海のルアーフィッシングのなかでも極端にライトなタックルを使用するアジング。アジングとは、アジをルアーで狙う釣りのことで、ターゲットが比較的小さいのはもちろん、ロッドも柔らかめ、ルアーも極小、ラインも極細を使用するのが特徴です。

そこで今回はアジングで使うロッド「アジングロッド」を特集。おすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アジングロッドの選び方

長さをチェック

By: daiwa.com

アジングロッドは取り回しのよい短めを選ぶか、遠投性を考慮した長めを選ぶかの2択。積極的にルアーを動かしてバイトを誘いたい場合はショートロッドを、広く探りたい場合はロングロッドを選ぶようにしましょう。

アジングにおけるショートロッドは5ft後半が目安。テーパーは柔らかく、より繊細な操作を求める方や取り回し重視のアングラーにおすすめです。

一方、ロングロッドは8〜9ftで、遠投性重視の方におすすめ。ルアーとしてはワームとジグヘッドを組み合わせたジグ単のほか、ライトキャロやフロートリグなど、さまざまなリグを使えるのも魅力です。

重量をチェック

By: 34net.jp

アジングに限らず、ソルトのライトゲームはキャスト&リトリーブを繰り返して何度もルアーを通すことが重要。ルアーが水についている時間が長ければ長いほどバイトチャンスは増えるので、常にロッドを構えてバイトに備えることが釣果アップにつながります。

よってロッドは軽ければ軽いほど有利。ただ、ブランクスの素材だけでなく、ロッドのレングスやガイドの数によっても質量は変わってくるので、短ければ短いほど軽く、長ければ長いほど重たくなります。

なお、ロッドが軽ければ軽いほど有利ながら、疲れにくいかわけではない点には注意。ロッドと装着するリールとのバランスが悪いと先重り感が出るので、その際にはロッドかリールにバランサーを付けて調節するのがおすすめです。

硬さをチェック

By: evergreen-fishing.com

ロッドは硬さは柔らかい順に並べると、L(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)が代表的。メーカーによっては数字で表す場合もあります。

竿の曲がり(テーパー)はアクションで表記。先調子であれば穂先から曲がり、胴調子であればグリップ側に支点が寄り、竿全体で曲がります。大きく分けるとタイプとしては3種類。先調子順に、ファストアクション、レギュラーアクション、スローアクションがあります。

ファストアクションは竿先が曲がるロッドで、繊細な操作が可能。一方、スローアクションはルアーの重さをロッドに乗せてキャストしやすいほか、魚の引きをロッド全体で受け止められるのもポイントです。

どちらにも振れていないのがレギュラーアクション。キャスタビリティ・ルアー操作性のどちらともバランスが取れている仕様となっています。

ティップ(穂先)の種類をチェック

By: breaden.net

アジングロッドは軽いルアーや細いラインを使うため、ブランクスは基本的に細く、テーパーとしては柔らかめ。一方、穂先も同様に細めですが、タイプとしてはチューブラーティップとソリッドティップの2種類があります。

ロッドの多くは基本的にカーボン素材を採用し、ティップからベリー、バットまでカーボンシートを巻いたチューブラーが主流。チューブラーティップは穂先部分が筒状になっていることを指し、より軽く仕上がっているのが特徴です。

一方、ソリッドティップとは穂先部分にカーボン素材が詰まっているタイプ。クッション性が高いほか、ルアーへの食い込みもスムーズで、ショートバイトでもしっかりと魚を掛けられます。また、繊細な操作が可能なのもポイント。より軽量なルアーでも動きが大味にならず、細かく動かせるのが魅力です。ただし、チューブラーティップと比べて折れやすい点には注意しておきましょう。

アジングロッドのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

「ダイワ」は国内大手の釣具メーカー。ロッドやリール、ルアーはもちろん、ラインやアパレル、小物などさまざまなアイテムを展開しています。

アジングロッドに関しては「月下美人」と名の付くシリーズが豊富。ウルトラライト・ソリッドティップのショートロッドから張りのあるチューブラのロングロッド、持ち運びに便利なパックロッドなど、さまざまなタイプをラインナップしています。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

