ファミリーでのキャンプには、それ相応の大きさのテントが必要になります。人数に合わないテントを選ぶと、不便なばかりか、使わずじまいになってしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、おすすめのファミリー向けテントをご紹介します。家族みんなで快適に使えるテントをぜひ見つけてみてください。

ファミリーテントの選び方

テントの形状で選ぶ

ドーム型

By: amazon.co.jp

ドーム型は、登山やトレッキングにおける定番のテントです。多くのメーカーから製品が発売されており、選択肢が豊富。1人用〜ファミリー用まで、さまざまなサイズのテントが揃っています。さらに、雨・風に強く、本格的な登山でも使用できるモデルが多いのが特徴です。

設営は、テント生地の上部にあるスリーブと呼ばれる通し穴にポールを通すだけと簡単。しかも、ほかのタイプに比べるとリーズナブルな傾向にあります。ファミリーテント選びで、まずチェックしておきたい基本のテントです。

ツールーム/トンネル型

By: amazon.co.jp

ツールーム型は、ドーム型の居住性と機能を拡張した人気のテント。ベッドルームに加えて、リビングスペースも備えています。また、ドーム型に比べて高さのある製品が多いため、開放感のある空間を演出できるのがメリットです。

なお、ドーム型でリビングスペースを確保する場合は、テント設営後にタープを張る必要があるので、二度手間になります。ツールーム型の場合は、そのような手間がかかりません。また、タープとテントがセットになっているため、収納性に優れているのもポイントです。

さらに、リビングスペースのメッシュ部分が大きいので、暑い季節でも快適に使えます。テントで過ごすことが多い方におすすめのタイプです。

ティピー型

By: amazon.co.jp

テントの天井中心部を1本のポールで支えるのが特徴のティピー型テント。円錐形をしており、比較的大人数でも使いやすいのが魅力です。別名、モノポールテントとも呼ばれています。

構造がシンプルなため、テントの設営が容易なのもメリット。テント側面部のペグを地面に打ち付けるペグダウンを行い、支柱となるポールを真ん中に立てるだけです。他タイプのテントに比べてペグダウンの回数が多くなりますが、ペグダウン自体は簡単な作業のため、慣れれば初心者でも短時間で設営できます。

とんがり屋根の可愛らしい形状もポイント。キャンプシーンだけでなく、野外フェスなどでも使用する人が多い注目のテントです。

ロッジ型

By: rakuten.co.jp

ロッジ型は、広い空間を確保できる居住性の高いテント。テントの側面がほぼ垂直になっており、室内の隅でも高さを確保しやすいのがメリットです。空間を無駄なく利用できるため、ファミリーテントにも適しています。

90年代に人気があったタイプですが、以前に比べて商品ラインナップが減少しています。ただし、最近はグランピングブームの影響もあって、人気が回復傾向にありますので、居住性を重視したい方は是非チェックしておきましょう。

使用人数に応じたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

テントの大きさは一般的に「○人用」と表記されています。しかし、これはあくまでも最大収容可能人数を表しているにすぎません。荷物などを考慮して、記載されている人数から1人分差し引いて考えましょう。

初心者や子供連れのキャンプは、荷物が多くなる傾向があります。夜ゆっくり寝られないと、翌日の行動に差し障ることがあるので要注意。余裕のあるサイズのテントを選んでおくと安心です。

また、親子での登山など、徒歩によるアウトドアアクティビティの場合は、携行性を考慮して収納時の重量・サイズもチェックしておきましょう。

設営のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

テントの種類によって、設営のしやすさは異なってきます。設営しやすいテントの代表格が「ドーム型」で、テントのスリーブに2本のポールを通して天井部で交差させるだけ。その後フライシートで上から覆います。初心者でも簡単に設営できる人気のテントです。

また、「ツールーム型」の設営も基本はドーム型と同じです。ただし、リビングスペースがあるため、キャノピーポールと呼ばれる支柱を立ててタープを張ります。さらに、1本のポールを支柱とする「ティピー型」も、設営が簡単なテントです。

