釣りのなかでも手軽派から本格派まで楽しめる「川釣り」。しかし、川釣りと言っても流域によっては環境や棲む魚に違いがあるほか、竿の種類も豊富で、どれを選べばよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、川釣りを始めたい方におすすめの釣り竿についてご紹介。種類や選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

川釣り竿の種類

のべ竿

By: amazon.co.jp

のべ竿とは、竿の先端に糸を結んで釣りをする川釣り竿。狙う魚やシチュエーションよって竿の長さや硬さを変えることで、その場の状況に合わせた釣りを展開することができます。

また、のべ竿は釣り糸を伸ばしたり巻き取ったりするためのリールや、糸を通すためのガイドは装備されていません。代わりとして、先端にリリアンと呼ばれるヒモがあり、そこに釣り糸を結びます。

竿の長さとしては、おおよそ3~8mほどのサイズが展開されていますが、特に携行性を重視する方は、仕舞寸法と呼ばれるサイズをチェック。なかには、コンパクトに畳めるモデルもラインナップされており、持ち運びをする際に便利です。

ルアーロッド

By: daiwa.com

ルアーロッドとは、ルアーと呼ばれる疑似餌を用いる釣り竿のこと。ルアーロッドはのべ竿とは違い、長さの短い竿もあり、リールを用いるのが特徴です。リールにはベイトリールとスピニングリールの2種類がありますが、ベイトリールは手返しよくキャストできますが、扱いには慣れが必要。スピニングリールは釣り糸がもつれるトラブルが少なく、飛距離も出るので、初心者にもおすすめです。

川釣りで使われるルアーは狙う魚種にもよりますが、山間部での清流で使うのはスプーン・スピナー・ミノーの3種類。スプーンは食器のスプーンに似た形状で、スピナーは金属板とフックにビーズなどが取り付けられたモノ。ミノーは小魚に似せた形状で、バイトを誘います。

フライロッド

By: amazon.co.jp

フライロッドとは、フライフィッシングをするための川釣り竿のこと。フライと呼ばれる川面を流れる水棲の昆虫に似せた「毛ばり」を釣り糸に付けて魚を釣る方法です。

フライロッドは川釣り竿本体と、フライリールで構成されています。フライリールは、フライラインと呼ばれる専用の糸を巻き取るための道具。疑似餌となるフライは非常に軽いほか、キャスティングにもコツが必要となるので、事前に練習しておきましょう。

川釣り竿の選び方

流域に合わせて竿の長さを選ぶ

源流

源流で使用するのべ竿は3~4m程度、ルアーロッドなら4ft(1.2m)程度、フライロッドなら6ft(1.8m)程度の長さの川釣り竿がおすすめです。

源流は、川の源となる山の奥地になるため、足場が悪く、岩や木々などがキャストの障害物になりがち。携行性があり、取り回しのしやすい川釣り竿を選ぶことも重要です。

なお、フライフィッシングを行う場合は、フライを飛ばすためにラインを前後に振る必要があります。キャストをするスペースをある程度確保しなければならないため、源流で使用する際は、事前に周囲を確認しておきましょう。

渓流

渓流は、のべ竿で4~6m程度、ルアーロッドで5ft(1.5m)程度、フライロッドで8ft(2.2m)程度の長さの川釣り竿が適しています。

渓流は、場所によって広さが異なるため、川幅が狭い場合はより短めのモノを、川幅が広い場合はより長めのモノが便利です。

なお、長いロッドを使うと取り回しにくく、持て余してしまいまうので注意が必要、ただ、その分遠くのポイントにアプローチしやすく、ロッド全体で魚のパワーを受け止めることもできるので、スムーズに魚を取り込むことができます。

本流

本流はのべ竿で7~8m程度、ルアーロッドで6ft(1.8m)程度、フライロッドで9ft(2.7m)程度の川釣り竿の長さがおすすめ。本流は川幅が広く、狙うべきポイントも数多くあるので、ある程度の長さが必要です。

また、竿の種類を問わず、上流から下流に向けてエサやルアー、フライを流す「ナチュラルドリフト」がやりやすいのも長い竿のメリット。流れに乗せて自然が動きを演出できます。

なお、水質を問わず流れの激しい場所に潜んでいる魚は総じてパワフル。流れに負けない環境下で生活しているので、その状況にしっかり対応できる竿をチョイスするようにしましょう。

素材をチェック

By: shimano.co.jp

竹素材の川釣り竿は、メンテナンスを必要としますが、竹独特のしなりやアタリが魅力の素材です。しかし、竹は自然素材のため、使用後に水気を拭き取ったり、少量の油を刷り込んでおいたりしないと劣化しやすくなります。

