ファミリーでのキャンプには、それ相応の大きさのテントが必要になります。人数に合わないテントを選ぶと、不便なばかりか、使わずじまいになってしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、おすすめのファミリー向けテントをご紹介します。家族みんなで快適に使えるテントをぜひ見つけてみてください。

ファミリーテントの選び方

テントの形状で選ぶ

ドーム型

By: amazon.co.jp

ドーム型は、登山やトレッキングにおける定番のテントです。多くのメーカーから製品が発売されており、選択肢が豊富。1人〜ファミリー用まで、さまざまなサイズのテントが揃っています。さらに、雨・風に強く、本格的な登山でも使用できるモデルが多いのが特徴です。

設営は、テント生地の上部にあるスリーブと呼ばれる通し穴にポールを通すだけと簡単。しかも、ほかのタイプに比べるとリーズナブルな傾向にあります。ファミリーテント選びで、まずチェックしておきたい基本のテントです。

ツールーム/トンネル型

By: amazon.co.jp

ツールーム型は、ドーム型の居住性と機能を拡張した人気のテント。ベッドルームに加えて、リビングスペースも備えています。また、ドーム型に比べて高さのある製品が多いため、開放感のある空間を演出できるのがメリットです。

なお、ドーム型でリビングスペースを確保する場合は、テント設営後にタープを張る必要があるので、二度手間になります。ツールーム型の場合は、そのような手間がかかりません。また、タープとテントがセットになっているため、収納性に優れているのもポイントです。

さらに、リビングスペースのメッシュ部分が大きいので、暑い季節でも快適に使えます。テントで過ごすことが多い方におすすめのタイプです。

ティピー型

By: amazon.co.jp

テントの天井中心部を1本のポールで支えるのが特徴のティピー型テント。円錐形をしており、比較的大人数でも使いやすいのが魅力です。別名、モノポールテントとも呼ばれています。

構造がシンプルなため、テントの設営が容易なのもメリット。テント側面部のペグを地面に打ち付けるペグダウンを行い、支柱となるポールを真ん中に立てるだけです。ほかのタイプのテントに比べてペグダウンの回数が多くなりますが、ペグダウン自体は簡単な作業のため、慣れれば初心者でも短時間で設営できます。

とんがり屋根の可愛らしい形状もポイント。キャンプシーンだけでなく、野外フェスなどでも使用する人が多い注目のテントです。

ロッジ型

By: rakuten.co.jp

ロッジ型は、広い空間を確保できる居住性の高いテント。テントの側面がほぼ垂直になっており、室内の隅でも高さを確保しやすいのがメリットです。空間を無駄なく利用できるため、ファミリーテントにも適しています。

90年代に人気があったタイプですが、以前に比べて商品ラインナップが減少しています。ただし、最近はグランピングブームの影響もあって、人気が回復傾向にありますので、居住性を重視したい方は是非チェックしておきましょう。

使用人数に応じたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

テントの大きさは一般的に「○人用」と表記されています。しかし、これはあくまでも最大収容可能人数を表しているにすぎません。荷物などを考慮して、記載されている人数から1人分差し引いて考えましょう。

初心者や子供連れのキャンプは、荷物が多くなる傾向があります。夜ゆっくり寝られないと、翌日の行動に差し障ることがあるので要注意。余裕のあるサイズのテントを選んでおくと安心です。

また、親子での登山など、徒歩によるアウトドアアクティビティの場合は、携行性を考慮して収納時の重量・サイズもチェックしておきましょう。

設営のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

テントの種類によって、設営のしやすさは異なってきます。設営しやすいテントの代表格が「ドーム型」で、テントのスリーブに2本のポールを通して天井部で交差させるだけ。その後フライシートで上から覆います。初心者でも簡単に設営できる人気のテントです。

また、「ツールーム型」の設営も基本はドーム型と同じです。ただし、リビングスペースがあるため、キャノピーポールと呼ばれる支柱を立ててタープを張ります。さらに、1本のポールを支柱とする「ティピー型」も、設営が簡単なテントです。

雨や風がある場合は、設営が意外と大変なもの。初心者は設営のしやすさもチェックしておきましょう。できれば前もって家の中や庭などで、設営の練習をしておくと安心です。

耐水性をチェック

テントは、フライシート・インナーテント・グラウンドシートから構成されているのが一般的。雨を直接受けるフライシートや地面に接するグラウンドシートは、とくに水が侵入しやすい部分です。そのため事前に耐水性をチェックしておきましょう。

