キャンプや登山の定番アイテムであるテント。素材や開発技術が進化して軽量化しているほか、初心者でも簡単に設営できるモデルが数多くラインナップしています。

一方で、品質は見た目ではなかなか判断がしづらいもの。そこで今回は二人用テントのおすすめモデルをご紹介します。ぜひ自分にぴったりの製品を見つけてみてください。

二人用テントのサイズは?

二人用テントの長さ

テントはドーム型やワンポール型など仕様によって種類が分かれますが、いずれにせよ二人用テントを使用する場合は、大人一人が足を曲げずに就寝できる程度の長さが必要。

目安としては、荷物を置くスペースも考慮して200〜210cmあるモノがおすすめです。より広さを求めるのであれば寝室とリビングを兼ね備えたツールームタイプのテントも候補となりますが、二人用を考慮するとスペースを持て余す場合もあるので、設営したサイズは確認しておきましょう。

二人用テントの幅

By: dod.camp

二人用テントの場合、大人二人が横に並んで余裕で就寝できる程度の幅が必要です。体格などの個人差はありますが、130cm以上の幅があれば十分なスペースが確保できます。

なお、備品が多い場合はワンランク大きめのテントを選ぶのもアリ。調理グッズなどはテントの外に置いてもあまり問題はありませんが、キャンプ地に撮影機材を持ち込みたい方はテント内に収納することも考えれられます。移動する自動車に置くか、テント内の手元に置いておきたいかは事前に考慮しておきましょう。

二人用テントの高さ

By: amazon.co.jp

強風対策をする場合は身長よりも低めに設計しているテント、居住性を重視する場合は身長と同程度の高さに設計されているテントを選びましょう。

なお、ドーム型とワンポール型では前者の方が天井は低め。耐風性が高いのが特徴です。一方、ワンポール型は高さに余裕があるのがポイント、ただし、ペグを多く使うので、やや手間がかかり設営場所も考慮する必要があります。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

使用目的を考える

キャンプ

キャンプの場合は、設営場所に着いてからの使い勝手がポイントです。具体的には、設営のしやすさ、居住空間の広さ、耐風・耐水性を考慮して選びましょう。

登山

登山用テントは、軽量かつコンパクトな製品が求められます。テントだけでなく、シュラフやマット、食料などあらゆる荷物をザックの中に収納して持ち運びしなければならないので、荷造りも重要。体への負担を軽減した持ち歩き方を心得ておきましょう。

ツーリング

バイクは、積載物の重量や大きさが制限されています。ツーリングではテント以外にもアウトドアアイテムを持ち込むケースが多いもの。そのため、できるだけ軽量でコンパクトに収納できるモデルを選ぶのがおすすめです。

二人用テントの選び方

重量で選ぶ

By: dod.camp

テントのパーツを大きく分けると、本体(インナーテント)・フライシート・ポールの3つ。通常のキャンプサイトで二人用テントを設営するのであれば、基本的には車載することが多いので、そこまで軽量にこだわる必要はありませんが、登山用として二人用テントを選ぶならば、より軽量なモデルのほうが便利です。重量は目安として2kg以内のモノを選びましょう。

通気性で選ぶ

By: dod.camp

テント内を快適に保つには通気性をコントロールすることが重要。暑いシーズンは熱気を逃し、肌寒い季節はある程度暖かさをキープするなど、調節できると便利です。

また、就寝中は人間の体温と吐息によってテント内に結露ができる可能性があります。二人用テントは通気性が悪いと湿気などによる不快感も増すため、気を使うべきポイントです。

耐水圧で選ぶ

耐水圧とは、雨が降ったときにテント内へ水が侵入しようとするのを抑える指標。具体的には、テントの生地に1cm四方の水を積み上げていき、何mmの高さまで内部に水が侵入せずに耐えられるかを意味します。

テントの耐水圧は高ければよいというわけでなく、高すぎると逆に通気性は悪くなります。一般的なキャンプ地での設営ならば、耐水圧1500〜2000mm程度の二人用テントを目安としましょう。

前室の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

前室の広いテントの方が、テントへの出入りがしやすくおすすめです。また、前室をフライシートで覆えば、前室を荷物置き場として活用できるので、大きなザックを外に出して室内のスペースを広々と使えます。気になる方は製品の図面と寸法を確認しておきましょう。

