登山の醍醐味をしっかり味わいたいなら、テント泊がおすすめです。しかし、ファミリーキャンプ向けのテントなど、山の厳しい環境を考慮していないテントは登山にはあまり向いていません。

そこで今回は、登山を楽しむために登山テントの選び方を解説。あわせて、実績豊富なブランドと信頼性が高いおすすめの登山テントをご紹介します。安全で快適なテント泊の参考にしてみてください。

登山向けテントとキャンプ向けテントの違い

登山向けテントでは耐久性・利便性・携行性が重視されます。このなかでも特に重要なのが耐久性です。天候の変化や温度の急激な低下にみまわれる山の環境では、テントが身を守るための必要不可欠なアイテム。また、設営が簡単なことや軽量で収納しやすいのも登山向けテントのポイントです。

一方、キャンプ向けテントは、主に居住性を追求しています。そのため、登山向けテントに比べて高さがあるのが特徴。支柱であるポールが長く、重い傾向にあるうえ、収納力がやや劣ります。また、キャンプ場は整地されていることが多いので、耐久性も登山テントに比べて低い製品が多いのが特徴です。

したがって、同じテントといっても用途の異なる登山向けテントとキャンプ向けテントはまったくの別物。登山向けテントをキャンプで使うことはあっても、キャンプ向けテントを登山に流用することは基本的に避けるのが安心です。

登山テントの種類

シングルウォール

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントは、基本的に1枚のシートで構成されているテントのことを指します。登山テントは軽量性も求められるため、最小限の素材で構成されているのがメリット。

ただし、外気と内部を隔てる生地が1枚しかないので、結露しやすい傾向にあります。快適さよりも傾向性と設営のスピーディさを重視する方におすすめです。

ダブルウォール

By: amazon.co.jp

ダブルウォールテントは、テントを構成する本体のシートと「フライシート」を重ねるように設営した2重構造のテントを指します。外気と内部を隔てる壁に空気の層ができるため、結露しづらく保温性にも優れているのが特徴です。

シングルウォールに比べて設営の手間がかかりますが、作業スペースや荷物置き場になる「前室」を構成することが可能。結果的に作業効率を向上できます。

さらに、2重構造であるため風に強く、強い雨にも耐えられる優れた耐水性があるのも魅力のひとつ。機能性を重視したい方におすすめです。

登山テントの選び方

使用人数で選ぶ

1人で使用する場合

By: rakuten.co.jp

登山テントは設営と撤収のしやすさ、耐久性が大切なのであまりに広いものは向いていません。1人の場合、眠るときの横幅は60cm程度あれば十分です。登山テント自体の幅は90cm以上確保すると余裕が持てるのでおすすめ。

高さ方向は何かが触れるようだと窮屈に感じてしまうため、身長プラス20cm程度の長さを確保し、足元に荷物を置きましょう。

また、幅90cmの一般的な1人用登山テントは重量がおよそ1.5kgです。2人用登山テントは幅130cmで1.6kg程度と、重量ベースではあまり大差がないため、あえて2人用を使用して1人で広々と過ごすのもおすすめです。

複数人で使用する場合

By: hilleberg.jp

複数人で使用する場合は登山テントが占める重量比率を大幅に減らすことができます。3人用は幅180cmの一般的な登山テントで2kg程度と、1人用登山テントを各々で持つよりも結果的に軽く済むため、負担の軽減に繋げることが可能です。

大きすぎるテントは使用しない

By: amazon.co.jp

使用人数よりワンサイズ大きい登山テントを使用することにより、居住部に荷物スペースを確保することも可能です。これにより雨や風による荷物の損傷を防ぐことができます。

しかし、大きすぎるテントは設営スペースを確保するのが難しいこともあるので注意が必要です。大人数の場合は少人数単位で区切ってテントを使用するのがおすすめ。大きすぎるテントは使用しないほうが登山テントの設営や撤収も円滑に行えます。

耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

登山テントは長距離移動を要する登山においてライフラインともいえる重要な装備です。そのため、登山テントには高い耐久性が必要不可欠。まずは購入前に使用されている素材に注目しましょう。

テントの素材としてよく用いられるのはポリエルテル製生地とナイロン製生地です。ポリエステルは高い耐水性を有していますが、耐摩耗性、引っ張り強度はナイロン製のほうが優れています。

そのため、耐久性を重視する場合はナイロン製の生地を使用したものを選ぶのがおすすめ。ナイロンは耐火性にも優れているので、前室などの通気性を確保したテント内なら、火を使って調理することも可能です。

自立式と非自立式

By: amazon.co.jp

登山テントはポールを通して組み上げる自立式と、地面にペグを打ち込んで固定する非自立式があります。自立式登山テントはペグを必要としないため、岩場や高所での設置におすすめです。

非自立式登山テントはペグを使用するため、使用できる場所が限られますが、耐風性に優れています。これから行く場所は岩場が多いのか、強風が発生しやすいのかをチェックし、用途に応じたテントを選ぶようにしましょう。なお、雪山登山の場合はペグが効かない場合が多いので、自立式登山テントがおすすめです。

登山テントのおすすめメーカー

ライペン(RIPEN)

By: rakuten.co.jp

「ライペン」は、1965年創業の日本を代表するアウトドア用品メーカー、アライテントのブランドです。ライペンとはスペイン語で「熟練」という意味。居住性が高く直感的に設営できるテントに定評があります。

「エアライズ」や「トレックライズ」シリーズなどロングセラーモデルが多く、日本の登山事情に精通したブランド。テント選びの際には、まずチェックしたいブランドです。

ダンロップ(DUNLOP)

By: amazon.co.jp

「ダンロップ」は1971年に、吊り下げ型ドームテントを世界で初めてリリースしました。その後、1976年には日本で初めて防水透湿素材「ゴアテックス」を使ったテントを発表するなど、技術力に優れたメーカー。有名な「プロモンテ」ブランドもダンロップの製品です。

ダンロップの主力テントは、2012年にリリースされた「VSシリーズ」。オールシーズン用のコンパクトな登山向けテントです。登山以外に、バイクや自転車のツーリング用テントも展開しています。

エスパース(ESPACE)

By: heritage.co.jp

現在主流の「ドーム型」テントを1970年に日本で初めて販売したのが「エスパース」。当時は、登山用品専門店のカモシカスポーツが担当していましたが、現在はヘリテイジが企画開発を継承しています。

ヘリテイジは1981年に東京で設立。基本的に社員全員が登山家という社風で、ユーザー目線から登山用品を開発しています。試作品を徹底的にテストするために、1997年には北アルプスのお膝元である長野県安曇野に移転。

登山家のノウハウを商品に反映させるのが得意な信頼のブランドです。エスパースのほかに「ヘリテイジ」ブランドも商品展開しています。

登山テントのおすすめ人気モデル

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1

アライテントのオリジナルブランド、ライペンの「エアライズ」シリーズは、自身の力で移動する「人力移動」を想定して開発されているのが特徴です。本製品は繊維に空気の層を含ませ、軽量性に特化した新素材「ファリーロ」を使用。本体・フレーム・フライシートの一式をあわせても1360gと極めて軽量なダブル登山ウォールテントです。

また、切れ目のないフレームスリープを搭載しているため、ポールをスピーディに通すことが可能。さらに、生地に付属している「クイックリリースバックル」を使用することでフライシートも簡単に設置できます。

快適性と優れた傾向性を有し、取り扱いも非常に簡単なので、初心者の方にもおすすめです。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ2

アライテント(ARAI TENT) エアライズ2

本体・フレーム・フライシートの一式をあわせた本体重量は1550gと軽量なのが特徴。1人用のエアライズ1と比べてわずか190gの差で2人分のスペースを確保できる登山テントです。