雨や風がある場合は、設営が意外と大変なもの。初心者は設営のしやすさもチェックしておきましょう。できれば前もって家の中や庭などで、設営の練習をしておくと安心です。

耐水性をチェック

テントは、フライシート・インナーテント・グラウンドシートから構成されるのが一般的。雨を直接受けるフライシートや地面に接するグラウンドシートは、とくに水が侵入しやすい部分です。そのため事前に耐水性をチェックしておきましょう。

テントの耐水性は「耐水圧」と表記され、どの程度の水圧まで水が侵入しないかを表しています。キャンプの場合、耐水圧1500mm以上のテントを選んでおくと安心です。高い山は雨や風が強い傾向にあるので、ファミリーでの登山の際は2000mmを目安にするとよいでしょう。

テントの素材には、防水加工されたナイロンやポリエステルが使われているのが一般的。ともに耐水性は良好ですが、ナイロンは水を含むと重くなり、乾きにくい性質があります。また、紫外線によって変色・劣化しやすいのもデメリット。日光・雨を直接受けるフライシートは、ポリエステル素材のモノを選ぶと安心です。

拡張性をチェック

By: amazon.co.jp

キャンプサイトにおいてテントを寝室と考えると、タープはリビングの役割を果たします。テントには丸みを帯びたドーム型や、小屋のようなツールーム型、円錐形のティピー型など、形状によっていくつかタイプが分かれていますが、タープも六角形のヘキサタープや四角形のレクサタープ、ひし形のウイングタープなど、いくつか種類があるので、それぞれ違いを確認しておきましょう。

なお、ファミリー向けのテントのなかにはキャノピーが伸びるタイプもありますが、これは玄関程度のもの。テントとタープを併用することで居住空間の利便性や快適さがアップするので、組み合わせを考えておくのは重要なポイントです。購入の際は拡張性を意識して、事前に設営シーンをイメージしておきましょう。

ファミリーテントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) エクスカーションティピー 325

コールマン(Coleman) エクスカーションティピー 325

比較的リーズナブルな価格の4人用テントです。初心者でも30分以内で設営できる人気のモデル。ティピー型テントですが、前室を備えているのもポイントです。荷物置き場になるほか、出入りの際に雨風が吹き込んでくるのを軽減してくれます。

インナーテント上部には2つのベンチレーション、そしてメッシュポケット・電源コード引き出し口・ランタンハンガーを備えており、使い勝手がよいのもメリットです。

リーズナブルなエントリーモデルながら、基本を押さえたテント。耐水圧はフライシート・グラウンドシートともに1500mmと、十分な防水性能を備えています。4人家族のキャンプ入門用としてもおすすめです。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス

テントとスクリーンタープがセットになった、コールマンの4〜5人用ツールームテントです。クロスポールとトンネル式フレームワークを組み合わせた構造に加え、直径16mmの丈夫なアルミ合金製メインポールにより、風に強いのがメリットです。

フライシートはUVカット加工・防水加工が施されたポリエステル製。グラウンドシートは210Dと厚手のポリエステル素材を採用しています。ともに、耐水圧2000mmと耐水性能も優秀です。

ポールをしっかり固定できるアシストクリップが付属しており、1人でも設営がラクラク。また、インナーテントが吊り下げ式なので、雨の時でもインナーテントを濡らさずに設営・撤収できます。初心者の方におすすめのリーズナブルなファミリーテントです。

コールマン(Coleman) タフドーム 3025

コールマン(Coleman) タフドーム 3025

耐久性や設営の容易さ、テントスペースの広さが特徴のテント。サイズは約幅300×奥行き250×高さ175cmと、広々としており開放感があるのが特徴です。

背の高いテントで懸念される雨風への対応に配慮しているのもポイント。耐水圧は2000mm、防風性は15m/sをカバーしており、悪天候時にも安心して過ごせます。

また、本製品はアシストクリップを採用することで、組み立てやすいのも魅力。シンプルな構造で設営しやすいのでおすすめです。キャンプ初心者の方はぜひチェックしておきましょう。

