登山の醍醐味をしっかり味わいたいなら、テント泊がおすすめです。しかし、通常のキャンプ向けテントは山の厳しい環境を考慮して作られていないため、あまり登山には向きません。

そこで今回は、登山を楽しむために「登山テント」の選び方を解説。あわせて、登山テントの人気ブランドとおすすめモデルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

登山向けテントとキャンプ向けテントの違い

登山向けテントでは、耐久性・利便性・携行性が重視されます。なかでも、特に重要なのが耐久性です。天候の変化や急激な温度低下にみまわれる山の環境において、テントは身を守るために必要不可欠。また、設営が簡単なことや、軽量で収納しやすいのも登山向けテントの特徴です。

一方、キャンプ向けテントは、主に居住性を追求したアイテム。そのため、登山向けテントに比べて本体に高さがあります。支柱が長く、重量のある製品が多いので、収納力がやや劣るのも特徴。さらに、キャンプ場は整地されていることが多いため、登山テントよりも耐久性が低い傾向にあります。

同じテントといっても、用途を考慮すると登山向けテントとキャンプ向けテントは別物。登山向けテントをキャンプで使うことはあっても、キャンプ向けテントを登山で使用することは基本的に避けるのが安心です。

登山テントの種類

シングルウォール

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントは、基本的に1枚のシートで構成されているテントのことを指します。登山テントには軽量性が求められるため、最小限の素材で構成されているのがメリットです。

ただし、外気と内部を隔てる生地が1枚しかないので、結露しやすい傾向にあります。快適さよりも、携行性や設営スピードを重視する方におすすめです。

ダブルウォール

By: iwatani-primus.co.jp

ダブルウォールテントは、本体のシートと「フライシート」を重ねるように設営する2重構造のテントを指します。外気と内部を隔てる壁に空気の層ができるため、結露しにくく保温性に優れているのが特徴です。

シングルウォールに比べて設営の手間がかかりますが、作業スペースや荷物置き場になる「前室」を構成できるのがメリット。結果的に作業効率を向上できます。

2重構造で風に強く耐水性が高いので、強い雨でも使いやすいのも魅力。機能性を重視したい方におすすめです。

登山テントの選び方

使用人数で選ぶ

1人で使用する場合

By: rakuten.co.jp

登山テントにおいては、快適性よりも設営と撤収のしやすさや耐久性の方が重要です。そのため、本体が大きすぎるモノはあまり適していません。1人の場合、眠るときの横幅は60cm程度で十分です。登山テント自体の幅が90cm以上なら、余裕を持って使用できます。

また、奥行きが小さすぎると、荷物が体に触れて窮屈に感じることも。身長プラス20cm程度の奥行きがあれば、足元に余裕を持って荷物が置けます。

なお、一般的な幅90cmの1人用登山テントは重量が約1500gです。2人用登山テントは幅130cmで1600g程度と、重量ベースでは大差がありません。あえて2人用を購入して、1人で広々と過ごすのもおすすめです。

複数人で使用する場合

By: hilleberg.jp

複数人で一緒に使用する場合は、登山テントの重量比率を大幅に減らすことが可能。3人用なら幅180cmの一般的な登山テントで2000g程度と、1人用登山テントをそれぞれ携帯するよりも結果的に軽く済むため、負担の軽減に繋がります。

大きすぎるテントは使用しない

By: amazon.co.jp

使用人数よりワンサイズ大きい登山テントを使用すれば、居住部に荷物用スペースを確保できます。雨や風による荷物の損傷を防ぐことが可能。ただし、大きすぎるテントは設営スペースの確保が難しいこともあるので注意が必要です。

大人数の場合は、少人数単位で区切ってテントを使用するのがおすすめ。程よいサイズの登山テントは、設営や撤収が円滑に行えます。

耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

登山テントは、長距離移動を要する登山のライフラインといえる重要なモノ。登山テントには、耐久性が必要不可欠です。そのため、製品に使用されている素材にも注目してみてください。

テントの素材としてよく用いられるのは、ポリエルテル製生地とナイロン製生地。耐水性が高いのはポリエステルですが、耐摩耗性や引っ張り強度はナイロンの方が優れています。

