小さいワームでアジを釣る「アジング」は、気軽に楽しめるルアーフィッシングとして人気です。口のやわらかいアジは一般的なルアーロッドでは釣りにくいため、アジングに特化した専用ロッドがおすすめ。各釣具メーカーよりアジングに適したモデルが発売されています。

そこで今回は、初心者向けから上級者向けまで、レベルに応じたおすすめのモデルをご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

アジングロッドの選び方

長さをチェック

By: daiwa.com

アジングロッドの長さはメーカーにより「m(メートル)」か「ft(フィート)」で表示されており、モデルによって約1.7~2.5m、約5~8ftとさまざまです。初心者であれば短いほうが扱いやすくおすすめ。ただ、短い分だけ遠投性は劣るため、ルアーを遠投して沖目を狙いたいときは長いモデルを選びましょう。

重量をチェック

By: tict-net.com

アジングロッドの重さは、採用している素材や長さによって異なります。軽いモデルのほうがキャストしやすく扱いやすいですが、装着するリールとのバランスも重要です。軽いロッドに大きな番手のリールではキャストしにくく、逆に重いロッドに小さなスピニングリールを組み合わせるのもバランスが悪くなります。

初心者や子供用のアジングロッドを探しているのであれば軽いロッドがおすすめ。購入予定のリールや所有しているリールとの組み合わせに注意して選びましょう。

パワーをチェック

By: purefishing.jp

アジングでは軽いルアーやジグをキャストするため、あまり硬いロッドは適していません。各メーカーから販売されているモデルはUL(ウルトラライト)・L(ライト)・ML(ミディアムライト)の硬さが主流です。ただし、船釣り用アジングロッドにおいては、より硬くパワーのあるモデルも販売されています。

アジングでは1g以下のジグを多用するため、適合ルアー重量も要チェック。数値の低いモデルほど、軽めのジグやルアーをキャストしやすくなっています。とくに初心者の場合は、ソリッドティップを採用した穂先の柔らかいモデルがおすすめ。硬さは1g以下の軽量ジグやルアーに対応しやすい、ULかLが適しています。

穂先(ティップ)をチェック

By: daiwa.com

アジングロッドの穂先には「チューブラーティップ」と「ソリッドティップ」の2種類があります。チューブラーティップは一般的なロッドに多く採用されている、中が空洞の穂先です。太く張りがあるのが特徴で、操作性に優れています。

ソリッドティップは中が空洞ではなく詰まっているタイプで、しなやかなのが特徴。アジの小さなバイトも感じやすく、アタリが取りやすいのもポイントです。軽いジグヘッドやルアーをキャストしやすい反面、あそびが多いためコントロール性はややチューブラーティップより劣ります。

使用するリールとのバランスをチェック

By: daiwa.com

アジングロッドを選ぶ際は、セットするリールとのバランスをチェックしておきましょう。アジングロッドはソルトウォーターフィッシングで使用されるロッドのなかでは細く軽量なため、使用するリールも軽量タイプが適しています。

おすすめのリールサイズは1000~2000番。2500番以上のリールでは重く、オーバーパワーです。繊細なロッドに対して大きな番手のリールをセットすると、重心のバランスが悪くなります。キャスティング性能やジグの操作性に影響が出るため注意が必要です。

ジグ単かキャロライナリグかをチェック

By: amazon.co.jp

軽めのジグヘッドとワームを組み合わせた「ジグ単」か、ワームとシンカーの位置を離してセットする「キャロライナリグ」で攻めるかによっても適した長さが異なります。ジグ単は、おもに近場でのピンスポットを狙う釣り。操作性を求められるため、6ft前後の短めのアジングロッドが適しています。

キャロライナリグは基本的にロングキャストでアジを狙うため、7ft前後のロングロッドがおすすめです。ただし、長くなるほど遠投できる一方で操作性は悪くなるため注意が必要。とくに、初心者の場合は必要以上に長すぎないロッドを選択することが重要です。

アジングロッドのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

さまざまな釣りジャンルの製品を手がけている日本の大手釣具メーカーです。最新の技術を駆使した製品は国内外の釣り人に支持されています。

アジングに対応したライトソルトルアーロッドも多数発売。ライトソルトルアーフィッシングブランド「月下美人」を中心に、アジングロッドを開発しており、初心者からベテランまで納得の1本を探せます。

シマノ(SHIMANO)

By: rakuten.co.jp

ダイワとともに日本の大手釣具メーカーとして知られるシマノ。スポーツ自転車部品では世界最大級の企業で、釣具にも力を入れています。

多くのライトソルトルアーフィッシングに対応したモデルが発売されているほか、アジング専用ロッドも開発。とくに、細めのティップを採用した「ソアレ」シリーズは、大型のアジをキャッチできるモデルとして人気です。