「シマノ」は世界的に知られている日本の大手釣り具メーカー。リール開発に定評があるほか、ロッドやルアーなど幅広いジャンルのフィッシングアイテムを展開しています。

アジングロッドに関しては「ソアレ」シリーズをラインナップ。コスパのよいエントリーモデルから価格以上の価値が見出せるミドルクラス、操作性と感度に優れたハイエンドモデルなど、それぞれ満足度の高いロッドが揃っています。

アジングロッドのおすすめランキング|初心者向け

第1位 ダイワ(Daiwa) 月下美人 AJING 68L-S

アジングロッドにおけるスタンダードな1本。遠投性と取り回しのよさに配慮されたソリッドティップモデルで、漁港や堤防など足場がしっかりとしているフィールドで使いやすいのが特徴です。

レングスは6ft8in、パワーはLで、重量は63g。適合ルアーウエイトは0.5〜8g、適合ラインはPEで0.1〜0.4号が目安です。これから本格的にアジングを楽しみたいという方はぜひチェックしておきましょう。

第2位 シマノ(SHIMANO) ソアレ BB アジング S610L-S

アジングロッドのなかでも汎用性の高い1本。シリーズ3本あるうちのLパワー、ソリッドティップモデルで、バイトをしっかりと掛けられるのが特徴です。

レングスは6ft10in、パワーはLで、重量は70g。適合ルアーウエイトは0.5〜12g、適合ラインはPEで0.1〜0.6号となっています。

また、本製品は機能性十分ながら価格帯は比較的リーズナブルなのがポイント。コスパ良好の1本なので、アジング専用としてはもちろん、広くライトゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

第3位 ダイワ(Daiwa) アジング X 59UL-S

アジングロッドのなかでも基本となる軽量ジグヘッドの使用を想定したベーシックモデル。ソリッドティップを採用しながらもリーズナブルな価格帯に設定されており、初心者でも手が出しやすいのが特徴です。

レングスは5ft9in、パワーはULで、重量は108g。適合ルアーウエイトは0.5〜8g、適合ラインはPEで0.15〜0.4号となっています。短く柔らかめの1本で、極端に細いラインまで使えるので、アジングを覚えたいという方におすすめです。

第4位 メジャークラフト(Major Craft) 三代目 クロステージ ライトゲーム アジチューブラモデル CRX-T692AJI

お手頃価格のアジングロッド。レングス6ft9in、ファストアクション、チューブラの1本で、適合ルアーウエイトは0.6〜10g、適合ラインはPEで0.1〜0.6号が目安です。

本製品はジグヘッドリグの操作に適したモデルで、アクションさせやすいのが特徴。ただ巻きはもちろん、リフト&フォール、ストップ&ゴー、トゥイッチ、ジャークなど、さまざまなアプローチを駆使して釣果を伸ばしたい方におすすめです。

第5位 アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル アジング STAS-692LS-KR

ソリッドティップ・レギュラーファストアクションのアジングロッド。適度な長さとクセのない仕様で、アジのほか、メバルやメッキなどライトゲーム全般に使えるのが特徴です。

レングスは6ft9in、パワーはLで、重量は93g。適合ルアーウエイトは0.2〜5g、適合ラインはPEで0.1〜0.8号が目安です。アジングロッドなかでもロングセラーモデルを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第6位 シマノ(SHIMANO) ソルティーアドバンス S610L-S

掛け重視のソリッドティップを採用したアジングロッド。小刻みな操作、素早いフッキングにも対応できる1本で、積極的に攻められるのが特徴です。

レングスは6ft10in、パワーはLで、重量は67g。適合ルアーウエイトは0.5〜12g、適合ラインはPEで0.1〜0.6号が目安です。なお、同シリーズではアジングモデルのほか、メバリング、エギング、シーバス、ショアジギングモデルも揃っています。

第7位 オリムピック(OLYMPIC) 21 GCORUS-542UL-S

1g未満の極小ジグヘッドリグを操作するのに適したソリッドティップ採用のショートロッド。レングスは5ft4in、パワーはUL、テーパーはレギュラーファストアクション、重量は55gで、接近戦で使いやすいのが特徴です。

