登山をする際の重要なアイテム「トレッキングシューズ(登山靴)」。足場の悪い場所でも快適に歩行できるよう、滑りにくく丈夫で、軽量なモデルを選ぶのがポイントです。とはいえ、製品を見た目だけで判断するのは難しいもの。登山用のソールを採用しているか、防水に対応しているかなどはしっかりとチェックしたいところです。

そこで今回は、トレッキングシューズのおすすめモデルをご紹介。新しく購入を検討している方はもちろん、買い換えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

トレッキングシューズとは?

登山やトレッキングなどで、安全かつ快適に歩くことを目的にした靴が「トレッキングシューズ」です。山や高原など足場の悪い場所で使用されることを前提として、さまざまな工夫が施されています。

荷物を入れたバックパックを背負って坂道を上り下りするので、通常のスニーカーと比べて足首をカバーする部分が高くなっているのが特徴。これを、ハイカットあるいはミドルカットタイプといいます。

また、衝撃を吸収するために靴底のアウトソールは厚く、滑りにくさに配慮してゴツゴツした模様(ブロックパターン)を採用しているのもポイント。さらに、天候が変わりやすく温度が低い山間部の環境に対応するために、高い防水性も備えています。

トレッキングシューズとハイキングシューズの違い

By: amazon.co.jp

トレッキングシューズとハイキングシューズの違いはソールの硬さ。トレッキングシューズはソールが硬め、ハイキングシューズはやわらかいことが特徴です。長時間歩く登山では、足が屈曲することで疲れが徐々に蓄積されていくため、ハイキングシューズのほうが疲れやすい傾向にあります。

トレッキングシューズはソールが硬くて曲がらない、または足首が固定されることから、長時間の登山で足が疲れにくい効果が期待できます。しかし、ソールが硬いために普段の歩き方から変える必要がある点に注意してください。トレッキングシューズは普段のつま先を使った歩き方はできないので、脚全体を上げて歩きましょう。

ハイキングシューズはソールが曲がるため、普段通りのつま先で蹴りだすような歩き方で使えます。日帰りでのハイキングや、整備されている登山道での使用におすすめです。

トレッキングシューズの種類

ローカット

By: amazon.co.jp

くるぶしくらいの高さで、軽量なのでスニーカーと同じような感覚で履けるのがローカットのトレッキングシューズです。低山やハイキングでの使用に適しています。

筋肉への負担が少なく、疲れにくいのがメリットです。登山などのアウトドアだけでなく、普段の生活で履いていても違和感がない、おしゃれなデザインのモデルが多いのも特徴。ハイカットよりも比較的価格が安いため、トレッキング初心者の方でも使用しやすいトレッキングシューズです。

ハイカット

By: amazon.co.jp

くるぶしの上まで高さがあり、足首をしっかりカバーできるのがハイカットのトレッキングシューズです。足場の悪い場所や、急な斜面の上り下りでもしっかりと足首を固定できます。

足首まで覆われているので、砂や小石が浸入しにくいのもポイントです。また、防水性や耐久性に優れているモデルが多いため、雨や雪などの悪天候でも使用できます。

トレッキングシューズの選び方

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

トレッキングシューズ選びで重要なポイントとなるのが、サイズのチェックです。足にフィットしないトレッキングシューズを選んでしまうと靴ずれや疲労につながります。

歩くときには足の甲に力がかかるので、「甲の幅と高さ」のフィット感は要チェック。ある程度は靴ひもで調節できますが、しっかり確認しておきましょう。最近では海外ブランドのトレッキングシューズにも、日本人に合いやすい幅広タイプがラインナップしています。

ハイカットやミドルカットタイプの場合、「くるぶし周り」もチェックするのがおすすめ。また、「かかと」の幅のフィット感も要チェック。フィットしていないと、かかとが浮き上がってしまいます。見落としやすいポイントなのでぜひ確認しておきましょう。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

トレッキングや登山は長時間歩く場合が多いので、疲れにつながりやすい重量のチェックも大切。ハイカットタイプなどは岩稜帯を歩くことも想定しているので、アウトソールが厚く、重たくなりがちです。

