車の上に設置する「ルーフテント」。車に付けたままにできるため、キャンプ場でのテント設営や持ち運びなど、面倒なシーンから解放されます。しかし、一口にルーフテントといっても種類や組み立て方がさまざまなため、どれを選べばよいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ルーフテントのおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントとあわせて解説するので、参考にしてみてください。

ルーフテントとは?

By: amazon.co.jp

ルーフテントは車の上に設置するテントのことで「ルーフトップテント」とも呼ばれています。一般的なテントに比べて手間をかけずに設営でき、荷室にテントを積み込む必要がないため、荷室容量も削減可能。また、キャンピングカーを購入するより、導入費用がリーズナブルなのも特徴です。

最近では、車中泊ならぬ「車上泊」として、キャンプ場やRVパークで見かける機会も増えました。車の上から星空を眺めたり、いつもと違った景色を楽しんだりできるのが、ルーフテントならではの魅力。1人用から家族で就寝できる広々タイプまで、さまざまなルーフテントがラインナップされています。

ルーフテントのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

アウトドアやキャンプ場でのテント設営は、初心者ほどハードルが高く、撤収や持ち運びも面倒です。特に年に数回しかテントを設営しない方にとっては、時間がかかり大変。しかし、ルーフテントなら車の上に付けたままにできるため、持ち運ぶ必要がなく、設営や撤収もスムーズです。

また、車中泊の場合、車種によっては車内が狭く快適とはいえません。しかし、ルーフテントであれば、1人用から家族用までラインナップされており、車種に関係なく快適に就寝可能。夏場の蒸し暑さが気になる車中泊ですが、ルーフテントの場合、四方が網戸になるタイプもあり夏でも涼しいというメリットがあります。

愛車の荷室を気にすることなく、キャンピングカーのように就寝スペースを追加できるルーフテント。普段は今まで通り買い物や通勤で車を利用し、休日はルーフテントで車上泊を思う存分楽しめます。

デメリット

By: rakuten.co.jp

車を選ぶ際に、立体駐車場への高さ制限を気にする方も多いですが、ルーフテントの高さによっては、取り付け後に制限を超えてしまうことも。ルーフテントによって車高が高くなるので、利用する施設への駐車は可能か、事前に確認が必要です。

また、キャンピングカー購入と比較してリーズナブルなルーフテントですが、20万円以上の製品が一般的。高い買い物だけに、特にテント設営が面倒でなければ、通常のテント泊の方がリーズナブルです。

なお、ルーフテントは、ルーフレールが付いた車でないと取り付けができません。ルーフレールが標準搭載されていない車には、取り付けが必要。安いモノで2万円程度と、別途費用がかかります。

ルーフテントの選び方

種類をチェック

テント型

By: amazon.co.jp

一口にルーフテントといっても、種類はさまざま。なかでもテント型なら、キャンプで使用する通常のテントのような形なので、4人家族でも十分なスペースを確保できます。

もちろん、家族での利用だけでなく、1人用としても荷室容量を確保できて非常に便利。ルーフテントで広さを重視したい方におすすめです。一方、テント型はほかのタイプと比べて、組み立てが面倒。1人で使用する場合には、組み立て方や設営時間も考慮して、ルーフテントを選ぶ必要があります。

タワー型

By: amazon.co.jp

タワー型のルーフテントは、4つの柱で屋根を支える長方形タイプのモノです。テント内の広さも確保されており、モデルによっては4人家族に対応可能な製品も。また、種類に関しては「全自動タイプ」「ダンパータイプ」「手動ハンドルタイプ」があり、どれも組み立てやすいのが特徴です。

一方、大人が座るには天井が低いため、子供はルーフテントで、大人は車内で過ごす方も。デイキャンプやちょっとした休憩には、特に使いやすいタイプです。組み立てのしやすさと、広さを両立したルーフテントを探している方におすすめ。天井が低く広さが確保されているため、荷物置きとして活用する方もいます。

シェル型

By: amazon.co.jp

シェル型は、名前の通り、貝殻のような形をしたルーフテントです。ワンタッチ開閉可能で、1人でもラクラク設営できるため、ソロキャンプでの利用におすすめ。また、1人での利用なら荷物スペースも確保できて、快適にキャンプができます。

シェル型はリーズナブルな製品も数多くラインナップしており、ルーフテント入門者にぴったり。1〜2人用なので大人数の使用には向きませんが、手軽にルーフテントを楽しめるのが特徴です。