軽量性に優れた「ファリーロ」を使用して軽量化させた生地「リップストップナイロン」を採用。軽量性に加えて優れた耐久性も備えています。

2人用の登山テントですが、1人での登山で広々と使用するのもおすすめ。オールシーズンで使用できる高性能な登山テントです。

ダンロップ(DUNLOP) VS-30

ダンロップ(DUNLOP) VS-30

耐久性と軽量性を追求し、ヒマラヤ登山のために開発されたオールシーズン対応の登山テントです。ポリエステル生地は吸水性がきわめて低いので、テントが濡れても重量が増えづらく乾きやすいのが特徴。雪山などの水に濡れやすい登山シーンにおすすめです。

また、「30Dポリエステルリップ」を使用した生地はナイロンよりも紫外線に強く、経年劣化しづらいのも魅力。さらに、ポールへ吊り下げるように組み立てるため、あらかじめペグを固定してから設営できます。これにより、強風時でもスムーズな設営が可能です。

プロモンテ(PUROMONTE) VL-26

プロモンテ(PUROMONTE) VL-26

コンパクト性と軽量性を重視したオールシーズン対応の登山テントです。本製品はフック間の隙間をメッシュ生地で補強しており、吊り下げ式テントの弱点とされた耐風性を強化しています。

また、テント下部とフライシートにはポリエステル生地を採用しており、耐水性にも優れ、ナイロンに比べて速乾性があるのも特徴。できる限りフットワークを軽くしたい方におすすめです。

ヘリテイジ(HERITAGE) HI-REVO

ヘリテイジ(HERITAGE) HI-REVO

重量約940gと、ダブルウォールテントとしては軽量クラスの登山テントです。とにかくフットワークを軽くしたいファストパッカーにおすすめ。本製品はポールを一方から差し込んで簡単に設営できる「ユナイテッドアーチーズスリーブ」を採用しています。また、軽量化のためスリープをアーチ状にくり抜いた「ライトニングホール」を複数設置。これにより、徹底的な軽量化を施しつつも設営の迅速性と優れた耐久性の両立を実現しています。

そのほか、フライシートには耐久性の高い「15Dナイロンリップストップ」を採用。さらに、防水性を高めるため「PUコーティング」を施して2000mmの高い耐水圧を獲得しています。

そのほか、出入りがスムーズな逆L字型のファスナーを採用し、通気用の「ベンチレーター」を入り口に2箇所設置しているのもポイントです。入り口上部のベンチレーターはフライシートと配置を合わせているため、雨天でも換気がスムーズ。夏場でも快適に過ごすことが可能です。

エスパース(ESPACE) ソロ アルティメイト

エスパース(ESPACE) ソロ アルティメイト

ソロ登山用として、居住性と設営の迅速性を両立させたい方におすすめの、ダブルウォール登山テントです。本製品は極薄のナイロン生地「15Dナイロンリップストップ」を採用。底面には耐久性の高い「30Dナイロンダイヤモンドリップストップ」を使用しています。

また、フライシートには耐水性に優れた「20Dポリエステルリップストップ」を採用し、「PU防水加工」と「シリコン撥水処理」を施したことで2000mmの高い耐水圧を実現。

さらに、本体には設営を迅速におこなえる「ユナイテッドポールスリーブ」を採用しているので、多少の悪天候でも即座に設営できます。

そのほか、出入り口は大きめの逆U字ファスナーを採用しており、出入りがとても楽におこなえます。また、入り口とベンチレーターには防虫ネットも備えているので、夏場も快適に過ごすことが可能です。

ニーモ(NEMO) イクイップメント ブレイズ 1P

ニーモ(NEMO) イクイップメント ブレイズ 1P

極薄のナイロン生地を使用し、本体重量790gときわめて軽量な1人用のダブルウォール登山テントです。幅76×長さ211cmと一人で眠るには十分。フットワーク重視の方におすすめです。

