トレッキングやキャンプなど、足元の悪い場所で快適に活動するためにトレッキングシューズは必需品。滑りにくく丈夫で、軽量化が図られて軽快に使えるモデルが数多くラインナップしています。

今回は、トレッキングシューズビギナーの方にもわかりやすく選び方とおすすめのブランドをランキング形式で紹介。人気のモデルも紹介しているので、トレッキングシューズ選びの参考にしてください。

トレッキングシューズとは?

By: iwatani-primus.co.jp

登山やトレッキングなどで安全に、そして快適に歩くことを目的にした靴がトレッキングシューズです。山や高原など足場の悪い場所で使用されることを前提として、さまざまな工夫が施されています。

荷物を入れたバックパックを背負って坂道を上り下りするので、通常のスニーカーと比べて足首をカバーする部分が高くなっているのが特徴。これをハイカットあるいはミドルカットタイプといいます。

また、岩場なども歩くので、衝撃を吸収するために靴底のアウトソールが厚く、ブロックパターンというゴツゴツした模様を採用して滑りにくくしているのも大きな特徴。石や岩にぶつけても破れないよう丈夫なつくりをしています。

さらに、天候が変わりやすく温度が低い山間部の環境に対応するために防水性能を高めているのもポイント。つまり、足を保護する、滑りにくい、丈夫で濡れにも強いというのがトレッキングシューズの特徴です。

トレッキングシューズの種類

By: caravan-web.com

山といっても3000m級の高山から、ハイキングで訪れる低山などバリエーションが豊富なので、トレッキングシューズも用途に応じていろいろなタイプがラインナップしています。

ハイカットタイプ

By: amazon.co.jp

ハイカットタイプは「カフ」とよばれるアッパー部分がくるぶしを完全にカバーしているトレッキングシューズです。足首の自由はききにくくなりますが、下りの坂道では足首をホールドしてくれるので、負担を軽減できるのがメリット。

3000m級の山を縦走など、急な坂道を上り下りする方、あるいはテント泊など重い荷物を担いで登る方におすすめのトレッキングシューズです。

ハイカットタイプは高い山を安全に登山するためには最適ですが、他のタイプに比べ重いのがデメリット。ただし、最近は軽量化されたモデルもラインナップしています。

ミドルカットタイプ

By: amazon.co.jp

ミドルカットタイプはカフがくるぶしを包んでいますが、ハイカットタイプほどカフの位置が高くないトレッキングシューズです。ハイカットタイプとローカットタイプの中間にあたります。

ハイカットタイプに比べて軽量で歩きやすいのがメリットです。また、カフが足首をホールドしてくれるので、ローカットタイプよりも下りの坂道でも疲れにくくなっています。

そのため、登山からハイキングまで利用シーンが広いのが魅力。価格がリーズナブルで、デザイン性が高いモデルが多いのでタウンユースしても違和感がありません。ビギナーはもちろん中級者以上の方におすすめのトレッキングシューズです。

ローカットタイプ

By: amazon.co.jp

ローカットタイプはアッパー部がくるぶしの下までのトレッキングシューズです。普通のスニーカーやスポーツシューズと同様に歩きやすいのがメリット。

ただし、足首をサポートするカフがないので、斜面の下りなどで疲れやすく、足の保護性や防水性能が、ハイカットやミドルカットタイプに比べて劣るのもデメリットです。

ローカットタイプは目的に応じて「アプローチ向け」と「トレイルランニング向け」があります。高所登山の際に登山道まで使う「アプローチ向け」は、岩場などでも使いやすいのが特徴です。登山靴メーカーが数多くリリースしています。

一方、トレイルランニングを目的とした「トレイルランニング向け」のシューズは軽量化を重視ししたモデル。スポーツシューズメーカーのローカットトレッキングシューズに多いタイプです。

アルパインブーツタイプ

By: amazon.co.jp

ハイカットタイプの本格的な登山靴です。急な坂道を登りやすいようにアウトソールがフラットな形状をしているモノが一般的。また岩場で使用することを前提としているので、アウトソールが頑丈に作られています。

