピニングでありながらキャスティングよりも巻き上げで使うので、ロッドの長さはやや短めの6.5ft、1.96mとベイトロッドに近い仕様になっています。

パワーはMMHという絶妙な設定。無風べた凪で、潮も緩いといったタフコンディション下であっても、マダイを深場から引きずり出したい時に有効です。セオリーとは異なるアプローチで攻略したい方はぜひ試してみてください。

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK RB2PC MODEL BSC-RB66UL-TT2

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK RB2PC MODEL BSC-RB66UL-TT2

「BIN-BIN STICK RB2PC MODEL」はセンターカット2ピースで、持ち運びに便利なタイラバロッドシリーズ。電車移動や車載にもスムーズにできるので、遠征向きのモデルが揃っています。

本製品は6.6ff、2.01mで、パワーはUL。タイラバはもちろん、メタルジグでマダイを狙うフィネススタイルの「タイジギング」にも対応しています。状況に応じてタイラバとタイジギングを使い分けたいものの、ロッドは1本でまかないたいというアングラーにおすすめの1本です。

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK RB BSC-RB69SUL-ST

ジャッカル(JACKALL) BIN-BIN STICK RB BSC-RB69SUL-ST

初心者向けのタイラバロッドを求めている方におすすめの1本。魚のアタリに対して素直に曲がるブランクスで、ルアーを軽快に操作できるのが特徴です。

本製品のパワーはSULで、かなり柔らかい仕様に感じるロッドですが、ブレずに巻き上げることができ、アタリを弾きにくのが魅力。オートマチックに掛かるので、ビギナーでも扱い乗せ調子のロッドを探している方はぜひチェックしておきましょう。

がまかつ(gamakatsu) ラグゼ 桜幻 鯛 ラバー X B69UL-solid.R

がまかつ(gamakatsu) ラグゼ  桜幻 鯛 ラバー X B69UL-solid.R

国内外問わず、フックメーカーとして知名度が高い「がまかつ」のタイラバロッド。本シリーズはタイラバ専用として細身かつ軽量で、高感度に仕上げているのが特徴です。

ブランクスには「TORAYCAT1100G」を採用しており、本体チューブラには追従性に優れたソリッドティップを搭載しているので、使用感を向上させています。

本製品は6.9ft、2.06mで、パワーはULと柔軟なロッドです。幅広い状況で使えるようレギュラーアクションに設定しているのもポイント。繊細な釣りに対応できるおすすめの1本です。

テイルウォーク(tailwalk) タイゲームTZ SPIRAL LIMITEDC68ML

テイルウォーク(tailwalk) タイゲームTZ SPIRAL LIMITEDC68ML

タフな状況でもしっかりアタリが取れるフルソリッド仕様のタイラバロッド。スパイラルガイドセッテイングを採用しているので、マダイの急な走りにも耐えられるよう、ロッド全体で引き込むように対応できるのが特徴です。

本製品は6.8ft、2.06mで、パワーはML。ルアーウエイトMAXは180gが目安と、オールラウンドに使えます。また、握りやすさを追及した細身ECSリールシートのほか、脇挟みに優れたセパレートグリップを採用するなど、使い勝手に配慮されているのもポイント。シーンを問わず使えるおすすめモデルです。

テイルウォーク(tailwalk) タイゲームTZ C610M

テイルウォーク(tailwalk) タイゲームTZ C610M

フルソリッド仕様のタイラバ専用モデルが揃う「タイゲームTZ」の1本。本製品は6.1ft、2.08mで、パワーはMと比較的大物まで対応できます。

トップガイドで繊細なアタリを取れるのもポイント。ブランクスは粘りがありながらも素直に曲がるテーパーで、クッション性があるのが特徴です。トルクも備わっているので、魚に主導権を与えにくいのも魅力のひとつ。マダイの引きを楽しみたいアングラーはぜひチェックしておきましょう。

