設営が簡単なため初心者の方にもおすすめなのが「ティピーテント」。おしゃれなデザインの製品も数多く販売されているため、キャンプはもちろん野外フェスなどでも大活躍です。

そこで、今回はティピーテントを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、これからキャンプをはじめてみようと考えている方もぜひチェックしてみてください。

ティピーテントとは?

By: amazon.co.jp

ティピーテントとは、アメリカの先住民が移動用の住居として使用していた「ティピー」を元に作られたテントです。1本のポールで組み立てることから、ワンポールテントやモノポールテントなどとも呼ばれています。パーツ点数が少なく設営がしやすいため、初心者の方にもおすすめのテントです。

カラフルな色の生地を採用したりかわいらしい図柄をあしらったりするなど、おしゃれなデザインのモデルが豊富なのも魅力のひとつ。ユニークな製品で個性的なテントサイトを演出したい方にも適しています。

ティピーテントの選び方

使用人数に合わせてサイズを選ぶ

ティピーテントにはソロキャンプやキャンプツーリングに便利な1人用から、ファミリーやグループキャンプでも使える多人数タイプまで、さまざまなサイズの製品が販売されています。使用する人数に合わせてサイズを選ぶようにしましょう。

ただし、スペックに記載されている「収容定員」の数字だけをみて選ぶと、寝ることはできても窮屈な思いをする可能性が高いので注意が必要。スペックの数字から1人引いた定員数で検討するのがおすすめの選び方です。

また、就寝スペース以外にも脱いだ靴や荷物を置いておける前室があると、室内が広く使えて便利。せっかくの楽しいキャンプなので、少し大きめのモデルを選んでゆったりとくつろいでみてください。

生地の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ティピーテントは屋外で使用するモノだけに、生地の素材選びも大切なポイントです。フライシートやフロアシートにしっかりと防水加工が施されていれば、突然の雨でも慌てる心配はありません。耐水圧が1500mm以上の生地を採用した製品がおすすめです。

一般的なテントの生地には防水性と軽量化を考慮してポリエステル素材が多く採用されていますが、通気性が悪く熱に弱いのが難点。結露がしやすかったり、焚き火の火の粉などで簡単に穴が空いてしまったりするので注意が必要です。

最近ではポリエステルとコットンの混紡素材を使用した製品もいくつか販売されています。通気性がよく結露しにくいので夏でも快適。また、比較的熱に強いので冬にはストーブや焚き火を楽しめるなど、オールシーズン便利に使えるのが魅力です。

ただし、ポリエステル素材のモデルと比べ、価格は高めなのであらかじめ留意しておきましょう。

雰囲気を楽しみたいならデザインも重要

By: amazon.co.jp

テントサイトでの雰囲気も楽しみたい方は、ティピーテントのデザインにも注目。ポップなカラーリングやおしゃれな図柄があしらわれたテントを立ち上げれば、サイトの印象も一気に変わります。多彩なデザインの製品が豊富に揃っているティピーテントなら、自分のイメージにあったサイト作りも容易です。

なかにはブラックで統一されたクールなモデルも。自然に溶け込むナチュラルカラーの製品では満足できない方も、ぜひユニークなデザインのモデルを見つけてみてください。

ティピーテントのおすすめモデル

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピー 210 2000031573

アウトドア用品の人気ブランド、コールマンが発売する小型のティピーテントです。ソロキャンプやキャンプツーリングにおすすめの1〜2人用モデル。約φ17×50cmとコンパクトに収納できるため、気軽に持ち運ぶことが可能です。

大きな前室を備えているので靴や荷物を置くのに重宝します。フライ・フロアシートともに耐水圧1500mmのポリエステル生地を採用。突然の夕立に見舞われても慌てる心配はありません。

また、インナーテントには換気用のメッシュ小窓や小物ポケットが装備されているなど、細かな使い勝手にもよく配慮されています。

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピー 325

ファミリーキャンプにも使えるティピーテントを探している方におすすめのモデルです。定員3〜4人用と、小さな子供連れの家族にちょうどいいサイズ感が魅力。設営も簡単なので、ファミリーキャンプに挑戦してみようと考えている初心者の方にも適しています。

フルクローズが可能な前室を搭載しているため、夜露や雨で荷物が濡れることもありません。また、室内も広く使えるので重宝します。出入り口をはじめ側面と天井部分に換気用のメッシュパネルを装備。

フライシートトップにもベンチレーターを搭載しているため、効率的に室内の空気を入れ替えられます。結露がしにくく夏のキャンプでも快適に過ごすことが可能です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワンポールテント CSクラシックスヘキサゴン 300UV

