家族でのキャンプには、それ相応の大きさのテントが必要です。人数に合わないテントを選んでしまうと、不便なばかりか、使わなくなってしまうことも。また、テントの形によってもさまざまな特徴があるため、選ぶ際には悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの「ファミリーテント」をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、家族みんなで快適に使えるテントをぜひ見つけてみてください。

ファミリーテントの選び方

テントの形状で選ぶ

ドーム型

By: amazon.co.jp

ドーム型は、登山やトレッキングにおける定番のテントです。多くのメーカーから製品が発売されており、選択肢が豊富。1人用からファミリー用まで、さまざまなサイズのテントが揃っています。さらに、雨風に強く、高地のキャンプ場でも使用できるモデルが多いのもポイントです。

設営は、テント生地の上部にあるスリーブと呼ばれる通し穴にポールを通すだけと簡単。さらに、ほかのタイプに比べるとリーズナブルな傾向があります。ファミリーテント選びで、まずチェックしておきたい基本のテントです。

ツールーム/トンネル型

By: amazon.co.jp

ツールーム型は、ドーム型の居住性と機能を拡張した人気のテント。ベッドルームに加えて、リビングスペースも備えています。また、ドーム型に比べて高さのある製品が多く、開放感のある空間を演出できるのがメリットです。

なお、ドーム型でリビングスペースを確保する場合は、テント設営後にタープを張る必要がありますが、ツールーム型の場合はそのような手間がかかりません。さらに、タープとテントがセットになっているため、収納性に優れているのもポイントです。

ティピー型

By: amazon.co.jp

テントの天井中心部を1本のポールで支えるのが特徴のティピー型。円錐形をしており、比較的大人数でも使いやすいのが魅力です。別名、モノポールテント(ワンポールテント)とも呼ばれています。

構造がシンプルなので、テントの設営が容易なのもメリット。テント側面部のペグを地面に打ち付けるペグダウンを行い、支柱となるポールを真ん中に立てるだけです。ほかのタイプのテントに比べてペグダウンの回数が多くなりますが、ペグダウン自体は簡単な作業のため、慣れれば初心者でも短時間で設営できます。

とんがり屋根のかわいらしい外観もポイント。キャンプシーンだけでなく、野外フェスなどでも使用できるテントです。

ロッジ型

By: amazon.co.jp

ロッジ型は、広い空間を確保できる居住性の高いテント。側面がほぼ垂直で、テントの隅でも高さを確保しやすいのがメリットです。空間を無駄なく利用できるため、ファミリーテントにも適しています。

90年代に人気があったタイプですが、以前に比べて製品のラインナップは減少。ただし、最近はグランピングブームの影響もあって人気が回復傾向にあるので、居住性を重視したい方はぜひチェックしておきましょう。

使用人数に応じたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

テントの大きさは一般的に「◯人用」と表記されています。しかし、これはあくまでも最大収容可能人数を表しているにすぎません。荷物を置くスペースなどを考慮して、記載されている人数から1人分差し引いて考えましょう。

初心者や子供連れのキャンプは、荷物が多くなる傾向があります。夜ゆっくり寝られないと、翌日の行動に差し障ることがあるので要注意。余裕のあるサイズのテントを選んでおくと安心です。

また、親子での登山など、徒歩によるアウトドアアクティビティの場合は、携行性を考慮して収納時の重量やサイズもチェックしておきましょう。

初心者は設営のしやすさもチェック

By: amazon.co.jp

ファミリーテントは種類によっては構造が複雑で、設営に手間がかかる場合があります。テントの扱いに慣れていない初心者は、設営のしやすさもチェックして選びましょう。なかでも、比較的シンプルな構造のモデルが多い、ドーム型やティピー型がおすすめです。

ドーム型は、クロスしたメインポールをインナーテントのスリーブに差し込むだけで自立します。テント設営時の手間となる自立が容易にできるので、初めての方でもスピーディに設営できるのが魅力です。

