登山をする際に重要なアイテムとなる「トレッキングシューズ(登山靴)」。足元の悪い場所でも快適に歩行できるよう、滑りにくく丈夫で、軽量なモデルを選ぶのがポイントです。とはいえ、製品を見た目だけで判断するのは難しいもの。登山用のソールを採用しているか、防水に対応しているかなどはしっかりとチェックしたいところです。

そこで今回はトレッキングシューズのおすすめモデルをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、買い換えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

トレッキングシューズとは?

By: iwatani-primus.co.jp

登山やトレッキングなどで安全かつ快適に歩くことを目的にした靴が「トレッキングシューズ」です。山や高原など足場の悪い場所で使用されることを前提として、さまざまな工夫が施されています。

荷物を入れたバックパックを背負って坂道を上り下りするので、通常のスニーカーと比べて足首をカバーする部分が高くなっているのが特徴。これをハイカットあるいはミドルカットタイプといいます。

また、衝撃を吸収するために靴底のアウトソールは厚く、滑りにくさに配慮してゴツゴツした模様(ブロックパターン)を採用しているのもポイント。さらに、天候が変わりやすく温度が低い山間部の環境に対応するために高い防水性も備えています。

トレッキングシューズの種類

山といっても3000m級の高山から、ハイキングで訪れる低山などバリエーションが豊富なので、トレッキングシューズも用途に応じていろいろなタイプがリリースされています。

ハイカットタイプ

By: amazon.co.jp

ハイカットタイプは「カフ」とよばれるアッパー部分がくるぶしを完全にカバーしているトレッキングシューズです。足首の自由はある程度制限されますが、下りの坂道では足首をホールドしてくれるので、負担を軽減できるのがメリットです。

一方で、ハイカットタイプは高い山を安全に登山するためには最適ですが、他のタイプに比べ重いのがデメリット。重さとプロテクションのバランスを考慮して選ぶようにしましょう。

ミドルカットタイプ

By: amazon.co.jp

ミドルカットタイプはハイカットタイプほどカフの位置が高くないトレッキングシューズです。ハイカットタイプとローカットタイプの中間にあたります。

ハイカットタイプに比べて軽量で歩きやすいのがメリット。登山からハイキングまで幅広いシーンに対応できるのが魅力です。価格はリーズナブルで、デザイン性が高いモデルが多いのもポイント。汎用性の高いトレッキングシューズを求めている方におすすめです。

ローカットタイプ

By: amazon.co.jp

ローカットタイプはスニーカー同様、歩きやすいのがメリット。ただし、登山用では足首をサポートするカフがないので、斜面の下りなどで疲れやすいのが懸念点。プロテクト性や防水性がハイカットやミドルカットタイプに比べて劣るのもデメリットです。

なお、ローカットタイプは岩場などでも安心して歩行できる「アプローチ向け」と軽量性を重視した「トレイルランニング向け」があります。

アルパインブーツタイプ

By: amazon.co.jp

「アルパインブーツタイプ」ハイカットタイプの本格的な登山靴です。急な坂道を登りやすいようにアウトソールがフラットな形状をしているモノが一般的。また岩場で使用することを前提としているので、アウトソールが頑丈に作られています。

雪山も登れるように防水性能が高いのがメリット。多くのモデルは雪で滑らないための「アイゼン」あるいは「クランポン」という道具を取り付けられるようになっています。ただし、ほかのタイプに比べて重く、アッパー部分は硬めなので、平地などでは歩きにくさを感じます。その点は留意しておきましょう。

トレッキングシューズの選び方

サイズをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングシューズ選びの重要ポイントとなるのがサイズのチェックです。足にフィットしないトレッキングシューズは靴ズレや疲労につながります。

歩くときには足の甲に力がかかるので、「甲の幅と高さ」のフィット感は要チェック。ある程度は靴紐で調整ができますが、しっかり確認しておきましょう。日本人は甲の幅が広いといわれますが、最近では海外ブランドのトレッキングシューズも幅広タイプがラインナップしています。

ハイカットやミドルカットタイプの場合、「くるぶし周り」もチェック。登山をする前に実際に履いてみて、足首を振るなどし、感触を確かめておくと安心です。

「かかと」の幅のフィット感も要チェック。フィットしていないと、かかとが浮き上がってしまいます。見落としやすいポイントなのでぜひ確認しておきましょう。

サイズ確認の方法をチェック

By: keenfootwear.com

試し履きする際は登山用の靴下を着用しておくのがおすすめ。まず、つま先を靴の先にぴったりと合わせましょう。この時かかと部分に1cmほどの余裕があるのが理想。ちょうど人差し指がかかとの間に入るくらいの広さです。

