フィットネスジムやパーソナルトレーニングジムでのトレーニング時に着用する「ジム用トレーニングシューズ」。パフォーマンスの発揮はもちろん、ケガを防ぐためにも必要なアイテムのひとつです。

ジム用トレーニングシューズは、メニューによって適したモデルが異なるため、どのアイテムを選べばよいか迷いがち。そこで今回は、おすすめのジム用トレーニングシューズをご紹介します。選び方やメーカーについても解説するので、チェックしてみてください。

ジム用トレーニングシューズの選び方

トレーニングメニューに合ったモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

どんなトレーニングメニューを行うかによって、適したジム用トレーニングシューズのモデルが異なります。フリーウエイトエリアでトレーニングをする場合は、足の裏全体で地面が掴みやすい、ソールの薄いモデルを選ぶのがおすすめです。

また、ジムのスタジオエリアでズンバなどのレッスンを中心に行う場合は、クッション性の高いモデルを選んでみてください。軽量性も備わっていれば、長時間動き続けても疲れを覚えにくく快適です。

有酸素運動も無酸素運動もまんべんなく行いたい場合には、足の裏全体で地面を掴む感覚を得られて、かつクッション性も備わっているバランスモデルがぴったり。目的に応じたトレーニングシューズを選びましょう。

滑りにくくグリップ力の高いモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

フリーウエイトエリアなどでウエイトトレーニングを行う場合は、滑りにくくグリップ力の高いモデルを選びましょう。スクワットやデッドリフトといったメニューでは、しっかりと踏ん張ることが重要です。

また、スクワットをはじめとした2つ以上の関節を連動させて行う多関節運動においては、フォームをしっかりと固めることも大事。やわらかくグリップ力に乏しいシューズを選ぶと、フォームが崩れたりバランスが崩れたりすることもあるので注意しましょう。

ケガ防止のためにも足をしっかりホールドできるモノを

By: mizunoshop.net

ズンバやボクササイズといったレッスンに参加する場合は、足をしっかりとホールドできるモデルを選ぶのがおすすめです。なかには、ホールド性を向上させるために、独自の設計を採用しているモデルもあります。

ジムに通い始めたばかりの場合、ホールド性の乏しいモデルを選ぶと、ケガなどの思わぬトラブルが起こることもあるので要注意。安全性に配慮しながら、ジム用トレーニングシューズを選びましょう。

ジム用トレーニングシューズのおすすめメーカー

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

「ナイキ」は、スポーツ関連の製品を扱っている人気メーカーです。「スウッシュ」と呼ばれる独特なロゴマークが特徴で、スニーカーやスポーツウェアなど、さまざまなアイテムを製造・販売しています。

ナイキのジム用トレーニングシューズは、バランスのよさが特徴。ウエイトトレーニングからHIITトレーニングまで、さまざまなメニューに対応したモデルが多く揃っています。

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

「ミズノ」は、1906年に創業された日本の大手総合スポーツ用品メーカーです。オリンピックをはじめとしたさまざまな国際大会に協力しており、世界的なスポーツ用品メーカーとして国内外から高い評価を得ています。

ミズノのジム用トレーニングシューズは、ホールド性に優れているのが特徴。安定してトレーニングが行えます。また、高い屈曲性が備わったモデルなども扱っているのがポイントです。

アディダス(adidas)

By: amazon.co.jp

「アディダス」は、1949年に設立されたドイツのスポーツ用品メーカーです。サッカー日本代表のユニフォームを手掛けていることで知られており、サッカーのほかにバスケットボールやテニスなどにも力を入れています。

アディダスではクロストレーニングやウエイトトレーニングなど、メニューに応じたジム用トレーニングシューズを扱っています。また、独自のテクノロジーを用いたモデルがラインナップされているのもポイントです。

ジム用トレーニングシューズのおすすめモデル

ナイキ(NIKE) MC トレーナー CU3580

アッパーにメッシュ素材が用いられているジム用トレーニングシューズです。高い通気性が備わっており、長時間のトレーニングでもシューズ内が蒸れにくいのが特徴。快適に着用し続けられます。

アウトソールに搭載されたラバートレッドが、優れたトラクションを発揮。トレーニングルームのフロアや芝など、さまざまな場所で素早く動き出せます。短距離ランやスピードトレーニングでの使用におすすめです。

かかと部分が幅広に作られており、優れた安定性が備わっています。ウエイトトレーニング時にしっかりと踏ん張れるので、フォームが崩れにくいのもメリット。さまざまなメニューに対応したバランスモデルです。