軽量で丈夫なアルミ製ポールを使用したティピーテントです。重量は約3.2kgと軽量で、収納時のサイズも約68×17×17cmとコンパクト。専用のキャリーバッグが付属しており持ち運びも簡単です。また、フライシート単体での設営ができるため、シェルターとして利用したい方にもおすすめします。

インナーテントにフルメッシュ仕様の生地を採用しているのが特徴。入り口ドアを開放しておけばたっぷりと風が取り込め、夏でも快適に過ごすことが可能です。フライシートのトップには大型のベンチレーターを搭載しているので、室内の換気もしっかりおこなえます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワンポールテント CSクラシックス オクタゴン 460UV

グループやファミリーキャンプにおすすめの7〜8人用モデルです。フロアが八角形状をした大型のティピーテント。丈夫なスチール素材のポールを使い、大きな本体をしっかり支えます。

天井部分の4ヵ所に配置されたベンチレーターで、効率的に換気をすることが可能です。フライシートの入り口ドアを立ち上げると、キャノピーとして使えるので便利。キャノピー用のポールも付属しているため、購入後に買い足す必要はありません。使い勝手のよい大型モデルが欲しい方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント T1-442

名前の通りキャンプツーリング用途におすすめのティピーテントです。1人用の小型モデルながら、ライダーが使いやすい2ルーム構造を採用しているのが特徴。出入り口ドアを立ち上げてキャノピーにすれば、ローテーブルとチェアで食事をとったり休憩をしたりと便利に使うことが可能です。

フライシートには耐水圧2000mmのポリエステル生地を採用しているため、突然の雨にも慌てる心配はありません。インナーテントのメッシュドアには逆T字型タイプを採用しています。出入りがしやすいだけでなく、片方だけでも開けておけるなど状況に応じて使い分けることが可能。

また、両面ファスナー仕様を採用しており、内側・外側どちらからでも開閉しやすいので重宝します。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントM T5-47

天井の高さが約185cmもあるモデルです。開放感があるため、家族でゆったりとくつろぐのにおすすめのティピーテント。キャンプはもちろん野外フェスなどでも活躍します。また、インナーテントは全面メッシュ仕様を採用しており通気性も良好です。

本体サイズが約390×335×185cmと大型にもかかわらず、インナーテントをペグダウンしてポールで立ち上げるだけと簡単に設営できるのも魅力。初めてキャンプに挑戦する方でも組み立てやすいので、ぜひ検討してみてください。

折りたためば約φ17×52cmとコンパクトに収納が可能。専用のキャリーバッグが付属しているため、持ち運ぶ際や保管時に便利です。

ディーオーディー(DOD) レンコンテント T3-600-TN

焚き火を楽しむために作られたユニークなティピーテントです。熱に強い厚手のポリコット素材を採用しているのが特徴。ポリコットとはポリエステルとコットンの混紡生地です。火の粉が触れても穴が空きにくいため、安心して焚き火を楽しめます。

冬のアウトドアをワイルドに過ごしてみたい方におすすめのモデルです。ただし、不燃素材ではないので留意して使用しましょう。フライシートの上半分には8ヵ所の窓を備えており、焚き火から出る煙が排出できます。

インナーテントは搭載していませんが、キャンプ用のコットを並べれば3〜5人程度で就寝することも可能です。

ディーオーディー(DOD) ヤドカリテント T6-662-GY

大きなリビングエリアを搭載したモデルです。ティピーテントにも2ルームテントのような快適性を求める方におすすめ。「ヤドカリ」のようにも見える大きなフライシートを立ち上げれば、食事も余裕でできる開放感のあるリビングができ上がります。タープを別で張る必要もありません。

複雑な構造に見えますが、本体の設営は一般のワンポールテントと同じで簡単です。インナーテントにはポリエステルとコットンの混紡素材を採用。夏は涼しく冬は暖かく、オールシーズン快適に過ごせます。

また、3方向から自由に出入りができるのも本モデルの特徴です。テントの中と外を自在に走り回れるため、子供連れのフィミリーキャンプにも適しています。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee

アメリカの先住民が使用している伝統的な図柄「ナバホ柄」をあしらったティピーテントです。おしゃれな製品を探している方におすすめのモデル。キャンプはもちろんフェスなどでも活躍します。3人程度の家族がゆったりと過ごすのに適した大きさです。

防水性能が優れているのも本モデルの特徴。フライシートに耐水圧1600mm、フロアシートには3000mmの生地を採用しているので、多少の雨なら安心してキャンプを続けられます。また、収納サイズが約56×21×21cmとコンパクトなため、付属のキャリーバッグに入れて簡単に持ち運ぶことが可能です。

