高度計や気圧計、コンパスに加え、GPS機能やフィットネス機能など多機能化が進んでいる「登山用腕時計」。便利になることはユーザーにとって喜ばしいことですが、各製品の違いを把握することは難しく、そもそも使いこなせるかどうか悩んでしまう方も多いかと思います。

そこで今回は、おすすめの登山用腕時計をピックアップ。選び方や注目すべきメーカーについてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

登山用腕時計は本当に必要?

By: suunto.com

本格的な登山はもちろん、トレッキングにおいても時間を確認することは大切。歩くペースを確認し、スケジュール通りに進んでいるかを知ることは重要です。

登山用腕時計で注目すべき機能としては「高度表示」「コンパス」「気圧表示」の3つ。高度表示やコンパスを使うことで自分の居場所や方角を把握し、気圧表示を使って天気を予測することで、不測の事態を回避することに役立ちます。

また、登山用の腕時計は耐衝撃性や防水性能もしっかりしているので、悪天候にも柔軟に対応することが可能。登山用時計は、何かあった時に役立つアイテムなので安全面を考慮するのであれば準備しておきましょう。

登山用腕時計の選び方

3大機能をチェック

1. 高度計

By: amazon.co.jp

「高度計」は自身がいる場所の高度や標高を計ります。自分が今どこにいるのかを知り、ペースが落ちていないか、早すぎないか、計画通りに進んでいるのかを把握できます。登頂達成のためのひとつの指針として役立つ機能です。

2. 電子コンパス

By: suunto.com

「電子コンパス」は自分がどの方角を向いているのかを把握でき、目的地がどの方角にあるのかを示してくれるものです。舗装されている山道でも、時として方角がわからなくなってしまうことがあります。電子コンパスは計画通りに登頂するために役立つ機能です。

3. 気圧計

By: suunto.com

「気圧計」は気圧の変化を計ります。気圧の変化を把握しておくことで、天気の変化も併せて把握できます。特に山の天気は変わりやすいので、気圧計は急な天気の変化から身を守るために必要な機能です。

あると便利な機能の有無

温度計

By: suunto.com

山の温度は変わりやすく、高度が上がるにつれて気温は低くなります。こうした気温の変化は、自身の体温に影響を与えることもあるので、「温度計」は体調管理に役立てましょう。

GPS機能

By: suunto.com

「GPS機能」は衛生を用いた測位システムで、現在地が把握できるもの。遭難を未然に防ぐことにも役立つほか、これまで辿ってきた道を記録することもできるため、登山ルートを確認する際にも便利です。

ソーラー充電機能

By: amazon.co.jp

「ソーラー充電機能」は太陽光で発電するので別途電池を用意する必要がなく、バッテリー切れの心配がありません。ただし、蓄電池の劣化により電池切れを起こすことがあるので、定期的なメンテナンスを心掛けてください。

耐衝撃や耐水性能を確認

By: protrek.jp

山を登るにあたっては、意図せず岩肌などの固いところに時計をぶつけてしまうこともありますし、突然の雨で濡れることも考えられます。そのため、耐衝撃や耐水性能を確認しておくことはとても大切です。

登山用腕時計としては安心して使えるレベルは10気圧以上。なお、登山の途中で川下りや水遊びなどをする予定があるのであれば20気圧以上のアイテムがおすすめです。

操作性や文字盤の見やすさ

By: protrek.jp

登山用腕時計を購入する際は、操作がしやすいか、文字盤は見やすいかどうかもチェックしましょう。特に手袋をしていてもスムーズに操作できるかどうかは選び方における重要なポイントです。

価格と機能の費用対効果

ラドウェザー(LAD WEATHER) アウトドア腕時計

By: amazon.co.jp

登山用腕時計は多機能なものほど高価。豊富な機能が揃っているアイテムのほうが便利に思われますが、実際に使いこなせなければ意味がありません。事前に用途を確認するのはもちろん、どのようなシーンで活用するかも想定しておくことが重要です。

登山用腕時計は1万円以下のアイテムから10万円を超えるモデルまで価格帯が幅広いので、購入する際はしっかりとスペックを確認しましょう。

登山用腕時計のおすすめメーカー

スント(SUUNTO)

