高度計や気圧計、コンパスに加え、GPS機能やフィットネス機能など多機能化が進んでいる「登山用腕時計」。便利になることはユーザーによって喜ばしいことですが、各製品の違いを把握することは難しく、そもそも使いこなせるかどうか悩んでしまう方も多いかと思います。

そこで今回はおすすめの登山用腕時計をピックアップ。選び方や注目すべきメーカーについてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

登山用腕時計は本当に必要?

By: suunto.com

本格的な登山はもちろん、トレッキングにおいても時間を確認することは大切。歩くペースを確認し、スケジュール通りに進んでいるかを知ることは重要です。

登山用腕時計で注目すべき機能としては「高度表示」「コンパス」「気圧表示」の3つ。高度表示やコンパスを使うことで自分の居場所や方角を把握し、気圧表示を使って天気を予測することで、不測の事態を回避することに役立ちます。

また、登山用の腕時計は耐衝撃性や防水性能もしっかりしているので、悪天候にも柔軟に対応することが可能。登山用時計は予測できない事態から自分の身を守ることができる便利なアイテムです。

登山用腕時計の選び方

3大機能をチェック

高度計

By: amazon.co.jp

「高度計」は自身がいる場所の高度や標高を計ります。自分が今どこにいるのかを知り、ペースが落ちていないか、早すぎないか、計画通りに進んでいるのかを把握できます。登頂達成のためのひとつの指針として役立つ機能です。

電子コンパス

By: amazon.co.jp

「電子コンパス」は自分がどの方角を向いているのかを把握でき、目的地がどの方角にあるのかを示してくれるものです。舗装されている山道でも時として方角がわからなくなってしまうことがあります。電子コンパスは計画通りに登頂するために役立つ機能です。

気圧計

By: amazon.co.jp

「気圧計」は気圧の変化を計ります。気圧の変化を把握しておくことで、天気の変化も併せて把握できます。特に山の天気は変わりやすいので、気圧計は急な天気の変化から身を守るために必要な機能です。

あると便利な機能の有無

温度計

By: suunto.com

山の温度は変わりやすく、高度が上がるにつれて気温は低くなります。こうした気温の変化は、自身の体温に影響を与えることもありますので、「温度計」は体調管理に役立てましょう。

GPS機能

By: amazon.co.jp

「GPS機能」は衛生を用いた測位システムで、現在地が把握できるもの。遭難を未然に防ぐことにも役立つほか、これまで辿ってきた道を記録することもできるため、登山ルートを確認する際にも便利です。

ソーラー充電機能

By: amazon.co.jp

「ソーラー充電機能」は太陽光で発電するので別途電池を用意する必要がなく、バッテリー切れの心配をする必要がありません。ただし、蓄電池の劣化により電池切れを起こすことがあるので、定期的なメンテナンスを心掛けてください。

耐衝撃や耐水性能を確認

By: amazon.co.jp

山を登るにあたっては、意図せず岩肌などの固いところに時計をぶつけてしまうこともありますし、突然の雨で濡れることも考えられます。そのため、耐衝撃や耐水性能を確認しておくことはとても大切です。

登山用腕時計としては安心して使えるレベルは10気圧以上。なお、登山の途中で川下りや水遊びなどをする予定があるのであれば20気圧以上のアイテムがおすすめです。

操作性や文字盤の見やすさ

By: amazon.co.jp

操作が複雑ではなく使いこなせるかどうか、文字盤は見やすいかどうかもチェックしましょう。特に手袋をしていてもスムーズに操作できるかどうかは選び方における重要なポイントです。

価格と機能の費用対効果

By: amazon.co.jp

登山用腕時計は多機能なモノほど高価。豊富な機能が揃っているアイテムのほうが便利なように思われますが、実際に使いこなせなければ意味がありません。事前に使用方法を確認するのはもちろん、どのようなシーンで活用するかも想定しておくことが重要です。

登山用腕時計は1万円以下のアイテムから10万円を超えるモデルまで価格帯が幅広いので、購入する際はしっかりとスペックを確認しましょう。

登山用腕時計のおすすめメーカー

スント(SUUNTO)

