キャンプや登山の定番アイテムである「テント」。素材や開発技術が進化して軽量化しているほか、初心者でも簡単に設営できるモデルが数多くラインナップされています。また、最近はソロキャンプだけでなく、カップルでキャンプを楽しむ方が増えているのも特徴です。

そこで今回は、二人用テントのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説するので、ぜひ自分にぴったりの製品を見つけてみてください。

二人用テントのサイズは?

二人用テントの長さ

テントはドーム型やワンポール型など仕様によって種類が分かれますが、二人用テントを使用する場合は、大人一人が足を曲げずに就寝できる程度の長さが必要です。

目安としては、荷物を置くスペースも考慮して200〜210cmあるモノがおすすめ。より広さを求めるのであれば、寝室とリビングを兼ね備えたツールームタイプのテントも候補ですが、二人用を考慮するとスペースを持て余す場合もあるため、設営後のサイズは確認しておきましょう。

二人用テントの幅

By: amazon.co.jp

二人用テントの場合、大人二人が横に並んで余裕で就寝できる程度の幅が必要です。体格などの個人差はありますが、130〜200cmの幅があれば十分なスペースが確保できます。

なお、備品が多い場合はワンサイズ大きめのテントを選ぶのもおすすめ。調理グッズなどはテントの外に置いてもあまり問題はありませんが、キャンプ地に撮影機材などを持ち込みたい方はテント内に収納することも考えられます。移動する自動車に置くか、テント内の手元に置いておきたいかは事前に考慮しておきましょう。

二人用テントの高さ

By: amazon.co.jp

強風対策をする場合は身長よりも低めに設計されているテントを、居住性を重視する場合は身長と同程度の高さに設計されているテントを選びましょう。

なお、ドーム型はワンポール型より天井が低く、耐風性が高いのが特徴です。一方、ワンポール型は高さに余裕があるのがポイント。ただし、ペグを多く使うので、やや手間がかかり設営場所も考慮する必要があります。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

使用目的を考える

キャンプ

キャンプの場合は、設営場所に着いてからの使い勝手を要チェック。具体的には、設営のしやすさや居住空間の広さ、耐風・耐水性を考慮して選ぶようにしましょう。特にツールームテントや、前室が広めのモデルを選ぶと、雨天時などでもスペースを確保できて便利です。

登山

登山用テントは、軽量かつコンパクトな製品が求められます。テントだけでなく、シュラフやマット、食料などあらゆる荷物をザックの中に収納して持ち運びしなければならないので、荷造りも重要。体への負担を軽減した持ち歩き方もあわせてチェックしてみてください。

ツーリング

バイクは、積載物の重量や大きさが制限されています。ツーリングでは、テント以外にもアウトドアアイテムを積載する必要があるため、できるだけ軽量でコンパクトに収納できるモデルを選ぶのがおすすめです。

二人用テントの選び方

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

テントのパーツを大きく分けると、本体(インナーテント)・フライシート・ポールの3つに分かれます。通常のキャンプサイトで二人用テントを設営するのであれば、基本的には車載することが多いため、そこまで軽量にこだわる必要はありません。しかし、登山やツーリング用として二人用テントを選ぶなら、より軽量なモデルのほうが便利です。重量は2kg以内のモノを目安に選んでみてください。

通気性で選ぶ

By: amazon.co.jp

テント内を快適に保つには、通気性をコントロールすることが重要。暑いシーズンは熱気を逃し、肌寒い季節はある程度あたたかさをキープするなど、自由に調節できると便利です。

また、就寝中は人間の体温と吐息によってテント内に結露ができる可能性があります。二人用テントは通気性が悪いと、湿気などによって不快感も増すため、ぜひチェックしておきましょう。

耐水圧で選ぶ

耐水圧とは、雨が降ったときにテント内へ水が侵入しようとするのを抑える指標。具体的には、テントの生地に1cm四方の水を積み上げていき、何mmの高さまで内部に水が侵入せずに耐えられるかを意味します。

テントの耐水圧は高ければよいというわけでなく、高すぎると逆に通気性が悪くなるので注意が必要。一般的なキャンプ地での設営なら、耐水圧1500〜2000mm程度の二人用テントを目安としましょう。

前室の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

前室の広いテントの方が、テントへの出入りがしやすいのでおすすめです。また、前室をフライシートで覆えば前室を荷物置き場として活用できるため、大きなザックを外に出して室内のスペースを広々と使えます。気になる方は製品の図面と寸法を確認しておきましょう。

