アウトドアシーンでは、凸凹のある場所やぬかるんだ道などをストレスなく歩ける「トレッキングシューズ」があると便利です。かつては重厚感のある革を用いていた登山靴も、近年はナイロン素材などが普及し軽量化。さらにトレイルランニングブームの影響を受けて、軽快に履けるモデルが続々とリリースされています。

そこで、今回はおすすめのトレッキングシューズを人気ブランドをランキング形式でご紹介。トレッキング初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

トレッキングシューズとは

ひと口にトレッキングシューズと言っても、用途によって実にさまざまな種類のものが開発されています。素材もかつては革製が主流でしたが、近年は最新素材を使った高機能で軽量なモデルが続々とリリースされています。トレッキングシューズは大別すると以下の3種類に分類することが可能です。

ライトトレッキングシューズ

ハイキングシューズとも呼ばれ、軽装備での日帰り山歩きなどに適したモデル。軽量でソールが柔らかくクッション性に優れているので歩きやすいのが特長です。高低差があまりないところを歩く場合は、足首を自由に動かせるローカットモデルがおすすめです。

トレッキングシューズ

春から秋にかけての3シーズンの使用で本格登山などにも対応するモデル。ソールが厚く溝が深めで重い荷物を持っていても安定感があります。足首を捻挫から守るためにも、カットが高めのミドルカット、またはハイカットの靴がおすすめです。

アルパインシューズ

アルパインブーツとも呼ばれ、厳冬期の雪山など過酷な環境でも安定した歩行を可能にする登山用シューズ。耐久性、安定性、保温力に優れています。一般的な登山ではオーバースペックです。逆に歩きにくくなってしまうので、おすすめはしません。

このように登山シーンによっても適した靴が変わります。高低差が少ない山ならばスニーカーでも大丈夫ですが、安全に登山するためにも、足周りをしっかりと保護してくれる登山靴を用意しておきましょう。

初心者必見! トレッキングシューズの選び方

サイズをチェック

ridkfnpgee[1]

By: keenfootwear.com

トレッキングシューズは足の長さだけでなく、全体のフィット感が大切です。足の甲が高く幅が広い傾向がある日本人の足型だと、海外製品の足型が合わず、靴擦れやマメができたり、つま先が痛くなったりするケースがあります。ネットで安価に購入する場合も、一度は店頭で実際に履いてみてフィット感を確認してから購入することをおすすめします。

試し履きする際には、必ずトレッキングソックスを履きましょう。トレッキング用の靴下は厚手に作られているため、フル装備になったとき、靴がキツくて入らないということがあります。なるべく本番に近い状況で装着しましょう。売り場によっては試し履き用のソックスを置いてあるところもあります。

また、靴の中敷きであるインソールを取り出して、自分の足に合わせてみて長さと幅を確認するのもひとつの方法です。ここで合っていないと実際に履いてもまずフィットしません。楽しく山歩きをするためにも、足のサイズに合ったモノを選びましょう。

素材をチェック

0325_design_vol1_03a-thumb-705xauto-28783[1]

By: columbiasports.co.jp

トレッキングシューズは、かつては固くて重い革製が主流でしたが、近年では軽くて柔らかく、防水性、通気性にも優れた化学繊維を使ったものが主流になっています。ただし、革製シューズには履けば履くほど足にフィットして化学繊維にはない最高の履き心地となる魅力があります。

日頃の手入れは必要ですが、やはり革製が一番という愛用者が多いのも事実。ですが、やはりエントリーモデルとしては、すぐに足に馴染んで歩きやすい化学繊維メインのトレッキングシューズがおすすめです。

ソールの硬さをチェック

By: keenfootwear.com

靴底(ソール)の硬さはとても重要です。柔らかいソールは、普段歩くような感覚で歩けるのがポイント。日帰りハイキングや軽装トレッキングなど、起伏が少ない山道を歩くときにおすすめです。

ソールの硬い靴は、普段歩かないようなゴツゴツとした岩場や、急斜面の雪山などで活躍します。ただし、板を足に付けて歩くような感覚のため、スムーズに歩くのは慣れが必要です。