雪山も登れるように防水性能が高いのがメリット。多くのモデルは雪で滑らないための「アイゼン」あるいは「クランポン」という道具を取り付けられるようになっています。

ほかのタイプに比べて重く、アッパー部分が硬いのが特徴です。そのため、平地などでは歩きにくいのがデメリット。北アルプスなどで本格的登山をする方におすすめです。

トレッキングシューズの選び方

トレッキングシューズ選びのためにパーツをおさらい

By: keenfootwear.com

カタログなどにはトレッキングシューズの各パーツ名が記載される場合が多く、トレッキングシューズが初めてという方には聞き慣れない名称も多いので、パーツ名を確認しておきましょう。

足が入る靴全体の部分が「アッパー」。靴紐を通すD字型の輪を「Dリング」といいます。ハイカットタイプの場合、下の部分はDリング、足首あたりの上の部分は「フック」に靴紐を通すのが一般的。靴紐の下の内側、ブランドロゴなどが縫い付けられた部分が「ベロ」です。

つま先を保護する部分が「トゥーカップ」。かかとは「ヒールカップ」です。ハイカットおよびミドルカットタイプでくるぶしをサポートするのが「カフ」のパッド。

靴底は「アウトソール」、足の裏が触れる部分は「インソール」といいます。中間でクッションの役割を果たすのが「ミッドソール」。ソール部分の周囲を1周しているのが「サイドプロテクター」です。

サイズをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングシューズ選びの最重要ポイントがサイズのチェックです。足にフィットしないトレッキングシューズは靴ずれや疲労につながります。

歩くときには足の甲に力がかかるので、「甲の幅と高さ」のフィット感は要チェック。ある程度は靴紐で調整ができますが、しっかり確認しておきましょう。日本人は甲の幅が広いといわれますが、最近では海外ブランドのトレッキングシューズも幅広タイプがラインナップしています。

ハイカットやミドルカットタイプの場合、「くるぶし周り」もチェック。足首を振ったり、実際に歩いたりして感触を確かめておくと安心です。

「かかと」の幅のフィット感も確認しておきましょう。フィットしていないと、かかとが浮き上がってしまいます。見落としやすいポイントなので注意してください。「くるぶし周り」や「かかと」部分は靴紐による調整がほとんどできないので、よくチェックしておくと安心です。

サイズ確認の方法をチェック

By: keenfootwear.com

実際にショップでサイズをチェックする際は登山用の靴下を着用しておくのがおすすめ。自分で持っていない場合でも、登山用品店では試し履き用の靴下が用意されている場合もあります。

まず、つま先を靴の先にぴったりと合わせましょう。このときかかと部分に1cmほどの余裕があればOK。ちょうど人差し指がかかとの間に入るくらいの広さです。

次いで、かかとを靴の後側に合わせます。つま先に余裕ができますが、この余裕が靴の先端をぶつけたときなどに足の指を傷めることから防いでくれるのです。

次は、靴紐をしっかりと締めます。足にフィットしているか、窮屈さや違和感がないかなどを全体的にチェック。足を前後左右に振る、足首を回す、実際に歩いてみるなどをして試してみてください。前述したように「甲の幅と高さ」や「くるぶし周り」そして「かかと」などをトータルで確認します。

重さをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングや登山は長時間歩く場合が多いので、疲れにつながりやすいトレッキングシューズ重さのチェックも重要。ハイカットタイプなどは岩稜帯を歩くことを前提としているので、アウトソールが厚く、アッパーはくるぶしをカバーしているので重くなりがちです。

ローカットタイプは、トレイルランニング向けモデルが300g台、アプローチ向けは400〜500gが一般的です。ミドルカットタイプは500〜700g。ハイカットタイプやアルパインブーツタイプは700g以上のモデルが主流。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

天候が変わりやすい山でのアクティビティで使うトレッキングシューズは高い防水性能が求められます。そのため、多くのモデルは防水加工済です。

防水対策としては、「防水透湿素材」が用いられるのが一般的。雨などの侵入を防ぐ一方で、靴内部の蒸れを外に排出する素材です。ほとんどのトレッキングシューズは「ゴアテックス」といわれる素材を採用。なお、キーンの「KEEN.DRY」のように自社開発した独自の防水透湿素材を使用しているブランドもあります。

一般的には、ハイカットやミドルカットタイプの方がローカットタイプよりも防水性能が高いのでおすすめです。ローカットタイプのトレッキングシューズには防水加工をされていないモデルも多いので注意してください。特にトレイルランニング向けローカットタイプはその傾向が強いです。