次いで、かかとを靴の後側に合わせます。つま先に余裕ができますが、この余裕が足の指の窮屈さを解放することになります。最後に、靴紐をしっかりと締めます。足にフィットしているか、履き心地に違和感がないかなどをチェックしましょう。

重さをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングや登山は長時間歩く場合が多いので、疲れにつながりやすいトレッキングシューズ重さのチェックも重要。ハイカットタイプなどは岩稜帯を歩くことも想定しているので、アウトソールが厚く、重たくなりがちです。

ローカットタイプは、トレイルランニング向けモデルが300g台、アプローチ向けは400〜500gが一般的。ミドルカットタイプは500〜700g。ハイカットタイプやアルパインブーツタイプは700g以上のモデルが主流です。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

天候が変わりやすい山で使うトレッキングシューズは高い防水性能が求められます。そのため、多くのモデルは防水加工が施されています。

防水対策としては、「防水透湿素材」が用いられるのが一般的。雨などの侵入を防ぐ一方で、靴内部の蒸れを外に排出してくれます。なお、トレッキングシューズの多くはアメリカの「WLゴア&アソシエイツ社」が製造販売する防水透湿性素材「GORE-TEX」を採用しています。

なお、ローカットタイプよりもハイカットやミドルカットタイプのほうが防水性能は高めの傾向。ローカットタイプのトレッキングシューズには防水加工をされていないモデルも多いので注意してください。

ソールの硬さと形状をチェック

By: caravan-web.com

登山やトレッキング、渓流釣りなどは岩場を歩くことも多いので、ソールの硬さをチェックしましょう。ソールが柔らかいと歩きやすいですが、地面の凹凸が足に伝わりやすく、負担がかかり疲れやすくなります。スニーカーのように手の力でソールがたわむモノはタフなシーンには不向きです。

ソールの形状もチェックしておくと安心。ソールが湾曲していると平らな道が歩きやすいのがメリット。逆に本格的登山靴のようにフラットだと急な坂道が登りやすくなります。

さらに、3000m級の高い山など岩場を歩く機会が多い方は、ソールのつま先側をチェックしておくとよいでしょう。なお、この部分がフラットになっているソールを「クライミングゾーン」と呼びます。岩との接地面積が広く、滑りにくいのが特徴です。

各パーツの名称

By: keenfootwear.com

カタログなどにはトレッキングシューズの各パーツ名が記載される場合が多く、トレッキングシューズがはじめてという方には聞き慣れない名称も多いので、パーツ名を確認しておきましょう。

足が入る靴全体の部分を「アッパー」。靴紐を通すD字型の輪を「Dリング」と言います。ハイカットタイプの場合、下の部分はDリング、足首あたりの上の部分はフックに靴紐を通すのが一般的。靴紐の下の内側、ブランドロゴなどが縫い付けられた部分は「ベロ」と呼びます。

つま先を保護する部分が「トゥーカップ」、かかとは「ヒールカップ」、ハイカットおよびミドルカットタイプでくるぶしをサポートするのが「カフ」のパッド部分です。

靴底は「アウトソール」、足の裏が触れる部分は「インソール」と言います。中間でクッションの役割を果たすのが「ミッドソール」。ソール部分の周囲を1周しているのが「サイドプロテクター」です。

トレッキングシューズのおすすめブランド

キャラバン(Caravan)

By: amazon.co.jp

「キャラバン」は日本の老舗メーカー。同社のトレッキングシューズが登場したのは1954年で、当時まだ未踏峰だったヒマラヤ山脈にある標高8163mのマナスルへの初登頂を目指す日本山岳会隊のために開発されたという歴史があります。

1956年には同メンバーが世界で初めてマナスル登頂の偉業を成し遂げたことで、同社の知名度はアップ。国内での第一次登山ブームも相まって広く普及しました。

同社のトレッキングシューズは日本発のメーカーということもあり、「幅広・甲高」が特徴である日本人の足にフィットしやすいものが多いのが特徴。ブランドとしては、初級から中級登山者向けの「キャラバン」と、中級以上の経験者のために剛性と履き心地をさらに向上させた「グランドキング」をラインナップしています。

