テントは自然の中で強い日差しを遮ってくれたり、雨風を防いでくれたりとキャンプ場での快適性を左右する重要なアイテムです。沢山のメーカーからさまざまな機能やデザインを持ったモデルが販売されており、購入の際に迷われる方も多いでしょう。

そこで今回はテントの製造・販売をしている国内や海外の有名なメーカーと、代表的なモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

テントのおすすめメーカー|日本メーカー

モンベル(mont-bell)

モンベルは1975年に辰野勇が真崎文明・増尾幸子ら2人の山仲間と共同で設立した会社です。大阪に本社があり登山やアウトドア用品の企画から製造・販売を行っています。「Light & Fast」と「Function is Beauty」が製品開発のコンセプト。テントでは月明かりの下でも素早く設営可能なムーンライトシリーズが有名です。

また、アウトドア用品の販売にとどまらず、自然環境保全意識の向上やエコツーリズムを通じた地域経済の活性など7つのミッションを掲げ、さまざまな分野で活動しています。

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型

モンベルが販売する1〜2人用のテントです。モデル名の通り月明かりの下でも簡単に設営できるのが特徴。ポール素材には7001超々ジュラルミンを採用し、重量2.1kgという軽量ボディを実現しています。収納時のサイズも高さ40×直径15cmとコンパクトなため、自転車旅行やバイクツーリングに最適です。

また、A型のフレーム形状により居住性がよいのも魅力。フロアとフライシートにはそれぞれ、耐水圧2,000mmと1,500mmのウレタンコーティングを施した生地が使用されており、雨の多い日本でも安心してキャンプを楽しめます。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 1型

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 1型

本モデルは1〜2人用の3シーズンに対応したテントです。モンベル独自のポールを直角に交差させるバーティカル・クロス・システムを採用しており、広い居住空間を実現しているのが特徴。ショックコードを内蔵した一体型のポールとソケットにより、短時間での設営や撤収が可能です。

また、ポール素材には7001超々ジュラルミンが使われており、本体重量も1.95kgと軽量。ツーリングを始めトレッキングやバックパッキングにも最適です。持ち運びに便利な収納バッグが本体用とポール用にそれぞれ付属しています。

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 5型

モンベル(montbell) ムーンライトテント 5型

モンベルが販売するテントでは、最も歴史のある定番モデルです。月明かりの下でも容易に設営できるのが特徴。キャンプ地への到着が遅れて日が暮れてしまっても、慌てずに素早く就寝準備ができます。

対応する収容人数は4〜5人で本体重量が4.9kgあるため、車で移動するグループや家族でのキャンプにおすすめです。フライシートには耐水圧1,500mmのウレタンコーティングを施したポリエステル・タフタを使用しており、雨の多い季節でも安心して使用できます。

スノーピーク(snow peak)

スノーピークは登山家でもあった山井幸雄により1958年に設立されました。新潟県三条市に本社を構え、アウトドアやアパレル製品の開発から製造・販売を行っています。日本のオートキャンプブームを牽引した会社としても有名です。

「人生に、野遊びを」をスローガンに顧客本位の高品質なモノ作りを行なっています。自社製品の品質に責任を持つのは当然との考えから保証書はあえて付けず、製造上の欠陥による不具合については期間を設けず無償で修理・交換対応を行っています。

スノーピーク(snow peak) アメニティドーム S

スノーピークのベストセラーテントで、収容人数は3人まで対応しています。リーズナブルな価格設定でキャンプ入門者用としても人気のテントです。インナーテントとフライシートのテープは色分けがされており、合わせる部分を同色にするなど初心者でも簡単に設営できるよう工夫がされています。

本体の高さを抑え形状に丸みを持たせることで高い耐久性を実現。風の強いフィールドでも安心して使用できます。フライシートにはPUコーティングを施した耐水圧1,800mmの生地を使用しているため、突然の雨でも慌てる心配はありません。また、UVカット加工も施されており、夏場の強い日差しも防いでくれます。

スノーピーク(snow peak) エントリー2ルーム エルフィールド TP-880

スノーピークが販売する2ルームタイプのテントです。就寝エリアとリビングが一体になっているのが特徴で、別途タープを設営する必要がありません。リビング部分には外気の侵入を防ぐスカートを装備。大型のメッシュパネルもついているため、寒い季節から暑い季節まで快適に過ごせます。

リビングは立って歩くこともできる開放的な空間が魅力。テーブルを置ける広さもあり、食事をしたり読書をしたりとゆったりくつろぐことが可能です。また、1,800mmの耐水圧をもった本体生地と、同性能の生地を使用したルーフシートを備えており、多少の雨でも安心して使用できます。 

