キャンプや登山の定番アイテムである「テント」。素材や開発技術が進化して軽量化しているほか、初心者でも簡単に設営できるモデルが数多くラインナップされています。また、最近はソロキャンプだけでなく、カップルでキャンプを楽しむ方が増えているのも特徴です。

そこで今回は、二人用テントのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説するので、ぜひ自分にぴったりの製品を見つけてみてください。

二人用テントのサイズは?

二人用テントの長さ

テントはドーム型やワンポール型など仕様によって種類が分かれますが、二人用テントを使用する場合は、大人一人が足を曲げずに就寝できる程度の長さが必要です。

目安としては、荷物を置くスペースも考慮して200〜210cmあるモノがおすすめ。より広さを求めるのであれば、寝室とリビングを兼ね備えたツールームタイプのテントも候補ですが、二人用を考慮するとスペースを持て余す場合もあるため、設営後のサイズは確認しておきましょう。

二人用テントの幅

By: amazon.co.jp

二人用テントの場合、大人二人が横に並んで余裕で就寝できる程度の幅が必要です。体格などの個人差はありますが、130〜200cmの幅があれば十分なスペースが確保できます。

なお、備品が多い場合はワンサイズ大きめのテントを選ぶのもおすすめ。調理グッズなどはテントの外に置いてもあまり問題はありませんが、キャンプ地に撮影機材などを持ち込みたい方はテント内に収納することも考えられます。移動する自動車に置くか、テント内の手元に置いておきたいかは事前に考慮しておきましょう。

二人用テントの高さ

By: amazon.co.jp

強風対策をする場合は身長よりも低めに設計されているテントを、居住性を重視する場合は身長と同程度の高さに設計されているテントを選びましょう。

なお、ドーム型はワンポール型より天井が低く、耐風性が高いのが特徴です。一方、ワンポール型は高さに余裕があるのがポイント。ただし、ペグを多く使うので、やや手間がかかり設営場所も考慮する必要があります。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

使用目的を考える

キャンプ

キャンプの場合は、設営場所に着いてからの使い勝手を要チェック。具体的には、設営のしやすさや居住空間の広さ、耐風・耐水性を考慮して選ぶようにしましょう。特にツールームテントや、前室が広めのモデルを選ぶと、雨天時などでもスペースを確保できて便利です。

登山

登山用テントは、軽量かつコンパクトな製品が求められます。テントだけでなく、シュラフやマット、食料などあらゆる荷物をザックの中に収納して持ち運びしなければならないので、荷造りも重要。体への負担を軽減した持ち歩き方もあわせてチェックしてみてください。

ツーリング

バイクは、積載物の重量や大きさが制限されています。ツーリングでは、テント以外にもアウトドアアイテムを積載する必要があるため、できるだけ軽量でコンパクトに収納できるモデルを選ぶのがおすすめです。

二人用テントの選び方

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

テントのパーツを大きく分けると、本体(インナーテント)・フライシート・ポールの3つに分かれます。通常のキャンプサイトで二人用テントを設営するのであれば、基本的には車載することが多いため、そこまで軽量にこだわる必要はありません。しかし、登山やツーリング用として二人用テントを選ぶなら、より軽量なモデルのほうが便利です。重量は2kg以内のモノを目安に選んでみてください。

通気性で選ぶ

By: amazon.co.jp

テント内を快適に保つには、通気性をコントロールすることが重要。暑いシーズンは熱気を逃し、肌寒い季節はある程度あたたかさをキープするなど、自由に調節できると便利です。

また、就寝中は人間の体温と吐息によってテント内に結露ができる可能性があります。二人用テントは通気性が悪いと、湿気などによって不快感も増すため、ぜひチェックしておきましょう。

耐水圧で選ぶ

耐水圧とは、雨が降ったときにテント内へ水が侵入しようとするのを抑える指標。具体的には、テントの生地に1cm四方の筒を置いて水を足していき、何mmの高さまで内部に水が侵入せずに耐えられるかを意味します。

テントの耐水圧は高ければよいわけでなく、高すぎると逆に通気性が悪くなるので注意が必要。一般的なキャンプ地での設営なら、耐水圧1500〜2000mm程度の二人用テントを目安としましょう。

