高度計や気圧計、コンパスに加え、GPS機能やフィットネス機能など多機能化が進んでいる「登山用腕時計」。便利なことはユーザーにとって喜ばしいことですが、各製品の違いを把握するのは難しいものです。

そこで今回は、おすすめの登山用腕時計をピックアップ。選び方や注目しておきたいメーカーについてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

登山用腕時計は本当に必要?

By: suunto.com

本格的な登山はもちろん、トレッキングにおいても時間を確認することは大切。歩くペースを確認し、スケジュール通りに進んでいるかを知ることは重要です。

登山用腕時計で注目しておきたい機能としては「高度表示」「コンパス」「気圧表示」の3つ。高度表示やコンパスを使うことで自分の居場所や方角を把握、さらには気圧表示で天気を予測することで、不測の事態を回避することにも役立ちます。

また、登山用の腕時計は耐衝撃性や防水性能もしっかりとしているため、悪天候にも対応可能。安全面を考慮したい方はぜひチェックしておきましょう。

登山用腕時計の選び方

3大機能をチェック

高度計

By: amazon.co.jp

「高度計」は自身がいる場所の高度や標高を計れる機能のこと。自分が今どこにいるのかを知り、山登りのペースが計画通りに進んでいるのかどうかを把握できます。

電子コンパス

By: suunto.com

登山をしている最中、たとえ舗装されている山道でも、方角がわからなくなってしまうことがあります。そんなときに役立つのが「電子コンパス」。自分がどの方角を向いているのかを把握でき、目的地がどの方角にあるのかを示すのが特徴です。

気圧計

By: amazon.co.jp

「気圧計」は気圧を計れる機能。ヘクトパスカル (hPa)を単位として数値を確認できたり、グラフ化で目視できたりと、手元で変化を把握できます。雲行きと気圧計の双方から判断して今後の天気の予測が立つので、特に山歩きでは重宝する機能です。

あると便利な機能の有無

温度計

By: suunto.com

山の温度は変わりやすく、高度が上がるにつれて気温は低くなりがち。こうした気温の変化は、自身の体温に影響を与えることも考えられます。「温度計」が搭載されたモノであれば、体調管理に役立てやすいのでおすすめです。

GPS機能

By: amazon.co.jp

「GPS機能」は衛星を用いた測位システムで、現在地が把握できる機能のこと。遭難を未然に防ぐことにも役立つほか、これまで辿ってきた道を記録できるため、登山ルートを確認する際にも便利です。

ソーラー充電機能

By: amazon.co.jp

「ソーラー充電機能」は太陽光で発電する機能。別途電池を用意する必要がなく、バッテリー切れの心配がありません。ただし、蓄電池の劣化により電池切れを起こすことがあるため、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

耐衝撃や耐水性能を確認

By: protrek.jp

山を登るにあたって、意図せず岩肌などの固いところに時計をぶつけてしまう可能性や、突然の雨で濡れることが考えられます。そのため、耐衝撃や耐水性能を確認しておくことは大切です。

登山用腕時計としては安心して使えるレベルは10気圧以上。なお、登山の途中で川下りや水遊びなどをする予定があるのであれば、よりスペックの高い20気圧以上のアイテムがおすすめです。

操作性や文字盤の見やすさ

By: protrek.jp

登山用腕時計を購入する際は、操作がしやすいか、文字盤は見やすいかどうかもチェックしておきましょう。特に、手袋をしていてもスムーズに操作できるかどうかは選び方における重要なポイントです。

価格と機能の費用対効果

By: amazon.co.jp

登山用腕時計は多機能なモノほど高価。豊富な機能が揃っているアイテムのほうが便利に思われますが、実際に使いこなせなければ意味がありません。

そのため、事前に用途を確認するのはもちろん、どのようなシーンで活用するかも想定しておくことが重要です。価格帯が幅広いので、購入する際はしっかりとスペックを確認しておきましょう。

