登山をする際の重要なアイテム「トレッキングシューズ(登山靴)」。足場の悪い場所でも快適に歩行できるよう、滑りにくく丈夫で、軽量なモデルを選ぶのがポイントです。とはいえ、製品を見た目だけで判断するのは難しいもの。

そこで今回は、トレッキングシューズのおすすめモデルをご紹介。新しく購入を検討している方はもちろん、買い換えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

トレッキングシューズとは?

トレッキングシューズは、登山やトレッキングに使用する靴の種類ひとつです。コロンビアやザ・ノース・フェイスなどの大手アウトドアブランドからも多数のモデルが発売されています。

トレッキングシューズは、登山靴のなかでも「軽登山靴」と呼ばれることもあり、街中でも着用できるカジュアルなモデルが多いのも特徴です。また、通気性に優れたモノや防水性に優れたモノなどタイプはさまざま。場面や目的に応じたモデルを選びましょう。

トレッキングシューズの選び方

ソールの形状や剛性をチェック

By: amazon.co.jp

トレッキングシューズを選ぶうえでソールの形状や剛性は重要なポイントのひとつです。例えば、足の小指と親指の付け根の突出部「ポールジョイント」が靴と適合していれば、靴ずれ予防が期待できます。

また、靴底の外側を表す「アウターソール」は、山道での歩きやすさを左右するポイントのひとつ。芯となる「ジャンク」があり、太さや硬さはそれぞれ異なります。硬いソールのトレッキングシューズは変形しにくく、岩場など起伏の激しい場面におすすめです。

対して、柔軟なソールを備えたモデルは整備された登山道での使用に向いており、歩きやすいので疲労が溜まりにくいのがメリット。使用目的や場面に応じて、トレッキングシューズのソールにも注目してみましょう。

防水性をチェック

トレッキングを行う山道などは、舗装が十分ではない場合がほとんどです。ぬかるみや多湿環境など、トレッキングシューズを履いて快適に過ごしたい場合は、防水性もチェックしておきたいところ。使用されている素材にも注目しましょう。

トレッキングシューズのなかには、防水性に優れた「ゴアテックス素材」を使用しているモノも増えてきています。ゴアテックス素材は生地に微細な孔が無数に空いており、雨天に耐えられる防水性を備えているほか、蒸れにくさもメリットです。

また、安価な化学繊維やプラスチック素材を使用したモノもあり、安価で入手しやすいのがポイント。使用する場面や予算に応じて適切なモデルを選び、快適なトレッキングを楽しみましょう。

足首のサポート力をチェック

By: mammut.jp

トレッキングは、岩場など足場が不安定な場所を走る場面も存在します。あらかじめコースについて調べておき、岩場など不安定な場所ではハイカットのモデルを選ぶのがおすすめ。足首をサポートし、捻挫や転倒などのリスク軽減が期待できます。

また、重い荷物を背負って登山するような場面でも足首のサポート力は重要なポイントのひとつ。しっかりと足首を支えられるカットのモノを選ぶことで、トレッキングシューズが変形しにくく安定しやすいのがメリットです。

また、整備された走りやすい登山道などは、カットの短いトレッキングシューズがおすすめ。足首の柔軟性を活かし、地面を蹴りやすいので効率よくトレッキングを楽しめます。

カットの深さをチェック

ローカーカット

By: amazon.co.jp

ローカットのトレッキングシューズは、足首を露出したつくりにより窮屈感が少なく、スニーカーのような感覚で使用できるのが特徴です。起伏が少ない、整備されて歩きやすい登山道などにおすすめ。キャンプなどのちょっとしたアウトドアシーンにも向いています。

また、ローカットのモデルは柔軟性・通気性に優れているモノが多く、長時間の使用で快適性を維持しやすいのも魅力です。キャンプ場や湖周辺の散策など、夏のレジャーを楽しむアイテムとして1つ持っておくと便利。デザインも豊富にラインナップされています。