耐久性を重視する場合は、ナイロン製の生地が採用されたモノを選ぶのがおすすめ。ナイロンは耐火性にも優れているので、テント付近で火を使う際にも適しています。

自立式か非自立式かチェック

By: amazon.co.jp

登山テントには、ポールを通して組み上げる「自立式」と、地面にペグを打ち込んで固定する「非自立式」が存在。自立式登山テントはペグを必要としないため、岩場や高所での設置にも適しています。

非自立式登山テントの組み立てにはペグが必要。使用できる場所は限られますが、耐風性に優れています。登山予定地について、岩場の有無や強風の発生しやすさをチェックしておき、環境に合ったテントを選ぶようにしましょう。

なお、雪山登山の場合はペグが効かない場所も多いので、自立式登山テントがおすすめです。

登山テントのおすすめメーカー

ヘリテイジ(HERITAGE)

By: heritage.co.jp

1981年に東京で創業され、テントやツエルト、ザックカバー、バッグ類などを手がけているアウトドアブランド。特に、同社の「エスパース」シリーズのテントは、シンプルなフレーム構造で高剛性を基本設計としており、理想的な山岳テントとして高い評価を受けています。

エスパースシリーズのなかでも、シングルウォールテント「マキシムナノ」が人気です。シーズンを問わず活躍する山岳テントとして、登山家の支持を得ているモデル。軽量で使いやすいポールの採用で携帯性に優れているほか、さまざまな環境下で快適に過ごせる工夫がこらされています。

アライテント(ARAI TENT)

By: rakuten.co.jp

「アライテント」は日本を代表するアウトドア用品メーカー。同社のオリジナルブランド「ライペン」のテントは、居住性が高く、直感的に設営できると評判です。

また、「エアライズ」や「トレックライズ」シリーズなどのロングセラーモデルが多く、日本の登山事情に精通しているのも特徴。テント選びの際に、チェックしておきたいブランドです。

ダンロップテント(DUNLOP)

By: amazon.co.jp

「ダンロップテント」は、1971年に「吊り下げ型ドームテント」を世界で初めて発売したブランド。1976年には日本で初めて防水透湿素材「ゴアテックス」が採用されたテントを発表するなど、技術力に優れています。

同社の主力テントは、「VSシリーズ」と呼ばれるオールシーズン用のコンパクトな登山向けモデル。また、登山以外に、バイクや自転車のツーリング用テントも多数展開しています。

登山テントのおすすめ人気モデル|シングルウォール

ヘリテイジ(HERITAGE) エスパース マキシムナノ

ヘリテイジ(HERITAGE) エスパース マキシムナノ

雪山から夏山まで幅広く活躍する、2~3人用のシングルウォール登山テントです。登山家から高く評価されるロングセラーモデル。軽量な「DAC製アルミ合金中空ポール」を採用したテントポールは、設営や撤収時に抜けにくい構造です。

本体の入り口は、出入り時に雪の侵入を防ぐ吹き流し式。ワンタッチ操作の2段締めで開閉がスムーズなため、快適に出入りできます。また、開口部を調節できるベンチレーターで、雪が積もっても効果的に換気できるのがポイント。過酷な環境下でも、快適に過ごしやすいおすすめモデルです。

ニーモ・イクイップメント(NEMO)(NEMO) アンディ 2P NM-ADI-2P

ニーモ・イクイップメント(NEMO)(NEMO) アンディ 2P NM-ADI-2P

アメリカのニューハンプシャー州に本拠をかまえる登山用品メーカー、「ニーモ・イクイップメント」の登山テント。シングルウォールテントならではの、すばやい設営と撤収が可能です。重さ1250gの軽量モデルで、荷物を極力軽くしたい方に適しています。

コンパクトながら、2人分の就寝スペースを確保できるのもポイント。本体の素材には、防水性と透湿性に優れた「20D OSMO W/B」を採用しています。

オクトス(oxtos) ULシングルウォールテント OX-032

オクトス(oxtos) ULシングルウォールテント OX-032

厳冬期をのぞく、3シーズン対応の登山テント。インナーポール式で設置と撤収が簡単なシングルウォールテントです。本体サイズは幅209×奥行き118×高さ105cmで、2人までの使用に対応。重さ約1200gの軽量タイプのため、携帯性を重視したい方にもおすすめのモデルです。