メジャークラフト(Major Craft)

By: amazon.co.jp

大阪を拠点するメジャークラフトは、多くのロッド開発を手がけているブランド。ゲームフィッシングに特化した製品はリーズナブルながら扱いやすいモデルが多く、高い評価を受けています。

淡水・海水を問わず、さまざまな魚種をターゲットとしているのもポイント。アジングに対応したライトソルトゲーム用のロッドも多く展開されています。

サーティフォー(34)

By: 34net.jp

サーティフォーは、福岡県に拠点を構えている釣具・アパレルメーカー。アジング界のレジェンドである家邊氏を中心に製品の開発をおこなっており、オリジナルのアジングロッドやワームを豊富に取り扱っています。

アジングを知り尽くしたスタッフたちによって誕生するアジングロッドは、まさに専用ロッドというべきプロ仕様。軽量なジグのロングキャストを可能にし、口のやわらかいアジをバラさずに取り込める工夫をこらしています。おもに、中級者から上級者向けのモデルを多く手がけているのも特徴です。

アジングロッドのおすすめモデル|初心者向け

ダイワ(Daiwa) モバイルパック 615TLS

1本でさまざまなジャンルに対応する「テレスコピックロッド」シリーズのアジング向けモデルです。全長1.85mの5本継ぎで仕舞寸法46cmと、コンパクトに収納できるのが最大の魅力。電車や自転車での釣行、旅行先で釣りを楽しみたいシチュエーションにおすすめのモデルです。

適合ルアー重量は1~10gで、重めのジグやキャロライナリグにぴったり。買い求めやすい価格でサブロッドとしても適しています。穂先やガイドを守るトップカバーが付属しており、持ち運びや保管時に便利です。

シマノ(SHIMANO) アジングロッド ソアレ TT アジング S610LS 39926

「スパイラルX」採用のアジングロッド。ブランクス外層を斜め方向からカーボンテープで巻き、サンドイッチ状にした3層構造が特徴です。重量を増やすことなくネジレとつぶれ剛性を向上させており、シンプルな構成ながら強さと軽量化を両立させています。

全長2.08cm、硬さLでオールラウンドに使いやすく、多彩なリグを駆使してアジを攻略したい方におすすめ。ジグヘッド・スプリット・キャロライナリグ・軽量メタルジグ・プラグなど、さまざまなリグやルアーに対応可能です。

シマノ(SHIMANO) アジングロッド ソアレSS S64L-S

表面高度を高めて感度を向上させた「ブリッジライクシート」搭載のアジングロッドです。コンパクトな設計で手のひらとリールシートとの接触面を減らし、従来素材より高感度を実現しています。

アジング専用極小グリップを採用している点にも注目。キャスト時の握りやすさとリーリング時の持ち重りを軽減しており、操作性を重視したい方におすすめのモデルです。適合ルアー重量0.6~12gと、軽量ジグ単に対応可能。小刻みなアクションを可能にする「ハイレスポンスソリッド」をティップに採用しています。

メジャークラフト(Major Craft) アジングロッド 二代目ソルパラX SPX-S642AJI

従来モデルをカーボン素材から見直し、グリップ形状やガイドセッティングをリニューアルしたアジングロッドです。とくに、キャスト性と操作性にこだわって開発しており、初心者や力の弱い方におすすめ。リーズナブルな価格で中級者のサブロッドとしても適しています。

ソリッドトップの採用により、軽量ジグを難なくキャスト可能。全長6.4ftで取り回しやすく感度にも優れ、ジグ単の釣りを極めたい方にもおすすめのモデルです。

メジャークラフト(Major Craft) アジングロッド 三代目 クロステージ CRX-S562AJI

適合ルアー重量0.6~10gと、軽量ジグを駆使した釣りにおすすめのアジングロッドです。ソリッドティップ搭載で繊細な操作が可能。全長5.6ftのショートレングスを活かし、漁港や堤防の常夜灯周りをテンポよく探りたいシチュエーションに適しています。

ブランクスの1~3層に縦・横方向から繊維を巻きつけ、外層をX状に締め上げて補強した「マイクロピッチクロスフォース」を搭載。ネジレに強く、不意の大物にも対応可能です。

メジャークラフト(Major Craft) アジングロッド トリプルクロス TCX-T682AJI

ブランクスに中・高弾性カーボンを採用しているアジングロッド。ロッドの暴れやネジレを防ぐ「4軸カーボン」とカーボンテープで締め込む「クロスフォース製法」の採用と相まって、強度と柔軟性を両立させています。