By: amazon.co.jp

1936年にフィンランドで創業された老舗の時計メーカー。登山用腕時計やダイバーウォッチ、トレーニング分析機能を搭載したスポーツウォッチなど、さまざまなアイテムをリリースしています。

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

1946年に誕生した日本の電機メーカー。「G-SHOCK」シリーズが有名ですが、同社が登山専用に開発した「プロトレック」シリーズも人気で、特にソーラー充電式の電波腕時計は登山用腕時計のハイエンドモデルとして注目すべきアイテムです。

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

1881年創業の老舗電機メーカー。2001年には腕時計事業を分社化し、セイコーウォッチ株式会社を設立。世界で初めてクオーツ式腕時計やGPS機能を搭載した腕時計をリリースしたことでも知られており、精密でハイクオリティな品質は海外からも高い評価を得ています。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

1930年に創立された日本の時計メーカー。シチズンという名前は市民を意味する英単語「Citizen」が由来となっており、“市民に愛され親しまれるものづくり”をコンセプトに多くの腕時計をリリースしています。登山用腕時計に関しては同社が開発したソーラー充電システム「エコ・ドライブ」が注目の機能です。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

1989年にアメリカで創業され、現在はスイスにグループ本社を置いている機器メーカー。登山用腕時計には、世界的に評価されている全地球測位システムやGPS受信機などの機能を搭載しているのが特徴です。

登山用腕時計のおすすめモデル|3大機能搭載

スント(SUUNTO) TRAVERSE

スント(SUUNTO) TRAVERSE

高度・方向・気圧の基本情報に加え、移動した距離や速度などを表示できる多機能腕時計です。気圧変化の傾向から天気の変化を予測し、ウェザーアラームで知らせてくれる機能を搭載しているのがポイント。

電源はUSB充電式でGPS機能を使いながらでも約10時間稼働します。専用アプリでGPSの計測間隔を変更したり止めたりしてバッテリーの稼働時間を伸ばすことが可能です。GPS機能を停止させて普通の腕時計として使用することにより、2週間充電せずに使用し続けることができます。

また、歩数や消費カロリーの記録が取れるので、日々の健康管理にも使え便利です。その他、Bluetooth接続によるスマートフォンとの連携により、メールや電話の着信情報を腕時計に表示できるのでビジネスシーンでも活躍してくれます。

ガーミン(GARMIN) Fenix 5 Sapphire

ガーミン(GARMIN) Fenix 5 Sapphire

最先端の全地球測位システムで評価の高いガーミンの腕時計です。衛星電波の受信システムが充実しているのが特徴。アメリカのGPS衛星だけでなく、ロシアのGLONASS衛星や日本のみちびき衛星からの電波も受信できる機能を備えています。

衛星電波受信機能により電波状況の厳しい環境下でも、自身の位置を正確に把握することが可能。さらに、山の強い日差しの下でも読みやすい高解像度LEDディスプレイを搭載するなど、安全に登山をするための基本機能が充実しています。バッテリーも最長で14日間稼働するので、連泊をしながらの登山でも不安はありません。

そのほか、日常の健康管理や、スポーツに活用できる機能が充実しているのも魅力のひとつです。ランニングやジョギングなどの結果を記録・確認できるだけでなく、ゴルフスコアやスイムトレーニング用の特別機能も搭載しています。また、脱着が簡単なバンドの交換によりオンとオフでの使い分けができるので、ビジネスで使いたい方にもおすすめです。

ラドウェザー(LAD WEATHER) アウトドア腕時計

ラドウェザー(LAD WEATHER) アウトドア腕時計

ラドウェザーは2009年にアメリカと日本の共同で作られたアウトドアブランド。日常生活にも馴染むファッション性の高いデザインとリーズナブルな価格設定が魅力です。

本製品は、リーズナブルでありながら高度計はもちろんコンパスや気圧計など、登山時に必要な基本機能を搭載しているのが特徴。気圧の変化から天気の崩れを予測して警告するストームアラーム機能を備えているため、登山入門者にもおすすめです。