ソールの硬さと形状をチェック

By: caravan-web.com

登山やトレッキング、渓流釣りなどは岩場を歩くことも多いので、ソールの硬さをチェックしましょう。ソールが柔らかいと歩きやすいですが、地面の凹凸が足に伝わりやすく、負担がかかり疲れやすくなります。

スニーカーのように手の力でソールがたわむモノは岩場には向きません。ただし、ハイキングやキャンプ程度ならそれほど気にする必要はないでしょう。むしろ、ソールの柔らかいモデルのほうが歩きやすくなっておすすめ。

ソールの形状もチェックしておくと安心です。ソールが湾曲していると平らな道が歩きやすいのがメリット。逆に本格的登山靴のようにフラットだと急な坂道が登りやすくなります。

さらに、3000m級の高い山など岩場を歩く機会が多い方は、ソールのつま先側をチェックしておくとよいでしょう。この部分がフラットになっているソールは「クライミングゾーン」とよばれます。岩との接地面積が広く滑りにくいのが特徴です。

トレッキングシューズのおすすめメーカー・ブランドランキング

第1位 キャラバン(Caravan)

By: amazon.co.jp

キャラバンは1954年に創業された日本の老舗登山用品ブランドです。8000m級のマナスル初登頂を目指す日本山岳会隊のために軽登山靴を開発。その後日本山岳会隊は1956年に世界初マナスル登頂を果たします。

キャラバンのトレッキングシューズブランドはビギナー向けの「キャラバン」とミドルユーザー向けの「グランドキング」がラインナップ。長く日本人向けのトレッキングシューズを開発リリースしてきたので、日本人の足に合った靴作りが得意なおすすめのブランドです。

登山用品の販売だけでなく、2本のストックを持って歩く「ノルディックウォ-キング」体験会を全国各地で開催するなどフィットネスエクササイズの普及に努めているメーカー。価格もリーズナブルで、ビギナーや街なかで使うトレッキングシューズをお探しの方にもおすすめのブランドです。

第2位 スポルティバ(LA SPORTIVA)

By: amazon.co.jp

ラ・スポルティバは1928年に北イタリアで創業された登山靴専門メーカーです。現在もイタリア国内生産にこだわるブランド。日本へは1969年から輸出を開始しています。

足首をしっかりガードしながら、動きの自由度を高める「3Dフレックスシステム」や、アウトソールの接地部分を斜めにしてグリップ力や衝撃吸収力、そしてブレーキ性能を高めた「インパクトブレーキシステム」などをトレッキングシューズに採用しているのが特徴です。

高い技術力とともに、イタリアンテイストあふれるデザイン性の高さが魅力。ベストセラートレッキングシューズ「トランゴ S EVO GTX」などで、日本でも愛用者が多いおすすめのブランドです。

第3位 メレル(MERRELL)

By: amazon.co.jp

メレルは1981年アメリカで設立されたトレッキング、スポーツシューズメーカーです。「いっさいの妥協を許さない」という創業以来のポリシーのもと、デザインと機能性を兼ね備えたスポーツシューズを作り続けています。

比較的新しいメーカーながら、1981年に「バックパッカー・マガジン」誌上において「北米で最も機能的で快適な靴」として選出されるなど評価の高い人気ブランド。160カ国で販売され年間1700万足を売上げています。

第4位 ローバー(LOWA)

By: amazon.co.jp

ローバーは1923年に創立され、まもなく100周年を迎えるドイツの名門ブランドです。素材選びから、高い品質基準を維持するために100%ヨーロッパでの生産を行っています。

人気の「バンテージ GT」シリーズは日本人の足型に合わせたモデル。日本の岩稜帯や登山道を研究して、日本の環境に合ったアウトソールのブロックパターンを採用するという研究熱心なおすすめのブランドです。

第5位 コロンビア(Columbia)

By: amazon.co.jp

1938年にオレゴン州で設立されたコロンビアは、アメリカで最大クラスのアウトドアブランド。スポーツウェアを中心として、オリジナリティーあふれる製品で知られています。フィッシングベストで有名な、ポケットがたくさんついた「マルチポケットフィッシングベスト」はコロンビアのオリジナル。