テントの耐水性は「耐水圧」と表記され、どの程度の水圧まで水が侵入しないかを表しています。キャンプの場合、耐水圧1500mm以上のテントを選んでおくと安心です。高い山は雨や風が強い傾向にあるので、ファミリーでの登山の際は2000mmを目安にしてみてください。

テントの素材には、防水加工されたナイロンやポリエステルが使われているのが一般的。ともに耐水性は良好ですが、ナイロンは水を含むと重くなり、乾きにくい性質があります。また、紫外線によって変色・劣化しやすいのもデメリット。日光・雨を直接受けるフライシートは、ポリエステル素材のモノを選ぶと安心です。

拡張性をチェック

By: amazon.co.jp

キャンプサイトにおいてテントを寝室と考えると、タープはリビングの役割を果たします。テントには丸みを帯びたドーム型や、小屋のようなツールーム型、円錐形のティピー型など、形状によっていくつかタイプが分かれているのが特徴。タープも六角形のヘキサタープや四角形のレクサタープ、ひし形のウイングタープなど、いくつか種類があるので、それぞれ違いを確認しておきましょう。

なお、ファミリー向けのテントのなかにはキャノピーが伸びるタイプもありますが、これは玄関程度のもの。テントとタープを併用することで居住空間の利便性や快適さがアップするので、組み合わせを考えておくのは重要なポイントです。購入の際は拡張性を意識して、事前に設営シーンをイメージしておきましょう。

ファミリーテントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン ツールームハウス 170T14150J

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン ツールームハウス 170T14150J

ツールーム型のファミリーテントです。就寝スペースの横に家族4人がゆったり過ごせる、大きなリビングスペースを備えているのが特徴。天気の変化に左右されることなく、食事をしたり会話を楽しんだりしたい方におすすめのモデルです。

リビンクスペースの3面には大型のメッシュ窓が装備されているため、虫の侵入を防ぎながら通気性を確保することが可能。春から夏にかけてのキャンプも、快適に過ごせるのが魅力です。キャノピーポールが付属しており、出入り口のシートを立ち上げることで、さらに広い居住空間が作れます。タープを張らなくても、家族全員で快適に過ごせるファミリーテントです。

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5 CPR-5UV

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5 CPR-5UV

ユーザーの声を反映した製品づくりが得意な、山善が販売するキャノピードーム型のファミリーテントです。手頃な価格で購入できるため、初めてキャンプに挑戦するファミリーにもおすすめのモデル。4人家族が使用するのに最適な大きさです。広い前室を備えているため、大切な荷物や靴を夜露で濡らしてしまう心配もありません。

見た目以上に広い居住空間が魅力。ドームテントながら、ほぼ垂直に壁面が立ち上がる構造を採用しているため、壁際でも圧迫感が少ないのが特徴です。テント生地にはUVコーティングが施されており、日差しの強い夏場のキャンプでも安心して使えます。メッシュポケットやランタンフックなど、アウトドアで便利な装備が充実しているモデルです。

ディーオーディー(DOD) ビッグワンポールテント

ディーオーディー(DOD) ビッグワンポールテント

かまぼこテントなどユニークな製品で人気の、DODが販売するティピー型のテントです。8人が就寝可能なゆったりサイズの室内は、大家族用のファミリーテントとしてもおすすめ。4人家族であれば、ふた家族で一緒に就寝することもできるので、子供達も大喜びです。

頭頂部には熱や湿気がこもらないよう排出できる、ベンチレーターを装備。また、インナーテントは前面メッシュ仕様にしてあるなど、通気性は抜群です。脱いだ靴を置いておける、便利な前室を備えています。2箇所の出入り口は、ポールを使いキャノピーにすることも可能。荷物の仮置場として使えるほか、雨天時の出入りにも重宝します。

オガワ(ogawa) ロッジシェルター2 3378

オガワ(ogawa) ロッジシェルター2 3378

アウトドア用品の老舗ブランド、「オガワ」が取り扱うロッジ型テントです。立って歩くことも可能な広い室内空間が魅力で、ファミリーテントとしてもおすすめのモデル。設営にはある程度の慣れと時間が必要ですが、内部の開放感はドーム型テントの比ではありません。長期滞在型のキャンプに最適です。

側面のフライシートは2分割式を採用しており、左右単独での開閉も可能。両方開きポールで固定することで大きなタープ代わりに使ったり、寝室エリアだけ閉じておいたりと、シーンに応じて使い分けられるので便利です。また、前面の天井部には大型のベンチレーターを装備。湿った空気を効率的に排出できるため、結露の発生を最小限に抑えた、快適な室内環境を維持できます。