前室の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

前室の広いテントの方が、テントへの出入りがしやすいのでおすすめです。また、前室をフライシートで覆えば前室を荷物置き場として活用できるため、大きなザックを外に出して室内のスペースを広々と使えます。気になる方は製品の図面と寸法を確認しておきましょう。

シングルウォールかダブルウォールかで選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントは、テント本体に防水性能をもたせたモノ。一方、ダブルウォールテントはテント本体に防水性能がなく、本体の上から防水性能を持つフライシートを被せて二重構造としたタイプのテントです。

シングルウォールは、収納がコンパクトで比較的設営の手間もかからないのが利点ですが、テント本体の通気性が低く、内部に結露が発生しやすい弱点もあります。ダブルウォールは、フライシートを被せる1ステップがあるため設営の手間はかかりますが、テント本体に通気性をもたせているので、結露は比較的抑えることが可能です。

二人用テントのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: rakuten.co.jp

「コールマン」は、1900年にアメリカで設立されたアウトドアの総合ブランド。キャンプなどを快適に楽しめる製品を幅広く展開し、世界中で親しまれています。

コールマンの二人用テントは、機能性に優れているのが特徴です。通気性や防水性の高さはもちろん、テントの随所にコールマンならではの工夫が加えられています。

レトロなモデルやスタイリッシュなモデルなど、デザインの幅が広いのもポイント。また、簡単に設営できる製品が多いため、キャンプ初心者にも人気です。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に大阪市で創立したアウトドアの総合ブランド。青春時代を山一筋で過ごし、のちにトップクライマーとなった辰野勇氏が創業しました。登山用品のブランドとしてスタートしましたが、現在ではキャンプ用品など幅広いアイテムを展開しています。

モンベルの二人用テントは、キャンプやツーリング、登山向けなどラインナップが豊富なのが特徴。軽量コンパクトを追及したモデルや、居住性の高さを重視したモデルなど、アウトドアシーンに応じた二人用テントを選びやすいのもポイントです。日本の風土に合った二人用テントを数多くラインナップしています。

アライテント(ARAI TENT)

By: amazon.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本のアウトドアブランド。主な製品は、創業者の新井睦氏をはじめとする職人が日本国内で丁寧に手作りしています。テントやザックなど高品質な製品を展開しており、登山上級者にも人気がある老舗ブランドです。

アライテントの二人用テントは、主に登山向けに製造されていますが、前室や居住スペースに余裕があるため、キャンプやツーリング用としてもおすすめ。冬の登山など厳しい条件でもストレスがないように、簡単に設営できる工夫が加えられています。

二人用テントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) ツーリングドーム LX 170T16450J

名前の通りバイクでのツーリングにおすすめの二人用テントです。室内高は約110cmと必要最小限なものの、約210×180cmのフロアサイズを確保しているのが特徴。二人でゆったりとくつろいだり眠ったりすることが可能です。また、前室を備えているため脱いだブーツや荷物を置くのに重宝します。

ポールポケットを備えているのも本モデルの特徴。一人でも設営がしやすいよう、ポールの片方をポケットで保持できる便利な機能です。ソロでのキャンプツーリングにも気軽に出かけられます。

フライ・フロアシートともに耐水圧1500mmのポリエステル生地を採用。しっかりとした防水性能を備えているので、雨の日でも安心してキャンプができます。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 2型

モンベル独自の「バーティカル・クロス・システム」を採用した製品です。ポールを直角にクロスさせて立ち上げることで、広い居住空間を確保できるのが特徴。キャンプをはじめトレッキングやキャンプツーリングなど、幅広い用途で活躍する二人用テントです。

3シーズンに対応しているため、雪のない時期であれば登山などにも使えます。ショックコードでポールとソケットが一体になっているのも本モデルの特徴。設営や撤収がスピーディーにおこなえるので重宝します。日没間際に目的地へ到着するようなシーンでも慌てる心配はありません。

大型のメッシュ窓を2箇所に設けているため通気性は良好。暑い季節でも涼しい外気を取り入れながら、快適に過ごすことが可能です。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ 2