ナイキ(NIKE) フリー メトコン4 CT3886

アッパーの素材に「チェーンリンクメッシュ」が用いられているジム用トレーニングシューズ。優れた通気性と高い柔軟性が備わっています。汗をかいても蒸れにくく、長時間快適に着用し続けられるのが魅力です。

シュータンに90年代初頭の人気モデル「ハラチ」をイメージしたラバーロゴが配置されているなど、細部にまでこだわって作られているのがポイント。ラバーストライプのサイドウォールも備わっています。

前足部にはナイキ独自の「Nike Freeテクノロジー」を採用。素早い動きに対応できます。また、幅広のヒールが用いられており、安定性も実現しているのが特徴。ダッシュからウエイトリフティングまで、さまざまなメニューに使用しやすい1足です。

ナイキ(NIKE) エア ズーム スーパーレップ2 CU6445

前足部にナイキ独自の「Zoom Airユニット」が2つ搭載されているジム用トレーニングシューズ。着地時の衝撃をエネルギーに変換するので、次の動作へとスムーズに移行できます。弾むような履き心地を体感可能です。

外側部が弧を描くように幅広く設計されているのも特徴。ラテラルバウンドやサイドステップなど、身体が左右へ流されやすいワークアウトもスムーズに行えます。また、スプリットソールが前後左右への動きをサポートするのも魅力です。

優れた柔軟性や屈曲性も備わっており、マウンテンクライマーやバーピーなどをスムーズにこなせるのもポイント。サーキットトレーニングやインターバルトレーニングでの着用におすすめのアイテムです。

ナイキ(NIKE) レジェンド エッセンシャル2 CQ9356

つま先下のソールに、特殊な溝が配置されているジム用トレーニングシューズ。優れた柔軟性が備わっており、プッシュアップやプランク、ファンクショナルトレーニングといった、さまざまなワークアウトに対応します。

グリップ力に優れたトラクションが、幅広い床に対応。バーピーをはじめとした敏捷性トレーニングもスムーズに行えます。また、かかと部分がフラットな作りで、ウエイトリフティングやスクワットでしっかりと踏ん張りやすいのも魅力です。

アッパーの素材には、高い耐久性と通気性を兼ね備えたハニカムメッシュを採用。両サイドの耐久性も高いので、長く愛用できます。価格が比較的安く、初めてジム用トレーニングシューズを購入する方にもおすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) TC-01 31GC1901

フラットラバーアウトソールを採用しているジム用トレーニングシューズ。さまざまな方向に曲がる、優れた屈曲性が備わっています。前後左右への素早い動き出しをサポートするのが特徴です。

ミッドソールにはPU素材を採用。耐久性に優れ、ハードトレーニングをサポートします。また、ミズノ独自のテクノロジー「MIZUNO COB」が用いられており、足の裏全体で地面を感じやすいのも魅力です。

アッパーには、やわらかなニット素材を採用。また、履き口にブーティー構造が用いられており、激しく動いてもフィット感のある履き心地が体感できます。ラテラルジャンプやランジなど、バランスが求められるメニューにおすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) TF-01 31GC2010

アウトソールに、足裏の感度を高めるMIZUNO COBが搭載されているジム用トレーニングシューズ。足の裏全体で地面を掴むような感覚を得られます。加えて、優れたグリップ性が備わっているのも特徴です。

ミッドソールには、高い耐久性が備わっているPU素材を採用。強度の高いワークアウトをサポートします。また、かかと部分にはTPUパーツが用いられており、優れた安定性を同時に実現しているのも魅力です。

アッパーに、伸縮度合いが調節されたウーブン素材を採用しているのもポイント。柔軟性に優れており、スムーズに足の指が曲げられます。シャトルランやHIITトレーニングなど、激しく動くメニューを行う際におすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブダイバースDE K1GF1874

ミッドソールに、ミズノ独自の「MIZUNO WAVE」テクノロジーが用いられているジム用トレーニングシューズ。波形のプレートを挟み込むことで、優れたクッション性と高い安定性を実現しています。

アウトソール全体のエッジが落とされており、ラウンド形状が採用されているのが特徴。着地の際の衝撃を低減します。さらに、かかとや前足部に円状のデザインが施されており、ひねりや回転がスムーズに行えるのも魅力です。

アッパーの素材には人工皮革と合成繊維を採用。高い耐久性が備わっているので、長く愛用できます。また、通気性に優れ、長時間着用しても蒸れにくいのがポイント。ダンスエクササイズでの着用におすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブダイバースLG LITE2 K1GF2102

ベルトを足底から繋げて引き上げる、ミズノ独自の「360°ホールド設計」が採用されているジム用トレーニングシューズ。波形のプレートを挟み込むことで、優れたクッション性と安定性を実現しています。

