コンパクトかつ耐久性や防水性に優れている「登山用テント」。使用目的を踏まえて選ぶことで、より快適に登山を楽しむことができます。

そこで、今回は登山用テントのおすすめモデルをご紹介。あわせて選び方やおすすめメーカーについても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

キャンプ用と登山用テントの違い

By: moonlight-gear.com

キャンプで使用するテントは、一般的に車に積み込んで持ち運ぶことが多いため、快適性や居住性が高いモノが目立ちます。一方、登山ではテントをはじめとしたアイテムをすべて自分で背負う必要があるので、登山テントは軽くてコンパクトなのが特徴です。

また、山の天気は変わりやすいため、登山テントは突然の雨風を凌げるように、防水性や耐久性の高いモデルが多くラインナップされています。山特有の強風に対応して、丸みを帯びている形状のモノが多いのも特徴のひとつです。

登山テントの種類

シングルウォールテント

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントは、1枚の生地のみで成り立つ構造のテントを指します。ダブルウォールテントのようにフライシートを被せる必要がない分軽量で、設営しやすいのがメリットです。また、コンパクトに収まるため、持ち運びしやすいのもポイント。風が強くても音がしにくく、比較的静かに過ごせるのも魅力です。

ダブルウォールテント

By: e-mot.co.jp

登山初心者におすすめなのがダブルウォールテントです。比較的重量があり、設営に時間がかかりやすいのがデメリットですが、インナーテントの上にフライシートを被せる構造なので、シングルウォールテントに比べて耐久性や耐風性に優れているのがメリット。また、結露しにくいためテント内を快適な環境に保つことが可能です。

登山テントの選び方

使用人数をチェック

By: rakuten.co.jp

登山テントを購入する際は、使用人数に合うモデルを選びましょう。1人用の登山テントは、長さが身長+20cm、幅が90cm以上あれば睡眠時に窮屈さを感じにくく、荷物を置くスペースも確保可能です。2〜3人で使用する場合は、長さ200〜210cm、幅130〜200cmのサイズであれば、十分スペースを確保できます。

しかし、大きすぎるテントは設営スペースの確保が難しかったり、撤収に時間がかかったりするので注意が必要です。特に、大人数で登山テントを使用する場合には、設営や撤収を楽にするためにも、少人数単位で区切ってテントを使うようにしましょう。

使いたい季節をチェック

By: amazon.co.jp

登山を快適、安全に行うためには、季節に合った登山テントを携帯することが大切です。夏山で使用するのであれば、通気性に優れているテントがおすすめ。一方で、冬山で使う場合はスノーフライを装備するなど、万全な準備を整えてから登山を行いましょう。

最近では、春~秋にかけて使える3シーズンタイプが汎用性が高くて人気です。3シーズンタイプでもオプションで冬用ギアを揃えることにより、4シーズン使用できるモデルもあります。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

登山テントを購入する際は、重量を確認しておくのもポイントです。登山では、テントのほかにも寝袋や料理道具など、さまざまなアイテムを背負って行動します。より軽いテントを選べば、体力の消耗を抑えられるので、軽量性もチェックしておくと安心です。

なお、1〜2人用の場合、登山テントの重量は1.5kg前後が一般的。3〜4人用の場合は4〜5kg前後が目安です。ほとんどのモデルに重量が記載されているので、購入前に確認しておきましょう。

初心者は設営が簡単なモノがおすすめ

By: rakuten.co.jp

設営のしやすさも、登山テントを購入する際に確認しておきたいポイントです。テントを設営する方法には、主に吊り下げ式とスリーブ式の2種類があります。より設営が簡単なのは、吊り下げ式。ポールにテントを吊り下げ、10カ所ほど留めるだけで使用可能です。

