登山をする際に重要なアイテムとなる「トレッキングシューズ(登山靴)」。足元の悪い場所でも快適に歩行できるよう、滑りにくく丈夫で、軽量なモデルを選ぶのがポイントです。とはいえ、製品を見た目だけで判断するのは難しいもの。登山用のソールを採用しているか、防水に対応しているかなどはしっかりとチェックしたいところです。

そこで今回は、トレッキングシューズのおすすめモデルをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、買い換えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

トレッキングシューズとは?

By: iwatani-primus.co.jp

登山やトレッキングなどで安全かつ快適に歩くことを目的にした靴が「トレッキングシューズ」です。山や高原など足場の悪い場所で使用されることを前提として、さまざまな工夫が施されています。

荷物を入れたバックパックを背負って坂道を上り下りするので、通常のスニーカーと比べて足首をカバーする部分が高くなっているのが特徴。これをハイカットあるいはミドルカットタイプといいます。

また、衝撃を吸収するために靴底のアウトソールは厚く、滑りにくさに配慮してゴツゴツした模様(ブロックパターン)を採用しているのもポイント。さらに、天候が変わりやすく温度が低い山間部の環境に対応するために高い防水性も備えています。

トレッキングシューズの種類

ハイカットタイプ

By: amazon.co.jp

ハイカットタイプは「カフ」とよばれるアッパー部分がくるぶしを完全にカバーしているトレッキングシューズです。足首の自由はある程度制限されますが、下りの坂道では足首をホールドしてくれるので、負担を軽減できるのがメリットです。

一方で、ハイカットタイプは高い山を安全に登山するためには最適ですが、ほかのタイプに比べ重いのがデメリット。重さとプロテクションのバランスを考慮して選ぶようにしましょう。

ミドルカットタイプ

By: amazon.co.jp

ミドルカットタイプはハイカットタイプほどカフの位置が高くないトレッキングシューズです。ハイカットタイプとローカットタイプの中間にあたります。

ハイカットタイプに比べて軽量で歩きやすいのがメリット。登山からハイキングまで幅広いシーンに対応できるのが魅力です。価格はリーズナブルで、デザイン性が高いモデルが多いのもポイント。汎用性の高いトレッキングシューズを求めている方におすすめです。

ローカットタイプ

By: amazon.co.jp

ローカットタイプはスニーカー同様、歩きやすいのがメリットです。ただし、登山用では足首をサポートするカフがないので、斜面の下りなどで疲れやすいのが懸念点。プロテクト性や防水性がハイカットやミドルカットタイプに比べて劣るのもデメリットです。

なお、ローカットタイプは岩場などでも安心して歩行できる「アプローチ向け」と軽量性を重視した「トレイルランニング向け」があります。

アルパインブーツタイプ

By: amazon.co.jp

アルパインブーツタイプはハイカットタイプの本格的な登山靴です。急な坂道を登りやすいようにアウトソールがフラットな形状をしているモノが一般的。また、岩場で使用することを前提としているので、アウトソールが頑丈に作られています。

雪山も登れるように防水性能が高いのがメリット。多くのモデルは雪で滑らないための「アイゼン」あるいは「クランポン」という道具を取り付けられるようになっています。ただし、ほかのタイプに比べて重く、アッパー部分は硬めなので、平地などでは歩きにくさを感じます。その点は留意しておきましょう。

トレッキングシューズの選び方

サイズをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングシューズ選びの重要ポイントとなるのがサイズのチェックです。足にフィットしないトレッキングシューズは靴ズレや疲労につながります。

歩くときには足の甲に力がかかるので、「甲の幅と高さ」のフィット感は要チェック。ある程度は靴紐で調整ができますが、しっかり確認しておきましょう。最近では海外ブランドのトレッキングシューズも幅広タイプがラインナップしています。

ハイカットやミドルカットタイプの場合、「くるぶし周り」もチェックするのがおすすめ。また、「かかと」の幅のフィット感も要チェック。フィットしていないと、かかとが浮き上がってしまいます。見落としやすいポイントなのでぜひ確認しておきましょう。

重さをチェック

By: caravan-web.com

トレッキングや登山は長時間歩く場合が多いので、疲れにつながりやすいトレッキングシューズ重さのチェックも重要。ハイカットタイプなどは岩稜帯を歩くことも想定しているので、アウトソールが厚く、重たくなりがちです。