ティップには張りのあるチューブラートップを搭載。キビキビとしたルアーアクションでアジを誘います。買い求めやすい手頃な価格も魅力。初心者のはじめての1本としておすすめのほか、中級者以上のサブロッドとしても適しています。

アブガルシア(Abu Garcia) アジング ロッド ソルティースタイル アジング STAS-592LS-KR

自重83gの軽量なアジングロッド。5.9ftのショートレングスを活かした、港内の常夜灯周りのピンポイント攻略に適したモデルです。適合ルアー重量0.2~5gと、軽量ジグをキャストしやすくなっています。しなやかなソリッドティップで繊細な操作がしやすく、初心者のはじめての1本としてもおすすめです。

カーボンテープをX状に巻き上げる独自ブランクス構造により、ネジレに強いのも特徴。不意の大物に対応できるパワーを備えています。軽量化した小口径ガイドで、ラインのバタつきや糸絡みを抑えているのもポイント。ライントラブルを軽減し、快適な釣りをサポートします。

アジングロッドのおすすめモデル|中級者向け

ダイワ(Daiwa) アジングロッド 月下美人 MX AJING 64.5LS-S

ブランクスに超軽量カーボン「HVFナノプラス」を採用したアジングロッドです。レジンの量を減らしてカーボン繊維の密度を高めており、高強度と軽量化を両立しています。全ガイドに軽量な「チタンフレームSiCガイド」を搭載するなど、上位機種に匹敵する仕様が魅力。安価なロッドからの買い替えにもおすすめのモデルです。

グリップの長さを徹底的に追求したショートグリップにより、防寒着の着用時に操作しやすいのも特徴。全長1.94m、硬さLでオールラウンドに使いやすくさまざまなシーンに対応します。

ダイワ(Daiwa) アジングロッド 月下美人 MX MB 610L-S-5

5本継ぎで仕舞寸法47cmのアジングロッドです。継ぎ数が多いものの、印籠継ぎの採用でスムーズな曲がりを実現しているのが特徴。ワンランク上のモバイルモデルを探している方におすすめです。専用竿袋が付属し、収納や持ち運び時に重宝します。

全長2.08m、自重67gで取り回しやすく、ジグ単やプラグを細かくコントロールしたい場面で活躍。幅広いルアーウエイトに対応すべくチューニングされた張りと粘りにより、さまざまなシーンやターゲットに対応可能です。

ダイワ(Daiwa) アジングロッド ベイト 月下美人 MX ボート 65MHB-S・K

ボートからリグを沈めてアジを狙う「バチコン」専用のアジングロッドです。ベイトリールをセットするタイプで中級者以上におすすめ。安定した棚とりとダイレクトな操作性により、深場の大型アジ狙いに適しています。

レジンの量を減らしてカーボンの密度を高めている「高密度HVFカーボン」を採用し、強さと粘りを備えた仕様。独自の高強度カーボントップ「メガトップ」はしなやかな調子で、アジに違和感なくワームをくわえさせます。

メジャークラフト(Major Craft) アジングロッド エヌワン アジソリッド NSL-S642AJI

複数のポリマーをナノメートルオーダーで分散させる技術「ナノアロイ」採用のアジングロッドです。異種ポリマーを均等に分散させた樹脂がカーボン繊維をつなぎ止める構造。高剛性と軽量性を両立した、中級者向けのおすすめモデルです。

全長6.4ftで適合ルアー重量0.6~10gと、あらゆるシチュエーションに対応可能。ソリッドティップを搭載しており、繊細なルアーアクションを可能にしています。

アブガルシア(Abu Garcia) アジングロッド Eradicator リアルフィネス ERFS-610LS-TZ

国産100%のカーボンで構成された「TAF製法」採用のアジングロッド。従来モデルと比較して20%の軽量化を実現しています。全長6.1ft、硬さLのオールラウンドに使いやすい仕様。柔軟性のあるソリッドティップ搭載で適合ルアー重量0.1~5.5gと、超軽量ジグヘッドを使用した釣りにおすすめのモデルです。

ブランクスには、パットから先端に向かって自然な傾斜を設けた「ナチュラルストレートテーパー設計」を採用。1ヵ所に負荷が集中することなく、折れにくくなっているのもおすすめポイントです。

ティクト(TICT) アジングロッド スラム EXR-64S-Sis

ジグ単用に開発された全長6.4ftのアジングロッド。細身でシャープなブランクスと極細ソリッドティップの組み合わせにより、軽量ジグヘッドを駆使したアジングにおすすめのモデルです。さまざまなシーンに対応しやすい長さで、漁港や足場の高い場所でも使いやすくなっています。