ルアーウエイトは3gまでで、ラインはフロロでMAX2lbが目安。なかなか口を使わないタフコンディションでも活躍するおすすめの1本です。

第8位 メジャークラフト(Major Craft) ファーストキャスト アジングモデル FCS-S682 AJI

喰い込みのよいソリッドティップを採用したアジングロッド。1~2gのジグヘッドリグのただ巻きや、5g程度のライトキャロを使うのに適したモデルで、足元はもちろん、ある程度の沖や深場も狙えるのが特徴です。

レングスは6ft8inで、テーパーはエクストラファストアクション。適合ルアーウエイトは0.6〜10g、適合ラインはPEで0.1〜0.6号が目安です。

第9位 シマノ(SHIMANO) ルアーマチック S76UL

安価ながら使い勝手のよいライトゲーム向けのロッド。アジはもちろん、メバル狙いにも使える1本で、アジングで使うにはやや長めの設定となっているのが特徴です。

レングスは7ft6in、パワーはULと柔らかめで、重量は90g。適合ルアーウエイトは0.8〜12g、適合ラインはPEで0.3〜0.8号が目安です。リーズナブルな価格ながら汎用性が高いので、コスパ重視で選びたい方におすすめです。

第10位 ジャッカル(JACKALL) グッドロッド GD-S56UL-2PC

グリーン・オレンジ・ブルーとカラフルなカラーラインナップから選べるショートロッド。従来の竿とは異なるおしゃれな色合いのアイテムで、子供や女性でも取っ付きやすいのが特徴です。

レングスは5ft6in、パワーはULで、短く柔らかめ。適合ルアーウエイトは1〜5g、適合ラインはフロロで2〜5lbが目安で、小さいルアーを操作しやすい仕様となっています。

アジングロッドのおすすめランキング|ミドルグレードモデル

第1位 シマノ(SHIMANO) ソアレ SS アジング S58L-S

掛けることに注力したソリッドティップ「ハイレスポンスソリッド」を採用したアジングロッド。細かいリグ操作、微小なアタリを取れるのが特徴で、タフコンディションにも対応できるのが特徴です。

レングスは5ft8in、パワーはLで、重量は58g。適合ルアーウエイトは0.6〜12g、適合ラインはPEで0.1〜0.6号が目安です。

第2位 ダイワ(Daiwa) 月下美人 MX モバイル 72UL-S-5

5本継ぎと持ち運びに便利なライトゲームロッド。アジングに特化したモデルではありませんが、レングスは7ft2inと長すぎず、短すぎずで、軽量ジグヘッドからライトキャロ、小型プラグまで扱えるのが特徴です。

パワーはULで、ソリッドティップを採用。適合ルアーウエイトは0.3〜5g、適合ラインはPEで0.1〜0.3号が目安です。ライトゲームロッド用のパックロッドを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第3位 シマノ(SHIMANO) ソアレ TT アジング S74L-S

遠投性に優れたロッド。レングス7ft4in、パワーはL、質量は69gで、やや長めながら持ち疲れしにくいのが特徴です。

適合ルアーウエイトは0.5〜12g、適合ラインはPEで0.1〜0.6号が目安。軽いリグをしっかりと遠投して広範囲を探れるほか、水深があるエリアでも攻めやすいのが魅力です。

第4位 シマノ(SHIMANO) ソアレXR S64UL+-S

タフコンディションやハイプレッシャーフィールドで活躍してくれるアジングロッド。繊細なティップを備えており、ショートバイトのかすかなアタリもしっかりと取れるのが特徴です。

レングスは6ft4in、パワーはUL+で、重量は67g。適合ルアーウエイトは0.5〜12g、適合ラインはPEで0.1〜0.6号が目安です。

第5位 ジャクソン(Jackson) オーシャンゲート アジ JOG-610L-K ST AJ

ジグ単からキャロ、マイクロジグにも対応するオールラウンド仕様のアジングロッド。価格帯としては控えめですが、機能性は十分で、初心者からステップアップを目指す中級者におすすめの1本です。

レングスは6ft10in、パワーはLで、重量は77g。テーパーはエクストラファストアクションで、ソリッドティップを採用しています。適合ルアーウエイトは0.4〜10g、適合ラインは3lbが目安。アジングに限らず、ライトゲーム全般に使えるので、極端なライトリグだけでなく、プラグも使いたい方はぜひおさえておきましょう。