By: amazon.co.jp

1936年にフィンランドで創業された老舗の時計メーカー。登山用腕時計やダイバーウォッチ、トレーニング分析機能を搭載したスポーツウォッチなど、さまざまなアイテムをリリースしています。

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

1946年に誕生した日本の電機メーカー。「G-SHOCK」シリーズが有名ですが、同社が登山専用に開発した「プロトレック」シリーズも人気で、特にソーラー充電式の電波腕時計は登山腕時計のハイエンドモデルとして注目すべきアイテムです。

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

1881年創業の老舗電機メーカー。2001年には腕時計事業を分社化し、セイコーウォッチ株式会社を設立。世界で初めてクオーツ式腕時計やGPS機能を搭載した腕時計をリリースしたことでも知られており、精密でハイクオリティな品質は海外からも高い評価を得ています。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

1930年に創立された日本の時計メーカー。シチズンという名前は市民を意味する英単語「Citizen」が由来となっており、“市民に愛され親しまれるものづくり”をコンセプトに多くの腕時計をリリースしています。登山用腕時計に関しては同社が開発したソーラー充電システム「エコ・ドライブ」が注目の機能です。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

1989年にアメリカで創業され、現在はスイスにグループ本社を置いている機器メーカー。最先端の全地球測位システムやGPS受信機は世界的に評価されており、登山用腕時計にも搭載されています。

ラドウェザー(LAD WEATHER)

By: amazon.co.jp

2009年にアメリカと日本で共同開発されたアウトドアブランド。日本人のファンションに溶け込むようなデザインとリーズナブルな価格帯が特徴で、近年注目されている新進気鋭のメーカーです。

登山用腕時計のおすすめモデル|3大機能搭載

ガーミン(GARMIN) アウトドアウォッチ epix J

気圧計・高度計・電子コンパスの3大機能に加え、3測位対応のGPSと加速度計が備わっている登山用腕時計。日本にある山の地形図がプリインストールされているので登山の計画が立てやすくなります。カラータッチパネルで感覚的に地図の確認が行えるのもポイントです。

稼働時間は最大50時間。AndroidとiOS両方に対応しているスマートフォンアプリ「Garmin Connect Mobile」をインストールすれば、現在地をウェブ上でリアルタイムに共有することが可能です。

カシオ(CASIO) スマートアウトドアウォッチ WSD-F10

気圧・高度・方位計測の3大機能に加えて日の出・日の入り時刻の表示機能も兼ね備えている登山用腕時計です。本体右上のtoolボタンを押すだけで簡単に起動することが可能。モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二層構造のディスプレイで太陽光の下でも視認できます。

アメリカ防総省が規定する耐久試験MIL-STD-810Gに準拠しているほどで、耐久性は良好。また、落下や振動に強く音声認識機能のマイクを搭載しながら5気圧防水にも対応しています。

ラドウェザー(LAD WEATHER) lad004

高性能のドイツ製センサーが搭載されている登山用腕時計。高度・気圧・方位を表示します。特に高度計は現在の高度はもちろん、過去34時間に及ぶ高度の履歴を記録。高度の上昇や下降を確認できるのもポイントです。

気圧計も現在の気圧だけでなく過去34時間に及ぶ気圧の履歴を記録することが可能。また、気圧データを元に天気を予測する機能も備わっています。高機能にもかかわらず価格が1万円以下なのもポイント。「とりあえず登山用の腕時計を購入したい」という方におすすめのアイテムです。

登山用腕時計のおすすめモデル|温度計付き

スント(SUUNTO) コア アルティメットブラック SS021371000

気圧計、高度計、デジタルコンパスの3大機能に加え、-20〜60℃の間で温度も計測可能な登山用腕時計。日の出と日の入りの時刻も表示してくれるほか、急激な天候の変化を知らせてくれるウェザーアラーム機能が搭載されているのも特徴です。

ベゼルにスチールを用いることでクールかつスタイリッシュなデザインに仕上がっているのもポイント。機能性だけでなく、ファッション性も重視したいという方におすすめのアイテムです。