竹素材はお手入れの手間がかかるぶん、経年変化による独特な風合いが楽しめるのが魅力。他の素材とは違う、独特な柔らかさとアタリの感触を好む方や、他のアングラーとは違った川釣り竿を使いたい方におすすめです。

グラスファイバー

By: rakuten.co.jp

グラスファイバー製の川釣り竿は、ほかの素材に比べてしなやかさがあることが特徴。クッション性が高いので、竿本体が大きく曲がっても壊れにくいのがメリットです。

また、魚が掛かった際にバレにくいのもポイント。ただしオートマチックにフッキングに持ち込める一方、感度はやや鈍いので、その点は注意しておきましょう。

カーボン

By: amazon.co.jp

カーボンは現在の市場でもっとも流通している素材。カーボン製川釣り竿は、軽量かつ感度が高いほか、しなりもあるので、キャスティングしやすいのが特徴です。

なお、カーボンを採用したロッドには「カーボン含有率」という表記がありますが、これはカーボンとグラスファイバーの混合比を表す数値。この数値が大きいほどカーボンの特性が反映されています。

ただし、カーボン含有率の数値が高ければよいわけではなく、グラスファイバーが多く入ったコンポジット仕様であれば、グラスファイバーのメリットであるクッション性も兼ね備えていることになります。チェックする際は釣り場や魚種に合わせて考慮するようにしましょう。

硬さをチェック

By: rakuten.co.jp★

川釣り竿を選ぶ際は、硬さもチェックしておきましょう。硬さの種類には、硬調(H)や硬中硬(中硬硬またはMH)、中硬調(M)などがあります。

竿は柔らかくなるにつれてパワーはないものの、より細い糸を使った仕掛けをセッティングすることが可能。一方、硬ければ硬いほど、力強い魚の引きにも耐えられますが竿も重たくなるので、注意が必要です。

調子をチェック

By: amazon.co.jp

アタリがわかりやすい「先調子」

調子とは、川釣り竿が曲がる部分の箇所を示しています。先調子は、川釣り竿の先端部分が曲がるモノのことを指し、アタリがわかりやすく、仕掛けを投げたい位置にコントロールするのも容易。操作性に優れている先調子は初心者におすすめです。

しかし、先調子は竿全体で魚のパワーを受け止めるというよりは竿の先端に力が集中するため、大物とのやりとりに苦労する場合もあります。その点は留意しておきましょう。

大物にも対応できる「胴調子」

胴調子は、川釣り竿の中央あたりが曲がる竿を指します。川釣り竿が大きくしなるため、遠くに仕掛けを投げやすく、大物の魚を釣る際にも最適です。

ただし、繊細な誘いがしやすい先調子と異なり、ロッドワークは大味になってしまうので、その点は注意。ロングキャストして、バイトを感じてからフッキングに持ち込む一連の動作はスムーズにできるので、初心者でも扱いやすいタイプです。

川釣り竿のおすすめ|源流

シマノ(SHIMANO) 源流峰 硬硬調 44 NR

足場が制限されている源流釣りでも、一気に魚を引き抜くパワーを備えたのべ竿。スペックは全長4.4m、仕舞寸法48.3cm、継数10本です。

グリップは濡れた手でも滑りにくく、環境が整っていない源流でもしっかりと保持することが可能。リリアンは紫外線による劣化が少なく、本体はダブルコート仕様によりキズが付きにくいため耐久性に優れています。カラーは迷彩柄を採用しており、深みのある色合いで年代問わず使える製品です。

シマノ(SHIMANO) 天舞 10尺

天然素材の竹を使用し、効果的な支点にはカーボンを取り入れた新感覚の川釣り竿です。スペックは全長3m、仕舞寸法107cm。継数3本、自重105gです。

竹独特の釣り味と温もりを感じられるのべ竿で、外観も漆仕上げで朱印が施された高級感のある仕上がり。ほかの川釣り竿とは異なる個性的なデザインが目を引きます。

本製品は熟練した竹竿師が入念に火入れしたモノを1本1本手作りで製作しているので、品質が高いのもポイント。全長は2.4~3.6mまでのサイズ展開で5種類のアイテムを揃えています。

ダイワ(DAIWA) シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 48L

本製品は源流から中流域のような、ピンポイントのキャスティング性能が求められる場所に適したルアーロッドです。スペックは全長1.42m、仕舞寸法74cmで自重82g。使用できるルアーの重量2~9gで、適合ラインはナイロンで2~6lbと、ミノーを用いて素早くキャストするスタイルに適しています。

