ファミリーでのキャンプには、それ相応の大きさのテントが必要になります。人数に合わないテントを選ぶと、不便なばかりか、使わなくなってしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、おすすめの「ファミリーテント」をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、家族みんなで快適に使えるテントをぜひ見つけてみてください。

ファミリーテントの選び方

テントの形状で選ぶ

ドーム型

By: amazon.co.jp

ドーム型は、登山やトレッキングにおける定番のテントです。多くのメーカーから製品が発売されており、選択肢が豊富。1人用からファミリー用まで、さまざまなサイズのテントが揃っています。さらに、雨風に強く、本格的な登山でも使用できるモデルが多いのもポイントです。

設営は、テント生地の上部にあるスリーブと呼ばれる通し穴にポールを通すだけと簡単。しかも、ほかのタイプに比べるとリーズナブルな傾向にあります。ファミリーテント選びで、まずチェックしておきたい基本のテントです。

ツールーム/トンネル型

By: amazon.co.jp

ツールーム型は、ドーム型の居住性と機能を拡張した人気のテント。ベッドルームに加えて、リビングスペースも備えています。また、ドーム型に比べて高さのある製品が多いため、開放感のある空間を演出できるのがメリットです。

なお、ドーム型でリビングスペースを確保する場合は、テント設営後にタープを張る必要がありますが、ツールーム型の場合はそのような手間がかかりません。さらに、タープとテントがセットになっているため、収納性に優れているのもポイントです。

ティピー型

By: amazon.co.jp

テントの天井中心部を1本のポールで支えるのが特徴のティピー型テント。円錐形をしており、比較的大人数でも使いやすいのが魅力です。別名、モノポールテントとも呼ばれています。

構造がシンプルなので、テントの設営が容易なのもメリット。テント側面部のペグを地面に打ち付けるペグダウンを行い、支柱となるポールを真ん中に立てるだけです。ほかのタイプのテントに比べてペグダウンの回数が多くなりますが、ペグダウン自体は簡単な作業のため、慣れれば初心者でも短時間で設営できます。

とんがり屋根のかわいらしい形状もポイント。キャンプシーンだけでなく、野外フェスなどでも使用できる注目のテントです。

ロッジ型

By: rakuten.co.jp

ロッジ型は、広い空間を確保できる居住性の高いテント。テントの側面がほぼ垂直になっており、室内の隅でも高さを確保しやすいのがメリットです。空間を無駄なく利用できるため、ファミリーテントにも適しています。

90年代に人気があったタイプですが、以前に比べて製品のラインナップが減少しています。ただし、最近はグランピングブームの影響もあって人気が回復傾向あるので、居住性を重視したい方はぜひチェックしておきましょう。

使用人数に応じたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

テントの大きさは一般的に「〇人用」と表記されています。しかし、これはあくまでも最大収容可能人数を表しているにすぎません。荷物などを考慮して、記載されている人数から1人分差し引いて考えましょう。

初心者や子供連れのキャンプは、荷物が多くなる傾向があります。夜ゆっくり寝られないと、翌日の行動に差し障ることがあるので要注意。余裕のあるサイズのテントを選んでおくと安心です。

また、親子での登山など、徒歩によるアウトドアアクティビティの場合は、携行性を考慮して収納時の重量やサイズもチェックしておきましょう。

設営のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

テントの種類によって、設営のしやすさは異なります。設営しやすいテントの代表格が「ドーム型」で、テントのスリーブに2本のポールを通して天井部で交差させるだけ。その後フライシートで上から覆います。初心者でも簡単に設営できる人気のテントです。

また、「ツールーム型」の設営も基本はドーム型と同じ。ただし、リビングスペースがあるため、キャノピーポールと呼ばれる支柱を立ててタープを張ります。そのほか、1本のポールを支柱とする「ティピー型」も設営が簡単なテントです。

雨や風がある場合は、設営が意外と大変なもの。初心者は設営のしやすさもチェックしておきましょう。できれば前もって家の中や庭などで、設営の練習をしておくと安心です。

耐水性をチェック

テントは、フライシート・インナーテント・グラウンドシートから構成されているのが一般的。雨を直接受けるフライシートや地面に接するグラウンドシートは、とくに水が侵入しやすい部分です。そのため事前に耐水性をチェックしておきましょう。

テントの耐水性は「耐水圧」と表記され、どの程度の水圧まで水が侵入しないかを表しています。キャンプの場合、耐水圧1500mm以上のテントを選んでおくと安心です。高い山は雨や風が強い傾向にあるので、ファミリーでの登山の際は2000mmを目安にしてみてください。

