小さいワームでアジを釣る「アジング」は、気軽に楽しめるルアーフィッシングとして最近人気です。口のやわらかいアジは一般的なルアーロッドでは釣りにくいため、アジングに特化した専用ロッドがおすすめ。各釣具メーカーよりアジングに適したモデルが発売されています。

そこで今回は、初心者向けから上級者向けまで、レベルに応じたおすすめのモデルをご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

アジングロッドの選び方

長さをチェック

アジングロッドの長さはメーカーによりm(メートル)かft(フィート)で表示されており、モデルによって約1.7~2.5m、約5~8ftとさまざまです。初心者であれば短いほうが扱いやすくおすすめ。ただ、短い分だけ遠投性は劣るため、ルアーを遠投して沖目を狙いたいときは長いモデルを選びましょう。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

アジングロッドの重さは、採用している素材や長さによって異なります。軽いモデルのほうがキャスト(投げること)しやすく扱いやすいですが、装着するリールとのバランスも重要です。軽いロッドに大きな番手のリールではキャストしにくく、逆に重いロッドに小さなスピニングリールを組み合わせるのもバランスが悪くなります。

初心者や女性、子供用のアジングロッドを探しているのであれば軽いロッドがおすすめ。購入予定のリールや所有しているリールとの組み合わせに注意して選びましょう。

パワーをチェック

ロッドのパワーにはウルトラライト(UL)からエクストラヘビー(XH)までありますが、アジングで主に使用するパワーはウルトラライトとライト(L)。ウルトラライトはもっともやわらかいタイプで、軽いジグヘッドリグでもキャストしやすいのが魅力です。

ライトはウルトラライトよりワンランクパワーがあるので、10g程度までのルアーをキャストする際に適しています。

穂先をチェック

By: daiwa.com

アジングロッドの穂先には「チューブラーティップ」と「ソリッドティップ」の2種類があります。チューブラートップは一般的なロッドに多く採用されている、中が空洞の穂先です。太く張りがあるのが特徴で、操作性に優れています。

ソリッドティップは中が空洞ではなく詰まっているタイプで、しなやかなのが特徴。アジの小さなバイトも感じやすく、アタリが取りやすいのもポイントです。軽いジグヘッドやルアーをキャストしやすい反面、しなやかな分あそびが多いため、コントロール性はややチューブラーティップより劣ります。

使用するリールとのバランスをチェック

By: daiwa.com

アジングロッドを選ぶ際は、セットするリールとのバランスをチェックしておきましょう。アジングロッドはソルトウォーターフィッシングで使用されるロッドのなかでは細く軽量なため、使用するリールも軽量タイプが適しています。

おすすめのリールサイズは1000~2000番。2500番以上のリールでは重く、オーバーパワーです。繊細なロッドに対して大きな番手のリールをセットすると、重心のバランスが悪くなります。キャスティング性能やジグの操作性に影響が出るため注意が必要です。

ジグ単かキャロライナリグかをチェック

By: amazon.co.jp

軽めのジグヘッドとワームを組み合わせた「ジグ単」か、ワームとシンカーの位置を離してセットする「キャロライナリグ」で攻めるかによっても適した長さが異なります。ジグ単は、おもに近場でのピンスポットを狙う釣り。操作性を求められるため、6ft前後の短めのアジングロッドが適しています。

キャロライナリグは基本的にロングキャストでアジを狙うため、7ft前後のロングロッドがおすすめです。ただし、長くなるほど遠投できる一方で操作性は悪くなるため注意が必要。とくに、初心者の場合は必要以上に長すぎないロッドを選択することが重要です。

価格をチェック

By: amazon.co.jp

アジングロッドの価格は1万円を切るモデルから、洗練された高級モデルまでさまざま。価格の違いはカーボンの比率やガイドの素材などによっても異なりますが、初心者であれば最初は1万円前後のリーズナブルなモデルがおすすめです。ある程度釣行を重ねてレベルアップしたい方は、中級者以上のモデルを購入しましょう。

アジングロッドのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

さまざまな釣りジャンルの製品を手がけている日本の大手釣具メーカーです。最新の技術を駆使した製品は国内外の釣り人に支持されています。

アジングに対応したライトソルトルアーロッドも多数発売。ライトソルトルアーフィッシングブランド「月下美人」を中心に、アジングロッドを開発しており、初心者からベテランまで納得の1本を探せます。

シマノ(SHIMANO)

By: rakuten.co.jp

ダイワとともに日本の大手釣具メーカーとして知られるシマノ。スポーツ自転車部品では世界最大級の企業で、釣具にも力を入れています。

多くのライトソルトルアーフィッシングに対応したモデルが発売されているほか、アジング専用ロッドも開発。とくに、細めのティップを採用した「ソアレ」シリーズは、大型のアジをキャッチできるモデルとして人気です。

