アウトドアを安全で快適にしてくれる登山用の腕時計。時刻はもちろん、温度や高度、気圧、方位、さらにGPS機能があれば位置情報も把握できるなど多機能化が進んでおり、普段使いにおいても便利なアイテムです。

そこで今回は、登山におすすめの腕時計をピックアップ。衝撃や防水に対応したモデルもご紹介するので、タフに使える腕時計を探している方もぜひチェックしてみてください。

登山腕時計は必要?

By: casio.com

本格的な登山はもちろん、トレッキングにおいても時間を確認することは非常に重要。特に自分の歩くペースを確認し、スケジュール通りに進んでいるかを知ることで、その後のコースを再考することにも役立つので、登山時は習慣づけておきたいところです。

また、登山用の腕時計は耐衝撃性や防水性能もしっかりしているので、悪天候にも柔軟に対応できます。山歩きにはやはり専用の登山用腕時計がおすすめです。

登山腕時計のメリット

By: seiko-watch.co.jp

登山腕時計にはさまざまな機能が搭載されていますが、丈夫で水に強いスペックはもちろん、暗部における視認性の高さなどは大きなメリットです。それら基本スペックの高さに加え、最近はスマホとの連携も重要。各種アプリに対応できるモデルは普段の生活においても使いやすく、重宝します。

登山腕時計の機能

高度計

自分がどこまで登ったのかを知る「高度計」は、登山の進行状況を確認できる重要な機能のひとつ。また、地図を読むのが苦手な人でも、高度を知ることで地図上の自分の現在位置を知る目安になります。

コンパス

「コンパス」は山歩きの基本的な備品。現在地を確認して安全なルートを選択するためには欠かせないアイテムなので、それが腕時計でスムーズに対応できるのはとても便利です。

気圧計

ほとんどの「気圧計」は、高度が上がると気圧は下がるという法則から計測されています。また、天気が晴れている時は気圧が高くなり、雨が降ると気圧が下がります。天候の変化を把握するには重要な情報なので、しっかりチェックできることは大きなポイントです。

温度計

正確な外気温を知ることで、服装の調整ができます。ただし、登山用腕時計の「温度計」は体温の影響も受けるため、高めに出る場合がある点には留意しておきましょう。

GPS機能

By: amazon.co.jp

自分の位置を正確に把握できる「GPS機能」。モデルによっては、スマホやタブレットと連動させて現在位置を地図上に表示したり、移動ルートや距離、スビートなどを計測したりすることも可能です。

ソーラー充電

太陽光により自然に充電されるので、突然の電池切れに対応できます。ただし、蓄電池の劣化により電池切れを起こすことがあるので、定期的なメンテナンスを心掛けてください。

このほかに、夜間に表示を読みやすくするバックライトやストップウォッチ、日の出日の入りの時刻表示など、多彩な機能があります。ただし、多機能になるほど操作も複雑になるので、事前にきっちり説明書を読んで使い方をマスターしておきましょう。

登山腕時計の選び方

By: casio.jp

登山用の腕時計を選ぶ際、まずチェックしたいのが、耐衝撃性能や耐水性能、視認性能。多機能を謳っていても基本的な性能がカバーしきれていないモデルはおすすめできません。多機能の何をどこまで求めるか、価格と機能の費用対効果をよく考えて購入することをおすすめします。

登山腕時計のおすすめメーカー

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

世界が認める耐衝撃性能を誇るG-SHOCKで有名な「カシオ」。特に、カシオが登山専用に開発した「プロトレック」シリーズは、高い性能と多彩な機能を搭載しています。また、ソーラー充電式の電波腕時計は登山腕時計のハイエンドモデルとして人気です。

スント(SUUNTO)

By: amazon.co.jp

80年を超える歴史を持つフィンランドのアウトドア腕時計ブランド「スント」。革新的な機能とスタイリッシュなデザインで、おしゃれさも人気です。高機能と操作性の高さにも定評があります。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業され、現在はスイスに本社を置く機器メーカー。航空機のGPSシステムも手掛ける高い技術力は高い信頼を得ています。地図情報とナビゲ―ション機能を手元で扱える手軽さがおすすめポイントです。

GPS機能が搭載されたおすすめの登山腕時計

カシオ(CASIO) PROTREK Smart GPS搭載 WSD-F20-RG

GPSとスマートウォッチの機能を融合させたカシオの登山用腕時計です。アメリカの「GPS」、日本の「みちびき」、ロシアの「GLONASS」の3衛星による測位に対応。安定した位置情報を取得して高精細カラー地図に表示してくれます。また、地図データをダウンロードすれば、携帯電波の届かないオフライン状態でも地図を表示できる便利な腕時計です。