世界59都市の時刻が表示できるので海外旅行でも活躍してくれます。また、歩数や消費カロリーなど目標値を設定しておくと、進捗状況をグラフ表示してくれる機能もありトレーニングの管理用途にも便利です。

登山用腕時計のおすすめモデル|温度計付き

スント(SUUNTO) 9 BARO

スント(SUUNTO) 9 BARO

温度や高度計・気圧など現在地の環境変化を正確に表示し、安全な登山を支えてくれる腕時計です。きめ細かいバッテリー管理ができる「インテリジェントバッテリーモード」機能を搭載しているため、登山やさまざまなスポーツのシーンで長時間安心して使用できます。

登山のほかにもサイクリングやランニングなど、80種類以上のスポーツに対応しているのでフィットネス派の方にもおすすめです。エクササイズに合ったバッテリーモードが選択できるほか、バッテリー残量の低下を検知すると別モードへの変更も可能。

加速度センサーと連携したGPSシステムも優秀です。バッテリー残量の低下によりGPS信号の取得間隔を長くした場合でも、より実際に近いトラッキング記録を残すことが可能となっています。

また、定期的なエクササイズの状況を腕時計が学習し次に備え必要な充電のタイミングを知らせてくれるなど、エクササイズ終了までバッテリー切れが起こらないようにサポートしてくれます。

セイコー(SEIKO) PROSPEX ALPINIST SBEL005

セイコー(SEIKO) PROSPEX ALPINIST SBEL005

「ALPINIST」は、登山を楽しむために冒険家の三浦豪太氏が監修し開発された、セイコーの登山用腕時計のブランドです。高度計・気圧・温度・コンパスなど登山に必要な基本機能は全て搭載されています。高度計は高度だけでなく登高スピートも計測できるため、登山計画に対する達成度合いを簡単に把握できるのがポイント。

ソーラ充電により駆動するので長期の登山でも太陽光さえあれば、充電切れを心配することなく使い続けることができます。時計機能は登山用腕時計らしく世界35都市の時刻だけでなく、エベレスト山(ネバール側/中国側)やマッキンリー山など、世界7大大陸の最高峰と富士山の時刻も表示することが可能です。

また、本製品はセイコーで初めて腕時計にBluetooth機能を搭載したモデルでもあります。スマートフォンと接続して腕時計の時刻を自動補正してくれるため、いつでも正確な時刻の確認ができ便利です。

カシオ(CASIO) PROTREK PRW-3000-9B

カシオ(CASIO) PROTREK PRW-3000-9B

62gと登山用としては軽量な腕時計です。内部に搭載された3つの小型センサーで温度・方位・気圧/高度を測定し登山中に必要な情報を表示してくれます。高度計と温度計で得られたデータを元に目的地点の気温を予測してくれるため、効率的に防寒対策を準備することが可能です。

また、目的地の方位を記録させることができ、濃霧などで視界が悪い状況下でも目的の方角を確認しながら進むことができます。自動計測した気圧の変化をグラフ化してくれるなど、天候の変化を予測しやすい工夫も施されており登山家におすすめの腕時計です。

時刻表示は世界48都市に対応しており、国内の2局をはじめ中国・アメリカ・イギリス・ドイツの標準電波を元に自動修正するなど、時計としての基本機能も充実しています。ソーラ充電により駆動しフル充電で約7ヶ月間使用でき、パワーセーブモードにすると約23ヶ月も動き続けるバッテリーの持ちのよさも大きな魅力です。

登山用腕時計のおすすめモデル|GPS機能付き

スント(SUUNTO) TRAVERSE ALPHA

スント(SUUNTO) TRAVERSE ALPHA

アメリカ国防総省軍用規格の定める環境耐性試験をクリアした、信頼性の高いミリタリースペックの腕時計です。アメリカのGPS衛星に加えロシアのGLONASS衛星からの信号も受信でき、あらゆる環境下でより正確に現在地を把握できます。

初めての土地でも確実に目的地へ導いてくれる「ルートナビゲーション」機能も魅力です。あらかじめ設定したルートと実際に移動した軌跡や現在地を画面で確認しながら使えます。登山だけでなくトレッキングやハンティングなどの用途にもおすすめです。

