パンチやキックなどの打撃練習に使える「サンドバッグ」。トレーニングだけではなく、エクササイズやダイエットなどにも役立つアイテムです。しかし、さまざまな製品が展開されているため、どれを選べばよいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サンドバッグのおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントも併せて解説するので、自分にぴったりなモノを選んでみてください。
※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

サンドバッグを使うメリット

By: fightingroad.co.jp

サンドバッグとは、主にパンチやキックなどの打撃をする競技や、身体接触の多い競技などの練習に使うダミーの標的のことです。トレーニングやダイエット、エクササイズなど、幅広い用途で使用できます。

サンドバッグは強力な打撃にも耐えうる強度を備えているため、思い切りパンチやキックをできるのがメリットです。強い打撃を繰り返すことで、拳や手首などのトレーニングや、体力づくりに役立ちます。

また、全身を使った運動につながるので、運動不足を解消したい方からも人気。さらに、パンチ・キックを思い切り打ち込むことで、爽快感を得られるのもメリットです。

サンドバッグの選び方

目的に合ったタイプを選ぶ

自立式

By: fightingroad.co.jp

自立式のサンドバッグは、床に置いて使用するタイプです。吊るす必要がなく、置き場所を選びにくいのがメリット。また、組み立て・設置も比較的簡単で、すぐに使い始められます。

製品によっては水や空気を入れるタイプもあり、中身を抜けばコンパクトに収納可能。さらに、打撃音が小さいモノもあるので、マンションやアパートなどの集合住宅で使いたい方におすすめです。

自立式は、初心者や気軽なエクササイズに使いたい方にも適しています。しかし、強い打撃を受けると移動しやすいのがデメリットです。本格的なトレーニングに使いたい方は、砂を入れるタイプなど、重さや安定感のあるモノを選びましょう。

吊り下げ式

By: rdxsports.jp

吊り下げ式のサンドバッグは、チェーンやロープで天井から吊り下げて使用します。さまざまな角度から打ち込みやすく、強い打撃を受けても倒れないため、本格的なトレーニングに使いたい方におすすめです。ボクシングジムの練習用やプロのトレーニング用として、よく使用されています。

なお、吊り下げ式は設置場所が限定されるのが懸念点。マンションやアパートなどの賃貸住宅では取り付けられない場合もあるので、留意しておきましょう。

スタンド吊り下げ式

By: amazon.co.jp

スタンド吊り下げ式のサンドバッグは、サンドバッグを吊り下げるスタンドがセットになったタイプです。自立式と吊り下げ式の長所を兼ね備えたタイプで、設置のしやすさと強い打撃への対応力を両立させています。

賃貸住宅などで吊り下げ式は設置できないけれど、本格的なトレーニングやハードな打ち込みをしたい方におすすめです。ただし、設置の際は床を傷つけないようにマットを敷くといった対策をしましょう。

また、自立式よりも場所を取るため、設置スペースに収まるかの確認も必要です。なかには折りたたみ可能な製品もあるので、収納場所に困らないモノが欲しい方はチェックしてみてください。

中身の素材で選ぶ

本格的なトレーニングにはウレタン・布

By: bodymaker.jp

本格的なトレーニングに使用したい方には、内部にウレタンや布を使用したサンドバッグがおすすめです。打撃時に弾力のある感触を得られるので、対人を想定したトレーニングに適しています。

クッションが肉厚に設計されたモノは耐久性・耐摩耗性に優れているのが魅力。ハードな打撃にも耐えられるため、思い切りパンチやキックを打てます。

手軽に使えるエアータイプ

By: fightingroad.co.jp

エアータイプのサンドバッグは、空気を入れるだけで手軽に使えるのが魅力です。重量が比較的軽く、力の弱い方でも設置しやすいのがポイント。また、倒れても床を傷つけにいくく、怪我を防ぎやすいため、小さな子供のいる家庭でも安心して使えます。

エアータイプは、日常的なエクササイズやダイエットなどに使用したい方にもおすすめです。価格が安いモノも多いので、気軽に使えるモノが欲しい方はチェックしてみてください。

安定感をチェック

By: amazon.co.jp

安定感もサンドバッグ選びの重要なポイントです。自立式のモノは、強く打ち込んでもズレにくい設計がされているかを確認してみてください。ベースに砂や水を入れられるモノや、底に吸盤が付いているモノがおすすめです。

吊り下げ式の製品は、重さのあるモノほど安定感に優れています。また、重いモノは衝撃吸収性にも優れており、強く打ち込んでも大きく揺れにくいのが魅力です。なお、本体以外に吊り下げ部分の強度もチェックしておきましょう。

設置場所や身長に合ったサイズを選ぶ

By: fightingroad.co.jp

サンドバッグは、製品によってさまざまなサイズのモノがあります。設置場所の広さに合ったモノを検討してみてください。打ち込んだときに、本体が壁や周りの家具などにぶつからない程度のサイズが適しています。

身長に合わせたサイズ選びも大切。特に、自立式を選ぶ場合はパンチしやすい高さかをチェックしましょう。高身長の方が高さのないモノを選んでしまうと、トレーニングしにくくなる場合があるので注意が必要です。