スノーピーク(snow peak) ランドロック TP-671R

スノーピークが販売する6人用の大型テントです。リビングと就寝エリアが一体になった2ルームタイプで、インナーテントを取り外し大型シェルターとしても使用できるのが特徴。雨風や害虫の侵入を防ぎながら、大人数で食事をすることが可能です。

左右のサイドウォールには大型のメッシュパネルを装備しており通気性も抜群。また、テント上部にも大型のベンチレーションがあるため、窓を開けられない雨天でも効率的に換気ができます。本体ルーフ部にはPUコーティングを施した耐水圧3,000mmの生地を採用。ウォール部分にも耐水圧1,800mmの生地を使用しており、雨の日でも安心して過ごせます。

ロゴス(LOGOS)

ロゴスは1928年に大阪で創業した船舶用品問屋「大三商会」が前身の会社で、1953年に設立されました。アウトドア用品やウエアなどの企画から販売・製造を手がけるアウトドアの総合ブランドです。

ブランドポリシーは「海辺5メートルから標高800メートル」。ファミリーブランドとして深い海でも高い山でもない、誰もが気軽に楽しめるフィールドの範囲で役立つ製品づくりを目指しています。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 400

ロゴスが販売するナバホ柄のティピーテントです。別名インディアンテントとも呼ばれ、ポールが1本だけというシンプルな構造が特徴。インナーテントをペグで固定し、フライシートを被せポールで立ち上げるだけの手軽さが魅力です。

収容人数は4人まで対応しており、カップルや家族キャンプに最適。フライシートには耐水圧1,600mmの生地を使用しているため、急な雨でも慌てる心配はありません。フライシート上部に装備された換気窓で、室内の温度と湿度コントロールができます。人とは違ったおしゃれなテントサイトを演出したいキャンパーにもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) ROSY ツーリングドーム

ロゴスの1人用テントです。収納サイズは約52×12×12cmと小さく、重量も約2.4kgと軽量なためツーリングキャンプに最適。フレームを通すスリーブの片側を袋状にしてリングピンを通す作業を省くなど、1人でも簡単に組み立てられる工夫が施されています。

インナーテントの全面を覆わないハーフフライ仕様のため、熱がこもりにくく暑い季節でも快適。また、購入価格が1万円を切るコスパの高さも魅力です。

ロゴス(LOGOS) neos PANEL ドゥーブル

ロゴスを代表する2ルームタイプのテントです。4〜5人が利用可能なリビングと就寝スペースを備え、インナーを取り外すことで大型のスクリーンタープとして使用することもできます。リビング正面の大型ドアには、フレームをX字に通しドーム状にした画期的なパネルシステムを採用。

2本のポールだけでタープとして使用したり、中央にランタンを吊り下げたりすることも可能です。簡単にリビングエリアの拡張ができて便利。ドーム形状のため、雨が降っても水が溜まる心配もありません。また、サイドの大型ドアには回転式のジッパーを採用し、開閉時にジッパーのつまみを持ち替える必要がないような工夫が施されています。 

ユニフレーム(UNIFLAME)

ユニフレームは新潟県の燕市に本社と工場を構え、アウトドア用品や業務・家庭用調理器具などの製造販売を行っている会社です。2014年には社名が信越ワークスに変更されています。ブランド名のユニフレームは「ユニークな炎(フレーム)を創造する」との理念から名付けられました。

カセットガスを使用したコンパクトなバーナーやランタンが有名ですが、2000年にユニフレーム初のテント及びタープ「エアグランド」シリーズを発売。その後も非対称形状やタープのメインポールに吊り下げる新発想のテントなどを開発しています。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOルーム4プラスII

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOルーム4プラスII

1本のポールだけで簡単に設営ができる、ユニフレームの4人用テントです。本体背面にアルミフレームを採用することにより、居住性と強度を確保しています。210cmと大きく張り出した前室を備えており、雨でも濡れずに出入りができて便利です。

インナーテント下部にメッシュ窓を、天井部にはベンチレーションを装備しているため、テント内の温度・湿度コントロールが容易にできます。また、インナーテントは吊り下げ式を採用。雨の日でもフライシートを張ったままで撤収作業が行えます。

ディーオーディー(DOD)

ディーオーディーは大阪に本社を持ち、自転車用品ブランド「DOPPELGANGER」でも有名な、ビース株式会社が運営するアウトドア用品のブランドです。「アウトドアをワクワクするソト遊びに」をコンセプトに、機能的でファッション性の高い製品の開発・販売を行なっています。