急激な気圧の変動を捉え知らせてくれるアラーム機能は、キャンプやゴルフなどでも事前に避難の必要性が予測でき重宝します。USB経由で充電を行いGPS未使用の時計表示の場合だと、フル充電で約14日間使い続けることが可能です。また、毎日の歩数や消費カロリーを記録するフィットネス・ログ用腕時計としても使用できます。

ガーミン(GARMIN) Instinct

ガーミン(GARMIN) Instinct

アメリカ国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠した高い耐熱・耐衝撃・耐水性を誇る腕時計です。GPS・GLONASS・みちびきの各衛星からの電波受信に加え3軸電子コンパスを搭載しており、電波状況が悪い環境でもより正確に現在位置を確認できます。移動して来たルートを辿って元の地点までナビゲートしてくれるトラックバック機能により帰り道に迷う心配もありません。

さまざまなスポーツに対応しているのもこの腕時計の魅力です。スキーやスノーボードでは滑走本数やスピード・標高差といったデータを自動で記録してくれます。また、プールでのスイミングではあらかじめプールのサイズを設定しておくことで、ラップタイムやその間のストローク数などを確認することが可能です。

腕時計バンドの交換が簡単で好みや使用シーンに合わせ、シリコンや高品質レザー・メタルといったものにカスタマイズできます。アウトドアやスポーツそしてビジネスなどさまざまなシーンで使いたい方にもおすすめです。

エプソン(EPSON) Wristable GPS for Trek MZ-500S

エプソン(EPSON) Wristable GPS for Trek MZ-500S

エプソンは長野県に本社がある、プリンターやパソコンといった情報電子機器で有名なメーカーです。セイコーのグループ会社でもありセイコーブランドの腕時計の開発・製造なども行なっています。本製品にはエプソンが独自開発した低消費電力GPSチップを搭載しており、毎秒測位する高精細モードでも46時間という長時間駆動が魅力です。

GPSを間欠測位にすることにより、駆動時間をさらに110時間まで伸ばすことも可能で、長時間の登山でも安心して使用できます。登山計画を簡単に作成したり共有したりする方におすすめの機能です。

登山専用外部サイト「ヤマレコ」で作成した計画をスマートフォン経由で腕時計に読み込ませたり、SNSやメールを使って同行予定者と共有したりすることもできます。高機能でありながら約65gと軽量なので毎日のランニングにもおすすめです。

登山用腕時計のおすすめモデル|ソーラー充電機能付き

セイコー(SEIKO) PROSPEX ALPINIST RD SBEB003

セイコー(SEIKO) PROSPEX ALPINIST RD SBEB003

ソーラ充電が可能なセイコーの腕時計です。登山時に必要な高度計・気圧計・コンパスなど基本機能は全て搭載しています。GPS機能は付いていませんが、その分価格が安いため、登山入門者にもおすすめです。

世界35都市の時刻表示に加え、ALPINISTブランドらしくエベレスト山やマッキンレー山などの7大陸最高峰と富士山の時刻を表示することができます。また、デイリーアラームを設定したり、2062年までのカレンダー表示ができたりなど、時計としての機能も充実しており普段使いで困ることはありません。

デザインがファッショナブルな上、本体重量が52gととても軽量なので女性にもおすすめです。

カシオ(CASIO) PRO TREK PRW-2500R-1CR

カシオ(CASIO) PRO TREK PRW-2500R-1CR

ソーラ充電システムを搭載した腕時計です。フル充電で約5ヶ月駆動するため、長期間にわたる登山でも途中でバッテリー切れの心配がありません。パワーセービング機能を使用すると、23ヶ月充電せずに使えるなど高度なバッテリー管理が魅力です。

20気圧防水仕様なので急な雨に見舞われやすい山岳部での使用や、雨天のランニングでも安心して使用できます。高度計や気圧・コンパスなど登山で使用する基本機能を備えており、2時間毎に自動計測した気圧データを元に傾向グラフを表示可能です。

さらに、注意が必要なほどの気圧の変化を検知すると警告表示がされるなど、登山だけでなくアウトドアで活動する方には重宝します。また、タイドグラフの表示ができ、おおよその満干潮時刻がわかるため釣りをする方にもおすすめです。