メジャークラフト(Major Craft)

By: amazon.co.jp

大阪を拠点するメジャークラフトは、多くのロッド開発を手がけているブランド。ゲームフィッシングに特化した製品はリーズナブルながら扱いやすいモデルが多く、高い評価を受けています。

淡水・海水を問わず、さまざまな魚種をターゲットとしているのもポイント。アジングに対応したライトソルトゲーム用のロッドも多く展開されています。

サーティーフォー(34)

By: 34net.jp

サーティーフォーは、福岡県に拠点を構えている釣具・アパレルメーカー。アジング界のレジェンドである家邊氏を中心に製品の開発をおこなっており、オリジナルのアジングロッドやワームを豊富に取り扱っています。

アジングを知り尽くしたスタッフたちによって誕生するアジングロッドは、まさに専用ロッドというべきプロ仕様。軽量なジグのロングキャストを可能にし、口のやわらかいアジをバラさずに取り込める工夫をこらしています。おもに、中級者から上級者向けのモデルを多く手がけているのも特徴です。

アジングロッドのおすすめモデル|初心者向け

ダイワ(Daiwa) アジングロッド スピニング アジング X 59UL-S

全長5.9ft、重さ98gと初心者に扱いやすいスペックのアジングロッド。短めで操作性に優れており、おもにジグ単で攻めたいときにおすすめのモデルです。穂先径は0.8mmと極細トップなので、0.3gの軽量ジグヘッドが使用可能。繊細なティップを活かした漂わせるような誘いは、活性の低いアジ攻略に効果的です。

搭載されたオリジナルリールシートは握りやすく、操作性も良好。アジングはもちろん、メバリングなどライトソルト全般で使いたい場合にも適したオールラウンダーです。

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング モバイルパック 615TLS

振り出し式のアジングロッドで、仕舞寸法46cmとコンパクトに収納できる携帯性に優れたモデルです。使用しないときに装着するトップカバーも付属しており、持ち運びも簡単。電車やバスなど公共交通機関を利用して釣り場に向かう際や、旅行や出張でちょっとした時間に釣りを楽しみたいときにおすすめのモデルです。

全長1.85mでジグ単など近場のポイントを攻めたいときに最適な仕様。フィット感のよさにこだわって開発されたEVAグリップやリールシートを搭載しているなど、握りやすい優れた操作性もおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) アジングロッド スピニング X 72L-S アジング

全長7.2ftのロングキャストしやすいアジングロッドです。穂先径0.9mmの繊細なティップにより、適合ルアー重量0.5~8gと軽めのジグもロングキャスト可能。キャロライナリグで遠目のポイントにいるアジを狙いたいときにおすすめのモデルです。

リーズナブルな価格ながら、握りやすいオリジナルリールシートの搭載やカーボン調のデザインを採用しているなどコスパのよさも魅力。ブランクス最外層をカーボンテープでX状に締め上げる「グレーディングX」でネジレを抑制しており、耐久性の高さも特徴です。

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック S70UL 7フィート

アジングロットとしてはもちろん、メバル狙いなどライトソルトゲーム全般で使用できるオールラウンドモデルです。硬さウルトラライトで適合ルアー重量0.8~10gと、軽めのジグヘッドやルアーの使用に最適。

自社工場生産による品質の高さも特徴。全長7ftのロングロッドで、初心者でも軽量ジグを遠くへ飛ばしやすい入門用モデルを探している方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) ソルティーアドバンス アジング S64UL-S

軽量ジグヘッド用として開発されたアジングロッド。硬さウルトラライト、適合ルアー重量0.3~6gのフィネスな釣りが得意なモデルです。ソリッド穂先「タフテックα」を搭載しており、しなやかで繊細な曲がりを実現。低活性時の弱いアタリを捉えるほか、口のやわらかいアジをバラしにくい特性をもったおすすめモデルです。

全長1.93mのセミロングタイプながら、重さ65gと軽量なのも注目ポイント。1日中キャストしても疲れにくいモデルを求めている方にも最適です。

メジャークラフト(Major Craft) アジングロッド スピニング ファーストキャスト アジ S682AJI

初心者でも扱いやすく、手軽にルアーフィッシングを楽しんでもらうコンセプトで開発された、「ファーストキャスト」シリーズのアジングロッド。中弾性カーボンを採用したブランクス設計により低価格を実現しており、初心者はもちろん中級者のサブロッドとしてもおすすめのモデルです。