グランドシートが付属しているのもポイント。摩擦やポールで破れやすい四隅は、ゴムシート・40DナイロンPUコーティング・210Dナイロンの3重構造による補強で、耐久性を向上させています。

ディーオーディー(DOD) ワンタッチテントT2-629

ディーオーディー(DOD) ワンタッチテントT2-629

オリジナリティあふれるアウトドア用品が人気の「ディーオーディー」のシングルウォールテントです。ロープを引くだけのワンタッチ操作で、簡単に設営できるのが特徴。すばやく設営と撤収ができる登山テントとして、活躍するモデルです。

本体サイズは幅230×奥行き150×高さ117cmと、大人2人が余裕で過ごせるスペースを確保可能。オールメッシュでも使用でき、通気性に優れているのもポイントです。

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) SMD Deschutes Plus Tarp

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) SMD Deschutes Plus Tarp

アメリカのアウトドアブランド「シックスムーンデザインズ」の登山テントです。余計な部分が省かれた、シンプルなデザインが特徴。重さはわずか450gと超軽量で、ウルトラライトハイカーにおすすめです。

設営方法がハイキングポールを使用するだけと、簡単なのもポイント。そのほか、ポールを使用せずに木の枝に吊るして過ごすなど、設営の自由度が高いのも魅力です。

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) SMD ルナーソロ

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) SMD ルナーソロ

テントの快適な居住性と、タープのような通気性を備えた登山テントです。1人でゆったり過ごせるスペースを確保しつつ、収納時はコンパクトに携帯できるのがポイント。なるべく荷物を少なくしたい方におすすめのモデルです。

キャノピー部には20D、フロア部には40Dのシリコンコーティングポリエステルを採用。シングルウォールテントながら、優れた耐久性を発揮します。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト BD80040

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト BD80040

最大で2人分の就寝スペースを確保できる登山テント。「2.5ポールデザイン」の採用により、高い天井での快適な居住性を実現しています。生地には耐水圧2000mmを誇る独自素材「ナノシールド」を採用。耐水性に優れたシングルウォールテントを探している方におすすめです。

正面と後部にメッシュ生地を採用しているため、通気性を確保しているのがポイント。本体に傾斜を設けており、雨水がたまらずに流れやすいのも特徴です。

Naturehike VIK テント

Naturehike VIK テント

ペグを打ち込んでテントポールを立てるだけで、簡単に組み立てられる登山テントです。テントポールには、耐久性に優れた「7001アルミ合金製」を採用。強風であおられるのが心配な方にも適しています。

本体には、軽量ナイロンにシリコンコーティングが施された15Dシリカゲル生地を採用。シンプルなデザインも魅力のひとつです。

Naturehike Tagar シングルウォールテント

Naturehike Tagar シングルウォールテント

テントステークに7003航空アルミニウム合金を採用した、非自立式タイプの登山テント。強風時に耐えられるよう、しっかりと固定したい方におすすめのモデルです。

本体と底部にシリコンコーティングが施された20Dナイロン生地を採用しているため、防水性と耐久性にも優れています。また、通気性を確保できるメッシュ窓が備わっているので、蒸し暑いときでも快適です。

エムエスアール(MSR) フライライト 37200

エムエスアール(MSR) フライライト 37200

重さわずか710gと、超軽量の登山テントです。少しでも荷物を軽くしたい、ウルトラライトバックパッカーにもおすすめ。設営方法は、一対のトレッキングポールを使用して組み立てるタイプです。サイドの壁が垂直なので、広々と使用可能。2人で就寝できる充分なスペースを確保できます。

別途ポールを用意すれば、大きく開けた出入り口を設けることも可能。各所にメッシュを採用しており、通気性にも優れています。

ファイントラック(finetrack) FAG0122 ツエルト1 OG

ファイントラック(finetrack) FAG0122 ツエルト1 OG

雨や強風など、非常時に便利なツエルト。重さわずか230gで350ml缶と同等の大きさに収納できるため、緊急用の登山テントとしておすすめのモデルです。就寝時は最大2人まで使用でき、待機や休憩用として使用するなら3~4人にも対応できます。