一方、スリーブ式は安定感があるのがポイント。なお、テントの筒状の生地にポールを通す必要があるため、吊り下げ式よりも比較的時間がかかる点には留意しておきましょう。

耐久性をチェック

By: rakuten.co.jp

登山では、テントの耐久性の高さも重要です。使われている生地によって耐久性が異なるため、購入時は登山テントの素材をチェックしておきましょう。

登山テントに使われる素材は、主にポリエステルとナイロンの2種類です。ポリエステルは防水性に優れているのが特徴。価格も比較的安いので、登山初心者におすすめです。

一方、ナイロンを使用した登山テントは、軽量なうえに摩耗性や耐火性に優れているのが魅力。ただし、ポリエステルに比べて高価なモデルが多い傾向にあります。

登山用テントのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

1975年に大阪で創立された、国産アウトドアブランドの「モンベル」。当初は登山用品をメインとして扱っていましたが、現在ではキャンプ用品をはじめ、幅広いアイテムを展開しています。同ブランドの登山テントは、軽量で持ち運びやすいモデルから耐久性に優れたモデルまで、ラインナップが豊富なのが特徴です。

ヘリテイジ(HERITAGE)

By: rakuten.co.jp

1981年に東京で創業された「ヘリテイジ」は、テントやザックカバー、バッグなどのアウトドア製品を取り扱う、アウトドアブランドです。ヘリテイジのテントは、シンプルなフレーム構造と剛性の高さが特徴。登山上級者におすすめです。

アライテント(ARAI TENT)

By: amazon.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品を取り扱う日本のアウトドアブランドです。創業者の新井睦氏をはじめとする職人が、主な製品を日本国内で丁寧に手作りしているのが特徴。テントやザックなどハイクオリティな製品を展開しています。

また、設営しやすいテントが多いのも魅力。登山初心者から登山上級者まで幅広く支持されているおすすめメーカーです。

登山用テントのおすすめモデル|シングルウォール

モンベル(mont-bell) マイティドーム2

4シーズン対応の2人向けテント

軽量かつコンパクトな登山テントです。生地には、高い防水透湿性と通気性を備えた「ブリーズドライテックプラス」を採用。水の侵入を防ぎながらテント内の蒸れを逃がして結露を軽減するため、快適な住居空間を確保できます。

設営時のサイズは、幅130×奥行210×高さ105cmで2人用に適した大きさ。ポールを含む重さは1.24kg、収納時の本体サイズは、直径15×長さ35cmとコンパクトになり、携帯性も良好です。設営方法はスリーブ式。滑り止めクリップや、ポールを通しやすい構造を採用するなど、簡単に設営できるのも嬉しいポイントです。

本製品は、春から冬にかけての4シーズン対応。積雪期登山にも使用できます。山岳用だけでなく、バイクツーリングや自転車ツーリングにもおすすめです。

ヘリテイジ(HERITAGE) クロスオーバードーム 2G

引き裂きなどにも強い登山テント

軽く高強度な日本製素材パネルとスリーブを採用し、丈夫ながらも630gの軽量化を実現した登山テント。素材に、特殊な防水透湿PUコーティングが施されており、高い耐水性が特徴です。

優れた通気性を備えているため結露が少なく、テント内で快適に過ごせるのも嬉しいポイント。さらに、特殊な強力糸を使用することで、引き裂きなどにも強いアイテムです。

設営時のサイズは、幅100×奥行210cmで2人用に適したテント。収納時は直径9×長さ20cmと、コンパクトに収納できます。機能性に優れた軽量の登山テントを探している方におすすめです。

ネイチャーハイク(NatureHike) VIK ウルトラライト シングルテント

3シーズン対応の軽量テント

総重量1.1kgの軽量な登山テント。設営時のサイズは、幅210×奥行95cmとやや狭めですが、ポールがサイドウォールを立ち上げることで快適な住居スペースを確保しています。

荷物が置ける前室が作れるうえ、トレッキングポールなどを使って解放感のあるリビングスペースを設けられるのも嬉しいポイント。3シーズン対応と、汎用性の高さも魅力です。

優れた撥水性と防水性を備えているほか、メインポールには「アルミ合金素材」を採用しており、強度も確保。設営方法も簡単で、スムーズに行えます。収納時サイズは、直径16×長さ46cm。コスパの高い登山テントを探している方におすすめです。

プロモンテ(PUROMONTE) 超軽量シングルウォールアルパインテント VB-21T 2人用ロング

スピーディーに設営できる、居住性に優れたシングルウォールテント

ポール2本の吊り下げ式の登山テント。ポールをセットすれば自立するので、スピーディーな設営と撤収が行えます。設営時のサイズは、幅225×奥行120×高さ100cmで2人用。重さ約1.3kgと、軽量なのも特徴です。