第6位 アピア(Apia) グランデージ ライト 61

シャープな振り抜きでハリがあるアジングロッド。ブランクスはかなり柔らかめで、繊細な操作性と掛け感、魚の引きを楽しめるのが特徴です。

レングスは6ft1inで、重量は56.5g。適合ルアーウエイトは0.2〜3.5g、適合ラインはPEで0.1〜0.3号が目安です。アジングのなかジグヘッドリグに向いた1本なので、マスターしたい方はぜひおさえておきましょう。

第7位 ティクト(TICT) スラム EXR-60S-Sis

取り回しがよく、漁港内や小場所で使いやすいアジングロッド。細身かつシャープなブランクスとソリッドティップを採用しており、軽いリグを操作しやすいのが特徴です。

レングスは6ftで、質量は58g。適合ウエイトは0.2〜2g、適合ラインはナイロン(モノフィラメント)で0.8〜2lbが目安です。また、掛けたらしっかりと曲がるのもポイント。アジの引きを十分に楽しめるおすすめの1本です。

第8位 シマノ(SHIMANO) ソアレ CI4+ ディープアジング FJ-B604MH-S

アジングのなかでもボートから狙うバチコンで使うのにおすすめのロッド。「バチコン」とはバーチカルコントロールの略称で、ジグヘッドリグからキャロライナリグ、ダウンショットリグをセットし、船べりから落とし込んで回遊待ちするのが特徴です。

レングスは6ft4in、パワーはMHで、重量は77g。ルアーウエイトはMAX40g、ラインはPEでMAX0.6号が目安です。なお、オカッパリからやるアジングと比べてバチコンは縦の釣り。使用するアジングロッドのテイストはほかのモデルとやや異なり、パワーは強め、ルアーウエイトも高めなので意識しておきましょう。

第9位 ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレントIII 74

アジングを含め、ライトゲーム全般に使えるおすすめのロッド。シャープなブランクスを採用しており、軽量なリグもバシッとキャストできるのが特徴です。

小型を掛けてもしっかりと曲がり、引きを楽しめるのもポイント。レングスは7ft4inで、重量は71g、ルアーウエイトはMAX10g、適合ラインはPEで0.1〜0.5号が目安です。

第10位 テイルウォーク(tailwalk) アジスト SSD 604

4ピース仕様のアジングロッド。仕舞寸法は50cmと持ち運びに便利で、旅行先や出張先でもアジングを楽しみたいという方におすすめです。

レングスは6ftで、重量は67g。テーパーはエクストラファストアクションで、ソリッドティップを採用しています。ルアーウエイトはMAX4g、適合ラインはPEで0.2〜0.3号が目安。特に1.5g前後のジグヘッドリグの操作に適したモデルなので、意識しておきましょう。

アジングロッドのおすすめランキング|ハイエンドモデル

第1位 ダイワ(Daiwa) 月下美人 AIR AGS AJING 510UL-S

ソルトのライトゲームモデルのなかでも短く、柔らかいアジングロッド。ソリッドティップを採用しており、アングラーが混雑する漁港などの激タフフィールドで活躍するのが特徴です。

レングスは5ft10in、パワーはULで、質量は50g。適合ルアーウエイトは0.3〜5g、適合ラインはPE0.1〜0.3号が目安となっているので、極小リグを操作するフィネスの釣りに適した1本です。

第2位 シマノ(SHIMANO) ソアレ エクスチューン MB S510SUL+-S

短く、柔らかいソリッドティップ仕様のアジングモデルのなかでも持ち運びに便利な4ピースロッド。仕舞寸法は49cmとコンパクトで、遠征向きの1本を求めている方におすすめです。

レングスは5ft10in、パワーはUL+で、質量は62g。適合ルアーウエイトは0.4〜8g、適合ラインはPE0.1〜0.4号が目安です。全国各地でハイレベルなアジングを展開したい方はぜひチェックしてみてください。

第3位 サーティフォー(34) アドバンスメント BCR-56

持ち運びに便利な4ピース仕様ながら感度が高いアジングロッド。ソリッドティップを採用しているほか、しなやかに曲がるブランクスも魅力で、ハイレベルなアジングを展開できるのが特徴です。