ティピー型はフロアをペグダウンしたら、あとは中央に支柱となるポールを1本立てるだけで簡単に設営できます。パーツの数が少なく、初心者でも扱いやすいのがポイント。ただし、設営が簡単でも重量があると扱いにくくなるため、スペックをしっかりチェックして選びましょう。

耐水性をチェック

テントは、基本的にフライシート・インナーテント・グランドシートから構成されています。雨を直接受けるフライシートや地面に接するグランドシートは、とくに水が侵入しやすい部分です。そのため、事前に耐水性をチェックしておきましょう。

テントの耐水性は「耐水圧」と表記され、どの程度の水圧まで水が侵入しないかを表しています。キャンプの場合、耐水圧1500mm以上のテントを選んでおくと安心。高い山は雨や風が強くなりやすい傾向があるので、高地で使用する場合は2000mmを目安にしてみてください。

テントの素材には、防水加工されたナイロンやポリエステルが使われているのが一般的。ともに天然素材に比べて耐水性は良好ですが、ナイロンは水を含むと強度が若干弱くなる傾向があります。また、紫外線によって変色や劣化しやすいのもデメリット。日光や雨を直接受けるフライシートは、ポリエステル素材のモノを選ぶのがおすすめです。

拡張性をチェック

By: amazon.co.jp

キャンプシーンにおいて、テントを寝室と考えると、タープはリビングの役割を果たします。タープには六角形のヘキサタープや四角形のレクタタープ、ひし形のウイングタープなどいくつか種類があるので、それぞれ違いを確認しておきましょう。

なお、ファミリー向けのテントのなかにはキャノピーが伸びるタイプもありますが、これは玄関程度。テントとタープを併用することで居住空間の利便性や快適さがアップするため、組み合わせを考えておくのは重要なポイントです。購入の際は拡張性を意識して、事前に設営シーンをイメージしておきましょう。

ファミリーテントのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

120年以上の歴史がある老舗アウトドアメーカー「コールマン」。高品質な製品をリーズナブルな価格で展開し、世界中のキャンパーから高い支持を得ています。ランタンや調理器具、焚き火台などキャンプギアを幅広く取り揃えており、コールマンで一式揃えることも可能です。

コールマンのファミリーテントはドーム型を主軸に、ツールーム型・ティピー型・ロッジ型とバリエーション豊富で、人数やシーンに応じて選べるのが魅力。設営・撤収が容易ながら、過酷な環境下での使用に耐えられるタフなモデルが多いので、ベテランキャンパーはもちろん、初心者にもおすすめです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは大阪府に本社を置くアウトドアブランド。「海辺5メートルから標高800メートルまで」をポリシーに、子供から大人まで、また初心者からベテランまで、幅広く使えるキャンプギアを手ごろな価格で提供しているのが魅力です。

ロゴスのファミリーテントは「PANEL SYSTEM」や「ジオデシック構造」など独自の技術を採用し、耐風性を高めたモデルを豊富に展開しているのが特徴。高耐久性ながら比較的安価なモデルが多いので、コスパ重視の方におすすめです。

オガワ(ogawa)

By: store-campal.co.jp

1914年創業の国産アウトドアブランド「オガワ」。ハイクオリティな製品が多く、ベテランキャンパーから高い信頼を得ています。テントをメインに扱っており、ファミリー向けから業務用、防災用まで幅広く展開しているのが特徴です。

オガワのファミリーテントは高価格な傾向がありますが、耐久性・耐水性に優れ、長く愛用できるのが魅力。壁がほぼ垂直で広い空間を確保したモデルが多く、長期滞在のキャンプでも快適に過ごせるので、居住性にこだわる方にもおすすめです。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

DODはユニークでオリジナリティ溢れるキャンプギアを展開するアウトドアブランド。インターネットでの流通をメインにしたり、シンプルなダンボールで包装したりすることでコストを抑え、高機能な製品を低価格で提供しています。

DODのファミリーテントは、大人数向けの大型モデルでもコンパクトにまとめられる製品が多く、収納や持ち運びに便利。設営・撤収が簡単なモデルも豊富にラインナップされているので、初めての方にもおすすめです。