リビングと寝室が一体になったドーム形状のカマボコテントや、靴を脱いでくつろぐという日本人の生活スタイルをキャンプ場で実現する、ワンルームスタイルのタケノコテントなどユニークな製品を展開しています。

ディーオーディー(DOD) カマボコテント2 T5-489

オールシーズン対応の、2ルーム型カマボコテントです。大人10人がくつろげる3×4.2mの広いリビングを備えているのが魅力。標準仕様での就寝定員は4〜5人ですが、オプション販売のインナーテントをもう一つ取り付けることにより、最大10人が就寝可能なエリアを確保できます。

グループや家族連れなど、大人数でのキャンプや野外アクティビティーに最適です。フライシートには耐水圧3,000mmの生地を、フロアシートには耐水圧5,000mmの生地を使用しており、多少の雨でも安心してくつろげます。収納サイズは直径32×68cmとコンパクトなため持ち運びも楽です。

ディーオーディー(DOD) タケノコテント T8-495

リビングでは靴を脱いでくつろぐという、日本人の生活スタイルをキャンプに取り入れたワンルーム型のテントです。8人用の室内は約8.6畳の広々とした空間で、垂直に立った壁面によりテント内の端でも圧迫感がありません。

天井部分には、結露の発生を抑え快適な室内環境を保ってくれる透湿性のあるポリコットン素材を採用。夏場は全ての壁面に装備したメッシュ窓から風を取り入れることができ、冬にはフロア全周をカバーするスカートが冷たい外気の侵入を防いでくれるオールシーズン使えるテントです。

小川(ogawa)

小川は1914年に創業した、テントやキャンプ用品の企画から製造販売を手がけるアウトドアの老舗ブランドです。現在は東京に本社のあるキャンパルジャパンが「ogawa」ブランドを保有し運営しています。テント専門メーカーらしくツーリングに使用できる小型のタイプから、大型のロッジタイプまで豊富な製品ラインナップが魅力です。

テント製造の歴史が長く、製品の信頼性が高いことも本ブランドの特徴。今から50年以上も前に、欧米向けのレジャー用テントを輸出しており、世界から高い評価を受けていたことが伺えます。

小川(ogawa) ステイシーST-2

小川が販売する2〜3人用のドーム型テントです。インナーテントはフックによる吊り下げ式を採用しており、短時間での設営・撤収が可能。前面左右の出入口にはファスナーを上げると同時にフラップもめくれ上がる、使い勝手のよい工夫が施されています。

本体重量は約2.7kgと軽量で、収納サイズも約44×21×21cmとコンパクトなため、ツーリングやカップルでのキャンプに最適です。フライシート、グランドシートともに耐水圧1,800mmのポリエステル生地を使用しており、多少の雨でも慌てることなくキャンプを続けられます。

小川(ogawa) ピスタ5

小川が販売する5人用のテントです。設営と撤収が簡単に素早く行える、クロスフレーム構造を採用。奥行きが130cmとたっぷりある前室は、靴や荷物を置いておくのに便利です。前面と背面の出入口には大型のメッシュ窓を装備しており、暑い季節でも外の風を取り入れて快適に過ごせます。

また、インナーテント上部に設けられた2箇所のベンチレターは、湿気を逃し結露を防ぐのに効果的です。テント内にはメッシュポケットや、天頂部ループなどが備え付けられており、小物を入れたりLEDランタンを吊るしたりと便利に使えます。

テントのおすすめメーカー|海外メーカー

コールマン(Coleman)

コールマンは1900年にアメリカで設立されたアウトドア用品の老舗メーカーです。設立当初はガソリン式ランプを販売していましたが、電灯の普及にともない屋外でも使用できるガソリン式ランタンを開発し販売。第二次世界大戦中にアメリカ軍から要請を受け開発した、調理用のガソリン式ストーブの性能が高かったことから、コールマンの知名度は一気に上がりました。

第二次世界大戦以前からアメリカでのオートキャンプブームに着目していたコールマンは、戦後もアウトドア向けアイテムのラインナップを拡大。現在ではキャンプ用テントを始め、さまざまなアウトドア用品を展開する日本でも人気のメーカーとなっています。

コールマン(Coleman) ツーリングドーム ST

コールマンが販売する1〜2人用のドーム型テントです。ポールの片方を差し込んでおけるポールポケットが設けられており、1人でも設営しやすいのが特徴。製品名の通りツーリングやソロキャンプに最適です。