登山用腕時計のおすすめメーカー

スント(SUUNTO)

By: amazon.co.jp

1936年にフィンランドで創業された老舗の時計メーカー。登山用腕時計やダイバーウォッチ、トレーニング分析機能を搭載したスポーツウォッチなど、さまざまなアイテムをラインナップしています。

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

1946年に誕生した日本の電機メーカー。「G-SHOCK」シリーズが有名ですが、同社が登山専用に開発した「プロトレック」シリーズも人気で、特にソーラー充電式の電波腕時計は登山用腕時計のハイエンドモデルとして注目しておきたいアイテムです。

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

1881年創業の老舗電機メーカー。2001年には腕時計事業を分社化し、セイコーウォッチ株式会社を設立。世界で初めてクオーツ式腕時計やGPS機能を搭載した腕時計を発売したことでも知られており、精密でハイクオリティな品質は海外からも高い評価を得ています。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

1930年に創立された日本の時計メーカー。シチズンという名前は市民を意味する英単語「Citizen」が由来となっており、“市民に愛され親しまれるものづくり”をコンセプトに多くの腕時計をラインナップしています。登山用腕時計に関しては同社が開発したソーラー充電システム「エコ・ドライブ」が注目の機能です。

登山用腕時計のおすすめランキング

第1位 スント(SUUNTO) SUUNTO 9 BARO Black SS050019000

パフォーマンス・エンデュランス・ウルトラと3種類のバッテリーモードを搭載している登山用腕時計です。GPS入れた状態で最大120時間記録できるほどスタミナが特徴。バッテリー切れが近づくと別のバッテリーモードへの変更を提案するのも魅力です。

高度計・電子コンパス・気圧計のほかにナビやウェザーアラームなどを備えているのもポイント。さまざまな機能が搭載されています。専用のアプリと連動させることで、睡眠時間の管理が行えるのも魅力です。

レンズの素材にはサファイアクリスタルを採用。ケースの素材にガラス繊維強化ポリアミドを用いるなど、耐久性も十分です。また、画面が大きく、動いているときでもしっかり情報が視認可能。機能性と堅牢性に優れるおすすめのアイテムです。

第2位 カシオ(CASIO) PRO TREK MANASLU PRX-8000T-7BJF

高度・気圧/温度・方位の「トリプルセンサーVer.3」を搭載している登山用腕時計。標高から現在地が確認できるほか、現在地や目標方向の確認が行えます。また、急激な気圧の変化をアラームで通知するので、天候変化の予測が立てられるのが魅力です。

ベゼルやバンド、裏蓋などの主要部にはチタンカーバイト処理が施されたチタン素材を採用。耐摩耗性と強度を向上させているほか、軽さにも配慮しています。インナーグローブの上からでも着用できるよう、バンドにアジャスト機構を備わっているのも魅力です。

12時位置のインデックスが特徴的な形になっているほか、針やインデックスに蓄光処理が施されているなど、視認性に優れているのもポイント。暗闇や悪天候下でも情報が確認できます。本格的な登山を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

第3位 ガーミン(GARMIN) fenix 6X Pro Dual Power Ti Gray Titanium band 010-02157-5A

太陽電池式で、長寿命のバッテリーを備える登山用腕時計。6種類のバッテリーモードを搭載しており、50000ルクスの条件下で最大90日間稼働するのが特徴です。GPSをオンにし、音楽を再生した状態でも最大17時間動き続けます。

登頂プランナー機能の「ClimbPro」を使用すれば、傾斜や距離などの情報を得られるのがポイント。現時点はもちろん、これからのデータが表示されるので、登山の予定が立てやすくなります。

高度計や天候を観測する気圧計を備えているため、不測の事態を回避しながら今いる場所を特定できるのが魅力。また、電子3軸コンパスも搭載されており、方角も把握できます。登山用腕時計のなかでもハイエンドモデルを探している方におすすめです。