登山やトレッキングなど、徒歩で移動するキャンプにおすすめの二人用テントです。テント生地に東レが開発した中空素材「ファリーロ」を採用しているのが特徴。本体・フレーム・フライシートを合わせても1550gと非常に軽量なため、体に負担がかかりにくく楽に持ち運べます。また、本体収納サイズが直径15×30cmとコンパクトなので、パッキングも容易です。

設営がしやすいのも本モデルの特徴。切れ目のないフレームスリーブを採用しているため、フレームを通す作業がスムーズにおこなえます。フライシートの取り付けもクイックリリースバックルでワンタッチで完了。携帯性と機動性を重視する方はぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミツーリングドーム2UV UA-2

前後2箇所に大きな前室を備えた二人用テントです。二人分の靴や荷物がしっかりと収納できるため、就寝中に降る雨や夜露で濡れる心配はありません。フライとグランドシートには耐水圧2000mmのポリエステル生地を採用しており、多少強い雨に見舞われても安心して就寝することが可能です。

ポールには丈夫で軽量な7001ジュラルミン素材を使用していますが、本体重量が約3.8kgと若干重めなので登山よりもツーリングキャンプやオートキャンプにおすすめします。出入り口には逆U字型のドアを採用。大型のため出入りがしやすいだけでなく通気性も良好です。雨の日でもフライシートのフラップを巻き上げておけば、新鮮な外気を取り込めるため快適に過ごせます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロツーリングテントUV M-3119

ツーリングキャンプにおすすめのモデルです。約40×16×16cmとコンパクトに折りたたむことが可能。ほかの荷物の邪魔になりにくく、バイクへの積載がしやすい二人用テントです。紫外線を95%カットすると謳われている「UV-PROTECTIONコーティング生地」を採用しているため、強い日差しの下でも快適に過ごせます。

インナーテントの天井部にはメッシュを配置。フライシートにベンレーションを備えているので、室内の湿った空気を効率的に排出できます。さらに、フライとインナーの間には80mmのスペースを確保するなど、結露しにくい構造を採用しているのも本モデルの特徴です。

スノーピーク(snow peak) アメニティドーム S SDE-002RH

風の強い場所でも快適に使える二人用テントを探している方におすすめのモデルです。低く抑えた全高と丸みを帯びたデザインを採用しており、テントに吹き付ける風をスムーズに受け流すことが可能。風圧によるフレームの破損が防ぎやすいため長期間愛用できます。

生地のすべての箇所で耐水圧が最低1800mmと優れた防水性能を備えているのも本モデルの特徴です。長雨の続く季節でも安心して使用できます。

大きな前室を搭載しているのもポイントです。荷物が置けるだけでなくフロントパネルを跳ね上げればキャノピーにもなるため、食事をとったり休憩したりと重宝します。ただし、キャノピーポールは別売なので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

スノーピーク(snow peak) ファル Pro.air 2 SSD-702

山岳登山におすすめの二人用テントです。本体とフレームを合わせた重さが、約1710gと非常に軽量なのが特徴。約直径17×33cmの本体ケースと約11×50cmのフレームケースに分けて収納できるため、リュックに取り付けて容易に移動できます。

フライとボトムシートには最低耐水圧1500mmの生地を使用しており、急な天候の変化にもしっかりと対応することが可能です。吊り下げ式のインナーテントを採用しているのもポイント。雨の日でも設営や撤収がしやすいほか、インナーを取り外せばシェルターとしても利用できるなど便利に使えます。

ディーオーディー(DOD) ライダーズバイクインテント T2-466

バイクが収納できる大型キャノピーを備えた製品です。リビング・寝室どちらのエリアからでもバイクを眺めることが可能。ツーリングキャンプを楽しむバイク好きの方におすすめの二人用テントです。

「ワンタッチシステム」を採用しているのも本モデルの特徴。設営はもちろん撤収作業も短時間でおこなえます。目的地への到着が夜になったり、出発が朝早かったりしても慌てずに対応できるので便利です。

