腹筋を鍛える際に活躍する「腹筋ローラー」。初心者でも扱いやすい製品から、効率よく負荷をかけて腹筋を鍛えたい上級者向けの製品まで多数展開されています。

そこで今回は、おすすめの腹筋ローラーをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

腹筋ローラーとは?

By: amazon.co.jp

別名アブローラーとも呼ばれている腹筋ローラーは、腹筋を中心に鍛えられるアイテムです。ハンドルに体重をかけながらローラーを転がすだけなので、比較的使いやすいのが特徴。また、短時間で効率的にトレーニングをしたい方にもおすすめです。

比較的リーズナブルな価格で購入しやすいのも嬉しいポイント。ジムに通う時間がない方や自宅で筋トレをしたい方など、手軽にトレーニングを始めやすいのがメリットです。

腹筋ローラーの選び方

ホイールの数で選ぶ

一輪

By: amazon.co.jp

姿勢を保つのに全身の力を使うので、体幹トレーニングをしたい方や、筋肉をよりパンプアップさせたい方には一輪のタイプがおすすめ。斜めに転がせるため、脇腹にある腹斜筋を鍛えるのにも適しています。

しっかりと負荷をかけた体幹トレーニングができる一方、ホイールが一輪の腹筋ローラーはバランスを取るのが難しい一面も。負荷が大きく加わりやすいため、筋トレ初心者でローラーを制御できる筋力がない方は注意しましょう。

二輪

By: amazon.co.jp

一輪のモデルよりも安定性が高いトレーニングをしたいなら、二輪タイプの腹筋ローラーがおすすめ。一輪タイプのモノと比較して、左右への傾きを軽減できるのがポイントです。

最初の一台としてはもちろん、適度に負荷をかけられるバランスのよいモノを探している方にもぴったり。筋トレ初心者や中級者の方に適しています。

三輪

By: amazon.co.jp

一輪・二輪のモデルに比べて、初心者でも簡単に扱いやすいのが三輪のホイールを持つ腹筋ローラー。3つのホイールでバランスを取りながらトレーニングできるので、急激に負荷をかけたり、バランスを崩して地面に倒れこんだりする心配が少ないのがポイントです。

筋トレを始めたばかりの方や回数を増やして負荷をかけたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ホイールの大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ホイールは、地面との距離が近くなるほど筋肉に負荷をかけやすくなるので、高負荷なトレーニングを望む方はホイールの小さな腹筋ローラーを選ぶのがおすすめです。

初心者の方は、地面との距離が遠くなる大きめのホイールを選ぶと、負荷がかかりすぎることなくスムーズにトレーニングできます。トレーニングの強度や自分のレベルに適した大きさのモノを選んでみてください。

グリップの握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

効率よく、快適にトレーニングを行うには、グリップの握りやすさも大切なポイントです。グリップ部分の素材は、一般的にプラスチックや発泡スポンジ、ラバー素材のモノが多数展開されています。なかでも滑りにくい素材がラバーを使ったグリップで、掌にフィットし、汗をかいても滑りにくいのが特徴です。

また、掌の凹凸にフィットするような曲線状のグリップなら、手に余計な負担がかかりにくいため、集中してトレーニングに取り組みやすいのがメリット。グリップ部分が発泡スポンジ素材で作られているタイプなら、表面が柔らかく、長時間握っていても手が痛くなりにくいので初心者の方におすすめです。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

体格がよい方や腹筋ローラーを頻繁に使用する予定がある方は、どれくらいの重さまで耐えられるのかを数値化している「耐荷重」をチェックしましょう。

腹筋ローラーの耐荷重は80~400kg程度までと幅広く、製品によって異なるため見極めが必要。耐久性を重視する方は、耐荷重の大きい腹筋ローラーを選んでみてください。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

マンションやアパートに住んでいる方は、静音性が高いモデルをチェック。ベアリングが内蔵しているタイプなら、ローラーとグリップの間で生まれる摩擦を軽減できます。なお、ホイールの素材が硬めのモノや大きな凸凹があるモノは、ゴロゴロとした音が大きくなりやすいため、静音性を求めるなら避けておくのがおすすめです。