シングルウォールかダブルウォールかで選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントは、テント本体に防水性能をもたせたモノ。一方、ダブルウォールテントはテント本体には防水性能がなく、本体の上から防水性能を持つフライシートを被せて二重構造としたタイプのテントです。

シングルウォールは、収納がコンパクトで比較的設営の手間もかからないのが利点ですが、テント本体の通気性が低く内部に結露が発生しやすいという弱点もあります。ダブルウォールは、フライシートを被せるという1ステップがあるため設営の手間はかかりますが、テント本体に通気性をもたせているので、結露は比較的抑えることが可能です。

二人用テントのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

「コールマン」は、1900年にアメリカで設立されたアウトドアの総合ブランド。キャンプなどを快適に楽しめる製品を幅広くリリースし、世界中で親しまれています。

コールマンの二人用テントは、機能性に優れているのが特徴です。通気性や防水性の高さはもちろん、テントの随所にコールマンならではの工夫が加えられています。

レトロなモデルやスタイリッシュなモデルなど、デザインの幅が広いのもおすすめのポイント。また、簡単に設営できる製品が多いため、キャンプ初心者にも人気があります。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に大阪市で創立したアウトドアの総合ブランド。青春時代を山一筋で過ごし、のちにトップクライマーとなった辰野勇氏が創業しました。登山用品のブランドとしてスタートしましたが、現在ではキャンプ用品など幅広いアイテムをリリースしています。

モンベルの二人用テントは、キャンプやツーリング、登山向けなどラインナップが豊富なのが特徴です。軽量・コンパクトを追及したモデル、居住性の高さを重視したモデルなど、アウトドアシーンに応じた二人用テントを選びやすいのもおすすめのポイント。

日本を代表するアウトドアブランドのひとつで、日本の風土に合った二人用テントを数多くラインナップしています。

アライテント(ARAI TENT)

By: amazon.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本のアウトドアメーカー。主な製品は、創業者の新井睦氏をはじめとする職人が日本国内で丁寧に手作りしています。テントやザックなど高品質な製品をリリースし、登山上級者にも人気がある老舗メーカーです。

アライテントの二人用テントは、主に登山向けに製造されています。しかし、前室や居住スペースに余裕があるため、キャンプやツーリング用としてもおすすめです。冬の登山など厳しい条件でもストレスがないように、簡単に設営できる工夫が加えられています。

二人用テントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) ツーリングドームLX 170T16450J

コールマン(Coleman) ツーリングドームLX 170T16450J

高く解放感のある前室が付いた二~三人用のドームテントです。荷物や靴は前室に置いておけるのに加え、使用時のサイズは約210×180×110cmと広めなので、快適な居住スペースを確保できます。また、耐水圧は約1500mmと高く、PU防水、撥水加工を施しているので突然の雨に降られてしまっても安心です。

そのほか、フライシートには「UVPRO」加工を採用しており、紫外線によるテント生地へのダメージを防げるのも魅力。さらに、テントの前面と背面にメッシュドアを設けているため、通気性も良好です。重量は約5.6kg、収納サイズは約24×60cmと軽量かつコンパクトなので、登山やツーリングシーンにぴったり。インナーに設けたポケットにポールを通し、フライシートを被せるだけで簡単に設営できるおすすめのテントです。

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト 2

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト 2

主寝室と土間の2ルームで構成された二人用テントです。主寝室は奥行120×間口210×高さ108cm、土間は奥行60×入口の幅112cmとゆったりサイズで作られているため、贅沢にくつろげます。

また、フライシートの開口部は大きく開けられるのもポイント。開放的なテラスで調理を楽しんだり、閉鎖して荷物を隠しておいたりと使用シーンに応じて活用できます。

さらに、重量2kg、収納時サイズ44×20cm(フレーム38cm)の軽量コンパクト設計で、楽々持ち運べるのも魅力。快適な居住空間を手軽に作り出せるおすすめのアイテムです。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 4型

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 4型

長さ約240×幅210×高さ123cmと解放感のあるスペースで、大きな体格の方でも二人以上でゆったりと寝られるテントです。ポールを直角に交差させる「バーティカル・クロス・システム」を採用することで、広い居住空間を確保しています。

また、ポールとソケットをショックコードで繋げているため、簡単に素早く設営・撤収ができるのもポイント。さらに、フライシートから張り綱を引くことで広々とした前室と後室を設けているため、荷物の置き場所にも困りません。

