きれいに引き締まったお腹を手に入れたい方におすすめの「腹筋ローラー」。初心者でも扱いやすい製品から、さらに効率よく負荷をかけて腹筋を鍛えたい上級者向けの製品まで多数取り揃えられています。

そこで今回は、おすすめの腹筋ローラーをご紹介。1000円程度からでも始められる腹筋ローラーで、自宅で手軽にセルフトレーニングを行いましょう。

腹筋ローラーとは?

By: amazon.co.jp

別名アブローラーともいわれる腹筋ローラーは、腹筋を中心に全身をトレーニングできるアイテムです。ハンドルに体重をかけながらローラーを転がすだけなので、使い方も簡単。ツールの扱いに慣れていない筋トレ初心者の方や、短時間で効率的にトレーニングをしたい方にもおすすめです。

腹筋ローラーでトレーニングできるのは、腹部の全面にある腹直筋や脇に走っている腹斜筋だけではありません。上腕二頭筋や三角筋、脊柱起立筋など、腕や肩周り、背中、お尻に至るまで広範囲に負荷をかけられるので、上半身や体幹を中心に鍛えたい方に向いています。

値段は1000~3000円程度と、筋トレグッズのなかでは価格もお手頃なのがポイント。ジムに通う時間がない方や、自宅で筋トレをしたい方でも、手軽にトレーニングを始められるところもメリットです。

腹筋ローラーの選び方

ホイールの数で選ぶ

一輪

By: amazon.co.jp

姿勢を保つのに全身の力を使うので、体幹トレーニングをしたい方や、筋肉をさらにパンプアップさせたい方には一輪のタイプがおすすめ。斜めに転がせるため、脇腹にある腹斜筋を鍛えるのにも向いています。

しっかりと負荷をかけた体幹トレーニングができる一方、ホイールが一輪の腹筋ローラーはバランスを取るのが難しい一面も。負荷が大きく加わるため、筋トレ初心者でローラーを制御できる筋力がない方は注意しましょう。

二輪

By: amazon.co.jp

一輪のモデルよりも安定性が高いトレーニングをしたいなら、二輪タイプの腹筋ローラーがおすすめ。最初の一台としてはもちろん、適度に負荷をかけられるバランスのいいモノを探している方に適しています。

三輪

By: amazon.co.jp

一輪・二輪のモデルに比べて、初心者でも簡単に扱いやすいのが三輪のホイールを持つ腹筋ローラー。3つのホイールでバランスを取りながらトレーニングできるので、急激に負荷をかけたり、バランスを崩して地面に倒れこんだりしてケガをする心配が少ないのもポイントです。

ホイールの大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ホイールは、地面との距離が近くなるほど筋肉に負荷をかけやすくなるので、高負荷なトレーニングを望む方はホイールの小さな腹筋ローラーを選ぶのがおすすめです。

初心者の方は、地面との距離が遠くなる大きめのホイールを選ぶと、負荷がかかりすぎることなくスムーズにトレーニングしやすくなります。直径20cm以上なら初心者向け、中級者は15~20cm程度、上級者は15cm以下が目安とされているので、選ぶときの参考にしてみてください。

グリップの握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

効率よく、快適にトレーニングを行うには、グリップの握りやすさも大切なポイントです。グリップ部分の素材は、一般的にプラスチックや発泡スポンジ、ラバー素材のモノが多数。なかでも滑りにくい素材が、ラバーを使ったグリップで、掌にフィットし、汗をかいても滑りにくいのが特徴です。

また、掌の凹凸にフィットするような曲線状のグリップなら、手に余計な負担がかかりにくいため、集中してトレーニングに取り組めます。グリップ部分が発泡スポンジ素材で作られているタイプなら、表面が柔らかく、長時間握っていても手が痛くなりにくいので初心者の方におすすめです。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

体格がよい方や腹筋ローラーを頻繁に使用する予定がある方は、どれくらいの重さまで耐えられるのかを数値化している「耐荷重」をチェックしましょう。腹筋ローラーの耐荷重は80~400kg程度までと幅広く、製品によって異なるため見極めが必要です。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

みんなが寝静まった夜しかトレーニングができない方や、マンション・アパートに住んでいる方は、静音性が高いモデルを使いましょう。ベアリングが内蔵しているタイプなら、ローラーとグリップの間で生まれる摩擦を減らすので、音を感じにくくなります。ホイールの素材が硬めのモノや大きな凸凹があるモノも、ゴロゴロとした音が大きくなりやすいため、静音性を求めるなら避けておくのがおすすめです。

腹筋ローラー自体に静音性があるモノでも、フローリングで溝があるタイプの床面や響きやすい構造の家では音が出やすい特徴があります。使用時にマットを敷くなどの工夫をすれば音を抑えられるので、騒音対策をしたい方はトレーニングマットをひとつ持っておくと便利です。