スポルティバ(LA SPORTIVA)

By: amazon.co.jp

「スポルティバ」はイタリア発のメーカー。“for your mountain”というスローガンのもと、高品質と高いデザイン性が両立した製品をリリースしています。同社は1928年の創業以来、北イタリアの自社工場でのみ製造を続けており、最高水準の品質管理によってブランドの価値を高めてきました。

トレッキングシューズとしては、ハードトレッキングやアルパインクライミングなどの高度な登山にも対応できるモデルを中心にラインナップ。登山経験者や本格志向の方におすすめのモデルです。

メレル(MERRELL)

By: amazon.co.jp

「メレル」は1981年アメリカで創業。比較的歴史の浅いメーカーですが、“いっさいの妥協を許さない”というポリシーを貫き、クオリティを徹底的に追究した靴作りを心掛けています。

同社のトレッキングシューズは1983年以来、防水透湿性素材の「GORE-TEX」を採用しているほか、濡れた氷上から氷点下まで安定したグリップ力を発揮するアウトソールを搭載しているのが特徴。製品ラインナップはトレイルからストリートまで幅広くアイテムを取り揃えているのも魅力です。

コロンビア(Columbia)

By: amazon.co.jp

「コロンビア」はアメリカの総合アウトドアブランド。創業は1938年で、当初は帽子メーカーとしてスタート。世界的にも普及している「マルチポケットフィッシングベスト」の元祖を開発したことでも知られています。画期的なヒット商品を次々とリリースしたことで世界的なアウトドアブランドとして次第にその地位を確立していきました。

同社のトレッキングシューズはローカットモデルが多いのが特徴で、気軽に履きこなせるので日帰り登山に最適です。価格も全体的にリーズナブルに設定されているため、登山初心者が初めてのトレッキングシューズに選ぶのにもおすすめ。また、機能だけではなくデザイン性が高いのも魅力で、タウンユースでも活躍してくれます。

ダナー(DANNER)

By: amazon.co.jp

「ダナー」は1932年に創業したアメリカのブランド。当初は労働者向けに4ドルという低価格でワークブーツを製造していました。1960年代にハイキングブーツ「マウンテントレイル」がヒットしたことを契機に、バックパッカーの間で人気となりました。1979年には世界で初めてトレッキングシューズに防水透湿素材の「GORE-TEX」を採用したことでも知られています。

同社のトレッキングシューズは現在でもすべて職人が手作業で製造。ステッチダウンなどの高度な技法が随所に施されており、卓越した機能性に加えてハンドメイドならではの温もりが感じられるのも魅力です。

ローバー(LOWA)

By: amazon.co.jp

「ローバー」はヨーロッパで人気のブランド。1923年にドイツで創業。“完璧を目指す”というスローガンのもと、当時から職人気質によって支えられた靴作りは現在も受け継がれています。特に、品質に対するこだわりが強く、高い機能性と抜群のフィット感が多くのユーザーから愛されています。

同社のトレッキングシューズは“足を快適に”をテーマに製造。特に、「バンテージ GT」シリーズは幅広・甲高の足型に合わせて作られたモデルで、日本人の足にも適しています。また、日本の山岳地に最適化されたアウトソールのブロックパターンによって、長距離登山でも足への負担を最小限に抑えられるので、本格的な登山する方におすすめです。

トレッキングシューズのおすすめモデル

キャラバン(Caravan) トレッキングシューズ C1-02S

同社の歴史と伝統を継承する代表的なモデル。登山入門者が使いやすいように随所に工夫が施されて設計されているのが特徴です。

初めてトレッキングシューズに足を入れる入門者でも違和感なく履けるように、履き口のまわりに柔らかな生地やクッション素材を採用。また、指先まわりにゆとりを持たせ、アキレス腱部分は浅めにカットされているので、窮屈さを感じることなく快適な履き心地で登山が楽しめます。

アウトソールには独自素材の「キャラバントレックソール」を採用。水に濡れて滑りやすくなった岩場などでも高いグリップ力を発揮して安定した歩行ができます。「インナーソールクッションシステム」によって着地時の衝撃を効果的に抑えられるので、長時間の登山でも疲れにくいのも特徴です。

