キャンプや登山の定番アイテムであるテント。素材や開発技術が進化して軽量化しているほか、初心者でも簡単に設営できるモデルが数多くラインナップしています。

一方で、製品の良し悪しは見た目ではなかなか判断がしづらいもの。そこで今回は、おすすめの二人用テントと選び方をご紹介。記事を参考に、自分にぴったりの製品を見つけてみてください。

二人用テントのサイズは?

二人用テントの長さ

二人用テントを使用する場合は、大人一人が足を曲げずに就寝できる程度の長さが必要。目安としては、荷物を置くスペースも考慮して200〜210cmあるモノがおすすめです。

二人用テントの幅

By: amazon.co.jp

二人用テントの場合、大人二人が横に並んで余裕で就寝できる程度の幅が必要です。体格などの個人差はありますが、130cm以上の幅があれば十分なスペースが確保できます。

二人用テントの高さ

By: amazon.co.jp

強風対策をする場合は身長よりも低めに設計しているテント、居住性を重視する場合は身長と同程度の高さに設計されているテントを選びましょう。

使用目的を考える

キャンプ

キャンプの場合は、設営場所に着いてからの使い勝手がポイントです。具体的には、設営のしやすさ、居住空間の広さ、耐風・耐水性を考慮して選びましょう。

登山

登山用テントは、軽量かつコンパクトな製品が求められます。テントだけでなく、シュラフやマット、食料などあらゆる荷物をザックの中に収納して持ち運びしなければならないので、荷造りも重要。体への負担を軽減した持ち歩き方を心得ておきましょう。

ツーリング

バイクは、積載物の重量や大きさが制限されています。ツーリングではテント以外にもアウトドアアイテムを持ち込むケースが多いもの。そのため、できるだけ軽量でコンパクトに収納できるモデルを選ぶのがおすすめです。

二人用テントの選び方

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

テントのパーツを大きく分けると、本体(インナーテント)・フライシート・ポールの3つですが、登山用として二人用テントを選ぶならば、重量は目安として2kg以内のモノを選びましょう。

通気性で選ぶ

By: amazon.co.jp

通気性をコントロールすることはテント内の快適さに影響してくるので重要。暑いシーズンは熱気を逃し、肌寒い季節はある程度暖かさをキープするなど、調節できると便利です。

また、就寝中は人間の体温と吐息によってテント内に結露ができる可能性があります。二人用テントは通気性が悪いと湿気などによる不快感も増すため、気を使うべきポイントです。

耐水圧で選ぶ

耐水圧とは、雨が降ったときにテント内へ水が侵入しようとするのを抑える指標。具体的には、テントの生地に1cm四方の水を積み上げていき、何mmの高さまで内部に水が侵入せずに耐えられるかを意味します。

テントの耐水圧は高ければよいというわけでなく、高すぎると逆に通気性を損ないます。一般的なキャンプ地での設営ならば、耐水圧1500〜2000mm程度の二人用テントを目安としましょう。

前室の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

前室の広いテントの方が、テントへの出入りがしやすくおすすめです。また、前室をフライシートで覆えば、前室を荷物置き場として活用できるので、大きなザックを外に出して室内のスペースを広々と使えます。なお、製品の図面に寸法が掲載されているので、しっかりと確認しておきましょう。

シングルウォールかダブルウォールかで選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントは、テント本体に防水性能をもたせたモノ。一方ダブルウォールテントは、テント本体には防水性能がなく、本体の上から防水性能を持つフライシートを被せて二重構造としたタイプのテントです。

シングルウォールは、収納がコンパクトで比較的設営の手間もかからないのが利点ですが、テント本体の通気性が低く内部に結露が発生しやすいという弱点もあります。ダブルウォールは、フライシートを被せるという1ステップがある分設営の手間はかかりますが、テント本体に通気性をもたせているので結露は比較的抑えることが可能です。

二人用テントのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

「コールマン」は、1900年にアメリカで設立されたアウトドアの総合ブランド。キャンプなどを快適に楽しめる製品を幅広くリリースし、世界中で親しまれています。

コールマンの二人用テントは、機能性に優れているのが特徴です。通気性や防水性の高さはもちろん、テントの随所にコールマンならではの工夫が加えられています。

レトロなモデルやスタイリッシュなモデルなど、デザインの幅が広いのもおすすめのポイント。また、簡単に設営できる製品が多いため、キャンプ初心者にも人気があります。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に大阪市で創立したアウトドアの総合ブランド。青春時代を山一筋で過ごし、のちにトップクライマーとなった辰野勇氏が創業しました。登山用品のブランドとしてスタートしましたが、現在ではキャンプ用品など幅広いアイテムをリリースしています。