また、サイズが1.42mと短いので、障害物の多い源流でも操作がしやすいのも特徴。さらに、ダイワ独自のバイアスクロス機能によって、ロッド本体のねじれを防げるのも魅力です。足場の悪い源流でも魚を一気に引き上げることが可能。パワー・操作性・感度のパランスのよい1本です。

オルルド釣具 コンパクト延竿 ノベルドA 3.0m

のべ竿のなかでも源流釣りや渓流釣りを手軽に楽しみたい方におすすめの1本。サイズは1.2~3.6mまで選ぶことができ、カラーバリエーションもブルー・ブラック・オレンジの3種類を取り揃えています。

仕舞寸法は32cmで本体内部に収納でき、ソフトケースも付属しているため、持ち運びも簡単。釣り竿本体は部位によって弾性係数を変え折れにくく、感度も良好です。安価に購入できるので、子供用や家族で共用するのにも適しています。

リバーピーク(river peak) フライロッド オイカワ 6フィート #1 3ピース カーボンロッド

源流でも取り回しがしやすいショートサイズのフライロッド。スペックは全長6ft、仕舞寸法64cm。継数3本で自重は53gです。

より正確なキャスティング技術が求められる、障害物の多い源流でのフライフィッシングでも取り回しやすいサイズが魅力。専用のロッドケースが付属しているほか、グリップにはコルクを採用しており、デザイン面でも洗練されています。

なお、本体の番手は#1と記載されていますが、おすすめのフライラインはWF-2Fになるので注意しましょう。ファストアクションのショートロッドのため、1番手上のWFラインを使用して負荷のかかったキャスティングをすることで、正確にコントロールができるようになります。

川釣り竿のおすすめ|渓流

シマノ(SHIMANO) ホリデー小継 ZT 超硬調 53

のべ竿での渓流釣り初心者の方におすすめの製品です。スペックは全長5.25m、仕舞寸法50cm、継数は12本で自重147g。カーボン含有率が88.4%と高く軽量で先調子の竿のため、扱いやすいモデルです。

本製品に搭載している2WAY ZOOM機能は、川釣り竿が伸縮するだけでなく、手尻の長さを瞬時に変えられます。また、仕掛けの入水角度を変えるなど、状況ごとに使い分けることも可能です。

そのほか、全長は約5mと渓流釣りに最適の大きさで、仕舞寸法は50cmと携行性にも優れています。同じラインナップの製品で全長は4.37・5.25・6.12mの3種、竿の硬さも硬調と超硬調から選べる計6種で、自身の好みに合わせて選べるのも魅力です。

ダイワ(DAIWA) 渓流 清瀬 硬調43M・Y

細糸を使用した源流釣りや渓流釣りに対応するほか、海の小物釣りにも対応したのべ竿です。スペックは全長4.3mで仕舞寸法は53.6cm。継数は9本で、自重88gです。

本製品は感度と食い込みに優れたメガトップ穂先を採用しているのが特徴。繊維と樹脂が均一に分散した素材のため、どの方向でも同じ曲がり方をするので、手の感覚だけでなく、穂先の視覚的感度も向上します。また、固着防止リングで、振出竿の出し入れもスムーズにおこなえ、トラブルを最小限に抑えられるのも魅力です。

また、全長が4mから6mほどのラインナップを揃えているため、源流釣りや渓流釣りに最適。50cm1節マルチレングス機能で、状況に合わせて2通りの長さに調節することも可能です。

ダイワ(DAIWA) スピニング リバティクラブ ルアー 5105TLFS

初心者でも手軽に楽しめる、エントリーモデルのルアーロッドです。スペックは全長1.78m、仕舞寸法44cm。継数は5本で、自重100gです。適合ルアーは重量0.8~10g、適合ラインはナイロン3~8lb.と幅広く対応できるのもポイント。渓流での使用はもちろんのこと、管理釣り場や海でのメバル・カサゴなどのフィッシングまで、幅広い環境で楽しめます。

また、振出パックロッド仕様で、川釣り竿の内部に継ぎを収納できるのも魅力。携行性にも優れているため、旅行先に持ち運んで釣りを楽しめます。

ダイワ(DAIWA) ロッホモア プログレッシブ-MP F733-5

キャスティングに必要なアクションが取りやすいフライロッドを実現した川釣竿。スペックは全長2.21mで仕舞寸法49cm。継数は5本で自重44gと軽量です。適合ラインNo.3で、初心者でもラインの重さを感じながらキャスティングができ、パワーも備えています。

素材は高弾性HVFカーボンを採用しており、従来のカーボンよりも樹脂量を減らし、軽量で扱いやすいことが特徴。仕切り付きのクッション入りソフトロッドケースが付属しており、持ち運びが手軽にできるのもポイントです。