そのほか、前後にある入口の全面にメッシュ地と本体生地の二重構造を採用しており、ジッパーで開閉することで通気性をコントロールできるのも魅力。優れた機能性を備えたおすすめのテントです。

ネイチャーハイク(NatureHike) Cloud-Upシリーズ 2人用テント

ネイチャーハイク(NatureHike) Cloud-Upシリーズ 2人用テント

重量1.2kg、収納サイズ長さ40×幅13×高さ13cmと軽量コンパクトな二人用テントです。20Dのダブルステッチナイロン生地を採用することで、4000mmと耐水圧は高め。防水、撥水加工も施されており、強い雨が降るシーンでも安心して活用できます。

また、高強度のアルミ合金ポールと太目アルミペグ、可調節絞り編み張り縄でしっかりとテントを固定できるため、耐風性と安定性も良好。インナーテントには「B3高密メッシュ」を採用しているので、通気性もよく快適に過ごせます。

さらに、テント内上部には小物収納用ポケットを設けており、スマホや鍵、財布などの小物を収納できるのも魅力。簡単に携帯できるほか、悪天候にも対応できるので、登山にぴったりのアイテムです。

ネイチャーハイク(NatureHike) Hibyシリーズシリーズ 2~3人用テント

ネイチャーハイク(NatureHike) Hibyシリーズシリーズ 2~3人用テント

長さ110cmの広いタープスペースが付いた二~三人用テント。大きな荷物やキャンプ道具のほか、自転車などが置けるのも特徴です。フロアスペースは長さ200×幅163cmとしっかり確保されているので、ゆったりと就寝できます。

また、撥水、防水加工を施しているのに加え、縫い目からの浸水を防ぐ「防水ダブルステッチ」を採用。雨の日でも安心して使用できるのもポイントです。

約3000mmと高い耐水圧を備えているにも関わらず、天井の両側に通気窓を設けているので、通気性も良好。アルミ合金素材をメインポールに用いることで強風にも対応できます。トータルバランスに優れたテントを探している方におすすめです。

Azarxis テント

Azarxis テント

冬キャンプに欠かせない「スノースカート」が付いた二人用テントです。スノースカートとは冷たい風の侵入を防いでくれるアイテムで、本製品の場合は前後のドアと側面の換気窓で通気性をコントロールすることが可能。季節を問わず、快適に活用できます。

また、前後のドアには「防虫専用メッシュ」を採用することで、風通しのよさをキープしたまま防虫対策ができるのもポイント。そのほか、「UVカット」加工が施されており、テントを紫外線ダメージから守れます。

さらに、前室が付いているため、荷物や靴などを置いておくスペースをしっかりと確保できるのも魅力。テント内にランタンを吊るせる「ランタンフック」や小物を入れられる収納ポケットも付いています。実用性が高いおすすめのテントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロ ツーリングテントUV M-3119

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロ ツーリングテントUV M-3119

軽量コンパクト設計で楽々持ち運べる、ツーリングにぴったりの二人用テントです。携帯性に優れていながら、居住性も良好。フロアスペースが長さ210×幅130cmと広いため、ゆったりと就寝できるのが特徴です。

1mmのメッシュ生地とベンチレーションを採用することで通気性も良好。また、紫外線を約95%カットできると謳う「UV-PROTECTIONコーティング生地」を用いているため、テントの耐久性をキープできるのもポイントです。

そのほか、フライシートの前室後室を荷物置き場にできるので、居住スペースを最大限に活用できます。さらに、小物を収納できるメッシュポケットが装備されているのも魅力。リーズナブルな価格帯ながら使い勝手のよいおすすめの二人用テントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア アルミツーリングドーム2UV UA-2

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア アルミツーリングドーム2UV UA-2

優れた防水性と通気性を兼ね備えた二人用テントです。PU2000mmの防水加工を施した「ポリエステル150D生地」を使用しているのに加え、縫製部分には水の染み込みを防ぐ「シームレス加工」を採用。強い雨からテントをしっかりと守ってくれます。また、インナーテントはメッシュ素材なので、風通しも良好です。

前室の幅は90cmと広めに確保されているため、荷物置きスペースとして快適に活用できるのも魅力。さらに、重量3.5kg、収納時のサイズ50×14×14cmと軽量かつコンパクトなので、荷物がかさばりがちなツーリングシーンに重宝します。大きなU字型の入口から簡単に出入りできる、おすすめのアイテムです。