ローカットタイプは、トレイルランニング向けモデルが300g台、アプローチ向けは400〜500gが一般的。ミドルカットタイプは500〜700g。ハイカットタイプやアルパインブーツタイプは700g以上のモデルが主流です。

防水性能をチェック

天候が変わりやすい山で使うトレッキングシューズは高い防水性能が求められます。そのため、多くのモデルには防水加工が施されています。

防水対策としては、「防水透湿素材」が用いられるのが一般的です。雨などの侵入を防ぐ一方で、靴内部の蒸れを外に排出。なお、トレッキングシューズの多くはアメリカの「WLゴア&アソシエイツ社」が製造する防水透湿性素材、ゴアテックスを採用しています。

ローカットタイプよりも、ハイカットやミドルカットタイプのほうが防水性能が高い傾向にあります。ローカットタイプのトレッキングシューズは、防水加工が施されていないモデルもあるので注意しましょう。

ソールの硬さと形状をチェック

By: amazon.co.jp

登山やトレッキング、渓流釣りなどは岩場を歩くことが多いので、ソールの硬さが重要。ソールがやわらかいと歩きやすいですが、地面の凹凸が足に伝わりやすく、疲れやすい傾向にあります。スニーカーのように手の力でソールがたわむモノはタフなシーンには不向きです。

併せて、ソールの形状もチェックしておくと安心。ソールが湾曲していると平らな道で歩きやすいのが特徴です。逆に、本格的登山靴のようにフラットだと急な坂道が登りやすくなります。

さらに、3000m級の高い山など岩場を歩く機会が多い方は、ソールのつま先側をチェックしておきましょう。なお、ソールがフラットになっているモノを「クライミングゾーン」と呼びます。岩との接地面積が広く、滑りにくいのが特徴です。

トレッキングシューズのおすすめブランド

コロンビア(Columbia)

By: columbiasports.co.jp

1938年に、豊かな自然環境でアウトドアやスポーツが盛んな地域として知られる、アメリカのオレゴン州で創業した総合アウトドア・スポーツウェアのブランド。

登山やトレッキング、キャンプやマウンテンバイク、スキーやスノーボード、フィッシングやパドルスポーツなどのアウトドアやスポーツに適した性能を備えたアイテムを製造しています。

優れた性能だけでなく、スタイリッシュでおしゃれなデザインやカラーバリエーションの豊富さも特徴のブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

1966年にアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコにて創業。妥協を一切許さずに、高機能の追求と、テクノロジーの限界まで挑戦し続ける、世界のアウトドアブランドです。

トレッキングやランニング、スキーやスノーボードなどのアクティビティや、トラベルからキャンプまで幅広くハイクオリティなアイテムを展開しています。アウトドアでの使用だけでなく、普段の生活でも使用できるおしゃれなデザインの製品が多いのも特徴。

トレッキングシューズには普段着にもコーディネートしやすいモデルも多く、登山用としても普段履きとしても併用できるのが魅力です。

トレッキングシューズのおすすめモデル

コロンビア(Columbia) ウェイファインダーミッド アウトドライ

By: columbiasports.co.jp

独自のテクノロジーにより、高い防水透湿機能を備えたミドルカットのトレッキングシューズ。「オム二テック機能」が施された素材を採用しているので、水が浸入するのを防ぎ、蒸れを最小限に抑えます。

また、「アウトドライ」による防水透湿性で水含みを抑え、重量が増えたり足が冷えたりするのを軽減。さらに、甲の部分の両サイドには、圧着格子状パーツが搭載され、快適な歩行をサポートします。

間隔が広いソールパターンなので、ソールに土が詰まりにくく、しっかりと地面を捉えて歩けるのも特徴。コンディションの悪い地面でも安心して使用できる、ミッドカットのトレッキングシューズを探している方におすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) エンデュラスハイク GORE-TEX