目立つオレンジ色で視認性に優れており、遭難時用のテントとしても活躍。また、耐久性が高く、緊急時の救助用シートとしても使用できます。

登山テントのおすすめ人気モデル|ダブルウォール

アライテント(ARAI TENT) ライペン トレックライズ0 34224413

アライテント(ARAI TENT) ライペン トレックライズ0 34224413

軽量で耐久性に優れた、28Dリップストップナイロン生地を採用した登山テント。厳冬期以外の3シーズンで使用可能で、重さわずか1250gと携帯性に優れた1人用モデルです。大きなベンチレーターとメッシュを備えているなど、通気性も良好。蒸し暑い季節でも快適に過ごせるモデルを探している方におすすめです。

主要な縫製部分に、専用テープによるシームリング加工を施しているのもポイント。結露や雨がテントに侵入するのを防ぎます。

アライテント(ARAI TENT) ライペン エアライズ1 0300101

アライテント(ARAI TENT) ライペン エアライズ1 0300101

従来品と比較して約20%以上の軽さを実現した中空糸「東レ ファリーロ」を採用した登山テント。重さ1360gと、携帯性を重視したいシーンで活躍するモデルです。フレームにレアメタルの1種「スカンジウム」を含有させており、軽量ながら高強度を実現しています。

さまざまな条件下で設営しやすいように、工夫がこらされているのも特徴。すばやくフレームをセットできる、フレームスリーブを採用しています。また、フライシートを「クイックリリースバックル」で簡単に取り付けできるため、1人でも簡単に組み立てられるモデルを求めている方におすすめです。

ダンロップテント(DUNLOP) コンパクト登山テント

ダンロップテント(DUNLOP) コンパクト登山テント

オールシーズンに対応した、2人用の登山テントです。テント四隅を、スリーブでポールと接続する構造。使用中に破損しにくい耐久性を実現しています。また、テント底部の立ち上がりがスムーズなため、地面から雨が跳ね上がってもテント内に侵入しにくいのが特徴です。

本体の生地は斜めに、フライシートの生地は水平に裁断されているのもポイント。横からの衝撃をテント全体で受け止める構造になっており、強風時の横揺れを対策できます。生地は30Dポリエステルリップの採用で通気性と撥水性に優れているなど、高性能なダブルウォールテントです。

GEERTOP テント

GEERTOP テント

インナーシートとフライシートを重ねた、2重構造のダブルウォールタイプの登山テントです。フライシートは自立できるため、日よけとしても手軽に使えます。本体の固定には、軽量でサビにくいアルミテントペグを使用。ペグループには頑丈な高密度ナイロンを採用しています。

インナーテントとフライシートには、通気性に優れたナイロン生地を使用。また、シリコンコーティングが施してあるので、結露が気になる方にもおすすめです。

GEERTOP 山岳テント

GEERTOP 山岳テント

高山や雪山での使用を想定して設計された登山テントです。耐風性の高いクロスフレーム構造を採用。防水シートと通気性に優れたインナーテントの2重構造により、さまざまな状況下で快適に過ごせる居住性を確保しています。

両サイドには、換気に便利なベンチレーターを搭載。結露対策にも配慮されています。インナーテント両側には携帯電話や財布などの小物を収納できるバッグが搭載されているなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

ハスキー (Husky Fighter) ドームテント

ハスキー (Husky Fighter) ドームテント

1997年にチェコのプラハで設立されたアウトドアメーカー、「ハスキー」の登山テント。本体サイズは幅205×奥行き390×高さ120cmで最大3人まで就寝でき、2人ならゆったりと過ごせるモデルです。また、アルミ合金製ポールの採用で風に強いのもポイント。強風が心配な高所登山での使用にもおすすめのモデルです。

生地にはUVカット加工を施しているほか、フライシートは耐水圧7000mm、インナーテントは耐水圧10000mmと防水性にも優れています。

TRIWONDER テント

TRIWONDER テント

4シーズン対応の2人用登山テント。インナーテントとフライシートで構成されたダブルウォールテントで、冬場は寒さをしのぎ、夏場はインナーテントだけで涼しく過ごせます。テントポールには軽量で耐久性に優れた「7001T6航空アルミニウム合金」を採用。強風時や雨水がたまっても、テントをしっかり支えます。