ティップ部にはやわらかく食い込みのよいソリッド穂先を採用。浅場を1~2gのジグ単でタダ巻きで誘うほか、5gまでのシンカーを使ったキャロライナリグで深場を攻める釣りもこなします。マイクロジグを中層で巻いてカマスを狙えるなど、オールラウンドに使えるロッドです。

メジャークラフト(Major Craft) アジングロッド スピニング 3代目 クロステージ アジング CRX-S562AJI

全長5.6ftのショートレングスのアジングロッドです。取り回しのよさと反応力に優れたレスポンスが特徴で、ショートゲームで威力を発揮。漁港や堤防の常夜灯周りなどの浅場で、ジグ単を使った繊細なテクニックを駆使してアジを誘いたい方におすすめのモデルです。

エクストファーストアクションにより、口の弱いアジをバラさずに取り込める柔軟性を備えています。

アブガルシア(Abu Garcia) スピニング ロッド クロスフィールド XRFS-642UL

1本のロッドでさまざまなジャンルの釣りを楽しめるシリーズ「クロスフィールド」のロッドです。全長6.4ftで、ウルトラライトの硬さとアジングロッドとして最適なスペック。アジをはじめ、メバルやカサゴなどライトソルトフィッシング全般におすすめのモデルです。

0.5~8gのルアーに対応しており、ジグ単やキャロライナリグなどさまざまなリグで使用可能。トップガイドに摩擦抵抗に強い富士工業製SiCリングを搭載し、繊細PEラインのトラブルが気になる場合にも最適です。

アジングロッドのおすすめモデル|中級者向け

ダイワ(Daiwa) アジングロッド スピニング 月下美人アジング 611L-S

ライトソルトルアーシリーズとして人気の「月下美人」のアジングロッド。シンプルさのなかに上位機種のエッセンスを盛り込んだ、中級者向けのハイパフォーマンスモデルです。穂先にはアジング専用に設計された高弾性カーボンソリッドトップを搭載。低活性時のアジの弱いアタリを確実に捉えます。

グリップ部にはキャスト時の滑りを予防するスリット仕様を採用。ホールド性に優れたリールシートも搭載するなど、ロッドの操作性を重視したい方におすすめです。全長2.11m、硬さウルトラライトのため、ジグ単に適しています。

ダイワ(Daiwa) アジングロッド スピニング 月下美人 MX アジング 64.5LS-S

超軽量で高感度の「HVFナノプラスブランク」を採用した「月下美人」シリーズのミドルクラスモデルです。ガイドにはオールチタンフレームSiCガイドを採用しており、中口径仕様で振り抜きのよさが特徴。操作性を向上させるべく徹底的に長さを追求したグリップを搭載しているなど、エントリーモデルからの買い替えにおすすめのモデルです。

全長1.94mでジグ単からキャロライナリグまでこなせるオールラウンドタイプ。適合ルアー重量0.5~8gで、軽量ジグヘッドから軽量ルアーまで幅広いサイズに対応します。

シマノ(SHIMANO) ソアレSS アジング S58L-S

全長1.73mのショートレングスを採用したアジングロッドです。重さ58gの軽量ロッドで操作性に優れており、浅場でのジグ単に最適。アジング専用極小グリップは握りやすく、リーリング時に持ち重り感の少ない快適な握り心地を実現しています。

そのほか、感度を追求した急テーパー「ハイレスポンスソリッド」を採用しており、水中の違和感を察知しやすいのもポイント。ワンランク上の操作性を楽しめるモデルを探している方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

カーボン繊維で強化した独自素材「CI4」のリールシートを搭載したアジングロッド。樹脂と比べて格段に軽いカーボン素材をリールシートに採用することにより、圧倒的な軽量化と感度、操作性を実現しています。ガイドには段差をなくした「Xガイド」を搭載。キャスト時に発生しやすい糸絡みのトラブルを軽減しています。

全長2.03m、ウルトラライトの硬さで取り込みを重視して設計されているのもポイント。繊細な操作でアジをかけてしっかりとランディングできる、基本性能に優れたおすすめモデルです。

サーティーフォー(34) ガイドポスト LHR-69

デザイン段階から徹底的に無駄を省いて設計されたアジングロッドです。装飾も最低限に抑えており、エキスパートのセカンドロッドとしてもおすすめ。サーティーフォーが開発した遠投用ジグ「Sキャリー」からジグ単までこなす、オールラウンドモデルです。

高感度なブランクスの採用で、ジグの存在をしっかりと感じながら釣りを展開できるのも特徴。上級モデルに匹敵するほどのパフォーマンスを発揮するコスパに優れたモデルです。

