登山の醍醐味をしっかり味わいたいなら、テント泊がおすすめです。しかし、ファミリーキャンプ向けのテントなど、山の厳しい環境を考慮していないテントは登山にはあまり向いていません。

そこで今回は、登山を楽しむために登山テントの選び方を解説。実績豊富なブランドと信頼性が高いおすすめの登山テントを紹介します。安全で快適なテント泊のための参考にしてください。

登山向けテントとキャンプ向けテントの違い

登山向けテントでは耐久性・利便性・携行性が重視されます。このなかでも特に重要なのが耐久性です。天候の変化や温度の急激な低下にみまわれる山の環境では、テントが身を守るための必要不可欠なアイテム。また、設営が簡単なことや軽量で収納しやすいのも登山向けテントのポイントです。

一方、キャンプ向けテントは、主に居住性を追求しています。そのため、登山向けテントに比べて高さがあるのが特徴。支柱であるポールが長く、重い傾向にあるうえ、収納力がやや劣ります。また、キャンプ場は整地されていることが多いので、耐久性も登山テントに比べて低い製品が多いのが特徴です。

したがって、同じテントといっても用途の異なる登山向けテントとキャンプ向けテントはまったくの別物。登山向けテントをキャンプで使うことはあっても、キャンプ向けテントを登山に流用することは基本NGと考えておくと安心です。

登山テントの選び方

使用人数で選ぶ

1人で使用する場合

By: rakuten.co.jp

登山テントは設営と撤収のしやすさ、耐久性が大切なのであまりに広いものは向いていません。1人の場合、眠るときの横幅は60cm程度あれば十分です。登山テント自体の幅は90cm以上確保すると余裕が持てるのでおすすめ。

縦方向は何かが触れるようだと窮屈に感じてしまうため、身長プラス20cm程度の長さを確保し、足元に荷物を置きましょう。

また、幅90cmの一般的な1人用登山テントは重量がおよそ1.5kgです。2人用登山テントは幅130cmで1.6kg程度と、重量ベースではあまり大差がないため、あえて2人用を使用して1人で広々と過ごすのもおすすめです。

複数人で使用する場合

By: hilleberg.jp

複数人で使用する場合は登山テントが占める重量比率を大幅に減らすことができます。3人用は幅180cmの一般的な登山テントで2kg程度と、1人用登山テントを各々で持つよりも結果的に軽く済むため、負担の軽減に繋げることが可能です。

大きすぎるテントは使用しない

By: amazon.co.jp

使用人数よりワンサイズ大きい登山テントを使用することにより、居住部に荷物スペースを確保することも可能です。これにより雨や風による荷物の損傷を防ぐことができます。

しかし、大きすぎるテントは設営スペースを確保するのが難しいこともあるので注意が必要です。大人数の場合は少人数単位で区切ってテントを使用するのがおすすめ。大きすぎるテントは使用しないほうが登山テントの設営や撤収も円滑に実施が可能です。

種類で選ぶ

シングルウォール

By: amazon.co.jp

1枚のシートで作られているのがシングルウォールテント。極めて軽量でコンパクトなのが特徴です。結露しやすいため寝心地はあまりよくありませんが、長距離移動で快適性よりも迅速性を求める上級者からは人気を得ています。

ダブルウォール

By: amazon.co.jp

ダブルウォールテントは2枚のシートで作られている二重構造の登山テントです。シングルウォールテントに比べて重量があり、設営に時間がかかりますが、風や雨に強いため耐久性に優れています。

また、二重構造を活かして居住スペースと荷物スペースを分割することも可能なため、機能性重視であればダブルウォールテントがおすすめです。

耐久性をチェック

素材で選ぶ

By: iwatani-primus.co.jp

ポリエステル製品の登山テントは安いものが多いため、手軽に手に入ります。しかし、宿泊を要する長期間の登山は、登山テント内で湯沸かしや調理を行うことも日常茶飯事です。その場合は当然火を使うため、登山テントには耐火性が求められます。