また、吊り下げ式のモノにもサイズ展開があります。背が低い方や対人を意識した打撃練習をしたい方には、長めのモノがおすすめです。

サンドバッグの素材を選ぶ

By: fightingroad.co.jp

サンドバッグを選ぶ際は、表面の素材にも注目しましょう。本革製のモノは耐久性・打撃感覚に優れているのが特徴です。ハードな打撃にも耐えられるため、長期的に使用したい方や本格的なトレーニングをしたい方に適しています。

合皮製のモノは、本革製のモノより比較的リーズナブルに手に入れられます。打撃感覚とお手入れのしやすさに優れているのもポイント。機能性と扱いやすさのバランスのよい製品が欲しい方におすすめです。

また、軽量で扱いやすいPVC製のモノも展開されています。安価なモノが多いので、エクササイズやダイエットなどで気軽に使えるモノが欲しい方にぴったりです。

サンドバッグのおすすめ

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) ファイティングバッグAIR FR23SMO0005

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) ファイティングバッグAIR FR23SMO0005

エアータイプの自立式サンドバッグ。本体に付属のポンプで空気を入れるだけで、簡単に使用可能です。ベースには、砂または水を入れて使用します。軽量で安全性に優れているため、倒れても床を傷つけにくいのがメリット。怪我も防ぎやすいのが特徴です。

コンパクトで、さまざまな場所へ設置しやすいのも魅力。小さな子供がいる家庭にもおすすめです。トレーニング用としてだけではなく、エクササイズやダイエットにも使えます。また、静かに使いたい方にもぴったりです。

マーシャルワールド(MARTIAL WORLD) エアースタンディングバッグ STBAIR-LF-SET

マーシャルワールド(MARTIAL WORLD) エアースタンディングバッグ STBAIR-LF-SET

エアータイプのサンドバッグ。素材にはPVCを使用しており、厚手の設計にしているのが特徴です。本体からの空気漏れの心配が少なく、思い切り打ち込めます。エクササイズ用や子供のトレーニング用としておすすめです。

土台タンクに20Lの水を入れて使う自立式のタイプ。水をジェル化する水漏れ防止剤がセットになっているため、水漏れを気にせず安心して使用できます。

価格が安いのもメリット。自宅用として手軽に使えるサンドバッグをリーズナブルに手に入れたい方に適しています。

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) ファイティングバッグPRO2 FR23SMO0004

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) ファイティングバッグPRO2 FR23SMO0004

設置しやすい自立式のサンドバッグ。打撃を受けても揺れにくく、パンチやキックを正確に当てやすいのが特徴です。さらに、打撃の手応えも感じやすく、本格的なトレーニングに使えます。

クッションが肉厚に配置されているのもポイント。耐久性・耐摩耗性に優れており、長期の使用でも劣化しにくいのが魅力です。

本体とベースの接続部分には、強力なバネを用いたリンカーを搭載しています。全方位からの打撃を受け止め、優れた衝撃吸収性を発揮。安定感のあるサンドバッグが欲しい方におすすめです。

RDX KARAシリーズ スタンディングバッグ PBS-F6R-6FT

RDX KARAシリーズ スタンディングバッグ PBS-F6R-6FT

安定感に優れた自立式のサンドバッグ。ベース裏に8本の脚が付いており、最大88cmまで拡張できます。さらに、強力な吸盤を17個搭載し、床にしっかり固定できるのが特徴です。

ポリウレタン製の独自素材「マヤハイドレザー」を多層構造で使用しているのもポイント。弾力性・耐久性に優れているため、消耗しにくく長く使えます。また、コネクター部分に衝撃吸収性に優れたプロテクターを備え、振動や傾きを抑えているのも魅力です。

高さは181cmあります。背の高い方でも打ち込みやすく、さまざまな方におすすめです。カラーはブラック・レッドの2種類がラインナップされています。

ボディメーカー(BODYMAKER) KB010S

ボディメーカー(BODYMAKER) KB010S

ハードな打ち込みでも倒れにくい自立式のサンドバッグ。中心部に極太のスチールパイプを内蔵し、耐久性・安定感を高めています。さらに、打撃の衝撃を和らげるエアーホールも搭載。上下左右への衝撃の広がりを抑え、耐久性も向上させているのがメリットです。

鉄芯の周りにはソフトウレタンを配置。外皮には本革の風合いを再現した合皮製のレザー調シートを採用しています。心地よい打撃感覚で練習できるのがポイントです。

特殊樹脂加工がされたオリジナル成型タンクには、約60Lの砂を入れられます。強い打撃を受けても倒れにくく、思い切り打ち込みができるのが魅力。ぐらつきにくい自立式のサンドバッグが欲しい方におすすめです。

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) サンドバッグ ハードタイプ

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) サンドバッグ ハードタイプ

ジムや道場、プロ格闘家のアドバイスを基に作られた、吊り下げ式のサンドバッグ。外皮素材には高級な合皮レザーを使用しています。また、内部には細かく裁断した布類であるウエスを用いており、優れた打撃感を得られるのが魅力です。