高密度メッシュ生地の採用で、虫の侵入を防ぎなら通気性も確保。防水性と防寒性を向上させるスカートも備えているなど、リーズナブルながら機能性に優れたコスパのよいモデルです。

Naturehike キャンピング プロフェッショナルテント CloudUp2

Naturehike キャンピング プロフェッショナルテント CloudUp2

自立式のダブルウォールテントです。ハブとスイベルで連結した一体型ポールの採用で、すばやい設営が可能。前室があるため荷物置き場として使えるほか、テント内には2人で広々使用できるスペースを確保しています。

シームテープ加工された防水ダブルステッチの採用で、防水性に優れているのもポイント。防水効力PU4000mmと耐水圧4000mmを実現しており、悪天候時でも使いやすい登山テントです。

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム

風の負荷が軽減しやすい構造の登山テント。高さを抑えて丸みのある部分を多くすることで、風がテントの上を通りやすいように設計されています。フライシートの生地には75Dポリエステルタフタを採用。耐水圧1800mmを実現しており、快適な登山をサポートするおすすめモデルです。

設営しやすいように、インナーテントとフライシートを合わせる位置に同じ色のテープが搭載されているのもポイント。別売りの「フロントパネル跳ね上げポール」を使用すれば、前室にリビングスペースを設けることも可能です。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) イクイップメント ホーネット ストーム2P

ニーモ・イクイップメント(NEMO) イクイップメント ホーネット ストーム2P

快適性と居住性を確保しながら、軽量化を追求した登山テント。重さ940gの超軽量で、極力荷物を軽くしたい方におすすめのモデルです。

インナーテントにブリーザブルナイロンを採用しており、風や冷気の侵入をシャットアウト。ドア部はメッシュの付いた2重構造で、蒸し暑いときでも快適に過ごせます。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) タニ 2P NM-TN-2P

ニーモ・イクイップメント(NEMO) タニ 2P NM-TN-2P

ダブルウォールタイプの自立式登山テント。フライシートの生地にシリコンコーティングリップストップナイロンを採用しており、優れた強度を実現しています。2人で就寝できるスペースを確保しながら、重さ1180gの軽量化に成功。本格的な登山で、携帯性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ベンチレーターを設けており、通気性に優れているのもポイント。結露が気になるときや蒸し暑いときの温度調節が容易です。

プロモンテ(PuroMonte) 超軽量山岳テント

プロモンテ(PuroMonte) 超軽量山岳テント

4シーズン対応の登山テント。山岳登山で快適に使えるよう、軽さと収納性を考慮して開発されています。重さ1550gと軽量ながら、雪山でも使いやすい耐久性を確保しているのが特徴です。サイズは、2人用のほか、1人用・2人用ロング・3人用の4タイプがラインナップされています。

ポールの交差部をハブで半固定した、センターハブ構造を採用しているのもポイントです。上部に太いポール、下部にしなやかな細いポールを採用することで、剛性を高めながら頭上のスペースをしっかり確保。居住性にも優れたおすすめモデルです。

ZEROGRAM スルーハイカー1p

ZEROGRAM スルーハイカー1p

フライシートとインナーテント、フットプリントを連結した一体構造の登山テント。初心者でも設営や撤収が簡単なモデルです。ダブルウォールテントながら、重さ947gの軽量モデル。長期間移動する、スルーハイカーにもおすすめです。

本体の低重心設計により、強風下でも過ごしやすい耐風性を発揮。フロント部には前室スペースを設けており、荷物置き場としても活躍します。

エムエスアール(MSR) エリクサー1 テント

エムエスアール(MSR) エリクサー1 テント

アメリカの登山用品メーカー、「エムエスアール」の1人用登山テントです。2本のポールを2カ所で交差させているほか、天井部に短いポールを追加した箱型形状が特徴。コンパクトながら、快適な居住性を実現しているおすすめモデルです。

インナーテントの天井部に、小物が収納できるギアロフトを備えているなど、使い勝手に優れているのもポイント。付属のフットプリントを使用すれば、フライシートとポールだけで設営することも可能です。