高度計や気圧計、コンパスに加え、GPS機能やフィットネス機能など多機能化が進んでいる「登山用腕時計」。便利なことはユーザーにとって喜ばしいことですが、各製品の違いを把握するのは難しいもの。また、そもそも使いこなせるかどうか悩んでしまう方も多いかと思います。

そこで今回は、おすすめの登山用腕時計をピックアップ。選び方や注目すべきメーカーについてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

登山用腕時計は本当に必要?

By: suunto.com

本格的な登山はもちろん、トレッキングにおいても時間を確認することは大切。歩くペースを確認し、スケジュール通りに進んでいるかを知ることは重要です。

登山用腕時計で注目すべき機能としては「高度表示」「コンパス」「気圧表示」の3つ。高度表示やコンパスを使うことで自分の居場所や方角を把握し、気圧表示を使って天気を予測することで、不測の事態を回避することに役立ちます。

また、登山用の腕時計は耐衝撃性や防水性能もしっかりしているので、悪天候にも柔軟に対応可能。何かあったときに役立つアイテムなので、安全面を考慮するのであれば準備しておきましょう。

登山用腕時計の選び方

3大機能をチェック

高度計

By: suunto.com

「高度計」は自身がいる場所の高度や標高を計ります。自分が今どこにいるのかを知り、ペースが落ちていないか、早すぎないか、計画通りに進んでいるのかを把握できます。登頂達成のためのひとつの指針として役立つ機能です。

電子コンパス

By: suunto.com

「電子コンパス」は自分がどの方角を向いているのかを把握でき、目的地がどの方角にあるのかを示せるモノです。舗装されている山道でも、方角がわからなくなってしまうことがあります。電子コンパスは計画通りに登頂するために役立つ機能です。

気圧計

By: suunto.com

「気圧計」は気圧の変化を計ります。気圧の変化を把握しておくことで、天気の変化も併せて把握できます。特に山の天気は変わりやすいので、気圧計は急な天気の変化から身を守るために必要な機能です。

あると便利な機能の有無

温度計

By: suunto.com

山の温度は変わりやすく、高度が上がるにつれて気温は低くなります。こうした気温の変化は、自身の体温に影響を与えることもあるので、「温度計」は体調管理に役立てましょう。

GPS機能

By: suunto.com

「GPS機能」は衛生を用いた測位システムで、現在地が把握できるモノ。遭難を未然に防ぐことにも役立つほか、これまで辿ってきた道を記録できるため、登山ルートを確認する際にも便利です。

ソーラー充電機能

By: amazon.co.jp

「ソーラー充電機能」は太陽光で発電するので別途電池を用意する必要がなく、バッテリー切れの心配がありません。ただし、蓄電池の劣化により電池切れを起こすことがあるので、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

耐衝撃や耐水性能を確認

By: protrek.jp

山を登るにあたって、意図せず岩肌などの固いところに時計をぶつけてしまう可能性や、突然の雨で濡れることが考えられます。そのため、耐衝撃や耐水性能を確認しておくことは大切です。

登山用腕時計としては安心して使えるレベルは10気圧以上。なお、登山の途中で川下りや水遊びなどをする予定があるのであれば、20気圧以上のアイテムがおすすめです。

操作性や文字盤の見やすさ

By: protrek.jp

登山用腕時計を購入する際は、操作がしやすいか、文字盤は見やすいかどうかもチェックしておきましょう。特に、手袋をしていてもスムーズに操作できるかどうかは選び方における重要なポイントです。

価格と機能の費用対効果

ラドウェザー(LAD WEATHER) アウトドア腕時計

By: amazon.co.jp

登山用腕時計は多機能なモノほど高価。豊富な機能が揃っているアイテムのほうが便利に思われますが、実際に使いこなせなければ意味がありません。事前に用途を確認するのはもちろん、どのようなシーンで活用するかも想定しておくことが重要です。

登山用腕時計は1万円以下のアイテムから10万円を超えるモデルまで価格帯が幅広いので、購入する際はしっかりとスペックを確認しておきましょう。

登山用腕時計のおすすめメーカー

スント(SUUNTO)

By: amazon.co.jp

1936年にフィンランドで創業された老舗の時計メーカー。登山用腕時計やダイバーウォッチ、トレーニング分析機能を搭載したスポーツウォッチなど、さまざまなアイテムをラインナップしています。

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

1946年に誕生した日本の電機メーカー。「G-SHOCK」シリーズが有名ですが、同社が登山専用に開発した「プロトレック」シリーズも人気で、特にソーラー充電式の電波腕時計は登山用腕時計のハイエンドモデルとして注目すべきアイテムです。