ローカットタイプは、トレイルランニング向けモデルが300g台、アプローチ向けは400〜500gが一般的。ミドルカットタイプは500〜700g。ハイカットタイプやアルパインブーツタイプは700g以上のモデルが主流です。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

天候が変わりやすい山で使うトレッキングシューズは高い防水性能が求められます。そのため、多くのモデルは防水加工が施されています。

防水対策としては、「防水透湿素材」が用いられるのが一般的。雨などの侵入を防ぐ一方で、靴内部の蒸れを外に排出してくれます。なお、トレッキングシューズの多くはアメリカの「WLゴア&アソシエイツ社」が製造販売する防水透湿性素材「GORE-TEX」を採用しています。

なお、ローカットタイプよりもハイカットやミドルカットタイプのほうが防水性能は高めの傾向。ローカットタイプのトレッキングシューズには防水加工をされていないモデルも多いので注意しましょう。

ソールの硬さと形状をチェック

By: caravan-web.com

登山・トレッキング・渓流釣りなどは岩場を歩くことも多いので、ソールの硬さをチェックしましょう。ソールが柔らかいと歩きやすいですが、地面の凹凸が足に伝わり、疲れやすくなります。スニーカーのように手の力でソールがたわむモノはタフなシーンには不向きです。

ソールの形状もチェックしておくと安心。ソールが湾曲していると平らな道が歩きやすいのが特徴です。逆に、本格的登山靴のようにフラットだと急な坂道が登りやすくなります。

さらに、3000m級の高い山など岩場を歩く機会が多い方は、ソールのつま先側をチェックしておきましょう。なお、この部分がフラットになっているソールを「クライミングゾーン」と呼びます。岩との接地面積が広く、滑りにくいのが特徴です。

トレッキングシューズのおすすめブランド

キャラバン(Caravan)

By: amazon.co.jp

「キャラバン」は日本の老舗メーカー。同メーカーのトレッキングシューズが登場したのは1954年で、当時まだ未踏峰だったヒマラヤ山脈にある標高8163mのマナスルへの初登頂を目指す日本山岳会隊のために開発されたという歴史があります。

1956年には同メンバーが世界で初めてマナスル登頂の偉業を成し遂げたことで、キャラバンの知名度はアップ。国内での第一次登山ブームも相まって広く普及しました。

キャラバンのトレッキングシューズは日本発のメーカーということもあり、「幅広・甲高」が特徴である日本人の足にフィットしやすいものが多いのが特徴。ブランドとしては、初級から中級登山者向けの「キャラバン」と、中級以上の経験者のために剛性と履き心地をさらに向上させた「グランドキング」をラインナップしています。

スポルティバ(LA SPORTIVA)

By: amazon.co.jp

「スポルティバ」はイタリア発のメーカー。“for your mountain”というスローガンのもと、高品質と高いデザイン性が両立した製品をリリースしています。1928年の創業以来、北イタリアの自社工場でのみ製造を続けており、最高水準の品質管理によってブランドの価値を高めてきました。

トレッキングシューズとしては、ハードトレッキングやアルパインクライミングなどの高度な登山にも対応できるモデルを中心にラインナップ。登山経験者や本格志向の方におすすめのモデルです。

メレル(MERRELL)

By: amazon.co.jp

「メレル」は1981年アメリカで創業。比較的歴史の浅いメーカーですが、“いっさいの妥協を許さない”というポリシーを貫き、クオリティを徹底的に追究した靴作りを心掛けています。

メレルのトレッキングシューズは1983年以来、防水透湿性素材の「GORE-TEX」を採用しているほか、濡れた氷の上でも安定したグリップ力を発揮するアウトソールを搭載しているのが特徴。製品ラインナップはトレイルからストリートまで幅広くアイテムを取り揃えているのも魅力です。

コロンビア(Columbia)

By: amazon.co.jp

「コロンビア」はアメリカの総合アウトドアブランド。創業は1938年で、当初は帽子メーカーとしてスタート。世界的にも普及している「マルチポケットフィッシングベスト」の元祖を開発したことでも知られています。画期的なヒット商品を次々とリリースしたことで世界的なアウトドアブランドとして次第にその地位を確立していきました。

同社のトレッキングシューズはローカットモデルが多いのが特徴で、気軽に履きこなせるので日帰り登山に最適です。価格も全体的にリーズナブルに設定されているため、登山初心者が初めてのトレッキングシューズに選ぶのにもおすすめ。また、機能だけではなくデザイン性が高いのも魅力で、タウンユースでも活躍してくれます。

ダナー(Danner)