テントの素材には、防水加工されたナイロンやポリエステルが使われているのが一般的。ともに耐水性は良好ですが、ナイロンは水を含むと重くなり、乾きにくい性質があります。また、紫外線によって変色・劣化しやすいのもデメリット。日光・雨を直接受けるフライシートは、ポリエステル素材のモノを選ぶと安心です。

拡張性をチェック

By: amazon.co.jp

キャンプサイトにおいてテントを寝室と考えると、タープはリビングの役割を果たします。タープも六角形のヘキサタープや四角形のレクタタープ、ひし形のウイングタープなどいくつか種類があるので、それぞれ違いを確認しておきましょう。

なお、ファミリー向けのテントのなかにはキャノピーが伸びるタイプもありますが、これは玄関程度のもの。テントとタープを併用することで居住空間の利便性や快適さがアップするため、組み合わせを考えておくのは重要なポイントです。購入の際は拡張性を意識して、事前に設営シーンをイメージしておきましょう。

ファミリーテントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) エクスカーションティピー 325 2000031572

3〜4人用のティピー型テントです。ポール1本で簡単に設営ができるので、ファミリーテントにもおすすめのモデル。ひさしが付いた前室を備えているため、雨天の出入り時に重宝します。また、入り口ドアはフルクローズにできるので、雨や夜露から靴や荷物を守ることが可能です。

フライシートトップにはベンチレーターを搭載。インナーテントの出入り口や側面にもメッシュパネルを配置しているため、内部の湿った空気を効率的に換気できます。不快な害虫の侵入を防ぎ涼しい外気が取り込めるので、暑い時期のキャンプでも快適に過ごすことが可能です。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 400

3〜4人家族に適したおしゃれなファミリーテントです。アメリカ先住民の伝統柄「ナバホ」をあしらったユニークなデザインが特徴。ファミリーキャンプでも、個性的なテントサイトを演出したい方におすすめです。また、ティピー型のため、ポール1本で簡単に組み立てられます。

さらに、ポールにランタンフックが付いているのもポイント。夕食後は子供と一緒にゲームなども楽しめます。重量は約5.8kgと軽量なので、付属のキャリーバッグに入れて簡単に持ち運ぶことが可能です。

オガワ(ogawa) ピスタ34 2657

日本の老舗テントメーカー「ogawa」が手がけるドーム型のテントです。しっかりとした前室を備えているのが特徴。大きなドアパネルを跳ねあげればキャノピーにもなるため、開放的なリビングスペースが簡単に作れます。

また、フライ・グランドシートとも耐水圧1800mmの生地を採用。雨の多い季節でも安心してキャンプが楽しめます。さらに、室内に小物ポケットを備えているのもポイント。スマホや財布などの紛失しやすい小物類を収納できるおすすめのモデルです。

オガワ(ogawa) グロッケ8 2786

室内が広々使えるファミリーテントを探している方におすすめのモデルです。ティピー型ながらサイドウォールがほぼ垂直に立ち上がる構造を採用。圧迫感を覚えにくく、快適に過ごせます。

また、中央部の高さが2mほどあるので、立ったまま着替えることも可能。開放的な室内空間を確保しつつ、コンパクトに設営できるのも魅力です。6m区画のサイトにも対応できるため、さまざまなキャンプ場で活躍します。

コールマン(Coleman) トンネル2ルームハウス/LDX スタートパッケージ

広いリビングエリアを備えたトンネル型の2ルームテントです。リビングの長さが約3.5mあるため、4人程度の家族がゆったりとくつろぐことが可能。食事をしたり歓談したりと便利に使えます。

正面ドアだけでなく、リビングの両側から出入りできるのもポイント。また、室内にはランタンフックや小物入れを備えるなど、使い勝手を考慮した設計がされています。大人・子供問わず家族みんなが楽しめる、おすすめのファミリーテントです。

コールマン(Coleman) BCクロスドーム 270 2000017132

2本のフレームで立ち上げられる、4人程度の家族に適したドーム型テントです。設営が容易なため、ファミリーテントとしてもおすすめのモデル。フロントポールを組み合わせることで、余裕のある前室を確保しています。家族の脱いだ靴が置けるので便利です。

前室のドアがキャノピーとして利用できるのもポイント。雨や強い日差しを避けて休憩をしたり、簡単に食事をとったりするような場面で重宝します。初めてのキャンプに挑戦してみようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス

4人程度の家族に適した、2ルームタイプのテントです。雨や風の影響を受けずに食事をしたりくつろいだりすることが可能。タープを張る必要がないため、アウトドア初心者のファミリーテントとしておすすめです。