スノーピーク(snow peak) エントリーパックTT

スノーピーク(snow peak) エントリーパックTT

高品質なモノづくりで人気があるスノーピークの4人用テントです。本ブランドのテント全般に共通した、全高を抑えた滑らかなシルエットが特徴。強い風にも影響されにくい、安心して寝られるファミリーテントを探している方におすすめのモデルです。大きな前室を備えており、夜間の夜露に濡れないよう、荷物やキャンプ道具などを収納できるので重宝します。

吊り下げ式のインナーテントは、簡単に取り外しが可能。シェルターとしても利用できます。生地にはPUコーティングを施した、耐水圧1800mm以上のポリエステルタフタ素材を使用しており、急な雨でも安心です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワンポールテント オクタゴン CSクラシックス

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワンポールテント オクタゴン CSクラシックス

本製品は、1本のポールで設営できるティピー型のテントです。オフホワイトのフライシートが、クラシカルな雰囲気でおしゃれ。ほかの家族連れキャンパーとは違う、個性的なファミリーテントを探している方におすすめのモデルです。

出入り口のドアは付属のポールで固定して、キャノピーにすることも可能。ちょっとした日よけとして使えるほか、雨が降っているときの出入りにも便利です。7〜8人が就寝可能な広さがあるため、家族全員の荷物も余裕で室内に保管できます。

コールマン(Coleman) タフドーム 3025 スタートパッケージ

コールマン(Coleman) タフドーム 3025 スタートパッケージ

本製品は、専用のグランドシートと、インナーシートがセットになったモデルです。初めてキャンプに挑戦する家族の、ファミリーテントとしてもおすすめ。横幅が約300cmあるため、親子4人がゆったりと寝られるのも魅力です。また、全高が約175cmと高いのもポイント。

高さに余裕があるため、室内での着替えも楽にできます。LEDランタンが吊るせるハンガーや、小物を収納しておけるメッシュポケットなど、便利装備も充実。コード引き出し口が付いているので、電源付きのテントサイトで重宝します。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント

組み立てが簡単な、ワンタッチタイプのファミリーテントです。紐を引っ張るだけなので、女性でも短時間での設営が可能。設営に時間をかけず、キャンプ場での遊び時間をできるだけ長くとりたい方におすすめのモデルです。5人用の大型テントですが、丈夫なグラスファイバー素材のポールを6本使用することで、強度を確保しています。

天井部と側面にはメッシュ窓を装備。効率的に換気ができるだけでなく、虫の侵入を防ぎながら外の涼しい風を取り入れられるので便利です。生地には撥水処理が施されていますが、フライシートもないため雨天の使用はおすすめしません。防水仕様ではないので、使用環境には留意しましょう。

ディーオーディー(DOD) プレミアムワンタッチテント

ディーオーディー(DOD) プレミアムワンタッチテント

本製品は、傘を広げる要領で簡単に立ち上げ可能なファミリーテント。小さな子供連れで設営に時間をかけられない方や、キャンプ初心者の方にも安心なおすすめモデルです。ワンタッチタイプでありながら、広々としたゆとりの空間が魅力。室内高が約190cmもあり、大人でも立って歩けるうえ、テント内での着替えも楽にできるので便利です。

大きな前室を備えているのもポイント。夏の強い日差しを避けて食事をしたり、就寝時には道具を収納しておいたりと重宝します。2箇所の出入り口だけでなく、両サイドの上下にもメッシュ窓を配置。外の涼しい風を取り込みながら、湿った暖かい空気を効率的に排出することで、快適に過ごせるファミリーテントです。

ロゴス(LOGOS) PANEL スクリーンドゥーブル XL AI-LIMITED 71805061

ロゴス(LOGOS) PANEL スクリーンドゥーブル XL AI-LIMITED 71805061

広いリビンスペースを備えた、ツールームタイプのファミリーテントです。出入り口のドア部に筋交いを入れた「PANEL SYSTEM」を採用しているのが特徴。簡単に自立させられるキャノピーとして使用したり、車とジョイントさせたりと、さまざまな使い方に対応できるのが魅力です。

また、筋交いにより中央部が膨らんだ形状をしているため、雨が降っても水が溜まる心配もありません。タープを張らずに、手軽にキャンプを楽しみたい方におすすめのモデルです。