ルーフが高く開放感のある作りになっているのがポイント。靴を脱いだり履いたりする際に便利なだけでなく、ちょっとした日よけとしても機能してくれます。収納サイズは約23×54cmとコンパクトで、専用のキャリーバッグが付属しており持ち運びも楽です。

コールマン(Coleman) タフスクリーン 2ルームハウス

就寝エリアとリビングが一体になった、4〜5人用の2ルームテントです。リビング部分は3面が大型メッシュ窓になっており、開放感のあるスクリーンタープとして使用できるのが魅力。インナーを取り外すことで、さらに大きなリビングスペースを確保できます。

吊り下げ式のインナーはフライシートを張ったまま畳めるため、雨の日の撤収も簡単です。ファスナーで開閉可能な電源コード引き込み口を装備しており、電源付きのテントサイトで重宝します。

コールマン(Coleman) エクスカーションティピ ー 325

コールマンが販売する、3〜4人用のティピー型テントです。本テントは別名インディアンテントとも呼ばれており、1本のポールで立ち上げるのが特徴。前室を備えているため、出入りの際に雨の侵入を防いでくれたり靴や荷物を置けたりと便利です。

インナーテントの下部と天頂部にメッシュのベンチレターを装備しており、効率的に換気ができます。ユニークでおしゃれなデザインなので、人とは違ったテントでアウトドアを楽しみたい方にもおすすめです。

エムエスアール(MSR)

エムエスアールは1969年にアメリカで創業した、主に登山用テントなどをあつかうアウトドアメーカーです。メーカー名のMSRは「Mountain Safety Research」の略で、山などの過酷なアウトドアフィールドにおける安全性と信頼性を追求した製品づくりが特徴。

テントやタープは小型で軽量なタイプから大型のタイプまで豊富なラインナップが魅力です。また、最近はデザイン性の高さから登山者だけでなく、一般のキャンパーからの注目も集めています。

エムエスアール(MSR) Hubba Hubba NX

エムエスアールの3シーズンに対応した2人用テントです。本体重量は1.5kgととても軽量で、登山やトレッキングに最適。前室を2つ備えているため、荷物の置き場に困ることはありません。また、開口部の大きい出入り口が2箇所設けられており、出入りがしやすく便利です。

幾何学的に配置したフレーム構造を採用し、横風に強く広い居住空間を確保。組み立て時に合わせる部分のポールとクリップを同色にするなど、設営を素早く簡単にする工夫が施されています。

エムエスアール(MSR) Elixir 4

エムエスアール(MSR) Elixir 4

本製品は設営が簡単な吊り下げ式インナーを採用した、入門者にも人気の4人用テントです。荷物を置くことのできる広い前室を備えているのが特徴。インナーテントの天井部分にもギアロフトを取り付け可能で、小物を収納することで室内を広く使えて便利です。

フライシートとフロアシートにはそれぞれ、耐水圧1,500mmと3,000mmのポリウレタン&DWRコーティングを施した生地が使われており、天候の急変しやすい山でも安心して使用できます。

ノルディスク(NORDISK)

ノルディスクは1901年にデンマークで設立された、100年以上の歴史を持つアウトドア用品を製造販売するメーカーです。1970年代にはデンマーク・スウェーデン・ドイツ・イギリスを中心に、当時まだ目新しかったヨーロッパのアウトドア業界を牽引する重要な役割も果たしました。

同メーカーが作る全ての製品はシンプルかつ機能的。伝統的なデンマーク・デザインをベースに、超軽量SIコーティング・テント生地やオーガニック・グリーンコットンなど最先端素材を採用することで、高機能と環境への配慮を両立する優れたデザインの製品をリリースしています。

ノルディスク(NORDISK) レガシーシリーズ Ydun 5.5

ノルディスク(NORDISK) レガシーシリーズ Ydun 5.5

ノルディスクが作る4人用のテントです。フライシート生地にはコットン35%とポリエステル65%の混合素材を使用しており、通気性がよく快適な室内を実現しています。2本のポールで組み立てるシンプルな構造のため、簡単に設営できるのも魅力です。

4人までの家族やグループのキャンプに最適。前面と背面の2箇所から出入りができるので便利です。また、オプションのインナーキャビンを取り付けることで、さらに快適な空間でくつろげます。

ノルディスク(NORDISK) フィンマーク 2 SI

2人用のドーム型テントで、耐水性の非常に高い素材を使用しているのが特徴の製品です。フライシートには耐水圧3,000mmの3層シリコンコーティングを施した生地を、フロアシートにも耐水圧10,000mmの生地を使用。強い雨の降る過酷な環境下でも、安心して休息をとりたい方におすすめです。

