登山をする際に重要なアイテムとなる「トレッキングシューズ(登山靴)」。足元の悪い場所でも快適に歩行できるよう、滑りにくく丈夫で、軽量なモデルを選ぶのがポイントです。とはいえ、製品を見た目だけで判断するのは難しいもの。登山用のソールを採用しているか、防水に対応しているかなどはしっかりとチェックしたいところです。

そこで今回は、トレッキングシューズのおすすめモデルをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、買い換えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

トレッキングシューズとは?

By: iwatani-primus.co.jp

登山やトレッキングなどで安全かつ快適に歩くことを目的にした靴が「トレッキングシューズ」です。山や高原など足場の悪い場所で使用されることを前提として、さまざまな工夫が施されています。

荷物を入れたバックパックを背負って坂道を上り下りするので、通常のスニーカーと比べて足首をカバーする部分が高くなっているのが特徴。これを、ハイカットあるいはミドルカットタイプといいます。

また、衝撃を吸収するために靴底のアウトソールは厚く、滑りにくさに配慮してゴツゴツした模様(ブロックパターン)を採用しているのもポイント。さらに、天候が変わりやすく温度が低い山間部の環境に対応するために高い防水性も備えています。

トレッキングシューズとハイキングシューズの違い

トレッキングシューズとハイキングシューズの違いはソールの硬さ。トレッキングシューズはソールが硬め、ハイキングシューズは柔らかいことが特徴です。長時間歩く登山では、足が屈曲することで疲れが徐々に蓄積されていくため、ハイキングシューズのほうが疲れやすい傾向にあります。

トレッキングシューズはソールが硬くて曲がらない、または足首が固定されることから、長時間の登山で足が疲れにくい効果が期待できます。しかし、ソールが硬いために普段の歩き方から変える必要がある点に注意してください。トレッキングシューズは普段のつま先を使った歩き方はできないので、脚全体を上げて歩きましょう。

ハイキングシューズはソールが曲がるため、普段通りのつま先で蹴りだすような歩き方で使えます。日帰りでのハイキングや、整備されている登山道での使用におすすめです。

トレッキングシューズの選び方

種類をチェック

ハイカットタイプ

By: amazon.co.jp

ハイカットタイプは「カフ」と呼ばれるアッパー部分がくるぶしを完全にカバーしているトレッキングシューズです。足首の自由はある程度制限されますが、下りの坂道では足首をホールドするので、負担を軽減できるのがメリットです。

一方で、ハイカットタイプは高い山を安全に登山するためには最適ですが、ほかのタイプに比べ重いのがデメリット。重さとプロテクションのバランスを考慮して選ぶようにしましょう。

ミドルカットタイプ

By: amazon.co.jp

ミドルカットタイプはハイカットタイプほどカフの位置が高くないトレッキングシューズです。ハイカットタイプとローカットタイプの中間にあたります。

ハイカットタイプに比べて軽量で歩きやすいのがメリット。登山からハイキングまで幅広いシーンに対応できるのが魅力です。価格はリーズナブルで、デザイン性が高いモデルが多いのもポイント。汎用性の高いトレッキングシューズを求めている方におすすめです。

ローカットタイプ

By: amazon.co.jp

ローカットタイプはスニーカー同様、歩きやすいのがメリットです。ただし、登山用では足首をサポートするカフがないので、斜面の下りなどで疲れやすいのが懸念点。プロテクト性や防水性がハイカットやミドルカットタイプに比べて劣るのもデメリットです。

なお、ローカットタイプは岩場などでも安心して歩行できる「アプローチ向け」と軽量性を重視した「トレイルランニング向け」があります。

アルパインブーツタイプ

By: amazon.co.jp

アルパインブーツタイプはハイカットタイプの本格的な登山靴です。急な坂道を登りやすいようにアウトソールがフラットな形状をしているモノが一般的。また、岩場で使用することを前提としているので、アウトソールが頑丈に作られています。

雪山も登れるように防水性能が高いのがメリット。アルパインブーツタイプの多くは、雪で滑らないための「アイゼン」あるいは「クランポン」という道具を取り付けられるようになっています。ただし、ほかのタイプに比べて重く、アッパー部分は硬めなので、平地などでは歩きにくさを感じます。その点は留意しておきましょう。

サイズをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングシューズ選びの重要ポイントとなるのがサイズのチェックです。足にフィットしないトレッキングシューズは靴ズレや疲労につながります。

歩くときには足の甲に力がかかるので、「甲の幅と高さ」のフィット感は要チェック。ある程度は靴ひもで調節できますが、しっかり確認しておきましょう。最近では海外ブランドのトレッキングシューズも日本人に合う幅広タイプがラインナップしています。

ハイカットやミドルカットタイプの場合、「くるぶし周り」もチェックするのがおすすめ。また、「かかと」の幅のフィット感も要チェック。フィットしていないと、かかとが浮き上がってしまいます。見落としやすいポイントなのでぜひ確認しておきましょう。

重さをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングや登山は長時間歩く場合が多いので、疲れにつながりやすい重量のチェックも大切。ハイカットタイプなどは岩稜帯を歩くことも想定しているので、アウトソールが厚く、重たくなりがちです。

ローカットタイプは、トレイルランニング向けモデルが300g台、アプローチ向けは400〜500gが一般的。ミドルカットタイプは500〜700g。ハイカットタイプやアルパインブーツタイプは700g以上のモデルが主流です。

防水性能をチェック

天候が変わりやすい山で使うトレッキングシューズは高い防水性能が求められます。そのため、多くのモデルは防水加工が施されています。

防水対策としては、「防水透湿素材」が用いられるのが一般的。雨などの侵入を防ぐ一方で、靴内部の蒸れを外に排出します。なお、トレッキングシューズの多くはアメリカの「WLゴア&アソシエイツ社」が製造販売する防水透湿性素材「GORE-TEX」を採用しています。

なお、ローカットタイプよりもハイカットやミドルカットタイプのほうが防水性能は高めの傾向。ローカットタイプのトレッキングシューズは防水加工をしていないモデルもあるので注意しましょう。

ソールの硬さと形状をチェック

By: caravan-web.com

登山・トレッキング・渓流釣りなどは岩場を歩くことも多いので、ソールの硬さをチェックしましょう。ソールが柔らかいと歩きやすいですが、地面の凹凸が足に伝わりやすく、疲れやすい傾向にあります。スニーカーのように手の力でソールがたわむモノはタフなシーンには不向きです。

ソールの形状もチェックしておくと安心。ソールが湾曲していると平らな道が歩きやすいのが特徴です。逆に、本格的登山靴のようにフラットだと急な坂道が登りやすくなります。

さらに、3000m級の高い山など岩場を歩く機会が多い方は、ソールのつま先側をチェックしておきましょう。なお、ソールがフラットになっているモノを「クライミングゾーン」と呼びます。岩との接地面積が広く、滑りにくいのが特徴です。

トレッキングシューズのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

モンベルは1975年に大阪府で創業した、登山・アウトドアグッズのメーカーです。主にウェアとギアの製造を中心とし、「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」をコンセプトに開発されています。

モンベルは日本メーカーということもあり、「モンベル・アウトドア・チャレンジ」と呼ばれる、国内でのアウトドアツアーやイベントも豊富。また、当社のトレッキングシューズは、日本人の足の形に合わせた形状でフィットしやすいことが特徴です。

モンベル(mont-bell) アルパインクルーザー2500

モンベル(mont-bell) アルパインクルーザー2500

春から秋までの登山や、積雪時の低山ハイキング用としても使える汎用性の高いアルパイン仕様のトレッキングシューズです。モンベル独自の「トレールグリッパー」機能により、濡れた路面でも高いグリップ力を発揮し、スリップのリスクを軽減します。

靴ひものフックは内側に突起を設けることで、ホールド力をアップし緩みを防ぎます。また、足首と甲の部分を分けて締め具合を調節することも可能。つま先部は樹脂製のトゥーカップにより安全性を向上しています。

