キャンプや登山の定番アイテムであるテント。近年流通している製品は素材や開発技術が進化して軽量化しているほか、初心者でも簡単に設営できるモデルが数多くラインナップしています。

一方で、製品の良し悪しは見た目ではなかなか判断がしづらいもの。ファミリーテントに関してはロングセラーモデルが人気なので比較的迷わないほうですが、二人用テントは居住性が確保されたものが支持されています。そこで今回は、軽量かつ設営も簡単で、居心地良好のおすすめ二人用テントをご紹介します。

二人用テントのサイズ

ay.com

長さ

大人一人が足を曲げずに就寝できる程度の長さが必要です。目安としては、荷物を置くスペースも考慮して200〜210cmあった方がよいです。

二人用テントの場合、大人二人が横に並んで余裕で就寝できる程度の幅が必要となってきます。体格などの個人差はありますが、130cm以上の幅があれば十分なスペースが確保できます。

高さ

強風対策をする場合は身長よりも低めに設計しているテント、居住性を重視する場合は身長と同程度の高さに設計されているテントを選びましょう。

使用目的を考える

キャンプ

キャンプの場合は設営場所に着いてからの使い勝手がポイントとなります。具体的には、設営のしやすさ、居住空間の広さ、耐風・耐水性を考慮しましょう。

登山

登山用テントは、軽量かつコンパクトな製品が求められます。テントだけでなく、シュラフやマット、食料などあらゆる荷物をザックの中に収納して持ち運びしなければならないので、荷造りも重要。体への負担を軽減した持ち歩き方を心得ておきましょう。

二人用テントの選び方

By: amazon.co.jp

重量

テントのパーツを大きく分けると、本体(インナーテント)、フライシート、ポールの3つですが、登山用として二人用テントを選ぶならば、重量は目安として2kg以内のものを選びましょう。

通気性

通気性をコントロールすることはテント内の快適さに影響してくるので重要。暑いシーズンは熱気を逃し、肌寒い季節はある程度暖かさをキープするなど、調節できると便利です。

また、就寝中は人間の体温と吐息によってテント内に結露ができる可能性があります。二人用テントは通気性が悪いと湿気などによる不快感も増すため、気を使うべきポイントです。

耐水圧

耐水圧とは、雨が降ったときにテント内へ水が侵入しようとするのを抑える指標。具体的には、テントの生地に1cm四方の水を積み上げていき、何mmの高さまで内部に水が侵入せずに耐えられるかを意味します。

テントの耐水圧は高ければよいというわけでなく、高すぎると逆に通気性を損ないます。一般的なキャンプ地での設営ならば、耐水圧1500〜2000mm程度の二人用テントを目安としましょう。

前室の広さ

前室の広いテントの方が、テントへの出入りがしやすいです。また、前室をフライシートで覆えば、前室を荷物置き場として活用できるので、大きなザックを外に出して室内のスペースを広々と使えます。なお、製品の図面に寸法が掲載されているので、しっかりと確認しておきましょう。

シングルウォールかダブルウォールか

シングルウォールテントは、テント本体に防水性能をもたせたもの。ダブルウォールテントは、テント本体には防水性能がなく、本体の上から防水性能を持つフライシートを被せて二重構造としたタイプのテントです。

シングルウォールは、収納がコンパクトで比較的設営の手間もかからないのが利点ですが、テント本体の通気性が低く内部に結露が発生しやすいという弱点もあります。ダブルウォールは、フライシートを被せるという1ステップがある分設営の手間はかかりますが、テント本体に通気性をもたせているので結露は比較的抑えることができます。

二人用テントのおすすめモデル

アライテント(ARAI TENT) ライペン エアライズ2

アライテントのエアライズシリーズは、3シーズンをベースとしたおすすめの二人用テント。なお、オプションのウィンターカバーを使用することで、冬季でも使用することができます。

重量は、本体、ポール、フライシートを合わせて1550g。なお、東レ独自の中空糸構造を生地に採用することで、従来モデルから機能を落とさずに約20%軽量化しています。

アライテント(ARAI TENT) トレックライズ2 34224415

大きいベンチレーターに加えて、半月型の入り口がメッシュ構造となっており、通気性を確保し快適性を向上させた二人用テントです。前室も広くとられており、テントへの出入りもしやすくなっています。重量も1680gであり、軽量性と快適性の両立を求めている方におすすめです。

アライテント(ARAI TENT) Xライズ2 310201

本体に水を弾いて蒸気を逃す特殊な素材「X-TREK™ファブリックス」を採用したおすすめモデル。通常の雨ならばフライシートなしでも快適に使用できる、シングルウォールテントです。

なお、別途フライシートを用意することで前室を広く確保できます。活用すればザックなどの大きい荷物の収納が便利になるので、購入を検討されている方は留意しておきましょう。

ダンロップ(DUNLOP) 2人用コンパクト登山テント VS20

吊り下げ式でテント初心者でも簡単に組み立てができるダンロップの二人用テント。本体とポールの接続には、スクリューフックと呼ばれる対抗する2本のフックを回転させることで行います。

前室が幅広くとられているので、出入りも気軽にできます。テントの生地には、ポリエステル素材を採用しており、雨に濡れた後でもすぐに乾く速乾性と耐久性がおすすめポイントです。