シングルウォールかダブルウォールかで選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントは、テント本体に防水性能をもたせたモノ。一方、ダブルウォールテントはテント本体に防水性能がなく、本体の上から防水性能を持つフライシートを被せて二重構造としたタイプのテントです。

シングルウォールは、収納がコンパクトで比較的設営の手間もかからないのが利点ですが、テント本体の通気性が低く、内部に結露が発生しやすい弱点もあります。ダブルウォールは、フライシートを被せる1ステップがあるため設営の手間はかかりますが、テント本体に通気性をもたせているので、結露は比較的抑えることが可能です。

二人用テントのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

「コールマン」は、1900年にアメリカで設立されたアウトドアの総合ブランド。キャンプなどを快適に楽しめる製品を幅広く展開し、世界中で親しまれています。

コールマンの二人用テントは、機能性に優れているのが特徴です。通気性や防水性の高さはもちろん、テントの随所にコールマンならではの工夫が加えられています。

レトロなモデルやスタイリッシュなモデルなど、デザインの幅が広いのもポイント。また、簡単に設営できる製品が多いため、キャンプ初心者にも人気です。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に大阪市で創立したアウトドアの総合ブランド。青春時代を山一筋で過ごし、のちにトップクライマーとなった辰野勇氏が創業しました。登山用品のブランドとしてスタートしましたが、現在ではキャンプ用品など幅広いアイテムを展開しています。

モンベルの二人用テントは、キャンプやツーリング、登山向けなどラインナップが豊富なのが特徴。軽量コンパクトを追及したモデルや、居住性の高さを重視したモデルなど、アウトドアシーンに応じた二人用テントを選びやすいのもポイントです。日本の風土に合った二人用テントを数多くラインナップしています。

アライテント(ARAI TENT)

By: amazon.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本のアウトドアブランド。主な製品は、創業者の新井睦氏をはじめとする職人が日本国内で丁寧に手作りしています。テントやザックなど高品質な製品を展開しており、登山上級者にも人気がある老舗ブランドです。

アライテントの二人用テントは、主に登山向けに製造されていますが、前室や居住スペースに余裕があるため、キャンプやツーリング用としてもおすすめ。冬の登山など厳しい条件でもストレスがないように、簡単に設営できる工夫が加えられています。

二人用テントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX

インナーテントの外側についているポケットに、ポールを通して立ち上げるだけで設営できる「ポールポケット式」を採用したテント。一人でも簡単に設営できる二人用テントを探している方におすすめです。

高く、解放感のある前室もポイント。荷物や靴を置いたり、ちょっとしたリビングスペースとして活用したりと、快適な空間を確保できます。また、前後のメッシュドアに加え、テント内の空気を循環させるベンチレーションを備えているので通気性も良好。耐水圧も約1500mmと高く、急な天候の変化にも落ち着いて対応できます。

使用時のサイズは約210×180×110cmで、二人で使用しても十分なスペースを確保。テントの設営に不安がある方でも安心して使用できる二人用テントです。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 2型

ポールを直角にクロスさせる独自の構造「バーティカル・クロス・システム」の採用により、広い住居空間を確保できる3シーズン対応の二人用テント。ショックコードでポールとソケットがつながっている一体型なので、設営・撤収しやすいのが特徴です。

入口と対面上部にはメッシュ地と本体生地の二重構造を採用し、ジッパーで簡単に室温調節ができるのもポイント。さらに、フライシートには2ヵ所ベンチレーションを設けているため通気性がよいのも魅力です。

使用時のサイズは約230×130×105cm、本体の重さは約2.2kg。キャンプや無雪期登山、ツーリングなど、さまざまなアウトドアシーンに対応できます。防水・防風性にも優れているので、機能性重視の方はぜひチェックしてみてください。

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト 2

日本の「土間」をイメージして作られており、主寝室と土間に分かれたツールームタイプのテント。主寝室は奥行120×間口210×高さ108cm。土間は奥行60cm、入口の幅が112cmとゆったりした仕様です。

フライシートは前面が大きく開き、出入りがしやすく使い勝手に優れているのも特徴。フライシートを閉じて使えば荷物を雨から守れ、さまざまな使い方ができます。

テントの奥にはベンチレーションウインドウがあるため、通気性も良好。重さは約2kgと軽量なので、登山やツーリングにおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロ ツーリングテントUV M-3119

収納サイズが40×16×16cm、重さが約3.1kgと軽量コンパクト設計の二人用テントです。ベンチレーションを備えているほか、インナーテントの天井に1mmのメッシュ生地を採用しているので、通気性に優れているのが特徴。また、フライシートとインナーテントの間に8cmの間隔を確保することで結露しにくく、テント内で快適に過ごせます。