ミドルカット

By: amazon.co.jp

ミドルカットのトレッキングシューズは、ローカットに比べて丈があり、足首に固定感を持たせられるのが特徴。全体に柔軟性があり、ほどよい弾力で岩場や山道での安定性を確保しやすいのが魅力のひとつです。

また、履きやすく初心者の方でも使用しやすいのもポイント。整備された道や岩場のある登山道など幅広く対応できる汎用性も魅力で、富士登山などでの使用におすすめです。

ハイカット

By: amazon.co.jp

足首をがっちりと固定でき、安定性を重視したい場面におすすめのハイカット。丈が長めなうえに、ソールや外装が硬いため剛性に優れているのがポイントです。

頑丈で変形しにくいため、ソールの一部しか触れられないような起伏の激しい岩場などでも安定性を確保しやすいのがメリット。サポート力が高いので重い荷物を背負っても安定感を維持しやすいのが大きな魅力です。

軽い力でも効率よく推進力を得られるのもポイントのひとつ。山岳登山など、1歩ずつ確実に進みたいタフな場面に向いており、登山靴としても使用できるモデルを選びたい方におすすめです。

トレッキングシューズのおすすめブランド

コロンビア(Columbia)

By: columbiasports.co.jp

1938年に、豊かな自然環境でアウトドアやスポーツが盛んな地域として知られる、アメリカのオレゴン州で創業した総合アウトドア・スポーツウェアのブランド。

登山やトレッキング、キャンプやマウンテンバイク、スキーやスノーボード、フィッシングやパドルスポーツなどのアウトドアやスポーツに適した性能を備えたアイテムを製造しています。

優れた性能だけでなく、スタイリッシュでおしゃれなデザインやカラーバリエーションの豊富さも特徴のブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: goldwin.co.jp

1966年にアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで創業。妥協を一切許さずに、高機能の追求と、テクノロジーの限界まで挑戦し続ける、世界のアウトドアブランドです。

トレッキングやランニング、スキーやスノーボードなどのアクティビティや、トラベルからキャンプまで幅広くハイクオリティなアイテムを展開しています。アウトドアでの使用だけでなく、普段の生活でも使用できるおしゃれなデザインの製品が多いのも特徴。

トレッキングシューズには普段着にもコーディネートしやすいモデルも多く、登山用としても普段履きとしても併用できるのが魅力です。

トレッキングシューズのおすすめモデル

コロンビア(Columbia) セイバー4ロウ アウトドライ

優れた防水性・透湿性を備えたローカットのトレッキングシューズです。耐水性・耐久性に優れたポリエステルメッシュを使用しています。「テックライト」のミッドソールを搭載しており、軽量でクッション性が高いのもポイント。ハイキングやランニングにもおすすめです。

また、アウトドライによる防水構造で水捌けもよく、フィッシングなどのアクティビティにも向いています。そして、つま先まで靴紐通しがついているのでフィット感もよく、足首の稼働範囲を活かした軽快なフットワークも魅力です。

比較的安価で安く入手しやすいのがポイント。幅広いアウトドアシーンに使用できるので、これからトレッキングシューズを選びたい初心者の方にもおすすめです。

コロンビア(Columbia) Karasawa Mist Omni-Tech

耐久性に優れたポリエステルメッシュを使用し、耐摩耗性に優れたトレッキングシューズです。また、防水性と透湿性に優れた「オムニテックメンブレン」を採用。内部の湿度を一定に保ち、履き心地のよさが長持ちするのも魅力です。

そして、グリップ性能に優れ、さまざまな場面に対応しやすい「ヴィブラムソール」を搭載。さらに、濡れた岩場でも優れたグリップ性能を発揮する「ヴィブラム・メガグリップ」も備えています。

防水性・グリップ力・透湿性を兼ね備えた高機能さがポイント。トレッキングや登山におけるフットワークを重視したい方におすすめです。

コロンビア(Columbia) セイバー4ミッド アウトドライ

防水フィルム間の水溜りを抑制し、足の冷えを抑える効果も備えた防水構造「アウトドライ」を採用。つま先付近まで靴紐を通せるため、優れたフィット感を実現しています。

さらに、クッション性に優れていて軽量な「テックライトミッドソール」を搭載し、快適な履き心地を維持しやすいのが特徴です。また、ソール部分には細かい突起を備えたことで、地面を捉えやすく優れたグリップ力を有しています。