トレッキングシューズは、タウンユースにも適したローカットタイプを数多くリリースしています。「適正な価格」を大きなテーマとして掲げるコロンビアはリーズナブルな価格も魅力な、おすすめのブランドです。

トレッキングシューズのおすすめ人気モデル

キャラバン(Caravan) キャラバン C 1_02S

登山初心者におすすめ、キャラバン定番のビギナー向けトレッキングシューズです。重量約590gとハイカットタイプとしては軽量なのがポイント。

足首周りのカフ部分には柔らかい素材を使用しているので、トレッキングシューズを履きなれていないビギナーでも歩きやすいおすすめのモデルです。またアキレス腱にあたる部分は浅めにカットしていて、足首が動かしやすいのもメリット。

アッパー部分はメッシュポリエステルを合成皮革で補強して、内側のライニングはゴアテックスで防水加工を施しています。アウトソールは不整地でもグリップ力が高い「キャラバントレックソール」を採用。高いグリップ力と防水性能、そして軽量にしてリーズナブルと基本を抑えた、ビギナーにおすすめのトレッキングシューズです。

キャラバン(Caravan) グランドキング GK85

キャラバンの登山中級者向けライン「グランドキング」のフラッグシップモデルです。2.0mm厚のアッパーにヌバックレザーを採用したオールレザーのハイカットタイプ。

高山の縦走を前提としたトレッキングシューズだけに、耐久性と安定性が高いのが魅力です。足首のカフ部分に柔らかな本革を採用して動きやすさを実現。本格的に登山をしたいという方におすすめのモデルです。

スポルティバ(LA SPORTIVA) トランゴ S EVO GTX

ラ・スポルティバの人気が高いベストセラートレッキングシューズ。アルパインブーツタイプで、傾斜のきつい岩場でも安心のおすすめのモデルです。つま先部分は2重のラバーで補強済。

アッパー部に「防水コーデュラ」、ライニングに「ゴアテックス」を採用して防水性能が高いのがメリットです。カフ部分の「3Dフレックスシステム」は、足首をしっかりカバーしながら動きやすくした機能。そのため歩きやすいのが特徴です。

片足約700gと本格的なアルパインブーツタイプとしては軽量モデル。ソールにはセミオートマチックアイゼンを装着できるので、残雪期の雪渓歩きもできます。イタリアンブランドのラ・スポルティバらしくデザイン性が高いのも魅力。登山が趣味の方におすすめのトレッキングシューズです。

スポルティバ(LA SPORTIVA) アキラ

ラ・スポルティバのトレイルランニング向けのローカットタイプのトレッキングシューズです。片足約335gと超軽量なのがメリット。

アッパー部のエアーメッシュは縫製を必要としないシームレス構造。蒸れを逃がすとともに、足全体を柔らかくホールドしてくれます。ローカットタイプでも足首のホールド感が良好で、保護性が高いのも魅力です。

衝撃を吸収するとともに、高い摩擦力で坂道でのグリップ力を高める「インパクトブレーキシステム」を採用。野山を走り回りたい方、タウンユース用の軽快なトレッキングシューズを探している方におすすめのモデルです。

ローバー(LOWA) バンテージ Mid GT WXL

ローバーのトレッキング向けのハイカットモデル。くるぶしや足首をしっかりガードしてくれるのがメリット。足の幅が広く、甲が高い日本人にもフィットしやすいように幅と高さに余裕をもたせたおすすめのトレッキングシューズです。

アッパー部分に強度があるスウェードレザーと軽量なナイロンを採用しています。アウトソールは丈夫なビブラム底。つま先から滑りにくく、さまざまな地形に対応できるブロックパターンを採用したトレッキングシューズです。

メレル(MERRELL) モアブ 2 ゴアテックス J06035

モアブは、2007年にリリースされて以来ロングセラーを続けるメレルのトレッキングシューズ。モアブ2は、2017年に発売されたアップデートモデルです。

重量は片足422gの軽量で歩きやすいアプローチ向けのローカットタイプ。ベロの上部に人工皮革の「シンセティックレザー」を採用し、ゴアテックスの防水加工とともに防水性能を高めています。また、ミッドソール部分にシリコンレイヤーを備えて、横方向へのブレを防いでいるので安定性も良好です。