スント(SUUNTO) コア・グレークラッシュ

気圧計、高度計、デジタルコンパスといった基本的な機能にプラスして-2~60℃まで表示される温度計を搭載している登山用腕時計。バックライトにはELライトを採用しており、どんな環境下でも気圧や温度の変化を視認できます。また、避難が必要な事態になったら知らせてくれるウェザーアラームが搭載されているのも特徴です。

ベゼルの素材にはスチールを使用し、レンズの素材にはミネラルクリスタルを使用することで耐久性は良好。シュノーケリング用深度メーター搭載で耐水性にも優れています。

ラドウェザー(LAD WEATHER) センサーマスター3 lad024-bksv-no

気圧計、高度計、デジタルコンパスの3大機能はもちろん、天気予測や気温計、ワールドタイムといったアウトドアで必要な機能が備わっている登山用腕時計。歩数や距離、運動時間やカロリーまで計測可能なので、スポーツシーンでも大いに役立ちます。

ガラスには傷のつきにくいミネラルガラス、ベゼルには軽量で丈夫なアルミニウムを採用。性能だけでなく、耐久性にも優れるアイテムです。多機能で丈夫にも関わらず価格は1万円以下とリーズナブル。初めて登山用時計の購入を検討している方にもおすすめです。

バリゴ(BARIGO) ES7 BAES7

高度計、気圧計、デジタルコンパス、-6~60℃まで計測可能な温度計が搭載されている登山用腕デジタル腕時計。5気圧防水で防水性にも優れ、ELバックライト搭載でモニターが視認しやすくなっています。

価格帯は1万円台とリーズナブル。コンパクトにまとまっているサイズ感やカラーリングも含め、女性におすすめの登山用時計です。

登山用腕時計のおすすめモデル|GPS機能付き

スント(SUUNTO) アンビット3 SS020677000

最大50時間の連続測位が可能なGPS対応の登山用腕時計。いつでも正確な現在位置を把握できます。リアルタイムでナビゲーションする機能に加えて、これまでたどった道を記録する機能も備わっているので、登山ルートの確認にも役立ちます。

避難の必要がある場合に知らせてくれるストームアラーム搭載。日の出時間や日の入時間の表示機能も搭載されているのでその日の登山計画を立てやすくなります。また、タイムモードで30日間駆動し続ける大容量のバッテリーもポイントです。

スント(SUUNTO) トラバース

2測位の衛星システムから位置情報が取得できる登山用腕時計。アメリカの「GPS」、ロシアの「GLONASS」からデータを取得し、位置や距離、高度情報などを画面に表示します。辿ってきた道を記録できるのも注目すべき機能のひとつです。

Bluetoothでスマートフォンと連動でき、着信やメールを表示することも可能。専用アプリをダウンロードすればルートや活動記録、歩数、消費カロリーなどのデータ管理もできます。

カシオ(CASIO) スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート WSD-F20

低消費電力の測位システムを搭載している登山用腕時計。毎秒測位しても約25時連続で稼働します。アメリカの「GPS」やロシアの「GLONASS」、日本の「みちびき」の衛星3測位に対応しており、安定した位置情報の取得が可能。現在地をフルカラー地図で表示くれるのもポイントです。

5気圧防水構造で突然の雨や水気の多い所を移動するシーンにも大いに役立ち、アメリカ国防総省が規定する耐久試験をクリアするほど耐久性にも優れます。また、Android 4.3以上を搭載したスマートフォンやiOS 9以上を搭載したiPhone 5以降のモデルと連動でき、着信やメール、SNSの確認ができるのも特徴です。

カシオ(CASIO) G-SHOCK レンジマン GPR-B1000-1BJR

耐衝撃や防水に定評のある「G-SHOCK」にGPSナビゲーション機能を搭載した登山用腕時計。目的地までのガイド機能や、通過ルート、通過ポイントの情報を記憶し、登山者の登頂をサポートします。GPSはワイヤレス充電とソーラー充電の2方式により5時間の充電で約33時間の使用が可能。万が一GPSが使えないバッテリー残量になってもソーラー充電で一定時間駆動できます。

Bluetoothで専用アプリ「G-SHOCK Connected」と連携させることで、ルートの作成や通過ルートの3Dマップ表示が可能。ハイコントラストな表示が可能なメモリインピクセル液晶であらゆる環境下でもしっかりと視認できます。