モンベルの二人用テントは、キャンプやツーリング、登山向けなどラインナップが豊富なのが特徴です。軽量・コンパクトを追及したモデル、居住性の高さを重視したモデルなど、アウトドアシーンに応じた二人用テントを選びやすいのもおすすめのポイント。

日本を代表するアウトドアブランドのひとつで、日本の風土に合った二人用テントを数多くラインナップしています。

アライテント(ARAI TENT)

By: amazon.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本のアウトドアメーカー。主な製品は、創業者の新井睦氏をはじめとする職人が日本国内で丁寧に手作りしています。テントやザックなど高品質な製品をリリースし、登山上級者にも人気がある老舗メーカーです。

アライテントの二人用テントは、主に登山向けに製造されています。しかし、前室や居住スペースに余裕があるため、キャンプやツーリング用としてもおすすめです。冬の登山など厳しい条件でもストレスがないように、簡単に設営できる工夫が加えられています。

二人用テントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) ツーリングドームLX 170T16450J

2~3人用のドームテントで、使用時のサイズは約210×180×110cm。居住スペースに余裕があり、就寝時も快適に過ごせます。前室が高い設計で、開放感があるのもポイント。ポールポケットにポールを通してフライシートを被せれば、簡単に設営できます。

耐水圧は約1500mm、防水・撥水の加工を施しているので雨の日でも安心です。また、「UVPRO」生地を採用しており、紫外線によるテントの劣化を軽減できるのも魅力。

前面と背面にメッシュドアがあるため、通気性がよくテントの両面から出入りできるのも便利です。収納時には直径約24×60cmとコンパクトにまとまるので、キャンプやツーリングの二人用テントとしてもおすすめです。

コールマン(Coleman) タフドーム/240 2000031569

インナーサイズが約240×240×160cmの広々とした二人用テントで、天井が高いため圧迫感がなく、着替えもスムーズにできます。後室を作れるため、前室で調理や食事するときも荷物置き場を確保できるので便利です。

ピンとポールが外れにくいアシストクリップを採用し、一人で簡単に設営できるのも魅力。サークルベンチレーション機能により、夏でもテント内で快適に過ごせます。

また、風速20mの強風にも耐えられ、耐水圧が約2000mmのため雨にも強い構造です。コードの引き出し口やランタンハンガーを設けるなど、キャンプを便利にする工夫も加えられています。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 2型 1122491

モンベル独自の「バーティカル・クロス・システム」構造で、広い居住空間を実現した二人用テント。4本のポールをテント上部で交差させ、広々としたスペースを確保しています。全てのポールとソケットはショックコードで一体化し、素早く設営・撤収できるのが魅力です。

入口前面と対面上部はメッシュと本体素材の二重構造で、フライトシートには前後2ヶ所にベンチレーターを設置しています。効率的にテント内を換気でき、通気性が高いのも魅力。専用のスタッフバッグ付きでコンパクトに収納できるため、ツーリング時の二人用テントとしてもおすすめです。

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト2

主寝室と土間のツインルームで構成された、贅沢な二人用テント。フライシートは大きく開けるので、昼間は開放的なテラスとして、夜間は閉鎖してプライベートを確保するなどの使い方ができます。

主寝室は約120×210×108cm、土間は約60×112cmと余裕があるサイズ感。総重量は約2000gと軽量ながら、コンパクトに収納できるのもポイントです。

本体とフライシートにはPUコーティングが施されていて、防水性が高いのも魅力。3本のフレームをポールスリーブに通せば自立するため、設営も簡単です。軽量でコンパクトながら居住性にも優れているため、キャンプやツーリング、登山など、あらゆるシーンにおすすめの二人用テントです。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ2

シンプルな仕様の、快適性や強度の高さ、軽量性やコンパクト化を実現した人気のモデル。3シーズン向けの二人用テントですが、オプションを活用すればオールシーズン利用できます。

初心者でもスピーディーに設営できる「フレームスリーブ」を採用しているのも魅力。フレームスリーブの下には「パワーメッシュ」を設置し、通気性が高いのもおすすめです。

サイズは、約130×210×105cmと居住スペースに余裕があるものの、総重量約1550gと軽量化を実現。収納時には、本体の直径約15×30cmとコンパクトにまとまります。場所や季節を問わずいろんなシーンで使用できるため、キャンプや登山など幅広いアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

エムエスアール(MSR) ハバ ツアー2 37420

フロア面積2.97m²の居住性に優れた二人用テント。前室が2.32m²と余裕があるサイズで、自転車も保管できます。インナーテントとレインフライが一体化し、雨天時にテント本体を濡らさず設営できるのも魅力です。