テント内で火を使いたい方は引火しやすいポリエステル製は避けましょう。ナイロン製の登山テントは、耐火性だけでなく耐久性にも優れているためおすすめです。

自立式と非自立式

By: amazon.co.jp

登山テントはポールを通して組み上げる自立式と、地面にペグを打ち込んで固定する非自立式があります。自立式登山テントはペグを必要としないため、岩場や高所での設置におすすめです。

非自立式登山テントはペグを使用するため、使用できる場所が限られますが、耐風性に優れています。これから行く場所は岩場が多いのか、強風が発生しやすいのかをチェックし、用途に応じたテントを選ぶようにしましょう。なお、雪山登山の場合はペグが効かない場合が多いため、自立式登山テントがおすすめです。

登山テントのおすすめメーカー

ライペン(RIPEN)

By: rakuten.co.jp

「ライペン」は、1965年創業の日本を代表するアウトドア用品メーカー、アライテントのブランドです。ライペンとはスペイン語で「熟練」という意味。居住性が高く直感的に設営できるテントに定評があります。

「エアライズ」や「トレックライズ」シリーズなどロングセラーモデルが多く、日本の登山事情に精通したブランド。テント選びの際には、まずチェックしたいブランドです。

ダンロップ(DUNLOP)

By: amazon.co.jp

「ダンロップ」は1971年に、吊り下げ型ドームテントを世界で初めてリリースしました。その後、1976年には日本で初めて防水透湿素材「ゴアテックス」を使ったテントを発表するなど、技術力に優れたメーカー。有名な「プロモンテ」ブランドもダンロップの製品です。

ダンロップの主力テントは、2012年にリリースされた「VSシリーズ」。オールシーズン用のコンパクトな登山向けテントです。登山以外に、バイクや自転車のツーリング用テントも展開しています。

エスパース(ESPACE)

By: heritage.co.jp

現在主流の「ドーム型」テントを1970年に日本で初めて販売したのが「エスパース」。当時は、登山用品専門店のカモシカスポーツが担当していましたが、現在はヘリテイジが企画開発を継承しています。

ヘリテイジは1981年に東京で設立。基本的に社員全員が登山家という社風で、ユーザー目線から登山用品を開発しています。試作品を徹底的にテストするために、1997年には北アルプスのお膝元である長野県安曇野に移転。

登山家のノウハウを商品に反映させるのが得意な信頼のブランドです。エスパースのほかに「ヘリテイジ」ブランドも商品展開しています。

登山テントのおすすめ人気モデル

ヒルバーグ(HILLEBERG) Anjan アンヤン2

ヒルバーグ(HILLEBERG) Anjan アンヤン2

重量約1.8kgと軽量で、長距離移動することを前提に作られたダブルウォールテントです。耐水性に優れており、多少の強風や雨には負けません。メーカーの実験では、降雪機を改良した強力な送風機で8時間ほど風を当て続けても安定を保ち続けたほど耐久性も良好です。

また、地面とアウターテントが接しにくくなるよう設計されており、そこで生み出される隙間によって優れた通気性を確保しています。前室を巻き上げると通気性を向上させられるため、暖かいシーズンでの登山やトレッキングにおすすめの登山テントです。

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト2

アライテント(ARAI TENT)  ドマドームライト2

ツインルーム設計という贅沢な構造が特徴の登山テント。広い登山テントを求める方やカップルでの使用にもおすすめです。本製品は日本古来の土間をイメージしてドマドームと名付けられており、クロスフレームによって保たれた高いテラスは開放感があります。

また、ダブルウォールなので耐久性も高く、フレームとなる3本のポールがしっかり噛み合うことで強風環境でも抜群の安定感を発揮。2kgという軽量を実現した高性能な登山テントです。