トレッキングや野外フェスなど汎用性が高いのも魅力。雨の日のタウンユースでも重宝する人気のトレッキングシューズです。

コロンビア(Columbia) セイバー3ロウオムニテック

防水性能の高さで人気のおすすめローカットトレッキングシューズです。アッパーにウォータープルーフシンセティックレザーとポリエステルメッシュを採用して、濡れない、蒸れないのがメリット。さらに防水透湿構造として「オムニテック」を採用。防汚効果も高めています。

ミッドソールは独自の「インジェクションモールデッドEVA製法」。衝撃吸収力が高く、足をしっかりサポートしてくれます。重量438gと軽いので、デイリーユースでも履きやすいトレッキングシューズです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) ヴェルベラ ライトパッカー3 ゴアテックス

夏山縦走はもちろん、セミワンタッチアイゼンに対応して残雪期の登山にも使用できるノースフェイスのトレッキングシューズです。防水メンブレンはゴアテックスを使用しています。防水性が高いのがメリットです。

ミッドソールには3層成型のEVAミッドソールを採用。EVAはゴムと比べて軽量で風雨や紫外線にも強く耐久性に優れた素材です。アウトソールはビブラムムラツ素材の滑りにくいラグデザイン。

アッパー部分はバリスティックメッシュで軽量化を図り、負荷のかかる部分にスエードを採用して耐久性を高めています。片足の重量は約650gです。かかとの部分は日本人に合わせた独自の構造。つま先部分にはお馴染みのロゴがあり、THE NORTH FACEらしくデザイン性の高さも魅力。

アゾロ(ASOLO) シラーズ GV

3000m級の高山登山を縦走することを想定して作られたアゾロのハイカットタイプのトレッキングシューズ。春から秋まで3シーズン使えます。テント泊で使用される50L程度バックパックの荷物を背負っても耐えられる頑丈なモデルです。

丈夫な上に重量690gとハイカットタイプとしては軽量なモデル。耐久性と軽量化を実現した素材が「ショーラー ケプロテック」です。コーデュラにケブラーなどを混紡して、引き裂きや摩耗への耐性を高めています。さらに、ゴアテックスを使用していて防水性能が高いのもメリット。

ミッドソール部分はポリウレタンと、2種類のラバーを使った「アンチショックシステム」を採用。高い衝撃吸収性と歩きやすさを両立しています。本格登山に耐えるトレッキングシューズでも軽いモデルを探している方におすすめです。

キーン(KEEN) ターギー2 ミッドWP

キーンの防水性能が高いローカットタイプのおすすめの定番トレッキングシューズです。独自の「KEEN.DRY」を採用して完全防水を実現しています。 防水透湿素材「KEEN.DRY」は透湿性と耐久性が高いのもメリットです。重量は437g。

「ウォータープルーフヌバック・レザー」を使用したアッパーは、しなやかでホールド感が高く丈夫なのがポイントです。またミッドソールには2タイプの圧縮成型EVAを組み合わせてあるので、クッション性および安定性に優れています。

つま先部分が幅広タイプで履きやすいのも特徴。トレッキングはもちろん通勤などのデイリーユースで愛用する方も多いトレッキングシューズです。

スカルパ(SCARPA) ハイドロジェン ハイク GTX

スカルパは創業80年のイタリアの老舗ブランド。本モデルは高い防水性能を誇るミドルカットタイプのトレッキングシューズです。重量は428g。ローカットタイプクラスの軽さが魅力です。

防水性能を高めるために「ゴアテックスサラウンド」を採用。トレッキングシューズ全体で防水性、そして透湿性を高めています。ミドルカットタイプのトレッキングシューズとしてはリーズナブルな価格も魅力です。

サロモン(SALOMON) トレッキングシューズ XA PRO 3D ゴアテックス

スキー板やスキー靴で定評があるサロモンのトレッキングシューズです。トレイルランニング用のローカットタイプでありながら防水性能が高いのがポイント。防水透湿素材にゴアテックスを使用して、靴の内部が快適です。

ワンタッチで靴紐を締められる「クイックレース」を採用しています。着脱が簡単にできる画期的な機能。デザイン性が高く、重量も約390gと軽量なのも魅力なトレイルランニング用としておすすめのトレッキングシューズです。

トレッキングシューズのAmazonランキングをチェック

トレッキングシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。