移動の軌跡をはじめ速度・距離・高度・気圧変化など各種情報をリアルタイムで表示するので、的確な状況判断に役立つのが魅力の時計です。OSはAndroid Wear2.0を搭載。各種アプリをインストールしてユーザーが使いやすいようにカスタマイズできるのもポイントです。

堅牢性・機能性も充分。大型の操作ボタンに加え、音声認識マイクを搭載しています。手がふさがっていても各種機能を使えるおすすめの登山用腕時計です。

ガーミン(GARMIN) マルチスポーツウォッチ fenix5x Sapphire GPS

高度なGPS技術で定評のあるガーミンのGPS機能付き登山用腕時計です。GPS・みちびき・GLONASSの3衛星を利用して正確な位置情報を取得できます。地図はフルカラー登山地形図TOPO10MPlusに加え、詳細な道路地図City Navigator Plusを採用。

さらに、気圧高度計・電子コンパス、そして手首で心拍数を計測する、Elevate光学式心拍計を搭載しています。登山だけでなく、ランニングやサイクリングなどさまざまなアクティビティで役立つ機能が充実。デザイン性が高いタフなステンレス製ベゼルの登山用腕時計です。

スント(SUUNTO) GPS腕時計 スパルタン ウルトラ HR

高度計・気圧計・コンパスも装備したスントのGPS付き登山用腕時計。GPSとGLONASSの2衛星に対応して、距離・高度・スピード・ペースを計測表示してくれます。Bluetooth接続に対応しているのも特徴。スマートフォンアプリに接続して各種ツールを腕時計にダウンロードできるのも魅力です。

心拍計機能により、心拍・消費カロリーが表示できます。さらに疲労回復に必要なリカバリータイムや運動後過剰酸素消費量などの数値も計測可能。登山・サイクリング・トライアスロンなど80種類のスポーツモードを搭載しているので、各種スポーツごとに適切なトレーニングを行えるのもポイントです。

高度計が搭載されたおすすめの登山腕時計

カシオ(CASIO) PROTREK PRG-650-1JF

方位、高度・気圧、温度を計測できるトリプルセンサーを搭載したカシオのタフソーラー登山用腕時計。多機能で暗部でも使いやすいのが特徴です。高度計測機能は相対高度計のほかに高度メモリー・高度差インジケーターなど多彩な機能を備えています。

本モデルはナイトサファリをコンセプトにした腕時計。夜間のアウトドアで便利な機能も充実しています。文字板にはネオンイルミネーターを採用し、液晶部LEDライトとともに時刻や各種表示が簡単に確認できる時計です。

セイコー(SEIKO) PROSPEX LAND TRACER SBEM003

高度計・方位計・温度・気圧などの各種計測機能に加え、天気予報表示機能を装備したセイコーの高機能な登山用腕時計です。駆動方式はソーラー充電で、発電レベル・電池残量が表示できます。

スマホの位置・天気情報を活用する天気予報表示機能を使えば、現在地の天気・降水量・降水確率・気温などの情報を確認できてアウトドアで便利な腕時計です。

さらに、アウトドアのアクティビティをフィールドログ機能で記録できるのが魅力。時計の高度情報とスマホの位置情報を連携させて、活動ルートを3Dでスマホアプリに保存できます。アウトドアの貴重な記録として活用できるとともに、SNSで簡単にシェアすることも可能です。20気圧の日常生活用強化防水にも対応しているので、登山することが多い方におすすめです。

ソーラー充電が可能なおすすめの登山腕時計

セイコー(SEIKO) PROSPEX LAND MASTER GREAT TRAVERSE SBED007

ソーラー充電機能を装備したセイコーPROSPEXシリーズ上位モデルの登山用腕時計です。パワーセーブ・過充電防止機能を備えています。ケースの縁はセラミック、胴・裏蓋にはチタンダイヤシールドを使用しており、堅牢さも魅力の腕時計です。

本モデルは衣類の脱着の際に腕時計が引っかかないよう配慮。バンドはエクステンダー機能を装備しており、ウェアの上に装着することができます。時計部はGPS衛星電波時計として世界40タイムゾーンに対応。タフな登山用腕時計を求めている方におすすめです。