腹筋ローラー自体に静音性があるモノでも、フローリングで溝があるタイプの床面や響きやすい構造の家では音が出やすいので注意が必要。使用時にマットを敷くなどの工夫をすれば音を抑えやすいため、騒音対策をしたい方はトレーニングマットをひとつ持っておくと便利です。

腹筋ローラーのおすすめ|初心者向け

AUOPLUS 腹筋ローラー HR-W01


ホイールの直径が15.3cmの一輪タイプの腹筋ローラーです。EVA素材を使ったグリップはクッション性に優れており、手が痛くなりにくいのがメリット。さらに、凹凸を設けているため、すべりにくいのもポイントです。

ホイールには床を傷めにくい素材を採用。また、比較的安い価格で購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。

NAKO 腹筋ローラー


アシスト機能を搭載している腹筋ローラーです。スプリングが限界に達すると自動でブレーキが作動。ローラーの行き過ぎを軽減できるため、初心者の方におすすめです。

ローラーには耐摩耗性素材を使用しているため、摩擦に強く優れた耐久性を発揮するのもポイント。また、床も傷付けにくいため、フローリングでも安心して使用できます。

CATOOM 腹筋ローラー


簡単にハンドルの脱着ができ、持ち運びに便利な一輪タイプの腹筋ローラーです。滑り止めハンドルを搭載しているため、安定したトレーニングをサポート。加えて、グリップ部分に高密度スポンジを採用しており、ほどよい柔らかさを実現しています。

ホイールの直径は約29cmと大きめなので、初心者の方にもおすすめ。また、EVA素材を使用した膝当てクッションが付属しているのも嬉しいポイントです。

サンコー(THANKO) 筋トレ初心者から上級者まで「君でもできるぞ‼︎腹筋ローラー」 C-RAR21G


初心者から上級者まで使いやすい、幅広タイプの腹筋ローラーです。ホイール幅が10cmあるためぐらつきにくく、安定してトレーニングを行えるのが魅力。また、静音タイプなので、マンションで安心して使いやすいのもメリットです。

グリップは抱え込むように持てるため、握力が弱い方でも使いやすいのがポイント。加えて、肘サポートを備えており、身体の負荷を分散できるのも特徴です。

ジェスバサロ(JESBASARO) 腹筋ローラー


ホイールの直径が19cmの腹筋ローラーです。ハンドルはグリップの形状を工夫することで、手の負担を軽減できるのが特徴。初心者でも安心して使用しやすいのがメリットです。

対荷重は180kgと耐久性を備えているのもポイント。さらに、静音設計を採用しているため、騒音を抑えてトレーニングを行えます。耐久性と静音性を兼ね揃えた腹筋ローラーを求めている方におすすめです。

アクティブウィナー(ACTIVE WINNER ) 腹筋ローラー


安定感のある二輪ホイールで、初心者でも使いやすい腹筋ローラーです。ホイールに凹凸を付けることで、滑りやぐらつきを軽減しているのが特徴。また、静音性にも優れており、騒音が気になる方にも適しています。

シャフトには、耐久性のあるステンレス鋼を使用。また、耐荷重が150kgと頑丈なため、負荷のかかるトレーニングにも使用できます。初心者から上級者まで幅広い方におすすめです。

ウルフヨック(Wolfyok) 腹筋ローラー WYSF005FR-J


ホイールの幅が広いためぐらつきにくく、安定したトレーニングを行いやすい腹筋ローラーです。ハンドルに凹凸設計を採用しているのが特徴。長さも12cmあり、持ちやすく手に負担がかりにくいのがメリットです。

ホイールに高品質のTPR素材を使っており、静音性の高さも魅力。さらに、耐荷重は220kgあるので、高負荷のトレーニングにもおすすめです。

エレコム(ELECOM) エクリアスポーツ 腹筋ローラー HCF-ARWBUL

ホイールの幅が広く、初心者でも扱いやすい二輪タイプの腹筋ローラーです。ハンドルにソフトグリップを採用しており、持ちやすくフィット感に優れているのが特徴。また、ゴムローラーのため、静音性に優れているのもメリットです。