第4位 スント(SUUNTO) SUUNTO SPARTAN SPORT WRIST HR BARO Stealth SS023404000

アウトドアシーンでの着用に適したマルチスポーツ向きの登山用腕時計。80種類以上のスポーツモードに対応しており、登山はもちろん、ハイキングやスキーなど、さまざまなアクティビティで活躍します。

心拍数を手首から測定し、モニタリングできる機能を搭載。登山時の体調管理にも役立ちます。また、GPSデータと気圧高度を組み合わせて天気の傾向を教えるなど、さまざまなアウトドア機能を備えているのもポイントです。

専用アプリを使用することで、移動ルートを追跡したり獲得高度を記録したりとあらゆるデータを管理できるのもポイント。アスリート向けのSNS「Strava」に接続すれば、世界中の登山好きな方と繋がれます。幅広い情報が得られるおすすめアイテムです。

第5位 スント(SUUNTO) SUUNTO TRAVERSE ALPHA Stealth SS022469000

アメリカ国防総省の軍用規格である「MIL-STD-810G」に沿ったテストをクリアしている登山用腕時計。耐久性に優れており、60℃の高温下でも動作するなど、温度変化に強いのが特徴です。

2種類のバッテリーモードが搭載されており、最大駆動時間は14日間。デジタルコンパスや気圧計、高度計などを備えているなど機能性に優れているほか、LEDバックライトが付いているなど視認性にも優れています。あらゆる環境で活躍するおすすめアイテムです。

第6位 シチズン(CITIZEN) プロマスター BN4044-23E

海抜-300mから10000mまでを計測できる高度計を搭載した登山用腕時計。すべての情報がアナログ表示になっており、時間や高度、方向などの情報が1度に視認できるのが特徴です。

極寒での環境下を想定した試験をクリアしており、-20℃でも高度計測機や方位計測機が駆動します。寒冷耐久仕様で、標高の高い山への着用におすすめです。また、20気圧の防水機能を備えており、水に強いのもポイントです。

光を電気エネルギーに変えて時計を動かすシチズン独自の技術「エコ・ドライブ」に対応しており、定期的な電池交換が不要なのもポイント。フル充電後に光を当てなくても11ヶ月間動き続けるなど、スタミナも十分です。厳しい環境下でも活躍するおすすめアイテムです。

第7位 スント(SUUNTO) SUUNTO AMBIT3 PEAK SS020677000

気圧計とGPSデータを組み合わせることで、精度の高い高度が測定できる登山用腕時計。自分の居場所や方角が把握できます。また、避難が必要な際にはストームアラームが鳴るので、不測の事態を避けられるのが魅力です。

GPS使用時のバッテリー寿命が最大200時間と長時間の使用に適しているのもポイント。100mの防水機能を備えているなど、耐水性に優れているのも特徴です。登山への着用におすすめですが、スポーツやアウトドアシーンでも活躍してくれます。

第8位 セイコー(SEIKO) プロスペックス ランドマスター SBEJ001

自動巻式のムーブメント「キャリバー6R64」を搭載している登山用腕時計。最長駆動時間は約45時間で、十分なスタミナを備えているのが特徴です。

針やインデックスにはルミブライトが施されており、視認性が高いのも魅力。ケースの素材には軽くて強度の高い純チタンを採用、さらにガラスの素材にはサファイアを使用するなど耐衝撃性に優れます。また、20気圧の防水機能を備えているのもポイント。あらゆる環境下で着用できるおすすめアイテムです。

第9位 シチズン(CITIZEN) プロマスター CB5037-84E

モータースポーツから着想を得たスポーティーな見た目が特徴の登山用腕時計。重厚感がありながらもスタイリッシュなデザインを採用しており、洗練されたイメージに仕上がっているのが魅力です。

エコ・ドライブに対応しているのもポイント。フル充電後、光を当てずに最長3年稼働し続けるほどのスタミナがあります。また、世界24箇所ある主要都市の時刻へ切り替わるワールドタイム機能を搭載しているのも便利。海外でも安心して使用できるおすすめモデルです。