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) エンデュラスハイク GORE-TEX

長時間の登山やファストパッキングに適したローカットのトレッキングシューズ。独自配合されたソフトなミッドソール素材を、硬度の高い外殻によって包み込みこんでいます。そのため、高いクッション性を維持しながら、横ブレしにくいのが魅力です。

ライニングには速乾性に優れた「フラッシュドライ」と、防水透湿性に優れた「ゴアテックスメンブレン」を採用。汗をかいても蒸れにくく、雨などの悪天候に強いのが特徴です。

また、高い耐久性とグリップ力を備えた「ビブラム社」のアウトソールを採用。難易度の高い本格的な登山でも安心して使用できる、ローカットのトレッキングシューズを探している方におすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヴェルト S3K II GORE-TEX

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヴェルト S3K II GORE-TEX

冬期以外の春・夏・秋の3シーズンで使用できるミドルカットのトレッキングシューズ。一般的なブーツのようなおしゃれなデザインで、普段履きとしてファッションとのコーデも楽しめるモデルです。

「CRADLEテクノロジー」の採用で、安定した歩行を可能にします。全体は耐久性の高い「バリスティックナイロン」で仕上げており、負荷が大きい部分にはスエードレザーを採用することにより軽量化を実現。ゴアテックスを採用しているので、防水性能にも優れています。スタイリッシュで高性能な、ミドルカットのトレッキングシューズを探している方におすすめのアイテムです。

ニューバランス(new balance) トレイルランニングシューズ メンズ MT410

ニューバランス(new balance) トレイルランニングシューズ メンズ MT410

登山やランニングなど、幅広いシーンで使用できるローカットのトレッキングシューズ。ヒールの高さが約4cm、ソールの厚さが2.5cmほどあるので、多少凹凸がある場所でも快適な歩行をサポートします。

足場が悪い道でも、優れたクッション性とグリップ性の「ミッド&アウトソール」で、履き心地も良好。比較的価格が安いのも魅力です。

登山やアウトドア初心者の方や、手軽でしっかりとした性能を備えたトレッキングシューズを探している方におすすめのトレッキングシューズです。

キーン(KEEN) ベンチャー ウォータープルーフ

キーン(KEEN) ベンチャー ウォータープルーフ

履き心地がよく、耐久性に優れたローカットのトレッキングシューズ。大きめのサイズに対応したメンズモデルです。「KONNECTFITヒールキャプチャーシステム」により、しっかりとかかとが固定され、フィット感も得られます。

また、後部にある切り込みがアキレス腱への負担を軽減し、快適な歩行をサポート。さらに「圧縮性型EVA」を採用したミッドソールが、高いクッション性能を実現します。

険しい山道でも快適に歩行できる、ローカットのトレッキングシューズを探している方におすすめのアイテムです。

キーン(KEEN) ピレニーズ 1017348

キーン(KEEN) ピレニーズ 1017348

クラシックなヨーロピアン風のおしゃれなデザインが魅力の、ハイカットのトレッキングシューズ。防水透湿性が高いヌバックレザーや、やわらかくて滑りにくいアウトソールを採用し、機能性にも優れたモデルです。

また「EVAフットベッド」や「圧縮性型EVAミッドソール」により、足への負担を軽減。長時間の歩行や登山でも快適に使用できます。デザインにこだわる方や、トレッキングもおしゃれに楽しみたい方におすすめのモデルです。

キャラバン(Caravan) C1-AC LOW 0010108

キャラバン(Caravan) C1-AC LOW 0010108

スニーカーのような感覚で履ける、ローカットのトレッキングシューズ。26cmのサイズで390gと非常に軽量で、やわらかい履き心地が魅力です。

ライニングには「キャラバンNEWトレックソール」と「エアリファイン」を採用。グリップ力が安定し、防水透湿性にも優れているなど、機能性にも優れたモデルです。

デザインも凹凸が少なくシンプルなため、普段履きのスニーカーと同じようにコーディネートしやすいのも魅力。トレッキング初心者の方や、手軽に履けるトレッキングシューズを探している方におすすめのアイテムです。