タンにはクッション性の高いスポンジにより足をしっかりとホールド。マチが付いた袋ベロで小石がシューズ内に入ることを防いでくれます。

また、防水透湿性素材「ゴアテックス」を採用しているので、外部からの雨水を防ぎ、シューズ内部の汗で蒸れないように発散する機能も。足入れも柔らかく、かかと部分のフィット感も良好で快適に使用できます。

コロンビア(Columbia)

コロンビアはアメリカのオレゴン州で1938年に創業された、アウトドア・スポーツウェアメーカー。ジャンルは登山・トレッキング以外にもマウンテンバイク・フィッシング・ウィンタースポーツなどと幅広く対応しています。

機能性と耐久性の高さはもちろんのこと、スタイリッシュなデザインとカラーバリエーションが豊富なことも当社の特徴です。

日本法人として株式会社コロンビアスポーツウェアジャパンが1997年に設立しています。豊富なウェアやバックパックを取り揃えて、日本国内でのアウトドア製品を提供。また、日本での自然保護のための活動も活発におこなわれていることも特徴です。

コロンビア(Columbia) タイタニアム アウトドライ100MW

コロンビア(Columbia) タイタニアム アウトドライ100MW

滑りやすい路面・岩場でも強力なグリップ力を発揮するトレッキングシューズ。本製品には「ヴィブラム・メガグリップ」と呼ばれるグリップ機能を有しており、足場の悪い環境でもしっかりと地面を掴んでくれます。

防水機能は当社独自の「アウトドライ」機能により、外部からの水の侵入をシャットアウト。この機能は布の層にも水が入り込むことを防ぐ効果があります。透湿性においても「アウトドライエクストリーム加工」を施しており、過酷な環境下でも快適に使用可能。

また、軽量でクッション性にも優れており衝撃を緩和するため、長時間のトレッキングでも疲れを最小限に抑えてくれます。本製品は無雪期の登山におすすめのトレッキングシューズです。

コロンビア(Columbia) メテオミッド オムニテック

コロンビア(Columbia) メテオミッド オムニテック

スエード調の合皮で覆ったシンプルなデザインが特徴のミドルカットトレッキングシューズです。アウトソールはグリップ性の高い形状が配列されており、環境の悪い足場でも安心して歩行できます。

防水透湿性については「オムニテック」機能を採用しており、特殊配合のメンブレンで外部からの水の侵入を予防。シューズ内部の湿気を逃すので、悪天候でも快適な履き心地が持続します。

足首周りは厚みのある生地でホールド性を向上し、ソフトな履き心地を両立。内部のソールはアーチサポートにより、疲労を軽減する効果も期待できます。これらの仕様により、主に日帰りでのトレッキングやハイキングにおすすめの製品です。

トレッキングシューズのなかではカラーバリエーションが豊富で、全4種から選択可能。いずれのカラーも、メイン素材と靴ひもの色合いを分けることで、シンプルながらもおしゃれ感のあるデザインとなっています。

サロモン(SALOMON)

サロモンはフランスのアルプス地方で1947年に創業された、マウンテンスポーツ用品を手掛けるメーカーです。夏はハイキングやトレイル、冬はスキー・スノーボードなど、四季を通じて山を楽しむためのスポーツ用品を中心に製造開発しています。

サロモンのトレッキングシューズやハイキングシューズは、シンプルさよりも遊び心があるようなデザイン性のあるモノが豊富です。カラーバリエーションに関しては、落ち着いた色からカラフルなモノまで幅広く取り扱っています。

サロモン(SALOMON) X ALP MID LTR GTX

サロモン(SALOMON) X ALP MID LTR GTX

レザー・ラバー・ゴアテックスの3つの素材を組み合わせた、耐久性の高いトレッキングシューズ。ゴアテックス素材により、耐久性と透湿性を備えており、シューズ内部への雨の侵入を防ぎ、汗による湿気は外部へ放出する効果があります。

アッパー素材はレザーを採用することで高い摩擦性と摩耗性を備えているほか、ラバー製のガードにより足側面と中央部をしっかりと保護します。インソールも「オーソライト」を使用しており、耐久性・温度調節・抗菌性に優れていることも特徴です。

