登山中の怪我や事故を防ぐために欠かせない「ヘルメット」。滑落・転倒・落石などの危険がある山域では、とくに必携のアイテムです。しかし、デザインや機能性はさまざまで、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、登山用ヘルメットのおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントも併せて解説するので、自分にぴったりなモノを選んでみてください。

登山用ヘルメットの必要性とは?低山でもいる?

By: lostarrow.co.jp

登山用ヘルメットは、登山中の危険から頭を守るために必要です。山道は平地の整備された歩道と異なり、滑落・転倒・落石などのリスクがあります。

とくに長野県では、北アルプス・南アルプスなどの山域を「山岳ヘルメット着用奨励山域」に指定。過去の事故事例や山岳の形状から、登山者へのヘルメット着用を推奨しています。こうしたエリア以外でも事故の可能性があるため、ヘルメットを含め万全な装備がおすすめです。

なお、低山でのハイキング・ちょっとしたトレッキングでは、キャップ・ハットの着用で楽しめる場合がほとんど。標高や形状など、登る山の情報をあらかじめ確認しておくことが大切です。

登山用ヘルメットの選び方

種類をチェック

耐久性の高い「ハードシェル」

By: rakuten.co.jp

ハードシェルとは、本体外側の「シェル」に、耐久性の高いABS樹脂などを使用したタイプ。内側には衝撃をやわらげるため、発泡ポリスチレンなどの素材を多く使います。

外装が硬く丈夫なのがメリットですが、比較的重量があるのが難点。しかし、価格帯は手が届きやすい製品が多いため、これから登山をはじめてみたい方にもおすすめです。

軽量で通気性に優れた「インモールド」

By: amazon.co.jp

インモールドとは、衝撃吸収材とシェルを一体成形したタイプ。シェルの素材にはポリカーボネートなどをよく使用し、軽量に仕上がるのが特徴です。デザインの種類が多く、通気性に優れています。

ただし、ハードシェルと比べて厚みがあるうえ、価格帯はやや高めに設定されています。着用時の快適さを求めたい方におすすめです。

頭が大きいならサイズだけでなく形などもしっかり確認しよう

By: amazon.co.jp

ヘルメットが頭にフィットしていないと、不快感を起こす可能性があります。とくに、頭部が大きいとヘルメットの内側に当たって圧迫される場合も。サイズはもちろん、形がきちんと頭に合っているかも大事なポイントです。

一般的な場合、頭囲を基準にサイズ分けされている製品が大半。事前にメジャーで自分の頭囲を測り、各メーカーのサイズ表記に合ったモノを選んでみてください。

また、日本人の頭は欧米人に比べ丸く、横幅に広い傾向にあります。よりフィット感を求める方は、アジア人・日本人向け仕様のモデルがおすすめです。

安全基準規格をチェック

By: amazon.co.jp

登山用ヘルメットの安全性を確認する際は、「EN規格」と「UIAA規格」の2つに注目。両者の安全基準規格、もしくはどちらかのひとつにクリアしているかがポイントです。

EN規格は、欧州標準化委員会によるヨーロッパの安全規格。対してUIAA規格は、国際山岳連盟が基準を設けた規格です。それぞれにマークが用意されており、製品につけられていれば安全基準の適合を意味します。

より安全に登山を楽しむためにも、安全基準をしっかりとチェックしてみてください。

フードとの相性もチェック

登山中に急な天候悪化が起きた場合、レインウェアやアウターなどの着用が必要となります。雨・風を十分に防ぐためにも、ヘルメットとフードの相性を確認しておきたいところです。

ポイントは、ヘルメットの上からフードをかぶった際に、首を動かせるかどうか。タイトに感じて動きにくくならないよう、ウェアに対して大きすぎないサイズ選びがおすすめです。

持ち運びに便利な折りたたみ可能タイプも

By: rakuten.co.jp

携行性や収納性を重視する方は、折りたたみタイプの製品がおすすめ。よりコンパクトにまとめられるため、ヘルメットを持ち運ぶ際に重宝します。また、普段使わないときも保管しやすいのが魅力です。

折りたたみタイプの製品を選ぶ際は、手持ちのバッグに収納できるかもポイント。ほかの登山グッズが邪魔にならないかなど、併せてチェックしてみてください。

色にも注目しよう

By: amazon.co.jp

ヘルメットの色を選ぶときは、おしゃれさを優先してしまいがちですが、安全性も考慮する必要があります。登山は常に怪我や事故などのリスクが伴うため、万が一の事態に備えて視認性のよいカラーチョイスがおすすめです。