シリオ(SIRIO) P.F.116-2

シリオ(SIRIO) P.F.116-2

日本人の足に合った靴を開発するブランド「シリオ」のローカットトレッキングシューズ。幅が「3E」サイズで、つま先もゆったりとしているので、足幅が広い方でも快適な履き心地です。

アッパーには、撥水加工が施された素材が使われ、内部にはゴアテックスを採用。防水性に優れているため、天候の悪い日でも安心して使用できます。カラーは使いやすいベージュ・ピンク・ブラックをラインナップしています。

アルバートル(ALBATRE) トレッキングシューズ AL-TS1120

アルバートル(ALBATRE) トレッキングシューズ AL-TS1120

日本人に合った足形を使用した、甲高で幅広設計のミッドカットのトレッキングシューズ。「EVAミッドソール」を採用しているので、軽量で衝撃吸収性に優れたモデルです。

また、深溝パターンの「ハイグリップアウトソール」で、足への負担をさらに軽減。しっかりとフィットし、足首までサポートしてくれるので安心感があります。優れた性能で、価格が比較的安いのも魅力。

手軽で本格的なトレッキングも楽しめる、ミッドカットのトレッキングシューズを探している方におすすめのアイテムです。

アッション(ASHION) 多機能アウトドアスポーツシューズ

アッション(ASHION) 多機能アウトドアスポーツシューズ

耐摩耗性や防風、衝撃吸収や滑り止めなど、多機能を備えたミドルカットのトレッキングシューズ。人間工学に基づいた設計で、防水や耐寒性能にも優れているので、オールシーズン使用できるモデルです。アッパーにはゴアテックスなど高い防水透湿性能をもつ素材を使用。年間を通じて快適な履き心地です。

また、強力なグリップで深溝のソールは、安定性と耐久性に優れているだけでなく、排水がスムーズな形状なのも特徴。雪や雨でも滑りにくいよう設計されています。

さらに、つま先部分は「TPU樹脂カップ」でしっかりと指先を保護。足首の動作がしやすいように、アキレス腱の部分はカットするといった、細部にいたるまで機能性と利便性を追求しています。トレッキング初心者から、上級者まで幅広い方におすすめです。

サロモン(SALOMON) X ALP MTN GTX メンズ

岩山・雪道・氷上のトレッキングにまで対応できる、ハイカットモデル。やわらかいソールを内蔵しているので、難易度の高い地形や、切り立った岩場でも、安定して優れたグリップ力を発揮します。

また、ゴアテックスを採用しており、防止透湿性に優れ、靴内も蒸れにくいので快適に過ごせます。難易度の高い登山やクライミングなどに使用できる、ハイカットのトレッキングシューズを探している方におすすめのアイテムです。

ダナー(DANNER) ライト ゴアテックスブーツ 30465 30440

ダナー(DANNER) ライト ゴアテックスブーツ 30465 3044

カジュアルにもコーデできるおしゃれなデザインと、アウトドアアイテムとしても高い性能を備えたハイカットのトレッキングシューズ。ゴアテックスを採用しているので、防水性に優れています。

「ビブラムクレッターリフト」の採用により、高い耐摩耗性とグリップ力を確保。ミッドソールも衝撃吸収性が高いので、足への負担を軽減します。本格的なトレッキングにも、普段履きとしても使用できる、高性能でスタイリッシュなハイカットのモデルを探している方におすすめです。

スカルパ(SCARPA) キネシス MF GTX

スカルパ(SCARPA) キネシス MF GTX

柔軟性があり、軽快な履き心地が特徴の、ハイカットのトレッキングシューズ。マイクロファイバー製のしなやかなアッパーや、しっかりフィットする木型の組み合わせにより、軽快なフットワークを可能にします。

ライニングにはゴアテックスを採用しており、防水透湿性にも優れたモデル。高性能でハイカットのトレキングシューズのなかでは、比較的価格が安いのも魅力。トレッキング初心者の方におすすめのアイテムです。

トレッキングシューズのAmazonランキングをチェック

トレッキングシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。