重量は約590g(26.0cm片足標準)と、ミドルカットタイプのトレッキングシューズとしては標準的。登山入門者にも扱いやすいモデルなので、初めてトレッキングシューズの購入を検討している方におすすめです。

スポルティバ(LA SPORTIVA) TRANGO ALP EVO GTX 11N

快適な歩行性と耐久性を両立させたハイカットタイプのトレッキングシューズ。ハードトレッキングやアルパインクライミングにも対応できる「トランゴ」シリーズのなかでももっともタフなモデルなので、本格的な登山に挑戦したい方におすすめです。

防水加工を施した「ペルワンガーレザー」をアッパーに使用。さらに「サブスキン・インジェクション製法」によって縫い目を排し、過酷な環境での登山にも対応できる堅牢性と防水性を兼ね備えています。

メーカーの独自技術として「3Dフレックスシステム」を搭載。足首の部分に柔軟性のある素材を採用することで、足首をしっかりとホールドしつつも、移動時の可動域が拡大しているのが特徴です。登りや下り、トラバースの際に足首が十分に屈曲でき、ソール全体が地面に接地できるので、グリップの効きも良好です。

「インパクトブレーキシステム」を採用することで、ブレーキ性能と衝撃吸収性能が向上されているのもポイント。つま先側と踵側でソールが左右非対称に斜めになっているため、ゴツゴツとした岩場の歩行でも関節にかかる負担を軽減できます。

メレル(MERRELL) MOAB 2 GORE-TEX

本製品は2007年に発売されて以来、ロングセラーモデルとなっている「MOAB」の改良版。2017年にリリースされた製品で、重量は422gと軽量です。

トレッキングシューズを履いているとは思えない快適な履き心地と軽快な足運びが可能。ミッドソールにはシリコン製のバーが内蔵されているので、横方向のブレを抑えて、安定した歩行が可能です。

シュータンの上部には防水透湿素材の「GORE-TEX」とともに合成皮革「シンセティックレザー」を使用。相乗効果により防水性能がさらに向上しているので、急な悪天候にもしっかり対応できます。

メレル(MERRELL) CHAMELEON SHIFT MID GORE-TEX

同社のトレッキングシューズで人気の「カメレオン」シリーズの汎用性はそのままに、堅牢性を向上させたミドルカットタイプのレディースシューズ。山道でも確実に足をホールドできるので、長距離の行程を長時間歩く登山にもおすすめです。

アッパーのメイン素材は牛革ですが、合わせて防水透湿素材の「GORE-TEX」も使用。雨天時でも浸水と汗による蒸れを効果的に防げます。加えて、インソールには「M SELECT FRESH」を搭載。消臭効果が期待できるので、長期間の登山でも快適さを保てます。

アウトソールには「Vibram TC5アウトソール」を採用。独自のラグ形状と配置パターンにより、悪路でも優れたグリップ性能を発揮します。加えて、ミッドソールに搭載された「M BOUND TRK」によって衝撃吸収性能を向上しているのも特徴です。

コロンビア(Columbia) Karasawa II Plus Omni-Tech

高い機能性とデザイン性が融合した本格仕様のレディースシューズ。同社が独自開発した防水透湿素材の「オムニテック」を搭載しており、靴内の状態を快適に保ったまま登山を楽しめます。

アッパーには耐久性のあるポリエステルメッシュを採用。ミドルカットタイプのトレッキングシューズですが、アンクルパッドによって程よいホールド感とフィット感があるので、長距離の移動でも歩きやすく疲れにくい設計になっています。

アウトソールにはイタリアメーカー「ヴィブラム」の「Vibram XS Trek」を採用。グリップ性に優れているので悪路でも安定した歩行ができます。また、ソールの耐久性が向上しており、摩擦によるすり減りが少ないので、長く使用できるのも特徴です。

重量はミドルカットとしては標準的な545.5g(目安)。機能性に優れているだけではなく、デザイン性にも優れているので、登山以外にも街中で普段使いのブーツとしても楽しめます。

ダナー(DANNER) DANNER LIGHT Style 30440

同社を代表する高機能なハイカットトレッキングシューズ。誕生から30年以上経った今もなお、ポートランドの工場で熟練の職人が手掛けているのが特徴です。

本製品は「GORE-TEXブーティー」を搭載しており、雨の侵入を効果的に防ぎつつも、靴内部が汗で蒸れにくくなっているので、長時間の登山でも快適に過ごせます。

また、「ダナー式ステッチダウン製法」が採用されているのもポイント。排水性能が向上しており、万が一の浸水時でもトレッキングシューズ内に水が溜まりにくいので、水濡れによる体温の低下に効果的に対処できます。