エムエスアール(MSR) ハバハバNX 37750

天井の広く、室内空間に余裕を持たせているのが特長の二人用テント。前後にスペースを設けてあるので、寝室以外の場所により多くの荷物を収納できます。

メッシュ構造の本体とキックスタンド式のベンチレーションにより、通気性を十分確保できるのもポイント。結露の発生を抑え、室内での快適性を向上させています。

エムエスアール(MSR) エリクサー2 37762

実勢価格が4万円台でコスパ良好の二人用テント。51cm幅のマットレスを2枚ぴったり入れられる幅広さ、天井の広さで室内空間に余裕があります。なお、本体の要所にメッシュを配することで通気性も良好のおすすめ製品です。

エムエスアール(MSR) カーボン リフレックス 二人用テント

軽量なカーボンポールと薄手の生地により、総重量1.0kgの二人用テント。本体には通気性の高いマイクロメッシュを採用しています。荷物を可能な限り軽量化したい方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ファル Pro.air 2 SSD-702

通常の二人用テントは本体にスリーブを通すことで骨格を作りますが、本製品はフライシートにスリーブを通すことで設営する「アウトフレーム構造」を採用しています。

フライシートにスリーブを通して自立させ、ペグダウン完了までの時間はおよそ1分30秒。本体はフライシートにトグルで吊り下げる形で接続でき、本体なしでシェルターとして使用することも可能です。

モンベル(mont-bell) ステラリッジテント 2型 本体(#1122533)+フライシート(#1122537)

多くの登山家やアウトドア愛好家から広く支持されてきたモンベルの「ステラリッジテント」。引き裂き強度と軽量性に優れた「バリスティックナイロン」という素材を採用することで、強度と軽量性を兼ね備えています。本体とフライシートを合わせた重量は2.04kgです。

スリーブ入り口を斜め構造にすることでポールを入れやすくしたり、ポールをスリーブに通すだけでスリーブエンドに固定される「オートセットアップスリーブエンド」という構造にすることで、スリーブ式の設営の煩わしさを解消しているのもポイントです。

モンベル(mont-bell) X-TREK マイティドーム 2型 1122471

軽量性・コンパクト性に優れたモンベルのシングルウォールテント。本体の生地には、通気性と透湿性の高い「X-TREK™ファブリクス」を採用しています。

テントを固定するスリーブエンドはポールを通すだけで設置できる「オートセットアップ・スリーブエンド構造」を採用。直接地面と触れる部分の摩擦を抑えているのが特長です。

ザ・ノースフェイス(The North Face) Talus 2

設営時のメインポールの形状が上から見たときにH型となっている二人用テント。天井がフラットで、室内空間にゆとりを持たせています。カラーラインナップはカスターグレイとアローウッドイエローの2種類。前室の広さと室内空間の幅広さが魅力的なおすすめアイテムです。

コールマン(Coleman) タフドーム/240 2000031569

室内空間が十分に確保でき、快適に寝れるコールマンの二人用テント。ポールの片側にアシストクリップを差し込むことで、一人でも容易に設営できるのがポイントです。テントへの出入りがスムーズで、室内で立っても窮屈さを感じない程度の高さがあるのも魅力。実勢価格も2万円以下とリーズナブルでおすすめです。

コールマン(Coleman) ツーリングドーム/LX 170T16450J

コールマンのロングセラーモデルの二人用テント。前室が広さと出入りがしやすい点が便利です。二人用テントですが、一人でも設営しやすいポールポケット式。キャンプ初心者にとっても扱いやすいので、おすすめです。

スノーピーク(snow peak) テント カマエルドーム2 SSD-360

フォトグラファーの使用を想定して開発されたスノーピークの二人用テント。前室が広く、高く設計されているので三脚をセットする際にも余裕があります。

フライシートには360度全周に窓が配置されており、どの角度からも外の情景を確認できるのもポイント。撮影目的のキャンプを考えている方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) テントランドブリーズDUO SD-210

後室に大型パネルを配置することで、テント内の室温コントロールが容易なスノーピークの二人用テント。フライシートの全周にマッドスカートを装備しているので、テント内への冷気の侵入を防ぎ、冬から春先の寒い季節での設営にも対応します。

モンベル(mont-bell) サンダードーム 2 THYM 1122529

収納時は軽量かつコンパクトにもかかわらず、広い室内空間を確保できる二人用テントです。モンベル独自のH型フレーム構造により、側面がほぼ垂直に立ち上がるので、テント内部での圧迫感を軽減しています。

また、本体前面がメッシュ生地でフライシートの前後には大型ベンチレーターを配置。通気性もよく、換気もスムーズに行えます。使い勝手のよい二人用テントを探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム2型 1122491

独自の構造で広い居住空間を確保できるモンベルの二人用テントです。4本のポールを直角に交差させ、最上部にてクロスソケットで固定するという「バーティカル・クロス・システム」を採用。トップからポールを外側に大きく張り出させるタイプなので、広い室内空間を確保できます。

また、フライシートの中間部あたりから張り綱を引くことで、前室をさらに広く確保することも可能。登山からキャンプまで幅広いシーンで活躍できる汎用性の高いおすすめの二人用テントです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) HOZ(ホズ) 2604

広々とした前後室を要しながら、軽量かつコンパクトな小川キャンパルの二人用テント。天井部に透明パネルを配置することで開放感があるのが特長です。キャンプ用としてはもちろん、フェスやツーリングと幅広いシーンで活躍してくれるおすすめの二人用テントです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ステイシーST-2 2616

吊り下げ式を採用し、通気性も良好の小川キャンパルの二人用テント。前面左右の出入り口は使い勝手のよいファスナーを採用しており、めくりやすいのがポイントです。また、前室の屋根が大きいので、前室をタープ代わりとして活用することも可能。二人用テントではありますが、ペット同伴でも扱いやすいタイプです。