レングスは5ft6inで、質量は69g。適合ルアーウエイトは0.3〜3gで、適合ラインは1〜2lbが目安となります。手荷物にそっと忍ばせておけるアイテムなので、旅先で気軽にライトゲームを楽しみたい際や、ちょっと竿を出したいときに便利な1本です。

第4位 エバーグリーン(EVERGREEN) スペリオル SPRS-610UL-S リンバーティップSS

ハイエンドクラスのアジングロッド。攻撃的なライトゲームを展開するために必要十分な張りがありつつも、負荷に応じてしなやかに曲がりこむブランクスを採用しているのが特徴です。

レングスは6ft10in、パワーはULで、質量は54g。適合ルアーウエイトは0.1〜6g、適合ラインはPE0.1〜0.4号が目安となります。良型のアジを釣っていきたい方におすすめの1本です。

第5位 がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ 宵姫 天 S511FL-solid

極端に短いショートグリップを採用したアジングロッド。レングスとしても短く5ft11in、パワーはより柔らかいFL(フェザーライト)で、フィネスな釣りを展開できる1本に仕上がっています。

また、質量は36gとかなり軽め。適合ルアーウエイトは0.1〜2.5gで、適合ラインはPEで0.1〜0.3号が目安となります。ジグヘッド(ジグ単)のなかでも特に軽いリグでアプローチしたい方はぜひチェックしておきましょう。

第6位 ブリーデン(BREADEN) GRF トレバリズム ヨギ 602 CS-tip

軽さと感度にこだわったソリッドティップ仕様のアジングロッド。本製品は「カレント攻略スペシャル」と銘打たれており、潮や流れを意識した釣りで使いやすいのが特徴です。

レングスは6ft2inで、質量は49g。適合ルアーウエイトは0.2〜4gで、適合ラインはPE0.1〜0.3号が目安となります。キャストからアプローチ、フッキング、ランディングまで一連の動作がスムーズにできるので、手返しよく釣っていきたい方におすすめの1本です。

第7位 ゼスタ(XESTA) ブラックスター ソリッド セカンドジェネレーション モバイル S59-S シグナルトランスポーター

アジングで使えるショートレングスのパックロッドを求めている方におすすめのモデル。ジグ単の釣りにマッチしたソリッドティップ仕様の1本で、繊細な操作や素早いフッキングを決められるのが特徴です。

本製品は5ピースで仕舞寸法は41cm。レングスは5ft9inで、質量は64g、適合ルアーウエイトは0.2〜5g、適合ラインはPEで0.06〜0.6号が目安です。

第8位 アブガルシア(Abu Garcia) エラディケーター リアルフィネス ERFS-67SULT-ST-TZ

ウルトラライトよりもさらに柔らかいSUL(スーパーウルトラライト)パワーのアジングロッド。テーパーはスローアクションを採用しており、竿全体を曲げて魚と対峙できるのが特徴です。

レングスは6ft7inで、質量は55g。適合ルアーウエイトは0.1〜10g、適合ラインはPEで0.3号ぐらいが目安です。アジングのなかでも特に数釣りを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

第9位 テイルウォーク(tailwalk) スーパー アジスト TZ 47/TISL

激軽のジグヘッドを使いたい時に活躍してくれるアジングロッド。ソリッドティップモデルのなかでもティップ部にチタン合金を採用しており、極小なアタリを感知できるのが特徴です。

レングスは4ft7inで、テーパーはエクストラファストアクション。質量は67g、適合ウエイトはMAX3g、適合ラインはPEで0.2〜0.4号が目安です。

第10位 ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント 93/TZ NANO All-Range

アジングで使えるロングロッドを求める方におすすめの1本。メバリングなどのライトゲームはもちろん、エギングやチニング、さらにはセイゴやフッコクラスのシーバスにも対応できるモデルで、不意にかかる大物にも対応できるのが特徴です。

レングスは9ft3in、質量は90g。適合ルアーウエイトは3〜21g、適合ラインはPE0.4〜1号とかなりパワフルな仕様です。沖で回遊するアジを狙いたい方や大型の尺アジを獲りたい方はぜひチェックしておきましょう。