本体には、優れた防水・透湿・通気性を備えた新素材を採用。結露を大幅に軽減し、テント内で快適に過ごせます。4シーズンに対応しているのも嬉しいポイントです。

収納時は、直径24×長さ32cmとコンパクトにまとまり、ザックの中にも楽に収納できます。居住性に優れたシングルウォールテントを探している方におすすめです。

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) ルナーソロ

耐風性に優れた六角形のデザイン

アメリカ発のアウトドアブランド、シックスムーンデザインズの1人用の登山テント。2019年、アメリカアウトドア誌「Backpacker」にてEditer’sChoiceを受賞したアイテムです。

重さ740gと軽量なのが特徴。ワンポール型で設営と撤収が簡単なのも嬉しいポイントです。また、耐風性に優れた六角形のデザインの採用により、雨風が強い状況下でも安心して利用できます。

地上高が125cmあるので広々と使用でき、居住性の高さも魅力。かっこいいデザインの登山テントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ASSAULT 3 フューチャーライト

結露を大幅に軽減する「フューチャーライト」採用

夏の登山から冬の登山まで快適に過ごせる4シーズン対応の登山テントです。シングルウォールのため、ハイスペックながらも2.81kgと軽量なのがポイント。独自に開発した素材、「フューチャーライト」を採用することにより、結露を大幅に軽減しています。

設営時のサイズは幅152×奥行228cmで、3人用に適した大きさ。天井部分にサイドポールを設けることで、より快適な居住性を確保しています。また、便利な前室が作れるのも魅力。装備を最小限にしたいときや、ソロで使いたいときは、前室を携行しない2WAYの使い方ができます。

ハイスペックな登山テントを探している方におすすめです。

登山用テントのおすすめモデル|ダブルウォール

モンベル(mont-bell) ステラリッジ テント1

多くの登山家から愛用されている登山テント。テント本体とオプションのレインフライに新素材を採用し、優れた耐久性・撥水性・耐風性を兼ね揃えたアイテムです。

本体・レインフライ・ポールを合わせた重量が1.14kgと、軽量なのも大きな特徴。テント設営時のサイズは、幅90×奥行210×高さ105cmで1人用に適しています。収納時の本体サイズは、直径13.5×長さ29cm。パッキングに便利なコンパクト収納が魅力です。

設営方法は吊り下げ式で、強風のなかでもスピーディーな設営が可能。さらに、ポールの交差部分をジョイントパーツで接続しているので、高い耐風性能を誇ります。

また、オプションのスノーフライを揃えれば、年間を通して使える4シーズン対応なのも嬉しいポイント。積雪期登山にも使用できます。軽くて強く、設営が簡単な登山テントを探している方におすすめです。

ヘリテイジ(HERITAGE) HI-REVO 1人用 スリーシーズン

ダブルウォール構造にもかかわらず、重さわずか960gの軽量登山テントです。軽量化を図りつつも、ベンチレーターを3ヵ所設けて通気性を確保するなど、テント内の快適さも追求。3シーズンに対応しています。

本体、レインフライともに高い撥水性能を備えているほか、レインフライは室内への雨の侵入を最小限にブロック。天候が急変しやすい山岳でも安心して利用できます。

設営時サイズは、幅93×奥行203×高さ100cmの1人用。収納時は、直径11.5×長さ28cmとコンパクトに収納できます。

また、ポールスリーブに「ユナイテッドポールスリーブシステム」を採用しているため、ハードな環境下でもスピーディーに設営が可能です。軽量なダブルウォールテントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1

ポールを通すスリーブに切れ目がなく、スピーディーに設営ができる1人用登山テント。フライシートやオプションパーツはクイックリリースバックルで簡単に接続できます。

フレームスリーブの下部はメッシュ仕様なので、通気性も良好。フライシートの主要な縫製部分は専用のシームシーリングテープが施されているため、防水性にも優れています。設営時のサイズは幅100×奥行205×高さ100cm。重さ1.36kg、収納時の本体サイズは直径14×長さ29cmで、軽量でコンパクトな設計も魅力です。