エムエスアール(MSR) カーボンリフレックス1

エムエスアール(MSR) カーボンリフレックス1

ポールにカーボンを使用しているので軽量なことに加え、インナーテントにはマイクロメッシュを採用し、開放感と通気性に優れた登山テント。フライシートはジッパーの重量も削減し、出入り口は小さなフックと面ファスナーであるベルクロで固定するという徹底的な軽量化を図っています。構造がシンプルなので、設営・撤収もスピーディに行うことが可能です。

また、ナイロン製生地を採用しているため、雨や風にも難なく対応できます。耐久性に優れたダブルウォールテントながら、660gという超軽量を実現。フットワークを軽くしたい方におすすめの1人用登山テントです。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) ブレイズ 1P

ニーモ・イクイップメント(NEMO) ブレイズ 1P

居住性を重視しつつ重量は790gと軽量なので、携行性も重視したいミニマリストにおすすめのダブルウォールテントです。ポールの配置によって広い居住空間と強度を併せ持っているのが特徴。耐水性にも優れているため、多湿な日本の登山に適しています。

インナーテントは広範囲がメッシュ生地で作られており、通気性も抜群です。夏の登山でも蒸し暑さを和らげます。1本の長いメインポールを軸にサブポールを組み上げる独自の仕様は設営・撤収の手間を格段に軽減させるので、移動頻度の高い登山に適している製品です。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ 2

アライテント(ARAI TENT) エアライズ 2

ライペン社が展開するブランド、アライテントのエアライズシリーズです。本アイテムは空気を多く含んだ素材である東レの「ファリーロ」を採用しており、従来製品の20%という超軽量を実現。

また、使用場面を選ばないので冬も含めた4シーズンに対応可能です。ポールをサッと通すことができる切れ目のないフレームスリーブを採用しているので、設営も簡単。

2〜3名で使用できる広さを確保しながら重量は約1.5kgと、ダブルウォールテントとしては超軽量なのも魅力です。

プロモンテ(PUROMONTE) VL16テントセット

プロモンテ(PUROMONTE) VL16テントセット

冬も使える4シーズン対応のダブルウォールテントです。VLシリーズは1988年に発売され、本製品は7代目。過去の修理実績を分析して修理が多い箇所は補強し、依頼が少ない部分は軽量化を施してきたのが特徴です。その結果、重量は1.2kgと前作より100gほど軽量化しています。

吊り下げ式の登山テントは風に弱いのが弱点でしたが、本シリーズはフック間をメッシュパネルで接続し、負荷を分散することで充分な強度を得ているのがポイントです。

フライシートとフロア素材はナイロンよりも水分吸収率が低く速乾性に優れているポリエステルを採用。伸縮性が低い生地であるため、水を含んでフライシートが変形しするのを防ぎ、漏水を回避できます。

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 1型

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 1型

シンプルな構造で設営が簡単な登山テントです。セルフスタンド方式のポールに本体を吊り下げるだけで設置できます。ダブルウォールを採用していますが、ムーンライトという名前の通り月明かりでも設営できるほどの簡単構造なのが特徴。

フライシートはインナーテントに触れにくい構造になっており、結露などによる漏水を防ぎます。また、バスタブ形状のフロア部分にシームテープ処理を施すことで防水性を高めているのもポイント。さらに、通気性に優れているため、高温多湿な夏場環境でも使用できます。

フロア部分の底面と側面にインナーポケットが付いているので、小物を整理したい時にも便利です。

エムエスアール(MSR) ハバNX

エムエスアール(MSR) ハバNX

ポールにハブ構造を採用することで設営・撤収が簡単に行えるのが特徴の、機能性を重視したダブルウォールテントです。1.3kgという軽量ながら横風を受けにくい構造で安定性が高いのが魅力。広い前室があるため、出入り口が広く居住性にも優れています。

別売りのハバギアシェッドを合わせれば前室を2倍に拡張可能。また、広範囲に採用されているメッシュ生地によって通気性もよいため、夏場でも快適に過ごせます。携行性・利便性・居住性を兼ね備えた製品を探している方におすすめです。