ファミリーテントのおすすめモデル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トレッカー ワンポールテント レクタ270UV UA-62

テント生活を快適にする機能が備わったティピー型のファミリーテントです。インナーサイズ約270×240×180cmのスクエアタイプ。大人2人、子供2人程度なら十分なスペースが確保できます。

インナーテント天井部と出入り口がメッシュ仕様であるのに加え、フライシート上部には開閉可能なベンチレーションを搭載。テント内に熱がこもりにくく、結露しにくいのが魅力です。フライシートの裾には風の侵入を防ぐスカートも備わっています。

メインポールに軽量かつ丈夫なアルミを採用。組み立てはペグを打ってポールを立ち上げるだけと簡単なので、初めてのファミリーテントとしてもおすすめです。

ノースイーグル(North Eagle) アーチ2ルームテント NE1228

シンプルなツールーム型のファミリーテントです。本体サイズ約500×278×178cmと大型ながら、比較的安価で手にしやすいのが魅力。コスパ重視の方はもちろん、キャンプに挑戦してみたい初心者にもおすすめです。

インナーサイズ約250×265×170cmで、3~5人での使用にぴったり。リビングスペースが広々としているので、ゆったり過ごせます。紫外線による劣化を軽減するUVカット加工に加え、シームレス加工を施しているのもポイント。コンパクトに持ち運べる収納ケース付きで、携帯性も良好です。

コールマン(Coleman) BCクロスドーム 270 2000038429

シンプルで使いやすい初心者におすすめのファミリーテントです。パーツが少ないシンプルな構造で、初めての方でも簡単に設営できるのが魅力。キャノピーポールやペグ、ハンマーなどテントの設営に必要な道具が揃っているので、購入してすぐ使用できるのも嬉しいところです。

前室が広く、靴や荷物を置いても雨に濡れる心配がありません。パネルを跳ね上げれば、さらに広く前室を使うことが可能です。使用時のサイズは約270×270×175cm。大人2人、子供2人なら荷物を置いても十分なスペースが確保できます。

耐水圧約1500mmで雨の日の使用も安心。収納時は約直径25×長さ75cmとコンパクトにまとめられ、付属のキャリーバッグで持ち運べます。手ごろな価格で購入しやすいのもおすすめのポイントです。

オガワ(ogawa) ピスタ5 2656000000

シンプルでベーシックな設計により、設営と撤収が素早くできるファミリーテント。クロスフレーム構造を採用しており、キャンプ初心者でも立てやすくスムーズに作業できるのが魅力です。別売のポールで前面パネルを張り出せば、快適なリビング空間を作れます。

テント内にはファスナーで開閉できる大きなメッシュ窓があり、通気性が高いのもポイント。夜間に蒸し暑いときは、外側のベンチレーションで湿度の調節ができます。天井のランタンハンガーや側面のポケットも便利。 フライシートとフロアシートともに耐水圧1500mmで、急な雨にも対応できます。扱いやすくて機能性も高いファミリーテントです。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス MDX 2000038139

ワイドなリビングを備えたツールーム型のファミリーテント。天候やシーンに応じて、メッシュ・オープン・クローズとスタイルを変えられます。寝室側にもクロスフレームを採用することで、広い空間を確保しているのがポイントです。

ポールが固定できるアシストクリップが付いているため、1人でも簡単に設営が可能。寝室側のインナーテントを使用しなければ大型のリビングルームとして使えます。ファミリーキャンプはもちろん、グループキャンプや大人数で行うバーベキューなどにもおすすめです。

あたたかい空気を上から排出すると同時に、下から冷たい空気を送り込んで換気ができる「サークルベンチレーションシステム」を搭載。空気の循環によって快適に過ごせるだけでなく、結露も軽減できるのが魅力です。リビングスペース下部には、虫や冷気の侵入を抑えるスカートも付いています。

コールマン(Coleman) パーティーキャビン 3025 2000036439

テントとしてもシェードとしても使える、斬新なスタイルが特徴のファミリーテントです。フレームを広げてシェードを固定するだけで簡単に設営が可能。インナーテントを吊り下げれば寝室として使用できます。インナーサイズは約300×250×215cmで、4~5人で使うのにぴったりです。