ミッドソールの素材には、ミズノ独自の「PoWnCe」を採用。高い反発性が備わっており、着地時の衝撃をエネルギーに変換すると謳われているので、次の動作へと素早く移行できます。優れた軽量性を兼ね備えているのも特徴です。

着脱が簡単に行える、ベルト構造が採用されているのもポイント。レッスンの合間でもスムーズに脱ぎ履きできます。また、屈曲性に優れ、しなやかな動きをサポートするのも魅力。スタジオレッスンでの着用におすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブダイバースLG3Ltd K1GF2175

ミッドソールの素材にPoWnCeが用いられているジム用トレーニングシューズ。跳ねるような反発力と、優れた軽量性を同時に実現しています。また、波形のプレートが搭載されており、クッション性と安定性があるのも特徴です。

フィットネス特有の動きがスムーズに行えるよう、屈曲位置に工夫が施されているのも魅力。加えて、足の指がしなやかに動かせる設計の「1st TOUCH」が採用されています。プッシュアップなどの際、指でしっかりと地面を捉えやすい構造です。

縫い目のない「ノーソーアッパーデザイン」を採用しているのもポイント。アッパーの素材には人工皮革と合成繊維が用いられており、優れた通気性と耐久性を兼ね備えています。長時間着用しても蒸れにくく、スタジオレッスンでの着用におすすめのアイテムです。

アディダス(adidas) アディパワー ウエイトリフティング II 東京 GZ2860

アッパーの素材にウーブンが採用されているジム用トレーニングシューズ。優れた柔軟性と屈曲性が備わっているので、足の指をスムーズに曲げられます。包み込まれるような履き心地を体感できるのも特徴です。

ノンコンプレッションミッドソールを採用しているのもポイント。高いサポート力が備わっています。また、アウトソールの素材には耐久性とグリップ性に優れたラバーソールが採用されており、しっかりと踏ん張りやすいのも魅力です。

アッパーには、面ファスナーストラップ付きのシューレースクロージャーを搭載。足に合わせてフィット感を細かく調節できます。パワークリーンやデッドリフトなどの、ウエイトトレーニングを行うのにおすすめのアイテムです。

アディダス(adidas) ウルトラブースト21 GX5236

アウトソールにアディダス独自の「BOOSTフォーム」が採用されているジム用トレーニングシューズ。優れたクッション性が備わっており、快適な履き心地が体感できます。足への負担が少なく済むのも特徴です。

また、アディダスオリジナルの「ADIDAS LEP」をアウトソールに搭載。着地時の衝撃をエネルギーや推進力に変換します。さらに、前足部に優れた屈曲剛性が備わっており、さまざまな方向へ力強く蹴り出せるのも魅力です。

アッパーにはリサイクル素材を使用した「PRIMEKNIT+アッパー」を採用。環境に配慮しつつ、機能性の高い1足に仕上げています。ラントレーニングやサーキットトレーニングでの着用におすすめのアイテムです。

リーボック(Reebok) Nano X1 Froning Shoes

アウトソールに、リーボックが独自にデザインした「TRUヒールカウンター」が搭載されているジム用トレーニングシューズ。優れた安定性が備わっており、激しいトレーニングやワークアウトもスムーズにこなせます。

ミッドソールの前足部には、リーボック独自のクッショニング素材「フロートライドエナジー」を採用。優れた反発性が備わっています。また、スリークなデザインのラストが用いられており、さまざまな動きをサポートするのも特徴です。

アッパーの素材に、フレックスウィーブニットを採用しているのもポイント。柔軟性と通気性に優れており、長時間の運動でも快適に履き続けられます。ウエイトトレーニングからランメニューまで、幅広いトレーニングにおすすめのアイテムです。

リーボック(Reebok) HIIT トレーニング 2

アウトソールの前足部に、フレックスグルーブが施されているジム用トレーニングシューズ。素材にはラバーが採用されており、優れたグリップ性が備わっています。また、耐久性にも優れ、長く愛用できるのも特徴です。

前足部に溝が設けられており、優れた屈曲性を兼ね備えているのもポイント。また、軽量構造のフロートライドエナジーフォームが採用されており、ワークアウト中に優れたクッション性を発揮します。スタジオレッスンでの着用におすすめのアイテムです。

プーマ(PUMA) マントラ クロス トレーニング シューズ 194002

ミッドソールに、プーマ独自のソリューション「PROFORM」が用いられているジム用トレーニングシューズ。優れた軽量性と高いクッション性を同時に実現しています。

履き口の高さがくるぶしの下までのローカットモデルで、足首の可動域を広く取れるのが特徴。また、アッパーの素材には通気性に優れたメッシュが採用されています。ライトトレーニングでの使用におすすめのアイテムです。