ファイントラック(finetrack) カミナドーム1

ファイントラック(finetrack) カミナドーム1

収納形状を円形ではなく長方形にしたことで、より迅速に撤収が可能なダブルウォールテントです。本体重量約1.1kgと軽量ながら、広い居住スペースを確保しています。

夏冬を問わずオールシーズンに対応できるのもポイント。入り口は前室を張ったままでも出入りしやすいようダブルスライダーファスナーを採用しており、メッシュ窓が付いているため夏場でも通気性に優れています。

また、メイドインジャパンの優れた繊維技術により、抜群の軽量性とコンパクト性を実現。「66ナイロンリップストップ生地」の採用により高い耐摩耗性を持ち、耐久性にも優れています。

アライテント(ARAI TENT) ライペン オニドーム1

アライテント(ARAI TENT) ライペン オニドーム1

本製品は「オニ」という名のとおり、2本のフレームがツノのように突き出た構造になっているのが特徴。広い空間を確保でき、ペグが効かない場所でもツノ部分に前室を設けられるため、機能性も良好です。

重量約1.3kgという軽量でありながら、ダブルウォールの長所である前室や耐水性はしっかり備えています。フレームを2本に抑えたシンプル設計で設営・撤収がスムーズに行えるのもポイント。なるべく手間を省いた円滑な登山を行いたい方におすすめです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト

ポール配置により、耐風性に優れた4シーズン対応のシングルウォールテントです。広い入り口で使い勝手がよく、3本のポールで支えているため中は開放感があります。1.4kgという超軽量で携行性が高いことに加え、設営・撤収もスムーズに行えるのもポイント。

また、生地には撥水性の高いナノシールドを採用しているため、雨天でも撤収時に水を吸って重くなることがありません。4シーズンのなかでも特に雨季、雪解けシーズンにおすすめの登山テントです。

ビッグ スカイ インターナショナル(BIG SKY INTERNATIONAL) WISP 1P

ビッグ スカイ インターナショナル(BIG SKY INTERNATIONAL) WISP 1P

本体重量がわずか590gと、軽量性を重視したコンパクトな登山テントです。高さ120cm程度まで調整可能なトレッキングポールを採用しているのも特徴。また、数ヶ所のペグダウンをするだけで設置できます。

軽量でありながら居住性は高く、ポールを片側に寄せた設計により就寝時に頭側は広くなっており、窮屈さを感じません。広い空間でゆったり就寝できます。シングルウォールでありながら前室も確保できるのもポイント。多少の悪天候でも難なく設営可能なので天候が変わりやすい場所での利用にもおすすめです。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) アンディ 1P

ニーモ・イクイップメント(NEMO) アンディ 1P

シングルウォールの大きなメリットでもある設営・撤収のしやすさを最大限に活かした吊り下げ式の登山テント。ペグダウンした状態からでも設営ができるため、悪天候でも素早く作業ができます。

吊り下げ式はフック部分に強い負担がかかるため、高強度のX-PLYファブリックを採用することで充分な強度を保っているのが特徴。本体は1kgと軽量コンパクトなので移動時の負担も気になりません。

居内部に充分な広い空間を確保できるため居住性も良好。なるべく荷物を減らしたい方におすすめの登山テントです。

モンベル(mont-bell) U.L.ドームシェルター 1型

モンベル(mont-bell) U.L.ドームシェルター 1型

場所を選ばずに設営可能な自立式のシングルウォールテントです。無駄を極限まで省き、本体重量742gの超軽量を実現。フロア部と縫い目にはシームテープ処理を施しており、耐水性を高めています。

居住性もよく、入り口にはメッシュ窓とベンチレーターを設けることで通気性の確保が可能です。暖かい時期も使用できるので夏のトレッキングや登山を考えている方におすすめです。

また、2本のインナーポールによって頑丈に支えながら広い居住空間を確保している上、耐風性も保っています。さらに、内側にむき出しになったポールには物をぶら下げることも可能です。