アウトソールはプロアスリートとのコラボでテストを実施して開発。素材の成分配合率に加えて、トレッキングに適したグリップパターンで、どんな環境下でも対応が可能です。

カラーバリエーションも複数あり、落ち着いた色合いを求めるのなら紺色を、個性を出したいのなら黄色をメインにしたカラーを選べるので、自身のコーディネートに合った色を選べます。

サロモン(SALOMON) X ALP HIGH LTR GTX

サロモン(SALOMON) X ALP HIGH LTR GTX

ハイカットタイプで足首を保護し、横方向への安定性も向上したトレッキングシューズです。アウトソールとミッドソールの間に、独自の「3Dエッジングシャーシ」を内蔵しており、タテ方向には柔軟性がありながらも、横方向の剛性を高めることで安全性を高めています。

防水素材には「ゴアテックス」を採用しており、外部からの水の侵入を防ぎます。シューズ内の汗蒸れは外部へ逃すので快適に使用可能です。

タンは両側がアッパーに接続しているため中央からずれることなく、土や砂の侵入を防いでくれます。また、足の側面と中央部には耐摩耗性と耐摩擦性に優れたレザー素材と、ラバーガードを組み合わせることで、保護機能を高めたモデルに。

カラーバリエーションはグリーンとブラウンの2種類です。どちらもデザイン性に富んでおり、メイン素材と靴ひもの配色を同系色に合わせたカラーで、おしゃれな仕上がりになっています。

キーン(KEEN)

キーンは2003年にアメリカのカリフォルニア州で創立された、フットウェアのブランドです。トレッキングシューズ以外にもサンダル・ワークブーツ・スニーカーなども手掛けています。

環境に優しい化学物質の研究を進めており、トレッキングシューズにおいても、酵素を使うことで防臭効果を持たせるプロバイオティクス技術を取り入れていることが特徴です。使用されているレザーも、環境に優しいLWG(レザーワーキンググループ)の認証を受けたモノを使用しています。

キーン(KEEN) TARGHEE II MID

キーン(KEEN) TARGHEE II MID

キーントレッキングシューズのロングセラー品で、軽量かつ快適な足入れが特徴のモデル。トレッキングシューズのため、アウトソールが硬めですが、レインシューズやデイリーユースとしても対応しています。

本製品は天然原料による防臭加工技術「CLEANSPORT NXT」を採用しており、汗のニオイを酵素で分解するため人体の悪影響がなく、効果的に防臭すると謳っています。防水防湿機能においてもキーン独自の素材を使用しており、完全防水の機能がありながらも、高い透湿性を有しているのが魅力です。

ソールは足裏の形に合わせて立体成型されており、フィット感とサポート性も良好です。重量も軽量なため、足への負担も軽減します。

メレル(MERRELL)

メレルはアメリカにて1981年に設立されたハイキング用のシューズを手掛けるメーカーです。「アフタースポーツ」をテーマをもとにしたシューズの開発に定評があり、「オフィスからトレイルまで」と幅広いシーンで使用できるシューズが人気を集めています。

メレル製品は日本では株式会社丸紅フットウェアが代理店として展開。日本でもSNSを利用した宣伝やシューズの試し履きなどイベントにも力を入れています。

メレル(MERRELL) モアブ2ミッドゴアテックス

メレル(MERRELL) モアブ2ミッドゴアテックス

本製品はトレッキングからタウンユースまで幅広く使える、マルチスポーツシューズです。インソールは、側面を通してシリコン製のバーが搭載されていることで、左右のブレを防ぎ足の安定性を高めています。

また、タンの上部は合成皮革で覆うことでシューズ上部からの雨の侵入を防ぐことが可能。靴の重量は比較的軽めなので、長時間の使用でも疲れにくいことが特徴です。

カラーバリエーションはグレーとブラウンの2種類あり、どちらも落ち着いた配色で、幅広いアウトドアコーデに合わせられます。

メレル(MERRELL) カメレオン7ストームミッドゴアテックス

メレル(MERRELL) カメレオン7ストームミッドゴアテックス

ほかにはない個性的なカラーリングが印象的な、ミドルカットタイプのトレッキングシューズ。虹のようなカラーをふんだんに使ったタイプや、黄色・赤色をベースとした個性的なカラーバリエーションが魅力の製品です。