JINKING コンパクト延べ竿 超硬調 3.6m

安価で初心者でも扱いやすい、カーボン製ののべ竿です。スペックは全長3.6m、仕舞寸法43cm。継数は11本で自重84gです。竿の全長が3.6mと短めなので、渓流釣りにも源流釣りでも使用できます。

また、仕舞寸法が43cmと小さく、デイパックにも収納しやすい大きさで持ち運びやすいことが特徴。価格は安いものの、丈夫でコスパに優れているおすすめののべ竿です。

シェアーズ(Shares)ソルフィエスタ グラッシー 562FUL

グラスファイバー製ロッド特有の曲がりを安価で楽しめるルアーロッド。スペックは全長1.68m、仕舞寸法88cm。継数は2本で、自重55gと軽量です。

パワーはウルトラライトとかなり柔らかめで、適合ラインはMAXで6LB、適合ルアーウエイトもMAXで5g。管釣りでのトラウトはもちろん、海釣りであればアジやメバルなど、ライトソルトを楽しむ際にもおすすめの1本です。

川釣り竿のおすすめ|本流

シマノ(SHIMANO) スーパーゲーム ベイシス ZP MH75-80

本流向けののべ竿のスタンダードモデルで、シマノの技術力をふんだんに盛り込んだ製品です。スペックは全長8mで仕舞寸法122.5cm。継数は2本で、自重は265gです。

カーボン含有率が98.3%と高く、大型のヤマメ・イワナから、サツキマスやサクラマスまで、本流での大物釣りに幅広く対応した性能。スパイラルXによって従来品から重量を増やすことなく、ロッドの剛性を向上させたことで、パワーの伝達がしやすい設計です。

リリアンには、糸がらみが少ない回転式を採用しているのも魅力。トラブルが少なく、本流釣りに集中できるモデルです。

シマノ(SHIMANO) トラウトワン NS S71L

本流でも活躍できるヘビーウェイトルアーに対応したスタンダードモデルのルアーロッド。スペックは全長2.16mで仕舞寸法111.3cm。継数は2本で、自重104gです。

本製品はハイパワーXの構造により、ねじれのない高精度のキャストと強度を両立。適合ルアーウエイトは4~18g、適合ラインはナイロン/PE 4~10lbなので、幅広い魚に対応することが可能です。

シマノ(SHIMANO) ブルックストーン 904

初心者またはファミリーでフライフィッシングを楽しみたい方におすすめのモデルです。スペックは全長2.74m、仕舞寸法95.3cm。継数は3本で、自重99gです。

全長が2.74mと長めなこともあり、飛距離を出しやすいことが特徴。適合ラインはNo.4で本流だけでなく、管理釣り場や渓流といった環境でも使いやすいモデルです。

ダイワ(DAIWA) 波路 硬調 80

比較的安価な、本流釣りのエントリーモデルとして使えるのべ竿です。スペックは全長7.99mで、仕舞寸法111cm。継数は8本で、自重330gです。

本製品はソリッド穂先を採用しているため、穂先の食い込みが良好。7:3の先調子であるため、操作性に優れているのも魅力です。全長は8mほどあり、本流用の竿のなかでは安価なので、お試し感覚で購入できるのも魅力。釣り具メーカー大手の製品なので、品質も安心です。

なお、本製品は初心者でも扱いやすい硬調ですが、さらにパワーを必要とする方は超硬のラインナップも展開されているので、気になる方はチェックしておきましょう。

ダイワ(DAIWA) モバイルパック 705TMLS

さまざまなシーンに対応できる、汎用性の高いスピニング用ルアーロッドです。スペックは全長2.13m、仕舞寸法53cm。継数は5本で自重100gです。

適合ルアーウェイトは5~28gで適合ラインはナイロン6~12lb。全長の長さを活かしたルアーの遠投が可能で、パワーもあることから本流釣りに適しています。

また、振り出し式の収納で、仕舞寸法が非常にコンパクトになるのもメリット。グリップにはEVAグリップを採用しており、握りこんだときのフィット感にも優れています。充分な性能を持ちながらも、価格は控えめなので、ルアーロッドのエントリーモデルとしておすすめの製品です。

KingFly 超硬調 渓流竿 7.2m

安価ながらも本流で使える長さののべ竿です。スペックは全長7.2m、仕舞寸法65cm。継数は13本で、自重324gのカーボン製です。

継ぎ方式は掘り出し式でコンパクトのため、持ち運びがしやすい性能。また、グリップは滑り止め仕様になっているので握りやすいことが特徴です。

全体が黒塗装されたユニークなデザインも魅力。セカンドロッドとしてはもちろん、お試しで本流釣りを楽しみたい方におすすめの製品です。