なお、メーカーによっては、5色以上展開している製品もあります。デザインだけではなく、実用性に注目しながらカラーをチェックしてみてください。

登山用ヘルメットのおすすめメーカー

グリベル(GRIVEL)

By: amazon.co.jp

アイゼンやピッケルなどの登山グッズを多く取り扱っている、イタリアのメーカー「グリベル」。創業から200年以上の歴史を持つ、老舗ブランドとして知られています。

登山用ヘルメットでは通気性が高い製品をはじめ、日本人に頭部形状に合わせた「ジャパンフィット」モデルを展開。装着・使用感にこだわりたい方は、チェックしてみてください。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年に日本で創業したブランド「モンベル」。テントや登山用品・アパレルをはじめ、幅広いアウトドアグッズを取り揃えているのが特徴です。

日本人の頭に合わせた登山用ヘルメットはもちろん、男女兼用や子どもが使えるアイテムも展開。家族やカップルで登山を楽しみたい方は必見です。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

By: amazon.co.jp

アメリカで設立された「ブラックダイヤモンド」。クライミングやスキー・トレッキングアイテムを主に取り扱っているブランドです。

登山用ヘルメットでは、お手頃価格から機能性にこだわったアイテムまで幅広く展開。カラーラインナップが豊富なモノや、女性・子ども用も取り揃えています。経験者はもちろん、これから登山をはじめたい方にもおすすめです。

マムート(MAMMUT)

By: rakuten.co.jp

「マムート」は1862年にスイスで創立し、150年以上の歴史がある老舗ブランド。デザイン性や機能性にこだわっており、アパレルからバックパック、クライミング用品まで手がけています。

通気性に優れたモデルに加え、MIPSと呼ばれる特許技術を採用したアイテムも展開。機能性重視で製品を選びたい方は、チェックしてみてください。

登山用ヘルメットのおすすめ

グリベル(GRIVEL) サラマンダー2.0 GV-HESAL2


丈夫なハードシェルタイプの登山用ヘルメットです。外側の素材はプラスチックのABS樹脂、内側にはポリスチレンを使用しています。

日本人の頭の形状に合わせた「ジャパンフィット」モデルで、頭囲は54〜61cm。カラーはホワイトをはじめ、ブラック・ピンク・イエローなど全6色を展開しています。フィット感にこだわりたい方は、チェックしてみてください。

グリベル(GRIVEL) ステルス GV-HESTE


多面体による見た目が印象的なヘルメット。シェルの素材はポリカーボネート、内側にはポリスチレンを使用しています。頭囲55〜61cmサイズで、重量が198gと軽量なのも特徴です。

また、頭頂部・側面を保護するオールラウンドプロテクション構造を採用。ヘルメット本体には、ランプホルダークリップを4つ搭載しています。

モンベル(mont-bell) L.W.アルパインヘルメット #1124639

日本人の頭部形状に合わせた、アジアンフィットデザインのヘルメット。ダイヤルアジャスターを本体後方に設置しており、フィット感の調節が可能です。

サイズは頭囲52~57cmのS/Mに加え、頭囲57~62cmのM/Lをラインナップ。カラーは、オレンジ・ダークグレー・ターコイズ・ホワイトの各サイズ4色展開です。軽量設計で登山はもちろん、クライミングにも使用できます。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハーフドーム BD12012001004


ポリカーボネートシェルとEPSフォームを組み合わせた、一体成型の登山ヘルメット。片手で調整できるダイヤルを備えており、手軽に操作できるのが魅力です。

重量330gのS/Mサイズに加え、350gのM/Lサイズをラインナップ。カラーは各サイズで4色を展開しています。シンプルな使い勝手にこだわりたい方におすすめです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) キャピタン BD12058001004


本体の2カラー配色が特徴的なヘルメット。ABS素材の2ピース構造により、頭部へのフィット感を高めています。

加えて、衝撃吸収材にも2つの素材を採用しているのが特徴。発泡ポリプロピレンと発泡ポリスチレンを使用し、側面・後頭部の保護にも配慮しています。

広めの開口部で通気性も高いため、使用中の蒸れが気になる方にもおすすめです。カラーは全部で5色を展開しています。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ビジョン BD12055004002


軽量かつ堅牢なタイプで、とくに耐久性重視で選びたい方におすすめのヘルメット。発泡ポリプロピレン・発泡ポリスチレン・ABSシェルを組み合わせているのが特徴です。

サイズは頭囲53〜59cmのS/M、頭囲58〜63cmのM/Lの2種類を展開。ベンチレーションポートを搭載しており、通気性を高めているのもポイントです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ビジョン MIPS BD12057001002