ティクト(TICT) スラム EXR-64S-Sis

ジグ単用オールラウンダーとして設計されたアジングロッドです。ティップには極細カーボンソリッド穂先を搭載しており、繊細な操作と弱いアジのアタリを捉えやすいのが特徴。全長6.4ftで飛距離と操作性のバランスがよく取り回しもしやすいため、足場の高いポイントや漁港内など小場所での釣りにもおすすめです。

適合ルアー重量0.2~3.5gと、軽量ジグ用に特化した仕様。低活性時のアジを繊細な釣りで攻めたいシチュエーションに適しています。

アジングロッドのおすすめモデル|上級者向け

ダイワ(Daiwa) 月下美人 AIR AGS アジング 65L-S・Y

飛距離とコントロール性を向上させる、軽量・高感度のエアガイドシステム「AGS」を搭載したアジングロッド。高品質カーボンを採用した「HVFナノプラスブランク」や、軽く感度に優れた「エアセンサースリムフィットリールシート」も搭載した上級者向けモデルです。

全長1.96m、硬さライトでジグヘッドリグで攻めたいときにおすすめ。重さ56gのクラス最軽量の軽さにより、キャストや誘いなど基本動作の操作性に優れています。超極細ソリッド穂先の搭載で、わずかな違和感もキャッチ可能。エキスパートはもちろん、さらなるレベルアップを図りたい方にもおすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) アジングロッド スピニング 月下美人EX AGS A64LS-SMT・E

カーボン繊維をまとめる樹脂をナノ単位で混合する技術を取り入れた「SVFコンパイルXナノプラス」を採用したアジングロッド。最高級素材と、ダイワ独自の設計により完成したフラッグシップモデルです。

他モデルと比べてブランク全体のムラがなく、ロッドの張りとシャープさを向上させているのが特徴。穂先に金属を使用した「SMT」で水中の様子を把握しやすいなど、最高レベルの操作性を楽しみたい方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) ソアレ リミテッド S73/76UL-S

パットガイドに「Xガイドエアロチタン」を搭載した、シマノ最高峰アジングロッドです。軽量チタン中空フレームに特殊表面仕上げを施しており、高強度、高摩擦性を実現。角や凸凹のない滑らかなラウンド形状によるスムーズなライン放出で、キャスト時のトラブルを低減しています。

ソリッド穂先を2本搭載した、変則的3ピースを採用しているのも魅力のひとつ。2種類のソリッド穂先を効果的に使い分ければ、重たいリグを使用したいときや遠投したいとき、足場の高い場所での釣りなどさまざまなシチュエーションに対応します。しなやかなソリッド穂先を利用して、1g以下のジグをロングキャストしたいときにもおすすめのモデルです。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド ブルーカレント ジグヘッドスペシャル 65/TZ

スムーズなライン放出と耐摩擦性能が特徴の「トルザイトリングガイド」を搭載したアジングロッド。すべてのガイドに採用しており、極細PEラインを使用したときのトラブルを防ぎたい方におすすめのモデルです。0.2~5gの軽量ジグに対応しており、繊細な釣りを展開したいときに活躍します。

軽量なガイドに合わせてブランクスも一新。全長1.96mで重さ58gと、クラス最高レベルの軽量化を実現しています。

サーティーフォー(34) アドバンスメント PSR-60 THE NEXT STAGE

元竿側に穂先側を差し込む構造「並継ぎ」を採用したアジングロッドです。穂先が細く、逆並継より軽快な振り抜きを実現しているのが特徴。軽い力で軽量ジグヘッドをロングキャストしたい方におすすめのモデルです。

適合ルアー重量0.3~1.8gと、超軽量ジグヘッドの使用を前提とした仕様。アミやプランクトンを主食しているアジに対して、波に漂うような操作で効果的に誘います。

普通のロッドをアジングロッドに代用可能?

ソルトウォーターフィッシングには魚種に特化したルアーロッドが多く、例えばイカを釣るにはエギングリッド、メバルを狙うにはメバリングロッドなど、さまざまなタイプがあります。

なかでも、アジングは軽量なジグヘッドやルアーをキャストするため、パワーのあるロッドでは投げにくく感じてしまいます。とくにスズキを狙うシーバスロッドではオーバースペックとなってしまうので、注意しましょう。

また、アジの口はやわらかいため、ティップのやわらかさも重要。重たいルアーを遠投するのに適したパワーロッドではアジの繊細なアタリを弾いてしまいます。アジングでより多くの釣果を上げたいのであれば、ほかの魚種向きのロッドよりはアジ専用に特化したアジングロッドを使用しましょう。