初めはソールの柔らかいシューズで軽量の荷物での日帰りトレッキングなどから始めましょう。岩場やぬかるみなどの山道を歩くことに慣れてきたら、ソールの硬いシューズでの本格トレッキングにステップアップ。重い荷物を持って岩場などを歩く時、靴底が硬いことで安定感が実感できます。

トレッキングシューズのおすすめブランドランキング

第1位 キャラバン(CARAVAN)

1956年に日本人がヒマラヤ・マナスルへの初登頂の快挙を成し遂げた時、登頂を果たした遠征隊員がベースキャンプまでのアプローチに履いたのが、キャラバンのシューズ。以来、日本人の足に合ったトレッキングシューズとして、軽くて歩きやすいモデルをリリースしてきました。ビギナーからプロまで、幅広い層におすすめのブランドです。

キャラバン(CARAVAN) トレッキングシューズ C7_03 ゴアテックス

スニーカー感覚で履けるローカットモデル。履き口にパッドが入っているので足首が安定し、ソフトな履き心地を実現しています。グリップ力の高いソールと防水透湿性の高いゴアテックスの裏地を採用しているので、里山ハイキングやトレッキングにも安心して使用可能です。タウンユースにも違和感なく馴染むデザイン。街でも山でもハードに履きこなせる初心者にもおすすめトレッキングシューズです。

キャラバン(Caravan) グランドキング GK23

山登りのステップアップを目指す経験者のために開発されたグランドキングシリーズ。中でもGK23はグリップ力に優れたモデルです。本格的な登山の際、厳しい岩場まで歩くためのアプローチシューズで、ハイキングや軽いトレッキング、簡単なクライミングなどにおすすめです。
程よいクッション性があり、長時間の歩行でも疲れにくいのが特長。本格的な登山からファーストトレッキングまで、幅広く利用できます。

キャラバン(CARAVAN) トレッキングシューズ C1_02S ゴアテックス

登山入門者におすすめのキャラバンを代表するモデル。優しい履き心地ながら足首をしっかりとホールドしてくれます。濡れた岩場などでもグリップ力を発揮するソールと着地の際の衝撃を吸収するインソールで高い歩行性能を実現。日本人の足の形を知り尽くしているキャラバンならではのフィット感も魅力。険しい山道も快適に歩けるおすすめトレッキングシューズです。

第2位 キーン(KEEN)

2003年、アメリカ・オレゴン州ポートランドで創業したキーン。サンダルからトレッキングシューズまで幅広いラインナップをそろえ、おしゃれなデザイン性の高さから若者を中心に人気を広げてきました。シューズは素材にもこだわっており、軽くて頑丈なところが魅力。険しいルートでも快適に歩くことができます。

キーン(KEEN) ピレニーズ Pyrenees

キーンの人気トレッキングシューズが「ピレニーズ」。アッパーには特殊加工を施した防水ヌバックレザーを採用。耐久性を保ちつつ、しなやかな履き心地を実現しています。耐摩耗性も良好。グリップ力のあるソールでアウトドアを闊歩できます。また、デザイン性にも優れており、タウンユースとして使うことも可能。ハイキングや軽いトレッキングに最適な初心者にもおすすめのモデルです。

キーン(KEEN) ターギー ツー ミッド Targhee II Mid WP

軽くて快適に歩けるのが「ターギー・ツー・ミッド」。足に優しくフィットする履き心地と高いグリップ力で山道も軽快に歩けます。独自の防水透湿素材を採用し、雨の日でも濡れずに靴の中が蒸れません。ハイキング、ロングウォーク、軽いトレッキングやレインシューズとしてもマルチに使える多目的ハイブリッドシューズです。

キーン(KEEN) オークリッジ ミッド WP

本格トレッキングに挑戦したいという方におすすめなのがこちらの「オークリッジ・ミッド」。ポリウレタンでコーティングしたレザーを採用し、軽くて耐久性にも優れています。キーン社が靴専用に開発した透湿防水性の高い素材を使っているため、長く歩いても快適です。

程よいクッション性と高いグリップ力で山道を楽しく踏破できます。エントリーモデルとして最適な一足です。

キーン(KEEN) エーフレックスミッド WP

アウトドアを最大限に楽しむシューズとして開発された「エーフレックスミッド」。軽くて歩きやすいキーンならではの履き心地が人気です。高い防水性があるのでちょっとした水たまりやぬかるみなども気にせず歩けます。