コールマン(Coleman) タフワイドドーム IV/300

コールマン(Coleman) タフワイドドーム IV/300

4〜6人程度がくつろげるファミリー向けのテント。アルミ素材の強靭なメインポールや居住性を高めるサークルベンチレーションを採用しているのが特徴です。

アシストクリップや2ラインジッパーのDドアで設置もスムーズ。トータルバランスに優れたおすすめのテントです。

スノーピーク(snow peak) ヴォールト テント&タープ エントリーパック TT SET-250

スノーピーク(snow peak) ヴォールト テント&タープ エントリーパック TT SET-250

ツールーム型テントと、ヘキサタープがセットになった4人用モデルです。タープ・フライシート・グラウンドシートにはポリエステル素材を採用。防水加工PUコーティングが施されており、耐水圧が1800mmと高いのがメリットです。さらに、タープおよびフライシートはUV加工・テフロン加工済み。紫外線の影響を受けにくく、汚れにくいテントです。

インナーテントは、フライシートに吊り下げることにより設営可能。インナーを外してフライシートだけでシェルターとしても利用できます。スノーピーク製品のなかでは比較的リーズナブルなのもポイントです。

スノーピーク(snow peak) エントリー2ルーム エルフィールド

スノーピーク(snow peak) エントリー2ルーム エルフィールド

ベットルームとリビングルームがセットになった2ルームタイプのテント。曲面のフォルムを採用することで雨風を効率よく受け流し、安定した居住空間を維持できるのが特徴です。

また、リビング部分には外気の侵入を防ぐ「マッドスカート」が用意されているのもポイント。大型のメッシュパネルも付いているため、肌寒い季節のキャンプでも快適に過ごせます。

テント内は開放的で、テーブルやチェアを置けるのも魅力。ベッドルームは吊り下げ式で、取り外せば大型のシェルターとしても活用できます。

スノーピーク(snow peak) アメニティドームM SDE-001R

スノーピーク(snow peak) アメニティドームM SDE-001R

ハイスペックなうえに、比較的良心的な価格帯のドーム型テント。入門用として多くのユーザーから支持されており、ベストセラーとなっているアイテムです。

あまり高さがないほか、丸みを帯びたシルエットを採用することによって風対策に配慮。一方、サイドドアパネルは大きいので、フロントパネルを閉じたままでもスムーズに出入りすることができます。リーズナブルながら満足感のあるおすすめのテントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UA-35 CSクラシックス オクタゴン460UV

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UA-35 CSクラシックス オクタゴン460UV

定員7〜8人用の大型ティピータイプテント。フロアの形状は、空間を効率的に利用できるオクタゴンを採用しています。インナーテントのサイズは、約幅420×奥行き450×高さ300cm。中心部のポールには、丈夫なスチール素材を使用しています。また、前室部ひさし用のポールが2本付属しているのもポイントです。

フライシートとグラウンドシートはポリエステル製。それぞれ耐水圧2000mmと3000mmに対応しており、防水性能が高いのもメリットです。18本のペグは軽くて扱いやすいジュラルミン製。ハンマーも1本付属しています。価格も7〜8人用の大型テントとしては安く、コスパの高いおすすめモデルです。

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル XL-AI XL ツールーム型

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル XL-AI XL ツールーム型

1996年に発売された、ロゴスを代表する5人用テントです。ベッドルームとリビングスペースを備えた2ルーム構造を採用しています。リビングスペースの前面は、キャノピーポールで支えるだけで自立。インナーテントを外して、フライシートだけで設営すれば、さらに開放的なスクリーンタープとしても使えます。

フライシート・グラウンドシートの素材には、難燃性のポリエステルタフタを使用。耐水圧は、フライシートが2000mm、グラウンドシートが3000mmに対応しています。フライシートが中心部から湾曲しており、雨水が溜まりにくい構造なのもポイントです。