ヘリテイジ(HERITAGE) トレイルシェルター

ヘリテイジ(HERITAGE) トレイルシェルター

重量わずか280gと軽量で、トレイルランニングの休息や仮眠用としておすすめのシングルウォールのシェルターです。天候のよい時期や場所での使用に適しており、極限まで荷物を減らしたい上級者に向いています。

本製品は内側で2本のストックを組み、前後の2点をペグダウンするだけで設営が可能。途中休憩や仮眠が必要な場合、迅速に対処できます。生地の耐水圧は1,000mmなので、一時的な小雨なら対応可能。害虫から身を守れる別売りのベンチレーター用モスキートネットを使用すれば、夏場も安心して就寝できます。

ファイントラック(finetrack) ツェルト2ロング

ファイントラック(finetrack) ツェルト2ロング

なるべく荷物を減らしたい方におすすめの製品です。重量は340gと軽量。幅が220cmあるため最大2人での宿泊が可能です。また、底を解放すれば雨や日差しよけのタープとしても使用可能なのも特徴。一時的に風や雪をしのぐ場合は設営せずに被ったり雪洞のふたとして代用したりできます。

山岳や岩場においては、上部の挿入口へロープを通して岩に固定することが可能です。さらに、ポールやストックがなくても木や岩にくくりつければシングルウォールテントが設営できます。多用途の登山テントを探している方におすすめの製品です。

オクトス(oxtos) ULシングルウォールテント2人用

オクトス(oxtos) ULシングルウォールテント2人用

テント本体とポールを合わせてもほぼ1kgと、2人用ながら軽量な登山テント。インナーポールを採用しているため、設営・撤収をスムーズに行うことができます。

フロアと縫い目部分にはシームシーリング処理を施しており、耐水性も良好。ポールはアルミのなかでも強度の高いジュラルミン製を採用している上に、生地の磨耗しやすい部分は3重構造になっているため、高い耐久性があります。

同等スペックの他製品と比べると安い価格で手に入るのも魅力。コストパフォーマンスを重視する方におすすめのシングルウォールテントです。

エムエスアール(MSR) エリクサー3

エムエスアール(MSR) エリクサー3

居住性が高いのが特徴のダブルウォールテントです。天井に取り付けられる吊り棚「ギアロフト」を備えている上、マットレスを3枚並べられるほどの快適な居住性を実現。

また、交差したポールに別のポールを追加することで天井の開放感を確保しています。出入り口は両サイドに設置されており、前室も使いやすくなっています。

さらに、従来品よりも生地を厚くし耐久性を向上させているのもポイントです。重量は約2.6kgと軽量。3人で使用できるおすすめの登山テントです。

モンベル(mont-bell) ステラリッジ テント 3型

モンベル(mont-bell) ステラリッジ テント 3型

高い耐久性が特徴の登山テントです。フライシートとインナーテントに新開発素材を採用し、過酷な環境で使用することを前提とした作りになっています。吊り下げ式の構造によって悪天候時も素早い設営が可能です。

フロア部分はシームテープ処理によって防水性も確保しています。また、本体側面にはベンチレーションが設置されており、通気性も良好。

世界トップクラスの耐久性を持ちながら比較的安い価格設定となっており、コストパフォーマンス重視におすすめのダブルウォール登山テントです。

ダンロップテント(DUNLOP) VS40

ダンロップテント(DUNLOP) VS40

4人向けでありながらおよそ2.5kgという軽量を実現している上、高い耐久性・耐水性を誇る登山テント。設営が簡単なので、初心者でも5分程度で完了できます。

吊り下げ式テントはフックに不可がかかりやすいため、本製品はメッシュパネルをつないで強度を高く保っています。フライシートとフロア素材には撥水性に優れたポリエステルを使用し、高い耐水性も確保しているのもポイント。

また、ポリエステルはナイロンに比べて紫外線劣化にも強いため、長く使いたい方におすすめです。