非常に軽量なナイロン素材「SI」を採用しており、総重量は約3kgほど。登山やトレッキングに最適なテントです。前面と背面の2箇所に出入り口を設けているため、楽に出入りができます。

ケシュア(Quechua)

ケシュアは1977年にフランスで設立された、世界最大規模の総合アウトドアメーカーです。メーカー名の「ケシュア」はアンデス山脈を拠点とし、山とともに生活するケシュア民族の名前に由来して付けられました。

「革新的なアイテムを、お求めやすい価格で提供する」がメーカーのコンセプト。日本でも2009年から発売を開始したポップアップテント「2SECONDS」シリーズで一躍人気になりました。また、ポップアップテント以外にも家族用テントやキャンプ用テーブル・チェア・アウトドアウェアなど、豊富なラインナップも魅力のメーカーです。

ケシュア(Quechua) 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACK

2秒で設営ができると日本でも人気になった、ケシュアの自立式テントです。風がなければペグによる固定も不要という手軽さが魅力。UVカット加工と酸化チタンコーティングを施したテント生地は、夏の強い日差しからお肌を守ってくれます。

インナーテントには透湿性のあるポリエステル生地を使用。フライシート内の結露発生を抑え快適に過ごせます。また、大きなサイズのD型フラップドアを装備しており、出入りがしやすく便利です。

ヨーレイカ(Eureka)

ヨーレイカは1895年にアメリカで設立されたアウトドアメーカーで、100年以上の歴史を持つ老舗です。もともとは馬車の幌を制作するメーカーとしてスタートしましたが、現在は登山用テントを始め、キャンプ用のテントやタープ・寝袋なども製造販売しています。

ヨーレイカの製品は高機能ながら低価格とコスパの高さが魅力です。日本での知名度はあまり高くありませんが、アメリカでは初心者からベテランまで多くの愛用者がいます。

ヨーレイカ(Eureka) ソリティア

ヨーレイカの製品の中でも最もコンパクトな1人用テントです。3シーズンに対応しており、本体重量は1.2kgと超軽量。持ち運びが楽なためバックパッカーに人気です。

ショックコード内蔵のグラスファイバー製フレームを採用しており、スピーディーな設営ができます。また、インナーテントの上部はジッパーで開閉ができる構造のため、出入りがしやすく便利です。

ヨーレイカ(Eureka) アペックス2

ヨーレイカ(Eureka) アペックス2

ヨーレイカが販売する2人用のドーム型テントです。3シーズンに対応しており、2本のグラスファイバー製ポールで簡単に設営ができます。

出入りの際に雨の侵入を防ぎ、荷物置き場に使える便利な前室を装備。ポリエステル素材を使用したフロアには、地面からの水や泥の侵入を防ぐバスタブ構造を採用しています。

ヒルバーグ(HILLEBERG)

ヒルバーグは1971年にアウトドア愛好家のBo Hillebergにより設立された、スウェーデンのテントメーカーです。世界で初めて設営が簡単にできる、インナーとフライシートが連結したテントを開発したメーカーでもあります。徹底した品質管理体制により高い信頼性を確保しているのが魅力です。

製造は設計で意図したモノを忠実に再現するため、エストニアの自社工場で行っています。生産部材の品質試験はもちろん、完成したテントは一度組み立てられ入念に品質チェックをした上で出荷するという徹底ぶり。価格は安くありませんが、過酷な環境でも安心して使用できる製品づくりを目指しているメーカーです。

ヒルバーグ(HILLEBERG) アンヤン2

ヒルバーグ(HILLEBERG) アンヤン2

ヒルバーグが作る3シーズン対応の2人用テントです。本メーカーの定めるカテゴリーで「イエローレーベル」に該当し、軽量化を最優先に設計されています。本体重量は1.5kgととても軽く、バックパックや自転車旅行に最適です。

アウターテントには3層シリコンコーティングを施した耐水圧2,000mmの生地を使用しており、急な雨でも慌てる心配はありません。また、アウターテント下部の形状には、十分な通気性を確保するカテナリー・パターンを採用しています。

ヒルバーグ(HILLEBERG) ケロン4 GT

オールシーズン対応の4人用テントです。耐久性と快適性を最重視して設計されているのが特徴。極地遠征に使用されたり、山岳ガイドや特殊部隊の方たちに使われたりするほど信頼性の高いモデルです。

また、耐久性が高いにも関わらず本体重量は約4.6kgと軽量なため、レクリエーションとして行うキャンプでも使用できます。大きなスペースの前室を備えており、自転車を収納することも可能なので、自転車旅行などにもおすすめです。