By: amazon.co.jp

「ダナー」は1932年に創業したアメリカのブランド。当初は労働者向けに4ドルという低価格でワークブーツを製造していました。1960年代にハイキングブーツ「マウンテントレイル」がヒットしたことをきっかけに、バックパッカーの間で人気となりました。1979年には世界で初めてトレッキングシューズに防水透湿素材の「GORE-TEX」を採用したことでも知られています。

同社のトレッキングシューズは現在でもすべて職人が手作業で製造。ステッチダウンなどの高度な技法が随所に施されており、卓越した機能性に加えてハンドメイドならではの温もりが感じられるのも魅力です。

ローバー(LOWA)

By: amazon.co.jp

「ローバー」は1923年にドイツで創業した人気のブランド。“完璧を目指す”というスローガンのもと、当時から職人気質によって支えられた靴作りは現在も受け継がれています。特に、品質に対するこだわりが強く、高い機能性と抜群のフィット感が多くのユーザーから愛されているブランドです。

トレッキングシューズは“足を快適に”をテーマに製造。特に、「バンテージ GT」シリーズは幅広・甲高の足型に合わせて作られたモデルで、日本人の足にも適しています。また、日本の山岳地に最適化されたアウトソールのブロックパターンによって、長距離登山でも足への負担を最小限に抑えられるので、本格的な登山する方におすすめです。

トレッキングシューズのおすすめモデル

キャラバン(Caravan) トレッキングシューズ C1_02S

キャラバン(Caravan) トレッキングシューズ C1_02S
キャラバンの長い歴史を継承する代表的なトレッキングシューズです。履き口まわりが柔らかく、指先まわりがゆったりしているのに加え、足首が動かしやすいようにアキレス腱部分が浅めにカットされているのが特徴。慣れていない方でも違和感なく履けるので、初めてのトレッキングシューズとしておすすめです。

また、グリップ力を高める「キャラバントレックソール」や、着地時の衝撃を吸収する「インソールクッションシステム」の採用により、安定した歩行を可能にしています。インナーにはゴアテックスが使われているので、防水性も抜群です。

キャラバン(Caravan) トレッキングシューズ C4_03

キャラバン(Caravan) トレッキングシューズ C4_03
女性ユーザーの意見を反映して開発されたレディース用トレッキングシューズです。インソールボードに「屈曲ラインスタビライザー」を採用することで、屈曲時にかかる負担を軽減。細めの履き口とスリムなラスト(靴型)の採用により、フィット感も抜群です。

履き口にソフトなメッシュポリエステル生地、裏生地にはこだわりのクッション材を使用し、柔らかな履き心地を実現。インソールに蒸れを軽減する通気性の高い素材を採用するなど、女性が使いやすいように細部までこだわって作られているのがおすすめのポイントです。

スポルティバ(LA SPORTIVA) トランゴ テック GTX

スポルティバ(LA SPORTIVA) トランゴ テック GTX
本格登山におすすめの高性能なトレッキングシューズです。アッパーに「サーモテックインジェクション」を採用し、軽量化を実現するとともに、縫い目を少なくすることで剛性と防水性を高めています。人間工学に基づいて設計されているため、フィット感も抜群です。

ミッドソールには耐久性が高く、地面からの突き上げを緩和する低密度のポリウレタンを全面に採用。長時間の歩行による疲労や、重い荷物の運搬時にかかる足の負担を軽減してくれます。

足首まわりには「3Dフレックスシステム」を搭載。足首のホールド感を損なうことなく稼働域を確保しています。タンと一体構造の履き口とアキレス腱部に装着されたミニゲイターにより、小石などが侵入しにくいのもポイントです。

メレル(MERRELL) モアブ 2 ゴアテックス

メレル(MERRELL) モアブ 2 ゴアテックス
メレルの定番トレッキングシューズ「モアブ」をアップデートしたモデルです。サイド部分にシリコン製のバーを搭載し、歩行時の横ブレを軽減。旧モデルで「柔らかすぎる」という声が多かったインソールは、硬い素材を採用することでサポート力を高めています。

プレートを使用していないため約422gと軽く、屈曲性も良好。シュータン上部は防水透湿素材「ゴアテックス」の採用に加え、合成皮革で覆われているので雨天時の使用も可能です。

アウトソールにグリップ力と耐久性の高さに定評のある「ヴィブラムソール」も搭載。トレッキングはもちろん、カジュアルファッションとの相性もよいので、タウンユースとしてもおすすめです。