加えて、安定感を重視した広いアウトソールには「Vibramクレッターリフト」を採用。高いグリップと耐摩耗性があるので、タフな登山シーンでもしっかり対応できます。

ローバー(LOWA) VANTAGE GT WXL

素材選びから製造に至るまですべてをヨーロッパで行なっているトレッキングシューズ。ドイツ製でありながら、「幅広・甲高」という日本人の足の特徴に合わせて足幅と甲の高さにゆとりのある設計がされているのが特徴です。

アッパーにはスエードレザーとナイロンを使用。さらに防水透湿性素材「GORE-TEX」を採用しているため、歩行中に靴内の蒸れを気にすることなく登山を満喫できます。アウトソールには「Vibram TracLite Ⅱ」を使用。ソールはやや柔らかめなので、スムーズな歩行が可能です。

重量は660g(UK8)。ミドルカットタイプとしてはやや重めですが、その分歩行が安定するのもポイント。アウトソールに搭載されたブロックパターンによって道中のさまざまな地形に対応できる汎用性の高さも魅力なので、登山初心者にもおすすめです。

スカルパ(SCARPA) ハイドロジェンハイクGTX SC22030

とにかく軽いトレッキングシューズ。重量は26.7cmの片足標準で428gです。ナイロン製のアッパーは極端に薄く、ミドルカットであること以外はトレランシューズと大差はありません。

ミッドソールのクッション性も高く、柔らかいソールと相まって軽快。「GORE-TEX SURROUND」を内蔵していて、靴内の蒸れがサイド下部から外に抜けるのもポイントです。

なお、本製品のプロテクション性能はさほど高くはなく、トゥーカップの強度も低め。タフなシーンで履くにはハードですが、ロングトレイルなどでは使い勝手のよいアイテムです。

アゾロ(Asolo) Shiraz GV

タイトなフィット感が好みの方におすすめのトレッキングシューズ。つま先は内側に向けて緩やかにカーブしており、親指が長い方にも合います。

アラミド繊維の織物にポリウレタンを圧着した複合素材「ケプロテックアッパー」を採用しており、ヘタりにくく、スレや切断にも強いのが特徴。ソールの剛性も高く、ハードなシーンでも安心して使えます。強靭で頼もしいトレッキングシューズを探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヴェルベラ ライトパッカー Ⅲ

日本企画として日本人向けに調整したトレッキングシューズ。足をソフトに包み込む感じは同シリーズの海外モデルよりも好印象に仕上がっています。

アッパーはバリステイックメッシュとスエードのコンビで、化繊ブーツならではの軽さと耐久性を兼ね備えているのが特徴。3層成型のEVAミッドソールのクッション性や柔らかいアッパーも相まって、疲れにくいのが特徴です。

なお、本製品はユニセックスモデル。履きやすく、長時間の歩行にも対応できるトレッキングシューズを探している方はもちろん、登山ビギナーにもおすすめの1足です。

グランドキング(GRANDKING) トレッキングシューズ GK85

同社の上位ブランドである「グランドキング」のフラグシップモデルです。中級以上の登山者向けに作られており、重い荷物を背負った夏山縦走にもおすすめ。オールレザー製のトレッキングシューズなので、メンテナンスをすれば長く履き続けられるのも魅力です。

アッパーには2.0mm厚のヌバックレザーとハードフレームを採用しているので耐久性は良好。長期登山にも対応できます。また、ライニングには防水透湿性能と衝撃吸収性能を備えた「GORE-TEXメンブレン」を使用しているので、靴内を常にドライな状態に保ちつつ、快適な歩行を楽しめます。

アウトソールには「Vibram TSAVO(Trek)」を採用。濡れた岩場でもしっかりとグリップが効きます。重量は705g(片足・26.0cm)と、ハイカットタイプとしては軽量。また、製造時に足先のフィット感やかかとのホールド感に優れた「アドバンスラスト」を靴型に使用することで、トレッキングシューズながらも3Eと幅広なのもポイントです。

トレッキングシューズのAmazonランキングをチェック

トレッキングシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。