カシオ(CASIO) PROTREK MANASLU PRX-8000YT-1JF

極限の状況下での使用に耐える「PROTREKシリーズ」のハイエンドモデル。太陽光はもちろん、蛍光灯等の光を動力にできるカシオのタフソーラーを装備して、10気圧の日常生活用強化防水にも対応しています。

アウターベゼル・裏蓋・バンドにはチタンを採用した軽量で堅牢。さらに、ベゼル・裏蓋・バンドなどはDLC硬化処理をして耐摩耗性を高めています。

方位・気圧/高度・温度計測のトリプルセンサーを搭載しているのもポイント。特徴的な気圧変化が生じた際は、矢印と警報音で知らせる気圧傾向インフォメーションアラームも備わっています。

低酸素状態でも腕時計が見やすいように、ハイコントラストなフェイスデザインで視認性を高めているのもポイント。誤認防止のために、時針と分針のデザインを明確に区別するなど、細かいところまで配慮されたプロトレックのハイグレードな登山用腕時計です。

セイコー(SEIKO) PROSPEX ALPINIST SBEL005

パワーセーブ機能を備えた登山用腕時計。登山家の三浦豪太氏が監修したモデルで、装備に引っかかりにくい形状や誤って押すことを防ぐボタン設計など、アウトドアでの使用に配慮されているのが特徴です。

なお、Bluetooth通信機能を搭載しているのもポイント。スマホアプリを利用して、登山計画作成や記録管理などが簡単に行えるのも魅力です。登山計画は最大7つまで登録可能。「日本百名山おすすめルート」(山と溪谷社監修)もプリインストールされています。

ストップウオッチ・アラーム機能に加え、高度・気圧・方位・温度計測機能も網羅。リーズナブルな価格ながら、登山用腕時計として実用性の高いおすすめのモデルです。

デザインがおしゃれなおすすめの登山腕時計

ガーミン(GARMIN) アウトドアウォッチ fenix J Chronos Urban

シンプルなベゼルとビンテージ風のレザーバンドでデザイン性の高い登山用腕時計。同シリーズは今回紹介する「Urban」以外にも、つや消しスチールバンドを装備した「Classic」や強くて軽いチタニウムベルトを採用した「Hybrid」がリリースされています。

登山用腕時計としての機能も充実しており、GPS・みちびき・GLONASSの3衛星に対応して、位置情報が正確なのがメリット。光学式心拍計は手首で心拍の計測が可能です。

さらに、ランニング・水泳・ゴルフなど各種スポーツに対応したトレーニング・アクティビティ機能を装備しているのが魅力。例えば、ダウンロードしたゴルフコース情報に基づいてグリーンまわりのヤード数などを表示可能です。デザインはもちろん、機能性も充実したおすすめの登山用腕時計です。

セイコー(SEIKO) PROSPEX FIELDMASTER SBDL031

ソーラー充電機能を搭載したセイコーのアウトドア向け腕時計です。ステンレスのボディにナイロンのバンドを装着して65gと軽量なのがメリット。日常生活用強化防水は10気圧対応です。

方位磁石が利用できない場所でも方角が確認できる、簡易方位計つき内転リングを装備しているので、アウトドアでも安心。針やインデックスは、光を短時間で吸収して蓄えるルミブライト加工を施しています。シルバーとブラックのシンプルな色使いに仕上がっているので、スーツなどにも合わせやすいモデルです。

シチズン(CITIZEN) ATTESA LIGHT in BLACK F900 ダブルダイレクトフライト CC9016-60E

光発電技術エコドライブを搭載した腕時計。わずかな室内光でも蓄電できるのがメリットです。衛星電波受信機能や位置情報取得機能を備えているほか、防水性能は10気圧の日常生活用強化防水と、使い勝手は良好です。

腕時計のボディにはシチズン独自のスーパーチタニウムを採用。チタニウムに表面硬化技術デュラテクト加工をおこなっています。耐久性と軽さを両立しているのもメリットです。金属部はピンクゴールドの配色。スポーティなクロノグラフモデルでありながらエレガントな印象が魅力の腕時計です。

カシオ(CASIO) PROTREK PRW-6100Y-1AJF

タフソーラー・トリプルセンサーに加えて、特に視認性と操作性を重視したカシオの登山用腕時計。高度・気圧・温度を計測できるトリプルセンサーを採用するとともに、気圧の急激な変化をアラームする気圧傾向インフォメーションアラームを装備しています。

世界6局標準電波受信可能で時刻を自動修正するのもポイント。視認性も高く実用的に使えるので、スタンダードな登山用の腕時計を探している方におすすめです。