そして、透湿性に優れたポリエステルメッシュを備えているので、ハイキングや釣りなど幅広いシーンにおすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) トラバース ファストパック ミッド GORE-TEX

普段使いからハイキングなどの軽いアウトドアシーンまで対応できる、ミドルカットのトレッキングシューズです。ゴアテックス素材を使用しており、通気性と防水性を兼ね備えているのがポイント。撥水加工を施したスエードレザーも採用しています。

また、優れたグリップ性を持つ「メガグリップアウトソール」を搭載し、足首をサポートする「圧縮成型クレイドルガイドテクノロジー」を採用。かかと部分も剛性を持たせ、安定した歩行をサポートします。

ファッション性に優れているのも魅力のひとつ。おしゃれなトレッキングシューズを求める方におすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヴェルト S4K GORE-TEX

アスリートによる厳しいテストを通過した、ハイカットのトレッキングシューズ。足首をしっかりとサポートし、山岳登山でも使用できる優れた安定性が魅力です。

また、足の内側と外側を非対称にした5層のミッドソールで快適な履き心地を実現。長時間の歩行にも対応できるのがポイントです。そして、セミワンタッチアイゼンにも対応しているため、雪山登山にも対応できるタフさを備えています。

堅牢なプロテクション性能の高いモデルを探している方におすすめのアイテムです。

マムート(MAMMUT) Alnasca II Low GTX

重量420gと軽量で扱いやすい、ローカットのトレッキングシューズ。優れたフィット感を生み出す「Base Fit」でヒール部分もサポートされ、蹴る力を地面に伝えやすいのが魅力のひとつです。

また、グリップ力に優れた「Michelinアウトソール」を搭載。薄めの構造なので足裏の感覚がよく、軽快なフットワークに期待ができます。さらに、ゴアテックス素材によって防水性を備え、通気性にも優れているため履き心地も良好です。

軽量性・クッション性・防水性を備え、トレッキングはもちろんランニングなどにもおすすめ。ハイクオリティなトレッキングシューズを探している方はぜひ試してみてください。

マムート(MAMMUT) Ducan Pro High GTX

しなやかで走りやすいトレッキングシューズ「デュカン」シリーズのモデルです。冬山の厳しい環境を想定してつくられており、スチール製のスプリング型ソールを統合した「MAMMUT Flextronテクノロジー」を採用しています。

足のゆがみを防ぎ、ソールの弾力により垂直に力を加えやすいのがポイント。そして、幾何学模様の動的デザインを組み合わせた「MAMMUT Georganic 3Dテクノロジー」により、足首の自然な動きをサポートします。

さらに、優れたフィット感を実現する「モノタン構造」を採用したことで履き心地がよいのも魅力のひとつ。ゴアテックス素材による防水性も備えており、登山やハイキングでも使用できるおすすめのトレッキングシューズです。

マムート(MAMMUT) トレッキングシューズ Taiss Light Mid GTX

高品質なアウトドア製品を多数手掛けるスイスのアウトドア用品メーカー「マムート」のハイカットトレッキングシューズです。耐久性・防水性に優れたゴアテックス素材を使用しているので、雨天でも安心して使用できるのが魅力です。

また、ソールの品質を維持したまま軽量化を実現した「Vibram Litebaseテクノロジー」を採用。堅牢なつくりながら、軽量に仕上がっており、長距離・長時間の登山でも疲れにくい、快適な履き心地が魅力のアイテムです。

耐久性・軽量生・防水性に優れた、高機能なトレッキングシューズを求める本格志向の方に向いています。

マムート(MAMMUT) Trovat Guide II High GTX

耐久性と防水性に優れたレザーとゴアテックス素材を使用した、ハイカットのトレッキングシューズです。ファッション生も兼ね備えているので街中などのタウンユースにも向いています。