また、レインフライには耐水圧1200mmのコーティングが施してあります。縫い目を防水するシームテープを無くしているので、経年劣化で剥離することもありません。両面に入口を設置し、出入りしやすいのもポイントです。

エムエスアール(MSR) アクセス2 37345

オールシーズン利用できる二人用テントで、本格的な登山を楽しみたい方におすすめです。台形型のサブポールがメインポールに交差し、優れた居住性と強風や積雪に耐えられる強度の高さを実現しています。

インナーテントの入り口上部はメッシュパネルを採用し、通気性が高いのも魅力。両面に入口があり、前室と後室を設置しているのも便利です。フロア面積2.69m²、前室面積1.62m²と余裕がありながら、総重量1860gと軽量なのも登山におすすめのポイントです。

スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ2 SD-632

本製品は、前室と後室にメッシュパネルを設置しており、通気性が高く夏も快適に過ごせます。フライシートの全周にはマッドスカートを装備し、テント内の温度低下を軽減できるので、寒い季節や夜の冷気をしのぎやすいのが特徴です。

フライシートは撥水とUVカット加工が施されているため、雨や紫外線に強いのも魅力。また、テープとフレームは色分けされていて、初心者でも設営しやすいの構造です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア アルミツーリングドーム2UV UA-2

二人用テントとしてぴったりな約210×130×125cmのサイズで、専用のキャリーバッグに入れると約50×14×14cmとコンパクトに収納できます。ハンドル付きで持ち運びしやすく軽量なため、キャンプやツーリング時の二人用テントとしておすすめです。

テントの前後に荷物室を兼ねた出入口があり、逆U字型で出入りしやすいのも魅力。通気性撥水とシームレス加工が施されており、テント内に雨が侵入しにくい構造です。

インナーテントには「ノーシームメッシュ」を採用し、通気性とプライバシーの保護を両立しているのもポイント。メッシュポケット付きで、小物類を保管できるのも便利です。

ノースイーグル(North Eagle) イーグルミニドーム200II NE164

2本のポールで組み立てるシンプルな構造で、初心者でも簡単に設営できます。約200×200×125cmと二人用テントとして余裕があり、価格が安いのもおすすめポイントです。

インナーテントには開閉式のメッシュ天井を設置し、背面には大型のベンチレーション装備。通気性が高く、テント内で快適に過ごせるのも人気の理由です。

フライシートにはUVカット素材を採用し、紫外線を約90%遮断できます。居住性や機能性に優れていてコスパが高いので、キャンプ初心者のファーストテントとしてもおすすめです。

ダンロップ(DUNLOP) コンパクト アルパインテン VS-20T

耐久性と軽量、コンパクト化を追求した、オールシーズン仕様の二人用テント。冬山を含めたコアな登山者用に開発され、熟練した職人が国内で生産・検品しているので安心して利用できます。吊り下げ式の二人用テントで、設営が簡単なのが特徴です。

厳選したポリエステル生地を採用し、速乾性に優れていてテント内に結露ができにくいのも魅力。紫外線による劣化を防ぎやすく、耐久性に優れているのもポイント。総重量は約1870gで、コンパクトに収納できるため登山時にもストレスなく持ち運びできます。

ディーオーディー(DOD) パップフーテント T2-540-TN

タープ一体型の二人用テントで、二重のキャノピー構造により3通りのアレンジを楽しめます。キャノピーを立てれば開放的なスペースで調理や食事ができ、広げれば雨風を防ぎやすくプライベートな空間を確保。閉じれば一般的なテントとなり、ゆったりと就寝できます。

前面のドアには全てメッシュ素材を採用し、背面の一部にも利用しているため、通気性が高いのもおすすめの理由。燃えにくいポリコットン素材なので、テントの側で焚き火やBBQを楽しめるのも便利です。

寝室スペースは約310×150×130cmと余裕があり、テント内で快適に過ごせるのもおすすめポイント。ポールやペグを合わせても直径が約19×長さ56cmとコンパクトに収納できるため、徒歩移動でのキャンプにも対応できます。

ディーオーディー(DOD) ライダーズバイクインテント T2-466

ワンタッチで、寝室やバイクの保管スペース、リビングが完成するツーリングにおすすめの二人用テント。付属のポールでキャノピーを立てれば、大切なバイクを雨や日差しからガードできます。前室には2ヶ所の入口があり、バイクを保管してもスムーズにテント内へ出入りできるのもおすすめです。

リビングと寝室スペースには大型の窓が設けられ、通気性が高く日中も快適に過ごせます。起床時に窓を開ければ、清々しい朝の風や日光をテント内に取り入れられるのも魅力。インナーテントの天井部にはポケットがあり、キャンプやツーリングの道具を収納できるのも便利です。