第10位 カシオ(CASIO) PRO TREK PRT-B50YT-1JF

方位・気圧・温度・歩数と4つの情報が計測できる「クワッドセンサー」を搭載した登山用腕時計。スケジュール通りに登山が進んでいるかを多角的に確認できます。文字盤には立体的で大型のアラビック時字が施されており、視認性に優れているのもポイントです。

バンドの素材にはチタンを採用。耐久性と軽量性を兼ね備えているほか、金属アレルギーを起こしにくい仕様なのも魅力です。製品全体がモノトーンに仕上げられているなど、スタイリッシュな見た目も特徴。機能性はもちろん、デザイン性にも優れたアイテムです。

第11位 ガーミン(GARMIN) Instinct Tactical Black 010-02064-82

アメリカ国防総省MIL規格の「MIL-STD-810G」に準拠している登山用腕時計です。高い耐熱性や耐衝撃性を備えているのが特徴。また、水深100m相当の圧力に対応する10気圧防水で、水に強いのもポイントです。

3種類のバッテリーモードを搭載しており、最長で14日間稼働。GPSモードでも最長14時間と稼働時間も十分で、あらゆる環境下でタフに動き続けることができます。

3軸電子コンパスと複数の衛星システムを搭載しているので、居場所や方角が素早く把握できるのも便利。さらに、気圧高度計も備えているため、天気を予測して不測の事態を避けられるのも魅力です。

第12位 カシオ(CASIO) PRO TREK PRW-3100YB-1JF

デジタルディスプレイにSTN液晶を採用しており、視認性に優れた登山用腕時計。高度や気圧、方位などの登山における大切な情報が一目で把握可能です。ベゼルにはステンレスを採用しており、耐摩耗性にも優れています。

アメリカやイギリスをはじめ、世界6局の標準電波を受信して時間を自動修正する「マルチバンド6」に対応。また、太陽光や蛍光灯の光をエネルギーに変換するタフソーラーを備えているのもポイントです。

第13位 セイコー(SEIKO) プロスペックス アルピニスト SBEB001

冒険家である三浦豪太氏監修のもとで開発された登山用腕時計。フル充電時に約5ヶ月間の駆動時間を誇ります。ソーラーによる駆動方式を採用しているので、別途電池を用意する必要がないのが特徴です。

方位・気圧・温度を測定する機能を備えているのもポイント。登山データ記録機能や高度計測機能なども搭載されており、予定通りに登山できているかどうかを判断できます。なお、価格が安いのも魅力。コストパフォーマンスに優れたアイテムです。

第14位 ラドウェザー(LAD WEATHER) SENSOR MASTER lad004

ドイツ製のセンサーを搭載している登山用腕時計。今後の天気を4つのアイコンで予測する天気予測機能や、現在地の気圧の表示する機能を備えているのが特徴。不測の事態を避け、安全なルートが確保できるのが魅力です。

デジタルコンパスが付いており、現在の方位や方角を把握できるのがポイント。正しい登山ルートが把握できます。また、コンパスの調整や修正が行えるのも魅力。価格が安く、エントリーモデルとしてもおすすめです。

第15位 ラドウェザー(LAD WEATHER) SENSOR MASTER V lad048

LEDによる心拍測定機能を搭載している登山用腕時計。デジタル画面にリアルタイムで心拍数が表示されます。あらかじめ設定した心拍数から逸脱するとアラームで知らせる機能があるのもポイント。体調の変化をモニタリングできます。

急激な気圧の変化を捉え、リアルタイムで天気を予測する機能を搭載。ストームアラームも備えているので、不測の事態を避けて安全な登山ルートが確保できます。

方位や方角を計測するデジタルコンパスも搭載しており、現在地や予定通りに登山が進んでいるかどうか把握することが可能。アウトドアに必要な機能を備えたコスパ良好のアイテムです。