そして、伸縮性のあるタン構造を備え、履きやすさを向上させているのも特徴です。フィット感があり、山岳登山などのタフな場面でも靴ずれしにくいのもポイント。さらに、剛性があり、岩場でも安定感を得やすいのも魅力のひとつです。

マムート(MAMMUT) Kento High GTX

雪や氷がある環境での登山を想定してつくられた「Michelin Alpine Lite 3970」を採用した、登山靴としても使用できるアイテムです。岩場など不安定な地形でも足首をしっかりとサポートし、安定性・安全性に優れています。

また、衝撃吸収性に優れたタン構造と、土踏まずにフィットしやすい設計を施したことで履き心地がよいのもポイント。足が外側に曲がるのを予防する「2ゾーンレーシング」を搭載し、足首の自然な動きをサポートします。

さらに、ゴアテックス素材を採用したことにより優れた防水性を発揮。雨天時や雪山など、タフなコンディションでも安心して使用できるトレッキングシューズを探している方におすすめです。

ダンロップモータースポーツ(DUNLOP MOTORSPORT) アーバントラディション

安定感と機能性が豊かなシューズを展開するブランド、ダンロップ モータースポーツが手掛ける、ミドルカットのトレッキングシューズです。街中での使用もできるカジュアルなデザインも魅力。レジャー・ハイキング・キャンプなどさまざまな場面に対応できます。

軽量で優れた弾力を持つ「コンプレッションEVA素材」をソールに採用。柔軟に衝撃を吸収でき、足への負担がかかりにくいのもポイント。また、幅広のデザインなので靴ずれしにくく、長時間の使用が想定される場面にもおすすめです。

そのほか、樹脂製のカウンターパーツでかかとを支えて歩行の安定性をサポート。土踏まず部分にフィットするシャンクパーツも備え、快適な履き心地を実現しています。カップインソールは取り外して洗えるのもポイント。そして、内部へ小石や砂が入りにくい構造も備えているので、常に清潔に使用できるのが魅力のアイテムです。

ウインブルドン(WIMBLEDON) W/B M047WS

カジュアルなデザインで街中での普段利用にもおすすめのモデル。水深4cmで6時間耐えられる防水性もあり、濡れた路面でも使用できます。

ガラス粒子を含むラバーソールをアウトソールに使用。凍結路面でも滑りにくく、歩行を安定させやすいのが魅力のひとつ。さらに、幅広で余裕のある「4Eラスト」を採用しているので履き心地がゆったりとしているのもポイントです。

さらに、インソールは取り外して洗浄可能。清潔で快適な履き心地をキープできます。

メレル(MERRELL) Moab 2 Mid Gore-Tex Wide Width

優れたグリップ力と安定性を備えたミドルカットのトレッキングシューズ。「ヴィブラムソール」を備え、山道でのトレッキンングシーンにもおすすめのアイテムです。

また、甲高の足にも対応できる「E3」相当の幅広構造もポイントのひとつ。ゆったりとした履き心地があり、透湿性にも優れているので快適な履き心地を保ちやすいのが魅力です。

そして、軽量で弾力性にも優れており、トレッキングにおけるフットワークを重視したい方におすすめです。

ラ・スポルティバ(LA SPORTIVA) トランゴ アルプエボ GTX

外周をラバーで覆うことで、岩角などに擦れてもダメージを受けにくいハイカットのトレッキングシューズ。極限まで縫い目を省くことで防水性が向上し、悪天候時でも快適な履き心地を維持しやすいのが魅力です。

また、柔軟性と軽量生に優れたEVA素材と圧縮ポリウレタンをミッドソール部分に採用。効率よく衝撃を吸収できるので、3000m級の縦走など長時間使用が想定される、ハードな場面にもおすすめです。

そして、甲と足首の締め具合を調節しやすい「ブロッカーフック」も搭載。さらに、足首の自由度を高める「3Dフレックスシステム」も採用しているため、雪山や岩場などのさまざまな地形に対応しやすいのもポイントです。

トレッキングシューズのAmazonランキングをチェック

トレッキングシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。