派手すぎない落ち着いたカラーリングを採用しているのも魅力。さらに、専用の膝マットも付いているのも嬉しいポイントです。

ボディスカルプチャー(BODY SCULPTURE) パワーローラーコア TKS71HM019


前後に大型のローラーを取り付けているため、優れた安定感を有している二輪タイプの腹筋ローラーです。ノンスリップグリップにより、汗をかいても滑りにくいのがポイント。さらに、ローラーにはアシスト機能が付いているので、身体を引き起こす際に補助できるのも魅力です。

10mm厚の高密度マットが付いているのもメリット。初心者の方でも安心して使いやすい、おすすめの腹筋ローラーです。

バランスボディ研究所 エントリーマッチョ


トレーニングをサポートする機能を多数搭載した二輪タイプの腹筋ローラーです。ニーパッドの裏面に通しているサポートチューブを調節することにより、4段階の負荷変更が可能。初心者から上級者まで、レベルに合ったトレーニングを行えます。

車輪同士の間隔が広く、安定感に優れているのもポイント。ぐらつきにくく、腹筋ローラーに慣れていない方でも安定した姿勢をキープできます。

リズムファン(RHYTHM FUN) 腹筋ローラー


ホイールの幅が9cmあり、安定性に優れた三輪タイプの腹筋ローラーです。ハンドルに滑りにくいEVA素材を採用。加えて、耐摩耗性もあり、長く愛用しやすいのがメリットです。

ホイールの内部は、三角形の構造をしており圧力を分散。身体が沈み込みにくく、トレーニングの効率を向上します。耐荷重が300kgあり、頑丈な点も魅力。また、大きめの膝マット付きなので、初めて腹筋ローラーを購入する方にもおすすめです。

ライシン(Lysin) 腹筋ローラー LS-AB-01


安定感に優れた四輪タイプの腹筋ローラーです。正面だけでなく、斜め方向への移動を行えるのが特徴。鍛えにくい腹斜筋などにアプローチできます。

ハンドルにソフトパッドフォームを採用しており、グリップが潰れにくく握りやすいので、快適なトレーニングをサポート。また、使用しない時は前輪を折りたためるため、引き出しや棚の上などに置けるのもおすすめポイントです。

イオーノ(Eono) 腹筋ローラー EONO-JFL01-1JP


三角構造で安定性が高く、トレーニング時にバランスを取りやすい、四輪タイプの腹筋ローラーです。グリップ素材にクッション性のあるスポンジを使用。汗をかいても滑りにくく、快適なトレーニングを行いやすいのがメリットです。

バーの部分に補強鋼材を採用しており、耐荷重は100kgと良好。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるのもおすすめポイントです。

腹筋ローラーのおすすめ|人気

アディダス(adidas) hardware アブホイール adac-11404-1


ホイールの直径が18cmと初心者から中級者の方におすすめの腹筋ローラーです。ホイールにテクスチャー加工されたラバーグリップを採用。安定性があり快適な動きをサポートできます。

ハンドルは握りやすい形状を採用しているのがポイント。また、ハイダンピングラバー素材を採用しており、すべりにくいのもメリットです。目立ちすぎないシンプルなデザインのモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アディダス(adidas) フォームアブローラー ADAC-11405


幅21cmの腹筋ローラーです。表面は凹凸のあるテクスチャー構造を採用。高い安定感を有しているため、初心者の方におすすめです。

ハンドルのフォームグリップは、摩耗性に優れたNBR素材を使用。握りやすさと優れた耐久性を備えています。加えて、ハンドルはローラーの内部に収納できるため、省スペースに設置しやすいのもメリットです。

マイスム(maisum) アブホイール


ホイール幅が50mmで安定感を有している一輪タイプの腹筋ローラーです。2種類のテクスチャーを採用している凹凸のあるグリップは、滑りにくく手の痛みを軽減できるのが特徴。さらに、芯材にはスチールを使用ため強度もあり、安心してトレーニングしやすいのもメリットです。

ホイールは静音性と耐摩耗性を備えたポリウレタンを採用。機能性に優れた腹筋ローラーを探している方におすすめです。

スームルーム(Soomloom) アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー


ローラーに回転がスムーズで耐摩耗性のあるEVA素材を使用しており、静音性に優れた二輪タイプの腹筋ローラー。ハンドルは発泡スポンジを採用しているため、しっかりと握りやすく滑りにくいのがメリットです。