フライシート全面下部にはマッドスカートを配置。雨水や虫の侵入を防ぎます。また、ジッパー付きの電源コード口を備えており、冷気・雨水を遮断しながら電気を取り込むことが可能です。さらに、車体連結用ジョイントも標準で付属。オートキャンプで利用しやすいファミリーテントです。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 400 ティピー型

ロゴス(LOGOS)  ナバホ Tepee 400 ティピー型

側面にアメリカ先住民ナバホ族の伝統的織り柄を使った、ユニークなデザインのティピー型4人用テントです。カラフルなフラッグが付いた、4本のロープが付属しています。野外フェスなどのテントサイトでも目立つデザインで、子供が判別しやすいのがメリットです。

設営が簡単なのも魅力。インナーテントのペグを固定した後、フライシートを掛けてポールを立てます。最後に、フライシートのロープを張ったら出来上がりです。重量は5.8kgと軽量で、収納時のサイズは約幅56×高さ21cmと持ち運びも簡単。便利な収納バッグも付属しています。

インナーテント上部はメッシュ仕様となっており、フライシート天井部の換気窓は外からでも開閉できるなど、換気性も良好。また、地面の冷気や湿気を遮断するインナーマットはクッション性を備えており、地面の凹凸にもしっかり対応できます。テントへの雨水の侵入を防ぐグラウンドシートも付属した、おすすめのテントです。

オガワ(ogawa) ティエラ ラルゴ 5人用ロッジドーム 2760

オガワ(ogawa) ティエラ ラルゴ 5人用ロッジドーム 2760

オガワの5人用テントのハイエンドモデル。約幅310×奥行き620×高さ210cmという、余裕ある空間が特徴のロッジ型テントです。スタンダードモデル「ティエラ5-EX」に比べて、長さを約100cm延長したことにより、約1.34倍のリビングスペースを確保しています。

フライシートは、耐水圧1800mmのポリエステル素材。グラウンドシートは耐水圧10000mm以上の防水仕様となっています。なお、フライシートにはUVカット加工が施されているため、素材劣化の原因となる紫外線に強く、耐久性も良好です。さらに、テフロン加工済みなのもメリット。油をはじく撥油性、汚れにくい防汚性、そして耐摩擦性に優れています。ただし、総重量は22kgと比較的重め。オートキャンプにおすすめの大空間テントです。

ダンロップテント(DUNLOP) VS40テントセット ドーム型 4人用

ダンロップ(DUNLOP) VS40テントセット ドーム型 4人用

オールシーズン使える、ダンロップのコンパクトな4人用ドーム型テントです。総重量約2.25kgと4人用テントにしては軽量。インナーテントにフライシートを備えたダブルウォール構造を採用しており、雨や風に強いモデルです。

フライシートとインナーテント素材には、軽量なポリエステルリップを採用。グランドシートには厚手のポリエステルタフタを採用しています。ポリエステル素材はナイロンに比べて水分吸収率が低いため、水に濡れても重くなりにくく乾きが速いのがメリットです。また、ポリエステルは紫外線に強いほか、耐久性も優れています。

さらに、設営のしやすさも本モデルのメリットです。吊り下げ式を採用しており、4隅のスリーブにポールをセットした後、ポールをインナーテント上部のスクリューフックに掛けるだけ。登山を楽しむファミリーにおすすめのモデルです。

ディーオーディー(DOD) カマボコテント2

ディーオーディー(DOD) カマボコテント2

製品名の通りカマボコ型を採用した、大型の2ルーム型テント。前方と両サイドに付いたキャノピードアが特徴で、換気したい際はオープンに、暖かさを逃したくない場合は全面クローズにと、気分に合わせてスムーズに対応することができます。

就寝の定員は5名ですが、リビング空間はかなり広く、大人10人がくつろげるほど広々。天井の高さは195cmと窮屈さを感じず、テーブルやチェアが設置できるのもポイントです。