高いグリップ力がありながら、硬すぎないソールはロングウォークでも疲れません。ライトトレッキングに最適なモデルです。

第3位 モンベル(mont-bell)

日本を代表するアウトドアブランドのモンベル。日本のトップクライマー辰野勇氏が「機能美、軽量、迅速」をコンセプトに生み出すアウトドアギアは、日本のみならず世界的に高く評価されています。フットウェアにも力を入れており、トレイルランニングやウォーキング用のシューズからトレッキングシューズ、そして本格登山用のアルパインシューズまで充実したラインナップがそろっています。

モンベル(mont-bell) クラッグホッパー

高品質アウトドアギアで知られる「モンベル」の簡単なクライミングも可能なアプローチシューズです。通気性のよいメッシュ地をベースに、スエードレザーと樹脂製パーツを採用することで耐久性も向上させています。濡れた岩肌でも滑らない高いグリップ力がある高機能ソールで山道も安全に歩けます。ハイキングやウォーキング、日帰りトレッキングなどにおすすめのトレッキングシューズです。

モンベル(mont-bell) クラッグステッパー

スエードレザーで高い耐久性を持たせ、その内側に優れた防水透湿性能を持つゴアテックスを採用し防水性も備えた全天候型シューズです。足入れが楽で窮屈感のない履き心地。濡れた岩肌でも驚異的なグリップ力を発揮するソールを使用しています。ハイキングやキャンプ、岩場へのアプローチまで幅広く使えるおすすめのモデルです。

モンベル(mont-bell) ラップランドブーツ

アッパーに優れた防水透湿性能をもつゴアテックスを使用した全天候型トレッキングシューズです。軽くて柔らかい履き心地でフィット感も良好。ミッドカットで足首までしっかりと保護してくれます。スエードレザーで補強することで剛性と耐摩耗性を高めているのもポイント。低山ハイキングやキャンプなどに最適なトレッキングシューズです。

モンベル(mont-bell) ワオナブーツ

軽めの登山やトレッキングなど幅広く使えるミドルカットの全天候型ブーツ。ミッドソールに衝撃吸収性に優れたEVA素材を採用。ヒザへの負担を軽減しています。軽量で柔らかな履き心地を再現しながら、アッパーを合成皮革で補強して耐久性を高めています。

ソールのねじれを防ぐ樹脂製シャンクプレートを挿入しているのもポイント。エントリーモデルとして登山入門者におすすめのトレッキングシューズです。

モンベル(mont-bell) ツオロミーブーツ

モンベルの「ツオロミーブーツ」は、足首までしっかりと保護して抜群の安定感を誇るハイカットながら、前進する時の足首の曲げ伸ばしを妨げない、高い運動性を実現しています。ゴムの配合から独自に研究開発した高機能ソールはグリップ感も良好。夏場のロングトレイルやトレッキングに最適なトレッキングシューズです。

モンベル(mont-bell) アルパインクルーザー 2500

アルパインシューズの人気モデル。耐久性に優れたヌバックレザーに水を防いで湿気は逃すゴアテックスを合わせて、耐久性と快適さを両立しています。ハイカットで左右方向には強いサポート力が働きながら、前後方向には自由が利くので安定感があり歩きやすいのが特長です。

春から夏にかけての登山、トレッキングや冬の低山ハイキングまで、幅広く使えるおすすめのトレッキングシューズです。

第4位 メレル(MERRELL)

1970年代、アメリカ・ユタ州のオーダーメイドブーツの専門店から始まったメリル。1981年には“北米で最も機能的で快適な靴”に選ばれるなど、メリルの靴は快適で歩きやすいと定評があります。現在は、世界160カ国で販売されている人気ブランドへと成長。クラフトマンシップを貫くメリルのトレッキングシューズは幅広い世代に愛され続けています。

メレル(MERRELL) モアブ ミッド ゴアテックス

メレルを代表する定番トレッキングシューズ「モアブ」。優れた透湿防水性を持つゴアテックスを採用し、アッパーの多くをメッシュにすることで通気性を高め、軽量化も実現しています。ソールは高いグリップ力を持ちながら、やわらかい歩き心地で疲れにくいのが魅力。軽めのトレッキングやハイキングなどマルチに使えるおすすめシューズです。