メレル(MERRELL) カメレオン 7 ストーム ミッド ゴアテックス

メレル(MERRELL) カメレオン 7 ストーム ミッド ゴアテックス
モアブに並ぶメレルの人気シリーズ「カメレオン」の第7世代モデル。独自開発のフットプレート「FLEXPLATE」の採用でソールに使用するラバーが減り、約426gと軽いのが特徴です。プレートには硬度とひねりに対する強さを備えた素材を使用。尖った岩などによる突き上げや靴のねじれを軽減し、安定した歩行を可能にしています。

アッパーに防水透湿素材「ゴアテックス」を採用しているため、悪天候時や蒸れやすい夏場も快適。「ヴィブラムソール」の高いグリップ力により、悪路の歩行もスムーズです。気分を盛り上げてくれるカラフルなタイダイカラーも魅力。山行・キャンプフェスなど幅広いシーンで活躍するおすすめのトレッキングシューズです。

コロンビア(Columbia) カラサワ ミスト オムニテック YU0245

コロンビア(Columbia) カラサワ ミスト オムニテック YU0245
機能性とデザイン性を両立したコロンビアのトレッキングシューズ。独自の防水透湿素材「オムニテック」の搭載により、水が侵入しにくく汗による靴内部の蒸れを最小限に抑えられます。サイドにはポリエステルメッシュを使用。高い通気性に加え、摩擦や擦れに強い耐久性を備えているのもポイントです。

アウトソールにはグリップ力の高い「ヴィブラム・メガグリップ」を採用。安定した歩行をサポートしてくれるので、無雪期のアルプス登山などハードな山行にもおすすめです。スエードを使用した高級感のある見た目も魅力的で、カジュアルファッションと合わせやすく普段使いにも向いています。

ダナー(Danner) ダナーフィールド D121003

ダナー(DANNER) ダナーフィールド D121003
ダナーの名作と言われる「ダナーライト」のデザインを継承し、アウトドアラインとしてリリースされたトレッキングシューズ。水に強いタフなレザー「ウォータープルーフフルグレインレザー」と、防水・透湿性に優れた「ゴアテックス」の組み合わせにより、水濡れを気にせずに使用できるのが魅力です。

アウトソールは丈夫でグリップ力の高い「ヴィブラムクレッターリフト」、インソールにはクッション性・通気性に優れた「オーソライト」を採用。いずれも交換可能なため長く愛用できます。

「ダナーライト」とデザインが大きく変わらず価格も半分程度なため、これまで「ダナーライト」に手が届かなかったという方にもおすすめ。アウトドアでのハードな使用にも耐えられるスペックのモデルです。

ローバー(LOWA) マウンテンエクスパート GT EVO L210029

ローバー(LOWA) マウンテンエクスパート GT EVO L210029
雪山や厳冬期の登山におすすめのアルパインブーツタイプのトレッキングシューズです。ライニングに「ゴアテックス」と羽毛に代わる超微細マイクロファイバー素材「プリマロフト」を約200g採用。防水性能はもちろん、靴内部の蒸れを排出する透湿性を備えながら、保温性に優れているのが特徴です。

ベロを固定するシステム「X・レーシング」により、長時間の歩行中に生じやすいベロのズレを防ぐことが可能。部位に合わせて柔らかい素材と固い素材を使い分けるなど、細部までこだわってデザインされているのも魅力です。

つま先とかかとにコバが付いているので、ワンタッチアイゼンの装着も可能。狭い道での歩行をサポートする「フレックスフィット・シンクロ」や、靴紐をロックする「I-ロック」など機能が充実しているのもおすすめのポイントです。

スカルパ(SCARPA) カイラッシュ プラス GTX

スカルパ(SCARPA) カイラッシュ プラス GTX
80年以上の歴史を持つイタリアの老舗ブランド「スカルパ」のトレッキングシューズです。ヌバックレザーがふんだんに使われており、クラシックな印象に仕上がっています。足首やカフには柔らかいレザーを採用しているため、足馴染みがよく快適な履き心地です。

アウトソールにグリップ力に定評のある「ヴィブラム・バイオメトリックトレック」を搭載。乾いた地面はもちろん、濡れた地面もしっかりキャッチし歩行をサポートします。ライニングに「ゴアテックス」を使用しているので防水性能も良好。普段使いにも適したおしゃれなトレッキングシューズを求めている方におすすめです。