テントの壁が垂直に近く床から天井までの空間が広いため、圧迫感が少なくゆったり過ごせます。天井の大きなベンチレーションにより熱気がこもりにくく、3面メッシュの横窓付きで通気性も良好。キャンプはもちろん、バーベキューや運動会など幅広いシーンで活躍するテントです。

ロゴス(LOGOS) Tradcanvas VポールTepee400-BA 71805573

V字型フレーム構造により、居住性をさらに高めたティピー型のファミリーテント。ティピー型の多くは中央に1本のポールを立てるワンポールタイプですが、本製品はV字型のフレームを採用しているためフロアを広く使えます。センターポールがないので、空間を自由にレイアウトできるのも魅力です。

インナーサイズ約幅400×奥行345×高さ215cmと十分な広さがあるため、家族が多い家庭のキャンプにおすすめ。インナーテントを取り外せばタープとしても使用でき、バーベキューなど幅広いアウトドアシーンで活躍します。別売りのタープと組み合わせてさらに拡張することも可能です。

スノーピーク(snow peak) グランベルク M TP-781

ゆったり過ごせるファミリーテントを探している方におすすめの製品。メインポール3本とサブポール6本で設営するロッジ型で、3~5人で使用できます。前後のパネルやサイドウォールを巻き上げるとオープンターブのように使えるため、広いスペースで食事をしたりくつろいだりすることが可能です。

フライシートには、PUコーティングを施した耐水圧2000mmミニマムの300Dポリエステルオックスを採用しているので、急な雨にもしっかり対応できます。UVカット加工により、強い紫外線も防ぐことが可能。フライシート上部にベンチレーションが2か所あり、通気も確保できます。広々とした空間で快適に過ごせるファミリーテントです。

ロゴス(LOGOS) トラッドソーラー ジオデシックドーム-BA 71805572

日差しが強い季節でも快適に過ごせるファミリーテントです。フライシートの内側に紫外線をカットし、太陽光による熱を吸収するトラッドソーラーコーティングを施した生地を採用。生地の性能はUV-CUT率99.9%以上、遮光率100%と謳われており、夏の暑い季節も比較的涼しく過ごせるのが魅力です。

軽量かつ丈夫なアルミフレームを採用するとともに、フレームの交差を増やして耐風性を高めた「ジオデシック構造」も特徴のひとつ。テント上部にベンチレーションを搭載しているため熱がこもりにくく、室内を快適に保てます。

インナーテントは吊り下げ式で着脱が簡単なのに加え、虫や冷気の侵入を防ぐスクリーンタープとしても使用可能。全面に雨や風の侵入を防ぐマッドスカートも付いています。季節や天候を気にせず使える、おすすめのアイテムです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント ヘキサゴン

初心者はもちろん、設営・撤収に手間を掛けたくない方にもおすすめのファミリーテントです。テントを広げて紐を引くだけと、ササっと設営できるのが特徴。重量約4.9kgと軽量で容易に組み立てられます。

ペグやロープ、ペグハンマーなど設営に必要な道具が揃っているため、購入してすぐに使用できるのも魅力。メッシュ付きの入り口と裏面の窓3つに加え、メッシュ仕様の天窓付きで通気性は良好です。熱がこもりにくく結露しにくいので快適に過ごせます。

中身が確認しやすいメッシュポケットが3つ付いており、小物の収納に便利。専用のキャリーバッグに収納すれば約幅25×奥行25×高さ95cmとコンパクトにまとめられ、持ち運びしやすいのもおすすめのポイントです。

スノーピーク(snow peak) アメニティドームエルフィールド AD-020

天候を気にせず使えるドーム型のファミリーテントです。フライシートルーフ部にはテフロン撥水加工に加え、遮光ピグメントPUコーティングとUVカット加工を施した、耐水圧3000mmミニマムの75Dポリエステルタフタを採用。強い雨はもちろん、紫外線による劣化が軽減できるので、日差しの強い夏場でも安心です。