メレル(MERRELL) ウィルダネス J1015

メレルの原点ともいえるトレッキングブーツ「ウィルダネス」。創業時から一貫して続くイタリアの工房で職人が一足ずつ丁寧に作り上げています。撥水性のあるレザーを使い、履くほどに足に馴染んでいくのがポイント。

ビブラム社製の高機能ソールの高いグリップ感により、重い荷物を担いだ時にも安定して歩けます。シンプルで洗練されたデザインは、アウトドアだけでなくタウンユースにもおすすめです。

第5位 ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノースフェイスは1968年にサンフランシスコで誕生したアウトドアブランド。トレッキング、ランニング、スキー、スノーボードなどのアクティビティからトラベル、ファッションまで、あらゆるシーンに適したアイテムをリリースしているのが特長です。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) ヴェルト S3K II GORE-TEX NF51611

高機能でファッション性の高いアイテムで人気の「ザ・ノースフェイス」の人気トレッキングシューズ。ゴアテックスで高い防水性と透湿性を実現。アッパーは軽くて耐久性の高いバリスティックナイロンを採用しつつ、負荷のかかる部分はスエードレザーで補強しています。

グリップ性能の高いビブラム社製のソールで安定した歩行が可能。春から秋の3シーズンの縦走におすすめのモデルです。

第6位 コロンビア(Columbia)

総合アウトドアブランドとして知られているコロンビア。創業者のポール・ラムフロムはドイツでシャツの縫製工場を経営した後、1938年にドイツ系移民としてアメリカのオレゴン州へ移住し、帽子問屋の権利を買い取ってビジネスをスタートさせました。

1960年には、スキーグローブ製造会社と合併し、コロンビア・スポーツウェア社が誕生。1997年には日本法人が設立され、ウエアやバッグ、シューズ、アクセサリーなど豊富な製品をリリースしています。

コロンビア(Columbia) メテオ ミッド オムニテック

アウトドアはもちろん、都会にも似合う汎用性の高いスタイリッシュなデザインが人気のマウンテンブーツです。コロンビア独自の防水透湿機能「オムニテック」を採用。雨の日でもアクティブに動けて、シューズ内の蒸れを防ぎます。

優しく足にフィットして快適な歩行が可能。ロングウォークでも疲れにくいハイスペックなトレッキングシューズです。

第7位 スポルティバ(LA SPORTIVA)

北イタリアで登山シューズを作り続けている老舗ブランドのスポルティバ。自社工場生産にこだわり、クオリティの高いアイテムを数多くリリースしています。ラインナップ製品はマウンテン・クライミング・トレイルランニングに分かれており、それぞれのジャンルに合わせた製法や技術、ノウハウを取り入れているのが特長です。

スポルティバ(LA SPORTIVA) Boulder X Nugget

「Boulder X」は、靴ヒモが踵の後ろ側にまで繋がっている独自のシューレース構造が特長。トレッキングシューズでありながら、クライミングシューズとしても使えるほど、高いホールド感を再現しています。

ソールの接地部分を斜めにして衝撃吸収性とグリップ性能をアップさせた「インパクトブレーキシステム」により、岩場でも滑りにくく、下降時の安定性を増しています。汎用性の高いトレッキングシューズを探している方におすすめです。

第8位 マムート(MAMMUT)

スイスの老舗アウトドアウエアブランド。1862年にスイスのレンツブルグ近郊のディンティコンで、カスパー・タナーによって創業しました。当初は、農業用のロープを製造。その後、世界で初めての化学繊維を使用したロープを製造します。

ロープ以外のアイテムは、1972年頃から登場。現在ではクライミング用品以外でもアウトドアウェア、登山靴、シュラフなど登山用品全般を製造しています。

マムート(MAMMUT) T Aenergy High GTX

「すべてはアルピニズムのために」というブランドポリシーを持つブランド・マムート。ソールの重量を軽減することで、足への負担を少なくしているのが特長です。幅広の作りになっているので、日本人の足に合いやすいのもポイント。安心して山道を踏破できる信頼の高機能トレッキングシューズです。