ノースイーグル(North Eagle) イーグルミニドーム200III NE1212

ノースイーグル(North Eagle) イーグルミニドーム200III NE1212

価格が1万円以下とリーズナブルな二~三人用のテントです。安価にも関わらず、200×200cmの広々とした就寝スペースが確保されており、快適に過ごせます。

また、耐水圧も1500mmと良好なので、雨に降られても安心。インナーテントには開閉できるメッシュ天井を採用し、背面に大型のベンチレーションを装備しているため通気性にも優れています。

さらに、2本のポールで立ち上げられるシンプルな構造なので、初心者でも簡単に設営できるのも魅力。重量約3.5kgで楽々携帯でき、さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれるおすすめのアイテムです。

エムエスアール(MSR) ハバハバNX 37750

エムエスアール(MSR) ハバハバNX 37750

実用性が高い二人用テントです。ポールを幾何学的な形状にすることで、長さ213×幅127cmのゆったり就寝できるフロアスペースを実現しています。

また、76cmと広めの前室が二つ確保されており、居住空間を邪魔することなくたくさんの荷物を置けるのもポイント。なお、前室の入口は床から途中まで巻き上げられるロール式なので、通気性のコントロールも可能です。

そのほか、長期に渡り強力な皮膜を形成する「デュラシールドコーティング」、縫い目からの浸水を防ぐ「防水シーム」「雨どい」を採用することにより、どんな天候でも優れた撥水・防水効果を発揮。さらに、軽く耐久性の高い2Dナイロン生地や、7mm幅のウェビングなどの軽量性に優れた材質を用いることで、総重量を減らしています。

重量約1.72kg、収納サイズ46×15cmで楽々持ち運べる、登山シーンにおすすめの二人用テントです。

エムエスアール(MSR) エリクサー2 37762

エムエスアール(MSR) エリクサー2 37762

軽量さと設営の簡単さで初心者にぴったりの二人用テントです。軽い生地を採用しているため、総重量はわずか2.66kg。楽々持ち運べるのに加え、色分けされたポール、クリップ、ウェビングを用いており、ストレスなく設営することができます。

また、フライシートの耐水圧は1500mm、フロア部分は3000mmと防水性能も良好。2ヶ所設けられた前室には、雨どいも付いています。

クロスさせたポールの頂点にさらにポールを配置することで、頭上とサイドにスペースを設けて強度と居住性を高めているのもポイント。長さ213×幅127cmと広々したフロアスペースで、ゆったり就寝できます。

さらに、メッシュと生地がバランスよく配置されているため、通気性がよく快適に過ごせるのも魅力。テントの底面を守る「フットプリント」も付属したおすすめのアイテムです。

ディーオーディー(DOD) パップフーテント T2-540-TN

ディーオーディー(DOD) パップフーテント T2-540-TN

二重のキャノピー構造で、広いタープスペースを確保した二人用テントです。キャノピーは2パターンの角度を使い分けられるのが特徴。好みの角度で日差しを遮りながら風通しのよい開放的な空間を作り出せるほか、キャノピーを閉じれば一般的なテントとしてプライベート空間を確保できます。

寝室スペースの入口全面と背面の一部にメッシュを採用しているので、通気性に優れているのも魅力。また、燃えにくいポリコットン生地を採用しているため、テントの近くで焚き火やBBQも楽しめます。

さらに、コンプレッション機能が付いた専用バッグの中に直径19×長さ56cmとコンパクトに収納できるので、持ち運びも簡単。汎用性の高いおすすめのテントです。

ディーオーディー(DOD) ワンタッチテント T2-29

ディーオーディー(DOD) ワンタッチテント T2-29

誰でも簡単に設営できる二人用テント。テントを地面に広げ、テント上部のロープを引っ張るだけで瞬時に設営できます。収納する際は畳んで丸めるだけなので、アウトドア初心者にもぴったりです。

また、シングルウォール構造で重量は約2.8kgと軽く、長さ65 ×直径1.5cmとコンパクトにまとまるのもポイント。さらに、生地の耐水圧は1500mmと突然の雨にもしっかり備えられるのにも関わらず、テント上部にメッシュ地のベンチレーターを、後面に開閉可能なメッシュ窓を設けることで通気性もばっちり。テント内部に取り付けられた二つの「インナーポケット」に小物も収納できるおすすめのアイテムです。