独自のフットプレートである「FLEX PLATE」を搭載しており、シューズのねじれを抑制し、障害物からのダメージを保護する効果があります。また、ソールに使用しているラバー素材を極力減らすことで軽量化しており、長時間の移動でも疲労を軽減。

本製品は独特な配色のシューズのため、登山やハイキングだけでなく、野外フェスやタウンユースでも使用可能です。他人と差別化を図りたい方におすすめのモデルとなっています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは1968年にアメリカのカリフォルニア州で創業された、アウトドア用品のブランドです。トレッキングシューズやランニングシューズ以外では、ウェア・デイパック・テントといった、トレッキングやキャンプをターゲットとした幅広い製品を取り揃えています。

当社のトレッキングシューズは、カラーの配色がカラフルなモノよりも、同系色でまとまったシンプルな製品が多いことが特徴です。メインのカラーと合わせて目立ちやすいカラーを1部に配色することでおしゃれさを引き出しています。どのシューズも年代・性別に関係なく履きやすいデザインです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クレストン ミッド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クレストン ミッド

日本人に合わせた足幅の構造で快適さを高めたトレッキングシューズ。本製品は足裏全体を1枚のプレートで仕上げたフルレングスラスティングボード構造を採用しており、靴底全体の剛性を向上しています。

砂利や岩場などの足場の悪い環境でもフラットな着地がしやすく、重たい荷物を持っていても安定した歩行が可能です。防水生地には信頼と実績のある「ゴアテックス」を搭載しており、外部からの水をシャットアウトし、シューズ内部の湿気は逃がす効果があります。

カラーバリエーションはブラックとブラウンの2色。どちらのカラーも、メインの外観はそれぞれのベースカラーが主体ですが、インナー素材やアウトソールの一部に、違うカラーを配色することで、デザイン性を高めています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヴェルト S4K

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヴェルト S4K

フィット感・安定性・プロテクション性・軽量性を併せ持った、3シーズンに対応したトレッキングシューズです。本製品は、ザ・ノース・フェイスに所属するアスリートたちによる、過酷なテストを経て開発されています。

5層で成り立っているミッドソールは足の内側と外側のサポート形状を非対象にすることで、長時間の歩行を支えて快適さを実現。

防水透湿性の高い「ゴアテックス」の素材を採用しており、外部からの水はほぼ入ることがありません。シューズ内部は通常汗で蒸れがちですが、ゴアテックスの機能により、蒸れを外部に放出することで快適さを向上しています。

シューズ外部には「TPUフォーム」と呼ばれる機能をX状に搭載。これにより、フラットではない足場でも足首をしっかりと保護し、山で起こりやすい捻挫を防ぐ効果があります。

ミズノ(MIZUNO)

ミズノは100年以上の歴史を誇る、大阪で創業された大手のスポーツメーカーです。1980年代以降は、日本だけでなく世界各国に展開しており、国内外問わず、高い評価のあるスポーツ用品を提供。スポーツ用品の取り扱っているジャンルは幅広く、ほぼすべての競技種目の品を開発しています。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブナビゲーション

ミズノ(MIZUNO) ウエーブナビゲーション

路面状態が安定していない山道でも歩きやすく、登山初心者に安心なレディース向けトレッキングシューズ。トレッキングシューズのアウトソールには、前後左右にグリップ力を発揮する十字型のラバー突起を採用しており、凹凸が激しい登山でもしっかりとした着地を可能としています。

ソールのかかと部分には、ミズノ独自の波形プレート「ミズノウェーブ」を搭載することにより、足の横方向へのズレを最小限にし、安定した使用感を実現。また、防水透湿性の高い「ゴアテックス」の素材を採用しているため、外からの水は通さず、シューズ内の湿気は逃がす仕組みになっているので快適さも備えているモデルです。

レディース向けの製品とのこともあり、シューズのデザインは、淡いピンク、もしくはブルーのカラーを取り入れています。女性らしさのあるデザインで、おしゃれさも兼ね揃えていることが特徴です。

トレッキングシューズのAmazonランキングをチェック

トレッキングシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。