紫外線カットを期待できる「UV-PROTECTIONコーティング生地」を採用しているため、日差しによる劣化を防げるのもポイント。フライシートの前後には荷物を置けるスペースがあったり、テント内には小物を入れるポケットがついていたりと、使い勝手に優れているのも魅力です。

高い機能性を有しながら価格はリーズナブル。コスパの高い二人用テントを探している方はチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 300

ナバホ柄のおしゃれなワンポールテント。フレームには航空機にも採用されている「7075超々ジュラルミン」を採用し、軽量で耐久性に優れているのが特徴です。

組立後のサイズは幅300×奥行250×高さ180cmで、二人で使用してもゆったりと過ごせる空間を確保。フライシートにはベンチレーションを備えているため、テント内の環境を快適に整えます。また、フライシートは1600mmの高い耐水圧を備えているほか、火の粉が飛んでも穴が開きにくい「難燃性ポリエステル」を採用しているのもポイントです。

収納時のサイズは幅18×奥行18×高さ52cmで、付属のキャリーバッグにコンパクトにまとまります。音楽フェスにぴったりの雰囲気なので、おしゃれで気軽に持ち歩ける二人用テントを探している方におすすめです。

ギアトップ(GEERTOP) 二人用テント

設営が簡単な4シーズン対応の二人用テントです。フライシートに風や冷気の侵入をブロックする「スノースカート」がついているため、保温性が高いのが特徴。暑い季節は、インナーテントの両側にあるメッシュ窓を開放すれば涼しく快適に過ごせます。

フライシートには2つのベンチレーションを備えているので、結露ができにくく、通気性がよいのも魅力。また、前後に60cmの前室が作れるため、靴や荷物を置けるのも便利なポイントです。

重さ約3kg、収納時サイズは16×16×46cmで、軽量コンパクトにまとまるのもメリット。価格も比較的安いので、コスパの高い二人用テントを探している方におすすめです。

ネイチャーハイク(NatureHike) Hibyシリーズ 2~3人用テント

広い前室が魅力の二人用テント。住居空間を占有することなく、前室にクーラーボックスや乗り物など、大きな荷物が置けるのが特徴です。

生地には撥水・防水加工が施されているうえ、フライシート・インナーテントともに4000mmの高い耐水性を備えています。また、メインポールに頑強なアルミ合金素材を採用しているので、強い雨風にも耐えられるタフさもポイントです。

収納時のサイズは長さ54×直径17cmとコンパクトにまとまるほか、簡単に設営できるのも魅力。ベンチレーションもあるため、通気性も良好です。前室が広い二人用テントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Azarxis テント

フライシートは3500mmの高い耐水性を備えているほか、高強度のアルミフレームを採用した二人用テント。リーズナブルな価格ながら、雨や風に強いのが特徴です。

ベンチレーションと、前後に開閉可能なメッシュドアを備えているため通気性も良好。また、「防虫専用生地」を採用しているので、蚊や虫がテント内に入ることを防げます。

寝室サイズは、幅150×長さ210cm。収納時サイズは45×16cmとコンパクトにまとまるため、携帯性に優れているのもポイントです。テント内にはランタンフックや収納ポケットがあるほか、前室も確保できるので、使い勝手に優れているのも魅力。カラーラインナップも豊富のため、お気に入りのカラーを見つけてみてください。

MIL-TEC(ミルテック) テント 2〜3人用

ワイルドな雰囲気が人気のドイツ製ミリタリーテント。二人で寝ても十分な広さの寝室スペースと、荷物がおける前室が対になっています。ポールを立ててひさしを作ったり、クローズにしてプライベートを確保したりと、さまざまな使い方ができるのが特徴です。

単純な構造のため、一人でも簡単に設営できるのもポイント。収納時サイズは幅63×奥行16cmとコンパクトにまとまるので、ツーリングにもおすすめです。武骨なスタイルが好きな方はチェックしてみてください。

ESNBIA 4シーズンテント

雨に強い二人用テントです。フライシート・インナーテントは約4000mmの耐水圧を備えているほか、生地の縫い目にはシームテープ加工が施されているのが特徴。また、フレームには「航空アルミ素材」を採用しているため、風に強いのもポイントです。

前後の出入り口はメッシュ生地で、通気性も良好。テント内には小物入れがついており、使い勝手に優れているのも魅力。使用時サイズは幅160×長さ220cm。コンパクトにまとまるので気軽にどこにでも持ち歩けます。