テイルウォーク(tailwalk) タイゲームTZ J&C S72ML

テイルウォーク(tailwalk) タイゲームTZ J&C S72ML

遠投が可能な7.2ftのキャスティングロッド。パワーはMLで、スピニングで横方向に誘うタイジギングにおすすめのモデルです。

マダイのバイトを違和感なく乗せることができる素直なブランクスを仕様しており、粘りも十分。ライトジギングゲームにもおすすめのモデルなので、マダイだけでなく、他魚種も同フィールドで狙いたいという方はぜひ注目しておきましょう。

テイルウォーク(tailwalk) ソルティシェイプダッシュタイラバー C674M

テイルウォーク(tailwalk) ソルティシェイプダッシュタイラバー C674M

タイラバ専用モデルながら4ピース仕様のパックロッド。持ち運びに便利なので、遠征に最適なモデルです。本製品は6.7ft、2.01mで、パワーはM。ロッドは同メーカーが打ち出してきたマダイの喰い込み(負荷)に応じてフレキシブルに曲がります。

また、バットでしっかりと魚の勢いを受け止めることができるのも特徴。ティップには赤いペイントが施されているので、視認性重視バイトマーカーとしても使えます。旅行先に持ち出して気軽にタイラバを楽しみたいというアングラーにおすすめの1本です。

アブガルシア(Abu Garcia) SS KR-X TaiR STC-653L80-KR

アブガルシア(Abu Garcia) SS KR-X TaiR STC-653L80-KR

3ピース仕様のタイラバロッド。80g前後のタイラバを想定した掛け調子で、水深50m以下のエリアや潮流の早い場所でもしっかりと対応できるのが特徴です。

本製品は6.5ft、1.95mで、パワーはLで、テーパーはファストアクション。ソリッドティップを採用しており、違和感を感じさせることなく追わせ喰いができるのも魅力です。一方でベリーには張りがあるので、しっかりとフッキングも決まるのもポイント。スタンダードなおすすめモデルです。

メジャークラフト(Major Craft) クロステージ CRXJ-B69ULTR/ST

メジャークラフト(Major Craft) クロステージ CRXJ-B69ULTR/ST

魚種別にロッドが揃う同社「クロステージ」シリーズのタイラバロッド。各アイテムはグリップ脱着式の1ピースロッドと完全2ピース仕様とに分かれており、釣行スタイルによってチョイスすることができます。

本製品はグリップ脱着式の1ピースタイプで、長さは6.9ft、2.07m。パワーはULで、ルアーウエイトは80gまでカバーします。ソリッドティップと素直に曲がるブランクスを採用しており、アタリを取ってからしっかりと乗せることができるのが特徴。扱いやすいモデルなので、これからタイラバを始めたいと考えている方におすすめの1本です。

メジャークラフト(Major Craft) ソルパラ SPXJ-B702MTR/DTR

メジャークラフト(Major Craft) ソルパラ SPXJ-B702MTR/DTR

コスパ良好なロッドが揃う同社「ソルパラ」シリーズのタイラバロッド。各アイテムはグリップ脱着式の1ピースロッドと完全2ピース仕様とに分かれており、スタイルが多様化している現在の釣りにマッチしているのが特徴です。

本製品は完全2ピースで、長さは7ft、2.13m、パワーはM、テーパーはレギュラーファストアクション。船を風や潮流にまかせて流しながら釣る「ドテラ流し」用に開発したモデルで、水深100mまでのポイントを100g前後のタイラバを使用する際におすすめです。

メジャークラフト(Major Craft) フルソリ FS-B67M/TR

メジャークラフト(Major Craft) フルソリ FS-B67M/TR

「フルソリ」は細身でパワフルなブランクスを採用した「カーボンフルソリッドブランク」仕様のタイラバロッドシリーズ。ティップは繊細でありつつも、バットにパワーを持たせることで、柔と剛でマダイをいなすことができるのが特徴です。

本製品は6.7ft、2.01mで、パワーはM、テーパーはレギュラーファストアクション。100g以上のタイラバを使用してディープエリアを攻略したい際に使いやすい1本です。巻き重りに配慮したモデルなので、タイラバを一定の速度で巻き上げる「等速巻き」においてアングラーへの負担を軽減できるのもポイント。快適にタイラバを楽しめるおすすめの1本です。