MIPSテクノロジーを採用し、回転のある衝撃への耐性を高めたヘルメット。本体と頭部のあいだにあるカップが、なめらかに動くように設計されています。

暑いシチュエーションでも蒸れにくいよう、ベンチレーションポートも搭載。パッドは裏返し可能で、取り外しにも対応しています。サイズは頭囲53~59cmのS/M、頭囲58~63cmのM/Lで2種類展開です。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ベクター BD12030006002

高い通気性を備えたヘルメット。本体の前後に、大きめのベンチレーターを計8か所搭載しています。夏シーズンの登山や、使用中の蒸れが気になる方におすすめです。

ポリカーボネートシェルとEPSフォームを組み合わせており、重量を抑えているのも特徴。S/Mサイズの重量は230gで、M/Lサイズは240gです。スピーディーなサイズ調整を叶える、ラチェット式アジャスターも搭載しています。

マムート(MAMMUT) Wall Rider 2030-00141


調節システムを最小限に抑えた、軽量タイプの登山ヘルメット。ハードシェルとクッション性の高いEPPプラスチックを採用し、安全性に配慮しているのも特徴です。

複数の箇所に通気口を搭載。空気の循環や熱放出を工夫しているのも魅力です。2色のカラー展開に加え、サイズも52~57cm・56~61cmの2種類をラインナップしています。

マムート(MAMMUT) Wall Rider MIPS 2030-00250


特許技術のMIPSを搭載したヘルメット。転倒・落下の衝撃をやわらげられるよう、保護性能を高めているのが特徴です。

また、フィット感・クッション性が高く、重量が225gと軽いのもポイント。大型のベンチレーションに加え、調整しやすいあごストラップもついています。カラーはホワイト1色で、サイズは2種類展開です。

マムート(MAMMUT) Skywalker 3.0 Helmet 2030-00300

クッション性を高めており、フィット感に優れたヘルメット。丈夫なハードシェルとEPP・EPSインナーシェルを採用した、ハイブリッド構造が魅力です。

頭囲は約53〜61cmのワンサイズで、重量は334g。カラーはグレーのほか、オレンジやパープルなど全6色を展開しています。大型の通気口を採用しているのもポイントです。

マムート(MAMMUT) Crag Sender Helmet 2030-00260


軽量かつ高い保護性能を備えるヘルメット。アウターシェルとEPSフォームを組み合わせたインモールド構造で、通気性に優れているのも魅力です。

また、頭部を広く覆う形状を採用しており、薄型で着用しやすいのもポイント。サイズは52〜57cm・56〜61cmの2種類で、それぞれ2色のラインナップです。巾着袋が付属しているので、持ち歩きや保管にも重宝します。

エーデルリッド(EDELRID) サラテ ER72048


軽さと耐衝撃性を兼ね備えたヘルメットです。素材に発泡ポリプロピレンとABS樹脂を使用した、ハイブリッド設計を採用しています。

大きめの換気口が設けられており、通気性に優れているのもポイント。サイズは頭囲52〜62cm・50〜58cmの2種類をラインナップ。カラーバリエーションも各サイズ2色を展開しています。

エーデルリッド(EDELRID) ゾーディアク ER72037


登山やクライミング・沢登りなど、オールラウンドに使える軽量ヘルメット。外側のシェルにABS樹脂、インナーの頭頂部には発泡ポリスチレンを使用しています。

重量は359gで、頭囲54〜62cmのフリーサイズ。ヘッドランプクリップが4つ搭載されているほか、後頭部のダイヤルでサイズ調整ができるのも魅力です。

エーデルリッド(EDELRID) マディーロ ER72031


折りたたみに対応しており、バッグに収納できるヘルメット。素材にプラスチックのABS樹脂を使用し、衝撃への耐性にも配慮したつくりです。

重量は約380gで、頭囲52〜62cmのフリーサイズ。カラーは、ホワイト・オレンジの2色を展開しています。持ち運びやすさを求める方はもちろん、自宅でよりコンパクトに保管したい方におすすめです。

ペツル(PETZL) ボレオ A042AA01


ハイブリッド構造採用により、コンパクトながら優れた耐久性を持つヘルメット。シェルの素材は厚めのABS樹脂、ライナーにはEPPフォーム・EPSフォームを使用しています。