ガイドには従来のSiCリングより薄く軽い「SiC-Sリングガイド」を採用。ライン放出時の抵抗を軽減しており、快適な釣りをサポートします。高弾性カーボン採用の高反発力にも注目。素早いフッキングと粘りのある曲がりで不意の大物にも対応可能です。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) アジングロッド ブルーカレント3 711

全長242.5cmの長さがありながら、自重81gの軽量化を実現しているアジングロッドです。長さを活かし、軽量ジグヘッドをロングキャストしたいシチュエーションにおすすめ。感度にも優れており、変化のあるポイントでも情報を的確に掴みながら釣りを展開できます。

ダイワのスピニングリールなら、1000~2000番がもっともバランスのよい組み合わせ。「SiC-SステンレスKガイド」を搭載しているなど、高品質パーツを採用した仕様も魅力の1本です。

アジングロッドのおすすめモデル|上級者向け

ダイワ(Daiwa) アジングロッド 月下美人 EX AGS 711MLS-T・E

チューブラートップ採用のアジングロッドです。キャロライナリグ専用ロッドとして開発され、全長2.41mのロングレングスを活かしたロングキャストにおすすめ。軽量なキャロライナリグで海藻の上をトレースするなど、繊細なアクションが得意なハイエンドモデルです。

ガイドフレームに軽量・高剛性カーボンを採用した「AGS」を搭載。軽さによる飛距離アップとコントロール性が向上しているほか、ラインから伝わる振動をしっかりと感じ取れる高感度を実現しています。

ダイワ(Daiwa) アジングロッド 月下美人 AIR AGS AJING Y 68L-T・Y

軽量・高感度なガイドシステム「AGS」搭載のアジングロッドです。ティップのガイドには、一般的なモデルより大きめの直径4mmリングを採用。糸抜けがよく、飛距離アップに貢献しています。

高品質カーボン「HVFナノプラス」採用による、反発力の強いブランクスも特徴。ルアーをキビキビと操作したい場合におすすめのモデルです。手にフィットしやすい「エアセンサーシート」と小型EVAグリップを採用し、手のひらで包み込みやすく操作性に優れています。

シマノ(SHIMANO) アジングロッド ソアレ エクスチューン S508L-S

随所にカーボン素材を採用したハイグレードなアジングロッドです。グリップには一体成型の中空構造が特徴の「カーボンモノコックグリップ」を採用。リールシートにはカーボン強化素材「CI4+」採用の「ブリッジライクシート」を搭載しているなど、軽量・高感度が魅力のおすすめモデルです。

全長1.73mのショートロッドで、ピンポイント攻略にぴったり。強風時に極小ジグヘッドを使用したいシーンなど、釣りにくい状況で活躍します。自重60gと、力の弱い方が1日キャストし続けても疲れにくい軽さもおすすめポイントです。

サーティフォー(34) アジングロッド アドバンスメント BCR-56

アジング専門メーカーとして人気の「サーティフォー」初のモバイルロッドです。4本継ぎで仕舞寸法47.5cmと、コンパクトに収納できるのが魅力。電車や自転車釣行など、なるべく荷物を少なくしたい場合におすすめのモデルです。

適合ルアー重量0.3~3gで超軽量ジグに対応。ソリッドティップを採用しており、繊細なアクションを駆使した釣りを展開できます。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント ジグヘッドスペシャル 62/TZ NANO

ライトソルトゲーム専用シリーズ「ブルーカレント」の上位シリーズ「TZ NANO」のアジングロッドです。ブランクスに「ナノアロイ」技術を適用したスムーズな曲がりが特徴。全長1.88mで取り回しやすく、足場の悪い場所などキャストしにくい状況で活躍するおすすめモデルです。

最大3gまでのジグに対応し、ジグ単や軽量プラグの使用にぴったり。繊細なアジのアタリを捉えられる高感度を備えており、快適なアジングをサポートします。

普通のロッドをアジングロッドに代用可能?

ソルトウォーターフィッシングには魚種に特化したルアーロッドが多く、例えばイカを釣るにはエギングロッド、メバルを狙うにはメバリングロッドなど、さまざまなタイプがあります。

なかでも、アジングは軽量なジグヘッドやルアーをキャストするため、パワーのあるロッドでは投げにくく感じてしまいます。とくにスズキを狙うシーバスロッドではオーバースペックとなってしまうので、注意しましょう。

また、アジの口はやわらかいため、ティップのやわらかさも重要。重たいルアーを遠投するのに適したパワーロッドではアジの繊細なアタリを弾いてしまいます。アジングでより多くの釣果を上げたいのであれば、ほかの魚種向きのロッドよりはアジ専用に特化したアジングロッドを使用しましょう。