ロゴス(LOGOS) ナバホEX Tepeeリビング400-AI

人気のナバホ柄ティピーテントに前室を搭載したモデルです。荷物を置く場所としてはもちろん、簡易的なリビングスペースにも使えるので便利。また、濡れずに出入りができるので雨の日にも重宝します。居住性に優れたおしゃれな製品を探している方におすすめのモデルです。

インナーテントは取り外せるため大型タープとして使うことも可能。フライシートの天井部分にあるベンチレーターで、換気も容易にできます。ランタンフックや電源コードの取り込み口も装備するなど、使い勝手のよいモデルです。

カナディアンイースト(Canadian East) ワンポールテント Pilz7 BLACK CETO1001

ボディ全体をブラックカラーで統一した、精悍な印象のティピーテントです。日本の老舗テントメーカー「小川キャンパル」とのコラボモデル。キャンプ場でもかなり目立つので、個性的なテントサイトを演出できます。

2〜3人用サイズのため、ゆったりと過ごしたいカップルやソロキャンプにおすすめです。ポールを含めた重量は約2.3kgと非常に軽量。付属の収納袋に入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。

カナディアンイースト(Canadian East) ワンポールテント BIG420 CETN200

手頃な価格で購入できる4〜5人用の製品です。ファミリーキャンプにちょうどいいサイズのティピーテント。フライシートに耐水圧1500mm、フロアには3000mmのポリエステル生地を採用するなど、優れた防水性能を有しているのが特徴です。多少の雨なら安心してキャンプが続けられます。

また、紫外線を約90%遮断すると謳われるUVカット素材を使っているので、強い日差しも気になりません。出入り口が2ヵ所所設けられているのも本モデルの特徴。出入りが便利なだけでなく、風通しが非常によいので夏でも快適に過ごすことが可能です。

チャムス (CHUMS) ブービーティピー CH62-1321

カジュアルでおしゃれなアイテムで人気の、チャムスが販売するティピーテントです。イエローとブルーのポップなカラーリングが特徴。設営や撤収が簡単なだけでなく、見てるだけでも楽しい製品が欲しい方におすすめのモデルです。

フライシートの開口部が大きく開くため出入りも容易にできます。インナーテントの上部にはメッシュ生地を、またフライトップにはベンチレーターを搭載。蒸し暑い日でも室内の湿った空気を効率的に排気できるので、快適に過ごすことが可能です。

フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテントT/C 400

オールシーズン快適に使えるティピーテントを探している方におすすめのモデルです。フライシートにポリエステルとコットン糸を混紡した「T/C素材」を採用しているのが特徴。生地自体の通気性が高いため、夏のキャンプでも涼しく過ごすことが可能です。

また、インナーテントを地面まですっぽり覆えるスカートタイプを採用しているので、冬の冷たい北風がテント内に侵入する心配もありません。比較的難燃性も高く、近くで焚き火を楽しめるなど、冬のキャンプでも活躍します。

バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 BDK-75

ソロキャンプにぴったりの小型で軽量なティピーテントです。収納サイズは約60×17×17cmとコンパクト。重さも2.2kgほどしかないので持ち運びも簡単にできます。設営や撤収が手早くおこなえるため、自転車やバイクでのキャンプツーリングにもおすすめのモデルです。

優れた防水性能を有しているのも本モデルの特徴。フライシートには耐水圧約3000mm、フロアには5000mmの生地を採用しているので、激しい雨に見舞われても慌てる必要はありません。インナーテントは全面メッシュ仕様のため、夏でも不快な虫の侵入を防ぎながら心地よい外気を取り入れることが可能です。

ギアトップ(GeerTop) ティピーテント

ファミリーやグループでのキャンプにおすすめの、4〜6人用モデルです。ペグダウンしてポールで立ち上げれば、インナーテント・フライシートどちらも単独での使用が可能。

インナーテント単体は、夏の木陰で虫を避けながら食事をとるようなシーンで便利です。また、フライシート単体なら日差しや雨がしのげる大型のシェルターとして活躍します。

コットンとポリエステルの混紡素材を採用しているのが特徴。1年を通して快適に使えるティピーテントを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

ニュートラル アウトドア(NEUTRAL OUTDOOR) GEテント 4.0

アウトドアでのイベントやグループキャンプに適したティピーテントです。幅が約400cm、高さが約250cmの大型モデル。設営・撤収が容易で、大人数で使える製品を探している方におすすめのモデルです。

壁面がほぼ垂直に立ち上がる構造を採用しているため、テントの端でも圧迫感を感じることはありません。フロアシートはジッパーで開閉したり取り外したりすることが可能。半分をめくりあげれば土間として活用できるほか、取り外せば大型のシェルターにも使えます。

耐水圧が3000mmの生地を採用しているので、突然の雨でも慌てる心配はありません。