組み立て方をチェック

By: rakuten.co.jp

ルーフテントの組み立て方は、大きく分けて「手動式」「ダンパー式」などがあります。手動式は、ハンドルをくるくる回してテントを立ち上げながら設営するタイプや、半分に折りたたんで格納されており開いてペグを打つタイプ。設営の手軽さ重視なら、ハンドルを回すタイプが便利です。

ダンパー式は、内部に取り付けられたダンパーの圧力によって、自動で立ち上がり、設営するタイプ。自動で立ち上がるため、設営に時間と手間をかけたくない方にはおすすめです。

さまざまな組み立て方があるので、ルーフテントの利用シーンだけでなく、予算とのバランスも重要です。

耐水性をチェック

ルーフテントは、通常キャンプで使用するテントとは違い、車の上に付けたままの場合があります。そのため、雨風の影響をダイレクトに受けてしまい、劣化しやすいのが特徴。購入の際は、耐水圧をチェックしましょう。

耐水圧は、小雨程度なら500mm、雨なら1000〜1200mm、大雨なら1500mmが目安。ルーフテントの場合、製品の劣化やキャンプ中の急な雨に耐えられるよう、1500mmを基準に選ぶのがおすすめです。

駐車場の高さ制限に注意

ルーフテントで気をつけなければならないのが、駐車場の高さ制限です。車にルーフテントを設置することで、車高が予想以上に高くなり、いつも利用している施設の駐車場に入らないことも。ルーフテント購入前に、立体駐車場を利用可能かを確認する必要があります。

一般的な立体駐車場の高さは、平均2〜2.5mが目安。ルーフテントを選ぶ際には、いつも利用している駐車場の高さと、ルーフテント設置後の車高を確認してみてください。

ルーフテントのおすすめ|テント型

スーリー(THULE) ルーフトップテント テプイ エクスプローラー クケナム3 901301

厚さ6.5cmの高密度マットレスが付いているテント型のルーフテント。室内でより快適に過ごせます。また、メッシュパネルが各所に配置されているうえ、レインフライの取り外しによりパネルを全て開放可能。通気性にも優れています。

ポリコットンブレンドの表面加工が施された高品質素材を採用しているのもポイント。紫外線やカビに強くオールシーズン対応します。使用時のサイズは244×142×132cmと、3人で過ごすのにぴったりです。

さらに、室内には大きめのポケットが4ヶ所備わっており、小物類などの収納に便利。快適性と利便性の高さを併せ持つ、おすすめのルーフテントです。

ワイルドランド(WILD LAND) 全自動ルーフテント パスファインダーII

リモコンの操作により、全自動でスムーズな設営が可能なテント型のルーフテント。設営や撤収作業の手間を省けるのが魅力です。3cmの厚さがあるマットレスや、屋根代わりとなるハードシェルが付いており快適に過ごせます。キャンプなどのアウトドアから、休憩や車中泊まで幅広いシーンで活躍する製品です。

テント内の寸法は、200×140×100cmと、2~3人でも余裕を持って過ごしやすいサイズ。収納時には厚さ28cmとコンパクトに折り畳めます。ハードシェルがあるため、テントの保護にも効果的です。

また、テント生地には耐水圧2000mmのリップストップポリコットンを採用しており、高い防水性を備えています。セッティングがしやすく雨風からの影響も受けいにくい、おすすめのルーフテントです。

スミッティビルト(SMITTYBILT) ルーフテント オーバーランダーXL 2883

オフロードパーツのブランドとして全米で高い人気を集める「スミッティビルト」が展開するルーフテント。設営時のサイズは約310×193×130cmと大きめで、3~4人での宿泊に適しています。

LEDの室内灯が付いており、キャンプや車中泊の際に便利。収納時は厚さ約28cmに折り畳めるので、駐車場を利用する際に車高を抑えられるのもポイント。大型でファミリーやグループでも使いやすく、利便性にも優れた、おすすめのルーフテントです。

ヤキマ(YAKIMA) ルーフテント SkyRise HD S 8007436

天窓が設けられているルーフテント。夜には星空を眺めて楽しめます。厚さ6.4cmのフォームマットレスも付いているため、寝心地よく快適に過ごしやすいのも魅力です。取り外しての洗濯も可能なので、手入れもしやすく衛生的に使用できます。

設営時のサイズは215×124×107cmと、大人2人程度で使いやすい広さです。また、素材にはPUコーティングが施されたポリエステル生地を採用。耐水圧3000mmと大雨にも耐えられる高い防水性能を備えています。さらに、テント用や収納時用の防水カバーが付属しているのもポイントです。