耐久性に優れているのもポイント。底下部分には、重量に耐えられるように補強ベルトが付いています。さらに、チェーン取り付け部は裏張りやリベットで強度を高め、ハードな打撃を受けても壊れにくいのが特徴です。

吊り下げ式のなかでも安いのがメリット。本格的なトレーニングに使えるサンドバッグをリーズナブルに手に入れたい方におすすめです。サイズは130cm・150cmの2種類がラインナップされています。

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) 最高級本革 サンドバッグ

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) 最高級本革 サンドバッグ

外皮に高級本革を使用したサンドバッグ。耐久性・重量感に優れた素材で、気持ちのよい打撃感覚を得られます。ハードな衝撃にも耐える構造で、本格的なトレーニングに使用したい方におすすめです。

中身には細かく裁断した布類のウエスを用いています。適度な弾力を感じられるので、対人競技を想定した練習が可能です。

内部に厚手のキャンバス生地による補強がされているのもポイント。縫製には、同社の一定の水準をクリアした糸を使用しています。さらに、極太チェーンを採用し、サンドバッグとの結合部には裏張りとリベットの補強を施して強度を高めているのが特徴です。

イサミ(ISAMI) サンドバッグ sd-18

イサミ(ISAMI) サンドバッグ sd-18

ジムや道場でプロ選手も使用している吊り下げ式のサンドバッグ。素材には形態安定性・耐候性・耐薬品性に優れたクラレエステル帆布を使用しています。表面がつるっとしたやわらかい質感で、優れた打撃感覚を得られるのも特徴です。

チェーンとS字金具は日本製のものを採用しています。また、本製品は初めから終わりまで自社工場で製造されているのがポイント。手作業で中身を詰め、職人がひとつずつ頑丈に縫製して仕上げています。

ボディデザイン(BODY DESIGN) サンドバッグ150

ボディデザイン(BODY DESIGN) サンドバッグ150

素材に合皮の高級レザーを使用した、吊り下げ式のサンドバッグ。底部は2本のPPバンドで補強しており、耐久性を高めています。本格的なトレーニングから気軽なフィットネスまで、幅広い用途で使えるアイテムです。

チェーンと本体の接続部には裏張りやリベットを設置し、強度を上げています。強い打撃にも耐えられるため、思い切りパンチやキックをできるのがメリットです。

RDX KARAシリーズ サンドバッグ F6 150cm

RDX KARAシリーズ サンドバッグ F6 150cm

拳への負担を抑えやすいと謳われている、吊り下げ式のサンドバッグ。丈夫なポリウレタン製のマヤハイドレザーを使用しており、長期の使用にも耐えられます。さらに、ナイロンとの2層構造にすることで衝撃吸収性を向上させています。

吊り下げ部分には保持力に優れた丈夫なスチールチェーンを採用。表面がパウダーコーティングされ、錆びにくいのが魅力です。

本体とチェーンの固定部分には、独自テクノロジーの「LOOP-X」を搭載しています。頑丈なリングが重みに耐え、安定性を高めているのが特徴です。

表面にはスポーツカーや高級車のシート・ダッシュボードなどにも用いられている皮革を使用しています。手触りがよく、マットな質感がポイント。高級感のあるデザインで、インテリアとしても存在感のあるアイテムです。

ボディメーカー(BODYMAKER) サンドバッグスタンド5セット2 GOURD TM158ST204

ボディメーカー(BODYMAKER) サンドバッグスタンド5セット2 GOURD TM158ST204

人形のような、ひょうたん型のサンドバッグが付いているスタンド吊り下げ式の製品。顔面・ボディの打撃位置を想定したトレーニングができます。ボクシング・総合格闘技・空手・テコンドーなど、さまざまな競技の打撃練習用としておすすめです。

自宅で使いやすいよう、省スペース設計されたスタンドも特徴。安定性にも優れており、重量のあるサンドバッグへの付け替えも可能です。また、支柱ジョイント部分に補強プレートが配置されているため、耐久性にも優れています。

ボディメーカー(BODYMAKER) サンドバッグスタンド5セット2 アッパー&ロー TM158ST2140

ボディメーカー(BODYMAKER) サンドバッグスタンド5セット2 アッパー&ロー TM158ST2140

対人を想定したトレーニングに適した、スタンド吊り下げ式のサンドバッグ。顔面を想定した上部とボディを想定した下部の、膨らみのある形状が特徴です。打ち応えのあるサンドバッグが欲しい方に適しています。

ローキック練習のために作られた下部の構造にも注目。パンチだけではなくキックもしっかり練習できるので、パンチとキックのコンビネーション練習にもおすすめです。

省スペース設計のスタンドを採用しているのもポイント。狭い場所でも使用できるため、自宅用としてぴったりです。安定感もあり、激しいトレーニングでもしっかり支えます。また、重量のあるサンドバッグへの付け替えも可能です。

サンドバッグの売れ筋ランキングをチェック

サンドバッグのランキングをチェックしたい方はこちら。