また、やわらかなヘッドバンドは折りたたみ可能なので、保管や持ち運び時にも便利。サイズはS/MとM/Lの2種類を展開しており、カラーは5色ずつラインナップしています。登山はもちろん、ヴィアフェラータやキャニオニングなどにもおすすめです。

ペツル(PETZL) シロッコ A073AA01


重量160gと軽量なヘルメット。頭を広くカバーする設計により、側部と後部の保護性能も高めているのが特徴です。

ヘルメット本体は、EPPフォーム・EPSフォーム・ポリカーボネート素材を使用したハイブリッド構造。S/MとM/Lの2サイズをラインナップしており、カラーも各サイズで2色を展開しています。軽さと保護性能の両方を求める方におすすめです。

 

カンプ(camp) アーマー 5259544


アジャストシステムを採用しており、サイズ調整ができるヘルメット。フィット感に優れているため、着用時の快適さを求める方におすすめです。

サイズは54〜62cmで、重量は370g。カラーバリエーションは全部で4色を展開しています。通気性を高めるため、シェルの側面にベンチレーションを設けているのもポイントです。

クライミングテクノロジー(climbing technology) オリオン


PCシェルと衝撃吸収材を組み合わせた、インモールドタイプのヘルメット。重量が230gと軽量なうえ、通気性に長けているのが特徴です。

ダイヤル式のサイズ調整機能を搭載しており、片手でスピーディーに操作できるのも魅力。また、ヘッドランプをつけられるクリップもついています。クライミング・マウンテニアリング・アイスクライミングといった、幅広いアクティビティを楽しみたい方におすすめです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハーフドーム ウィメンズ BD12020001001


同ブランドのハーフドームをもとに、女性の頭に合うよう設計されたヘルメット。ポニーテールを結んでいても着用しやすいデザインが魅力です。

ポリカーボネートのシェルに、EPSフォームを組み合わせた一体構造を採用しています。頭囲52〜58cmのワンサイズで、重量は330g。カラーバリエーションは、アルミニウム・カスピアンの2色をラインナップしています。

ペツル(PETZL) ボレア A048AA00


なめらかなデザインを採用した女性用ヘルメット。ハイブリッド構造でコンパクトに設計されているほか、ヘッドバンドを髪の毛を束ねたまま装着できるのが魅力です。

また、登山やクライミングはもちろん、ヴィアフェラータ・キャニオニングなど幅広い用途に使用可能。メーカー独自の基準を用い、前部・側部・後部への保護性能も高めています。

頭囲52〜58cmのワンサイズで、重量は295gです。ヘルメットの中にヘッドバンドを収められるので、携行性にも優れています。

モンベル(mont-bell) アルパインヘルメット Kid’s #1124585


子どもだけではなく、頭が小さめの女性にもおすすめのヘルメット。頭囲50~55cmサイズで、フィット感を調整できるダイヤルアジャスターがついています。

素材はシェルにABS樹脂、内側にはポリスチレンを使用。ベンチレーションを複数設置しており、通気性が高いのもポイントです。カラーは、イエロー・ブルー・ホワイトの3色を展開しています。

番外編:登山におすすめのヘルメット用インナーキャップ

VAXPOT ヘルメットインナー VA-3180


ニット素材で保温性が高い、ヘルメット用インナーキャップ。後方にえりあしガードがあるので、ヘルメットのアジャスターに髪の毛が絡まりにくいのが特徴です。

また、頭頂部はメッシュ仕様で通気性にも配慮。ヘルメット内の蒸れを抑えつつ、より着用時の快適さを求めたい方におすすめです。

G&S インナーキャップ


吸水速乾性能が高いクールマックスを使用したインナーキャップ。断面繊維の広い表面積により、スピーディーに蒸発・冷却できるのが特徴です。

また、ほどよい伸縮性があるため、頭のサイズを気にせず使いやすいのが魅力。汚れが落ちやすいうえ、抗菌・防臭加工も施しています。夏場の着用にはとくにおすすめです。

ロックブロス(ROCKBROS) インナーキャップ

保温力に優れた裏起毛素材を使用したインナーキャップです。耳までカバーできるデザインを採用しており、0〜10℃の温度に対応しています。

内側はメッシュ仕様のため、保温性に加えて通気性にも配慮。フリーサイズで、頭囲は約55〜61cmが目安です。登山はもちろん、スノーボードやサイクリングの使用にも向いています。

登山用ヘルメットの売れ筋ランキングをチェック

登山用ヘルメットのランキングをチェックしたい方はこちら。