本製品は1本の長いポールと短めのサブポールを一体型にし、スピーディな設営を可能にしているのがポイント。安定性にも優れた非自立式で、強風時でも使用できます。

ニーモ(NEMO) イクイップメント ホーネット ストーム2P

ニーモ(NEMO) イクイップメント ホーネット ストーム2P

居住性を維持しながら重量を940gに抑え、2人用として使用できる超軽量モデルです。本製品は冷気の侵入を防ぐ新素材「ブリーザブルナイロン」を採用。出入り口にはメッシュ生地を使用しているため、通気性がよく、オールシーズン対応できます。

また、テント上部には「フライバーボリューマイジングポールクリップ」を採用し、テント内の空間を広くしているのが魅力。さらに、テント内部にはヘッドランプを点灯させたまま設置して明るさを確保できるポケットも備え、機能性も充実しています。

ニーモ(NEMO) イクイップメント テント TANI 2P

ニーモ(NEMO) イクイップメント テント TANI 2P

雪山にも対応可能な自立式のダブルウォール登山テントです。本製品は耐久性に優れた「シリコンコーティングリップストップ生地」をフライシートへ採用。長期間の愛用にも耐えられます。

また、本体後部にはジッパー式のベンチレーションを備え、強風時には締め切ることも可能。前室にもベンチレーションを備えているため、季節や気候によって使い方を自由に変更できます。

さらに、フロア素材と本体の結合部は設営時に地面へ密接せずに、アーチを描くように縫製されており、結露の防止と使用素材削減による軽量化を実現しているのが特徴です。

テラノバ(TERRA NOVA) レーサーコンペティション1 43LCG

テラノバ(TERRA NOVA) レーサーコンペティション1 43LCG

本体重量940g、最大2人で使用可能な超軽量のダブルウォール登山テントです。フライシートのみでの使用も可能で、タープのような使い方にも応用可能。

また、本製品に使用されている「シルナイロンリップストップ」は耐水性に優れ、5000mm以上のきわめて高い耐水圧を有しています。できる限り重量を減らしてフットワークを軽くしたい方におすすめ。冬を除く3シーズンに対応しています。

ヒルバーグ(HILLEBERG) ヒルバーグ テント アクト

ヒルバーグ(HILLEBERG) ヒルバーグ テント アクト

1本のポールで簡単に設営できるため、トレッキングなどフットワークが求められる場面におすすめの登山テントです。本製品の素材は引き裂き強度に優れた「Kerlon1200」を採用。長期間の繰り返し使用にも耐える耐久性を有しています。

また、地面に触れるフロア素材には「70デニールナイロン」を使用し、優れた耐摩擦性と5000mmの高い耐水圧を兼ね備えているのが特徴。さらに、地面に張り付くような低い形状でペグダウンされ、耐風性にも優れているため、気候変動に強い登山テントを探している方におすすめです。

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) SMD ルナーソロ

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) SMD ルナーソロ

テントの居住性と、タープのような通気性を併せ持った、オールシーズン対応のシングルウォール登山テントです。幅90×長さ229cmと広々設計で重量は710g。超軽量なため、トレッキングなどにもおすすめです。

また、フライシートには「20Dシリコンコーティングポリエステル」を使用したことで高い耐水性を備えています。さらに、シングルウォールならではのシンプルな構造により、慣れると1分弱で組み立て可能。本体形状が6角形構造をしているため力が分散しやすく、風や雪にも強いのが特徴です。

そのほか、メッシュ素材を使用した蚊帳も搭載。通気性を確保しながら虫の侵入を防ぎ、夏場でも快適に使用できます。

ゼログラム(ZEROGRAM) ZERO1 パスファインダー

ゼログラム(ZEROGRAM) ZERO1 パスファインダー

居住性を維持しながら軽量性も併せ持つ、ウルトラライトタイプの登山テントです。シングルウォールですが、前室を備えているため居住スペースを広く確保できます。

本製品は重量が650gときわめて軽量。トレッキングや登山にオールシーズンで対応可能です。また、極力縫い目をなくした加工を施すことで耐久性が向上しています。

さらに、メッシュ生地のドアを2箇所に備え、通気性を確保しながら虫の侵入を防止。前室部分も完全に閉じられるため、強風時など悪天候でも安心して使用できます。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト

最大2人で使用可能な、広々とした構造が特徴のシングルウォール登山テントです。傾斜をきつくしたデザインによって水が流れやすく、高い天井で居住性を確保できる「2.5ポールデザイン」を採用しています。

また、正面と後部にメッシュ生地を使用したことで高い通気性を確保し、ベンチレーションがスムーズにおこなえるのも特徴です。さらに、独自の素材「ナノシールド」を採用したことで2000mmの耐水圧を有し、重量1.18kgと軽量さも実現。そのほか、小物を収納するために便利なメッシュポケットを内側に2つ備えているのも嬉しいポイントです。

エムエスアール(MSR) ハバ NX

エムエスアール(MSR) ハバ NX

3人以上で使用できる広い居住スペースが特徴の登山テントです。一体型に連結させたポールによってスピーディな設営が可能。独自のポール形状により、内部の居住空間を広く保っているため快適です。

本製品のポールは航空機にも使用される軽量で頑丈な素材「イーストンサイクロン」を使用しています。これにより、強風などの強い力が加わっても適度にしなり、元の形状に戻る優れた弾力性を備えているのが特徴です。

そのほか、フロア素材とフライシートには高い耐水性を長期間維持できる「エクストリームシールドシステム」を採用。経年劣化を防ぎ、長期間使用できます。

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型

モンベルのロングセラーモデル。「ムーンライト」といる名の通り、月明かりの下でも素早く設置できるシンプルな設計が特徴です。

また、生地には難燃加工を施した「75デニールポリエステルタフタ」を採用。1500mmの耐水圧を有し、高温多湿な日本の梅雨時期におすすめです。さらに、出入り口には大きなメッシュ生地を備えているため通気性も抜群。

そのほか、ポールは軽量で耐久性の高い「7001超々ジュラルミン」を採用しているので、強風時にも対応できます。

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1

スノーピークの厳格な品質基準のもと、快適さと軽量性の両立を追求したモデルです。軽量性だけでなく、「耐久性」と「快適性」も重要視しているのが特徴。

本製品のフロア素材には消耗を抑えるため最低でも30Dの厚さを確保するよう設計されています。また、あえてダブルウォールを採用することで結露も軽減。さらに、登山テント後方を高くすることにより、広いスペースが生まれるよう設計されています。

メインフレームを使用せずにトレッキングポールを代用する場合は本体重量800gで携行が可能です。

ハスキー(Husky) ビザム

ハスキー(Husky) ビザム

チェコのアウトドアメーカー「ハスキー」のドーム型テントです。重量2.6kgと軽量。本製品はダブルウォールテントのため結露に強いうえに、なめらかなドーム型は強風にも強く、悪天候でも迅速な設営が可能です。また、フライシート上部にベンチレーターを備えているので、通気性も確保できます。

フロア素材には「190Tポリエステル」を採用。6000mmのきわめて高い耐水圧を有しているため、高温多湿な季節や場所での使用におすすめです。

ファイントラック(finetrack) カミナドーム1

ファイントラック(finetrack) カミナドーム1

コンパクトでありながら優れた居住性を誇る、ファイントラックの「カミナ」シリーズ。本製品は耐摩耗性に優れた「66ナイロンリップストップ生地」を全体に使用し、きわめて高い耐久性を有しています。

また、張力がかかりやすいポイントにはファイントラック独自の「超高強力ポリエチレン繊維ダイニーマ」を採用。テント剛性が大幅に向上し、高低差のある日本の山岳環境におすすめです。

さらに、天井部分と底部分で弾力と口径の異なる複数のポールを組み合わせた、ゆるやかな球形構造も特徴。高角度で壁が立ち上がり、広い居住空間を確保できます。

収納時の形状を四角い弁当箱型形状にしたことで、バッグに入れた際にデッドスペースができにくいのも特徴。片手でもつかめる大きさのため、優れた携行性を備えています。