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

1881年創業の老舗電機メーカー。2001年には腕時計事業を分社化し、セイコーウォッチ株式会社を設立。世界で初めてクオーツ式腕時計やGPS機能を搭載した腕時計を発売したことでも知られており、精密でハイクオリティな品質は海外からも高い評価を得ています。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

1930年に創立された日本の時計メーカー。シチズンという名前は市民を意味する英単語「Citizen」が由来となっており、“市民に愛され親しまれるものづくり”をコンセプトに多くの腕時計をラインナップしています。登山用腕時計に関しては同社が開発したソーラー充電システム「エコ・ドライブ」が注目の機能です。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

1989年にアメリカで創業され、現在はスイスにグループ本社を置いている機器メーカー。登山用腕時計には、世界的に評価されている全地球測位システムやGPS受信機などの機能を搭載しているのが特徴です。

登山用腕時計のおすすめランキング

第1位 カシオ(CASIO) PRO TREK WSD-F30-BU

カシオ(CASIO) PRO TREK WSD-F30-BU

視認性がよく、汎用性も高い登山用時計です。現在時刻・高度・気圧・方位の表示が見やすく、有機ELディスプレイによるカラーマップ表示にも対応。事前に地図をダウンロードしておけば、オフラインでも地図を確認できます。

「ロケーションメモリー」機能を使えば自分が移動したルートを表示することも可能。また、サードパーティーアプリを利用すれば登山以外のアウトドアにも対応できます。

電池は充電式で、機能をフルに活用した場合は1日半の稼働ですが、現在時刻・高度・気圧・方位のみの表示なら約30日の連続使用が可能です。耐久性にも優れているのも魅力のひとつ。デザインもスマートかつおしゃれなので、タウンユースでも使えるモデルです。

第2位 カシオ(CASIO) PRO TREK PRW-60Y-1AJF

カシオ(CASIO) PRO TREK PRW-60Y-1AJF

登山に必要な機能を最小限に抑えた登山用時計。高度・気圧計・方位・温度が測定可能で、世界各国の電波を受信して正確な時刻に修正します。電池はソーラー充電式なので、急な電池切れの心配もありません。-10℃の環境にも耐えられる仕様で、気温の低い山中でも問題なく使用できます。

高度などを確認するときに液晶画面が針と重なっていても、自動で針を移動するので視認性は良好。時分針や分目には、蓄光処理を施しているので夜間でも見やすい設計です。本体サイズも小ぶり、かつ突起も少なめの形状で、スポーツシーンでの最大のパフォーマンスを発揮します。

シンプルなデザインなので、オンオフ問わず身に着けることが可能。機能を抑えている分、値段がお手頃なのも嬉しいポイントです。

第3位 セイコー(SEIKO) プロスペックス アルピニスト SBEB003

セイコー(SEIKO) プロスペックス アルピニスト SBEB003

登山家の三浦剛太氏が監修したアルピニストシリーズのコスパに優れた登山時計。ソーラー充電方式を採用しており、フル充電だと光が当たらない状態でも約5ヶ月の連続使用が可能です。光が当たらない状態が続くとパワーセーブ機能が働き、電池の消耗を最小限に抑えます。

本製品は「登山データ記録」を搭載しており、平均登高スピードや消費エネルギー、積算上昇高度などを確認可能。これらのデータをもとに、異なる環境で登山する場合でも計画が立てやすくなります。

そのほかにも気圧温度計・方位測定といった、登山に必要な機能をほぼすべて完備。デジタル式のインターフェースで視認性に優れているほか、引っ掛かりの少ない形状で邪魔になりにくいのも嬉しいポイントです。

第4位 カシオ(CASIO) PRO TREK PRW-3100YB-1JF

カシオ(CASIO) PRO TREK PRW-3100YB-1JF

ステンレスベゼルを採用したスタイリッシュなモデルで、機能も充実した登山用時計。ステンレスベゼルにより洗練されたデザインになっているので、アウトドアシーンだけでなく、普段使いとしても最適です。

本製品は「トリプルセンサーVer.3」を搭載しており、高度・気圧・温度・方位をそれぞれデジタル式で分かりやすく表示します。急激な気圧の変化があった場合は、アラームでお知らせする機能も完備。指定した日付の日の出と日の入り時刻も表示できるので、キャンプにも役立ちます。

ソーラー充電式かつ電波時計の仕様なのも嬉しいポイント。各ボタンの近くには、直感的に操作できるようアイコンが配置されており、使い方で悩むこともありません。

第5位 スント(SUUNTO) TRAVERSE ALPHA

スント(SUUNTO) TRAVERSE ALPHA

シンプルなデジタル表示で、各種データの確認がしやすい登山用時計。ミリタリーテイストのデザインでおしゃれなのも特徴です。GPSを利用したルートナビゲーション機能を搭載し、設定したルートや軌跡を表示可能。標高のプロファイリングも可能で、登山ペースの計画も立てられます。