スノースカートつきで、気温の下がる季節でも使用可能。1年を通して使える、高性能な二人用テントを探している方におすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) クロスポールテント240

丈夫で軽量な、超々ジュラルミン素材のポールを採用した製品。2本のポールをクロスさせて組み立てる特徴的なシルエットが美しい二人用テントで、前室がしっかりと確保されているため靴や荷物を置くのに便利です。

フライシートには耐水圧が1500mm以上あるポリエステル生地を採用しているので、急な雨でも慌てる心配はありません。また、シルバーコーティングが施されているのもポイント。紫外線をカットし熱が遮られるため、日差しが強い夏のキャンプでも快適に過ごせるテントを探している方におすすめのモデルです。

また、コンプレッションベルト付きの収納袋が付属しており、折りたたむと直径約54×20cmとコンパクトに収納できます。重量も約3.2kgと軽量なため、持ち運びも簡単です。

スノーピーク(snow peak) カマエルドーム2 SSD-360

大自然のなかで何日も滞在し、写真を撮影するフォトグラファーにおすすめの二人用テントです。野生動物や自然が見せる一瞬の表情を逃さないための工夫が、随所に施されたモデル。フライシートの360°全周に窓を配置しているのが特徴です。テント内にいる際でも、周囲の変化を見逃すことはありません。

前室には三脚をセットできる広さが確保されているので、シャッターチャンスが訪れるまでじっくりと待つことが可能です。プロの方はもちろん、アマチュアカメラマンの方も一度チェックしてみてください。

また、多彩なアレンジができるドアパネルを搭載しているのもポイントです。コーナー部分にグロメットを備えているため、トレッキングポールなどを利用してタープのように使用できます。前面を閉じて側面をオープンにすれば自転車を収納することも可能。自転車でのキャンプツーリングにも活躍するおすすめのモデルです。

Featherstone ツーリングテント

アメリカで人気のアウトドアブランド「Featherstone」が手がける二人用テントです。キャンプツーリングのために設計されたおすすめのモデル。フライおよびグランドシートにはポリウレタンコーティングが施され、縫い目にもシームテープ加工がされています。

両シートとも耐水圧3000mmの防水性能を有しているため、激しい雨でも浸水のリスクを抑えられるのもポイント。前室を備えているので、就寝中の雨や夜露による濡れからも大切な荷物を守れます。

設営が容易なのも本モデルの特徴。折りたたみ式のポールを指定箇所に差し込むだけで簡単に組み立てられます。目的地への到着が夜になってしまっても、素早く設営ができるので便利です。

また、ポールには丈夫で軽い7001アルミ素材を採用しており、本体重量も2.27kgと非常に軽量。3シーズンに対応しているので、バイクに積んで気軽に出かけてみてください。

V-CAMP ワンタッチテント

気軽にキャンプをはじめてみたいと考えている、アウトドア初心者におすすめのモデル。購入しやすい価格で、一人でも組み立てがおこなえる設営のしやすさが特徴です。

インナーテントはメッシュ仕様を採用しているため、涼しい外気をたっぷりと取り入れられます。夏のキャンプでも不快な虫を避けて、快適に過ごすことが可能。内部にはスマホや財布が入れられる小物ポケットを配置するなど、使い勝手のよさも本モデルの魅力です。

低価格モデルながらダブルウォール構造を採用しています。ただし、生地の最大耐水圧は1000mmとそれほど高くないため、強い雨が降り続くなかでの使用には適していません。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

エムエスアール(MSR) エリクサー2

キャンプ初心者にも扱いやすい二人用テント。軽量かつ丈夫につくられているので、設営や撤収がスムーズにできるほか、安心して過ごせるのが特徴です。

2本のポールを2点で交差する構造。さらに、天井部に短いポールを追加することで箱型に近づけ、より空間を広げているのも魅力です。前室は台形で十分なスペースがあるのもポイント。使い勝手良好で、汎用性の高いおすすめモデルです。

チャムス(CHUMS) ブービーティピー

同ブランドらしいポップなカラーラインナップが揃う二人用テント。タイプとしてはワンポール型で、キャンプシーンに映えるオーソドックスな仕様が特徴です。

フライシートの開口部が大きく、出入りしやすいのもポイント。上部にはベンチレーション、インナーテントにはハーフメッシュを備えており、通気性も良好です。ミリタリーテイストではないおしゃれなキャップグッズを求めている方や、自宅のベランダでキャンプ気分を楽しみたい方などはぜひチェックしてみてください。