本体サイズは375×440×210cm。広々としたスペースがあり、5~6人程度で使うのにおすすめです。重量が12kgと大型サイズのテントとしては比較的軽量で持ち運びしやすいのも魅力。大きなドアパネルとベンチレーションが各2か所に設けられており、通気性も良好です。

エムエスアール(MSR) ハビチュード6

広々とした空間で心地よく使えるドーム型のファミリーテントです。天井が195cmと高く、立ったまま着替えたり動き回ったりできるのが魅力。フロアは7.71m²と広く、6人程度収容できます。ドアが大きいので出入りも容易です。

フライシートには強度に優れた耐水圧1500mmの68Dリップストップナイロンを、フロアには丈夫な耐水圧10000mmの68Dタフタナイロンを採用。雨天時に安心して使用できるだけでなく、長く愛用できるのもおすすめのポイントです。

ビッグアグネス(BIGAGNES) バンクハウス 6

広い前室にたっぷり荷物が置けるファミリーテントです。前室はテントの前後に1つずつ付いており、靴や荷物を置いておけるので寝室を広く使えます。パネルを跳ね上げれば、前室をより広く使うことが可能です。

フロアは幅254×奥行300×高さ203cmで、6人程度の家族で使うのにぴったり。PU加工を施した耐水圧1500mmのポリエステル生地を採用しているため、突然雨に降られても安心です。

インナーを取り外せば大型のサンシェードとしても使用でき、バーベキューや運動会など幅広いアウトドアシーンで活用できます。付属の収納ケースに入れて70×43×25cmとコンパクトにまとめられるのもポイント。設営が簡単なドーム型なので、初めてのファミリーテントとしてもおすすめです。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントL T8-200

人数が多い家庭にぴったりな大型サイズのファミリーテントです。インナーサイズ約幅410×奥行360×高さ300cmとワイドで、大人だけでも8人程度収容可能。インナーが全面メッシュ仕様であるのに加え、テント上部にベンチレーションが搭載されているため、熱がこもりにくく快適に過ごせます。

本製品は、ペグを打ち込みポールを1本立ち上げるだけなので、設営が簡単です。入り口は2か所に設けられているため使い勝手も良好。ドア部分を跳ね上げればキャノピーとしても使用できます。

フライシートは耐水圧2000mm、フロアは耐水圧5000mmで強い雨に降られても安心。コンプレッション機能付きの付属バッグに収納して、約幅62×奥行25×高さ25cmとコンパクトに持ち運べるのもおすすめのポイントです。

ロゴス(LOGOS) スペースベース・オクタゴン-BJ 71459307

折りたたまれたフレームを伸ばしてロックするだけの「QUICK SYSTEM」により、約5分で組み立てできると謳われているファミリーテント。シートとフレームが一体化している構造なので、パーツを紛失する心配が少なく快適に扱えます。撤収も素早くできるため、時間に余裕がないときでも慌てずに作業することが可能です。

また、ファミリー向けの大型ドームタイプで、居室空間が約幅440×奥行440×高さ215cmと広いのが魅力。ベンチレーションやメッシュ窓もあり、ゆったりと過ごせます。同製品を2つ連結でき、大家族用のモノを探している方にもおすすめ。フライシートの耐水圧は1600mmでUV-CUT加工も施されているので、全天候に対応できます。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) サーカスTC BIG

ゆったりくつろげる広い居室空間が魅力のワンポールテント。素早く設営できる構造なので、キャンプ場での時間を有効に使いたい方におすすめです。出入り口が2か所あるため、テント内に風を通しやすいのが特徴。家族とぶつからずに出入りできます。ドアパネルを開放してシェルターやタープのように使うことも可能です。

遮光性と通気性を兼ね備えた綿混紡のテントで、夏は涼しく冬はあたたかく過ごせます。フルクローズ時でも下部5か所のベンチレーターで換気できるのもポイント。グランドシートの耐水圧は2000mmで、雨が降っても快適に過ごせます。

さらに、個性的なデザインも魅力のひとつ。手間を掛けずに設営できるモノを探している方におすすめです。