腹筋ローラーのおすすめ

アディダス(adidas) アブホイール adac-11404-4

アディダス(adidas) アブホイール adac-11404-4

世界的に支持されているスポーツブランド「アディダス」が手がけた腹筋ローラー。上級者向けの一輪タイプで、直径18cmのホイールを床面に近い位置で動かすので、よりハードな体幹トレーニングが可能です。

ローラーに施された凹凸によって滑りにくく、どんな床面でも使いやすいところもポイント。また、ソフトな握り心地で溝が入ったデザインのハンドルがグリップ力を高め、正しいフォームを保つサポートをします。

Trideer 腹筋ローラー

Trideer 腹筋ローラー

三輪のホイールで、安定感を保って効率的に腹筋をトレーニングできる、初心者向けの腹筋ローラー。穏やかな凹凸がホイール面に施されているため、スリップを防ぎながら床も傷つけにくい仕様になっているのが特徴です。

ハンドルの表面はEVA樹脂製になっていて握り心地がよく、汗をかいても滑りにくいところもポイント。約200kgまで耐えられるので、セルフトレーニングのお供として長く活躍します。簡単にパーツを分解、組み立てでき、収納ケースも付いているので、コンパクトに収納できて持ち運びにも便利です。

Soomloom 腹筋ローラー

Soomloom 腹筋ローラー

ローラーを三角形に配置して、安定感を高めた初心者向けの腹筋ローラー。ローラーの運動範囲を制限するブレーキが付属しているため、ケガをしにくいところも安心ポイントです。

ハンドルには発泡スポンジ素材を使用しているので柔らかく、手にフィットする使い心地。耐摩耗性の高いPU素材を採用したローラーは、静音性にも優れており、マンションやアパートに住んでいる方のホームトレーニングにもおすすめです。

Wolfyok 腹筋ローラー

Wolfyok 腹筋ローラー

2つのホイールが一体化した、厚みのあるタイヤが特徴の腹筋ローラー。柔軟性に優れた素材で作られたローラーが、トレーニング中に床との摩擦によって起きる音を抑えるため、防音性の高いモデルを探している方におすすめです。

手の大きい方でも握りやすい長さのハンドルは、滑り止め効果として凹凸が施されているところもポイント。手にニオイが付きにくい素材で作られており、トレーニングにしっかりと集中できます。

リクライ(LICLI) 腹筋ローラー

リクライ(LICLI) 腹筋ローラー

収納に場所を取らないコンパクトサイズながら、約200kgまでの耐荷重性能があるモデル。幅が細めの二輪タイプで、初心者から上級者まで使える腹筋ローラーです。

ハンドルには高密度発泡スポンジを採用しており、掌にフィットして滑りにくい仕様になっています。ローラーには滑らかな素材が使われているため、静音性が高いところもポイント。マンション・アパート住まいの方や、夜間にトレーニングを行いたい方にもおすすめです。

ラヴィ(La-VIE) スムース腹筋 3B-4010

ラヴィ(La-VIE) スムース腹筋 3B-4010

二輪ローラータイプで安定感がありながら、ローラーの幅が細めなのでしっかりと体幹のトレーニングもできる腹筋ローラー。ローラー内にベアリング機能を搭載しているため、スムーズな動きと静音性の高さが魅力です。

ハンドルは長めに設置されているので、手の大きな方でもハンドル全体をホールド可能。グリップには合成ゴムが使われており、握った際に滑りにくいのもポイントです。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー

組み立てや分解が簡単にできる製品。軽量なので携帯性にも優れています。二輪のローラーには、静音性が高い素材を採用。マンションやアパートに住んでいる方でも使いやすい仕様です。

ローラーの滑り止め効果が高いだけでなく、グリップ部分も高密度な発泡スポンジで作られていて握りやすく設計されています。二輪タイプで安定性を保ちながらも、身体全体を効率的にトレーニングしたい方向け。耐荷重も約200kgまで対応しているので、しっかりと体重をかけてトレーニングできます。

トーエイライト(TOEI LIGHT) ジスタス スリムトレーナー

トーエイライト(TOEI LIGHT) ジスタス スリムトレーナー

ホイールの直径が15cmと小さく、高負荷なトレーニングができる腹筋ローラー。フローリングなどの音が出やすい床面での使用でも、滑りにくい軟質樹脂ローラーを採用しており、安定した使用感を得られます。

コンパクトなサイズ感の製品なので、約1.5畳分のスペースがあればトレーニングができるところもポイント。一人暮らしで広い場所が確保できない方でも、自宅での体幹トレーニングが可能です。

アルインコ(ALINCO) エクササイズホイール EXG229A

アルインコ(ALINCO) エクササイズホイール EXG229A

約15cmの小さめのホイールとコンパクトに取り付けられたハンドルによって、全身に大きな負荷をかけられる製品。腹筋だけでなくインナーマッスルもトレーニングできる、中級者・上級者向けの腹筋ローラーです。

小型なので収納に場所を取らないうえに、広いスペースを使用せずにトレーニング可能。ハードな運動を省スペースで行えるので、自宅で効率的に筋トレをしたい方におすすめです。