エプソン(EPSON) Wristable GPS for Trek MZ-500

メーカー独自のGPSチップにより、最大約46時間稼働するGPS機能が搭載されている登山用デジタル腕時計です。気圧計、温度計と組み合わせることで現在の標高を正確に計測することが可能。現在の状況を細かく確認できるので、登山ルートの修正にも大いに役立ちます。

急な雨でも安心して使える10気圧防水。風防ガラスには防曇処理を施しており、モニターの見やすさも良好。また、重さ65gと軽量なので、長時間の登山でもストレスなく使用することができます。

GARMIN(ガーミン) フェニックス3J サファイヤHR

3測位の衛星システムから位置情報が取得できる登山用腕時計。アメリカの「GPS」、ロシアの「GLONASS」、日本の「みちびき」から正確な位置データが取得できるEOXアンテナを搭載。また、GPSが受信できない環境下でも独自のGセンサーで移動距離や速度を計測できます。

光学式心拍計を内蔵しており、腕に装着するだけで心拍数の計測が可能です。さらには最大酸素摂取量や乳酸値まで測れるのもポイント。登山はもちろん、スポーツシーンにもおすすめのアイテムです。

登山用腕時計のおすすめモデル|ソーラー充電機能付き

カシオ(CASIO) プロトレック PRW-7000-8JF

わずかな光でも充電可能なソーラーパネルと二次電池を組み合わせたソーラーシステムが搭載されている登山用腕時計。電波の受信やライトの点灯といった電池消費の激しい機能を省エネ起動するので、電池切れを心配する必要はありません。

方位や気圧・温度、高度を測定するトリプルセンサーを兼ね備えており、視認性の高いSTN液晶ディスプレイで確認することが可能。また、日本、中国、アメリカ、イギリス、ドイツの6か国の標準電波を受信し時刻を自動で合わせます。国内はもちろん、海外でも便利に使えるおすすめモデルです。

カシオ(CASIO) プロトレック PRW-S6100Y-1JF

メーカー独自のソーラー発電システム「タフソーラー」を搭載した登山用腕時計。蛍光灯などの明かりでも発電することが可能です。また、フル充電の状態からパワーセービング機能を使うことで、最大で25ヶ月使用可能というのもポイント。電池切れの心配がないので安心して使えます。

バンドにはカーボンファイバーシートと樹脂を混ぜ合わせた切れにくい素材を使用。風防には傷が付きにくいサファイアガラスを採用しているので耐久性は良好です。

また、誤作動防止のために、ねじロック式りゅうずを採用。方位や気圧/温度、高度を測定するトリプルセンサーを兼ね備えており、世界6局の電波を受信するマルチバンドも搭載しているので、機能面も優れています。

セイコー(SEIKO) プロスペックス アルピニスト SBEL005

アルピニストである三浦豪太氏監修の登山用腕時計。「安全に登山を楽しむ」というコンセプトの元で開発されたソーラーデジタル仕様のアイテムです。登山計画達成率を表示するメーカー独自の機能や日の出日の入り時刻表示機能が備わっているので、登山プランの確認にも役立ちます。

太陽の光などで発電できるソーラー充電機能付き。フル充電時約5ヶ月間、パワーセーブ時約20ヶ月の駆動時間を誇るので電池切れの心配がありません。また、42都市、7大陸最高峰、富士山の標準電波を自動受信して時刻を合わせるワールドタイム機能が搭載されているのもポイントです。

シチズン(CITIZEN) プロマスターアルティクロン BN4026-09F

光を電気エネルギーに変換する「エコ・ドライブ」搭載の登山用腕時計。ソーラー充電式で、フル充電後は7年間駆動し続けると謳うほどのスタミナを持ち合わせています。

GPS機能が備わっており、現在地や時刻情報を取得して時刻とカレンダーを自動で修正することも可能。また、ケースには擦りキズに強い被膜を形成する「デュラテクト DLC」を採用しているほか、衝撃による針のズレを回避する「衝撃検知機能」も備わっています。強さと精密さを両方兼ね備えているアウトドアウォッチです。