単体では3シーズン仕様ですが、オプションのウィンターカバーを揃えることで4シーズンに対応します。シンプルな登山テントを探している方におすすめです。

アライテント(ARAI TENT) トレックライズ 2

解放感のある居住空間と、出入りしやすい大きな入り口を備えた3シーズン用の登山テント。テント内にはベンチレーターが設けられており、夏の暑い日でも快適に過ごせます。

切れ目のないフレームスリーブを採用しているほか、テント後部とフライシート後部の連結はバックルで簡単に行え、スピーディーな設営が可能です。重さは1.68kg。設営時サイズは、幅210×奥行150×高さ110cmで2~3人用に向いています。また、フライシートを被せることで、50cmの前室が確保できるのも嬉しいポイントです。

収納時は直径16cm×長さ32とコンパクトになり、携帯性も良好。軽量で、居住性に優れた登山テントを探している方におすすめです。

アライテント(ARAI TENT) ライペン オニドーム2 2人用

フライシートを被せれば、ペグダウンしなくても前室が作れる登山テント。前室にザックや靴が置けるなど、使い勝手を追求して作られたアイテムです。フライシートの入り口は逆方向からも開けられるので、通気性にも優れています。

設営時のサイズは、幅166×奥行157×高さ98cmで2人用に適したモデル。重さは1.48kgと軽く、収納時も直径14×長さ31cmと、小さくまとまります。

2本のポールを組み立てるだけなので、設営も簡単。前室が作れて使いやすい登山テントを探している方におすすめです。

ZEROGRAM スルーハイカー 1p

ダブルウォールテントながら、重さ947gと軽量の登山テントです。フライとインナー、オプションのフットプリントを連結して、一度に設営できる一体型構造を採用。過酷な環境下でもスピーディーに設営、撤収が行えます。

テント展開時は、大人1人がゆったりと過ごせるスペースを確保。インナーテントには結露を大幅に軽減するモノフィラメント生地を採用しているため、テント内で快適に過ごせるのも魅力です。また、荷物が置ける前室スペースが設けられるので、使い勝手にも優れています。

低重心で流線形のフォルムは風に強く、稜線や悪天候でも利用可能な堅牢度を備えているアイテム。軽く、タフなダブルウォールテントが欲しい方におすすめです。

エムエスアール(MSR) エリクサー2

独自の構造で、箱型に近い空間を作っており、快適な居住空間が魅力の登山テント。インナーテントは、大人2人がゆったりと横になれるスペースを確保しています。

広い前室のほかに、テント内部には4ヵ所に小物ポケットを備えており、使い勝手も良好。2色のフレームを、色分けされたクリップをかけるだけで簡単に設営できます。

総重量が2.77kgでやや重めですが、収納サイズは直径17×長さ51cmとコンパクトにまとまり、携帯性は良好。居住性重視の方におすすめの登山テントです。

ハスキー(Husky) Fighter ドームテント 3人用

ヨーロッパ発のアウトドアブランド「ハスキー」が展開する登山テント。フライシートは7000mmの高い耐水圧を備えているほか、独自の構造とアルミ合金製のポールを採用しているため、耐風性にも優れています。

テント前後に設けられたメッシュ窓と、上部のベンチレーターにより、通気性も良好。高いUVカット率も備え、強い日差しをブロックします。

設営時サイズは幅205×奥行390×高さ120cmで、3~4人用に適した大きさ。大きめのサイズながら、収納時は直径19×長さ56cmとコンパクトにまとまり、持ち運びも簡単です。

ギアトップ(GEERTOP) 2人用テント

リーズナブルな価格が嬉しい登山テント。フライシートに付いたスノースカートが冷気の侵入を防ぎ、冬も使える4シーズン対応のアイテムです。

ベンチレーターが2ヵ所設けてあり、空気の流れがよく、結露を抑えられるのも嬉しいポイント。フライシート3000mm、フロアシート5000mmの高い耐水圧を備えているほか、丈夫で引き裂き強度が高いのもメリットです。

設営時のサイズは、幅140×奥行210×高さ115cm。便利な前室も作れます。コスパに優れた登山テントを探している方は、ぜひ検討してみてください。