アゾロ(Asolo) ランドスケープGV 1829667

アゾロ(Asolo) ランドスケープGV 1829667
低登山やハイキングなど気軽な山行におすすめのトレッキングシューズです。片足500gを超えるモデルが多いミドルカットタイプですが、本製品は27cmサイズで片足約419gと軽量。グリップ力の高い「ヴィブラムメガグリップ」が軽快な足運びをサポートします。

ライニングには防水・透湿性に優れた「ゴアテックス」を搭載。水の侵入を防ぎ汗などの水蒸気を外部に排出してくれるので、靴内部をドライに保てます。

マムート(MAMMUT) マジック ハイ GTX 3010-00760

マムート(MAMMUT) マジック ハイ GTX 3010-00760
ハイクオリティな製品を展開し、多くの登山家から高い支持を得ているスイスのアウトドアブランド「マムート」のトレッキングシューズ。特許取得のテクノロジー「Base Fit 2.1」と「3Dヒールフォーム」を搭載しており、かかとが浮きにくく靴の中で足が滑りにくいのが特徴です。

水の侵入を防ぎ内部をドライに保つ防水透湿素材「ゴアテックス」や弾性の高いベロアレザーのほか、Dropstopテキスタイルやマイクロファイバーレーシングなど厳選されたハイテク素材を採用しています。セミワンタッチアイゼンの装着が可能なので、雪山登山にもおすすめです。

ホグロフス(HAGLOFS) スクタ ミッド プルーフ エコ 498080

ホグロフス(Haglöfs) スクタ ミッド プルーフ エコ 498080
100年以上の歴史を誇るスウェーデンの老舗アウトドア用品メーカー「ホグロフス」のトレッキングシューズ。独自素材「PROOF ECOメンブレン」による防水性能とPFCフリーの耐久撥水加工で、雨などの水濡れから足元をガードします。

ミッドソールのかかと部分には、歩行時の衝撃や圧力を軽減する「GELシステム」を搭載。さらに、ミッドソールに成型EVAを使用することで、クッション性を追求し安定性を確保しています。

つま先やかかと部分を補強しているほか、マチ付きシュータンで小石や砂利の侵入を防ぐなど、細部までこだわって作られているのもおすすめのポイントです。

キーン(KEEN) ターギー III 防水ハイキングシューズ 1017783

https://item.rakuten.co.jp/asses/209-1017783/
2003年にアメリカで創業したフットウェアブランド「キーン」のトレッキングシューズ。本製品は「ターギー」「ターギー II」に続き、「ターギーIII」とアップデートを続けているロングセラーモデルです。アウトソールが全地形対応型のラバーアウトソールに変更され、グリップ力が向上しています。

防水透湿素材に独自開発の「キーンドライ」、アッパーの内側には通気性・速乾性に優れた「メッシュライニング」を採用。高い防水性能を備えながら、ドライに保てるのが魅力です。

ミッドソールには靴のねじれを軽減する「ESSシャンク」が搭載されており、歩行時の安定性を高めています。過酷な環境下にも耐えられるタフさを備えたおすすめのトレッキングシューズです。

ガルモント(GARMONT) トレッキングシューズ

ガルモント(GARMONT)
イタリア発の人気登山シューズブランド「ガルモント」のトレッキングシューズです。本製品はガルモントのアプローチシューズと、歴史ある日本のアウトドアブランド「ポールワーズ」のコラボレーションモデル。片足約515gと軽量ながら、悪路でもしっかりと地面をキャッチする高いグリップ力を備えているのが特徴です。

ライニングは撥水加工を施したウォータープルーフ仕様。アッパーは約1.8mm厚のスエードレザーで強度を高めています。普段使いはもちろん、ライトハイキングや岩場の移動など、さまざまなアクティビティに使えるおすすめのトレッキングシューズです。

ハンワグ(hanwag) アラスカ GTX 200100

ハンワグ(hanwag) アラスカ GTX 200100
1921年に創業したドイツの老舗フットウェアブランド「ハンワグ」のベストセラーモデルです。重厚感ある見た目ながら、ペアで約1640gとハイカットタイプにしては比較的軽量。足首はきっちりホールドされますが、カフの足当たりがよく履き心地は快適です。

縫い目の少ない構造に加え、ライニングにゴアテックスを搭載した水が侵入しにくい防水仕様。アウトソールにはグリップ力に定評のある「ヴィブラムソール」を採用しているので、濡れた地面や岩場などの悪路でも安定して歩けます。無雪期のテント泊縦走などハードなアクティビティにおすすめです。

トレッキングシューズのAmazonランキングをチェック

トレッキングシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。