専用アプリを利用すれば、地形図を使ったルート作成ができるのも嬉しいポイント。活動記録を保存して動画で確認も可能です。本製品は、暗闇では赤色、もしくは白色の好みのバックライトを点灯できるので視認性にも優れています。

日の出や日の入り時刻も確認できるので、登山の宿泊時・フィッシングシーン・キャンプシーンに最適。耐水圧も10気圧に対応しているので、天候を気にせず使える点も魅力です。

第6位 ガーミン(GARMIN) Instinct

ガーミン(GARMIN) Instinct

アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」に準拠した、耐熱性・耐水性・耐衝撃性に優れた頑丈な登山用時計。登山以外にもスキーやランニング、筋トレなどのスポーツにも対応し、アクティブデータを計測できる優れものです。

本製品には、3軸コンパスと気圧高度計を内蔵しているほか、複数の衛星測位システムとの通信に対応しているので、電波の届きにくい環境でも正確な時刻を確認できます。また、あらかじめ目的地を設定しておけば、ゴール地点までの距離と方角も知らせるナビゲーション機能も搭載。

帰り道も同様に、スタート地点までナビゲートするので安心。そのほかにも、光学心拍計テクノロジーにより、心拍数の変動をチェックできます。バッテリーもスマートウォッチモードで最大14日間、GPSモードで最大14時間の連続稼働に対応とタフな作りなのも特徴です。

第7位 シチズン(CITIZEN) PROMASTER BN4044-23E

シチズン(CITIZEN) PROMASTER BN4044-23E

海抜-300mから高度10000mまでの高度計測が可能な登山用時計です。高度だけでなく方位測定も完備。アナログ式のインターフェースで、モード切り替えの必要がなく、即座に情報を確認できます。また、20気圧防水仕様のため、水に浸かっても壊れる心配がありません。

本製品は寒冷耐久試験も実施済みで、-20℃の厳しい環境でも問題なく稼働できます。標高の高い場所でも、正確に時刻や高度などを確認可能。

「エコ・ドライブ」機能を搭載しているモデルなので、電池交換をしなくても使用できます。わずかな光でも充電が可能で、電池切れが起きにくいのも嬉しいポイントです。

第8位 ラドウェザー(LAD WEATHER) SENSOR MASTER 3

ラドウェザー(LAD WEATHER) SENSOR MASTER 3

多機能ながら値段の安い、ラドウェザーの人気シリーズ「センサーマスター」の上位モデル。シンプルでスタイリッシュなデザインのため、おしゃれアイテムとして身に着けたい方にもおすすめです。登山に必要な、高度・気圧・気温・方位の測定が可能なほか、天気の予測や歩数のチェックも可能。

天気予測は5種類のアイコンで天候をお知らせするので、アウトドアシーン全般で役立ちます。歩数表示のモードでは、速度・運動時間・消費カロリーも表示され、あらかじめ設定した目標の進捗率もひと目で確認が可能。

100m防水機能も搭載しており、悪天候や水辺の環境においても問題なく使用できます。価格も安いので、登山用時計のエントリーモデルとしても最適です。

第9位 スント(SUUNTO) 9 BARO

スント(SUUNTO) 9 BARO

高いGPS精度により、より正確な軌跡を追える登山用時計。従来品ではGPSでの電池消耗を避けるため、データの取得頻度が少なく曖昧なルートが表示されていました。しかし、本製品ではGPSと加速度センサーとの組み合わせにより精度が改善され、より実際のルートに近い情報が表示されるようになっています。

バッテリー運用についても高機能で、電池残量が少なくなると自動的に省電力モードへの変更を提案し、充電が必要なときには通知機能でお知らせします。電池の持ちは最大120時間にまで対応。

本製品は、高度計・気圧計・心拍数の測定機能も備えており、登山に必要な機能が揃っています。操作はタッチパネル式で、情報はすべて液晶画面にカラー表示されるため、視認性も良好です。

第10位 ガーミン(GARMIN) fenix 6

ガーミン(GARMIN) fenix 6

登山用としてだけでなく、さまざまなアウトドアシーンにおいて活躍するモデル。ランニングやゴルフ、サイクリングやスイミングなどに対応したデータ出力やマップ表示が可能で、多方面に活躍する方におすすめの製品です。

本製品に搭載されている「Climb Pro」機能は、現在の標高や傾斜だけでなく、これから進む先の登山情報をリアルタイムに表示します。万が一事故の発生を感知した場合は、緊急連絡先に位置情報が送信される機能も完備。

電池は充電式を採用しており、省電力のスマートウォッチモードなら最大13日間連続使用できます。ベルトも別途オプション品を購入すれば、シリコンやナイロン、チタンなど、好みのスタイルに変更できるのも特徴です。