オガワ(ogawa) タッソ 2726000080

日本の老舗テントブランド「ogawa」が販売する、ワンポールタイプの二人用テントです。伸縮式のメインポールを採用しており、195・220・250cmと高さを変えて設営することが可能。天井高が欲しいときや広いフロアが必要な場合など、シーン合わせて変化させたい方におすすめのモデルです。

高さに応じてロープの数は6・7・8本と変わりますが、付属のガイドシートを使って簡単にセットできます。巻き上げ式のスカートを備えているのも本モデルの特徴。日差しや雨を避けながら快適に過ごせるリビングエリアが簡単に作れます。非常に柔軟な使い方のできる製品です。

ヒルバーグ(HILLEBERG) アナリス

By: hilleberg.jp

軽さと通気性のよさに優れている二人用テント。トレッキングポールを使用するクラシカルなタイプで、登山やハイキングでの設営で使いやすいのが特徴です。

サイズとしては幅290×高さ105×奥行200cmと天井の高さはあまりありませんが、収納時の総重量は1.4kgと軽量。内部はややタイトめながら、玄関スペースも用意でき、出入りも比較的スムーズに行えます。軽装を重視したい方はぜひチェックしておきましょう。

エムエスアール(MSR) エリクサー2

設営が簡単かつ耐久性の高いおすすめの二人用テント。ドーム型で、キャンプ初心者の方でも安心して組み立てられるほか、長く使い続けられるのが特徴です。

仕様としては2本のポールをそれぞれアーチ状にしてクロスさせ、2ヵ所で交差。さらに、天井部に短いポールをセットして箱型にすることで、より安定性と移住空間の確保ができるようになっています。

サイズは幅279×高さ102×奥行213cm。収納時は51×17cmで、総重量は2.77kgとなっています。十分な機能性を備えながら価格は比較的控えめなので、コスパ重視で二人用テントを選びたい方にもおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント 150

紐を引くだけで簡単に組み立てられるワンタッチ式の製品です。面倒な設営作業が短時間でおこなえる初心者の方におすすめの二人用テント。重さも約2.8kgと軽量なので持ち運びも簡単です。

コンパクトなため、自宅の子供部屋などに設営することも可能。気軽にキャンプ気分を味わえます。小物ポケット・天上棚・ランタンフックなど、あると便利な機能も充実しています。

フェザーストーン(Featherstone) 2人用ツーリングテント

暑い季節でも快適に過ごせる二人用テントが欲しい方におすすめのモデルです。フルメッシュ仕様のインナーテントを採用しているのが特徴。不快な害虫の侵入を防ぎつつ、涼しい外気をたっぷりと取り込めます。また、フライシートの2箇所にはベンチレーターを配置しているため、雨の日でも通気性は良好です。

コンパクトながら2つの前室を備えているのも本モデルの特徴。二人分の靴や荷物が置けるので室内を広々と使用することが可能です。フライとグランドシートには耐水圧は3000mmの生地を採用しています。

慣れている方であれば4分ほどで組み立てられる手軽さもポイントです。

ギアトップ(Geer Top) 二人用テント

オールシーズン使える二人用テントです。フライシートの全周にスカートを備えているのが特徴。晩秋から冬にかけてのキャンプでも、冷たい風の侵入が防げるので重宝します。ベンチレーションを2箇所に配置しているため、結露が発生しにくく快適な室内環境を維持することが可能です。

本体前後には大型のドアを搭載。出入りがしやすいだけでなく、新鮮な外気もしっかりと取り込めます。前室や天井収納ポケットも備えているなど使い勝手のよいモデルです。

Moon Lence 二人用テント

気軽に購入できる安い価格が魅力のモデルです。気軽にキャンプを楽しみたい初心者の方におすすめの二人用テント。約2.7kgと軽量で簡単に持ち運べるため、ピクニックなどの休憩場所としても重宝します。2本のポールをフロアに固定し、インナーテントを吊すだけで容易に組み立てることが可能です。

ただし、生地の耐水圧は1000mmと防水性はあまり高くありません。トップに被せる小さなフライシートで多少の雨はしのげますが、基本的には天候が安定している時期の使用がおすすめです。