スムーズな撤収をサポートするハシゴの自動クローズ機能も搭載しています。

ルーフテントのおすすめ|タワー型

サンパーシー(SANPERCY) ルーフテント

多くの車種に取り付けが可能なルーフテント。幅90×高さ4cm以上のルーフキャリアがある普通車・SUV・ミニバンなどに取付けられます。油圧昇降式のため、設営や収納がしやすいのも特徴。展開時のサイズは約215×130×110cmと、高さもあり広々としたスペースが確保できます。

また、テントの入り口が固定できる金具も付いており、出入りがしやすくて便利です。収納時には高さ約29.5cmとコンパクトに折り畳みができ、車高を抑えられるのもポイント。金属製のバックルによりしっかりと固定でき、走行中の安全性にも配慮されています。

そのほか、虫の侵入を防ぎやすいメッシュパネルも搭載。さらに、夜間に室内が照らせるLEDライトも付いており、キャンプや車中泊でも快適に過ごせます。

鹿島創建(kajimasouken) ルーフテント

ボックスに丈夫なABS素材を採用した、タワー型のルーフテント。取り付けたままの状態でも、保護性を高めてテントを収納できます。収納時のデザインは流線形のため、空気抵抗を軽減しスムーズに走行しやすいのも特徴です。

テント展開時のサイズは、190×130×112cmで、2~3人での使用に適しています。収納時は高さ20cmとコンパクトに折り畳み可能です。

また、重量45kgと軽量で、軽自動車や小型車など排気量の小さな車種にも対応。キャンプなどのアウトドアはもちろん、車中泊やプライベート空間の確保といった多用途で使いやすい、おすすめのルーフテントです。

ルーフテントのおすすめ|シェル型

AMIGOYO ルーフテント LXMYMX-BAXX-RTUZ-BAX55

油圧で昇降するダンパー式で、セッティングや収納がしやすいシェル型のルーフテント。流線形の屋根で空気抵抗が少ないのが特徴です。サイズはAとBの2タイプをラインナップ。Aタイプのサイズは210×127×117cm、Bタイプのサイズは190cm×127cm×25cmと、どちらも大人2人と子供1人の3人家族にぴったりです。

ファスナー搭載の防虫ネットが付いているのも魅力。虫の侵入を防ぎ、快適に過ごせます。シューズやスマホなどの小物類を入れておける収納ポケットも便利です。

テントの素材には280Tポリエステル生地を採用。耐水圧は2000mmと防水性にも優れているうえ、縫合部は防水テープによる補強が施されており、雨水の侵入を軽減します。使い勝手に優れたおすすめのルーフテントです。

ギブソン(Gibson) ルーフテント GRAVIS

ワンタッチでの立ち上げが可能で、手軽にキャンプを楽しみたい方におすすめのルーフテント。展開時のテント内のサイズは200×130cmと、大人2人で就寝できるスペースが確保できます。2枚構造の開口部で通気性がよく、防虫ネットも付いているので快適に過ごせるのも魅力。

重量65kgと比較的軽量なのもポイントです。収納時の高さは最大27.5cm。4本のルーフキャリアを搭載している車両であれば、軽自動車から大型車まで幅広い車種への取り付けが可能です。

イーチョイス(e-choice) ルーフテントシェルタイプ

流線形のボックスでデザイン性に優れたルーフテント。愛車に取り付けておしゃれに使用できるのが魅力です。空気抵抗が抑えられ、風切り音の軽減にも貢献します。

また、ダンパー式のため、固定用のベルトを取り外して持ち上げるだけでスムーズに設営しやすいのも魅力。展開時のサイズは135×220×148cmで、大人2人でも就寝できる広さです。テント内には低反発ウレタンを採用したマットレスが付いており、快適に過ごせます。

比較的リーズナブルな価格なので、初めて購入する方もチェックしてみてください。

SUBURBAN ルーフテント RUF CAMP SORA cube

ルーフキャリアがボックス上に搭載され、上にカヤックやサーフボードが積載できるルーフテントです。カヤックフィッシングやサーフィンなどにおすすめ。展開時のサイズは214×145×140cmと、2〜3人での使用にぴったりです。

油圧ポップアップ式なので、設営や撤収をスムーズに行えます。また、各所に配置された窓にはメッシュ生地が備わっているため通気性も良好。テント内にはポケットも設けられており、小物類の収納にも便利です。

テントの素材には、耐水圧3000mmのポリコットンを採用。高い防水性能を備えているのもポイントです。