吊り下げ式のインナーテントを採用しているのもポイント。インナーテントを取り外せば大型のシェルターとしても利用できるので便利です。大人数のグループで楽しむアウトドアアクティビティなどで活躍します。

優れた防水性能を備えているのも魅力。フライ・フロア各シートとも耐水圧2000mmのポリエステル生地を採用。突然の夕立はもちろん、雨の多いシーズンでも安心して使用できます。

ディーオーディー(DOD) ザ・ワンタッチテント T5-674-KH

設営が容易なファミリーテントです。ワンタッチ機構を採用しており、紐を引くだけで立ち上げることが可能。4〜5人でゆったり過ごすのに適した広さが確保されています。また、フライには耐水圧2000mm、フロアシートには5000mmの生地を使用しているので、雨の日でも安心して使用可能です。

天井高が約2mと高いのもポイント。テント内での移動が楽なほか、立ったままでも着替えられるため便利。さらに、4面にメッシュパネルを配置しているので、夏でも涼しく過ごせます。

タープとの連結ができるのも魅力。フロントポールにタープのフックを引っ掛けるだけで、開放感のある広いリビングエリアが完成します。優れた拡張性を有しているおすすめのモデルです。

ディーオーディー(DOD) エイテント T5-668-KH

クラシックなシルエットがおしゃれな、ロッジ型の製品を探している方におすすめのモデルです。壁面がほぼ垂直に立ち上がっているため解放感は良好。屋根部分の生地には、ポリエステルとコットンの混紡素材を採用しています。

夏は涼しく冬はあたたかく過ごせるので、1年中キャンプを楽しみたい4人程度のファミリーテントとしてもおすすめ。個性的なテントサイトを演出できるおすすめのモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ドームテント CS 270UV M-3132

4〜5人家族におすすめのドーム型ファミリーテントです。ポールを色分けするなど、組み立てのしやすさに配慮しているのが特徴。初めてのキャンプに挑戦する初心者の方にも適しています。

インナーテントにノーシームメッシュを配置しているのもポイント。外からの視線を遮りながら、新鮮な外気が取り込めるので快適に過ごせます。暑い日にはフライシートをオープンにして、涼しく過ごすことが可能です。

また、前後の出入り口には前室を備えているのも魅力。雨や夜露で濡れないよう、荷物を保管できるため便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オルディナスクリーンツールームドームテント M-3117

雨の日でも快適にくつろげる、4〜5人用のファミリーテントを探している方におすすめのテントです。大きなリビングエリアを搭載した2ルームタイプ。タープを張る必要がないので、設営や撤収のしやすさに優れているのが特徴です。

3面にメッシュパネルを配置しているため、嫌な虫の侵入を防ぎつつ新鮮な外の空気が取り込めます。リビング両サイドのドアを立ち上げればキャノピーとして使うことも可能。より開放的なリビングスペースを確保したいときに重宝します。

スノーピーク(snow peak) アメニティドームL

耐久性に優れたローシルエットが特徴の、5人程度の家族に適したテントです。強風の日でも、安心して過ごせるファミリーテントが欲しい方におすすめのモデル。風に強い形状ながら165cmの室内高を確保するなど、耐久性と快適性に配慮した設計なのがポイントです。

また、フレームエンドが色分けされているので、組み立てやすいのも魅力。さらに、本製品以外にS・Mサイズもラインナップされているため、あわせてチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル XL-BJ 71805551

ロゴス独自の「PANEL SYSTEM」を採用している、5人程度の家族に適したテント。キャノピーポール2本で自立型のタープとして使用したり、LEDランタンを吊るしたりできるのが魅力です。また、中央部分が湾曲しているため、雨が降っても水が溜まることはありません。

車体連結用の専用ジョイントが付属しており、車との連結が容易にできるなど拡張性のよさもポイント。さらに、全周にマッドスカートを備えているので、リビングへの雨や虫の侵入が防げるので快適に過ごせます。風も吹き込みにくく、北風が冷たい秋・冬のキャンプでも活躍するおすすめのモデルです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント300

紐を引くだけで折りたたみ傘のように立ち上がる、ワンタッチタイプのファミリーテント。室内は300×300cmと広く、4〜6人家族がゆったりとくつろぐのに適したサイズです。

出入り口付近には、フライシートを開けた際にドア部分が収納できるポケットを搭載。いちいち巻きあげたり縛ったりする手間が省けるので便利です。

室内にスマホなどが入れられる小物ポケットを備えているのもポイント。さらに、キャノピーポールも付属しているなど、購入後すぐにキャンプが楽しめるおすすめのモデルです。