直径15cmのホイールの表面は床を傷付けにくい仕様。また、組み立てと分解が簡単に行える点も魅力です。専用の収納バッグが付属しているので、持ち運びにも適しています。

アルインコ(ALINCO) エクササイズホイール WBN229


安定感のある二輪タイプの腹筋ローラーです。間隔のあいたダブルローラー仕様のため、バランスが取りやすく、初心者の方におすすめ。また、比較的リーズナブルな価格で購入しやすいのもメリットです。

グリップにハードグリップを採用しており、手に馴染みやすいのも魅力。さらに、組み立て不要なのも嬉しいポイントです。

ラ・ヴィ(La-VIE) スマートローラー ヘヴィ 3B-4004


ローラーの直径が11cmと比較的小さいため、上級者向けの腹筋ローラーです。間の空いた二輪タイプで安定性に優れており、バランスを取りやすいのが特徴。また、グリップはスポンジグリップを採用しており、手が痛くなりにくいのもポイントです。

コンパクトサイズなので、持ち運びやすいのもメリット。腹筋ローラーを外出先へ持ち運ぶ頻度の多い方にもおすすめです。

ラ・ヴィ(La-VIE) 静ゴロー 3B-4020


ローラーに縦の溝を施しているので、高い静音効果を実現した二輪タイプの腹筋ローラーです。騒音が気になる方やマンション暮らしの方におすすめ。加えて、シンプルなカラーリングを採用しているため、部屋に馴染みやすいのが魅力です。

ホイールの直径は約18cmなので、中級者以上の方にぴったり。また、比較的安い価格で購入できるため、コスパを重視する方にも適しています。

ラ・ヴィ(La-VIE) STOP! 体幹ローラー 3B-4005


転がりすぎ対策機能を備えた二輪タイプの腹筋ローラーです。手首を内側にかえすことでストッパーが働き、ホイールの停止が可能。自分のペースでトレーニングができるため、初心者から上級者まで、幅広い方におすすめです。

本体は組み立て式を採用しているので。パーツごとに細かく分解できるのがメリット。持ち運びやすさも重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

FEELCAT 腹筋ローラー


耐荷重が200kgと、頑丈な二輪タイプ腹筋ローラーです。ホイールに使用されているEVA素材は耐摩耗性に優れているほか、静音性を有しているのも特徴。また、柔らかく床を傷付けにくいのもおすすめポイントです。

高密度発泡スポンジを使用したハンドルは、握りやすく、快適に使いやすいのもメリット。加えて、11mmの厚い膝保護マットが付属しているのも魅力です。

アディダス(adidas) コアローラー ADAC-11604


肩や腕など複数の筋肉を鍛えられる、二輪タイプの腹筋ローラーです。ハンドグリップは人間工学に基づいたデザインを採用。また、素材にABS樹脂とHDRを使用することで、強度の高さと握り心地のよいハンドルに仕上げています。

TPR素材を使ったホイールはスムーズに回転しやすく、快適なトレーニングを期待できるのもポイント。さまざまな部位を強化できるほか、扱いやすい腹筋ローラーを探している方におすすめです。

5billion 腹筋ローラー


2つの二輪ホイールを使用し、さまざまなトレーニングを行える腹筋ローラーです。ゴムホイールを採用しているため、安定性が高く、初心者の方でも扱いやすいのが魅力。また、前後だけでなく左右に転がせるのもポイントです。

高品質TPR素材を使用しているので、静音性に優れているのもメリット。加えて、グリップには高密度のスポンジを採用しているため、しっかりと握りやすいのも特徴です。

腹筋ローラーの正しい使い方やフォーム

By: amazon.co.jp

腹筋ローラーを使う時、両膝をついての四つん這い姿勢が基本のフォームです。両手はローラーのグリップを掴み、肩の下にくるようセットします。

次に身体を徐々に伸ばしていき、限界まで身体を倒すのがポイントです。伸ばす速度はできるだけゆっくりにすると、腹筋に負荷がかかるので効果的。限界まで伸ばしたら、今度は伸ばした時と同じ速度を意識して戻していきます。